議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 川島町

平成21年  3月 定例会(第1回) 03月03日−01号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月03日−01号







平成21年  3月 定例会(第1回)



川島町告示第2034号

 平成21年第1回川島町議会定例会を次のとおり招集する。

  平成21年2月25日

                             川島町長  高田康男

 1 期日  平成21年3月3日(火)

 2 場所  川島町議会議場

               ◯応招・不応招議員

応招議員(16名)

    1番  土屋祥吉議員      2番  森田敏男議員

    3番  菊地敏昭議員      4番  佐藤芳男議員

    5番  石川征郎議員      6番  爲水順二議員

    7番  飯野徹也議員      8番  尾崎宗良議員

    9番  吉田豊子議員     10番  木村晃夫議員

   11番  道祖土 証議員    12番  鈴木久雄議員

   13番  中西義一議員     14番  小高春雄議員

   15番  大島欣一議員     16番  山田敏夫議員

不応招議員(なし)

          平成21年第1回川島町議会定例会

議事日程(第1号)

                平成21年3月3日(火曜日)午前9時30分開議

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 諸般の報告(山田議長、比企広域市町村圏組合議会)

日程第4 行政報告(高田町長、丸山教育長)

日程第5 町長施政方針について

日程第6 報告第1号 寄附の受け入れについて

日程第7 委員会継続審査報告について(請願第3号)

日程第8 議案第1号 川島町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第9 議案第2号 川島町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第10 議案第3号 川島町一般職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第11 議案第4号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第12 議案第5号 川島町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を定めることについて

日程第13 議案第6号 川島町民体育館・武道館設置及び管理条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第14 議案第7号 川島町健康長寿祝い金支給条例を廃止する条例を定めることについて

日程第15 議案第8号 川島町ペット霊園の設置等に関する条例を定めることについて

日程第16 議案第9号 川島町介護保険条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第17 議案第10号 川島町都市公園条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第18 議案第11号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第19 議案第12号 平成20年度川島町一般会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(16名)

     1番  土屋祥吉議員     2番  森田敏男議員

     3番  菊地敏昭議員     4番  佐藤芳男議員

     5番  石川征郎議員     6番  爲水順二議員

     7番  飯野徹也議員     8番  尾崎宗良議員

     9番  吉田豊子議員    10番  木村晃夫議員

    11番  道祖土 証議員   12番  鈴木久雄議員

    13番  中西義一議員    14番  小高春雄議員

    15番  大島欣一議員    16番  山田敏夫議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 町長      高田康男     副町長     牛村安雄

 教育長     丸山一男     政策推進課長  大野恵司

 総務課長    田中寿男     税務課長    岡部政一

 町民生活課長  戸森 始     健康福祉課長  小峰松治

 農政産業課長  菊池 求     建設課長    福島 彰

 都市整備課長  伊藤 順     会計管理者   神田 清

 水道課長    石島一久     教育総務課長  福室茂男

 生涯学習課長  宮下滋男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  関口孝美     書記(主事補) 友光敏之



△開会 午前9時30分



△開会の宣告



○山田敏夫議長 皆さん、おはようございます。

 大変ご苦労さまでございます。

 ただいまから平成21年第1回川島町議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○山田敏夫議長 ただいまの出席議員数は16名でございます。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○山田敏夫議長 本日の議事日程はお手元に配付のとおりでございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○山田敏夫議長 日程第1、会議録署名議員の指名について、会議規則第120条の規定により議長において指名いたします。森田敏男議員、菊地敏昭議員、両議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○山田敏夫議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 今定例会の日程につきましては、2月25日、議会運営委員会において協議されておりますので、議会運営委員長より報告を求めます。

 小高議会運営委員長

     〔小高春雄議会運営委員長 登壇〕



◆小高春雄議会運営委員長 皆さん、おはようございます。

 これより、議長の命に従いまして、議会運営委員会の会議の経過と結果をご報告申し上げます。

 議会運営委員会は、去る2月25日午後1時30分より第4会議室において、委員全員、山田議長、議会事務局長、執行部より高田町長、田中総務課長の出席のもとに種々協議をいたしました。

 平成21年第1回川島町議会定例会の会期は、本日3月3日から3月16日までの14日間と決定をいたしました。

 会期日程につきましては、別紙会期予定表のとおりであります。

 委員会付託については、委員会付託議案文書表を後に配付いたします。

 なお、人事案件の議案第34号及び議案第35号の公平委員会委員の選任については、常任委員会の付託を省略し、本会議即決といたします。

 また、請願の紹介議員、審査のあり方の協議を行い、議会運営委員会は午後3時閉会をいたしました。

 以上のように議会運営委員会としては協議決定いたしました。この上は、議長においてよろしくお取り計らいを申し上げます。

 以上で報告を終わります。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 ただいまの委員長報告どおり、会期は本日から3月16日までの14日間ということでご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田敏夫議長 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から3月16日までの14日間と、議会運営委員長の報告どおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○山田敏夫議長 日程第3、諸般の報告を行います。

 最初に、議長より報告いたします。

 まず、去る12月議会で可決された「協同労働の協同組合法」の速やかな制定を求める意見書につきましては、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣及び総務、厚生労働、経済産業大臣あてに12月19日に郵送しておきましたので、ご了承願います。

 監査委員から定期監査及び例月出納検査の報告書が提出されております。報告書は議会事務局に保管してありますので、ご自由に閲覧願います。

 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明員として出席する関係者の職並びに氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

 次に、議長報告書及び議員派遣の結果報告書がお手元に配付されていると思いますが、ご参照願い、報告にかえさせていただきます。

 次に、比企広域市町村圏組合議会議員より報告を求めます。

 道祖土 証議員

     〔道祖土 証比企広域市町村圏組合議会議員 登壇〕



◆道祖土証比企広域市町村圏組合議会議員 おはようございます。

 議長の命によりまして、比企広域市町村圏組合議会定例会の報告をさせていただきます。

 去る2月20日午前10時より東松山市議会議場において、平成21年第1回比企広域市町村圏組合議会定例会が開催されました。

 会議録署名議員の指名の後、会期を2月20日1日限りと決定いたしました。

 坂本管理者より諸般の報告、行政報告が行われ、ふるさと市町村圏基金事業については、市町村職員等の研修、比企ふるさと物産フェアや地域映画会の開催などを推進し、圏域の地域振興を図り、斎場及び霊きゅう自動車事業では、和室斎場の洋室化改修工事を完成し昨年11月1日から利用され、介護認定審査会及び障害程度区分審査会の業務では、昨年12月末現在の介護認定審査会件数は6,583件で、障害程度区分審査会件数は157件であり、前年と比較しいずれも増加傾向ですとの報告がありました。

 次に、坂本管理者の提案理由の説明後、直ちに審査に入りました。

 なお、議案第7号及び議案第10号は、消防特別会計ですので省略させていただきます。

 議案第1号 監査委員の選任は、識見の監査委員の清水義也氏の任期が平成21年2月28日に満了になるため、長谷部邦也氏を選任するものです。

 議案第2号 公平委員会委員の選任は、鈴木永治氏の任期が平成21年4月10日に満了になるため、引き続き選任するものです。

 次に、議案第3号 長期継続契約を締結することができる契約を定める条例は、地方自治法及び地方自治法施行令に基づき長期継続契約を締結することができる契約を定めるものです。

 議案第4号 事務局設置条例の一部改正は、事務局組織を現行2課体制から1課に改正するものです。

 議案第5号 職員の育児休暇に関する条例及び職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正は、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部が改正されたことに伴い、育児短期時間勤務制度等を導入したいため、関係する2条例の一部を改正するものです。

 議案第6号 職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正は、公庫の予算及び決算に関する法律の一部が改正されたこと及び裁判員の参加する刑事裁判に関する法律が施行されたことに伴い、所要の改正をするものです。

 議案第8号 平成20年度介護認定及び障害程度区分審査会特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ247万円を減額し、歳入歳出予算の総額を8,352万6,000円とするものです。

 議案第9号 平成21年度一般会計予算は、歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ1億1,150万円にするものです。

 議案第11号 平成21年度比企ふるさと市町村圏基金特別会計予算は、歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ1,700万円とするものです。

 議案第12号 平成21年度斎場及び霊きゅう自動車事業特別会計予算は、歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ1億2,000万円とするものです。

 ここで、灰の中の貴金属を売って雑入にするのかとの質疑に対し、貴金属などのための特別の回収はしていないので、雑入にはしていないし、今後も考えていませんとの答弁がありました。

 議案第13号 平成21年度介護認定及び障害程度区分審査会特別会計予算は、歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ8,000万円とするものです。

 なお、全会計の予算規模は、歳入歳出の総額は35億7,350万円で、前年度比0.1%、300万円の減額です。

 以上、上程されました議案すべて原案どおり可決されました。

 その後、吉見町の小宮議員の斎場についての一般質問が行われ、最後に監査委員を退任する清水義也氏のあいさつの後、閉会されました。

 以上で平成平成21年度第1回比企広域市町村圏組合議会定例会の報告とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 次に、川越地区消防組合議会ですが、12月の定例会以降、議会が開催されておりませんので、報告事項はありません。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△行政報告



○山田敏夫議長 日程第4、行政報告を行います。

 町長より報告を求めます。

 高田町長

     〔高田康男町長 登壇〕



◎町長(高田康男) 皆さん、おはようございます。

 議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、平成21年第1回川島町議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、ご多用の中をご健勝にてご参集を賜り、条例の改正をはじめ平成21年度一般会計予算等の諸案件をご審議いただきますことは、町政進展のため、まことにご同慶にたえないところでございまして、深く感謝を申し上げます。

 さて、平成20年度も残すところわずかとなりましたが、計画した事業につきましてはおおむね順調に推移しておるところでございます。これもひとえに議員の皆様をはじめ町民の皆様のご支援、ご協力があってのことと厚く御礼を申し上げます。

 それでは、さきの定例会でご報告を申し上げました後の町政の状況につきまして、議会の常任委員会に沿いまして報告をさせていただきます。

 まず、総務経済建設常任委員会関係でございますが、行政改革関係では第3次川島町行政改革大綱に基づく第1期行動計画の推進について、行政改革を一層推進するため川島町行政改革推進委員会を設置し、第1期行動計画の進行管理や具体的な方策について審議をいただいておりましたが、1月28日付で答申をいただいております。

 答申では、行動計画として掲げた47項目のうち、職員給与の適正化等、数値目標を達成した項目には評価をいただきましたが、目標の数値化が不十分であったり評価指標が定まっていないなどのご指摘をいただいた点もあります。

 また、職員の定数管理や給食センターの民間委託、幼稚園・保育園の民営化については具体的な方策が示されておりますので、今後、その方策に沿った行財政改革を推進してまいりたいと考えております。

 さて、町では、若者にとって魅力ある町づくりを推進するため若者座談会を開催しておりますが、ことしは1月22日に実施をいたしました。当日は8名の参加者から、若者の視点に立った大変示唆に富んだご意見をお伺いすることができました。懇談内容につきましては広報紙2月号で紹介をさせていただきましたが、今後とも熱意ある若者の提言が行政に反映できますよう努めてまいりたいと考えております。

 また、自主財源の確保や広告を通して地域事業者の活性化を図るため、広報かわじま広告掲載事業を実施いたしております。事業も軌道に乗り、昨年を大幅に上回る申し込みがあり、2月末現在で業者数が延べ34件、掲載料は168万円で、広報紙印刷製本費の6割を上回るまでとなりました。

 続いて、広域行政の取り組みですが、川越都市圏まちづくり協議会主催のレインボー文化講演会が、町民会館で1月17日に開催されました。区域内の市町村から420名が参加し、広域的なまちづくりを進める上で大変有意義な研修でありました。

 町民の皆さんの声を広くお聴きする広聴事業でございますが、2月末までに広聴箱やホームページ、ご意見箱コーナー等に寄せられました意見は56件で、皆様の貴重なご意見や要望についてはその都度、ご回答を申し上げるとともに、行政にも反映できますよう対応しているところでございます。

 川越市との合併の推進につきましては、舟橋市長さんがご勇退をされ、川合市長さんが就任をいたしましたので、2月19日に市長さんを訪ね、今後の行政や広域合併等の考え方についてお尋ねしてまいりました。内容につきましては、後の施政方針で述べさせていただきます。

 入札につきましては、指名競争入札により、12月19日に総合グラウンドテニスコート改修工事ほか6件、12月25日に町道5159号線道路改良工事ほか4件、1月30日に町道1−8号線歩道設置工事ほか1件を執行いたしました。

 なお、総合評価方式により町道1−8号線舗装工事を、また、一般競争入札事後審査型により、町道1−11号線道路改良工事ほか1件の入札を執行いたしました。

 また、1月14日には土地利用検討委員会を開催し、川島病院敷地内の道水路敷の払い下げについて検討を行いました。

 新庁舎建設にかかわる課題等の整理につきましては、職員等で構成する新庁舎建設研究会で昨年4月から検討作業を進めておりますが、町民意識調査から、町民の皆さんが必要とする考え、防災拠点以外の機能や建設場所等の意向を伺うことができましたので、議会に設置されました「まちづくり調査研究会・役場庁舎建設研究会」からの報告をいただいた後、基本的な考え方の検討に入らせていただきます。

 監査関係では、2月6日と9日の2日間にわたり、地方自治法の規定に基づく定期監査が実施されました。

 なお、監査委員から、2月26日に監査対象となった財務に関する事務はおおむね適正に行われておりましたが、一部改善措置の指摘を受けておりますので、適正な事務の執行の改善に努めてまいります。

 続いて、平成19年5月7日付で住民訴訟が提起され、浦和地方裁判所で裁判が行われていることにつきましては既にご報告させていただいておりますが、平成21年1月8日の公判で、原告からの訴状が却下されました。しかしながら、原告は判決を不服として東京高等裁判所へ即時抗告の申し立てを1月19日付で行っておりますので、引き続き桑原弁護士を訴訟代理人と定め、応訴することといたしました。

 また、戸籍事務に関して、2月9日付で損害賠償を求める訴えが埼玉地方裁判所川越支部に提起されました。担当課で訴状の内容を調査し、顧問弁護士に相談をいたしましたところ、事実認定等裁判で争う必要があるとの判断でありますので、今後、応訴も含め対応してまいりたいと考えております。

 人権関係では、身近な人権問題への理解と関心を深めていただくために、1月27日に町民会館で人権同和問題講演会を開催いたしたところ、議員さんはもとより、各地区役職員、町内企業の皆さん335人のご参加をいただき実施することができました。

 地域防犯関係では、子どもや女性、高齢者等を犯罪者から守るとともに、多発している街頭犯罪や侵入盗などの犯罪を未然に防止するため、川島町防犯のまちづくりに関する協定を、埼玉中央農業協同組合、東京電力川越支社に続き、2月13日に東松山警察署と郵政事業株式会社川越西支店並びに川島町商工会と締結をいたしました。

 さらに1月9日には小見野小学校の子どもたちを対象に「110番の日」研修会を、こども110番の家協力者連絡会、川島見守り隊、小見野小学校、PTA役員、東松山警察署の協力により実施をいたしました。

 また、全国で振り込め詐欺被害が続出していることから、高齢者などが被害に遭わないよう、犯罪被害を未然に防止するため電話機に張ることのできる啓発品を作成し、1月に全戸配布いたしました。

 大規模な災害が発生した場合の災害時の備えや避難時の心得を再認識していただくため、現在、地震・洪水ハザードマップ及びガイドブックを作成中です。4月には全戸配布いたすことになっております。

 また、要援護者を地域で支援する仕組みを整えるために防災カードの取り組みを行っているところですが、2月10日現在、474世帯、840人の方からの登録がありました。要援護者への情報伝達、安否確認、避難誘導等を行うためには区長さんとの情報の共有化が不可欠なことから、1月14日に町と自治会で川島町災害時要援護者の支援に関する協定の締結をいたしました。今後、この協定に基づき、各地域で災害時に有効に機能する仕組みを構築していただけるよう取り組んでまいります。

 なお、民生委員、児童委員さんに対しましては、区長さんと要援護者の聞き取り調査や支援の取り組みについて協力を依頼いたしました。

 消防防災関係では、1月10日に消防出初式が行われ、また2月5日には町消防団指令車と第5分団の新しいポンプ車両の引き渡し式が川島消防署で行われました。

 なお、例年、この時期は火災が発生しやすい時期となっておりますので、消防機関と連携し火災予防活動に努めてまいります。

 税の収納対策につきましては、毎月、積極的に臨宅徴収を実施しておりますが、特に12月1日から26日にかけては税務課、町民生活課職員による特別徴収班を編成し、臨宅徴収などの滞納整理を実施をいたしました。この間の臨宅件数は235件で、金額にして1,126万9,735円の徴収実績を上げております。

 水道事業関係では、平沼浄水場配水池築造工事につきましては、1月9日に場内配管、電気設備工事の追加を行う変更契約を締結いたしました。現在、配水池の組み立て及び附属部品の取り付けも終わり、各種検査の実施をしております。進捗率としては93%程度となっております。

 また、12月19日には飯島1号雨水幹線工事に伴う排水管切り廻し工事契約を締結いたしました。

 1月6日には下大屋敷地内町道1−11号線配水管布設替工事の契約を締結し、続いて1月8日には表地内県道川越・栗橋線配水管布設替工事の契約を締結するなど、事業推進に取り組んでいるところでございます。

 続きまして、経済建設関係でございますが、まず担い手農家利用集積モデル圃場整備事業についてですが、平成18年度から効率的な安定的農業を推進するため事業を推進しておりますが、小見野地区については、集積面積が7ヘクタールを超えるまでになってまいりました。出丸地区につきましても、積極的に地権者及び耕作者宅を訪問し推進を図っているところでございます。

 次に、新規特産作物「いちじく」についてですが、昨年は約5トンの市場出荷ができるまでとなりましたが、本年度は市場流通性を高めるため、1パックの数量を500グラムから400グラムに変更することにいたしました。また、2月23日には圃場の巡回指導を行いましたが、さらに栽培技術の平準化を図り、高規格、高品質で市場から評価されるいちじくの産地化を目指してまいります。

 水田農業に関しましては、国では平成21年度から23年度の新たな対策として、水田等の有効活用による食料供給力向上対策に取り組むことになっております。このような中、平成20年度の生産調整達成率は101.6%となりました。また、平成21年度の生産数量目標は5,424トンの配分となりまして、対前年対比4トンの増となっております。

 これを受けまして、3月6日には川島町水田農業推進協議会を開催し、生産数量目標面積の配分率の決定をお願いする予定となっております。今後も、関係機関の協力をいただきまして、農家への普及推進を図ってまいります。

 「圏央道」活かすさいたまの園芸産地形成モデル事業についてですが、事業推進の中核となる川島町四季の味覚村運営協議会で事業を展開しているところでございますが、既に施設整備支援事業としていちじく栽培に伴う雨よけ、予冷庫やトマトハウス資材の購入、ブルーベリーの苗木及び圃場整備等を実施しております。また、観光農園ガイドマップやのぼり旗も作成することとなっております。本事業を新たな農業ビジネスチャンスとしてとらえ、農業の活性化に努めてまいります。

 また、町では地域経済の活性化を図るため住宅リフォーム補助事業を実施しておりますが、申し込み件数がさらに増加しておりまして、2月末現在で21件の利用があり、補助決定額は126万1,000円、対象事業費は3,800万円余りとなっております。

 次に、土木関係でございますが、まず荒川上流河川事務所関係では、入間川左岸の築堤工事につきまして、現在用地買収が終わっている浅間樋管から下流部分の工事を施工しております。

 また、越辺川伊草堤防の補強工事につきましては、落合橋から道場橋の間の延長1,200メートルの籠マットによる排水工事と、落合橋上流200メートルの護岸工事を、年度内完了に向け現在も工事を進めております。

 県土整備事務所関係では、安藤川改修工事につきましては圏央道交差部の護岸工事が終了し、現在、70号橋上流の堰の下流部の護岸工事を実施をしております。

 また、横塚川の改修につきましては、現在、改修に係る調査業務委託を発注したと伺っております。

 次に、都市整備関係でございますが、圏央道川島インター北側地区の土地区画整理事業につきましては、2月末に公共施設工事がおおむね完成いたします。この完成を記念して3月15日、川島インター産業団地を会場に、「圏央道・川島インター産業団地まちびらき記念式典・記念祭」を開催いたします。この式典では、圏央道によりつながる県内21市町や、川島インター産業団地の進出企業なども出店する予定で準備を進めているところでございます。

 また、川島インター産業団地内に新たに設置される公園につきましては、広報紙等で名称の公募をいたしましたが、選考の結果、「かわじま公園」に決定をいたしました。この公園につきましては、町の管理に引き継がれることから、本議会に町都市公園条例の一部改正を提出しておりますので、よろしくお願いいたします。

 また、下水道事業関係でございますが、飯島排水路整備につきましては、現在、川島インターまでの幹線工事を実施しておりますが、今後も引き続き延伸し、工事を施工してまいります。

 また、バラの小径につきましては、新たに30メートルのバラのトンネルの延長工事を行いました。工事の完成に伴いまして、バラの小径会の新会員を募集し、2月14日に植樹会を行っております。当日は、新規の50名の方々による植樹にあわせ、既存会員約150名によるバラの剪定、施肥作業も実施をいたしました。

 次に、文教厚生常任委員会関係でございますが、まず生活環境関係では、町民総ぐるみ美化運動を2月上旬に各行政区ごとに実施し、環境美化の推進を図ったところでございます。

 また、河川環境対策事業として水生動物の保護、培養のため、長楽用水路などに乱獲禁止看板を30か所設置をいたしました。

 交通安全関係では、交通死亡事故ゼロ1,000日運動を展開しているほか、12月1日から14日まで冬の交通事故防止運動として、交通安全協会川島支部、交通安全母の会などの皆様による街頭キャンペーンや広報活動などを通じまして、事故防止を推進したところでございます。

 合併処理浄化槽設置補助事業につきましては、河川浄化推進のため、積極的に未設置世帯を対象に説明会等を実施し推進を図ってまいりましたが、今年度は予算額となる89基の設置ができました。

 ごみ処理関係では、ごみの減量、再利用、リサイクルを推進するため3R運動推進事業を実施しております。自己搬入者への指導や集積所利用者へごみの分別に対する意識の改革に努め、可燃ごみの減量、資源ごみの増量に向けて積極的に取り組んでいるところでございます。

 また、後期高齢者医療制度につきましては、現在の加入者は約2,150名となっております。今後も引き続き、医療受診制度の確立と法に基づく保険料負担の軽減に努めてまいります。

 次に、福祉関係では、子育て支援医療費の助成については、川越市医師会のご理解をいただき、ことし1月からは川越市内289の医療機関と協定を締結し、医療費の窓口払いが不要となる対象医療化を拡大いたしました。現在、比企管内及び川越市含め559医療機関での窓口払いが不要になっており、子育てをする上でより一層利便性が図られたものと考えております。

 また、2月3日には保育園入園選考委員会を開催し、けやき保育園、さくら保育園の入園児合わせて179名を選考していただきました。希望児全員を入園させる答申をいただきましたので、2月15日に入園の決定をしたところでございます。

 社会福祉関係では、平成21年度から10年間の障害者の福祉全般にわたる基本的な事項を定める障害者基本計画及び3年間の計画である障害者福祉計画第2期につきましては、策定委員会から諮問に対する答申をいただきましたので、今年度末の作成に向け作業を進めております。

 また、高齢者福祉計画と介護保険事業計画につきましては、2月26日に介護保険運営協議会長から計画案の提言をいただきましたので、これらをもとに計画を推進し、高齢者福祉の充実を図ってまいります。

 健康管理・予防関係につきましては、積極的に事業を展開しているところでございます。昨年から特定健診を実施し、受診結果に基づいてメタボリックシンドロームに該当した方や予備群に該当した方を対象に、生活習慣の改善を目的とした特定保健指導を実施をしました。町民の方々の生活習慣病予防や生活習慣の改善における意識の向上を図り、医療費の適正化に努めてまいります。

 次に、教育委員会関係でございますが、施設管理関係の報告をさせていただき、教育行政全般につきましては教育長から報告をさせますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

 教育施設関係につきましては、小見野小学校で太陽光発電設置事業を進めてまいりましたが、1月22日に完成をいたしました。屋上に設置された太陽光発電は10キロワットの太陽電池容量で、学校内で使用する電気の約4分の1を賄うことができます。今後は、この設備を教材にし、地域の皆様とともに環境学習を進めてまいります。

 社会教育施設関係では、コミュニティセンターロビーの壁タイルの修繕工事を発注し、現在、工事を実施しているところでございます。

 以上でございますが、行政報告とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 次に、教育長より報告を求めます。

 丸山教育長



◎教育長(丸山一男) おはようございます。

 このたびは、議員の皆様のご理解とご協力によりまして教育行政の報告の機会を得まして、まことにありがとうございます。このことを真摯に受けとめまして報告申し上げますので、今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。

 それでは、12月定例議会以降から今回までの事務事業につきまして概要を申し上げます。

 最初に教育委員会定例会の状況ですが、12月定例会は12月24日に開催されました。主な議案としましては、川島町学校給食センター設置及び管理条例施行の規則の一部を改正する規則を定めることについて協議しました。

 この案件は、給食物資等の高騰により現在の給食費では不足が予想されることなどから、小学校児童は現行の月額3,600円から4,000円に、また中学生は現行の月額4,400円から4,900円の改定案を示し、慎重なる協議の結果、21年度からの改定について承認を得ました。教育委員会事務局では、承認を得たことから規則の事務手続としまして12月26日に告示をいたしました。

 なお、食育推進の一環としまして、3学期は給食費の不足も予想されることとあわせて、保護者等のご協力をいただきまして、「お弁当の日」と題して3回のお弁当の日を実施計画し、既に2回が実施されたところであります。

 児童・生徒、保護者の意見、感想は、「給食はおいしいけれど、きょうはお弁当が楽しい、お弁当は最高だ」「きょうのお弁当はお母さんと一緒に作りました」「家庭の愛情がこもっているからおいしい、うれしい」などの小・中学生の声がありました。

 また、反面に、弁当をつくるのは面倒などの意見もありました。

 次に、1月定例会ですが、1月29日に開催され、主な議案としましては、平成21年度の「川島町教育行政重点施策」について協議いただき、次の目標に決定しました。

 1、確かな学力、豊かな心、健やかな体をはぐくむ学校教育の推進。

 2、健やかで、明るく、仲良く助け合い、社会に貢献する家庭、地域の教育力の推進。

 3、人権を尊重する心豊かな人づくりの推進。

 4、町民の心身の健康増進と生涯スポーツ、文化活動の推進。

 これらの実践目標としまして、「早寝、早起き、朝ごはん」、「テレビは少なく、家庭学習」、「家族そろって楽しい食卓」の3項目を推進することで承認をいただきました。

 また、食育の推進の一環としまして、平成21年度から児童・生徒の「お弁当の日」の実践に向け協議をいただいた結果、推進することになりました。

 次に、幼稚園児、児童・生徒の冬休み期間中は各ご家庭でも大きな事故などなく、3学期の始業式には元気な姿で登園・登校し、安心したところであります。

 次に、インフルエンザの状況ですが、幼稚園2クラス、小学校2クラスで学級閉鎖がありました。現在では落ち着いていますが、幼稚園及び各学校に対し、手洗い、うがい、規則正しい生活の励行などをさらに徹底するよう改めて指導を行いました。

 2月定例委員会は2月26日に開催され、平成21年度管内校長・教頭職人事について県教育委員会と交渉してきた結果が提示され、その内容が審議され、承認をいただきました。

 また、21年度からは校長、教頭の下に主幹教諭が設置され、一般教諭の上位に位置づけされ、管理職を助け、一般教諭についても指導することとされており、県議会で承認をいただきますと、正式辞令が出ます。

 次に、小学校に関してですが、1月30日に八ツ保小学校で学校応援団の授業を公開しました。

 この学校応援団とは、学校を地域の特殊課の皆さんが支えてくれる組織であります。最近の多様な状況下では、学校では各部門で地域の皆様のご支援、ご協力をいただくことによってなお一層充実した学校教育が提供できるものでありまして、県教育委員会ではこの学校応援団を、平成23年度から全県下一斉に実施に向けて取り組んでいくところであります。既に実践している八ツ保小学校に発表依頼があり、川越市内北半分の小・中学校、坂戸班、鶴ヶ島班、比企郡市の先生方161名とPTA役員の方々が参加されました。

 中学校関係では、3年生は県・公立、私立高校の前期入学試験が実施され、続いて後期の試験の発表が3月6日に予定されております。

 次に、生涯学習課の重点事業の状況について申し上げます。

 川島町スポーツ少年団駅伝大会が、12月21日に平成の森公園周辺の周回コースを会場として開催されました。

 次に、平成21年の成人式は、1月11日に町民会館に多くのご来賓にご臨席をいただき、盛大に開催されました。本年も昨年と同様に実行委員会方式で式典が実施され、337名の二十歳の門出を祝いました。

 また、第27回彩の国21世紀郷土かるた川島大会が、1月24日に町武道館で各小学校から選抜した精鋭により熱い戦いが繰り広げられ、その結果、八ツ保小学校Aチームが、見事、団体選で優勝されました。

 また、地域子ども教室は、本年度の総括として2月14日に135名が参加して、地域子ども教室交流会が町体育館で開催されました。地域子ども教室もことしで3年目になり、遊びの中にも下級生の面倒を見たり、話を聞く態度やルールを守るといった規律ができてきたことが感じ取られました。

 次に、文芸川島18号が刊行されました。小説、随筆、詩、短歌、俳句、川柳に107名の投稿がありまして、その中から選ばれた作品がこの18号を飾っています。どうぞご一読されまして、ご指導いただければと存じます。

 最後になりましたが、3月1日に第25回比企郡駅伝大会が小川町周辺で行われ、本町チームは準優勝と第9位でありました。

 以上、概略でありますが、教育委員会報告とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 以上で、行政報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長施政方針について



○山田敏夫議長 日程第5、町長施政方針について。

 平成21年度当初予算議会でありますので、町長の施政方針を求めます。

 高田町長

     〔高田康男町長 登壇〕



◎町長(高田康男) 議長のお許しをいただきましたので、平成21年度の町政運営に関する基本的な考え方についてご説明を申し上げたいと思います。

 私は、町長に就任して以来、町政運営の基本は町民の皆さんの声を町の施策に反映させていくことが第一であると考え、「住民主体、対話の町政」を推進してまいりました。特に「地域づくり懇談会」は地域の皆さんと意見交換ができる貴重な機会と考えており、皆さんのご意見を鋭意行政に反映できるよう取り組んでおります。

 また、町民意識調査や成人者を中心とした若者座談会を実施いたしましたところ、新たな行政需要や行政課題が明らかとなってまいりました。行政ニーズを的確に見きわめ、早急に対応すべきものにつきましては本年度の施策に反映しておりますが、町民の皆様の期待と信頼にこたえ、夢と希望の持てる明るい町づくりを目指し、行政運営に当たってまいりたいと存じます。

 さて、私が公約として掲げ推進に努めてまいりました福祉行政の充実につきましては、子育て医療費支援制度の拡充や義務教育施設の改修を進め、子育て支援策や教育環境の充実が整ってまいりました。行財政改革の推進では、川島町行政改革推進委員会を設置し、行政運営の効率化と行政サービスの向上を目指すとともに、推進する上での課題の解決やその進行管理に努めてきたところでございます。

 魅力ある農業につきましては、農地の集団化や新規特産物のいちじくの推進と新しい枠組みでの農業振興を図るなど、活力ある産業のまちづくりを進めてまいりました。

 雇用の充実につきましては、川島インター産業団地の18社の進出企業も決定し、うち2社は4月操業と伺っており、地元雇用の募集も行われておりまして、町民の雇用機会の拡大が図られてまいりました。

 合併の推進につきましては、今般、川越市長さんも代わられましたが、既にご案内の議員さんもおられるかと存じますが、1月10日に行われた出馬予定者の公開討論会では、川合さんの広域市町村合併についての考え方としては、「真剣に検討を開始する。最終的には住民・市民の意見で決めるべき」、また、「政令指定都市を目指す考えは」との質問に対し、「長期的にはその方向で行くべきと考えるが、まずは本来、中核市に与えられたさまざまな権限や機能を充実させるべき」と答えておられました。

 先般、川越市長さんにお会いし、これらについて話を聞かせていただきましたが、公開討論会での発言のとおりでありまして、現在、1市1町の合併は表現としてはできないとのことでした。私は、合併問題は避けて通れないと常々申し上げてまいりましたし、今も同様に考えておりますが、現状では新合併特例法の期限切れとなる平成22年3月31日までには時間的に無理であると考えます。しかし、望む相手の心の中にある合併の姿を見据えながらも、足腰の強い町づくりは大切であります。憲政の雄、尾崎行雄氏の「人生の本舞台は常に将来にあり」との言葉を借りると、目先のことだけでなく、今少々苦しいことがあっても、やはり本舞台は常に将来にあるということを肝に銘じ、足腰の強い町づくりを進めていくことも大切であると考えております。議員さんの、川越市との合併推進協議会からも、大所高所の立場でご指導を賜りますようお願いをいたします。

 庁舎建設につきましては、有識者からなる庁舎建設等検討会から建てかえる方向での答申をいただいており、その内容に基づき構想案につきましては、現在、議会や職員の研究会で検討していただいているところですが、百年に一度の不景気と言われる中、建設の時期は慎重に考える必要があると考えております。

 今後も、これらの施策の充実を図り、だれもが生き生きと安心して暮らせる魅力ある町づくりを進め、産業と自然が調和した職・住・遊の機能が充実した町の実現に向けて努力をしてまいります。

 基本施策として、平成21年度の町づくりの基本となる施策につきましては次の4項目と考えておりますので、議員の皆様方にもお力添えをいただき、真に町民が必要とする生活重視の行政を実施してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 第一に、暮らしの安全・安心の確保についてですが、町では、「川島町防犯のまちづくり推進条例」を制定し、町、町民、事業者及び関係機関が一体となって、自らの地域は自らで守るという連帯意識のもと、犯罪のない、また犯罪を起こしにくい環境づくりを推進し、安全で安心な町づくりを進めております。全地域で自主パトロール活動ができるよう、今後も引き続き各地域での組織化を支援してまいります。また、インターの開通や産業団地の一部完成などで大きく変わる地域での関連道路や交通安全対策にも取り組んでまいります。

 大きな災害が発生したとき、援護を必要とする方を把握し、地域で支援する仕組みづくりを考えるために防災カードの取り組みを開始いたしましたが、既に840人の皆さんから登録をいただいております。地域の皆さんとともに、要援護者を支援できる体制づくりを進めてまいりたいと考えております。

 また、大規模な地震が発生した場合の建物被害想定や河川の氾濫による被害想定をお知らせするとともに、災害時の備えや避難時の心得を再認識していただくためのガイドブック及び地震・洪水ハザードマップを作成しましたので、これらを活用し、さらに防災意識の高揚に努めてまいります。

 第2に、農地の集団化の促進を図ってまいります。

 管理の行き届いた耕作地を将来にわたって保全することは私どもの重要な責務であり、農業経営者が年々減少する中で、農地を集団化し、効率的な農業を行える基盤を整備する必要があります。このため、担い手農家利用集積モデル圃場整備事業に取り組んでおります。

 また、新規就農者については、町の農業の活性化を図る上からも期待を寄せておりますが、営農の第一歩ともいえる圃場の確保は難しい現状にありますので、新規就農者のための圃場を町があっせんするなど、就農しやすい環境整備を進めてまいります。

 第3に、インター周辺整備の推進についてですが、昨年は町にとって待望の圏央道川島インターチェンジが開通し、広域的なアクセスが飛躍的に向上したことから、各方面から町の発展に大きな期待が寄せられております。現在、川島インターチェンジ以東の工事が進められており、平成21年度中には荒川を越えて桶川ジャンクションまで開通し、予定通りに進めば4年後には東北自動車道に乗り入れることが可能になります。

 このような中で、インター開通にあわせ、川島インター産業団地の整備を進めてまいります。現在、工業・流通業務系の企業18社が進出する予定で、建設工事が急ピッチで行われており、この春から随時操業を開始することになっております。今後も引き続き関係機関と連携を深め、雇用の確保に努めてまいります。

 第4に、バラの小径整備事業についてですが、合併50周年記念事業の一環として整備したバラの小径につきましては、バラの小径会会員の皆さんに協力していただき、住民参加型の事業として展開しているところです。新たに30メートル延長し、330.5メートルの日本一長いバラのトンネルが完成いたしました。今後もさらに管理を徹底し、記念事業としてふさわしいものとしてつくり上げ、町民の皆さんに親しまれるバラの小径を目指してまいります。

 平成21年度の地方財政は、百年に一度の経済危機と言われる景気の後退の影響を受け、地方税収入の激減が想定される中で、社会保障費関係諸費の自然増や公債費が依然として高い水準で推移すること等により、厳しい財政状況が見込まれております。

 企業収益が落ち込む中で、税の確保、とりわけ収納率の向上は困難をきわめるところですが、職員一丸となって納税交渉の強化に取り組んでまいります。特に税の公平性を期するため、悪質な滞納者については差し押さえ等の法的手段を行使し、税収の確保に努力してまいります。

 来年度の町の財政状況につきましては、町税では住民税・法人町民税の減少、また固定資産税については3年に一度の評価替えの年度に当たり減少が見込まれることから、非常に厳しい状況になっています。歳入においては、さらなる自主財源の確保に努めてまいります。

 歳出においては、重点施策を中心とする事業への効果的な財源配分や効率的な事業構築を進め、限られた財源の中で最大の効果を得るべく、福祉・教育の向上や町の重点施策である防犯のまちづくりの推進事業、暮らしの安全・安心の確保、農地の集団化の促進、圏央道川島インターチェンジ周辺整備の推進、バラの小径整備事業等に重点的に配分し、編成したところであります。

 平成21年度の予算案は以上述べた考え方により編成いたしましたが、その規模は一般会計61億6,600万円で、前年度比2.1%の減となっております。

 また、特別会計につきましては、国民健康保険特別会計20億6,037万7,000円、前年度比3.6%の増、学校給食費特別会計9,330万円、前年度比9.6%の増、下水道事業特別会計につきましては7億2,530万円、前年度比38.7%の減、老人保健特別会計848万6,000円、前年度比95.6%の減、介護保険特別会計につきましては11億3,900万円、前年度比6.5%の増、後期高齢者医療特別会計につきましては1億6,537万7,000円、前年度比4.4%の増となっております。水道事業関係につきましては、収益的支出が4億6,416万2,000円、資本的支出が5億4,344万2,000円で編成をいたしました。

 次に、平成21年度予算の主な事項につきましてご説明を申し上げます。

 町税につきましては、平成20年度を6,689万6,000円下回る30億5,117万8,000円を計上いたしました。

 地方交付税につきましては、現下の厳しい雇用失業情勢にかんがみ、地方公共団体が雇用創出につながる地域の実情に応じた事業を実施することができるよう、地域雇用創出推進費が新規に創出されましたが、平成21年度につきましては、平成20年度より8,000万円下回る9億1,000万円を計上いたしました。また、国庫支出金は地方道路整備臨時交付金の名称改正となった地域活力基盤創造交付金が4,235万円増額になったこと等により、平成20年度を1,426万上回る4億1,044万2,000円を計上いたしました。

 歳入不足を補うため、財政調整基金や公債費の増加に対し減債基金の一部を繰り入れ財源不足を補うとともに、今後の財政運営に弾力性が損なわれないよう配慮したところです。

 町債につきましては、財源の不足を補てんするための地方債である臨時財政対策債が1億2,537万3,000円増額になりましたが、小見野小学校校舎の大規模改修に係る事業終了に伴い教育債が1億1,340万円減額になったこと等により、平成20年度より752万7,000円下回る5億3,810万円を計上いたしました。

 歳出については、厳しい財政状況の中ではありますが、町民の皆様の要望などを的確に把握した上で、事業の集中と選択を行い、町民生活に直結した施策を可能な限り配慮した予算編成に努めたところでございます。

 主な事業といたしましては、以下、新・川島町総合振興計画の施策の柱に沿ってご説明を申し上げます。

 「安全で快適な環境のまちづくり」につきましては、ごみの分別やリサイクルによる環境にやさしいごみ処理の推進に、町に緑と清流を取り戻すための生活雑排水処理事業等を積極的に推進いたします。また、ごみ等の不法投棄防止の強化を図るためのパトロール活動を引き続き実施します。今後も安全・安心な町づくりを推進するため、防犯灯の設置や交通事故を未然に防止するための街頭キャンペーンや啓発活動、交通弱者である高齢者や児童・生徒などの安全確保を図るため、通学路などへの交通安全施設の整備を積極的に図ってまいります。

 また、平沼浄水場の配水池築造工事につきましては、継続事業で実施をしておりますが、今年秋ごろに完成予定となっております。

 「一人ひとりが安心して元気に暮らせるまちづくり」につきましては、子育て支援策として、少子化の時代を迎え保育園が果たす役割もますます重要となることから、保育の充実に努め、また子育てや保育に関する相談などの実施や、けやき保育園の外階段の耐震補強工事を実施をいたします。

 また、平成22年度から5年間の方針を定める次世代育成支援対策推進法に基づく後期行動計画について、現状課題の分析や調査を行いましたので、計画を策定してまいります。

 子育て支援の観点から、医療費の窓口払いを不要とする現物給付費につきましては、既に比企管内はもとより川越市医師会のご協力もいただき、本年1月から川越市管内の医療機関でも協定を締結していただけることになりました。今後も、医療機関の拡大を図るなど、子育て支援を推進してまいります。

 高齢者対策では、高齢者が住みなれた地域で生き生きと安心して自立した生活が送れるよう、引き続き介護予防事業として、元気で介護を必要としない予防対策や健康増進対策を実施するとともに、在宅介護の充実も図っていきます。

 また、障害者自立支援法の円滑なる実施のため、利用者負担の助成、地域生活支援事業の充実及び事業の運営支援も図ってまいります。

 保健・医療では、昨年からメタボリックシンドローム予防のための特定健診、特定保健指導を行っており、生活習慣病の増加防止と医療費削減を目指してまいります。

 また、健康の保持と疾病の早期発見のため、各種がん検診、健康教育、健康相談、訪問指導等も引き続き推進するほか、乳幼児期における各種健診と予防接種や、高齢者のインフルエンザ予防接種につきましても支援してまいります。

 また、妊婦一般健康診査を現行の5回から14回に拡大し、妊婦の健康管理の充実と経済的負担の軽減を図るとともに、安心して妊娠・出産ができる体制づくりを推進してまいります。

 昨年から実施している「こんにちは赤ちゃん事業」につきましても、子育てに必要な育児情報の提供により、保護者の育児不安等の解消を図るとともに、子どもの健全な成長に必要な支援をしてまいります。

 また、後期高齢者医療制度、いわゆる長寿医療制度につきましては、昨年4月から実施、間もなく1年が経過いたしますが、75歳以上のお年寄りの安心な医療受診制度の確立と保険料負担の軽減に努めているところです。

 町で実施する健診や人間ドック及び保養施設の利用補助につきましては、今後も引き続き町単独事業として進めていきます。

 次に、「水と緑豊かな田園と調和するまちづくり」につきましては、主要な用排水路の整備促進に努めます。特に飯島排水路整備につきましては、雨水排水路対策として今年度事業で川島インターチェンジまで工事を進めているところですが、今後も排水路整備計画に基づき整備を進めていきます。また、横塚川の整備につきましては、昨年、県や町、沿線住民による横塚川整備促進会議が発足いたしましたので、今後も県と連携を図り、整備促進に取り組んでまいります。

 圏央道川島インターチェンジの周辺整備は、冒頭にも申し上げましたが、町の発展において最も重要な課題であり、引き続き関係機関と調整を図りながら周辺整備に向けて最大限の努力をしていきます。

 なお、圏央道の側道整備につきましても、国庫補助事業の導入により整備を進めるほか、川島町を起点とする長距離バスの運行などの検討に入り、町民の利便性を図りたいと考えております。

 「活力ある産業のまちづくり」につきましては、町にとって農業は重要な基幹産業と考えております。農業振興として引き続き担い手農家利用集積モデル圃場整備事業を推進し、安定した農業経営の確立に向けた取り組みを展開していきます。

 また、新規特産作物のいちじくにつきましては、昨年から本格的な出荷が始まっておりますが、今後も栽培講習等を通じ栽培技術や品質の向上を図り、市場で評価されるいちじくの産地化を推進するとともに、加工品にも取り組んでまいります。

 また、四季の味覚村整備支援事業につきましては、圏央道周辺地域の農業の活性化を目指し継続事業として進めておりますが、現在、「川島町四季の味覚村運営協議会」が設立されており、この事業を通じ観光農業の活性化を目指してまいります。

 商工業・観光の振興策については、商工業金融対策事業としての資金借入利子補給などを継続していくほか、住宅リフォーム補助金制度の普及を推進してまいります。

 次に、「自己実現を支援する生涯学習のまちづくり」では、川島町生涯学習推進総合計画に基づき、地域子ども教室など、学校、家庭、地域が連携した地域教育力の向上につながる学習活動への施策の展開を目指し進めてまいります。

 また、青少年の交流事業につきましては、学校側の都合もあり見直しをせざるを得なくなりました横手西小との交流事業にかわり、北海道沼田町との交流事業を進めております。気候風土の異なる沼田町での体験学習や情報交換を通し、心身ともにたくましい青少年の育成と産業文化の面での交流を深め、新しい発見を町の活性化に生かしていく目的で今年から実施していきます。

 また、第21回全国生涯学習フェスティバル「まなびピア埼玉2009」が埼玉県を会場にして開催されますが、町でもこの事業に積極的に参加し、町をPRするとともに、生涯学習の推進を図ってまいります。

 また、小学校の施設整備では、小見野小学校屋内運動場の大規模改修を計画しておりまして、屋根や外壁、内装などの老朽化した部分の改修を基本とし、バリアフリー化もあわせて行い、教育環境の改善を図っていきます。

 6番目の「地域の連帯により支え合うまちづくり」につきましては、花いっぱい運動や地域ぐるみの防犯活動を展開しながら、犯罪のないまちづくりを推進するとともに、地域コミュニティ活動の活性化を図るため意識啓発をしてまいります。

 また、消費者保護対策として消費生活相談を開催し、週1回相談窓口を設けておりますが、引き続き実施してまいります。

 7番目の「町民に開かれた計画的なまちづくり」では、地域づくり懇談会を通して、町民の皆様からの貴重なご意見、ご提案を行政に反映できるよう継続してまいります。

 また、第5次総合振興計画については、昨年実施した町民意識調査結果も参考に、現状課題の分析や基礎調査などを行い、平成22年度の策定に向け準備を進めてまいります。

 また、ふるさと納税制度につきましては、寄附金の使途や手続の方法などを示した「まちづくり寄附金取り扱い要綱」を定め、4月から運用をいたします。

 なお、寄附金の使途につきましては、育英奨学金の充実や交通遺児福祉事業、バラの小径推進事業などに充当をしたいと考えております。今後は、この制度の周知を図るとともに、「ふるさとかわじま」を応援していただける皆様からの寄附も活用したまちづくりを進めてまいります。

 情報公開並びに個人情報保護制度につきましては、透明性で開かれた町政の推進と個人情報の保護対策の強化を引き続き図ってまいります。

 定着している役場の開庁時間の延長につきましては、来年度も午後7時まで業務を実施し、町民の皆様の利便性の向上を引き続き図ってまいります。

 以上、平成21年度当初予算の主な事業につきましてご説明をさせていただきましたが、これらの諸事業の推進に当たっては財政基盤の確立が重要でございます。今後も、行財政全般にわたる見直しとともに、適正かつ効率的な運営、町税の滞納解消を進めるなど、健全な財政維持に努めてまいります。また、町政の執行に当たる職員の資質の向上、町民の皆様との対話を大切にし、夢と希望の持てる川島の実現を目指し、町政発展のため全力で取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いを申し上げます。

 終わりに、町民の皆さんはじめ議員各位のご支援、ご協力を重ねてお願いを申し上げまして、平成21年度町政運営に挑む施政方針とさせていただきます。

 ありがとうございました。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 休憩します。なお、11時より再開します。



△休憩 午前10時40分



△再開 午前11時00分



○山田敏夫議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第1号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第6、報告第1号 寄附の受け入れについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 大野政策推進課長

     〔政策推進課長細部説明〕



○山田敏夫議長 ただいまの報告内容に対し、発言があればこれを許します。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 以上、報告のとおりといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会継続審査報告について



○山田敏夫議長 日程第7、委員会継続審査報告についてを議題といたします。

 平成20年第4回議会定例会におきまして閉会中の継続審査事件としてあります請願の審査結果について報告を求めます。

 請願第3号 町立西中学校の普通教室にエアコンの整備を求める請願書について、文教厚生常任委員長より報告を求めます。

 吉田委員長

     〔吉田豊子文教厚生常任委員長 登壇〕



◆吉田豊子文教厚生常任委員長 皆様、おはようございます。

 議長の命によりまして、平成20年第3回川島町議会定例会において当委員会が閉会中の継続審査といたしました請願第3号 町立西中学校の普通教室にエアコンの整備を求める請願書について、経過と結果を報告いたします。

 平成20年12月18日午後2時より第4会議室において、委員全員、議会事務局長、執行部より丸山教育長、都市整備課長並びに教育総務課長の出席のもとに協議会を開催いたしました。

 協議会では初めに、今後の進め方について、傍聴人の許可について、参考人の説明、その後の質疑についての考え方を協議いたしました。その後、請願第3号に対する参考人からの説明を受け、請願を提出するまでの経緯、アンケートについて、学校の状況について等の説明があり、それらに対しての質疑を行いました。

 平成20年12月18日午後3時30分より第4会議室において、委員全員、議会事務局長、執行部より丸山教育長、都市整備課長並びに教育総務課長の出席のもとに委員会を開催いたしました。

 署名議員に小高春雄委員、山田敏夫委員を指名し議事に入りました。

 請願第3号 町立西中学校の普通教室にエアコンの整備を求める請願書について審査をいたしました。

 初めに、川島インター産業団地の土地区画整理事業にかかわる環境対策と交通対策に関して都市整備課長から説明を受け、学校周辺の状況等をあわせて教育長並びに担当課長からの説明、質疑を行いました。

 主な質疑の内容として、学校側から見ると騒音、ほこり等についてあるということなのか、学校側から意見が出ていたのか等に対し、教育総務課と中学校と施工者と都市整備課で月1回の定例会を行っています。その中では、ほこりがひどくて窓をあけられないということは余り出ていません。しかし、例えば重機がバックしたときにキャタピラーの音を強く感じましたと話がありました。音の小さな重機を使い、低出力で使用するように指導し、その都度、学校からの苦情に対しては対応してきたつもりです。

 学校への騒音、大気汚染、そういったものは20年度のピーク時に比べてどうなっているのかに対し、現在の工事の騒音等については、来年の3月なり4月には重機の音はなくなる。数字的にはどう変わるかわかりませんが、確実になくなることは確かです。区画整理事業の公共施設の工事は3月に終了します。進出企業については、一番影響のある敷島製パンについてもある程度終わってくるので、環境的な負荷については今よりも低くなると認識しています。

 現在建ち始めている倉庫群を見るとかなりの通行量が予想されるが、産業団地稼働後はどの程度の環境と予測しているかに対し、全進出企業が操業後の環境ということでも、環境評価上では整合される基準のうちに入るという評価は出ています。ただ、事後調査があり、その結果に整合させる評価に適応していなければ、対応した各進出企業に策をとってもらうという形になると思います。

 公共的に環境が悪い場所では国からの補助があるということであるのに対し、基本的には国庫補助対象の学校づくり交付金というのがあります。請願書の趣旨を聞きましたが、工事ということが強調されていたと思います。

 今後、周りの会社が上物を建てた場合、どの程度の学校へのほこり、騒音の影響を予測されているのかに対し、敷島製パンと土地区画整理事業が終わって、その他の進出企業が出てきたときの建屋の影響だと思いますが、だんだん中学校から遠くなりますので、今よりは環境に対する負荷は低くなるというふうに思っておりますなどの委員からの質疑、町担当課からの回答がありました。

 今回は、協議会時の参考人の説明、質疑並びに学校周辺の状況の把握を行いましたが、委員会を継続することとし、石川副委員長の閉会のあいさつの後、午後4時40分閉会といたしました。

 平成21年2月16日午後3時より第4会議室において、委員全員、議会事務局長の出席のもとに委員会を開催いたしました。

 署名議員に石川征郎委員、爲水順二委員を指名し、議事に入りました。

 平成20年12月18日に引き続き請願第3号の審査をいたしました。今回は、これまでの協議会並びに前回の委員会での議論のあった内容を踏まえ、活発な意見交換を行いましたが、主な内容を申し上げます。

 委員より、当町は子育てに重点を置いている。教育に重点を置き、若い人に住んでもらえるように、財政面もあるが、重点的にやってもいいと思います。

 委員より、手元の資料から見ると、設置するには小・中学校合わせて1億4,400万円、補助金は2,832万5,000円で、差し引き1億1,567万5,000円となります。西中だけ設置しても他の学校から要望が出てくると思う。設置する場合の財源をどうするのかというのもあります。夏休みもあるし、県内でもエアコンを設置している学校はほとんどなく、設置には反対いたします。

 委員より、国も一時、普通教室にエアコンということを進めています。全学校に設置するのか、例えば優先順位も考慮していいのではないかと考えます。西中は、造成工事が完成しても騒音は続くと思われます。

 委員より、町の教育施設は小見野小学校が太陽光発電を設置した大規模改修が終わり、エアコンが必要な箇所にはつけてもよいのではないか。小学校は3校なら3校でいくと、議会でも統廃合を踏まえた中で考えて真剣に議論し、エアコン設置も必要かどうかを考えていく方向でいいと思います。西中にエアコンは、つけることも統廃合を考えた中で考えてもよいと思います。

 委員より、周辺の工場が完成時には、企業のトラブルの対応やにおい、騒音を考えるならば、エアコンは必要であると思います。

 委員より、工事は終わるが、町独自のデータをとるべきだと思います。かつて、中山小学校の教室が足りなくなってプレハブになりました。プレハブになると、当然、日中は暑くて、窓もあけられないということでエアコンを設置した。状況をしっかり把握する必要があります。

 委員より、この請願の趣旨は、前段が工事に伴う環境悪化を訴えているが、工事は終了します。そうすると、後段の地球温暖化。町は水田があり、湿度があり、蒸し暑い。町は教育に熱心ということから、賛成いたします。

 委員より、工事が終了しても建物はできてくるわけで、それに応じてその周辺の風抜け等が以前とは違ってくる。インターもあり、排気ガス等が増える可能性もある。工事ということに趣を置かないで、今後の取り巻く環境が西中は悪くなる状況ということで、エアコンの必要があると考えますなど、かなり慎重で幅広く、多くの論点のある議論を行い、極めて判断の難しい中で、今後の町の教育のあり方を考えた内容の審議となりました。

 ここで審査を終了し、採決の結果、賛成多数をもって請願第3号 町立西中学校の普通教室にエアコンの整備を求める請願書については、採択すべきものと決定いたしました。

 石川副委員長の閉会のあいさつの後、午後3時40分閉会といたしました。

 以上で、審査の概要と審査結果の報告といたします。

 文教厚生常任委員長、吉田豊子。

 ありがとうございました。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 ただいまの委員長報告について、質疑を受けます。

 鈴木議員



◆鈴木久雄議員 鈴木でございます。

 委員長に何点かちょっとお伺いしたいと思います。

 過日のこの請願に関しましては、12月の議会に提出したときに、委員会の皆さんに、常任委員の皆さんにこういうことでぜひ協議いただきたいという発言を求めようと思いましたらば、議場で発言を許されなかったわけなんですけれども、いずれにしてもこの文教常任委員会においては3日間にわたり本当に慎重に審議をいただいた、その結果を今報告されたわけですけれども、その中で、この請願を見ると、西中だけでなくてほかの公立の小・中学校でも非常にエアコンが欲しい、また広聴会でもぜひエアコンを入れてくれというふうな話があったわけですけれども、今、委員長報告の中には、結果的に西中にエアコンで採択されましたというふうな形だけれども、やはり私は公立ということで、西中だけでなくて、特に西中の場合には、あそこのインター開発に関しては一応教育施設、西中がある、その辺のところで、そういった教育環境に影響のないように開発というふうな形で、今まで議会でもそういった形でもって議論され、近くに公園、あるいは高木というふうな形で環境を整備した産業団地の造成が私は行われておると思います。

 そういった意味においては、この請願を見ると、ほかの学校と違うのは、その工事中によって騒音や土ぼこりで窓があけられないというふうな形だけでもって、あとの請願というのは、西中のみならずほかの川中、あるいは小学校がすべて同じ形になっておると思います。そういった意味において、ほかの小・中学校にも採択であれば一遍に、今の話ですと1億4,400万の総予算が係るというふうな形ですと、財政が非常に厳しいから無理かもしれないけれども、やはり西中につけるというふうな形であれば、ある程度、西中のみならずほかのところもこんなふうな形で、1回は財源があるわけだから、計画的につけるというふうな形の請願、要するに附帯決議ができなかったものなのかどうなのか、まず1点お伺いいたします。

 それから2点目は、3回もやったわけですけれども、やはり何か今の報告ですと、ちょっと土ぼこりがするというふうな形だけれども、土ぼこりはしないよというふうな話があったわけですけれども、本会議で議場ということじゃないんだから、できれば私自身としては、委員会をやれということじゃないけれども、西中の教室、会議室を借りて、実際に音が、こういうふうな障害があるよというふうな形のこともやってもらいたかった。しかしながら、やらないにしても、少なくも委員会でその音のうるさいときに現場へ行って、常任委員会として確かめてほしかったと思いますけれども、その辺のところの協議は出なかったのかどうなのか、その2点だけお伺いいたします。



○山田敏夫議長 吉田委員長



◆吉田豊子文教厚生常任委員長 ただいまの鈴木議員さんからの質問2点で、私のわかる限りで回答させていただきたいと思います。

 第1点目は、他の小・中学校からということに関しまして、委員会では、これは川島町西中だけではなく、すべてのところを平等に扱うべきだという意見で一致しております。ただしこれの請願に関しましては、西中からの請願ということで一応限定しておりましたが、これからの町の教育を考えるためには、全体を公平に見て、そしてまた鈴木さんのおっしゃるようなすべてにこたえますと1億数千万円かかるということで、段階的な、そういった方向性はできないのかということも委員の中では大分討論いたしました。ただし、結果的にはこの西中の請願書ということで、そういった中にすべてを盛り込むことはなく終わりました。

 そして、附帯決議ということでつけ加えられなかったのかということなんですが、これは今後の町の行政のあり方、教育のあり方を踏まえた上で、こういったものはまた委員会としてもこれから積極的に皆様にお声をかけていきたいということでお話は終わりました。

 2点目に関しましてですが、実際に騒音などの音を現地に視察に行きましてやりたいというような話も、最初の委員会では出ておりました。ところが第2回目になりますと、いろんな騒音問題、第1回目の参考人の方に来ていただいていろんな説明を受け、なおかつ担当課長さんより説明がありましたところ、いろいろな今まで支障はないだろうと、先ほどの私の委員長報告の中でも出たようなキャタピラー、重機が移動したときぐらいのことは影響があるかもしれないと。でも、今後、そういった騒音はなくなるという方向でありますので。

 また、今後は、先ほども言いましたように、請願の中の工事に関する問題と、今後の環境の温暖化ということに対する問題で、温暖化に対することを重視したものとなっておりますので、工事が終了したからつけなくていいようなことではなく、環境温暖化に重点を置き、採択をするためには、そういったことはなく、また公平に見たいということでそういった委員長報告になっております。

 以上です。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

 道祖土議員



◆道祖土証議員 道祖土です。

 何点かお聞きします。

 まず1点目は、最初の委員会のときに、紹介議員である私と大島議員は一応待機をしていました。しかし、継続になるというのに、我々が待機したというのはわかっていたと思うんですけれども、それなのになぜ紹介議員の説明を聞かれなかったのか、それがまず第1点。

 それから、先ほど、委員会では、最後には温暖化の関係だとか暑さの関係を言いましたが、それまではほこりの関係を言っていました。私は、議会で紹介議員の補足説明の中で、今の工事は、PTAのほうは文書は係ったけれども、私の補足の中ではそのエアコンはなぜ必要かの中では、逆に温暖化、今の工事が終わったら終わりじゃなくて、それ以降のでき上がってからのほうがもっと気温が上がっていくだろうし、教育環境としては厳しいんじゃないかということも言っていましたけれども、委員会ではどうも最後の3回目ではそういう話も出ましたけれども、なぜそれが全然無視されてしまったのか、その辺を協議できなかったのか、協議したんだけれども委員長報告にはなかったのか、その1点。

 それから、12月18日に最初に協議会があって、次に委員会があったと、2つに分けた理由。なぜ1回の委員会でやらなかったのか、その辺がわからないということです。

 それともう一つ、私はもし言われたら、これはPTAの役員の人とかいろいろな人から言われたのは、ここまで延びたんだら、逆に本当に夏場に、さっきの鈴木議員じゃないですけれども、6月のじめじめした梅雨時か7月の初めぐらいにぜひ現場を確認してもらって、授業風景、また一緒に給食を食べて本当に判断してもらえればそれでいいんだと。それでもし、これだら納得できるなと、これだらエアコンが必要だなと思うのか、それともこれは耐えられるよと、このくらい耐えられなくちゃしようがないなと、それはどちらでもいいというふうな話がありました。もし私も紹介議員として言われたら、その話もしようと思っていたんですけれども、入れなかったのは非常に残念ですけれども。そういう話が、意見が出なかったのかどうか、以上、お願いします。



○山田敏夫議長 吉田委員長



◆吉田豊子文教厚生常任委員長 では、今、道祖土議員から4点につきましてご質問ございました。

 第1点の、紹介議員をなぜその委員会等で説明を求めなかったかということだったんですが、最初の時点では、まだ私たち委員会の委員はいろんな現状に対する資料等がよくわかりませんでした。そして、そのときに、私の不覚でもあるんですが、いろいろ出ておいでましたところ、最後に委員会で紹介議員にもお話をしていただこうかといったときに、私が一たん休憩いたしまして、ではお呼びいたしましょうかといって、ばたばたしていたんですけれども、そこで道祖土議員さんなんかにお声をかけようと思ったときにちょっと入れ違いがありまして、そこでこれは断念せざるを得なかった経過があります。これは、私のミスだと思っております。

 そして第2回は、温暖化に対して道祖土議員さんは説明をしたかったというようなお話ですが、その温暖化に対しましてもやっぱり、ぜひそのときにもうちょっと私が気がついて詳しくご説明を受ければよかったかなと思っております。これは本当に申しわけなく思っております。

 そして、第3点の委員会に対しまして、この協議会と委員会を分けたという理由、それは委員会となりますといろんな費用弁償等もございますし……失礼します。議長、ちょっと失礼します。暫時お願いします。



○山田敏夫議長 暫時休憩します。



△休憩 午前11時28分



△再開 午前11時28分



○山田敏夫議長 再開します。



◆吉田豊子文教厚生常任委員長 では改めて、その3番目の委員会にどうして協議会と委員会を分けたかということですが、参考人をお呼びするには、協議会ということで参考人をお呼びして、委員会ではなく参考人の方に自由にいろんなお話を、形式にとらわれないでお話をいただきたいということで協議会ということを設けました。

 なお、その協議会に関しましては、そこにお二人の傍聴人の方がいらっしゃいまして、3人でいろいろなお話、参考人の方だけが発言をしておりまして、その発言の中でPTA会長永島さんがいろんなお話をしてくださいまして、委員のほうがそれをじっくりと聞いたというような経過がございます。そして、そういったところをすべてざっくばらんにお話しいただいた後に、委員会を開催した経過でございます。

 そして第4番目の、夏場に現場を視察をしてということなんですが、先ほどの鈴木議員さんの質問に対しても同じことなんですが、今回は騒音ということよりも、道祖土議員のおっしゃるように、地球温暖化に対しましてエアコンの設置をできたらいいということを対象としておりましたので、現地視察で騒音の現状を見るよりも、もうこれだけ皆様が温暖化、温暖化と言って、私たちの時代では考えられなかった36度、7度、8度の気温がある中で、もうこれは現地視察をしなくてもいいだろうというふうな結論に達しまして、現地視察をしませんでした。

 なお、これから文教厚生常任委員会としては適時、学校の様子、これは西中学校ではなく、すべての小・中学校から幼稚園までいろいろな意味を含めまして経過を見守って、これからも推進できるように、実際にできるような働きかけをしていきたいと考えております。

 以上4点でございます。よろしいでしょうか。



○山田敏夫議長 道祖土議員



◆道祖土証議員 どうもありがとうございました。

 採択されたんで、私も紹介人としては非常にありがたく思っておりますので、その辺は言っておきます。

 それから1点だけ、最後の現地視察は、今、吉田委員長が言われたようにぜひやっていただいて、もっと現場を、子どもたちの教育環境は本当にいいのか、悪いのか、その辺はやっぱり実際に体験したほうがいいのかなと思いますので、ぜひよろしくお願いします。

 それから1点だけ再確認ですけれども、協議会と委員会、どうも協議会だからといって意見が活発に自由に討論できて、委員会だからできないというのは、ちょっとその辺は矛盾していると思います。最初にちょっと委員長が口を滑らせたが、それが本音なのかなと。

 もしそうだとすれば、逆に議員はもう今、費用弁償出ません。逆に、請願者をやっぱり参考人として呼ぶんであれば、何らかの費用を出すぐらいな気持ちがなければいけないんじゃないかなと。やっぱりちょっと、私からすると高飛車だと、呼びつけるというのは高飛車じゃないかなと。逆にそこのところへ行って、委員会で呼ぶんじゃなくて、協議会で呼ぶんじゃなくて、こちらから足を運んで、PTA会長なり、そういう人たちの意見を、夜でも昼休みでも、どこか時間があいたら議会のほうが合わせて聞かせていただくという態度が私は必要なんじゃないかなと思います。どうも、意見を聞いてやるという、何だかそういう態度であったんじゃないかなと思います。これは私の考え方ですけれども、もし何かご意見があればいいですし、もしなければそのままで結構です。

 以上です。



○山田敏夫議長 吉田委員長



◆吉田豊子文教厚生常任委員長 ただいまの2点についてなんですが、現地視察の件ですが、今回、先ほどもお話ししたように、道祖土議員さんのおっしゃることもっともなので、今後、文教厚生常任委員会といたしましても積極的に現地視察を行うように考えたいと思います。

 あと第2点目なんですが、そのざっくばらんにこちらから出向いてお話を伺うということは、非常にいいことだと思いますが、こういった請願とか何かに関しまして、ある程度の形式を整えないといけないと思いますので、やっぱり参考人として来ていただいたということに関しましては、非常に私は、今の時点ではいいことだと考えております。

 ただ、やっぱり委員会と協議会、参考人の方はよくどの程度まで認識されているかわかりませんが、非常に、もし私がああいった当日、そういったところに行きましても、きちんとした話ができるかどうかということが非常に厳しく思うんです。そういった中で、やっぱり協議会とその委員会というのはどう違うかというのが、そこまで厳密にしておりませんが、やっぱりそういった中でお話しいただいたということは、非常にありがたいなと思っております。

 また、今後そういった問題が起きましたら、皆さんと相談しながらよい方向になれるように進めていきたいと思います。本当にいろいろなご指摘ありがとうございました。

 以上です。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○山田敏夫議長 質疑を終結し、討論に入ります。

 初めに、反対の方の発言を許します。

 鈴木議員



◆鈴木久雄議員 町立西中学校の普通教室のエアコンの整備を求める請願に反対いたします。

 内容といたしますと、先ほどお話し申し上げましたとおり、西中だけでなくて、非常に保護者が普通教室にエアコンというふうな形で、ほかの公立中・小学校の保護者、PTAはぜひ望んでおると。特にこれを議会で採択というふうな形になりますと、今討論したような形のことというのは載らないで、議会報で西中学校のこの請願に関して採択というふうな報告、議会報で報告されると思います。そうした場合に、ここにいらっしゃる方々は採択というのはあくまでもできるのとは違うというふうな形だけれども、町民の全員の方がそういうふうに理解するんでなくて、この請願が採択されたことによって西中にエアコンが入るよというふうな錯覚というか、そういうふうに勘違いする人もいます。

 そういった意味において、特に西中だけでなくてほかの町のほうも、先ほどもお話し申し上げましたとおり、あそこに教育施設、西中があるよ、そうした形でもって、一応その西中の教育に支障を来たさないようにというふうな形で、周りに公園、あるいは高木とかというふうな形のものをとって、一応、そういった環境整備というものは十分してあると私は理解しております。そういった意味において、この請願、西中だけの採択ということになりますと、私はこの採択に反対いたします。

 以上です。



○山田敏夫議長 次に、賛成の方の発言を許します。

 石川議員



◆石川征郎議員 石川でございます。

 この採択に賛成を述べたいと思います。

 というのも、委員会の中で全員が賛成ではありませんし、鈴木議員のおっしゃったとおりに、西中だけでなくほかの学校のほうへもという意見もありました。したがいまして、その辺の将来においてのことも考慮しながら採択をしたというふうなことでございますので、賛成をいたすものであります。



○山田敏夫議長 討論を終結し、採決に入ります。

 委員長報告は採択であります。

 請願第3号は、文教厚生常任委員長報告どおり採択することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○山田敏夫議長 異議がありますので、挙手により採決を行います。

 委員長報告は採択であります。

 文教厚生常任委員長報告どおり採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○山田敏夫議長 賛成多数であります。

 よって、請願第3号 町立西中学校の普通教室にエアコンの整備を求める請願書については、文教厚生常任委員長報告どおり採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長提出議案の一括上程、説明



○山田敏夫議長 日程第8、議案第1号 川島町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第9、議案第2号 川島町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第10、議案第3号 川島町一般職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第11、議案第4号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第12、議案第5号 川島町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を定めることについて、日程第13、議案第6号 川島町民体育館・武道館設置及び管理条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第14、議案第7号 川島町健康長寿祝い金支給条例を廃止する条例を定めることについて、日程第15、議案第8号 川島町ペット霊園の設置等に関する条例を定めることについて、日程第16、議案第9号 川島町介護保険条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第17、議案第10号 川島町都市公園条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第18、議案第11号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第19、議案第12号 平成20年度川島町一般会計補正予算(第3号)、日程第20、議案第13号 平成20年度川島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、日程第21、議案第14号 平成20年度川島町下水道事業特別会計補正予算(第2号)、日程第22、議案第15号 平成20年度川島町老人保健特別会計補正予算(第2号)、日程第23、議案第16号 平成20年度川島町介護保険特別会計補正予算(第3号)、日程第24、議案第17号 平成20年度川島町水道事業会計補正予算(第2号)、日程第25、議案第18号 平成21年度川島町一般会計予算、日程第26、議案第19号 平成21年度川島町国民健康保険特別会計予算、日程第27、議案第20号 平成21年度川島町学校給食費特別会計予算、日程第28、議案第21号 平成21年度川島町下水道事業特別会計予算、日程第29、日程第22号 平成21年度川島町老人保健特別会計予算、日程第30、議案第23号 平成21年度川島町介護保険特別会計予算、日程第31、議案第24号 平成21年度川島町後期高齢者医療特別会計予算、日程第32、議案第25号 平成21年度川島町水道事業会計予算、日程第33、議案第26号 町道路線の廃止について(町道3529号線)、日程第34、議案第27号 町道路線の廃止について(町道5752号線)、日程第35、議案第28号 町道路線の認定について(町道3534号線外6路線)、日程第36、議案第29号 町道路線の認定について(町道5769号線外1路線)、日程第37、議案第30号 町道路線の認定について(町道2374号線)、日程第38、議案第31号 川島町老人福祉センター及び川島町デイ・サービスセンターの指定管理者の指定について、日程第39、議案第32号 川島町民会館の指定管理者の指定について、日程第40、議案第33号 工事請負契約の変更契約の締結について(飯島1号雨水幹線工事08−1工区)、日程第41、議案第34号 公平委員会委員の選任について、日程第42、議案第35号 公平委員会委員の選任について、以上35件一括上程いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 高田町長

     〔高田康男町長 登壇〕



◎町長(高田康男) 議長のお許しをいただきましたので、議案についての提案理由の説明を申し上げさせていただきます。

 議案第1号は、川島町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案につきましては、人事院勧告の趣旨を踏まえ、職員の勤務時間、休憩時間等に関し条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第2号は、川島町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案は、人事院勧告の趣旨を踏まえ、短時間勤務職員の勤務時間に関し条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第3号は、川島町一般職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案につきましては、人事院勧告の趣旨を踏まえ、職員の地域手当等に関し条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第4号は、技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案につきましても、人事院勧告の趣旨を踏まえ、技能労務職員の地域手当に関し条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第5号は、川島町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を定めることについてですが、この案につきましては、介護従事者の処遇改善を図る報酬改定による介護保険料の上昇を抑制するための介護従事者処遇改善臨時特例金が交付されることに伴い、新たな基金の設置条例を制定いたしたいとするものでございます。

 議案第6号は、川島町民体育館・武道館設置及び管理条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案は、町民体育館の利便性を向上させるため、利用区分に関し条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第7号は、川島町健康長寿祝い金支給条例を廃止する条例を定めることについてですが、この案は、高齢者の医療の確保に関する法律の施行に伴い、健康長寿祝い金の受給資格者となる医療保険利用の有無が確認できなくなるため、条例を廃止いたしたいとするものでございます。

 議案第8号は、川島町ペット霊園の設置等に関する条例を定めることについてですが、この案につきましては、住民の良好な生活環境の保全を図るため、新たに条例を制定いたしたいとするものでございます。

 議案第9号は、川島町介護保険条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案は、介護保険法の規定に基づき第4期介護保険事業計画を策定するに当たり、介護保険料を改定する必要があるので、条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第10号は、川島町都市公園条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案は、川島インターチェンジ北側地区土地区画整理事業区域内に設置される公園が、土地区画整理法の規定に基づき町に管理が移管されることに伴い、条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第11号は、企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案は、企業職員の地域手当に関し条例に所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第12号は、平成20年度川島町一般会計補正予算(第3号)ですが、この案は、地域活性化生活対策臨時交付金の追加、定額給付金並びに子育て応援特別手当の支給にかかわる歳入歳出予算の補正、また繰越明許費、債務負担行為、補正及び町債の追加など、既定の予算に変更を加えるものでございます。

 議案第13号は、平成20年度川島町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)ですが、この案は、退職被保険者等療養給付費の追加、保険財政共同事業にかかわる歳入歳出予算の補正など、既定予算に変更を加えるものでございます。

 議案第14号は、平成20年度川島町下水道事業特別会計補正予算(第2号)ですが、この案につきましては、建設事業費にかかわる歳入歳出予算の補正額に下水道事業債の減額など、既定予算に変更を加えるものでございます。

 議案第15号は、平成20年度川島町老人保健特別会計補正予算(第2号)ですが、この案は、医療給付費の更正減や一般会計繰出の追加など、既定予算に変更を加えるものでございます。

 議案第16号は、平成20年度川島町介護保険特別会計補正予算(第3号)ですが、この案につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金にかかわる歳入歳出予算の補正と既定予算に変更を加えるものでございます。

 議案第17号は、平成20年度川島町水道事業会計補正予算(第2号)ですが、この案につきましては、第4期拡張事業費の追加など、既定予算の収益的支出や資本的収入及び支出に変更を加えるものでございます。

 続きまして、議案第18号から議案第25号までにつきましては、各会計の当初予算でございます。

 議案第18号につきましては、平成21年度川島町一般会計予算ですが、この案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ61億6,600万円と定めるもので、主に施政方針でご説明申し上げました重点施策を中心とした事業への予算計上をさせていただきましたが、特に小見野小学校校舎の大規模改修事業が完了したことや、国・県の支出金、歳入面に不確定なことも多く、前年度に比べ1億3,400万円の減額、率といたしまして2.1%の減となっております。

 議案第19号は、平成21年度川島町国民健康保険特別会計予算ですが、この案につきましては、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ20億6,037万7,000円と定めるもので、保険給付費や後期高齢者支援金などの増加により、前年度に比べ7,229万3,000円の増加、率といたしまして3.6%の増となっております。

 議案第20号は、平成21年度川島町学校給食費特別会計予算ですが、この案につきましては、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,330万円と定めるもので、給食費保護者の負担金の増加等により前年度に比べ820万4,000円の増額、率といたしまして9.6%の増となっております。

 議案第21号は、平成21年度川島町下水道事業特別会計予算ですが、この案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億2,530万円と定めるもので、建設事業費及び公的資金補償金免除繰上償還にかかわる借換債の減少により、前年度に比べ4億5,800万円の減額、率といたしまして38.7%の減となっております。

 議案第22号は、平成21年度川島町老人保健特別会計予算ですが、この案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ848万6,000円と定めるもので、後期高齢者医療特別会計への移行により、前年度に比べさらに1億8,295万4,000円の減額、率といたしまして95.6%の減となっております。

 議案第23号は、平成21年度川島町介護保険特別会計予算ですが、この案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億3,900万円と定めるもので、介護給付費などの増加により前年度に比べ7,000万円の増加、率といたしまして6.5%の増となっております。

 議案第24号は、平成21年度川島町後期高齢者医療特別会計予算ですが、この案につきましては、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,537万7,000円と定めるもので、電算システム委託料などの増加により前年度に比べ696万4,000円の増加、率といたしましては4.4%の増となっております。

 議案第25号は、平成21年度川島町水道事業会計予算ですが、この案につきましては、業務予定量を給水戸数7,720戸、年間総配水量325万6,000立方メートル、1日平均配水量8,922立方メートル、配水池の築造工事費を含めた主要な建設改良事業費4億9,193万1,000円とする予算となっております。

 議案第26号並びに議案第27号は、町道路線の廃止についてですが、この案は、川島インターチェンジ北側地区土地区画整理事業の施工や開発行為に伴い町道を廃止いたしたいとするものでございます。

 議案第28号から議案第30号につきましては、町道路線の認定についてですが、この案は、川島インターチェンジ北側地区土地区画整理事業の施工や町道の付け替え、また市野川河川境界の確定に伴い新たに町道を認定いたしたいとするものでございます。

 議案第31号は、川島町老人福祉センター及び川島町デイ・サービスセンターの指定管理者の指定についてですが、この案は、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、川島町老人福祉センター及び川島町デイ・サービスセンターの指定管理者として、社会福祉法人川島町社会福祉協議会を指定いたしたいとするものでございます。

 議案第32号は、川島町民会館の指定管理者の指定についてですが、この案も前議案同様、川島町民会館の指定管理者として財団法人川島町勤労文化協会を指定いたしたいとするものでございます。

 議案第33号は、工事請負契約の変更契約の締結についてですが、飯島1号雨水幹線工事(08−1工区)の請負契約について工事を変更する必要が生じましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により提出いたしたいとするものでございます。

 議案第34号は、公平委員会委員の選任についてですが、この案は、公平委員会委員、猪鼻久子氏の任期が平成21年3月23日で満了となるため、同氏を再任することについて同意を得たいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により提出するものでございます。

 議案第35号は、公平委員会委員の選任についてですが、公平委員会委員、松崎良一氏の任期が平成21年3月23日で満了となるため、後任として秋葉進氏を選任することについて同意を得たいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により提出するものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。

 細部につきましては、担当課長をして説明いたさせますので、十分ご審議の上、原案どおり可決、決定を賜りますようお願いを申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 ありがとうございます。



○山田敏夫議長 ご苦労さまでした。

 お諮りいたします。

 今定例会に上程されました議案第34号及び議案第35号については、会議規則第39条第3項の規定により、常任委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○山田敏夫議長 異議なしと認めます。

 よって、上程されました議案第34号及び議案第35号については、常任委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 昼食休憩にします。なお、午後1時より再開します。



△休憩 午前11時57分



△再開 午後1時00分



○山田敏夫議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第8、議案第1号 川島町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 田中総務課長

     〔総務課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第9、議案第2号 川島町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 田中総務課長

     〔総務課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第10、議案第3号 川島町一般職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 田中総務課長

     〔総務課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第11、議案第4号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 田中総務課長

     〔総務課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第12、議案第5号 川島町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 小峰健康福祉課長

     〔健康福祉課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第13、議案第6号 川島町民体育館・武道館設置及び管理条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 宮下生涯学習課長

     〔生涯学習課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第14、議案第7号 川島町健康長寿祝い金支給条例を廃止する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 小峰健康福祉課長

     〔健康福祉課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第15、議案第8号 川島町ペット霊園の設置等に関する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 戸森町民生活課長

     〔町民生活課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

 大島議員



◆大島欣一議員 大島です。

 何点かお伺いをしたいと思います。

 議案第8号の川島町ペット霊園の設置等に関する条例を定めることについて、これにつきましては、例えば近隣の市町村でこういった条例を設置している自治体がどのくらいあるのかということをお教えいただきたいということと、それから近隣のこういったペット霊園の数、そういったものがどのくらい近隣にあるのかどうか。

 最後に、3点目として、この設置条例のモデルというんでしょうか、ほかにあるものを参考にしてつくられたのか、その辺の内容について、どういった、標準なものがあっての条例なのか、その辺ちょっとお伺いしたい。よろしくお願いします。



○山田敏夫議長 戸森町民生活課長



◎町民生活課長(戸森始) それでは、ただいまの大島議員さんのご質問にお答えをさせていただきたいと思います。

 初めに、近隣でこういった施設はどうかということでございますけれども、私ども、昨年の9月でございましたけれども、その時点で把握させていただいておりますのは、近隣では坂戸市でございます。坂戸市につきましては、指導要綱ということで伺っております。

 また、上尾市は、2006年2月に施行期日ということで実施してございます。

 あと、特に私どもがここでとらえているのは、吉見町、川越市についてはちょっとここには載っていないんですけれども、自治体的には−−申し上げましょうか、12団体なんですけれども。

     〔「いや、あの」と呼ぶ者あり〕



◎町民生活課長(戸森始) じゃ、そういった条例のところは12団体ということで、12市町で条例、要綱等を定めているということでございます。

 そして、ただいま私どものほうで数でございますけれども、上尾市で3か所、坂戸市で1か所、それは私どもでとらえさせていただいている数字ということでございます。

 近隣の条例の制定状況、それから設置箇所というのは以上でございますけれども。



○山田敏夫議長 大島議員



◆大島欣一議員 ありがとうございました。

 近隣においては、坂戸と上尾に1か所並びに上尾で2か所ということでございます。

 この3か所の施設については、川島町の設置条例に該当しているのかどうか1点と、それからもう一点、例えばこういった、開発行為になるのか、どういった法律にのっとるのかちょっとわかりませんけれども、例えば上位法との関係と条例との整合性、この点について再度ちょっとお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 戸森町民生活課長



◎町民生活課長(戸森始) それでは、ただいまその3か所が川島町の条例に合致しているかというお話でございますけれども、これは市町村独自で定めておりますけれども、でもモデル的にはそういったものを私どもは踏まえて作成しているということでご理解いただきたいというふうに考えております。

 あと……

     〔「開発行為」と呼ぶ者あり〕



◎町民生活課長(戸森始) これについては、開発行為等につきましては、やはり開発できる区域の、住宅とかそういうのがありますけれども、住宅とは違いますね、白地地域でそういったものができる地域という条件が整えば、設置は可能だと思います。



○山田敏夫議長 大島議員



◆大島欣一議員 すみません、確認でもう一度だけちょっとお願いしたい。

 設置が可能ということは、この条例が、その効力というんでしょうか、発揮できるのかどうか、その辺がちょっと今の答弁では不安なものですからお教えください。



○山田敏夫議長 戸森町民生活課長



◎町民生活課長(戸森始) 私どもは、ここで1条からして全部、条例の中で合致する項目があれば、設置で、これは具体的になりますけれども、例えば焼却炉で800度以上の能力を使うとか、そういった条件が整えば設置も可能ということでご理解をいただければというふうに考えてございます。



○山田敏夫議長 ほかに。

 飯野議員



◆飯野徹也議員 飯野です。

 上尾市とそれから白岡町の条例を見ますと、近隣がおおむね100メートルというふうになっています。それから、焼却炉があるのが上尾市ですと150メーターという規定になっております。ですから、かなり川島町の今回の規定は厳しいというふうに理解できるかなと思います。

 1つ気になりますのは、現にあります施設、私の住んでおります吉原に1件ございます。これから行きますと、この100メーター、300メーター規定を使いますと、300メーター以内に診療所が、病院、石田医院さんがございます。こういう場合、この附則を見ますと、第8条の1項に規定ということで、届け出ればということなんですが、その辺の近隣住民に対する説明とかというのはもう要らないというふうに理解してよろしいかどうか、ちょっと確認させていただきたいと思います。300メーター以内ですと、牛ケ谷戸地区、それから表地区、新堀地区、吉原とかなり広範囲になってくるかと思いますので、その辺のことをちょっと教えていただきたいと思います。

 以上です。



○山田敏夫議長 戸森町民生活課長



◎町民生活課長(戸森始) お答え申し上げます。

 ただいまの既に現有の施設ということでございますけれども、既に施設をつくって、この施設につきましては平成11年の5月に設置かと思うんですけれども、その施設に対して書類につきましては、設置の面積だとかまた焼却炉の能力だとか、そういったものは書類で求めますけれども、現時点ではただいまの4月1日から条例ということになりますと、改めてその方を、300メーター以内の方を集めての説明会は考えてございません。

 いずれにしても、能力だとか設置の面積、それらを書類的には出させていただきますけれども、その地域をお集まりいただいての説明会というのは考えてございません。



○山田敏夫議長 飯野議員



◆飯野徹也議員 事前に現にありますところと意見交換というか、ヒアリングはなされたかどうかちょっとお聞きしたいと思います。

 それからもう一点、焼却炉ではないんですが、ここの霊園さんは、山ケ谷戸地区にモニュメントのお墓というのかを持っているかと思うんですが、こういうのもこの施設、ペット霊園の一部というふうに把握しているかどうかもちょっと教えていただきたいと思います。



○山田敏夫議長 戸森町民生活課長



◎町民生活課長(戸森始) ただいまのご質問の中で、現有施設の業者さんとヒアリングがなされたかということでございますけれども、これにつきましては条例の骨子が固まった時点、2月19日にお邪魔しましてヒアリング等を行ってきております。

 いずれにしても、会社さんのほうもこれに沿った形で書類につきましては3か月以内に準備をするということのような状況は得ていますので、その辺はご回答させていただきたいと思います。

 それからあと、焼却施設があって、埋葬場所というか、そこは連絡がとれるかでございますけれども、それは1社がその時点でやっぱりそのところからの距離だとか、片方は焼却炉を有していない状態だとか、片方は焼却炉も有しているとか、そういったところでご判断はお願いできればというふうに考えてございます。

 以上です。



◆飯野徹也議員 ありがとうございました。

 以上で終わります。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はありませんか。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第16、議案第9号 川島町介護保険条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 小峰健康福祉課長

     〔健康福祉課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

 大島議員



◆大島欣一議員 大島です。

 ただいまの議案第9号 川島町介護保険条例の一部を改正する条例を定めることについて、2点ほどお伺いをしたいと思います。

 ただいまの説明におきまして、現在まで5段階の区分を8段階に変えるということでございます。この8段階にした場合の、各段階ごとの人数がもしわかればお教えいただきたいのと、現時点で5段階の中でその収納状況、介護保険料の収納状況等わかればお教えいただきたいと思います。

 以上、よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 小峰健康福祉課長



◎健康福祉課長(小峰松治) 現在6段階。

     〔発言する者あり〕



◎健康福祉課長(小峰松治) 現在6段階を、今度は8段階にするんですけれども、その分布区分ですけれども、これは試算の中の分布ですけれども、人数のほうがよろしいですか。第1段階が14人、第2段階は280人、第3段階が291人、第4段階で年金が80万円以下というところですけれども、これが1,464人、それからその通常の第4段階が576人、それから第5段階が646人、第6段階が385人、第7段階が305人、第8段階が230人という割合になっております。全体で約4,500名でございます。

 それから通常の関係ですけれども、保険料につきましては65歳以上、基本的に年金を受給されている方は年金からの天引きでございます。しかしながら、65歳以上になったらすぐ年金からというんじゃなくて、社会保険庁とのやりとりがありますので、最低限、半年ぐらいおくれます。その間につきましては普通徴収であります。

 それから、年金額が18万円以下の方については、特徴からは引かないで普通徴収というふうになっています。

 それで、特徴については年金から引きますので、ある程度、年金課の天引きが、手続が終了すればこれはほとんど100%ですけれども、問題は無年金者とか年金を少額しかもらっていない方については、普通徴収ということから滞納の率が高くなるとしております。そういったことで、普通徴収につきましては滞納が大きいのが現状です。

 全体からしまして、この試算の中では98ぐらいの収納率で考えております。

 以上です。



○山田敏夫議長 大島議員



◆大島欣一議員 ありがとうございました。

 年金から天引きについては徴収率が100%ということですけれども、普通徴収については滞納が今後、課題になるのかなと思います。実質的には値上げということでありますけれども、この8段階にすることによって収納率、こういったことについての工夫というか、向上が図れるかどうか、その点と、あとは住民に対しての周知徹底、この点についてはどのようにされるのか、最後にお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 小峰健康福祉課長



◎健康福祉課長(小峰松治) 今回、第4期の介護保険事業計画でございまして、全体的に制度の内容も若干変わります。そういったことから、いろいろパンフレット等もつくる予定でございまして、なおかつ新年度の賦課期日というのがいつも7月でございますので、その賦課する方につきましては、そのこういうわけでこういうふうになりましたというパンフレットは同封いたしますし、また新たに介護保険を引かせていただく方につきましても、そういったパンフレットは同封して理解をしております。

 それから普通徴収の関係につきまして、通常、特徴は年金が支給されるときですけれども、年6回ですけれども、普通徴収だと年8回ぐらいに分けてやっておりまして、ある程度負担のないようにというように考えておりますけれども、一番問題は、無年金者等につきましてはなかなか理解が得られないというのがまた現状かなと。

 また、中にはこの制度そのものについて、私はかからないんだから、払わないというような人もおりますので、介護保険制度は平成12年から始まりまして、第3期が終わろうとしておりまして、ですけれども、なかなかその当初から理解しない方もおりまして、そういった方はなかなか難しい点もあるのかなと。

 ただ、こういう形である程度、低所得者に対しては配慮したような多段階化ということで、所得のある方については多少負担が多くなるかもしれませんけれども、その辺はご理解いただくよう、いろんな面を通じてPRしてまいりたいというふうに考えております。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

 鈴木議員



◆鈴木久雄議員 1点お伺いいたします。鈴木です。

 ここでもって介護保険の金額が決まったわけですけれども、今まで川島町はほかの自治体に比べて割合と安かったというふうな形になっているわけですけれども、その辺のところで、高いところとか低いところとかとあると思いますけれども、川島の位置づけはどの辺なのか、ある程度、ひとつその辺のところをお聞かせいただきたいと思いますので。

 まだ決定したわけじゃないでしょうけれども、その辺のところで、話を聞きますと非常に高いところもあるようですけれども、その辺のところで位置づけをひとつお願いできればと思うんですけれども、よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 小峰健康福祉課長



◎健康福祉課長(小峰松治) 川島町につきましては、通常、第4段階を標準といっておりまして、ここ1年、あとは前後0.5とか1.6になっているんですけれども、標準的な面では前回が3,700円、今回4,100円というふうになります。

 それで、比企管内につきましては、川島町は4,100円ですけれども、多いところにつきましては4,995円、次は4,557円、4,000円というところが3団体ございます。それから3,880円、3,767円ということで、川島町は比企管内であれば上から3番目というふうになっております。

 あと、埼玉県規模ですとまだはっきり出てございませんけれども、4,000円を超える、これは国からの交付金が来て充当される前の段階ですから、場合によったら4,000円を割る団体も出るかもしれません。ですけれども、県内の動向だと4,000円以上の団体は20団体です。あとは4,000円未満です。そういう状況です。

 近隣の川越市ですか、川越市につきましてはまだ具体的に聞いておりませんけれども、4,000円近辺かなというふうに考えております。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第17、議案第10号 川島町都市公園条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 伊藤都市整備課長

     〔都市整備課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

 道祖土議員



◆道祖土証議員 1点だけお聞きします。

 この金額を設定した基準みたいのがあれば教えていただきたい。

 以上です。



○山田敏夫議長 伊藤都市整備課長



◎都市整備課長(伊藤順) この公園の料金につきましては、もともとこの公園は中学校の北側にありました公園、その公園がなくなるということで、機能補償として新しくできた公園ですので、その中学校の北にあった公園と同額の料金で今回も設定をさせていただいたところです。

 以上です。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第18、議案第11号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 石島水道課長

     〔水道課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

 休憩します。なお、2時30分より再開いたします。



△休憩 午後2時12分



△再開 午後2時30分



○山田敏夫議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の説明、質疑



○山田敏夫議長 日程第19、議案第12号 平成20年度川島町一般会計補正予算(第3号)を議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○山田敏夫議長 所管課長の説明を求めます。

 大野政策推進課長

     〔政策推進課長細部説明〕



○山田敏夫議長 本案について質疑を受けます。

 大島議員



◆大島欣一議員 大島です。ただいまの説明につきまして、3点ほどご質問をお願いしたいと思います。

 20ページの国庫支出金、それから21ページに及びます今回の定額給付金に関するものと、それから子育て応援特別交付金について3点ほどお伺いをしたいと思います。

 現在、非常に厳しい社会情勢の中で、特に子どもさんの進学に合わせて、今回の給付金に応じて机やパソコンの新規購入の頭金にしたいなどという、住民の皆さんに大変大きな期待を寄せていらっしゃるようでございます。

 東松山市議会においては、委員会の付託をせず本会議即決で迅速な対応に備えるというふうなことも伺っております。

 本町においては、関連法案の可決後、速やかな給付が現状として可能かどうか、この点についてまず1点お伺いをしたいと思います。

 それから2点目としては、セキュリティー対策についてお伺いをしたいと思います。特に高齢者や障害者の方に対する詐欺等、こういったものも心配でございます。この辺のセキュリティー対策についてはどのような考え方をもって臨まれるのか、2点目としてお伺いをしたいと思います。

 3点目としては、給付方法についてお伺いをしたいと思います。

 例えば、口座がない方について。例えばDV等によって、住民票はあるけれども、現住所が違うといった方もいらっしゃると思います。また、ホームレスとかネットカフェ難民であるとか、そういった住民票がない方がどういった形で、最寄りというんでしょうか、身近なところで給付を受けられるのか、この点について、給付方法について。

 以上3点お伺いをしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 大野政策推進課長



◎政策推進課長(大野恵司) 定額給付金の事務について、迅速な対応が可能かどうかということでございます。

 実は今、毎日、総務省から県を通じましてメール、ファクス等で時々刻々と状況が入ってきている状態でございます。できるだけ、今まだご議決をいただいていない段階ですけれども、事務的な準備については進めているところでございます。

 県内の自治体でも、幾つかの自治体では議会の冒頭にご提案申し上げて、先行議決をしていただいて、準備にかかっているところもあるやに聞き及んでおりますけれども、大体、平均的にはこの3月議会でどこの自治体でもご提案をさせていただいてということがあるようです。

 ただ、早く終わってしまうところは、議会閉会後に臨時議会でお願いをするというところも例外的な例で幾つかはございます。何とか早く支給できるようにということで準備を進めているところでございます。

 それからセキュリティー対策ということですが、この事務処理につきましては、なるべく守秘義務が課せられる職員で対応したいというふうに考えております。一部、手が足りないところは簡便な事務については臨時でお願いする部門、あるいは委託する部門があるかと思いますけれども、基本的には職員に時間外で頑張ってもらおうかなというふうに考えております。

 それから給付方法で、口座のない方ということですが、この基本は、ことしの2月1日現在で住民登録をされている方と、そこのところに支給をするというのが原則でございます。

 議員さんのおっしゃるような口座のない方、それからDV、ドメスティックバイオレンスの方等につきましては、これはまだ課題になっているんですけれども、DVの場合には警察に相談をしていただくことを前提として、住所地でないほうに送れる、手続がとれないだとか、そういうことを研究しているところであります。口座のない人については、どこの自治体もそうなんですけれども、とりあえず今、口座振り込みを先行して準備をしていますので、最終的には口座のない方へ申請があれば現金もせざるを得ないかなということで、まだ具体的にどういうというスケジュールは定まっておりませんけれども、とりあえずは振り込み優先、現金が後になりそうな感じでございます。



○山田敏夫議長 小峰健康福祉課長



◎健康福祉課長(小峰松治) 子育て応援特別手当の関係につきましても、定額給付金と一緒に対応していますので、内容的には同じになるかと思います。



○山田敏夫議長 大島議員



◆大島欣一議員 ありがとうございました。

 迅速に対応していただけるということでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 それから、もう一点だけ追加でご質問したいんですけれども、ただいまも給付漏れがないようにというふうなお話もありました。また、それから予算等を全部合計しますと3億6,000万に及ぶという、非常に大変大きな給付額でございます。例えば、地域の活性化等も寄与するという、そういった面も含めて、例えば特別対策室、こういったものも設置等が必要ではないかとも思うんですけれども、これについて最後にお伺いして終わりたいと思います。よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 大野政策推進課長



◎政策推進課長(大野恵司) この事業に際して、特別な専担組織を設けるかどうかということかと思いますけれども、基本的には政策推進課の中で何とか頑張って対処していきたいということでございます。総務省あたりは専門の室を設けているようでございますけれども、埼玉県におきましても地域政策課の中の部署で、グループはつくったようでございますけれども、その辺の対応。県内でも大きな市は幾つかそういう専担部署を設けたところもありますけれども、通常、川島町規模でありますと何とか通常の組織の中でみんなで頑張ろうやというような状況でございます。

     〔「わかりました」と呼ぶ者あり〕



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

 爲水議員



◆爲水順二議員 爲水です。

 今、大島議員のほうから定額給付金について質問があったかと思いますが、補足といいますか、何点かお聞きしたいと思います。

 20ページ、21ページ、13款の2項5目の1、2、3節と、これが定額給付金に関する金額ではないかと思うわけですけれども、この1、2、3節の項目の意味といいますか、性質といいますか、それを説明していただければと存じます。2節の定額給付金事業費補助金というのは配るものかなというふうな感じもされるんですけれども、その辺のお金の使い方、性質をお聞かせいただきたいと思います。

 また、1万2,000円という定額給付金ですが、プラス8,000円いただける、65歳以上の方と18歳でしたか、義務教育の方、プラス8,000円いただけるという方はどのくらいいるのか、人数的なものも教えていただければと思います。

 あと、事務手数料、今回の定額給付金を配るに際しましての皆さんいろいろご足労されているのかと思いますけれども、その事務手数料なんかも国のほうからおりてくるというお話を聞いております。その辺が幾らぐらいかかっているのか、お願いしたいと思います。

 もう一点ですが、31ページの諸支出金、2項の1目に繰出金がありまして、100万円ついていたものが一気に補正で4,000万円ついていますので、それの使い道というか、何か目的があって4,000万円計上されているのか、よろしくお願いいたします。



○山田敏夫議長 大野政策推進課長



◎政策推進課長(大野恵司) それでは、順を追ってお答えを申し上げます。

 まず、補正予算書の20ページ、21ページにまたがる、款でいえば国庫支出金の中の2項の国庫補助金、5項総務費国庫補助金で、細かく1節、2節、3節というふうに分かれているという、それぞれの項目についての内容ですね。

 まず、1節の地域活性化緊急安心実現総合対策交付金といいますのは、国の第1次補正予算に基づくものでございます。具体的に申し上げますと、かつて夏場といいますか、これは8月の閣議決定なんですけれども、原料高、燃料高がございました。それに対する臨時交付金といたしまして支給されるもので、当町におきましては農道改良事業に充当させていただいております。662万円全額でございます。

 そして、21ページのほうの2節の定額給付金事業費補助金3億5,232万9,000円、これがまだ関係法令は通っていないんですが、2次補正予算は成立いたしましたけれども、定額給付金の支給するお金、あるいは事務処理に伴う費用の総額がここの2節でございます。

 そういたしまして、3節の地域活性化生活対策臨時交付金でございますけれども、これはやはり今度は2次補正、国の第2次補正で、いわゆる金融危機だとか経済危機と申しております。緊急経済対策といたしましての交付金でございまして、主に当町では電算システムの改修費用、あるいは道路・水路整備に充当をさせていただいているところで、6,944万2,000円というものでございます。

 それから定額給付金の対象者ですけれども、現在のところと申しますか、2月1日現在の住民登録をしている人員といたしましては、2万2,658人でございます。2万円を支給する方、つまり若い順に行きますと18歳未満の若い方のほうで3,754人、それからお年寄りの方は65歳以上でございますけれども4,540人と。残る1万4,364人が19歳から64歳の方とこういうことで、これは1万2,000円のほうでございます。そういう内訳になってございます。

 そういたしまして、一体それでは事務費にどのくらいかかるかということでございますけれども、現在のところの試算では事務費といたしましては1,382万9,000円と、こういう事務費を想定をいたしておるところでございます。

 それから、31ページにございます13款の諸支出金の中の公共施設整備基金繰出金、予算額では101万8,000円にさらに4,000万円を積みますということでございますけれども、これは先ほど申し上げましたいろいろ原・燃料高あるいは緊急経済対策で、国から来た交付金を事業に充当させていただきました。その財源に余裕ができましたということでございますけれども、公共整備基金のほうにその余裕ができた財源について4,000万円を繰り出させていただくと、こういうものでございます。

 以上でございます。



○山田敏夫議長 爲水議員



◆爲水順二議員 ありがとうございます。

 定額給付金についてもう一点だけお聞きしたいと思いますが、町民なんかがよく気になっていると思うんですが、いつごろから配られるのかななどということを聞かれます。この調子で関連法案が通りまして、議会可決されて手続を始めた場合に、どのくらいの時期にお支払いができるのかということをひとつお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。



○山田敏夫議長 大野政策推進課長



◎政策推進課長(大野恵司) いつごろ給付金がもらえるのかということで、実は役場も、この定額給付金事業につきましては国庫補助事業でやっているということで、この給付金に充当するお金がいつもらえるかというのが役場も予測を立てているところですが、一向にまだ総務省から返事が来ておりません。後ほど回答というつれない返事ばかりでございまして、ただ事務的には何とか4月には各世帯に通知が差し上げられるかなという感じでおります。したがいまして、ご通知を申し上げて、その通知に基づいていろいろな書類を返送していただく、それらが受付になるわけですけれども、埼玉県内の自治体の対応を見ますと、それは国からお金が来ないと始まらない話なんですけれども、4月中にはやりたいという願望を持っているとこういうことで、なかなか今のところ、いつになったら配れるのかというのが私どもも正確に読めない状況でおりますが、この4月ぐらいかなというのがどこの自治体の担当者の間でも頭に入っているところかなというふうに感じています。



○山田敏夫議長 ほかにございませんか。

 道祖土議員



◆道祖土証議員 それでは、2点ほどお願いします。

 1点は、20ページの教育使用料、コミュニティセンター使用料と体育館施設使用料、更正減になっております。これの更正減になった、どうしてこういうふうになったか、どのように読んでいるか、それをお聞きしたいと思います。

 例えば、体育館、コミュニティセンターを使用する団体が減っていったのか、それとも町立体育館なんかは団体そのものが減ってしまったのか、それとも使用料を取るようになって、その関係で使わなくなってきたのか、その辺、どういうふうに読んでいるのかお聞きしたいと思います。

 それからもう一点、37ページの債務負担行為のほうですけれども、我々はある程度、どういう理由でこういうふうになったかというのは読んでわかっているんですけれども、1年生議員は多分そのときいらっしゃらなかったんで、まずその辺のどうしてなったのかというのと、今までどのくらい裁判に、裁判費用がかかって、今後、またどのくらいかかる予想なのか。

 以上、よろしくお願いします。



○山田敏夫議長 宮下生涯学習課長



◎生涯学習課長(宮下滋男) それでは道祖土議員さんのご質問の、教育使用料ということでコミュニティセンターの使用料、また体育施設の使用料というふうな更正減があるわけでございます。コミュニティセンター使用料につきましては、従前から使用料をいただく団体、無料の団体おります。20年度からは登録団体というふうな中で減免、あと半額減免というふうな形の中で登録をした団体にして使用していただき、登録外の方については全額をもらっているというような状況ですけれども、現在の登録団体数が、コミュニティセンターにつきましては42団体ございます。そのうち全額減免という団体が24団体、あと、2分の1減免ということで18団体ございます。全額減免につきましては、子どもを対象とした登録認定を受けている団体、また65歳以上の方がその団体に過半数以上で構成されている、認定されている団体、また障害のある方という形で分類をしてございます。

 当初、この登録につきましても見込みがちょっと甘かったかなというふうなこともございます。当初、一月2万5,000円程度の使用料を見込んでいたわけでございますが、実際、1月までの収入ということで17万ちょっとというふうな形で、残る2か月、2月、3月の使用料を見込んだ中でおおむね19万ちょっとというような形で、ここで11万の減額をさせていただいたというのが現状でございます。

 あと、体育施設の使用料の更正減につきましても、登録団体的な形で登録をしていただいて、登録団体が全体で58団体ございます。そのうち減免を、全額減免ですね、登録団体が21団体ございます。半額団体につきましては37団体。この全額減免団体につきましては、スポーツ少年団等に所属する団体と、先ほど申し上げましたが、65歳以上で構成する登録認定を受けている団体及び障害のある方ということでございます。半額減免につきましても、先ほどのコミュニティセンターで申し上げたような内容でございます。

 これにつきましては、これも当初の計上の段階で一月29万程度の使用料を見込んで積算したわけでございますが、団体登録数につきましても当初見込みよりちょっと少なくなってしまったこと、また8月、9月に雨天等でグラウンド使用ができない状況がかなり続きまして、グラウンドでも雨が降るとなかなかすぐ使えるという状況じゃありませんので、そうした使用とそのころの夜間照明等の使用も少ないというふうなこともございまして、11月までの実質収入で208万円程度の収入があったわけでございますが、これから3か月、1月、2月、3月とちょっと見込みますと、これからの総額的には268万円程度の収入が見込まれるということで、ここで80万円を減額するというような形で対応させていただきました。よろしくお願いしたいと思います。



○山田敏夫議長 戸森町民生活課長



◎町民生活課長(戸森始) それでは、ただいま道祖土議員さんの債務負担行為の関係でございますけれども、特にこちらでは町を被告とする訴訟ということで、今朝ほど町長が行政報告の中で申し上げてございます戸籍事務に関しての損害賠償請求でございますけれども、その訴えが出されたということで、過日、さいたま地方法務局のほうとも連絡をとり合っておりますけれども、私どものほうで訴状の内容をよく調査をしておりますけれども、その中で顧問弁護士のほうへ相談した結果、事実認定等で裁判を行う必要があるということで、それに伴う費用ということでご理解をいただきたいというふうに考えてございます。

 以上でございます。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

 道祖土議員



◆道祖土証議員 今質問した金額、今までにどのくらい裁判費用がかかって、今後どのくらいが見込まれるのかというのはわかりますか。



○山田敏夫議長 暫時休憩します。



△休憩 午後3時14分



△再開 午後3時15分



○山田敏夫議長 再開します。

 ほかに。

 木村議員



◆木村晃夫議員 木村です。

 それでは、19ページの細部につきましてお伺いいたします。

 非常に日本経済が落ち込んでいるというふうなことで、ある程度の更正減はやむを得ないかと思うんですけれども、この2款、3款、4款、5款、7款、9款ですか、かなりの割合で更正減がされておりますけれども、もう少しこの内容につきまして、例えば、まだ確定ではないと思うんですけれども、配当割交付金なんかは7割ぐらいの更正減と、利子割交付金はそれほどでもないですけれども。それともう一つは、地方交付税の減額2,000万円、これにつきましては、過日、3月1日の読売新聞のトップに職員手当270億円上乗せ、川島町の場合はこれをとりますと地域手当が3,650万7,000円ほど出ておりますけれども、これが読売新聞の見出しでは、特別交付税で減額というふうな措置がされているんではないかというふうなことですけれども、川島のこの特別交付税の減額はほかの理由かと思いますけれども、それらを含めましてもう少しこの減額の計数のとり方、どういうふうなことでとっているかにつきましてお聞きいたします。



○山田敏夫議長 大野政策推進課長



◎政策推進課長(大野恵司) 歳入の関係で、1款から7款まで、ある程度の割合で更正減になっている根拠といいますか、これにつきましては1款から地方譲与税、利子割交付金、配当割交付金、ご存じのように経済情勢がこういう状況でありまして、実は県のほうから決算見込み額という数字が示されます。それに基づいて、20年度の決算見込み額はこういうふうになりますよということに基づいて、前年対比といいますか、当初予算比何%減という数字を掛け算して、機械的にといいますか、県全体で例えば10%マイナスですからということで、川島町としても10%という程度のまだ算出でございます。

 特にこの株価の問題であるとか、そういうものにつきましては非常に敏感に反映されてきているなというふうに私も感じているところでございます。自動車取得税についてもしかりでございます。自動車の販売台数が落ち込んでいるということに起因しているところかと思います。

 それから地方交付税のほうの2,000万円の更正減につきましては、地方交付税につきましては議員さんもご承知のように普通交付税と特別交付税とあります。今回の2,000万円の更正減をさせていただくのは特別交付税分ということでございます。特別交付税は国税5税のうちの6%をプールして支給されるということでございまして、その年によって大規模な災害があったりしますと、そちらのほうに全国的に振り向けられてしまうということで、20年度の場合は宮城岩手内陸地震であるとか北陸集中豪雨、その辺のほうに一定の金額が振り分けられているのかなという感じがしているところであります。したがいまして、当初予算では8,000万円を特別交付税で見込んでおりましたけれども、ちょっとそこまでには達しないだろうということでの2,000万円更正減、つまり6,000万円ぐらいを見越してということになってございます。

 それから地域手当の話でございますけれども、地域手当についても特別交付税で一定の割合を、差し引かれるといってはちょっと語弊がありますけれども、減額をされるやに聞き及んでおります。と、聞き及んでいると申しますのは、特別交付税についての算定基礎というのは公に示されておりません。これは、各県でもって市町村をヒアリングをいたしまして、特殊財政事情に基づいて支給をされるということになっております。したがいまして、私どもも聞いている範囲では、19年度決算においてはこの地域手当を支給していることに伴っておおむね30%ぐらいがカットされたというか、制限をされたといいますか、そういうふうに聞いているところでございます。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

 佐藤議員



◆佐藤芳男議員 佐藤です。

 2点ほど伺いたいんですけれども、まず先ほどの収入のほうですけれども、定額給付金と同時に地域活性化のための、21ページの上段の、定額給付金はこれは当然説明のとおりでよろしいと思うんですけれども、地域活性化生活対策臨時交付金6,900万、これは急に決まった予算ですから、この支出のほうの財政調整基金ということで恐らく積立金を増やしていると思うんですけれども、そのほかに、先ほど他の議員が質問した公共施設整備基金の繰り出し、これ4,000万、この財源がどういうふうなものなのか。それから、当然、この2点の約1億がどうも来年度の予算に繰入金として入っているようなんですけれども、このあたりの、6,000万はいいんですけれども、4,000万はどういうふうなあれから捻出できたのか、これをお願いしたいんですけれども。



○山田敏夫議長 大野政策推進課長



◎政策推進課長(大野恵司) 基金繰出金が6,000万円口と4,000万円口とあると、合わせて1億円基金へ積むというのはどういうところで捻出したのかというご質問かと思いますけれども、21ページにもある国の緊急経済対策でおおよそ6,900万。これは全体でプール計算してやっておりますので、そのとおりぴたりとはいかないんですけれども。もう一つは、20年度から後期高齢者医療制度という制度が始まったことに伴って、従前の老人保険制度というものが廃止になっております。廃止になったとはいえ、まだ2年間は精算期間で残っているんですけれども、そこから精算繰り入れを約4,700万ほど出していただいております。22ページの繰入金等ございますけれども、そこの中の老人保健特別会計繰入金追加4,700万円と。これは、過去に老人保健を運営する中で町の一般会計で負担をしておったのを、毎年毎年精算をしないで、積もり積もってこういう額できていると。この辺も大きな基金繰り入れの財源といいますか、歳入として見ているところでございます。したがいまして、20年度は両方、財調と公共施設と合わせて1億円積んでおります。

 また、新年度の予算につきましては、また後ほどご説明申し上げますが、それを約1億2,900万ほど取り崩しておりますので、ちょっと差し引きすると足が出るわけですけれども、またそれは新年度、まだ国の経済対策も若干期待できる部分もありますけれども、かたく新年度も見積もっておりますので、そのくらいの新年度に取り崩した額は穴埋めできるかなという見通しでおります。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

 尾崎議員



◆尾崎宗良議員 1点ほどお伺いします。

 29ページの土木費の中で、道路橋梁費の中で測量業務委託料の更正減730万円とありますが、この場所と、どうして更正減になったのかお伺いします。



○山田敏夫議長 福島建設課長



◎建設課長(福島彰) 委託料の730万円の関係のご質問でございますけれども、当初予算に対しまして、町道では6路線委託を出しまして、その請け差が出ております。その額を更正減させていただいております。

 その路線ということでございますので、まず1つは町道2−4号線の関係でございますけれども、これは氷川道というふうに称しておりますけれども、これが73万9,200円ほどございます。それからもう一路線は3052号線でございますけれども、これが200万4,450円、それからやはり2−4号線の調査業務の関係が出してございますけれども33万6,000円、それから352号線の調査関係でございますけれども87万9,000円でございます。それから352号線ということで216万5,000円、それから中郷でございますけれども5626号線ほかでございますけれども、これは測量業務委託ということでやはり33万750円等でございまして、これを総括しますと今の金額730万ほどになるわけでございます。



○山田敏夫議長 ほかに質疑はございませんか。

     〔発言する者なし〕



○山田敏夫議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○山田敏夫議長 長時間にわたり慎重審議、まことにありがとうございました。

 本日はこれにて散会といたします。

 なお、次の本会議は3月4日午前9時30分から開会をいたします。定刻までに本会議場にご参集いただきたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

 長時間にわたりご苦労さまでした。



△散会 午後3時27分