議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 小川町

平成20年  6月 定例会(第2回) 06月13日−議案説明、質疑、討論、採決−04号




平成20年  6月 定例会(第2回) − 06月13日−議案説明、質疑、討論、採決−04号







平成20年  6月 定例会(第2回)





         平成20年第2回小川町議会定例会

議 事 日 程(第4号)

                     平成20年6月13日(金曜日)午前10時開議

    開  議                                   
第 1 議案第41号 財産の取得について                       
第 2 埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙                     
第 3 特定事件の特別委員会付託について                       
第 4 閉会中の継続調査の申し出について                       
    閉  会                                   

 出席議員(16名)
  1番  柳  田  多 恵 子  議員    2番  井  口  亮  一  議員
  3番  根  岸  成  美  議員    4番  宮  澤  幹  雄  議員
  5番  戸  口     勝  議員    6番  山  口  勝  士  議員
  7番  溝  坂     浩  議員    8番  金  子  美  登  議員
  9番  杉  田  伸  子  議員   10番  松  葉  幸  雄  議員
 11番  松  本  修  三  議員   12番  千  野  寿  政  議員
 13番  関  口     修  議員   14番  小  林  一  雄  議員
 15番  高  橋  秀  夫  議員   16番  大  塚  司  朗  議員

 欠席議員(なし)
                                         
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  笠  原  喜  平  町  長      原     久  夫  副 町 長

  長  島  幸  三  総務課長      清  水  吉  夫  政策推進
                                    課  長

  新  井  良  治  税務課長      笠  原  律  子  町民課長

  関  口  吉  男  健康福祉      武  井     健  環境保全
              課  長                  課  長

  増  田     隆  産業観光      竹  澤  晴  男  建設課長
              課  長

  金  子  富  夫  水道課長      長  島  靖  雄  生  活
                                    あんしん
                                    室  長

  福  島  幸  男  会  計      関  根  則  夫  教 育 長
              管 理 者

  新  井  賢  二  学校教育      高  橋  秀  夫  生涯学習
              課  長                  課  長
                                         
 本会議に出席した事務局職員
  内  野  幸  一  事務局長      梅  澤  敏  志  書  記



                                         



△開議の宣告



○大塚司朗議長 皆さん、おはようございます。

  ただいまの出席議員は全員であります。

  これより本日の会議を開きます。

                                 (午前10時00分)

                                         



△議案第41号の上程、説明、質疑、討論、採決



○大塚司朗議長 日程第1、議案第41号 財産の取得についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第41号 財産の取得につきまして提案理由を申し上げます。

  町指定文化財中城跡保存用地として財産を取得したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○大塚司朗議長 続いて、内容説明を求めます。

  高橋生涯学習課長。

          〔高橋秀夫生涯学習課長登壇〕



◎高橋秀夫生涯学習課長 命によりまして、議案第41号 財産の取得について内容のご説明を申し上げます。なお、提案理由につきましては、ただいま町長が申し上げたとおりでございます。

  本議案は、町指定文化財中城跡の保存用地として別紙の土地を取得するため、議会の議決を求めるものでございます。

  議決を求める内容でありますが、1、財産の種類は土地でございます。2、所在は、小川町大字大塚字中城340番地外4筆でございます。3、面積は合計で5,250平方メートル。4、取得予定価格につきましては、2,317万8,400円でございます。

  なお、詳細につきましては、資料をご参照願いたいと存じます。

  位置図でございますが、公図の写しで、一応色分けといたしまして、町指定史跡範囲16筆の公募面積が1万1,485平方メートルを青線で示し、今回取得予定地5筆、5,250平方メートルを赤色で表示してございます。

  以上で、議案第41号 財産の取得について内容のご説明とさせていただきます。よろしくご審議のほど賜りますようお願いを申し上げます。



○大塚司朗議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  大変申しわけないのですけれども、議案の補正予算のところで、補正予算をちょっと持ってこなかったので、うろ覚えの記憶で本当申しわけないのですが、起債をした額、それから自主財源との額の違いがあるようなのですけれども、ちょっとその詳しい数字は、本当にうろ覚えで申しわけありませんが、2,500万円ぐらいの起債で150万円ぐらいの自主財源だったかと思うのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。



○大塚司朗議長 清水政策推進課長。



◎清水吉夫政策推進課長 補正予算の金額は、総額で2,690万円かと思います。今回の取得でありますけれども、この議案のとおり、契約金額が、仮契約でございますけれども、2,317万8,400円、これはこのほかに別に用地を確保するという予定があります。ただ、こちらについては、今登記ですとか、手続中でございますので、まだ契約に至っておりません。今回仮契約を結んだところが、この赤い部分ということでございます。よろしいでしょうか。

  以上でございます。



○大塚司朗議長 1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。了解しました。そういたしますと、およそ350万円ほど補正を組んだ額の残りがあるということですね。それと、金額のほうは了解しました。

  それから、補正のときにも計画案とか、それから今後の整備計画をきちんとつくっていくことなども出されております。私も、ここの用地をちょっと見たのですけれども、結構草がかなり生い茂っておりまして、しばらくの間、なかなか手をつけられないという状態がずっと続いていたのだと思うのですけれども、今後町の取得する土地ということになりますと、整備計画というか、それ以前に例えば草刈りとか、少なくともある程度の整備が必要になってくるかと思うのですけれども、その点については具体的に考えていらっしゃるのでしょうか。



○大塚司朗議長 関根教育長。



◎関根則夫教育長 ご答弁申し上げます。

  議会中の補正のときにもご説明申し上げましたけれども、総合振興計画等の中で緑地公園化、あるいは史跡公園、こういうふうな形の中で考えているというふうなお話はさせていただきました。平成15年に文化財の指定になりましたので、また今回ここでこの補正等、あるいは41号議案等が通過というような形になれば、この後の計画というのは、振興計画に基づきながら教育委員会のほうでもいろんな方々のご意見を伺うような機会を設けたいと思います。

  今お話にありましたような形の中ですけれども、まず杉林が非常に多いのです、杉が。あの杉の辺をどういうふうにするか。ただ、地元の方の防風林的なこともありますので、その辺についても検討しなくてはいけない。

  それから、ちょうど近隣のすぐ隣の土地から竹がかなり入ってきているのです。この竹をどういうふうな形で処理をしていくか。途中のところを切っただけでは、竹はまた次から出てしまいますので、その辺についても考えなくてはいけない。いわゆる山とある程度の伐採を考えて、そしてそこのところへ杉ではない違うまた木を植えながら公園化を図っていきたいというのが私の考え方、今思っている考え方でございます。

  また、登り口も考えなくてはいけないかな。要するに、宮崎病院のほうから上がるところと、もう一つ図書館側から上がるところと、もう一つ大塚さんのところから入る道があるわけですけれども、また下の沼のところから直線にかなり坂がある道なのですけれども、すべてそういう部分では、お年寄りの方等に関しては、ちょっと上り方がきついかなと。その辺をどういう緩和していくか、この辺も考えなくてはならない。

  やることはたくさんありますし、またトイレの件も考えなくてはいけない。駐車場の件も考えなくてはいけない。いろいろなことを考えながらこれから先やっていきたいと思いますし、とりあえず山の伐採につきましては、山里の里山の件で県のほうの事業もございますので、それら当たりにも当たってみたいと、このように考えております。

  以上でございます。



○大塚司朗議長 1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  ぜひとも、特に近隣の方たちの意見とか、それから整備計画のマスタープランなどの中には、いろんなさまざまな方たちの意見を聞きながら計画を進めていくというような意向もありましたので、そのような形で進めていっていただきたいと思います。

  終わります。



○大塚司朗議長 ほかにございますか。

  7番、溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 7番、溝坂です。

  今前回の補正予算とも関連してまいりますけれども、今教育長のお話の中にありました杉木立の伐採と、そういうことになりますと、非常に近隣の方の動向というか、そういうところが非常に危惧されるところがあります。借金してでも買う本当に重要な価値のある土地ということでは、やはり早くにこの整備計画を立て、公園緑地というか、そういうものをしっかりやっていかなければならないのではないかと思っております。それで、前にもありましたが、例えばセビアンの工事跡地のように反対運動とか反対とか、そういうのが本当にないのか、そこら辺のところをどういうふうにお考えでしょうか。



○大塚司朗議長 関根教育長。



◎関根則夫教育長 お答えをさせていただきたいと思います。

  今の段階でどうのこうのというような形はございませんけれども、これからいろんな形の整備計画をしたときに、十分地元の方々、あるいはあそこを利用されている方々のご意見等は聞いていきたい、このように考えております。



○大塚司朗議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第41号 財産の取得についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○大塚司朗議長 起立全員であります。

  よって、議案第41号は原案のとおり可決されました。

                                         



△埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙



○大塚司朗議長 日程第2、埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙を行います。

  埼玉県後期高齢者医療広域連合は、県内の全市町村で組織し、75歳以上の方が加入する医療制度で、保険料の決定や医療給付などを行う特別地方公共団体です。この広域連合議会議員のうち町村議会議員から選出の議員に欠員が生じたため、今回選挙が行われることになりました。

  この選挙は、広域連合規約第8条の規定により、すべての町村議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行えません。

  そこで、お諮りいたします。選挙結果の報告については、会議規則32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを埼玉県後期高齢者医療広域連合に報告することとしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 ご異議なしと認めます。

  したがって、選挙結果の報告につきましては、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決しました。

  選挙は投票で行います。

  議場を閉鎖いたします。

          〔議場閉鎖〕



○大塚司朗議長 ただいまの出席議員は16名であります。

  お諮りいたします。会議規則第31条の規定により、立会人に10番、松葉幸雄議員、11番、松本修三議員、12番、千野寿政議員を指名したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 ご異議なしと認めます。

  よって、立会人に10番、松葉幸雄議員、11番、松本修三議員、12番、千野寿政議員を指名いたします。

  投票用紙を配付いたします。

  議会事務局長。

          〔投票用紙配付〕



○大塚司朗議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を点検させます。

  議会事務局長。

          〔投票箱点検〕



○大塚司朗議長 投票箱は異状ないものと認めます。

  これより投票に移ります。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

  点呼を命じます。

  議会事務局長。

          〔投  票〕



○大塚司朗議長 投票漏れはございませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  これより開票を行います。

  立会人の立ち会いを願います。

          〔開  票〕



○大塚司朗議長 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数16票、出席議員数と符合しております。

   有効投票  16票

  有効投票中

   小 坂   裕 君  12票

   佐 伯 由 恵 君  4票

  以上のとおりであります。

  議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕

                                         



△特定事件の特別委員会付託について



○大塚司朗議長 日程第3、特定事件の特別委員会付託についてを議題といたします。

  議会報発行についてを小川町議会広報発行特別委員会にご付託申し上げ、閉会中の継続審査とすることにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 ご異議なしと認め、そのように決しました。

                                         



△閉会中の継続調査の申し出について



○大塚司朗議長 日程第4、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

  議会運営委員会委員長から、会議規則第74条の規定により、閉会中の継続調査の申し出をいただいておりますので、議会運営委員会委員長の発言を求めます。

  議会運営委員会委員長、杉田伸子議員。

          〔杉田伸子議会運営委員長登壇〕



◆杉田伸子議会運営委員長 9番、杉田でございます。議長の命によりまして、閉会中の継続調査の申し出を申し上げます。

  平成20年6月13日、小川町議会議長、大塚司朗様。小川町議会運営委員会委員長、杉田伸子。

  閉会中の継続調査の申し出について

  本委員会は、所管事務のうち次の事件について、閉会中の継続調査を要するものと決定したので、会議規則第74条の規定により申し出ます。

                     記

  1 事  件 本会議の会期日程等議会の運営に関する事項並びに議長の諮問に関する事項

  2 期  限 調査が終了するまで

  以上でございます。



○大塚司朗議長 お諮りいたします。

  ただいま議会運営委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○大塚司朗議長 ご異議なしと認めます。

  議会運営委員会委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

                                         



△町長あいさつ



○大塚司朗議長 この際、町長よりあいさつのため発言を求められていますので、これを許可いたします。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議長から発言のお許しをいただきましたので、平成20年第2回議会定例会を閉会するに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

  議員皆様におかれましては、去る6月3日開会以来、本日までの11日間にわたり、平成20年度一般会計補正予算を初めとする重要案件及び人事案件につきまして慎重にご審議を賜り、いずれも原案どおりご決定、ご承認を賜り、本日ここに閉会できますことを衷心より深く感謝申し上げます。

  また、本定例会での一般質問を初め、議案審議の過程におきまして議員皆様から寄せられました貴重なご意見やご提言、ご指導を賜りました事項につきましては、現下の諸情勢を踏まえ、今後の町政執行に生かして、明るく元気な町づくりに鋭意努力してまいる所存であります。

  いよいよ暑い夏に向かいます。議員皆様におかれましては、何かとご多用のことと存じますが、ご自愛の上、ますますご健勝にてご活躍くださいますようお願い申し上げ、まことに簡単でございますが、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。

  まことにありがとうございました。

                                         



△閉会の宣告



○大塚司朗議長 以上で本定会の議事は全部終了いたしました。

  これをもちまして平成20年第2回小川町議会定例会を閉会いたします。

  お疲れさまでした。

                                 (午前10時25分)