議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 小川町

平成23年  3月 定例会(第1回) 03月03日−議案説明、質疑、討論、採決−03号




平成23年  3月 定例会(第1回) − 03月03日−議案説明、質疑、討論、採決−03号







平成23年  3月 定例会(第1回)





         平成23年第1回小川町議会定例会

議 事 日 程(第3号)

                      平成23年3月3日(木曜日)午前10時開議

    開  議                                   
第 1 議案第 3号 町道路線の認定について                     
第 2 議案第 4号 町道路線の廃止について                     
第 3 議案第 5号 小川町体育施設条例の一部を改正する条例制定について       
第 4 議案第 6号 財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定
           について                            
第 5 議案第 7号 小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について     
第 6 議案第 8号 小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例及び小川町農
           業集落排水事業の受益者分担金徴収に関する条例の一部を改正する条例
           制定について                          
第 7 議案第 9号 小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託に
           ついて                             
第 8 議案第10号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第7号)          
第 9 議案第11号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3
           号)                              
第10 議案第12号 平成22年度小川町老人保健特別会計補正予算(第2号)      
第11 議案第13号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)   
第12 議案第14号 平成22年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2
           号)                              
第13 議案第15号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)     
第14 議案第16号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)  
    散  会                                   

 出席議員(15名)
  1番  柳  田  多 恵 子  議員    2番  井  口  亮  一  議員
  3番  根  岸  成  美  議員    4番  宮  澤  幹  雄  議員
  6番  山  口  勝  士  議員    7番  溝  坂     浩  議員
  8番  金  子  美  登  議員    9番  杉  田  伸  子  議員
 10番  松  葉  幸  雄  議員   11番  松  本  修  三  議員
 12番  大  塚  司  朗  議員   13番  関  口     修  議員
 14番  小  林  一  雄  議員   15番  千  野  寿  政  議員
 16番  高  橋  秀  夫  議員                      

 欠席議員(なし)
                                         
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  笠  原  喜  平  町  長      中  山  昌  克  副 町 長

  清  水  吉  夫  総務課長      吉  田  利  男  政策推進
                                    課  長

  安  藤  正  幸  税務課長      竹  澤     裕  町民生活
                                    課  長

  関  口  吉  男  健康増進      島  田  洋  一  福祉介護
              課  長                  課  長

  福  田  一  夫  子 育 て      新  井  邦  男  環境保全
              支援課長                  課  長

  増  田     隆  産業観光      長  島  靖  雄  建設課長
              課  長

  金  子  典  史  水道課長      笠  原  修  治  会  計
                                    管 理 者

  関  根  則  夫  教 育 長      大  宅  雅  臣  学校教育
                                    課  長

  高  橋  秀  夫  生涯学習
              課  長
                                         
 本会議に出席した事務局職員
  内  野  幸  一  事務局長      大  野  義  行  書  記



                                         



△開議の宣告



○高橋秀夫議長 皆さん、おはようございます。

  ただいまの出席議員は全員であります。

  これより本日の会議を開きます。

                                 (午前10時00分)

                                         



△議案第3号、議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 ここでお諮りいたします。

  日程第1、議案第3号 町道路線の認定について、日程第2、議案第4号 町道路線の廃止について、一括議題としたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、一括議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第3号及び第4号につきまして提案理由を申し上げます。

  まず、議案第3号 町道路線の認定につきましては、道路法第8条第2項の規定により町道路線の認定を行うため、この案を提出するものであります。

  続きまして、議案第4号 町道路線の廃止につきましては、道路法第10条第3項の規定により町道の廃止をするため、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  長島建設課長。

          〔長島靖雄建設課長登壇〕



◎長島靖雄建設課長 命によりまして、議案第3号 町道路線の認定について及び議案第4号 町道路線の廃止につきまして、一括してその内容のご説明を申し上げます。

  議案第3号 町道路線認定調書及び議案第4号 町道路線廃止調書によりご説明申し上げます。あわせてご配付してございます議案第3号及び議案第4号資料をごらんいただきたいと存じます。

  町道路線の認定につきましては、53路線をお願いし、廃止につきましては46路線をお願いするものでございます。このたびの認定廃止につきましては、主に腰越地内で行われております地籍調査事業に伴うものであり、起点、終点等の変更及び新たに認定廃止を行うものでございます。

  それでは、路線認定調書及び路線廃止調書により順次ご説明申し上げます。

  まず最初に、地籍調査関係により認定廃止が必要になった路線につきましてご説明申し上げます。

  路線認定調書6番、町道4550号線から8番、4559号線までの3路線、13番、町道7001号線から53番、町道7417号線までの41路線及び町道路線廃止調書8番、町道4550号線から10番、町道4559号線までの3路線、14番、町道7001号線から46番、町道7380号線までの33路線につきましては、腰越地内で行われております地籍調査事業に伴うものであり、起点、終点等の変更及び新たに認定廃止を行うものでございます。議案第3号及び第4号資料の?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、地籍調査関係以外の認定廃止につきまして、必要が生じたものについての路線についてご説明申し上げます。

  町道路線認定調書1番、町道202号線から4番4125号線までの4路線及び9番、4712号線及び町道路線廃止調書1番、町道202号線及び4番町道4067号線から6番、4125号線までの3路線につきましては、勝呂地区から木呂子地区へ通ずる町道202号線道路改良工事に伴い、新たに認定廃止を行う必要が生じたためお願いするものでございます。資料の?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、町道路線認定調書5番、町道4157号線、町道路線廃止調書7番、4157号線、12番、町道4645号線につきましては、第一石産運輸株式会社の隣地開発に伴い、認定廃止を行うものでございます。資料の?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、町道路線認定調書10番、町道6004号線から12番、町道6306号線までの3路線及び町道路線廃止調書13番、町道6004号線につきましては、新たに認定廃止の必要が生じたためお願いするものでございます。資料の?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、町道路線廃止調書2番、町道1102号線、3番、町道1344号線につきましては、日本梱包運輸株式会社の開発に伴い、路線廃止を行うものでございます。資料の?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、町道路線廃止調書11番、町道4608号線につきましては、不用道路敷となるために廃止を行うものでございます。資料の?をごらんいただきたいと存じます。

  以上で議案第3号 町道路線の認定について、及び議案第4号 町道路線の廃止についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第3号 町道路線の認定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

  続いて、議案第4号 町道路線の廃止についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第3、議案第5号 小川町体育施設条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第5号 小川町体育施設条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町立上野台中学校廃止に伴い、同校体育館及び運動場を本条例の対象外とするため、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  高橋生涯学習課長。

          〔高橋秀夫生涯学習課長登壇〕



◎高橋秀夫生涯学習課長 命によりまして、議案第5号 小川町体育施設条例の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  初めに、議案第5号資料、新旧対照表をお開きいただきたいと存じます。

  右が現行で、左が改正後でありまして、下線部が変更箇所でございます。今回の一部改正につきましては、上野台中学校の体育館及び運動場を本条例から除く改正と、その他のそごを改める内容でございまして、具体的には使用料の別表第1中「(第9条関係)」を「(第11条関係)」に改め、それから別表2の2中「(第9条関係)」を「(第11条関係)」に改め、小川町立上野台中学校のほうを削るものでございます。

  議案に戻っていただきまして、附則ではこの条例は平成23年4月1日から施行するものでございます。

  以上で、議案第5号 小川町体育施設条例の一部を改正する条例制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) よく整理がつかないので、質問、質疑させていただきます。

  これによって、上野台中学校がなくなって、体育館がこの社会体育としての体育施設としてなくなるということで貸し出しの問題、それから今後の担当、今後の、あれだけの施設ですので状況の問題、それから担当部署等の問題について、1度整理して答弁をお願いします。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員の質疑に対して、答弁を願います。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  ただいま行政財産から4月から普通財産になります。当然普通財産の管理等は政策推進課で行いますので、4月以降の貸し付け、借りていただく場合についての受付窓口等は私ども政策推進課で行っていくわけでございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) その場合、小川町の場合には、例えば従来使っていた方々が体育館使用ということは、窓口が変わってしまうのですか。その辺の混乱等はないのでしょうか。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 当分の間、私どものほうで一応管理をいたします。

  それについて、現在使用されている団体等につきましては、事前にその旨のご通知等は申し上げて、徹底をさせていただく所存でございます。

  また、3月1日号の広報にもその旨明記してございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) どちらにしても一時的な措置になるわけですよね。今後の検討に関しては、どこの部署がどのように行っていくのか、先ほども質問させていただいたのですけれども、その点に関して、最後に確認させてください。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 今後の利用状況等を踏まえまして、政策推進課のほうで中心になりまして、窓口になりまして、全庁的な話し合い等を進めていきたい、そのように考えております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第5号 小川町体育施設条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第4、議案第6号 財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第6号 財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  普通財産の無償貸し付け、または減額貸し付けに関する規定を整備したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 命によりまして、議案第6号 財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定について内容の説明を申し上げます。

  このたびの改正は、上野台中学校及び小川小学校下里分校の閉校に伴い、両施設を当分の間普通財産として管理していくに当たり、両施設の無償貸し付け、または減額貸し付けについて改正をするものであります。

  それでは、お手元の議案第6号資料、新旧対照表をお開きください。

  右が現行で、左が改正後で、アンダーラインはその変更箇所を示すものであります。現行の附則に第4項を追加するもので、平成23年度から当分の間の貸し付けについて規定するものです。

  恐れ入ります。議案に戻っていただきまして、条例附則において、この条例の施行を平成23年4月1日からと定めるものであります。

  以上、議案第6号 財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定についての内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  ここの中でうたわれております当分の間という定義はどのような定義なのか、漠然としているのですけれども、その定義について伺いたいと思います。

  それから、先ほど採決をされましたが、上野台につきましては1時間当たり200円の使用料というか、下里分校については基本的には無料で、町民の皆さんたちの生涯学習の場とか子育て支援とか、それからさまざまな講座などに使われておりました。厚意の寄附という形で受け取っていたと思うのですけれども、貸し付け目的に応じて無償あるいは定額というふうに言われておりますけれども、具体的にはその目的というのはどのようなものを想定をしているのか、それからその定額という定義はどういう定義をされるのか伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して、答弁願います。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  まず、当分の間の定義というご質問でございますが、これはあくまでも当分の間ということで、例えば1年だとか、あるいは1年半だとか2年だとか、そのような解釈でいきたいと思います。あくまでも期間設定ができませんので、当分の間はそのような認識でおりますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。

  また、貸し付け目的に応じての件でございます。あくまでも当分の間ですけれども、公用、あるいは公共用等に使っていただくもので、貸し付けの目的ということで解釈をしてございます。一応目的とはそのようなもので想定をさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上です。



◆1番(柳田多恵子議員) 具体的に説明してもらえますか。



◎吉田利男政策推進課長 失礼申し上げました。

  当分の間、これでいきますと要項等で本来決めなくてはいけないと考えておりまして、おおむね現在使用されております200円、例えば上野台中については1時間当たり200円で、現在学校開放で利用していただいておりますので、4月1日以降もその金額でいきたいと考えております。また、定額の定義でございますけれども、本来ならば地方自治法で普通財産の貸し付けということになると、地価という解釈でございます。地価でいきますと、例えばいろいろ宅地の評価とか、そういう建物の評価とか、そういうもので加味していきますと、試算をしますと大分高い金額になります、1時間当たり。そうなると、やはり地方自治法ではそれで貸し付けをしなさいとうたわれております。しかしながら、町のほうは条例に基づきまして、定価で貸し付けができるという条例規定になっております。それに基づいて、例えば公民館関係の金額等もそれに基づいてやっておりますので、それらをやはり要項等で定めてお願いをするような形になります。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 上野台は有料ということで、今までもとっておりましたというか、徴収をしておりましたので、下里分校については、基本的には先ほども申し上げましたが、無料ということなのですが、そこの点についてどうなのか、もう一度伺いたいと思います。

  それから、当分の間というのは1年ないし1年半ぐらいではないかということでしたけれども、それでは恒常的に決定をされるということになりましたら、新たに条例改正という形になるのでしょうか。その点について伺います。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  下里の分校に関しましては、やはり今まで使っていただいている方たちに不便を来さないようなことも踏まえまして、やはり普通財産の貸し付けということになりますと、やはり無償というのはなかなか厳しい面もございますので、低価格で、できるならば公民館等で使用されているその使用料金を当てはめていきたいと考えております。

  また、条例関係につきましては、その条例改正をさせていただくような形になろうかと思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 今いろんな議論の中では体育館を想定しているのですけれども、ここで使わなくなった場合に地元では、例えば何か地元のイベントをやりたいとか、それからどんどん廃れていってしまうので、何かあそこでグラウンドなり、または入り口のタイルの場所なり、いろいろ使用したいという、そういうことというのは想定されないのかどうか、そういう準備はないのか。そうではないと、体育館だけだとどんどん荒れてしまいますので、何らかのそういう提案があった場合にはどのように考えるのか。それから、この条例によると、例えばあり得ないかもしれないけれども、どこかの住宅会社とか何らかのイベント会社があそこをかなりの大きさで、これを1カ月間貸してくれるとか、そういうことというのはこの条例で今後の交渉の中で成り立つのですか。その点お願いします。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  体育館以外の例えばグラウンド等についてのご質問でございます。やはり先ほど申し上げましたけれども、公用あるいは公共用という意味合いで、やはりグラウンドのほうも想定をしております。その場合に附則にございますけれども、無償、または時価より低いという、それ無償も一つの選択肢の中に入ろうかなと思います。

  また、もう一つのご質問の不動産関係の云々というのがございますけれども、やはり公用、あるいは公共用という意味合いでいけば、貸し付けはできないというように認識しております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) はい、わかりました。

  何かこの部分に関しては、予算のほうにいろいろ細かく金額として提案されているので、その辺はそこで詰めさせていただきたいと思います。



○高橋秀夫議長 ほかにご質問ございますか。質疑ありますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第6号 財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第5、議案第7号 小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第7号 小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  平成21年10月から平成23年3月までの措置として、支給額を引き上げた出産育児一時金に関する平成23年4月以降の規定を整備したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第7号 小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例制定につきまして内容のご説明を申し上げます。

  ただいま町長が提案理由を申し上げましたとおり、今回ご提案させていただきます改正内容は、平成21年10月から暫定的に38万円を42万円に引き上げた出産育児一時金の支給額を平成23年4月から恒久化するため改正するものでございます。

  まことに恐縮でございますが、議案第7号の資料、小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例の新旧対照表をごらんいただきますようお願い申し上げます。

  表の右が現行で、左が改正後であり、アンダーラインの箇所が改正内容となっております。まず、右側、現行の第6条第1項中、出産育児一時金ですが、38万円を改正後42万円とし、附則第1項、第2項及び第3項につきましては、条文を整理するものでございます。

  議案に戻っていただきまして、附則第1項では施行日を平成23年4月1日からとするものでございます。

  以上で議案第7号 小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) もう既に行われていることですので、1つだけ具体的にちょっとお願いがあるのですけれども、この42万円ということで出産を見込むわけなのですけれども、最近帝王切開の女性の方も結構ふえてきていると思うのです。これは、いろんな女性の問題もあると思う。その場合に帝王切開というのは、医療費に当たると思うのですね。そうすると、出産一時金外のお金が発生するということで、逆にこれは高額療養費の対象になるのだと思うのですけれども、その辺が若い世代の間ではわけがわからなくて、何か申請するともらえるよとか、それからはっきり言ってしまえば、月にまたがってしまうと高額療養費が減額になってしまうので、そういったやりとり等が不明瞭な形で聞かれたりするのですけれども、窓口に来た場合に帝王切開の場合には高額療養費の対象になるという、その一言だけでも何か若い人たちにアドバイスいただければ、所得が少ない不安に関して、非常に気持ちが安らぐということを私自身が体験しましたので、その辺についてはどうでしょうか。



○高橋秀夫議長 竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 お答え申し上げます。

  議員ご指摘のとおりでございまして、出産一時金につきましては、正常等にかかわる、出産にかかわる一時金ということでございます。帝王切開等につきましては、いろいろな事情でそういった治療が行われるわけですが、それについては医療行為という取り扱いになるものでございますので、また健康増進課とも連携を図りながら、また国民健康保険の担当窓口でも丁寧な説明をさせていただきます。よろしくお願いします。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑がございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第7号 小川町国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第6、議案第8号 小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例及び小川町農業集落排水事業の受益者分担金徴収に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第8号 小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例及び小川町農業集落排水事業の受益者分担金徴収に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町農業集落排水事業処理区域の外から農業集落排水施設に家庭用雑排水等を流入しようとする場合の許可等に関する規定と、それに伴い許可を受けた者に分担金を賦課及び徴収するための規定を整備するため、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 命によりまして、議案第8号 小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例及び小川町農業集落排水事業の受益者分担金徴収に関する条例の一部を改正する条例について、その内容のご説明を申し上げます。

  配付させていただきました議案第8号の資料、新旧対照表をごらんいただきたいと思います。右が現行で、左が改正後となり、それぞれアンダーラインが改正内容であります。

  まず、小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部改正でございます。第2条第1項中「農業集落排水処理施設(以下「処理施設」という。)を設置する」を「農業集落排水処理場、管渠、公共ます及び取付管による農業集落排水処理施設(以下「処理施設」という。)を設置する」に改める。

  2枚おめくりいただき、中段でございます。第17条を第19条とし、第16条を第18条とする。

  前のページでございます。第15条第2号中「第6号」を「第8号」に改め、同条第3号中「第7条」を「第9条」に改め、同条第4号中「第8条第1項」を「第10条第1項」に改め、同条第5号中「第6条」を「第6条及び第8条」に、「第9条」を「第11条」に改め、同条に次の1号を加え、同条を17条とする。

  6号、第6条の規定による許可を受けず、区域外流入接続工事を行った者、前のページ中段でございます。第14条を第16条とし、1枚戻っていただきまして、第6条から第13条までを2条ずつ繰り下げる。第5条第2項中「前項」を「前2項」に改め、同項を同条第3項とし、同条第1項の次に次の1項を加える。第2項、区域外流入を行う者は、処理施設に接続させるために必要な管渠、公共ます、取付管及び排水設備を設置するものとする。

  第5条に次の1項を加え、同条を第7条とする。第4項、第2項の規定により設置された管渠、公共ます及び取付管の改築、修繕、清掃その他の維持は、当該施設の所有者が行うものとする。

  前のページに戻っていただき、第4条の次に次の2条を加える。

  (農業集落排水事業参加の制限) 第5条 町長は、家庭雑排水等の計画量が処理施設の処理能力を超え、又は超えるおそれがあると認める場合には、農業集落排水事業への新たな参加を制限することができる。

  (区域外流入の許可) 第6条 第2条第2項に規定された処理区域の外から処理施設に家庭雑排水等を流入(以下「区域外流入」という。)しようとする者は、町規則で定めるところにより、許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。第2項、町長は、区域外流入をしようとする者の家屋の敷地が、次の各号のいずれかに該当する場合は、区域外流入を行うことができる敷地を認定して、区域外流入を許可することができる。第1号、処理区域に隣接しており処理施設が敷設されている道路に面していること。次ページをお願いします。第2号、国、地方公共団体その他の行政機関により設置された直接公の目的に供される施設等に係る敷地で処理施設に接続可能であること。第3号、区域外流入を行うために設置した管渠等に、その所有者の承諾を受け、新たに管渠又は取付管を接続して区域外流入を行うことができる敷地であることと定めるものであります。

  次に、資料の最後のページをお願いします。小川町農業集落排水事業の受益者分担金徴収に関する条例の一部改正でございます。第2条中、「、排水処理区域内において」を削る。

  第5条に次の2項を加える。第2項、小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例(平成9年小川町条例第1号)第6条の規定により、区域外流入の許可を受けた受益者の分担金は、流入先処理区域の受益者に定められた額と同額とする。

  第3項、町長は、前2項の規定により定められた額を、受益者に賦課し、徴収すると定めるものでございます。

  ここで議案に戻っていただきまして、附則として、この条例の施行日を平成23年4月1日とするものでございます。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 細かいことで申しわけありません。今下水道のほうがなかなか見直しをしなければいけない状況、それから合併浄化槽に移ろうとしている中で、この農業集落排水に関して、可能な方はそちらにというのは私も当然ではないかと思って賛成なのですけれども、幾つか確認させていただきたいと思います。

  今の条例の中で、つなげる、農業集落排水に結局お金を払って、まず1点目はその組合に当然そのときの設置の分担金を払うだけではなくて、組合組織ではなかったでしょうか。そこに加入するという形になるのかどうかが1点目、それから具体的には農業集落排水が通っている管、その道路に面している、またはそこに1回管渠というのですか、それを接続したその管渠にまた隣だから、その隣の人に了解、管渠をつくった人に了解をもらって、その管渠につなげる可能性がある方について認めるという、そういう理解でよろしいのでしょうか。その2点お願いします。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員の質疑に対して、答弁を願います。

  新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  山口議員の言うとおり、組合に加入をしていただくということでございます。そして、前面の道路に管渠が布設してあって、新たにつなぐ方がその管渠まで自分の費用で引き込んで、その管を利用しようとする場合は、その所有者の許可をもらって引き込むという形で考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そんなに長い管を通していたら逆にお金はかかってしまうから、そういうことはないと思うのですが、ある程度その管が常識的な範囲と言ったらあれですけれども、そこにつなげる、自分の費用でつなげられるなと思った方については認めるということでよろしいのですね。結構です。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第8号 小川町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例及び小川町農業集落排水事業の受益者分担金徴収に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第7、議案第9号 小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第9号 小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託につきまして提案理由を申し上げます。

  知事の権限に属する事務処理の特例に関する条例に基づき、埼玉県から移譲を受ける一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務を東松山市に委託することについて協議したいので、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 命によりまして、議案第9号 小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託について、内容の説明を申し上げます。

  お手元にご配付いたしました議案及び議案資料によりご説明いたしますので、ご参照くださいますようお願いいたします。

  本案は、地方自治法252条の17の2及び埼玉県条例第61号に基づき、小川町に県から一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務が移譲され、地方自治法第252条の14の規定により小川町の一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務を東松山市に委託することについての規約の制定であります。

  それでは、議案第9号資料、一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託についてお開きくださいませ。

  移譲事務のイメージですが、網かけ1として、県から比企地域の7市町村へ旅券事務の移譲がされます。網かけ2としまして、6町村は東松山市との旅券事務の委託に関する規約の議決をそれぞれお願いするものであります。

  次に、権限移譲の概要につきましてはごらんのとおりでございます。

  次に、裏面をごらんくださいませ。委託等に係るスケジュールでございます。小川町を初め、委託側と受託側であります東松山市のスケジュールはごらんのとおりであります。

  恐れ入ります。議案に戻っていただきます。小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託に関する規約をごらんいただきたいと存じます。

  第1条は、委託事務の範囲を定めたもので、小川町は県から移譲を受けた旅券法に基づく事務を東松山市に委託するものでございます。

  第2条は、管理及び執行の方法について定めたもので、東松山市の条例等が適用されるということになります。

  第3条は、経費の負担について定めたもので、県から移譲を受けた小川町に旅券事務交付金が交付されますが、町はそれと同額を毎年10月末日までに東松山市へ支払うことを定めたものです。

  第4条は、予算の計上方法について、また第5条は決算の場合について定めたものでございます。

  第6条は、委託事務の管理及び執行について、東松山市長は毎年度小川町長に報告することを定めたものでございます。

  第7条は、連絡会議を必要に応じて開催し、第8条は条例等の改正の場合の措置を定めたものであります。

  第9条は、委託事務に関し、規約の定めにないことが生じた場合は別途協議することを定めたものでございます。

  次に、附則でありますが、第1項は施行日を定めたもので、県から移譲を受ける平成23年10月1日から実施するというものでございます。第2項は、規約の告示の際、東松山市の条例等が小川町に適用されること及びこの条例を公表することを定めたものであります。第3項は、委託事務を廃止する場合の措置について定めたものでございます。

  以上、議案第9号 小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託についての内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 細かいことで済みません。

  今回これが条例として可決されて、予算案のほうにはまだ県からこれが支出されて、そして今度また東松山に、このお金の流れが予算案のほうにはないように思うのですけれども、この後の補正でこれが可決された後提案されるということでよろしいでしょうか。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長、答弁願います。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  議員おっしゃるとおりでございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑ございましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第9号 小川町・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

  ここで暫時休憩といたします。おおむね十分。

                                 (午前10時52分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午前11時05分)

                                         



△発言の訂正



○高橋秀夫議長 お諮りいたします。

  先ほどの議案第9号の山口議員の質疑に対して、吉田政策推進課長から発言の訂正の申し入れがありました。これを許可することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認めます。

  吉田政策推進課長の申し入れを許可いたします。

  吉田政策推進課長、答弁願います。



◎吉田利男政策推進課長 失礼いたしました。先ほど山口議員のご質問で当初予算には計上されていないですかということで、安易に返事をしました。訂正をさせていただきます。

  当初予算には、それぞれ歳入歳出として計上されております。

  以上、訂正をさせていただきます。

  以上です。

                                         



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第8、議案第10号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第10号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第7号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、町民税の増収、各種交付金の増加や減額を計上するとともに国、県支出金の確定に伴う調整を行いました。

  歳出では、所要経費の計上と各種事業の負担金補助金の確定等により予算調整を行いました。その結果、既定予算の総額から歳入歳出それぞれ4,676万8,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ91億4,269万円といたしまして、地方自治法第218条第1項の規定により提案するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 命によりまして、議案第10号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第7号)の内容のご説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。

  まず、条文の第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等の予算に所要の補正が生じたため、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ4,676万8,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ91億4,269万円とするものでございます。

  次に、第2条は繰越明許費を規定するもので、恐れ入ります。3枚めくっていただき、第2表をごらんください。

  まず、2項総務費1項総務管理費の辺地共聴施設整備事業費1,960万円は地上デジタル放送共聴施設整備事業で、下里1区、靭負区への助成金です。財源は、社団法人デジタル放送推進協会の助成金でございます。

  次の6款1項農業費の一般農道事業費610万円は、能増地内の舗装工事及び腰越地内側溝整備工事で、国の臨時交付金を活用するものであります。

  次の2項、林業費の一般林業事業費880万円は、腰越地内森林管理道天久線舗装工事及び古寺地内森林管理道、古寺線橋りょう改築工事で、国の臨時交付金を活用するものであります。

  8款1項道路橋りょう費、町道228号線道路改良事業費1億2,500万円は、高谷地内228号線、公有財産購入費等で年度内の執行が難しいため繰り越すものであります。

  次の同項道路改良事業費5,470万円は、腰越地内町道117号線側溝整備工事及びみどりが丘地内町道109号線舗装工事及び上横田地内町道6038号線道路改良工事で、これも国の臨時交付金を活用するものであります。

  次に、同項の奈良梨橋りょう改修事業費630万円は、鷹の巣地内関越自動車道にかかる町道2573号線の橋梁改修工事を委託するもので、国の臨時交付金を活用するものであります。

  3項都市計画費の(仮称)栃本親水公園整備事業費2,654万8,000円は公有財産購入費で年度内の執行が難しいため繰り越すものであります。

  都市公園改修事業費300万円は、みどりが丘地内芹沢公園の改修工事で、国の臨時交付金をやはり活用するものであります。

  次に、同項の住宅耐震改修支援事業費50万円は住宅耐震改修支援の申請が受理された1件で、年度内の改修工事が難しいため繰り越すものであります。

  9款1項消防費の消防施設整備事業費2,900万円は、上水道及び下水道の接続工事費で、年度内の執行が難しいため繰り越すものでございます。

  10款1項小学校費の小川小学校耐震補強事業費1億942万4,000円は年度内の執行が難しいため繰り越すものであります。財源は、国の学校施設の耐震化等の推進事業交付金でございます。

  次に、4項社会教育費の腰越城跡遊歩道改修事業費120万円は、腰越地内の腰越城跡の傷んだ遊歩道を改修するもので、国の臨時交付金を活用するものであります。

  次に、5項保健体育費の総合運動場整備事業費500万円は、高谷地内総合運動場に新たに防球フェンス等を整備するもので、これも国の臨時交付金を活用するものでございます。

  次に、第3条地方債の補正でございますが、恐れ入ります、次の3表をごらんいただきたいと存じます。1の変更ですが、初めに観光施設整備事業としまして、埼玉伝統工芸会館駐車場整備及び見晴らしの丘公園内の施設改修の財源組みかえにより1,740万円を、次に町道整備事業としまして、木部地内側溝整備工事外4工事の事業費が確定したため1億8,375万円を。

  次に、街路整備事業としまして、環状1号線整備工事の負担金が増額となったため645万円を。

  次に、都市公園整備事業としまして、(仮称)栃本親水公園の公有財産購入費の減額により9,000万円を。

  次に、小川小学校耐震補強事業としまして、設計委託料の確定により6,310万円を。

  次に、東中学校耐震補強事業としまして、管理棟の補強事業の確定により420万円をそれぞれ限度額として記載の変更をお願いするもので、起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。

  次に、歳入歳出予算の内容をご説明申し上げます。別にご配付申し上げました補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。それでは、5ページをごらんいただきたいと思います。

  まず、歳入からでございます。1款町税、1項1目個人2,293万6,000円の増でございます。説明欄にございます普通徴収は収納額の増によるものであります。また、特別徴収では、中途退職等により普通徴収への切りかえによる減でございます。

  次に、2目法人5,713万3,000円の増でございます。当初の見込みを上回ります法人割が増加したものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。

  2項1目固定資産税266万1,000円の増でございます。調定額に対します収納額の増によるものであります。

  次のページをお願いいたします。4項1目町たばこ税114万5,000円の減でございます。見込額を精査いたしまして、減額するものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。7項1目都市計画税106万1,000円の増であります。調定額に対します収納額の増によるものでございます。

  次のページをお願いいたします。2款地方譲与税1項1目地方揮発油譲与税2,000万円の減でございます。歳入が見込まれないための減額でございます。

  次のページをお願いいたします。2項1目自動車重量譲与税200万円の減でございます。やはりこれも歳入が見込まれないための減額でございます。

  次のページ、お願いします。7款ゴルフ場利用税交付金、1項1目ゴルフ場利用税交付金200万円の減でございます。やはり歳入が見込まれないための減額でございます。

  次のページをお願いいたします。8款自動車取得税交付金、1項1目自動車取得税交付金400万円の減でございます。やはりこれも歳入が見込まれないための減額でございます。

  次のページをお願いします。9款地方特例交付金、1項1目地方特例交付金580万3,000円の増でございます。説明欄の児童手当及び子ども手当特例交付金は、額が確定したことによる増額でございます。その次の減収補てん特例交付金は、先ほど自動車取得税交付金で申し上げましたとおり、それの減収補てんでございます。

  次のページをお願いいたします。10款地方交付税、1項1目地方交付税3,137万1,000円の増でございます。普通交付税の額が確定したものでございます。

  続きまして、次のページ、12款分担金及び負担金、1項2目民生費負担金882万5,000円の減でございます。大きな要因といたしましては、定員数及び平均徴収額の減による保護者負担分が減となったためのものでございます。

  次のページをお願いいたします。13款使用料及び手数料1項2目民生使用料5万1,000円の減でございます。学童保育室使用の光熱水費の使用料が減ったものでございます。

  次に、3目土木使用料165万4,000円の減でございます。高額家賃を納めていただいております納入者の退去によります住宅使用料の減と、また駐車場利用者の減でございます。

  次のページをお願いいたします。14款国庫支出金、1項1目民生費国庫負担金901万3,000円の減でございます。1節から9節までの負担金がそれぞれ確定したことによる増減でございます。特に子ども手当負担金につきましては、対象受給者数の減によるものでございます。

  次の18ページをごらんいただきたいと思います。2項1目民生費国庫補助金78万4,000円の減でございます。1節、2節の補助金、交付金、それぞれが確定したことによるものでございます。

  次の2目衛生費国庫補助金205万3,000円の減でございます。合併浄化槽の申請者の減による減額でございます。

  次の3目土木費国庫補助金57万5,000円の増でございます。2節、3節、それぞれ交付決定に基づく増額でございます。

  次に、4目商工費国庫補助金9万1,000円の増でございます。これも交付決定に基づく増額でございます。

  次の5目教育費国庫補助金264万1,000円の減でございます。これも各節の交付決定に基づく減額でございます。

  次の6目総務費国庫補助金2,075万1,000円の減でございます。3節の辺地共聴施設整備事業補助金は、当初地上デジタル放送難視地区の共同受信組合への国庫補助として予定されておりました。今後国の外郭団体を経由いたしましての歳入になるとのことでございます。歳入科目は後ほどご説明いたしますが、雑入で処理をさせていただきます。あわせて、この交付金額の確定による減額になりました。

  次の5節につきましては、1月の臨時議会で議決をいただきました住民生活に光をそそぐ交付金の2次交付限度額ということで、2次分の確定した額の増額でございます。

  次のページをお願いします。3項2目民生費委託金90万円の減でございます。対象受給者の減による減額でございます。

  次の20ページをごらんいただきたいと思います。15款県支出金、1項2目民生費県負担金1,593万7,000円の増でございます。1節、3節、8節は額の確定による増額でございます。9節につきましては、対象受給者数の減による減額でございます。

  次の21ページをお願いいたします。2項2目民生費県補助金65万6,000円の増でございます。まず、2節障害者福祉費補助金は医療費支給額の増によるものでございます。

  次の4節、介護保険事業費補助金は確定による増でございます。

  次の5節、児童福祉費補助金は事業実績による減額でございます。

  次の6節、障害者自立支援事業費補助金は支援事業費の減によるものでございます。

  次の3目衛生費県補助金は459万2,000円の減でございます。1節は受診者の減によるもので、2節は申請者の減によるものでございます。

  次の5目農林水産業費県補助金11万円の増でございます。補助金額の確定によるものであります。

  次の7目土木費県補助金155万1,000円の減であります。腰上地内のダム上流ののり面修繕工事の減額による減でございます。

  次の8目教育費県補助金30万5,000円の減でございます。補助金額の確定による、やはり減でございます。

  次の22ページをごらんいただきたいと思います。3項1目総務費委託金148万6,000円の減でございます。3節選挙費委託金は確定による減であり、4節の統計調査費委託金は確定見込みによる減額でございます。

  次の4目農林水産業費委託金4万8,000円の増でございます。説明欄のイノシシ、ニホンジカの捕獲数確定による増でございます。

  次に5目土木費委託金8万円の減でございます。都市計画基礎調査の実施されていない減額でございます。

  続きまして、23ページをお願いいたします。16款財産収入、1項1目財産貸付収入16万3,000円の減でございます。説明欄にございます駐車場の契約台数の減によるものであります。

  2目利子及び配当金6万9,000円の増であります。各基金の預金利子の収入見込みによる増額でございます。

  続きまして、24ページをごらんいただきたいと思います。2項1目物品売払収入39万9,000円の増でございます。庁用車、旧議長車でございます。これを売り払いをさせていただきました。その売り払い額につきましては40万円でございましたけれども、当初科目設定で1,000円がございますので、この金額でなってございます。

  続きまして、次のページ、17款寄附金、1項4目まちづくり寄附金につきましては51万円の増でございます。平成22年9月から昨年12月末日までの7名の方からの寄附金でございます。

  次の26ページをごらんいただきたいと思います。18款繰入金、1項1目基金繰入金1億1,281万5,000円の減でございます。1節の財政調整基金は歳入歳出の調整を図るものでございます。2節の公共施設整備基金は、歳出財源の調整を図るものでございます。

  続きまして、27ページをお願いします。2項1目老人保健特別会計繰入金35万9,000円の増でございます。平成22年度老人保健特別会計の精算分でございます。

  次の28ページをお願いいたします。20款諸収入、3項1目民生費受託事業収入208万7,000円の減でございます。収入見込額の減による減額でございます。

  続きまして、29ページ、4項3目雑入でございます。1,390万9,000円の増でございます。説明欄の上から2行目でございます。災害共済金は、昨年の雷等による被災の保険金でございます。下から3行目でございます。宝くじ収益交付金につきましては確定による減額でございます。

  最後の個別受信難視聴対策事業費補助事業につきましては、先ほど14款の国庫支出金で説明申し上げましたが、地上デジタル放送の難視地区での共同受信組合の補助金の歳入の組みかえと金額がこのように確定したものでございます。

  次の30ページをごらんいただきたいと思います。21款町債1項2目商工債30万円の減額でございます。起債予定額の減でございます。3目の土木債450万円の増でございます。1節起債予定額の増額であります。主に町道228号線の整備事業債であります。2節の都市計画債の減額ですが、主に都市公園整備事業の(仮称)栃本親水公園の減額でございます。

  次の6目教育債570万円の減でございます。起債予定額の減でございます。

  次の31ページ、歳出でございますが、執行残が見込まれるための補正減につきましては、必要のない限りご説明のほうを省略をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

  それでは、2款総務費、1項1目一般管理費165万円の減でございます。執行残が見込まれるための減額であります。

  次の2目広報広聴費81万円の減でございます。これもやはり執行残が見込まれるための減でございます。

  次の5目財産管理費1,218万6,000円の増でございます。主なものといたしましては、説明欄1049、財産管理(光交付金)事業費の積立金でございます。国の地域活性化交付金の住民生活に光をそそぐ交付金で、第2次交付限度額のうち、これを積み立てるものでございます。

  次の32ページをごらんいただきたいと思います。6目企画費2,525万円の減でございます。執行残が見込まれるための減額でございますが、説明欄1055辺地共聴施設整備事業費は額が確定したことによる減額でございます。

  次の33ページをお願いいたします。7目行政バス運行費50万円の減でございます。執行残が見込まれるための減でございます。

  次の11目交通安全対策費1万円の減でございます。この負担金の廃止による皆減ということでございます。

  次の34ページをお願いいたします。2項2目賦課徴収費967万6,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減でございます。

  次のページ、35ページですが、3項1目戸籍住民基本台帳費87万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の36ページをお願いいたします。4項4目参議院議員選挙費13万4,000円の減でございます。やはり執行残による減額でございます。

  次の5目県議会議員選挙費6万円の減でございます。同じく執行残による減でございます。

  次のページ、5項2目基幹統計調査費94万7,000円の減でございます。やはりこれも執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の38ページをごらんいただきたいと思います。3款民生費、1項1目社会福祉総務費300万円の減でございます。減額の変更申請に基づく減でございます。

  次の2目障害者福祉費445万円の増でございます。主に説明欄1019重度心身障害者医療費支給事業費は医療費の支給増額が見込まれるための増でございます。

  次に、4目老人措置費160万円の減でございます。該当者の1名減員による減でございます。

  次の5目国民年金事務取扱費22万円の減でございます。執行残が見込まれるための減額でございます。

  6目国民健康保険事業費2,129万4,000円の増でございます。繰出金の確定によりますそれぞれの増減となります。

  続きまして、9目介護保険事業費315万4,000円の減でございます。介護保険特別会計への繰出金の減が主なものでございます。

  次の39ページをお願いいたします。11目障害者自立支援支給費500万2,000円の増でございます。説明欄の1132自立支援医療費給付事業費は平成21年度精算による返還金でございます。

  次の1133介護給付・訓練等給付費支給事業費は、負担金の増額が見込まれるための増額でございます。

  次の1135地域生活支援事業費は、事業減が見込まれるための減額でございます。

  次に、12目後期高齢者医療費235万7,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の40ページをお願いいたします。2項1目児童福祉総務費429万8,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の2目児童措置費1,548万5,000円の減でございます。主なものといたしまして、次のページ、41ページでございますが、2027子ども手当支給事業費は支給実績による減額でございます。

  次の41ページでございます。3目の児童福祉施設費26万2,000円の減でございます。執行残が見込まれるための減額でございますけれども、2037地域子育て支援センター費の増額は改修工事等による増でございます。

  次の42ページをごらんいただきたいと思います。4款衛生費、1項1目保健衛生総務費239万2,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の2目予防費378万8,000円の減でございます。執行残がやはり見込まれるための減額でございます。

  次の4目環境衛生費919万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございますが、特に次のページの1049合併処理浄化槽整備事業費の減額は申請数の減によるものでございます。

  43ページをお願いします。5目公害対策費62万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の44ページをごらんいただきたいと思います。2項1目清掃総務費60万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の2目塵芥処理費66万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減でございます。

  次のページ、45ページです。5款労働費、1項1目労働諸費15万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の46ページをお願いいたします。6款農林水産業費、1項2目農業総務費2万円の減でございます。埼玉農林統計協会の解散によります減額ということでございます。

  次に、3目農業振興費80万円の減でございます。執行残が見込まれるための減額でございます。

  次に、4目畜産業費5万6,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次に、5目農地費594万8,000円の減でございます。農業集落排水事業特別会計への繰出金が減になったものの減額でございます。

  次の47ページをお願いいたします。7款商工費、1項1目商工総務費3万1,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次に、2目商工振興費85万1,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次に、3目観光費19万円の減でございます。同じく執行残が見込まれるための減額でございます。

  4目伝統工芸会館費、補正額の増減はございませんが、財源の組みかえということでございます。

  次の48ページをお願いいたします。8款土木費、1項2目道路維持費。次に、3目道路新設改良費、5目地籍調査費につきましては、それぞれ執行残が見込まれるための減額でございます。

  次に、50ページをごらんいただきたいと思います。3項1目都市計画総務費4万円の減でございます。協議会を開会するための減額ということになってございます。

  次の3目街路事業費610万円の減でございますが、執行残のための減額でございます。

  次に、4目公共下水道費2,252万3,000円の減でございます。下水道整備事業費の減による繰出金の減額でございます。

  次の6目公園費2,620万円の減でございます。説明欄の3052(仮称)栃本親水公園整備事業費につきましては、執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の3053(仮称)下里公園整備事業費につきましては財源の組みかえでございます。

  次の51ページをお願いいたします。7目建築総務費12万7,000円の減でございます。説明欄の3061建築一般事務費は執行残が見込まれるための減額でございます。3062住宅耐震改修支援事業費は財源の組みかえでございます。

  次の52ページをごらんいただきたいと思います。4項1目住宅管理費、補正額の増減はございません。財源の組みかえでございます。

  次の53ページ、9款消防費、1項4目防災費につきましては40万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の54ページをお願いいたします。10款教育費、1項2目事務局費435万8,000円の減でございますが、やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の55ページをお願いいたします。2項1目学校管理費6万8,000円の減額でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございますが、説明欄の2071小学校営繕費につきましては、工事請負費の不足が生じたための増額でございます。

  次の56ページをごらんいただきたいと思います。2目教育振興費145万円の減額でございます。やはり執行残が見込まれるための減でございます。

  次の57ページ、3項1目学校管理費893万1,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の58ページをごらんいただきたいと思います。2目教育振興費130万円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減でございます。

  次の59ページ、4項1目社会教育総務費164万6,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  なお、説明欄の4006埋蔵文化財緊急調査事業費の委託料につきましては、下里割谷板碑石材採石遺跡の測量委託を計上させていただきました。

  次の60ページをごらんいただきたいと思います。2目公民管費74万6,000円の減でございます。やはり執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の3目図書管費につきましては、補正額の増減はございません。財源の組みかえでございます。

  61ページをごらんいただきたいと思います。12款公債費、1項1目元金9,254万円の増でございます。上野台中学校分の町債の元金を繰上償還するもので計上させていただきました。

  以上、議案第10号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第7号)の内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  順次質疑させていただきます。6項目ございます。ページが15ページです。民生費負担金、保育所運営費保護者負担金です。平成22年度当初予算で、平成21年度予算比621万円減の9,921万円でした。理由のご説明が保護者所得の減少による保育料の減少のためということでした。先ほども児童数が減ってきているのか、所得の減少ということなのですけれども、今回の補正でさらに1,222万円減額補正となっています。その主な理由、所得の部分が大きいかなというふうに思うのですけれども、所得減のところが大きいかと思うのですけれども、その理由について、18ページです。関連で31ページの1049財産管理も含むのですけれども、交付金として1,124万9,000円、これ2次分ですが、基金の積み立てとして1,157万円積み立てております。基金に積み立てた金額以外の部分で特に光をという記述がありませんでしたので、どのようなものに使われるのか伺います。

  それから、28ページになります。関連で39ページの1140後期高齢者医療事業費、健診委託料です。執行残がかなり多いのですけれども、理由を伺います。受診率を調べますと1.2%ということで、県内で一番低いということなのですけれども、その理由について伺いたいと思います。

  それから、41ページです。2027子ども手当支給事業費、対象児の減ということで執行残が多いと思うのですけれども、前に常任委員会などでも話をされておりましたけれども、施設あるいは一時保護のお子さんの扱いについて、この事業費、支給事業、支給はどのようになったのか。

  42ページです。1013予防接種事業費です。新型インフルエンザ予防接種、執行残が出ております。町の単独事業ということで子育て支援でもかなり力を入れていただいたのですけれども、接種状況はどうだったのか伺いたいと思います。

  それから、43ページの同じく1049合併処理浄化槽整備事業費です。772万円なのですけれども、当初予算で2,028万円ということで、執行残の割合がちょっと多いので、申請の数が減っているというのはわかるのですけれども、どういうふうに分析というか、どういうふうに考えていらっしゃるのか、主な理由について伺いたいと思います。

  それから、50ページの3026小川町駅前広場整備事業費です。250万円の執行残です。当初予算が300万円でしたので、執行残の割合がかなり大きいのではないかと思うのです。平成23年度の予算で同じ項目の中で委託料が150万円計上されております。測量事業の進捗状況などはどういうふうになっているのか伺いたいと思います。

  以上6点です。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して、答弁を願います。

  1点目、4点目について福田子育て支援課長、2点目について吉田政策推進課長、3点目について竹澤町民生活課長、5点目について関口健康増進課長、6点目について新井環境保全課長、7点目について長島建設課長、随時答弁を願います。

  1点目、4点目について福田子育て支援課長。



◎福田一夫子育て支援課長 それでは、柳田議員の1点目、4点目につきましてお答えさせていただきたいと思います。

  まず、1点目についてでございます。保育所運営費保護者負担金の減につきましては、入所者数の減及び平均徴収額の減によるものでございまして、まず委託分につきましては当初積算より22人減になったと、それから町立保育園4園分については14人の減、平均徴収額の関係になりますと、委託分が平均徴収額が1,000円減、それから町立のほうが平均徴収額が800円の減ということで、この減額になったわけでございます。所得減の理由ということでございますけれども、この平均徴収額の減に関係しますが、比較的所得が高い6階層の部分が当初見込みよりも38人ほど減りまして、その減った分が人数的には3階層と4階層のほうに人数が変わってきたということでございます。

  続いて、4点目につきましてお答えさせていただきたいと思います。子ども手当支給事業費の1,153万円の減につきましては、支給実績による減額ということでございますけれども、当初2月末ぐらいで支給を受ける人数は把握していたわけですけれども、それに出生、転入の分を100人ほど上乗せして予算を組んであったわけでございます。これが出生、転入が見込みよりも少なかったこと、また転出が多かったということで、当初100人と見込んでいたところが上乗せになったのは実態とすると12人の増であったということで、88人分が減額になってしまったということでこの減額となりました。

  あと一時保護等の子ども手当についてはどうなのかと、質問ですけれども、児童養護施設等、一時保護につきましては、保護者のほうに支給されております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 2点目について、吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  光交付金の関係につきましては、さきの臨時議会できめ細かな交付金、また光をそそぐ交付金等で議員の皆様にご承認をいただきました。その後、私どものほうで国のほうに要望しておりましたこの事業、特に光をそそぐ交付金につきましての事業につきましては、第2次交付分ということで、基本的には要望事業費、要望額がほとんど到達できるような金額をちょうだいできました。したがいまして、今回の1,424万9,000円の交付でございますが、それの31ページでございます1,157万2,000円の基金への積み立てということで、前回の臨時議会でも積み立てをさせていただくということでご承認いただきましたが、その事業について、やはり積み立てを割り振ってするということでございます。今回の交付をされる金額から積み立てをする差し引きをいたしますと267万7,000円がございます。これにつきましては、前回の臨時議会と承認いただきました小中学校の図書館の整備事業、あるいは町立図書館の充実、図書購入費等、また図書館の施設の改修事業ということで平成22年度で執行させていただくということで、基金の積み立てはしないということでございます。こちらのほうに先ほどの267万7,000円の差し引きした分を割り振って執行させていただくということでございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 3点目について、竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 3点目について、お答え申し上げます。

  28ページの後期高齢者の医療事業費でございますけれども、議員ご指摘のとおり、県内では最低という数字でおるわけですが、年度当初につきましては、県の広域連合会から特定健診の受診率の目標値を10%ということを掲げて、それを目指して小川町でも取り組んでまいりました。10月からことしの3月まで実施をするわけですが、現時点におきます受診の申し込みは101人になっております。昨年度よりは上回っております。ただ、年度当初400人を見込んでおりましたので、4分の1程度の受診率ということで執行残が出たわけでございます。

  なお、執行残の大きな理由でございますけれども、やはり高齢の方ということで、通院中であり、必要な検査も受けているという方もいらっしゃるでしょうし、あるいはもともと特定健診を受ける資格というのが通常の内科治療を受けている方については受診ができないということもございますので、このような執行残が出たということでございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 5点目について、関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  新型インフルエンザなのですけれども、平成21年度に比べ、まず大流行しなかったことが大きな執行残になっている原因でございます。町民税非課税世帯なり、あるいは生保の方は無料でできるわけでございますけれども、やはり健康な方というのは接種しない傾向がございました。

  また、子育て支援、インフルエンザの関係につきましては、当初ゼロ歳児からということで予算組みをさせていただいたのですが、実際問題として、ゼロ歳児は医師の判断によりということだったのですけれども、やはりほとんどゼロと言っていいほど接種しておりませんので、その分は補正減とさせていただきました。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 6点目について、新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  合併浄化槽の執行残ということでありますけれども、当初50基を予定しておりましたけれども、実際設置の申請がなされたのが33基ということでありました。広報等、あるいは設置業者にも周知をして、使えるよう図りましたけれども、経済状態がよくないというのが一番のところかなと。新築して合併浄化槽というふうな形のものが今までは多かったわけですけれども、それが少なかったことによるというふうに考えてございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 7点目について、長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 駅前広場の関係について、ご答弁申し上げます。

  議員のお話をいただいています。町でも鋭意取り組んでおります。このことにつきましては、昨年の7月以降だと思うのですけれども、関係する地権者の方との協議を持たせていただきまして、それまで計画をしてきたものを一部見直しをする方向づけになりましたので、その見直しの計画を進めながら交通管理者である警察署並びに、なかなか単独でできないものですから、補助をいただく場合についてということで、県のほうともこういう計画のすり合わせということで話を進めていますので、一応今までの段階の中で県との話し合いを進めていますけれども、県のほうでもなかなか小川町独特な駅前広場だということで、短兵急にすぐこれでいいという結論を出すのは難しいというお話もいただいています。町のほうも警察と、あるいは交通で利用します事業者さん等も調整はしていきたいと思うのですけれども、なかなか確定のところまでいかないということで、今回補正減をさせていただいたと、引き続き来年度につきましても努力をさせていただき、一日も早くある方向づけができるような計画をつくっていきたいということで、今一生懸命努力しているところでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) よろしいですか。



○高橋秀夫議長 質疑、結構ですよ。



◆1番(柳田多恵子議員) かなり想像はしていたのですけれども、階層の高い方が減って、3階層、4階層の方がふえているということなのですけれども、基本的には、その人数的には当初よりも少なくはなっているのが大きな原因という、人数だけの原因ではなく、所得階層の変化による2つの要因があるというふうに理解をしてよろしいわけですね。

  町立の保育園の場合にはというか、保育園には一番重要度とか必要度の高い方を先に、いわゆるプライオリティーの高い方をということなのですけれども、そういたしますと例えばひとり親家庭の方とか、そういう方たちも申請をされれば、基本的にはそこに入っていらっしゃるというふうに考えてよろしいのですね。

  それから、その次なのですけれども、全部一遍に伺うのですよね。



○高橋秀夫議長 はい。



◆1番(柳田多恵子議員) 2番の光の部分なのですけれども、最初の第1次分のときに伺いました、その図書、あるいは図書館の図書購入の部分がそちらに行っているということで、新たにということではないわけですよね。それがこの260万円ですか、残りの部分が行っているというふうに考えてよろしいのですね。

          〔何事か言う人あり〕



◆1番(柳田多恵子議員) はい、わかりました。

  次の後期高齢者の健診なのですけれども、ご努力はされていると思います。それから、要因もよくわかるのですけれども、一つ小川の場合には特定健診の場合の費用は無料ということで、その部分では非常に他の自治体と比べて、もちろん費用の無料のところもたくさんあるのですけれども、有料のところもあります。その点については評価をするのですけれども、ただ受診表の部分が原則全員配付をしているところと、それから希望者のみというところがあります。

  希望者のみというふうにしたところの受診率がどうも低いような統計が出ているようであります。そういたしますと、啓蒙啓発もそうですし、実際特定健診を受ける国からの指針では、疾病があって病院にかかっている、高血圧とか糖尿とか、その方については特定健診を除外するという項目があって、そこに該当する方が1つ分には多いというのはわかるのですけれども、受診券が入らないということの原因も希望のみということなので、申し出ないとということなので、そこら辺も関係があるのではないかという気がいたしましたが、その点についてはどうでしょうか。

  それから、子ども手当支給事業についてはわかりました。実際出生、あるいは入ってこられる方が非常に少なかったというのは残念なのですけれども、一時保護の場合、施設の場合にはその施設のほうに行くということで、一時保護の保護者という定義については、実際に子供さんにかかわっていらっしゃるというか、実際の保護者という言い方も変なのですが、その方にきちんと渡っているというふうに考えてよろしいのでしょうか。その点を確認をさせていただきたいと思います。

  それから、合併処理については、経済状況がよくない、新築が今まで多かったけれども、少なかったということで、50基の予定を33基ということで、来年度の場合にも少し減額補正をされているのですけれども、当初予算の中で、また改めて伺いたいと思うのですけれども、先日埼玉県のほうの方針というか、合併処理浄化槽についての方針が出て、新築はやらないと、単独で助成をしていくというような新聞記事が出ておりました。これ補正ですので、本予算、当初予算のときに詳しく伺えればというふうに思うのですけれども、経済状況の中で減っていったということについては理解いたしました。

  駅前広場については、23年度予算で委託料150万円ということで引き続きということですね。

          〔何事か言う人あり〕



◆1番(柳田多恵子議員) はい、了解しました。

  では、残りの部分について回答をお願いしたいと思います。



○高橋秀夫議長 ここで暫時休憩といたします。

  午後の再開を1時といたします。

                                 (午後 零時01分)

                                         



○高橋秀夫議長 午前に引き続きまして、再開いたします。

                                 (午後 1時00分)

                                         



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 2回目の質疑をさせていただきましたが、先ほどの質疑の中で1問了解したものは了解しましたと申し上げたのですけれども、1問再質疑を落としてしまいましたので、改めて質疑をさせていただきます。

  5番目の新型インフルエンザの予防接種なのですけれども、子育て支援の部分では50万円ぐらいということで、執行残が比較的少なかったようなのですけれども、接種状況の中でせっかく町の単独の事業なわけですから、少しでも執行残を少なくするということで、より利用しやすいような形で、今は償還払いなのですけれども、それを高齢者の1,000円と同じような形でできれば上がるのではないかというふうに思うのですけれども、それについて、一般質問ではないので詳しいということではないのでしょうけれども、1問、その点については取り落としましたので、お願いいたします。

  また、質疑の残りの件数が多くありますので、回答を伺いまして、最後1問ずつ、一つ一つやりとりをしながら終わらせていただきたいと思うのですけれども、よろしいでしょうか。



○高橋秀夫議長 はい、結構です。



◆1番(柳田多恵子議員) では、1点目から福田子育て支援課長に答弁を願います。



◎福田一夫子育て支援課長 それでは、1点目の再質疑に対しましてお答えを申し上げたいと思います。

  ひとり親家庭等から入所の申請があった場合、入所はできているのかといった内容かと思います。小川町保育の実施に関する条例の第2条に規定しております保護者が働いていること、それから妊娠や出産、そして病気等で保護者が保育に欠ける要件を満たしておれば、入所はできておる状況でございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 了解しました。

  小川の場合には公立保育園ということで、かなり国の基準よりも手厚く措置をされておりますし、障害の子供さんなんかも積極的に受け入れて、オントップで保育士さんを入れていただいているということで非常に評価をしております。今後保育料等の関係もあります。3階層、4階層と低い方たちになっていきますと保育料の問題等も今後出てくるかと思います。今のご説明の中でいい保育を続けていっていただきたいというふうに希望いたします。再回答は結構でございます。

  では、次の回答からいただいてよろしいでしょうか。お願いいたします。



○高橋秀夫議長 3点目について、竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 3点目についてお答え申し上げます。

  議員おっしゃるとおり受診勧奨の方法については大変な課題だというふうに思います。来年度につきましては、後期高齢者医療納付、保険料の納付書の発行の際には、その案内通知と受診の勧奨を含めたものを同封するなど、工夫をしたいと思いますし、議員おっしゃる全員への受診勧奨券についても今後早急に健康増進課とも協議をさせていただいて進めさせていただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



◆1番(柳田多恵子議員) 了解しました。



○高橋秀夫議長 それでは、4点目について、福田子育て支援課長。



◎福田一夫子育て支援課長 4点目の再質疑は、一時保護の場合、実際の保護者に子ども手当を支給しているのかという質疑だったと思いますが、支給をしております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  新聞報道などを見ると、その保護者という定義づけが実際にその子供さんを保護というか、している方と違ってくる、特に一時保護なんかの場合には違う場合もあるので、そこのところをちょっと確認をしたかったので、了解いたしました。

  次の新型インフルエンザのことについて、回答からお願いいたします。



○高橋秀夫議長 5点目について、関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  償還払いを償還払いでなくできないかということだと思いますけれども、新型のインフルエンザの場合、生活保護世帯及び町民税非課税世帯以外はそれぞれの医療機関で料金を設定できるという状況がございました。その中で、今回の子育て支援のほうを見ますと、1回接種で4,600円から2,000円という、その幅が大分あるという実情がわかります。これは、もちろん小川町内、小川町ということではないのですが、町外で2,000円というところが出てきておりますので、そういう意味では小川町の助成額をよりさらに低い接種料金でできているということがございましたので、そのようなことを考えると、高齢者インフルエンザのように県が相互乗り入れをとっていただくというような形がとれれば別なのですが、それぞれ接種料金がばらばらというような状況の中で議員ご質問のような内容にすることは非常に難しいというふうに判断しております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 私もいろいろ調べまして、難しいということはわかるのですけれども、ぜひ利便性というか、追求していただきたいというふうに思います。

  以上、質疑を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。



○高橋秀夫議長 続きまして、質疑ございますか。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 細かいことはまた予算と直結していますので、2点質問したいと思います。

  まず、1点目、基本的な確認なのですけれども、決算というのは9月、その前になると。そうすると、新年度予算に当たっては、やはりここにある最終的な補正が、それぞれ予算をつくる際に減額補正とかそういう形が、予算的に今財政が厳しいですから、どうしてもどこもかしこもやはり減らさないとなかなか大変だと、そういう基本線からいくと、ここで減額補正になった内容が結局各課長さんから予算編成に当たって出た場合には大きなウエートというか、減額がイコール次の予算にかかわってくるという、そういう基本的な認識でいいのかどうか、まずこれが1点目。

  それから、もう一点は、非常に今内容を聞いていて、予算が硬直化してしまっていると。その理由としては、例えば子育てとか環境とか、行政側がいろいろ仕掛けた、こういうのを中心にやるのだということで仕掛けた内容が実はかなりの部分で減額になっているような印象を非常に受けました。やろうと思っていることが減額になる。どうもなかなか思い切った感じがないと非常に厳しいのかなというのは率直な印象だったのですけれども、ある程度、先ほど駅前等もそうなのですけれども、駅の問題も含めて、町長に最終的なある程度ここで補正で予算の執行は終わるわけですけれども、来年度予算の問題は問題として、今回の補正が終わってみての一応総括というか、簡単な現時点でのご感想を聞きたいと思うのですけれども。

  以上、2点お願いします。



○高橋秀夫議長 1点目について吉田政策推進課長、2点目について笠原町長、お願いします。

  では、1点目について吉田政策推進課長、答弁願います。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  議員ご質問の補正減額、また当初予算の影響等ということでご質問いただきました。確かに議員ご心配、危惧されている、それらも一つでございます。私ども財政部門といたしましては、各課に最後の3月定例でございますので、執行残についてはできる限り精査をしてくれということで、イコール金を残したいというのが根底にございます。無駄遣いはいけないということで減額補正をお願いしました。

  もう一つ、当初予算につきましては、当然予算書のほうで、予算案のほうでご理解をいただいておるかと思うのですが、町税だけではままなりません。当然のごとく、家庭でいいますと貯金を取り崩して予算編成をさせていただきました。今回の減額補正につきましては、当然後年度にわたっての予算編成をするが上での必要経費になろうかと思いますので、できる限り減額補正をお願いしたいということで各課のほうでご協力を得たわけでございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 2点目について、笠原町長。



◎笠原喜平町長 全般的なことについて、私のほうからご答弁申し上げます。

  議員おっしゃるとおり、やはり私どもが非常に期待していたものが結果的には減額補正せざるを得ないと、そういうふうな部分がありますので、その点については全く議員と同じように、ちょっとがっかりという表現が合うのかどうかわかりませんけれども、残念だったなという感じはいたします。しかし、それぞれ減額補正せざるを得なかった内容については理由がございますので、それをさらに分析するとともに新年度に向けて、やはり重要な、必要だなというものについては、前年度が減ったから、では翌年度はもっと減らそうとか、そういうことでなくて、やはりもうちょっと工夫しながら積極的に取り組んでまいりたいと、そんなふうに思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑ございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第10号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第7号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第9、議案第11号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第11号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきまして、主なものは療養給付費等交付金、一般会計繰入金の増額並びに一般被保険者国民健康保険税、療養給付費等負担金、高額医療共同事業交付金、保険財政共同安定化事業交付金の減額を計上し、歳出につきましては、一般被保険者療養給付金、一般被保険者高額療養費、出産育児一時金、保健財政共同安定化事業拠出金の減額を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第11号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)につきまして内容説明を申し上げます。

  今回の補正は、国民健康保険税の減額と交付金決定による補正をお願いするものでございます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。まず、第1号でございますが、歳入財源並びに歳出経費等に補正が生じたため、既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ1億6,172万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ33億3,258万3,000円とするものでございます。

  それでは、恐縮ですが、歳入歳出予算事業別明細書により内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  まず、67ページをお願いいたします。歳入1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税4,494万3,000円を減額し、補正後の額を7億1,227万1,000円とさせていただくものでございます。

  次に、68ページをお願いいたします。3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金1億2,573万9,000円、2目高額医療費共同事業負担金71万円減は、交付額決定によるものでございます。

  69ページをお願いいたします。2項国庫補助金、3目出産育児一時金補助金30万円減は補助金額決定によるものでございます。4目高齢者医療制度円滑運営事業費補助金20万円を増額させていただくものでございます。これは、今回歳出予算でお願いいたします高齢者医療制度運営事業に必要な経費の増額に伴いまして、これに対する国庫補助金を増額させていただくものでございます。

  次に、70ページをお願いいたします。4款1項1目療養給付費等交付金4,572万3,000円増は、平成22年度の額の確定によるものでございます。

  71ページをお願いいたします。6款県支出金、1項県負担金、1目高額医療費共同事業負担金71万円減は交付額決定によるものでございます。

  72ページをお願いいたします。7款1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金1,551万7,000円減、2目保険財政共同安定化事業交付金4,106万9,000円減は額の決定によるものでございます。

  73ページをお願いいたします。8款財産収入、1項財産運用収入、1目利子及び配当金4万3,000円の増は基金の積立金利子でございます。

  次に、74ページをお願いいたします。9款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節、5節の保険基盤安定繰入金の合計額が2,651万2,000円の増でございます。2節出産育児一時金等繰入金420万円の減、3節財政安定化支援事業繰入金101万8,000円減は、国及び県交付金の確定による町の繰入金の基準額決定によるものでございます。

  75ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費20万円の補正増でございますが、高齢者医療制度円滑運営事業に必要な経費をお願いするものでございます。2目連合会負担金84万5,000円増の補正でございますが、レセプト審査支払いシステム等の更新に係る分担金の追加負担をお願いするものでございます。

  76ページをお願いいたします。2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費1億3,100万円。3目の一般被保険者療養費800万円。4目退職被保険者等療養費18万円の減額が、また2目退職被保険者等療養給付費3,100万円は増額が見込まれるものでございます。

  77ページをお願いいたします。2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費780万円減は、医療費の減額が見込まれるものでございます。2目退職被保険者等高額療養費は財源組みかえをお願いするものでございます。

  78ページをお願いいたします。4項出産育児諸費、1目出産育児一時金630万円減の補正をお願いするものでございます。

  79ページをお願いいたします。3款1項1目後期高齢者支援金等は財源組みかえでございます。

  80ページをお願いいたします。4款1項1目前期高齢者支援金等58万8,000円減は、額の確定によるものでございます。

  次に、81ページをお願いいたします。5款1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金13万3,000円減は額の確定によるものでございます。

  82ページをお願いいたします。6款1項1目介護納付金は、財源組みかえでございます。

  83ページをお願いいたします。7款1項共同事業拠出金、1目高額医療費拠出金並びに4目保険財政共同安定化事業拠出金の合計3,981万6,000円の減は額の確定によるものでございます。

  84ページをお願いいたします。9款1項基金積立金、1目保険給付費支払基金積立金4万4,000円増をさせていただくものでございます。これは、今回歳入補正でお願いいたしました基金積立金の利子の増額に伴いまして、これを基金に積み立てさせていただくものでございます。

  以上をもちまして、平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議をお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。2点お願いいたします。

  65ページなのですけれども、1、歳入の国民健康保険税です。新聞報道などで、これは平成22年なのですけれども、平成21年度の収納率、全国平均が88.01%ということで、過去最低というふうな報道がされておりました。今回予定されていた保険税、歳入を予定していたものが減額と、4,190万円減額されておりますが、主な理由について伺いたいと思います。

  それから、66ページの歳出のほうの保険給付費、2番なのですけれども、補正前の額24億4,782万6,000円、これは当初予算よりも増額補正をして、今回1億2,228万円、この減額補正をして、結果的に当初予算が22億8,380万円ですか、結果的にやはり医療費が上がって4,100万円増にはなったのですけれども、医療費の増額というのはもちろん予測はつかないと思うのですが、かなり1億2,000万円、どんと補正が増になって、また減になるというところでは何か要因というのがあるのかどうなのか、その2点について伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して、答弁願います。

  竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 1点目についてお答え申し上げます。

  国民健康保険税の減額の主な理由でございますけれども、現年度分といいますか、平成22年度の現年度分の収納率については、当初見込んだ収納率にほぼ達成しているところでございますので、収納率に関しての影響はないというふうに考えております。しかしながら、平成22年度の国民健康保険の被保険者の動向を見ますと、直近の数字を見ますと22年4月から被保険者の数は177人ほど減少しております。特に一般被保険者、いわゆる現役世代といいますか、その方が減っておるということで、国民健康保険税の減額につながったというふうに思います。

  そのほかについては、平成22年度、今年度から国民健康保険税の軽減措置の改正を行いまして、これは所得に応じての減額でございますが、6割軽減を7割に、4割軽減を5割に、また新たに2割軽減を設けまして、その減額をさせていただいたところです。それに伴いまして、当初見込んだ減額の金額に大幅にその減額が出まして、およそ現時点での試算ですと2,250万円程度減額されております。あわせて、大変厳しいこの経済状況でございますので、平成22年度の保険税については、21年度の所得をもとに積算をさせていただいていますので、22年度の減額については、被保険者の所得は減少したということの中で調定額が減ったということの中でのトータル的に4,000万円以上の減額がされたということでございます。

  次、2点目でございますけれども、保険給付費の減額は1億2,000万円ほどあるわけでございますけれども、これにつきましても先ほど申し上げましたとおり、一つの大きな要因としますと、被保険者数の減少が挙げられます。先ほども申し上げたとおり、今年度もう既に177人の方の、当初から比べると被保険者数が減っていますし、また75歳を過ぎますと、後期高齢者のほうの医療に移行します関係がありまして、その減少もございます。あわせて、一般の被保険者の療養給付費については、今現在3月から11月までの療養分が精算をされております。9カ月でございますけれども、この実績を月平均に換算をしますと1億4,800万円程度でございまして、3カ月の支払いを今現在の平均で試算をしますと、4億8,220万円を今後支払いが見込まれるということの中で精算をしますと、一般療養給付費についてのみですが、1億3,100万円程度の減額が生じるということの中での補正をさせていただきました。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 1番については了解をいたしました。

  2番について、よろしいですか。



○高橋秀夫議長 はい。



◆1番(柳田多恵子議員) そういたしますと、実際に保険給付という形で医療を受けられた方を想定していたのだけれども、その想定していた部分が、例えば人数が減ったり、それから疾病について思った以上の伸びがなかったと、数字のやりとりを今言っていただいたのですけれども、単純に考えればそのように解釈してよろしいのでしょうか、それとも別な要因があるのか、お願いいたします。



○高橋秀夫議長 竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 お答え申し上げます。

  先ほど申し上げたのは実績でございまして、この9カ月の分が出ております。内容的には、当初は4%程度が毎年伸びていますので、それらを試算をさせていただいたのですが、まだ9カ月ということもありますし、1年間に被保険者がどの程度これからかかるかということもまだ今の段階ですと把握はできておりませんし、細かい分析ができていないというのが現状でございます。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑ございますか。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 1点お願いします。

  私の勉強不足だと思うのですけれども、高額療養費と、それから介護が合算で金額以上取られないというか、支払わなくても補助されるということになっていたと思うのですけれども、会計上でいくと、それはどこに、高額療養費に入ってしまうのか、介護との兼ね合いでどういう形になっているのか。もしその合算で申請なり、そういう対象になった方がいたとしたら、それはどの程度のものだったのか、お願いします。



○高橋秀夫議長 竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 お答え申し上げます。

  高額合算につきましては、国民健康保険に入っている被保険者の医療費が高額になりまして、それを基準にまた福祉介護等の介護の負担が高い方についてが対象になるわけでございますけれども、補正の中では今回は影響はしておりません。今現在該当する方が今年度は3名おります。それらにつきましては、またちょっと手元に資料がないのですけれども、別の予算項目に入っておりまして、今補正予算の中の予算項目の中には入っておりません。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑ございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第11号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第10、議案第12号 平成22年度小川町老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第12号 平成22年度小川町老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  平成22年度歳入歳出予算を精査した結果、医療給付費の精算に伴う減額及び小川町老人保健特別会計廃止に伴う一般会計繰入金の返還などに要する経費を補正したいので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第12号 平成22年度小川町老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして内容説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。まず、第1条でございますが、歳出経費に補正が生じたものでございます。今回の補正は、健康保険法等の一部を改正する法律による老人保健特別会計の設置と義務づけが平成23年3月31日限りでなくなり、老人保健特別会計は廃止されます。このことにより平成22年度小川町老人保健特別会計の決算を見越し、残額の精算による補正をお願いするものでございます。

  それでは、恐縮でございますが、歳出予算事業明細書により内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  まず、88ページをお願いいたします。歳出でございます。1款1項医療諸費、1目医療給付費135万3,000円の減額でございます。

  89ページをお願いいたします。2款2項繰出金、1目一般会計繰出金35万9,000円増は、平成22年度一般会計超過負担分の繰出金でございます。

  90ページをお願いいたします。3款1項1目予備費99万4,000円の増額でございます。

  以上をもちまして、平成22年度小川町老人保健特別会計補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議をお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第12号 平成22年度小川町老人保健特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第11、議案第13号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第13号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、後期高齢者医療保険料の減額を計上し、歳出につきましては、歳入減に伴う後期高齢者医療広域連合納付金に要する経費の減額を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第13号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)につきまして内容説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。まず、第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等に補正が生じたため、既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ2,431万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億9,367万円とするものでございます。

  恐縮でございますが、歳入歳出予算書の事業別明細書により内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  95ページをお願いいたします。歳入でございますが、1款1項後期高齢者医療保険料、1目特別徴収保険料930万4,000円の減、2目普通徴収保険料1,500万9,000円の減、ともに収入見込みによる減でございます。

  96ページをお願いいたします。歳出でございます。2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金2,431万3,000円減は、保険料の収入減が見込まれることによるものでございます。

  以上をもちまして、平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議お願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第13号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第12、議案第14号 平成22年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第14号 平成22年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  平成22年度の介護保険事業実績による保険給付等の増減額に伴い、それぞれの歳出区分に従い、所要の補正が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  島田福祉介護課長。

          〔島田洋一福祉介護課長登壇〕



◎島田洋一福祉介護課長 命によりまして、議案第14号 平成22年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)について、内容説明を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ4,980万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ20億5,413万6,000円とするものでございます。

  それでは、内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書の101ページをお開きください。歳入、1款1項介護保険料は、1目第1号被保険者保険料の特別徴収と普通徴収の増減により、結果32万2,000円を増額補正するものであります。

  次のページ、3款1項国庫負担金は、国の交付決定に基づき、1目介護給付費負担金663万7,000円を増額するものでございます。

  2項国庫補助金は、1目調整交付金を国の交付決定に基づき、349万3,000円減額し、2目地域支援事業交付金(介護予防事業)8,000円と、3目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)40万円の減は、それぞれ事業見込みの減少等によるものでございます。

  次のページ、4款1項支払基金交付金は、1目介護給付費交付金を社会保険診療報酬支払基金の交付決定に基づき3,423万2,000円減額するものであり、2目地域支援事業支援交付金9,000円の減は交付対象額の減によるものでございます。

  5款1項県負担金は県の交付決定に基づき、1目介護給付費負担金1,937万2,000円を減額するものでございます。

  次のページ、3項県補助金、1目地域支援事業交付金(介護予防事業)4,000円の減は補助対象額の減少、2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)20万円の減は事業見込みの減少によるものでございます。

  6款1項財産運用収入は、説明欄の基金積立基金利子を合わせて、1目利子及び配当金16万1,000円を見込むものでございます。

  次のページ、7款1項一般会計繰入金は、介護給付費に係る町負担分を歳出に合わせ、1目介護給付費繰入金を300万円減額するものであり、地域支援事業繰入金のうち2目介護予防事業分4,000円の減は繰り入れ対象額の減少、3目包括的支援事業・任意事業分20万円の減は事業見込みの減少により減額するものでございます。

  2項基金繰入金は歳入と調整をするため、1目介護給付費準備基金繰入金387万8,000円を増額するものでございます。

  次のページ、9款3項雑入は、サービス給付費に係る過誤給付等に伴い、1目返納金11万7,000円を増額するものでございます。

  続きまして、歳出でございます。111ページをお開きください。1款3項1目認定調査費等は説明欄のとおり、実績に合わせ、訪問調査員報酬20万円の減額と主治医等意見書作成手数料20万円の増額を計上するものでございます。

  次のページ、2款1項介護サービス等諸費につきましては、それぞれのサービスに係る現在までの給付実績と今後の見込みから補正するものでございます。1目居宅介護サービス給付費4,900万円の増は当初予算に比較して使用料の増加、3目地域密着型介護サービス給付費2,100万円の減は同様に利用料の減少、5目施設介護サービス給付費6,700万円の減は同様に利用料の減少、8目居宅介護住宅改修費450万円と9目居宅介護サービス計画給付費450万円の増はともに利用料の増加によるものでございます。

  2項介護予防サービス等諸費につきましても、1目介護予防サービス給付費を2,100万円、3目地域密着型介護予防サービス給付費を100万円、7目介護予防サービス計画給付費を100万円、給付実績と見込みからそれぞれ減額するものでございます。

  次のページ、6項1目特定入所者介護サービス費も同様に、今年度の実績から400万円を増額するものでございます。

  3款1項介護予防事業費は、1目介護予防特定高齢者施策事業費及び2目介護予防一般高齢者施策事業費をそれぞれ財源組みかえをするものでございます。

  116ページです。2項2目です。任意事業費は、説明欄の配食サービス委託料を実績から100万円減額するものでございます。

  4款1項基金積立金は、見込みに合わせ、1目介護給付費準備基金積立金の預金利子を18万7,000円、2目介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金預金利子を6,000円増額するものでございます。

  以上、平成22年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。2点お願いします。

  112ページの5目の施設介護サービス給付費です。前年度、平成21年度の当初予算8億1,200万円より6,700万円多く見積もった当初予算でした。結果として、昨年と同様の8億1,200万円ということで、利用料の減少ということなのですけれども、もう少し詳しく内容について伺いたいと思います。

  116ページですか、配食サービスの委託料ですけれども、当初予算が624万円でした。624万円のうちの100万円ということで、ちょっと減額の幅が大きいような気がいたします。

  昨年議員で配食サービスの配食を試食させていただきました。おおむね皆さん評判がよかったようなのですけれども、議員の皆さんの中では。その理由というか、その点について伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して、答弁願います。

  島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 112ページ、施設介護サービス給付費の6,700万円の減額補正について、当初に見込んで、見込んだよりも給付が伸びなかったということが先ほど申し上げたとおりの理由なのですけれども、どこまでが正確な分析ができているかというと、そこまでのものではないのですけれども、あくまでも想像の域を脱しないのですけれども、1つには受け入れるサービス、受け入れる施設が限られているために、当初見込んだほどの伸びがなかったというものがあると思います。

  もう一点、介護療養病床の廃止期限を2017年末に先送りしたという厚生労働省の新聞報道とかなされた記事が、恐らく先月等にも目にしていると思いますけれども、こういったところへの移行も進んでいるのかなというふうに感じております。そういった結果、当初見込んだほどの利用がなかったのではないかというふうに推測をしております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  推測ということなのですけれども、次年度については、常任委員会でまた詳しくお話伺えればと思うのですけれども、次年度については、若干8億1,200万円よりふえて計上はされているようですけれども、今のような理由の中でほぼ推移していくだろうということだと思います。ただ、やはり待機が106人ということで受け入れるキャパ自体がもう限られているということはかなり大きいのではないかと思うのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。



○高橋秀夫議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 認識しております。当然高齢者の数がふえるということは、分母がふえれば分子もといいますか、利用者も当然ふえるのは当たり前のことですので、このままでいいとも思っておりません。ただ、施設入所につきましては、住所地特例等の制度がありますので、本人ご家族、小林議員のご質問でもあったのですけれども、遠方の施設に入所とか、さまざまな工夫をしながら、恐らく利用者は苦労して入所先を探しているという実態もあろうかと思います。これも地域差、そのときも答弁の中で地域差等と申し上げたのですけれども、都心のほうは待機が多くても、いわゆる比較的田舎といいますか、郊外に行きますと、それほど待たずに入れるという施設もあるやに聞いております。そういったことについて、また情報収集もしながら時期の計画、あるいは予算等に織り込んでいきたいと思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑ございますか。

          〔何事か言う人あり〕



○高橋秀夫議長 もう一つ。

          〔「もう一個」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 もう一個。



◆1番(柳田多恵子議員) 配食の件で。



○高橋秀夫議長 もう一つ、配食。済みません。

  関口健康増進課長、答弁願います。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  配食サービスにつきましては、介護認定に関係なく利用できるということもございまして、介護保険のヘルパーを活用している方などもいるのだと思います。また、経済的な理由等により利用回数を減らしている方もいると思います。

  なお、先ほど議員さんで試食をなさったということをおっしゃっておりましたけれども、配食はやっぱり1回とか2回であれば、それはそれぞれおいしいと感じるのだと思うのですけれども、やはり回数を重ねると飽きが来ている方も中にはおるのではないかというふうに判断しております。そういう意味では、配食業者と毎年懇談会をしておるわけでございますけれども、メニューの改善とか、そういうものの必要はやはりあるのではないかと判断しております。これらの理由によりまして、今までは実利用者と余り変化がなかったのですけれども、今年度につきましては実利用者も減ってきておりますので、そういう意味ではこの辺も大きな理由があるのではないか。実利用者が減るということは、当然月々の配食数も減りますので、それに伴って今回補正をさせていただきました。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 配食サービスというのは、ある部分では見守りのところが非常に大きいと思います。だんだん数が少なくなっていくので、町長も減らしていくということ、必要なものについてはそういう話をされておりましたので、ぜひいろんなアンケート等もお聞きになったりして、またさらによりよいものにしていっていただきたいと思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかにご質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第14号 平成22年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第13、議案第15号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第15号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  下水道事業負担金の増額により一般会計繰入金下水道事業債の減額補正及び執行残等、所要の補正が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 命によりまして、議案第15号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして、その内容のご説明を申し上げます。

  議案をごらんいただきたいと思います。第1条で、歳入歳出それぞれ3,422万4,000円を減額し、歳入歳出それぞれ7億6,285万3,000円とするものでございます。

  第2条で、地方債ですが、恐れ入りますが、2枚めくっていただきまして、第2表地方債補正をお願いします。限度額を1億7,420万円に変更するものでございます。補正予算に関する説明書の123ページをお願いいたします。

  歳入でございます。1款分担金及び負担金、1項1目分担金ですが、102万4,000円の増額補正で、区域外流入分担金の一括納入による増でございます。

  124ページをお願いします。2項1目負担金ですが、2,307万5,000円の増額補正で、主に次年度以降の前納分の増によるものでございます。

  125ページをお願いします。3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道事業費国庫補助金ですが、750万円の増額補正で、交付金の増額によるものでございます。

  126ページをお願いいたします。4款繰入金、1項1目一般会計繰入金ですが、2,252万3,000円の減額補正で、歳出との調整のため繰り入れの減でございます。

  127ページをお願いします。7款1項町債、1目下水道事業債ですが、4,330万円の減額補正で、事業費の減によるものです。

  128ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費ですが、146万円の減額補正で、執行残によるものでございます。

  129ページをお願いいたします。2項1目維持管理費ですが、629万9,000円の減額補正で、委託料は執行残による減でございます。負担金は、下水道量が予定した量に満たなかったことによる減でございます。

  130ページをお願いいたします。2款事業費、1項下水道事業費、1目建設事業費ですが、2,517万5,000円の減額補正で、職員手当等委託料、工事請負費とも執行残による減でございます。補償補填及び賠償金は、事業量がふえたことによるものでございます。

  131ページをお願いいたします。3款1項公債費、1目元金ですが、増減はありません。受益者負担金の充当による財源内訳の変更でございます。2目利子ですが、129万円の減額補正で、利子額の精査によるものです。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第15号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第14、議案第16号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第16号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  維持管理費の減額により一般会計からの繰入金を減額し、所要の補正が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 命によりまして、議案第16号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、その内容をご説明申し上げます。

  議案をごらんいただきたいと思います。第1条で、歳入歳出それぞれ484万9,000円を減額し、歳入歳出それぞれ6,734万2,000円とするものでございます。

  それでは、補正予算に関する説明書の137ページをお願いいたします。歳入でございます。2款使用料及び手数料、1項使用料、1目農業集落排水施設使用料ですが、78万5,000円の増額補正で、現年、過年度使用料収入の増で、接続件数がふえたことによるものです。

  138ページをお願いいたします。3款繰入金、1項1目一般会計繰入金ですが、594万8,000円の減額補正で、歳出との調整のため繰り入れの減でございます。

  139ページをお願いいたします。5款諸収入、10項1目受託事業収入ですが、31万4,000円の増額補正で、県道熊谷小川秩父線歩道整備工事に伴う公共ます移転受託事業収入の確定によるものでございます。

  140ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項1目一般管理費ですが、10万6,000円の減額補正で、消耗品負担金の執行残によるものでございます。

  141ページをお願いいたします。2項1目維持管理費ですが、474万3,000円の減額補正で、需用費、役務費、委託料は執行残によるものです。原材料費は、県道菅谷寄居線舗装修繕工事に伴うマンホール高の調整のため資材購入でございます。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第16号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

                                         



△散会の宣告



○高橋秀夫議長 本日はこれにて散会いたします。

  お疲れさまでございました。

                                 (午後 2時07分)