議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 小川町

平成22年 12月 定例会(第4回) 11月30日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成22年 12月 定例会(第4回) − 11月30日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成22年 12月 定例会(第4回)





         平成22年第4回小川町議会定例会

議 事 日 程(第1号)

                    平成22年11月30日(火曜日)午前10時開会

    開会及び開議                                 
第 1 会議録署名議員の指名                             
第 2 会期の決定                                  
第 3 諸報告                                    
第 4 町長のあいさつ並びに行政報告                         
第 5 議案第64号 専決処分の承認を求めることについて(一般会計補正予算(第4号))
第 6 議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定に
           ついて                             
第 7 議案第66号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び小川町教育委員会教育長の給
           与等に関する条例の一部を改正する条例制定について        
第 8 議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正す
           る条例制定について                       
第 9 議案第68号 小川町立小学校・中学校設置及び管理に関する条例の一部を改正する条
           例制定について                         
第10 議案第69号 小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について  
第11 議案第70号 ふれあいプラザおがわの指定管理者の指定について         
第12 議案第71号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について           
第13 議案第72号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第5号)          
第14 議案第73号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2
           号)                              
第15 議案第74号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)   
第16 議案第75号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)     
第17 議案第76号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)  
第18 議案第77号 平成22年度小川町水道事業会計補正予算(第1号)        
第19 議案第78号 公平委員会委員の選任について                  
第20 請願の委員会付託について                           
    散  会                                   

 出席議員(15名)
  1番  柳  田  多 恵 子  議員    2番  井  口  亮  一  議員
  3番  根  岸  成  美  議員    4番  宮  澤  幹  雄  議員
  6番  山  口  勝  士  議員    7番  溝  坂     浩  議員
  8番  金  子  美  登  議員    9番  杉  田  伸  子  議員
 10番  松  葉  幸  雄  議員   11番  松  本  修  三  議員
 12番  大  塚  司  朗  議員   13番  関  口     修  議員
 14番  小  林  一  雄  議員   15番  千  野  寿  政  議員
 16番  高  橋  秀  夫  議員

 欠席議員(なし)
                                         
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  笠  原  喜  平  町  長      中  山  昌  克  副 町 長

  清  水  吉  夫  総務課長      吉  田  利  男  政策推進
                                    課  長

  安  藤  正  幸  税務課長      竹  澤     裕  町民生活
                                    課  長

  関  口  吉  男  健康増進      島  田  洋  一  福祉介護
              課  長                  課  長

  福  田  一  夫  子 育 て      増  田     隆  産業観光
              支援課長                  課  長

  長  島  靖  雄  建設課長      金  子  典  史  水道課長

  笠  原  修  治  会  計      関  根  則  夫  教 育 長
              管 理 者

  大  宅  雅  臣  学校教育      高  橋  秀  夫  生涯学習
              課  長                  課  長
                                         
 本会議に出席した事務局職員
  内  野  幸  一  事務局長      大  野  義  行  書  記



                                         



△開会及び開議の宣告



○高橋秀夫議長 皆さん、おはようございます。

  ただいまの出席議員全員であります。よって平成22年第4回小川町議会定例会は成立いたしましたので、開会いたします。

  これより本日の会議を開きます。

                                 (午前10時00分)

                                         



○高橋秀夫議長 ここで、一言申し上げます。

  報道関係者より写真撮影の許可を求められておりますので、これを今会期中許可いたします。

  また、議場内では私語を慎み、携帯電話の電源を切ってください。皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

                                         



△会議録署名議員の指名



○高橋秀夫議長 日程第1、会議録署名議員の指名をいたします。

  会議規則第119条の規定により、議長より15番、千野寿政議員、1番、柳田多恵子議員、2番、井口亮一議員を指名いたします。

                                         



△会期の決定



○高橋秀夫議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

  本件につきましては、閉会中に所管事務調査として議会運営委員会において審査いただいておりますので、議会運営委員長よりその結果についてご報告をお願いいたします。

  議会運営委員長、溝坂浩議員。

          〔溝坂 浩議会運営委員長登壇〕



◆溝坂浩議会運営委員長 7番、溝坂浩です。命によりまして、議会運営委員会の審査結果についてご報告申し上げます。

  議会運営委員会は、去る11月24日午前10時より議会第1委員会室において開催し、本定例会の議会運営について審査いたしました。

  会期でありますが、一般質問9名、請願2件、長提出議案15件について検討した結果、本日より12月10日までの11日間とし、議事終了次第、閉会することに決定いたしました。

  なお、提出議案、会期予定、議事日程等の細部につきましては、お手元に配付いたしました書類をご参照願います。

  議会運営につきましてはご協力のほどお願い申し上げ、議会運営委員会の報告といたします。



○高橋秀夫議長 お諮りいたします。

  ただいまの議会運営委員長の報告どおり、本定例会の会期を決定したいと思いますが、ご異議ございませんか。         

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、議会運営委員長の報告どおり、会期を本日より12月10日までの11日間とすることに決定いたしました。

                                         



△諸報告



○高橋秀夫議長 日程第3、諸報告を申し上げます。

  本定例会の議事に関する事項、議案、請願、報告書等につきましては、お手元に配付いたしましたとおりであります。

  また、議長が出席しました会議、研修並びに連絡事項につきましても、ご送付してあります報告書によりご了承願いたいと存じます。

  なお、本定例会に提案されました議案等の説明あるいは記録のため出席を求めた者は、執行部の町長、副町長、教育長、会計管理者、関係課長、議会事務局長並びに議会事務局の職員であります。

  以上、諸報告といたします。

                                         



△町長のあいさつ並びに行政報告



○高橋秀夫議長 日程第4、町長のあいさつ並びに行政報告に入ります。

  町長からあいさつのため発言を求められていますので、これを許可いたします。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 おはようございます。議長から発言のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

  本日ここに平成22年第4回議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましてはご健勝にてご参会を賜り、補正予算を初め当面する町行政の重要課題につきましてご審議いただきますことに、心から感謝申し上げます。

  さて、第3回議会定例会以後の事務報告につきましては、お手元にご配付申し上げてありますが、町の活性化につながる町政の近況につきまして何点か申し上げます。

  初めに、小川町商工会が平成21年度から和紙や建具、絹や農産物を有効活用し、全国に発信していく「おがわいいものぴっかりブランド」事業を展開しておりますが、その中で晴雲酒造株式会社が中心になり、有限会社藤屋精肉店、有限会社割烹むらさき、有限会社久保製紙の異業種が連携した「小川町の酒蔵漬けの素プロジェクト」が関東信越国税局や関東農政局、関東経済産業局が所管する地域産業資源活用事業計画の認定を受け、去る10月14日にその認定式が町民会館において行われました。若い世代の経営者が地域をよくしたいという熱い思いを胸に新たな商品開発を担い、その支援を商工会が行うことは、町経済の活性化を図る上からも大変意義あることと考えております。町といたしましても、新たな特産品として「小川町の酒蔵漬けの素」が成功されますよう大いにご期待申し上げています。

  次に、下里地区の農家を初め地区住民や農業体験グループ、また地区内の生産組合で構成されている下里農地・水・環境保全向上対策委員会が圃場整備を契機に米や小麦、さらに野菜などの有機栽培を行い、食品加工業者等へ再生産が可能な価格で販売する流通システムを確立した活動とその功績が評価され、去る23日に農林水産省及び農林水産業振興会が主催する農林水産祭のむらづくり部門で天皇杯を受賞いたしました。今日農業を中心とした第1次産業の経営環境は大変厳しいものがありますが、第2次産業と言われる食品加工、第3次産業と言われる流通販売にも農業者が主体的かつ総合的にかかわることは、新たな農村の活性化を図る上からも大変注目される活動であり、埼玉県では平成8年以来14年ぶり、むらづくり部門では初めての受賞であります。役員、会員の皆様方に敬意を表したいと思います。

  なお、同委員会から、12月3日まで役場1階町民ホールに天皇杯を展示するとお聞きしております。議員の皆様、町民の皆様にはぜひごらんいただきたいと存じます。

  次に、商店街活性化とまちおこしを目的に産声を上げた「小川はつらつ朝市」が去る20日に第100回目を開催いたしました。昼の部では、多種多彩な行事を、また夜の部では3,000個のエコキャンドルで幻想的な明かりを描き出すなど、朝市としては過去最高の1万2,000人もの集客を記録し、大盛況のうちに終了いたしました。発足当初から今日まで数々の困難を乗り越えてきた朝市実行委員会の方々に深甚なる敬意を表するとともに、さらに発展されますようご期待申し上げております。

  次に、去る3日に、社団法人小川町シルバー人材センターが設立20周年を迎え、その記念式典が総合福祉センターにおいて行われました。平成2年3月に、小川町高齢者事業団として設立以来、自主・自立・共同・共助を基本理念として、会員各位のご努力によって着実に事業を展開され、今日設立時と比較して20倍もの実績を上げているとお聞きしております。さらなるシルバー人材センターの発展を願っております。

  次に、小川町立西中学校が開校50周年を迎え、今月13日にその式典を行われました。西中学校は、昭和36年に小川町最初の統合中学校として開校以来、地域の皆様方の皆様方の深いご理解とご協力のもとに、小川西地域の中学生の人づくりを大きく担ってまいりました。今日までの卒業生も8,700人を超え、数多くのすぐれた人材を輩出するとともに、地域の教育振興の柱として大きく貢献しております。町としてもしっかりと支援してまいりたいと思っております。

  次に、平成22年度県民の日に埼玉会館において、さまざまな分野で功績を上げられた県民の方々が埼玉県から表彰を受けましたが、この中、小川町から絵画コンクールにみどりが丘小学校5年生の児童が、また住みよいふるさとをつくる活動部門で靱負長寿会と個人の方がシラコバト賞を、また長年にわたり小川町職員として地方自治の振興、発展にご尽力された原前副町長が地方自治功労部門で知事賞を受賞されました。まことにおめでとうございます。

  さらに、全国中学生人権作文コンテスト埼玉県大会では、応募総数11万738点の中から、優秀賞を上野台中学校の生徒が受賞し、また東松山税務署管内の中学生等を対象とした税に関する標語、作文の表彰でも上野台中学校の生徒が埼玉県納税貯蓄組合総連合会長賞を受賞いたしました。表彰を受けられました皆様には心から敬意を表しますとともに、さらなるご活躍をご期待申し上げます。

  次に、去る3日に第32回小川町商工祭が、また去る23日は第25回小川町農業祭が行われました。商工祭では、各商工諸団体によるチャリティーバザーや菊花展に加え、町民会館では七夕まつり写真展と表彰式が行われるとともに、野外ステージでは親子芸能大会等も開催され、多くの方々でにぎわいました。また、農業祭では、町内の農家から出展された1,348点の農産物のできばえに高い評価が与えられるとともに、その即売会には早朝の雨にもかかわらず、わずかな時間をもって完売するなど、大変な好評を博しました。いずれの祭りも町内外から数多くの人出でにぎわい、無事に終了することができました。携わった方々のご努力とご協力に改めて感謝申し上げます。

  さて、本年度の予算執行につきましては、鋭意その執行に取り組んでおりますが、主な事業の状況につきましてご報告申し上げます。

  初めに、町では防災対策の一環として、地震や台風等の災害発生時に、迅速かつ的確な対応策を講じ、町民の生命、財産等を保護するため、県内市町村を初め各種団体と災害時における支援協定を締結してきましたが、新たに埼玉県立小川高等学校と災害時における県立学校の使用に関する覚書を去る10月1日付で交わしました。また、同日には、幸町の自主防災訓練に担当職員を参加させ、小川消防署とともに初期消火訓練や緊急炊き出し訓練を行うなど、今後も小川町地域防災計画に沿い災害に強いまちづくり、減災社会の実現に向け、防災に対する啓発活動に取り組んでまいります。

  さらに、地域防災施設の拠点であります小川消防署新庁舎建設予定地もほぼ計画敷地高に造成工事が行われるとともに、構造物の設置工事も始まり、消防署敷地の輪郭があらわれてきました。平成24年秋の新庁舎の完成に向けて、比企広域消防本部との連携を密にしながら取り組んでまいります。

  次に、来る12月12日の「第18回小川和紙マラソン大会」には、北は北海道、南は九州の福岡などの各地から4,616名の参加申し込みをいただいております。生涯スポーツの振興を図る健康スポーツ宣言のまち小川町にふさわしい交流ができるよう、現在準備を進めているところであります。

  次に、NHK及びテレビ埼玉を含む民放6社が小川町内の難視聴地域の解消を図るため、先ごろ小川デジタル中継局を富士山に設置し、12月17日からの本放送に向けて準備を進めているとお聞きしております。しかしながら、小川デジタル中継局の設置にもかかわらず、視聴が難しい地域が残ることから、今後も難視聴地域解消のためテレビ共同受信組合を設置する地区への支援を図ってまいります。

  次に、第4次総合振興計画の後期基本計画につきましては、策定委員会での協議を経て作成された計画案を11月16日に審議会へ諮問いたしました。今後5カ年にわたる町民と行政との共通の指針として、住民意識調査及び中学生アンケート調査結果等を集約した基礎資料をもとに住民福祉の向上を図るよりよい計画が策定できるよう期待しております。

  さて、埼玉県内の景気は、生産活動が若干減速しているものの個人消費はほぼ前年並みの水準を維持し、雇用情勢は完全失業率が5.3%と前年同月比0.1%減少したにもかかわらず、以前として厳しい状況が続いていると報道されておりますが、隣国である韓国と北朝鮮の陸地砲撃戦らに見られる国際情勢の動向から、ドルやユーロに対する為替の変動により、今後国内経済への悪影響が出るのではと大変危惧しております。しかし、どのような経済情勢が予測される中にあっても、町政の主役は町民であるという基本姿勢のもとに、町政の責任者として職員の先頭に立ち、事務事業の簡素化や効率化を徹底するとともに、住民福祉の向上を図るため、未来を開く活力あるまちづくりに全力で取り組んでまいります。議員の皆様方を初め、町民各位のご協力をお願い申し上げます。

  さて、本定例会にご提案申し上げました案件は、専決処分の承認1件、条例の一部改正5件、指定管理者の指定1件、埼玉県市町村総合事務組合の規約の変更について1件、平成22年度各会計補正予算6件、人事案件1件でございます。

  それぞれ議案の詳細につきましては、日程に従いまして提案の都度ご説明申し上げますが、何とぞ十分なるご審議をいただき、いずれも原案のとおりご議決賜りますようお願い申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつといたします。

  ありがとうございました。

                                         



△議案第64号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第5、議案第64号 専決処分の承認を求めることについて(一般会計補正予算(第4号))についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第64号 専決処分の承認を求めることにつきまして提案理由を申し上げます。

  新型インフルエンザワクチン接種助成事業について、緊急に執行する必要が生じたため、平成22年10月1日、平成22年度小川町一般会計補正予算(第4号)を専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 命によりまして、議案第64号 専決処分の承認を求めることにつきまして内容のご説明を申し上げます。

  国の新型インフルエンザA(H1N1)ワクチンの接種に関する事業実施要綱の制定に基づき、10月1日よりワクチン接種を開始するため、平成22年度小川町一般会計補正予算(第4号)を専決処分をさせていただいたものでございます。

  それでは、議案第64号、2枚めくっていただきまして、平成22年度小川町一般会計補正予算(第4号)をごらんいただきたいと存じます。

  まず、条文の第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等の予算に所要の補正が生じたため、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ1,227万円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ88億4,633万円とするものでございます。

  次に、歳入歳出予算の内容をご説明申し上げます。別にご配付申し上げました補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  それでは、5ページをごらんいただきたいと思います。歳入からご説明申し上げます。15款県支出金、1項3目衛生費県補助金416万4,000円の増でございます。国、県合わせて補助率4分の3でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。18款繰入金、1項1目基金繰入金810万6,000円の増でございます。歳入歳出の調整を図らせていただくものでございます。

  次の7ページをごらんいただきたいと思います。歳出でございます。4款衛生費、1項2目予防費1,227万円の増でございます。インフルエンザ予防接種の委託料、また町単独の子育て支援による助成でございます。

  以上、議案第64号 専決処分の承認を求めることについての内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 6番、山口です。

  行政の方なかなか宣伝とかアピールするのが、もっとアピールしてもいいのかなと、先ほどの説明の中で町単独の子育て支援の特別な小川町としてインフルエンザの補助を行っているという、その点に関してもう一度確認させてください。その内容をお願いします。



○高橋秀夫議長 関口健康増進課長、答弁願います。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  子育て支援の独自助成の内容でございますけれども、とりあえず対象年齢はゼロ歳から中学3年生まで、プラスあと妊婦さんを入れております。当然13歳未満につきましては2回接種、13歳以上につきましては1回接種となっております。そこで、当然1回接種の方につきましては、2,600円を上限、2回接種の方につきましては3,600円を上限として助成するものでございます。償還払いによりまして行いますから、当然医療機関によってはもう少し安くしていただいているところもあるようですので、1回接種で2,600円を下回るような事態も当然発生してまいります。そのようなことがありますので、上限としてそれぞれ2,600円、3,600円を上限として助成するものでございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 ほかに。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  全協でご説明がありまして、専決ということになったのですが予防接種が10月1日から開始されましたけれども、利用状況は現在どうなっているのか。なかなかまだ1カ月ということですし、償還払いということで返ってくるのは時間差があるかとは思うのですけれども、どのくらいになっているのか。

  それから、山口議員もご質問がありましたけれども、昨年については各自治体新型インフルエンザということで子供中心に助成がありました。今回も昨年と同じような形で小川町で助成があるわけですけれども、近隣自治体では小川町と同様に助成をしているところはあるのか。山口議員がいいところは宣伝しなくてはいけないかというふうにおっしゃいましたけれども、そこら辺について伺いたいと思います。

  それから、新聞報道などによりますと、関口課長もおっしゃいましたけれども、病院によって接種料金が新聞報道ですと4,650円から3,500円と差があると、1,000円ぐらいの差があるということでした。先ほどもおっしゃっておりましたけれども、1回接種が2,600円、2回接種が3,600円、13歳未満は容量を少なくして2回接種をするということになっておりますけれども、その接種の料金が差があると、自己負担は具体的に状況としてはどのくらいされているのか、把握しておられるようでしたら伺いたいと思います。

  それから、そういう意味では今後流行期に差しかかってまいります。今回については新型とそれから季節性の混合ということで、香港型もかなり蔓延するのではないかという話も出ておりますけれども、そこのものも含めてかかっても軽度で済むということについては、やはり啓蒙啓発が必要かと思うのですけれども、その点については何らかの広報でも宣伝もありましたけれども、広報活動今後どのようにさらに進めていくのか伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対しまして答弁を願います。

  関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 質疑に対して順次ご答弁申し上げます。

  まず、1点目ですけれども、10月1日から開始されましたその利用状況ということでございます。接種が開始されてからまだ2カ月が経過するということでございまして、断定はできないのですが、新型インフルエンザが昨年のように流行していないこともございまして、利用状況といたしましては、予想より少ないように思われます。ただ、当然、この中で子育て支援のほうの助成につきましては、今のところコンスタントに申請書が上がってきております。ただ、接種期間がこれから来年の3月31日までとなっておりますので、今後のインフルエンザの流行次第では利用状況が大きく変わってくるのではないかと思っております。

  続きまして、2点目でございます。比企管内の状況ということで調べさせていただきました。その結果がございますけれども、済みません、比企管内と東秩父の9市町村中、小川町と同じように独自助成をしているのが3町村、小川町を含めると4町村ですね。5市町につきましては実施しておりません。具体的な内容につきましては、滑川町につきましては1歳から中学生まで、ときがわ町につきましては中学生、東秩父村につきましては1歳から中学3年生までとなっております。

  以上でございます。

  続きまして、3点目の接種費用が地域によって違うということでございます。報道の内容は、多分高齢者と65歳未満の生活保護受給者と町民税の非課税世帯を対象としたインフルエンザの接種費用料金だと思います。結果的にこの費用を町が医療機関に委託料として支払うわけでございますけれども、実際子育てのインフルエンザの独自助成になりますと、対象者は未接種扱いとなります。そうしますと、医療機関は接種料金を原則自由に設定できると思われますので、その中でそれぞれ既に申請書が上がってきておるのですけれども、その中で差が出てきておるのだと思います。

  具体的には、先ほど山口議員の中でもご答弁申し上げましたけれども、比企管内の状況を見ますと、2回接種が6,000円が多いようです。1回接種につきましては4,500円、そうしますと2回接種の方については3,600円助成していますから、個人負担につきましては1,900円になります。それで、済みません、2回接種の方については2,400円、1回接種の方につきましては1,900円となります。ただ、比企管外では、一番安いところでは、1回接種で2,100円、あるいは2回接種で5,000円というところもあるようでございます。

  続きまして、4点目の広報活動ということでございます。当然3価のワクチン、高齢者あるいは65歳未満の方も対象になっているわけでございますけれども、子育ての支援の対象になる方というのは割かし接種が高いようです。ただ、やはり健康成人となりますと、なかなか接種をしていないような状況がうかがわれます。そのようなことでございますので、町といたしましては、既に10月1日の全協でもご説明申し上げました資料の全戸配布と、この内容につきましては町のホームページにも掲載しております。また、今後1月の広報で再度同じような、細かい内容ではございませんけれども、こういう独自助成なり非課税なり生活保護受給者につきましては、助成がありますよという内容の広報を1月号で予定しております。また、子育てのインフルエンザの助成申請書につきましては、健康増進課だけではなくて公民館なり、あるいは子育て支援センター、子育て支援課、町内の幼稚園、保育園、学校には置いていないのですけれども、以上申し上げましたところには助成の申請書を置いております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  広報活動についてなのですけれども、特に学級閉鎖など子供たちを取り巻く状況というのは、毎回毎回インフルエンザということで出ております。重篤化する場合もありますので、例えば小学校、中学校、特に広報というか、保護者あてに何らかの小川町としては助成措置もあるので、ぜひ受けてもらいたい旨の広報活動というのは考えておられませんでしょうか。



○高橋秀夫議長 関口健康増進課長、答弁願います。



◎関口吉男健康増進課長 今のところ考えてはおりませんけれども、必要に応じて、これから大流行ということも考えられてくると思いますので、その際に様子を見ながらそのような対応も視野に入れたいというふうに思っております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 教育委員会としてはどうでしょうか。



○高橋秀夫議長 大宅学校教育課長、答弁願います。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答え申し上げます。

  昨年来インフルエンザが大変はやりましたときには、随時県から指示がございました。その指示を受けて学校では学校だより、学級だよりを通じてインフルエンザに対する対策等についてはお知らせ申し上げました。こういう制度があるということについても、学校だより等で触れることがありましたら、お知らせするように指導してまいりたいと思います。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑はございましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第64号 専決処分の承認を求めることについて(一般会計補正予算(第4号))についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第64号は原案のとおり承認することに決しました。

                                         



△議案第65号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第6、議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  平成22年8月10日、人事院からの勧告のあった国家公務員の給与改定に準じ、町一般職の職員の給与改定を行うため必要な事項を定めたいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  清水総務課長。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 命によりまして、議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  本年8月10日、人事院は政府及び国会に対し、国家公務員の給与等に関して勧告を行いました。これに基づき今国会に提案された給与関係法案は、去る11月26日参議院において、原案どおり可決され成立いたしました。

  一方、埼玉県人事委員会においても、9月17日、知事及び県議会に対し、職員の給与等に関する報告及び勧告が行われ、これに基づいて提出された条例改正案がさきの9月定例会において可決されております。本町においても人事院及び埼玉県人事委員会の勧告内容を踏まえ、職員の給与を改定するものでありまして、その概要は、議案第65号資料ナンバー4、平成22年度小川町職員給与改定案の概要に記載いたしましたので、こちらをまずごらんいただきたいと存じます。

  まず、1、給与改定の内容でありますが、(1)の給料表は、人事院勧告の俸給表を基準として改定するもので、平均給料引き下げ率はマイナス0.11%、平均引き下げ額は月額366円となります。

  次に、(2)、期末勤勉手当の改定で、年間支給割合の引き下げをマイナス0.2カ月分とするものであります。これにより現行の年間支給割合4.15月を3.95月に改定するもので、今年度はこの0.2月分の引き下げを12月期から差し引くこととし、平成23年度以降は民間の支給状況を参考に、6月期1.90、12月期2.05とするものであります。

  次に、2、給与水準についてはごらんのとおりでございます。

  最後に、3、実施時期は、平成22年12月1日ですが、4月から改定前までの期間に係る官民格差相当分を解消するため、4月の給与に格差率マイナス0.16%を乗じて得た額を基本として、12月期の期末手当において、その相当分を調整するものであります。

  次に、議案第65号資料ナンバー1をごらんいただきたいと存じます。一部改正条例の新旧対照表になります。資料の右が現行、左が改正後となっております。

  まず、第1条関係では、もとの条例の第17条で、期末手当を規定していますが、第2項の期末手当基礎額に乗じる割合を、12月に支給する場合、100分の150を100分の135に改め、次の第3項、再任用職員に対する前項の規定の適用について、100分の150を100分の135に、100分の85とあるものを100分の80にそれぞれ改めるものであります。

  次に、18条は、勤勉手当の規定ですが、第2項第1号中、職員の期末手当基礎額に乗じる割合100分の70を6月に支給する場合においては100分の70に、12月に支給する場合、100分の65に改め、次の第2号、再任用職員の勤勉手当基礎額に乗じる率100分の35を6月に支給する場合においては100分の35に、12月に支給する場合においては100分の30と改めるものであります。

  次に、別表(3条関係)、給料表の改定ですが、2級から7級までのアンダーラインが改定対象になりますが、今回の改正では、40代以上の中高齢層が受ける給料月額に限定して引き下げを行っており、最高で700円の引き下げであります。

  次に、3枚めくっていただきまして、2条関係をごらんください。これは、第1条の改正をさらに改正するものでありまして、平成23年4月1日施行に係るものであります。主な内容は、第1条で変更いたしました期末勤勉手当について、年間の引き下げ分を12月で減額いたしましたが、次年度以降においては民間の特別給、いわゆる賞与の支給状況等を参考に、6月期、12月期の期末勤勉手当の支給月数を定めるものとした人事院勧告に準じて、17条の期末手当、18条の勤勉手当について、再任用職員も含め記載のとおりに改正するものであります。

  わかりやすくは先ほどご説明いたしました議案第65号資料ナンバー4、小川町職員給与改定案の概要をご参照くださいますようお願いいたします。

  次に、第3条関係は、給料の切りかえに伴う経過措置で、平成18年度の給与構造改革に伴い、給料表の格付で減額対象となった者の減給の補償額について、これまでの100分の99.77を100分の99.53に減額率を改め減額するものであります。

  最後に、議案に戻っていただきまして、条例の附則をごらんいただきたいと存じます。附則の第1項は施行日を定めていますが、この条例は、平成22年12月1日から施行するものであります。ただし、第2条の規定は、平成23年4月1日からの施行といたしました。

  附則の第4項は、4月から改正前までの期間に係る官民格差相当分を解消するため、4月の給与に格差率マイナス0.16%を乗じて得た額を12月期の期末手当において、その相当分を調整することを規定するものであります。

  以上、議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についての内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 1点だけお伺いします。

  給与の改正に当たっては特に質問はありませんが、今回、毎年のことでありますが、人勧、それから県の人事委員会等から給与水準のほかにいろいろな労働条件、それからそういったものに関してもいろいろ勧告等が出ます。この議会では主に、どうしても給与の条例改正に伴う内容だけが出るのですけれども、こうした人勧の労働条件の改善等に関しての勧告やそういったものに関しては、町行政としては現実に出た場合にはどういう形で審議されているのか、検討されているのか、その1点だけ確認させてください。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員の質疑に対して答弁願います。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 ご答弁申し上げます。

  確かに山口議員おっしゃるとおり、人事院勧告の後半の部分にそういった労働条件等の内容が盛り込まれております。例えばこれから65歳までの定年延長ですが、その辺の内容も記載されております。これらの検討でありますけれども、具体的には、まだ例えば組合との交渉するとかというところまでは至ってはおりませんけれども、内部的にはそれらのこの指針的な内容なものですから、その辺は町としても受けとめていきたいというふうには考えております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑はございましょうか。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  一般行政職の平均年齢43.74歳ですね。平均給料月額並びに平均給与月額については表示がされておりますが、平均年齢の現行の年間給与は幾らになるのか。それから、改定後の年間給与は幾らになるのか、その差額は幾らになるのか伺いたいと思います。

  それから、この人勧の中で40歳以上というお話がありましたけれども、40歳以上、それから55歳を超える職員の俸給や、小川町の場合には管理職手当というのはないということなのですけれども、俸給特別調整額の支給額が一定率減額をされる。それから、俸給表の引き下げがありましたけれども、が改定されるということなのですけれども、ちょっと具体的にイメージがつかないので、ご説明いただければというふうに思います。

  それから、このことについては将来においての退職金あるいは年金の影響もあるのではないかというふうに考えるのですけれども、いかがでしょうか。

  それから、職員も消費者であると、地域経済の活性化に影響があるのではないかというふうに考えるのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して答弁願います。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 まず、1点目の一般行政職の平均給与のご質問でございますけれども、改定前の平均の給与、これは賞与、要するに期末勤勉手当も含めた支給額でございますけれども、改定前が約589万円ぐらいになります。改定後は、581万円ほどになりまして、約8万1,000円ほどの減額ということになろうかと思います。

  それから、55歳以上の関係でございます。人事院勧告では、55歳を超える職員の俸給及び俸給の特別調整額、これは管理職手当でございますけれども、これらをマイナス1.5%減額するという勧告が出ております。これについてはいわゆる管理職を対象に引き下げるということでありまして、これは人事院が行った民間との格差、民間の管理職との格差がこれだけ生じているということで、その格差是正で行う措置であるというふうに聞いておりますが、埼玉県ではこの民間の格差が生じていなかったということで、この措置はとられておりません。小川町でも埼玉県の人事委員会の勧告を尊重いたしましたので、こちらを採用しております。

  それから、退職金あるいは年金への影響でありますけれども、退職金につきましては、せんだって埼玉県市町村総合事務組合、昔の退職手当組合でございますけれども、こちらから通知が各退手主管課長あてに届いておりまして、年齢に応じて、内容ですが、今回の給与条例改正で年齢に応じて給料月額を一定額減額した場合、これらについては減額分を退職手当には反映させないことが総務省において決定したという通知文が届きました。いわゆる今回のその1.5%をもし実施を行った、減額で行った団体があった場合にあっても、退職手当には反映させないということが当面は決まっているということでございます。

  それから、年金につきましては、その辺の情報はまだこちらには届いておりませんけれども、年金の計算が、これちょっと複雑でなかなか一言で言うのは難しいのですけれども、一定条件のもとに算出された平均給与をもとに算出されるものですから、もしそうなれば多少の、そのままこの計算に合わせれば、多少平均給与が若干下がるということは見込めるかなというふうに思われます。

  それから、要するに職員も消費者であり、その地域経済への影響ということでありますけれども、確かに減額がされますと、私個人的に考えても、その節約志向には向くのではないかということで、その辺の消費は若干落ちるということは考えられます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  今、全国的には最低賃金の引き上げを求める運動、あるいは議会の中でも取り上げましたけれども、公契約条例ということで、暮らしていける、いわゆる官製ワーキングプアを生み出さない、買いたたくということではなく、暮らしていける給料を保障していかなくては自治体もいけないのではないかというようなことで取り上げました。そこら辺で職員の給与がどんどん下がっていく、負のスパイラルというふうによく言われておりますけれども、そうすると民間も低いのが当たり前だと、どんどん引き下げの助長につながるのではないかというふうに懸念するのですけれども、その点について1点と、それから職員の給与などに関する報告、埼玉県人事委員会からいただいた65号資料ナンバー3があります。この2枚目のところをめくって、参考として職員の平均給与、行政職というのがあります。埼玉県の職員を例にということだとは思うのですけれども、その職員の給料が高いということではありませんが、同じ44.4歳で月額、改定後が669万円、小川町の場合には43.7歳ですか、589万円、それが581万円になると、この差額というのもあります。決して高い給与と、確かに民間が低いのだからというふうに言われれば、200万円、300万円のワーキングプアもいるなと言われればそうなのですけれども、決して43.4歳で高い水準ではないというふうに考えるのですけれども、先ほど申し上げた、これが働く人たちの給料の引き下げの負のスパイラルに進んでいくという懸念を持ちますけれども、この点については町長どうお考えでしょうか。



○高橋秀夫議長 笠原町長、答弁願います。



◎笠原喜平町長 最後のほうの後段のところについて、私が今感じていることだけ申し上げますと、どの基準をもって高いのか低いのかというのは、なかなか線の引き方というのは難しいのですけれども、地方公務員全体で見れば、比企管内とか県内もそうなのですけれども、特別突出して高いということではないのですけれども、やはりラスパイなどの資料を材料に説明されますと、小川町職員の給与、決して低いという言い方はできないのが現状でございます。

  私も教育畑で現場におったときに、県庁に入ったら、月額で6万円ほど下がりまして、教育職というのは優遇されていたのかなというような思いがあったわけですけれども、確かに給与の高い低いというのはモラルにも影響しますから、高いにこしたことないのですけれども、現状、人勧のさまざまなデータを参考にしながら高いよと言われればやむを得ないのかなと、そんなふうなことで、決して歓迎しているつもりはないのですけれども、現状ではやむを得ないのかなと、そういうふうな思いであります。

  以上です。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 山口議員が労働条件の話を後段のほうでされました。この人事院勧告というのは、職員の給料だけではなく労働条件も含めての部分が勧告をされるということです。今国会の中で給与法の改正、それから来年に向かって人勧の前に削減、給与の削減、2割削減という話も出ております。この点についてのいわゆる露払いというか、そこら辺に進んでいくのではないかという懸念を持ちます。そこら辺については、国の問題をここで云々というのは不適当ということかもしれませんけれども、この人勧というのは小川町だけではない、すべての自治体にかかわることなのですけれども、こういう点について何か情報等は得ていらっしゃるでしょうか。



○高橋秀夫議長 清水総務課長、答弁願います。



◎清水吉夫総務課長 民主党政権が発足当時、人件費を2割削減というのが公約でうたわれていたようでございますけれども、その辺を懸念してというふうなお話かと思いますけれども、特段今言ったそれにつながる今回の改定であるということは、私はそう考えてはおりません。あくまでも人事院が民間企業と比較して今回の勧告を出したというふうに、それに従って我々は改定を行ったということであります。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑はございましょうか。

  2番、井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 1点質疑します。賃金の問題で労働条件の変更になると思いますけれども、労働条件の変更に際しては、職員を代表する労働組合と協議が必要だと思いますし、それらによって職員の意欲の低減などにつながらないようなコミュニケートが必要だと思いますが、それらの協議が調っているのかどうかについてお伺いします。



○高橋秀夫議長 清水総務課長、答弁願います。



◎清水吉夫総務課長 毎回このような形で給与を改定する場合には、事前に職員組合との意見交換といいましょうか、相談をさせていただきまして、了解をいただいた後に協定を結んでおりまして、今回の場合も11月18日に協定を締結することができました。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑ございましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 反対討論。



○高橋秀夫議長 反対討論、どうぞ。



◆1番(柳田多恵子議員) 議席番号1番、日本共産党の柳田多恵子でございます。

  議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について、反対の立場で討論いたします。

  本条例の改正ですけれども、過去最大規模の年収減となった昨年に続いて、先ほど伺いましたら平成8万1,000円もの年収の減を働く職員、公務労働者に押しつけるものです。また、40歳以上、55歳については埼玉県では実施していないということなのですけれども、一定年齢に達したことを理由に賃金を引き下げるということ、これは能力実績主義というふうに言われていることにも反するもので、年齢で差別をすると言えるものであると思います。

  特に何よりも最低賃金の大幅引き上げを求めるこの全国的な運動、それから私も議会で取り上げました公契約条例制定、この取り組みを自治体が今後進めていく、そういう動きがある中で、その賃金を改善する動きにも逆流するものであると思います。さらに、民間で働く労働者の給与やボーナスにも波及をして、先ほども申し上げましたが、負のスパイラルから抜け出すことが困難になり、国民あるいは町民の消費を一層冷え込ませることは明らかだと思います。

  内需拡大、それから生活危機打開を切実に求める国民や住民の賃上げの要求と地域経済の立て直しにマイナス影響を及ぼすこの条例改正に反対といたします。

  以上です。



○高橋秀夫議長 賛成討論の方おいでになりましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ほかに討論する方おりますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第65号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数員であります。

  よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。

  これにて暫時休憩をさせていただきます。

                                 (午前11時00分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午前11時10分)

                                         



△議案第66号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第7、議案第66号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び小川町教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第66号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び小川町教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  町長、副町長及び教育長の期末手当の額を改定したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  清水総務課長。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 命によりまして、議案第66号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び小川町教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  今回の改正は、人事院勧告の状況等にかんがみ、町長等の期末手当の支給割合を改定するものであります。

  それでは、議案第66号資料、一部改正条例の新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。右が現行、左が改正後となっております。

  まず、第1条ですが、第1条、第2条関係は、町長及び副町長の給与等に関する条例の改定ですが、第1条は期末手当を規定する第5条において、第2項の期末手当基礎額に乗じる割合を12月に支給する場合、100分の220を100分の200に改め、さらに第2条関係では、6月に支給する場合において100分の195を100分の190に、12月に支給する場合において100分の200を100分の205に改めるものであります。

  次に、第3条、第4条関係ですが、小川町教育委員会教育長の給与等に関する条例の改正ですが、内容は前条の町長及び副町長の給与等に関する条例の改正と同様でありますので、省略させていただきます。

  次に、議案に戻っていただきまして、条例附則において施行日を規定しておりますが、第1条及び第3条の規定は平成22年12月1日から、第2条及び第4条の規定は、平成23年4月1日から施行するものであります。

  以上で、議案第66号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び小川町教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第66号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び小川町教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第67号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第8、議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町議会議員の期末手当の額を改定したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  清水総務課長。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 命によりまして、議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について内容説明を申し上げます。

  今回の改正は、人事院勧告の状況にかんがみ、議会議員の期末手当の支給割合の改定をお願いするものであります。

  それでは、議案第67号資料、一部改正条例の新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。第1条、第2条関係とも議会議員の期末手当について規定するものですが、まず第1条関係では、第6条において、期末手当基礎額に乗じる割合を12月に支給する場合、100分の220を100分の200に改め、さらに第2条関係では、6月に支給する場合において100分の195を100分の190に、12月に支給する場合において100分の200を100分の205に改めるものであります。

  次に、議案に戻っていただきまして、条例附則において施行日を規定しておりますが、この条例は、平成22年12月1日から施行するものであります。ただし、2条の規定は、平成23年4月1日から施行するものとしております。

  以上で、議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  9番、杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 9番、杉田でございます。

  私は、この議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてということで、この中で、今説明の中で人事院勧告にかんがみということで、本来はこれは人事院勧告に付するものではないというふうには思うわけですが、全体として皆さんと話し合った結果、この方向にということだったのですけれども、本来は議員職ということの中において、これを専門職として、やはり小川町を将来的に考えるならば、専門職として本気でこれに、議会活動を進めるならば、やはり生活の保障を最低限しながら、その活動を支援するということがあるべきだというふうに私は思います。

  というのも、よくボランティアで物事をやっているのを見ても、最低限の交通費とかそういうのは有償ボランティア的に保障しなければこれが長続きしないと、議会活動がボランティアというわけではありませんが、半ボランティア的なおつき合いすれば、やっぱりそれなりの会費とかがさまざまなものが出るわけですよね。その中において議員として、「いや、議員は肩書があればいいんだよ」ということでなく、本気で小川町、その市町村なりを考えるときには、あちらこちらの調べものをしたり、また当然ながらあらゆる会議に出たりして学ばなければならない、そういうためのものとして、ほかの仕事をしながら議員活動をするということが今多々多くなっているというのは、やはりその保障がないと、若い方にやはり出ていただきたいというのが本来の姿ではないかというふうに思います。

  この今年度において、21、22ですが、その間の中で、金額、今まで人事院勧告ということだけでなく、それをかんがみてということでなく、引き下げをしたのは大分あると思うのですよね。報酬にしても費用弁償等にしても。その総額が今おわかりになりますかどうかということをお尋ねいたします。



○高橋秀夫議長 杉田伸子議員の質疑に対して答弁願います。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 議員のご質問の減額の金額についてですけれども、これは過去にさかのぼってという話になりますと、ちょっとここには、手元には資料はございませんが、今回の引き下げ額につきましては、この後にご審議いただきます補正予算のほうに給与費明細書というのがついておりますけれども、この中で議員の減額が90万3,000円ということになっております。この内容につきましては、期末手当の支給がすべてでございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 私は、聞き方が申しわけなかった、悪かったのですが、1人の議員当たり、1年間でどのぐらい全体的に減となっているかということをまずお尋ねしたかったわけですが、それがおわかりになればお示ししていただいて、もしおわかりにならなければ、またいずれの機会にお願いしたいと思います。



○高橋秀夫議長 清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 手元に、済みません、資料がございませんので、後ほどご回答させていただきます。



○高橋秀夫議長 ほかにございましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第67号 小川町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第67号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第68号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第9、議案第68号 小川町立小学校・中学校設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第68号 小川町立小学校・中学校設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町立小川小学校下里分校を廃止したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  大宅学校教育課長。

          〔大宅雅臣学校教育課長登壇〕



◎大宅雅臣学校教育課長 命によりまして、議案第68号 小川町立小学校・中学校設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について内容のご説明をさせていただきます。

  小川町立小学校・設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとするという内容でございます。

  具体的には別紙議案第68号資料をごらんください。現行の欄にございます下里分校の項を削るというものでございます。

  なお、この条例は、平成23年4月1日より施行するものでございます。

  以上で、議案第68号 小川町立小学校・中学校設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてのご説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  下里分校が廃止になるということで、学校教育の範疇から出るわけなのですけれども、具体的にこの下里分校、今後所管はどういうふうになるのか。以前、学校教育の中ですと、さまざまな中で学校を借りたいということの中では、学校教育のほうが担当所管になっていたと思うのですけれども、廃校になったということで所管はどこになるのか。

  それから、金子議員が一般質問でされておりますので、取り上げておられますので、大変恐縮なのですけれども、お考えになっていらっしゃることと重複するかもしれませんけれども、今フィルムコミッション、それからグリーンツーリズム、地域の活性化、観光の振興、非常に盛んであります。自治体によっては、もうフィルムコミッション、ロケとかさまざまなテレビ放映、あるいは映画で放映されて、新しく観光の方たちが見える、そういう意味では活性化という視点からとらえていくと、例えば商工観光というセクションで担当するのもよいのではないかというふうに考えるのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して答弁を願います。

  1点、2点目、吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  まず、1点目の所管はどこかというご質問でございますけれども、当然行政財産から普通財産になるわけでございますので、普通財産の管理ということになれば、当然私ども政策推進課のほうで所管ということでなろうかと思います。

  もう一点のほうのフィルムコミッション等々の活用方法ということでございますけれども、基本的には長期的ないろいろ展望に立っての活用、転用等協議するにおきましては、政策会議等で方針等決定していくわけでございますけれども、今現在はこのような提案、質問事項もございますけれども、選択肢の一つでもあるかとは思いますけれども、今現在では決まっておりません。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  そういたしますと、切りかえというとちょっと言葉が違うかもしれませんけれども、その現段階では政策推進課、今後さまざまな利用について政策会議の中で考えていき、具体的には違う部署に移るということもあり得るということでよろしいのでしょうか。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  所管は生活推進課ということでございますけれども、やはり現在もご利用いただいている団体ですか、等々ありますので、4月1日からすべてが政策推進課という意味合いではございませんので、現在お骨折りをいただいております学校教育のほう、その課とも協議をしながら、4月1日も例えば利用者にご不便をかけないような形で対応させていただくということでございます。

  また、産業観光課のほうの云々というのもございますけれども、まだそこまでは協議になっておりませんので、よろしくお願いいたします。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 下里は本当に、私も何度も訪れますけれども、農村の原風景が残って、あれだけの懐かしい風景が繰り広げられております。特に下里分校、昭和初期のイメージとしてもある大きな財産だと思いますので、ぜひ町の活性化に今後とも利用するということの中では、地域の住民の皆さんたちも含めて考えていっていただきたいと思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑する方おりましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第68号 小川町立小学校・中学校設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第68号は原案のとおり可決されました

                                         



△議案第69号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第10、議案第69号 小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第69号 小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町立中央保育園を廃止したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  福田子育て支援課長。

          〔福田一夫子育て支援課長登壇〕



◎福田一夫子育て支援課長 命によりまして、議案第69号 小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  小川町立中央保育園が平成22年度末をもって閉園することに伴い、条例の一部改正をお願いするものでございます。

  議案内容をお手元に配付申し上げました議案第69号及び資料によりましてご説明いたしますので、ご参照いただきたいと存じます。

  まず、議案第69号資料、小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。資料の右が現行で左が改正後でございます。アンダーラインの部分が改正箇所となっております。

  経過措置の記載がある附則第3項を削り、別表中小川町立中央保育園の項を削るものでございます。

  議案に戻っていただき、条例の附則ですが、施行日を平成23年4月1日からとするものでございます。

  以上で、議案第69号 小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) この中央保育園廃止に当たっては、その跡地利用等議会の中でも一般質問等でたくさんの意見が出ています。今後大きな議論にならざるを得ない点ですので、今後の議論のためにも整理をさせていただきたいと思って質疑させていただきたいと思います。

  今後、この後の進め方については、当然この中央保育園廃止に当たって、今後この中央保育園をどのように活用されるかという条例が提出される。その段階で私たち議会で今議論になっている内容をこの場で議論するということでよろしいでしょうか。

  ここでは変に、その辺付随しているので、ここでいろいろ二重、三重に議論しても混乱があるだけだと思いますので、そういう点で確認をさせていただきたいと思います。

  この跡地利用を含めて、この町の財産としての議論に関しては、今後この中央保育園の跡地利用としての条例が出される、そこでの議論ということで理解してよろしいのでしょうか。



○高橋秀夫議長 暫時休憩いたします。

                                 (午前11時35分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午前11時46分)

                                         



○高橋秀夫議長 これにて休憩にして、午後1時から再開いたします。よろしくお願い申し上げます。

                                 (午前11時46分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午後 1時00分)

                                         



○高橋秀夫議長 ここで、先ほど杉田伸子議員より質疑がありました……

          〔何事か言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ありました清水総務課長からの議案第67号の答弁について発言を求められていますので、これを許可いたします。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 貴重なお時間をちょうだいいたしまして大変申しわけございません。

  先ほど杉田議員から議員の報酬改定の議案につきましては、1人当たりの年間の金額どのくらい下がるのか、減額になるのかというご質問がございました。資料が整いましたのでご回答申し上げます。

  まず、議長につきましては年間7万6,800円の減でございます。副議長が6万3,120円、委員長さんが6万240円、議員さんが5万8,080円ということでございます。

  以上、答弁とさせていただきます。

                                         



○高橋秀夫議長 それでは、質疑に入らせていただきます。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 先ほどの私の質疑に関して、趣旨が十分に整理できていなかったように思われますので、改めて質疑のほう言い直させていただきたいと思います。

  今回の中央保育園の跡地利用等も含めて、議会の中でもいろいろ議論になっています。行政側のほうでもいろいろ検討しているという段階のようですが、その検討している状況、また方針等に関して改めて情報を交換できる場、また意見交換をできる場が設定していただけるかどうか、そういう内容として質疑させていただきたいと思います。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員の質疑に対して答弁願います。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  先ほどは貴重な時間をいただきまして、ありがとうございました。ご質問の件でございますが、要請がございましたら、私どものほうが出席をさせていただくということでご理解をいただきたいと思います。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 ほかに質疑はございましょうか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第69号 小川町保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第69号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第70号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第11、議案第70号 ふれあいプラザおがわの指定管理者の指定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第70号 ふれあいプラザおがわの指定管理者の指定につきまして提案理由を申し上げます。

  ふれあいプラザおがわの指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  関口健康増進課長。

          〔関口吉男健康増進課長登壇〕



◎関口吉男健康増進課長 命によりまして、議案第70号 ふれあいプラザおがわの指定管理者の指定について内容のご説明を申し上げます。

  それでは、議案内容をお手元にご配付申し上げました議案第70号及び資料によりご説明申し上げますので、ご参照いただきたいと存じます。

  まず、議案第70号の2ページ、ふれあいプラザおがわの指定管理者の候補者選定結果をごらんいただきますようお願いいたします。施設の名称は、ふれあいプラザおがわ、指定の期間は、平成23年4月1日から平成26年3月31日まで、応募団体名は、大新東ヒューマンサービス株式会社、以下記載の2社でございます。

  指定管理者の候補者の名称は、株式会社フクシ・エンタープライズ埼玉支店、所在地は、埼玉県鴻巣市東1丁目10番8号でございます。候補者の選定理由は、応募者から提出された事業計画書及び関係書類を選定の基準に照らし、総合的に評価し、選考を行った結果、事業計画の中で特にサービスの向上のための積極的な姿勢が見られ、施設運営の専門的な知識や実績があるため、候補者として最も適当であると判断し、選定したものでございます。指定管理者選定委員会は2回開催され、審査経過は記載のとおりでございます。ご理解賜りたいと存じます。

  次に、議案の1ページを参照いただきたいと存じます。重複するところもございますが、1の指定管理者に行わせる施設の所在地は、小川町東小川5丁目25番地5、名称は、ふれあいプラザおがわでございます。

  2の指定管理者に指定する団体の所在地は、埼玉県鴻巣市東1丁目10番8号、名称は、株式会社フクシ・エンタープライズ埼玉支店、代表者は支店長、吉田篤であります。

  3の指定する期間は、平成23年4月1日から平成26年3月31日まででございます。

  なお、議案第70号資料ナンバー1としまして、ふれあいプラザおがわ管理協定書(案)、資料ナンバー2としまして、小川町ふれあいプラザおがわの指定管理者事業計画書、資料ナンバー3としまして、株式会社フクシ・エンタープライズの概要書、資料ナンバー4としまして、株式会社フクシ・エンタープライズの決算報告書、資料ナンバー5としまして、ふれあいプラザおがわの指定管理者候補者選定評価審査表を提出いただきましたので、ご参照いただきたいと存じます。

  以上で、議案第70号 ふれあいプラザおがわの指定管理者の指定についての内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  このふれあいプラザおがわの指定管理になるときに、フクシ・エンタープライズ埼玉支社が選ばれて、今回で3度目になるかと思うのですけれども、住民の皆さんにとっては利用料金大きな問題だと思うのですけれども、利用料金、従来と今までと比較して増加をしていないか、また今後増加をするということはないのかどうなのか。

  それから、利用者の方が、もともと町が指定管理をするということの中では、住民の健康の増進等の目的があったと思うのですけれども、利用者の推移というか、増減というか、どのように見ているのか。この事業者がかなり力を入れているということであれば、利用者の増減も過去から比べて増加しているのではないかという予測のもとで伺うのですけれども、どのように把握をされているのか伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して答弁を願います。

  関口健康増進課長。

          〔関口吉男健康増進課長登壇〕



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  まず、利用料の件でございますけれども、当然23、24、25の3年間につきましては、今年度と同じ利用料金を設定しております。当然条例によらなければ変えることできませんので、今のところ考えておりませんので、同様ということでご理解願いたいと思います。

  次に、利用者の増減の推移でございますけれども、トレーニングルームにつきましては増加しております。しかし、貸し館の部分といいますか、和室、ボランティアルーム、調理室の利用については、多少減少傾向にあります。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 2番、井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 何点か質疑します。

  まず、この会社についての理解は一定の理解をしておりまして、既に指定管理者において運営はされてきているわけですが、その過程でやはり一定の企業力を持っていて、経験も持っているし、システムも確立されていて、優良なサービスは提供されているというふうには思っています。

  一方では、決算書から見たときに、売上高の14億6,800万円の売上高に対して、かかる費用の上で、外注費が11億5,000万円とか、外で行っている部分が非常に大きい。こういった部分やあるいは営業外の収益について見たときに、営業外の収益は389万円ほどあるのに、営業外の費用がかかっていないと、費用がかかっていないということは何もしないのにお金が入ってきているということなのですが、こういったことなども含めて、少々の疑問があるところなのですね。

  そこで、私が不安に思っているのは、サービスの提供が安定的にできるのかという部分で一定の不安を覚えているところです。

  そこで、具体的に質疑しますと、管理に係る職員の職種や資格等が示されておりますけれども、総括責任者が1名、指導スタッフが2名、管理スタッフが4名ということの中で、一定の資格やそれぞれの職員の同業種での経験なども満たしていると思います。一方では、不安な部分がやはり決算書にも示されているように、正規の職員が全体の1割以下なのですね。そういった状況で安定したサービスの供給に不安はないかどうかということが不安な点で1点ですね。

  一方では、そこには現地採用という雇用の問題で大変有利な側面が出てきていると思います。そういう意味では管理スタッフとして非常勤雇用の4名、週に二、三日とありますけれども、こういう方々が本当に現地で採用されて生き生き働かせていただいているのかどうか、この2点について。不安な点について1点、それから期待できる点について1点、この2点について質疑いたします。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員の質疑に対して答弁願います。

  関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  当然ふれあいプラザは、介護予防、健康増進の施設でございます。トレーニングマシン等も置いてありますので、当然運動指導士ですか、そういう有資格者を1名スタッフとして置いております。また、先ほど井口議員から質疑にありました、やはり窓口の受付といいますか、それにつきましては当然地元のものを小川町民、中でも東小川を中心にそのスタッフとして雇用しておりますから、当然常時いるのは1名と、それと受付の2名がいるわけですね、常時は。何か教室等を実施する場合についてはもう一人加わると、3名体制で行っております。そういう意味では、その1名は完璧にちゃんとしたフクシ・エンタープライズのほうの職員でございますから、そういう意味ではふれあいプラザについては、井口議員おっしゃるような不安材料といいますか、それについてはカバーされているのではないかというふうに考えています。

  それと、先ほども現地スタッフということで、それもちゃんと約束になっておりましたので、その辺についても守っていただいておりますので、今のところ問題はないというふうに判断しております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 今回、前回の協定書を私まだ見ていないので、今回の内容でしか判断できないのですけれども、先ほど貸し館のお話も出ましたが、今回内容等を見させていただいて、率直に感じたのは、貸し館の利用者の増を図りたいという点なども含めて、町行政側ときちっといろいろ連携して進めたいというような意思を私はこの全体の計画書の中から感じました。

  そこで、3点ほど質疑したいと思います。1点目なのですけれども、3年間指定管理者として運営してもらって、逆に町側に対して求められた内容や、町にこういう働きかけとか援助をしてほしいというような内容がもしありましたら、その点を確認したいと思います。

  2点目は、事業所の計画の2ページのところに、公共性の維持というところで、小川町と行政課題を共有してというふうにこの計画書の中には書かれています。この小川町との行政課題を共有するというのは、どういう点をイメージしているのか、また町側としてはどういう行政課題をこの会社と共有するという形になるのか、わかる範囲で結構ですので、お聞きしたいと思います。

  それから、3点目、最初にもありましたが、この中でも特に管理運営の基本方針の基本理念の4番で、町民の生きがい活動をサポートしますとあります。これが先ほどの貸し館等も含めて利用者をふやしたいという意向がここにあらわれていると思うのですけれども、ただ単に健康管理だけではなく、それを幅広くとらえて、生涯生きがい活動を展開していきたいというふうにここには書かれています。そして、その中にはあおいしサポーターも活用したいというふうに書かれています。そういった点も含めてトータルな部分として、行政側としてあおいしサポーターに関しての情報交換をするとか、それから保健師を通してさらに突っ込んだ健康管理の意見交換をするとか、行政側とこの会社がやりたいと思っている、そこをさらにより充実した内容にするためのそうした行政側の積極的な支援、応援体制について3点目確認したいと思います。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員の質疑に対して答弁願います。

  関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  まず、指定管理者からの働きかけということでございますけれども、1つは、余り順調にいっていたということが大きいのかもしれませんけれども、特に大きなものとしては協議内容ってありませんでした。ただ、利用者があの施設で車の事故を起こしてしまった。それの対応とか、あるいは今自主事業で行っている教室の内容等の確認をさせていただいたぐらいで、大きなそういう協議事項といいますか、それはありませんでした。

  続きまして、2点目なのですけれども、やはりふれあいプラザは健康増進と介護予防を兼ねた施設でございますので、当然それをやっぱり実現するためのものがやっぱり必要というふうに考えておりまして、当然その中でのどう実現するか、そのことというふうに判断をしております。

  続いて、3点目なのですが、この部分というのはやっぱり自主事業の中でもボランティアルームなりあるいは調理室なり、あるいは和室を利用したもの、どこにあって自主事業をしていくかということに尽きるのだと思います。ただ、そのことが今の中では、条例の中でなかなかその細かい部分まで詰めていない部分ございまして、今後の課題としてはどこまで、やはり例えば参加料、そういうものを取る形をする中で、教室を開催してもらう。そのことによって、そこからそれがサークル化される。されてくれば、山口議員質疑の中でありました、例えばあおいしサポーターの、そういうものとも当然いろんな講師の関係とかも、やっぱり自主事業のことを含めて考えるときに、あおいしのサポーターの方が場合によったらその講師としてお願いするという場面も出てくる可能性は十二分にあると思っています。そういう意味では今後細かい意味で指定管理者と、今までは利用料の中での自主事業とかしてこなかったのは実情でございます。今後は、このことが一番やはり、どこまで自主事業をしてもらうか。ただ、問題となるのは、これから自主事業をどんどんやりまして、指定管理者の収入がふえてくる、もうけという意味ではないのですが、努力によって、そのことが3年後の指定管理料を決めるときに、せっかく企業が努力したものが指定管理料に、指定管理料はご存じのとおり利用料収入と、あるいはその他の収入、それと人件費を初め、あるいは施設管理費のそういう支出の部分を差し引いた残りが指定管理料になるわけですから、収入がふえてくるということはおのずから3年後に比較したときに、支出が余り変わらなければ、指定管理料が安くなっていってしまうという現状がもしかしたら出てくるのではないか。ですから、やっぱり今後の課題としては、私ども思っているのは、やっぱり指定管理者にどこまでそのもうけというのですか、それを認めてあげるか、その辺はやっぱり取り組みをしていかないといけないのではないかというふうに思っております。どんどん、どんどん努力した、収入ふえた、結果的に3年後指定管理料さらに下がっていくということはやはり、1年、ある程度それは下がっていくのは、それはやむを得ないと思うのですが、すべてそれを収入を入れてしまいましてやると、本当に3年後というのが問題、どうなのだろうというのがありますので、やはりある程度、3年間を持続可能ということを考えたときには、この辺は十二分指定管理者と協議して、今後自主事業をどこまでするのか。また、町が保健師さん、先ほど質疑の中で保健師さん等の話がありました。あるいは看護師もあるかもしれませんが、町が介護予防なり教室とかそういうのをふれあいプラザですることは、やっぱり考えていかなくてはならないと思っています。ただ、余り今度多くをそこでやってしまいますと、今度はその指定管理者がそこから収入を今度は逆に得ることが、自主事業が制約されてきますからふえてくる。町が自主事業をやってしまいますと、そういう矛盾も出てきますので、その辺を精査しながら今後その辺について、整合性といいますか、図ってまいりたいというふうに考えております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 幾らか疑問も持ちましたが、何か指定管理側から何の働きかけもなかった。しかし、この3年たってその辺の意図がやはり違ってきたと思うのですね。あくまでも指定管理ですから、町の政策を実現する。さっき言った共通認識ということですけれども、町の政策を実現するという基本的には同じわけですから、そこの部分でぶれて、そういう現実的な問題でいってしまうと、それは私どもも「おかしいんじゃないの」というふうに思わざるを得なくなってしまいますので、やはり確かにそこの自主事業ではありますが、基本は町の目的を達成するためにある事業であり事業所であり、そのための指定管理ですから、そこの点はぜひぶれないで、町がやりたいと思っていることを自主管理でも何であろうが、実現することは町民にとっては有意義であり、それをやってほしいと思っているからこそ町民は、あの建物に関して税金を出したわけですから、その点だけはぶれないでほしいと思っていますので、以上で終わります。済みません。



○高橋秀夫議長 ほかに。

  9番、杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 9番、杉田でございます。

  私は、候補者選定をするのに当たってお伺いしたいと思います。まず、このふれあいプラザおがわの指定管理者候補者選定評価審査表を見ると、素人ですけれども、全体に見てドングリの背比べに近いものだと私は思うわけですね。このフクシ・エンタープライズ埼玉支店は、3回目の管理者制度が指名されたのでしたっけ、2回目か、2回目ですね。2回目ということは6年、これからあと3年だから6年間保障されるというか、そういう形になると思うのですが、まず候補者の選定理由としては、事業計画書の中で特にサービス向上のための積極的な姿勢が見られ、施設運営の専門的な知識や実績があるためということで選定されたと、最も適当であるというふうに、この選定する方は、選定協議会ではないけれども、どんなふうな選考の経過は、どんな委員会というか、担当課がするのかどうかということもありますので、入札だと入札の関係は別にあると思うのですが、その点についてまず初めに伺います。



○高橋秀夫議長 杉田伸子議員の質疑に対して答弁願います。

  関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  指定管理者の選定委員会でございますけれども、当然副町長を会長といたしまして6名の委員で構成されております。当然、それで……

          〔「名前」と言う人あり〕



◎関口吉男健康増進課長 副町長、建設課長、私健康増進課長、それと政策推進課長、産業観光課長、学校教育課長。以上でございます。

  選定のやはり一番の理由、やっぱり多くは実績とか当然あるのですけれども、指定管理、先ほどちょっと山口議員の質疑の中で言いましたけれども、結局指定管理者、収入と支出、このやっぱりバランスといいますか、それが完璧にとれているかどうかというのが非常に3年間お願いする中で重要になってきます。フクシ・エンタープライズさんの場合は、当然実績があるわけですから、現状はわかっている。その中での計画性等を見ると、過大に利用料の収入を見込んだり、そういうことはないわけですから、そういう意味ではやはりバランスがとれている。また、フクシさんはモニタリングといいまして利用者のアンケートを実施しております。その利用者のアンケート結果がございまして、これ21年の10月に実施したものでございますけれども、利用者に、施設を利用した本日の利用状況ということで利用後の感想を求めております。施設の案内表示、過ごしやすさ、快適さ、職員の態度、これ接遇面になると思うのですが、それと本日の利用、施設の清潔度、やはり施設はやっぱりきれいに管理されているということが重要でございまして、これについての項目で、よい、満足が一番低いところでも65%、高いところでは94%、これは職員の態度の項目でした。という結果がございます。悪い、不満という回答については、一件もございませんでした。

  当然このような結果を見てもわかるように、やはりアンケートの結果を反映して、町に対して、健康増進課に対してふれあいプラザの管理面、あるいはいろんな面についての苦情といいますか、そういうものはもちろんこういう状況ですから、一件も寄せられておりません。そういう意味では3年間、まだ終わっていないですけれども、やはり適切に管理運営していただいたというふうに思っております。

  山口議員からも先ほどありましたけれども、やっぱりこれからの問題として健康増進、介護予防の事業の展開をフクシ・エンタープライズさんと協議する中で、その教室のやっぱり充実を図っていくことが重要と私も考えておりますので、その方向で今後もっともっとフクシ・エンタープライズさんの担当者を含め協議をしてまいりたいというふうに思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 本来私は、こういう子供のことに関するとか町民の健康に関することというのは、図書館もそうですが、直営ですべきだと、住民の健康というのは、というふうに思っております。管理者制度を導入されたときから私はそれに対しては賛成できかねるという思いがありました。何でもかんでも管理者制度でいいということではないと思うのですね。そういう思いがありました。しかしながら、こうして今現在、ドングリ背比べって先ほども申し上げたのですが、そのような中で選考委員会では、再度フクシ・エンタープライズさんがよろしいということで選定されましたけれども、以前に、前回はヒューマンサービスさんとかグランデリアさんは、選定の公募に載せてあったのかどうかちょっと記憶にないのですが、それをちょっとお聞きすると同時に、今後26年で終わりますよね、とりあえず。また、26年から再度公募していただいて、選考ということになりますが、またアンケートがよかったよとか、そういう話でどんどん、どんどん10年、20年ということの継続がよろしいのかどうかということを私はまずは、だったら直営でやったって同じではないかというふうに思うわけですよ、同じところでやるのでは。ほかもドングリの背比べで、ほかでも実績は残していると思うのですよ、ほかの業者も。そういう意味での期限つきというのはあるのかな、今後どのように考えておられるのか、まずはお伺いいたします。2点ですね。



○高橋秀夫議長 関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  今回の3社のうちフクシ・エンタープライズさんとグランデリアさんは、前回も応募がございました。大新東ヒューマンサービスさんについては初めての応募でございます。

  次に、2点目でございます。今後の問題なのですが、町といたしましては、引き続き指定管理者で3年後もお願いしたいと考えておりますが、特別な事由が今後起こるかどうかわかりませんけれども、そういうことが起こらない限りは、引き続き指定管理者で、今のところはお願いしたいというふうに考えております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 3度目です。これで同業者がずっと、半永久的ではないですけれども、同じフクシ・エンタープライズさんがよかったとかということで、先々、もうずっとそれをある程度の期限つきではないけれども、15年たったら見直しましょうとか、そういうようなことではなくて、よければずっとそれでいくということになるのかどうかということ、非常に私、そういったものが長くなればなるほど、先ほどの努力の結果の成果のこともありますが、やはりあらゆる面でさまざまな新鮮さも必要だと思う部分もあるわけですよ。そういったことで期限はなく、よければ継続ですよという、そういうふうな見直しとかそういうものを途中ですることなく、そのまま進めていくのかどうかって、難しいところだったらば、いいです、だれでもいいや、どうなのでしょうかと。先の話で恐縮なのですが、やはり議事録にはきちんと、そういったものが先々もそれでいくかもしれない。しかし、見直しするときもあるかもしれないということになれば、また状況的に、同じ業者がずっと連なるということではあっていいのだろうかという思いがありました。



○高橋秀夫議長 関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  当然3年後もまた公募をします。公募する形をとりますので、その中で、今回もありましたのですけれども、やはり選定委員会のあり方も含めてプレゼンテーションをしてもらうとか、そういうこともまた考えられてくるのではないかというふうに思っております。ですから、杉田議員おっしゃるとおり、ずっとというのは、これはどうかというのはちょっと今の即答はできないのですが、やはりいいものというのは続いてもそれはおかしくないのではないか、ただマンネリはねということで、新鮮さが入るというか、やっぱり事業そのものが、事業あるいは自主事業なりいろんな管理を含めて、やはり落ち度がないと、すべてがすばらしいと、そういうことの中で、それは3年後に公募した結果でまた変わってくるかと思うのですが、やはりその辺はかなり、すぐどうなるというのは今の段階では何とも言えないということでご理解願いたいと思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第70号 ふれあいプラザおがわの指定管理者の指定についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第70号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第71号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第12、議案第71号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第71号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更につきまして提案理由を申し上げます。

  蓮田市及び蓮田市白岡町衛生組合の名称変更に伴い、埼玉県市町村総合事務組合規約別表を整備するため、同組合規約を変更することについて協議したいので、地方自治法第290条の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  清水総務課長。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 命によりまして、議案第71号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について内容説明を申し上げます。

  初めに、お手元にご配付いたしました議案第71号資料、埼玉県市町村総合事務組合規約新旧対照表をごらんください。右が現行、左が変更後で、アンダーラインはその変更箇所を示すものであります。

  今回の改正は、蓮田市及び蓮田市白岡町衛生組合の名称変更に伴い、当該組合規約を改めるものですが、具体的には、同市及び同組合が市の名称に使われている蓮田市の蓮の字体を2点しんにゅうから1点しんにゅうに変更したためであります。変更箇所は、このごらんの別表1、別表2、別表3のそれぞれアンダーライン箇所について、蓮の字の字体変更に伴いその名称を変更するものであります。ごらんいただき、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、議案の規約に戻っていただきまして、条例附則において、施行日を埼玉県知事の許可のあった日とし、変更後の組合規定は、平成23年1月4日から適用するものであります。

  以上で、議案第71号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第71号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第71号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第72号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第13、議案第72号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第72号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第5号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、国庫支出金及び県補助金等の増額、林道に係る不動産売払収入をそれぞれ計上いたしました。

  歳出につきましては、これら事業の執行に伴う経費等を計上し、また国の人事院勧告に伴う給与改定による補正等を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 命によりまして、議案第72号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第5号)の内容のご説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。まず、条文の第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等の予算に所要の補正が生じたため、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ1億95万6,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ89億4,728万6,000円とするものでございます。

  次に、第2条は、債務負担行為を規定するものでございます。恐れ入ります、3枚めくっていただきたいと存じます。第2表をごらんいただきたいと存じます。指定管理者にふれあいプラザおがわの管理を行わせる業務の期間、限度額は記載のとおりでございます。

  次に、歳入歳出予算の内容をご説明申し上げます。別にご配付申し上げました補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  それでは、5ページをごらんくださいませ。歳入からご説明を申し上げます。12款分担金及び負担金、1項1目総務費負担金38万7,000円の増でございます。これは町職員が職員組合の専従になりました。その休職に係る共済組合負担金を職員組合からの負担を受けるものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。14款国庫支出金、1項1目民生費国庫負担金407万1,000円の増でございます。介護給付・訓練等給付費の増加に伴う負担金の増額でございます。国庫負担率は2分の1でございます。

  次のページをお願いいたします。2項1目民生費国庫補助金332万1,000円の増でございます。既存の小規模福祉施設がスプリンクラー等を設置することに対する交付金の増額でございます。国庫の補助率が10分の10でございます。

  次に、3目土木費国庫補助金390万円の減でございます。まず、1節でございます。道路橋梁費補助金につきましては、地域活力基盤創造交付金を皆減し、新たに道路事業補助金を計上するものでございます。補助率が2分の1となっております。

  次の2節でございます。社会資本整備総合交付金につきましては、町道228号線の道路改良事業に対する補助金を新たに計上させていただきました。補助率は100分の55でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。15款県支出金、1項2目民生費県負担金573万4,000円の増でございます。2節老人福祉費負担金及び8節の障害者自立支援給付費負担金、それぞれの増額でございます。

  次のページをお願いいたします。2項2目民生費県補助金472万3,000円の増でございます。5節の地域子育て創生事業費補助金は、新たに計上するものでございます。補助率が10分の10であります。

  次の6節障害者自立支援事業費補助金は、増額でございます。

  次に、4目労働費県補助金209万4,000円の増でございます。埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費の補助対象事業の追加による増額でございます。

  次に、5目農林水産業費県補助金4万8,000円の減でございます。説明欄にございますが、補助金の確定による減額、また並びに交付金の増額でございます。

  次に、7目土木費県補助金505万1,000円の増でございます。腰越にございます館川ダム右岸側の町道のり面崩落による補修事業に対しまして、市町村緊急支援事業費補助金を新たに計上するものでございます。補助率は3分の1でございます。

  次のページをお願いいたします。3項6目教育費委託金4万円の増でございます。説明欄のとおりでございます。

  次のページをお願いいたします。16款財産収入、2項2目不動産売払収入1,804万6,000円の増でございます。これは、勝呂上区内、上勝呂と申し上げますが、森林管理道神出線の地上権売払収入を新たに計上させていただきました。

  次のページをごらんいただきたいと思います。18款繰入金、1項1目基金繰入金5,877万3,000円の増でございます。歳入歳出予算の調整をさせていただいております。

  次のページをお願いいたします。20款諸収入、4項3目雑入266万4,000円の増でございます。説明欄にございますが、前年度後期高齢者医療市町村療養給付費負担金の精算金、また埼玉県市町村振興協会助成金を新たに計上するものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。続きまして、歳出をご説明申し上げますが、人件費を計上いたしました科目につきましては、給与改定に伴い給料等の補正を計上させていただきました。したがいまして、恐縮でございますが、人件費につきましての説明は必要がない限り省略をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

  それでは、1款議会費、1項1目議会費126万5,000円の減でございます。説明欄の1001議会費は、議員皆様の期末手当の改定に伴う減額でございます。

  次の1002事務局費は、人件費の減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2款総務費、1項1目一般管理費221万7,000円の増でございます。人件費の減額、共済組合負担金の増額でございます。

  次の4目会計管理費、人件費ですので省略をさせていただきます。

  次のページをお願いいたします。5目財産管理費250万円の増でございます。説明欄の1042財産管理事業費でございますけれども、新公会計制度への対応ということで、公有財産資産台帳等の整備を図るための委託料でございます。

  次に、6目企画費60万7,000円の減でございます。説明欄1064公共施設地上デジタル対策事業費は、公共施設が地上デジタル波の受信に与える影響調査するための委託料ということでございます。

  次の10目自治振興費は、財源内訳の変更でございます。

  次のページをお願いします。2項1目税務総務費、人件費ですので省略をさせていただきます。

  次のページをお願いいたします。3項1目戸籍住民基本台帳費、これも人件費ですので省略をさせていただきます。

  次のページをお願いいたします。3款民生費、1項1目社会福祉総務費、これも人件費ですので省略させていただきます。

  次の3目老人福祉費332万1,000円の増でございます。既存の小規模福祉施設に対しスプリンクラー設置対象施設の増額によるものです。

  次の5目国民年金事務取扱費、次の6目国民健康保険事業費、同じく次の総合福祉センター費につきましては、それぞれ人件費ですので省略をさせていただきます。

  次のページをお願いいたします。11目障害者自立支援支給費1,093万9,000円の増でございます。説明欄の1133介護給付・訓練等給付費支給事業につきましては、負担金の増額でございます。

  次の1135地域生活支援事業費は日常生活用具費等の増額及び前年度補助金の返還金でございます。

  次の1137障害者自立支援円滑化特別対策等事業費は、障害者施設に対する補助金の増額でございます。

  次のページをお願いいたします。12目後期高齢者医療費2,434万1,000円の増でございます。負担金及び繰出金の増額でございます。

  次のページをお願いいたします。2項1目児童福祉総務費1,509万7,000円の増でございます。説明欄の2003こども医療費支給事業費は、医療費の増額でございます。

  次に、2015子ども連れ来庁者手続円滑化事業費は、役場庁舎ロビーに子供用スペースを設置する新規の事業でございます。県費の補助率10分の10でございます。

  次の2016子ども安全・安心まちづくり支援事業費は、補導員用のパトロール用品購入の新規事業でございます。これも県補助で10分の10でございます。

  次に、2目児童措置費221万2,000円の増でございます。前年度分の保育所運営費負担金の返還金を新たに計上させていただきました。

  次に、3目児童福祉施設費27万7,000円の減でございます。23ページの下段のほうを見ていただきたいと思いますが、2339インフルエンザ予防対策事業費ということで、保育園、学童保育施設にインフルエンザ対策としての空気清浄機を設置するための新規の事業でございます。補助率が10分の10でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。4款衛生費、1項1目保健衛生総務費、人件費ですので省略をさせていただきます。

  次に、2目予防費442万6,000円の増でございます。これは日本脳炎の予防接種に係る費用の増額でございます。

  次に、3目3目保健センター費につきましては、人件費ですので省略をさせていただきます。

  次の25ページをごらんいただきたいと思います。6款農林水産業費、1項1目農業委員会費、次の2目農業総務費、それぞれ人件費ですので省略をさせていただきます。

  次に、3目農業振興費11万4,000円の減でございますが、内容といたしましては、説明欄の1025水田農業構造改革事業費につきましては、財源内訳を変更するものでございます。

  次の1042担い手支援事業費は、補助金の減額でございます。

  次の1043中山間地域等直接支払事業費は、交付対象面積の増加による増額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。5目農地費69万8,000円の増でございます。1061かんがい排水事業費につきましては、栃本堰用排水路等修繕工事の増額でございます。

  次の1900農業集落排水事業費は、分担金が増加したため特別会計への繰出金の減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。7款商工費、1項1目商工総務費13万2,000円の減でございます。人件費の減額及び見晴らしの丘公園の増圧ポンプ場受水槽の修繕料の増額でございます。

  次に、3目観光費186万円の増でございます。説明欄1022観光施設等管理事業費につきましては、見晴らしの丘公園の修繕工事費の増額、また次の1024ハイキングルート等整備事業費につきましては、官の倉山の頂上付近の樹木の伐採、これらの委託料の増額でございます。

  次に、4目伝統工芸会館費39万6,000円の減でございます。賃借をしておりました駐車場用地でございますが、これを取得したことに伴います借り上げ料の減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。8款土木費、1項1目道路橋梁総務費、人件費ですので省略をさせていただきます。

  次に、2目道路維持費1,515万3,000円の増でございます。館川ダム右岸側の町道のり面補修事業に係る費用の増額でございます。

  次に、3目道路新設改良費1,075万円の増でございます。町道228号線道路改良事業費につきましては、調査委託料と用地取得費の増額でございます。

  次の5目地積調査費は、人件費また作業補助員の賃金と委託料の減額でございます。

  次の30ページをごらんいただきたいと思います。3項1目都市計画総務費、人件費ですので省略をさせていただきます。

  次に、4目公共下水道費197万5,000円の減でございます。人件費の減額、また特別会計への繰出金の減額でございます。

  次に、6目公園費210万円の増でございます。埼玉県緊急雇用創出基金の市町村事業補助金を活用いたしまして、委託料を新たに計上させていただきました。

  次のページをごらんいただきたいと思います。10款教育費、1項2目事務局費32万7,000円の減でございます。人件費の減額、それから教育委員会事務局に光回線を導入するということで、それの委託料の増額でございます。

  次の1020につきましては、社会科副読本の改定事業費ということで、副読本に掲載いたします小川町の航空写真撮影の委託料でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2項1目学校管理費395万1,000円の増でございます。人件費の減額、またすべての小学校に光回線を導入するための委託料の増額でございます。

  次のページお願いいたします。3項1目学校管理費611万1,000円の増でございます。人件費の減額でございます。また、すべての中学校に光回線導入のための委託料の増額、また上野台中学校から東中学校への備品等の移転作業の委託料等の増額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。4項1目社会教育総務費、次の2目公民館費、また次の3目図書館費、次のページの5項3目学校教育センター費につきましては、それぞれ人件費でございますので省略をさせていただきます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。12款公債費、1項1目元金1,856万円の増額でございます。町債の繰上償還に伴う増額でございます。みどりが丘小学校の新築等の事業の町債でございます。

  以上、議案第72号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第5号)の内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 ここで暫時休憩をいたします。

                                 (午後 2時00分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午後 2時11分)

                                         



○高橋秀夫議長 これより質疑に入りますが、ご質疑のある方はページ数を提示願います。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  ご説明の中である程度理解できたものがあるのですけれども、詳細について若干もう少し伺いたいというところがありますので、あわせて伺います。

  11ページなのですけれども、不動産売払収入、上勝呂の林道というところではわかりました。具体的にその売り払い先はどこになるのか。

  それから、19ページです。1037の地域介護・福祉空間整備等施設整備事業費、既存小規模福祉施設スプリンクラー等整備事業の補助金ということなのですけれども、これは地域密着型の小規模のグループホーム、このスプリンクラーの整備のための補助金というふうに考えていいのか。また、これで基本的には小規模の地域密着型のグループホームについては、スプリンクラーが全部つくというふうに考えていいのか、そうでなければどういうふうになっているのか伺いたいというふうに思います。

  それから、20ページです。1135なのですけれども、日常生活用具費120万円の増額補正になっておりますが、具体的にはこの日常生活用具、1つの種類なのか、それとも多方面のものがプールされての金額なのか、ちょっとここの数字の中でわからないのですけれども、具体的にはどういうものが増額をされたのか伺います。

  それから、子ども連れ来庁者手続円滑事業、22ページです。子供のためのロビーに子供用のスペースをつくられたと、10分の10、つくられたということなのですけれども、具体的にはどういうことなのか。それから、あそこにはペレットストーブがあったのですけれども、そこら辺はどういうふうにペレットストーブについてはなったのか。場所ですけれども、伺います。

  それから、同じく2016子ども安全・安心まちづくり支援事業、これは補導員の皆さんたちのパトロール、このための支援なのですけれども、具体的にはどういうものが支援されるのか。以前、ジャンパーというような話も伺ったのですけれども、そこを確認をさせていただきたいと思います。

  それから、23ページです。インフルエンザ対策事業、空気清浄機を学童、保育園にということなのですけれども、具体的には各教室に整備をされたというふうに考えていいのかどうなのか。

  それから、ちょっと再質疑で伺おうと思ったのですけれども、一緒に、保育園、学童については了解したのですけれども、学校施設については小学校、中学校、インフルエンザ対策ということでどうなのか。この事業は10分の10で県の事業ということで、町の持ち出しはないのですけれども、学校についてはどうなのか。

  それから、27ページの見晴らしの丘公園施設修繕工事、具体的には受水槽ということなのですけれども、どういうふぐあいがあったのか伺いたいと思います。

  それから、28ページです。1011道路維持事業、町道117号線の補修工事、先ほども一等最初にご説明がありました緊急のということで、県から3分の1の補助金も出ているということなのですけれども、館川ダムののり面の部分だというお話でしたが、早急に補修をする危険箇所かどうか、ちょっと私も現地を見てくればよかったのですけれども、ちょっと現地を見ていないので大変恐縮なのですけれども、具体的にはどういうところで必要とされたのか、伺いたいと思います。

  それから、1022の町道228号線の同じページの道路改良事業なのですけれども、その中で公有財産購入費、用地買収が具体的に用地費ということで考えられているのか、そこを伺いたいと思います。

  それから、33ページの3041中学校共通管理費、上野台中学校、来年の3月に廃校ということになるのですけれども、そのDVD作成の委託料は幾らなのか。また、このDVDの配布範囲はどこら辺まで配布をされるのか伺いたいと思います。

  それから、最後の36ページです。1001の町債元金償還費、みどりが丘小のというお話だったのですけれども、なぜ繰上償還をしたのか、その繰上償還をするということについてメリットがあるというふうに考えて償還をされたのか、そこについて伺いたいと思います。

  以上です。



○高橋秀夫議長 柳田議員の質疑に対して答弁を願います。

  1点目と9点目を吉田政策推進課長、2点目を関口健康増進課長、3点目を島田福祉介護課長、4点目の1と2と5点目を福田子育て支援課長、5点目の2と8点目を大宅学校教育課長、6点目を増田産業観光課長、7点目の1点、2点目を長島建設課長、以上答弁を願います。

  1点目と9点目を吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  まず、1点目の11ページの不動産売払収入の具体的な場所と売り払い先というお話でございます。場所につきましては、上勝呂地内でございます森林管理道ということで神出線とお読みするのですが、これの地上権ということで、先ほどご説明申し上げました。地上権でございます。林道ですから基本的には所有者がおります。そこを林道予定地を町のほうで林道つくるわけですけれども、所有権の移転はございません。あくまでもつくるということで、その林道部分ということで、その分が地上権という形でございます。ですから、所有権は一切町の分にはなってございません。それを今回、売り払い先というのですか、売り払い先というのか、収入されるのですから支払い先というのですか、これは第一石産、現在砕石をしてございますが、その会社でございます。そちらのほうから収入としてこの金額が入ると、歳入されるということでございます。

  続きまして、36ページでございますが、1001の町債の元金の償還ということでございます。先ほどのご質問では、メリットというお話がございますけれども、実はこれはみどりが丘小学校の新築に伴う町債でございました。償還期間が平成27年、あと5年先ということでございますが、今回元金だけは前もって前倒しで5年分返還していただければ、利子分については免除いたしますということで、その利子分を計算いたしましたら、おおむね5年間300万円以上の利子もやはりお支払いしなくてはならないということでございますので、前倒しで元金だけこの金額を返還すると、償還するということでございます。これが毎年毎年償還するということになると、当然利子のほうも合わせて償還しますから、メリットといたしますれば、この利子分が町の持ち出しをしなくて済むということでございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 2点目を関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 2点目の地域介護・福祉空間整備等施設整備事業費に係ることについて、まず補助率でございますけれども、これについては9月のときの補正でもありましたとおり、9月は275平方メートル以上のグループホームについての補助事業でございました。今回の補正は、275平方メートル未満に国の補助事業が拡大されたことによるものでございます。

  補助率につきましては、補助基準額1平方メートル当たり9,000円の範囲で10分の10でございます。今回の補正は、275平方メートル未満の2施設分でございますので、結果的に小川町には6つのグループホームがございますので、前回の9月のときの2施設、今回の2施設、合わせて4施設がスプリンクラーを設置できることになります。そうしますと、残りが2施設になるのですけれども、今回、施設からの申し出によりまして、補助金申請を見送りしました。しかし、来年度引き続き同じような補助事業が展開されるならば、2つのグループホームについて設置の働きかけをしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 3点目について、島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 ご答弁申し上げます。

  日常生活用具の120万円の内訳といいますか、これが1つの品目か多品目かということですけれども、多品目でございます。品目名で申しますと、トイレチェアあるいは特殊寝台というものの事前の相談がございました。そういったものを見込んでおります。

  それと、この日常生活用具には、大腸の病を患った方等が人工肛門を設置した際に、蓄便袋、ストマと言うのですけれども、設置することが必要になります。こういったものは恒常的に月ごとに利用をされますので、請求をされます。こういった方が見込みを若干上回っているということの補正でございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 4点目の1と2と5点目の1、福田子育て支援課長。



◎福田一夫子育て支援課長 3つの事業、4点目、5点目、3事業とももとが同一事業なものですから、一括しての答弁ということでよろしいでしょうか。この事業につきましては、埼玉県市町村地域子育て支援推進事業でございまして、3事業の歳入につきましては、補正予算に関する説明書9ページの地域子育て創生事業費補助金、3事業合計で456万4,000円でございまして、地域の実情に応じた相違工夫のある子育て支援に関する取り組みを支援することにより、すべての家庭が安心して子供を育てることができるような環境を整備することを目的としております。埼玉県地域子育て創生事業費補助金交付要綱に基づく事業でございます。

  補助に対する事業は3つございます。補正予算に関する説明書22ページの2015子ども連れ来庁者手続円滑化事業費60万5,000円が1つ目でございまして、これにつきましては役場庁舎ロビーにおきまして、子供連れの来庁者が事務申請手続の待ち時間、子供と遊んだりして過ごせる空間をつくるため、サークルベンチ、ベビーチェア、絵本などを設置するものでございます。場所としては、ペレットストーブがあった場所を予定してございます。

  2つ目として、2016子ども安全・安心まちづくり支援事業費100万円は、日ごろ地域において青少年の健全育成と非行の未然防止にご尽力をいただいている青少年補導委員会委員の方々に、防犯啓発ジャンパー、帽子、青色誘導灯を貸与するための物品を購入するものでございます。

  3つ目として、23ページの2039インフルエンザ予防対策事業費298万8,000円で、各町立保育園、子育て支援センター、児童館、学童保育室に空気清浄機を31台購入設置するものでございます。具体的に、大河保育園に6台、竹沢保育園に6台、八幡保育園が5台、中央保育園が3台、子育て支援センター2台、児童館2台、学童保育室7施設が各1ということで、13施設の31カ所ということで、各教室に設置を予定してございます。

  前段のペレットストーブはどこへという質問がございましたけれども、ペレットストーブにつきましては、和紙体験学習センターのほうに移設したということでございます。

  それと、質問5点目の2番目の学校についてはということでございますけれども、この事業につきましては、学校につきましては該当はございません。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 6点目を増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  ちょっと確認をさせていただきたいのですけれども、この27ページで、1022に工事請負費、見晴らしの丘公園施設修繕工事という形で記載されているのですけれども、この中身でよろしいでしょうか。さっきちょっと質問の中で、増圧ポンプ場というお話が議員のほうからあったと思うのですけれども、受水槽、受水槽については1001の修繕工事に該当してくるので……

          〔「私が伺ったのは1022」と言う人あり〕



◎増田隆産業観光課長 では、1022のほうにお答えをさせていただきたいと思います。

  見晴らしの丘公園の施設修繕工事でございますけれども、中身とすると、管理棟がございます。その管理棟の手すり等の腐食が大分激しくなったので、ここを修繕し、塗装をやりかえると。それから、もう一個は、あずまやのやっぱり木製部分が腐食が激しいので、これを修繕して全面的に塗装をやりかえるという事業内容でございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 7点目の1、2を長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  まず、1点目の町道117号線の補修工事でございますけれども、館川ダム右岸側の町道の山側ののり面の崩壊でございます。延長30メーターちょっと、のり面の長さとして20メーター程度でございます。緊急性はということで、調査をしましたら、多少の土砂崩れ程度であれば泥を片づけてそのまま開放ということも町のほうも考えましたけれども、このまま放置しておくと、山林の土砂崩れ、崩壊が進んでいくだろうという判断をしましたので、ここで一応修繕をして、補修をして斜面の安定を図りたいということで工事をさせていただくものです。

  それとあと、228号線の用地買収、公有財産購入費の関係ですけれども、どこか具体的な場所はあるのかということですけれども、議員にもこの間説明会にも参加していただきまして、町のほうの状況についても地元の皆さんにご了解いただいて、次の段階に進んでいくということで今準備をしています。その中で延長1,870メーターのうちの一部を買収をさせてもらうということの予算でございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 8点目を大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 ご質問の上野台中学校の歩み記念DVDの作成委託料、それから配布範囲についてというご質問についてお答えさせていただきます。

  委託料につきましては、1枚税込み1,050円でございます。配布先でございますが、現在在籍している生徒、教職員、町内の小中学校、小川町以外の近隣中学校、これは比企管内というふうに考えております。区長さん、学校評議員さん、教育委員、残りについては教育委員会保存ということで考えております。

  以上でございます。

          〔「枚数」と言う人あり〕



◎大宅雅臣学校教育課長 枚数ですか。失礼しました。枚数については200枚予定しております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 よろしいですか。

  ほかに。

          〔「まだ」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 再質問。まだ抜けていますか。

          〔「再質問はあります」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 はい、再質問。

          〔「再質疑。これで全部お答えいただいた」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 いただきました。再質問。

  柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  私もちょっとよくわからないので、11ページの不動産売払収入の部分なのですけれども、第一石産に町の地上権を売るというか、ということなのですけれども、かなり第一石産などは常に住民の皆さんたちの説明会があったりとか、いろんな中で、ある意味ではその1つの鉱山というか山を崩してというところがありますので、そこら辺の説明というのはされているのか。事業が拡大されるのかどうなのかというところの部分がよくわかりませんので、そこをちょっと確認をさせていただきたいと思います。

  それから、スプリンクラーの部分では、あと2施設、今年度は見送り、来年度ということなのですけれども、私もそうですが、他の議員、あるいは今後の常任委員会などで火災の問題はかなり取り上げられております。来年度こういう事業があれば、2つについては働きかけをしたいということなのですけれども、なかなか小規模のグループホームだと難しい部分もありますので、そこら辺今後どういうふうに働きかけると、事業があるかどうかもまだ不確定な部分はあるのだけれども、働きかけるということなのですけれども、利用する側としては少しでも早く安全・安心な部分で、特にグループホームということですので、住み続けられるような施設にしてほしいということなのですけれども、町としてできることというのは、その国の、国がそれで助成をするわけでは、1平方メートルで9,000円ということなので、10分の10であったとしても、かなり持ち出しも施設側のほうであると思うのですけれども、町としてできることはないのか。ちょっと質疑というところで若干離れるかもしれませんけれども、そこら辺のお考えは今後どういうふうになっているのか伺いたいと思います。

  それから、生活用具については了解しました。

  それから、県の10分の10の事業を見つけて、22ページ、あるいはインフルエンザ対策事業を利用するということで、了としたいのですけれども、この県の事業では学校施設についてはないということなのですけれども、では学校自体のインフルエンザ対策ということでは空気清浄機考えられていないのかどうなのか、そこを確認させていただきたいと思います。

  見晴らしの丘公園の補修工事については、了解しました。

  それから、28ページの事業の道路維持事業で、放置しておくと山林の崩壊につながるということで予算計上をされ、また県も3分の1助成をされたということなのですけれども、大体この金額でその整備が終了すると、もちろん予算の範囲の中ですので、でこぼこはあるかもしれませんけれども、ほぼこの1,500万円の予算の中で工事が終了するというふうに見込まれているのかどうなのか、その点を確認させていただきたいと思います。

  それから、この1022の町道228号線については、私も地元ということでお呼びいただきました。ここの部分では、もう何度も平行線という話で、一般質問などでもありますけれども、先行していくということについては反対というか、了としておりませんので、ここのところはとどめておきたいというふうに思います。

  それから、DVDの作成の委託料、これについてはもちろん金額的には議会の議決になるような金額ではないのですけれども、事業者に委託をされた経緯というか、特にどこにお願いをするというようなところの中で話し合いが持たれたのかどうなのか。それから、200枚ということなのですけれども、希望者が今後ふえていけば、この数をふやすというふうに考えられるのか。

  それから、平成27年の元金について、前倒しで返還をすれば利子分がかなり免除をされるというか、軽減されるということだったのですけれども、では具体的には利子分がどのくらい軽減をされるのか、試算をされていると思うのですけれども、具体的な金額について伺いたいと思います。

  それから、ペレットのストーブについては、林業の振興あるいは環境も含めて、かなり力を入れていて、小川のいわゆるシンボルではないのですけれども、設置をされたというふうに理解をされております。子供たちをサークルの中に入れて安心して保護者の方が手続ができるということについては、非常によいことだと思うのですけれども、それが小川の庁舎の中からなくなってしまうというか、もちろん和紙体験学習センターで利用されるということについては、了としたいのですけれども、そのペレットストーブを動かすということについて、何らかの話し合いというか、意見の一致というか、そこら辺があったのかどうなのか、その点について伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 再質問いただきました柳田多恵子議員の答弁願います。

  1点目について、増田産業観光課長、2点目を関口健康増進課長、5点目を福田子育て支援課長、7点目、長島建設課長、8点目、大宅学校教育課長、9点目、吉田政策推進課長。

  1点目について、増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  森林管理道神出線の廃止に伴った地上権売買でございますけれども、この林道は先ほど政策推進課長が申し上げましたとおり、林道イコール林業者の作業道として整備をされたものであります。よって、底地については山の土地所有者でございます。当時、9名の方の山に林道として町が拡幅工事をしたという経過がございます。この9名の方から正式には平成15年の6月13日付で林道の廃止要望が出されております。その後、いろいろ協議をし、先ほど申したとおり第一石産運輸株式会社が岩石採取法に基づいてエリア拡大をする。そのエリアの中にこの林道が含まれるという状況で第一石産とも協議をし、改めて9名の方々と協議をし、最終的に処分をするという決定をいたしました。

  一般的に払い下げについては、利用者から払い下げ要望を出していただくという通例になっておりまして、今回地上権ですけれども、第一石産さんから林道の払い下げ要望書を提出していただきました。その中には地区の同意書等々もすべて整えてあります。

  今回、起点から230メーターを残して、その先をすべて廃止し、地上権として売買すると、先ほど言ったとおり底地に町が所有権を持っていないので、後々経過を残すために地上権売買という形で、当時の投資をした金額分をそのまま売買契約金額として締結をさせていただいたという経過でございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 2点目について、関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  消防法の改正によりまして、グループホームのスプリンクラー設置について、275平方メートル以上は24年の3月31日まで設置することが義務化されております。残りの2施設は275平方メートル未満なのですけれども、24年の3月31日まで設置しなければならないということは、国の補助制度も来年度まではあるのではないかというふうに想定しております。

  柳田議員の質疑の中にありましたけれども、9,000円ではという話がありました。2つのグループホームから今、275平方メートル以上のところですけれども、実際に補助金申請が上がってきておりますけれども、自己負担額が思ったより少ない。9,000円はもちろん超えないと、9,000円以内の金額になってしまいますけれども、それぞれ工夫しまして9,000円をちょっと超えるような金額で見積もりも出てきておるようです。ただ、どうしても275平方メートル未満のところについては義務化されておりませんので、そのことに対しての町の、先ほど働きかけをするというお話ししたのですけれども、つけなさいという指導は、現在の法律的にはできません。ただし、補助制度があれば、やはりそれを活用してもらってつけていただくことは、やっぱり入居者の安心・安全を考える上では重要なことでございますので、補助制度を活用、先ほども答弁しました繰り返しになりますけれども、補助制度があればそれを活用してつけていただくよう、繰り返しになりますけれども、働きかけをしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 5点目について、福田子育て支援課長。



◎福田一夫子育て支援課長 ペレットストーブ移設についての意見一致があったかというご質問に対してご答弁申し上げます。

  子供と保護者のスペースを確保するため、今回ペレットストーブを移設することになったわけですけれども、これにつきましては庁舎管理の総務課長、また移設先につきましては産業課長との協議を調え、もちろん町長からも了解をいただいての移設ということになっております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 7点目について、長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  ご質問のとおり予算内での執行を考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 8点目について、大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  町内の小中学校の空気清浄機の設置についてということでご質問いただきました。結論から申し上げますと、今ここでは正確な組合名が申し上げられませんが、学校のほうに寄附をいただけるということで、町内の小中学校普通教室、それから保健室について、まだ未設置のところには設置するという予定でございます。

  続きまして、上野台中のDVDについてでございますが、これは業者については学校のほうで決めていただきました。学校のほうで以前合唱コンクール等でDVDを作成するということでお願いをした業者さん等を当たって検討をいただいたということでございます。

  それから、さらに希望者がふえた場合の配布についてということですが、こちらでは現在のところ、先ほど申し上げた配布先以外の希望の方が出た場合には、有償配布というふうに考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 9点目について、吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  金額といたしますと、337万7,000円でございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 いいでしょうか。

  柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  疑問な点についてはお答えをいただきました。私自身もこの補正を事前に調べさせていただいた中で、非常に住民の皆さんたちの生活にかかわる部分でプラスの部分もたくさんあるというふうに思っております。ただ、先ほども討論をさせていただきましたけれども、人勧の部分で、この中に職員の賃金が網羅されております。これから協議をされます特別会計についても賃金が網羅されている部分もあります。

  また、先ほどのペレットストーブについては、ご協議をいただいて、そういう結果だと思ったのですけれども、小川町の環境の部分の私は象徴というふうに考えておりましたので、その点については非常に残念に思っております。

  討論という形ではいたしませんが、この人勧にかかわるものについて補正は反対ということで、この場で意思表示をさせていただきたいと思います。



○高橋秀夫議長 ほかに。

  2番、井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 3点質疑いたします。

  1点目は、16ページ、1042の財産管理事業費の部分で、資産台帳を整備するための委託料ですが、これはシステム構築でしょうか。このことによって公会計の方式が変わる。この資産台帳が複式簿記化されるのではないかと思うのですが、会計方式が変わるのはいつごろになるのかについてお尋ねをいたします。

  2点目、23ページ、2039のインフルエンザ予防対策事業については、大変政策的にも発想がタイムリーですぐれた政策だと思いますし、大変いいことだと思うのですが、この設備する空気清浄機が目的を達するにふさわしいかどうかについての検討なのですが、例えば加湿機能があるとか、空気清浄機能があるとか、ウイルス対策があるとか、固有名詞は避けますけれども、インフルエンザを防止するような、インフルエンザ感染防止につながるような機能を持ったものになるのか、この辺について学校にご寄附いただける部分についてもお尋ねしておきたいと思います。

  3点目ですけれども、これは31ページ、32ページ、33ページ、ともに委託料で光回線の設置についてですけれども、これについて、小川町でのオフィスのIT化ということを考えた場合に、いつか光ということにはなると思うのですが、その光化がどの程度進んでいるのか。また、今回教育委員会や学校施設に光回線を引くわけですけれども、こういったところでは何を実現するために光化するのか、その光化について言えば、どれくらいの容量のものをどのくらいのスピードで送受信することを想定しているのか。

  さらに、今インフラがここまで整備されていて、例えば自治体が何億円もかけて光回線を布設するとかというところにないと思うのですよね。そういう中では各家庭でも相当安い費用で工事完了して、サービスが供給されるという状況にありますけれども、これらのついての費用を経済性発揮するような努力がなされたのかどうか。例えば見積もり差金について、複数の事業者からも見積もり、例えばNTTだけではなく、ソフトバンクはどうだったのかとかという経済性を発揮する努力はされたのか、また今後の利用によってイニシアの費用はここで明確になっているのでしょうが、ランニングコストはどのようにあとかかっていくか、この辺についてお尋ねします。

  以上、3点お願いします。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員の質疑に対して答弁を願います。

  1点目について、吉田政策推進課長、2点目について、福田子育て支援課長、それと大宅学校教育課長、3点目について、大宅学校教育課長。順次答弁を願います。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  新公会計制度への対応のということで、システム構築はというお話でございますが、システム構築ではございません。現在の土地あるいは建物等の時価評価をしていただきまして、それの台帳整備ということでございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 2点目について、福田子育て支援課長。



◎福田一夫子育て支援課長 お答え申し上げます。

  どういう機能を持っているものかというご質問でございます。空気清浄機ということで、これはウイルス対策機能はもちろんありますし、インフルエンザ予防に効果があるものを設置する予定でございます。

  加湿機能つきということも考えていたわけなのですけれども、加湿機能つきは熱が出るということで、教室のほうで低いところに設置しますので、危険と判断いたしまして、空気清浄機ということで予定しております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 2点目の後段について、大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 空気清浄機につきましては、先ほど申し上げましたご寄附いただくものということでございますので、適応容量といいますか、適正規模といいますか、その大きさが大体教室程度というふうに考えております。機能等については、ここではちょっと確認はまだできておりません。

  それから、光回線につきましてですが、現在ADSL回線をとっておりますが、教育委員会とそれから町内の小中学校を光回線にするということで、ADSLですと情報のやりとりが大変時間がかかるということで、小学校が45分授業、中学校が1時間50分授業ということですので、大切な授業時間の確保、指導に若干支障があるということで、高速化を図るところから指導の充実を図っていきたいということで構築をお願いしているところでございます。

  それから、月の使用料等の比較ということでございますが、現状のままいきますものと、導入後では概算でございますが、月額475円の減になるということでお答えさせていただきます。

  以上でございます。

          〔「答弁漏れがございます」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 はい。



◆2番(井口亮一議員) 庁内のオフィスのIT化がどのくらい進んでいて、光化を学校部門だけやるのだけれども、全体はどういうふうに進んでいるのかという部分と、あと費用軽減策として、経済効果を発揮するためにどんな努力をされたのか。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員の質疑に対して答弁願います。

  庁内に関しては、吉田政策推進課長、学校内のことについては、大宅学校教育課長、答弁願います。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  庁内の光回線のというお話でございますが、現在庁内では光回線は導入はされておりません。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 後段について、学校内のことで、大宅学校教育課長。

          〔「事業者の比較によって費用をどう下げようと努力をされた

            のか」「休憩だ、休憩」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 暫時休憩します。

                                 (午後 3時01分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午後 3時11分)

                                         



○高橋秀夫議長 先ほど光ファイバーの件で答弁漏れがありましたので、吉田政策推進課長より再度答弁願います。



◎吉田利男政策推進課長 訂正をお願いいたします。先ほど答弁申し上げました庁内の光回線の導入の件でございますが、庁内では光回線を導入しております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 引き続きまして、答弁願います。

  大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました。

  小川町では、光回線についてはNTT回線しか来ていないということで、今回の見積もりにつきましては、NTT1社で対応させていただき、見積もりをさせていただきました。

  今後この補正が通りましたら、数社で見積もりをし、金額等の検討をさせていただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 再質疑させていただきます。

  最初の公会計の問題ですが、システムは既にできておりますよね。ですから、ここは先ほどお話にあったように、簿価を実勢価格に評価し直すという点では、これは人件費ですね、そうするとね。この人件費であるかどうかを確認をさせていただきたいと思います。

  それから、2点目のウイルス対策について機能を持っているということで、このことについては結構です。

  それから、3点目については、各学校で今子供たちにITの分野の教材を実際に使っての学習は重要だと私も思っていますし、これは推進すべきだと思っているのですね。特に今、調べ学習の際に検索をすると、動画がとまってスローモーションになってしまったり、静止画像になってしまったりするわけですよね。それらについて光化をして、やはり環境を改善することは非常に重要だと思います。しかしながら、これらの費用を考えたときに、大変多額な費用になってしまいます。したがって、何をどういうふうに実現するかなどについて、十分コンサルを受けたり、こちらの選択肢を明確にしたりしながら、費用を下げていく努力をしていただきたいなと。逆に、コストを比べる場合に、何が実現するかによって随分違います。例えば情報通信の部分では、例えば電話なんか有線電話にしても、NTTの電話線を借りていろんな事業者が事業をするわけですよね。この分野ではいろんなプランやいろんなことが実現可能です。例えばNTTと同じ費用で新たな教材やサービスを提供するなどのことを平気でやれる分野なのですね。したがって、それらについてもいろんな研究をしながらぜひ実現を図っていただきたいと思います。

  3点目については、そのような費用を下げる工夫について答弁いただきたいと思います。



○高橋秀夫議長 1点目について、吉田政策推進課長、答弁願います。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  先ほどご答弁申し上げましたけれども、システムの構築はまだされておりません。ペーパーベースでの一応台帳整備ということの委託料でございますので、今後システムのほうに移行する可能性がございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 3点目について、大宅学校教育課長、答弁願います。



◎大宅雅臣学校教育課長 今ご指摘いただきましたように、導入する際の目的等を明確にし、費用を下げる努力、工夫をしていきたいと考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 後段についてはご答弁いただきました。結構です。

  最初の資産台帳の件なのですが、ちょっとわかりにくいのですけれども、作業がね。システムがない、ではどうなのっていったら、台帳ですから帳簿がある。そこに記載されている価格を簿価から実勢価格にするわけでしょう。では、それがどうなのといったら、その際にシステムに入力をするのかといったら、しないと、システムがないのだからしないと、ではどうなのといったら、帳簿の机の上での書きかえをするのかということになりますよね。帳簿に記入されている価格を書きかえる作業をするということは、今後システムをつくって入力をする前の準備作業だということになるのでしょうかね。その辺を考えると、それは人件費ですかという、そういう質疑なのですが、改めてお願いします。



○高橋秀夫議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  現在土地あるいは建物等は台帳でございますが、それの実勢価格、時価についてはまだ調査されておりませんので、それらを含めて台帳整備をするということでございます。

  人件費という解釈になるかどうか、その点はちょっと疑問だと思いますが、以上でございます。



○高橋秀夫議長 ほかに。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 1点だけ簡潔に、済みません。

  上野台中学校のほうで、前回いろんな備品等の移転に当たっては、既に調整をして、利用できるもの等についても先生方のほうで検討していただいたというのを前回の議会のときにお聞きしました。そのときに出ればよかったのですけれども、ブラスバンドの各種楽器がかなり出てくると思うのですね。ここのところ非常にウインドアンサンブルの方々が消防のときもそうでしたし、ほとんど毎週のように出てきてくれて、いろんな活動をしてくださっています。ぜひ、下手にもらっても管理が困るということがあるのですけれども、ウインドアンサンブルの方々との楽器の調整に関しても、ひとつ候補として相談を持ちかけていただきたいと思うのですけれども、その点どうでしょうか。



○高橋秀夫議長 大宅学校教育課長、答弁願います。



◎大宅雅臣学校教育課長 今ご指摘いただきました吹奏楽部の楽器については、町内の中学校の吹奏楽部の顧問同士でもなかなか話し合いがうまくついておりません。各学校の顧問の話し合いを経て、検討させていただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 いいですか。

  どなたかおりますか、質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第72号 平成22年度小川町一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第72号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第73号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第14、議案第73号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第73号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、前期高齢者交付金の増額並びに特定健康診査等負担金の減額を計上し、歳出につきまして主なものは、保険給付費、介護納付金の増額並びに後期高齢者支援金等拠出金、保健事業費の減額を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第73号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)につきまして内容の説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきますようお願い申し上げます。第1条におきましては、既定の歳入歳出予算にそれぞれ1億15万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額それぞれ34億9,431万1,000円とするものでございます。

  次のページでございますが、第1表をお願いします。歳入予算の補正の款項の区分及びとか区分ごとの金額並びに補正後の歳入予算の金額でございまして、次のページをお願いします。歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳出予算の金額でございます。

  それでは、歳入歳出予算事項別明細書によりまして内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  まず、49ページをお願いいたします。歳入でございます。3款国庫支出金、1項国庫負担金、3目特定健康診査等負担金315万2,000円減は、交付額決定によるものでございます。

  次に、50ページお願いいたします。5款1項1目前期高齢者交付金1億645万6,000円増は、交付金の額の決定によるものでございます。

  次に、51ページをお願いいたします。6款県支出金、1項県負担金、2目特定健康診査等負担金315万2,000円減は、交付額決定によるものでございます。

  次に、52ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、2目連合会負担金53万3,000円の補正でございますけれども、レセプト審査支払いシステム等の更新に係る負担金をお願いするものでございます。

  次に、53ページをお願いいたします。2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費1億35万5,000円、3目の一般被保険者療養費400万円増は、医療費の増額が見込まれるものでございます。

  次に、54ページをお願いいたします。2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費2,000万円増は、医療費の増額が見込まれるものでございます。

  次に、55ページをお願いいたします。3款1項1目後期高齢者支援金2,886万円減は、拠出金の額の決定によるものでございます。

  次に、56ページをお願いいたします。6款1項1目介護納付金320万1,000円増は、納付金の額の決定によるものでございます。

  次に、57ページをお願いいたします。8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費630万4,000円減は、委託単価の確定及び受診者数減が見込まれることによるものでございます。

  次に、58ページをお願いいたします。2項保健事業費、1目保健衛生普及費300万円増は、平成23年度レセプト電子化に伴いシステム機器更改による機能追加等に要する経費をお願いするものでございます。

  次に、59ページをお願いいたします。11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、5目償還金422万7,000円増は、過年度国庫支出金等返還金の確定によるものでございます。

  以上をもちまして小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  57ページの特定健康診査事業費ということで、受診者数の減が見込まれての減額補正ということです。小川町の場合には、今年度貧血、それから眼底、心電図について、他の町村に比べて受診内容が拡充をされました。そういう意味では特定健診自体の拡充は広がったというふうに理解しております。

  昨年と比べて受診状況は、9月の末日が1回目が終わって、今度12月末ということなのですけれども、まだ2回目がこれから受けられるという方があるので、今現時点で受診状況は昨年と比較してどう把握をされているのか伺いたいと思います。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員の質疑に対して答弁願います。

  竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 お答え申し上げます

  受診状況でございますけれども、先ほど柳田議員のほうから申し上げたとおり、今年度健診の内容を充実させていただきました。現在のところまだいわゆる連合会を通じての支払い状況になるわけでございますけれども、支払い分の状況を見ますと、いわゆる11月分までの集計でございますが、406人分でございます。昨年度の同時期と比較しますと68人の増加ということでございます。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  2回目というか、12月末までなのですけれども、さらなる広報等についてはどういうふうに考えていらっしゃるのか。68人増ということでは昨年度に比べると受診者の方がふえているということは、非常にいいことだと思うのですけれども、今後さらに受診者をふやすということでの努力はどう考えていらっしゃるのか伺います。



○高橋秀夫議長 竹澤町民生活課長、答弁願います。



◎竹澤裕町民生活課長 お答え申し上げます。

  今現在、第1期が終わりまして、12月まで第2期の方が受診をしているところでございますけれども、受診の勧奨につきましては、今年度9月の補正予算でお願いしたところでございますけれども、保健センターが中心になりまして、現在受診をされなかった方がおるわけでございますが、そちらの方については、いわゆる12月まで受診が行えますので、そういった受診勧奨とあわせて、来年度以降に向けてのなぜ受診をしなかったかということについてのアンケート等も今実施をし、今後の特定健診の受診率の向上を図りたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第73号 平成22年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第73号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第74号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第15、議案第74号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第74号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、一般会計繰入金の増額を計上し、歳出につきましては後期高齢者医療広域連合納付金の増額を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第74号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして内容の説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。まず、第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費に補正が生じたため、既定の歳入歳出予算にそれぞれ493万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億1,798万3,000円とするものでございます。

  それでは、歳入歳出予算事項明細書によりまして内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。

  65ページをお願いいたします。歳入でございますが、3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金493万3,000円増は、保険基盤安定分確定による一般会計より繰り入れをお願いするものでございます。

  次に、66ページをお願いいたします。歳出でございますが、2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金499万3,000円増は、基盤安定納付金の確定によるものでございます。

  以上をもちまして平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議ほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第74号 平成22年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第74号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第75号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第16、議案第75号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第75号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、一般会計繰入金の減額及び消費税申告による還付金額を計上し、歳出につきましては、水道管移設補償料の増額及び人事院勧告に伴う給与改定による補正の必要が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  中山副町長。

          〔中山昌克副町長登壇〕



◎中山昌克副町長 命によりまして、議案第75号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の内容のご説明を申し上げます。

  第1条で、歳入歳出それぞれ318万円を追加し、歳入歳出それぞれ7億9,707万7,000円とするものでございます。

  それでは、補正予算に関す4款繰入金、1項1目一般会計繰入金ですが、166万7,000円の減額補正で、制度改正による人件費の減及び消費税還付金により一般会計に戻入するものでございます。

  72ページをお願いいたします。6款諸収入、3項1目雑入ですが、484万7,000円の補正で、消費税の還付金を受けるものでございます。

  73ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費ですが、10万1,000円の減額補正で、給料、職員手当等共済費、負担金補助及び負担金は、制度改正に伴っての減でございます。

  74ページをお願いいたします。2項1目維持管理費ですが、55万円の補正で、工事請負費は公共升修繕工事の増によるものでございます。

  75ページをお願いいたします。2款事業費、1項下水道事業費、1目建設事業費ですが、273万1,000円の補正でございます。給料、職員手当等共済費、負担金補助及び負担金は、制度改正等に伴っての減でございます。補償補てん及び賠償金は、水道管移設補償料などの増によるものでございます。

  76ページをお願いいたします。3款1項公債費、1目元金ですが、増減はありません。財源の組み替えによるものでございます。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第75号 平成22年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第75号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第76号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第17、議案第76号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第76号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、分担金の増額及び一般会計繰入金の減額をそれぞれ計上し、歳出につきましては、人事院勧告に伴う給与改定による補正の必要性が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  続いて、内容説明を求めます。

  中山副町長。

          〔中山昌克副町長登壇〕



◎中山昌克副町長 命によりまして、議案第76号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の内容をご説明を申し上げます。

  第1条で、歳入歳出それぞれ5万3,000円を減額し、歳入歳出それぞれ7,219万1,000円とするものでございます。

  それでは、補正予算に関する説明書の89ページをお願いいたします。

  まず、歳入でございます。1款分担金及び負担金、1項分担金、1目農業集落排水分担金ですが、74万9,000円の補正で、加入者がふえたことによるものでございます。

  90ページをお願いいたします。3款繰入金、1項1目一般会計繰入金ですが、80万2,000円の減額補正で、分担金の増により一般会計に戻入するものでございます。

  91ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項1目一般会計費ですが、5万3,000円の減額補正で、職員手当等共済費は、制度改正に伴っての減でございます。

  92ページをお願いいたします。2款1項公債費、1目元金ですが、財源内訳変更によるものでございます。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第76号 平成22年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第76号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第77号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第18、議案第77号 平成22年度小川町水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第77号 平成22年度小川町水道事業会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し上げます。

  人事院勧告に伴う給与改定及び人事異動による補正予算の必要が生じたので、水道事業会計の資金計画に基づきまして、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  金子水道課長。

          〔金子典史水道課長登壇〕



◎金子典史水道課長 命によりまして、議案第77号 平成22年度小川町水道事業会計補正予算(第1号)の内容の説明を申し上げます。

  議案書をごらんいただきたいと存じます。第1条につきましては、総則でございます。

  第2条でございますが、平成22年度小川町水道事業会計予算第3条に定めました収益的収入及び支出の予定額をそれぞれ205万3,000円増額し、6億2,620万3,000円とするものでございます。

  第3条でございますが、資本的収入の補てんを過年度分損益勘定留保資金2億9,387万9,000円に改め、収入の第1款資本的収入を205万3,000円増額し、2,779万1,000円とするものでございます。

  また、支出の第1款資本的支出を5万5,000円増額し、3億2,167万円とするものでございます。

  第4条でございますが、予算第6条に定めました職員給与費を178万9,000円増額し、9,605万1,000円とするものでございます。

  詳細についてご説明申し上げます。予算に関する説明書の103ページ、平成22年度小川町水道事業会計予算実施計画補正(第1号)をごらんいただきたいと存じます。

  収益的収入及び支出の収入でございますが、1款水道事業収益、1項営業収益、3目その他の営業収益を205万3,000円増額するものでございます。水道利用者負担金の増によるものでございます。

  次に、支出でございますが、1款水道事業費用、1項営業費用を205万3,000円増額するものでございます。内訳ですが、1目原水及び浄水費から5目総係費までのそれぞれの補正額は、給与改定と人事異動による給与費等の増減でございます。

  続きまして、104ページをごらんいただきたいと存じます。資本的収入及び支出の収入でございますが、1款資本的収入、1項負担金、1目負担金を205万3,000円増額するものでございます。利用者負担金の増によるものでございます。

  次に、支出でございますが、1項資本的支出、1項建設改良費、2目事務費を5万5,000円増額するものでございます。給与改定等によるものでございます。

  次ページ以降はごらんいただき、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございますが、よろしくご審議のほどお願いいたします。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第77号 平成22年度小川町水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第77号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第78号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第19、議案第78号 公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第78号 公平委員会委員の選任につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町公平委員会委員であります四方田行惠氏の任期が平成22年12月24日で満了となることに伴い、同氏を再任することについて同意を得たいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定によりこの案を提出するものであります。

  なお、同氏の略歴等につきましては、議案第78号資料をご参照いただきまして、ご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  11番、松本修三議員。



◆11番(松本修三議員) 1点質疑させていただきます。

  この略歴書のほうで四方田行惠さん、昭和9年生まれ、こういうことなのですが、来年4月になりますと77歳、そういう年齢の方なのですが、私も役場にいた時代、この方の仕事ぶりを見て、非常に切れのいい仕事をする方ですばらしい方なのですけれども、ただ年齢的に言いまして、この年齢で、大変健康ではあるとは聞いているのですが、選考するに当たってどういう経過でお願いしたのか。この公平委員というのはなかなか人間的にも評価された人でないとできない、そういう方のようでございますけれども、町にしてみればいろいろな方がまだまだたくさんいますので、そういう選考の手順というか、選考した経過をお聞きしたいと思うのですが……。



○高橋秀夫議長 松本修三議員の質疑に対して答弁願います。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 松本議員ご質問の経過等についてご答弁をさせていただきますけれども、まず公平委員につきましては、本人の要は健康状態、心身ともに健康で故障等がないかどうかも確認する必要がありますけれども、本人に同意がいただけるかどうかもその際伺っております。本人もまだまだ町のために頑張りたいというお話でございましたので、町長に進言をさせていただきました。

  年齢的には、確かに今76歳、今後77歳ということになりますけれども、ほかの方、公平委員3名いらっしゃいますけれども、ほかの方、残り2名は男性でございますけれども、69歳あるいは77歳ということで、年齢的には比較的高い方が多いわけでございますけれども、ともにそれらの方々も今言ったとおり健康面にも問題ないと、それから人格もすばらしい高潔な方で、それから人事行政にも識見を得ているということで選任をさせていただいております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 いいですか。

  ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第78号 公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

  この採決は起立によって行います。

  本件はこれに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第78号は同意することに決しました。

                                         



△請願の委員会付託について



○高橋秀夫議長 日程第20、請願の委員会付託についてを議題といたします。

  本定例会で受け付けたものは、請願2件であります。ご送付申し上げました文書表によりまして議会事務局長より件名等朗読させ、さらにご付託します所管委員会を申し上げますので、ご了承のほどお願いいたします。

  議会事務局長、朗読願います。

          〔事務局長朗読〕



○高橋秀夫議長 ただいま議会事務局長より朗読のとおり、所管委員会にご付託申し上げ、休会中の委員会において十分なるご審査をいただき、その結果について休会明けの本会議において委員長より報告を求めたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認めます。

  したがいまして、請願第3号及び4号は、総務常任委員会にご付託申し上げます。よろしくご審査のほどをお願いいたします。

                                         



△散会の宣告



○高橋秀夫議長 本日はこれにて散会いたします。

  お疲れさまでございました。

                                 (午後 3時56分)