議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 小川町

平成22年  9月 定例会(第3回) 09月17日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号




平成22年  9月 定例会(第3回) − 09月17日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号







平成22年  9月 定例会(第3回)





         平成22年第3回小川町議会定例会

議 事 日 程(第6号)

                     平成22年9月17日(金曜日)午前10時開議

    開  議                                   
第 1 休会中の付託事件に対する委員長報告(議案)                  
第 2 議案第60号 副町長の選任について                      
第 3 議案第61号 町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について 
第 4 特定事件の特別委員会付託について                       
第 5 閉会中の継続調査の申し出について                       
第 6 議員派遣の件                                 
    閉  会                                   

 出席議員(15名)
  1番  柳  田  多 恵 子  議員    2番  井  口  亮  一  議員
  3番  根  岸  成  美  議員    4番  宮  澤  幹  雄  議員
  6番  山  口  勝  士  議員    7番  溝  坂     浩  議員
  8番  金  子  美  登  議員    9番  杉  田  伸  子  議員
 10番  松  葉  幸  雄  議員   11番  松  本  修  三  議員
 12番  大  塚  司  朗  議員   13番  関  口     修  議員
 14番  小  林  一  雄  議員   15番  千  野  寿  政  議員
 16番  高  橋  秀  夫  議員                      

 欠席議員(なし)
                                         
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  笠  原  喜  平  町  長      清  水  吉  夫  総務課長

  吉  田  利  男  政策推進      安  藤  正  幸  税務課長
              課  長

  竹  澤     裕  町民生活      関  口  吉  男  健康増進
              課  長                  課  長

  島  田  洋  一  福祉介護      福  田  一  夫  子 育 て
              課  長                  支援課長

  新  井  邦  男  環境保全      増  田     隆  産業観光
              課  長                  課  長

  長  島  靖  雄  建設課長      金  子  典  史  水道課長

  笠  原  修  治  会  計      関  根  則  夫  教 育 長
              管 理 者

  大  宅  雅  臣  学校教育      高  橋  秀  夫  生涯学習
              課  長                  課  長

  堀  江  國  明  監査委員
                                         
 本会議に出席した事務局職員
  内  野  幸  一  事務局長      大  野  義  行  書  記



                                         



△開議の宣告



○高橋秀夫議長 皆さん、おはようございます。

  ただいまの出席議員全員であります。       

  これより本日の会議を開きます。

                                 (午前10時00分)

                                         



△休会中の付託事件に対する委員長報告(議案第50号〜議案第57号)、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第1、休会中の付託事件に対する委員長報告に入ります。

  初めに、議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定についてでありますが、本議案につきましては、各常任委員会にその所管部門についてご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について各常任委員長より報告を求めます。

  初めに、総務常任委員会委員長、金子美登議員。

          〔金子美登総務常任委員長登壇〕



◆金子美登総務常任委員長 議長の命によりまして、総務常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、平成22年9月13日、月曜、午前10時招集。

  会場、議会第1委員会室。

  出席委員、金子美登委員長、根岸成美正副委員長、溝坂浩、大塚司朗、千野寿政、松本修三各委員であります。高橋秀夫議長にも出席いただいております。

  委員長開会宣言、午前10時。

  署名委員、根岸成美、溝坂浩両委員。

  議事等の説明及び記録のため出席を求めた者、町長、総務、政策推進、税務各課長、会計管理者、議会事務局長、議会事務局職員であります。

  議事、本定例会より付託された休会中の審査事件。

  議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定についての当委員会所管部門の審査。

  経過、決算事項別明細書により、議会事務局長、所管の各課長及び会計管理者に歳入歳出それぞれ各節内容にわたり、執行状況の詳細説明を求め審査し、採決の結果、全員一致をもって当委員会の所管部門について、本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  閉会、午後1時50分。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 次に、経済建設常任委員会委員長、松葉幸雄議員。

          〔松葉幸雄経済建設常任委員長登壇〕



◆松葉幸雄経済建設常任委員長 議長の命によりまして、経済建設常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、平成22年9月8日、水曜日、午前10時招集。

  会場、議会第1委員会室でございます。

  出席委員、松葉、宮澤正副委員長、杉田伸子、井口亮一、高橋秀夫各委員であります。

  委員長開会宣言、午前10時。

  署名委員は、宮澤幹雄、杉田伸子両委員でありました。

  議事等の説明及び記録のため出席を求めた者、町長、産業観光、建設、環境保全、水道各課長であります。議会事務局長、議会事務局職員。

  議事、本定例会より付託された休会中の審査事件。

  議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定についての当委員会所管部門の審査。

  経過、決算事項別明細書により、所管の各課長に歳入歳出それぞれ各節内容にわたり、執行状況の詳細説明を求め審査し、採決の結果、全員一致をもって当委員会の所管部門について、本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 次に、厚生文教常任委員会委員長、小林一雄議員。

          〔小林一雄厚生文教常任委員長登壇〕



◆小林一雄厚生文教常任委員長 議長の命によりまして、厚生文教常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、平成22年9月9日、木曜日、午前10時招集、9月10日、金曜日、午前10時招集。

  会場、議会第1委員会室。

  出席委員、小林一雄委員長、柳田多恵子副委員長、関口修、山口勝士各委員、高橋秀夫議長。

  委員長開会宣言、9日、午前10時、10日、午前10時。

  署名委員、関口修、山口勝士両委員。

  議事等の説明及び記録のため出席を求めた者、町長、教育長、町民生活、健康増進、福祉介護、子育て支援、学校教育、生涯学習各課長、議会事務局長、議会事務局職員であります。

  議事、今定例会より付託されました休会中の審査事件。

  議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定についての当委員会所管部門の審査であります。

  経過、決算事項別明細書により、所管の各課長等に歳入歳出それぞれ各節内容にわたり、執行状況の詳細説明を求め審査し、採決の結果、賛成多数をもって当委員会の所管部門について、本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定いたしました。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 以上で各常任委員長の審査結果の報告を終了いたしました。

  これより各常任委員会委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。

          〔1番 柳田多恵子議員登壇〕



◆1番(柳田多恵子議員) 議席番号1番、日本共産党、柳田多恵子でございます。議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定について、反対をいたします。

  平成21年度は、子供医療費の無料化が小学校3年生から中学校3年生まで拡大しました。今年度は窓口払いが廃止となり、子育て支援が前進したことについては評価をいたします。また、特定健診の受診率は前年度と比較して落ち込みましたが、その反省から今年度必須検査の内容を充実させ、受診率の底上げに努力されていることについても評価します。しかし、疾病の予防、早期発見、早期治療という観点から、基本検査で行ってきたレントゲン審査の追加や、高齢者の肺炎球菌予防接種の独自助成などは検討されていません。

  障害者福祉においては、毎年予算要望においてガソリン券、タクシー券の選択制を復活させることを求めてきました。一般質問にも取り上げられたように、根強い要望があると考えます。利用者の使い勝手に配慮すべきです。

  高齢者の交通手段の確保は重要課題で、具体化を進めるべきですが、何年も足踏み状態でした。財政の問題を先行させる町長の慎重過ぎる政治姿勢では、一歩進んだかに見えた「明るく元気な町づくり」のメッセージが、町民にしっかり伝わってこないのではないかと懸念を持ちます。近年では、この交通手段の確保について取り上げられてからスムーズな調査、研究が行われ、実証実験に結びついている自治体も多数あります。

  自治体の使命は、住民の福祉の向上にあります。町税全体の徴収率は82.1%のことで、収入未済額が増加しています。十分な負担能力があるにもかかわらず納税しないのは言外で、毅然とした姿勢が必要ですが、この経済不況下での廃業や仕事確保の難しさ、リストラや派遣切り、その後の就職の困難さなどが根底にあり、生活が疲弊している状況があります。現在あるさまざまな減免制度について整備をし、少なくとも住民にわかりやすくしておく、申請主義の域を出なければ住民の生活は守れない、法に基づいた納税相談とともに税負担軽減策など独自に準備すべきであると提言してきましたが、実行されませんでした。

  町負担も住民負担も大きい公共下水道事業は、現在の経済状況にそぐわず、合併処理浄化槽などへの転換など考えていくべきであると考えます。国の政策の転換の影響を受け、今後さらに一般会計を圧迫するのではないかと懸念します。

  それぞれの担当課で、一つ一つの事業を積み重ねての決算であることについては十分認識しておりますが、以上を申し述べ、反対の討論といたします。



○高橋秀夫議長 賛成討論の方、おりますか。

  3番、根岸成美議員。

          〔3番 根岸成美議員登壇〕



◆3番(根岸成美議員) 議席番号3番、根岸成美でございます。議長より発言のお許しをいただきましたので、議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定について、賛成の立場で討論を述べさせていただきます。

  平成21年度一般会計歳入決算額は95億5,153万円となり、前年度を9億円余り上回る大型決算となりました。これは、定額給付金給付や地域活性化生活対策臨時交付金、経済危機対策臨時交付金等の特殊事情により、増加したものであります。このような中、歳入の根幹をなす町税は、個人所得の減少などにより軽自動車税を除きすべての税目で減収となり、依然として厳しい行財政運営を強いられております。

  しかしながら、決算内容を見ると、臨時交付金等の補正予算において雇用の創出や事業の前倒しなど効果的かつ効率的に講じ、迅速な対応に努め、また国の定額給付金、子育て支援手当の給付についても積極的な対応を図るなど、高く評価するものであります。

  今後も本格的な少子高齢社会を迎え、医療や介護福祉における社会保障費等の増加が見込まれますが、限られた財源を最大限に生かしながら、町民のために行財政運営に努力されることを期待して、平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定についての賛成討論とします。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第50号 平成21年度小川町一般会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する各常任委員長の報告は、認定とするものであります。

  本議案は、各常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第50号は認定することに決しました。

  次に、議案第51号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、厚生文教常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  厚生文教常任委員会委員長、小林一雄議員。

          〔小林一雄厚生文教常任委員長登壇〕



◆小林一雄厚生文教常任委員長 議長の命によりまして、厚生文教常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略させていただきます。

  議事、本定例会より付託されました休会中の審査事件。

  議案第51号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定についての審査。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、全員一致をもって本議案を認定することに決定いたしました。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第51号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定とするものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第51号は認定することに決しました。

  次に、議案第52号 平成21年度小川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、厚生文教常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  厚生文教常任委員会委員長、小林一雄議員。

          〔小林一雄厚生文教常任委員長登壇〕



◆小林一雄厚生文教常任委員長 議長の命によりまして、厚生文教常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略させていただきます。

  議事、本定例会より付託されました休会中の審査事件。

  議案第52号 平成21年度小川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についての審査であります。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、全員一致をもって本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第52号 平成21年度小川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定とするものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第52号は認定することに決しました。

  次に、議案第53号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、厚生文教常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  厚生文教常任委員会委員長、小林一雄議員。

          〔小林一雄厚生文教常任委員長登壇〕



◆小林一雄厚生文教常任委員長 議長の命によりまして、厚生文教常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略させていただきます。

  議事、本定例会より付託されました休会中の審査事件。

  議案第53号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についての審査であります。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、賛成多数をもって本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。

          〔1番 柳田多恵子議員登壇〕



◆1番(柳田多恵子議員) 議席番号1番、日本共産党、柳田多恵子でございます。議案第53号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、反対の立場で討論させていただきます。

  どんな理由があれ、医療という人間の命にかかわる問題で高齢者を差別する制度は許されません。医療費削減の仕組み全体を見直して、医療に対する国庫負担をふやすことなしに医療の危機を打開することはできません。老健制度に問題点はありましたが、年齢で差別する後期高齢者医療制度とは本質的に違います。日本共産党は、間違った制度は直ちにやめて、一たんもとの制度に戻すことを主張しています。後期高齢者医療制度にかわる医療制度、現在審議されている内容についても、年齢で差別することに変わりはありません。

  町が受託しているのは、事務事業と徴収業務だけですが、後期高齢者医療制度そのものについて反対を表明し、討論といたします。



○高橋秀夫議長 賛成討論の方、おりますか。

  4番、宮澤幹雄議員。

          〔4番 宮澤幹雄議員登壇〕



◆4番(宮澤幹雄議員) 議席番号4番、宮澤幹雄です。議長の許可をいただきましたので、議案第53号 平成21年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定につきまして、賛成の立場で討論いたします。

  後期高齢者医療特別会計は、平成20年4月から開始され、2年目の決算となりました。平成21年度歳入決算は、2億9,875万1,000円、歳出決算は2億9,647万5,000円です。歳入歳出差引額は、実質収支額は、ともに227万6,000円です。

  収入を構成比で見ますと、保険料の占める割合が約78%、残りの約21%が繰入金となっております。普通徴収保険料の収入未済額が154万9,672円で、前年度に比べ1万7,788円減少となりました。保険料未納の初期段階から電話や訪問により滞納者と接触を図り、納付相談等滞納対策を実施し、分割納付などきめ細かな収納対策が講じられております。その成果がうかがわれております。また、保険料軽減措置の継続や、年金天引きと口座振替の選択制を導入した改善策も講じられております。

  歳出につきましては、広域連合への納付金が歳出全体の97.9%となっています。長寿国として日本の医療費は今後ますます増大していくと思われます。厚生労働省において8月20日、現行の後期高齢者医療制度にかわる高齢者のための新たな医療制度の中間報告がまとめられました。高齢者の方、現役世代、子供たち、すべての人たちが安心して医療が受けられるよう、よりよい制度の構築を望むものです。

  以上を申し上げまして、議案第53号 平成21年度後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についての賛成討論といたします。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第53号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定とするものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第53号は認定することに決しました。

  次に、議案第54号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、厚生文教常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  厚生文教常任委員会委員長、小林一雄議員。

          〔小林一雄厚生文教常任委員長登壇〕



◆小林一雄厚生文教常任委員長 議長の命によりまして、厚生文教常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略させていただきます。

  議事、本定例会より付託されました休会中の審査事件。

  議案第54号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定についての審査であります。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、賛成多数をもって本議案を認定することに決定いたしました。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  閉会、9日、午後3時30分散会、10日、午後1時45分閉会。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。

          〔1番 柳田多恵子議員登壇〕



◆1番(柳田多恵子議員) 議席番号1番、日本共産党、柳田多恵子でございます。議案第54号 平成21年度小川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、反対の立場で討論いたします。

  国の責任で国庫負担は介護給付費25%を確実に交付して、調整交付金5%は別枠にすること、並びに保険料、利用料の減免制度をつくることが必要であることをまず申し述べさせていただきます。しかし、住民の現状を踏まえ、県内では利用料、保険料の独自助成を行っている自治体もあります。多年にわたり、町として独自助成を行うことを求めてきました。

  介護給付費準備基金への積立額2億3,200万円となりました。給付費がふえていくと予想された中で積立額がふえていったのは、必要とされる介護が費用を負担できるかできないかで選択されてしまう利用抑制があったものと推察します。

  既存の事業を整備し、特定高齢者のニーズの掘り起こしや高齢者福祉、住民サービスを守っていこうとする姿勢は共感できるものですが、今年度も利用料、保険料の独自助成の検討がされませんでした。

  反対の意思を表明し、討論といたします。



○高橋秀夫議長 賛成討論の方おりますか。

  小林一雄議員。

          〔14番 小林一雄議員登壇〕



◆14番(小林一雄議員) 議席番号14番、小林一雄であります。議長の許可をいただきましたので、議案第54号 平成21年度小川町介護保険特別会計歳入歳出決算につきまして、賛成の立場で討論に参加させていただきます。

  平成12年4月1日施行の介護保険制度は、平成17年10月の利用負担の見直しの一部改正、さらに平成18年4月の要介護認定の見直しの一部改正、そして介護予防の対象となる人に対する支援のための地域包括支援センターの設置などの見直しを続けながら、住民の皆さんに定着し、10年目を迎えております。

  平成21年度の決算状況を見ますと、65歳以上の高齢者で要介護認定者は平成17年度において1,112人でありましたが、平成21年度には1,346人と234人増加しております。この人たちの要介護人に係る給付費は、訪問介護を初めとして通所サービス、短期入所、デイサービス、ショートステイ、地域密着型サービス、また介護老人福祉施設、特養、介護老人保健施設、老健など施設入所サービスの給付費は、平成17年度15億3,589万1,000円でありましたが、平成21年度には18億5,104万9,000円であり、3億1,515万8,000円増加し、何と利用件数は平成17年度に比べて6,237件の伸びを示しております。平成21年度の介護保険会計の決算は、給付費、利用件数とも、ここ3年間急激な増加という決算であります。

  近年の住民生活の変化により、居宅サービスを受けることもよいし、施設入所を求めてもよいし、この介護保険制度の必要性を求めて、圧倒的多くの住民の皆様は高く評価しているのではないでしょうか。この10年間において本制度が住民に認知され、信頼を受けて年々増加して利用されていることは、その結果であると考えてよいと思います。

  課題としましては、施設サービスを受けようとしても、数カ所入所希望申請を出して1年6カ月以上待っても入所ができない厳しい実態の中で、町の高齢化の進む中で、このようなことはますますふえていくことが予測され、待機要介護人をなくすための財政支援を含めた議論が求められております。

  だれもが適切な指導の中で、早目に希望のかなうサービスが受けられるよう、介護予防を進めている地域包括支援センターと介護サービスなど、今後の一層の充実を求めまして賛成討論といたします。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第54号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定するものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第54号は認定することに決しました。

  次に、議案第55号 平成21年度小川町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、経済建設常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  経済建設常任委員会委員長、松葉幸雄議員。

          〔松葉幸雄経済建設常任委員長登壇〕



◆松葉幸雄経済建設常任委員長 議長の命により、経済建設常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略をさせていただきます。

  議事、本定例会より付託された休会中の審査事件。

  議案第55号 平成21年度小川町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についての審査。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、全員一致をもって本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第55号 平成21年度小川町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定とするものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○高橋秀夫議長 起立多数であります。

  よって、議案第55号は認定することに決しました。

  次に、議案第56号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、経済建設常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  経済建設常任委員会委員長、松葉幸雄議員。

          〔松葉幸雄経済建設常任委員長登壇〕



◆松葉幸雄経済建設常任委員長 議長の命により、経済建設常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略をさせていただきます。

  議事、本定例会より付託された休会中の審査事件。

  議案第56号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についての審査。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、全員一致をもって本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第56号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定とするものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第56号は認定することに決しました。

  次に、議案第57号 平成21年度小川町水道事業会計歳入歳出決算の認定についてであります。

  本議案につきましては、経済建設常任委員会にご付託申し上げ、休会中に審査いただいておりますので、その結果について常任委員長より報告を求めます。

  経済建設常任委員会委員長、松葉幸雄議員。

          〔松葉幸雄経済建設常任委員長登壇〕



◆松葉幸雄経済建設常任委員長 議長の命により、経済建設常任委員会の報告を申し上げます。

  日時、会場、出席委員、委員長開会宣言、署名委員、議事等の説明及び記録のため出席を求めた者につきましては、議案第50号と同じでありますので、省略をさせていただきます。

  議事、本定例会より付託された休会中の審査事件。

  議案第57号 平成21年度小川町水道事業会計歳入歳出決算の認定についての審査。

  経過、本会議において内容説明が終了しているため、直ちに審査し、採決の結果、全員一致をもって本議案を認定することに決定した。

  結果、本議案は認定すべきであると決定。

  閉会、午後3時35分。

  以上であります。



○高橋秀夫議長 ただいまの常任委員長報告に対する質疑に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第57号 平成21年度小川町水道事業会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。

  この決算に対する常任委員長報告は、認定とするものであります。

  本議案は、常任委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第57号は認定することに決しました。

                                         



△議案第60号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第2、議案第60号 副町長の選任についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第60号 副町長の選任につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町副町長の欠員を補充するため、中山昌克氏を選任することについて、地方自治法第162条の規定により同意を得たいので、この案を提出するものであります。

  なお、同氏の略歴等につきましては、議案第60号資料をご参照いただきまして、ご同意を賜りますようよろしくお願いいたします。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 9番、杉田でございます。1点だけお尋ねいたします。

  今日経済状況が不安なときでございます。当町においても御多分に漏れず、それこそ商工会、議会、行政、そして町民が一致団結して心を合わせ、町の活性化等を生み出す時期だというふうに私は思います。

  そこで、本来ならば和紙のふるさと小川を熟知している方が町長を支えるのに最もふさわしいと私は思っておりますが、今回県からの選任になったということで、その経過を伺います。



○高橋秀夫議長 笠原町長。



◎笠原喜平町長 ご答弁申し上げます。

  経過を含めてご理解をいただきたいと思いまして、ご答弁申し上げます。

  ご案内のとおり、私の3期目が3月14日にスタートしたわけでございますが、改めて原副町長に3期目よろしくお願いしますと、そういうふうなあいさつを申し上げ、その日ではなかったのですけれども、数日後に副町長のほうから、任期が満了したらぜひ勇退したいと、そういうふうなお話をいただきまして、非常に私も突然のことでございましたので、驚いたわけでございますけれども、再三慰留を申し上げたのですけれども、本人の意思がかたいということで、その線はやむを得ないとこういうふうな判断の中で、それでは後任をどうしようかということで6月いっぱいかかりまして、副町長といろいろ検討申し上げました。

  当然議員お話のとおり、町内の方を対象にいろいろ考えたわけでございますけれども、これといった決め手がございませんで、7月の頭に地域振興センターを通じて県のほうにご相談申し上げました。途中人事ではあるけれども、何かご協力いただけないかどうかというご相談を申し上げたわけでございますけれども、その結果、県のほうとしては協力しましょうと。ただ、県の議会が終わってからでないと具体的な動きができませんということで、結果的には8月の中旬以降にこちらのほうとのやりとりが始まったわけでございますけれども、その間、知事を含めて、それから副知事ですと塩川副知事がそのルートなのですけれども、積極的に協力の姿勢で動いてくれまして、きちっとした選考をしながら推薦申し上げたいと、こういうふうなことで決まった経過がございます。

  県内には、川越市を含めて4市4町、県から特別職の派遣をお願いしている経緯もございますし、町内に、今の時点では時間がなかったのが一番大きな原因なのですけれども、適任者、該当者がいない状況の中では、空席ということを続けるわけにもいきませんので、県のほうに相談した結果、県が責任を持って推薦してくれた、そういうふうな方をこちらに連絡をいただいたものですから、私のほうはぜひこの方に副町長の後任を託して、しっかりと町の振興に協力、努力をしていただきたいと、こういうふうなことを考えたのが、今日に至った経過でございます。

  以上です。



○高橋秀夫議長 9番、杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 細かいことは、そのことに反対とかということではなく、その経過を私とすれば確認したかったということと、これが質疑とすれば最後になりますが、任期はどのようになっておりますでしょうか。



○高橋秀夫議長 笠原町長。



◎笠原喜平町長 ご答弁申し上げます。

  一般的には、大体2年というのが一般の例でございますけれども、市町村課のほうにご相談申し上げ、任期の途中でございますけれども、この半年を含めてさらに2年ということでお世話になることで話は進んでおります。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 略歴等を拝見させていただいて、総合政策部、それから最後は秘書課ということで、埼玉県の場合には先日の生活保護世帯の子供たちの高校受験に関して、全国で初めてバックアップ体制をとるなど、非常に上田知事は課を超えて、課をまたがるような政策として非常に積極的に今動いてくださっているように私自身は思っています。そうすると、この総合政策部、また最後は上田知事の足元の秘書課ということで、そうした課を超えて、また課にこだわらない、やるべきことはやるという、そうしたことを学んできてくださっている方ではないかと期待しております。

  小川町も私どもが何回も主張させていただいていますように、今ディマンド交通にしても課を超えて検討委員会をつくっていただきました。こうした場合においては、それぞれの課の意見を超えてリーダーシップ、また町長の考えのもとに、しっかりとそれらをまとめて政策を実現する方が必要だと思っています。その意味でも大いに期待したい点であります。

  そこで、町長に、そうした点でどういったこの中山副町長に関して期待していくのか、またどういうことをしっかりとやっていこうと思っているのか、もう一度確認させていただきたいと思います。



○高橋秀夫議長 笠原町長、答弁願います。



◎笠原喜平町長 ご答弁申し上げます。

  小川町が置かれている現状等について、県の市町村課、もちろんデータ的には市町村課は所轄ですから、十分わかってはいただいておるわけでございますけれども、その後のホンダが立地を決めたのも含めて、さまざまな状況、条件等について詳しくお話申し上げ、町の課題等についてもお話し申し上げ、そういった小川町にふさわしい人をぜひお願いしたいと、こういうふうに申し上げた経緯がございます。

  議員お話しのとおり、本当にこう幅広い経験を持っている中山さんに、本当に私は大きな期待をしているわけでございますけれども、少なくとも小川町は今明るい材料を先に見据えながら、少しは元気が出てきたかなと。これをさらに盛り上げて、今21年度からスタートいたしましたかなり大きな事業をしっかりと仕上げて、本当に町民の皆さん方に小川町に住んでいてよかったなと、こういったことを評価していただけるような町をつくるためにも、全力を挙げて協力していただきたいと、こういうふうなことを申し上げていきたいと思っております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第60号 副町長の選任についてを採決いたします。

  この採決は起立によって行います。

  本件は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第60号は同意することに決しました。

  ここで暫時休憩をいたします。

                                 (午前10時54分)

                                         



○高橋秀夫議長 再開いたします。

                                 (午前11時04分)

                                         



△議案第61号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高橋秀夫議長 日程第3、議案第61号 町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第61号 町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  副町長の新たな選任に伴い、副町長の給与の特例を改正したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 続いて、内容説明を求めます。

  清水総務課長。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 命によりまして、議案第61号 町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  それでは、次ページの町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例案をごらんください。

  町長等の給与の特例に関する条例の第2条、100分の10を100分の7に改めるものであります。

  次に、附則において、この条例の施行を平成22年10月1日からとするものであります。

  以上、議案第61号 町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高橋秀夫議長 これより質疑に入ります。

  2番、井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 2点質疑します。

  まず1点目ですが、どうしてこの調整が必要なのか。この調整によって何を実現するのか。そのことは、町長の行財政運営に係る姿勢とどのような関連を持っているのか。

  2点目、現在進行している人事院勧告に基づく今後の職員の給与改定の流れなどに沿って、こうしたことを十分勘案して人事を総合的に考えたときに、この措置は妥当なのか、その2つについてお伺いします。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員の質疑に対して答弁を願います。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 ご答弁を申し上げます。

  まず1点目のどうしてこのような増額というのでしょうか、変更が必要かというふうな話かと思いますけれども、前の副町長が10%の減ということであったのですけれども、この10%減につきましては、ご本人の強い意志もございました。と同時に、教育長が今現在7%の減であります。教育長の7%減と同様にして、本来条例で定めてある金額の支給差に近づけると、そういうふうなねらいがございました。

  それから、今後の人勧の流れ等に関する関係でございますけれども、確かに人事院勧告はこれから減少するというふうなことも、この8月に出されました。これとはまた別に私どもは考えております。先ほど言いましたとおり、既にもう町長が15%、それから現行副町長10%、教育長7%ということで減額をされております。この幅は、かなり大きな幅でございまして、近隣の市町村と比較しても、決してこれは多くはないというのはちょっと表現がおかしいのですけれども、かなり低い水準に保たれているということもありますので、たとえこれが7%から10%に上がったとしても、それはその行革に逆行するものではないというふうに考えております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 町長の行財政運営に係る姿勢と矛盾はしないのか、町長はこのようなことによって副町長になられるべき方に自分の政治姿勢、行財政運営に係る考えを正しくメッセージとして伝えることに支障はないのか、ウエルカムのご祝儀というふうな解釈にはならないのか、この辺についてお伺いします。



○高橋秀夫議長 笠原町長。



◎笠原喜平町長 お答え申し上げます。

  私のほうが市町村課のほうに小川町の実情等いろいろお話し申し上げ、その中の一つに現在本来もらうべき給料から私が15%、副町長10%、教育長7%と減額しておりますと、こういうふうなお話を申し上げ、ぜひそれに近い線でご協力をいただきたいということを申し上げました。そういうことから、ご本人と私が直接話をしたわけではございませんけれども、市町村課のほうが本人に町の情勢を伝えていただく中で減額に協力していただけると、こういうふうなことになりましたものですから、現在の給与との差、大きな差をつくらないために教育長と同率の7%にしたいと、こういうふうなことで線を出しまして、市町村課を通じてご本人のほうの了解はいただいております。

  以上です。



○高橋秀夫議長 ほかにございますか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第61号 町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○高橋秀夫議長 起立全員であります。

  よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。

                                         



△特定事件の特別委員会付託について



○高橋秀夫議長 日程第4、特定事件の特別委員会付託についてを議題といたします。

  議会報発行についてを小川町議会広報発行特別委員会にご付託申し上げ、閉会中の継続審査とすることにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、そのように決しました。

                                         



△閉会中の継続調査の申し出について



○高橋秀夫議長 日程第5、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

  初めに、各常任委員長から、所管事務のうち、会議規則第74条の規定により閉会中の継続調査の申し出をいただいておりますので、議会事務局長より朗読させます。

  議会事務局長。

          〔事務局長朗読〕



○高橋秀夫議長 お諮りいたします。

  ただいま議会事務局長の朗読のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認めます。

  各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

  次に、議会運営委員長から、会議規則第74条の規定により閉会中の継続調査の申し出をいただいておりますので、議会事務局長より朗読させます。

  議会事務局長。

          〔事務局長朗読〕



○高橋秀夫議長 お諮りいたします。

  ただいまの議会事務局長の朗読のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認めます。

  議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

  続きまして、議会広報発行特別委員長から、会議規則第74条の規定により閉会中の継続調査の申し出をいただいておりますので、議会事務局長より朗読させます。

  議会事務局長。

          〔事務局長朗読〕



○高橋秀夫議長 お諮りいたします。

  ただいま議会事務局長の朗読のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認めます。

  議会広報発行特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。

                                         



△議員派遣の件



○高橋秀夫議長 日程第6、議員派遣の件を議題といたします。

  会議規則第119条の2の規定により、議員の派遣について議会事務局長より朗読させます。

  議会事務局長。

          〔事務局長朗読〕



○高橋秀夫議長 お諮りいたします。

  ただいま議会事務局長の朗読のとおり、議員の派遣をいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○高橋秀夫議長 ご異議なしと認め、よって、議員を派遣することに決定いたしました。

                                         



△町長あいさつ



○高橋秀夫議長 この際、町長よりあいさつのため発言を求められていますので、これを許可いたします。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議長より発言のお許しをいただきましたので、平成22年第3回議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

  議員皆様におかれましては、去る9月1日の開会以来、本日までの17日間にわたり、平成21年度一般会計並びに各特別会計の決算議案を初めとする重要案件及び人事案件につきまして、いずれも原案どおりご決定、ご承認を賜り、本日ここに閉会できますことを衷心より深く感謝申し上げます。

  また、本定例会の会期中、本会議並びに各常任委員会におきまして議員皆様から寄せられました貴重なご意見やご提言、ご指導につきましては、現下の諸情勢を踏まえ、今後の町政執行に生かして、活力ある「明るく元気な町づくり」に鋭意努力してまいる所存であります。

  さて、6月から8月にかけて猛暑が続いたこの夏は、明治31年に気象庁が統計を開始して以来、夏の平均気温の平年差がプラス1.64度と、過去113年間の観測史上最高の年となりました。特に8月は平年差がプラス2.25度を記録するとともに、猛暑日日数は熊谷など全国11の観測地点で過去の記録を更新しました。さらに、9月に入っても猛暑は衰えを見せず、全国各地で最高気温を記録するなど、気象庁では30年に1度の異常気象との見方を示しております。

  これから台風シーズンを迎えます。この夏の異常気象によって、日本近海の海水温が高い状態で推移しており、今後発生した台風が勢力を保持したまま上陸するおそれが想定されますが、防災担当と関係各課を中心に準備を怠りなく、気を引き締めてまいりたいと存じます。

  さて、暑さ寒さも彼岸までと申しますが、朝夕はめっきりしのぎやすくなり、季節もいよいよ本格的な秋へと向かってまいります。議員の皆様には各地域における諸行事など、これから何かとご多用が加わることと存じますが、どうぞご自愛の上、ご健勝にてご活躍されますようご祈念申し上げまして、簡単でございますが、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。

  まことにありがとうございました。



○高橋秀夫議長 以上で本定例会の議事は全部終了いたしました。

                                         



△閉会の宣告



○高橋秀夫議長 これをもちまして平成22年第3回小川町議会定例会を閉会いたします。

  ご苦労さまでございました。

                                 (午前11時22分)