議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 小川町

平成22年  9月 定例会(第3回) 09月02日−一般質問−02号




平成22年  9月 定例会(第3回) − 09月02日−一般質問−02号







平成22年  9月 定例会(第3回)





         平成22年第3回小川町議会定例会

議 事 日 程(第2号)

                      平成22年9月2日(木曜日)午前10時開議

    開  議
第 1 一般質問
    散  会

 出席議員(15名)
  1番  柳  田  多 恵 子  議員    2番  井  口  亮  一  議員
  3番  根  岸  成  美  議員    4番  宮  澤  幹  雄  議員
  6番  山  口  勝  士  議員    7番  溝  坂     浩  議員
  8番  金  子  美  登  議員    9番  杉  田  伸  子  議員
 10番  松  葉  幸  雄  議員   11番  松  本  修  三  議員
 12番  大  塚  司  朗  議員   13番  関  口     修  議員
 14番  小  林  一  雄  議員   15番  高  橋  秀  夫  議員
 16番  千  野  寿  政  議員                      

 欠席議員(なし)
                                         
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  笠  原  喜  平  町  長      清  水  吉  夫  総務課長

  吉  田  利  男  政策推進      安  藤  正  幸  税務課長
              課  長

  竹  澤     裕  町民生活      関  口  吉  男  健康増進
              課  長                  課  長

  島  田  洋  一  福祉介護      福  田  一  夫  子 育 て
              課  長                  支援課長

  新  井  邦  男  環境保全      増  田     隆  産業観光
              課  長                  課  長

  長  島  靖  雄  建設課長      金  子  典  史  水道課長

  笠  原  修  治  会  計      関  根  則  夫  教 育 長
              管 理 者

  大  宅  雅  臣  学校教育      高  橋  秀  夫  生涯学習
              課  長                  課  長
                                         
 本会議に出席した事務局職員
  内  野  幸  一  事務局長      大  野  義  行  書  記



                                         



△開議の宣告



○千野寿政議長 皆さん、おはようございます。

  ただいまの出席議員は、全員であります。これより本日の会議を開きます。

                                 (午前10時00分)

                                         



△一般質問



○千野寿政議長 日程第1、一般質問。

  昨日に引き続き一般質問を行います。

                                         

         ◇ 井 口 亮 一 議員



○千野寿政議長 発言番号5番、議席番号2番、井口亮一議員。

          〔2番 井口亮一議員登壇〕



◆2番(井口亮一議員) おはようございます。発言番号5番、議席番号2番、井口亮一でございます。議長の許可をいただきましたので、発言通告に従って一般質問をさせていただきます。

  質問事項1、第4次総合振興計画後期基本計画の策定に伴う住民意識調査の結果について。質問の要旨、町は昨年12月に住民意識調査及び中学生アンケートを実施しました。これらの調査は、第4次総合振興計画、基本構想の後期基本計画を策定するために行ったとされています。このようにして得られた貴重な基礎資料には、町づくりに対する住民の意向や重要施策への満足度など、町政への深い思いが示されていると推察されます。そこで、3点について伺います。

  (1)、住みよさを問う設問への回答の中で、居住地区別の結果に見られるばらつきについて、どう分析するのか伺います。

  (2)、施策の満足度、重要度を問う設問への回答の中で、満足度の低い施策として「交通」が挙げられ、重要度の高い施策としても「交通」が挙げられていますが、これをどう分析するのか伺います。

  (3)、中学生アンケートで町の将来像を問う設問への回答の中で、スポーツ、レクリエーションの盛んな町を強く望んでいる結果が見られますが、これをどう分析するのか伺います。



○千野寿政議長 井口亮一議員の質問に対して答弁を求めます。

  吉田政策推進課長、答弁願います。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 井口議員の質問事項1について、順次ご答弁申し上げます。

  初めに、1点目についてお答えいたします。小川町の住みよさについては、51.0%の方が「住みよい」と回答しています。これに対し、「住みにくい」と回答した方は約20%、「普通」との回答は約28%でした。

  地区別に見ると、「住みよい」については、みどりが丘地区は60%台、小川地区、大河地区、竹沢地区は50%台、八和田地区、東小川地区は40%台となっています。対して、「住みにくい」については、小川、大河、竹沢、八和田地区が10%台、東小川地区が30%台となっています。みどりが丘地区が比較的高いのは、駅から近く、交通の便がよいことや、地区計画に基づく良好な住環境等により「住みよい」との回答が多いものと思われます。

  地域や個人によって、同じ内容でもその視点や考え方により、「住みよい・住みにくい」の思いは変わってくると考えられます。今回のアンケートを含め、今後もよりよい町づくりを進めてまいります。

  次に、2点目についてお答えいたします。「交通」施策については、通勤、通学等の日常生活において必要不可欠なものです。施策の重要度について「重要」、「まあ重要」とする回答が81.5%と高くなっていることからもわかります。

  満足度調査については、「やや不満」、「不満」を合わせた不満が43.9%となっております。小川町駅の整備や東武東上線の複線化、JR八高線及び路線バスの充実等の課題であると考えられ、このようなポイントになっていると思われます。

  次に、3点目についてお答えいたします。将来なってほしい小川町像についての多かった回答は、「美しい自然を生かした町」が44.8%、「災害や公害対策を考えた安心して住める町」が25.2%、「スポーツ・レクリエーションの盛んな町」が20.0%などの結果でありました。

  このような美しい自然の中でスポーツなどを行いたいとの希望を大切にし、将来の小川町を担う子供たちの成長を見守っていきたいと考えます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 再質問を許可いたします。

  井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 順次再質問をさせていただきます。

  初めに、1番の「住みよい」、「住みにくい」の設問の部分の「住みよい」について、私は質問の中で、あえてばらつきというふうに表現をしていますけれども、地区別に住みよいと考える人、あるいは住みにくいというふうに考える人、それぞれ回答をいただいているわけですが、やはり住みよいの60%台と住みよいの40%台には大きく開きを感じるのです。

  その辺について、まず行政サービスの問題ですけれども、町の行政サービスについて地区別に提供されているサービスに格差はないというふうに考えますが、その辺はいかがでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  行政区ごとのサービスの格差はございません。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) それでは、次に、地区別に住民の負担に違いはあるのかどうか。

  これも住民の負担については格差はないというふうに考えますが、その辺はいかがでしょうか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えします。

  議員のおっしゃるとおり、格差はございません。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) それでは、ここで一つ私がみどりが丘地区の「住みよい」の回答の多さ、それから東小川地区の「住みにくい」の回答の多さについて着眼をして、1つ深い質問をしたいと思うのですが、アンケートの中でも安全安心の部分では非常に高い関心を持って、安全な町づくりについて町民が回答されていますけれども、安全安心の問題でいえば町が明るい、防犯灯など、夜になって道が暗くならないという点で、安全安心に大きな関係性があると思っていますけれども、この防犯灯は町内にたくさんついていて、基本的にはその設置や維持管理について一定のシステムが構築されていると思います。

  そして、その防犯灯の電気料金の負担についても一定のシステムが確立されていると思うのですが、町内の防犯灯についての電気料金の負担について、地区別に格差はないでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  地区別の負担はということで、多くの地区については防犯灯、道路照明灯について電気料については町が負担をしています。例外的に、東小川地区とみどりが丘地区につきましては、団地開発のときの建築協定とその町との協定の中で、維持管理については各自治会がということで、ここの2つの地区については自治会のほうでお願いをしています。

  そのほかの地区につきましては、町で維持管理をしていますので、そういう面でいくと公平性が保たれているというふうに町は考えております。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) ちょっと矛盾する答弁かなというふうに思っているのですが。

  負担を住民がしていない部分と住民が負担している部分があって、公平が確保されているという。その辺は、どのように公平なのかなという疑問を抱くところなのですが、まず東小川地区では住民が防犯灯の電気料金を負担をしている。みどりが丘地区でも同じように住民が防犯灯の電気料金を負担をしている。この辺について、今答弁者はこのような経過を経てこのように運用されているという答弁でしたけれども、地方自治法でうたわれているのは法のもとでの平等を初め、こういったサービスの公平性について明文化されていますけれども、その上で行政の事務事業は法律や政令、あるいは条例によって運用されなければならないということも明文化されていますけれども、この東小川地区、みどりが丘地区の料金が住民負担というこの部分についてどんな法律、あるいは政令、あるいは条文によってそうした行政を執行しているのか、その辺についてお伺いします。



○千野寿政議長 長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  みどりが丘地区の例をちょっとご紹介させていただきたいと思います。みどりが丘団地開発に伴って、開発業者との間で協定を結んでおります。その中で、その各施設の維持管理、あるいは帰属についての協定を結ばせてもらっております。その中で、公益施設の管理についてという中で、照明灯及び防犯灯の設置については開発会社が設置を行うのだということで、そのものの維持管理については入居後は自治会へ責任を持って引き継ぎますと。その引き継ぐものについては、各自治会に承諾をしていただきますということで、維持管理についてそのときに協定を結んでありますので、現在みどりが丘地区についてもまだ開発が終了していないという状況などを踏まえてみても、現在はその協定の中で町のほうは執行させていただいているということで、ご理解をいただきたいと思います。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 答弁の中で、具体的にみどりが丘ということが出てきていますので、みどりが丘に絞りますと、みどりが丘では現在249カ所に防犯灯が設置されています。今みどりが丘では、みどりが丘の団地内の共有施設を管理する管理組合がこれを管理しています。

  管理組合が昨年1年間で支払った電気料金が41万2,592円という金額です。これだけを住民が負担をしているわけです。

  今答弁の中で協定というお話がありましたけれども、協定の当事者はだれでしょう。



○千野寿政議長 長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 現在は、開発を行っている会社が、当時一番最初59年の協定でございますけれども、その協定の内容について全部引き継いでおりますので、現在開発を行っている業者と協定を結んでおって、その会社、現在の開発業者の方と自治会のほうでも、その維持管理についての協定を結んでいるものと町は解釈しています。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 答弁によりますと、当事者はディベロッパーと住民組織だということになると思うのですけれども、町が事務事業を執行する上で、ディベロッパーと住民の協定があったとしたら、そのことが事務事業を執行する上で、片や電気料金を町が負担する、片や協定が結ばれている当事者があったから町はその料金を負担をしないという、こうした判断に至る町の意思決定はどのような経過を経て行われてあるのでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  開発に伴って各課との協議を行いますので、その中で開発業者とのいろんなものとの帰属の問題ですとか維持管理の問題、そういうものを含めて全体的な協議の中で決定をされていきます。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 今お話を伺う中で、地方自治法でいういわゆる根拠法だとか、何を根拠にという点では根拠は不明確だなという感じがしますけれども、その辺いかがでしょう。



○千野寿政議長 長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 大変ちょっと勉強不足で申しわけないのですけれども、地方自治法の中のちょっと条文が頭にございませんので。

  ただ、現実的にはその開発を伴うときには、その協定を結ばせていただいていますので、その協定内容に伴って適切な維持管理を町も行うし、開発業者あるいは自治会とも行うという協定の中身と解釈をしていますので、それに基づいて町も紳士的な維持管理をするという考え方で行っております。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 今私が根拠がはっきりしないと言っているのは、住民とディベロッパーが協定を結んだとしても、町とディベロッパーや町と住民が協定を結んで、そのことによってこのことが発生をしていて、そうして事務をこのように執行しているのですよというのはわかるのですけれども、住民とディベロッパーが協定を結んだらどのように町にその事実が、事務事業の執行について明確な判断になるのかどうか。

  例えば、この防犯灯の所有はどこが所有をしているのですか。これは、ディベロッパーが所有しているのですか、町が所有しているのですか、それとも住民団体が所有をしているのですか。



○千野寿政議長 暫時休憩をいたします。

                                 (午前10時19分)

                                         



○千野寿政議長 再開をいたします。

                                 (午前10時21分)

                                         



○千野寿政議長 井口亮一議員の質問に対し、答弁を求めます。

  長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。貴重な時間を申しわけありませんでした。

  協定の中で防犯灯については帰属が自治会、あるいは事業主ということで協定を結ばせてもらっています。道路照明灯等については、帰属が町になっておりますので、主にそのみどりが丘、東小川地区については防犯灯の部分については町の帰属ではないという解釈をしております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 質問を整理していきたいと思います。

  私の質問の趣旨は、いわゆる既存住宅地では、開発当初は住民が住んできて、そこでやはり自分の町をよくしたいという熱意があって、いろんな住民参加によって物事が進んでいくのですが、だんだん、だんだん年月がたって住民も高齢化していきますし、負担も重くなっていくと、実際に例えばみどりが丘でも公共下水道施設だとか、地上デジタル放送の共聴施設だとか、あるいは防犯灯だとか、これを今後どういうふうに住民が管理していこうかということを熱心に議論するようになります。下水道は、公共下水道化されまして解決をしました。地デジの問題も新たな手続をしながら、今それぞれの家庭にケーブルで配信をして維持されています。

  しかし、この問題もきのうも答弁ありましたけれども、新たな中継基地ができて画期的な電波状況の変化が起こると、共聴施設が必要なのかどうかということも疑問になってくると、実際に最後残ってくるのが、防犯灯の施設の管理だけになるのです。いよいよ、この問題も「住みよい」、「住みにくい」のところに大きく影響してきますし、例えば東小川の30年、みどりが丘の20年ということを考えた場合、30年たつとかなりこうした負担が大変になってくると。

  したがって、みどりが丘でも大変この問題に関心も高く、いろんな意味で意見が出てきていますけれども、あと10年たつとこの防犯灯の維持管理、大変老朽化して新設の問題や、あるいは新たな光源、こういった施設にかえていく必要も出てきますので、「住みよい」、「住みにくい」の部分に大きく影響する課題だということで深めていったのですが、今後もこういうふうに続けていくのかどうかの点では大きな疑問を持っているということをお伝えして、次に移っていきたいと思います。

  次に、今行政のサービスの格差の問題をお伺いをしていたところの中で、電気料金の負担の問題をお話をさせていただきましたけれども、それでは今度地区別の格差の問題で、地デジの受信状況について今回地区別の「住みよい」、「住みにくい」のところでは、そうした電波の状況などによって「住みよい」、「住みにくい」の回答に影響を与えるような結果は出ているのでしょうか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  議員のおっしゃる質問のことですが、まだそこまで私どものほうは分析をしておりません。また、多分分析をそこまではできないかと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) わかりました。

  また、昨日の答弁の中でも、地デジの中継局についての答弁が12月までにできるということや、それ以上の細かい点について、まだ具体的に承知しない内容の答弁がありましたので、ここのところはこれ以上の答弁は求めないようにしたいと思います。

  こういうことで、4次総の後期の基本構想を策定する上での作業が進みつつあって、先月広報に今回の住民意識調査の結果が抜粋されて掲載をされていました。それから、次号の新しい広報の中で、総合振興計画審議会の委員を公募する内容の記事が掲載をされていました。こういったことを経て、4次総の後期が策定されていくのだなということを、いよいよ感じていくところなのですが、今回の「住みよい」、「住みにくい」の中の地区別のこれらの回答のばらつきを見たときに、これらを解決する何らかのすべとして、行政が行政区ごとに区長さんのご協力をいただいて、いろんな事務事業を執行したりしていますけれども、他の町村ではこうした区長さんとのパイプを強める、太くする、そうした手だての中で町の職員を地区別に配置をしたり、あるいは町の職員が御用聞きというふうに通常言われているようですが、区長さんのところに要望などを聞きに行くというようなことを実施している町村はありますが、このようなことをやってみることについて、お考えを伺います。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  今議員の提案というのですか、提言というのですか、そのものについては私も個人的にはなかなかいい案かなと思いますけれども、現在の小川町では現時点では無理かなと考えております。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 現在無理なその辺の状況とか、今後はではその辺は実現の可能性があるのかどうかについてお伺いします。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  近隣町村等でそのようなことがあろうかという情報も聞いてはおりますが、その内容等もまだ確認もしておりませんし、やはり現時点では無理でございますし、その先ではどうかということですけれども、まだそのほうまでは調整に、あるいは検討に至っておりません。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) わかりました。

  次に、2番の満足度、重要度の部分で交通の問題に移ってまいりたいと思います。今回の住民意識調査の中で、40項目ほど重要施策をリストアップして、それについて調査をする中で、住民は非常に重要な施策だというふうに交通の問題をとらえているようです。しかしながら、この交通の問題について満足度の問題でいえば、相当不満だというふうにとらえているようです。この辺について、これは交通施策です。交通という観点で広くとらえていただきたいと思いますが、4次総ではこの部分について、もちろん前期の部分で将来像について、自然を愛し、人が輝き、未来を開く活力ある町というふうに題して、実現する目標などを掲げていますけれども、都市基盤充実の部分で交通の問題も掲げています。特徴的なのは、10年前、平成12年、2000年のときには広報で特集号を出して、住民意識調査の報告をしているのです。この時代には、交通の問題は交通の安全なのです。4次総でも、今後の推移について世の中がどういうふうに変わっていくのかについて、少子高齢化の問題に深く着目をしているところですが、その後今回の調査の結果の報告書の中でも、平成21年の今回調査と平成16年の前回調査の比較をしていますけれども、10年前の設問には交通の問題が安全でしか取り上げられていない。しかし、5年たつと、交通の問題をいよいよ町が本来着目をしていた4次総では、交通という問題はどういう問題なのだといったら、交通は町民の移動を便利にするためのものだというふうに規定をしているわけです。つまり交通については移動手段というふうにも解釈ができて、この移動手段について重要だというふうに住民は思っているし、またその移動手段について不十分だなというふうに考えているというふうな調査の結果のように見えます。

  この辺の調査の結果について、移動手段が不十分だ、そのことに満足できないというふうにはとらえることはできないでしょうか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  すべての移動手段というのですか、交通についての移動手段というのですか、それやはりアンケートをとれば、当然あったほうがいい、便利なほうがいいと、そのようなアンケート結果とも多少なりとも受け取れるのかなと思います。

  先ほどご答弁申し上げましたけれども、地域あるいはそのアンケートを協力していただいた、その個人の方の視点というか考え方によって多少のばらつきというのか、そちらに合った重点的な満足度とかというのでポイントが上がったりしているのかなと、そのように解釈はしております。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 引き続き、町民の中には交通手段の選択の不自由さについていろんな求めがあって、新たな交通手段について検討すべきというふうに町民のほうから声も上がっていますし、役場の町内でも既にそうした検討を進めていると。

  きのうの答弁の中でも、既に検討するための会議が3回ほど開かれたというふうにありますけれども、今高齢者の交通手段ということに絞り込まれていて、検討するメンバーや期間も小規模のような気がしますけれども、これはあくまで交通施策であって、福祉介護や健康増進や、あるいは施策推進、この辺のメンバーだけで検討をするのは不十分ではないかというふうに考えますが、この検討委員会をもう少し広げて総合的にすべきという、そういうことについてお考えをお伺いいたします。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  昨日のご質問でもご答弁申し上げましたけれども、やはり現状ではとりあえず3課で協議等を進めさせていただいておりますので、必要があればまたそのような他課の関係についてもご協力をいただくような場合もあろうかと思いますけれども、とりあえずはこの3課で進めさせていただいております。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) では、今の検討期間で何を実現しようとしているのか、何のために何を議論しているのか、その辺についての中身について、何を実現するために何をやっているのだから、このくらいの規模でこうした内容でいいのだよというふうに考えていらっしゃるのか、それについてお伺いします。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  あくまでも高齢者の方の足の確保等々を含めての協議がスタートでございますので、やはり少しひとり歩きをしているような気がするのですが、デマンド交通の取り入れとかというのが中心ではございませんので、あくまでも高齢者の方等を含めて、いかに必要であるか、あるいは必要でないか、それらを協議をしておる段階でございます。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) それでは、あくまで高齢者に絞って、高齢者対策として当面検討をしていくということでよろしいのでしょうか。

  それでは、高齢者の部分に質問を絞らせていただきたいと思いますけれども、今政府は交通基本法という法律を定めるための準備をしているというふうに報じられています。これは、移動する権利を国民の権利として、いわゆる国民が健康的で文化的な最低の生活をする上で、移動する権利が必要だと。その移動する権利についても、移動する手段を選ぶ自由というのをうたおうとしているようです。

  その中で、特に高齢者の外出の状況やその際の移動の手段のニーズについて、いろいろと論じられていますけれども、小川町では高齢者の外出の頻度、あるいは外出のお出かけ先、あるいはこれから行きたい場所、あるいは高齢化がもっと進んだ場合、必然的にどこに向かうのかなどについて、検討は進んでいるでしょうか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  そのようなことまで、まだ検討、あるいはアンケートまでいきませんけれども、パーセンテージ等の集約はとってございません。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) この検討委員会ができて検討が進んでいるようなのですけれども、それらを検討していく上で、まず4次総の前期では移動することの便利を実現するというふうに書いているのです。

  そのために、具体的にどんなことをやるかについて、循環バスというのを検討すると明文化しているのです。循環バスというのが実現をしていない、その努力がどうであったかは社会的な情勢の変化や住民のニーズなどによって、あるいはこういったことを実施した先進地での経済の破綻、つまり赤字の累積などによってそれらを学んで、そのことをやってこなかったかもしれません。しかしながら、今まさに4次総の後期に入っていく中で、では移動する利便について何にしようかということを、あるいはいつごろ実施をしようか、あるいはその手法はどのようにしようかということを検討していると思うのですが、これについて十分な長のリーダーシップが発揮されていないのではないかというふうに私は考えるのですが、長が後期の5年でやろうとお考えなのか、長の任期中の4年以内にやろうとお考えなのか、あるいはもっと近い時期に実現しようというふうに思っていらっしゃるのか、これらについてもう少し具体的に表明された上で、職員に具体的な指示をなさるべきではないかと思いますが、町長いかがでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  笠原町長。



◎笠原喜平町長 大変大きな課題でございますので、議員のご心配なさることはよくわかるのですが、先ほどのお話の中で、移動する手段を選べると。この選べるというのは、人間の満足度で大変大事なことでございますので、私の専門は商業なのですけれども、商業の施策の中ではこのどれだけ選べるかということ、これが商売の成功、不成功の一つのポイントかなと、こんなふうな勉強をしてきたわけでございますけれども、その満足度をクリアするために、いろいろ4次総の中でも検討しなければならないのですけれども、先ほど来課長の答弁のとおり、とりあえずスタートが高齢者の足の確保ということでございましたので、関係各課でスタートいたしますけれども、町というか役場の中には政策会議というのがございまして、そこでできた原案等は政策会議、全課長たちが参加する中で改めて検討いたしますので、今の段階ではその関係各課だけのスタートで私は十分ではないかなと、そんなふうに思っております。

  さらに、時間的な問題ですけれども、ほかの資料を調べる都合があって、私の前任者の任期の段階の一般会計の総額をちょっと見ていたわけでございますけれども、100億円からの一般会計の予算が計上できる中では、かなりその満足度を満たすための施策は可能ですけれども、今当初予算ですと、やっと87億円の段階ではなかなか十分な満足度を満たすだけの施策は、残念ながらできないのが現状でございます。

  そこで、私新たに皆さん方のご支援をいただいて、4年間の時間をいただいたわけですけれども、可能な限り4年間の中で実現できれば、それが一番いいのですけれども、仮にできないとしてもきちっとした道筋だけはつけておきたいなと、そんなふうに思っています。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 私が、関係するそれぞれの課にお伺いしてお話を伺っても、職員の皆さんが明確にお答えされないと。その中で、長がはっきりやりますという約束はされていないですよねということにやっぱりなるのです。

  今の町長答弁でも、できればなるべく任期内にやりたい、あるいはできなかったとしても道筋はつけたいというようなテンポでお答えになられたのですが、やろうということになったときにどうした戦略で、どういうふうに町の職員が知恵を出したり、汗をかいたりするかということになっていくと思うのです。

  そういう点では、この間もほかの例でも政府の施策が非常に使い勝手がよくなって、それぞれの例えば補助制度などについても大いに、例えば主たる事業のほかに関連する事業、あるいは効果を促進する事業などあって、ソフトの面でも、例えば今回の交通の問題でいえば、それらを走らせてみたらどうなるのだろうかという、社会実験をするだけでも補助の対象になったりしてきています。そういう意味では、世の中も相当変わってきていますし、政権自身もかわって、それに対してもひもつきではなく、やはり長が一括交付されたものをどのように使うかの選択肢がふえていきますし、重点配分もできるようになってくるのかなというふうに思いますので、ぜひ強力なリーダーシップでこれらが早期に実現するような、そういう方向性を示していただけるように希望しておきます。

  続いて、3番の中学生アンケートの将来像を問う問題についてに移っていきたいと思います。中学2年生のアンケートなのですが、将来小川町がどんなふうになってほしいかというところで、「美しい自然を生かした町」だとか、「災害や公害のない安心して住める町」だとかいう回答を見ると、非常にピュアな感じがします。そうした中学生が、次に「スポーツ・レクリエーションの盛んな町」というのを挙げているのです。これは、この間ずっと中学生がこういうことを希望しています。例えば10年前にもこうして中学2年生にアンケートを実施しているのです。そういう中で、やはり安心して住める町というのも高いですし、それから山の美しい自然を生かすだとかというのも非常に高い支持を得ているのですけれども、トップの47.8%の回答が「自然を生かす美しい町」なのですけれども、10年前は2番目に31.4%の人が「スポーツ・レクリエーションの盛んな町」というのを挙げているのです。今回も3番目ですよね。こうした若者が抱いている町の将来像を実現するような夢のある部分も大変必要ではないかというふうに思います。

  とりわけ、4次総でもこの辺のスポーツ、レクリエーションの問題についても、やはり町民の健康づくりということをしっかり受けとめて、いわゆる医療経済学上健康づくりに投資したほうが医療費が削減できるのだという観点に立って、町民の健康やリフレッシュのための生涯スポーツや、介護予防のための体力づくりが重要だというふうに定めてきているわけです。いろんな事務事業が執行されているわけですが、生涯スポーツの分野になるのかもしれませんけれども、こうした5年間の前期の取り組みの中で、こうした事務事業は進んできたのだろうけれども、その中で掲げられている施設の整備、充実の問題ではどうだったでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  施設等の充実度ということでございますが、10年前のこと、あえてそれらを参考にしての施設整備というのはなかなか難しい面がございまして、現状でもいろいろ要望はあろうかと思いますけれども、現時点では現状のまま粛々とさせていただくというような形になろうかと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 何でスポーツ、レクリエーションなのだいということだと思うのです。いろいろ意向調査をしたでしょう。やはり中学生の夢のある回答というのを失わせてしまって、10年前も2番目に取り上げ、今回も3番目というふうに非常に心の奥底からこういう町になってほしいと思っている中学生の夢に対して、大人が財政状況がとか、あるいは今の優先順位から考えたときとか、いろいろな理由で夢が持ち続けられないというようになっていくことを、私は危険だというふうに思うのです。

  4次総の前期でもやはり、もちろんスポーツ振興法などが定めている学校の施設開放だとか、いろんなことを積極的に推し進めてきてはいますけれども、町民体育館だとか野球場だとか、あるいは芝生を持ったサッカー場だとか、そういう意味では施設の充実という点では、近隣の町村にかなりおくれをとっているというふうに思うわけです。

  この辺について、今みたいな答弁だと若者の夢が失われはしないかと危惧しますけれども、その辺はいかがでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  笠原町長。



◎笠原喜平町長 全般的なことでございますので、私のほうからご答弁申し上げます。

  議員おっしゃるとおり、子供の夢、これは大切にしなければならないし、少子化の時代の中では特に今まで以上に力を入れなければならない、十分承知しておりますが、町の状況を10年前と比較された分析、議員さんの分析のほうが正しいとは思うのですけれども、残念ながら小川町の行政の中では子供たちの夢を育てるようなスポーツ施設その他よりも、高齢化の進む中では中高年の健康維持、保持のほうが優先されたと。例えばパトリアのほうが40億円近い予算をかけたわけですけれども、その半分ぐらいで総合体育館ももちろんできます。それから、町営のプールもなかった。森林公園のプールとか、あるいは越生のプールを町民が利用するときに、その割引券ですか、こういったものを配布しながら対応してきたという経緯があるのです。

  これ、ちょっと古くなりますけれども、私が地元で青年層のスポーツ愛好会を預かったときに、小川町はちょうど昭和50年前後からソフトボールが非常に盛んになったけれども、それを練習も試合もする場所がなかなか、学校のグラウンド以外はなかったと。そういったことから、私のほう、地元の住民を中心にしながら署名を集めて請願を出しました。それがきっかけになって、今高谷の総合グラウンドができたというふうな話は聞いておるのですけれども、唯一小川の中でスポーツ関係でいえば町営グラウンドが、これは町民の寄附によって初めてあのグラウンドができたという、そういうふうな経緯があります。図書館もない町でございましたけれども、ようやくそういったものが徐々にですけれども、何とか充実の方向に来ることができたと、こういうふうなのが現状だということもご理解いただきたい、そんなふうに思っております。

  町の施策、先ほどのご質問の中でも、私のほうからは答え切れなかったのですけれども、やはり長年の懸案事項とか、あるいは緊急度の高いもの、こういったものがどうしても優先されてしまったわけでございまして、私の過去8年間の中ではどちらかというと安全安心、これにかなり力を入れてきたつもりでございます。防災、防犯を含めて、こういうふうなものを優先してここまでやってきたと。こういう中では今後、私も教育をかじった人間でございますので、子供たちの夢をしっかり育てるための施策を何とか、どこからか取り組んでいければなと、こういった希望を持ちながら今行政を担当させていただいている段階でございますので、ご理解をいただきたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) やはり町民の健康づくりにしっかり取り組んでいくということは大事だと思います。

  将来そのことが医療費を減らしていくという点で、今はもう医療経済学という分野で盛んに叫ばれていることであって、しかも4次総の前期でもそのことを掲げていると。私も長くスポーツにかかわってきていますけれども、やはりスポーツの振興は施設と指導者だということは、もうだれでもわかっていることですよね。近年は、やはり高齢化に伴っていい靴を履くことと、芝生の上で体を動かすことが大変重要な課題なのです。そういう意味では、やはりいろんな困難な問題ありますけれども、長い視点に立って将来夢を持ち続けられる、そうした町政の運営に当たっていただければというふうに私も強く希望します。

  以上で一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○千野寿政議長 暫時休憩といたします。

                                 (午前10時56分)

                                         



○千野寿政議長 再開をいたします。

                                 (午前11時07分)

                                         

         ◇ 金 子 美 登 議員



○千野寿政議長 一般質問を続けます。

  発言番号6番、議席番号8番、金子美登議員。

          〔8番 金子美登議員登壇〕



◆8番(金子美登議員) 発言番号6番、議席番号8番、金子美登でございます。議長の許可を得ましたので、発言通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

  遊休農地の活用と有機農業の推進について。質問の要旨、世界の食料需給の動向は、確実に過剰・飽食から、不足・欠乏へと転換しつつあります。リン酸、カリ、ミネラルなど、天然資源に依存する資材は価格の暴騰、枯渇の壁に直面するとともに、化学肥料や農薬は野生生物を傷つけ、環境負荷や環境汚染物質として大気や水系に拡散、流出し、地域の環境を壊しています。こうした中で、化学肥料や農薬に依存せず、生きた土をつくり、健康な農作物を育てる有機農業の有効性が幅広く認識されてきました。教育では食育が重視され、地域では地産地消が人気を呼び、農は空前のブームとなっています。

  しかし、多くの人々の心は有機農業の基本理念でもある「身土不二」、人間の体は土と分けることができないという数千年前の仏典由来の哲学的理念でもある自然との共生、食料自給志向を目指しています。端的に言えば、有機農業推進法以降の新規就農希望者の大半は、有機農業志向という状況が広がっています。そこで伺います。

  (1)、小川町の遊休農地、あるいは耕作放棄地の状況はどうなっているのか。その中でも、かつて色分けし、復元可能は赤、軽微は青というように区分けして調査した時期がありましたが、その数値を含めた現状について伺います。

  (2)、耕作放棄地が鳥獣害の温床となっており、その中でもアメリカシロヒトリ対策を検討しているのか伺います。

  (3)、農水省の支援事業で、私たちは月2回有機農業を学ぶ小川町教室として、この15年間で600名を超える人々をお預かりしてきました。その人たちの中で、半農半Xともいうべき自給志向の人たちのために、町で特例なり特区なりを設けて、条件の悪い農地でもいいから例えば10アールでも貸すということは考えられないでしょうか、お伺いいたします。

  (4)、新規就農者で独立するとき一番のネックになるのは、屋外で水洗いができる住宅が少ないということです。それが可能な住居があるか調査し、積極的に借用できるような手段は考えられないでしょうか、お伺いします。

  (5)、「有機農業推進法」を受けて、国は有機農業推進基本方針を策定、2011年までの5年間を有機農業推進第1期として、次期本格推進に向けた条件整備期間と位置づけました。その中で有機農業推進計画を策定、実施している市町村は50%以上とすることを目指すとありますが、当町はどう考えているのか伺います。

  (6)、国レベルの問題かと思いますが、学校給食や地場産業で有機農産物を使う場合に町として多少なりとも支援ができないものかどうか伺います。

  以上6点、よろしくお願いいたします。



○千野寿政議長 金子美登議員の質問に対して答弁を求めます。

  増田産業観光課長、答弁願います。

          〔増田 隆産業観光課長登壇〕



◎増田隆産業観光課長 金子議員の質問事項1について順次答弁申し上げます。

  まず、(1)についてでありますが、小川町では農業委員の皆さんと産業観光課職員により、平成20年10月に全体調査を実施し、平成21年10月にフォローアップを行いました。全体調査の結果でありますが、農林水産省の実施マニュアルの規定で「緑」とされる「人力・農業用機械で草刈り等を行うことにより、直ちに耕作することが可能な土地」が約54ヘクタール、「黄」の「草刈り等では直ちに耕作することはできないが、基盤整備を実施して農業利用すべき土地」が約14ヘクタール、「赤」の「森林・原野化している等、農地に復元して利用することが不可能な土地」はありませんでした。

  続いて、(2)でありますが、確かに耕作放棄地が近年のアライグマ等に代表される有害鳥獣による農作物被害の要因になっておりますことは深刻な問題であり、耕作放棄地の解消は急務であると考えております。アメリカシロヒトリの対策ですが、現在のところ農作物被害として農協及び役場等への相談、苦情等はありませんので、考えておりません。

  続いて、(3)でありますが、議員もご承知のとおり、法令等の制限があり、現在小川町で農家として新規就農する場合は3年以上の農家での研修を経た後、原則50アール以上の農地を耕作する必要があります。

  また、自給志向で家庭菜園程度の小規模なものであれば、「小川町ふれあい農園」を利用していただいております。

  農地の貸し借りについては、法令上の規制がありますので、小川町独自の特例または特区等を設けることは考えておりません。

  続いて、(4)でありますが、小川町の新規就農に関しましては、金子議員を筆頭に有機農業者の皆さんが以前から積極的に取り組まれた結果、近年の新規就農者の大半を有機農業系の方が占めている状況であります。この場をかりてお礼申し上げます。

  ただ、ご質問の農家用の住宅として適当な住居について、住宅団地等を除く小川町全域を調査することについては、個人情報保護の視点から積極的な調査は難しいと考えております。

  続いて、(5)でありますが、小川町有機農業推進計画については今年度中に策定を予定しております。

  続いて、(6)でありますが、有機農産物を使用する利点としては、無農薬無化学肥料で栽培された「安全・安心」な食材であること。その一方で、学校給食等へ使用する場合の一般的な問題としては、その価格と指定された日時に品目と数量が調達可能かどうか。また、大きさや形状のばらつきで調理時間と手間が増すことが懸念されています。

  そこで、町で可能な支援として、今後ホンダ関連等で進出が予想される企業の社員食堂等での使用に関して、小川町の有機農産物を宣伝する等、財政負担の伴わない方策を検討してまいりたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 再質問を許可いたします。

  金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 順次再質問をさせていただきます。

  今課長答弁で、直ちに耕作することが可能な土地は約54ヘクタール、基盤整備を実施して農業利用すべき土地が14ヘクタールということのご答弁がありましたけれども、この遊休農地を解消するために今どのような手だてを考えているか、まず最初にお伺いいたします。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  まず、施策の1点としましては、本年度緊急雇用対策事業を導入いたしまして、耕作放棄地の解消推進委員という形で1人バイトを雇って、現在推進をしているところでございます。

  なおかつ、その推進をしても、逆に借り手が見つからないことにはどうにもならないという中で、借り手の調査等々も現在実施しているところです。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 大変いいアイデアだと思いますけれども、東京から1時間十分ぐらいのところで、あとの質問にも入りますけれども、借り手はたくさんいると思うのです。

  ぜひそこら辺はきっちり調査して、耕作放棄地を解消することを前向きに進めていただきたいと思いますけれども、ちょうど平成20年、遊休農地の全体調査をした年に、私3月議会で一般質問をして、小川町の食料自給率は何%ですかということをしました。お米は32%、小麦が11%で、総合では8%の自給率ですという驚くべき低い数字のご回答があったのですけれども、私重要度を考える物差しとして、なくてはならないものと、あってもなくてもいいものと、あれば害になるものと3つあると思うのですけれども、食べ物なり農業というのは私はなくてはならないものだと思います。

  そして、この食料自給率の低さと遊休農地の多さというのは憂慮すべき現状だと思いますけれども、担当課長はどのようにご判断なされていますか。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  担当課長としても議員同様、同感でございます。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) この件に関しては、環境保全課長も家では農業をやっておりますし、環境保全上の立場からも含めてどうお考えなのか、お伺いしたいと思います。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 お答えいたします。

  やはり環境保全というふうな形で考えますと、草が伸び、あるいは水田に木が生えというふうな形でありますので、なるべく早く解消できるのが本来の形かなというふうに考えてございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 今回の農地の作付等の調査のときに、みんなで農地を守りましょうという全国農業会議所埼玉県市町村農業委員会のチラシが入ってきていますけれども、とにかく遊休農地を荒廃農地にすると大変なお金がかかりますということで、全く私自身も同感なのですけれども、私の農場に隣接してちょうど列島改造の田中角栄さんのときに見ないで買った東京の地主さんが泣きついて、私のところ400アール、竹林で覆われてしまったところを購入して開墾したのですけれども、竹の上は何とかなるので、下の根っこを取るだけで約50万円かかったというのが現状ですけれども、この小川町には赤の「森林・原野化している等、農地に復元して利用することが不可能な土地」はありませんでしたというけれども、その現状は間違いないのでしょうか。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  先ほどのご答弁でも申し上げたとおり、農業委員さん、あるいは町の職員、農協さん、合同で調査をしたので、間違いないというふうに確信をしております。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) そうしますと、この「草刈り等では直ちに耕作することはできないが、基盤整備を実施して農業利用すべき土地」が約14ヘクタールあるということなのですけれども、この14ヘクタールを基盤整備を実施して農業利用すべきということですけれども、そこに基盤整備を実施するという計画等はあるのか、お伺いいたします。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  先ほどご答弁申し上げた、その基盤整備云々の話ですけれども、これは農水省の実施マニュアル、先ほど申し上げました緑、それから黄色、赤の調査の前提が黄色の場合には国で定めている、「草刈り等では直ちに耕作をすることはできない」という基盤整備云々という状況で、ここに答弁申し上げました。

  現実には、議員ご承知のとおり、小川町個々の耕地が狭いと同時に、小川町全体で14ヘクタールという形でまとまった黄色の耕地が14ヘクタールということではございませんので、現実には基盤整備云々は無理というふうに考えています。

  それは、当然大型重機等々で解消するしかないのかなというふうには考えています。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) この黄色の部分の14ヘクタールが、小川町のこれからの農地の復元にとっては非常に重要な面積になるのではないかと思います。後々の質問等に絡めて再質問させていただきます。

  続いて、(2)でございますけれども、鳥獣害の問題の中でアメリカシロヒトリは今のところ苦情がないということで、私の地区でここ3年ぐらい目立っていることで、ほかの地区ではそんなにないのかなと思うのですけれども、とにかくここまで桑園が、もう耕作放棄で放任状態のところに大発生しております。突き詰めて言えば、もう国政の貧困ということにつながるのかと思うのですけれども、もうその農家自身やる気もなくなってしまって、その農地に対するモラルもなくなってしまっているのではないかなと思っておりまして。

  私は、本当は農地は預かり物だと思いますし、きれいに耕して次の世代にバトンタッチしなくてはと思うのですけれども、草刈りもしないで放置したままということに対して、そういう農家に対して、何かこの規制という手だてはないのでしょうか。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  大変難しい質問だと思います。現状私が知る範囲では、農地については農業サイドとすると規制は特にないと。町とすると小川町農業振興連絡協議会の中で、先ほど言った抜根等桑園の立通しになっている、桑園等の抜根等については抜根助成をさせてもらっているという形で、もし議員の近くにあるとすれば、ぜひその辺の推進等をよろしくお願いして、抜根等でやっていただければ、それなりに町も助成をしていきたいというふうに思っております。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 農地に対しては、少し細かく分類すると3つぐらいが一緒になっているのが農地だと思うのです。

  それは、私有と村有と国有というのが1つになったのが農地だと思うのですけれども、日本の場合は私有が余りにも強くなってしまって、自分の土地だから、もうほうっておいても関係ないだろうということになってしまっているのですけれども、本当は農地については私一番すごい整理の仕方をしているなというのは、キューバが1991年からソ連の崩壊とともに食料危機、食べ物も石油も化学肥料も農薬も8割入らなくなってきた中で、当時の国家評議会議長のカストロが有機農業で自給するのだということに国の方針を変えたのですけれども、農地は耕したい人にはまず試験的に貸してみて、さらにきれいに耕していれば私有させるという。しかも、草だらけにして荒らしているところには罰金を科すというような、実にすっきりしているのですけれども、そういうことまで検討していただく必要があるのではないかと。私のところで今困っているのは、村の人がボランティアで草刈りもするから刈らせてくれ、あるいは貸してくれといっても手に負えないということがありまして、そういう点はいろいろな知恵をかしていただきたいと思っております。

  次の半農半Xという言葉を質問の中で使いましたけれども、今20代、30代のライフスタイルとして急速に広まっていまして、その考え方は暮らしの一部に農的なものを取り入れていこうという生き方で、この言葉の提唱者はもうXを転職とも言っていますけれども、つまり自分にとって最もふさわしい仕事、しかもできるだけ地球の未来と子孫の未来を汚さない仕事をしたいということで、その傍らで自分の食べ物の一部をつくるという優秀な方たちがたくさんふえておりまして、小川町にも来て、こういう人たちが小川町でやってくれたらいいなと思うのですけれども、そこでお伺いするのですけれども、自給志向の家庭菜園と、農家資格を取るのには原則50アール以上、3年以上の農家研修ということがあるのですけれども、その中間の10アール、自給志向と自然との共生志向という方がいっぱいいるわけです。その14ヘクタールのうちの例えば1ヘクタールでも10人の人に、その人たちは労をいとわないのです。

  それで、その開墾しながら自給農業をしたいという、そういうことに対してお金はかからないのですから、町長、知恵を絞れないですか、一つ試験的にでもそういうことは農家資格を取らなければ無理ですよということはわかるのですけれども、今の現状の非常に危機的な状況の中では一つの村おこしのやり方ではないかなと思うので、お伺いいたします。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  笠原町長。



◎笠原喜平町長 お答え申し上げます。

  今議員おっしゃったその中間のという、実態の状況が私にはまだよくつかめていないので、何ともこう明快な答弁ができにくいのですけれども、私も少し農業をかじっておりますから、やればやるほど奥が深いなと。あるいは、大変なところもあるけれども、非常にこうやりがいを感じられる農業だなという、まだまだ農業者とすれば入り口程度かもしれませんけれども、もし議員さんのおっしゃるそういうふうなものがいろんな細かい情報があれば、すぐ対応できるということではございませんけれども、ぜひ私どもにお聞かせいただければありがたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) ありがとうございます。

  今冒頭に述べましたように、食料危機というのは間違いなく早晩起こるだろうと多くの人が実感しています。それと、この温暖化、あるいは気象変動等の中で、やはり環境に配慮した農業という中で自給と環境志向という人がたくさんふえていまして、それのニーズというのは非常に高いと思います。ぜひ、またいろいろ情報を提供しますので、ご検討していただければと思っております。

  そういう中で、今のこの小川町だけではなくて、この農業なり食べ物の現状は大変危機的な中では、安全な食べ物を生産するために耕そうとする者はすべて担い手としてぐらい、位置づける必要があるのではないかな。それが、この展望もない農地、農業の中で一つの風穴をあけるのではないかなと思っております。

  4点目に移りますけれども、新規就農者で独立しようというときに、まず田畑は借りられても住宅がどうしても外で野菜を洗ったり、農機具を洗ったりするという住宅がないということです。そういうところを用意した市町村には、せっかく小川町でお預かりして育てても、そっちにみんな行ってしまうということがありまして、何とかならないかなと思っていますけれども、課長答弁では個人情報保護の視点から積極的な調査は難しいと考えておりますということでございますけれども、例えば農業委員さんとか不動産屋さん等とかから、そういうプライバシーまで踏み込まなくてもそういう情報は手に入らないのか、お伺いいたします。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  基本的には、今議員おっしゃるとおり、不動産屋さんだというふうに私は理解をしています。ただ、このいわゆる有機農業で新規就農、有機農業だけではございませんけれども、新規就農で住宅云々という形で、もし見つかるか見つからないかはともかくとして、そういう要望がございましたらば、とりあえず町の産業観光課のほうに来てもらえば、例えばこのくらいの地区であるよ。ただ、これ、先ほども言ったとおり個人情報がありますので、あとは近場の人に聞いてみたらとか、あるいは不動産屋さんに聞いてみたらという程度の紹介は、幾らでもしたいと思っています。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) ぜひそういう前向きに対応していただけますと、小川町から隣の町に行ってしまったということを少しでも防ぐことができるのではないかなと思っています。

  5点目に、2006年12月に国は有機農業推進法を策定しまして、それに基づいて農水省は有機農業推進計画を2007年につくりました。それを受けて有機農業総合支援事業というのが始まりまして、小川町でもモデルタウン、今は事業の組みかえで産地収益力向上事業ということになりましたけれども、お世話になっております。

  そういう中で、課長答弁では今年度中に小川町有機農業推進計画について策定を予定しておりますということで、ぜひ将来を見据えて立派な推進計画をつくっていただきたいと思うのですけれども、2009年2月末だったか、町長さんお忙しい中に今治市に行っていただきました。これは、有機農業の地域連携会議というのが、第1回目が開かれたところですけれども、今治は有機農業を核とした地産地消、学校給食、食の教育ではモデルのまちでもあります。小川は小さな集落ですけれども、ほぼ集落全体が有機農業に転換したモデルに恐らくなるだろうという地区ですので、ぜひ立派な推進計画を皆さんのお知恵をかりながらつくっていただきたいと思っております。

  それで、一つお願いしておきたいのは、この8月25日の農業新聞の記事は課長さん見ましたでしょうか。いよいよ試験的に平成23年と24年に環境保全型農業支払いということが始まります。この中に有機農業というのも一つ支援の対象になっておりまして、今までは農地、水、環境保全向上対策事業ということでまとまった地区、それと環境保全型農業のまとまり要件がないところには支援がなかったのですけれども、個々の有機農業をやっているところにも支援が差し伸べられることになりました。そのためには、特別栽培農産物とか有機JASというのをとらないと、補助金を出すという決め手にならないかと。

  そういう意味では、特別栽培農産物とか有機農産物の検査、認証制度、有機JASを町は積極的に広めていく必要があるように思っていますけれども、お伺いいたします。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  今の8月25日の農業新聞に出ていた記事については、承知をしているところでございます。ただ、まだ具体的に国のほうから、あるいは県のほうから詳細等が来ておりませんので、中身についてはちょっと今それほどの状況は得ておりません。今のJASについては、いろんな会合でもそのJASの話は出ております。

  今後町がどうこうというよりも、農協さんを主体とした中で考えていかなくてはならないのかなという形で私は考えているところなので、農協さんともいろいろ話をしていきながら、JASについていろいろ考えていきたいというふうに思っております。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 農水省が2007年に有機農業推進基本方針をつくりまして、2008年から5年間を調査研究期間として位置づけております。

  今半ばを過ぎまして、来年から2年間こういう環境支払い、環境保全課と農業支払いということが始まりますけれども、その5年を過ぎると本格的に環境支払いということが始まっていくと思うのです。これは、1990年代にヨーロッパが環境支払い、農家の収入は少ないのですけれども、環境に配慮した農家には年間30万円とか70万円、環境貢献支払いというのを出すという施策をとってから有機農業が急に拡大しているのですけれども、そういう時期に入っていくと思いますので、ぜひ農協さんとも連携をとりながら進めていっていただきたいと思います。

  6点目に移らさせていただきます。この6点目に有機農産物を使用する地場産業、あるいは学校給食、あるいは消費者でもちょっと高くて買えない、食べられないよ、食べたいのだけれどもという人のためには、今低燃費車とかエコ家電に国が補助しているのですから、何で食べ物に国なり自治体は補助しないのかなと思うのですけれども、ここら辺はちょっと私はおかしいなと。食べ物、安全な食べ物こそが、あるいは学校給食にこそ支援をするべきだと思うのですけれども、この点お伺いいたします。



○千野寿政議長 増田産業観光課長。



◎増田隆産業観光課長 お答え申し上げます。

  今議員がおっしゃるとおりだと思います。ただ、農産物で、確かに有機、無農薬が安全だということはわかるのですけれども、我々の立場から、行政の立場からすると、昔の農家さんも今はほとんど減農薬、減農薬という形で来ております。片方だけにということにもならないのかなというふうに今私は考えているところでございます。

  ただ、これ大きな問題で、エコカーもそうですけれども、国がいろいろ考えるべきものかなというふうに実は考えているところです。

  以上です。



○千野寿政議長 金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 今治市で学校給食に有機農産物を入れている現場を見せていただきまして、すごいなと思ったのは結構行政は知恵を使っているのです。

  麦は、ほとんど外国産の小麦でパンを焼いているのですけれども、地元産の麦で子供たちにパンを食べさせたいということで、約5割はもう地元産の麦で子供たちは学校給食でパンを食べているのですけれども、そこは市ですけれども、年間600万円パン用の小麦をつくる農家に支援している。市販の麦価格に対して、有機でつくった分足りない部分を支援しているということで知恵を使っております。そういうこと等を考えながら、何とか一般の有機農産物を食べたいという人でも、有機農産物が食べられるようになればいいなと思っています。

  実は、日本の有機農業の提携というのは1970年代に始まりまして、今海外では日本の提携に学んで40カ国に広まっておりまして、ことしの2月神戸で世界の有機農業の国際会議がありましたのですけれども、15カ国から来ましたのですけれども、日本の提携がもう外に出ていって、もまれて、磨かれて、さらに福祉までも取り入れる形で、自治体も一緒に、低所得者も同等に有機農産物を食べられるというような広まりができていまして、改めて日本はこれから海外の提携に学ばなくてはいけないと思っております。

  それで、サブプライムローンに端を発したリーマンショックから非常に工業界は景気低迷しておりますけれども、どうも私リーマンショックというのは、もうこれからは工業を中心に工業製品を海外にエネルギーを使ってどんどん輸出して、外貨を稼いで農産物を輸入するという時代でなくて、工業も農業も地産地消する時代だというように認識しております。小川町で始まっている試みですけれども、地元の農業者と地場のお豆腐屋さんとかしょうゆ屋さん、パン屋さんがともによくなって、それを地域の消費者が支えて、きずなで結ばれる関係なのです。毒ギョーザ事件があってから、私の会社は監視カメラを15台つけましたから大丈夫ですというようなこともありましたけれども、もうこれからはつくる人も加工業者も消費者も顔の見える関係で、きずなで結ばれて地産地消する時代ではないかなと思っております。私もそういうことで、これからも有機農業第2世紀を頑張っていきたいと思っています。

  貴重な時間をありがとうございました。

                                         

         ◇ 山 口 勝 士 議員



○千野寿政議長 続いて、発言番号7番、議席番号6番、山口勝士議員。

          〔6番 山口勝士議員登壇〕



◆6番(山口勝士議員) 発言番号7、議席番号6、山口勝士。

  質問事項1、高齢化の問題をみんなで乗り越えていくために。質問の趣旨、「高齢者の所在不明」問題は、高齢化が急激に進む現状に対して、多くの課題を私たちに突きつける形になりました。そして、また一方で、心のどこかに、「こうした問題が起こってもおかしくない」という、どこかあきらめのような気持ちを広げつつあるのも事実です。今こそ本当にみんなが知恵を出すべきときと言えます。そこで、以下5点伺います。

  (1)、災害時要援護者カードの取り組みは、災害時における援護という必要性から、側面からの高齢者への取り組みとも言えます。現在までの状況と課題、今後の展開をどう考えているのか伺います。

  (2)、配食サービスの現状はどのようなもので、そこから見える波及効果と、逆に課題をどのように把握しているのか。配食サービスを利用している方は、その多くが「買い物弱者」とも言えるのではないだろうか。そこで、配食サービスに買い物支援を組み合わせる方法は考えられないでしょうか、伺います。

  (3)、民生委員の皆さんの活動が、今回の一連の報道の中でも随分と取り上げられました。小川町における民生委員の皆さんの活動状況、とりわけその活動の難しさ、課題を町はどのように理解し、どのような援助、協力をしているのか伺います。

  (4)、デマンド交通システムの導入は、今回の所在不明者の問題とは直接関係してはいませんが、高齢者の皆さんに少しでも地域社会と長くかかわりを持っていただく、またそうした住民の輪や機会をいろいろ広げていくという意味からも、絶対に導入すべきと考えます。現在までの検討の状況について伺います。

  (5)、私は前回の議会で、厳しいけれども、まず「高齢化」というフィルターを通していろいろしっかり見直していく、連携をとっていくことを訴えました。今回のことで行政の限界もはっきりしました。国の制度の立て直し等も起こるでしょうが、町としての「今どういう課題が起こっているのか」、「どういう共助の仕組みをつくれるのか」など、高齢化を逆にプラスに転じていくような仕組みを考えることが大切です。検討委員会を住民の皆さんとつくっていくのはどうでしょうか、伺います。

  質問事項2、今年度で終了する上野台中学校、中央保育園について。質問の趣旨、(1)、上野台中学校の統廃合後の利用について、現状どこまで検討されているのか伺います。

  (2)、中央保育園の終了後の活用について、学童保育を初め、その利用とこれからの活用の将来像、展開について伺います。

  質問事項3、ゲリラ豪雨を体験して、その実態把握と準備を。質問の趣旨、ことしの七夕の24日にまさに「ゲリラ豪雨」を実感させるような大雨が降り、七夕を台なしにしてしまいました。私の松若町の実家の前の道路も、あっという間に道路に水があふれ、歩道の高さを超え、一部のお宅には家の中にまで水が入ってくる事態になりました。そこで3点伺います。

  (1)、今年度から昨年度の「ゲリラ豪雨」の被害等から、気象庁が観測地点を大幅にふやしたと聞きます。その結果、「小川町」という地名が天気予報の中で出てくる場合も見られました。そこで、小川町の注意報や警報発令の実態と雨量について、どのように把握できているのか伺います。

  (2)、七夕の24日を初め、この夏の被害などの状況を伺います。

  (3)、被害までいかなくても、ことしの体験や現実を通じて心配されること、場所はないのか。また、そうした状況を区長さん等に調査する必要はないのでしょうか、伺います。

  質問事項4、ボランティア活動の皆さんのための活躍の場を。質問の趣旨、「共助」という観点から考えた場合、NPO団体までいかなくても、いろいろな形で活動してくださっているボランティアの皆さんの活動を大切にすることは重要です。そして、それらの活動が町の持っているいろいろな可能性を広げてくれるものと考えます。そこで2点伺います。

  (1)、ボランティアとして活動してくださっている個人や団体を町としてはどのように把握し、また現状生かしていると考えていいのでしょうか、伺います。

  (2)、ボランティア活動情報を互いに交流し合ったり、住民の皆さんに紹介したり、体験してもらったりする(仮称)ボランティアフェスティバルを開けないでしょうか、伺います。

  以上4点、よろしくお願いいたします。



○千野寿政議長 ここで暫時休憩をとりたいと思います。

                                 (午前11時53分)

                                         



○千野寿政議長 再開いたします。

                                 (午後 1時00分)

                                         



○千野寿政議長 午前に引き続き一般質問を続けます。

  山口勝士議員の質問に対して答弁を求めます。

  1点目について島田福祉介護課長、2点目、4点目について吉田政策推進課長、3点目について清水総務課長、順次答弁願います。

  1点目について、島田福祉介護課長。

          〔島田洋一福祉介護課長登壇〕



◎島田洋一福祉介護課長 質問事項1、「高齢化の問題をみんなで乗り越えていくために」について順次ご答弁申し上げます。

  (1)、災害時要援護者カードは、災害時に意識不明など会話ができない状態等で救出されたときに、救出された方が病気や既往歴など医療に必要な個人情報や、緊急時の連絡先の記載されたカードを常に携帯していることによって、治療や家族等への連絡ができるというものです。小川町においては、小川町地域防災計画に基づき、区長さんや民生委員のご協力をいただき、平成20年度に災害時要援護者名簿を作成いたしました。名簿は、寝たきりの状態にあるなど一定の条件を満たす65歳以上の高齢者や重度の障害者などを対象とし、本人の同意・申し出により、氏名・住所・電話番号やかかりつけの医療機関、緊急時の連絡先、担当する援護者などを記載したもので、これを全員の名簿を役場・小川警察署・小川消防署などで保管し、各区内の名簿を区長と民生委員が保管し、さらに非常時にこの方を援護する援護者が要援護者個人の名簿を保管しております。

  課題と今後の展開はとのご質問ですが、現在の名簿を要援護者が常に身につけておくことで災害時に限らず、また在宅・外出時を問わず、病気や事故などの緊急時にも活用できるものと考えております。

  次に、(2)ですが、配食サービスは介護保険の認定に関係なく65歳以上の単身、または高齢者のみの世帯で調理等困難な方が対象で、月曜日から土曜日の週5日を限度に昼食を決まった曜日に自宅にお届けするものです。

  配食の波及効果ですが、まずは宅配時に直接本人にお会いしますので、安否確認が挙げられます。次に、とかく高齢者世帯では、食材の種類が少ない傾向があると思いますので、配食サービスを受けることによって、バランスのとれた食事に改善できるものと思います。

  課題の把握は、利用者へのアンケート調査及び関係者による試食会を行っております。課題としては、食の質の向上と配達体制(時間)が考えられます。今後とも味と食材のバランスの向上と、短時間で必要量の配食が行われるように改善をしてまいります。

  配食サービスに買い物支援を組み合わせる方法は考えられないかについては、現在でも介護保険のサービス、軽度生活援助事業と組み合わせることが可能です。その他食の確保という観点から、デイサービスや社会福祉協議会事業の元気食事券及び、民間の食材の宅配業者等のサービスを組み合わせていくことが考えられます。

  次に、(3)、高齢者の見守りにかかる民生委員の活動状況等についてですが、毎年7月に65歳以上のひとり暮らしの方の調査をお願いしております。活動の難しさはとのことですが、民生委員の活動は家庭内に入り込むことも多く、この調査に関して言えば、ひとり暮らしの方を対象としているため、個人情報や相手との相性の問題等で積極的な訪問がしにくい、あるいはできなくなることもあるようです。

  このように訪問しにくいとか、本人からの聞き取りにより町からの協力や援護が必要と思われる場合には、町担当者が直接訪問して、生活や身体の状態をお伺いし、状況によっては配食サービスをお勧めしたり、介護保険の説明をしたりしてサービスに結びつけ、孤立しないよう日常的な見守りができるよう努めております。

  次に、(4)、デマンド交通システムの検討状況についてご答弁申し上げます。国の研究会の報告書が公表され、車の運転ができず、家族の支援も得られずに買い物に困っている高齢者等を「買い物難民」と位置づけるなど、高齢者等の交通手段の確保は重要であると認識しております。

  検討チームの検討状況については、柳田議員にご答弁申し上げたとおりですが、「高齢者等の交通手段確保検討チーム」を4月に設置し、これまでに鉄道、バス、タクシー、福祉有償運送、自家用車などの交通手段の状況と課題、また先進事例のよい点などの研究を重ねています。いずれにしましても、当町における最良の方法について考えてまいりたいと思います。

  最後に、(5)ですが、小川町の人口構成は将来高齢化率40%超えの予想も出ています。また、地域社会のきずなも将来はさらに弱っていくのではないかと危惧しております。高齢化率40%を超える社会の中で、町としても地域で高齢者の方を地域社会の資源として活用することは不可欠であり、同時に生きがいのある活動を展開して、存在感のある人生を送っていただきたいと考えています。

  地域社会のきずなが弱っていくような社会においては、地域の福祉ニーズと地域社会の資源の把握とともに、住民と社会福祉協議会と町の関係各課が地域の福祉ビジョンを共有し、住民参加型の新しい地域福祉活動の仕組みをつくり出すための検討を、まずはしていきたいと思います。

  以上、答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 続いて、2点目、4点目について吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 質問事項2について順次ご答弁申し上げます。

  初めに、1点目についてお答えいたします。上野台中学校は、平成21年12月の議会におきまして議決をいただき、平成23年4月の東中学校との統合に向け、その準備を進めているところです。国は、平成20年6月の通達で、学校の統廃合等に伴う財産処分の手続を弾力化し、廃校施設等の有効活用を促進することとしました。その処分に当たっては、教育環境への配慮をすべきとしています。実際に閉校となるまでは、現に生徒が学んでいることから、生徒に十分配慮しながら上野台中学校の学校施設のあり方について検討していく必要があると思います。

  学校施設は、子供たちに良好な教育環境を提供することを目的に、整備、維持管理してきた施設であります。このようなことを踏まえ、施設利用のあり方等、先進事例を研究しているところであります。

  次に、2点目についてお答えいたします。中央保育園につきましては、ご承知のとおり平成23年3月末日をもって閉園とし、現在年長組1クラス18名が在園しているのみとなっています。その後の利用につきましては、風の子学童クラブ及び第二風の子学童クラブでその施設を利用する計画でございます。今後につきましては、学童クラブと調整を図りながら開設に向けて準備を進めてまいりたいと思います。

  続きまして、質問事項4について順次ご答弁申し上げます。初めに、1点目についてお答えいたします。町としてボランティアを総合的に把握している部署はありませんが、社会福祉協議会にボランティアセンターを設置し、ボランティア登録、広報、ボランティアのあっせんなどを通じてボランティアの育成を図っています。

  次に、2点目についてお答えいたします。住民との協働の町づくりを進める上で、ボランティアは重要なパートナーとなると考えております。そのボランティア間の交流や活動紹介のために、(仮称)ボランティアフェスティバルの開催をということですが、現在毎年パトリアで福祉まつりが行われています。これは、パトリアができてから始まった事業ですが、それ以前から社会福祉協議会の登録ボランティアが中心となって、ボランティアまつりを行ってきました。福祉まつりは、このボランティアまつりとの共同開催として行われてきた経緯があり、祭りの中でボランティア活動の紹介なども行われております。

  そのほか、ボランティア体験プログラム、ボランティア交流会を社会福祉協議会が実施しており、ボランティア間の交流の場や体験の場はありますので、これらをより充実していくことで対応できるのではないかと考えます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 続いて、3点目について清水総務課長、答弁願います。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 質問事項の3、「ゲリラ豪雨を体験して、その実態把握と準備を」についてご答弁を申し上げます。

  議員ご指摘のとおり、このところの異常天候は全国各地で多発しておりますが、本町でも去る7月24日の七夕まつりでは時間雨量79ミリという記録的な大雨が降り、時間雨量だけを見れば過去40年間で例のない雨量となりました。幸い大きな被害は免れたものの、このような大雨に対する備えに怠りがないようにしなければならないと痛感したところであります。これらを踏まえて、質問事項の(1)から順次ご答弁させていただきます。

  まず、(1)の警報や注意報に関するご質問ですが、気象庁では平成22年5月27日から、大雨や洪水などの警報や注意報を市町村ごとに発表するようになりました。これまで警報や注意報は県内を6つの区域に分けて発表されていましたが、現在は発表単位を細かくして注意警戒の必要な地域を絞り込んで、これらの発表が行われています。警戒、注意情報は市町村にも伝えられますが、気象庁等のサイトでも見ることができます。

  また、警報や注意報の発表基準ですが、大雨の場合、警報は平たん地で時間雨量60ミリ、平たん地以外で3時間雨量150ミリに達することが予想されるときに発表されます。注意報の場合は、平たん地で時間雨量30ミリ、平たん地以外で3時間雨量90ミリに達することが予想されるとき発表されます。

  ちなみに国土交通省河川局が本町に設置した雨量観測機器は県立小川高校内にあり、観測所名を小川としておりますが、これらの観測所は全県で69カ所になります。

  また、当該国の観測施設とは別に埼玉県でも県内各地に雨量等の測定機器を設置し、観測を行っております。本町では、金勝山トンネル、パトリア、馬橋の3カ所に設置されております。これらの観測情報も河川砂防課のウエブサイト、「埼玉県河川砂防防災情報システム」で見ることができます。

  次に、(2)ですが、この夏の被害状況につきましては、さきに述べましたとおり7月24日の大雨では、午後8時から9時までの1時間に79ミリを観測いたしましたが、累積雨量では81ミリであったことから、短時間に非常に激しい雨が降ったことがわかります。このときの被害は、わかっているだけで床下浸水17件、町道への土砂流出6カ所、農林道やハイキングコースの洗掘など8カ所、公共施設の落雷被害3カ所、断水2地区などとなっています。

  なお、この7月24日以外のこの夏の大雨による被害ですが、調べた範囲内では道路関係で小規模被害等が数カ所確認されています。

  また、大雨との関係は不明ですが、8月22日日曜日、大字腰越字館の館川ダム東岸町道の上のり面の崩落が幅約20メートル、高さ10メートルにわたって起きており、現在通行どめの措置をとっております。

  次に、(3)ですが、ゲリラ豪雨等により心配されること及び場所はとのことですが、心配されることはきょうまで記録されている豪雨と比較しても、著しく多い雨量がどこの地域で発生するかの予測も難しい中で、局地的に記録されている状況下では今まで考えられなかった場所での浸水被害や、土砂災害等が発生する可能性があると考えられます。ゲリラ豪雨に対しての対応・対策につきましては、大変難しいと考えております。

  また、被害が想定される場所の把握はとのことですが、今日までの大雨での対応と、先日の七夕まつりのときの大雨での判断になりますが、小川町駅前及び県道小川停車場線・乙女陸橋下・国道254号線(大関町地内)・県道熊谷小川秩父線(松若町付近)などで道路等の雨水排水が処理できなかった箇所として想定されます。

  また、台風や大雨等により災害が発生またはおそれのある場合には、今までも各区長に行政区内の状況等の把握をお願いしておりますので、今後も引き続きご協力をいただいていきたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 再質問を許可いたします。

  山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 高齢化を乗り切るため、まず(1)なのですけれども、要援護者避難支援対策の調査ということで、私も国のほうの調査結果のほうの概要を手に入れました。

  その中を見ると、小川町においては全体計画は23年、来年の3月に完成予定で、名簿は先ほどお話がありましたように完成していると。個別計画は策定中ということで、アンケートに関しては報告が載っていました。

  そこで、もう少し突っ込んでお聞きしたいと思うのですけれども、全体計画というのは細かいことは除いて概略とすると、先ほどの答弁にもありましたように、だれがそれを保管して、そしてどういうふうにそれを展開するのかという、そういう内容なのでしょうか。

  さらにまた、個別計画は策定中ということですが、この個別計画というその内容というものはどのような内容で今準備されているのでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 ご答弁申し上げます。

  複数の課にこれもわたる項目でございますけれども、私のほうから代表してご答弁させていただきます。

  まず、名簿につきましては議員ご指摘のとおり、平成20年に既に作成をしました。この名簿には、その方を援護する方、される方、あるいは連絡先等も明記してありますので、これをもって個別支援計画に活用できるものと考えております。

  また、全体計画とのことですけれども、これにつきましても実は小川町行動マニュアルというものを既に、この名簿をつくったときに防災担当のほうで作成をしました。これが作成済みですので、これを活用できるものと考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 済みません、その個別支援の計画というのは、それぞれの名簿が上がった個々に関しての計画と理解していいわけですか。

  個別個別という、その個別の意味合いというか内容に関して、先ほど質問した内容に関して、ちょっと答弁がなかったように思うのですけれども。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 失礼いたしました。

  個別計画というのは、こちらが想定するといいますか、一般的に想定されるものは当初申し上げました、この名簿、名簿にある援護をされる方、いわゆる災害弱者と言われる方です。こちらの方をだれが援護するのかという、相互のその個別の何かあったときにすぐに確認に行って、安否の確認をすることから始まるのですけれども、それでさらに援護が必要であれば援護をすると。援護については、当然近隣、あるいは行政も加わった援護になると思いますけれども、そういった個人の方のその援護計画が個別計画というふうに認識しております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) それについては、その名簿を作成する段階でそういう具体的な、こういうことをしていただくのですよという話が、名簿をつくっていただく段階でちゃんと確認してあるという、先ほどの内容だったように理解するのですが、そうするとそれぞれの支援する方もその名簿が上がる段階で、私はこの方をこういう場合にこういう形で支援するのだなと理解していると考えてよろしいでしょうか。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 そのように認識していただいて結構です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) ただし、先ほどの答弁の中で、このご本人がそれをきちっと持っているかどうかというような内容が答弁の中にあったと思うのですけれども、これを補足する意味で各地で今ペットボトルの中にその内容、また緊急先等を含めて冷蔵庫の中に入れておくという方法が全国で具体的に広がっていますが、この本人が持っているという点に関して、もう少し何か補完しないと、もともとそういう十分に自分の行動が把握できない状態にあるわけですから、それに関しては問題はないのでしょうか。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 確かに議員のご指摘のご質問の中のいわゆるカード、カードという認識とは少しずれるかと思います。

  現実には、名簿といいますか、行動計画、援護者も載ったものがこのA4サイズの紙で援護者、それと行政区ですとか民生委員さんとか関係機関、それとご本人にお持ちいただいております。ご本人がこれを、例えば折って定期入れ等に入れて、財布に入れて保管しておれば、そこである一定の個人情報等は、例えば口がきけないような、意識のないような状態で確認されても活用できるものと考えますけれども、この辺につきましてはこのものをすぐに、既に携行しているということは想定して、まずはつくりませんでした。

  今後またそういった活用の拡充も含めて、検討していく余地は十分あると思います。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうですね、せっかく各区の協力も得ながらでき上がったものですので、またそれがどのように携行されているのか、さらにそれを例えば区長さんがかわったり、実際に支援者がどうなるかということもなかなか難しい状況でありますので、それを年次年次なりである程度確認、またはさらにいいものにしていく必要があると思いますので、今後とも検討をお願いしたいと思います。

  続いて、(2)のほうにいきたいと思います。軽度生活支援事業、要するに買い物についてですけれども、軽度生活支援事業というのはあくまでも介護の認定者が受けられるサービスですよね、その点をちょっと確認したいのですけれども。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  実は、軽度生活援助は介護保険の認定者ではなくて、どちらかといえば、ここにもあるのですけれども、利用者といいますか、その65歳以上の単身または高齢者のみの世帯ということになっていますので、当然もちろん介護認定を受けている方については介護保険が優先されます。それのはざまといいますか、ならない方が具体的には外出、散歩の付き添いとか、あるいは食材の買い物、調理、あるいは庭の草取り、除草作業、このようなものを軽度生活援助員、実際には社協なりシルバー人材センターの職員が当たることになります。

  ただ、介護保険の方でも特にないサービスといいますか、除草作業については介護保険の方でも軽度生活援助を逆に利用できるという場合があるということで、ご理解をいただきたいと思います。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 済みません、私が言葉が整理できていませんでした。

  その地域支援事業みたいな内容がありましたけれども、介護保険以前のそういった利用ができる、どなたでも65歳以上ですか、なれば、その申請をすれば、そのことに関して利用ができるという内容と把握してよろしいのですか。

  もう少しちょっと、その辺の仕組みについて確認したいのですけれども。



○千野寿政議長 関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  先ほど申し上げましたとおり、おおむね65歳以上の単身、または高齢者のみの世帯という、そういうまず枠がございます。その枠の中で、当然このサービスを使いたい方については、もちろん利用することができます。先ほど、議員さんおっしゃっていました介護保険といいますか、地域支援事業の中でも、これと似たようなサービスがございます。それが生活管理指導員派遣事業、こちらは介護保険のほうの地域支援事業の中にあるのです。多分そちらと軽度生活援助というのは非常に似ていますので。

  ただ、違いはどこかというと、生活管理指導員派遣事業は特定高齢者が対象です。こちらの軽度生活援助については一般高齢者といいますか、そちらが利用できますので、やはり軽度生活援助事業のほうが使いやすいということになると思います。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 私の印象を言っては申しわけないのですけれども、私も介護保険自体がわかりづらいというか、介護保険に関してもたくさんの方からいろんな質問を受けますし、その都度行政のほうに行ったりさせていただいているのですけれども、この軽度生活援助事業というのは確かに私の質問に関して、買い物とかそういうものだということで、今答弁をいただいたのですけれども、実際にこういうものがあると知らないのか、または買い物とかというのはもともと行政のところに行くものではない、できないから、そういうものを何かやってくれるようなことがあるのですかと聞きに行く内容と、高齢者のほうがそういうふうに思っていないのかもしれないのですけれども、その辺これ実際に現実的に買い物に行けないのだけれども、そういうことで利用されることは多いのですか。



○千野寿政議長 関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 実際問題として、これから決算の中でも多分出てくると、審査の中でも関係するのだと思うのですけれども、思った以上の利用者ではないと私は判断しています。

  どうしてかといえば、やはりこういうものを利用できる、利用する、あるいは多くの方が介護保険のほうのサービスを利用する確率のほうが高いのかなと、そちらに行っていると。もちろん4月に高齢者のガイドブック、これをつくって全戸配布をさせていただきました。この中にも、このサービスについてはうたわせていただいているのですけれども、やはりまだまだ理解されていない面が多いのかなと。せっかくあるサービスなので、私どもとしてももうちょっとこれだけ、これだけ出したのに波及効果といいますか、本来であればもっと問い合わせがあってもしかるべきだと思うのですが、実際問題としてはまだまだ弱いところもございますので、やはりこのサービスについて、広報等でもう少し使っていただければかなりの部分が。

  ただ、問題としてもしかしたら介護サービスよりも使える時間というのがやっぱり週1回1時間、月4回ですか、そういう縛りがありますものですから、どうしてもこの辺が使いづらいのかなというのがあると思うのですが、ただこれがすっかり同じ、今度介護保険と時間がどんどん変わらなくなってしまう可能性がありますので、その辺のというのはやむを得ないのかなというふうに考えています。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 今の内容からも、私今回のいろんな質問の基本は共助という部分に骨子を置かせていただいているのですけれども、公共で多分受ける側が逆に買い物を頼みたいなといった場合に、どうもその公共のイメージが、先ほども言いましたけれども、弱いのだと思うのです。

  でも、実際には困っている。だれかやってくれないかな。そういう公共の公助の部分と、それから自分でやれるという部分、その間のグレーゾーンの共助の部分にかかわってくる内容なのだと思うのです。したがって、余りそういう介護サービスとかそういう公のほうから出てきた内容としては、もともとそういう意識が低いのだと思うのです。お年寄りだから余計に、いや、だれかに頼みたいけれどもという部分、そうすると、それをまた公共のほうに全部持っていってしまうというところが、また今後のあり方としては決していい状態ではない。したがって、共助という部分をしっかりと買い物とか、それからこの後の交通手段もそうなのですけれども、共助という部分をやっぱり積極的に仕組みとしてつくっていかないと、行政と自助の部分で思いと現実と、それから予算の問題等、なかなかこう仕掛けていかなければ埋まらない問題が次から次へと出てくるようなのが、今の問題を通しても実感しました。

  その辺は、でも今実際にあるものですから、今後いろいろさらに情報提供していただいて、私どもも今回理解させていただきましたので、いろいろ積極的に話していきたいと思います。

  それで、その内容として今の答弁の中では民間の配達等もというような内容がありましたけれども、この民間の配達に関しては今回の答弁の中ではどのようなものを実際には、そこに書いた内容としては理解していらっしゃるのか。また、そういうことが行われているのか、ちょっとこの機会に勉強させてもらってもいいでしょうか。



○千野寿政議長 関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  民間の配達ということで答弁させていただきましたけれども、大きく分けてやっぱり食材の配達と弁当の配達というふうに分かれるのだと思っています。民間ですので当然有料、金額もさまざまだと思っています。具体的にどこまでどういうふうに行われると、細かいところまで把握しておりませんけれども、業者というか実際に行われている業者を挙げてしまいますと、食材の配達ですとヨシケイとか農協及び生協さんというようなものが考えられるのではないかと思います。

  弁当の配達につきましては、ワタミ宅食や、あるいはNPO法人等でもしているというふうに伺っております。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) わかりました。

  次にいきたいと思います。(3)番の民生委員さんに対してなのですけれども、民生委員さんが65歳以上の把握をしてくださっているという内容でしたが、私どものイメージはさらに民生委員さんはそうした結果の中から、例えばこの方には緊急の通報システムが必要だとか、そういう場合に行政の方にお話しに行っても、いや、民生委員さんの確認をとってくださいとか、民生委員さんを通して上げてくださいというお話が行政の方からも出てきます。

  その辺の役割というのは、どのようにお考えになっているのでしょうか。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 議員おっしゃったとおりで、ご指摘のとおり、民生委員さんにつきましては調査で終わることなく、その後のその方の見守り、生活全般に関する見守りができているかというと完璧ではないと思いますけれども、それ民生委員さん自身がボランティアで活動していただいている関係で、自分の職業を持った方もおりますし、時間の制約がある方もありますし、あるいは先ほど申し上げたとおり、相性等の問題もありまして、なかなかずっと継続して結びついているかどうかはなかなか100%とは言えないと思いますけれども、その後のかかわりにつきましてはその家庭内の状況に応じてサービスの、サービスの細かい話ではありませんけれども、サービスの紹介、あるいはサービスとは何かないものかということで、ご本人にかわって役場のほうに来てお問い合わせをいただくとか、そういった活動等もしていただいております。

  また、民生委員に期待しますか、そういったことにつきましては、本当に大変なご苦労とかお世話になっていると私ども認識しておるのですけれども、制度がもうこれ民生委員法は23年に施行されまして、当時と恐らく民生委員に課せられた使命といいますか、ボランティアの内容につきましてはほとんど同じだと思います。昔は村社会ですとか地域社会の中で、お互いに今言った共助、助け合いの中で、お互いにその頼り頼られる関係にあったと思いますけれども、現在はそういった社会が大変希薄になってきておりますので、民生委員さんにさらに期待といいますか、これ以上の負担を強いることにつきましては、なかなか難しいものと思います。例えばその負担を課したとしても、できる方、できない方は相当開きがあると思いますので、その辺につきましてはまたさらに新しい検討が必要だと思います。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうすると、日常的な見守り、またはその人がグレーゾーンと言ったら悪いけれども、そういう部分に関して、やはり制度上からいくとほかにいらっしゃらないですから、民生委員さんがやってくれなかったのだと新聞とかで出ますね。民生委員さんという役割があったのではないかとなりますけれども、これはもう残念ながら日常的なそういうその人との接しとか見守りとか、そういうことになるともう民生委員さんでは限界があるということでしたので、新たなそういう日常的な仕組みを共助という、何度も言っては申しわけない、そういう内容を検討しなければやっぱり埋まらないという認識でよろしいわけですよね。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 そのとおりだと思います。

  ただ、民生委員さん個人でなく民生委員と行政、行政サービスだけでなく、あるいは民生委員を通じてそのご近所の方とのパイプ役、あるいはかすがいになっていただいて、今後またその希薄になった人間関係が取り戻せるような関係に持っていければと考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 次に進みたいと思います。

  (4)番ですけれども、デマンド交通システムについてです。検討チームに関しては、今この議会の中でも何回もお話が出てきました。まず最初に、正直にご報告したいと思うのですけれども、私は先週の金曜日に溝坂議員と一緒に、実際にはいろんな機関がまだあると思いますが、協議会に所属している最新にスタートした団体として、新潟県の胎内市のほうに行ってきました。胎内市で係長、それから担当の主幹という2人から、実際にそれをやるまでの間のいろんな内容を聞いてきました。この中で幾つか特徴的な点を考えると、1つは23路線あったバス路線を廃止しなければならない、余りにも負担が大きいということで、現在は2路線になった。それから、2路線のうち1路線をあえて別な形で、町が持っているマイクロバスにかえたところ、前の状態だったら赤字だったのに、逆に乗る方を明確にすることによって、実はそのバスが黒字になったという例を話していただきました。さらにタクシー業者に関しては、特定のタクシー業者ではなく、まちにあるタクシー業者に連合組織をつくっていただいて、その中で一括やりとりをするようにしたというお話もありました。

  それから、もう一つ驚いたのは、昨年度の1日当たり100名前後だったのですけれども、目標を100名にしたところ、何とここのところ1日166名の利用になっているそうです。

  さらにもう一つは、私どもが最初この議会でデマンドを取り上げたころには、ネットを調べるとデマンド交通連絡協議会が最初に出てきて、余り幾つも出てきませんでした。伊達市とか富士見町とか。しかし、今現在は検討している、または議会で質問した、またはこういう計画案をつくり出したという内容を含めると、非常に驚くべき数になっています。したがって、何が言いたいかといいますと、既に先進事例という段階にはないように私は認識しています。

  各地が先進事例を見てきた、先進事例を見てというふうに言っていますが、既に先進事例ではない、どこが先進事例かもわからないような、そういう段階に来ていると私は認識していますので、そういったことを最初に質問の前段としてお話ししておきたいと思います。

  それで、何度も言って申しわけないのですけれども、検討チームが検討してきているわけなのですけれども、克服する課題という点について、現状という点についてはいろいろ出してもらっているのですけれども、どういった点を克服しなければいけないかという、そういった内容に関しては何か出ているのですか。

  よく路線バスの話は従来もお聞きしましたけれども、そういった内容は今までの検討委員会の中で出ているのでしょうか。



○千野寿政議長 デマンド交通システムに関しまして吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  現時点は、研究中ということでございます。あえて克服ということに今現在協議は進んでいないのですが、あえて申し上げますと、既存の公共の交通機関、あるいは当然バスを含めてですけれども、タクシー等のすみ分けと、それらを挙げれば挙げられるのかな、それらを克服しないと次のステップに行かないのかなということを考えております。

  また、当然すみ分けだけでなくて、現況を踏まえますと共存という形もございますので、それらを含めまして、また当然一番気になる財源的なことも克服の一つではないのかなと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) それで、今来る前にお昼休みにまたいろいろ調べてきたのですけれども、財源的な問題でも既にいろいろ実施したところでは、前年度に比べて3割、4割その費用が削減できたというところもたくさん出てきたようです。やはりある程度研究が進み、いろんなところが始めてくるとアイデアがたくさん出てくるものですね。

  胎内市についても、その協議会のほうの決算書、予算書を見てきました。当初1年終わってみて翌年は心配だからといって予算額をゼロにしたのです、どうなるかわからないと。ところが、当初の見込み、前年度も2,000万円上がったのです。要するに利用者からのお金が。ところが、当然それ以外にかかっている分ありますよ、委託とかそういうのは。少なくとも利用者から上がったお金が2,000万円上がったのです。翌年2,000万円上がったのだから、ではそれを見込んで予算額にすると思ったら、やっぱり心配だと。どうなるかわからないと。したがって、ゼロからスタートしたのですけれども、補正で5,000万円になったのです。歳入の部分で。というふうに、やはり研究というか、もう現実が先に動いているのです。

  そして、もう一つ、私のほうでここで確認したいのは、確かに行政がやるのかもしれませんが、私はもうデマンドは共助の部分になっていると思うのです。行政がやっているのではないのですよ。最初の仕組みは、本当に先日お聞きした係長の人も大変だったと言っていました。交通業者のところにも何回も行った。それから、バス業者とも話をしたと言いました。バス業者は、胎内市に事業所があったのです。それがなくなってしまうのです。だから、事業所の人と話をするときは本当に最初はつらい思いだったと言っていました。しかし、事業所の方も現実にもうバスに乗る人がいないと。そういった中で、現実に路線を廃止ということに踏み切ったというふうに、それもよく話してくださいました。

  そうすると、最初の仕組み、仕掛けはどうしても行政の皆さんのお力をかりるしかないのです。しかし、その後のノウハウとかについては本当にもうどんどん、どんどんその委託された側が現実に工夫をしているのです。胎内市もワゴンバスを動かしています。ところが、申し込みが少ない時間は1年たったらタクシー会社さんが、申し込みが少ない時間に関してはワゴンを動かすとガソリン代がもったいないから、この時間だけタクシーを動かしてくれないかと言ってきたそうです。溝坂さんと私が走っていたら、デマンドの印をつけたタクシーが突然横を通ったのです。あれ、ワゴンではなかったっけかねというので確認したら、いや、あれはタクシー業者さんが工夫したのだと。ワゴンをずっと走らせたら少ないときには時間がもったいないから、この時間は前もって予約が入りますから、その時間はタクシーでやっているのですよ、そのほうが効率的だというので、業者さんのほうがそういうふうに言ってきたのだそうです。こういう段階に来ているのです。

  やはりその辺のことでもう一度共助の仕組み、行政ではできない、でも最初は行政が頑張っていただいて、あとはもう委託された側が本当にいろんな知恵なりノウハウを発揮できる段階まで来ましたので、また住民からの注文が出ても、そこがもう対応できるのです。今言ったそういう内容等を含めて。そういう感じで、もう一度ぜひ検討をお願いしたいと思います。

  次の質問に移りたいと思います。よろしいでしょうか、議長、済みません。



○千野寿政議長 はい。



◆6番(山口勝士議員) 上野台中学校のほうについて、国の統廃合に伴う財産処分の弾力化ということが国のほうから出されて、その中で先ほどの答弁の中で教育的配慮という言葉が出たのですけれども、もう既に学校が終了する。でも、その財産処分に当たって教育的配慮をするようにという、この内容についてちょっと私十分に理解ができないのですけれども、どういうことなのでしょうか。

  子供がいる間なら、その統廃合に当たって配慮をするのはわかるのですけれども、統廃合してその財産処分に当たって教育的な配慮をするようにというような、答弁内容からするとそのように理解したのですけれども、どういうことをあらわすのでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  国庫補助金等を活用して建設した学校施設の閉校後の活用ということで、国が平成20年6月18日付の通知で、有効活用を図るようということで求めておるわけでございます。それらを活用させた答弁ということで、ご理解をいただきたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 子供たちへの教育的配慮ではないのですか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  当然子供たちを含めての配慮でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) ということは、従来そこが地域の教育的な、いろいろな子供たちを含めての教育的な施設であったから、逆にそれが統廃合させて、その施設利用とか、その建物管理だとか、そういうことをする場合でも、そういった教育的な意味をしっかり残しなさいということなのですか。

  それとも、そういったことまでは言っていないのですか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  先ほど申し上げました通知によりますと、学校の統廃合等に伴う財産処分等を弾力化し、廃校施設等の有効活用を促進することとしました。廃校施設等の有効活用を積極的に図っていただくことをお願いいたしますということですので、廃校に至るまでの在籍する子供たちへの配慮と、廃校後は有効活用を図るというふうに判断いたします。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) ということは、現在廃校までに当たっては子供たちに十分、また地域の保護者にも十分配慮するけれども、その後についてはやはり積極的な有効活用をするようにという、そういうことでよろしいのですね。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  議員おっしゃったとおりだと思います。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうしますと、具体的に幾つか確認。

  まずは、その計画ができればいいのですけれども、なかなか難しい問題だと思うので、そのきちっとした利用ができるまでには時間がかかるものだと思います。それでも急いでやらなければ地域がどんどん、どんどんしぼんでしまうと思うのですけれども、具体的に、例えば体育館などの貸し出しとかについてはどうなるのですか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  体育館については、町民の皆様のスポーツ活動の拠点として非常に重要だと思います。しかし、現時点ではまだ活用方法が決まってございません。そういうことから、具体的に申し上げることはご容赦願いたいと思いますが、しかしながら本格的な活用が始まるまで、その始まるまでは移行期間中の暫定的な利用ができるようにということで、今後の検討委員会で協議をしていく予定でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうすると、体育館を含めてある程度の方向が決定するまでは、体育館だけではなくて、いろんな維持管理だとか、草むしりも含めて。また、あと人が住まないと一気に荒れてくるということになるわけですけれども、その辺の管理や予算についてはどのようになるのですか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  来年の4月以降につきましてですが、学校施設ではなくなるかと思いますので、その正式な活用に至るまでは当然その学校施設の維持管理費用がございますけれども、その庁内の検討委員会で決めていきたいと、そのように考えております。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうすると、先ほど国の通達にもあったように、施設の有効活用が大きなやっぱり第一の目的になると。

  なおかつ、学校がなくなった後、地域もそこをいち早く、子供の声が聞こえなくなったかわりにだれもいない、草はどんどん生えてきてしまう、そういったことを避けたい。そして、もう一つはいろんな維持管理に関しても、おくれればおくれるほどお金がかかって、当然予算的な計上が必要になってしまうと。

  そういった点から考えると、やはり余り早々に決めるのはよくないとはいえ、早々にその活用、有効利用を決定しなければいけないという点、そういう認識では同じですよね、その点確認します。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  そのとおりでございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そして、その場合には、先ほどの通達にもありましたように、あくまでも有効手段ということですので、それぞれ個々のいろんな意見は当然出てくると思うのです。

  いや、学校だったのだから、何かそのままのが、子供がいるような場所のほうがいいとか、いや、お年寄りの施設がいいとか、いろんな意見は出てくると思うのですが、やはり有効手段ということを考えると、余りそうした教育とかにこだわらない、いろんな可能性を模索するという点ではよろしいのでしょうか。



○千野寿政議長 吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  今議員がおっしゃられたことを踏まえながら、検討していきたいということを思います。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) それでは、最後に、今現在の子供たちが東中学校に来年から通学することになります。

  現状の子供たちの受け入れ態勢、または受験などの場合の心配等、その辺に関してはどうなのでしょうか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  上野台中、東中、両校の生徒たちに対しては、統合後の学校生活に不安のないよう、両校の校長を中心に全教職員で取り組んでいるところでございます。一例としまして、クラブ活動等についてですが、統合が決定しましてから以前以上に練習試合、それから合同練習をしております。幸いといってはなんですが、ことしは東中の体育館の耐震工事がありましたので、東中の体育館が使えない期間、東中の生徒は上野台に行って練習をするということで、4月からのスタートに円滑に進むよう配慮しているところでございます。

  受験等ということでお話がありましたが、受験についても昨年度両校の各教科の教科担当が積み残しのないよう、それから重複する内容のないよう教育課程を組みまして、今年度両校の生徒によりよい計画のもとに指導を進めているところでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 先生方のご苦労に心より敬意を表したいと思います。また、よろしくお願いいたします。次に進みたいと思います。

  学童クラブのほうに進んでよろしいでしょうか。



○千野寿政議長 はい。



◆6番(山口勝士議員) 学童クラブの跡地の施設に関してなのですけれども、もう時間がないので端的にお聞きします。

  どうも今回のいき方、やり方というのを印象でいくと、何かおっつけおっつけで来てしまっているような気がします。というのは、学童クラブをあそこの小学校の中につくっていただいたのは、学童クラブの人数が多いと。したがって、一日も早く第二学童をつくってほしいという思いも確かにありました。と同時に、各地で学校利用、学校の余裕教室というのですか、余裕教室を有効に活用すべきであるという、そちらの趣旨も私どもはこの議会と厚生文教委員会のほうでも盛んに言わせていただいた点です。

  そうすると、これで学童が保育園に移ってしまうと、例えばトイレ一つとっても小さい子供の小さいトイレしかないですから、またトイレを恐らく高学年ぐらいも使えるように改築しなければならない。そうすると、何かこう、それでいてまたあそこは非常にいい施設もあるからいろんな活用方法も考える。ところが、一回学童にしてしまうと、また活用がなかなか進まなくなってしまう。どうもこう、その辺に関してどうなのだろうかという点があります。

  具体的にお聞きします。仮に中央保育園に移った場合に、今の第二学童の教室はどのようになるのか。それから、今第一学童として使っている住宅はどうなるのか。

  さらに、もう一点つけ加えて、消防署が移転します。消防署の土地は、土地自体は町の所有だと思うのです。あのトータルな意味での広い公園として考えることができるのではないか、中央保育園を含めて。そういった観点から、その辺のお考え、またその辺の検討はされた上でのことなのか、お聞きしたいと思います。



○千野寿政議長 前段につきまして福田子育て支援課長、後段につきましては吉田政策推進課長、順次答弁を願いたいと思います。

  最初に、福田子育て支援課長。



◎福田一夫子育て支援課長 前段につきましてお答え申し上げます。

  現在学童保育で利用している小川小学校の教室につきましては、学校運営上教室として活用することが必要なため、平成23年度に中央保育園に移転した後、速やかにもとのとおりにして小川小学校の児童が利用可能な教室に戻す予定です。

  小川南区画整理地内の風の子学童クラブの土地、建物につきましては、今後のあり方について庁内で検討してまいりたいと思います。

  以上でございます。



○千野寿政議長 続いて、吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  確かに議員ご指摘の小川消防署、また中央保育園の土地につきましては地続きであり、一体的な活用をすることは可能かとは思われます。しかしながら、保育園施設の有効活用、また学校運営上学童クラブの運営の観点から広域等々も、まだ具体的な協議はなされておりませんので、その点ご理解を賜りたいと思います。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 正直今教室に戻るという説明は、ちょっとびっくり。子供はふえていないと思うのです、学級数。学級数ふえていないと思う。ただし、いろいろ少人数教室とかというのいろいろあるのだと思うのですけれども、疑問符だけ投げかけておきたいと思います。

  さて、その今の消防署の問題もありました。せめて今、高齢者の問題がこの中でたくさん出てきた、高齢者が例えばふれあいプラザに行けない、パトリアに行けない、それからふれあいプラザで健康、歩く練習しているけれども、あそこまで行けない。そうしたら、本当に町内のコンパクトシティで体を鍛えたり、少し筋トレしたり、そういうことができる施設としても、あれだけ教室が3つも4つもあるのだったら考えられると思うのです。ところが、学童にしてしまったら子供たちがいるから、子供たちの危険を考えると外から人は入れられないとか、発想がまた貧弱になってしまうと思うのです。貧弱と言ったら失礼なのですけれども。

  やはりその辺もう一度、第一学童の住宅の跡地についても検討するということですから、順番がちょっと何かおかしいのではないかな。とりあえず移して、またその跡地の利用は決まっていない、また検討委員会です。動かして、またそれは検討委員会です。これでは、なかなか町づくりとして持っている課題に関して総合的な計画が進まないですよ。

  もう一回、ちょっとこの辺、課長会議なり部内でぜひお互いの率直な意見を言い合っていただいて、学校がどうのこうのではなくて検討していただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

  続いて、ゲリラ豪雨のほうに移りたいと思いますが。



○千野寿政議長 はい。



◆6番(山口勝士議員) 今回の雨に関して、いろいろ小川町のほうに個々に具体的に丁寧にいろんな注意報、それから警報が出るということは非常によくわかりました。

  ということは、具体的なそれだけの警報、注意報が小川町として出るということは、それに伴って、そういった内容に関して町としてちゃんと対応しなさいということが裏側にあるのだと思うのです。その点に関しての認識とお考えについてお願いします。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 ご答弁申し上げます。

  警報と注意報等が出たときの町の対応でございますけれども、差し当たり警報が出た場合は総務課の防災担当が詰めるようにはしております。ちなみに今年度は、たしか7回の警報がこの夏に出たと思います。注意報については、8月の末まで27回ぐらい出ております。注意報の場合には、申しわけないのですけれども、対応はとっていませんけれども、警報についてはそういう形でとっております。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) それは、従来の対応では済まされない、そういう部分的な急に起こる内容だからという趣旨で、今回そういった各市町村に出るようになったと思うのです。

  したがって、そういう部分での対応の違いは従来のいろんなそういった台風とか災害の対応とは当然違ってくるのではないか。または、もともと警報が出たことによって来るという体制が今回とられたわけですか。



○千野寿政議長 清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 もともと、もうそのときに応じてもちろん詰めました。ですけれども、今回はその辺はさらにきちんとそういう形にしたということです。

  それから、先ほどの大雨警報の回数でしたけれども、これは申しわけない、7回ではなくて5回でした。注意報については27回ということです。ちなみに雷警報が46回出ております。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) それで、実は先ほどお話ししました、私の実家の松若町が台風のときに一気に水がふえまして流れました。

  前のうちに水が入り込んだのです。翌日七夕の後でしたので、皆さん方が本当に七夕のササ飾りのごみとかを片づけてくれたときに、実はこうだったのだよという話になったら、すぐにあの袋……

          〔「土のう」と言う人あり〕



◆6番(山口勝士議員) 土のうです。土のうを町の方が届けてくれたと。そういう内容を、そういうものがあるのだよということをお聞きして、とても喜んでいらっしゃったのです。

  そうすると、そういったことというのは土のうとか、そういったものが対応としてあるわけですね。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  建設課、総務課もそうなのですけれども、一応災害用の備蓄ということで雨水等の被害から守るために土のうということで、建設課としては常時すぐ使用可能なというか、もう砂等が入っている土のうについては現在450個ぐらい常備しています。そのほか袋だけで、ものがあればすぐ対応がとれるというものが建設課で今3,200枚、総務課のほうでも1,400枚程度準備していますので、それとあと材料的に砂のほうも多分10立米ぐらいはストックしてあると思いますので、その状況に応じてそのものをつくってお配りをするということは、対応はとれると思っています。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 今回の雨の中で、最近テレビでよく出るのが、もう自分のうちで土のうを用意していて、特に都内なんかの23区なんか。

  そういった観点から、小川町でも今回の状況等を踏まえて、やはりそういう土のうをある程度もう置いておいたほうがいい、または確保しておいてもらったほうがいいというような地域というのは、そういう申し入れなり、またそういうお考えの場所というのはあるのでしょうか。



○千野寿政議長 長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  答弁書のほうでも書かせていただいたとおり、現実的にその七夕のときの大雨等で被害が出たのがそういうような状況のところで、主に町内のところなものですから、常時その土のうを完備していただくのも、それは大変ありがたい話なのですけれども、通常邪魔になる場合が大変多いと思います。

  それで、今までの例でもやっぱり浸水しそうだよというご連絡をいただいてお配りをするのですけれども、水が引いた後は邪魔だから片づけてくれというのが現状なものですから、その辺の取り扱いについてはいろいろちょっとご相談をいただきながら対応はさせていただいています。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 実情はよくわかりました。

  それで、一つ前から、ここでも何かほかの議員の方からも出てきました、小川の駅前にはどうやっても水が一気に集まってきてしまう仕組みになっているのではないか。特にグリーンヒル、大塚の地区のほうからの水が上手にほかにはけなくて、とにかく一気にあの排水から町なかを上手に抜けていけばいいのですけれども、町なかのところを抜けて、その排水が駅前を抜けて、また下小川のほうに行くもので、やはりあの辺からの排水を一回どこかで逃がさないと無理なのではないかというようなご意見も聞いたので、その辺は町のほうはどのようにお考えなのでしょうか。



○千野寿政議長 長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  たびたび、今までも駅前のところでそういう被害が出てきましたので、二、三年前だったと思うのですけれども、県土整備のほうにお願いをして、駅のすぐ南側の水路から役場の裏に通っている水路までを、ちょっとバイパス化する水路を入れていただいたということで、大分その解消はしてきました。

  ただ、ことしの七夕のときはそれこそもう記録的な雨だということと、駅前の停車場線も歩道のほうが車道より上がっている状況で、民地側に側溝が入っているということで、道路上に降った雨を全部吐かせるだけの能力を超えた雨量が出てしまったということで、今回被害が出てきたということが想定されます。

  それとあと、乙女陸橋のところも、そういう面で役場の裏を通っていく水路と、駅の南側を通っていく水路がそこで合流するものですから、これもやっぱり記録的な雨になってくると、そこでうまくはけていかないということで、一時的な冠水が起きるということで、これも将来的にはその水路の改修とか方法を見ながら検討はしていきたいと思っていますけれども、現状だとちょっと対応については、どう考えるかというのをちょっと考えていくというところでございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) わかりました。

  なかなか難しい対応なのですが、ただ1回床下浸水、またさらに1回入ってしまうと商売やっているうちなんかだと、これ何十万円、何百万円の被害になってしまいますので、何とか、せっかくいいチャンスを、逆に今回チャンスを与えられた、なかなかこういうのというのは現実に起こらないと、そのデータにしても情報にしても集まらないのは事実ですので、数値上だけではない。

  ところが、今回は逆にある面事実が提示されたわけですので、確かに予想もしなかった内容かもしれませんが、予想もしない内容がことし、この天候にしても起きているのは事実ですので、それに関してはまたぜひ前向きに検討していただきたいと思います。

  以上で、私の質問を終わりにします。どうもありがとうございました。



○千野寿政議長 暫時休憩といたします。

                                 (午後 2時07分)

                                         



○千野寿政議長 再開いたします。

                                 (午後 2時19分)

                                         

         ◇ 溝 坂   浩 議員



○千野寿政議長 一般質問を続けます。

  発言番号8番、議席番号7番、溝坂浩議員。

          〔7番 溝坂 浩議員登壇〕



◆7番(溝坂浩議員) 発言番号8番、議席番号7、溝坂浩です。議長の許可を得ましたので、一般質問をさせていただきます。

  質問事項1、子ども議会開催について。質問の要旨、本年6月第2回定例議会において議会運営委員会報告のとおり、熊谷市では子供の人権、子供の社会参加、子供の声を市政に生かしたいとの思いから毎年10月に開催。笛吹市でも、市の将来を担う子供たちの意見をまちづくりに反映するため年1回開催。1回目は、市のシンボル「木」、「鳥」、「花」の選考にあったようです。

  ことしの夏休みには、深谷市子ども議会が開催、市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」の活用法や市の環境対策など、まちづくりに対する提言でした。

  調査研究のまとめにありましたように、「子ども議会」開催の意義は、生まれ育った町の将来を支え、発展させる責任を負う子供たちの意見を反映するものであり、次代を担う人材を育成する意味からも、当町においても早急に子ども議会開催をと提言しているが、いつ開催できるか、年内の開催はどうか伺います。

  質問事項2、校庭の芝生化について。質問の趣旨、校庭の芝生化は、子供の体力向上やけがの防止、騒音の低減、また地面の吸収性を向上させ、砂ぼこりを抑えるなど教育、健康保全上の効果が挙げられているほか、温度上昇(ヒートアイランド現象)の抑制など、環境対策としても注目を集めています。

  現在では、昔と異なり安価で手入れが容易で、成長も早い品種に改良されております。維持管理も住民の手をかり、学校と保護者、地域住民、スポーツ団体等、協力して行っております。

  当町も校庭の芝生化に着手すべきと思うが、お考えを伺います。

  以上2点、よろしくお願いいたします。



○千野寿政議長 溝坂浩議員の質問に対して答弁を求めます。

  1点目、2点目とも大宅学校教育課長、答弁願います。

          〔大宅雅臣学校教育課長登壇〕



◎大宅雅臣学校教育課長 溝坂議員の質問事項1についてご答弁申し上げます。

  ご指摘のとおり、子ども議会の開催は、生まれ育った町の将来を支え、そして発展させる責任を負う子供たちに地域への意識を高める機会になるとともに、子供たちにとってコミュニケーション能力の育成や規範意識の醸成をするという視点からも役立つものだと認識しております。しかし、実際に実施するとなれば、当然のことながら主催する側としてきちんとした準備、対応をして臨まなければならないものであると考えます。

  実際に実施している市町での課題としては、夏休み中の実施であるが、該当学年全員の質問書の中から代表児童を決定し、議員として参加する児童に対して、質問内容の校正や発表の仕方等に多くの指導時間を要せざるを得ない。

  各学校から出される質問が、学校生活への質問が中心となってしまい、市政、町政との関連づけをすることがなかなか困難である。

  質問内容が同じような内容となってしまうため、毎回質問内容を調整するのに苦慮している。

  議会の体験は有益であるが、回を重ねるに従って、やや形骸化しているなどが挙げられます。

  このように準備の過程では、児童生徒の在籍する町内の小中学校に多大な協力を依頼することが必要になってまいります。

  ご案内のとおり、教員勤務実態調査結果を見るまでもなく、現在教員は大変多忙な状況の中で勤務しており、各教科の指導や生徒指導を初めとした本来の職務を十分に果たすことが厳しい状況もあり、事務負担の軽減を早急に図る必要があります。

  教育委員会といたしましては、その解消に向け、校内における行事の精選、職務分担の見直し、学校全体の業務の合理化、スリム化に向け、これまでも指導してまいりましたが、引き続き指導していく必要があると認識しております。

  また、子ども議会を開催するということについて、学校現場からの声を聞く必要があるのではないかという点もあります。ご案内のとおり、各学校ではその年度の教育活動について前年度から十分な時間をかけて、児童生徒にとってどの時期にどの教科、どの領域で何をどのように指導するか、そのためのよりよい指導計画、よりよい指導方法を目指して議論し、決定し、進めているものでございます。特に今年度は、小学校では来年度完全実施、中学校では平成24年度から完全実施の新学習指導要領の円滑な実施に向けた体制づくりもしているところでございます。

  子ども議会開催についても、やるからには効果を上げたいですし、上げるためにはそのような学校現場の実態を考慮し、開催について学校現場からの生の声を聞き、十分な検討をする必要があると思います。

  最後にもう一点、会議の形態につきましても、子供が質問し、行政側が答えるスタイルもあるでしょうし、1つのテーマをもとに子供同士が議論するものなど、さまざまな形態がございます。また、議会に参加させる年代も実施している市町によって、小学生だけ、中学生だけ、小中学生、小中高の混在などあります。参加する年齢、学年等の適正化なども含め、小川町に合った子ども議会はどんなものがよいのかという十分な検討も必要であると思います。

  以上、申し上げました懸案事項について検討を進めるとともに、子ども議会を実施している市町の実践例をもとに、子ども議会の開催については時間をかけて研究を進める必要があると考えますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  質問事項1については、以上でございます。

  続きまして、質問事項2についてご答弁申し上げます。議員さんご指摘のとおり、校庭の芝生化は、けがの防止などの教育上の効果と校庭の日差しの照り返しの制御、砂ぼこりが上がらないなどの環境上の効果も期待できるものと認識しております。しかしながら、芝生化には多額の整備費と管理維持費とともに、維持管理のための労力はもちろんのこと、知識、ノウハウを持った人材の確保、造成中及び造成後の養生として数カ月間校庭を使用制限することなど、課題も多くございます。

  校庭の芝生は、ゴルフ場や競技場ほどには均一性も繊細さも求められないし、多少雑草が入っても構わない、だから簡単にできるのではと思われがちですが、多くの学校では競技場よりはるかに大きな踏圧を受け、それを限られた予算で造成と管理を行わなくてはなりません。

  議員さんからご提案いただきました「安価で手入れが容易で成長も早い品種で」という方法を調べましたところ、現在「鳥取方式」という方法が初期の投資も管理コストも低く抑えられ、管理も比較的簡単にできるということで注目されているようであります。しかし、当然のことながらそれなりの手間は必要です。夏の間は毎日の散水、週1回の芝刈り、肥料の散布などをきちんとしなければなりません。これらの管理は、たとえ保護者、地域住民、スポーツ団体等の協力があったとしても、学校にとっては大きな負担になります。これらの現状を踏まえますと、校庭の芝生化には次のような課題が生じてきます。

  まず、先ほどの子ども議会の開催についての答弁でも申し上げましたとおり、芝生の維持管理のために教職員へ負担を強いることは無理があると考えられます。

  また、小学校でも中学校でも体育科で扱う運動種目は数多く、校庭に引くラインは毎日のように補充やかきかえが必要となります。さらに、一般住民の方々やスポーツ少年団等への開放においてもさまざまな用途に使用されるため、芝生化をした場合、体育授業や体育的な活動、施設開放事業が円滑に進められないことになっていきます。

  小川町では、スポーツを愛する人々が多数おり、小中学校の校庭が高い頻度で活用されています。昨年度の小中学校年間の利用延べ人数は4万5,543名で、1校当たり平均4,500名、小川小と大河小については、夜間の使用も年間120回程度あり、十分な芝生養生期間を確保できず、芝生の維持管理をすることが難しい現状にあります。

  また、教職員の負担軽減の課題とも大きくかかわりますが、維持管理のノウハウを持った人材確保や、将来にわたり維持管理を継続していくため保護者、地域住民、スポーツ団体等利用者と協力した組編成が新たな課題となります。

  予算的な措置については、現在文部科学省による屋外教育環境整備事業に関する国庫補助、スポーツ振興くじによる助成を受けることができるようになっていますが、芝生維持管理費については補助の対象外であり、芝生化に伴って導入が必要なスプリンクラーや芝刈り機などの予算も対象外となっておりますので、多額の予算の確保という課題も生じてきます。

  今後校庭の芝生化につきましては、先進的な取り組み事例やノウハウ等の情報収集等も行っていきたいと考えておりますが、以上申し上げました点を勘案しまして、現状においては極めて困難であると認識いたしております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 再質問を許可いたします。

  溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 再質問いたします。

  まず初めに、この1番目の子ども議会の開催についての最後にありますように、お断りの文、お断りというか答弁なのですが、「以上、申し上げました懸案事項について検討を進めるとともに、子ども議会を実施している市町の実践例をもとに、子ども議会の開催については時間をかけて研究を進める必要があると考えますので、ご理解を賜りたい」というふうにあります。

  芝生の件では、最後に「以上申し上げました点を勘案しまして、現状においては極めて困難であると認識いたしております。」という、芝生のほうはもう完全否定というか、もうそういう感じなのですが、子ども議会のほうは、何かしっかりこれから時間をかけて研究する中ではやっていけそうだと、このように理解をしているのですけれども、その点いかがなのでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答え申し上げます。

  今ここで必ず開催の方向でというお答えは控えさせていただきたいと思います。先ほど答弁申し上げました懸案事項を実施している市町の実践例をもとに研究を進めた後、方向性を見出していきたいと考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) と申しますと、芝生化もそのように理解してよろしいのでしょうか。



○千野寿政議長 溝坂議員、質問事項1点ずつでお願いできれば。



◆7番(溝坂浩議員) わかりました。



○千野寿政議長 よろしくお願いします。



◆7番(溝坂浩議員) 失礼しました。

  それでは、質問事項1の子ども議会のほうを中心に、まず再々質問させていただきます。今いろいろこれだけの長いご答弁をいただきまして、また答弁していただきましてよくわかりましたのですが、今まで実践した学校の中でいろんな課題が出てきて、それを今課長のほうでこんなような課題がたくさんあります、このように出ております。

  こういう課題が出ているということは、次にやるときにこの課題をしっかり消化していくという、そういう中では十分に課題のところではやれるのではないかなというふうに思っているのですけれども、この課題についていろいろ検討なさったのでしょうか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答え申し上げます。

  先ほど申し上げましたように、実施の方向でということはまだ考えておりませんので、実際にやるとなるとこういう課題があるということで認識をした程度でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 何か今後ろのほうから聞こえたので、これ実は平成5年11月13日に小川町でも小学校6校の代表の方が5名ずつ出て、30名の議員がここで1度やっております。そのときに、この答弁書にもございますが、この議会の会議録を見る限り、その30人の子ども議員が提案を、議会でこの一般質問をしているのですが、ダブっているところがない、本当に真摯にこの町のためにいろいろ考えている、そういうところが見受けられました。

  そういうところからいきましても、そういうここにこれから実施の課題の中に同じテーマとか、また何度もやることに対してだんだん形骸化されるとか、マンネリになるとか、いろいろ書いてありますけれども、今課長もそこの初めてあった平成5年の議事録を持っているようですけれども、それを見ましてどのような感想を持ちましたでしょうか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答え申し上げます。

  これ、議会事務局で保存してあったものをお借りして、私も見させていただきました。今お話しいただいたように平成5年11月13日に開催、小学校6年生を対象に午前9時開会、12時28分閉会ということで3時間半ぐらいでしょうか、の開催であったというふうに認識しております。13日に向けて9日の日にはリハーサルをしたというような内容も書いてあります。

  細かく全部を見たわけではありませんが、要所を見させていただいて、子供たちの内容についてはなかなかしっかりした質問内容だったなというふうに感想を持ちました。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 最後に、議員の一般質問なさった方の感想文も載っております。

  その中の感想文を見ますと、本当に小川町の中だけれども、やはり今までは自分の学校だけで友達といろんなことを話していたけれども、同じ町の中の他の学校の児童ともいろんな交流ができたと。貴重な体験ができたと。また、なかなかできない体験ができた。子ども議会からこの一般質問をした、そういう中から町が変わればいいと思った。一生の思い出になった。また、役場の人たちが本当に住民のためにいろいろ考えているのだな、こういうこととか、もう一度やりたい。また出たい。他の学校の子供がいろいろ考えていることがわかり、すばらしかった。こういうような感想文が載っております。

  これを、なぜ平成5年の第1回で終わってしまったのか、どうして続けてできなかったのかなというふうに思っているのですけれども、そこら辺のところをどう思いますか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  ご案内のとおり、私は平成5年にはこの内容にかかわっておりませんし、継続できなかった経緯というのは明確にはわかりませんが、憶測でお答えするのは大変失礼かもしれませんが、先ほど私が申し上げました学校への負担を含めた、懸案している事項があるために継続ができなかったのではないかというふうに考えております。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) そういうこともあるかもわかりませんけれども、私この議事録を見て、これは子ども議会の議事録ですので、子供の議員だけの問題だと思うのですが、これをやったときの、17年前になりますけれども、当事者、ここに携わった教育委員、そのときの学校関係の行政の方、また各学校6校のこれに携わった、そういう方の子供と同じく感想というのですか、こういうことがよかったという、そういうことというか何か、大宅さんは確かにいらっしゃいませんでしたし、私も現実にこのときには議員でもありませんでしたし、よくわかりませんが、こういうときの何かこういう携わった方というか、17年前の方の教育関係というか、いらっしゃるのでしょうか。

  今執行部の中では、だれもいらっしゃらないですかね。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 私も承知しておりませんし、どなたが承知していたかも確認は今のところはとれておりません。

  以上です。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 議会の議事録というか会議録ということでは、しっかりしたものがありますが、やはりそこに携わった方のものは確かにないかもわかりません。私のほうの質問がちょっと違っていたと思いますけれども、やはり1回限りで、ただ子供たちというか学校の先生が本当に手間をかけて大変だったから、もうやめてしまおうという、そこはちょっと、そういうことがあったかもわからないけれども、それだけの問題ではないなというふうに思っております。もちろんこのことについては17年前のことですので、終わります。

  ただ、みどりが丘小学校から4人ほど出ていまして、その子供たちが今どうしているかということで私も何人かに聞いてみました。12歳のときからで17年でもう29歳になるのです。子供さんはうちを出ていらっしゃらなくて、お母さんに聞いた話があるのですけれども、ともかく子ども議会に出るのだということで、自分が議員に代表で選ばれたということで、もう毎日のように質問事項を大きな声で読んでいたという、本当にあのぐらいあの子が目を輝かせたことはないというお話ししておりました。

  そうですね、なかなかこれ専門的なことも書いてありまして難しいのですが、今の小学校6年生、新しい社会というか、このいろんな社会の問題というか、議会のことや町の商店のことやいろんなことが今新しい社会というところで学ばれるのです。そういう中で、ちょっと私も今の教科書を見させてもらったのですが、1つの項目をやはり大体平均8時間かけてまとめていくわけです。最初に説明からいろんなことをやって、学校の先生が子供たちにその1つのことにかける時間というのが8時間ありまして、そういう中で順々、順々に教え込んでいくと、理解させていくと。最後に実体験というか、体験学習もありますけれども、そういうふうにこの新しい社会の中で議会の問題も出ていまして、では小川町の議会を見に行こうとかそういうような、実際にそういうところも出てくるのです。

  そういうのを見ますと、やはり8時間の中で理解させて、最後にこういう子ども議会というのもどうだ、やってみようではないかという先生方の一つの子供たちへの働きかけというのですか、そういうこともあるのではないかなと思うのですけれども、そういう教科の課程の中でそういうことができるのかどうか、その辺ちょっとお伺いします。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  関根教育長。



◎関根則夫教育長 それでは、答弁させていただきたいと思います。

  今の具体的に授業の話がありましたけれども、8時間の中、そのほかにも学級会活動というのがございまして、小学生、子供たち、学級会で議会のミニ版をそれぞれのクラスでやっております。そういう体験はしているわけです。そういう中で、また議会を見に行きたいというようなことで、私がいた、以前お世話になったこの市町でも小学生が議会を傍聴に参りました。ですから、この議会のやり方というのは、いろんな意味でいろんな方法があると思うのです、子ども議会。ここで、このような形でしっかりと同じような議会をする、これにはかなりの時間がかかると思います。17年前にやられた議会でも、その後が続かなかったというあたりはその辺、どのくらい前の段階で、リハーサルまでの段階で時間をかけているのか。私も課長も先ほど申し上げたとおり、私も同じ意見なのですけれども、とにかく先生方が逃げているわけではありません。正直なところ、今の小川町の教育は本当にこう落ちついております。皆さん方には、私いつも自慢をしているわけですけれども、このようなことが出ていました。この落ちついているときに、ぜひこういうふうなものをやってほしいなというふうな提言がされるということは、逆に非常にうれしいな、教育長としてもありがたいことだなと正直思っています。

  というのは、今でも子供が、きょうも6年生の子が、5年生の子が親に首を絞められて亡くなっているというような現状があるのです。ほかの地域では、先生が学校が始まったと同時に右往左往している地域もあるのです。そこへもってきて、こういうふうなことで話し合いができる小川町って、本当に先生方はこの忙しい中で一生懸命取り組んでくれて、町長が目指している元気で明るい町づくり、そして日本を背負って立つような子供たち。さらに私のほうで、教育長として元気で明るいに具現化として潤いと勢い、そういうふうな子供たちのために本当に先生方に奮闘していただいているわけです。

  先生を擁護しているわけではありません。そういう中でこの時間を生み出すということは、これは実際に私たちがどう訴えても、現場で仕事をしていた人でないとなかなか理解はしていただけない、このように思います。

  こういう中で、今溝坂議員さんからもお話が出たというふうなことに関しまして、私もいろいろ検討はしてみたいと思います。そして、いろんなところでやっている、私も熊谷市も笛吹市も皆さん方と一緒に勉強させていただきに行きました。その内容についても役場の職員からも聞きました。また、そうでなくて実際にやっているほかのところの現状も聞いております。そういう中で、何としても今やるべきことは何なのかということ。今学校でやるべきことはこういうことがあるのだというふうなこと。今課長が言いました新しい学習指導要領の改定、これは本当に大変なことなのです。10年に1回の改定でございます。皆さん方もご案内のとおり外国語活動、これが新たに加わってきます。小学校の先生、英語なんか教えたことありません。そんな先生が英語をやっていかなくてはならなくなってくる。そのために3年間の練習をしてまいりました。小川町は、最初の年が10時間、次の年が15時間、そして完全実施ということで25時間、こんな形態もとっております。

  いずれにしましても、今やるべきこと、県からは学力の向上が言われています。それから、規律ある態度も言われています。体力も言われています。そういう中で、先生方の気持ちが今大変なところで、またこれをやるのかいと言わせたくないなというのが私の本心でございます。子供たちに正対して、今携わっている子供たちを立派な子供たちに育てていただける、そのための一つの方法としてこういう議会も、あるいは議会を傍聴していただくことも、あるいは逆に議員さん方が学級会活動、子供たちがどんなことをやっているのかというのを見せてくださいということであれば、いつでも先生方に働きかけて見ていただくようなことも、措置もできます。いろんな形をこれから考えていって、子供たちになる、そしてどうせやるのだったら2年目も3年目も4年目もずっと継続できるような、そんな形のものが持てればいいなと、そんなことを考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 答弁は、もっと簡潔にやってもらいたいのですが。

  こちらの質問した内容というか、学校の先生方にどう、こういうことについて話しかけているかとか、そういうところだったのですが、学校の先生を擁護するというか、大変な中ということでは余りその質問には触れなかったようですけれども、要はやはりこのことについて、では6月の議会に議会運営委員会の報告としてこれを出しまして、今回の一般質問まで時間がありました。

  その中でも課長にもお話ししたのですけれども、この9月までの議会までの間に何か一つでもこういうことに、子ども議会についてかなり、または課を課長の権限で学校側にとか、校長にこういうことも今議員のほうから言われているけれども、どうなのだろうかという、そういうような一つの問いかけというか、話しかけをされたのかどうか伺います。



○千野寿政議長 関根教育長。



◎関根則夫教育長 簡単に答弁させていただきます。長くしゃべって済みませんでした。

  本日も校長は見えました。そういう中でもこういうふうなことが出ているというような話はしてあります。それについての意見につきましては、また校長会等でいろいろお話ししたいと、こんなふうな校長さんにはお話はしております。全部ではありません。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 私も事あるごとに、うちの地域の学校ですから、欅台とみどりが丘ですけれども、校長とはいろんなことで話し合ったり、今毎日子供の通学の見守りで回っておりますけれども、一つはこういうのもあるよというときに話したときには、ああ、そうですか、何かいいですねという、そういうような感じだったのですけれども、これはやっぱり何とかやれるかなというようなこともありましたけれども、その話はともかくとして、もう17年前に1回やったきりで終わってしまったというのは、やはりいろんな事情というか、その当時いないながらにお話、答弁がありましたけれども、現実に今は熊谷でも笛吹でも深谷でも、どこでも今ずっと継続されているのです。そこら辺が、やっぱりいろんな工夫をされてもちろんやっていると思うのですが、そういうところが、ただ大変だから、先生のほうからもう勘弁してくれという、そういったそれだけのことではないなとは思っているのですけれども、今継続していることについてどのように考えますか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  これは、実施している市町に確認をしていませんが、私が思うに、先ほど答弁でも申し上げました懸案事項を一つ一つ時間をかけ検討し、スタートするということで踏み切った結果ではないかなと、そんなふうに思っております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) そういうことからいいますと、やはり今回この初めの一歩というのですか、17年たちますけれども、改めて新たな気持ちで子ども議会というのを開催してみたらどうかなというふうに思うのですけれども、やはり一番欠けているというか、我々もそうなのですが、いろんなところでも言えますけれども、何のためにこの子ども議会をやらなければいけないのか、何のために教育というのはあるのか、そういうところに一番の原点というか、そこに立ち返りますと、おのずと少しぐらいの労力というか大変なこと、一口ではないかもわかりませんけれども、ともかくどんなことがあっても一回やってみようではないかという、この子供たちのためにはこれが必要なのだという、そういうものというのは大事なことではないかなと思っているのです。

  余談になりますけれども、今大手スーパーがすごいほかの企業に比べて、同業に比べて非常に繁栄しているというか繁盛しているところがあるということで、一体何がそこはほかと違って、またそこの会社はどんなことを中心にやっているのかというと、やはり何のために自分があるのか。従業員が、一人一人が1つの課を受け持って、私はこのものを売るのに何のためにいるのかという、そこから考えて、やはりその売り子の一人一人にきちっと使命感とか責任を持たせている。そのかわり、全部あなたの好きなようにやりなさいという、そういう権限を与えて成功しているのだという、そういうのがありました。

  言うならば、やはり我々もそうですけれども、どんなようなことでも何のために自分は今、私もそうですけれども、議員としているのか、また何のために自分がいるのかという、そこのところが大事ではないかなと思うのですけれども、課長、自分は何のためだと思いますか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  学校教育課長としての使命を全うするためにおります。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) ありがとうございます。

  でも、失礼な言い方かもわかりませんけれども、今やはり子供の教育というか、そういうことでの自分はこの小川町にこういうことで私はいるのだという、そういう認識はあるのでしょうけれども、言わなかっただけだと思うのですけれども、私もそんなことは余り言いたくありません。人のことを言える立場でもありませんので言いませんけれども、ご存じのように3月、6月議会も、町長がともかくこの町から本当に大いなる人材というか、町を担い、国を担う、世界まで有するようなそういう教育をして、子供をつくり上げていくのだという、そういうお話を常にしておりますし、町長の理想かもわかりません。それをやはり実現させていくのは、教育長とか教育の現場に携わっている方のそこの一つの意気込みというか、よし、では町長の言うように、おれはこの町でこういう人間をつくっていこう、十人十色、いろんな人、それぞれの子供、みんなそれぞれここに生まれてきて使命があります。それをよく見られて、ぜひとも前向きにやってもらいたいなと。そういう意味で、私は一つの段階として、子供に接する、勉学もそうでしょうし、スポーツもそうです、いろんなことがありますけれども、その中の一つとして、この子ども議会というのをやはりとらえていく。

  答弁にもありますように、最初のところ、子供たちのあり方、子供たちの教育のあり方、子ども議会の開催の意義というのを非常にお話しされておりますので、そういうことで何とかこの機会に開催ができるように、方向に行けたらいいなというふうに思っております。

  もう一度、私最初この質問を書いたときに、皆さんにこの議運で話ししたときも、これはもうこれまで書いてあれば、いつやりますと言ったら再質問はないのではないのなんて私も言われて、そのつもりでいたのですけれども、非常に今苦慮しているところなのですが、最後にその子ども議会の開催について、やはり早目に少しいろんなことで検討なさって、こういう一つ一つの問題をクリアして、いつごろ、いつごろというかどのような時点で何とか開催したいな、このようなことをこの機会にこういう質問、応答の中で何かありましたらば、ひとつお答え願いたいと思いますが。



○千野寿政議長 関根教育長。



◎関根則夫教育長 9年前、15年前のことを反省、いろいろな先輩たちのお話を聞きながら、また私は教育長として町長が目指している子供づくり、教育づくりについては、私の立場としては先ほど長いこと申し上げましたとおり、一生懸命やっているつもりでございます。

  そういうような中で、段階を経るという、そういうものが本当に必要だと思います、これは。言われました、はい、そうですか、ではやりましょうというわけにはとてもいきませんので、先ほども申し上げましたとおり、校長会等でもお話をしてみます。

  また、この当時携わった子供たちには会ってみたいと思います。また、その当時議員でいらっしゃった方もいらっしゃると思いますので、会ってみたいと思います。いろんな形の意見を聞きながら検討をこれから進めていきたいと、このように思います。

  時期については、ご容赦願いたいと思います。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 前向きに開催実施できる方向で、しっかり検討してもらいたいと思うのです。

  先ほどの話の中で、大手スーパーの話をしましたけれども、やっぱり課長、何か学校教育課に職員さんが何人もいるわけですよね。そういう職員をひとつこういうことに任せるというか、あるいはそれ少し研究してみろとか、こういうことをやりたいのだけれども、どうなのだ、おまえひとつ研究してみてどうだ、くれないかとか、そういうようなことというのは大事なことではないかなと思うのですけれども、やはりなかなか課長もお忙しくていろいろできないかもわかりませんけれども、それを今度は職員のスタッフに任せられないかなというか、そういうことも長として考えるのですけれども、そういう点はいかがなのでしょうか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  今教育長が申し上げましたとおり、この議会の開催については、先ほど答弁で申し上げましたが、学校の生の声をまず聞いてみたい。校長会、教頭会等を通して、どんな形でどのように、先ほど言いました一般の議会と同じようにやるのか、それとも議場に来て議会を見る、それから議員さんたちに逆に学校に行っていただいて模擬議会をやる、いろんな形があると思います。そういうものも加味して、校長会等で意見を聞きまして、ぜひという声があれば担当課の職員で研究をするように指示をしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) わかりました。

  ぜひとも前向きに、何とか私らがいる間にそういうことが実現できればいいなと思っていますので、よろしくお願いします。

  質問の2に移りたいと思うのですが。



○千野寿政議長 はい。



◆7番(溝坂浩議員) これも、非常に何かこのやっぱり難しいのです。

  教育というのは、教育課とかいろんな問題もありまして難しいのではないかと思うのですが、芝生化につきましては答弁の中にもありますように、小川町はもうスポーツが盛んで、いろんなスポーツ愛好家がたくさんおります。

  そういう方にとっても、やはり校庭の芝生化というのは非常に喜ばれることではないかなというふうに思っているのですけれども、そういうことというのは聞いたことございませんか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  先日ですが、東京都の芝生化について産経新聞の記事がございました。都が芝生化をした学校を対象に行った調査では、芝生化で子供の行動が変わったかの設問に、大きく変化、少し変化と答えた学校は46%、余り変化なし、どちらとも言えないは47%で拮抗している。地域の評判も、どちらとも言えない、余りよくないが37%と不満の声も少なくないというような記事もございます。

  今ご質問の、実際にスポーツをしている者が歓迎するのではないかというご質問だと思いますが、これは答弁も先ほどさせていただきましたが、そのスポーツの種目にもよると思います。芝生に適するスポーツをされている方は歓迎をするのではないか。個人的なことは控えたほうがいいですね。例えば野球では、芝生を張っては野球ができなくなってしまうというような現状もございますので、その芝生に向くスポーツの方とそうでない方の意見は違ってくるのかなと、そんなふうに思っております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 芝生化も今町が全部で小中合わせると10校ありますけれども、10校を全部芝生化しろなんて、将来は確かにあるかもわかりませんけれども、今現時点でやっぱり一つの試作というか、試験的というか、そういうこともあると思うのです。

  やはり現実に自分の町で1つの学校に芝生化をしてみた。その結果どんなことがあったのか。それについて、では2校、3校、4校と芝生化していこう。それとも、いや、これはもう失敗だったなと、こういう面ではやっぱり芝生化は余り効果なかったと、そういうようなことが言えると思うのです。今産経新聞の、そこの何か余りいい記事でないところだけ読んでいただきましたけれども、本当にほかのところも書いてあるのです。よかったというか、非常に芝生化して子供が喜んでいるという、そういうのも確かに書いてありますよ。だから、そういうところは、今もし現状芝生化を1校だけでもやってもらいたいというふうに思っています。

  このお金がかかる、管理維持、これ非常に大変だというのは恐らく言っていると思うのです。大変にかかる。だけれども、今安くできるようになった一つの鳥取方式、その鳥取方式になってから全国に芝生化がふえ始めたのです。というのは、やはり課長もおっしゃったように、本当に安く、また早く伸びる、また意外と手入れも簡単だというか、そういうことなのです。ですから、私も鳥取に行ってきたいなと思っているのですけれども、やはりそういうようなことというのは、今ここまでどんどん広げたところがそういうところがある。これ、鳥取にニュージーランドからですか、外国の先生が勤めて、非常にラグビーが盛んなので、その学校を芝生化にした。全部自分で、その方1人でいろいろ始めて、今成功したということなのですけれども、その苗なんかも本当に簡単に仕入れてやれるようです。

  そういうことで、芝生化の観念とはちょっと今は違ってきている、そういうふうに思うのです。ですから、私もいろんな新聞を見たり、全国的に埼玉新聞や東京新聞やいろんなところで今芝生化のことが話されていまして、もう本当に、これは小川町にとってもひとつスポーツが盛んな、そういう町としては芝生化というのは必要ではないかなというふうに思ったのです。

  その鳥取方式のことについて少し勉強したようなのですけれども、もうちょっと詳しく、もしあれでしたら教えていただきたいのですけれども。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答えいたします。

  現在、今ご指摘いただきました鳥取方式が注目されているということですけれども、これを取り扱っている専門業者、また議員さんに悪いところばかりと言われてしまうかもしれませんが、専門業者の回答では、いろんなところで紹介されているほど管理コストや管理方法は簡単にはなかなかいかないよという話はいただいております。成功例と失敗例が半々であるというようなこともいただきました。

  やはりそれなりの手間は必要で、先ほども申し上げましたが、夏の間は毎日の散水、週1回の芝刈り、肥料の散布など、単純な作業のほかにも生育状況を見きわめるという、そういう部分が大変ノウハウが必要であるというようなことがございました。

  それから、鳥取方式のときには植えてから養生する期間が必要ないというようなことがインターネット等には書かれておりますけれども、それは立ち入ることは一切構わないというのですが、強く踏みつけるようなものについてはやはりだめであると。芝生は成長しませんというようなことも聞いておりますので、やはり養生する期間は必要であるというふうに認識しております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) この答弁書のところから、また戻ってお話しさせてもらいますと、やはり今も課長の答弁にありましたように、非常に散水しなければいけないとか、いろんな問題があるようですけれども、現実に今一つの町の学校のあり方として、学校だけで何かすべてをやるというような、そういう時代ではなくなりまして、今も言ったように学校には自由に我々も参観できたり、私も朝の読書運動なんて見させてもらったことありますけれども、今触れ合い推進というのが県がみどりが丘をモデルにして始まりまして、ほかの学校も始まりましたけれども、触れ合い推進の中で本当に地域の方と、やっぱりあと保護者の方、PTAの方、また学校の方、ここでいえばスポーツ愛好家の方や、そういう方がいろんな方がまじり合って、子供も一緒になってそこで1つの芝を育て、また管理していくという、そういうそのやり方、確かに学校だけでこれをやるというのは大変なことだと思います。毎日1回水を上げるにしても。

  そういうことを今いろんなところで、やっぱり地域も協力しますよ、だからぜひこの学校というところもあります。どちらが、こちらからそれを言っていくかわかりませんけれども、そういうふうに今は地域の中で子供と一緒になって大人が1つのものを育てていく、それをまた大事にしていくという、そういうことが大きく地域の中で、学校の中では行われている、このように思うのですけれども、そういう点についてのお考えはどうなのでしょうか。



○千野寿政議長 大宅学校教育課長。



◎大宅雅臣学校教育課長 お答え申し上げます。

  先ほどの答弁でも申し上げましたが、今ご指摘いただいたその保護者、地域住民、スポーツ団体等、利用者との協力ということは大変欠かせないものかなというふうに思います。ただ、先ほど申し上げましたように、これが植えたときだけ、それから植えてからしばらくの間だけというのでは、芝生に対する負担が学校に行ってしまいます。

  ですので、先ほど申し上げさせていただきました、将来にわたり継続して協力いただくような組編成をしていくということが課題だというふうに述べさせていただきました。

  以上でございます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) そうですね、それが一番大事なことなのです。

  1回限りというか、子ども議会もそうですけれども、やはり継続してそうやっていく。それは、もう1つの現実に校庭に青々とした芝生が生えるわけですから、それをどういうふうに管理していくか、育てていくかというのはやはり皆さんでやっていく。これは、我々大人が子供を育てるのと同じく、そういう気持ちでやっていけるのではないかなというふうには思っております。

  また、非常に心配なさる、本当にここを芝生にしてどうなのだろうかという、大変ではないかな、いろんな考えがありますけれども、ある芝生化にした校長先生に言わせると、思ったより、自分が思っていたよりも本当に楽にできたというか、この管理も何とかいけそうだという、そういう感想文も載っている新聞もありますので、ぜひ前向きに検討してもらいたいなと思います。

  本当に学校というのは高台にありまして、どうしても冬に風が吹きますと、もう砂ぼこりで洗濯物が干せないとか、そういう苦情というのは周りの地域からあるのです。そういうことでも芝生化にすれば、それが最良とは言いませんけれども、やはりある程度砂ぼこりが防げるのではないか、そんなことも思っております。

  これは、嵐山町の議会だよりなのですが、8月号。この表紙が、七郷小学校の芝生化したところで子供たちが遊んでいる写真なのです。子供たちは当然かもわかりませんけれども、先生方が非常に喜んでいる。元気よく跳んだりはねたり、逆立ちしたり、何でも芝生でできるということで喜んでおりました。

  また、埼玉県の緑化事業の中でも昨年には埼玉県の幼稚園の園庭の芝生化ということで補助金が出るということで、私も小川幼稚園と大橋幼稚園に話してきましたのですけれども、大橋幼稚園は取り入れて、今芝生化されております。3月からやって、もう3カ月ぐらいでもう芝生が青々とするのです。それで、もう職員さん1人で、もちろん園庭ですから小さいですからやっておりますけれども、非常にその職員さんが、園長先生、また職員さんが話していたことは、幼稚園でこれだけ芝生化されて、もうぜひうちの園から卒業して学校に行く子、やはり学校も何とか芝生化してもらいたいと、そういうような意見もいただいたのです。ですから、ぜひそういう面では小学校の芝生化もぜひお願いしたいと思います。

  この嵐山のところは5月に植えて、もう今芝生がきれいになって、もちろんところどころちょっと茶色になって、ここは失敗したのだというふうに先生も言っていましたけれども、本当に簡単に育成できるというか、そんなところもあります。

  ですから、思ったほど、考えているほど難しい問題ではないなというふうに思っているのですけれども、何か教育長が答弁を用意しているようですけれども、何かそこら辺のところよろしくお願いします。



○千野寿政議長 関根教育長。



◎関根則夫教育長 七郷小学校、大橋幼稚園、やっぱり議員さんに言うことと、先生方が私たちに言うことは違うのです。何か話を聞いたら。

  七郷小も5月に植えつけて、現在まで教職員と子供たちで管理をしていると。そういう中で、非常に大変なので学校応援団のボランティアの協力を今検討中なのだという話を聞きました。水くれは毎日で、簡易のスプリンクラー4台を設置して朝晩30分の水くれをしていると、これを今教頭あるいは校長が一生懸命やっていると、そういうふうなこともお聞きしております。

  また、熊谷で佐谷田小学校というのがありまして、これ全国の体力向上の文部科学省の発表した学校でございます。これは、全面が芝生でした。オニシバです。大きなゴルフ場にあるような芝刈り機で教頭さんが一生懸命刈っておりましたけれども。また、いろんなところで私も見てまいりました。熊谷の桜木小学校もやっていますので見てきました。川越の中央小も見てきました。それから、高階南小ですか、見てまいりました。そういう中での先生方のご意見等も十分また聞いていきたいなと思っています。

  現実、自治体を自分で歩いてみて確かめて、そういう中で判断をいろいろとしていきたい、このように考えます。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 七郷小学校の校長先生、教頭先生も確かに言っていました。

  でも、あそこは雨が降ると非常にどろどろになってしまうので、本当に芝生化したおかげでよかった。当然メンテナンスは大変かもわかりません。でも、全部芝生の芝刈り機ですか、そういうのも町のほうから買ってもらって、最初に聞いたのですが、これは学校側からここを芝生化してくれと言ったのですかと。いや、そうではないと。行政側から芝生化しなさいと、全部応援するからと。応援というかお金のほうとか、そういう面だと思うのですけれども、そういうふうなことなのです。

  ですから、やはりこちら行政側から、どこか一つでもやっぱり試験的にやってみる、そういうことが大事ではないかと思うのです。

  最後に提案というか、これはどうかということなのですが、今運動会も近くなりまして、恐らく暑いために体育館とかそういうところで練習しているのですけれども、もう校庭に出てくると思うのです。そうすると、恐らく今芝を張ったら大変なことになると、もう校庭も使えなくなってしまうという、そういう懸念されるところがあると思うのですが、今校庭でこれからやれるところというと、私上野台中学校の校庭、あそこを一回芝生化の一つのポイントにして、あそこをやってみたらどうかなというふうに思っているのですけれども、その点どうでしょうか。



○千野寿政議長 関根教育長。



◎関根則夫教育長 お答え申し上げたいと思います。

  ちょっと、先ほどの七郷小学校に戻って申しわけないのですけれども、七郷小学校は校庭ではないですよね、中庭です。



◆7番(溝坂浩議員) 前ですね。



◎関根則夫教育長 はい。中庭の前庭のところを一部やっていると、20の50ぐらいをやっているということで、校庭のグラウンドをやっているというわけではありません。あれも県からの補助で、行政のほうからここをやってみたらどうだというようなことでやっているということです。

  それから、今上野台のお話をお伺いしました。上野台につきましては、先ほどご答弁申し上げましたように、今のところではこの後の検討会の中で、また今の話が出てくるのかな、このように思っています。



○千野寿政議長 溝坂浩議員。



◆7番(溝坂浩議員) 最後になりますけれども、一つの環境対策という面からも芝生化というのが県のほうから推奨されていると思っているのです。

  この後また答弁のほうが違うかもわかりませんけれども、やっぱり小中学校、高校の校庭の芝生化に補助金ということで、問題がありますけれども、どうかそういう面でも、もう一度埼玉県のホームページでも見ていただいて、やはり今こういう補助金が出る、そういうときにぜひひとつ取り組めればなというふうに思います。

  そのようなことで、今回小川町の子ども議会と芝生化について教育担当のほうの答弁をいただきましたが、またこちらも一般質問させてもらいましたが、非常に教育上というか教育の問題というのは難しい問題というのが、我々もわからない難しいところがあるな、私もこれではもう負けていられないと。やっぱりもっと勉強して、もっと子供たちが喜ぶ、子供たちのためになるような学校教育のあり方、もちろん今ためにならないと言ったのではないですよ。そうではなく、もっともっとこの小川町を、やはり元気にこの町がなれるような、そういうような議会とか、芝生化だけではなしに、やはり教育面の中でもどんどん、どんどんこれからまた勉強してやっていきたいなと、12月も楽しみにしてもらいたいと思います。よろしくお願いします。

  以上で終わります。



○千野寿政議長 これにて一般質問を終結いたします。

                                         



△散会の宣告



○千野寿政議長 本日はこれにて散会をいたします。

  大変お疲れさまでした。

                                 (午後 3時28分)