議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 小川町

平成22年  3月 定例会(第1回) 03月04日−議案説明、質疑、討論、採決−03号




平成22年  3月 定例会(第1回) − 03月04日−議案説明、質疑、討論、採決−03号







平成22年  3月 定例会(第1回)





         平成22年第1回小川町議会定例会

議 事 日 程(第3号)

                      平成22年3月4日(木曜日)午前10時開議

    開  議                                   
第 1 議案第 1号 専決処分の承認を求めることについて(小川町立小・中学校における校
           務用パソコン機器等売買の変更契約の締結について)        
第 2 議案第 2号 町道路線の認定について                     
第 3 議案第 3号 町道路線の廃止について                     
第 4 議案第 4号 小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例制定について    
第 5 議案第 5号 小川町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定につ
           いて                              
第 6 議案第 6号 小川町こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例制定につい
           て                               
第 7 議案第 7号 小川町下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定に
           ついて                             
第 8 議案第 8号 平成21年度小川町一般会計補正予算(第6号)          
第 9 議案第 9号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3
           号)                              
第10 議案第10号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)   
第11 議案第11号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3
           号)                              
第12 議案第12号 平成21年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)     
第13 議案第13号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)  
    散  会                                   

 出席議員(16名)
  1番  柳  田  多 恵 子  議員    2番  井  口  亮  一  議員
  3番  根  岸  成  美  議員    4番  宮  澤  幹  雄  議員
  5番  戸  口     勝  議員    6番  山  口  勝  士  議員
  7番  溝  坂     浩  議員    8番  金  子  美  登  議員
  9番  杉  田  伸  子  議員   10番  松  葉  幸  雄  議員
 11番  松  本  修  三  議員   12番  大  塚  司  朗  議員
 13番  関  口     修  議員   14番  小  林  一  雄  議員
 15番  高  橋  秀  夫  議員   16番  千  野  寿  政  議員

 欠席議員(なし)
                                         
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  笠  原  喜  平  町  長      原     久  夫  副 町 長

  清  水  吉  夫  総務課長      吉  田  利  男  政策推進
                                    課  長

  新  井  良  治  税務課長      竹  澤     裕  町民生活
                                    課  長

  関  口  吉  男  健康増進      島  田  洋  一  福祉介護
              課  長                  課  長

  福  島     進  子 育 て      新  井  邦  男  環境保全
              支援課長                  課  長

  増  田     隆  産業観光      長  島  靖  雄  建設課長
              課  長

  金  子  典  史  水道課長      笠  原  修  治  会  計
                                    管 理 者

  関  根  則  夫  教 育 長      新  井  賢  二  学校教育
                                    課  長

  高  橋  秀  夫  生涯学習
              課  長
                                         
 本会議に出席した事務局職員
  内  野  幸  一  事務局長      大  野  義  行  書  記



                                         



△開議の宣告



○千野寿政議長 皆さん、おはようございます。

  ただいまの出席議員全員であります。

  これより本日の会議を開きます。

                                 (午前10時00分)

                                         



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第1、議案第1号 専決処分の承認を求めることについて(小川町立小・中学校における校務用パソコン機器等売買の変更契約の締結について)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第1号 専決処分の承認を求めることにつきまして提案理由を申し上げます。

  仕様書変更及び納期の延長が必要なため、小川町立小・中学校における校務用パソコン機器等売買の変更契約の締結を専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井学校教育課長。

          〔新井賢二学校教育課長登壇〕



◎新井賢二学校教育課長 命によりまして、議案第1号 専決処分の承認を求めることについてご説明申し上げます。

  町内すべての小中学校に校務用パソコンシステムを構築するためのハードウエア及びソフトウエア等の調達に係る売買契約につきまして、当初予定した納入期限までに完了することが困難になりましたので、履行期限を28日間延長し、平成22年2月26日としたものでございます。このたびの調達は、国の経済危機対策臨時交付金事業の一つであります学校情報通信技術環境整備事業の補助を受けて実施するものでありますが、昨年10月末に同事業の交付決定があったことから、一時期に発注が殺到し、全国的に納期がおくれたため、やむを得ず履行期限を延長したものでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第1号 専決処分の承認を求めることについて(小川町立小・中学校における校務用パソコン機器等売買の変更契約の締結について)を採決いたします。

  本議案は、承認することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第1号は承認することに決しました。

                                         



△議案第2号、議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 ここでお諮りいたします。

  日程第2、議案第2号 町道路線の認定について並びに日程第3、議案第3号 町道路線の廃止については一括議題といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、一括議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第2号及び第3号につきまして提案理由を申し上げます。

  まず、議案第2号 町道路線の認定につきましては、道路法第8条第2項の規定に基づき、町道路線の認定を行うため、この案を提出するものであります。

  続きまして、議案第3号 町道路線の廃止につきまして、道路法第10条第3項の規定に基づき、町道の路線を廃止するため、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  長島建設課長。

          〔長島靖雄建設課長登壇〕



◎長島靖雄建設課長 命によりまして、議案第2号 町道路線の認定について及び議案第3号 町道路線の廃止につきまして、一括してその内容をご説明申し上げます。

  議案第2号 町道路線認定調書及び議案第3号 町道路線廃止調書によりご説明申し上げます。あわせて、ご配付してございます議案第2号及び議案第3号資料をごらんいただきたいと存じます。町道路線の認定につきましては、52路線をお願いし、廃止につきましては46路線をお願いするものでございます。このたびの認定、廃止につきましては、主に腰越地内で行われております地籍調査事業によるものであり、起点、終点等の変更及び新たに認定、廃止を行うものでございます。

  それでは、路線認定調書及び路線廃止調書により順次ご説明申し上げます。町道路線認定調書1番、町道214号線、2番、町道217号線の2路線、路線廃止調書1番、町道214号線、2番、217号線の2路線、及び路線認定調書7番、町道4538号線から13番、町道4711号線までの7路線、同じく18番、町道7161号線から51番、町道7409号線までの34路線、及び路線廃止調書9番、町道4538号線から15番、町道4565号線までの7路線、19番、町道7161号線から40番、町道7295号線までの22路線、42番、7377号線から45番、7391号線までの4路線につきましては、地籍調査事業によります起点、終点等の地番変更により認定、廃止をお願いするものでございます。資料?、?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、路線認定調書3番、町道228号線、4番、2858号線の2路線、路線廃止調書の3番、町道228号線から5番、町道2169号線までの3路線につきましては、新規道路整備に伴い、新たに認定、廃止を行う必要が生じたためにお願いするものでございます。資料?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、路線認定調書5番、町道4221号線、6番、4223号線の2路線、路線廃止調書6番、町道4221号線から8番、町道4224号線までの3路線につきましては、第一石産運輸株式会社の隣地開発に伴い、認定廃止を行うものでございます。資料?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、路線認定調書14番、町道5111号線から16番、町道5117号線までの3路線、路線廃止調書の16番、町道5111号線につきましては、住宅開発に伴い、認定、廃止を行うものでございます。資料?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、路線認定調書17番、町道6004号線、路線廃止調書17番、町道6004号線、18番、町道6005号線につきましては、新たに認定、廃止の必要が生じたため、お願いするものでございます。資料?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、路線調書52番、町道8160号線、路線廃止調書46番、町道8160号線につきましては、一部民有地を道路認定していたために認定、廃止を行うものでございます。資料?をごらんいただきたいと存じます。

  次に、路線廃止調書41番、町道7365号線でございますが、民有地を道路認定していたため、路線廃止を行うものでございます。資料?をごらんいただきたいと存じます。

  以上で議案第2号 町道路線の認定について及び議案第3号 町道路線の廃止についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田です。

  図の1なのですけれども、228号線、これは廃止になる部分と、それから新たにつけ加わる分と、廃止と認定が整理をされるということになると思うのですけれども、この路線については、新しいルート、迂回路というルートの中に入っていくのですけれども、それについては測量は済んだのでしょうか。測量後、新たに説明会等は開かれたのでしょうか。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  この路線につきましては、昨年の7月20日、21日の2日間にわたりまして、地域の説明会を開かせていただきました。それで、測量について、まず平面測量についてのご了解をいただきまして、その資料に基づいてご説明申し上げました路線の測量もあわせてお願いしたいということで、現在平面測量は終わりまして、中心線の測量に入れるところについては入らせてもらっているということで、結果についての説明会はこれからを予定しています。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) そういたしますと、住民の中で理解と納得は、この部分についてはまだ得られていないということではないかと思うのですけれども、測量することについては、理解を得られたということについてはわかるのですけれども、これは町工事分ということなのですけれども、この地図でいうと、右側のほうは県の工事分になります。この点、ここのところについては、道は続いておりますので、理解は同じように得られているのでしょうか。



○千野寿政議長 長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 ご答弁申し上げます。

  先ほどご答弁させていただきましたように、ご理解をいただいている状況のところについては、測量させていただいております。議員のお話のように全部納得しているのかというお話ですけれども、一部ご意見のある方について、うちのほうでもお伺いしています。その方については、個別で内容等説明をさせていただいております。それで、今了解を得るような努力をしています。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) あえて討論はしませんけれども、まだ問題を含んでいるということなので、認定廃止については、賛同できないということを申し上げておきます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第2号 町道路線の認定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○千野寿政議長 起立多数であります。

  よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

  続いて、議案第3号 町道路線の廃止についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○千野寿政議長 起立多数であります。

  よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第4、議案第4号 小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第4号 小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例の制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町公共下水道認可区域外の区域から公共下水道の排水施設に汚水を排除する土地の所有者に地方自治法第224条の規定による分担金の賦課及び徴収をするため、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 命によりまして、議案第4号 小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例の制定につきまして、その内容のご説明を申し上げます。

  提案理由につきましては、ただいま町長が申し上げましたとおりでございます。

  それでは、お手元にご配付してございます議案第4号によりご説明を申し上げますので、ご参照願いたいと存じます。

  第1条、趣旨において、先ほど提案理由で述べましたとおり、地方自治法第224条の規定に基づき、区域外流入についての分担金の徴収に関し、必要な事項を定めるものでございます。

  2条は、用語の定義を、第1項で区域外流入とは公共下水道認可区域外の区域から公共下水道の排水施設に汚水を排除することをいう。

  2項で受益者とは、区域外流入を行う建築物等の用に供する土地の所有者をいう。ただし、地上権、質権、または使用貸借権による権利の目的となっている土地については、それぞれ地上権者、質権者、使用借主、または賃借人をいう。

  第3条は、分担金の徴収対象者を。

  第4条、分担金の額は、当該各号の定める額に建築物等の用に供する土地の面積を乗じて得た額とするものでございます。

  第5条は、分担金の賦課及び徴収を。

  第1項で分担金の額を定め、受益者に賦課、第2項で納付期日等を受益者に通知、第3項で分担金の徴収方法を、第4項は分割納付する金額の端数処理を。

  第6条は、分担金の徴収猶予を。

  第7条は、分担金の減免等を。

  第8条は、納入者の変更があった場合の取り扱いを。

  第9条、延滞金は、第1項で延滞金算出の掛け率を、第2項で徴収猶予した期間の延滞金の取り扱いを、第3項でうるう年の日を含む期間についても365日に対する割合をもって計算するとし、第4項で基礎となる分担金の額の端数処理を、第5項で延滞金の確定額の端数処理を。

  第10条で、滞納処分に関する職務を職員にさせることができるとし、第11条は、当条例の施行についての詳細を施行規則に委任することを定めるものでございます。

  次に、附則でございますが、この条例の施行日を定めるもので、平成22年4月1日から施行するものでございます。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 例規集を見まして、これは新たに加わる条例だと思うのですけれども、他の町村、他の町に同じような条例があるかどうかちょっと例規集で調べてみたのですけれども、見当たりませんでした。小川町が特異な例なのかなと思うのですけれども、特異な条例なのかと推察はしたのですけれども、それと区域外流入がここに今条例化されるということは、具体的に想定をされるということがあるのかどうなのか、その点について伺いたいと思います。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  柳田議員のおっしゃるとおり、近隣の自治体では、余りこの条例が制定されていないようです。ただ、比企郡だと、吉見、川島が制定をしているということでございます。

  2点目の区域外流入が具体的にというふうな形でございますけれども、想定はあるのではございますけれども、一般的な話をさせていただきたいというふうに思います。1本の道路がございまして、道路の左右には、道路に面して建物があり、道路の右側が下水道の事業認可区域であった場合、都市計画法第75条に規定される受益者負担に関する条例の対象区域になります。左側は、下水道全体区域内であって、区域外の場合、土地の所有者から下水の排除の希望があった場合、この条例を適用するということでございます。現在数件の予約がございます。分担金については、建築物等があり、下水を排除したいと希望があった土地からのみ徴収をするということでございます。

  以上です。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  そういたしますと、区域外のところの場合には、極端に言えば合併浄化槽ということにもなるのでしょうか。こちら希望すれば、道路の認定のところは対象になるのでしょうけれども、道路の向こう側は、合併浄化槽でつないでもどちらでもいいというふうな解釈でよろしいのでしょうか、ちょっと私の解釈がよくわからないものですから。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 お答え申し上げます。

  先ほど回答の中で、下水道の全体計画の区域の中というふうな形でございますので、今現在認可区域外については、合併浄化槽の補助金も出ているというふうな形でございます。併用されるというふうな形もございますけれども、せっかく自分の家の前に下水管が通っていて、新たに下水を排除したいという人が対象というふうな形になるかと思います。

  以上でございます。



○千野寿政議長 6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 済みません、同じような質問になってしまって、もうちょっと確認したいので。

  実は、私の住んでいる増尾地区は今桜並木、八幡神社の通りまでは下水管が通り、それから増尾が逆に下水管が下からずっと上がってくると、大谷酒店さんあたりからずっと上に上がっていくと。そうするとその間の区域というのが、実は下水が、まだ家は建っていないのですけれども、ある方が家を建てたいと言った場合に実際には下水の区域ではないと、したがって合併浄化槽にならざるを得ない。こういう例を通して言うと、本人たちが工事をして、あと5メートル、10メートルぐらい先のところまで下水の管が来ているのですね、そのちょっと手前の4軒の集合住宅までは。そうすると、そこまである程度土地の所有者なり、自分で家を建てた方が管をつなぐ、具体的にいうと、下水管をつないでという工事が当然そこに発生するわけですよね。そうなった場合に、一応この条例に基づいて分担金を払い、またそれぞれ月々の下水処理代を払うと、そういうことの理解でよろしいのかというのが1点。

  それから、もう一点、そうなると今下水の問題というのは、この議会の中でも普及率、それから当然接続率の問題が毎回この議会の中で話題になります。そうすると、この条例に基づいて、ある程度の方々には下水につなぎませんかという話を持っていくのかどうか、積極的に。その点、ちょっと確認したいと思うのですけれども。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  山口議員からの話でございますけれども、1点目につきましては、その区域が下水道の全体区域に入っているかどうかによって決まります。処理施設が市野川にあるわけですけれども、計画人口というふうな形のものを定めて処理施設をつくっているわけでございますので、それがいっぱいになってしまうというふうな形になりますと、やはり新たに入れてもというふうなことでございますので、全体区域の中に入っている過程であれば、言われるとおりになるかなというふうに感じます。

  そして、2点目の、積極的にというふうなことなのですけれども、本人からの希望があってというふうな形で、うちのほうは受け身と言ってはおかしいのですけれども、この条例を制定したいということで提案をさせてもらったということでございます。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) ということは、あくまでもこの条例に関しては、当然下水道工事の関係の企業とかそういうところには提示されるのですか。だれがある程度情報を持っているのかということになると思うのですね。下水道工事の方々には、こういう条例で、こういう新しい、そういう方の対象になる方もあるかもしれない、本人か何かその辺のことで話が出た場合にはということがあるかもしれないということで、下水道関連工事の皆さんには提示されるのですか。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 先ほど山口議員から言われました下水道の接続率、そして使用料の関係というふうな話がございますので、町のほうに登録した業者には、制定された場合にはこういうことがあるということで周知をしたいというふうに思っております。

  以上です。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第4号 小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例の制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第5、議案第5号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第5号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  平成21年8月11日、人事院から勧告のあった国家公務員の給与等の改定に準じ、町職員の給与等について必要な事項を定めたいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  清水総務課長。

          〔清水吉夫総務課長登壇〕



◎清水吉夫総務課長 命によりまして、議案第5号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  昨年8月の人事院勧告と埼玉県人事委員会勧告の中で法律等の施行日が平成22年4月1日に係る案件について、国家公務員等に準じ、本町職員の給与等を改正するものであります。

  今回の改正ポイントは、2点ございまして、1つは、住居手当のうち住宅に係る住居手当、月額4,500円を廃止するものであります。2つ目は、時間外労働の割り増し賃金率の引き上げ等に関する労働基準法の改正を踏まえ、制度の改正を行うものであります。

  それでは、議案内容をお手元にご配付いたしました議案第5号及び資料によりご説明申し上げますが、まず議案の改正条例をごらんいただきたいと存じます。改正条例の構成でありますが、1ページ目の第1条が、小川町一般職の職員の給与に関する条例の一部改正。2ページ目の第2条が、小川町企業職員の給与の種類及び基準に対する条例の一部改正。次の第3条が、小川町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正。次のページの附則第4条が、小川町職員の育児休業等に関する条例の一部改正となっており、時間外勤務、代休時間の新設により複数の条例改正が必要となったため、4条例をまとめて改正するものであります。

  それでは、具体的な改正内容を議案第5号資料によりご説明申し上げます。資料のほうをごらんください。まず、資料ナンバー1、小川町一般職の職員の給与に関する条例の一部改正に係る新旧対照表でございます。右が現行で、左が改正後であります。

  第9条の4、第1項中住居手当支給要件である自己の持ち家を規定した第2項を削り、次に同条第2項第2号の住居手当の月額を規定した前項第2号に掲げる職員4,500円を削るものであります。

  次のページになりますが、時間外勤務手当を規定する第12条に新たに3つの項を追加するもので、まず第3項では、1カ月の時間外勤務が60時間を超えた場合、この超えて勤務した全時間に対して、第1項の規定にかかわらず、時間外勤務手当の支給割合を100分の150に引き上げるものであります。

  次に、第4項は、60時間を超えて勤務した職員に対して、引き上げ分の支給にかえて代休時間を指定されたときにおいて、その時間に職員が勤務しなかった場合、支給割合の引き上げ分の時間外勤務手当は支給を要しないものとするものであります。

  次に、第5項は、再任用短時間勤務職員について、時間外勤務、代休時間に職員が勤務を要しなかった場合の支給を規定するもので、条例で規定する1日の割り振り時間までを100分の100の支給割合とするものであります。これによって、再任用短時間勤務職員にも60時間を超えて勤務した場合の一般職の取り扱いと同様の取り扱いを規定するものであります。

  次に、資料ナンバー2をごらんください。小川町企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正の新旧対照表です。第5条の2の住居手当を支給する者の中から自己の持ち家を所有する職員を規定した第2号を削るものであります。

  次に、資料ナンバー3は小川町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正の新旧対照表です。

  第8条の3の次に第8条の4として、時間外勤務代休時間の規定を加えるもので、資料ナンバー1でご説明した60時間を超える時間外勤務を行った職員に対する時間外勤務手当の引き上げ分の支給にかえて代休時間を指定できるもので、制度の内容から給与条例と一体で改正を行うものであります。

  次に、資料のナンバー4をごらんください。附則第4条、小川町職員の育児休業に関する条例の一部改正でございます。これも、給与条例の一部改正に伴い、関連する条文を整備するもので、16条の表中に所定の内容を加えるものであります。

  それでは、議案に戻っていただきまして、附則をごらんください。第1条は、施行期日ですが、本条例は平成22年4月1日から施行するものであります。

  第2条及び第3条は、住居手当に関する経過措置を規定しており、段階的に3年度目で支給額をゼロとするもので、県に準じた経過措置を講ずるものであります。

  以上をもちまして、議案第5号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についての内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 済みません、質疑します。

  まず、この条例の制定に基づいて、予算案の215ページのほうの時間外勤務手当、このほうの金額が本年度1,853万円プラスになっていると、そういう考えでいいのかどうか。この条例に基づいて、本年度の予算案の時間外勤務手当のほうがふえている、そのように理解していいのかどうか。

  そして、その場合には、このふえた1,853万円というのが60時間以上のもののプラス150になったと、その割合はどの程度の算出に基づくものなのかというのが、もしそうであれば2点目。

  さらに、3点目として、この条例の中で原則代休をということですから、代休をまず優先的にとらせるのかどうか。だとしたら、きちっと上司というかその職場の関連の中で代休の指示をするのかどうか、この条例に基づく今後の流れについて、その辺の説明を受けたいと思います。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 ご答弁申し上げます。

  議員がおっしゃったのは、給与費明細書の内容かと思います。時間外勤務手当が増額になっているのではないかということでありますけれども、今回平成22年度予算を編成するときに、各課と私どもでヒアリングをさせていただきました。その中身で、仕事の実態に合わせた時間外勤務手当の支給が必要であろうということで、精査をした結果がこういう数字になっていまして、今回の給与条例の改正を加味したものであるとは、全部は言い切れません。ほとんどが実態に合わせた時間外支給という形でございます。

  それから、60時間以上、代休の優先度というのでしょうか、これにつきましては、本人の希望が入れられる制度であります。本人が代休をとるかとらないかというのをまずは確認する必要があると、代休でなく時間外でということになれば、そのような支給の方法になります。ですから、指示をするかどうかということではありません。

  それから、もう一点が、2点目が60時間以上の、ちょっと聞き取れなかったのですけれども、よろしいでしょうか。

          〔「先ほどの件で違うということで……」という人あり〕



◎清水吉夫総務課長 では、以上で答弁とさせていただきます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうすると、今実際の勤務状態がこの予算案のところに出ているように、時間外勤務が現実には非常に多くなっていると、したがってそれに基づいて、この増額を行ったということであると、その中身は当然いろんなケースが考えられるので、イコールにはならないかもしれませんが、そうなると結局今回の条例に基づく、60時間以上の規定に基づく増額ということが予想されると考えていらっしゃるのかどうか。もう一度整理します。要するに現実的に時間外勤務が多いという実態だというお話でしたので、そうなると今回決まったこの条例に基づけば、60時間以上のプラス加算の時間外勤務がふえるということが想定されるのではないか。みんなで、みんなが多いという形で60時間ではない、みんなが多いということになるのかというのは、それちょっと中身がわかりませんので、わからないのですけれども、その辺との関連というか、その想定というか、その辺をちょっとお聞きしたいのですけれども。



○千野寿政議長 清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 現実問題として、毎月60時間を超えるような状況が起きるというふうには、こちらとしては考えておりません。そういう状況が起きた場合には、体のことも考えて代休をとったほうがいいですよというふうな指導的なことはしたいなと、選択性と言いましたけれども、そういうことで考えております。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) ということは、今回予算案のほうに出ているこの時間外勤務手当については、この場ではない、また別の問題として議論しなければいけないということですね。わかりました。ありがとうございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  住居手当については、昨年12月に多くの自治体は一括であわせて審議ということだったのですけれども、小川町の場合には、3月に審議を分けてするということでした。この点については、組合と合意はしっかりできているのかどうなのか、そこを確認させていただきます。

  今のご説明で、休日の時間外の部分はある程度理解はしたのですけれども、例えば土曜日とか日曜日とか、職務の担当によっては、例えば公民館とかほかにいろんな行事の中でどうしても土日に休日出勤をするという部署があると思うのですけれども、そこの部署に配属された職員等に不利益というのはないのかどうなのか、そこを検証されているのかどうなのか、伺いたいと思います。



○千野寿政議長 清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 まず、1点目なのですけれども、今回の住居手当の廃止につきましては、職員組合とは合意ができております。

  それから、休日出勤の職員の不利益の関係でありますけれども、確かに今回の条例改正、国の法律改正がもとになっていますけれども、国のほうの制度でも土曜に出た場合は、本来60時間を超えない時間であった場合、通常の場合には100分の135という支給になっています。これが60時間を超えた部分だけ、ですから61時間でも2時間でも、その1時間、2時間を超えた部分は135か150になりますと、土曜日の場合。平日の場合は、これが125が150になります。ですから、平日と土曜日に出た、その割り増しの度合いは変わってきます。そういう面では、不公平が生ずるということも言えないことはないとは思いますけれども、この趣旨からいうのは、60時間を超えた場合には代休がとれる制度、これが制度化されたというのが本来の趣旨でありますので、代休をとればその不利益ということにはならないのかなというふうに思っています。

  以上です。



○千野寿政議長 よろしいですか。



◆1番(柳田多恵子議員) はい。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第5号 小川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第6、議案第6号 小川町こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第6号 小川町こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  子育て支援のさらなる推進を図るため、こども医療費に係る医療機関等での窓口払いを廃止したいので、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  福島子育て支援課長。

          〔福島 進子育て支援課長登壇〕



◎福島進子育て支援課長 命によりまして、議案第6号 小川町こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例制定について内容のご説明を申し上げます。

  今回の改正内容は、子供が必要とする医療を容易に受けられるようにするために、こども医療費の窓口払いの廃止を進めるものでございます。お手元にご配付してございます議案第6号及び資料によりご説明申し上げますので、ご参照いただきたいと存じます。

  まず、議案第6号資料、条例の新旧対照表をごらんいただきますようお願いいたします。表の右が現行で、左が改正後であります。アンダーラインの部分が改正箇所となっております。第5条は、助成金の支給方法についての規定でございまして、同条に第2項及び第3項として、こども医療費助成金の現物支給ができる旨、及び限度額を設けることについての規定を、第4項として、助成金の支払い等の事務を委託することができる旨の規定をそれぞれ加えるものでございます。

  なお、限度額につきましては、高額療養費の世代合算の対象となる2万1,000円を考えております。

  次に、議案をお願いいたします。条例の附則ですが、第1項は施行期日の規定で、平成22年7月1日とするものであり、第2項は経過措置の規定でございます。

  以上で議案第6号 小川町こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例制定について、内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 申しわけありません。今ちょっと最後に言った高額医療とのかかわりの部分で、限度額の部分について、済みません、もう一度確認したいのですけれども、例えば通常の通院ですといいのですけれども、入院したとか手術したとか、そういう場合の関連になるのだと思うのですけれども、限度額と高額医療の関係について、もう一度ちょっと確認したいのですけれども。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  福島子育て支援課長。



◎福島進子育て支援課長 お答え申し上げます。

  こども医療費につきましては、ご存じのとおり高額療養費該当分あるいは付加給付について除いた分について、この条例に基づきまして助成をするというような規定になっておりまして、高額療養費あるいは付加給付に該当する1カ月当たりの基準、世代合算が2万1,000円ということになりまして、入院、通院別にそれぞれ2万1,000円、一つの病院ごとに、こういった場合は従来どおりの償還払いにお願いして、世代合算等によって高額医療が出た場合あるいは調査によって付加給付の対象になったものは差し引いた部分を償還払いで助成するというふうな仕組みになります。

  以上でございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第6号 小川町こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第7、議案第7号 小川町下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第7号 小川町下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして提案理由を申し上げます。

  小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例制定に伴う所要の整備及び滞納処分に関する規定を整備するため、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 説明の前に、先ほど分担金条例を可決いただきましたので、議案の4行目でございますけれども、4条中で平成22年小川町条例第4号、「4」を書き入れていただければありがたいと思います。

  そして、新旧対照表なのですけれども、5行目、これも同じく「4」を書き入れていただければありがたいと思います。よろしくお願いします。

  命によりまして、議案第7号 小川町下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定につきまして、その内容をご説明申し上げます。提案理由は、ただいま町長が申し上げましたとおりでございます。

  それでは、議案第7号の資料、小川町下水道事業受益者負担金に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表によりご説明申し上げます。お手元の資料をご参照いただきたいと思います。表の右側が現行で、左が改正案となっています。

  4条中「もの」の次に「(小川町下水道事業区域外流入分担金に関する条例(平成22年小川町条例第4号)第3条の規定により徴収した分担金に係る土地を除く。)」を加える。

  第7条中「一に」を「いずれかに」に改め、同条第3号中「前各号」を「前2号」に改め、第8条第2項中「一に」を「いずれかに」に改め、次のページをお願いします。第10条に次の4項を加える。第2項、前項の規定にかかわらず、第7条の規定により徴収を猶予した期間に応ずる部分の負担金に係る延滞金は、徴収しない。

  第3項、第1項の規定により延滞金の額を算出する場合において、その乗ずる割合は、うるう年の日を含む期間についても、納期限の翌日から納付の日までの期間の365日に対する割合をもって計算するものとする。

  第4項、延滞金の額を計算する場合において、その計算の基礎となる分担金の額に1,000円未満の端数があるとき、又はその額が2,000円未満であるときは、その端数金額又はその額を切り捨てる。

  第5項、延滞金の確定額に100円未満の端数があるとき、又はその全額が500円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てる。

  第11条中「町長が別に」を「規則で」に改め、同条を第12条として、第10条の次に次の1条を加えるものでございます。(滞納処分に関する職務)。第11条、町長は、その職員に、都市計画法第75条第5項の規定による負担金及び当該負担金に係る延滞金の滞納処分に関する職務をさせることができると定めるものでございます。

  ここで議案に戻っていただきまして、附則としまして、この条例の施行日を平成22年4月1日とするものでございます。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 小川町下水道事業受益者負担に関する条例を見たのですけれども、ほかの自治体にちょっと聞いてみましたけれども、今回の条例、先ほどの部分は小川町の中で改正があって、川島、吉見もあるのだということでわかりました。具体的なものが出てきたのでということがわかったのですけれども、今回近隣の町では、条例改正ということはないようなのですけれども、これは小川町独自の改正になるのか。特に11条、それからもちろん線で引いてある部分もそうなのですけれども、なぜこのような改定になったのか、伺いたいと思います。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  近隣の町村では、条例改正がないようだということでございますけれども、先ほど分担金条例を可決していただきました。分担金につきましては、認可区域外というふうなことでございますけれども、これが範囲が広がって認可区域になったときに、1回分担金を納めている方が認可区域になったときに負担金を支払うというような、ダブりがないような形で改めたいということで、4条中に徴収した分担金の土地を除くというふうな形のものを入れさせていただきました。

  過去に滞納処分はされていたかというふうな話なのですけれども、小川町は、都市計画法75条の規定により国税滞納処分の例により、負担金及び延滞金を徴収することができるというものを準用しまして、4件滞納処分を行っております。これにつきましては、時効の中断措置というふうな形で行っております。

  あと、11条をなぜ明文化するかというふうなことでございますけれども、分担金に盛り込ませていただいたので、それと整合をとりたいということでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 過去に滞納があったというところまで丁寧にご説明いただきまして、ありがとうございます。

  その中で滞納処分が4件あったということなのですけれども、11条をつけ加えたということのところで、確かに減免の部分、それから徴収猶予の部分は、条例の中でうたわれていますけれども、滞納処分の条項を明文化することで滞納の、例えば差し押さえとかそういうものに波及するのではないかというような懸念も持つのですけれども、その点については、税務担当のほうで、もしおわかりでしたら、具体的にその滞納処分ということの中が、そこら辺は調整していただいて結構なのですけれども、あの処分の条例、条項が、そこに11条が入ったということの、明文化されたということの部分でのなぜかというところが、今のままでもいいのではないかなというふうに思ったものですから、その点について伺えればと思いますが。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 お答え申し上げます。

  滞納処分につきましては、先ほど申し上げましたように時効中断措置というふうな形で、これを後で競売とかというふうな形のものを考えているわけではございません。そういうことで行っていますので、よろしくお願いしたいというふうに思っています。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 私の勉強がちょっと不足で本当に申しわけないのですけれども、私が懸念をしているのは、この11条が入ったということで、どういう形かはわかりませんけれども、滞納をやむを得ずせざるを得なかった、一部負担金の部分がなかなか払えないということで。その方にとって、この11条が入ることによって、利益、不利益という言い方は適当ではないかもしれませんけれども、その方にとって一つ負担が非常に厳しくなるということになりはしないかということの懸念で質問をしているところなのですけれども、その点でこの11条をなぜ明文化するのかなというのがわからなかったので、その点も含めてご回答いただければと思いますが。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 これにつきましては、地方税法の徴収に関するくだりがありますけれども、これを引き継いだ形で実行していきたいと。ただ、これについては、先ほど申し上げましたけれども、そう多くありませんし、5年以上たちますと、これが時効を迎えてしまうというふうなことでございますので、やむを得ない措置というふうに考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 済みません、そんなことまで聞くと言われそうなのですけれども、言葉がちょっといろいろ交錯してしまっているので、この機会に内容を含めて整理させていただきたい。分担金というのは、先ほど条例があったように、地域外の方々の負担分、負担金というのは接続した方が自分のエリアについて負担した分、月々の使用料、そういうふうに理解しているのですけれども、その点をまずもう一度しっかりとこの機会に、言葉がちょっと分担金、負担金、いろいろ交錯しているので、しっかり整理させていただきたい。

  そして、先ほど滞納分があったという話だけれども、それは要するに、本来なら当初負担金を払わなければいけない部分が滞納になっている。月々の使用料については、当然負担金が払えないと使用料という問題もあるのかもしれませんが、水道の関係ですから、月々の使用料は嫌でも支払われていると、そういうふうに理解してよろしいのか。済みません、お願いします。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 事業認可区域内の負担金につきましては、つなぎ込む、つなぎ込まないなくして、全部の土地について負担金の徴収をするという形になっています。ですから、畑があったり、草地があったりというふうなものにも負担金がかかるというふうな形になってございます。そうしますと、家がないのにというふうな形の中で支払いが滞るというふうな形もございます。そういう中で下水道が行ったことによって負担をするというふうな、負担というか、受益があると、後で家が建つというときにはすぐ使えるというメリットもあるわけですけれども、そういう中で現状はこうだからというふうなことの中で支払われない部分、ですからまるっきり貸し家でとかというふうな形でなくて、ある程度の土地を持っている方の中で、そういうものが生じてきているという中で、やむを得ずということで時効中断措置として滞納処分をさせていただいているということでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) そうすると、払えないという方もいると同時に、逆になぜ下水もつないでいないのに払わなければいけないのだと、払わない方もいると、今のお話の様子だと、そういう方もいるのかなと今ちょっと感じたのですけれども、その辺はどうなのでしょうか。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 今、山口議員のおっしゃるとおりでございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第7号 小川町下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○千野寿政議長 起立多数であります。

  よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。



○千野寿政議長 ここで暫時休憩をいたします。

                                 (午前11時11分)

                                         



○千野寿政議長 再開いたします。

                                 (午前11時23分)

                                         



△議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第8、議案第8号 平成21年度小川町一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第8号 平成21年度小川町一般会計補正予算(第6号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきましては、町税配当割交付金及び地方交付税の各交付金、国庫支出金、県支出金の確定等による歳入補正を計上いたしました。

  歳出につきましては、各事業における執行残の見込み及び繰り越しを余儀なくされる事業の見込みのほか、国の第2次補正に対応して、地域活性化・きめ細かな臨時交付金に係る事業など、所要の補正額を計上いたしました。

  その結果、既定予算の総額に歳入歳出それぞれ4,053万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を92億2,425万2,000円として、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  吉田政策推進課長。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 命によりまして、議案第8号 平成21年度小川町一般会計補正予算(第6号)の内容のご説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと存じます。まず、条文の第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等の予算に所要の補正が生じたため、既定の歳入歳出予算に歳入歳出それぞれ4,053万2,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ92億2,425万2,000円とするものでございます。

  次に、第2条は、繰越明許費を規定するもので、恐れ入ります、4枚めくっていただきたいと存じます。そして、第2表をごらんいただきたいと思います。まず、2款総務費、1項総務管理費の町民会館改修臨時交付金事業費410万円は、空調機器の改修及び大ホールのいすの修繕であります。財源は、国の第2次補正対応による地域活性化・きめ細かな臨時交付金を活用するもので、この通称臨時交付金は、国の予算上でも繰越明許費とされております。

  次に、3款1項総合福祉センター施設整備臨時交付金事業費430万円は、総合福祉センター駐車場の増設工事であります。臨時交付金を活用するものでございます。

  次に、2項子ども手当準備事業費450万円は、子ども手当支給のシステム開発委託料ですが、国庫補助を受けて執行することとなったもので、年度内執行が難しいため繰り越すものでございます。

  6款2項の一般林道臨時交付金事業費2,100万円は、林道勝呂木呂子線及び栗山線の舗装工事を、林道古寺線は橋りょうの改築を、それぞれ国の臨時交付金を活用するものであります。

  8款1項の道路改良事業費3,035万5,000円は、小川地内町道6080号線及び6081号線の道路改良工事と高谷地内228号線道路改良設計業務委託で、年度内の執行が難しいため繰り越すものであります。また、同項の道路改良臨時交付金事業費4,135万円は、勝呂木呂子地内、町道202号線道路改良工事並びに靱負地内町道206号線道路改良工事及び中爪地内町道238号線側溝整備工事で、これも国の臨時交付金を活用するものであります。

  3項のバリアフリー推進事業費210万円は、小川町駅周辺道路の歩道部にカラー舗装工事をするもので、これも国の臨時交付金を活用するものであります。また、同項都市公園改修臨時交付金事業費500万円は、みどりが丘地内中央公園のフェンス等改修工事で、同様に国の臨時交付金を活用するものでございます。

  9款1項消防施設整備事業費1億333万5,000円は、新小川消防署用地の造成工事及び物件補償費で、国の地域活性化公共投資臨時交付金及び地方債を活用するもので、物件の移転並びに造成工事が次年度になるため、繰り越すものでございます。同項防災事業費254万7,000円は、全国瞬時警報システム受信設備設置工事で、年度内の執行が難しいため繰り越すものでございます。

  10款3項東中学校耐震補強事業費1億5,856万1,000円は、年度内の執行が難しいため繰り越すものでございます。

  次に、第3条地方債の補正でございますが、恐れ入れます、3表をごらんいただきたいと存じます。1の変更ですが、初めに用水路整備事業としまして、下里用水路並びに下横田排水路整備工事が県費単独改良事業として補助対象となったため260万円を。

  次に、農道整備事業としまして、奈良梨農道舗装工事費の確定により200万円を。

  次に、林道整備事業としまして、森林管理道栗山線ほか1路線の舗装工事費が確定したことにより790万円を。

  次に、観光施設整備事業としまして、埼玉伝統工芸会館駐車場整備にふるさと創造資金貸付金の追加借り入れにより2,220万円を。

  次に、ハイキングコース施設整備事業としまして、ハイキングコース観光トイレ整備工事に臨時交付金の充当で2,150万円を。

  次に、町道整備事業としまして、小川地内道路改良工事ほか9工事の事業費が確定したため9,760万円を。

  次に、河川改修事業としまして、準用河川前高谷川改修工事費の確定により250万円を。

  次に、街路整備事業としまして、環状1号線整備工事の負担金が減額となったため420万円を。

  次に、都市計画事業としまして、小川町駅バリアフリー化事業負担金の減額により4,000万円を。

  次に、公園整備事業としまして、(仮称)栃本親水公園及びみどりが丘長谷公園整備事業費の確定により880万円を。

  次に、消防施設整備事業としまして、新小川消防署用地取得及び青山消防車庫並びに消防詰所新築工事の確定により2億5,580万円を。

  次に、中城跡保存整備事業としまして、事業内容の変更により起債対象外となったため180万円を皆減に。

  次に、平成11年度発行町債償還金としまして、図書館建設事業債の借りかえでありますが、借り入れの際、端数調整が必要となったために1億5,710万円を。

  次に、放課後児童施設整備事業としまして、学童保育、竹の子クラブ駐車場用地取得及び整備工事費が確定したため1,470万円をそれぞれ限度額として記載の変更をお願いするもので、起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。

  次に、歳入歳出予算の内容をご説明申し上げます。別にご配付申し上げました補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと存じます。それでは、5ページをごらんいただきたいと思います。

  歳入からご説明申し上げます。1款町税、1項1目個人1,057万8,000円の減です。普通徴収は、当初の見込みを上回っての増でございます。特別徴収におきましては、退職者の増加等により普通徴収への切りかえもあっての減でございます。

  次に、2目法人1,627万2,000円の増でございます。当初の見込みを上回って、法人割が増加したことによるものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2項1目固定資産税1,615万9,000円の減でございます。家屋の評価替えにより下落幅が大きかったことによる減額が主なものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。3項1目軽自動車税150万9,000円の増でございます。当初の見込みを上回ったことによる増額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。4項1目町たばこ税425万3,000円の増です。これも当初の見込みを上回ったことによる増額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。6項1目特別土地保有税100万円の減でございます。歳入が見込まれないための減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。7項1目都市計画税161万8,000円の増でございます。これも当初の見込みを上回ったことによる増額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2款地方譲与税、1項1目地方揮発油譲与税1,646万4,000円の減でございます。税制改正によりまして、地方道路譲与税が地方揮発油譲与税に名称変更されましたが、当初見込み、平成22年度からのためでございまして、組み替えによる減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。3項1目地方道路譲与税1,646万4,000円の増でございます。先ほどのご説明のとおりでございまして、今年度は、この税制改正の時期前の交付分として歳入となりました。

  次のページをごらんいただきたいと思います。3款利子割交付金、1項1目利子割交付金258万8,000円の増でございます。交付金の額の確定によるものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。4款配当割交付金、1項1目配当割交付金118万5,000円の増でございます。これも交付金の額の確定によるものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。9款地方特例交付金、1項1目地方特例交付金1,129万6,000円の増でございます。同じく交付額の確定による増でございます。

  続きまして、16ページをごらんいただきたいと思います。2項1目特別交付金29万3,000円の増でございます。これも交付額の確定による増でございます。

  続きまして、次のページでございます。10款地方交付税、1項1目地方交付税2,272万1,000円の減でございます。当初見込みを下回ったための普通交付税の減額が主でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。12款分担金及び負担金、1項2目民生費負担金218万1,000円の減でございます。老人ホーム入所者委託料の負担金の減額、また保育児童数の減少による保護者利用者負担金の減額でございます。

  続きまして、19ページでございます。13款使用料及び手数料、1項1目総務使用料50万円の減でございます。電力使用量の減によるものでございます。

  同じく4目土木使用料220万円の減でございます。町営住宅使用料については、高額家賃の方の退去によるものでございます。また、駐車場使用料の減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2項2目衛生手数料31万円の減です。犬の登録手数料の減額及び粗大ごみの持ち込み件数の減によるものでございます。

  次のページをお願いいたします。14款国庫支出金、1項1目民生費国庫負担金219万4,000円の増でございます。1節保険基盤安定負担金から8節の障害者自立支援給付費負担金まで、額の確定による増減でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2項1目民生費国庫補助金440万円の増でございます。子ども手当準備事業の補助金でございます。

  同じく2目衛生費国庫補助金304万3,000円の減でございます。検診受診者の減による額の確定でございます。

  4目教育費国庫補助金3万5,000円の減でございます。1節教育総務費補助金から4節の社会教育費補助金まで、それぞれ額の確定による増減でございます。

  同じく5目総務費国庫補助金9,382万2,000円の増でございます。3節経済危機対策臨時交付金は交付額が決定されましたので、その額で確定額でございます。また、4節きめ細かな臨時交付金につきましては、国が示された額でございます。次の5節公共投資臨時交付金につきましても、交付額の確定によるものでございます。

  続きまして、23ページをごらんいただきたいと思います。15款県支出金、1項2目民生費県負担金513万5,000円の増でございます。1節の保険基盤安定負担金から8節の障害者自立支援給付費負担金まで、それぞれ額の確定によります増減でございます。

  同じく3目の県地方分権推進交付金16万3,000円の減でございます。交付額の決定によりましての減額でございます。

  続きまして、24ページをごらんいただきたいと思います。2項1目総務費県補助金42万円の増でございます。埼玉県全国瞬時警報システム整備促進事業の追加の交付金でございます。

  同じく2目の民生費県補助金でございますが、42万3,000円の増でございます。2節障害者福祉費補助金から6節の障害者自立支援事業費補助金まで、それぞれ額の確定による増減でございます。

  続きまして、3目の衛生費県補助金ですが、922万1,000円の減でございます。健康診査受診者及び予防接種者の減少による補助金の減額、また合併処理浄化槽設置奨励交付金の減額でございます。

  続きまして、5目農林水産業費県補助金16万6,000円の減でございます。交付額の確定による減額でございます。

  次に、6目土木費県補助金123万3,000円の減でございます。交付額の確定による減でございます。

  続きまして、7目教育費県補助金12万7,000円の減でございます。1節学校教育費補助金は、身近な相談員事業の実績に基づきましての減額が見込まれることでございます。また、2節の社会教育費補助金につきましても減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。3項1目総務費委託金39万9,000円の増でございます。それぞれの委託金の交付額の確定によるものでございます。

  4目土木費委託金8万円の減でございます。これも額の確定によります減額でございます。

  次に、6目農林水産業費委託金8万5,000円の増でございます。委託金の額の確定による増額でございます。

  次のページ、26ページをごらんいただきたいと思います。16款の財産収入、1項1目財産貸付収入54万4,000円の増でございます。土地の貸付料の増額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2項1目物品売払収入7万円の増でございます。庁用車を売り払いしたことによるものでございます。

  続きまして、2目の不動産売払収入2,703万9,000円の増でございます。このうち環状1号線の関連につきましては、埼玉県に売り払いしたものでございます。

  続きまして、次のページ、28ページをごらんいただきたいと思います。17款寄附金、1項1目一般寄附金4万3,000円の増でございます。ごらんの2名の方からのご寄附でございます。

  次に、3目農林水産業費寄附金30万円の減でございます。種畜購入者、寄附者の見込みがないための皆減でございます。

  4目教育費寄附金10万円の増でございます。ごらんの1名の方からのご寄附でございます。

  次に、5目まちづくり寄附金126万円の増でございます。ごらんの6名の方からのご寄附でございます。

  続きまして、次のページ、29ページをお願いいたします。18款繰入金、1項1目基金繰入金4,934万8,000円の減でございます。これは、歳入歳出の調整を図ったものでございます。

  続きまして、次の30ページをごらんいただきたいと思います。20款諸収入、3項1目民生費受託事業収入264万2,000円の減でございます。健診者の減による減額でございます。

  次のページ、31ページです。4項1目滞納処分費20万9,000円の減でございます。公売中止による減額でございます。

  次に、3目雑入1,862万1,000円の増でございます。使用料、補助金、精算金等の確定による増減でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。21款町債、1項1目農林水産業債630万円の減でございます。1節農業債、2節林業債は、県の補助金充当、また事業費の確定による起債額の変更でございます。

  次に、2目商工債630万円の減でございます。県の貸付金による増でございまして、経済危機対策の臨時交付金等で対応できたものでございます。

  次に、3目土木債5,120万円の減でございます。1節道路橋りょう債、2節河川債、3節都市計画債、それぞれの事業費の確定による起債額の変更減でございます。

  続きまして、4目消防債3,490万円の増でございます。事業の確定による増でございます。

  続きまして、5目の教育債180万円の減でございます。整備事業の内容変更による起債の皆減であります。

  次に、7目の借換債2万1,000円の減でございます。借換債の端数処理による減額でございます。

  続きまして、8目の民生債10万円の減でございます。事業費の確定による起債額の変更の減でございます。

  続きまして、33ページの歳出のほうからご説明を申し上げます。まず、1款の議会費、1項1目議会費でございますが、167万5,000円の減でございます。1001議会費及び1002事務局費の各事業費とも執行残でありますが、委託料の135万円の減につきましては、議会広報作成の会議録録音の、それを自前で調整した経費節減によるものでございます。

  続きまして、次のページ、34ページをごらんいただきたいと思います。2款総務費、1項1目一般管理費188万円の減でございます。1001総務一般管理費は、町長部局の共済費、退職手当負担金の減でございます。

  次に、2目広報広聴費50万円の減でございます。1011広報広聴活動費は、執行残が見込まれるためのものでございます。

  次に、4目会計管理費49万6,000円の減でございます。1031会計事務費は、執行残が見込まれるためでございます。

  次に、5目財産管理費76万円の増でございます。1042財産管理事業費は、燃料費の執行状況を勘案した減額、また寄附によりますまちづくり基金の積み立て増でございます。

  次に、6目企画費1,219万円の減でございます。1051企画事務事業費、1053住民情報システム管理運営事業費、1054行政情報化推進事業費、1064公共施設地上デジタル対策事業費の各事業費とも執行残、また執行状況を勘案しての減額でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。7目の行政バス運行費80万円の減です。1061行政バス運行事業費、運行日数が下回ることが見込まれるための減額でございます。

  次のページ、36ページをごらんいただきたいと思います。12目町民会館費410万円の増でございます。1111町民管理委託費は、充当先の修正による科目設定でございます。1113町民会館改修臨時交付金事業費の工事請負費410万円は、臨時交付金を充て工事をするもので、議案の繰越明許費でご説明申し上げましたが、次年度へ繰り越すものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。2項1目税務総務費、補正額の増減はございません。2001税務一般事務費は、充当先修正による科目設定でございます。

  2目賦課徴収費147万9,000円の減でございます。2011賦課徴収事務費は、執行残が見込まれるためのものでございます。

  続きまして、38ページをごらんいただきたいと思います。5項2目指定統計費31万円の減でございます。5018指定統計事業費は、執行残でございます。

  次に、39ページをごらんいただきたいと思います。3款の民生費、1項2目障害者福祉費135万円の増でございます。1016障害者小規模施設助成事業費は、夜間支援体制加算の廃止と補助対象者の減少によるものであります。また、1019重度心身障害者医療費支給事業費は、予算額に不足が見込まれるためのものでございます。

  次に、3目の老人福祉費37万8,000円の減でございます。1035老人福祉総合助成事業費は、助成金の充当先による科目設定でございます。1036老人在宅福祉事業費は、委託料の実績に基づく減額でございます。

  次に、4目老人措置費36万円の減でございます。1051老人ホーム入所措置事業費は、1人措置解除による減額でございます。

  次に、6目国民健康保険事業費480万6,000円の増でございます。1071国民健康保険事業費のうち、共同電算関係につきましては執行残でありますが、繰出金につきまして、出産育児一時金以外につきまして増額でございます。

  次に、7目総合福祉センター費366万3,000円の増でございます。1082総合福祉センター運営費につきましては、執行残でございます。1084総合福祉センター施設整備臨時交付金事業は、臨時交付金を充てて駐車場の増設をするもので、議案の繰越明許費でご説明申し上げましたとおりで、次年度へ繰り越すものでございます。

  続きまして、40ページをごらんいただきたいと思います。9目介護保険事業費140万3,000円の減でございます。1101介護保険事業費は、介護保険特別会計への繰出金の減額でございます。

  11目障害者自立支援支給費318万9,000円の増でございます。1133介護給付・訓練等給付費支給事業費及び1135地域生活支援事業費は、利用者の増による増額でございます。また、1137障害者自立支援円滑化特別対策事業費は、各種補助金の増額によるものでございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。12目後期高齢者医療費507万8,000円の増でございます。1140後期高齢者医療事業費は、実績に基づく健診委託料の減額、また負担金確定による増額及び特別会計への繰り出しの増額でございます。

  続きまして、42ページをごらんいただきたいと思います。2項1目児童福祉総務費249万9,000円の増でございます。2003こども医療費支給事業費と2011次世代育成支援対策推進事業費は、それぞれ執行残が見込まれるものでございます。2014子ども手当準備事業費は、システムの開発委託料ですが、議案の繰越明許でご説明申し上げましたとおり次年度へ繰り越すものでございます。

  次に、2目児童措置費131万2,000円の減でございます。2021民間保育園等児童措置事業費は、対象児童の減によるものであり、次に2022放課後児童健全育成事業費は、委託基準額の増によるものでございます。2023児童手当支給事業費は、充当先修正による科目設定でございます。

  続きまして、3目の児童福祉施設費176万8,000円の増でございます。2031町立保育園等管理運営費は、工事請負費の増額であります。2032放課後児童施設事業費は、充当先修正による科目設定でございます。

  次に、2037地域子育て支援センター事業費は、エアコン設置工事費でございます。

  次の44ページをごらんいただきたいと思います。4款衛生費、1項1目保健衛生総務費449万1,000円の減でございます。1004母子保健事業費につきましては、健診者の減によるものでございます。

  次に、2目の予防費1,975万1,000円の減でございます。1011狂犬病予防事業費は、充当先修正による科目設定でございます。1013予防接種事業費は、予防接種対象者の減によるものであります。1020健康増進事業費は、これも受診者の減でございます。

  次のページをごらんいただきたいと思います。4目の環境衛生費668万円の減でございます。1041環境改善推進事業費、1043小川町環境基本計画推進事業費、1049合併処理浄化槽整備事業費、各事業とも執行残が見込まれるための減額でございます。

  続きまして、次のページをお願いいたします。2項1目清掃総務費60万円の減でございます。2002ごみ減量化対策事業費は、執行残が見込まれるためのものでございます。

  次に、2目塵芥処理費44万円の減でございます。2011塵芥処理事業費は、これも執行残が見込まれるためのものであります。

  続きまして、次のページ、47ページですが、6款農林水産業費、1項3目農業振興費110万円の減でございます。1025水田農業構造改革事業費、1028特産物促進事業費、1039土づくり推進事業費、1042担い手支援事業費、1044農地活用・保全事業費の各事業費とも執行残が見込まれるものでございます。

  続きまして、4目の畜産業費62万6,000円の減でございます。1051畜産振興事業費は、執行残が見込まれるものであります。

  次に、5目農地費654万3,000円の減でございます。1062一般農道事業費、執行残でございます。1066土地改良事業費、また1072県費単独土地改良事業費、それぞれ充当先の修正による科目設定でございます。1073県費単独土地改良事業費は、排水路整備の執行残でございます。1900農業集落排水事業費は、特別会計繰出金の減でございます。

  次に、49ページをごらんいただきたいと思います。2項1目林業振興費1,680万円の増でございます。2001一般林業振興費は、執行残が見込まれるものであります。2003一般林業臨時交付金事業費2,100万円につきましては、議案の繰越明許費でご説明申し上げましたとおり、次年度へ繰り越させていただくものでございます。

  続きまして、次のページ、50ページをごらんいただきたいと思います。7款商工費、1項1目商工総務費10万円の増でございます。1001商工総務事務費は、時間外手当に不足が生じたための増額であります。

  2目商工振興費、補正額の増減はありません。

  3目の観光費、これも補正額の増減はございせん。

  次に、4目の伝統工芸会館費、これも補正額の増減はございません。

  次のページをごらんいただきたいと思います。



○千野寿政議長 課長、この辺で休憩をとりましょう。



◎吉田利男政策推進課長 わかりました。



○千野寿政議長 この辺でと言っては恐縮なのですが、暫時休憩をとりたいと思います。

  再開につきましては、午後1時といたします。

                                 (午前11時57分)

                                         



○千野寿政議長 再開いたします。

                                 (午後 1時00分)

                                         



○千野寿政議長 午前に引き続き、吉田政策推進課長より内容の説明を求めます。

          〔吉田利男政策推進課長登壇〕



◎吉田利男政策推進課長 引き続き、ご説明を申し上げます。

  恐れ入ります。51ページをお開き願いたいと思います。8款土木費、1項1目道路橋りょう総務費95万円の減でございます。1001道路橋りょう一般事務費は、人件費の減額でございます。

  続きまして、3目道路新設改良費2,441万円の増でございます。1021道路改良事業費は、執行残でございます。1025道路改良臨時交付金事業費につきましては、議案の繰越明許費でご説明申し上げましたとおり、次年度へ繰り越させていただくものでございます。

  続きまして、5目地籍調査費212万8,000円の減でございます。1051地籍調査事業費は、執行残が見込まれるためでございます。

  次の53ページをお開き願いたいと思います。2項2目河川改良費、補正額の増減はございません。2012河川改修事業費は、工事請負費の充当先の修正による科目設定でございます。

  次に、54ページをお願い申し上げます。3項1目都市計画総務費54万8,000円の減でございます。3001都市計画一般事務費は、用地取得費償還金利子の減額でございます。3002バリアフリー推進事業費は、議案の繰越明許費でご説明申し上げた工事請負費と小川町駅バリアフリー化事業の負担金の減でございます。

  同じく3目街路事業費92万3,000円の増でございます。3021街路一般事務費は、償還金の一括償還による増額、また負担金の確定による減額でございます。

  続きまして、4目公共下水道費4,241万6,000円の減でございます。3031下水道整備事業費は、特別会計への繰出金の減額でございます。

  次に、6目公園費350万円の増でございます。3051都市公園管理事業費は、工事請負費の充当先修正による科目設定でございます。3052(仮)栃本親水公園整備事業費は、執行残によるものであります。3054都市公園改修臨時交付金事業は、議案で説明申し上げました繰越明許で、次年度へ繰り越すものでございます。

  次に、56ページをお開き願いたいと思います。9款消防費、1項2目非常備消防費、補正額の増減はございません。1011非常備消防一般事務費は、充当先修正による科目設定でございます。

  同じく3目消防施設費6,825万円の増でございます。1021消防施設管理費は、執行残によるものであります。1022消防施設整備事業費は、新小川消防署造成工事で、議案の繰越明許費でご説明申し上げましたとおり、次年度へ繰り越すものでございます。

  続きまして、4目の防災費42万円の増でございます。1031防災事業費は、執行残によるものと全国瞬時警報システム受信設備設置工事につきましては、次年度へ繰り越すものでございます。

  続きまして、57ページをごらんいただきたいと思います。10款教育費、1項2目事務局費97万3,000円の減であります。1011事務局一般管理費、1014保健管理費、1015幼稚園就園奨励事業費、1026小中学校生いきいきプラン事業費、それぞれ各事業とも執行残が見込まれるものでございます。

  次に、58ページをごらんいただきたいと思います。2項1目学校管理費182万4,000円の増でございます。2001八和田小学校管理費、2011小川小学校管理費、2031大河小学校管理費、2041東小川小学校管理費、2051みどりが丘小学校管理費、2061小学校共通管理費の各学校管理費につきましては、執行残が見込まれるものでございます。2071小学校営繕費、2076小学校情報通新技術環境整備事業費、それぞれ不足化が見込まれるための増額でございます。2077安全・安心な学校づくり交付金事業につきましては、充当先修正による科目の設定でございます。

  次の、59ページをごらんいただきたいと思います。2目教育振興費65万6,000円の減でございます。2081八和田小学校教育振興費、2091小川小学校教育振興費、2111大河小学校教育振興費、2141小学校補助事業費、それぞれ執行残が見込まれるものの減でございます。

  続きまして、次の61ページをごらんいただきたいと思います。3項1目学校管理費440万円3,000円の減でございます。3001東中学校管理費、3021上野台中学校管理費、3031欅台中学校管理費、3041中学校共通管理費、3042英語指導助手配置事業費、3045中学校社会体験チャレンジ事業費、3047中学校身近な相談員配置事業費、3051中学校営繕費、3053西中学校耐震補強事業費、それぞれ執行残が見込まれるものでございます。3054中学校情報通信事業環境整備事業費は、備品購入費に不足が見込まれることによります増でございます。3055安全・安心な学校づくり交付金事業費は、充当先修正によります科目設定でございます。

  次の62ページをごらんいただきたいと思います。2目教育振興費110万7,000円の減でございます。3071西中学校教育振興費につきましては、執行残が見込まれるものでございます。3101中学校補助事業につきましては、交付額の決定による減額でございます。

  続きまして、次の64ページをごらんいただきたいと思います。4項1目社会教育総務費220万4,000円の減額でございます。4002成人式開催事業費、4003人権・社会同和教育振興事業費、4006埋蔵文化財緊急調査事業費、4013文化財活用展示事業費、4016生涯学習推進事業費、4021中城跡保存・整備事業費、4022全国生涯学習フェスティバル事業費、4023公共事業関連発掘調査事業費、それぞれ執行残が見込まれ、また執行状況を勘案しての減額でございます。

  次の65ページをごらんいただきたいと思います。2目公民管費42万円の減でございます。4031公民館管理運営費、4037生涯学習振興事業費は、執行残が見込まれるものでございます。4043安全・安心な学校づくり交付金事業は、充当先修正による科目設定でございます。

  続きまして、3目の図書館費51万5,000円の減額でございます。4051図書館管理運営費、4052図書館サービス事業費、各事業とも執行残が見込まれるための減額でございます。

  次の67ページをごらんいただきたいと思います。5項1目保健体育総務費10万円の減でございます。5001保健体育総務事業費は、執行残が見込まれるものでございます。

  同じく2目体育施設費26万8,000円の減でございます。5016社会体育施設整備事業費、これも執行残が見込まれるものでございます。

  3目学校給食センター費85万円の減でございます。5022学校給食センター管理運営費は、同じく執行残が見込まれるものでございます。

  続きまして、次の68ページをごらんいただきたいと思います。12款公債費、1項1目元金2,164万4,000円の増でございます。1001町債元金償還費は、図書館建設事業借換債確定によります増額でございます。また、公共用地先行取得元金の繰上償還によります増額であります。

  次に、2目利子400万円の減でございます。1011町債利子償還費は、利子額の確定による減額でございます。

  以上、議案第8号 平成21年度小川町一般会計補正予算(第6号)の内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  国からの年度末の補正が遅いということで、繰越明許が結構ありまして、予算で伺ってもよろしいかなとも思うのですが、補正のほうで記入されている部分については聞かせていただきたいと思います。

  30ページなのですけれども、後期高齢者医療健康診査受託収入、これはちょっとお手数ですけれども、41ページの後期高齢者医療事業の部分の執行残があって、関連があるということでまとめて伺いたいと思うのですけれども、マイナス補正が予算と比べるとかなり多いようですが、4分の1ぐらいが執行残になっているかなというふうに思うのですけれども、そこら辺の理由について伺いたいと思います。

  それから、36ページです。これも繰越明許なのですけれども、町民会館の改修の臨時交付金事業で、空調の改修工事ということなのですけれども、具体的にはどこら辺の工事をするのか。と申しますのは、町民会館の空調はかなりふぐあいなところがあって、以前も直したような気がするのですけれども、大ホールの空調がかなりふぐあいという声を聞いておりますので、場所はどこなのか。それから、改修で直していくということなので、一通りこの空調の改修工事でふぐあいなところは大体直るのか、それとも今後計画をされているのかどうなのか。

  それから、41ページです。ここが今一緒に申し上げたところなのですけれども、あわせて後で再質疑という形でさせていただきたいと思います。数字をちょっと見ていただければと思います。

  それから、42ページです。2021の家庭保育室委託料です。家庭保育室は、一たん閉鎖になって、昨年また再開をしたというふうにご報告がありましたけれども、執行残が172万円です。当初予算を調べてみますと、一緒になって、細かく書いていなかったので、ちょっとわからないのですけれども、家庭保育室の委託料として172万円が執行残というのは、金額としては大きいと思うのですけれども、どういう理由だったのか。

  44ページです。1004の妊婦健康診査委託料、これが449万円執行残です。ご説明の中で、親子教室の部分には触れていらっしゃらなかったので、健診者が少なくなったというふうにおっしゃっていたので、健診の数が減ったのかなというふうに思うのですけれども、昨年妊婦健診が14回まで無料で受けられるようになったということなのですけれども、執行残がかなり出ているので、理由はどういう理由なのか、単純に妊婦さんの数が少なくなったということだけの理由なのかどうなのか、そこを伺いたいと思います。

  それから、54ページの、これも繰越明許で恐縮なのですけれども、バリアフリーの推進事業費、カラー舗装工事の対象の箇所なのですけれども、何件ぐらいあるのか、それから具体的にカラー舗装というのは、どういうふうなカラー舗装を考えているか。それから、場所も町内にたくさんあって限定ができないということであれば、この場所ということではないのですけれども、どういったところについてカラー舗装を考えているのか。

  それから、56ページです。これもご説明がありました。繰越明許で、消防施設の整備事業費が入っておりますが、来年度、新年度からということなのですが、工事の改修はいつから始まるのか、それから終了はまだ未定かもしれませんけれども、少なくともいつからいつぐらいまでの予定をされているのか。それから、そういう意味ではかなり造成というと、結構車の出入りとかがあるのですけれども、そこら辺の安全対策みたいなものも、これは来年度の予算で伺いたいと思いますけれども、そこら辺ぐらいまで伺いたいと思います。

  それから、62ページです。3053なのですが、西中学校の耐震補強工事事業、耐力度調査はもう執行残ということで出ているので、終わって、結果は出ているのか。それから、今後の検討、これもすぐにすぐにということではないかもしれませんけれども、方向性みたいなものが出てきているのであれば、今お話しできる段階の現状を伺いたいと思います。

  それから、65ページです。4023公共事業関連発掘調査事業なのですけれども、これは、当初予算がすべて丸々執行残というふうになっているのですけれども、具体的には、場所があって決められていたのか、それとも何かで全く必要とされなくなったのか、どういう理由だったのか伺いたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 柳田議員の質疑に対しまして、答弁を求めます。

  1点目について竹澤町民生活課長、2点目、吉田政策推進課長、3点目、福島子育て支援課長、4点目、関口健康増進課長、5点目、長島建設課長、6点目、清水総務課長、7点、8点につきまして新井学校教育課長、8点目につきましては高橋生涯学習課長、順次答弁を求めます。

  まず、1点目について竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 柳田議員のご質問にお答えを申し上げます。

  後期高齢者の健診にかかわるご質問でございますけれども、歳入歳出との関係でございますが、30ページの歳入につきましては、健康診査に伴う経費を後期高齢者の広域連合からの収入でございまして、41ページの歳出については、健康診査とまち独自の人間ドックにかかわる委託料でございます。

  ご質問の内容でございますけれども、大変執行残が残ったということでございますが、21年度人間ドックにつきましては、ほぼ予定どおりの人数に達したわけでございますけれども、健康診査につきましては、当初は平成20年度の当初予算並みに人数を見込みましたが、受診者が大幅に少なかったことがこの減の原因でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 続いて、吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  町民会館の空調の改修ということでございます。町民会館の1階の談話室あるいは和室等が一つの系統で処理されておるということですが、大変古くなってございまして、とりあえず今回は必要な部品の交換ということでやらせていただくということになっております。それによって、果たして先どうなのかというお話でございますけれども、やはり機械物でございますので、いつどうなるか非常に危惧しているところでございます。また、大ホールがどうこうというお話も先ほど少し伺いましたが、やはり以前応急的に修繕工事をさせていただいたという話は聞いております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 3点目につきまして福島子育て支援課長。



◎福島進子育て支援課長 お答え申し上げます。

  3点目につきましては、家庭保育室の保育料の委託の関係でございます。当初ひよこさんが年度当初から再開されるというお話がございましたので、その委託料、それから管外の委託料も見込みまして、240万円計上させていただきました。実際ふたをあけましたところ、12月の議会でも杉田議員にご答弁申し上げましたが、町の補助金となります3名以上になったのが昨年の12月ということになりまして、12月から3月までの委託料、施設の補助も含めてのみの予算となりましたので、その他の分の減額を今回お願いするというものでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 次に、4点目、関口健康増進課長、答弁願います。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  この問題につきましては、24ページの妊婦健康診査の関係の補助金にも関係するのですが、当初県のほうでは、21年度予算を組むとき、9回分の無料がふえたわけでございます。それと、プラス超音波検査1回分、この補助単価イコール健診費用というふうにお考えいただいて結構なのですけれども、これが6万3,000円ということで示されておりました。ところが、実際に県が県医師会と契約した単価が3万2,320円、大幅な減額での契約でございました。その関係での補正減というふうにお考えいただいて結構でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 5点目につきまして長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 お答え申し上げます。

  バリアフリーの関係で、どんなことを考えているのかということですけれども、ここにありますように、道路のカラー舗装化ということで、本年度駅の西側の通りですとか、大関町ですとか、駅前から一方通行を寄居のほうに向かった通りですとかで、センターラインがある道路については、その路側、側溝に近い道路の一番端と言ったらいいのか、その部分にある一定の幅でグリーンのカラー舗装をしてあります。それで、一応歩行空間をつくるというようなことで、バリアフリーの基本構想の中にも入れていただきましたので、そういう措置をとらせてもらうと。

  今回計画していますのが、1つは図書館前通り、両側で約300メートル、それと図書館のところから北側のほうに向かって行く通り、町道5231号線というのがあるのですけれども、そこも路側の部分にグリーンのカラー舗装化を施したいと、これが両側で約220メートルぐらいかなと。それとあと、役場の前、現状北側の一部については、今年度カラー舗装をしてありますけれども、南側がまだやってありませんので、南側の部分に約300メートルぐらいかなと思うのですけれども、カラー舗装をして、車両の通行する部分と歩行する部分を色分けをして、車道はなるべくわきのほうに行かないようにというようなことでカラー舗装化して、空間を確保したいということで計画しています。

  以上です。



○千野寿政議長 6点目につきまして清水総務課長。



◎清水吉夫総務課長 ページでいいますと、56ページの消防費の関係でございます。ご質問の中身は、消防施設整備事業費の関係でございますけれども、ご質問の内容の整備事業が早まったということではございません。この56ページの財源内訳を見ていただきますと、補正額6,825万円、その1つ飛んで右側に国保とあります2,905万8,000円、これが今回補正で歳入で組みました公共投資臨時交付金の一部をここに充てているものでございます。したがいまして、財源の関係上、補正で対応させていただきたいというふうに考えたわけでございます。工事の開始時期でございますけれども、これから検討はしてまいりたいというふうに考えております。ただ、あそこの土質がかなり岩が多い土質なものですから、工期的には多少期間がかかるかなというふうに考えておりますので、早目に始めたいとは思っております。

  以上です。



○千野寿政議長 7点目につきまして新井学校教育課長。



◎新井賢二学校教育課長 7点目についてお答えをいたします。

  西中学校の耐力度調査につきましては、耐震診断の結果が予想した値よりもよかったということから、今後の耐震補強を進める上での判断資料を得るために実施をいたしたものでございます。本年の1月には終了し、その結果が届いております。その結果といたしましては、改築が可能であると、つまり国の補助対象になるという結果でございました。この資料をもとに、今後の耐震補強、町全体の各学校の耐震補強の計画を進めたいというふうに考えております。

  以上です。



○千野寿政議長 最後に、8点目について高橋生涯学習課長。



◎高橋秀夫生涯学習課長 お答えを申し上げます。

  柳田議員のご質問、65ページございます。4023事業で、公共事業関連発掘調査事業費、当初予算がそのまま163万円ほどの不用額となっておるけれどもということでございますが、ご質問にございましたこれにつきましては、場所があったのか、決められなかったのかというようなことでございますが、この事業につきましては、毎年町で何件出てくるであろうかという仮定の、予測のもとに計上しておりまして、この公共事業でかなり道路改良とか、それから物件移転とか、こういった場合、こういうのが生じた場合につきましては、ここにあるように、人件費とか使用料及び賃借料ということで、重機代がここに30万円ちょっと出ていますけれども、端的に言えば5回程度とか、こういうほうに見積もって160万円を計上いたしましたが、たまたま21年度につきましては、年が明けまして、最終補正でございますが、この公共関連の事業がなかったということでございます。

  それで、この事業につきましては、また余談かもしれないのですけれども、また新年度のほうにつきましても、額については大変不透明な部分がございますが、予算は計上をさせていただきたいと、こういう事業内容でございます。よろしくご理解をお願い申し上げます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) それでは、再質疑をさせていただきたいと思います。

  30ページ、それから41ページの中でご説明をいただいたのですけれども、1つには、やはり小川町の場合には、後期高齢者の部分では独自で人間ドックの助成をしております。これは、他の自治体に比べると非常に進んでいるところなのですけれども、健診については、これは小川町だけではなく、すべての自治体なのですが、非常に健診率が低いということになっています。大体20%から多くても40%あるところが珍しいぐらいに低いと。問題点として、例えば宣伝が足りないのか、それとも利用がなかなか進まないという利用、それもどこの自治体も同じところなのですけれども、そういうネックがやはりあると。

  例えば高血圧なんかで薬を飲んでいると、もう医者にかかっていると対象にならないというようなところがあって、そこら辺が伸びがないところだと思うのですけれども、仮にこの数字を見ながら、ちょっと申しわけありません、予算のほうをよく見ていないものですから、どういうふうに対処されるのかというのはちょっと見えてこないのですけれども、後期高齢者医療という、小川町だけではない、広域でやる部分があるので、非常に難しいところはあると思うのですけれども、例えばそこら辺で何とか健診が進むような工夫みたいなものを今後考えていっていただきたいと思うのですけれども、その視点で何かあるのか、漠としたもので申しわけないのですけれども、改善点、この補正を見て改善をする部分というのを考えられたのかどうなのか、伺っておきたいと思います。

  それから、36ページなのですけれども、施設自体が古いということで空調がなかなかぐあいがよくないと。今回も部品交換、談話室と和室ということなのですけれども、これは補正なのですが、一度ある意味では応急ということではなくて、抜本的な改修ということも含めて必要になってくるのではないかなというふうに思うのですけれども、部品交換をしてみた結果、今後どういうふうになっていくのか、そこのところについては、また検討していっていただきたいと思います。これは、私の提案ということで結構です。

  それから、42ページの家庭保育室は、杉田議員にもお答えになっていらっしゃいました。それが執行残という形で残った、その点は理解をさせていただきました。今後は、次の予算からは通常の中で使われていくというふうに考えていってよろしいのでしょうか。執行残がこれほど残るということは、予算に対しての執行残が残るということは、今後は少ないというふうに考えていいのかどうなのか。

  それから、妊婦健康診査については、契約のために単価が半分ぐらいになったということなのですけれども、その質的な部分で、その妊婦健診が超音波をプラスしてということの予算計上の中で半額近くに減っているということですと、質的な部分が同じような形で提供ができたのかどうなのか、提供ができなかったから執行残になったのか、それとも単純に金額的な部分で高く見積もっていたので、適正なというか、単価になったのか、どちらなのか、伺いたいと思います。

  それから、カラー舗装についてはわかりました。了解しました。

  それから、耐震の部分では、補正ですので、今後どういうふうにするのかというのは、予算の中でもう少し詳しく伺いたいと思いますけれども、理由はわかりました。今後改築という形で、方向性としては見えてきているというふうに理解してよろしいのでしょうか。

  それから、4023の最後になります。基本的には、考え方としては何か公共工事があったときに、そのときに合わせての予算で、それに皆さんが参加をされて発掘をされるということで、基本的には場所を指定するということではなくて、その工事その工事に合わせて箇所を、埋蔵物が入っているという、あるのではないかという想定される箇所を掘り下げていくというふうに理解をしてよろしいのか。そこは、ちょっと確認をさせていただきたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 柳田議員の再質疑に対しまして、答弁を求めます。順次お願いをいたします。

  1点目について竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 柳田議員の再質疑についてご答弁申し上げます。

  先ほど議員ご指摘の、要するに健診者が少なくなったという要因については、何点か考えられると思います。議員がおっしゃったように、いわゆる人間ドック等の関係もございましょうし、健診の内容が以前の基本健診や人間ドックと比べて、その内容が若干少なかったのではないかということや、あるいは健診の開始の時期が人間ドックと重なった点、あるいはご指摘にあったように対象者がこの制度上ですと、内科医の治療中の方が除かれるということがあります。そういった点で、21年度についての健診が大分少なくなったということでございます。

  今後の改善点でございますけれども、医師会や、あるいは健康増進課とも連携を図りながら、健診をしやすい環境づくりをしたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 続きまして、3点目の答弁につきまして福島子育て支援課長。



◎福島進子育て支援課長 お答え申し上げます。

  来年度の予算については、やはり今年度実績を見まして、若干は減額して見込ませていただいております。しかし、年度当初からひよこさんも事業はやっているわけでございまして、施設運営費あるいはその受け入れに対しての委託料につきましては、一定の量、予算以下に落とすことはなかなかできないので、来年度も2割強程度、本年度の予算に比べて、当初は若干落として計上ということで見込んでおります。

  以上でございます。



○千野寿政議長 続きまして、4点目について関口健康増進課長。



◎関口吉男健康増進課長 お答え申し上げます。

  ちょっと先ほど母子保健の金額的なことに触れなかったのですが、実は母子保健の、これほとんどが妊婦健診の委託料でございまして、約441万円が妊婦健診に係る分でございます。柳田議員の再質問のお答えですけれども、あくまでも当初県が超音波を含めて6万3,000円と、そういう話をしていたわけですけれども、その後医師会との話し合いの中で、埼玉県医師会、あくまでも妊婦健診は県が一括して契約するものですから、町でどうこうできる内容ではございません、契約の内容は。という中で、健診の単純な話なのですが、費用が結果的に超音波1回を含めて3万2,320円で決まったと、それに基づいての補正減でございます。出生数というのですか、それについては、昨年に比べれば若干伸びているような状況もございますので、あくまでも健診費用の変更ということでご理解願いたいと思います。



○千野寿政議長 続きまして、ページ62の7点目について、確認の意味で新井学校教育課長、答弁願います。



◎新井賢二学校教育課長 お答えを申し上げます。

  先ほど申し上げましたように、このたびの耐力度調査におきまして、改築が可能であり、国からの補助対象となるということが確認できたわけでありまして、すぐそれが改築に進むということではございません。改築も含めて、今後耐震補強をどう進めていくかという検討の資料ができたということになりまして、これから慎重に審議をお願いするということになろうかと思います。よろしくお願いいたします。



○千野寿政議長 最後、8点目、ページ65のことにつきまして高橋生涯学習課長。



◎高橋秀夫生涯学習課長 ご答弁申し上げます。

  柳田議員申されましたように、この事業につきましては、埋蔵文化財がありましたら、この事業費で支出するものでございます。議員おっしゃるとおりでございます。よろしくお願いします。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田です。

  補正の場なので、どうこうということは、もうこれ以上はやめますけれども、家庭保育室については、保育士さんを雇ったり雇わなかったりというのはなかなか難しいと思うので、一定の金額の補助ということになれば、それを続けていかないと、例えば4名が3名になったとか、3名が2名になったということで、やめてもらって、また雇ってということにはならないと思うので、一定程度のものというのは見ていく必要があるのではないか、ちょっとこれは補正なので、もうこれ以上は言いませんけれども、そこのところをよろしくお願いします。

  以上です。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

          〔「質問じゃないですよね」と言う人あり〕



○千野寿政議長 よろしいですか。



◆1番(柳田多恵子議員) はい、また予算のところでわかれば……。



○千野寿政議長 では、了解しました。

  ほかに質疑ある方。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) それでは、質問させていただきたいと思います。

  決算まで待てばいいのかもしれませんが、ここである程度確定の補正ですので、今町でどういう状況が起こっているのかというのをいろいろちょっとここから知りたいもので、幾つか質問させていただきます。

  まず、1番、5ページ、町税の補正なのですけれども、説明の中で、法人税がふえ、町民税は減っていると、こうした経済状況の中でどう理解したらいいのか。法人がふえた、決して法人もよくないのではないかなと思って、ただホンダさん、ちょっとこの辺もう少し内容を、きちっとお話をお聞きしたいと思います。

  それから、6ページの固定資産税のほうの、これも下落幅が予想よりも大きかったということなのですけれども、この下落幅の大きさというのは、当然この景気だけではなくて、小川町の土地の価格、正直小川町の町としてのそういうある種心配な状態をあらわしているのかどうか、一時的なものなのか、今後の不安をちょっと感じますので、その辺のことをもう少し何かお考えが見えているものがありましたら、お聞きしたいと思います。

  それから、17ページの地方交付税なのですけれども、見込みを下回ってということだったのですけれども、今非常に予算のほうが年度年度で大きく変わる中で、なかなか交付税というのはもともと国の算出のいろんな数値、基準等が非常にわかりづらい、また見づらいという中で、この見込みが下回るということに関して、ここ数年の間で国のほうで起こっていること等、地方に関してのいろんなやりとりの中で何かこの辺の傾向性とか、今後町としては、この地方交付税に関してどういう腹構えでいるのか、その辺のことについてちょっとお聞きしたいと思います。

  それから、18ページの保育所運営で、保護者負担金が減額になりました。保育の人数に関しては、減ってはいないと思うので、保育料が減るというのは、そうすると考えると厳しいのか、保育の所得が、若い人たちの所得が下がることによって、保育料が下がって負担金が減ったと考えるか、人数が減ったと考えるのか、これここに何かちょっと今の小川町の若い人たちの状況があるのかなという気もしますので、その点をお聞きしたいと思います。

  それから、19ページの町営住宅の使用料に関して、高額家賃の方が退去したことでというお話がありました。ということは、2点心配するのですけれども、1点は、こうした生活保護の問題でも非常に今大変な状況の中にあって、町営住宅に入りたいとか町営住宅の問題というのは非常に大きな問題になっていると思うのですけれども、高額家賃の方が退去したということは、えっ、そういう方が入られていたのとか、それから逆にその中で変化してきたのか、ちょっとこの町営住宅の現状について、少しこの機会にお聞きしたいと思います。

  それから、45ページの合併浄化槽についてなのですけれども、この合併浄化槽については、一応特定の予算を用意して、そして早く申し込んだ順なりで合併浄化槽を入れるときに補助をいただけるということだと思うのですけれども、ここで減額になっているということは、住宅自体が見込みより少なかったのか、それとも合併浄化槽をつけないということはないと思うのですけれども、この辺の見込みと、それから現実との違いについて、何かわかることがあったらお聞きしたいと思います。

  それから、58ページの教育予算の部分なのですけれども、これは特別どこということではないのですけれども、ざっと見て全部マイナスが多いのですよね。そうすると、電気代とか、光熱費というわかるのですけれども、備品とか、消耗品とか、小学校、中学校、だだだだ、だだだっとマイナス、マイナス、マイナス、マイナスと、こう出てくると。これは節約しているので、悪くはないと思うのですけれども、ちょっと若干心配になる。というのは、要するに教育活動とか、何か勝手に思い込むと萎縮しているのではないか、何かもう少し、一つ一つの金額は小さいのですけれども、何となく学校現場が、例えば先生の持ち出しがふえていないとか、何かここ何年かちょっとそういうことが続いているもので、私はいつもこれは先生方が節約してくれたのですねといつも確認はさせてもらっているのですけれども、何年かこういうふうに続いているもので、ちょっとその辺の心配をしていますので、それに関して、ちょっとお考えをお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。



○千野寿政議長 山口議員の質疑に対しまして、答弁を求めます。

  1点目、2点目について新井税務課長、3点目について吉田政策推進課長、4点目について福島子育て支援課長、5点目について長島建設課長、6点目につきまして新井環境保全課長、7点目につきまして、58ページは新井学校教育課長、順次答弁を願います。

  1点目、2点目について新井税務課長。



◎新井良治税務課長 1項町民税の関係でございますけれども、お答え申し上げます。

  まず、個人でありますが、減額が1,057万8,000円ということでありますけれども、この個人町民税というものはどういう積算をするか、ちょっと具体的に申し上げますけれども、これには、転入、転出あるいは就職、退職、それから所得の増減、これについては大変予想するのが困難ということで、前年の調定の実績に基づいて経済状況とか、あるいは社会状況など、あるいは税制改正がありますと税率が変わりますから、それを考慮して積算をします。結果として、3月15日の確定申告が終わりまして、そのデータが集められて6月に課税ということになりますので、その辺を予想するというのがちょっと困難ということで、1,000万円を超える減額なのですけれども、それだけ所得が減ったということと、あるいは団塊の世代がここで大量に退職をしているということも含めて、こういうような状況になっております。

  それから、2目の法人の関係ですけれども、これはふえていると、補正増でふえているというのですけれども、これは実態は違いまして、21年度も20年度の予算としては、当初から43.9%の減額をしております。これはなぜかといいますと、ご存じのとおりリーマンショック以来、大変な経済状況、世界的な問題がありまして、21年度の法人町民税の積算は20年度の実績といいますか、見込みの法人税割3分の1、66.7%減を見込んでいたのですけれども、そこまで減額にならずに済みましたということで、結果として増になったのですけれども、昨年の実績からすれば、かなり減額がされております。

  それから、固定資産税の件ですけれども、2項固定資産税ですけれども、平成21年度、今ご審議をいただいているところが3年に1遍の評価替えということの初年度、1年目に当たります。特に下落しているのが家屋でございます。3年に1遍ということで、土地は若干下落しているのですけれども、家屋がちょっと見込みよりも多く下落をしているということで、これだけの減額になってきております。町民税も固定資産税も徴収率については、20年度、21年度はほぼ同じということですので、その辺の調停の問題で下がっているということでございます。

  以上です。



○千野寿政議長 続いて、3点目について吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  地方交付税は見込みを下回ったということでございますけれども、本来地方交付税につきましては、当然国からの交付でございます。国の地方交付税の財源というのが、よく言われております国税5税でございます。それの何割かを市町村に配分するということでございます。ですから、国税5税の歳入が低ければ、当然市町村のほうに配分する額が下回ります。

  ただ、やはり国としては、市町村に一定のこれだけのものは配分しなくてはというのがございますので、当然減った分についてはどうにかしなくてはいけない。その減った分については、国のほうでは各市町村に臨時財政対策債、一般に言われている臨財債ですか、それを発行しなさいよと、国のほうの指導でございます。

  また、言葉は余り適切ではないかと思いますが、交付税につきましては、当然私どものほうで決めさせていただくものではございません。ふたをあけてみればこれだけだということで、それで確定をするというのが現実でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 4点目の児童福祉費につきまして福島子育て支援課長。



◎福島進子育て支援課長 お答え申し上げます。

  18ページの保育所運営費の保護者負担金の減額理由ですが、議員おっしゃるようにこちらで当初見込みました保護者負担金の平均徴収額、これにつきまして、見込みより結果的に月平均の個人の保育料が減額ということで、低く見込まれるということになったので、ここで減額をお願いするものでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 続きまして、5点目、町営住宅につきまして長島建設課長。



◎長島靖雄建設課長 高額家賃の退去ということでご質問いただきました。町営住宅の家賃については、家族構成ですとか所得によって最終的に家賃が決まっていきます。今回は8万700円の家賃のところで、年度当初からそういう方が2人いらっしゃったのですけれども、退去されたということで大幅に減額になったと。その後、5月と10月にそこのところに入居があったのですけれども、それはもう家族構成、いろいろやって、家賃収入が低い2万円ちょっとの家賃で入っていただいたということで、その差額と、あとは本年度やっぱりこういうご時世だからかどうかわからないのですけれども、家族構成の中で、例えば家族の中のどなたかが転居されたとか、あるいは収入が減ったということで、家賃の減免措置の手続をとらせてもらったものもありますので、そういったものが合計して減額になったということでございます。



○千野寿政議長 次に、6点目について新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 お答え申し上げます。

  合併浄化槽の数が少なくなったのかというふうなことでございますけれども、設置につきましては、予定どおり50基設置をいたしました。数が少なくなった理由でございますけれども、当初の見込みが、5人槽が22基、これが24基になりました。7人槽が26基予定していたものが23基に、10人槽が2基予定していたものが7基というふうな形で、人槽によって補助金が変わってきます。単独浄化槽の処分費というふうな形も20基予定していたのですけれども、単独浄化槽を合併浄化槽にするのではなくて、新規というものが多かったということで、これが8基というふうなことでございます。これの掛け率によって減額がされたということでございます。

  以上です。



○千野寿政議長 最後に、7点目、58ページ以降の教育予算について新井学校教育課長。



◎新井賢二学校教育課長 ご質問にお答えを申し上げます。

  教育予算全体の項目について大変減額が多いのではないかというご指摘でございます。各学校の予算につきましては、年度当初から計画的に執行していただくようにお願いをしているところでございます。

  このたびの補正予算につきましても、年度末に5万円以上の執行残が予想されるものについては、細かく報告をしていただきました。予算書を見ていただくとわかりますように、教育予算全体が非常に細かい事業建てになっておりまして、項目数も大変多くあります。ですから、補正の形でこういうふうに並びますと大変多いように見えるのかなというふうに私のほうは感じさせていただきました。いずれにいたしましても、先ほど出ましたように光熱費等、無駄がないように学校で努めていることも原因の一つというふうに考えております。

  また、そのことで子供たちや教職員が萎縮しているのではないかというふうなご指摘でございましたけれども、ぜひ直接学校へ訪れていただいて、子供たちや先生方が生き生き活動している状況を直接ごらんになっていただいて、ご確認をいただければありがたいというふうに思います。

  以上です。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) 済みません、今の中から2点だけ再質問させていただきたいと思います。

  まず、1点目、固定資産税の家屋の下落ということなのですけれども、単純にいうと、家が古くなってきたということに尽きる、そうなると小川町の中の特定の地域を出しては失礼、例えば団地の地域などが住宅が古くなってきた、要するに全体的にそういう傾向にある、またそこまでうがった見方をしなくてもいいのでしょうか、その点が1点目。

  それから、2点目は、臨時財政特例債が結局足らなくなった場合には、それを国が補うようにと言っているわけですけれども、これは国が後で返すときには、国が出してくれるという借金ですけれども、この辺は非常に危ないのではないか、ちょっとどうなるのだろうかというような話もいろいろ出ている中で、この臨時財政特例債の考え方について、ちょっと基本的に理解していないので、基本的にこれを発行するという基準というか考え方みたいなのはあるのか、足らないからもうこれなのだということではなく、何らかの基準なりがあるのではないかと思うのですけれども、その辺に関して、この機会にお聞きしたいのですけれども。

  以上、2点お願いします。



○千野寿政議長 山口勝士議員の再質疑に対しまして、答弁を求めます。

  1点目につきましては新井税務課長、2点目につきましては吉田政策推進課長、順次答弁を願います。

  まず最初に、新井税務課長。



◎新井良治税務課長 お答えをいたします。

  再質問の1点目の家屋の関係ですけれども、議員さんおっしゃったとおり、言うなれば償却、古くなったということで評価が下がるということです。それで、下がっているというような実態です。

  以上です。



○千野寿政議長 続きまして、吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  別段取り決めはございません。ただ、国のほうは当然足らない分でございますから、市町村のほうに、国もある程度折半というのか、そういう意味合いで国のほうも持ちますから、市町村もお願いしますよという意味合いで国のほうからの話があります。後年度で市町村で臨財債をやったものについては、交付税のほうにも見てあげますよと、そういうことでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 ここで暫時休憩をいたします。

                                 (午後 2時01分)

                                         



○千野寿政議長 再開いたします。

                                 (午後 2時14分)

                                         



○千野寿政議長 杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 9番、杉田でございます。

  私は、1点だけ、35ページ、お願いしたいと思います。35ページの総務管理費、1064公共施設地上デジタル対策事業費295万円の減です。これで、委託料で共同アンテナ地上デジタル化対応調査委託料の内容、それから工事請負費、地上デジタル対応アンテナ設置工事、それから備品等々のことについて、まず内容説明をもう少し詳しくお願いいたします。



○千野寿政議長 杉田伸子議員の質疑に対しまして、答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  議員のご質問ですが、委託料の内容でございますが、共同アンテナの地上デジタル化の調査委託料でございますが、今現在公共施設、例えばこの役場も含めてでございますけれども、この建物が建ったことによりましてアナログ放送が受信できない、影響する個人宅がこの役場周辺にも何軒かございます。その方たちのために、現在共同アンテナということで配信をしておりますけれども、またデジタル化になった場合は、果たしてどうなるかという意味合いで、この調査をさせていただいた内容でございます。

  また、工事請負費につきましては、公共施設、学校とか公民館、図書館あるいは当然この役場庁舎も含めてでございますけれども、こちらのほうの公共施設にアンテナを設置させていただいた、この工事内容でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 再質疑いたします。

  公共施設の周辺等々については、やはり影響があるだろうと思うところには調査したということだというふうに思います。その委託料の減ということであると思いますが、これに関連して、来年の7月には地上デジタル化になるということで、私も再三一般質問の中でどうなるのだろうと、全戸が映るような、地上デジタルにした場合にはチューナーを使ってでもどんな形にしても映るような思いでということがありまして、富士山にアンテナを立てるということも先だって答弁をいただいたところですが、数カ月前に地上デジタル化になるということで、竹沢地区の方がそのデジタル化になるためのテレビを購入したわけなのです。購入したら、その電機メーカー、テレビを持ってこられた方の電機メーカーさんが、やはり調べるものがあって周辺を調べたそうです。そうしましたら、たとえデジタル化になっても映らないよということが現状でも起き得ていると、こういう話は竹沢地区の、今のところ数軒らしいのですが、小川全体でいかがなものでしょうね。例えば大きいアンテナ、共同アンテナではなくて、富士山のほうへ鉄塔が立ったとしても難しい、映らないようなところがあるということは聞いていらっしゃいますか、まずは。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答え申し上げます。

  まず、冒頭でございますけれども、議員さん、富士山に立てられるという話ですけれども、私が以前申し上げましたのは、富士山であろうということでございますので、その点だけご理解を賜りたいと思います。

  また、竹沢地区云々のお話でございますけれども、今現在国あるいはNHK、民放等でシミュレーション等を使いまして、仮に中継局、小川町にことしの12月末までに建設予定ということになって、聞いておりますけれども、そのシミュレーションによりますと、例えば竹沢地区でも木呂子の一部だとか、あるいはもっと南のほうへ行きまして下里方面だとかと、そういうお話を聞いております。当然そのことについて、国のほうでは各地区にお話を申し上げたい、説明をしたいということで、実は役場を介して各区長さんにお話を申し上げた経緯がございます。

  今後も中継局ができると、受信状況は大幅に改善されるとは思いますけれども、電波が出てみないとなかなか難しい面はあろうかと思います。やはり町としましても、今までと同じように引き続き国等に働きかけていきたいと思います。また、当然のごとく、来年の7月までには全戸で見られるように希望しますので、国のほうに引き続き働きかけていきたいと思います。

  以上でございます。



○千野寿政議長 杉田伸子議員。



◆9番(杉田伸子議員) 今指摘されたのですが、電器屋さん、電機メーカーと私は申し上げたようですが、電器屋さん、テレビのは電器屋さんという、電器店ということにしていただきたいと思います。

  それから、今ご答弁いただいたわけなのですが、これは補正の中での質疑なので、例えばテレビが映らなくなったというような、地上化、地上デジタル化してもテレビが映らないよというようなときに対策ですよね、対応と対策ということは、お金、補助もどのようになるかと、それが映らない、テレビを買ったけれども、映らないと、国はそういう方針だということで、みずから個人的な負担であらゆることに対応しなくてはならないということになると、ひとり住まいの人、または老夫婦とかさまざまな形がありますが、そういった中で対策、対応策は国とか県とかとの連携でお考えにはなっておりますでしょうか。

  これが最後ですので、これはやはり先々のこととはいえ来年ですから、これを議事録に載せておいた上で、また映る映らないときにどなたかが質疑できるような形をとっておきたいと思いますので、対応、対策をお尋ねいたします。



○千野寿政議長 杉田伸子議員の再々質疑に対しまして、答弁を求めます。

  吉田政策推進課長。



◎吉田利男政策推進課長 お答えいたします。

  金額の面も含めてでございましょうけれども、今現時点では、国のほうではできれば共同アンテナを設置してくださいというような要望がございます。ですから、必然的に今現時点でシミュレーションで映らない地区においては、軒数を集めて、共同アンテナの設置を促している現状でございます。それの費用配分等につきましては、現時点では国が3分の2を補助すると、残りについては、NHKあるいは当然該当する個人の方にも応分の費用をお願いしたいと、そのような話を聞いております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第8号 平成21年度小川町一般会計補正予算(第6号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第9、議案第9号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第9号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきまして、主なものは高額医療費共同事業交付金、保健財政共同安定化事業交付金、一般会計繰入金の増額並びに一般被保険者国民健康保険税、療養給付金等負担金、高額医療共同事業負担金の減額を計上し、歳出につきましては、保険給付費の増額並びに共同事業拠出金、保健事業費の減額を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第9号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)につきまして内容の説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと思います。まず、第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等に補正が生じたため、既定の歳入歳出予算にそれぞれ2,478万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ33億5,705万1,000円とするものでございます。

  それでは、歳入歳出予算事項明細書によりご説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと思います。

  81ページをお願いいたします。歳入でございますが、1款1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税744万9,000円を減額し、補正後の額を7億6,383万2,000円とさせていただくものでございます。

  次に、82ページをお願いいたします。3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金3,940万3,000円減。

  2目高額医療費共同事業負担金106万8,000円減。

  3目特定健康診査等負担金68万3,000円減は、交付額変更によるものでございます。

  83ページをお願いいたします。2項国庫補助金、3目出産育児一時金補助金10万円減は、補助金額変更によるものでございます。

  4目高齢者医療制度円滑導入事業補助金20万円を増額させていただくものでございます。これは、今回歳出補正でお願いいたします高齢者医療制度円滑導入事業に必要な経費の増額に伴いまして、これに対する国庫補助金を増額させていただくものでございます。

  次に、84ページをお願いいたします。6款県支出金、1項県負担金、1目高額医療費共同事業負担金106万8,000円減。

  2目特定健康診査等負担金68万3,000円減は、交付額変更によるものでございます。

  85ページをお願いします。7款1項共同事業交付金、1目高額医療費共同事業交付金511万3,000円増。

  2目保険財政共同安定化事業交付金1,331万3,000円増は、額の確定によるものでございます。

  86ページをお願いいたします。

  9款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節、5節の保険基盤安定繰入金の合計481万3,000円増。2節出産育児一時金等繰入金184万円減。3節財政安定化支援事業繰入金242万9,000円増は、額の確定によるものでございます。

  87ページをお願いいたします。11款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、1目一般被保険者延滞金43万6,000円増。

  2目退職被保険者等延滞金4万円増は、実績による補正でございます。

  88ページをお願いいたします。3項雑入、1目一般被保険者第三者納付金67万5,000円増、3目一般被保険者返納金12万8,000円増は、実績により計上いたしました。

  5目雑入36万2,000円増は、70歳から74歳、高齢者の一部負担増、凍結による返還金でございます。

  89ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費20万7,000円増の補正でございますが、高齢者医療制度円滑導入事業に必要な経費をお願いするものでございます。

  90ページをお願いいたします。2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費4,513万5,000円、3目の一般被保険者療養費159万8,000円増は、医療費の増額が見込まれるものでございます。

  2目退職被保険者等療養給付費1,130万円減の補正をお願いするものでございます。

  91ページをお願いします。2項高額療養費、1目一般被保険者高額療養費549万7,000円増は、医療費の増額が見込まれるものでございます。

  2目、3目、4目の合計389万2,000円減の補正をお願いするものでございます。

  92ページをお願いいたします。4項1目出産育児一時金286万円減の補正をお願いするものでございます。

  93ページをお願いします。3款1項1目後期高齢者支援金等は、財源の組み替えでございます。

  94ページ、5款1項1目老人保健医療費拠出金は、財源組み替えでございます。

  2目老人保健事務費拠出金73万8,000円減は、額の確定によるものでございます。

  95ページをお願いします。6款1項1目介護納付金は、財源組み替えでございます。

  96ページをお願いします。7款1項共同事業拠出金、1目高額医療費拠出金、4目保険財政共同安定化事業拠出金の合計3,909万円減は、額の確定によるものでございます。

  97ページをお願いします。8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費1,777万円減は、委託単価の確定及び受診者数減によるものでございます。

  98ページをお願いいたします。2項保健事業費、1目保健衛生普及費63万6,000円減は、臨時職員賃金の減でございます。

  99ページをお願いいたします。11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、6目高額療養費特別支給金93万6,000円減額は、確定によるものでございます。

  以上をもちまして、小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議をお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田でございます。

  90ページの一般被保険者療養給付費のところです。全体なのですけれども、先日の一般質問の中でも入れました。新型インフルエンザの流行で、手洗いとかうがいがかなり徹底をされてきたということで、12月議会でちょっと話をしたときに、今後のことなどもどういうふうになっていくのかという中でもちょっと触れたかもしれませんけれども、予防対策がとられてきたということで、例えば状態が固定化されている疾病を持っていらっしゃる方には、それほど大きな変化はなかったかもしれないのですけれども、風邪とか、いわゆるウイルス性のものの疾病のときを含めた季節性の疾病で罹患率などに変化が出てきたのかなという、これは一般質問のときも推察というところで終わったのですけれども、実際に数字等で把握できて、終えているようでしたら、この増額補正をされたのですけれども、どうだったのかというところを伺いたいと思います。

  それから、92ページなのですけれども、出産育児の一時金の執行残です。一時金の場合には、今42万円ですか、1人につき42万円ということなのですけれども、単純に考えて6人か7人減っているのかななんていうふうに考えたのですけれども、妊婦健診のところではお話を伺って、どうして減ったのか、それとの関係かなと思っていましたら、健診の単価が安かったということで、そこら辺の関係がちょっとわからない。そちらはクリアになったのですけれども、その関係もあって、どうだったのだろうという疑問を持ちましたので、伺いたいと思います。

  それから、97ページなのですけれども、特定健診、ペナルティーがあってというので、かなり厳しい中で1,777万円と、執行残が結構あるようなので、当初どのぐらいを見込んでいたのか、それから実執行数はどのぐらいだったのか。執行残となった主な理由、決算ではないので、数字等をちょっと把握するのは今の段階ではなかなか難しいかなとは思ってはいるのですけれども、数字的にもし出れば、それから理由がある程度分析をされているようでしたら伺いたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員の質疑に対しまして、答弁を求めます。

  竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 ご答弁申し上げます。

  1点目でございますけれども、新型インフルエンザ等の関係で、国民健康保険の特別会計にどんな影響かということで、あるいは疾病の中身でございますが、現時点では、その疾病の中身についての分析はしてございませんが、新型インフルエンザ、こういうご質問がありましたので、昨年の11月の時点で、国保保険者の被保険者でございますが、インフルエンザに感染をしまして、医療機関にかかった方が1カ月151人おられました。これをレセプトの点検で、金額で申し上げますと156万3,830円、これは保険者負担でございますけれども、1人頭約1万円程度かかっていますので、1カ月、その程度は国保会計に影響があったかなというふうに考えています。

  なお、風邪等を含めた季節性の疾病にかかわることでございますけれども、分析はしておりませんけれども、平成21年度の療養給付費の支払い状況を見ますと、昨年と比べたわけですが、3月から8月にかけては前年度を大幅に上回っておりました。逆に9月以降については、前年度の給付費を若干下回っているという状況でございます。その辺が私どものほうで今把握している範囲でございます。

  2点目でございますけれども、出産一時金でございますが、当初35名ということで予算を見込みました。ご案内のとおり、10月1日から38万円が42万円に上がったということの中での補正もさせていただきましたが、年度末までの見込みが28名ということで、予算よりかは7名出産される方が少ないことが見込まれるということでの補正減でございます。

  3点目でございますけれども、特定健診にかかわる執行残が1,700万円強執行残が見込まれるわけですけれども、先ほども後期高齢者医療の中でお話を申し上げたような要因があるわけですが、当初の予算の見込みが21年度は対象者の40%ということで、これは健康診査の基本計画の目標値で見込みをさせていただきました。既に7月から健診が始まっているわけですが、実績がそれには達しないということでの減でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田です。

  数字を伺っただけでどうこうということもない。感覚で申し上げて本当に大変恐縮なのですけれども、やはり9月以降下回ってきているということであれば、今までのマスコミも含めての手洗い、うがい、予防の部分で他の疾病についても抑えられているというような結果なのかなというふうに推察をしております。そういう中では、非常に単純というと語弊があるかもしれないのですけれども、それを励行することで、かなり予防をすることで医療の部分でも給付が抑えられるというふうな傾向が出ているのかなと。そういう意味では、それを踏まえた次の年度の事業についても、計画自体も出ているのでしょうけれども、プラスアルファの、いわゆる啓蒙啓発の部分が必要になってくるのかなと。いい悪いは別にしても本当に毎日耳に、いつも手洗い、うがいというのが防災無線で来ていたのですけれども、そういう意味での、常にそういうインフォメーションというかそういうものが今後必要になって、それが効果を生むのかなというふうな実感を得ました。

  出産育児の部分では、やはり少なくなっているということで、今後ぜひたくさんここの中に若い方たちが入ってこられて、いろんな意味で子育てしやすい町づくりというのが必要になってくるのかなという、その補正を見て、そういう感想を持ちました。この2点については、わかりました。ありがとうございます。

  特定健診についてなのですけれども、非常に下回っているということで、健康に関心を持っていらっしゃらないというわけではないのですけれども、なかなか笛吹けどではないけれども、難しいと、今後予算を執行していく中で何らかの工夫が必要になっていくのではないかなというふうに思うのですけれども、予算のときに改めてまた伺いたいと思いますが、そういう印象をこの補正で受けました。これについて何かコメントがあればいただきたいと思います。

  以上です。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 お答え申し上げます。

  健康増進課あるいは関係機関等で連携を図りまして、健診率向上、健康のために努力したいと思います。

  以上でございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) まず、基本的な保険税なのですけれども、私、他の報告資料を持ってきていないので、国保に入っている人数の増減とかその辺がわからないのですけれども、国保の加入者というのは、先ほどお話が出た退職者等を含めてふえていくのではないかと思っていたのですけれども、ここで大きく減額、前年度見込みに対して、税ですから、先ほど新井課長からお話のように、前年度見込みに対して減額なのだと思うのですけれども、減額になっていて、当然これに基づくので、今度の予算のほうでも保険税の減額になっているのですけれども、これは国保加入者が減っているのですか。済みません、その点、確認させていただきたいと思います。



○千野寿政議長 以上でよろしいですか。



◆6番(山口勝士議員) 以上です。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  竹澤町民生活課長。



◎竹澤裕町民生活課長 ご答弁申し上げます。

  被保険者数につきましては、これは年間を通してみないと平均数はわからないわけですけれども、現状でいきますと、平成21年度の4月以降、増減はさほどございません。保険税の減額については、当初見込んだ調定に対する収納の状況が若干0.何%、その収納率が下がっているという現状の中での内容でございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第9号 平成21年度小川町国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第10、議案第10号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第10号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入につきまして、主なものは後期高齢者保険料、一般会計繰入金の増額を計上し、歳出につきましては、後期高齢者医療広域連合納付金の増額を計上いたしましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  竹澤町民生活課長。

          〔竹澤 裕町民生活課長登壇〕



◎竹澤裕町民生活課長 命によりまして、議案第10号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして内容説明を申し上げます。

  初めに、議案書をごらんいただきたいと思います。まず、第1条でございますが、歳入財源並びに歳出経費等に補正が生じたため、既定の歳入歳出予算にそれぞれ410万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億9,868万5,000円とするものでございます。

  それでは、歳入歳出予算事項別明細書によりまして、内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書をごらんいただきたいと思います。105ページをお願いいたします。

  歳入でございますが、1款1項後期高齢者医療保険料、1目特別徴収保険料268万5,000円減、2目普通徴収保険料402万6,000円増、ともに収入見込みによる増減でございます。

  次に、106ページをお願いいたします。3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金269万5,000円増は、基盤安定分確定による一般会計より繰り入れをお願いするものでございます。

  107ページをお願いします。5款諸収入、1項延滞金及び過料、1目延滞金6万5,000円増をお願いするものでございます。

  108ページをお願いします。歳出でございます。2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金410万1,000円増は、保険料の増が見込まれるとともに基盤安定負担金の確定によるものでございます。

  以上をもちまして、平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議をお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第10号 平成21年度小川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第11、議案第11号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第11号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  平成21年度の介護保険事業実績による保険給付等の増減額に伴い、それぞれの歳出区分に従い、所要の補正が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  島田福祉介護課長。

          〔島田洋一福祉介護課長登壇〕



◎島田洋一福祉介護課長 命によりまして、議案第11号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)について内容説明を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ127万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ20億4,084万3,000円とするものでございます。

  それでは、内容の説明を申し上げますので、補正予算に関する説明書の113ページをお開きください。歳入3款1項1目介護給付費負担金106万9,000円の減は、前年度実績及び本年度の支払い状況に応じて、国の変更交付決定に基づいて介護給付費に係る国庫負担分の減額を見込むものでございます。

  次ページ、2項1目調整交付金25万円は、介護給付に係る費用の国庫負担分のうち、5%、これを市町村の努力では対応できない第1号被保険者保険料の格差を是正するための調整交付金を国の交付決定額に基づき増額をするものでございます。

  4款1項1目介護給付費交付金377万4,000円の減は、給付費に係る第2号被保険者の保険料に当たる分を、社会保険診療報酬支払基金の変更交付決定に基づき、これも減額するものでございます。

  116ページ、お願いします。5款1項1目介護給付費負担金448万5,000円は、国庫負担金同様、県の変更交付決定に基づき県負担金を増額するものでございます。

  4項1目委託金4,000円の増は、県から委託を受けた生活保護者の認定調査1件分でございます。

  次ページです。6款1項1目利子及び配当金49万2,000円の増は、説明欄にあります積立金利子を見込むものでございます。

  7款1項1目介護給付費繰入金100万1,000円の減は、介護給付費に係る町負担分を歳出に合わせ減額するものであり、4目その他一般会計繰入金40万2,000円の減は、認定調査費に係る報酬減によるものでございます。

  120ページをお願いいたします。9款3項1目第三者納付金62万7,000円は、交通事故等の原因による第三者行為に基づく納付金を増額するものでございます。

  2目返納金166万2,000円の増は、サービス給付費に係る過誤等による返還金でございます。

  続きまして、121ページからが歳出でございます。1款3項1目認定調査費等40万円の減は、遠方の施設等に入所中の方の調査を委託したことに伴って、調査員報酬を減額すること等によるものでございます。

  次のページです。2款1項1目居宅介護サービス給付費2,000万円の減、それから3目地域密着型介護サービス給付費250万円の増、5目施設介護サービス給付費2,000万円の増、8目居宅介護住宅改修費25万円の増、9目居宅介護サービス計画給付費50万円の増は、それぞれの介護サービスに係る給付見込みから補正増減をするものでございます。

  2項介護予防サービス等諸費は、介護予防サービスに要する給付費で、1目介護予防サービス給付費を230万円、3目地域密着型介護予防サービス給付費を28万円、5目介護予防福祉用具購入費を9万円、7目介護予防サービス計画給付費30万円を今年度の給付見込みにより、それぞれ減額補正するものでございます。

  124ページをお願いいたします。3項1目審査支払手数料は、件数の減に伴い、国保連合会への審査手数料を10万円減額するものでございます。

  4項1目高額介護サービス費は、見込みを下回ったことに伴い、高額介護サービスに係る公費負担分を270万円減額するものでございます。

  では、次のページ、5項1目高額医療合算介護サービス費570万円の増は、今年度から新たに創設されましたサービスで、医療保険等と介護保険利用を合わせたものが1年間の世帯の負担限度額を超えた方に支給される制度で、これが当初の予想を大きく上回ったことによる増額の補正でございます。

  6項1目特定入所者介護サービス費は、低所得者と特定入所者の食費、居住費などの補足給付費を今年度の利用見込みから200万円減額補正するものでございます。

  128ページをお願いいたします。4款1項基金積立金は、それぞれの積立金から発生した預金利子を1目介護給付費準備基金積立金として47万円、2目介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金として2万4,000円を増額補正するものでございます。

  以上、平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 122ページなのですけれども、居宅介護サービス給付、地域密着型介護サービス給付、居宅が2,000万円、地域密着が逆に250万円増、22年度の予算を見たのですけれども、傾向的には、居宅介護サービス給付が減額というか前年度よりも低くなり、地域密着型介護サービスがふえてきているというような傾向のように見たのですけれども、この傾向というのは今後も続いていくのかどうなのか、伺いたいと思います。利用者のニーズの部分になるのかと思うのですけれども、傾向を伺いたいと思います。

  それから、128ページの準備基金が予算で3万3,000円だったと思うのですけれども、4,050万円を積み立てて、概略で結構ですけれども、準備基金額がどのぐらいになっているのか、その2点伺いたいと思います。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員の質疑に対して、答弁を求めます。

  島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 まず、1点目です。

  居宅介護サービスが減って地域密着型がふえていく傾向、これは今後も変わらないのかということですけれども、居宅系のサービスが減るということではなく、伸びの速度が、地域密着型のほうが伸びる速度が大きいということでございます。今後もということでありますけれども、ニーズがあると言えば、そのような想像はできると思います。ただ、見込みということになりますと、正確な見込みは立てられないものと思います。

  2点目の準備基金のお話です。今回の3号補正で、今回の補正というのは今回なのですけれども、計上しております47万円を加えますと、おおむね4,050万円の積み立てができるということになります。これは、今年度の計画による取り崩し額、こちらの額が1億1,633万8,000円を予定しているというか取り崩したのですけれども、これと相殺をしまして、おおむねこれは3月末の理論値といいますか、理論的な数字ということで、まだこの数字が積み立てられているわけではありませんけれども、理論の数字ということで2億3,020万円になる見込みでございます。端数については、正確なものではございませんけれども、おおむね2億3,020万円ということで予測しております。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田です。

  地域密着型サービスというのは、具体的にはどういうサービスであるのか、それからそこの監督責任というのはどこにあるのか、伺いたいと思います。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 具体的なサービスをということですけれども、よく知られているのがグループホーム、それからケアホーム等が代表的なものでございますけれども、そのほか特別養護老人ホームということをよく耳にしますけれども、こちらにも地域密着型というサービスがございます。いずれにしても、在宅でのサービスでなくて、居住系ではあるのですけれども、施設系のサービスということになります。ということでよろしいのでしたか。

          〔何事か言う人あり〕



◎島田洋一福祉介護課長 はい、これは町にもございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 私の認識だと、地域密着型だと割合的に町の責任が強いというふうに、他のサービスに比べてという認識なのですけれども、それでよろしいのでしょうか。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 そのようなことになります。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

  6番、山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) まず、120ページの返納金というのですけれども、これは返納金ですので、保険者がサービスを余計に受け過ぎた、または施設も保険者もサービスを余計に受け過ぎたということに関して返納ということなのですか。この内容について、済みません。当初見込み1だったのに関して、実際には起こってしまっているということなので、これはどういうことなのかなということで、お願いしたいと思います。

  それから、高額合算サービスについて、当初の見込みが52万7,000円だったのが570万円と、およそ10倍近くになったということで、これは、それだけ制度としてはやはり価値のあるものだったと、私も本当にこれは考えているのですけれども、この当初見込みに関して大きく上回ったということの原因というか、また実態というか、その辺に関してもう少し詳しくお聞きしたいと思います。



○千野寿政議長 山口勝士議員の質疑に対して、答弁を求めます。

  島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 答弁申し上げます。

  返納金につきましてです。120ページの雑入の中の返納金です。これ補正前の1,000円というのは科目設定でございまして、166万2,000円というのが、これが多いか少ないかということになると、基準値がないものですから何とも言えませんけれども、納め過ぎたものをこちらから取るべきものを取らなかったことによる、過誤による、過ちによる返還金ということでご理解いただきたいと思います。

  それから、これは126ページですか、高額医療合算介護サービス費、こちら議員ご指摘の数字を申し上げますと、補正前が52万7,000円ということで当初組んでおりました。補正額が570万円、確かに大変な補正を今回お願いをしているわけなのですけれども、これは先ほどの説明でもお話ししたのですけれども、今年度から始まった制度でして、読めませんでした。正直言いまして、読むことができませんでした。読み違えと言えばそこまでなのですけれども、おおむね十数軒程度、これは軒といいますのは世帯単位で1軒、2軒を数えますので、十数軒程度でおおむね見込んでいたものが、実は今までの実績からすると150軒程度、150世帯程度の対象の世帯があると見込めるというところから、今回570万円の補正をお願いしたものでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 山口勝士議員。



◆6番(山口勝士議員) その返納金の言葉の内容がよく理解できないので、要は、本来なら保険料として、1割分として取らなければいけなかったのに取り損なったということなのですか。ということなのか、済みません、もうちょっと理解し切れないので、申しわけありません、言葉の意味で。

  それから、今の合算のほうなのですけれども、ということは、実際にこの対象である介護を受けていらっしゃる方々、それから当然医療も受けていて、そういう両方を受けると、そういう両方を受けながら負担が大きくなっている、もう当然これしがみつくような、少しでも戻ってくるのならという形でこの制度をすぐに利用したという方が多いというふうに、思いだけではいけないのかもしれないのですが、そういうふうに理解してよろしいのでしょうか。



○千野寿政議長 島田福祉介護課長。



◎島田洋一福祉介護課長 返納金の内訳については、ちょっとお時間をいただきたいと思います。

  2点目の高額医療合算介護サービス、こちらにつきましてですけれども、見込みとして、これは制度の概要をご説明しますと、介護保険と組んでいる国民健康保険、それから高齢者医療保険ですか、それと社会保険、この3つとの組み合わせによって生まれるものですけれども、基本的には、その国民健康保険や社会保険よりも後期高齢医療との組み合わせといいますか、要するに医療費を多くといいますか、高額の医療費を要している医者にかかっている方につきましては、介護サービスも同様に世帯内あるいは同人、同じ人かどうかわかりませんけれども、老老世帯ですとか、あるいは老老介護といいまして、2世代にわたってどちらも高齢者の世帯が多いということから発生するものと推測はしております。

  1点目につきましては、少しお時間いただければ、内容について確認していますけれども、いかがいたしましょうか。

          〔何事か言う人あり〕



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第11号 平成21年度小川町介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

  ここで暫時休憩をしたいと思います。

                                 (午後 3時08分)

                                         



○千野寿政議長 再開いたします。

                                 (午後 3時21分)

                                         



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第12、議案第12号 平成21年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第12号 平成21年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳入では、負担金等の減額を行い、歳出では、一般管理費及び維持管理費並びに公債費の減額に伴いまして、歳入歳出それぞれ所要の補正が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 命によりまして、議案第12号 平成21年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして、その内容のご説明を申し上げます。

  議案をごらんいただきたいと思います。第1条で、歳入歳出それぞれ3,771万6,000円を減額し、歳入歳出それぞれ9億470万5,000円とするものでございます。

  それでは、補正予算に関する説明書の129ページからでございますが、133ページをお願いいたします。

  歳入でございます。1款分担金及び負担金、1項1目負担金ですが、470万円の増額補正で、1節下水道事業負担金は、主に次年度以降の前納分の増によるものでございます。2節工事負担金は、公共下水道工事負担金でございます。

  134ページをお願いいたします。4款繰入金、1項1目一般会計繰入金ですが、4,241万6,000円の減額補正で、歳出との調整のための繰り入れの減でございます。

  135ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費ですが、199万5,000円の減額補正で、執行残によるものでございます。

  136ページをお願いいたします。2項1目維持管理費ですが、585万円の減額補正で、委託料は執行残等による減額でございます。負担金は、下水道処理量の減によるものです。

  137ページをお願いいたします。2款事業費、1項下水道事業費、1目建設事業費ですが、2,744万1,000円の減額補正で、報償費、委託料、工事請負費とも執行残による減額でございます。補償補填及び賠償金は、事業量がふえたことによるものです。

  138ページをお願いいたします。3款1項公債費、1目元金ですが、増減はありません。受益者負担金の充当による財源内訳の変更でございます。

  2目利子ですが、243万円の減額補正で、利子額の精査によるものです。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  1番、柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田です。

  137ページの0001下水道建設事業費です。この21年度の当初予算の説明のときに、20年度と比べると事業がふえますよという話で、延伸工事も何カ所か、メモしてあるのをちょっと置いてきてしまったので、4カ所か5カ所ふえていくというお話をされておりました。下里、下小川、高谷の何カ所だったかと思うのですけれども、この執行残が2,744万円ほど出ているのですけれども、工事は予定どおり進んだのかどうなのか。

  それから、その報償費の中で受益者負担金前納報奨金が300万円執行残です。工事が進まなくて接続というか、その一部負担金を払って接続につなげるのですけれども、そこまで至っていない、一部負担金の報償まで至って、本来は報償が見込めるかなというふうに予算をしたのだと思うのですけれども、前納ということではなくて分納になる人が多いのか、それとも見込みがどうだったのかというところでちょっと疑問を持ったのですけれども、その2点について伺いたいと思います。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員の質疑に対して、答弁を求めます。

  新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 1点目でございますけれども、予定どおり進んだのかということでございます。予定どおり進んでおります。契約が安価でできたということの執行残でございます。

  2点目の前納報奨金が300万円執行残ということでございますけれども、これは、平成20年度に工事完了した区域が対象でございます。対象者が133件ありまして、うち87件が前納であります。約77%ということでございます。分納になっている方は26名でございます。なぜ減ったかなのですけれども、これにつきましては、ホンダ工場の緑地の部分が最初の計画の中では計上されていたのですけれども、昨年緑地の部分は除くというふうな形になりましたので、その分が減額となったということでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 柳田多恵子議員。



◆1番(柳田多恵子議員) 柳田です。

  延伸工事は、予定どおり進んだということは了解しました。ただ、一般質問の中でもちょっとしたのですけれども、契約が安価ということであれば、町としては安いほうがいいということはわかるのですけれども、執行残が2,744万円出ているということの中で、ある意味では、申し上げましたけれども、人件費等も含めた契約の部分で今後も気をつけていっていただければというふうに思います。安い分にはいいというだけではなくて、きちんとした補償がされた上での安価であれば、それは了としたいのですけれども、そうではない部分というのは、常にそういう問題意識を持っていていただきたいというふうに思います。

  以上です。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

  2番、井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) 2番、井口です。

  1点だけ質疑させていただきます。136ページ、負担金補助及び交付金の項目で、市野川流域下水道維持管理費の負担金について450万円の減額ですが、この中身についてご説明いただきたいと思います。



○千野寿政議長 答弁を求めます。

  新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  市野川流域下水道維持管理負担金につきましては、県のほうへの負担ということなのですけれども、流域下水道に流れ込む水量が減ったというふうなことです。具体的には、ホンダの下水処理場が流れ込むという予想を立てていたわけですけれども、その分が減ってきているということでございます。

  以上でございます。



○千野寿政議長 井口亮一議員。



◆2番(井口亮一議員) ただいまのご説明によりますと、排出実流量が減ったのではなくて、見込みと現実に差異が生じたということでよろしいのですね。実流量はふえていますよね。その辺、いかがですか。



○千野寿政議長 新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  確かに実流量は、みどりが丘が昨年4月流入というふうな形になりましたので、実流量はふえているのですけれども、ホンダの分がもう少し早くというふうに思いまして、それをカウントしていた分が減ったということでございます。

  以上です。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第12号 平成21年度小川町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

                                         



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○千野寿政議長 日程第13、議案第13号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  本議案に対する提案理由の説明を求めます。

  笠原町長。

          〔笠原喜平町長登壇〕



◎笠原喜平町長 議案第13号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)につきまして提案理由を申し上げます。

  歳出の一般管理費及び維持管理費の減額に伴いまして、歳入歳出それぞれ所要の補正が生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 続いて、内容説明を求めます。

  新井環境保全課長。

          〔新井邦男環境保全課長登壇〕



◎新井邦男環境保全課長 命によりまして、議案第13号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、その内容のご説明を申し上げます。

  議案をごらんいただきたいと思います。第1条で、歳入歳出それぞれ237万6,000円を減額し、歳入歳出それぞれ6,323万2,000円とするものでございます。

  それでは、補正予算書に関する説明の139ページからでございますが、143ページをお願いいたします。

  歳入でございます。1款分担金及び負担金、1項分担金、1目農業集落排水費分担金ですが、75万円の増額補正で、1件加入者がふえたことによるものでございます。

  144ページをお願いいたします。2款使用料及び手数料、1款使用料、1目農業集落排水施設使用料ですが、40万円の増額補正で、接続件数がふえたことによるものです。

  145ページをお願いいたします。3款繰入金、1項1目一般会計繰入金ですが、352万6,000円の減額補正で、歳出との調整のため、繰り入れの減でございます。

  146ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、1項1目一般管理費ですが、49万6,000円の減額補正で、人事異動による退職手当組合負担金の減でございます。

  147ページをお願いいたします。2項1目維持管理費ですが、188万円の減額補正で、需用費、委託料は執行残によるものです。

  以上で内容の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○千野寿政議長 これより質疑に入ります。

  8番、金子美登議員。



◆8番(金子美登議員) 8番、金子でございます。

  1点質疑させていただきます。144ページの農業集落排水施設使用料、利用者の増の関係で40万円増額でございますけれども、何件分のでございましょうか。



○千野寿政議長 金子美登議員の質疑に対しまして、答弁を求めます。

  新井環境保全課長。



◎新井邦男環境保全課長 ご答弁申し上げます。

  12件でございます。



○千野寿政議長 ほかに質疑のある方。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて質疑を終結いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○千野寿政議長 ご異議なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。

          〔「なし」という人あり〕



○千野寿政議長 これにて討論を終結いたします。

  これより議案第13号 平成21年度小川町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○千野寿政議長 起立全員であります。

  よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

                                         



△散会の宣告



○千野寿政議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

  お疲れさまでした。

                                 (午後 3時40分)