議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成26年  1月臨時会(第1回) 01月21日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成26年  1月臨時会(第1回) − 01月21日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成26年  1月臨時会(第1回)





           平成26年第1回(1月)越生町議会臨時会
議 事 日 程 (第1号)

                          平成26年1月21日(火)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 諸般の報告
日程第 4 議案第1号 平成25年度越生町一般会計補正予算(第4号)

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   吉  澤  哲  夫  君      7番   木  村  好  美  君
     8番   田  島  孝  文  君      9番   長  島  祥 二 郎  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   浅  野  訓  正  君
    12番   新  井  康  之  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   新  井  雄  啓  君   総 務 課長   岩  ?  鉄  也  君

  企 画 財政   大  沢  昌  文  君   教 育 長   吉  澤     勝  君
  課   長

  学 務 課長   安  田  孝  之  君   生 涯 学習   田  中     広  君
                          課   長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   宮  崎     桂      書   記   福  田     実
  書   記   福  島     勲



                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(新井康之君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、平成26年第1回越生町議会臨時会を開会いたします。

  これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時32分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(新井康之君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第1号のとおりです。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(新井康之君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、議長において

    11番  浅 野 訓 正 君

     1番  水 澤   努 君

     2番  木 村 正 美 君

 を指名いたします。

                                              



△会期の決定



○議長(新井康之君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

  お諮りします。本臨時会の会期は本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、会期は本日1日間と決定いたしました。

                                              



△諸般の報告



○議長(新井康之君) 日程第3、諸般の報告を行います。

  まず、本臨時会に説明員として出席通知のあった者の職氏名の一覧表をお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、町長から議案1件の提出がありました。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△議案第1号 平成25年度越生町一般会計補正予算(第4号)



○議長(新井康之君) 日程第4、議案第1号 平成25年度越生町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) おはようございます。議員の皆様には、大変お寒い中、またご多忙のところ、臨時議会を招集申し上げましたところ全員ご出席を賜り、まことにありがとうございます。

  議案第1号 平成25年度越生町一般会計補正予算(第4号)について、提案理由のご説明を申し上げます。

  今回の補正につきましては、既定の予算に歳入歳出それぞれ500万1,000円を増額し、総額40億6,325万4,000円といたすものでございます。

  それでは、補正予算書の8、9ページにより詳細をご説明申し上げます。初めに、歳入につきましては、財政調整基金からの繰入金でございます。次に、歳出につきましては、教育費、小学校費、越生小学校管理費で、越生小学校の空調設備の設計業務に係る委託料500万1,000円を計上するものでございます。

  越生小学校の空調設備の整備につきましては、平成26年度に設計業務を行い、平成27年度に整備工事を行う計画でしたが、今回平成25年度の国の補正予算を活用した補助事業として実施すれば、臨時交付金として創設される頑張る地域交付金の対象となるなど、有利な条件で事業が実施できる見込みとなったことから、県教育局に対し、既に設計が完了している梅園小学校の空調設備工事とあわせて補助事業の申請を行ったところでございます。この補助事業が採択されれば、事業費を繰り越し、翌年度にかけて事業を実施することになりますが、整備工事は平成26年度内に確実に完了しなければなりません。そのためには越生小学校の設計業務に早急に着手する必要がありますので、その業務に係る費用を今回の補正予算に計上するものでございます。

  なお、このたび申請した補助事業の内定につきましては、2月上旬に受けられるものと思いますので、今回補正した越生小学校の設計業務委託料以外の越生小学校と梅園小学校の空調設備整備に要する事業費につきましては、3月補正に予算を計上したいと考えております。

  以上、一般会計補正予算の提案理由の説明といたします。慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから質疑を行います。

  7番、木村好美君。

          〔7番 木村好美君登壇〕



◆7番(木村好美君) それでは、議案第1号は、子供の学習する環境を整えるべく、少しでも早く対応するということはとてもうれしい限りです。また、交付金を使うことにより、町負担の軽減に努められ、すばらしい案でもあります。その中で1点だけお聞きいたします。

  これがスムーズにいきまして、そして入札するのに、今この時期、各事業者はいろいろと申請をなされる時期だと思うのですが、その辺もちょっと定かではないのですけれども、入札するのに申請しますよね、それの意味なのですが、そういう時期だと思いますが、地元業者さんを率先してこの事業、空調をお願いするというような配慮はないのかということを1点だけお聞きいたします。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 木村好美議員さんの質問にお答えさせていただきます。

  今回の越生小学校の設計業務につきましては、越生町内の設計業者さんですと、ちょっと大きい事業で特殊な設計となりますので、ちょっと地元にも配慮したいのですけれども、そういった業者さんがいらっしゃらないということで、外の業者を指名することになろうかと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 田中 広君登壇〕



◎生涯学習課長(田中広君) 補足というのですか、お答えいたします。

  今のように大きな工事というのは、やはり大きな工事屋が仕切って配分していくというのがあります。道路建設工事ですと、請負った会社が大体ゼロから100までつくり上げます。建設工事というのは、先ほどの、ちょっと説明させていただきましたが、電気屋さん、それから木工屋さんですとかクロス屋さん、内装屋さん、いろんな方が入ってきます。いわゆるゼネコンという形で請負って、その下にいろんな会社の方が入られる。言葉は悪いのですが、一番下請さんにつきましては、本当に二、三人で仕事を営まれている方の会社が入ります。こういった部分では、なるべく地元を使ってくださいと。現場に入った段階で、現場を監督する私たちが業者さんとお話をして、越生にもすばらしい技術があります、こんないいものも売っています、御飯も地元で食べてください、弁当も地元でとってください、こういう話は必ずいたします。今までも、越生中学校を直した経緯の中では、越生中学校なのですけれども、越生の建具屋さんですとか鉄筋屋さん、お弁当屋さん、今でも中学校でプールを改修していますが、地元の自動販売機屋さんですとか入っております。これは、これからも請負った業者さんにお願いしていきたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) 木村議員さんの地元業者ということにつきまして、今ずっといろんな入札をしております関係で、一般論として申し上げたいと思います。

  水道、道路工事、建設関係、全て第一優先は、指名委員会は地元業者を最優先として指名しております。ただ、今回非常に残念なことがございました。まちづくり整備課のほうで県土整備事務所とかけ合いながら、河川敷で難しいというものを何とか、いこいの広場にトイレが設置できるということで今年度予算化したわけでございます。議会でご議決をいただいたわけでございます。そして、その指名を、5社地元の業者を指名いたしました。ところが、何と全員が、全業者が辞退でございます。応札してまいりません。私は非常に残念に思っております。きょう、セカンドハウス建設推進検討委員会というものを今晩6時半から行う予定でございますが、建設業者も集まってきますので、そのことについても何とか、もう少し地元の業者は頑張ってほしいと。

  昨日、今度は、1回目の指名で落ちませんでしたので、町外の業者、もう町内の業者は全て指名してしまいましたから、町外の業者を指名した。2者応募していただきました。川越市と毛呂山町から応募して、毛呂山の業者がそれを落札するという結果でございます。毛呂山の業者ができて、なぜ越生の業者ができないのかと。

  木造でやるということで、50%は農林関係の補助でいただけると。そして、その残りの50%の80%も、裏負担で県のほうは面倒見てくれると。ですから、越生町の負担は、750万ぐらいの工事で、15万ちょっとぐらいでそのトイレができてしまうわけです。そういう非常においしい事業が、地元の業者が最初から辞退してしまうと。

  先日の議会で神邊議員さんから、自助、共助、公助ということについて指摘されました。やはり私は、地元の業者さんはもうちょっと頑張ってほしいという、自助の部分を私はもうちょっと強調したいなというようなことを今回の入札で感じました。木村議員さんがおっしゃるように、私は、やはり地元の活性化という視点で、全て地元でできることは地元でやっていきたいという視点でやっておりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 3名の方にご答弁いただきましてとても光栄でございます。よくわかりました。

  ただ、ごめんなさい、話がどんどんそれていってしまって、トイレの話になってしまいましたけれども、5社指名して、辞退が5社ということで、なぜなのかなとやっぱり今思ってしまいます。何か理由があるからではないかなというような感じですが、やはり先ほどのご答弁でもありましたけれども、下請、下請、下請というふうにどんどん、どんどん下請になると、泣くのは下請だと思うのです。ですので、やはり下請泣かせがないように、これからも、今町長がおっしゃったように、地元を中心にぜひ使って、町を活性化していただきたいということをお願いして質問を終わります。



○議長(新井康之君) 2番、木村正美君。

          〔2番 木村正美君登壇〕



◆2番(木村正美君) 2番、木村です。

  今いみじくもちょっと町長のほうから話が出たのですけれども、私いろいろ、今回のあれで、4つぐらいの大きな質問事項を用意してきたのですけれども、3月に補正があるということで、細かいところはその3月の補正でやらさせてもらいます。

  1点だけちょっと確認をさせていただきたいのですけれども、ただいまも出ましたけれども、入札、この補正が通れば、すぐ補正予算を組んでくるのだと思うのですけれども、補正予算が組まれれば、通れば、今度その次の段階、当然入札ということになるのだと思うのですけれども、去年のソーラーのときもそうだったと思うのですけれども、入札が不調に終わったと。これは、東日本大震災の復興もありますし、オリンピックの開催も決まったということでいろいろ、人が足りなかったり物が足りなかったりということが必ず出てくると思います。ましてや工事の期間を夏休みにするということになりますと、ある程度制限が出てくるわけなので、実際に入札をしたときに、また不調に終わってしまうと。そうすると、結局せっかく事業計画をしたにもかかわらず8月にできないと。そうすると、平日授業をやっているときにできるのかというと、やっぱりなかなか難しいのだと思うのですけれども、その辺の町の対応は一応どんなふうにお考えに、これはこの先の話かもしれませんけれども、もしお考えがあるのであればお聞かせ願いたいと思います。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 田中 広君登壇〕



◎生涯学習課長(田中広君) お答え申し上げます。

  東北の震災から非常に全国的に不調が続いております。越生町も昨年、太陽光が不調になった。夏休みの時期を逃してしまったということがございます。今回としても十分に考えられるわけです。一つの方法としては、早期に発注する。まだ請負がない会社に対して、早期に発注して請負ってもらうということ。それから、今回の工事は夏休みだけではありません。授業に影響が出そうなところだけ夏休み期間に行うということで、夏休み以降も支障のない程度に事業を進めていきたいと考えています。

  もっと大きな例えば工事になったときに、夏休みだけでは行えないとなれば、仮設校舎という選択がございます。平成11年越生小学校が耐震補強工事をしたときには、グラウンドにプレハブをつくり、億近いお金がかかったかと思うのですけれども、そこで子供たちが授業をし、半年間以上をかけての工事が行われた経緯がございます。プレハブ校舎をつくりますと、今回の事業費を上回るプレハブ代が計算されました。何とか夏休みだけで終わるような仕組みを考えておりますが、もし仮に落札しなかった場合に、これは教育長、町長ともお話ししましたが、空き教室を有効に使ったりですとか、近い範囲内であいている部屋を使って、子供にそちらで勉強してもらったりとかいうところは考えております。

  仮設校舎の計上は今のところ考えていないということと、ほかの教室で何とか補おうということをただいま考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第1号を採決します。

  議案第1号 平成25年度越生町一般会計補正予算(第4号)は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第1号は原案のとおり可決されました。

                                                



△閉会の宣告



○議長(新井康之君) これで本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

  これをもって平成26年第1回越生町議会臨時会を閉会します。

                                      (午前 9時54分)