議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成25年  8月臨時会(第1回) 08月06日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成25年  8月臨時会(第1回) − 08月06日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成25年  8月臨時会(第1回)





           平成25年第1回(8月)越生町議会臨時会
議 事 日 程 (第1号)

                           平成25年8月6日(火)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 諸般の報告
日程第 4 常任委員会委員の選任
日程第 5 議会運営委員会委員の選任
日程第 6 常任委員会及び議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選結果の報告
日程第 7 議会広報編集委員会委員の委嘱
日程第 8 議案第34号 工事請負契約の締結について(越生中学校プール改修工事)
日程第 9 議会運営委員会の閉会中の調査及び審査の件

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   吉  澤  哲  夫  君      7番   木  村  好  美  君
     8番   田  島  孝  文  君      9番   長  島  祥 二 郎  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   浅  野  訓  正  君
    12番   新  井  康  之  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   新  井  雄  啓  君   総 務 課長   岩  ?  鉄  也  君

  企 画 財政   大  沢  昌  文  君   教 育 長   吉  澤     勝  君
  課   長

  学 務 課長   安  田  孝  之  君   生 涯 学習   田  中     広  君
                          課   長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   宮  崎     桂      書   記   福  田     実
  書   記   福  島     勲



                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(新井康之君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、平成25年第1回越生町議会臨時会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(新井康之君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第1号のとおりです。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(新井康之君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、議長において

     1番  水 澤   努 君

     2番  木 村 正 美 君

     3番  宮 島 サイ子 君

 を指名いたします。

                                              



△会期の決定



○議長(新井康之君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

  お諮りします。本臨時会の会期は本日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、会期は本日1日間と決定しました。

                                              



△諸般の報告



○議長(新井康之君) 日程第3、諸般の報告を行います。

  まず、本臨時会に説明員として出席通知のあった者の職氏名の一覧表をお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、町長より議案1件の提出がありました。

  以上で諸般の報告を終わります。

  この際、暫時休憩します。

                                      (午前 9時32分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時24分)

                                              



△常任委員会委員の選任



○議長(新井康之君) 日程第4、常任委員会委員の選任を行います。

  お諮りします。常任委員会委員の選任については、越生町議会委員会条例第7条第2項の規定により、お手元に配りました名簿のとおり指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、常任委員は、お手元に配りました名簿のとおり選任することに決しました。

                                              



△議会運営委員会委員の選任



○議長(新井康之君) 日程第5、議会運営委員会委員の選任を行います。

  お諮りします。議会運営委員会委員の選任については、越生町議会委員会条例第7条第2項の規定により、お手元に配りました名簿のとおり指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、議会運営委員会委員は、お手元に配りました名簿のとおり選任することに決しました。

                                              



△常任委員会及び議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選結果の報告



○議長(新井康之君) 日程第6、常任委員会及び議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選結果を報告いたします。

  越生町議会委員会条例第8条第2項の規定により、

  総務建設常任委員会

      委員長に  田 島 孝 文 君

     副委員長に  木 村 正 美 君

  文教福祉常任委員会

      委員長に  水 澤   努 君

     副委員長に  木 村 好 美 君

  議会運営委員会

      委員長に  神 邊 光 治 君

     副委員長に  長 島 祥二郎 君

 がそれぞれ常任委員会及び議会運営委員会から互選されましたので、報告いたします。

                                              



△議会広報編集委員会委員の委嘱



○議長(新井康之君) 日程第7、これより議会広報編集委員会委員の委嘱を行います。

  越生町議会広報編集委員会規程第3条により、議長において、田島孝文君、浅野訓正君、吉澤哲夫君、宮?さよ子君、宮島サイ子君、木村正美君、水澤努君を越生町議会広報編集委員に委嘱いたします。

                                              



△議案第34号 工事請負契約の締結について



○議長(新井康之君) 日程第8、議案第34号 工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) 改めまして、議員の皆様おはようございます。平成25年第1回臨時議会を招集申し上げましたところ、議員の皆様にはご多忙のところご参集賜り、まことにありがとうございます。

  それでは、議案第34号 工事請負契約の締結について、提案理由のご説明を申し上げます。本案件は、越生町立越生中学校のプールの改修工事であります。

  詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、慎重ご審議の上、ご議決賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) ご説明申し上げます。

  まず、執行方法及び契約内容でございますが、指名競争入札により、資料1にございますとおり、指名10業者にて7月31日に入札が執行されました。入札状況は資料2のとおりで、1回目の入札で落札となり、岩堀建設工業株式会社と消費税相当額5%を上乗せした6,134万1,000円で契約するものでございます。

  次に、工事内容でございますが、お手元の資料3をご参照いただきたいと存じます。越生中学校のプールは、昭和47年に竣工しましたが、40年以上たっており、老朽化が進み、今回改修するものでございます。工事内容でございますが、既存のプール槽を生かし、ステンレスで覆う工法にて改修いたします。プールサイド周りの床は滑りにくいシートを張り、フェンスを撤去、新設します。また、既存のシャワーと洗体槽を撤去し、シャワーユニットを2カ所新設します。さらに、附属棟の更衣室、機械室の屋根、外壁及び内装を改修するとともに、機械室のろ過器の交換を行うものです。

  工事期間につきましては、議決後に着工し、平成26年3月25日までの完成期限を予定しております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) これから質疑を行います。

  10番、神邊光治君。

          〔10番 神邊光治君登壇〕



◆10番(神邊光治君) 何点かお伺いをしたいと思います。

  実際には工事の内容等を詳しく調査したり、知識があるわけではないわけなのですが、第一印象として皆さんいかがでしょうか。6,000万かかるということで、高いなという印象が正直言ってあります。その大きな理由とすれば、種類の内容が、ステンレスを使うということに大きな特徴があるのではないかというふうに思うのですが、ステンレスにする必要性や、また特徴、今までどおりの、恐らくコンクリートだと思うのですが、コンクリートではなぜだめなのかをお伺いをしたいと思います。

  以前にこの越生中学校のプールは、改修とあわせて、非常時の飲み水の確保にも利用するという考え方がありました。それがなぜこういう形になったのかの経過等も説明をしていただきたいというふうに思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 田中 広君登壇〕



◎生涯学習課長(田中広君) 神邊議員さんのご質問にお答えいたします。

  プールのステンレス槽となった理由でございますが、プールの種類にはコンクリート製、それからステンレス製、それからFRP製とございます。現在主流はステンレス製ということでございます。理由といたしましては、ご存じのようにFRPはガラス繊維でございます。ステンレスというものに対しましては、地震ですとか、ねじれですとか、起伏にも耐えられるやわらかさがあるということから、現在地震が非常に問題になっておりますが、そういったことからステンレス製ということが選択されました。FRP製と比べて値段的にも変わらない状況でございます。一般的にお風呂ですとか、ご家庭のシンクなど、アール加工で非常にきれいなわけですけれども、あれはやはり高いです。こういったプールをカバー工法するステンレスは、一枚、一枚の板を現地で溶接し、張り合わせるという工法でございますので、板材を持ち込んでの施工です。FRP製と変わらない工事費ということで、このようなものになりました。

  ステンレス槽という質問に対しては、以上でございます。



○議長(新井康之君) 飲み水。

  学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、神邊議員さんの質問についてお答えさせていただきます。

  いわゆるろ過装置、浄化機能のついたろ過装置をつけるという観点での計画についてですが、3月議会でもご答弁させていただきましたが、当初23年度、越生中学校のプール老朽化状況調査を行いまして、その際に工法を幾つか検討いたしました。いわゆるプールを全部基礎から壊して、真っさらにしてからつくる工法、それから先ほど生涯学習課長が申し上げたとおりの工法でのいわゆる改修、この2つの工法をもとに検討したところでございます。

  その中で、いわゆるろ過装置をつけて非常災害等に対応できるようにプールを設置するという検討をいたしました。この際には、当時概算工事費が、全部プールを壊して設置をするという段に当たりまして、1億7,400万円の工事を概算計上いたしました。その中のいわゆる基礎算定部分、プールの平米数とかの基礎算定部分の中で、2分の1が国庫補助対象となるというふうに出ております。その際、国庫補助は2,800万受けることができ、差し引き1億4,600万円が町負担分でプールをつくるというふうな数字が算出されました。また、浄水型ろ過装置を設置せずに、老朽化工事の一環として国庫補助3分の1を受けても、ほぼ同額を町が負担して工事をするということが明らかになったところでございます。そういった中で、双方での工事費を勘案しますと、既存のプールを生かしたカバー工法での改修、これですと、3月の当初議会では9,500万程度と見込んだところですが、今回の入札の結果におきましては約6,000万の金額でおさまったという点が一つあります。

  それから、ろ過装置を設置しなかった点につきましては、いわゆる平成24年度、平成25年の2月20日に越生中学校の入り口が土砂災害危険区域に指定されたことによって、同校の避難所指定が解除されました。これに伴いまして、国庫補助を受けての浄水型のろ過装置を設置したプールを改築する必要性、それからそれにかかる経費等を勘案しまして、今回このような結果で対応するというふうに結論といたしましたところでございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 田中 広君登壇〕



◎生涯学習課長(田中広君) 済みません。先ほどコンクリート製のプールではだめだということに対しまして、答弁漏れがございました。

  昭和40年代からはほぼコンクリート製のプールが主流で、そういったものが今老朽化し、取り壊して新しくする、あるいは越生のように調査をし、そのものが耐久力が確認できれば改修するという中で、越生町は改修という工法を選択されたわけです。

  コンクリート製のプールというのは、内側にペンキを塗って、水色ですとか、白ですとか塗ります。どうしてもペンキを塗りますと、その塗りかえに要する費用と、それから期間というものが、大体5年から10年に1度は塗るという作業です。1度塗る作業に対しましての費用は50万前後かかるわけでございますが、本当に塗りかえにいくまでには、越生の実績ですと10年から15年して塗りかえていく現状です。大体塗ってから三、四年目から、少し、少し、ぽろぽろ、ぽろぽろ剥がれます。剥がれたものが水の中に漂い、それが目に入る、こういったことは結構頻繁にあることでございます。水中眼鏡をしていないために、子供たちがそれがわからないわけなのですが、実際として水中眼鏡をして潜ってみますと、かなり浮遊しているという状況から、ステンレス槽や、またFRP槽になっていったという現状でございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) ステンレスにした理由については、一定度理解をすることができました。3月議会の当初のときも十分な論議をしたわけではなかったと思うのですが、浄化能力を高めて飲み水にも使えるような、ある意味では震災に備えた準備がされているのかなと思っていたら、それが途中で中止になって、単なるプールの改修ということになりました。もちろん越生中学校が災害の何とか、指定を……

          〔「除外された」「除外だよ、崖が崩れるから」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) それは、質問としてもう一度言ってもらって……。



◆10番(神邊光治君) ですから、それの詳しい答弁をお願いをしたいと思うのです。1つの考えとすれば、ああなるほどな、プールをそういうふうにきちんと利用して災害に備えることも必要かなとその当時は思ったのですが、いとも簡単にそれが、予定が変更になったということのちょっと釈然としなかった部分があったので、理由を説明してください。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、神邊議員さんの再質問につきまして、総務課のほうからご答弁を申し上げます。

  経費的な観点につきましては、先ほどご答弁をさせていただいたところでございますので、私のほうでは防災上の観点からご答弁を申し上げます。

  ご案内のとおり、平成24年度に越生町の地域防災計画の見直しをさせていただきました。その中で、越生中学校のプールについて、飲料水にできるような浄化機能を設けてというような点につきましては、いろいろ事前に協議をさせていただいたところでございます。その中で、防災上の観点から、こういったことで特にそこまでの機能は要らないのではないかというようなことで最終的には判断をさせていただいたところでございますが、まず1点、通常学校等を含めました公共施設の、プールの水を災害時に飲料水に変えるような浄化機能を持たせるという点につきましては、ほとんど都市部で災害が発生した場合には、そういった機能を持たせるケースがまず多いようでございます。

  それと、2点目につきましては、先ほどご答弁申し上げましたとおり、今回の越生町の地域防災計画の見直しで越生中学校が指定避難場所から外されました。その理由といたしますと、進入路の右側の崖の部分が傾斜がかなりございまして、一応レッドゾーンに指定されておりますので、一応その点を安全性等を考慮させていただきまして、今回ゆうパークのほうに変更させていただいたということでございます。

  それともう一点、これは越生町の地域特性といいますか、龍ヶ谷ですとか、黒山ですとか、麦原ですとか、そういった災害時には沢水が利用可能だということで、特にプールも当然塩素等で管理はされているかと思うのですが、使わないとき雨水が入ったり、大腸菌がかなり発生している可能性がありますので、それをこういった機能を持たせるよりは、比較的きれいな沢水を煮沸すれば飲料水等に利用できるのではないかというようなことで、いろいろ議論を重ねた結果、今回防災上では、越生中学校のプールについて、そこまでの機能は持たせる必要はないのではないかというような結論に達したところでございます。

  以上でございます。

          〔「了解」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 6番、吉澤哲夫君。

          〔6番 吉澤哲夫君登壇〕



◆6番(吉澤哲夫君) 3点ほど質問をさせていただきます。

  まず、1点目、このカバー工法という内容の図面がないので、どのようなものか説明を求めたいと思います。

  2点目、先日どこかでプールの床が膨れた事故がありましたが、このような問題が起きるような対応はされているのか伺います。

  3点目、塩素消毒プールとなると思いますが、川への排水等への問題の処理的な状況をどのような考えで行われるのか伺いたいと思います。

  以上です。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 田中 広君登壇〕



◎生涯学習課長(田中広君) 吉澤議員さんのご質問にお答えいたします。

  カバー工法ということでございますが、先ほどもちょっと触れさせていただきましたが、板材を現地に搬入し、それをコンクリートの内面に張りつけ、溶接をしていくというものでございます。底盤部が、図面がちょっとすぐには出ないのですが、1.5ミリ、側面部が2.5ミリだったかと思うのですが、そういった板をコンクリートに接着カバーしていく工法でございます。

  それから、数日前地下が大きく膨れ上がったという、私もニュースで見まして、まだ原因がちょっとわかっていないそうなのでございますが、越生中学校という、地形上、削り取って岩盤面に建っているということから、非常に安定した地盤であり、また平成23年度にプールの耐久度調査を予算をとってした経緯がございますが、全くコンクリートには異常がなく、ひびの一つも見つからず、また鉄筋についても健全であったということから、かなり安全性が確保できているものだと思います。

  それから、塩素が川に流出ということでございますが、文部科学省の基準ですと、塩素が0.4ppmから1ppmの範囲で使用しなさいと。殺菌、滅菌できるわけでございますが、水質基準としての塩素、次亜塩素酸濃度はクリアしているものでございます。これは、全国的にもその濃度で使ったものが川に流出、下水があるところは下水なのですけれども、済みません、下水があっても、プールの水は側溝に放流となっております。下水道組合には行きません。現に越生小学校も公共下水道の範囲でございますが、プールの水は側溝、そして川となっております。梅園小学校も集落排水地域でございますが、河川にそのまま放流ということになっております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) よろしいですか。

  ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

  本案に対する反対討論はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第34号を採決します。

  議案第34号 工事請負契約の締結については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第34号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議会運営委員会の閉会中の調査及び審査の件



○議長(新井康之君) 日程第9、議会運営委員会の閉会中の調査及び審査の件を議題といたします。

  会議規則第75条の規定によって、議会運営委員長から閉会中の調査及び審査の申し出がありました。

  お諮りします。議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の調査及び審査をすることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の調査及び審査をすることに決定しました。

                                                



△閉会の宣告



○議長(新井康之君) これで本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

  これをもって平成25年第1回越生町議会臨時会を閉会します。

                                      (午前10時55分)