議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成25年  3月定例会(第1回) 03月12日−一般質問−04号




平成25年  3月定例会(第1回) − 03月12日−一般質問−04号







平成25年  3月定例会(第1回)





           平成25年第1回(3月)越生町議会定例会
議 事 日 程 (第4号)

                          平成25年3月12日(火)午前9時30分開議

日程第 1 一般質問

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   吉  澤  哲  夫  君      7番   木  村  好  美  君
     8番   田  島  孝  文  君      9番   長  島  祥 二 郎  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   浅  野  訓  正  君
    12番   新  井  康  之  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   新  井  雄  啓  君   総 務 課長   岩  ?  鉄  也  君

  企 画 財政   大  沢  昌  文  君   会計管理者   関  口  正  文  君
  課   長

  税 務 課長   島  田  義  博  君   町 民 課長   成  野     清  君

  健 康 福祉   山  口  博  正  君   産 業 観光   三  浦  道  弘  君
  課   長                   課   長

  まちづくり   間 々 田  正  夫  君   水 道 課長   鈴  木  幹  男  君
  整 備 課長

  教 育 長   安  田  孝  之  君   学 務 課長   安  田  孝  之  君
  職務代理者

  生 涯 学習   奥  泉  隆  雄  君
  課   長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   宮  崎     桂      書   記   大  澤  展  男
  書   記   福  島     勲





                                              



△開議の宣告



○議長(新井康之君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時31分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(新井康之君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第4号のとおりです。

                                              



△一般質問



○議長(新井康之君) 日程第1、一般質問を行います。

  通告順に行いますので、ご了承ください。

                                              

       ◇ 田 島 孝 文 君



○議長(新井康之君) 8番、田島孝文君。

          〔8番 田島孝文君登壇〕



◆8番(田島孝文君) おはようございます。傍聴の皆様、大変ご苦労さまです。8番、田島孝文です。議長のお許しをいただきましたので、一般質問通告書に従いまして次の質問を行います。

  質問件名1、町の宝である子供たちの通学路の安全対策、交通事故への対策について。近年、児童が犠牲になる交通事故が続発しております。暴走車による多数の悲惨な事故も起きています。町として通学路の安全対策及び交通事故への対策はどのように行っているのかお聞きいたします。

  質問件名2、越生町における社会資本、インフラの経年劣化と修繕事業について。昨年12月、中央道笹子トンネルで起きた天井板落下事故以来、社会資本、インフラの経年劣化が問題になっています。

  (1)、越生町は中央に越辺川が流れているため、多くの橋があると思いますが、越辺川にかかる橋の中で、完成後40年を超えているものはどの橋で、何年たっているのでしょうか。また、トンネルがあるとすれば、どこに、いつ完成したものがあるのか。

  (2)、老朽化が予想される中、管理及び点検はどのくらいの頻度で行っているのか、具体的な期間と回数をお答えいただきたい。また、その点検結果は。

  (3)、これまで、平成25年3月1日現在、緊急に修繕が必要とされる橋梁やトンネルは見つかったのか。

  (4)、見つかったとすれば、その修繕事業はいつから行う予定なのか。また、その予算規模はどのくらいになるものか。

  質問件名3、越生まつりについて。(1)、観衆が1万人を超える越生町最大のイベント越生まつりは、人を集め、地元にお金を落とし、経済効果が大いに期待できる日です。その越生まつりの経済効果について、これまで算定したことがあるのか。また、その額はどのぐらいになっているのか。

  (2)、町として2日間の祭りの来場者数を把握していますか。昨年、平成24年の来場者数は何人であったのか。また、ここの数年の来場者数の推移を示すデータがあれば、お示しいただきたい。

  (3)、来場者をふやすために、現時点で考案されていることがあれば、ご説明願いたい。

  (4)、越生まつりのポスターについてお伺いいたします。昨年の平成24年のポスターは、コンペ方式を採用したことにより、マンネリでない久々に元気が感じられるポスターだったと思います。ことしも同様なコンペ方式をとるのか。

  (5)、応募作品を選考する上で、一定期間応募作品を掲示し、町民の投票で選ぶという選考方法は考えられないか。

  質問件名4、世界無名戦士霊廟並びに大観山山頂周辺の樹木の整備について、まずはこちらのパネルをごらんください。こんな状態です。世界無名戦士霊廟展望台から撮影した北東から南西にかけての風景です。筑波山、東京スカイツリーです。こんな感じです。また、こちらをごらんください。超望遠レンズで撮影した東京スカイツリーです。世界無名戦士霊廟並びに大観山周辺は、近隣に比較するもののない大変すぐれた眺望を有しています。これらを観光名所として利用しない手はありません。

  しかし、近年、樹木の成長が著しく、このパネルで示したように、樹木が下界の風景を大きく妨げています。観光名所を新たに発掘し売り出すことも必要ですが、人気を集めるまで時間がかかります。既にある観光名所を整備し、観光客の集客に努めるほうが即効性もあり、宣伝も容易と考えます。世界無名戦士霊廟並びに大観山山頂周辺の眺望の妨げになっている樹木を整備するお考えはないでしょうか。これには、伸び過ぎた樹木の高さを切りそろえることを前提に、切りそろえることが不可能な場合は、伐採も視野に入れた整備ということで質問をいたします。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 田島議員さんの質問件名1についてお答え申し上げます。

  通学路の安全対策につきましては、安全教育担当を中心に通学路の安全対策及び通学指導を講じております。具体的には、通学路の安全対策では、危険箇所において注意を促すための看板を設置したり、PTAによる通学路点検を行ったりしております。町及び県の道路整備担当の協力をいただき、点検結果をもとに、防護柵の設置や道路標示の書きかえなど、順次計画的に改善策が講じられております。

  次に、交通事故対策では、小学校においては一斉下校時での通学班による指導だけでなく、全校集会等での交通事故防止に向けた全体指導を行っております。また、中学校では、自転車通学での安全対策に主眼を置いた指導を行い、交通事故防止に努めております。また、小学校児童へは、交通ルールを身につけさせて正しい自転車の乗り方を習得できるように、自転車運転免許証制度を設けたり、自転車の安全走行に関する知識と技能を競う交通安全子供自転車埼玉大会への参加をしたりして、安全教育の推進を図っています。さらに、登下校時には、見守りボランティアの皆さんのご協力により、横断歩道の立哨など、地域ぐるみで子供たちを交通事故から守る取り組みにご協力をいただいているところでございます。

  今後もPTAや見守りボランティアの皆さん、道路整備機関が一体となって通学路の安全を確保し、子供たちを痛ましい交通事故から守る取り組みを実施してまいりたいと存じます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 質問件名2についてお答え申し上げます。

  まず、質問の要旨(1)でございますが、越辺川には下流から越生大橋、山吹大橋、中央橋、春日橋、高橋、八幡橋、比丘尼橋、梅園橋、月ヶ瀬橋、天満橋、落合橋、石戸橋、北ヶ谷戸橋、上清水橋など26橋ございます。このうち、町管理の橋は19橋ございまして、歩道橋が越生東、黒岩、小杉、大満地内に各1橋ずつございます。完成後40年を経過した橋につきましては、4橋ございまして、昭和42年に建設された山吹橋が45年、昭和36年に建設された八幡橋が51年、昭和45年に建設された比丘尼橋が42年、昭和43年に建設された月ヶ瀬橋が44年とそれぞれ経過いたしております。なお、山吹橋は、山吹大橋の完成に伴い歩道橋となっております。

  トンネルでございますが、昭和58年に完成した県道越生長沢線の大満地内と、平成5年に完成した大谷地内町道1―6号線に土木構造物がございます。どちらも埼玉県の管理であるため、埼玉県飯能県土整備事務所に確認したところ、大満地内につきましてはトンネルの扱いになっているが、トンネル内の設備が何もないので、土木構造物として管理をしているとのことでございます。また、大谷地内につきましては、トンネルではなく土木構造物として管理をしているとのことでございます。

  次に、質問の要旨(2)でございますが、管理、点検につきましては、木橋の歩道橋の板の張りかえや塗装は実施いたしておりますが、一般橋梁の点検、修繕の記録はございません。しかしながら、近年、各地において大規模な地震が発生していることに鑑み、国の指導により、平成21年度から平成24年度において、橋長が15メートル以上の12橋を対象として調査、点検を行い、交通には支障がございませんが、コンクリートの剥離など確認されております。

  このため、25年度におきましては、国庫補助事業により長寿命化修繕計画を策定したく、予算を計上いたしております。この事業は、国において橋の専門家などにより組織された委員会において、橋の長寿命化を図るに当たり、必要最小限の投資で最も効率のよい寿命化計画を立て、これに基づき必要に応じて修繕等を行う計画でございます。

  次に、質問の要旨(3)でございますが、これまでの調査では、緊急を要する修繕箇所はございませんでした。

  次に、質問の要旨(4)でございますが、質問の要旨(2)でお答えした長寿命化修繕計画書が策定できれば、結果につきましては報告できると思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から、質問件名3の越生まつりについてお答え申し上げます。

  まず、質問件名3の(1)でございますが、越生まつりは本町最大のイベントであり、民俗行事や芸能の保存と継承はもとより、経済効果にも期待が持てるものでございます。ご質問の越生まつりにおける経済効果についての算定は、今までにしたことはございません。しかし、埼玉県の平成23年観光入り込み客統計によりますと、県内日帰り観光客の消費金額は1人当たり2,374円とのことで、越生まつりにおいてもおおむねその程度ではないかと考えております。

  次に、質問の要旨(2)の越生まつり来場者数についてお答え申し上げます。昨年の越生まつりの来場者数は2万人で、過去5年にさかのぼりますと、平成23年が2万2,000人、平成22年が2万5,000人、平成21年が1万6,000人、平成20年が2万人でございます。なお、越生まつりにおける来場者数は、西入間警察と雑踏警備状況、また前年の状況等を加味し算出しております。

  次に、質問の要旨(3)についてお答え申し上げます。ご存じのとおり、越生まつりの主催は、越生町を初め観光協会、商工会、区長会、知識経験者などをもって組織する越生まつり実行委員会でございます。祭り開催に当たっては、主催者である実行委員会が運行経路や警察協議、さらにはイベント内容などを協議検討して実施しております。平成25年に実施する越生まつりについての実行委員会は、まだ開催されておりませんが、昨年の反省会や祭典委員会のご意見などを参考に、日中に行われるイベントの充実、また居囃子会場をつくり、他市町からのおはやし団体に参加していただくような計画をしております。いずれにいたしましても、これからの実行委員会で協議しながら、多くの方々に楽しんでいただけるようイベントにできるよう努力してまいります。

  次に、質問の要旨(4)についてお答え申し上げます。昨年のポスターは、今まで以上によいものを作成したいとの越生まつり実行委員会での協議の結果、初めてコンペ方式で実施したものでございます。ことしも越生まつり実行委員会で作成方法についても協議し、多くの方々にPRできるものにしたいと考えております。

  また、質問の要旨(5)につきましても、ご提案を含めポスター作成の方法等について同様に越生まつり実行委員会で協議してまいります。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 田島議員さんからの質問のうち、質問件名4につきまして、企画財政課からお答え申し上げます。

  世界無名戦士の墓は恒久平和のシンボルとして、また戦争の悲惨さと平和のとうとさを後世に伝えていくための平和の象徴的建物であります。また、白亜の塔は大観山山頂にそびえ、山の緑に包まれてくっきりと浮かび上がっていることから、町民の心のふるさとの風景にもなっています。

  しかしながら、田島議員さんからのご質問のように、近年では周辺の樹木が伸び、大観山からの雄大な眺望を妨げるとともに、町域からも白亜の塔が見えにくくなっている状況であると感じているところであります。下から見えるようにするためには、樹木を伐採する必要がありますので、施設の維持管理を担っている世界無名戦士之墓顕彰会と木の伐採について調整を図るとともに、周辺の山林所有者にも樹木の整備について協力をお願いし、スカイツリーなどの遠方の景色や眼下の町並みが見えるようにしてまいりたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) それでは、再質問させていただきます。

  まず、1問目です。朝夕の交通指導員の方には、本当に頭が下がる思いです。通学路の安全対策で、特にガードレールや縁石のない危険箇所は何カ所あるのでしょうか。また、通学路を変更するなどの考えはあるのでしょうか。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 田島議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  通学路の安全対策において危険箇所の把握については、平成23年7月から8月にかけて、埼玉県県土整備部道路環境課からの依頼によって、通学路安全総点検を実施いたしました。これは教職員及び保護者等が点検者となって、通学路を実際に歩いたり、またアンケート調査を行ったりして行ったものでした。点検の結果、小中学校の通学路に関しましては、22カ所で改善要望がございました。そのうち、県道は10カ所。県道につきましては、飯能県土整備事務所が年次計画を立てて整備を図っていると確認しております。町道は、まちづくり整備課が、防護柵の設置や舗装等の整備を行っております。

  ところで、ご質問のガードレールや縁石のない危険な箇所のご指摘ですが、さきの点検結果によると、私どもで確認した中では5カ所ございました。また、通学路の安全点検結果において、通学路の変更等必要な場合には、学校長の判断に基づいて通学路の変更等は実際に行っているところはございます。実際に今年度の夏、集合場所が少々危険であるということの判断で、通学班の集合場所を道路を渡って、いわゆる県道を渡って通学班が集まっていたところがございましたが、それを渡らないで、もともと居住区の近くに集合場所を変えて、通学路を変えたという事例もございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) では、具体的に言います。きょう傍聴に来ている本町区長も心配しているが、本町の集会所を通り、県営住宅前の通学路の整備はいつごろ行う予定なのか、またその金額は幾らぐらいでしょうか。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 県営住宅の前の通学路の整備の関係でございます。本町集会所から県営住宅付近につきましては、学務課長が申し上げましたとおり、合同安全点検実施の結果ございまして、その要望を受け、要望箇所につきましては防護柵の施工済みとなっております。

  田島議員さんの再質問の県営住宅前の通学路の整備でございますが、道路改良としての整備計画はございませんが、これまで住宅が1軒ありまして、そこの部分、住宅があるために、余り高低差を感じてはいませんでした。ところが、そこの家が取り壊されまして、それによって、今、高低差を感じておりますので、安全対策としての防護柵の設置を、25年の生活関連道水路整備事業で実施したいと考えております。金額なのですけれども、まだ積算をしていないので、正確にはわかりませんが、およそ100万前後でできるのではないかと考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) 中学生の自転車の問題です。昨年11月ごろのことです。併走する生徒の集団をパトカーが注意しているという情報がありました。事故に遭わないための交通指導、マナーと安全知識の指導は、どのように中学生には行っているのでしょうか。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 田島議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  中学生の自転車のマナーにつきましては、大変近隣の方々にもご迷惑をかけていると感じております。これに当たりましては、私ども学校長を通じて、指導を徹底するように常々申し上げておるところでございます。事故防止に向けた交通指導やマナーと安全知識の指導につきましては、学校では安全教育担当及び生徒指導担当が協力して、集会等での全校指導、登下校時での巡回指導を行っております。今後も自転車運転のマナーの徹底を一層強化し、自転車だけが被害者になるケースばかりではない点、また事故に遭った際には、加害者も被害者も双方ともつらい思いをするということを生徒にも理解させるよう、指導の徹底を図ってまいりたいと存じます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) ありがとうございました。

  続きまして、2問目の問題です。町の管理で1981年以前の旧耐震基準でつくられた橋脚の補強工事の予定は、どのようになっているでしょうか。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 橋脚の補修工事の関係でございますが、町が管理している橋梁で橋脚のある橋は全部で5橋あります。そのうち1981年以前の基準で施工した橋梁は、まず梅里橋、これは武蔵の杜カントリークラブの入り口の橋でございます。それから、八幡橋、これは津久根の八幡神社のところにかかっている橋です。それから、山吹橋、これは駅の東側で、現在歩道橋になっています。この3橋に橋脚がございます。先ほど申し上げましたが、平成25年度の当初予算で計上いたしております橋梁の長寿命化修繕計画の策定の中で、当然橋脚部も含まれておりますので、その計画によりまして、必要に応じて補強の方法ですとか概算額、優先順位を決めていければと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) 今言った3つの橋ですが、優先順位はどのように考えているのでしょうか。また、耐震補強等老朽化対策として、国土交通省が定めた長寿命化修繕計画への対応をもう一度お願いします。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 優先順位でございますが、まずはこの25年度の当初予算に計上いたしました橋梁の長寿命化修繕計画が策定できれば、その中で当然、1981年の基準ということなのですけれども、1981年、昭和56年は建築基準法の耐震の関係が改正されて、新しい耐震基準になっているかと思います。橋につきましては、道路橋示方書というのがございまして、国土交通省が定める日本における橋や高架の道路等に関する技術基準がございます。大もとは1886年、明治19年に内務省土木局より道路築造保存方法というものが制定されまして、その後何回も制定されまして、一番最新では2012年、平成24年に東北地方太平洋沖地震の被災を踏まえた見直しが図られております。

  そういうことで、81年前ということで、1981年、昭和56年以前の橋ということで橋脚があるものを述べさせていただきましたが、整備につきましては、この長寿命化の策定に基づきまして、これまでの長寿命化の計画というのは、今までの道路も同じなのですけれども、例えば道路を例にとりますと、舗装して20年たって舗装が壊れました。だから、舗装をそこをもう一度しましょうという、簡単に言えばそういう整備の仕方だったのですけれども、橋につきましてはなかなかそういう形にいかないので、事前に調査をして、ここの部分はこういうことでこう危ないと、このところはこうで安全だというものを先に出して、早目の手当てができるような計画をつくるということでございますので、まずはこの計画書ができて、それに基づいて、1981年以前の橋であっても、橋脚、橋台、そういうものが安全であれば、それほど大きな手はかかりませんし、またそれ以降の新しい橋であっても、修繕等を早目にしなくてはならないものは、つくられた年度にかかわらずに計画的に整備を進めていくと。その中で、どれが一番優先して修繕等しなくてはならないのかは、この計画書の中でつくっていこうと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) 続きまして、越生まつりの問題です。ことしの7月は、参議院選挙が7月21日に予定されていると思いますが、ことしの越生まつりの日程はどのようにお考えでしょうか。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  昨年、平成24年の越生まつりにつきましては、7月21日の土曜日と22日の日曜日、この両日行いました。祭りの日程の決定につきましては、先ほども申し上げましたけれども、実行委員会のほうに委ねておりまして、最終的には実行委員会のほうで決定するわけでございますけれども、先ほど議員さんのほうからご指摘がありましたとおり、新聞報道等見ますと、ことしの夏、それも7月21日あたりに参議院選挙がされるのではないかというようなことが流されております。当然、選挙とバッティングするということは、交通規制等の関係もございますので、それは避けたいということで考えております。

  実は、昨年もこの7月21日にしたのは、小川町の七夕とぶつからないような、そういう配慮をしたわけでございますけれども、ことしまた21日が選挙になるということであれば、最終的には、くどいようですけれども、実行委員会のほうで判断されることになると思いますが、事務局とすれば、7月21日がだめであれば、その次の週、27、28の土曜、日曜日あたりになるのではないかということで考えてはおります。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) お祭りを盛り上げるためとして、おみこしが新しくなりました。昼間のおみこしの時間帯というのは、イベント時間と一緒になると思うのですが、どのようにお考えなのでしょうか。また、近隣市町の居囃子を何団体招待する予定なのでしょうか。また、場所はどこに設置するのでしょうか。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  ことし、文化財でありますみこしのほうが非常にきれいになったということでございまして、それらを出していただくのは、日程等につきましては、祭典委員会等の話を聞きながら詰めていきたいということでございます。

  それから、祭りを盛り上げるような一つの方策として、ことしは近隣のおはやし連、こういったものを招待していきたいというふうに考えてございます。団体数につきましては、まだ未確定でございますけれども、できれば2つぐらいのおはやし連等に来ていただければというふうに考えております。その実施場所でございますけれども、当然山車を運行する経路に隣接する空き地になろうかと思いますけれども、具体的な場所につきましては、まだ決まってはございません。いずれにいたしましても、これらのことも全て実行委員会のほうにかけて、それからの実施になるということでご理解をいただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) ポスターの件ですが、すばらしいポスターが昨年はできました。何社ぐらいに声をかけて、応募は何社あったのでしょうか。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  昨年初めての試みということで、コンペ方式による決定をさせていただいたところでございます。昨年はポスターのデザインをお願いした会社が9社ございました。9社の中から提案があったものは5社でございます。その中から選考ということになりました。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) ことしも同じような方法をとるのでしょうか。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答えいたします。

  昨年初めの試みということで先ほど申し上げましたけれども、なかなか評判もよかったというふうなお声を聞いておりますので、事務局といたしましたら、来年もこういった形でやっていきたいというふうには考えておりますが、最終的には実行委員会にそういった案を提案し、それが了承されればということになりますので、ご了解を賜りたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) そういうことは、応募作品の選考はことしはどのようにするのでしょうか。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 昨年初めての試みの中で、作品の選考に当たりましては実行委員会にかけまして、実行委員会の中で役員さんに一任という声をいただきましたので、役員さんに代表で選考していただいたというような経緯がございます。ことしの選考方法につきましても、まだ何分来年度の実行委員会については開催しておりませんので、実行委員会の中で選考方法等についても詰めていきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) 続きまして、4問目です。

  山頂周辺の整備ということで、最初の階段脇はコンクリートで舗装されて整備をされていますが、次の階段脇は頂上まで未舗装路になっています。舗装にするお考えはありますか。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 田島議員さんからの再質問にお答えさせていただきます。

  無名戦士の階段脇の道は、無名戦士の霊廟に行く道として、物品とか資材を運んだり、関係車両が頂上まで進入したりということで通っていると思います。それから、西山高取ですとか大高取方面へのハイキングコースとして大切な道であると思っております。中腹からすぐ上の一部分は急坂であって、滑るというふうなことがあったということで、舗装にしたのではないかと思っております。ただ、この道は町の部分と、世界無名戦士之墓顕彰会が持っているというか所有しているところでありますので、舗装につきましては、顕彰会と協議をしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 田島孝文君。



◆8番(田島孝文君) 最後の質問です。

  あるベテラン大物議員さんと同じ考えですが、大観山周辺を桜山公園と一体とした環境整備のお考えはあるでしょうか。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) それでは、お答え申し上げます。

  世界無名戦士の墓がある大観山は、桜の山公園の上にあります。南東側には119種類の桜が植えられています新桜山があります。それから、五大尊つつじ公園からのハイキングコースも大観山に延びております。それから、無名戦士の墓からは大高取方面、それからふれあいの里山方面への主要なハイキングコースにもなっております。このように大観山は駅からも近く、町の観光拠点であると思っておりますので、無名戦士と桜山公園が一体となった形で考えていきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



◆8番(田島孝文君) 了解です。



○議長(新井康之君) これで田島孝文君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 木 村 好 美 君



○議長(新井康之君) 7番、木村好美君。

          〔7番 木村好美君登壇〕



◆7番(木村好美君) それでは、議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。傍聴の皆様、朝早くからありがとうございます。

  なお、議長の許可をいただきましたので、録音させていただきます。

  質問件名1、教育について。新町長へ、これからの越生町のビジョンや選挙公約について詳しくお聞きいたします。

  (1)、小学校全教室にエアコンを設置しますとありますが、以前の答弁で、補助金があれば的なことを言っておりました。財政面ではどうするのか。ぜひ早急に実現し、猛暑でも落ちついて勉強できる環境の整備を心より願っております。

  (2)、町民の声を聞くことからスタートするといいますが、2学期制について、当時の越生中学校の保護者の約2分の1の皆様にご理解されていないアンケート結果がございます。この結果を、今の今までずっと放置しております。今後も無視し続けるのでしょうか。何度も何度も町民の声、保護者の声をお聞きし、しっかり検証していくべきだと思います。今後は町のトップとして、開かれた教育行政についても含めどう考えるのでしょうか。この点についてどう思いますか。

  (3)、梅園保育園の跡地の昆虫館、これこそ前町長が勝手に決めた建物であり、本当に町のため、町民のためになっているのかをアンケート等で聞くべきだと思うが、いかがでしょうか。町民が、昆虫館がいいと訴えてできた建物ではない。であるからこそ、実態を知るべきだと思います。いかがでしょうか。

  (4)、山村留学の詳細、イメージというのはどんなものでしょうか。

  (5)、町民の生涯学習、活動の推進のため、公共施設の町民利用を原則無料とするとありますが、町長がみずから説明し有料にした過去がございます。今後、一芸、一スポーツ、一ボランティアを公共施設の無料化とリンクさせ、どのように推進していくのか。有料化にした際、やめてしまった団体もあります。そのためにもしっかりとした周知が必要だと思いますが、その点はどうするのでしょうか。

  質問件名2、福祉について。(1)、高齢者、障害者の生活支援のため、買い物や通院などの救済を推進するとありますが、具体的にどうするのでしょうか。

  (2)、町立保育園は、新規での保育士の正規職員の募集がありません。非常勤ばかりで成り立っている職員配置でよいのでしょうか。非常勤の先生が契約が切れやめていくパターンは、昔から今も同じであり、その都度、広報等で非常勤保育士募集をしているのが現状であります。正規職員(新人)を採用し、心機一転する気はないか。保護者の中には、なぜ保育園は縮小化しているのかと思っている方も多い。私もお遊戯会を見ましたが、縮小しているという意味がよくわかりました。長として保育園をどう考えますでしょうか。

  質問件名3、その他の行政について。(1)、ゆうパークの今後はどのように考えますか。

  (2)、首長のお考え一つで、予算の特徴が見えます。今、予算の見直しをするとしたら、どの部分でしょうか。今回、間に合わないでしょうけれども、補正等で大きく見直しする予定がありますか。あるなら、どの部分でしょうか。

  (3)、今までの越生町は、「国や県・近隣市町村との連携が取れず、せっかく50年振りに越生町から誕生した県議とも連携せず」と町長のビラに書いてありましたが、前町長は国と連携をとり、例えば駅のバリアフリー化については、補助金が決定したよと、国会議員さんより、なぜか前町長の携帯電話の番号を知るために、私のところにも連絡が来た経緯がございます。新井町長になり、どのようなことを、どうやって国や県、近隣市町村と連携するのか、具体的に何の施策をするのか、詳しくお示しください。また、県議と連携したら何ができるのかも、あわせてお答えください。

  以上です。



○議長(新井康之君) この際、暫時休憩します。

                                      (午前10時26分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時40分)

                                              



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの質問件名1についてお答え申し上げます。

  質問要旨(1)の小学校のエアコン設置につきましては、梅園小学校において、平成25年度当初予算に空調設備設置工事を実施するための設計委託料を計上いたしました。越生小学校は、梅園小学校の整備が完了後に行えるように計画しております。空調設備設置工事は事業規模が膨大になることから、計画的に整備していく考えでおります。財源については、学校施設への空調設備整備は文部科学省の補助金対象事業となりますので、事業費の3分の1は国庫補助金が交付されます。また、国庫補助対象事業となりますと、町負担の3分の2については、後年度に交付税措置のある有利な起債を起こすことができますので、これらを有効に活用できるよう企画財政課と協議を重ねてまいります。小中学校へのエアコン設置に関しては、近隣市町でも児童生徒の健康面及び学習環境の整備において、重要課題として取り組まれております。本町も同様の姿勢で取り組んでまいります。

  次に、(2)、2学期制の検証につきましては、生徒指導の現状、学校行事の確保等によって、児童生徒の豊かな心を育成していく観点、落ちついた学校生活の現状、また各種学力調査等の結果からも、2学期制に関する不安を払拭するだけの成果を得ることができたものと考えております。今年度、各学校で行われた保護者アンケートにおいても、2学期制に関する不安等の記述はございませんでした。教育委員会としては、この結果を受けて、さらなる教育課程の充実に向けて取り組んでまいります。

  次に、(4)、山村留学の詳細、イメージにつきましては、山村留学の目的は、都市部の小中学生が長期にわたって親元を離れ、自然豊かな農山漁村で生活し、さまざまな自然体験や農山村の暮らしの体験を通して子供たちの生きる力を育み、さまざまな困難を克服できる強い意思と心豊かな人間性の育成を目的としています。一般的には1年単位で実施します。

  実施方法ですが、幾つかの方法が各地で行われております。1つ目は、山村留学センター方式という方法があります。これは、山村留学センターで、専門指導員のもとで子供たちが共同生活を送るものです。専門指導員のもとで、多彩なプログラムが体験できることが特徴です。

  2つ目は、ホームステイ方式、いわゆる里親方式です。これは農山村地域の住民に協力をしてもらい、地元農家で寝泊まりをして生活をするものです。地域の農山村の生活文化を実体験させ、地域住民の一員としての自覚と郷土愛を育むことができると言われています。地域に溶け込みやすい点や、留学終了後もホームステイ先との交流を通して、当該地域との長いつき合いが育まれる点などが長所として挙げられますが、ホームステイ受け入れ先の負担が大きい点が短所として挙げることができます。

  3つ目は、センター・ホームステイ併用方式といって、半分はセンターで指導員と集団生活をし、残り半分は地元のホームステイ先で生活をする方法があります。長野県大町市の八坂・美麻学園では、財団法人育てる会が運営、協力する山村留学がこの形式です。センター方式とホームステイ方式の長所を生かした多彩な経験ができるほか、子供たちにとって自分を生かす選択肢が広がり、伸び伸びした生活を送ることができる一方、費用が高額となる欠点があります。

  4つ目は、山村留学住宅方式です。地元が住宅を用意し、そこに親子が入居する方式です。人口定着を高めたい場合に実施される方式です。しかし、親子で生活するためには、山村留学の趣旨をよく理解し、保護者が協力的であることが求められます。また、保護者の就業場所の確保も大きな課題と考えられます。

  以上、山村留学事業は、過疎化に悩む地域において、学校の閉校に対処する手だてとして、行政と地域が一体となって取り組むとても有意義な事業と言われております。年間数名から10名程度の留学生の受け入れを想定しておりますが、受け入れ体制の整備充実を図るためにも研究を十分に重ねるとともに、町内の学校長を初め、区長、地域の方々の意見を参考にして取り組んでまいりたいと考えます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの質問件名1の(3)、おごせ昆虫と自然の館についてお答え申し上げます。

  梅園保育園跡地を活用し、梅園コミュニティ館内に開設いたしましたおごせ昆虫と自然の館は、おかげさまでオープン1周年を迎えました。先日、2月16日から開催しております「大モルフォチョウ展」は、約1週間後の2月24日までに200人を超える方々にご来館いただきました。幾つかの新聞で取り上げられたこともあり、町外からも大勢の方に来ていただいております。

  通常の場合、展示を見学に来られる方は、1日当たりおおむね20人前後でございますが、来館者の多くは近所の小学生たちです。子供たちは、主に多目的室や交流室で過ごしていますが、輪番で詰めている埼玉昆虫談話会の皆さんに温かく接していただいており、常連の子供たちは、知らず知らずのうちに自然や昆虫に詳しくなっているようです。館内には、その子たちが会員の方々の指導を受けながら、遊びの中で作成した標本なども飾ってある状況です。梅園コミュニティ館、おごせ昆虫と自然の館は、子供たちに児童館的な場と、仮想体験では得られない貴重な体験学習の場となっていると感じております。

  また、大人の方々の中にも、親戚や知人の方を伴ってたびたび来館してくれている方もいらっしゃいます。地元の常連の方々から、サポーター的な方があらわれてくることも願っているところでございます。

  この1年の間に、おごせ昆虫と自然の館は埼玉県内外の昆虫研究者や愛好家に、その存在が徐々に浸透してきているようでございます。ことしの秋には、ここを会場にした学術会議の計画もされているようで、我が町の恵まれた自然環境をアピールしていただくよい機会になりそうです。町の力だけでは、とてもあのような資料を収集、展示したり、専門家に集結いただくことは不可能であると考えます。せっかくのすばらしい施設に、残念ながらいまだに足を運ばれたことのない町民の方もいらっしゃいますので、引き続きさまざまな機会を通じて周知に努めるとともに、学校現場とも連携しながら、特に地元小中学生の見学、利用促進に一層努めてまいりたいと思っています。

  梅園コミュニティ館で一般開放されている多目的室と交流室についても、サークル活動や会議での利用も徐々に増加してきています。梅園地区の社会教育施設、交流拠点としての役割も十分に果たしていけるよう、なお一層周知を図るとともに、館内にアンケート用紙が設置してございますので、町民や来館者の皆様の声をお聞きし、施設運営に役立ててまいりたいと存じます。

  続いて、(5)についてお答え申し上げます。公共施設使用料に関しましては、受益者負担の原則という考え方があるものの、その料金負担が、団体やサークル活動の妨げの一因であることも認識しております。また、生涯学習を推進するためには、団体やサークルでの活動がより活発化し、それらの会に加入する方々がふえるとともに、新たな団体の発足も必要であると思われます。

  このような状況を踏まえ、公民館等の施設利用団体などとして登録されている町民の方々に対する施設使用料を、原則無料とさせていただきます。幸いにして、各施設の条例には、料金を減免できる規定が設けられており、改正手続を経ずに、町長の裁量で原則無料とすることが可能でございますので、早速4月使用分から対応したいと考えます。既に各窓口には、使用料無料化に関する案内文を掲示するとともに、4月以降の施設予約をされた町内の方々には、窓口での説明を行っています。なお、町内全体への周知方法につきましては、4月に詳細に関する説明文書を、各世帯に配布させていただきたいと考えております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) それでは、質問件名2の(1)と(2)について健康福祉課からお答え申し上げます。

  まず、(1)の高齢者、障害者の生活支援の具体策の関係についてでございますが、現在、高齢者福祉の関係では、介護保険制度の中で訪問介護サービスにより、食料品、生活必需品などの買い物は対応が可能であり、ご希望に応じてケアプランに位置づけ、サービス提供をしているところでございます。障害者福祉関係につきましては、障害者自立支援法に基づく居宅介護サービスの中で、家事援助や通院介助を提供しております。そのほかには、地域生活を支援する事業として移動支援事業、生活サポート事業がございます。

  また、各制度で対応できない場合においては、越生町社会福祉協議会の地域支え合いサービス事業により、買い物、通院の介助等をご利用していただいている状況でございます。さらには、外出支援として、高齢者福祉では福祉タクシーの助成と、障害者福祉関係では福祉タクシーの助成や自動車燃料代の助成を行っているところでございます。

  ご質問の具体的な方策ということでございますが、平成25年度当初予算の中でも、社会福祉協議会の地域支え合い事業の充実を図るための予算や、商工会の活動補助も計上させていただいたところでございます。今後、庁内関係課及び商工会、社会福祉協議会などの関係団体等と調整を図りながら、具体的な制度設計の協議を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、(2)の町立保育園の正規職員の配置の関係でございますが、正規職員の保育士については、園児の年齢別による配置基準や保育所設備の基準にのっとり、保育士を配置しております。その正規の保育士を補助するため、非常勤を採用しているところであります。現在の保育士の人数ですが、正規の保育士は9人で、非常勤保育士は6人でございます。園児86人を受け入れ、先ほど申しました配置基準などで正規保育士を配置して、補助として非常勤保育士を配置しております。非常勤の保育士がやめる場合には、今までどおり広報などで募集して採用することになりますが、非常勤の保育士補助につきましては、半年ごとに継続の意向調査を行っておりますので、計画的な体制づくりを図ってまいります。

  また、施設の維持管理につきましては、本年度、保育園の園舎の大規模改修を実施したところでございます。本議会においても、補正予算にて、園児の下足入れの修繕と放送設備の予算を計上させていただいたところでございます。

  今後におきましても、現状の体制を維持する中で、順次必要な箇所を整備し、園児の安心、安全な保育環境と保育士等の職場環境の整備に努め、効率的な運営に努めてまいりたいと存じます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 木村好美議員さんからの質問のうち、質問件名3につきまして、企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、質問要旨(1)のゆうパークの今後についてでございますが、ふれあい健康センターは、町民の交流拡大、健康増進及び福祉の向上を目的に、平成7年4月にオープンした施設であります。平成23年度からは、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社に指定管理をお願いしているところでございますが、その指定管理期間が平成25年度をもって終了になります。施設を引き続き適正かつ効果的に管理運営し、住民サービスの向上と行政コストの縮減を図るとともに、多くの町民の皆様に利用していただけるような事業を展開し、特にお年寄りの方が気軽に利用できる施設にしたいと思っております。そのため、平成26年度からのゆうパークのあり方については、議員さんにもご協議いただいて、その結果を踏まえて運営方針などを策定していきたいと考えております。

  次に、質問要旨(2)でございますが、平成25年度一般会計予算につきましては、公約に掲げました施策を可能な限り反映できるように、一部の見直しを行い、上程させていただいたところでございます。具体的には、まず町長給与等の20%減額と、副町長を置かないことにより、特別職給与費を減額いたしました。また、公民館や体育施設などを利用する町民の登録団体等の使用料を、原則無料としたことにより、歳入の使用料を減額いたしました。

  次に、民生費では、こどもの医療費支給事業につきまして、医療機関での窓口払いをなくすため、審査機関への手数料と業務委託料などを計上いたしました。

  次に、衛生費では、予防接種事業におきまして、こどものインフルエンザ予防接種に対する助成制度を創設するため、その事業に要する経費を計上いたしました。

  次に、教育費では、平成26年度に梅園小学校の空調設備の整備を行うため、設計業務の委託料を計上し、また越生中学校の生徒全員を対象に、自転車事故の賠償責任保険の全額を補助するための予算を計上しております。

  今回編成した平成25年度当初予算につきましては、就任してから日数もなく、予算の内容を熟慮する時間がなかったため、公約の一部しか反映できませんでした。したがいまして、新年度開始以降に改めて政策を再度検討し、予算措置が必要な部分につきましては、補正予算で対応していきたいと考えております。

  次に、質問要旨(3)でございますが、ご質問のように越生駅バリアフリー整備における国庫補助金の採択に関しましては、当時は民主党政権であったことから、五十嵐先生にお骨折りをいただいたものと推察しております。その関係で、木村好美議員さんには、五十嵐先生からご連絡があったものであると思っております。昨年の12月には、自民党政権にかわったため、今後は自民党に関係されている議員さんには、国の政策や補助金のことなどの情報が提供されるのではないかと思われます。

  このように、国や県で活躍されている先生方は、国、県で進めている新たな制度や取り組みに関するたくさんの情報をお持ちでいらっしゃると思います。これらの情報をいち早く伝えていただけることにより、そのことに関する研究や検討ができるということは、新たな政策を築く上で非常に重要であります。また、町の要望を、素早く国や県に伝えていただくこともお願いできると思っています。このようなことから、新井町長の公約どおり、国会議員や県議会議員の先生方とは、常に良好な関係を築いていくことが、町の発展につながるものと考えております。

  また、近隣市町村とのかかわりにつきましては、今後、新たな事務の共同化などを進め、事務効率や経費削減をしていく上でも、連携していく必要があると思っております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 過去の他の自治体の首長選挙で候補者が、「選挙公約なんて、もしできなければできないでいいんだ。ちゃんと、できないと説明すれば、それでいいんだ」と言ったのを、私は陰で聞いていました。しかし、私はできない公約は書くべきでないと思います。町長は、時間のない中、早速町長の思いをぶつけてきました。今議案に町長の思いをぶつけてきました。しかし、是々非々でしっかりと町民の声を届ける議員さんが多かったため、否決されてしまった案件もございます。

  しかし、一方、この町長のマニフェストの中は、本当にすばらしい内容だと思います。それはそれでしっかり実行していただきたいと思います。町長が教育長時代は、よかれ悪かれ有言実行したものも多く、数々私も議論し、対立してまいりました。しかし、本当にこの選挙公約を見る限り、実現したら、町民にとってすごくすばらしいことだと思います。

  そこで、再質問させていただきます。まず、(1)のエアコンの問題です。これは懐かしいなと思ったのが、私がまだ議員になったばかりのころ、8年ぐらい前ですか、この同じ質問したときに、半袖、短パンで子供たちは頑張っているのだから、いいのだというご答弁をいただき、さんざん騒いでまいりました。しかし、今回、これを選挙公約に取り入れていただいて、重要課題という位置づけまでしていただいたことに対しまして、本当に感謝しております。

  1点、そこでお聞きいたしますが、今、ご答弁いただきました梅園小学校の後、越生小学校というお話でございましたが、いつ最終的に完全に設置できるような予定を立てていらっしゃるのかどうかをお聞きいたします。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  越生小学校へのエアコン設置につきましては、梅園小学校の設置が整いましたところで、順次設計する今計画でおります。年度につきましては、予算上の問題もございます。補助金もいただくこととなりますので、その点につきましては長期計画を立てて、今後進めてまいりたいというふうに考えておるところでございます。

  以上とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 長期計画という今お言葉がありましたけれども、これっていつというのが、予算の関係でと。この前の説明でありますと、前町長が決断をなされないから、間に合わなかったというお話もありましたですよね、たしか。これは時期を明確にしていただかないと、多分ことしの夏ももちろん暑くなる。だから、これは重要課題ですので、本当にお金の工面も、今回、時間がなかったからなのかもしれないですし、これから起債を起こすにしても、まだまだこれからのことだと思いますので、今答えるというのはちょっと難しいと思うのですけれども、町長自体がマニフェストに掲げているのは、いつ、何々をというのがもちろんなかったのですけれども、エアコンに関しては目先の夏には暑い夏が来るとわかっていますので、大体でいいので、例えばいつ申請してどうのこうのというの、大体でいいから、こういう計画を立てているというのをもうちょっとわからないでしょうか、お聞きします。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) それでは、木村議員さんのご質問にお答えします。

  梅園小学校におきましては、平成25年度に設計委託料ということで予算計上しました。そういたしますと、26年度には工事に入るということになると思います。実際には、夏休み中に工事をするということになりますので、子供たちがエアコンの環境を享受できるというのは、9月以降になるのではないかというふうに考えております。

  あわせて越生小学校におきましても、工事が終わり次第設計を進めるという予定でおります。先ほど長期と申し上げましたけれども、長期ではなく、中期、短期の形で順次進めていく予定ではございますが、先ほど申し上げましたとおり、あとは予算措置の関係が整えば、推進していくというふうな計画でおります。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) 木村好美議員さんのエアコンについての再質問について、補足の説明をしたいと思います。

  私の頭の中の計画では、梅園小学校に、先ほどもご質問がありました山村留学を始める関係をもって、イメージとしてなるべく早く梅園小学校の環境整備をしたいということで、梅園小学校を先に実施するという考えで、今年度、25年度設計、26年度工事と。越生小学校も同じ、暑いわけですので、できれば26年度設計、27年度工事というような形で、なるべく早期に実現したいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) ぜひエアコンについては、今、町長ご答弁いただきました、本当にそのような形で予算措置のほうをお願いしたいと思います。

  続きまして、(2)の2学期制です。これ、いつまでたっても水かけになってしまうので、これは2学期制の公平、公正なアンケートを、以前とった、50%の皆さんが2学期制より3学期制のほうがいいというふうな回答が出てしまったという結論を、今回アンケートをとったとおっしゃいましたけれども、公平、公正な前回と同じようなアンケートだったのかどうかというのをお聞きいたします。

  それを1点お聞きしまして、私はそれについて、とにかく皆さんがご了解していただいたみたいなご答弁いただきますけれども、先日、子供から、何とか頑張って3学期制に戻してくれという私要望を受けているのです。そういうことも頭に入れて、やはりしっかりと周知、もうなってしまったものはしようがないというのだったらば、きちっと理解していただくという努力をしていただきたい。今、落ちついているから、だからいいのだではなくて、きちっとわかっていない。例えば、受験前に通知票を出していただく。高校説明会のとき、そういうときに通知票を出していただけるとかというのも、いまだにわかっていない人も多いではないですか。ですので、きちっと周知をしていただきたいということをあわせてつけ加えさせていただきますが、先ほどの公正、公平なアンケートだったのかという1点をお伺いいたします。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの質問にお答えさせていただきます。

  木村議員さんのご指摘されましたアンケートにつきましては、質問項目を掲げまして、それについて回答するということで、公正、公平なというような捉え方も一つあるかと思います。今回、学校評価において保護者への自由記述ということで、何か学校への意見等あった中で、こういった2学期制の問題、その他のことを含めて記述していただくようにお願いしたところでございます。その中で、先ほどの答弁となったところでございます。

  それから、進路に関して周知徹底を図るということでございますが、それにつきましては一層保護者の方に誤解のないように、また進路に関して不公平感、問題の起きないように図っていくように努めてまいりたいというふうに思っております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 定期テストが減るのと、そして通知票が夏休み前に出ない、この2点に関しては、いまだに不安に思っている保護者も多いはずです。よって、やはりこれに関しましては、ぜひ2学期制の公平、公正な前回同様アンケートを。学校評価というのは、先生はよくやっていますかみたいな、私のほうにも結果来ましたけれども、先生方が一生懸命やっているとか、授業時数をふやしたことについてどう思いますかとか、本当に雑駁な、2学期制についてのことではなくて、それ以外のことで学校をどう思いますかみたいなことばかりではないですか。そうではなくて、2学期制の疑問に対してしっかりと、今どういうことが起きているかを、これからも続けていくならば、何が問題、例えば定期テストはやっぱり5回あったほうがいいですかという質問があったら、保護者は何と言うと思いますか。だから、そういうことも踏まえて、きちんと保護者の理解を深める努力をしていただきたいということを要望いたします。

  (3)の梅園保育園跡地の昆虫館ですけれども、町民が20人来てどうのこうのと今ご説明いただきましたけれども、喜んで使っている建物なのかと。近所の方に私は、「あれ、何とかしろ」と怒られたのです、ついこの間。ですので、本当にもう一回ちゃんと、近隣の方もそうなのですけれども、町の中で例えば上野の方とか、一番このコミュニティ館の反対側の方がどう思っていらっしゃるのかとか、行ってみたいなと思っているとか、全町挙げて声を聞く。要は行った人だけアンケートを書くとかではなくて、全町に発信して声を拾うべきだと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  前回等のご質問でもお答えをさせていただいているというように記憶しておりますが、施設そのものの活用という点では、PR等についてまだまだ足りないというふうな認識ではございますが、中に併設してございます昆虫館に関しましては、非常に秘めたる力といいますか、ある意味日本の昆虫界の頭脳という方々が、集結をしていただいているというような実情もあるというふうに認識しております。従前から申し上げておりますとおり、子供たちにとっての1つ大きな理科、科学、そっちの分野だけではなくて、さまざまな分野で、いろいろなことに興味を持っていただく足がかりとなるような施設であるというふうな認識もしてございますので、双方においてPRを重ね、町民の方々にも受け入れていただけるような施設にしてまいりたいと思いますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  それと、若干補足というか、施設利用について、たまたま昨日山吹保育園につくっておりますすくすくという、子育て支援センターの出前保育というのをやっていただきました。それなりに、今まで山吹保育園で実施していただいている時点では、比較的毛呂山町の方が多く来られていたような実態があるらしいのですが、たまたま梅園コミュニティ館できのうやっていただきましたところ、梅園方面、越生の方々が結構来ていただいて、楽しめたのだというような声も聞きました。ある意味、担当としてほっとしたようなところもございます。できましたら、そのようなことの活用も図りつつ、できる限り浸透していけるように努力してまいりたいと思いますので、ご理解賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 昆虫館に関しましては、実態を把握してしっかりと町民の声を聞いていただきたいと思います。

  (4)の山村留学なのですけれども、今、4つ何かいろいろとあるとお話をいただきました。それで、これに関しては、私自身もまだ全然見えていないし、一番梅園小学校に合うものというのが本当に何だか、私も勉強不足だったので、やはりこれは町長のお考えも含めて一緒に勉強していきたいと思います。ぜひ、これに関しては常時発信していただきたいと思います。

  (5)の公共施設の町民利用の件なのですけれども、これにおきましては本当に町長がみずから有料にしたのですけれども、それは上がいたからでありまして、今回、決断していただいたということは、本当にありがたいと思います。先日、母の会のほうで反省会をやっていたとき、隣のお部屋で、地域交流センターだったのですけれども、たくさんの皆様たちが来て、マージャンか何かのサークルだと思うのですけれども、やっていました。とても和やかで、そして本当に楽しそうで、多分中では頭を使っていたのではないかと思います。一芸というのかどうかわかりませんけれども、本当に生き生きしておりました。やはり老若男女にかかわらず、活発なまちというのは本当に魅力的だと思います。ぜひこれを表に全面的に周知していただき、一芸、一スポーツ、一ボランティア、これを推進していただきますよう心よりお願いいたします。本当に感謝いたします。

  2の福祉についてということで、確認なのですけれども、生活サポートとか社協でやっていることを、補助金をさらに増額してパワーアップさせるという意味でよろしいのでしょうか。ちょっとそこだけ確認させていただきます。新規事業を取り入れるのではなく、今あるものを、さらに補助金を出すことによって拡大していくという解釈でよろしいでしょうか。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) 木村好美議員さんの再質問にお答えをさせていただきたいと思います。

  最初の答弁の内容が、非常に具体的ではなくてわかりづらかったかと思いますけれども、現在、幾つかの生活支援、高齢者並びに障害者の関係につきまして、公的なサービスの部分と、それから社協さんのやられている制度で対応できないようなところを、何とかサポートしましょうということの事業の展開がなされているわけでございます。健康福祉課サイドといたしましては、既存のフレーム、公的な制度、それから制度で賄えない部分というのがあろうかと思いますので、その辺も踏まえて関係する団体、それから商店さん等も当然巻き込んだお話になろうかと思いますので、商工会さんと協議を進める中で、改めてフレームのほうをつくっていこうという考え方でございます。いずれにいたしましても、既存のフレームを活用する場合もあろうかと思いますので、今後、協議して進めてまいりたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) そういうことで、今ご答弁いただきまして、それも随時いろいろとご説明いただきたいと思います。ちょっとまだ見えてこないので、ぜひ何か見えましたら、教えていただきたいと思います。

  保育園に関しては、非常勤の現況のまま行くということで、私は縮小方向に行くのですかというご質問を受けているのですけれども、どういうようなビジョンを描いていらっしゃるのか。要は新人を採らないということも含めて、例えば平成の時代に合った保育を、今の若い子たちは勉強してくるわけではないですか。そこを採らないで、既存の者というか、すごいご立派な先生方がそろっていますので。ただ、新しい空気を入れることによって、やっぱり縮小ではなくて拡大する部分もあるかなと思ったので、お聞きしたのですけれども、縮小に関してどういうふうに思っていらっしゃいますでしょうか。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) それでは、木村好美議員さんの再質問にお答えをさせていただきたいと思います。

  保育士の関係のご質問でございました。縮小というお言葉がありましたが、こちらのほうの1回目の答弁の中でも、町といたしましては、いずれにしても施設整備も含めて充実をさせていっている現状でございます。それから、職員、保育士の関係につきましては、現状の体制の中でということでお答えをさせていただきましたが、議員さんおっしゃるとおり、新しい職員の方、新しい風を中に入れるということも必要なことかというふうには認識しておりますが、保育士の関係につきましては、当然のことながらさまざまな研修を受けることによって、新たな考え方、それから新たな保育への対応ということにつきましての習得をしているところでございます。

  健康福祉課といたしましては、議員さんおっしゃるとおり、体制の充実というのは今後についても訴えていきたいと思いますが、これは町全体の職員の定数の関係等にも絡んでまいります。その辺も踏まえてご理解を賜ればありがたいと思います。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) そうですよね。あれもこれもというわけにいかないのもわかります。ただ、非常勤さんがやめてしまう、ころころかわってしまうということに対して、やはり何かがあるのではないかと思うのですけれども、そのやめてしまう理由というのを、後でお聞かせいただきたいと思います。ちょっと今時間がないので、それに関しては後で福祉課のほうに行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  次に、ゆうパークなのですけれども、例えばお年寄りの方が気軽に利用できる施設にしたいというお話だったのですけれども、ということは例えばお年寄りの皆様には無料にして入っていただくとか、町の福祉施設ということででき上がった建物ですので、そういうような形で例えばというのも、1つ気軽に利用できる施設にしたいと思っているというようなご答弁入っていますので、そこを1点確認させていただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) お答えさせていただきます。

  お年寄りの方も含めて、もちろん町民の方も含めてですけれども、気軽に利用できるように利用券を配布するですとか、無料の日をつくるですとか、いろいろな方法で考えていきたいと思います。この間申し上げましたとおり、議員さんにもその辺のところをご協議いただきたいと思いますので、よろしくどうぞお願いしたいと思います。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) そもそもゆうパークは町の福祉施設のはずだったので、もう一回原点に戻すべくいろいろと協議していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  それと、医療関係の窓口払いは、今まで過去にできない、できないというご答弁をずっといただいていたのですが、やはり新井町長になりまして、ここの部分に踏み切るというふうに決断していただいたことに関しましては、本当にすばらしいと思います。これに関してもいろいろと大変だと思いますけれども、ぜひ早期実現を願いたいと思います。

  最後に、近隣市町村や国、県との太いパイプというお話でしたが、私なんかにしてみれば、やはり越生町自体がメリットになることをすごく望んでおります。本当に住みやすいまち、町長は元教育長でしたので、学校のハード面に関しましては、すごい進んでいると思います。本当に感謝しております。そこだけでなく、お年寄りの切り捨て、高齢者の切り捨て、先日もありましたけれども、やはりそういう福祉に対しての切り捨て、後退というのは、絶対あってはならないと思います。ですので、諦めるべきところは諦めなければいけないかもしれませんけれども、ぜひ福祉の後退、そして教育の充実については、今後ともよろしくお願いいたします。強く要望いたします。

  以上です。ありがとうございました。



○議長(新井康之君) これで木村好美君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 浅 野 訓 正 君



○議長(新井康之君) 11番、浅野訓正君。

          〔11番 浅野訓正君登壇〕



◆11番(浅野訓正君) 11番、浅野訓正です。きょうは、皆さん、たくさんの傍聴の方、まことにありがとうございます。

  議長のお許しをいただきましたので、議会報告のための録音をさせていただきます。

  早速、質問に入ります。私の質問は2点です。1番目の質問、職員の採用について。先般、行われました町長選挙におきましても論議されましたが、町の職員をどのように採用されていくのかの質問でございます。「広報おごせ」によりますと、越生町においては平成22年度退職者等10名、新規採用3名、平成23年度退職者等5名、新規採用は1名とのことでしたが、平成24年度退職者7名に対して新規採用の予定者は9人決定したと聞いております。町民サービスの向上、町を担う若者の採用は不可欠であります。そこで、お尋ねします。

  (1)、職員の採用のスケジュールと基準はどのようになっているのですか。

  (2)、本年の採用者は、越生町民が一人もいないと聞いておりますが、応募者の人数は、また採用の最終決定はどのような方法で決定したのですか。

  (3)、それで、災害時における対応は十分なのですか。

  (4)、新町長において、人件費削減に向けての抱負をお尋ねします。

  2番目の質問、地域の特色を生かした地域活性化を。町が発展するか衰退するかは、その町の産業は何であるかにかかっています。そこで、お尋ねします。

  (1)、産業に乏しい越生町として、町はどのように考えていますか。

  (2)、観光について、今後どのように考えていますか。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、浅野議員さんの質問件名1について、総務課よりお答え申し上げます。

  まず、質問の要旨(1)でございますが、職員採用の長期的なスケジュールにつきましては、職員の定員管理適正化計画などを基準といたしまして、その年の定年退職者や事業の増減などを勘案し、不足する人員の補充数を見きわめ、新採用人数を決定しております。特に、平成24年度末には定年退職者が7名と多く、また不幸にも病気で亡くなった職員が1名おりましたので、現状の不足数も含め、当初は9名の新規採用を予定しておりましたが、先日1名辞退者が出ましたので、8名となりました。今年度は地元の方を含め、より多くの応募者の中から公務員としての適格性、将来性のある職員を採用したいとの考えから、県の町村会が実施する統一試験ではなく、町単独の試験を実施いたしました。そのため、スケジュール的には、例年より1カ月ほど遅くなっております。

  今年度の受験案内におきましては、一般事務職員、土木技師及び保健師、それぞれ若干名を募集し、募集期間を8月8日から8月22日までの15日間とし、第1次試験は平成24年10月14日に実施いたしました。第1次試験では、一般事務職員は、択一式の教養試験と論文試験を行い、土木技師、保健師につきましては、択一式の教養試験と専門試験を行いました。さらに、今年度から受験者全員に択一式の職場適応性検査を実施いたしました。2次試験につきましては、第1次試験の成績順などから35名を選考して、このうち辞退者を除く29名につきまして、面接試験を平成24年11月25日、26日の2日間で実施いたしました。この面接試験の結果、平成25年4月の新採用は、前述いたしましたとおり8名を予定しております。

  また、採用の基準ということでございますが、詳細な基準は申し上げられませんが、第1次試験については、職場適応性検査の結果や試験成績を考慮して選考しております。第2次試験の面接につきましては、越生町の職員としての適格性、将来性などを総合的に判断して、公正、公平な採用決定としておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、質問要旨(2)についてお答え申し上げます。今年度の職員採用試験の応募者数は、一般事務職員が163名、土木技師が2名、保健師が6名、合計171名でございます。このうち、越生町居住者は8名でございます。また、第1次試験の受験者数は、一般事務職員が114名、土木技師が2名、保健師が3名、合計で119名でございます。このうち、越生町居住については、8名全員の方が受験されております。

  次に、採用の最終決定でございますが、詳細は申し上げられませんが、前述いたしましたとおり面接試験を重要視するなど、越生町の職員として、より適格である方を公正、公平に決定しておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  続いて、質問の要旨(3)についてお答え申し上げます。災害時における職員の対応は越生町地域防災計画に定められており、一昨年の東日本大震災を踏まえ、先月20日に越生町防災会議を開催し、その改定を実施いたしました。今回の改定では、職員の配備体制についても見直しを行い、災害発生時における参集人員の増員を図っております。配備体制は、震度4の場合の待機体制から、震度が増すごとに初動体制、緊急体制となり、震度6弱以上の場合の非常体制まで4段階となっております。

  今回、この参集基準を引き上げることにより、震度5弱の初動体制では、参集対象者を従前の課局長から主幹以上の職員に、震度5強の緊急体制では、主幹以上の職員から主席主査以上の職員とすることで、参集対象となる職員を増員しております。また、震度6弱以上の地震が発生した場合には、全職員が非常参集し、災害対策本部のもと災害対応対策を実施することとなっております。

  なお、勤務時間中の災害発生につきましては、その災害規模に応じて通常業務を一時的に中断し災害対策に当たり、台風などの風水害のおそれがある場合については、事前の気象情報に基づき、総務課やまちづくり整備課などによる配備体制の準備を行い、従来どおり迅速な災害応急対策を図ってまいりたいと考えております。

  次に、質問の要旨(4)についてお答え申し上げます。人件費の削減につきましては、選挙公約でもお示ししておりますが、「まず隗より始めよ」の言葉どおり、町長の給料及び賞与の20%削減を4月から実施いたします。また、副町長を置かないことによりまして、かかる人件費の削減を実施いたします。そのほか、シルバー人材の活用や業務委託の推進、ボランティアの活用などによりまして、できる限り人件費の削減に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 浅野議員さんの質問件名2の(1)につきまして、企画財政課からお答え申し上げます。

  越生町は古くから木工業と建具生産が盛んで、その技術力は県内でもトップクラスであります。また、農業としては、梅やユズなどを栽培する生産者も多く、これらに付加価値をつけて製品を製造販売している農家や、梅やユズなどを利用した料理を提供する飲食店や、和菓子を販売する商店もあります。このような地場産業の活性化を図っていくためには、それらの製品や商品を越生ブランドとしてさらにPRしていくとともに、全国に販路拡大していく必要があります。また、新たな越生ブランドを創出し、地域の特色を生かした産業の活性化を図っていく必要があると思っています。

  そのためには、豊富な観光資源を生かしたイベントや花祭り、ハイキング大会の開催など、一年を通して多くの人が訪れる活気に満ちた観光事業を展開し、産業と観光が一体となったまちづくりを進め、地域産業の活性化を図ってまいりたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から、質問件名2の(2)についてお答え申し上げます。

  本町の観光資源は、第1に豊かな緑と自然環境、歴史的遺産、文化財、越生まつりや獅子舞など、伝統的行事が豊富なところでございます。また、観光名所の越生梅林、黒山三滝、五大尊つつじ公園なども観光資源であります。近年は、気軽にハイキングが楽しめることや、健康づくり志向の助長もあり、首都近郊から訪れる方がふえております。また、特産品である梅、ユズも健康志向が高まり、観光資源として重視しております。

  今まで、主にハイキングコースや季節の花などを紹介する観光PRや、お土産品の紹介をさせていただいておりましたが、今後は史跡、文化財などを新たにコースに含め、文化志向のルートづくりや人との出会い、つながりを楽しんでいただけるよう、「ハイキングのまち」宣言や、また地元の特産品を堪能することもできるエコツーリズム構想もあわせて進めてまいりたいと考えております。

  エコツーリズムを進めるに当たり、町民の方々には、今まで以上に来訪者に対しておもてなしをお願いすることになるかと存じますが、郷土の誇りとふるさとのPR、越生町ならではの歴史や伝統のPRを増進することにより、地域活性化が図れるよう、関係各課等と連携して工夫してまいります。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) この際、暫時休憩します。

                                      (午前11時50分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時30分)

                                              



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) それでは、休憩の後に続きまして質問させていただきます。

  1番目の1と2においては、内容的に続いておりますので、両方含めてお願いいたします。大量退職のときほど、人件費の節約が最大のチャンスであると思っておりましたが、この答弁の中で職員の定員管理適正化計画ということを基準に置いて、不足する人数を補充したということでございますが、その中で9名予定して8名ということでございますが、この答弁の中に、今年度は地元の方を含め、より多くの応募者の中から公務員として適格性、将来性のある職員を採用したいとの考え方から、町村会の実施とは別に町単独の試験を実施したということですが、町単独の試験ということはどのようなことをしたのかお示しください。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、浅野訓正議員さんの再質問についてお答え申し上げます。

  今年度につきましては、まず地元の方にもできるだけ越生町役場を受けてほしいということから、従来ですと町村会で統一した試験日がございますが、そちらをあえてずらしました。その結果、先ほどご答弁申し上げましたとおり、過去にない171名というような方が応募されて、結果的に119名の方が受験をされたということでございます。残念ながら、地元の方がうち8名というようなことで、先ほどご答弁申し上げたとおりでございます。そのようなことから、町村会の統一試験をずらしたということでご理解を賜りたいと存じます。

  町村会の統一試験ですと、一般的に教養試験、その後論文試験になります。専門職については、教養試験の後専門試験となりますが、今回、越生町につきましては、こちらにつきましてもご答弁は申し上げましたが、職場適性検査というのを単独で行いました。こちらにつきましては、公務員の適性、適格性、将来性があるかというような内容のものでございますので、そういった独自の適性検査のほうも取り入れたということでご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 職場適応性検査を実施したということですけれども、越生町の職員採用において、この周辺、今回越生の人が入っていないという中で、どこの人というか、日本中全国というか、どういう人たちを基準に試験の実施をしたのか、場所的なものとかの答えをいただきたいと思います。地域的なこと。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、お答え申し上げます。

  まず、1点、新採用の応募方法でございますが、当然「広報おごせ」とホームページのほうにはアップをさせていただきました。そのほか、県内で統一で市町村職員採用の説明会、こちらにつきましてはさいたまアリーナで行っておりまして、県内のほとんどの市、町と、一部事務組合も6組合参加して説明会を行いました。したがいまして、県内近県の方でもかなり、越生町に179名ということで大量の応募があったということは、それらの結果になろうかと思います。

  それと、地元優先というのは、確かにご指摘のことは十分理解できるところでございますが、4月以降の新採用職員の現在の住まいにつきましては、加須市、東松山市、川越市、入間市、さいたま市、所沢市、坂戸市というような状況となっております。今回、残念ながら越生町あるいは近隣の隣接した町からの採用はございませんでしたが、4月の採用予定者につきましては、今申し上げたような状況でございます。

  よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 越生町の中から8名の方が受験されたということですけれども、最終的なところまで越生町の人は行かなかった原因ということは、どういう部分からあったのでしょうか。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) 越生町で8名の方が受験されたということでご答弁を申し上げました。そのうち1名の方が2次試験、面接のほうに進むことになっておったのですが、その段階で一応辞退という状況がございました。

  それと、落ちた原因につきましては、議員さんのご近所でも越生町を受けた方がいらっしゃるかと思いますので、どういったことで落ちたかということの答弁については、差し控えさせていただきたいと存じますが、一般的なお見込みのとおりということでご理解を賜りたいと存じます。

  よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 今の答弁でわかったようなわからない部分もありますけれども、残念ながら越生町では採用していただけなかったという、辞退したということですので、無理だったわけでございます。いろいろ職員の採用の中で、今の1の最後に、新町長に人件費削減ということの抱負をいただきたいということを書いておきましたのですけれども、近隣としても本当になかなか埼玉県広いので、今、交通の便が便利だといいながらも、かなり遠くから来るということは、交通事情、また通勤手当等、少なくとも地元、この近隣であれば、燃料費であるとかそういう部分において、いわゆる人件費的な費用は少ないと思うのですけれども、かなり遠くになりますと、そういう費用もかかることが当然あるわけですけれども、採用の中に人物本位であったのだか、または人物本位以上に、その人の能力というものを思って採用されたのかどうかということにおいて、人件費の問題においてはどう思ったのかお聞きいたします。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) 再質問についてお答えを申し上げます。

  先ほど申し上げましたとおり、一番遠い方ですと加須市。2月28日に新採用予定職員の説明会を開きました。特に加須から通うという方につきましては、1時間半かかるということですので、当然新任先につきましては、残業等がある場合もあるから、できるだけ越生町内あるいは近隣に引っ越してほしいというようなお話をさせていただきました。このことにつきましては、強制はできませんが、そういった申し入れをさせていただいたところでございます。

  採用に当たりましては、8人の中で最終学歴といいますか、一般的に公務員採用試験につきましては、余り今は学歴は重視しないということで、面接の際にも余りどこの大学出たとか、どこの高校出たというのは、現在タブー視されているところでございますが、履歴書を見ればある程度わかりますので、あえてその辺は面接ではお聞きしておりませんが、結果的に四大卒が5名、専門学校卒が1名、高卒が2名といったような状況でございます。特に年齢的には22歳から29歳まで、ある程度幅広く採用させていただくわけでございますが、その中には学校を卒業されて社会人を経験された方もおりますので、即戦力的なことで採用させていただいたということでございますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) ただいま採用していただいた内容をお聞きしましたけれども、越生町に住んでいない方においても、いろんな文化交流的によその地区、よそのまちの状況をわかるということも、この町の行政においては大きなことだと思います。また、今後において、今年越生の人が8人応募があって、1人その中で辞退されたということでございますけれども、今回9名という人員の募集、採用がありましたのですけれども、来年以降の見通しということがありましたら、お答えいただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、再質問にお答え申し上げます。

  ご答弁の中で、職員の定員管理適正化計画に基づいてというようなことで、採用人数枠を決めているということでご説明をさせていただきましたが、現在、越生町の役場の職員の中で産休が4名おります。それと、長期で体調を壊している職員が2名ということで、6名欠けている状況でございますので、1つのグループ以上の職員がこういった状況で、現在、職場のほうには出てこれないということもございます。

  定員管理適正化計画につきましては、一般的に純減、これは定年退職される職員、その純減に基づいて、では新規採用を何人にするかというような、そういった計画となっております。あくまでも今申し上げましたとおり、産休ですとか体調を崩したり、けがで長期に休む職員につきましては、その辺は見込めませんので、ある程度ベースの部分ということでご理解をいただきたいのですが、来年度以降につきましては、新町長のほうのご意向にもありますように、シルバー事業団ですとか、そういった役場の職員再任用、再雇用というようなことにつきましても、検討を進めてまいりたいと存じます。一応現状ですと、そういった職員が長期で休んでいる者もおりますので、一般事務職員あるいは土木職員、保健師につきましては、若干名採用することになろうかと思います。詳細な人数につきましては、今申し上げたとおり明確にできませんので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 今後においても、町の活性化、また町の行政において、多くの職員の採用があると思いますけれども、先ほどからありました公正、公平な採用において、越生町に優秀な人材が発掘できますように期待しております。

  次に、3番目の1の3の件でございますが、災害時における対応はということですけれども、先ほどの答弁いただきました中で、それに準じたことをしてきているということでございますので、3番目はこれでよろしいのではないかと思います。

  次に、4番目の新町長の人件費削減についてでございますが、先週、議会が始まりました中で盛んに議論されました、副町長を置く、置かないという議論の中で、新しい町長の気構えと、その中でしっかり町を運営していくということは理解できましたので、この中において、町長の近くにおいて、いろんなことの町長との連携を図っていく立場であります総務課長において、副町長を置かない中で人件費削減という町長の考えの中で、職員を代表して、その心構えをお聞かせ願います。

          〔「代表でいいですか」と呼ぶ者あり〕



◆11番(浅野訓正君) 町長の話……



○議長(新井康之君) 立って発言してください。



◆11番(浅野訓正君) 済みません。今、町長からの言葉をいただかなくても理解したつもりだったのですけれども、せっかくの機会ですから、新井町長の考えをいただいて、その後総務課長の気構えをお聞かせいただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) 浅野議員の再質問にお答えいたします。

  総務課長に問うよりは、総務課長に私のほうからいろいろ無理を言うことが多いので、総務課長をいじめると言うと言葉が適当でありませんけれども、弁護する意味も含めまして、私のほうから補足をさせていただきたいと思いますが、採用につきましては、やはり越生町の役場という特性を考えたときに、全員が町の出身の者である必要はもちろんありません。現在も、町の全員が町民であるわけではありませんので。ただ、今回の場合には9名が9名全員町外、圏外であるという、これはやはり私も非常に異常さを感じました。

  その採用の方法が、先ほど来総務課長がお答えしておりますけれども、統一テストではやらなかったということです。統一テストというのは、例えば毛呂とか坂戸とか、この辺の近辺のものが一斉にやるわけです。ですから、毛呂と越生をかけ持ちで受けることはできないのです。今回の場合には単独でやりましたから、さいたま市を受けた者、毛呂を受けた者、全部越生町に応募できたわけです。ですから、そういうところを落ちた者もいるだろうし、越生を最初から狙っていたかどうかわからないけれども、非常に広いところから集められますから、教員採用試験でも、今、東京都とか埼玉県、栃木県、茨城県、関東近県は同一日にやるのです。同一日にやらないと、あっちかけ持ち、こっちかけ持ちしますから、結局合格されても、やめてしまう者はいますから、今回の場合も合格されて、やめた人が2人いるわけです。最初の9名から1名やめて、補欠を1名入れて、また1名やめたという形で、ですからいつまで定着するかわからない部分も若干あるわけです。優秀ですから、ほかのところを受ければ、受かる能力を持っているわけですので。ですから、他市町村から優秀な人材を採ったとしても、ずっと越生に定着するかどうかわかりません。そういうおそれもあります。2年、3年たってやっと使えるようになったら、別なところに行かれてしまうということも考えなければなりません。

  ですから、私は採用のやり方としては、まず統一テストに参加していきたいと、単独でなく。単独でやると、非常に費用もかかるのです。ですから、統一テストの中でやれば、費用も何分の幾つかで済みますし、他の市町村とかけ持ちではなく、越生町で働きたいという、そういう強い希望を持った者が越生町に志願してきますので、当然、越生町の子供たちも入れるところが出てくるだろうと思いますし、採用がやはり1次テストというのは教養テストと論文と適性検査ですから、そういうものの訓練をしてきた者、非常にペーパーテストに強い者が、当然成績が上のほうに行きます。ですから、点数というのは非常に冷たいものですから、順番もぴしっとつきますので、なかなかそういった中で、点数が低くても、この子は越生だから上げておこうとか、そういうものは非常に難しいものがあるだろうと思いますけれども、ともかく今回のような試験方法ではなく私はやっていきたいと。全てが越生町の子供、志望者を合格させるということはありませんけれども、やはり地元の人材というものも入れるような試験をやっていきたいというふうに思います。

  副町長を置かないということにつきましては、先ほど申しましたように総務課長に非常にウエートがかかってきまして、大変申しわけなく思っておりますけれども、2週間以上過ぎましたけれども、非常によくやっていただいておりまして、副町長がいない不便さというのは全く感じておりません。副町長以上のといいますか、カバーして仕事をしていただいておりますので、大変ありがたいと思います。今後とも総務課長、一生懸命やってくれると思いますので、総務課長なしでもやっていけるというふうな自信を強めております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 副町長なし。総務課長なしと言いました。

          〔「済みません。ちょっと時間なくなりますので、総務課長、失礼

            します」と呼ぶ者あり〕



◎町長(新井雄啓君) 総務課長なしと言ったみたいですけれども、副町長なしということでやっていく自信がございますので、よろしくお願いいたします。済みません。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) どうもありがとうございました。

  ちょっと時間が競ってきましたので、2番目に参りたいと思いますけれども、2番目の1番においては、この言葉どおり、越生町にはなかなか産業が少ないという中で、先ほど答弁いただきましたことにおいて、私たち越生で絹の産業を進めてまいりましたけれども、それが地場産業として残念であったけれども、消滅してしまいました。新たな事業としては、なかなか越生町はないと思いますので、先ほど答弁いただきましたことを十分町として応援していただきたいと思います。

  次に、2番の2について、観光について質問させていただきます。観光の条件は、近くて便利で魅力のあるものがあるということがベストであると思います。昨年12月にカインズホームの入り口に越生町の観光案内板が設置されたこと、越生にもいよいよエレベーターの設置ができること、観光地の条件は少しずつ整えられてまいりました。さらに、池袋から越生まで直通便、例えば黒山号、鎌北号など、毛呂山町と連携して観光客の誘致に向けた活動をしていただきたいと思います。そのことにおいて、観光課のほうはどうお考えでしょうか。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、浅野議員さんの再質問にお答えいたします。

  先ほど議員さんのほうからもお話がありましたように、近くて魅力があって便利な、そういう観光地というのが理想ではないかというようなことでございますけれども、越生町を見ますと、ほかの市、町がうらやむような観光資源が豊富だというふうに認識しております。今、幸い梅まつりが開催されておりまして、週末は非常ににぎやかになっております。また、この後桜あるいはツツジというような形で、年間通じて花のあるまち、そういったことと、あと首都圏から近いという、池袋から65分で来るわけですから、そういった利便性のよさ。そういったいろんな中にあって最もいいのは、自然が非常に豊かということでございます。観光資源は豊富でありますけれども、自然、これが残っているのが最大の武器ではないかというふうに認識をしております。

  それと同時に、今言われているのが健康志向ということが言われております。昨日も梅サミットがございましたけれども、その中でやはり首都圏からの観光客を誘致するには、健康というのがキャッチフレーズになるというようなお話をしている市長さんもいらっしゃいました。私もそのように感じたわけでございますけれども、こういった健康志向の中で、越生の自然豊かなものを武器として、ハイキング、こういったものに結びつけることが、観光行政のこれからのさらなる飛躍につながるのではないかというふうに感じております。

  そこから、また健康という観点から言いますと、梅だとかユズ、こういった特産品、これも非常に健康志向の中で、梅は、これもやはりサミットの中でのお話でございましたけれども、疲労回復ばかりでなく、骨粗しょう症にも非常に有効だということが言われているようでございます。そういった中で梅あるいはユズ、こういった特産品の加工、こういったものをお土産等にすることによって、広く農業なども活性化していくのではないかというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) これで浅野訓正君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 水 澤   努 君



○議長(新井康之君) 1番、水澤努君。

          〔1番 水澤 努君登壇〕



◆1番(水澤努君) 1番、水澤努。一般質問させていただきます。

  質問件名は4件あります。大きく1つ目が、越生駅東口開設について町長にお聞きしたいということです。町全体での人口減少に反して、駅東地域の人口は増加傾向にあります。しかも、越生東と上野東の民有地に住宅が建設されている割合が、それぞれまだ65%と40%しかないというのを、前回の一般質問でお聞きしました。つまり人口流入を受け入れるキャパシティーが、この地域にはまだまだ大きく存在するということです。つまり越生町における人口減少問題、これは税収減少問題とイコールなわけですけれども、それへの対策は、この人口増大地域への人口流入加速政策というのが、最も効果的であるというふうに思います。流れに逆らうよりも、流れにさおを差すということが、やはりやりやすいと思います。これを実現する一番重要な施策として、一番というか極めて重要な施策として、駅東口の開設が私は重要だと考えております。そこで、以下3つの質問をさせていただきます。

  (1)、東口開設に必要な予算規模は、またその財源はいかにして捻出するのか。その展望はあるのでしょうか。これが1点目です。

  (2)、これが東口周辺住民への利便拡大にとどまらずに、越生町全般の発展にとって寄与するものであると町長は主張しておりますが、その根拠はいかなるものでしょうか。

  (3)、これを絵に描いた餅に終わらせないためにも、大まかな建設プランと着工時期の目標をお聞きしたいと思います。

  質問、大きな2つ目です。35人学級の展望について、これもまた町長に聞きたいということなのですけれども、文部科学省は本年1月に、公立小中学校の全学年に35人学級を導入する計画、これは民主党政権が計画したのですけれども、この断念を決定しました。これに対して新井新町長は、国の方針変更にもかかわらず、越生町で独自に35人学級を実現していくことを明言しています。私は、とてもすばらしい決断だと思います。そこで、以下3点をお聞きします。

  (1)、そこで、35人学級実現の意義についてお伺いします。

  (2)、政府は全面的な35人学級実現を断念しましたが、町独自で実施するということについては問題は生じないのでしょうか。

  (3)、実施のために人事等の補強が必要だと思いますが、具体的にはどのような体制をとるのでありましょうか。

  次、大きな3点目です。山村留学制度について、これもまた町長にお伺いしたいと思います。

  (1)が、山村留学制度のイメージとプランについて、できるだけ具体的に示していただきたいと思います。

  (2)、これまでさまざまな地域で実施例がありますが、そこから教訓化される問題点や留意点についてお伺いします。また、越生町のモデルケースとなるような例があるならば、これも伺いたいと思います。

  次、大きな4点目です。ハイキングコースの充実のプランについて、やはりこれも町長にお伺いしたいと思います。

  (1)ですけれども、「ハイキングのまち」宣言はぜひとも行うべきだと思いますが、これは宣言にとどまってはならないと思います。ハイキングのまち実現のための具体的な施策があるのでしたら、教えてください。

  (2)、またハイキングコース充実のプランはあるのでしょうか。あるのならば、お聞きしたいと思います。

  以上です。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 水澤議員さんからの質問のうち、質問件名1につきまして、企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、質問要旨(1)でございますが、越生駅東口の開設に必要な予算規模につきましては、東日本旅客鉄道株式会社と東武鉄道株式会社が改札や駅舎をどのように整備するかにより、大きく変動するものであります。このため、今後、鉄道事業者へ要望を繰り返していく中で、鉄道事業者の整備計画が進んでくれば、町の事業費が見えてくるものと思っております。ご承知のとおり、町の財政状況は、決して潤沢とは言えない状況にありますので、整備費用の財源につきましては、県補助金の活用や起債、一般財源などで対応していきたいと考えております。

  次に、(2)でございますが、越生駅東口を開設することは、駅東側の商業系地域に商店などが進出しやすくなると思っています。越生駅の東側ロータリー付近は、現在でも空き地が点在していますので、ここに駅前の発展に寄与する施設ができることが期待できます。また、越生駅へのアクセスを考えますと、越生東地内と如意、西和田、大谷地域にお住まいの方々を初め、多くの方の利便性が向上し、活力ある越生を築けるものであると考えております。

  次に、(3)、建設プランと着工の時期につきましてお答え申し上げます。建設プランにつきましては、鉄道事業者への要望活動や話し合いを重ねていくことにより、鉄道事業者間で協議が進み、駅舎や改札をどのように整備していくのかが決まっていく中で、町の建設プランが見えてくるものと思っています。このため、少しでも早く東口の開設が実現できるように、今月末にはJR東日本高崎支社に出向き、町長が高崎支社長と話し合うことになっております。このように、東口の推進に当たりましては、町長公約の重要施策と位置づけて、早期に実現できるよう努力していきますので、ご理解賜りますようお願いいたします。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 水澤議員さんの質問件名2についてお答え申し上げます。

  初めに、質問要旨(1)、35人学級実現の意義につきましては、担任が児童生徒一人一人に目が行き届いた落ちついた学習環境を確立するためには、1学級35人以下の児童生徒が望ましいと考えられております。文部科学省もきめ細かく質の高い教育を実現させるためには、教員が子供と正面から向き合うことができるよう、少人数学級のさらなる推進と個別の教育課題に対応した継続的な教職員定数の改善を提唱しております。

  35人以下学級の意義は、知識基盤社会の到来や、グローバル化の進展を受けて改訂された新学習指導要領による新たな教育の実現を図るものです。確かな学力、豊かな心、健やかな体の知・徳・体をバランスよく育てていくには、学力の重要な3要素の育成が必須です。1つ目は、基礎的な知識、技能をしっかりと身につけさせること。2つ目は、知識、技能を活用し、みずから考え判断し、表現する力を育むこと。3つ目は、学習に取り組む意欲を養っていくことです。これら学校教育の基礎となるところを確実に身につけさせることを最重要課題と捉え、教育行政を推進しております。

  次に、(2)、政府は全面的な35人学級実現を断念しましたが、町独自で実施に問題はないのかにつきましては、学級編制が平成24年度から県の認可制から届け出制となり、学校長の学校経営方針に沿って実態に即した形で行うことが可能となりました。したがって、届け出した学級において、県による定数配置内の教員が担任をすることが可能であれば、その範囲内で町独自に35人以下学級の編制を行うことに問題は生じません。

  次に、(3)の実現のために人事等の補強が必要だと思うが、具体的にどのような体制をとるかにつきましては、平成25年度は町費で教育活動を補助する非常勤職員を8名採用する予定でおります。フルタイム勤務の講師として、2名を越生小学校と越生中学校に配置し、そのほかに短時間雇用の学習支援員を各校に2名ずつ配置する予定をしております。この人員配置によって、きめ細かな指導を行う際には、チームティーチングや学級を分割した少人数指導が可能となるだけでなく、学校運営上でも人的余裕が生じ、教師が児童生徒と向き合う時間の確保や、より細かな生徒指導が可能となります。落ちついた学習環境づくりに大きく寄与することとなります。

  続いて、質問件名3についてお答え申し上げます。質問要旨(1)、山村留学制度のイメージとプランにつきましては、梅園小学校の児童減少に対応するためにも、同学区の地域を中心とした活動を想定しております。特定の施設を宿泊施設として利用し、集団で生活するセンター方式やホームステイ方式、さらにこれらを併用した方式や、住宅を借り上げて親子で入居する方式が考えられます。実施規模としては、年間数名の児童の受け入れを想定しておりますが、将来的には10名程度の受け入れが可能となるように、施設及び体制の整備を図ってまいりたいと考えております。平成25年度は、現在実施しているケースを詳細に調査、分析し、翌26年度には実施要領を定めて募集を開始する予定です。今後は、本町の実態に即した形で実施できるように、学校長を初め、区長や地域の方々の意見をいただきながら取り組んでまいります。

  次に、(2)の実施した例から教訓化される問題や留意点につきましては、山村留学における課題を挙げると、山村留学する意思が子供本人になく、親の主導によって行った場合は、現地生活になじめず、留学の継続が困難になる場合があるようです。また、素行に問題がある児童生徒や情緒が不安定な子供を手放したい保護者が、転地療法の感覚で子供を山村留学へ送り出した場合は、受け入れ先で混乱が生じ、山村留学の事業本体が困難となるケースもあるようです。さらに、子供は親元から離れることで、ホームシックや、異文化の生活を強いられストレスを感じ、孤立するケースもあるようです。県内で山村留学を実施しているところは、現在ございません。山村留学制度の実施に際しては、現在取り組んでいる団体及び地方自治体からさまざまな情報を収集し、さらに研究を進めて慎重に対応していく必要があると考えられます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から、質問件名4についてお答え申し上げます。

  初めに、(1)ですが、先ほどの浅野議員さんの答弁と重複いたしますが、越生町は四季折々の自然が豊かで、また都心から身近な距離にあることから、一年を通じて多くのハイカーに訪れていただいております。これに拍車をかけるべく「ハイキングのまち」宣言を行い、今まで以上に越生町をアピールし、誘客と健康づくりを助成していけるよう考えております。

  具体的な施策につきましては、関係各課と連携し、これから検討してまいりたいと存じますが、計画基盤ではエコツーリズムやハイキングコースの見直し、ガイドマップの充実などが考えられます。また、指導標やルートコースの整備など、基盤整備も今まで以上に必要であると考えております。今後、実現に向けた政策会議等を実施し、検討してまいります。

  次に、(2)でございますが、こちらにつきましても、「ハイキングのまち」宣言の政策とあわせ、文化財や史跡をめぐる越生町の特色を生かしたプランコースの構築や、既存のハイキングコースのさらなる充実など、関係各課と連携し計画してまいります。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 再質問させていただきます。

  まず、1件目、1の(1)になりますけれども、かなり予算がかかるということで、その辺の算段というのが最大のネックということだと思うのですけれども、実際東口の開設というのは長年、長年といいますか、何十年にわたって言われ続けていて、実際上実現してこなかったわけで、突然この間、東口の開設という話が出たわけではないと思うのです。そういう中で、何でずっと言われてきて実現してこなかった。その理由というのは、予算が調達できない、それだけの理由なのでしょうか、お聞きしたいと思います。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 水澤議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  越生線複線化期成同盟会で東口の開設につきましては、随分前から要望は行ってまいりました。ただ、東口を開設するに当たりましては、改札をつくらないと、ただで乗れてしまうというようなことがありまして、そのために鉄道事業者がお金も随分かかりますので、ずっとちゅうちょしてきたといいますか、まだちょっとできないということでずるずる来てしまったわけでございます。ただ、ここへ来まして、25年度で越生駅のバリアフリー整備を行います。これにはエレベーターがついて、ホームにおりられるというふうなことができるようになるわけでございます。その関係で、これから東口に幾らかでも対応できるような整備にするわけでございますが、ただ先ほど申し上げたとおり、改札ですとか駅舎をどういうふうにするか、どのような位置でどういうふうにするかというのが、鉄道事業者が考えて設置するわけでございます。越生駅はJRと東武鉄道と2つ駅が入っているということで、そちらの協議も当然必要になってくるわけでございます。したがって、普通の駅よりも、ちょっとまた手間がといいますか、時間がかかる、協議が必要だということですので、そういったことでおくれてきてしまっております。

  先ほどの例えば学校のエアコンの設置とかという話であれば、町が何とか確保できれば、町がやることですから、確保さえすればできるわけなのですけれども、駅の場合には、町がお金あってやるよといっても、できない。鉄道事業者のほうでいろいろ決めてからでないとできないので、それでずるずるおくれてきてしまっているということでございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) バリアフリー化によって、この東口の開設がやりやすい条件が出てきたというふうに解釈してよろしいのでしょうか、まずそれをお聞きします。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 今回のバリアフリー整備の関係で、実施に向けては、前よりは明るい兆しが見えてきたことは間違いございません。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) このバリアフリー化と連動しながら、勢いでやってしまうというふうに考えるのでしたら、バリアフリー化の設計があると思うのですけれども、東口の開設を射程に入れて、設計も含めて合理的な設計というのを考えていかないと、バリアフリー化にやったことと東口を開くことで二度手間になって、逆に困難になるということも、具体的にどういう形で困難になるかよくわからないですけれども、考えられると思う。少なくとも年度的にやっていく上での、合理的な整合性といったものを考えて対応していく必要があるのではないかと思いますけれども、その辺のところはいかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 今回のバリアフリー整備につきましては、駅東口が開設できるような形の位置とかにはしておりますので、東口の開設はもちろん可能でありますので、今後とも早期に実現できるよう要望してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 財源として国の補助金も触れていましたけれども、この補助金が出る根拠は、相当希望的な根拠というのはあるのでしょうか。あるいはまたこの補助金というのが、絶対必要条件になるのでしょうか、それともなくてもやるというところまで考えているのでしょうか、お聞かせください。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 東口開設に当たっては、1つは健常者といいますか、階段でおりるような形になろうかと思います。もう一つ、やはりエレベーターでおりられる通路をつくりませんと、高齢者の方々が不便になってしまうというふうなこともあろうかと思います。そちらのエレベーターをつくるほう、エレベーター本体とエレベーターの通路のほうは、県の補助金でみんなに親しまれる駅づくり事業補助金というのがあります。そちらを活用できると、県に問い合わせたら、そういうふうに言われました。ただ、もう1個のほうの通路までが対象になるかどうか、また細かく問い合わせしなければわからないのですけれども、そちらはできるというふうなことでございます。そのほかにも、この事業を活用すれば、ふるさと創造資金の貸付金のほうも借りられるということに、大丈夫だということですので、そちらも利用して、残りは公共施設整備基金を取り崩すですとか、一般財源もちょっと充てるしかないかなというふうに思っております。

  あと、補助金をどうしても充てるか充てないかということは、単独でももちろん大丈夫なのです。ただ、町とすれば、できる限りの補助金は利用したほうが、もちろん財源が確保できるということですので、何らかの利用はしていきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 単独でもやり切るということが聞けてよかったと思います。私がここまでこだわるのは、やはり東口周辺に住んでいるからということではないのですけれども、そう思っている人が多いと思うのですけれども、実は前も人口問題で触れましたけれども、藻谷浩介さんという人が、最近人口問題、全国で問題になっているので、テレビもしょっちゅう出ていますけれども、人口の波という言葉を使っています。これはある意味津波と同じで、津波でしたら、海岸線だけで警戒すればいいですけれども、人口の波はどれだけ内陸にいようと、逆に内陸にいればいるほど、これは大変なことになるわけです。これへの備えということで、例えば津波でしたら、どれだけ予算を使っても、防潮堤を立てたりあるいは高台に避難できる拠点をつくったり、その辺は行うわけです。これは本当に町の存続にとっての非常に大切なことに当たるわけです。

  人口の波も、これも同じだと思うのです。今世紀中に中程度の予測で、日本の人口は5,000万を切ります。もっと低い予測にしますと、3分の1にまで減ると言われています。つまり、明治維新のころと同じぐらいになってしまうわけです。人口密度ももちろんそれで減ってしまうけれども、ただし東京一極集中は終わりません。ですから、同じ人口密度を、さらに地方では分散しながら確保するというような状態になっていくわけです。そういう中で、どれだけ本当に町に拠点が、特に駅を中枢にした拠点を確保できるのか。人口確保の拠点ですけども、これをできるかどうなのかというのが、町の延命をかけた本当の大事業だと思います。

  そういう中で、この間、長年にわたって実現されてこなかった東口開設を、新新井町長は本当に公約の第一に掲げてやると言っています。私は、断固としてやり抜いていただきたいというふうに考えております。その点、これは質問ではないのですけれども、やる気のほどを新井新町長のほうからお伺いできたらと思うのですけれども、よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) 水澤議員の再質問にお答えいたします。

  私は選挙戦を戦う中で、第一に越生駅東口の開設というふうなことを訴えてまいりました。駅は、そのまちの顔であるというふうなことも申し上げてまいりました。今の状態から何とか脱却して、水澤議員が言われるように東口の活性化、これが越生町の発展につながっていくだろうと。

  また、あわせて選挙を戦う中で、唐沢のほうも行きましたら、唐沢の駅のほうも将来的には何とかしなければならないだろうと。唐沢の駅のほうもホームを移動することによって、ロータリーが違うところにできておりますので、ホームを移動することによって、また唐沢駅が改造する必要も出てくるのかなと。それによって、上野東の地区の、先ほど利用率40%という話がございましたけれども、非常に空き地が多いわけでございますので、唐沢駅についてはバリアフリーは必要でありませんので、バリアフリーは必要でないと言うとちょっと言葉が悪いのですが、エレベーターは必要でありませんので、すぐホームに直結しておりますので、越生駅東口よりはお金がかからないのかなと。ただ、鉄道事業者がやっていただけるかどうかという問題になるだろうと思いますが、いずれにしても両駅を整備していきたいという強い気持ちは持っております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 強い決意を発言していただいてありがとうございます。ぜひ本当に実現して、越生町に名を残す町長になっていただきたいと思います。

  次に行きます。大きな2ですけれども、これは35人学級の意義とか、実際に私も塾業界で生きてきたり、あるいは今でもボランティアで教えたりしているわけですけれども、この意義というのは、少人数で教えることの意義ということは、本当にひしひしと感じています。特に、今、子供の多様化が進んでいまして、昔はもっといっぱいでやったではないかというような常識は、通用しなくなっているのが現在です。だから、それはぜひ実現していっていただきたいというか、される方向で具体的に進んでいるということで、本当にすばらしいことだというふうに思います。それも実際上、学校独自の推進が現在では可能になったということがわかりました。

  私としては、町のブランド化ということを考えた場合、町の商品生産のブランド化ということもあるわけですけれども、隠岐の島がありますね。隠岐の島、鎌倉幕府に盾突いた後鳥羽上皇が流された島ですけれども、そこの海士町というところがあるのです。この町は2,300人ちょっとしか人口がいません。しかしながら、すごいまちおこしのために、全国でもまちおこしを考える人にとっては知らない人はいないような、本当に有名な町になっています。そこで、島まるごと教育ブランド化事業というのを行っています。事業目的というのをちょっと抜粋しますと、「本事業は、自ら産業を作り上げることのできる地域起業家的人材を育成する教育プログラムの開発、教育に関心の高い子育て世代や地方で仕事を創りたいUターン、Iターン者・若者の定住増と、島の産業創出を担う人材育成の環境づくりを目指すことにより、海士町の「人づくり島」としてのブランドを高め、将来的には定住促進と持続的なまちづくりとにつなげることを目的とする」となっています。このような教育のブランド化ということについても、ぜひ町は進めていただきたいと思いますが、そうした考えについてお聞かせください。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) その次の山村留学のところにも若干絡まってくるかと……

          〔「時間がないので」と呼ぶ者あり〕



◎町長(新井雄啓君) 思いますけれども、今、特に35人学級につきましては、中学校の新3年生と、それから小学校新5年生、それから小学校の新3年生が、この35人以下の学級によって、3学級、恩恵を直接受けます。ブランド化ということについては、山村留学とも絡んでくるのですけれども、山村留学のやり方にセンター方式という方式がございますが、今、水面下ではありますけれども、ニューサンピアの取締役といろんな折衝をしているわけでございます。私、個人的な折衝でございますけれども、ニューサンピアが、設立の母体が自由の森学園なのです。やはり、非常に教育に対して興味を持っております。ですから、もしホームステイ方式でうまくいかないときには、ニューサンピアのほうで老人の宿泊施設が100部屋ございますので、それを活用しての方法もいいではないかと。

  それから、ブランド化ということについては、英語特区か何かをとって、梅園小学校で英語の特区の学校をつくったらどうだろうかとか、これはあくまでも水面下の話です。ですから、そうなれば、完全に教育のブランド化ということになりますし、宮?博士がノーベル賞でもとってもらえば、ノーベル賞が生まれた小学校ということで、全国的にまたPRする機会もあるだろうと思いますし、梅園小学校を何とか残していくためには、そういうブランド化というふうなものも必要なことかなと考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 2時32分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時50分)

                                              



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 質問します。

  3番目の山村留学制度に関連してなのですけれども、先ほど大分お話しされたので、ちょっとダブることがあるかもしれませんけれども、まず山村留学制度ということ自体が、名前も含めて知らない人がほとんどだと思うのですけれども、これをどのような形で町民あるいは町外の方に対して周知していくのか、宣伝していくのか、この辺についてお考えをお聞かせください。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 水澤議員さんの再質問にお答えしたいと思います。

  周知の方法でございますが、今月中に実は山村留学協会へ出向きまして、担当と面談する予定でおります。ほかのところで事業を実施しているところなどのお話を聞きますと、かなり町ぐるみ、地域ぐるみ、いろんな戦略を持って展開しているというのを聞いております。同協会の担当の方にもお話を伺った中では、山村留学に関するノウハウを非常に持っておりまして、例えばコンサルティングをして、導入する地域の地域住民への理解、それから市場調査、その他もろもろの経営的な面も調査をした上で、事業展開を図っていくというふうに聞いております。

  私どもも、これから1年間かけて調査、研究を進めてまいりますけれども、その協会からノウハウをいただきながら、例えば協会に加盟することによって、興味のある方はそこのホームページ等から情報を収集する、また本町からも情報を発信する、そういった多面的な方法で情報発信をして事業を周知していくというのが、外部的な方法として1つ考えております。とにもかくにも、先ほど答弁の中で申し上げたとおり、地域の方々に十分な理解をしていただく中で展開をしていかなければなりませんので、その点につきましては、先ほどの答弁と重複しますけれども、今までやってきた地域の活動を踏まえて、これから展開をしていきたいというふうに考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 地域の方といいますと、区長会とかを通じてとかということでしょうか。その点質問させてください。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 水澤議員さんの質問にお答えします。

  区長会を初め、そのほかに地域の中での民生委員さんもいらっしゃいますし、さまざまな団体の方々の力をいただきながら図っていきたいというふうに考えております。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 留学を受け入れるためには、町外の人たちが来るしかないわけですけれども、これは宣伝ということになりますけれども、この宣伝につきましては、どんな形を今考えているのでしょうか。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) 再質問にお答えさせていただきます。

  宣伝につきましては、先ほどの答弁の中でも触れましたが、ノウハウをいただきながら進めていきたいと思います。具体的にこれから、今、どういう方法でやるというのは、こちらのほうでなかなか申し上げられないところがございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 宣伝はいろんな形があるとは思うのですけれども、少なくともネット、ウエブ、つまりホームページの活用等は非常に大切になってくるのではないかと思うのです。まちおこしで成功しているところなどは、かなり充実したホームページを作成しているのですけれども、ちょっと話がずれるかもしれないのですけれども、越生町はホームページの作成については、越生町の外に発信していく上での大きなある意味最大のツールだと思うのですけれども、どんなふうな形でやっているのでしょうか、お聞かせください。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 今、ホームページでさまざまな行政情報を掲載しておりますけれども、一般的には各課でつくっていただいて、それをうちのほうで取りまとめまして、この場所のこういうところへ張りつけて、それでリンクを張ろうとかということで見やすくは工夫はしているのですけれども、今回、山村留学制度につきましても、見出しにある程度わかるような形で募集ということでかけて全国に発信して、少しでも子供たちが来ていただけるような、そんないいホームページをつくりたいと思いますので、よろしくどうぞお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 山村留学とか考えるご父母さんというのは、大体ネットとかそういうのをかなり活用しているような、そういうタイプの人が割と多いのではないかというふうに考えるのですけれども、そういうメディアを活用するというか、それを現状で役場でつくっていると思うのですけれども、例えば国政選挙でも、ある意味あれは電通と博報堂の戦いだと言われているように、宣伝の戦いなのです。実際上、広告代理店の力がかなり影響するということがあると思うのですけれども、もちろん電通とか博報堂に頼めるほどお金はないと思うのですけれども、そうした外注でウエブを専門につくってもらうというような形で、発信していくということの考えはないのでしょうか。かなりユニークな形で事業をやるので、それに見合った形での割とユニークな目につきやすいようなページがあったら、費用対効果でオーケーならば、ぜひやっていただきたいなというような気もあるのです。もちろん、今のページが悪いというのではないのです。ただし、かなりこれはユニークな形での売り出しになると思うので、それに見合った形での広告戦略というのも必要ではないかというふうには思いますけれども、いかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 教育長職務代理者兼学務課長。

          〔教育長職務代理者兼学務課長 安田孝之君登壇〕



◎教育長職務代理者兼学務課長(安田孝之君) それでは、水澤議員さんの質問にお答えさせていただきます。

  先ほど水澤議員さんもおっしゃったとおり、私自身も今回の山村留学の関係でいろいろ調べる中で一番活用したのは、やっぱりウエブサイトでした。さまざまな情報をとる中で一番感じたのは、山村留学協会というのが、ほとんど全国の山村留学の活動を取りまとめて、そこをリンクを張って、いろんな各地の事業を紹介しているという状況だったのです。確かにそういった意味では、まずウエブサイトの活用というのは、有効な手段だなというふうには感じております。

  それと、その中で各自治体が窓口になってその事業を展開しているわけですが、大体それが教育委員会だったりしているところなのです。そういったところのホームページを見る限りでは、各自治体の余り特色のない普通の内容というか、紹介されてもよくわからないところなのです。際立っているところは、先ほどの答弁の中で紹介させていただきました大町市の八坂・美麻の山村留学の学園なんかは、やはり独自の学園のホームページが紹介されているわけです。そうすると、その学園の中でどんな事業を展開して、どういうような子供たちが生活しているか。そのときの募集時期はいつからで、どういうふうな手続をとって入れますというふうな紹介になっているのです。効果的な募集等を考えますと、やはりそういう経営母体というか、そういった一つの組織、例えばですが、NPO法人とかをつくって、そういう経営母体をつくって行政が支援する形で事業展開をしていくことで、ホームページを含めた宣伝とか、そういうのも充実するのではないかというふうに感じているところです。

  そういったノウハウにつきましては、先ほどもお答えの中で盛り込ませていただきましたけれども、財団法人の山村留学協会とか育てる会とかありますので、そちらのほうでノウハウをいただきながら具体化していくように考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 今、ちょうど学校の話が出ましたけれども、先ほど紹介した隠岐の島の海士町ですけれども、ここも人口減少で高校が廃校の危機にあるのです。これは県立高校なのですけれども、今の梅園小学校と似ていると思うのですけれども、そうした中で島留学制度というのをとって、広告の業界に対してもうまいぐあいに働きかけて、かなり効果的な宣伝をやっているところなのです。ここでも高校独自のホームページを、県立高校ですけれども、持っていて、留学制度がすぐヒットするような形でつくられています。

  いずれにせよ、そういう成功例、目立たないところというのは、恐らく成功もしていないのではないかと思うのですけれども、やはり成功例を本当に学んで、特に広告戦略というのは、非常にその場合宣伝が重要になると思いますので、その辺のところを、費用対効果もありますけれども、鑑みて、予算もとれるのでしたら、ぜひ外注も含めて考えていただけたらなというふうに要望したいと思います。

  続いて、ハイキングコースに関してですけれども、「ハイキングのまち」宣言というのは、ぜひ行っていくべきだというふうに私も思います。ハイキングにつきまして、観光の発展ということがもちろんあります。ますます今、若い人たちが車に乗らなくなってしまっているわけですから、近場でハイキングするというような、山ガールとかいうのも出てきましたし、昔でしたらハイキングというと中高年という感じでしたけれども、最近若い層も含めて出てきています。

  それでですけれども、ハイキングのまちというのを、私としては観光産業だけではなくして、まち丸ごとハイキングコースですから、そこに住民を呼んでいく。住んで、やっぱりすぐ目の前のハイキングコース、簡単なところから難しいところまでいろいろあると思うのですけれども、歩けるというのは、非常に町の宣伝になると思います。その意味で言ったら、タイムイズマネーという言葉がありましたけれども、今はヘルスイズマネーといいますか、健康は金だという時代になってきていますから、ぜひハイキングのまちというのを観光戦略だけで考えるのではなくして、町への住民の居住、移住の促進ということとの兼ね合わせの上でもぜひ考えの上で、ハイキングのまちづくりというのを考えていただきたいと思いますけれども、その辺のところはいかがでしょうか、お考えをお聞かせください。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答えいたします。

  まず、越生町のハイキングの状況でございますけれども、近年の健康志向ということで、大勢の方が越生町のほうに訪れております。ここ数年、越生町が主催で行っているハイキングというのが、1月4日の七福神めぐりを初め、4月29日には花の里おごせウォーキング大会、それと10月の中旬に武蔵おごせハイキング大会という、この3つを観光サイドでは主に行っております。

  その中で、先ほども議員さんのほうからお話がありましたように、かつてこれらの参加する方は非常に中高年の方が多かったということですが、ここ数年、本当に山ガールというのですか、スカートみたいなやつを履いて参加するような若い方もお見えになっているというのが現実でございます。そういった中で、居住の促進という、要は越生町に人を呼び込むというか、そこに住んでもらうというような政策までは、観光サイドではなかなか思いつきませんけれども、少なくとも越生町を知ってもらうという意味で、どんどんこの越生町に来るような方策というのは考えていきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) というのも、さっき出しました隠岐の島の海士町、これは隠岐の島の中の中ノ島というところの町なのですけれども、人口が2,300ちょっとなのですけれども、この10年間で330人移住しているそうなのです。7人に1人は、この10年間に移住してきた人たちで成り立っていまして、若い人たちが大分多いのです。観光と移住促進ということは切り離して考えるのではなくて、やはり今は、老後になっても健康的に送れるような場所を探して家を見つけるような人もふえています。もちろん、それはエコロジーというのはブームであるし、自然がすばらしいというのもあるのですけれども、とにかく医療費が、今後個人的な負担がふえてくるというのは目に見えているわけです。だから、越生町というのは、その意味で言えば、医療の場所もすぐ近くにありますし、埼玉医大がありますし、一方で自然そのものが健康器具なわけです。だから、そういうような観点でぜひ町の宣伝をしていただいて、居住者をふやしていってもらいたい。

  そうした人たちは、エコロジーを単に自分の余暇の場所として考える、あるいは健康づくりの場所として考えるだけではなくて、若い人たちの中には、それでビジネスを始めようと思っている人たちもかなりいるわけです。隠岐の島の海士町なんかでも、ビジネスを考えてやってきている人も大分います。そうした人たちがハイキングコースなんかを利用して、いろいろビジネスなんかも考えてくる可能性もあると思いますので、今後の「ハイキングのまち」宣言の中で、そうしたことをも含めて展望に入れたところで、ぜひ各課のセクショナリズムといいますか、各課の自分は関係ないということではなくて、もっと総体的な町そのものの発展と存続、持続的なまちづくりということを考えた上で、新しい町長のもとで一致協力して、ぜひいい越生町をつくっていただきたいと思います。

  そういうことで、私の発言を終わります。最後は要望です。



○議長(新井康之君) これで水澤努君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 吉 澤 哲 夫 君



○議長(新井康之君) 6番、吉澤哲夫君。

          〔6番 吉澤哲夫君登壇〕



◆6番(吉澤哲夫君) それでは、議会番号6番、吉澤哲夫です。質問をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

  質問件名1、町長の町民に約束したものの中から、次の内容を質問します。(1)、町民の声を尊重し、政策に反映させるため、町政活性化推進室を設営しますとしていますが、具体的にどのような組織にするのか、またその活動はどのようなものか伺います。

  (2)、高齢者の生活支援のため、買い物や通院などの救済を推進しますとしていますが、どのような内容となるのか伺います。

  よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、吉澤議員さんの質問件名1の(1)についてお答えいたします。

  新井町長の公約に掲げております町政活性化推進室の関係でございますが、まず設置する場所は、庁舎2階の副町長室が余裕スペースとなりますので、この場所を利用するように考えております。

  次に、組織づくりについてでございますが、新たな課(室)を設置するのではなく、例えば議員の皆様、区長の皆様、各種団体の皆様や、特に町民の皆様が日ごろ町政に対するご提案などがございましたら、気軽にお越しいただけるような、いわゆる町行政と町民の皆様などとの接点としてのオープンスペースを設けてまいりたいと考えております。

  また、活動内容につきましては、そのご提案の内容にもよりますが、必要に応じて担当課長などを同席させ、可能なものはすぐに実行してまいりたいと考えております。なお、ご提案の内容等によりましては、担当課長の同席が必要となりますので、あらかじめご予約をいただくなど、それらの詳細につきましては至急詰めて、4月の開設を目指してまいりたいと考えております。

  いずれにいたしましても、新井町長の公約である「町政は町民意見の尊重の越生へ」や「町民の声を尊重した行財政改革を」進めていくためには、まずは原点に立ち返り、町民の皆様などの声を政策に反映できるような体制づくりを早急に整えてまいりますので、議員の皆様におかれましても、ご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) それでは、吉澤議員さんのご質問のうち、質問件名1、質問の要旨(2)について、健康福祉課からお答えいたします。

  高齢者の生活支援の関係につきましては、木村好美議員さんの一般質問でもご答弁申し上げましたが、現在、高齢者福祉の関係では、介護保険制度の中で訪問介護サービスにより、食料品、生活必需品などの買い物は対応が可能であり、ご希望に応じてケアプランに位置づけてサービス提供しているところでございます。また、各制度で対応できない場合におきましては、越生町社会福祉協議会の地域支え合いサービス事業により、買い物、通院の介助等をご利用していただいている状況でございます。さらには、外出支援として、高齢者福祉関係では福祉タクシーの助成と、障害者福祉関係では福祉タクシーの助成、燃料代の助成なども行っているところでございます。

  ご質問の具体的な方策ということでございますが、平成25年度当初予算の中でも社会福祉協議会の地域支え合い事業の充実を図るための予算、商工会の活動補助も計上させていただいたところでございます。今後、庁内関係課及び商工会、社会福祉協議会などの関係団体等と調整を図りながら、具体的な制度設計の協議を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと存じます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) それでは、(1)について再質問をさせていただきます。

  これの対応の流れ、どう役場が引き取って、どうしていって、どういう結論を導くのか、この流れについて概要があれば伺いたいと思いますが、よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) 吉澤議員さんの再質問についてお答えを申し上げます。

  詳細につきましては、現在、詰めておるところでございますが、場所についてはもとの副町長室におきまして、何か特に町民の皆様、例えば越生まつりや越生梅林、こういうふうにしたらもっとお客さんが来るのではないかとか、黒山三滝もこういうふうにしたら、余りお金がかからないで整備ができるのではないかとか、そういった建設的な意見がございましたら、ぜひお聞きして、予算がかかるものについては少々時間がかかりますが、かからないものについては、早急に実行してまいりたいというふうに考えております。

  今、考えておりますのが、まずそういったご提案を受け付ける体制としては自治振興担当、こちらは広聴も担当しておりますので、そちらのほうを窓口にしたい。具体的には総務課の自治振興担当になります。その後、町全体あるいは関係課と調整が必要であれば、企画財政課のほうに入っていただいて調整をとっていただくというふうなことになろうかと思います。その提案内容につきましては、ご答弁申し上げたとおり、担当者や担当課長が同席が必要であれば、あらかじめ日時等をご予約をいただきまして対応してまいりたいと思っております。いずれにいたしましても、貴重なご提案になろうかと思いますので、役場も慎重に対応させていただきまして、失礼のないようにさせていただきたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) この答弁の中に、4月の開設を目指してまいりたいとあります。今のお答えの中にも、予算が伴うものでない限りは、すぐに実行してまいりたいという話もありました。もし、予算が伴うものであれば、次の議会に補正予算を組んでまでやるつもりもあるかどうかというところをお尋ねします。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、再質問についてお答え申し上げます。

  当然、予算がかからないものにつきましては、すぐに実行してまいりたいと考えております。なお、予算が伴うものにつきましては、その提案内容によりまして、今回は政権がかわりましたので、6月補正の対応も可能でございますので、そういったことで考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。大変申しわけございませんが、なかなか新井町長と詰める時間がまだございませんので、今後、早急に4月のオープンをめどに詰めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) 町の町民から提案に応じて、採用か却下ということになるかと思うのですが、このような採用または却下について、報告をその者に、提案者に対して行うものかどうかお尋ねをします。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 新井雄啓君登壇〕



◎町長(新井雄啓君) 吉澤議員さんの再質問にお答えしたいと思いますけれども、まだ細かい詰めはしていないことは事実でありますけれども、今、企画のほうに、どういう形で活性化推進室を運営していくか。それから、それには、やはりこういうものをつくる場合、普通は人を充てるのです。室長というのを充てて運営していくわけですけれども、これだけの少ない人数の中で、新たにそういう課に匹敵するようなものをつくるということはどうかなというふうな、人件費の問題もございますので、その辺は何とかそういう形でなく、推進室というともかく部屋をつくって、そして必要に応じて町の活性化について意見のある人の意見を聞く場として、ともかく場としての室というふうなものをとりあえず考えたわけでございます。

  これから、具体的には、私もいろんな活性化についてのイメージを持っておりますけれども、やはりトップダウンで物事をやることについては、先日もややお叱りを受けましたので、なるべく多くの人の意見を聞きながら推進していきたいというふうに考えております。今、企画のほうにお願いしているのは、仮称でありますけれども、活力ある越生のまちづくり推進委員会というふうなものを、余り大人数でなく、公募の人員も含めて10人ぐらいで、活力ある越生のまちづくり推進委員会というような名称のものをつくって、規約をつくって、時々会を持って、費用弁償等は出さないで、ボランティアでやってくれるような人を選んで、私に対する進言をしていただく、あるいは私の意見を聞いていただくと、そういう形で町政活性化推進室を活用していきたいというふうなことを考えております。

  ですから、提案に対してイエスかノーかというふうなことは、私は選挙を通して町民に訴えてきたのは、町民の声というふうなものをどういう形で吸い上げるかということが、まちの活性化につながっていくのだと。それには、まず直接聞くことももちろん一番大切なことですけれども、町民の代表として議員さんがいるのだと。議員さんは日常活動の中で、絶えず町民の声を拾っているわけですから、議員さんから直接町長に進言してもらうことも非常に大切なことであろうと。それから、各地区の代表者として区長さんがいらっしゃるわけですから、そういう区長さんが町長に対して直接進言する、そういうことが、やはりまちの活性化に町民の意見を反映していくということでは、極めて大切なことであろうということで訴えてまいりましたので、そういう基本的な姿勢を持ちながら、なおかつ先ほど申し上げました、活力ある越生のまちづくり推進委員会というふうなものを核といたしまして運営していきたいと。イエスかノーかとか、それはできることはできるし、できないことは一生懸命やってもできないわけでございますので、できるだけノーというふうなことがないようにやっていきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) この町政活性化推進室はどのようなもので、どういう対応をしていくのか、町民に対しての広報はどのようにされるのか、改めて伺います。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) 吉澤議員さんの再質問についてお答えを申し上げます。

  この後、詳細については詰めてまいりますが、ある程度町民の皆様にお知らせができる状況になりましたら、「広報おごせ」やホームページ等にアップしてまいりたいと考えております。いずれにいたしましても、ご提案に対してスムーズな対応がとれるようにしてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。以上でございます。

  大変失礼いたしました。現在の状況になろうかと思いますが、4月号の「広報おごせ」のほうに載せさせていただく予定で考えております。したがいまして、余り細かい部分については、まだお知らせができないかもしれませんが、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) 続きまして、(2)について再質問をさせていただきます。

  木村議員の質問やそれに対する答弁もありましたが、質問も重なるかと思いますが、お尋ねいたします。私としては、山間地や町内の希望する人に安心してもらえるよう、全戸数に希望される内容の聞き取り調査などを行う気持ちはありませんか、まず1つ目です。

  よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) それでは、吉澤議員さんの再質問にお答えをさせていただきたいと思います。

  全戸に対してアンケート調査ということのご質問だったかと思いますが、先ほどの木村議員さんの一般質問の中でも若干お話はさせていただきましたが、これから既存の各制度、それから社協さんの持っている制度、各フレームがあると思いますけれども、そのような中で、実際どのような形で実施していくのがよろしいのか。また、町内の商店の皆さん、商工会の皆さんになろうかと思いますけれども、そういった方々のご意見も伺いながら、ある程度の青写真を描いていきたいというふうに思っております。そのような協議の中で、ニーズ的なもの、町民の方のご意見云々ということでお聞きできるような機会というのも必要になれば、そういった機会をつくらせていただきたいというふうに思っております。現時点では、全戸に対して一斉にアンケート調査をとるという考えは持っておりませんので、これから制度設計していく中で、十分協議して進めてまいりたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) ありがとうございました。

  次に、また再質問なのですが、現在、協力いただいている、行っている会社さん、郵便局さん、生活用品等の販売会社さん等がありましたら、伺いたいと思います。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) 吉澤議員さんの再質問にお答えをさせていただきたいと思います。

  ただいまご質問があった内容につきましては、生活支援の中で言うと、見守り的なところのお話かなというふうに私は捉えたのですが、その関係についてお話しさせていただきますと、町のほうでは議員さんおっしゃるとおり、配達の業務、検針業務等を行っている業者さんに見守りのネットワークということで、何かあった場合については、日常の生活の中で何かあった、具体的に言うと新聞がたまっているとか、それから何か通常の今まできれいにされていたおうちが、最近は非常にごみがたまってなかなか手入れがされていないとか、ささいなことでも結構ですからということで、何かあれば町の地域包括支援センターのほうにご連絡していただいて、職員のほうが訪問とかさせていただく中で、必要な支援を行っている制度を持っている次第でございます。

  実績的なところは、今、手元にはございませんが、いずれにいたしましても年度内には何件かの通報がございまして、地域包括支援センターの職員が直接訪問等をさせていただく中で、支援が必要な場合については、調整させていただいてご利用をしていただいているという状況がございます。一般的に生活支援云々というと、福祉的なサイドから言いますと、非常に幅広い話になります。今回のご質問の中でも、見守りに関しても、その中の一つかなというふうには思っておる次第でございますが、今回ご質問いただいた内容につきましては、買い物とか、それから通院等のということのお話の中での生活支援ということの制度設計を、これから詰めていきたい。

  いずれにいたしましても、福祉に関しては、確かに生活支援全般で言いますと、さまざまな部分があるかと思います。福祉サイドといたしましては、領域が広い中ではございますが、さまざまな検討を重ねて住民の方に安心、安全な生活ができるようにということで進めてまいりたいと思っておりますので、ご理解賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) ありがとうございました。ぜひこれから進む一層の高齢化に、町として財政的には大変だろうと思いますが、老人が安心して住めるよう、また体の弱い人に対してもよき町政であると感じられるような内容で町政をやっていただきたいと思います。町長の町民との約束に、町民が期待を寄せているところでございます。まちの活性化が図れるよう、そしてこれから一層高齢化が進むまちにあって、町民が安心して住むことのできるようなまちとなるよう要望し、以上で質問を終わります。

  ありがとうございました。



○議長(新井康之君) これで吉澤哲夫君の一般質問を終わります。

                                              



△延会の宣告



○議長(新井康之君) お諮りします。

  本日の会議はこれで延会にしたいと思います。ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、本日はこれで延会することに決定しました。

  本日はこれで延会いたします。

                                      (午後 3時38分)