議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成22年  1月臨時会(第1回) 01月21日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成22年  1月臨時会(第1回) − 01月21日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成22年  1月臨時会(第1回)





           平成22年第1回(1月)越生町議会臨時会
議 事 日 程 (第1号)

                          平成22年1月21日(木)午後1時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
日程第 3 諸般の報告
日程第 4 議案第1号 平成21年度越生町一般会計補正予算(第4号)
日程第 5 議案第2号 財産の取得について

出席議員(10名)
     1番   吉  澤  哲  夫  君      2番   横  田  宗  一  君
     3番   新  井  康  之  君      5番   木  村  好  美  君
     6番   春  日  順  助  君      8番   鈴  木  春  雄  君
     9番   神  邊  光  治  君     10番   吉  田  光  夫  君
    11番   田  島  孝  文  君     12番   長  島  祥 二 郎  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   田  島  公  子  君   副 町 長   加  藤     繁  君

  総 務 課長   上     則  夫  君   企 画 財政   吉  田     博  君
                          課   長

  教 育 長   新  井  雄  啓  君   教育課長兼   町  田  貞  雄  君
                          公 民 館長

  教 育 課   青  柳     高  君
  専 門 監
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   山  下  孝  男      書   記   大  澤  展  男
  書   記   成  野     清



                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(長島祥二郎君) ただいまの出席議員数は10人です。定足数に達していますので、平成22年第1回越生町議会臨時会を開会いたします。

  これから本日の会議を開きます。

                                      (午後 1時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(長島祥二郎君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第1号のとおりです。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(長島祥二郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において

     8番  鈴 木 春 雄 君

     9番  神 邊 光 治 君

    10番  吉 田 光 夫 君

 を指名いたします。

                                              



△会期の決定



○議長(長島祥二郎君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

  お諮りします。本臨時会の会期は本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、会期は本日1日間と決定いたしました。

                                              



△諸般の報告



○議長(長島祥二郎君) 日程第3、諸般の報告を行います。

  まず、本臨時会に説明員として出席通知のあった者の職氏名の一覧表をお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、町長から議案2件の提出がありました。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△議案第1号 平成21年度越生町一般会計補正予算(第4号)



○議長(長島祥二郎君) 日程第4、議案第1号 平成21年度越生町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第1号 平成21年度越生町一般会計補正予算(第4号)について提案理由のご説明を申し上げます。

  今回の補正は、既定の予算に2億3,721万円を増額し、総額41億3,240万円とするものでございます。

  それでは、予算書の5ページ、歳入歳出予算事項別明細書の2歳入からご説明を申し上げます。

  今回の補正に係る財源といたしまして、国庫支出金、国庫補助金、教育費国庫補助金、小学校費補助金及び中学校費補助金の公立学校施設整備費補助金1億1,515万円は、公立学校施設について、児童生徒などが一日の大半を過ごす活動の場であり、施設の整備を促進し、教育の円滑な実施を図るため、越生小学校に太陽光発電を設置し、越生中学校に武道場の建設及び太陽光発電を設置するための補助金でございます。

  地域活性化・公共投資臨時交付金1億1,400万円は、地方公共団体が国の施策と歩調を合わせ、地域における公共投資を円滑に実施するための交付金で、国庫補助事業の地方負担分に対し、90%を交付するものでございます。

  繰入金、基金繰入金、財政調整基金繰入金806万円は、補正の財源として財政調整基金から繰り入れるものでございます。

  続きまして、6、7ページの歳出につきましては、農林水産業費、林業費、林業振興費の美しい森林づくり基盤整備事業に1,000万円を、土木費、道路橋梁費、道路維持費、町道附帯施設維持管理事業の橋梁詳細点検調査委託業務に100万円を地域活性化・公共投資臨時交付金を充当し、一般財源と組み替えるものでございます。

  教育費、教育総務費、事務局費のスクール・ニューディール事業2億3,721万円は、越生中学校の技術科室の設計委託料、越生中学校武道場建設工事及び越生小学校太陽光発電設置工事の工事監理委託料、工事費は越生中学校の武道場建設工事、太陽光発電設置工事及び越生小学校太陽光発電設置工事を行うためのものを計上しております。

  以上、ご説明を申し上げまして、一般会計補正予算の提案説明といたします。

  慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(長島祥二郎君) これから質疑を行います。

  9番、神邊光治君。

          〔9番 神邊光治君登壇〕



◆9番(神邊光治君) 質問者もいないので、改めて説明を求めたいと思います。

  この予算全体について細かい事業の内容をどうするか。林業振興費、道路維持費等について、当初の一般会計での予算の予定がどうだったか、その執行状況を含めて、いわゆる組み替えを行って財源を充てるということですから、進捗状況等も含めてどんな事業だったか、改めて報告していただきたいと思います。

  それから、町長のほうからずらずらっと説明があって、すぱっとこう理解ができないスクール・ニューディール事業、太陽光と武道場の建設、さらに詳しくちょっと説明をしていただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 吉田 博君登壇〕



◎企画財政課長(吉田博君) それでは、ご説明申し上げます。

  ただ、組み替えの関係ですが、林業振興費、それからその下の道路維持費ですけれども、これは9月補正で、まだこの地域活性化・公共投資臨時交付金、そのものがまだそのときはわからなかったのですけれども、補正のほうでは上げてございまして、ここで事業のほうが拾い出しをしまして、確認のほうに今報告を上げて、これはまだ確定ではないのですけれども、一応指示がありました方法によって積算したものをもとに計上しております。この地域活性化・公共投資臨時交付金につきましては、事業総額で2億5,600万ございます。その中の内訳として今申し上げた、1つ目は、安心安全な学校づくり交付金、これ内訳ですけれども、武道場1億7,000万円、それから太陽光発電に、これは2校ですけれども、5,800万円、2,900万掛ける2ということですね。それから、地デジアンテナの関係で204万8,000円が内訳です。

  それから、美しい森づくりの基盤整備促進事業、これは五大尊のトイレなのですけれども、それと間伐を含めた美しい森づくり基盤整備促進事業ということで2,300万円、それから橋梁のほうの耐震調査、これが330万円の事業費でありまして、それらを含めたもの、その合計が2億5,600万、細かく言いますと2億5,634万8,000円という事業費になります。それに特財が入ってまいりまして、これは公共投資については、すべて国の国庫事業ということでございますので、この特財はすべて国庫補助金ということで1億6,867万4,000円入ると、これは確定しております。その裏負担として、町の負担が1億2,800万ございまして、ここに約9掛けということで、先ほど町長が説明でも申し上げましたが、交付率を0.9ということで9掛けしまして、その交付限度額1億1,500万なのですけれども、端数切りを個々にしていますので、1億1,400万円が一応交付予定ということで、今回その組み替えとか充当をさせていただいております。これについても、少し余裕を見ておりまして、というのは……

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◎企画財政課長(吉田博君) 先にちょっと訂正させていただきます。

  先ほどの美しい森づくり事業、これ金額がちょっと近かったものですから、違う事業を申し上げました。訂正させていただきたいと思います。これは、林道楠線、五大尊のつつじ公園のトイレと言いましたけれども、これは前の経済危機対策のほうでやっておりまして、今度の、今申し上げた公共投資のほうでは林道楠線の舗装工事、これを2,200万とCBRの試験ということで100万円足しまして、先ほど申し上げました2,300万ということでございます。延長につきましては666メートル、今まで短期で少しずつやっていたのですけれども、この事業が拾っていただきましたので、すべて終了させるということで、舗装工事、これ国庫で残り全部をやらせてもらうということで、666メートル、幅員が4メートルということでございます。これに訂正させていただきます。

  ということで、交付予定の総額1億1,400万円をここに充当させていただきまして、ここに予算書にもございますが、予算書の6ページ、7ページのところの財源内訳を見ていただきますと、今ご説明申し上げました林業振興のところに町の持つ負担分のものを加えまして1,000万円、それから道路維持のほうに、耐震のところに100万円、それからその下の事務局費のところにいきまして、公立学校施設整備のところへ1,450万円、それから同じく施設整備、これは分けてありますが、工事請負のほうですね、これを含めて1億65万円、それから公共投資のほうで1億300万円、トータルしますと1億……、失礼しました。これは、補助金と交付金でございます。補助金が1億65万円、それから公共投資が1億300万円ということで充当させていただきました。

  それと、内容につきましては、9月補正のほうと今回上げさせていただいたものでございます。

  漏れがありましたらご指摘……。



○議長(長島祥二郎君) 教育課長。

          〔教育課長兼公民館長 町田貞雄君登壇〕



◎教育課長兼公民館長(町田貞雄君) 神邊議員さんのご質問にお答えいたします。

  スクール・ニューディール事業でございますが、設計委託料52万5,000円でございますが、これは技術科室、武道場建設の、武道場の下にピロティ方式、高床方式の下に技術科室をつくるということで全協でもご説明を申し上げましたが、それの設計の委託料でございます。

  それから、工事監理委託料868万5,000円でございますが、これは越生中学校に武道場、それと太陽光パネルの設置工事の監理設計委託料でございます。それと越生小学校に太陽光パネルの設置工事がありますので、それの設計監理委託料でございます。工事費につきましては2億2,800万円でございますが、これは、越生小学校に太陽光パネルの設置工事、それと越生中学校の武道場、それと太陽光パネルの設置工事の金額でございます。

  以上でございます。

          〔「設計監理と言ったよな、工事だよな」と呼ぶ者あり〕



◎教育課長兼公民館長(町田貞雄君) 申しわけありません。そうですね、設計工事の監理委託です。

          〔「設計はないんか」と呼ぶ者あり〕



◎教育課長兼公民館長(町田貞雄君) 工事監理委託でございます。申しわけありません、訂正します。



○議長(長島祥二郎君) 神邊光治君。



◆9番(神邊光治君) 聞いていらっしゃった議員の皆さん、わかりましたか。皆目わからない。法的には、確かに予算書で提出して、それがどうだということで単なる説明をすればいいのでしょうけれども、以前からも言っているのですけれども、もっとわかりやすいような予算の組み立ての、いわゆる工事費なら工事費2億2,800万円、これだけで口頭で説明して、それで了解をもらおうというのは、ちょっと虫がよ過ぎるのではないのですか。やっぱりきちんとこうこうこういう活字で、全員協議会その他でおおむねの概略的な構想、構想は提起されたと。それで、その方向についてはいいだろうと。また、武道場の下に、空間ができるところに技術科室つくるというのも、いろんな事情の、国庫補助等の関係からして、ある意味ではそのようによく考えて提案されているなという点は思いますよ。

  しかし、これ予算を提起するに当たって、細部にわたってまで積算根拠を示せとは言えません。全部積算根拠を示して、こうこうこうだからと、よその議会ではとんでもないですよね。きちんと別紙資料があって、こうこうこういう理由でこうなって、こうなっているからこういう予算になっていますという、では工事費のそれぞれの内訳、太陽光が幾ら、それはどういうワット数で、どういう能力があるのか、武道場はこういう形でこうこうこうだと、これにはこういうお金がかかってこうなると、最後まで口頭では説明できないでしょう。

  だから、農業振興費の件でも、おれの思いだと林道の舗装工事ではなかったかというのは薄ら覚えで覚えていました。あれ、トイレだったかと、ごっちゃになって説明されたから、そうだったかと、また思い直したのだけれども、結果的にはその下の舗装工事ではないかと。文書できちんとこうこうこういうふうになって、4メートルで666メートルですか、一々説明しなくて、その予算の組み立てた根拠をもっと明確に示すべきだというふうに思いますが、どうですか。



○議長(長島祥二郎君) 企財課長。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) では、答弁の順序を変えまして教育課長。

          〔教育課長兼公民館長 町田貞雄君登壇〕



◎教育課長兼公民館長(町田貞雄君) 神邊議員さんの再質問にお答えいたします。

  工事監理委託料でございますが、先ほど申し上げましたように越中の武道館、それから太陽光パネルの工事監理委託料、この金額が692万4,000円、越生小学校太陽光パネル設置工事監理委託料176万1,000円、合計しますと868万5,000円でございます。

  それから、工事費でございますが、越中の武道館、面積が450平米を予定しております。1億7,000万円、それから越生小学校、それから越生中学校の太陽光パネルの設置工事が両方とも2,900万でございます。合計で2億2,800万円でございます。

  本来ですと、計画がありまして、それから基本設計、それから詳細設計を行って工事金額が積算されるわけでございますが、今回の太陽光パネルの設置工事等につきましては、時間的な余裕がなかったので、国の示された基準に従いまして工事費の積算を行っております。太陽光でございますが、1キロワット当たり、100万円が限度ということで、その金額掛ける29キロワットで工事費のほうを積算しております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) しばらくお待ちください。

          〔「議長のほうからきちんと資料を配って、どんな資料」と呼ぶ者

            あり〕



○議長(長島祥二郎君) 今、企財課長がコピーをして行っています。

  資料の配付を許可します。

          〔資料の配付〕



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 吉田 博君登壇〕



◎企画財政課長(吉田博君) ただいま資料のほうをちょっと配付させていただきましたが、ここにあります下の地域活性化・公共投資臨時交付金、これが事業の内訳でございます。工事費につきましては、もう既に9月補正のほうでご議決をいただいておりますので、そちらで林道関係等々充当したものはご議決をいただいております。

  この表で説明のほうにかえさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) よろしいですか。

          〔「議員の皆さん、わかりましたか」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 右下の1,000万、100万が組み替えでこっちに来ているのだと思うのだけれども、交付予定ということで。

  9番、神邊光治君。



◆9番(神邊光治君) 予算審議にかかって、一つ一つの事業の根拠が明確に示されないで、なあなあで今までやってきた部分があります。本来の議会の役割は、やはりそれが適正かどうかということをチェックする役割ですよね。事業を展開するのにこの議会の承認が得られなければ、どんなに町民にとってプラスで有益な事業であっても、議会の承認が得られなければ執行できない仕組みですよね。そのために議会から出されるどんな質問についても、懇切丁寧に理解をいただくまで説明をしなければならぬし、資料を示して理解をいただくと、納得をいただくということが当然だというふうに私は思います。

  簡単に言って、武道場、それから太陽光、地デジ、より議員の皆さんの一人一人にわかるための詳細な説明をお願いしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 2時00分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時53分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

  本案に対する反対討論はありますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 討論なしと認めます。

  これから議案第1号を採決します。

  議案第1号 平成21年度越生町一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(長島祥二郎君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第1号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第2号 財産の取得について



○議長(長島祥二郎君) 日程第5、議案第2号 財産の取得についてを議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第2号 財産の取得について提案理由のご説明を申し上げます。

  本契約は、越生小学校、梅園小学校、越生中学校の学校用OA機器及び教育機器を整備するものでございます。

  まず、執行方法及び契約内容でございますが、指名競争により行われ、資料1にございますとおり5業者を指名いたしましたが、2業者が辞退をいたしまして、3業者にて12月22日に入札が執行されました。その結果、日本情報システム(株)が2,190万円で落札し、その金額に消費税相当額5%を上乗せした2,299万5,000円で契約するものでございます。

  次に、契約内容でございますが、お手元の資料2をご参照いただきたいと存じます。

  まず、越生小学校では、教職員用の校務用パソコン34台、児童用のパソコン教室用パソコン40台、電子黒板1台、設置に伴う機器等一式でございます。

  梅園小学校では、教職員用の校務用パソコン15台、児童用のパソコン教室用パソコン20台、電子黒板1台、設置に伴う機器等一式でございます。

  越生中学校では、教職員用の校務用パソコン32台、普通教室用パソコン13台、電子黒板1台、設置に伴う機器等一式でございます。パソコン教室は、整備されているため、含まれておりません。

  以上でございます。慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(長島祥二郎君) これから質疑を行います。

  5番、木村好美君。

          〔5番 木村好美君登壇〕



◆5番(木村好美君) それでは、1点だけお伺いいたします。

  越生は、パソコンに関しては本当に早いうちから力を入れていただいているので、とてもすばらしいことだと私は思っております。その際、子供たちに関してはいいのですけれども、校務用パソコン、今回上がってきているものですが、いろいろと話を聞きますと、先生方に1人1台みたいなパソコンは要らないという言葉をよく耳にします。今回これは、校務用パソコンということで、多分これ先生方がお使いになるものだと思うのですけれども、1人1台というわけではないかもしれませんけれども、どのように使っていかれるかということをお伺いいたします。というのは、やはりせっかくあるのですから使っていただきたいということで、そういう意味を込めまして、今質問させていただきました。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 教育課専門監。

          〔教育課専門監 青柳 高君登壇〕



◎教育課専門監(青柳高君) それでは、木村議員さんの質問にお答えします。

  校務用パソコンということですので、成績処理に使ったりとか、クラスの学級だよりとかそういうものに使ったりします。あと、いろんな行事等で起案とか回したりすると思うのですけれども、提案するときに保存して、次のときに有意義に使えるように教員同士で共有できるような形をつくるということで、利用価値が非常に大きいと思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 5番、木村好美君。



◆5番(木村好美君) ちょっとメモが全然間に合わなくて済みません。間違っていたら申しわけないのですけれども、今のお話ですと、学級だより、成績をつけたりとかということで、その他幾つかあるというお話であれですけれども、成績をつけたりとか学級だよりは、全先生が全部つけるわけではないと思います。それで、例えば梅園小学校の校務用パソコン15台という、その15台の内訳というか、15人先生がいてどうなのか、何人の先生に対して15台必要なのかということもあわせてどういう、例えば私が知っているのは梅園小学校が一番早いので、どういう形の先生までが例えば臨時、TTの先生なんかまで必要なのですよという場合なのか、どこまでが、ましてや共有して使うというのだったらば、1人1台ではなくて、担任と副担で1台とかでもいいかなという気もするのですけれども、そういうものではなくてどういう、もうちょっと詳しく教えていただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 教育課専門監。

          〔教育課専門監 青柳 高君登壇〕



◎教育課専門監(青柳高君) 梅園小学校15台ということですけれども、県費職員、町費職員全員合わせて15名ということで、1人1台ということで15台という形になっております。

          〔「あれ、学校の先生、何人いらっしゃるんですか」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) 事務職員も全部入れますと15人ということです。

          〔「用務員さんとか入れない」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) 入れなくてですね。

          〔「それは担任、副担とか全部込みでですか」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) はい。



○議長(長島祥二郎君) 5番、木村好美君。



◆5番(木村好美君) ということは、例えば副担まで必要なのかという気もするのですけれども、担任の先生が成績をつけ、担任の先生がある程度学級だよりを書いて、副担ももちろんサポーターすると思うのですけれども、そこまで要るのかなという気はするのですけれども、というのは使っていないという実態をやはりすごく耳にするのですね。それがせっかく予算がついたところで、だったらもっといいソフトを入れたほうがいいのではないかとか、やっぱりどうしてもそういう見方をしてしまっていたので、本当に使うというふうに、こういうパソコンが手元にあったら使いますよと先生がおっしゃって、例えば副担だったら副担は、こういうことで必要だからどうしても1台必要なのですというものなのだったら全然わかりますけれども、そこの部分がちょっと見えてこないので、もうちょっとその部分をご説明いただけますでしょうか、そこの部分ですね。

  やはりもう3回目になってしまったので、要望になってしまいますけれども、やはり生きたパソコンにしていただきたいという切なる願いを込めまして、3回目の質問をさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 教育課専門監。

          〔教育課専門監 青柳 高君登壇〕



◎教育課専門監(青柳高君) 担任外の先生も、1人1校務文書というものを持っている方ですと、2つ、3つ校務文書、特に小さい学校ですと、大きい学校ですと1人1個で済むのですけれども、文書を非常にたくさん持つことになると思います。毎年ずっとその先生がいらっしゃれば手書きのファイルで保存しておいてもいいのですけれども、どこかに行ってしまったりとか、また新しくなったときに書きかえたりするといった場合には、パソコン上に入力されていることですと非常に次の方がしやすいということもありますので……

          〔「USBでこういうふうにできないのかな」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) 担任外の先生も文書を持っているので、学級通信とか成績だけでなく使う場合もありますので、一応1人1台ということになるということで15台という形になると思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) ほかに質疑ありませんか。

  1番、吉澤哲夫君。

          〔1番 吉澤哲夫君登壇〕



◆1番(吉澤哲夫君) 少し、何項目か質問をさせていただきます。

  まず、このパソコン導入に当たって将来、この後、一般開放するようなことについては考えているのかということが一つ。

  あと、インターネット教育等についてはどうなのか。

  あと、2つなのですが、共有等も含めた学校内のLANみたいな状態の対策についてはどういうことを考えておられるのか。

  最後に、この事業に当たって指導者の養成だとか、指導者を外部からお願いするようなことは考えておるのかどうか。

  以上です。よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 教育課専門監。

          〔教育課専門監 青柳 高君登壇〕



◎教育課専門監(青柳高君) 吉澤議員さんの質問にお答えします。

  LAN配線に関しましては、中学校は既になされております。今回の工事でほかの小学校2校に関しても行うという形になります。

  あと、一般へのパソコンということで、毎年夏休みになりますけれども、一般の方を募集して、パソコン教室というものを行っております。昨年度、今年度は初心者ということを目標に広報で出しましたところ、今年度は非常に多くの方に参加していただいて、日数は忘れてしまったのですけれども、参加していただくことができました。開放はしております。

          〔「指導者、インターネット」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) 指導者におきましては、役場の方、あと中学校の職員の方、あと教育委員会の指導主事という形で行いました。

  以上です。

          〔「あと、インターネット教育」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) 今後につきましても、一般に関してということですね、同じように町内の有識者を招いて、今後も引き続き続けていくということはやっていきたいと思っております。

  以上です。

          〔「インターネット教育については」と呼ぶ者あり〕



◎教育課専門監(青柳高君) 今年度も、インターネット接続をしたいという、そういうところまでやっております。文字を入力するところから、一番町民が使いたいのは、やっぱりインターネットということで、さわりの部分のところまでは指導しておりますけれども、引き続きそれは実行していきたいなと思っております。

          〔「わかりました」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 了解ですか。

          〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 質疑なしと認めます。

  これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 討論なしと認めます。

  これから議案第2号を採決します。

  議案第2号 財産の取得については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(長島祥二郎君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第2号は原案のとおり可決されました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(長島祥二郎君) これで本日の日程は全部終了しました。会議を閉じます。

  これをもって平成22年第1回越生町議会臨時会を閉会します。

                                      (午後 3時09分)