議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成24年 12月定例会(第4回) 12月06日−一般質問−02号




平成24年 12月定例会(第4回) − 12月06日−一般質問−02号







平成24年 12月定例会(第4回)





          平成24年第4回(12月)越生町議会定例会
議 事 日 程 (第2号)

                          平成24年12月6日(木)午前9時30分開議

日程第 1 一般質問

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   吉  澤  哲  夫  君      7番   木  村  好  美  君
     8番   田  島  孝  文  君      9番   長  島  祥 二 郎  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   浅  野  訓  正  君
    12番   新  井  康  之  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   田  島  公  子  君   副 町 長   小 松 原     誠  君

  総 務 課長   岩  ?  鉄  也  君   企 画 財政   大  沢  昌  文  君
                          課   長

  会計管理者   関  口  正  文  君   税 務 課長   島  田  義  博  君

  町 民 課長   成  野     清  君   健 康 福祉   山  口  博  正  君
                          課   長

  産 業 観光   三  浦  道  弘  君   まちづくり   間 々 田  正  夫  君
  課   長                   整 備 課長

  水 道 課長   鈴  木  幹  男  君   教 育 長   安  田  孝  之  君
                          職務代理者

  生 涯 学習   奥  泉  隆  雄  君   学 務 課長   安  田  孝  之  君
  課   長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   宮  崎     桂      書   記   大  澤  展  男
  書   記   福  島     勲



                                              



△開議の宣告



○議長(新井康之君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(新井康之君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第2号のとおりです。

                                              



△一般質問



○議長(新井康之君) 日程第1、一般質問を行います。

  通告順に行いますので、ご了承願います。

                                              

       ◇ 水 澤   努 君



○議長(新井康之君) 1番、水澤努君。

          〔1番 水澤 努君登壇〕



◆1番(水澤努君) 議長のお許しを得ましたので、1番、水澤努が一般質問をさせていただきます。

  まず、大きな1つ目の質問ですけれども、私は本年の議会で再三質問してきたのですけれども、今、越生町は財政的な危機に陥っています。そうした中で、歳出の削減のために有効となるPPS(特定規模電気事業者)、これは今年度から新電力という呼び名で呼ばれるはずだったのですけれども、誰も呼んでくれないみたいで、結局今でもこの呼び名が一般になっているみたいです。このPPSからの電気購入交渉の進捗状況はどうなっているのでしょうか、このことについてお伺いします。

  具体的には、(1)、6月議会段階で2社が新規契約の見積書が提示できるとのことでしたが、交渉の現状はどのようなものでしょうか。

  (2)、3月議会の答弁では、もしPPSに切りかえた場合には、年間約120万円の削減額となるとのことでしたが、電気料金が値上がりした現段階における削減の予想額はどのくらいになるでしょうか。これが1つ目の内容です。

  大きな2つ目の質問に移ります。越生東、上野東、西和田河原山地区の住宅建設状況についてお聞きしたいと思います。

  具体的には、(1)、住居区域で既に住居が埋まっている土地は、各地区それぞれ何%ぐらいなのでしょうか。

  (2)、今後、住民のふえる展望はあるのでしょうか。また、中長期の人口見通しを知りたいと思います。

  (3)、これらの地域に対して住民の移住をふやすために、町はどんな策をこの間行ってきたのでしょうか。

  (4)、また、何が今後必要だと考えるのでしょうか。

  (5)、越生駅東口建設が長い間凍結されたままですが、今後建設の展望はあるのでしょうか。以上が大きな2点目の質問の内容です。

  大きな3点目の質問となります。9月の定例会での私の財源対策に関する一般質問に対して、町有財産の有効活用や売却可能資産の処分などに言及していましたが、それに関して質問します。

  (1)、町有財産の有効活用についての具体的な対象は何になるのでしょうか。

  (2)、売却可能資産の具体的な対象とその収入額の見積もり、見通しはどのくらいになるのでしょうか。

  (3)、(1)の町有財産の有効活用に関連する質問ですけれども、町有地や町有林でのPPS等によるソーラー発電所の誘致が可能な場所はあるのでしょうか。あるのならば、早急に検討して動き始めるべきではないでしょうか。

  大きな4点目です。これは町長に対しての質問です。町長に対して自治基本条例の制定について質問します。

  (1)、この間、議員から空き家条例や景観条例など、まちづくりにとって具体的な効力のある条例の制定の必要性について意見が出ましたが、これは聞き入れられず、町長主導でこうしたいわゆる理念条例ということですね。具体的なさまざまな規制を行うということではなくて、かくあるべしというような理念を制定化するということですけれども、そういう理念条例の制定を優先していらっしゃいますが、その理由をお聞きしたいと思います。

  (2)、今回の自治を求める条例の制定が、住民の声によって始まったわけではなく、行政のトップによる公約の実現として行われるというのは、住民自治の本旨にもとるのではないでしょうか。例えば2001年の国連総会で、自治基本条例と同様の理念である補完性の原理に基づく世界地方自治憲章の採択案が提出されましたが、アメリカの反対で採択されませんでした。それこそ、自治の国の代表格とも言えるアメリカの主張は、この憲章自体が上からの押しつけであり、それ自体が補完性の原理に反するというものでした。町長は、このアメリカの主張をどのようにお考えでしょうか。

  以上の大きな4点が私の質問になります。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 水澤議員さんからの質問につきまして、企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、質問件名1のPPSの件につきましてお答え申し上げます。町の公共施設に係る電力の購入契約につきましては、特定規模電気事業者、いわゆるPPSから電力を購入することについて、本年5月以降幾つかの事業者と交渉を行い、参考となる見積書を徴収するなどして検討を進めてまいりました。その結果、現行の東京電力の電気料金とPPSから電力を購入した場合を比較すると、PPSのほうが安く、一定の削減効果が期待できることがわかりました。また、契約変更後の電力供給に対しても信頼性が確保できることが確認できたため、PPSから電力を購入する方針を決定いたしました。その後、正式に見積書を徴収する業者について、他の自治体等への導入実績などから3社を選定し、9月末日を期限として見積書の提出を依頼いたしました。その結果、最も低い金額を提示したミツウロコグリーンエネルギー株式会社と10月26日に契約を締結したところでございます。

  今回契約した施設につきましては、契約電力が50キロワット以上である役場庁舎、中央公民館、越生小学校、梅園小学校、越生中学校の5施設で、契約期間は平成25年1月1日から1年間でございます。この契約による電気料金の削減効果につきましては、本年度に値上がりした後の東京電力の料金と比較して、各施設ともおおむね10%程度の削減率となり、削減額は5施設の総額で約190万円ほどになるものと見込んでおります。

  次に、質問件名2の(1)、住居地域で既に住居が埋まっている土地は、各地区それぞれ何%ぐらいなのかについてお答え申し上げます。町の公園などを除いた民有地に住宅が建設されている割合は、越生東が約65%、上野東が約40%、西和田河原山地区が約70%でございます。

  次に、(2)の今後住民がふえる展望と、中長期の人口見通しでございますが、近年の状況を見ますと、この地域の人口は越生東と西和田河原山は横ばいですが、上野東は少しずつではありますが、増加してきております。今後におきましても、わずかずつではありますが、ふえていくものと考えております。

  次に、(3)のこれらの地域に住民の移住をふやすために町が実施した施策につきましては、まず挙げられるのが県道新飯能寄居線バイパスの開通であると思います。これにより、この地域も含めて町全体の交通アクセスが整備されました。また、バイパスへのアクセスとして、山吹大橋も新設いたしました。駅周辺の事業といたしましては、越生駅西口の整備、越生駅の南側踏切の拡幅、中央橋の建設、大型商業施設の誘致などを行いました。このように、これらの地域にはインフラ整備を初め、たくさんの予算を投入しております。

  次に、(4)の今後何が必要だと考えるのかについてでございますが、町の構想にありますように、新飯能寄居線沿道へ商業施設を誘致することや、越生駅、武州唐沢駅の東口を開設することなどが必要であると考えております。

  次に、(5)の越生駅東口建設の展望につきましては、町の懸案事項でありますので、鉄道事業者に対し要望を続けてきているところであります。現在、越生駅にエレベーターを設置する駅のバリアフリー整備については、鉄道事業者が平成26年3月の完成を目指して事業を進めておりますが、東口開設の手だてにつきましても、JR東日本と東武鉄道の双方に考えていただくように働きかけているところでございます。

  しかしながら、駅の東口を開設するためには、改札や駅舎をどのように整備するかをJRと東武の間で協議して、町を含めた3者による協議も実施していかなければなりません。また、鉄道事業者としても、町といたしましても、多額の経費がかかるなどの大きなハードルがあります。このような難しい問題がありますが、町といたしましては、東口の開設につきましては、駅利用者の利便性の向上を図るとともに、駅東側地域の発展に大きく期待できるものでありますので、今後も要望を続けてまいります。

  次に、質問件名3の町有地の有効活用や売却処分などについてお答え申し上げます。初めに、質問要旨の(1)でございますが、町有財産の主な活用状況につきましては、町営駐車場として利用している土地が7カ所で計85台分、駐車場以外の土地の貸し付けが19件あります。

  次に、(2)の売却可能資産につきましては、現在道路用地や公共施設の敷地なども含め、町有地全部で1万筆ほどある土地を行政財産と普通財産に分類し、公有財産台帳の総体的な整備を進めているところでございます。そのうち、普通財産だけでも750筆ほどありますので、これらの中から有効な活用方法の検討や売却可能資産の抽出などを行っているところで、売却が可能と思われる土地も幾つかございます。しかしながら、現時点におきましては、具体的に売却する資産の決定には至っておりませんので、収入額の算定等は行っておりません。

  次に、質問要旨の(3)でございますが、未利用地の町有地の中で、現在活用の計画等がなく、太陽光発電設備の誘致が可能と思われるような一定の面積を有する土地につきましては、5カ所あります。これらの土地につきましては、本年度埼玉県環境部から大規模太陽光発電設備等設置可能性調査がありましたので、候補地として回答したところでございます。この候補地につきましては、今後事業者側から県に問い合わせがあり、条件等が適合する場合には、県から連絡が来ることになっております。また、県が関係する催し物などの場合においても、関係業者等に情報の提供が行われるため、具体的な話が進展する可能性もあります。

  この5カ所の土地につきましては、現在のところ、町としてどのような利用にしていくか具体的な方針は決まっておりませんが、今後につきましては、総体的な町有財産の有効活用を検討していく上で、太陽光発電設備の設置や誘致につきましても、活用方法の一つとして検討してまいりたいと考えております。

  次に、質問件名4の(1)、自治基本条例を進めている理由についてお答え申し上げます。町では、住民の福祉の向上を図っていくために必要な条例につきましては、常日ごろから調査研究を重ね、必要があるごとに議会に提案してきております。ご指摘の自治基本条例につきましては、地方分権の推進により、町はこれまで以上に主体性を持って、住みよい魅力あふれるまちを実現していくことが求められるようになってきていることから、本町にふさわしい自治のあり方を総合的に形成していくために必要であると考えております。

  この条例には、情報の公開及び共有、町民の町政への参加や協働、町民や町の責務などを盛り込み、住民自治を進めていくための基本的なルールを定めるものですので、活力ある越生町のまちづくりを推進していくためにも、制定する必要があると考えております。

  次に、(2)についてお答えします。世界地方自治憲章に反対したアメリカの主張に対する考えでございますが、法律の制定やさまざまな決定権限を州ごとに持っているアメリカでは、地方自治に関することは住民に身近な州に任せているため、世界で共通した地方自治の考え方である世界地方自治憲章については、反対の意思を示したのではないかと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 再質問させていただきます。

  まず、PPSにつきましては、交渉を実現して190万の支出の削減というのを実現したということについては、大きく評価できるのではないかと思います。今、電力の自由化が非常に進んでいまして、電力の自由化が始まったのは2000年ですけれども、この段階に三菱商事が初めて参入して、これ以降毎年3社ぐらい平均でPPSに参加していたのですけれども、2011年の震災以降、東京電力の電力の独占ということが問題になる中で、電力自由化の動きも急速にさらに進む形になっていまして、去年の段階で、これまで3社平均だったのが、日産自動車も含め8社がこれに参入して、2倍あるいは3倍増のスピードにアップしたわけですけれども、ことしになってからこの11月末までに、日本製紙を初めそういう大きな企業がまた参入して、ことしだけで25社参入しています。現在70社になって、自然エネルギーの買い取り価格が高いということの中で、今、物すごい形でこのPPSの参入ラッシュというのがあります。そういう中で、自由競争の中で価格が下がっていくということもあると思いますので、今後ともPPS等の購入というのについては、電力の自由化ということがぜひ日本でも、ある意味電力は社会主義と同じような体制ですから、もっと自由化を進めていくということは非常に大切な状況だと思いますので、ぜひともこの成果を踏まえて、電気料金の節約ということについては、今後とも実現していっていただきたいと思います。

  それと、住宅の建設状況につきまして、これはやはり越生町が今後発展していく意味で、あるいはできるならば希望的には発展していく意味でということですけれども、大きく考えると人口減少、高齢化の中で、町が本当に持続可能な町として、今後の時代に子供たちに町を受け渡していくためにも、やはり人口の減少を食いとめて人口がちゃんと確保できる、そうした拠点を築いていくということが、財源を確保するという意味でも、どんな施策をする上でも大前提になると思いますので、この駅東の地域をどうするのかということだけではなくて、町の今後の存続をどう可能にしていくのか、どう実現していくのかということの一つの戦略的な重要なかなめとして、ここでの人口の確保というのを目的化した政策、施策というのを、ぜひとも実現していきたいというふうに考えています。

  その点では、この間、ここにも出てきますけれども、バイパスの開通やあるいは川の再生事業があったわけですけれども、これに対して町のかかわりということの消極性について、私はこの間ずっと指摘してきたわけですけれども……



○議長(新井康之君) 水澤努君に申し上げます。質問の趣旨を明確にしていただきたいと思います。



◆1番(水澤努君) はい、わかりました。済みません。これは質問ではないです。駅東につきましては、今後ともそうした開発について町への支援を積極的に行う、もっと戦略的な形で行うという形で、ぜひともやっていっていただきたいということを要望したいと思います。

  あと町有財産の有効活用、売却処分についてですけれども、この話を聞いていますと、どう考えても県の動きとかに対して町の姿勢というか、非常にそういう受動的な姿勢が考えられてしまうわけです。済みません。1番目と2番目については、2つとも要望です。

  3点目ですけれども、例えば県から話が来ているので、太陽光について行うということでは、全然だめだと思うのです。本当に今、世の中地方分権の時代ですし、親方日の丸についていけば何とかなるという時代は完全に終わっているわけです。そういう中で越生町が本当に生き延びていくためには、積極的にぜひ営業して、先ほどPPSの現状も言いましたけれども、電力会社も太陽光発電の会社が物すごい、今、雨後のタケノコみたいにできているわけです。JAなんかも全面的に参入して、ソフトバンクがメガソーラーを実現するということで話題になりましたけれども、今やソフトバンクよりも先んじて、JAのほうが全面的にこうした事業に参入して、全国の農家なんかと連携しながら太陽光発電をつくるような方向に向かっています。さまざまな会社が、今、物すごいスピードで入っていまして、外資も例えばIBMとかゴールドマン・サックスとか世界に冠たるそういう金融業者が、日本のメガソーラーに対して投資を行うというような形でなっています。だから、この辺のところも、太陽光発電に動きに対する町の現状の営業については、現状では不十分だというふうに私は思いますけれども、その辺のところは不十分だというふうな考えはないかどうか。これは質問として行いたいと思います。

  4点目……



○議長(新井康之君) 一問一答ですので。それが質問ですか。



◆1番(水澤努君) 質問です。失礼しました。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 水澤議員さんの太陽光発電についてお答え申し上げます。

  先ほど申し上げましたとおり、太陽光発電設置ができそうな場所というのが5カ所ほどあるかと思っております。1つが1,600平米、それからもう一つ雑種地のようなところがありまして、これは200平米、それから地域交流センターの隣に500平米ほどの土地があります。それから、4つ目といたしまして、黒山の山の家の跡地、これは3,200平米ほどあります。それから、上野の桧木の近くに山林があるのですけれども、これが5,600平米、この5カ所ぐらいだったらば、何とかなるだろうなというふうに思っておりますけれども。ただ、メガソーラーにつきましては、1万5,000平米以上でないと有効でないというようなお話も聞いておりますので、面積的にはちょっと狭いのかなと思っておりますけれども、少しでも可能性があるということですので、この5つを県のほうへ可能性がある土地ということでお願いしてあります。これから町有財産の有効利用を考えていく中で、太陽光発電についてもセットで考えていきたいと考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 改めて再質問させていただきます。

  メガソーラーですけれども、今は確かに県とかを介すると、メガソーラー、1メガワットレベルにいかないとなかなか話にならないかもしれませんけれども、実際は現実にどんどん民間レベルで進んでいるソーラー発電の規模というのは、メガ以下のものがどんどんできていますので、ですから土地についても1ヘクタールを超えなければいけないとか、そんなふうなレベルではなくて、もっと小さいレベルでソーラー建設なんかも進んでいますので、ここら辺はメガでないからだめだみたいなところの発言に見られるように、研究が進んでいないのが現状だと思います。このソーラー発電の建設というのは、本当に今、雨後のタケノコのように物すごいスピードで進んでいるのです。いろんな業者が参入してきていますので、もちろんその業者の問題のある業者なんかを含めて、いろいろその選定というのは大切だと思うのですけれども、ぜひとも早急にその辺を調査して、営業について積極的に打って出ていただきたいというふうに思います。これは要望です。

  あと質問ですけれども、質問につきましては自治基本条例に関してですけれども、ここにもありますように、なぜアメリカが反対したのか。それは、アメリカにはそういう自治で、さまざまな地方において、さまざまな特色のある法があるからだということだと思うのですけれども、自治基本条例につきましても、私は自治基本条例そのものが問題があって、自治基本条例自体をなくそうとかいうふうなことを頭から否定しているわけではないのです。自治基本条例というのは、あくまでも住民自治をどういう形で自治体に、あるいはひいては国へ反映させていくのかというのが、大きな問題になるわけです。

  補完性の原理というのは、一言で言うと自助から始まり共助、そして公助に至る、とにかく自助、自分でできないことは家族に、家族でできないことは地域に、地域にできないことは市町村に、市町村にできないことは国へということで、そうしたさまざまなレベルにおける適正なそういう役割分担というのですか、そういうのを実現する論理だと思うのですけれども、その点で言うと、やはり新しいまち、本当に都市化して個人がばらばらになってしまったようなまちなんかだったら、一からつくり直して自治というのをつくっていかなければいけないような場面があると思うのですけれども、例えばアメリカのように、さっきのように現実にそういった自治が存在するところでは、その現実に存在する……



○議長(新井康之君) 水澤議員に申し上げます。質問をしてください。



◆1番(水澤努君) はい。現実にそこからつながるのですけれども、越生の場合も、実際は現実に自治会とか自治が存在しているわけです。自治会レベルでの規約もあります。そういったところで、みんなが協力しながら自治活動を行っているわけです。そうしたところから、やはり本来的に補完性で考えていくならば、自治というのは立ち上げていかないと、やはり自治会での、例えば私も自治会で活動とかしていますと、いろいろ意見の対立になるわけです。その場合、自治会での決まりと、この町での条例と、例えば条例できたら……



○議長(新井康之君) 水澤議員に申し上げます。質問の趣旨を簡便にお願いをいたします。



◆1番(水澤努君) はい。そうなると、この条例の自治と自治会の規約は、どちらが優先されるのでしょうか。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 水澤議員さんのご質問にお答えさせていただきます。

  自治会のことですね。地域のことは地域の自治会で規約を決めるということは、それはそれでよろしいことだと思いますし、その地域の皆さんで考えてつくっていただくということで、それはそれでよろしいと思います。自治基本条例は、町の自治のあり方を決める条例でございまして、地域の自治会の中まで踏み込んだ条例ではございません。あくまでも町の自治を、皆さんとともに一緒になってつくっていこうという条例でございますので、地域はあくまでも地域、町の条例は町の条例ということになりますので、地域まで町の自治基本条例が踏み込むというふうなことではありません。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 再質問させていただきます。

  自治基本条例はつくられていくプロセスからしても、住民自治を基本に考えてつくられているものですよね。自治といった場合、団体自治と住民自治というのがあると思うのですけれども、自治体が、お国が面倒見てくれないということの中で自立しなければいけない、これは絶対あると思うのです。そうした団体自治を実現していく意味では、国に引っ張られていくのではなくて、町が本当にリーダーシップを発揮して、町が自力で生き延びていく。そうしたすべを持たなければいけない。これが非常に大切だと思います。

  同時に、やはり住民自治というのは、住民が本当に自主的に地域をつくって自助、共助を育んでいく、そうしたことだと思うのです。それが本当にできなくなってしまっているような都市がいっぱいあると思うのです。あるいは新しく新興的につくられた地域とか。しかしながら、越生はやはり伝統のある町で、そうした昔からのしきたりがあり、そうした中で人々の連帯があるわけです。だから、そこから考えると、やはり自治ということを考えていった場合に、まず条例ありきという形で入っていくのはおかしいのではないか。少なくとも、それは本来の意味での住民自治の本旨とは、矛盾するのではないかというふうに考えるのですけれども、その辺の根本的なことだと思いますので、ぜひこの推進者である町長のほうからお話を聞きたいと思うのですけれども、よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 水澤議員さんのご質問にお答えいたします。

  この自治基本条例というものは、私が町長に立候補するときにマニフェストの一つとして、それを制定したいというふうに申し上げたものでございます。これは町長という立候補の際に申し上げましたが、一般市民として住んでいるときに、こういうものが欲しいと常々思っていたものでございますので、立候補のときに申し上げました。議員になるときも、それが大きな原因であるというふうに思っております。町の重要なことを、住んでいる住民に影響が大きいことを、みんなに説明して、みんなで考えて、そういう皆様のご意見をお聞きしながら決めたいと。重要なことは住民自身がタッチしたいと、そういうことの理念がありまして、自治基本条例を策定することを町長に立候補するときに申し上げました。

  確かに越生町は古く伝統のある町で、町内会はずっとございます。しかし、これから地方の力が必要なときに、住民の皆様が必要なときに、上から決めてこれやれよという話でなく、みんなで考えてこういうことはやっていこうと、そういうようなご協力あるいは協働、そういうことのために、私はこの条例が必要であるというふうに考えました。上からやれというのではなく、住民に大きな影響のあることはみんなで考えて、そして議論をして納得して進めていこうというものでございます。自治基本条例は、これは町民の皆様を縛るものではなく、行政側、そういう権力のある側を縛るものでございます。それは憲法もそうであるというふうに思っております。町民を守るあるいは町民の自治を促進していい町にしていくために、この制定を希望いたしました。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 再質問させていただきます。

  町長の考えの自治ということを実現したいということだと思うのですけれども、自治に対して考えは、それぞれ自由に対する、平和に対する考えがさまざまあるのと同じように、あるわけです。例えば民主主義人民共和国とか言いながら、人民も民主主義も全て裏切られている国もあるわけです。それは、だからどういう言葉を使うかという問題ではないと思います。憲法の問題に触れましたけれども、憲法はやはり基本的人権と同様に、地方の自治についても、これは侵すべからずものとして自治を守るということが前提になります。基本的人権を守るということが前提になりますけれども、かくあるべしという形で踏み込んで、それを規定しているわけではありません。それが私は自由主義の根本的な問題だと思っています。

  その点で言うと、やはり住民の側から、こうした自治の考えを町で実現してほしいという声が大きく盛り上がって、そうした中で町を規定して、それこそ町がつくるのではなくて、住民の力でつくられるのであるならば、私はぜひともそうしたものが、町のそういう住民の力の発揮として肯定できるものだと思うのですけれども、現状ではそうでない。そうでないから、やっぱりアメリカも反対したと思うので、私もぜひ住民の人たちがもっと自主的な活動もできるように、そうしたインセンティブをつくることが越生町の発展になると思いますので、そうした自治会やあるいは地域の活動に対してインセンティブをつくれるようなさまざまな施策を、ぜひ町のほうにお願いしたいと思います。これを要望して、私のほうの意見にかえたいと思います。



○議長(新井康之君) 今の要望ですか。



◆1番(水澤努君) 要望です。



○議長(新井康之君) これで水澤努君の一般質問を終わります。

  この際、暫時休憩します。

                                      (午前10時10分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時25分)

                                              

       ◇ 浅 野 訓 正 君



○議長(新井康之君) 11番、浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 議長、議会報告のために録音をよろしくお願いします。議会報告のために録音の許可をお願いいたします。



○議長(新井康之君) 事前に許可を申し出ていなかったので、それはできません。



◆11番(浅野訓正君) そうですか。では、わかりました。

          〔11番 浅野訓正君登壇〕



◆11番(浅野訓正君) 11番、浅野訓正です。議長のお許しをいただきましたので、質問させていただきます。

  その前に、きょうは傍聴の皆さん、大勢の皆さんの傍聴をいただきまして、大変ありがとうございます。

  それでは、質問させていただきます。私の質問は2点です。1番、運動施設の管理の徹底を。越生町においては、「さわやかな笑顔で学ぶ生涯学習」をスローガンに、一芸、一スポーツ、一ボランティアが推進されて、各方面に活動がされております。スポーツの面では、町内に数カ所、町民が利用できる運動施設があります。しかし、どこの施設もベンチが少なく、また老朽化しております。施設を利用している方からも、不便、不備との声があります。さらに、トイレのない運動施設もあります。

  そこで、お伺いします。(1)、施設等の管理はどこでしているのか、また定期的に施設等のチェックをどのように行っているのか。

  (2)、いこいの広場にはトイレがない。不便と思うが、町はどう考えているのか。

  2点目の質問、観光施設の案内看板の設置は。本年3月の議会で、観光施設オーティック、自然休養村センターの所在をアピールした案内看板の設置をと質問いたしましたが、いまだ設置されておりません。年を越すと、1月の七福神めぐりに始まり梅まつりへと、越生町には多くのハイキング客や観光客が自然を求めて訪れます。看板の設置はどうなっているのか。

  以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 浅野議員さんの質問件名1についてお答え申し上げます。

  まず、質問の要旨(1)でございますが、特に屋外の施設の管理に関しましては、大満農村広場と上谷運動公園を産業観光課で行っている以外は、生涯学習課で担当しております。状況確認は、不定期ではございますが、比較的短い周期でグラウンドの整地状況を重点にチェックしております。特に大会等が行われる前後につきましては、入念な確認を行っております。また、施設内のベンチにつきましては、いこいの広場で、浅野議員さんのご指摘のとおり、老朽化が目立ってきていると感じております。今後、できるだけ早期に更新が図れるよう準備してまいりたいと考えます。

  次に、質問の要旨(2)でございますが、いこいの広場は、河川敷を県の占用許可を受け活用している施設でございます。したがいまして、基本的には河川法に基づき永久構造物を設置することができません。ご不便をおかけしますが、利用者の方々には、道路を挟んで向かい側の稲荷児童公園のトイレを、従前どおりご使用いただきたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から、質問件名2についてお答え申し上げます。

  本年3月議会でご答弁いたしました、新飯能寄居線バイパスからカインズホームへ向かう町道沿いに設置されております西和田河原山土地区画整理事業で使用していた看板を活用する件でございますが、これにつきましては、現在作成中でございます。ご承知のとおり、この事業は平成24年度の当初予算には計上されておりませんので、予算の執行残で対応することとして計画しておりました。幸いにも、年末となり執行残が見込める状況となりましたので、この時期に発注したところでございます。なお、完成につきましては、年内を見込んでおります。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) それでは、再質問させていただきます。

  改めまして、大満公園、上谷公園、いこいの広場では、越生町におきましてソフトボール、グラウンドゴルフ、またスポーツ少年団による軟式野球大会、サッカー大会など、さまざまなスポーツが一年を通じて行われております。スポーツが行われているのにベンチがないということが、前から私は気になっておりましたが、町内の人におきましては不備で済みますが、越生町を会場とする親善大会でよその市町から来る人においては、越生町の不備の姿を見せてもらうことであり、大変残念なことだと思いました。10月にも、きのう町長の行政報告にもありましたが、近隣の市町を迎えて少年軟式スポーツ大会が開催されました。そういう中で、他の市町村に、そういう施設の足らないところを見せるということはいかがでございますか。何としても、そういうことを避けなければならないと思います。

  また、単純なことでございますが、ベンチがないということにおきまして、ソフトボール等の試合をしている中で、守備側の選手の控え、また攻撃側の人においても、立っての声援ということは、まことにスポーツをしている中で不自然な光景でございます。今、施設の不備ということを直しているというか、そのことに重点を置いてやっているということでございますけれども、短い期間におきまして、定期的にそういうものをいつも見ていただきたいと思います。改めてそういうことにおいて、管理の徹底をよろしくお願いしたいと思いますが、いかがでございますか。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 浅野さんのご質問にお答え申し上げたいと思います。

  運動公園、大満の農村広場、上谷農村公園に関しましては、それなりにベンチも用意させていただいておるという認識でございます。特に大満、上谷に関しましては、現地をごらんいただければおわかりいただけるとは思いますが、大満につきましては十分にベンチの数も準備されておりますし、上谷の農村公園に関しましては、倉庫の中にベンチが、毎回使うときに出し入れをしていただくというような状況になっておりますので、それなりに保管状況がよく管理されておる状況です。ご利用いただいている方にも、十分にその点をご理解いただいた上でご利用いただいているというところでは、施設を用意している側とすれば、感謝申し上げたいという気持ちもございます。

  運動公園に関しましては、野球グラウンドがメーンの部分に関しましては、ベンチは建屋の中にあるというか、既設のものがしっかりしたものが用意されておりますので、老朽化しているという点では難ありの点も感じられる方もいらっしゃるとは思うのですが、そういうような中で野球場のベンチにつきましても、十分に使用にたえられるというようなところで認識しております。

  先ほど来、いこいの広場の点に関しましては、自分でも十分に承知しておりますけれども、非常に老朽化しておりますし、できるだけ速やかな対応が必要だという認識でもおります。やはり人の出入りが自由だという点というか、一番町内の中で人が入りやすいという中で、とてもスポーツでご活用いただく以外に利用されるというようなところもあるようで、傷みも激しいという点もあるのではないかというふうに思っております。繰り返しになりますが、できるだけ早期に対応させていただくよう努力してまいりたいと思いますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 今の答弁いただきましたとおり、私が一番思いましたのは、各大満、上谷とあるのですけれども、その運動公園に比していこいの広場、改めて言いますと生涯学習課が担当しているということで確認させていただきましたので、グラウンドの整備ということは、よく車で通りますときに、作業をしている風景というか、それは町から頼んで業者がやっているのかわかりませんけれども、グラウンドの整備ということを感じるのですけれども、ベンチ等においては残念ながら、これは今に始まったことでなく、もう10年ほど前から、そういう問題の中で各スポーツが行われていたと思いますので、今後においては定期的にぜひとも見ていただいて、スポーツが楽しくできますようによろしくお願いいたします。

  次に、2番目でございますけれども、スポーツに関連してするわけでございますけれども、いろいろスポーツが行われているいこいの広場において、トイレがないということを感じたわけでございますが、今の答えの中で、河川敷であるので、トイレはできないということであれば、今、稲荷児童公園のトイレを利用しているということでございますが、日ごろにおいては、公園にはそうは多くの人がいませんので、1つで済むと思いますが、いこいの広場においては、スポーツにおければ何十人、時には100人からの人がその場所に集まるという場所でございます。その中で、私はいこいの広場にトイレが必要と思ったのですけれども、河川敷として占用許可を受ける施設で難しいということであれば、稲荷児童公園には1つよりトイレがございませんので、その増設を図ることは大事だと思います。スポーツを楽しく行いたいという中で、少し不安な材料、不安定なものがあるには、楽しくスポーツができないと思いますので、そのことを、トイレの件を質問させていただきます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 浅野議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  先ほど申し上げましたとおり、河川敷ということで、県から借りてグラウンドとしての活用をさせていただいているといったような状況の中で、トイレについては難しいということでございまして、やはりスポーツを楽しんでしていただく中でどうしても必要不可欠な、トイレというものはそういうものだという認識もしております中で、担当であるまちづくり整備課のほうとも連携を図りながら、その辺調整をさせていただいて、先々対処できるようなふうに考えてまいりたいということでおります。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) まちづくり整備課から、浅野議員さんの再質問にお答え申し上げます。午前中は、出る幕がないかと思ったのですけれども。

  やはり公園のトイレは、公園を利用する人のために設けられたトイレでございます。ですので、近くに例えばスポーツをする場所があれば、そのスポーツをする場所でどういう人がどのくらい集まってということで、やはり総合的に考えなくてはいけないかとは思っておりますが、先ほど来生涯学習課長が申し上げていますとおり、占用していて、あれは河川改修始まりますとなくなってしまうものでございます。そういう中で、そこまでのトイレを設けることが、町にとって必要なのかどうかということも十分検討していきませんと、今使っているのに不便だから設けましたと。何年後かに河川改修が始まってグラウンドが使えませんと、そういうことも考えられますので、費用対効果を十分考えて、また公園のトイレを大勢の方が使うような形をとりますと、あの公園は区画整理事業によりまして、区域の住民が利用するために設けられた公園でございますので、その公園の遊ぶ用地もなくなるようでは、また本末転倒になりますので、十分その辺のところは時間をかけて考えていかなければならないものだと思っております。

  また、昨日も補正予算の中で少し申し上げましたが、川の再生事業が既に1度行われました。それは梅林周辺と、このたび事業が完了した2地区を要望して、1地区が採択されて事業が完了したわけなのですけれども、25年度もまた引き続きこの事業、県の事業が行われるということで、八高線の鉄橋から梅林周辺までの地区の要望を生かしたところでございます。それがもし採択されますと、当然駐車場、それからトイレ、休憩所、そういうものをもろもろに考えていかなくてはなりませんので、もし採択された場合には、その辺のところも若干、今ある既存の施設も考慮した形での検討は、当然なされると思っておりますので、結論はもう少しお時間をいただいてから出るのではないかと思っております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) ただいまの答弁では納得できません。そうであるならば、今のいこいの広場で運動する、スポーツをする施設は別なところにつくっていただいて、やはり多くの人が集まってスポーツができる中で、生理的現象といいますか、一番大事なものをできていないということで、それが今の川のことでできないとか、児童公園は公園の施設であるから、そのトイレとは別であるということにおいては、私が質問して、越生町において一芸、一スポーツ、一ボランティアが推進されて、元気である活力のまちだということには相反していると思いますので、そのトイレの件においては、今の答弁ではよくわかりませんので、もう少し具体的に現状のことをどういうふうにするとか、そういうことの答弁をいただきたいと思います。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) お答え申し上げます。

  そもそもいこいの広場につきましては、区画整理事業を行うに当たって60ヘクタール分の調整池の確保をしなくてはならないということで、事前に確保する中で有効活用をしたいということで、野球場とテニスコートをつくりました。そういう中で、皆さんの町民の中でもっとスポーツをやりたいという意見が多い中で、サッカーをする場所がないので、わざっとでもいいからサッカーができる場所をつくってくれということでつくったのが、いこいの広場でございます。そもそもそこに100人、200人集めてやるという目的ではなかったものですから、トイレにつきましても、区画整理の中でトイレがあるので十分だろうということで、トイレについては考えなかったわけでございます。それが方針が変わりまして、いきなり何百人が来るから、それのトイレがないからどうなのだと急に言われましても、そもそもの話がそういう形ではございませんので、やはりそれを納得できないと言われましても、町の方針としては、そういうもろもろを検討しながらできているわけですので、今この場で、ではこうしましょうという話は非常に難しいかと思っております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) それでは、1つ、今の件に反論的ではございませんが、ソフトボール大会というのは昔は中学校のグラウンドでやっておりました。私たちもそのグラウンドでやっていましたけれども、もう10年ほど前でしょうか。いこいの広場でやることになったときに、そういう問題等の考え方というのは、町にはなかったのかどうかということを疑問に思います。再々言っていますけれども、スポーツする中で一番そういう生理的現象的なもののことが、グラウンドの中でできないということであれば、今の児童公園は公園ではあるけれども、その近くにおいてあるのであれば、それを利用することになりますので、1つきりないということは、そこでスポーツをするところではないのだということになりますので、これ以上質問のやりとりをすることはございませんので、今児童公園にトイレが1つきりなくて、いこいの広場を利用しているということを町として考えていただいて、言葉ではなく、一スポーツ、一ボランティア、一芸と、元気であるまちをつくろうとしてる中で、多くの町民が利用するいこいの広場ということを考えていただきたいと思って、この質問を終わりにします。

  2番目の質問でございますが、先ほどの答弁において、当初の予算に計上していなかったので、予算の執行が、今回執行残で対応する計画になりましたということでございまして、まことに残念な言葉をもらいました。私は3月に質問の中で、越生町のオーティック、自然休養村センターが、越生町の観光の拠点として多くの皆さんに来ていただくなり、越生を多く知っていただく中で、早くその看板の設置を望むということで質問をいたしました中で、そのときの産業観光課の間々田課長より、その施設の検討を考えているということをいただいたときに、私は河原山の整備事業の看板は、既にその役目を終えているという中で、いつ、どういう形で、どういう看板が設置されるのか、それを通るたびに確認しておりましたが、一向に進んでいなく、また改めて今回の質問の前に、何度か現三浦課長に話をしたこともあるのですけれども、今のこの答弁の中で、予算の執行の残のことで対応するということになったときに、もともとある施設を利用して看板の字というか、そこを変えることですので、大きな予算に影響のある数字だったのか疑問と思いますので、そのことを含めてなぜ今まで、予算の執行で遅くなったということですけれども、その予算がどのくらいかかることであったのか、また執行する問題がなければ、このことはできないことであったのかどうか質問いたします。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 浅野議員さんからご質問いただいたのは3月議会でございます。その時点では、当然当初予算も審議の中に入っておりますので、3月議会以降に予算を組むということは、まずできないことです。その中で金額が多い少ないでなく、やり方としては看板を有効利用しますということで、当然、河原山の看板を越生町の観光案内の看板にかえるということはするのですけれども、4月以降ですと、やり方としては補正予算を組むか、そうでなければ、もう一つのやり方として工事等発注しておりますので、そういう執行残を使ってやるかと、2通りの方法。それができなければ、1年おくらせて次の新年度予算に組み込むという形になるかと思います。そういう中で、4月に自分は異動しましたが、三浦課長のほうでは、その2通りのやり方をどれをとろうかという中で、金額が余り大きくないので、補正は組まないで事業の執行残を使ってやりたいという意思表示で、先ほどの答弁を申し上げたのだと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) ただいまの答弁でわかりましたけれども、そういう状況であるならば、私も質問したことにおいて、そのことにおいて責任を感じる立場でありますので、こういう状況でこうなっているということは、今回の議会とは別なことでお聞きすればよかったと思いましたので、まことに残念な思いをしたわけでございます。いろんな中で、町では予算ということがあって物を進めるということが原則なのでしょうけれども、我々商人の世界においては、やることはすぐやらなければならないということがございますので、これからにおいても予算との問題はあるのでしょうけれども、何か問題が起きたときにすぐそれに対応する課とか、すぐやる課とかいうものをつくっていただいてそれに対応し、予算の執行がうまく回れるようにできればいいのかと思いますので、これは要望としてお願いしておきます。

  その次に、看板がいよいよできるということですが、どのような標示をして、予算の執行残ということですけれども、幾らぐらいの金額のものができるのですか。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  まず、看板の関係でございますけれども、ことしの3月議会の中で議論がされたのは、オーティックと休養村の所在を示した看板というようなお話だったと思います。これにつきましては課内で検討させていただきましたけれども、バイパスを通るお客様が見て、オーティックとかの所在を示したところで、オーティックについては駐車場もございませんので、そういった車のお客さんについてはどうかなというようなことが疑問でございました。看板を設置するのであれば、町の中心的な観光名所でございます黒山三滝ですとか越生梅林あるいは五大尊つつじ公園、こういったものの標識、ここを入って何キロです、そういったような標示をしたほうがいいというような結論に至りましたので、今回の看板につきましては両方向、北と南側、両方から見られますけれども、いずれも五大尊つつじ公園、越生梅林、黒山三滝はここを曲がってくださいというような標示の看板を設置するところでございます。

  それと、予算でございますけれども、これは先ほど間々田課長のほうからもお話がありましたように、今般、これは24年度の当初予算では計上してございませんので、予算の執行残ということになります。観光の修繕費の中で、予算40万の中での執行が今のところ20万ほど残っておりますので、そちらのほうで対応するということで、大体8万5,000円ほどの予算でございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 浅野訓正君。



◆11番(浅野訓正君) 看板の設置におきましては、私は3月の質問の中でオーティック、休養村のことを中心に置きまして質問しましたので、そのことが頭にありましたが、今の答弁の中で越生町の観光の拠点としての五大尊、越生梅林ということを目印というか、標示するということでございますので、観光においては私の思いは通っておりますので、ありがとうございます。

  ちょっと話はこの内容から外れる部分ではないのですけれども、観光において改めて質問させていただきます。先日、NHKのテレビ放送で越生のユズが出ました。それを見た町民の方から、カメラがズームインしていった棚には野菜がほとんど並んでいなかった。あれではまずいのではないか。テレビに出ることがわかっているのなら、お互いに事前に連絡をとり合って……



○議長(新井康之君) 浅野訓正君に申し上げます。質問通告書にはありませんので、質問をお控えください。



◆11番(浅野訓正君) 質問ではございませんけれども、NHKの放送で越生の観光として出たことを、私の思いとしてお伝えしてよろしいですか。



○議長(新井康之君) ここはあくまでも質問ですので、質問を中心にお願いをいたします。



◆11番(浅野訓正君) その内容の中に、観光のしっかりしたことをやってほしいということが入るのですけれども、それもかなわないものでしょうか。



○議長(新井康之君) 質問は観光施設の案内看板の設置ですが、それに関して……



◆11番(浅野訓正君) それに付随して、ちょっと質問の言葉は足りなかったのですけれども、偶然にもNHKの放送があった中で自然休養村ということの問題で私は思ったので、ちょっと言葉を入れたかったわけでございますけれども。



○議長(新井康之君) 質問通告書にございませんので、お控えください。



◆11番(浅野訓正君) では、NHKにあったということはありましたが、そういうことは町でわかっていることであれば、ぜひ町民、我々にもNHKが今回放送するということを知らせていただくということは、越生町の観光の宣伝、また私たち地元の者は越生のことが出ているよということにもなりますので、ぜひとも今後そういう機会がありましたら、そのことは取り上げていただきたいと思います。

  時間もなくなりますが、最初の看板においては、やっとここで実現できるということを思って、その看板が越生町の観光の中で大いに役立つことを期待して、質問を終わりにします。



○議長(新井康之君) これで浅野訓正君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 宮 ? さよ子 君



○議長(新井康之君) 5番、宮?さよ子君。

          〔5番 宮?さよ子君登壇〕



◆5番(宮?さよ子君) 議長には事前に録音の許可を得ましたので、議会報告をつくるために録音させていただきます。

  傍聴の皆様には、大変ご苦労さまでございます。5番、宮?さよ子、議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

  質問件名1、防災行政無線のサイレンについて。(1)、9月議会で一般質問したお昼のサイレンについての経過報告と再開日をお聞きいたします。

  ア、区長会にはどのように報告して、どのような結果が出ていますか。

  イ、町民からはどんな意見がありましたか。

  ウ、再開はいつですか。

  (2)、10月に火災があり防災行政無線のサイレンが鳴りましたが、サイレンとは思えない音と音量で、町民は火災とは気づかない状態でありました。町民も役場の職員も、「何だ、このサイレンは。これじゃしょうがない」と言っていました。役場の職員も、サイレンがこのように変わると思っていなかったようです。事前にサイレンの音と音量は試験吹鳴しておくべきだったと思います。当然、役場にも、このサイレンについては苦情の電話等が入ったかと思いますが、いかがでしたか。また、11月11日の消防点検のお知らせも同様の状態でした。これでは、町民には何だかわかりません。町民にわかるようにすべきではないでしょうか。サイレンの音は悪いし、音量が小さいので、音と音量を調整していただき、町民が火災や災害の際に瞬時にわかるようにすべきだと思います。そのように早急に進めてください。

  なお、サイレンの音と音量については、必ず事前に町民に試験吹鳴をして、町民がそれでよいとゴーサインが出せる納得のいくサイレンにすべきだと思います。したがって、徹底して調整をするべきではないでしょうか。いかがお考えですか。

  続いて、質問件名2、水道事業について。水道事業には、より一層の企業努力をしていただき、安全な水の安定供給を実現するための経営基盤強化をしていただきたいと思います。水道課が作成した平成24年11月1日発行の平成23年度越生町の水道事業の概要報告とお願いのチラシが、11月の越生町の広報と一緒に町民全世帯へ配られましたが、このチラシについて町民から、内容がわからないと質問がありましたので、お聞きします。

  (1)、何の目的で配布したのですか。

  (2)、水道事業は安全な水を安定して供給するために、老朽化が進む施設の更新整備が不可欠であり、これに必要な額の純利益が将来にわたって確保されなければなりませんとチラシにありますが、この老朽化が進む施設とはどのような施設があるのですか。これだとわからないので、お聞きします。

  (3)、今後、水道事業の将来の方向性について、具体的な検討を進める必要があるとありますが、何をどのように進めていくのですか。

  以上、2点です。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、宮?議員さんの質問件名1のうち(1)、アについてお答えいたします。

  各区長さんには9月7日の区長会で、各地区の会合などの際に、区民の方からご意見をお聞きいただくようお願いしたところでございます。11月9日の区長会では、総体的にどちらでもよいなど中間的なご意見が多く出されましたが、正午の時報として鳴らすのであれば、サイレンにかわるチャイムがよいのではというご意見となっております。

  次に、イについてお答えいたします。町に直接電話等で意見を寄せられた件数は14件あり、外にいる際の時報として利用しているなどの理由により、再開してほしいというご意見でしたが、サイレンよりチャイムのほうがよいとの内容でございました。

  次に、ウについてお答えいたします。正午の時報吹鳴につきましては、現在も検討中でございますが、今後の予定としては平成25年の「広報おごせ」1月号で、2月1日から3月31日までの2カ月間、正午にチャイムを試験的に鳴らすお知らせを掲載し、この間に苦情等がない場合には、4月以降も引き続き実施する考えでございます。

  次に、質問件名(2)についてお答えいたします。消防のサイレン吹鳴は、火災の内容によりサイレンの吹鳴時間、回数が異なり、その運用管理は全て西入間広域消防組合が行っております。10月28日の火災発生時のサイレンにつきましては、音が小さく聞こえない等の苦情が町にも寄せられているため、西入間広域消防組合には至急改善していただくよう要請しておるところでございます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 質問件名2、(1)、(2)、(3)についてお答え申し上げます。

  11月1日に配布させていただきましたものは、水道事業の決算状況についての概要でございます。水道事業の決算状況については、ホームページにおいてお知らせしてまいりましたが、水道事業の現状について、より多くの町民の方にご理解をしていただきたいと思い配布をさせていただきました。

  次に、(2)でございますが、事務室のある管理棟や沈殿池、簡易水道系統のポンプ場や加圧場など、また水道管につきましても老朽化が進んでおります。

  次に、(3)でございますが、今回の補正予算で計上させていただきましたが、今年度水道施設の現状把握と課題の抽出を業者に委託し、実施をしたいと考えております。この調査を踏まえ、来年度に水道事業の基本計画を策定し、この中で施設をどうするのか、具体的には補修するのか新たにつくるのかあるいは別の方法があるのか、そうしたことを比較検討することをコンサルタント会社に委託し、計画を策定したいと考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) それでは、防災行政無線のサイレンについて再質問いたします。

  お昼のサイレンについては、行政の本当に早い対応ありがたく思っております。引き続き、このような形で実施をお願いいたします。

  それと、火災のサイレンなのですけれども、西入間広域消防組合に至急改善を要請しているということなのですが、これはいつごろ改善される予定でしょうか。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、宮?議員さんの再質問についてお答え申し上げます。

  10月28日の黒岩地内での火災発生の際、聞き取りづらいということで、ご近所の方からも町に苦情を寄せられましたので、町のほうといたしましても西入間広域消防組合のほうに、早速こういった苦情があったということでお知らせをいたしましたところ、やはり同様の苦情が消防署のほうにも寄せられているということでございました。10月28日の翌日に消防長が役場のほうにお見えいただきまして、うちのほうにも苦情があったと。消防署につきましても、できるだけ早く改善をしたいというようなお話がございました。

  具体的には、昨日12月5日に消防署のほうがご報告がありまして、サイレンの音量を少し上げたということでご報告をいただいております。しかしながら、サイレンの音につきましては、人工音声といいますか、合成音声になりますので、それは変えられないということでございます。したがいまして、越生町、実際消防団の火災出動のほうは、年数回ある程度でございますが、そういったことで少し様子を見てほしいということでご報告をいただいております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) そうしますと、町民がそれでよいとゴーサインが出せる納得のいくサイレンになるかどうかということは、わからないわけでしょうか。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、お答え申し上げます。

  消防署の報告では、やはり火災のサイレンでございますので、試験吹鳴はなかなか難しいということでございました。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) わかりました。

  続いて、水道事業について再質問いたします。配られたチラシなのですけれども、こちらになります。これを見て水道事業の現状を、町民はどのように理解したらよろしいのでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 宮?議員さんの質問にお答えします。

  平成23年度越生町水道事業の概要報告ということで配布させていただきました。この点につきましては、毎年メーター交換、メーターにつきまして8年の計量法の関係もございます。私も今年度につきましては、人員が減ったということで、私みずから止水栓、メーター器の確認等を行ったわけでございます。この結果、各家庭におかれましては、止水栓、メーターボックス等の管理につきまして、完璧な維持管理していただいているお宅もありますが、止水栓、メーター器、物が置かれてしまったり、止水栓につきましてはコンクリを打たれて、再度止水栓等を取りつけたり、そういうようなこともしなければならないというようなご家庭がありましたので、それを踏まえまして水道の概要ということで、ここまでは各家庭等で管理をお願いします。ここまでにつきましては、水道課で管理区分、修理等を行いますというようなことも、町民の方により理解をしていただくためが第1点。

  それと、9月議会ですか、決算報告等につきまして、十分に町民にインターネットだけでなく、広報等を行ったほうがいいのではないかというような意見もございましたので、今回このような形で配布させていただきました。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) このチラシは、単にインターネットの抜粋ということなのです。町民に読んでもらうための工夫をしているのでしょうか。一体、何を一番訴えたかったのでしょうか。伝えたいことが町民に伝わったのでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) このチラシは何を訴えたいかということなのですけれども、給水装置というものについての維持管理についての区分を訴えたかったのが、第1点でございます。それから、インターネットに載っているとおりではございません。インターネットにつきましては、表についても載っているのが現状でございます。水道会計につきましては、収益的支出、資本的支出というようなことで、わからづらいと思いますけれども、23年度決算につきましては772万5,000円の関係の赤字という形で、繰越欠損金が3,434万2,300円全体で累計でありますとか、そういうような水道会計の今現状を報告させてもらいました。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) そうしますと、訴えたいことは、ただ単に現状でよろしいのですね。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 単なる現況だけではなくて、これからの水道課のことを、町全体で考えていかなければならないというようなことで、今回こういうようなことも踏まえまして、これからの水道事業をいかにやっていかなければならないというようなものを踏まえまして、出させていただきました。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 恐らく、町民にはなかなか伝わらなかったのではないかと思います。

  続きまして、老朽化が進む施設ということで、いろいろ管理棟だとか沈殿池、いろいろな答弁いただきましたけれども、これは何年に建造されて、何年ぐらいたっているものなのでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 宮?議員さんの質問にお答えいたします。

  この施設につきましては、越生町につきましては昭和40年に簡易水道ということで始まりまして、昭和44年、上水道として水道事業が始まったわけでございます。水道施設の現況でございますけれども、越生町には施設が越生町浄水場を含めまして35施設ございます。申しますと、大満の浄水場初め、大満の配水場、第一、第二、第三、第四とございます。また、黒山地区には中区と高区、大満地内には住宅建設が開発いたしました大満の配水場、それから建設のポンプ場がございます。龍ヶ谷の平倉地区に際しましても、配水場、ポンプ場、上谷地区におきましても配水場、ポンプ場、堂山につきましても、一部ポンプ場を使って給水しております。そのほか、小杉、上台、白鷺、県水配水場、受水場、それから簡易水道地域ということで麦原、龍ヶ谷、戸神だとか山入だとか赤坂等に給配水場がございます。そのようなものを全体の管理を含めまして、45年、たっているところは経過しております。順々に更新工事を行いポンプ等の修理を行っているのが、今の現状でございます。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) ただいま、徐々に更新しているということなのですけれども、各施設について、何年ごろ更新の予定でしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 現在の状況なのですけれども、更新計画はあるのですけれども、耐用年数約20年から25年というような経過でありますけれども、直し直し更新を行っているのが越生町の現在の水道の現状でございます。計画につきましては、順々に直さなければならない場所から、順次、これからは計画を立ててやっていきたいと思います。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) その資金はどうするのでしょうか。その更新の資金はどうするのでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 資金の関係ですけれども、現状におきましては水道料金等の中で行っていっているのが現状でございます。更新計画につきましては、予算の範囲で行う、または急遽起きた場合については、修理をしなければならないというようなことがございますので、その場合はほかの工事計画から対応するというような形をとっているのが現状でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 次にお聞きいたします。

  こちらの23年度のチラシによりますと、主な事業は石綿管の更新事業です。更新するメリットは何でしょうか。簡単にお答えください。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 更新するメリットでございます。石綿管につきましては、耐震管に布設がえということでございます。また、50ミリ以下の給水管等におきましては、劣化による漏水事故が起きていますので、随時計画のもとに、漏水が起きている多い場所から更新工事を行っております。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) そうしますと、石綿管更新と有収率の関係はどうなりますか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 石綿管工事と有収率は、ちょっと私の個人的な考えだと、今石綿管の漏水というのは、現状では起きていません。ポリエチレン管パイプの漏水、VP管の漏水、そのような箇所が、今現在では漏水が多い箇所となっております。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 今までの前回とかの議会においては、古い管を交換できれば、有収率は改善できるという形の答弁いただいているのですけれども、石綿管も古い管ということに入ると思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 石綿管も古い管でございます。越生町におきましては、拡張工事等で48年ごろの布設した配水管、給水管等の漏水が特に多く見られますので、そういうような場所をチェック体制を図りまして、漏水修理を行っているのが現状でございます。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) それでは、給水区域内の全管路延長は何キロありますか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) お答え申し上げます。

  越生町全体で約130キロ、正確には何メートルまでということはわかりませんけれども、約130キロでございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) そのうち、石綿管の占める割合は何%で、延長何キロあるのでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 石綿管更新計画に基づく石綿管につきましては、9,950メートルが計画更新になっております。そうしますと、約13分の1前後……

          〔「130分だよ」と呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 9キロです。10キロですね。済みません。石綿管約10キロでございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 現在、石綿管があと10キロあるということですけれども、この10キロの石綿管については、あと何年で工事は完成する予定でしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 石綿管の更新計画に基づきますと、29年完了予定でございますが、今年度延長させていただくということでございますので、平成30年度終わる予定でございます。現在、23年度までの進捗率と申しますと、47.8%完了して、残り約5,194メートルが残っております。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 次に、過去5年間の石綿管の更新の延長を教えていただけますか。



○議長(新井康之君) もう一度お願いします。



◆5番(宮?さよ子君) 過去5年間の石綿管の更新の延長を教えてください。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 延長4,756メートルでございます、更新済み。



◆5番(宮?さよ子君) 各年度、5年間、各年度についてお答えいただけないでしょうか。



○議長(新井康之君) 暫時休憩します。

                                      (午前11時39分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時40分)

                                              



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) ここにございます平成20年から工事延長を申します。825.8メートルでございます、平成20年度。21年度が811.7、22年度が1,078でございます。23年度が1,439メートルとなっております。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) この各年度の有効率と有収率を教えてください。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 平成20年度につきましては、有収率が79.9でございます。有効率が81.7%でございます。平成21年度につきましては、有収率が78.6%、有効率が81.2%、22年度につきましては76.6%、有収率でございます。有効率が79.2%。23年につきましては74.0%が有効率で、有収率が71.9%でございます。今年度につきまして、9月までですけれども、有効率は出ていないのですけれども、有収率につきましては72.5%ということで、0.6%前年度よりは漏水修理の結果ということで上がっておりますのが現状でございます。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 越生町以外の水道事業の関係を調べますと、石綿管を交換すると有収率は上がるのですけれども、越生町については石綿管を交換したにもかかわらず、有収率が減っているということは、一体どういうふうに考えたらいいのでしょうか。ちょっとわからないので、教えていただけますか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 石綿管更新事業をしたからといって有収率は、ほかの地域は上がったかもしれませんけれども、越生町におきましては山間部等が多いので、水が平たん地みたいに噴き出してきているところであれば、漏水箇所等は発見しやすいですけれども、山の中ということもございます。水が出てきているところを調査しても、その場所から漏水していなくて、10メートル、15メートル上のほうで漏水しているような場所もございますので、実際に全体的に管を全部布設がえしてしまえば、有収率は上がるのが当然だと思いますけれども、順々に工事しているのが現状でございますので、有収率についてはどこが原因ということで、大変申しわけございませんけれども、管の修理については現状の修理を行っているのが現状でございます。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 今の答弁で山間部の漏水が多いと言っていましたけれども、山間部で漏水していて、山崩れで崩れたりして災害対策等大変だと思うのですけれども、その漏水についてはすぐに処理はしないといけないと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 漏水につきましては、わかり次第早急に修理しているのが現状でございます。

  以上です。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) いろいろと答弁していただきましたけれども、私自身考えると、結局有収率が減る原因というのは、漏水だけではないような気がするのですけれども、再調査を考えたらよろしいのではないでしょうか。予算というのは、水道事業にかかわる費用対効果の分析をして決めているのだと思うのですけれども、今後は水道事業については町長が管理者であるから、しっかりとリーダーシップをとってやっていかないといけないのではないでしょうか。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 宮?議員さんのご質問にお答えいたします。

  石綿管の更新は、耐震化のためにやっているものでございます。石綿管のところでは、漏水は現状では起きておりません。そして、その130キロにわたる管路があちこちで漏水を起こしておりまして、それで有収率が確かに下がっております。平地に比べまして、どうしても傾斜地のほうは発見がおくれる、気がつかないケースが多うございます。見つかり次第修理はしておりますが、そこを直すと、また次がだめになるというような、老朽化が進んでいるところは、一定の区間で取りかえるとかいうような形をとっております。有収率が低いのは大変問題なのですが、多くの原因は漏水というふうに思っております。ほかにももしかしたら、メーターが違うのかというような、本当はそうではなく、メーターの数値がちょっと違うということもあるかもしれません。そのようなことについて、今後検討はしてまいります。

  ただいまの現状では、本当に壊れたところを補修、補修で毎日追われているのが現状でございます。来年度しっかり、本当に抜本的にはどうすればいいのか。いろんなシステムが考えられると思うのです。町の例えば県水を100%にしてしまうという考え方もあると思います。しかし、そうしますと、3.11のような事故が起こったときに、町の水がないと困るであろうと。そういうようなことで自己水を確保する、あるいはその場合にはどういうやり方をとる。越生町は膜ろ過という装置をつけておりますが、その前に沈殿池等で前処理をしておりますが、そういうのをしない場合はどうかとか、いろんなケースを考えてどうしたらいいかということを考えてまいりたいと思います。

  有収率の低下につきましては、今年度は全町内にわたって、従来は3年に1回回るように3分の1ずつしておりましたが、今回は町中を1年でやるということで、139カ所かの漏水箇所が発見はされました。しかし、もっともっと実はあるのだというふうに思います。今後とも、注意深く運営してまいりたいと思いますので、よろしくご理解をお願いしたいと思います。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) これで宮?さよ子君の一般質問を終わります。

  この際、暫時休憩します。

                                      (午前11時48分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時30分)

                                              



△発言の訂正



○議長(新井康之君) ここで、水道課長から宮?さよ子君の質問に対しての発言の訂正がありましたが、宮?さよ子君はどういたしますか。



◆5番(宮?さよ子君) はい。



○議長(新井康之君) それでは、水道課長の発言の訂正を許します。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 宮?議員さんの質問の中で石綿管の距離はということの中で、10キロメートルと申しましたが、現在更新工事を約5キロ行っておりますので、現在は残り5キロメートルと訂正させていただきます。

          〔「九千何百メートルでいいんじゃないの、石綿管の距離だったら」

            と呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 今の現在は、だから5キロ更新しているから、残りは5キロですと。



○議長(新井康之君) 町長、手を挙げて発言するか、よく打ち合わせてください。

  ここで、暫時休憩をいたします。

                                      (午後 1時30分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時40分)

                                              

       ◇ 木 村 正 美 君



○議長(新井康之君) 2番、木村正美君。



◆2番(木村正美君) 議会報告作成のため、事前に議長の許可をいただいておりますので、録音をさせていただきます。



○議長(新井康之君) はい。

          〔2番 木村正美君登壇〕



◆2番(木村正美君) 議席番号2番、木村正美です。本日は、師走のお忙しいところ、またお寒い中を議会傍聴にお運びいただきました皆様、大変ありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

  議長よりお許しをいただきましたので、大きくは4つの項目について質問をさせていただきます。

  質問件名1、道路行政の将来像はあるのか。来年度の予算編成も始まったことかと思いますが、厳しい財政運営の中で、土木費の道路建設及び改築工事費が近年減少しています。町には、すれ違いのできない狭隘な道路もたくさんあります。一部道路はよくなったが、中途半端な箇所があります。道路行政の将来像についてお聞きします。

  1番、昨年度に完了した上野地内の町道1―29号線の道路改築工事ですが、どう見ても中途半端です。本来はどういう計画で、いつごろ当初の計画の完了を見込んでいるのですか。実現性はあるのですか。

  2つ目、このほかにも中途半端と思われる道路や橋があります。山吹大橋から越生駅東口への直線道路は、左折して右折しないと駅前へ出られません。中央橋も大変立派な橋ではありますが、春日橋のほうへ向かっていくと、最後はクランクになってしまいます。台風のときのタウンミーティングで、鹿下から古池に通ずる町道が地権者1人の反対で中途半端な状態で、既に別の道路で用が足りているというような話もございました。これらもどんな構想で、いつごろをめどに完成すると説明して実施してきたものですか。

  3、梅林周辺の道路は、今年度予算で測量等の作業が行われていると思います。これらも含めて今後の道路計画をお示しください。

  4つ目、道路行政はその特性から、長いスパンの事業になることは仕方のないことであるとは承知しております。しかし、担当がかわってわけがわからなくなるようなことのないようにお願いしたいわけですが、来年3月には、行政に精通され過去のこともよくご存じの幹部職員の方が、たくさん定年を迎えられてしまいます。私の老婆心であればよいのですが、その点は大丈夫でしょうか。

  質問件名2、補助金利用で活性化を図れ。前の質問とも関連しますが、経常収支比率が90%を超えて財政の硬直化が進む中で、事業が起こせない実情があります。しかし、国や県からは多くの補助金が出されています。そこで、考えをお尋ねします。

  1、町が補助金についての情報をどのように入手し、取捨選択し検討し決定するまでのプロセスを教えてください。

  2、今回、特産物加工所が補助金を利用してゆず之介の生産ラインを増強するということですが、民間に有効な補助金等の告知宣伝はされていますか。

  3、10分の10の補助金ばかりを当てにするのでなく、補助率が低くても、この町の特性に合うものであれば、借金も財産のうちという前向きの取り組みは考えられませんか。

  4、補助金事業の選定、選択にも民間を入れて、活力ある協働の推進を図っていく考えはありませんか。

  質問件名3、指定避難所の耐震性は大丈夫か。先ごろの議員研修で、長野県北部地震で被災した栄村を訪ねて感じたことから、当町に当てはめてお聞きします。

  1、指定避難所の耐震性は大丈夫ですか。

  2、昼間町内にする消防団員及びそれに準ずる対応ができる人数はどのくらいと把握していますか。看護師を初め、2級以上のヘルパー資格者は町内にどのくらいいらっしゃるのか、推計はできていますか。

  3、支援や介護を要する高齢者や障害者の災害時における具体的な救済マニュアルのようなものはありますか。

  4、3.11以降初めて先日防災訓練を終えたわけですけれども、今までにない新しい発見や感じたことはありましたか。

  質問件名4、小学校、中学校の指導とケア体制は。先日、当町において、大変悲惨で残念な事件が発生してしまいました。プライバシーの問題もあり、ご遺族、ご親戚の心情も察し、個別の問題でなく一般的な問題として確認をさせていただきます。

  1、事件後、児童生徒にも精神的な動揺があったものと思われますが、どのように対応し、どのようにケアをされていますか。

  2、小学校、中学校ともに非常に良好な状態と感じておりましたが、2学期以降に不登校の児童生徒はふえているのですか。

  3、学校のレベルが上がっていいことではありますが、その反面、中には取り残される子供がいるのも事実だと思います。どのような指導やケアがなされていますか。

  4、父兄からの不安やクレームの実態は把握されていますか。

  以上、ご答弁をお願いします。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 質問件名1についてお答え申し上げます。

  まず、越生町の道路行政の将来像でございますが、越生町における道路政策につきましては、平成18年に策定された越生町幹線町道整備方針がございます。この越生町幹線町道整備方針は、効率的な道路整備の推進と事業の透明性を明確にする目的で策定されたものでございます。これにより、集落と集落を結ぶ幹線道路は越生町幹線町道整備方針に基づき事業を進め、集落内の道路改良につきましては、区長申請に基づき事業を行うなど基本的な考えのほか、幹線町道の整備は一般的な道路網構成にある環状放射型、格子型、稲妻型、帯状型、クラスター型など6形状から、越生町の地域に適した道路網構成を選定し、市街地においてははしご型、市街地の周辺を格子型、山間部をクラスター型で計画することとなっております。また、事業の透明性を図るため、道路整備の優先順位を、交通要因、環境要因、整備時期決定要因の3区分をもとに、これを8つの指標に分け評価点をつけることで、基本的な優先順位が定められております。

  質問の要旨1でございますが、町道1―29号線につきましては、町道2―33号線、これは商工会の前の道路でございますが、まで接続させる計画でございます。これまでも紆余曲折があり、決して順調とは言えませんでしたが、ここまで進んでまいりました。今後は、住宅がございますので、交渉につきましては慎重に協議を進めたいと考えております。

  このため、計画図の公開につきましては、権利者との交渉前でございますし、補償の関係もございますので、控えさせていただきたいと存じます。また、完了予定につきましては、これまでも何度か一般質問をいただく中、用地交渉は説明会と違い単純に進められるものではなく、個々においての多種多様な感情を解決しなくてはなりませんので、時間がかかることについてはご理解をいただきたいと存じます。

  次に、質問の要旨2でございますが、まず山吹大橋につきましては、昭和55年に越生駅通り線として都市計画決定された道路でございます。山吹大橋以外の整備は、越生駅東特定土地区画整理事業において整備がなされた道路で、飯能寄居線バイパスと越生駅東口をつなぐために計画されたもので、西側に抜けるために計画された道路ではございません。

  中央橋につきましては、橋のかけかえ計画と組合施行による西和田・河原山土地区画整理事業がほぼ同時に始まった事業でございまして、橋の計画に合わせて区画整理事業において道路の整備計画を立てたものでございます。組合設立認可を得るために埼玉県と協議を進める中で、区画整理事業による道路は区域内の生活道路を整備するもので、通り抜けをするために計画する道路ではないことと、鉄道の脇に道路を接続することは危険であるという理由で認められずに、現在の道路形態に変更したものでございます。

  古池の道路につきましては、広域静苑組合越生斎場建設の条件整備による道路改良事業でございまして、当初は了解を得ていたようでございますが、買収時にどうしても権利者の承諾が得られなかったため、地元と協議の末計画を変更して完成させた道路でございます。道路事業は規模や延長により、事業費や権利者の数が変わるものでございまして、事業によっては長い時間がかかる道路整備もございますので、ご理解をいただきたいと存じます。

  次に、質問の要旨3でございますが、この道路はこれまでの道路政策の観点とは違い、議員さんからの請願に基づき、町において政策決定された道路でございまして、幹線道路と観光道路として事業に着手したものでございます。もちろん幹線道路整備方針において、歩道の設置が位置づけられている道路でございまして、構想では町道1―11号線、これはニューサンピアの前の道路ですね、に接続したいと考えております。

  今後の道路政策でございますが、継続事業の用地交渉を根気よく誠意を持って対応し、事業の早期完成を目指したいと考えております。

  次に、質問の要旨4でございますが、道路政策につきましては、質問の要旨1でご説明申し上げました越生町幹線町道整備方針がございますので、新たな事業を計画する場合には、優先順位を参考にして事業箇所の選定が行えます。職員の異動があった場合の継続事業についての場合でございますが、異動の日までにそれぞれの職責に応じた引き継ぎ書を作成しておりますので、情報の引き継ぎが行われております。しかしながら、事業ごとの詳細な部分につきましては、なかなか伝え切れない部分がございます。このため、個別ごとに打ち合わせ記録が作成しておりますので、担当がかわっても戸惑うことがないような体制が確立されております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 木村正美議員さんからの質問のうち、質問件名2につきまして企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、質問要旨(1)でございますが、補助金の情報につきましては、各担当課のそれぞれの分野において、国や県などから補助制度のメニューが示されておりますので、その中で有効に活用できるものを選択して補助事業を行っております。担当課においては、事業の実施に当たり、日ごろから活用可能な補助制度の情報収集に努め、事前に国や県などと協議を行い、できるだけ有利なものを最大限に活用できるように心がけております。また、臨時的な交付金や複数の課に関係するような補助金につきましては、関係課で調整を行い、効果的に活用できるように努めております。

  次に、質問要旨(2)でございますが、民間の事業者や住民の方などが利用できるような補助制度の情報につきましては、それぞれの担当課において国や県などの補助事業者から情報が入り次第、広報等による周知や対象者宛ての通知などの方法により、補助制度の紹介を行っているところでございます。

  次に、質問要旨(3)でございますが、ここ数年は国の経済危機対策などの交付金があり、補助率10分の10の補助制度を活用した事業を実施しておりますが、町ではそれ以外にもさまざまな補助制度を活用して事業を実施しており、補助率が低くても住民サービスの向上のために必要がある事業については、積極的に行っていくように努めております。また、財源確保が極めて厳しい状況にあることから、町債の借り入れにつきましても、事業の必要性、有効性等を十分検討の上、後年度の交付税措置なども考慮して、できるだけ有利な条件のものを選択して活用していくように取り組んでおります。

  次に、質問要旨(4)でございますが、補助制度の活用につきましては、今後も国や県などの補助制度のほか、活用できるものがあれば、積極的に取り入れていくように努めていきますが、ますます厳しくなることが予想される財源の確保に対し、有効な補助事業があれば、民間とのタイアップや民間活力の利用を検討するなど、魅力あるまちづくりを進めていく方策を見出していくことも必要になるものと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、木村正美議員さんの質問件名3のうち、(1)について総務課よりお答えいたします。

  現在の防災計画では、中央公民館、やまぶき公民館、地域交流センター、武蔵越生高校、県立越生高校、梅園小学校及び越生中学校の7カ所を指定避難所として定めております。このうち越生中学校は、進入路の一部が土砂災害特別警戒区域に指定されているため、今回の防災計画見直しに合わせ指定避難所から除外し、新たにゆうパークおごせを指定する方向で、来年2月中に開催する越生町防災会議に諮り決定する予定でございます。

  指定避難場所の耐震性につきましては、新たに指定予定のゆうパークおごせを含めた7施設中5施設が、昭和56年以降の建築基準法・新耐震設計基準により建設されたものであるため、その安全性は担保されているところでございます。残る2つの指定避難所のうち、県立越生高校の体育館は昭和52年に完成した建物となっておりますが、平成17年に埼玉県が耐震診断を実施し、耐震性に問題がないことが確認されております。また、武蔵越生高校の体育館につきましては、昭和50年完成の建物となっており、本年11月から来年5月までの期間で耐震診断調査を実施中であると伺っております。

  次に、(2)についてお答えいたします。現在、越生消防団は88名の隊員が所属しております。昼間に発生した火災における消防団の対応人数数について、ここ数年の出動状況で申し上げますと、平成22年からことしの10月までの間に6回出動があり、うち昼間の出動は5回となっております。その出動平均人数は36名で、全隊員数の41%となっております。また、出動状況をカバーするため、消防団経験者21名で消防支援隊を組織しており、火災発生時には、消防団の後方支援として対応に当たっていただいているところでございます。

  次に、町内の医療機関等にお勤めの看護師の人数につきましては、平成22年12月31日現在、医療業務従事者届によりますと30名でございます。また、介護従事者のうち、ヘルパー1級、2級の資格を持つ方の人数につきましては、平成24年11月20日現在、事業所からの報告によりますと49名でございます。

  次に、(3)についてお答えいたします。災害発生時に支援を必要とする高齢者や障害者を救済するマニュアルにつきましては、平成22年3月に越生町災害時要援護者避難支援プランを策定済みでございます。

  次に、(4)についてお答えいたします。今回の防災訓練では、シェイクアウト訓練の後、15の地区で一時避難訓練が行われ、600人を超す参加がありました。また、訓練会場に参加いただきました皆様には、積極的な訓練参加のほかに、各種防災展示品や他の訓練の様子を熱心に見られておりましたので、特に3.11以降、住民の皆様の防災意識が高まっていることを確認することができました。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 学務課から、木村議員さんの質問件名4についてお答え申し上げます。

  (1)につきましては、1学年は朝の会を学年集会にして、学年主任から話をしました。学年主任からは、仲間が亡くなってしまった事実と、命の大切さを考えて今後生活するなどを話し、黙祷をささげました。2、3学年は、各学級で担任から同様の話をしてもらいました。現在、生徒に精神的な不安等は見られませんが、引き続き生徒の様子をよく観察し、命の大切さを指導するとともに、ケアをしていきたいと考えております。

  (2)につきましては、現在、小中学校とも病気等で休んでいる児童生徒を除き、全く登校できない者はおりません。中学校では、断続的に登校し教室復帰に向けて取り組んでおり、望ましい方向に向かっております。中学生は思春期ですので、いろいろな悩みから一時的に欠席する生徒もいますが、家族や友達や担任が温かく接し、復帰して登校できるようになっております。

  (3)につきましては、学力を比較する方法に平均点がよく使われます。例えば、越生中学校の平均点を国や県の平均点と比べますと、議員さんが言われるとおり、平成20年度から徐々に向上してきております。平均点が上がってきている大きな要因は、学力が低いとされる生徒の成績が向上したためです。実際のところ、家庭学習の時間の調査においても、家庭での学習を全くしない生徒が大幅に減少し、1から2時間行う生徒がふえてきております。引き続き、わかる授業の充実、個別指導などを通し学習意欲を喚起させ、学力の向上を目指します。

  (4)につきましては、各小中学校では、学校行事、授業参観、保護者会、三者面談、学校公開週間などがあり、保護者が学校に行く機会が月に1回程度あります。そのときに直接担任や学年主任、管理職に相談する場合もあります。また、時間の関係で直接お話ができない場合もありますので、各行事等のときには、アンケートへの記入、また学級通信の返信欄に保護者の意見を求めたりして、さまざまな意見の把握に努めております。また、PTAの役員の方々からも、役員会等で活発な意見交換を行っております。これらのとおり、できるだけ細かな対応を図る中で、保護者からの不安や意見の把握に努めております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) それでは、質問件名1の道路行政のところから質問させていただきます。

  一番関心のあった去年、あの議会の後に現地が終了したということで見に行って、そのときに大きい道から突き当たって、この先どうなるのだいという話のときに、突き抜けてこっちの役場の前あたりへ出るよという話は先輩議員さんから聞いたのですけれども、果たしてこれは実現性があるのかというふうに正直思ってしまいました。今のご答弁の中で、商工会館のところまでぶつかるのだという話なのですけれども、当初の計画、これはいつから始まっていつぐらいまでにつくるということはあった。いつぐらいまでというのは、最初からないのですか。そういう道をつくりたいという話で、いつごろまでに完成したいというめどというのはあったのでしょうか。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 1―29号線の関係でございますが、何年から始まったという資料持っていないのですけれども、ゆうパークと、それからもう一つ桜の山構想が出たときに、毛呂からの道路が必要だということで、その時点での道路網構想で計画があったものを着手したと聞いております。自分がまちづくり整備課長になりまして、都市計画課と建設が一緒になってまちづくり整備課になったのですけれども、そのときに同じようなご質問いただく中で、住宅がこの後はずっと続くので、何年という計画は立てられませんが、10年ぐらいでめどがつけられればいいとは思っているようなことを言った記憶がございます。

  こういう事業なのですけれども、1つは国庫補助事業全部投入して、最初に計画線をつくって、全部用地のほうを取りまとめてから事業にかかるという一つの手法と、それから計画線をとりあえずつくって、単費になる場合には一気にたくさんの金額が投入できないということで、時間をかけて少しずつ、少しずつ、権利者の承諾を得られたらその部分を、また得られたらその部分をという2通りの進め方がございます。今、1―29号線でやっているのは、着手は早くできますが、全員をまとめてからではないものですから、その場所によっては時間がかかるというデメリットもございます。逆に国庫を使いますと、全員の承諾が得られるまでに時間がかかるということで、承諾はたくさんいただいていても、なかなか事業にかかれないというデメリットもあるということで、1―29号線につきましては、町の全部用地がまとまってではなく、計画線がある中でその都度、その都度やって用地交渉を進めているという関係でございますので、特にこれから先は上台のほうへ出てくる中で、どちらにどう振っても住宅ばかりでございます。そういうことで、当然承諾が得られたにしても、その補償費だけでもそう簡単には払えるものでございませんので、今の時点で何年に整備を終わらせたいというのは、非常に難しいお答えになるのではないかと考えております。

  よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) そういうお答えなのだとは思いますけれども、バイパスがなければ、確かに昔の今の町の中を通っている町道の迂回路ということで、非常にあの裏道が通れば有効であったかと思うのですけれども、今の段階ではバイパスがメーンの線になって、旧の県道がその役割を、新しくつくろうと思った道路の役割をほぼしているのではないかというふうに思われるのですけれども、今後そういった道路を、さらにトンネルを掘ってつくる必要があるのかどうかとかということ。一担当課長として決められることではないでしょうけれども、さらに推進して何年かかっても通すべきだと考えるのか、それとも国でもいろいろな事業を実施して、途中でやめたほうがいいのではないかという判断、ここまでやったのだから、進んだほうがいいのではないかという判断があるわけですけれども、長年やってきたいろんな経験から考えて、最終的にはあと20年かかっても30年かかっても、道路は通すべきだというふうにお考えでしょうか。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 越生町の幹線町道の構想につきましては、おおむね10年に1度見直しをする形をとっております。18年に策定いたしましたので、28年には当然見直しをする中で、その時点では当然ベターだったものが、10年後にはまたそのままかどうかはわからない状況はございます。

  ただ、1―29号線につきましては、なぜ始まったかというと、越生町はバイパスは今できていますけれども、それまでは飯能寄居線1本でした。その県道の両サイドに住宅が建ち並ぶと。そのころは長期総合計画で越生町の3万人人口がございまして、どうしても市街地を広く持ちたいと。バイパスを川の東側に持っていって、再度西側にも道路を通さないことには、越生町の厚みが持てないと。細長いままなので、それを何とか厚みを持たせたいという、一番根本の計画はあったようでございます。そういう中でトンネルの話になりますと、ちょっと議員さんおっしゃるとおり、私一人の判断ではできませんので、見直す時期に十分検討して、そのときの一番よい選択をしていただければと思っております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) それでは、次の質問に移らせていただきます。

  私の近所にお住まいの方で鉄道の、国鉄なのですけれども、以前働いていた方とお話しする機会があって、山吹大橋を渡って反対側にトンネルを掘って駅の西側へ出る、あるいは跨線橋をつくって、そういうことができるのかと聞かれたことがあるという話を聞いたことがあるのですけれども、それはとてもできないよと。もちろん駅前に大きなお寺があったりして、あっちの先まで行けば、そういう用地で考えればできるというような話もあったのですけれども、とにかくバイパスから来て越生駅入り口だとか越生町役場へ入るという看板が、今、全然多分ないと思うのです。旧の通りを通れば、役場の入り口案内はあるかと思うのですけれども、もちろん正規のあれはあると思うのですけれども、今メーンになったところがバイパスですよね。そこに越生の駅へ行くには、バイパスを来た方が、役場へ行くのはどこから入るのだ。今はもちろんカーナビがありますので、そんな看板を頼りに来る方は余り多くないかと思いますけれども、何かその辺で道路をつくったのだけれども、橋もつくったけれども、中途半端。

  それから、中央橋においても、先ほどの説明の中で線路と並行に走ってどうのこうのとかというご説明があったのですけれども、それは先に線路があった話で、後から線路ができたのではないのだと思うので、その辺は最初からその計画に織り込み済みではなかったのかと。どこへどう抜けるのか、よく計画性も私わからないのですけれども、何か中途半端というような気がしてならないのですけれども、その辺はどうなのでしょうか。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 1点目のご質問は、越生東西線の話とは違うのでしょうか。

          〔「山吹大橋から真っすぐ東口へ抜ける道、あれを下をやるのか上

            やるのかと相談を受けたことがあるというのです、町の当時の

            担当者」と呼ぶ者あり〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 越生東西線ということであれば、越生町の総合計画の土地利用計画で、郵便局の下を借りるというか、そこを抜いての計画がございましたが、駅の前での計画はないと思います。それも上野西の区画整理事業を推進する中で、都市計画道路として位置づけてという話で話は進めていたのですけれども、地区の同意が得られずに、今は東西線を下に抜くという計画もなくなっております。

  それから、西和田・河原山の区画整理事業でございますが、先に区画整理事業の計画があるのであれば、まだ橋のかけかえをずらすということもできるのですけれども、話がほぼ同じような形で進んでいる中で、橋の位置が決定していました。ただ、工事はできていませんけれども。その決定した橋に合わせての道路計画を考えなくてはならないということで、その橋が鉄道沿いにできてくるために、そこに道路はタッチせざるを得ないと、そういう経緯がございます。

  それと、何度も申し上げますように、区画整理事業というのはそこに住む人でなくて、周りの人が便利に通過できるような道は認められておりません。できる限り通過交通ができないような計画というのが区画整理事業の基本でございますので、そういうことで曲がっていることについては、全然区画整理を担当している自分としては、違和感がございませんでした。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ご説明はわかりましたけれども、余りにも中央橋が立派なものですから、大きい車がどんどん通る橋なのかなというふうに私は見ておりましたけれども、そういう橋なわけであるわけですね。

  あと、大きい道路はあれなのですけれども、質問の中にもいたしましたけれども、幅員の狭い道路が越生町にたくさんございます。悪いことばかり言っているのではなくて、とにかく道路補修や何かは、朝議会があるときにあそこがへこんでいます、ここが穴あいていますというと、本当にその日のうちに対応していただいて、大変ありがたく思っているのですけれども。あと、狭い道路について、いろいろ用地買収だとか予算の関係とかなかなか難しい部分もあるのかと思うのですけれども、それはそれなりに、例えばこれは町だけで決められることではない。警察の協力を得なくてはならない。もちろんそこを利用する地域の方々には、一番理解を得なくてはならないですけれども、狭い道は一方通行にするとか、あと待避所をつくるとか、ミラーをつけてすれ違いの前に待避ができるような方法をするとか、できるところから、やっていただいているところもあるとは思うのですけれども、そういうふうな対応をぜひしていただく。結構鉢合わせ、お見合いしてしまって、どっちが下がるのだというようなの、結構その後に、後ろにまた車が来てしまったりすると、なかなかバックするのも大変というのを各所で見ることが多いのです。

  ですから、そういった特に区長申請のあったところから、順次検討していくのだというようなお話は聞いているのですけれども、そちらのほうはどのくらい区長さんのほうから申請が出ていて、受けているのが余り多くて、とてもではないけれども、優先順位待ちというか、順番待ちですよという状態なのでしょうか。道路の今のそういった区長さんからの道路関係の申請は、どんなふうに今出ているのでしょうか。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 区長さんの申請による道路改良になりますと、当然その権利者の同意書を添付しての区長申請になります。そういう関係で、ひところよりは大分道路改良につきましては少なくなっております。ただ、区長さんの申請そのものはたくさん出ておりまして、特に道路の舗装をして20年、25年、場合によったら30年も打ちかえもやっていないという場所がたくさんございますので、その場合区長さんのほうでは、用地の心配がないということで、道路を見てくださいと。こんなに悪いので、ぜひ舗装し直してくださいと、そういう区長さんからの申請は多くなっております。

  それと、家を建てる場合には、建築基準法で4メートルという規定がございまして、これは道路法に基づく道路が4メートルなくてはならないということで4メートルです。そのために、1戸の建築に伴いまして後退用地の整備工事は、家を建てるので後退してくれたところのは整備をしております。それと同時に、それはどうしても、例えは悪いのかもしれないですけれども、蛇が卵をのみ込んだような形の整備しかできないものですから、それとは別に狭隘道路の整備事業というものを行っております。これは基本的には市街化区域の中で4メートル未満の道路を、全部4メートルで改良していこうと。しかしながら、実際にやっているのですけれども、市街化区域になりますと、土地の価格等いろいろ問題がありまして、なかなか進められない部分もございます。今年度も市街化区域、黒岩地内で国庫補助を投入してやっておりますけれども、そういうことで市街化区域を今は都市計画区域に広げて、今では都市計画区域に限らず、越生町全域で建築確認が必要になっておりますので、梅園地域のも含めた部分で狭隘道路の整備事業を進めようとやっております。

  本当は4メートル未満の道路をなくして、整備が終わった後には今度は4メートルですと、どうしても大型が来ますと、すれ違いができない状況がございます。そういうことがありますので、まず狭隘道路の整備ができたらば、今度は通り抜けできるように、回転広場みたいなものを設けなくてはならないかと思っているのですけれども、とりあえずは狭隘道路の整備を何とか解消しようということで鋭意努力しているところでございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) それでは、質問件名の1のほうは、時間もどんどん過ぎてしまいますので、次の2番のほうの補助金利用のほうに移らせていただきたいと思います。

  プロセスなのですけれども、先ほどのご説明だとあれなので、具体例として、今回特産物加工所で補助金をいただくようになったという経緯を、そのプロセスということでご説明ができればお願いしたいと思うのですけれども。実際の手順というかですね。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、産業観光課のほうからご答弁させていただきます。

  今般、特産物加工研究所の補助金が交付されるわけでございますけれども、これにつきましては6次産業埼玉モデル育成事業という新規の事業でございます。補助率が2分の1の事業でございまして、加工所が400万円ほどもらうというようなことでございますけれども、この経緯につきましては、新設された事業でございまして、県から直接加工所のほうに話がいっているということで、町のほうには後日、こういったことで町のほうに県のほうからお伺いしますというようなお話をいただいて、その時点で知ったというようなことでございまして、直接県の農業支援課と加工所の相対の関係ということでございました。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ケース・バイ・ケースということになってしまうとあれなのですけれども、基本的には何かそういうパターンを、こういうのが例ですよというようなケースは何か最近ございましたですか。ご説明いただける、要するに例えばこういう情報を得て、どこでまずそれをやってみようと検討して、どことどこが集まってどうして、どういう手順をして、最終的に町長の決裁かどうかわかりませんけれども、ゴーが出て始めたというような、そういった一連の過程がわかるあれがありましたら、説明をお願いできればと思いますけれども。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) お答えさせていただきます。

  今の第三セクターが受けた、いわゆる企業が受けた補助金というのは珍しいと思っております。今、産業観光課長から答弁がありましたけれども、直接ということでございます。一般的な補助金というのは、それぞれの担当課で国や県からの補助メニューをいろいろ調べまして、それで受けて実施するというのが一般的なパターンでございます。今回の第三セクターの場合には、特殊かなというふうに思っております。一般的には、新しい事業補助制度がある場合には、町の関係のは町へ来ますし、それから町が知っておくべき補助メニューというのも町には来ます。町といたしますと、関係のところには情報を流すときはもちろんありますけれども、一般的には町に入るものと、町がどんなものがあるかを調査研究しているというのが現状でございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 財政が厳しい中で、なかなか新しい事業というのは難しいのは確かなのですけれども、そうしますと町が活性化をしていかないということで、今回の私の質問の趣旨は、補助金を利用して、多少負担はかかっても活力をつくり出す源にするために、補助金をあえて借金をしていくのだという、そういう心構えはないのかということで質問したのが、質問の一番の趣旨なのですけれども、私も詳しくは見ていないのですけれども、農林水産省の林野庁関係だけでも何か五十幾つかの補助金が、これがどれだけ当てはまるかというのはわからないのですけれども、各省庁で物すごい数の補助金が出ているようです。それを一々私見ているわけにいかないのですけれども、梅の剪定枝でペレットを、農家の方28軒ぐらいに協力していただいてことしの春つくったわけなのですけれども、そういったことも含めていろんなことができないかということで、たまにこういったものを見たりするのですけれども、そういった中で多少負担はあるのだけれども、やっていくのだという、そういう気持ちがあるのかないのか。確かに10分の10の間違いのない補助金をやっていけば、一番いいのでしょうけれども、多少無理でもそういったものに挑戦していくという気持ちがあるかないか、それだけちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) お答えさせていただきます。

  町の財政も大変厳しいものですから、補助を受けられるものは補助を受けて実施していきたいというふうに思っておりますし、今もいろいろなところから補助金をいただいて事業を展開しております。これから新しい補助メニューとかもいろいろありますので、調査研究をいたしまして有効なものを利用して、まちづくりのために利用していきたいというふうに思っております。ただ、2分の1の補助事業が例えばあったといたしましても、残りの2分の1は一般財源、町から負担するわけですので、事業をやりたい内容がその補助事業にマッチしていれば、有効に利用できるのかもしれませんけれども、ちょっと無駄なことを使ってまで、2分の1の補助を受けて町の補助金を2分の1を足すとなると、余り成果にならない部分もありますので、その辺のところはよく補助の内容、条件などを見まして、補助事業を実施するかどうかいろいろと精査して、相互補完しながら受けるかどうかを決めていきたいと思います。

  町といたしましては、積極的に補助事業は活用してはいきたいと思います。財政も厳しいものですから、その辺は一生懸命職員も精査していきたいというふうに思っておりますので、よろしくどうぞお願いいたします。

  以上です。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ぜひ適合する補助金を、いいものを見つけていただいて、活性化に役立てていただければというふうに思います。

  それでは、次の質問件名3に移ります。耐震性は大丈夫かというところなのですけれども、今回シェイクアウト訓練というのが各家庭で行われたわけですけれども、なかなか家庭でそこまでやった方がどのくらいいらっしゃるのか。自分の身を守るためということで、その辺はちょっと私もぱっと見て、シェイクアウトというのを余り聞かなかったのですけれども、アメリカで始まったそういう訓練方法で、ドロップ、姿勢を低くする、それからカバー、頭や体を守る、それからホールド、揺れがおさまるまでじっとしていなさいと、この3つのことを訓練するのがシェイクアウト。たまたまそういうことを初めて知りましたのですけれども、そういうことをどれだけやっているかというものが、600名ぐらいがそれぞれ集まった。300名を超える方々が中央公民館の会場のほうへもお集まりになりましたけれども、実際にそれだけの方が意識を持って当日やられたかどうかというのは、多分推定でしかないと思うのですけれども、各家庭でやっていただいたのではないかという、そういった自負というか、ありますでしょうか。効果はあったというふうに思いますでしょうか。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、木村正美議員さんの再質問についてお答え申し上げます。

  シェイクアウト訓練につきましては、携帯メールと防災行政無線、今回ちょっと防災行政無線の放送のほうが不備がありまして、少しおくれたことについては、まずおわびを申し上げます。いずれにいたしましても、各家庭で1分程度の訓練ということでございますので、手軽にできるということもございます。いずれにいたしましても、こういった一般の町民の方、住民の方からも、比較的スムーズにそういった訓練あるいは防災意識を高めていただくように、今後もこのシェイクアウト訓練につきましては継続してまいりたいというふうに考えております。

  その後、15地区であらかじめ区長さんのほうにお願いをしてございまして、一時避難訓練に参加していただいたわけでございますが、600名を超える参加があったということでご報告をいただいております。当日は受け付けだけでも300名を超えておりましたが、一般の方もご来場いただいているのではないかと思います。私どもは、参加される方が休憩いただくように、テントのほうも用意したのですが、ほとんどの方がそちらのほうでお休みをいただいていない状況で、積極的に訓練に参加していただいたり、それぞれの訓練を熱心にごらんいただいたり、あるいは自衛隊の防護服あるいは装甲車もあったかと思うのですが、そういった車両ですとか、今回はLPガス協会の坂戸支部のほうに無理を申し上げまして、LPガスの発電機の展示もしていただきました。いずれにいたしましても、3.11以降、住民の皆様の防災意識が高まっているということで確認できたところでございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ちょっと聞き足りなくなってしまったのですけれども、最後の質問になるかと思うのですけれども、自助、共助、公助ということで、そのうち自助、共助が一番大切だということで、今回栄村へ行って消防団員さんが何か1割ぐらい、経験者も含めてだと思いますけれども、2,500人ぐらいの村なのに、250人ぐらいの消防団員さんがいると。それから、あと下駄履きヘルパーということで、本当に隣近所のげたをつっかけて隣へ駆けつけるという、そういう方々がたくさんいて、被害は少なく済んだし、直接の死者はいなかったというふうに、その後いろんなことで3名ほど亡くなった……



○議長(新井康之君) これで木村正美君の一般質問を終わります。

          〔「いいんじゃない」「けりがつくまで」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) では、最後まで結構です。



◆2番(木村正美君) もう結構です。



○議長(新井康之君) 私の質問のときも打ち切られましたので。



◆2番(木村正美君) はい、済みません。時間配分が悪くて申しわけないです。



○議長(新井康之君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 2時42分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時55分)

                                              

       ◇ 木 村 好 美 君



○議長(新井康之君) 7番、木村好美君。

          〔7番 木村好美君登壇〕



◆7番(木村好美君) それでは、通告に従いまして、一般質問させていただきます。

  質問件名1、教育及び教育行政全般について。来年早々町長選挙もあることなので、確認のため再度お聞きいたします。

  (1)、平成24年3月議会で、当時の課長が「アンケート調査をもとに県と話し合いはしておりますので」と言っていたので、その点をお聞きしたところ、現課長は「県と協議はしていない。議事録が間違っている」と言っており、あたかも私たちの耳が悪いくらいの発言であった。議事録の軽視、議会軽視はあってはならない。そこで、この場で聞く。議事録が間違っているのか。教委の答弁は完璧であり、何も問題はなかったのか。

  (2)、昨年の11月の2学期制アンケートで、越生中学校の保護者47.8%の皆様が「3学期制に」これは「戻す」と書いてありますが、3学期制がよいことを訴えています。それを踏まえての今後は。「学力向上委員会で検証する」と言っていたが、検証結果を詳しく。これは3月議会でも、私は同じことを聞いております。しかし、たくさんあり過ぎて答えられないというような返事をいただきました。その辺も含めて詳しくご説明ください。

  (3)、コミュニティスクールを立ち上げ、地域、町民が支える学校運営で開かれた教育をすべきではないか。指定関係のあるような身内でイエスマンを置くような暗黙のトップダウンは、即やめるべき。コミュニティスクール導入についての見解は。

  (4)、梅園小学校の今後について。統廃合はあるのか。

  (5)、スクールバスの無料化について。これはスクールワゴンも一緒です。義務教育なのに不公平きわまりない。子供はみんな平等ではないのか。

  (6)、子ども議会で子供の声を拾う気はないのか。以前の答弁で、子供からは、子供からのお手紙を求めるような発言がありました。町長のたしか答弁だったと思いますが、その手紙は来たのか。もし来たのなら、その内容は。

  (7)、昆虫館や、併設されている有料部屋の利用状況は。教育にどのようなプラス面があるのか。地域の方に喜ばれているのか、見直しはないのか。(町民利用は全体の何%なのか)。

  (8)、過去に2学期制ビラについて、個人情報保護条例があるのに個人名を読み上げ、教育委員会は個人攻撃をしていたが、今後も同様な事案があった場合、個人攻撃をするのか。また、その保護者の職場に乗り込み、上司を立ち会わせ公開質問状を送りつけたり、署名した人たちの電話番号を調べ1件1件電話し、署名をしたかどうかの確認をしたり今後もするのか。こんな怖い町にしたら絶対にならない。この場ではっきりさせたい。

  (9)、各学校のいじめ不登校の実態は。その対策は。

  質問件名2、行政全般について。(1)、越生まつりの今後の方向性は。

  (2)、特産物加工所に対する今後の町の考えは。ハード面に協力すべきではないか。

  (3)、自治基本条例の今後の流れは。委員さんをもう既に解散させてしまいましたが、その解散させた理由は何でしょうか。

  (4)、住民投票条例についての町の見解は。

  (5)、ゆうパークの契約後は、今指定管理者の契約ですね、の後はどうするのか。

  (6)、生きがい事業団へ対する町のさらなる支援策は。

  (7)、町立保育園に対する町のさらなる支援策は。

  (8)、社会福祉協議会へ対するさらなる支援策は。

  以上です。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 学務課から、木村議員さんの質問件名1についてお答え申し上げます。

  (1)につきましては、ご質問の内容は平成24年3月議会において、「2学期制のアンケート調査結果をもとに県と話し合いはしておりますので、具体的には」というくだりで、平成24年第1回定例会越生町議会会議録147ページ、19行目の内容だとお察しします。会議録に記載してあります内容について、当時の課長に事実を確認したところ、「県と話し合いの場を持ったことはない」との回答でした。また、当時の状況を勘案しても、県と話し合う内容ではなかったようでございます。「検討、話し合いはしております」と回答した模様です。会議録に誤って記載されていると申し上げたのは、こういった事実確認によるものでして、木村議員さんご自身が録音した内容及び会議録について非難したものでないことをご理解いただきたいと思います。

  (2)につきましては、学力向上推進委員会では、児童生徒の学習規律の確保と学力向上を目指して研究、協議を進めています。学力向上推進委員会では、生徒指導の現状、学校行事の確保等によって、児童生徒の豊かな心を育成していることや、また各種学力調査の結果が良好であることなどから、2学期制に関する保護者の不安を払拭するだけの成果を得ることができていると考えております。

  (3)につきましては、コミュニティスクールが、学校運営に保護者や地域住民の意見を反映させるために学校運営協議会を設置し、教育活動を充実させて、学校、家庭、地域の連携を推進するための取り組みの一つであることは、周知のとおりです。本町では、PTA組織及び学校応援団組織が機能し、学校行事を初め、学校運営に関しては校長のリーダーシップのもとで円滑に連携が図られております。また、学校、家庭、地域が連携することにより相互のコミュニケーションが図られ、自分たちの学校をよくしていこうという取り組みを随所に見ることができます。まさに、このことこそが、コミュニティスクールという名称は使用しておりませんが、実質的には導入している学校と同等の成果を得たものであると考えております。

  したがいまして、各学校ともコミュニティスクールの導入については、現在のところ考えておりませんが、学校運営に関しましては、今後も保護者及び学校評議員による意見を十分に反映させ、円滑な学校運営が行われるよう努めてまいります。

  (4)につきましては、特色ある教育活動を展開している梅園小学校は、今後もできるだけ存続させていきたいと考えております。

  (5)につきましては、バス通学補助金についてお答えさせていただきます。学校長が認めたバス通学を要する児童の保護者に対して、その費用を軽減し、通学を容易にすることを目的に補助金を支給しております。補助金の年額は、通学に要する区間の定期代の2分の1の額としております。今後は、保護者の負担を軽減するため、財政当局と協議をしてまいります。

  (6)につきましては、子ども議会の開催についての計画は現在もございませんが、子どもからのさまざまな声を拾う手だてとしては、町長が学校へ直接出向いて出前授業を行い、意見をいただいたり、手紙をいただいたり、幾つかの検討材料としてございますので、今後調整してまいります。

  (8)につきましては、過去に越生中学校の校門の外で、授業参観等により来校した保護者に対し、事実と異なる情報をビラで流されたために混乱が生じ、その事実を確認するために公開質問状を送ったと把握しております。ビラを配布した本人は、インタビューした相手へ、事実異なる情報により迷惑をかけたとして謝りに伺ったようでございますが、ビラ内容の信憑性については疑念を残したものであると聞いております。

  また、他の市町の人にも、本町の2学期制についての反対があったため、その理由を今後参考にしたいことから、電話帳をもとに何件か問い合わせをしたと聞いております。これは、教育委員会会議において、この件で質問を受けた場合に、教育委員会事務局として回答をする必要があるためです。行政機関として事実を正確に把握するための作業の一環であり、個人攻撃などではなかったと聞いております。

  (9)につきましては、統計上不登校扱いとなる児童生徒はおりません。いじめに関しては、毎月の校長会や生徒指導委員会で報告を受け、小中学校ともきめ細かく対応しております。現在のところ、問題となる深刻ないじめはございません。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの質問件名1のうち、質問の要旨(7)について生涯学習課よりお答え申し上げます。

  梅園コミュニティ館に開設いたしましたおごせ昆虫と自然の館の利用状況に関しましては、2月のプレオープン以来、11月までの入館者数は約2,200人でございます。これは、受付簿に記帳していただいた方の数ですので、未記入者と各種イベントの参加者を加えますと、もう少しふえるものと思われます。また、町民の方の利用率に関しましては、住所などの記入もまちまちでございますので、根拠をもってご報告できる状況ではございませんが、各種イベント等につきましても、原則的に対象を町民の方に絞っていることもあり、おおむね9割方越生町在住の方の来館であろうと感じておるものでございます。

  教育への効果と地域への貢献度という点に関してお話し申し上げますと、子供たち、特に梅園小学校の子供たちにとっては、学校で埼玉昆虫談話会員でもあるTVチャンピオンの長畑直和さんの講演を聞いたり、学習の一環として見学していることなどもあり、昆虫館や会のメンバーの方々が、身近な存在になっているようです。中には、すっかり談話会員の方たちと打ち解けて、土、日、祝日には入り浸りのような子もいるようで、昆虫を通じて本質的な物の見方が養われることも期待しております。そのほかでは、児童館的な役割も担っていただいている状況です。また、観察会を初めとするイベントには、大人の方の参加も多く、通常の開館時にも昆虫に関する質問に来られる方や、家族や知人を案内して何度も来館されている方などもいらっしゃいます。

  以上のような状況で、昆虫と自然の館に関しましては、徐々に地域の方々に受け入れられていると認識しているわけですが、その一方で、平日の貸し館部分につきましては、現在まで6件の利用でございます。8月下旬には、多目的室にアップライトのピアノを1台設置したこともあり、コーラスサークルの方々にもご利用いただき始めた状況ですが、今後も引き続き広報への掲載やサークル、団体への呼びかけなど、さまざまな機会を捉えて多目的室と交流室の平日利用の促進に努めてまいりたいと存じます。

  施設の活用方法の見直しという点につきましては、開館後1年も経過していない今、当初の方針のまま、現状での施設の価値をより高められるよう努力し、管理してまいりたいと考えております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から、質問件名2の(1)及び(2)についてお答え申し上げます。

  初めに、越生まつりの関係でございますが、この祭りの歴史は古く、今から200年ほど前の文化文政のころからと言われ、「お天王様」の名で親しまれておりました。平成元年からは、町制施行100周年を記念して、町を挙げての祭りにすべく「越生まつり」と改名し、今日に至っているところでございます。ことしも、越生町、越生町観光協会、越生町商工会、越生町区長会、知識経験者などをもって組織する実行委員会で運行経路や警察協議、またイベント内容などを協議検討し、実施したところでございます。

  越生まつりには、町内はもとより、県内からも多くの方々に来町していただいておりますが、今後も地元のお祭りとして、一人でも多くの町民に参加していただけるよう工夫を凝らすとともに、さらなる集客を目指し、ポスター、チラシ等のPRにも力を入れてまいりたいと考えております。

  次に、特産物加工研究所の関係についてお答えいたします。ご承知のとおり、越生特産物加工研究所は、昭和62年に第三セクター方式による株式会社として設立され、ことしで四半世紀を迎えたところでございます。この間、幾多の紆余曲折があったこととは思いますが、関係各位のご努力により、一定の成果を上げているものと認識しています。今後も設立の目的を果たすため、引き続きご尽力を賜りたいと考えております。

  また、ハード面に協力すべきということにつきましては、第三セクターとはいえ株式会社であることを勘案すると、安易に補助金等を支給することは、企業経営上、その自助努力を阻害することが懸念されますので、慎重に対処する必要があるのではないかと考えております。

  なお、特産物加工研究所に有用な国、県補助金等の情報を得れば、随時その情報提供を行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 木村好美議員さんの質問件名2の(3)、(4)及び(5)について、企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、(3)の自治基本条例の今後の流れと委員さんを解散した理由についてお答え申し上げます。自治基本条例につきましては、策定検討委員会の皆様の熱心な議論のおかげで、予定どおり本年7月に素案を作成していただきました。8月からは自治基本条例の必要性と、この条例素案の周知を図るため、「広報おごせ」によるPRのほか、全世帯を対象に条例素案を配布したり、説明会や自治基本条例に関する講演会を開催したりするなど、さまざまな方法で周知を図るとともに、素案についてのご意見を町民の皆様からお聞きしてきたところでございます。その中で、条例の内容についての周知が足りないなどのご意見があったため、今後につきましては町民の皆様に時間をかけて、まちづくりの基本的なルールを定める自治基本条例の制定が必要であることを周知してまいりたいと考えております。

  次に、策定検討委員会を解散させた理由でございますが、委員さんには当初から、本年7月までに素案の作成までをお願いしてきまして、予定どおり任期満了である7月にまとめていただいたからでございます。

  次に、質問要旨(4)の住民投票条例についての町の見解でございますが、住民投票は住民自治の推進を図る上で、町民の意思を町政に反映できる大きな手段の一つであると考えております。そのため、現在策定中の自治基本条例の中に、住民投票が実施できる要件を盛り込みたいと考えております。

  次に、質問要旨(5)のゆうパークの契約後はどうするのかについてお答え申し上げます。ふれあい健康センターの指定管理期間は、平成25年度をもって終了になります。このため、施設を引き続き適正かつ効果的に管理運営し、住民サービスの向上と行政コストの縮減を図っていくために、次期の指定管理者も公募にしたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 山口博正君登壇〕



◎健康福祉課長(山口博正君) 木村好美議員さんのご質問のうち、質問件名2、質問の要旨(6)、(7)、(8)について健康福祉課からお答えいたします。

  (6)、生きがい事業団へ対する町のさらなる支援策についてでございますが、生きがい事業団は定年退職後等において、補助的、短期的な就業を通じて、自己の労働能力を活用し、みずからの生きがいの充実や社会参加を希望する高齢者、就業機会の増大と福祉の増進を図るとともに、高齢者の能力を生かした活力ある地域社会づくりに寄与することを目的に運営されております。町といたしましては、高齢者の生きがいづくりを支援するため、今後におきましても、継続し助成してまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(7)、町立保育園へ対する町のさらなる支援策でございますが、園児の受け入れにつきましては、低年齢児がふえる傾向にありますので、保育所設備の基準にのっとり保育士補助を採用するなど、保護者の希望に沿うことができるよう安全な保育体制を図ってまいります。

  施設の維持管理につきましては、平成23年度に園庭の芝生化を実施し、元気に園児が芝生の感触を楽しんでおり、本年度は運動会が開催され、保護者の皆様にも楽しいひとときを過ごしていただきました。さらに、本年度は園舎の大規模改修を実施したところでございます。今後は、予算に限りがございますので、優先順位をつけ、順次必要な箇所から整備してまいりたいと存じます。

  次に、質問要旨(8)、社会福祉協議会へ対する町のさらなる支援策でございますが、社会福祉協議会は社会福祉法第109条により、地域福祉の推進を図ることを目的とする団体として位置づけられた社会福祉団体でございます。地域福祉を推進する中核的な団体として、誰もが安心して暮らせることができるまちづくりを推進するため、さまざまな福祉活動を行っております。町といたしましては、この福祉活動について連携を図るとともに、運営に対しての助成を継続し、地域福祉の充実に努めていきたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) それでは、再質問いたします。

  まず、(1)なのですけれども、私が聞いているのは議事録が間違っているのか、教委の答弁は完璧であり、何も問題はなかったのかと聞いております。それに対してお答えください。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 改めてお答えさせていただきます。

  「県と話し合っている」、そして「検討、話し合っている」、この言葉の捉え方の違いですが、6月6日に早速会議録を確認させていただきました。議員がご指摘のとおり、会議録には県と話し合っているというふうになっております。この点につきましては、先ほどの答弁のとおり、当時担当した課長にも確認した次第ですが、翌日、当時の教育長とともに議会事務局の許可を得まして、会議録のもととなったテープを聞き、事実の確認も行いました。確かに、県と話し合っているというふうに聞くこともできましたが、当時答弁した本人が、そのような内容で話し合いの場を持ったことはないと明言しておりますし、また議事録の文脈から見ても、またほかの資料を確認した中でも、そういったことがありませんでしたので、先ほど申し上げたとおり検討、話し合っている、そういった解釈になるというふうに木村議員さんにもお伝えした次第です。

  このように、私どもが議会会議録が間違っていて、こちらの言っていることに何も間違いのないという意味ではなく、事実の確認の結果を伝え、その結果を受け入れていただけないかという気持ちで対応させていただきました。木村議員さんの耳が悪いなどといった気持ちは毛頭ありませんが、そのようなお気持ちにさせてしまい残念に思います。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 次の日電話で今の課長が、そういうふうに聞こえなかったのかと、すごい言い方しましたよね。あなたの耳が悪いぐらいの言い方をしましたよね。だから、私はそのまますぐ電話を切りましたけれども、話ししていても無駄だし。要は、はっきり物事がきちっと、例えば「ケントウ」とかそういう語尾とかをきちっと言えていたのかどうか。要は、教委の答弁は完璧であって、何も問題はなかったのかと聞いているのです。もし、要は言葉の捉え方の違いがあったのだったら、なぜそれを認めないのかと聞いているのです。もう一度ご答弁ください。その辺は完璧だったのですか。きちっと「ケントウ」と言ったにもかかわらず、ここには「県と」と書かれてしまったのかどうか、もう一度お聞きいたします。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、再びお答えさせていただきます。

  非常に議会の答弁の中で話し言葉、難しいもので、このように答弁の中で語尾を延ばして考えながら話したり、そういったことが間々あります。この事案に関しましても、答弁の中で当時の課長が、非常に考えながら答弁したという様子は、議事録、またテープからもうかがえます。その中で検討が、ケント「ウ」が小さくて、それをテープ起こしした際に、それが県とというふうになってしまったのではないかというふうにも解釈できる。この点につきましても、木村議員さんにお伝えした次第です。そういったことを含めまして、この状況をご理解いただきたいという意味でお話しした次第です。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 例えば、語尾の部分でもそうですけれども、こういうことが起きるのですから、やはりまず言葉の捉え方が違っていた、または検討の「ウ」が小さかった。そして、議事録にもこういうふうに載っかって、音を起こしてみてもそのように聞こえると。そういうことであるならば、一度ちゃんと認めたらいいと思うのですけれども。まず、そういうことで例えば「ウ」が小さかったとか、なぜそこのところに対して反省がなされないのか。全部問題がなかったのかと聞いているのです。完璧だったのに、こういうことが書かれてしまったのかと聞いているのです。もう一回お答えください。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、再びお答えさせていただきます。

  木村議員さんが最もお聞きになっている完璧だったかどうかということにつきましては、先ほども申し上げたとおり、検討の「ウ」が小さかった結果でこうなってしまったというふうには、以前もお伝えしたとおりです。また、議事録を起こす際にも、また私とは違う人間が起こしているものですから、こういった結果になってしまったということも、前回お話ししたとおりでございます。なかなかこういった議事録起こしの結果というのは、言葉は難しいなというのを実感しております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) これだけにかかっていられないので、人を非難する前に、自分たちはどうだったのかというのを、まずしっかりと反省していただきたいと思います。

  2番目なのですけれども、2学期制についての今ご答弁いただきました保護者の不安を払拭する、要は2学期制に関する保護者の不安を払拭するだけの成果を、得ることができていると考えているというふうにご答弁いただきましたけれども、不安を払拭するだけの成果というのはどういうものかお答えください。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  学力向上推進委員会は、当時梅園小学校の教頭を委員長として、町内の教頭、主幹教諭、教務主任、研究主任が集まって、「家庭生活・家庭学習のすすめ」のリーフレットの改訂について、また2学期制と土曜日授業について、指導要録等6つの協議題について話し合いました。その中で、2学期制についても協議題として入っていたわけです。

  2学期制については、通知票が3回あると子供の様子がよくわかる。親は2学期制のよさや価値が、みずから経験していないからわからないようだ等の意見がありました。また、2学期制がよいという意見が多いとか、2学期制のよさをもっと保護者にPRすることで、アンケートに書かれているような不安は払拭できると思う。そういった意見も交わされております。学力向上を図りつつ、子供たちに豊かな心を育むためには、学校行事の充実及びゆとりを持った教育課程は不可欠な要素と考えております。

  また、児童生徒の評価については、各学校で工夫しながら2学期制に即した対応を図っております。今後も保護者の皆様や、PTAや保護者会等あらゆる機会を通して2学期制の理解を深めている、そういったところでおります。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 2学期制の保護者の不安を払拭するというふうにこうやって言い切るのであるならば、本当に払拭したかどうかきちっと検証するべきだと思います。そのためにも、きちっともし説明したとか、ここに書いてあるとおりであるならば、今のご答弁のとおりであるならば、再度アンケートを毎年とってみたらいかがかと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの再質問にお答えいたします。

  アンケートにつきましては、例えば学校評価の中での保護者向けアンケート等で、自由記述欄に2学期制の問題について何が意見があったら書けるようなふうに工夫はされております。あらゆる機会で、PTAの場でもそうですが、保護者の方からそういった意見、要望があれば、学校は柔軟に対応していく姿勢を持っております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 逃げ道をつくるようなアンケートではなく、2学期制についてどこまで皆様にご理解いただけたかというアンケートをとるべきだと私は申しております。いかがでしょうか。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 再質問についてお答えいたします。

  毛頭、逃げ道をつくるなどとは考えておりませんが、学校運営の中で円滑に機能しているその状況で、学校長が今懸命にこの2学期制を推進しているところです。先ほども申し上げたとおり、学校運営の中で責任を持っておる者は学校長ですし、その中で校長が必要となれば、それは2学期制のアンケートをとるというのもやぶさかではないと思いますし、それを教育委員会からとるというようなことは、前回の答弁でも申し上げたとおりですが、考えてはおりません。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) そのように教育委員会がこういうふうに窓口になって答弁をしていて、最終的には現場に丸投げ、校長先生の判断。だったら、この場に校長先生がいるべきではないのですか。県の職員だからとか前回もおっしゃっていましたけれども、それが逃げ道だと私は申しております。これに関しては、とにかく前回、3月議会でもそうですけれども、47.8%でしたっけ、の皆様がやはり3学期制のほうがいいのだというふうに言っているのですから、きちっと説明をすると言っているのにもかかわらず、それをどういう形でやっているのですかと、私はお聞きしているのですけれども、こういう曖昧な言い方でご答弁なされています。

  ですので、とりあえず今時間がないので、しっかりと2学期制についてのアンケートに関しては、毎年毎年説明をするわけですから、だから説明しているわけですよね。要は、前回もそうですけれども、ご理解いただけるように努力するという答弁いただいたりとかしているわけですから、やはりそれをどの程度皆様がわかっていただいているのか、理解されているのかどうかというのを、毎年聞くべきだと私は思います。それが、やはり先ほどのご答弁にもありましたけれども、今後も保護者及び学校評議員による意見を十分に反映させというところにぶつかると思うのですけれども、ぜひ毎年、こういう2学期制についての公平なアンケートをとっていただき、ちゃんと保護者が理解されているかどうかというのを検証していただきたいということを強く要望いたします。

  3番のコミュニティスクールに関しましては、要は今も言いましたけれども、保護者及び学校評議員による意見を十分に反映させるのであるならばこそ、やはり何度言ってもコミュニティスクール立ち上げないという認識でよろしいのですね、お答えください。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 先ほどの答弁のとおりでございますが、現在のところはその必要がないというふうに考えております。ただ、今後もその研究はしていく必要はあるとは認識しております。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) コミュニティスクールに関しましては、文部科学省のほうも推進しておりますので、ぜひ取り入れていただきたいと強く要望させていただきます。

  (4)の統廃合については存続させたいということですので、いずれにしてもしっかりと保護者の声、あと地域の声は聞いていただきたいと思います。これも強く要望いたします。

  そして、(5)、スクールバスについてなのですが、これはスクールワゴンも含めてです。まず、そもそもスクールワゴン、例えばスクールバスは、何のためにあるかということをお聞きいたします。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、木村議員さんの再質問について、スクールバスの必要性についてですね。まず、スクール路線バスについては、山間部の通学が困難な児童の通学の用に供するために補助を行っているということは、答弁のとおりです。そして、スクールワゴンについてですけれども、まずスクールワゴン梅園があります。スクールワゴンには、梅園地区居住の児童が利用しているスクールワゴン梅園、ここに9名。それから、指定校変更して梅園小学校へ通学に供するために、スクールワゴン越生、これに5名利用しています。スクールワゴン梅園は、麦原地区を中心に隣接した龍ヶ谷、小寺地区、上谷、山入地区の希望者を対象とし、下校時のみ運行を行っています。平成17年11月から、関東運輸局の有償運送許可を受けて行っております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) スクールワゴンにつきましては、前町長である本清町長が、これは導入していただいたものであり、本当に感謝しております。今回、私は、来年中学1年生になるお母様からお手紙をいただきました。簡単ですけれども、読まさせていただきます。我が子は来年中学1年生になりますが、ダウン症であり、緑の手帳B判定です。B判定というのは、その年齢の半分以下の知能とみなされます。それは、このような発達検査票と、これは病院から出てくるものなのですけれども、こういうものに当てはめていって、その子の年齢が幾つかという、ダウン症の子に関して、その子が幾つかという判定が下される。その場合、この子はB判定という判定を下されております。今月12歳になるので、中学1年生ですよね。ですので、今半分ということは、6歳以下ということになります。要は健常児であれば、未就学児ということです、6歳ですから。まだ6歳になっていません。この未就学児に約3キロから4キロの道のりを、安全に自転車で通学できるでしょうか。ことしになって、やっと家の周りを自転車乗れるようになった子に、その長い道のりを、重いかばんを載せて自転車で通学させることは、どう考えてもできません。教育委員会の方に、越生地区から梅園小学校に出ているスクールワゴンがルート的に同じなので、せめて近くにまででも乗せてもらえないかという相談をしました。その返事は、越生地区だから、梅園小に行く子たちのためだけに予算がおりているので、その枠を超えての使用はできません。今のご答弁ですと、5名ですよね。越生小学校管内から梅園小学校に行く、その子たちは5名と今ご答弁いただきました。仮にこの子が入っても6名です。車は乗れるはずです。それでも、その枠を超えての使用はできませんと言われました。

  このご家族は、路線バスを利用する方法も試してみました。自宅、越生東ですけれども、から越生駅まで徒歩12分、駅から今度ときがわのバスに乗り、弘法山の下までで下車9分、そこから越生中学校まで徒歩20分、順調にいって50分かかりました。毎日のことです。また、帰りもバス停まで同じように戻ってみたのですが、バスが1時間近くなく、ずっと待っていたと。そして、その子が間に合わなくて乗り過ごしてしまったことも考えたら、それで自宅まで今度歩いてみたけれども、80分かかりました。だったら、親が車で送ればと思うかもしれません。でも、このダウン症の子に関しては、親と他人ではやはり本人の意識が違うから、親が乗せていけばいいという問題。逆に親がいないと何もできない子には、やっぱり親はしたくないのです。ましてや、その下の子がこれから越生小学校1年生になる。その子をおっぽって毎日送ってこいと。親が送ればいいのだという、そのような、要は下の子に対する配慮もどうしたらいいのかと。では、特別支援学校に行けばいいのではないのという意見があるかもしれません。しかし、保護者は普通にみんなと一緒に育てたく、今までもそうしてきました。引き続き自転車の練習はします。自力で行ける技術、体力、判断力がついたら、もちろん自主通学させます。それまでの間、障害児支援の一環として助けていただきたい、そのようなお手紙をいただいております。それについてどういうふうにお考えですか、お答えください。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、ただいまの質問に対してお答えさせていただきます。

  来年越生中学校に入学されるといういわゆる障害を持ったお子さんの入学、それから通学に関しての相談というのは、私どもの課の職員が対応させていただきました。実際に私自身もそのご両親とお会いしまして、お話をさせていただきました。確かに通常学級に通わせたい思い、そして現行の制度で何とか対応できないものかどうか、そういったことについてお考えを聞かせていただきました。できることなら、ご両親の思いを全部酌み取って実現できればというようなのは、個人的には感じるところではございます。ただ、このスクールワゴンの導入に際してなのですが、平成17年に運輸局から認可を受けた際に、梅園小学校に通学をする児童というふうに限定されているのです。そういった名目があってこそのスクールワゴンであります。ご両親には、その点につきましては、そのときお話しすることがありませんでしたけれども、通学の方法として、路線バスの方法、そして入学に際して中学校と一度お話し合いをして、現実に町内からバス通学で通っている生徒さんもおりますので、そういった話も含めて検討し、そしてその後私ども教育委員会と中学校と、そしてご両親と3者でお話ししましょうというふうに終わったところです。今お話ししたとおり、まずスクールワゴンの運行について、そういった法律的な縛りがあるという点をご理解していただきたいところが1点ございます。

  それから、もう1点ご両親がおっしゃった中で、村営バスを乗って通うわけですが、その村営バスの運行路線を、ときがわ町が運行しているわけですから、変えてもらえるぐらいの働きかけができないものかということもおっしゃっていました。その点につきましては、中学校とお話し合いをした上で、もしそういうふうな考えであれば、そういった話もしていってもいいのではないかというふうに考えておるところです。できる限り安全な形で通学ができることを私たちは考えて、ご両親には対応していきたいというふうに考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 法律的な縛りがあるからというお話ですけれども、それを一度でもいいから、その届け出のところに行って、こういう事情なのだということで、5人しか乗っていない越生小管内から梅園小管内に行くこのスクールワゴンに、乗せることができないかという働きかけはする気はないかどうかお聞きいたします。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) このお子様の通学の件に関しましては、さきにもお話ししたとおり、最初に教育委員会でお話を受けました。そして、保護者の方に学校に出向いていただいて、通学に関して学校生活の中でどういった問題が起きて、どういったことで対応できるか、そういったものを確認した上で、もう一度教育委員会と話し合いましょうというふうに言っております。したがいまして、今ご質問があった件につきましては、念頭には入れて対応していくつもりでおりますけれども、その認可の関係で動くということは、まだ考えられておりません。

          〔「考えられないと言ったんですか」と呼ぶ者あり〕



◎学務課長(安田孝之君) 今のところは、3者で話し合った上で考えていきたいと思います。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) ずっとバスに乗せてくれと言っているわけではないのです。何でこんな冷たい答弁なのですか。しっかりと保護者の話聞いてくださいよ。そもそも1時間に1本のバスを、ときがわへ行くバスをバス停の、保護者が言ったのだって本心ではないと思います。こういう答弁だからではないですか。本当はきちっと安全を確保するために、その子がきちっと自転車で行ける今訓練しているのですよ、必死になって。ぜひ関係各省へ行って、この子だけではないかもしれませんけれども、やはり手厚く守ってあげるのが普通だと思うのですけれども、再度ご答弁いただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、今の件についてお答えさせていただきます。

  決して行政的な形で対応しているわけでなく、実はその子につきましては、毎朝登校時役場の前で見かけています。とても、確かに自宅から中学校まで歩くのは困難だというふうには感じておりまして、そのことはご両親にも私の感想として伝えています。ですから、何とか彼女が安全に通えるようにというふうに思いまして、3者でまた話し合って、最良の策を考えていこうというふうにはご両親にも話しているところです。それは多分ご両親も受けとめてくださっていると思います。そして、その結論、協議をする中で、ぜひとも学校に足を運んで学校の様子、そして学校の考え方、そういったものを含めてご両親、一度情報とそれから考えをまとめて、そしてまた3人で話し合いましょう。そういうふうにお伝えした次第です。一方的にこちらが冷たい態度をとっているとか、そういうのは一切ございません。できる限りのことをやりたいというふうに、私ども学務課全員が考えているところです。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) 学務課の気持ちはわかりました。町長にお聞きいたします。この件について、町長はどう思いますか。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 木村好美さんのご質問にお答えいたします。

  私は、ただいま伺ったわけでございますが、なるべくいい方向にできるようには努力したいと思います。学務課長が申し上げましたスクールワゴンの件については、多分関東運輸局というのは、バス停の位置を2メートル動かすのでもえらい大変なところだと思いますので、法律に違反するわけにもいかないし、働きかけるのも非常に困難だということだと思います。どういう形でできるかは、このお話し合いを見てまいりたいというふうに思います。体のお弱いお子様方も、希望すればそちらの学校にというのは筋だと思いますので、どういう形でご協力できるかは検討してまいりたいというふうに思います。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村好美君。



◆7番(木村好美君) ぜひバス停、それこそバス停を移動するとかそういう問題ではなく、子供たちを安全に、ましてやハンディをしょっているのですから、やはり守る義務があると思います。ぜひそれに関しては温かく対応していただきたいと思います。

  6の子ども議会に関しましては、何か手紙があってどうのこうのという話なのですけれども、ぜひ小さいころから子供たちを、町の本当に宝物だと思いますので、いろんな声があると思います。かわいい声だと思いますけれども、そういうものをしっかりと小さいうちから声を、子供たちの意見を聞くという、そういう姿勢を持っていただきたいと思います。町長への手紙があったみたいなような答弁なので、一々今時間がないから聞けないですけれども、時間がないために。ぜひ、それに関しても子供議会という形で、私はきちっと形にしていただきたいということを強く要望いたします。

  あと(7)、昆虫館なのですけれども、プレオープンから約9カ月で有料部屋が6件の利用。これ、はっきり言ってほとんど利用されていないですよね。特に平日ですけれども。本当に私は通告していたのは、地域に喜ばれているのかと。ましてや、9割方町民が利用しているのですよと、今答弁いただきましたけれども、これは本当なのですか。そういうことも含めてきちっと実態を調査して、またはピアノを1台設置したから、コーラスサークルも利用いただき始めたと。ピアノ設置したこと自体もどうやって周知したのか、これは1点だけお聞きいたします。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) ご質問にお答え申し上げます。

  ピアノの件につきまして、周知という点では特段広報等を使って行った経緯はございません。実はサークル活動されている中で利用される団体さんのほうに、一応そんなことのアナウンスをさせていただいていたというか、窓口でのやりとりの中で、そういったところでも手を尽くしていこうというようなことの中から、そういった対応になってしまっております。特に広くPRできていないという点につきましては、反省すべき点かなというふうに思います。

  それと、利用者の方の比率の実態というようなこともちょっと触れられておりましたけれども、実際土、日、祝日の来館されている方は、あくまでも町民の方が大多数を占めていてくれて、中でも子供たちはごくごく頻繁に訪れてくれている子たちもいるということでございます。確かに6階の平日の有料の部屋の利用に関しましては、まだまだPRが足りないという点。鍵を借りて返却する、あけ閉めがある、煩わしい点あろうかというふうには思っておりますけれども、認知度が低いという点もあるのかもしれません。繰り返しになりますけれども、さまざまな機会を捉えてPRさせていただきながら、また利用促進に努めてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) これで木村好美君の一般質問を終わります。

                                              



△延会の宣告



○議長(新井康之君) お諮りします。

  本日の会議はこれで延会したいと思います。ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、本日はこれで延会することに決定しました。

  本日はこれで延会いたします。

                                      (午後 3時58分)