議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成24年 12月定例会(第4回) 12月05日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成24年 12月定例会(第4回) − 12月05日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成24年 12月定例会(第4回)





          平成24年第4回(12月)越生町議会定例会
議 事 日 程 (第1号)

                          平成24年12月5日(水)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                                
日程第 2 会期の決定                                     
日程第 3 諸般の報告                                     
日程第 4 行政報告                                      
日程第 5 承認第 3号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度越生町一般会計補正予算
             (第3号))                             
日程第 6 議案第35号 越生町税条例の一部を改正する条例                   
日程第 7 議案第36号 越生町こどもの医療費支給に関する条例の一部を改正する条例       
日程第 8 議案第37号 越生町暴力団排除条例                         
日程第 9 議案第38号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について              
日程第10 議案第39号 平成24年度越生町一般会計補正予算(第4号)             
日程第11 議案第40号 平成24年度越生町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)       
日程第12 議案第41号 平成24年度越生町水道事業会計補正予算(第1号)           

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   吉  澤  哲  夫  君      7番   木  村  好  美  君
     8番   田  島  孝  文  君      9番   長  島  祥 二 郎  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   浅  野  訓  正  君
    12番   新  井  康  之  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   田  島  公  子  君   副 町 長   小 松 原     誠  君

  総 務 課長   岩  ?  鉄  也  君   企 画 財政   大  沢  昌  文  君
                          課   長

  会計管理者   関  口  正  文  君   税 務 課長   島  田  義  博  君

  町 民 課長   成  野     清  君   健 康 福祉   山  口  博  正  君
                          課   長

  産 業 観光   三  浦  道  弘  君   まちづくり   間 々 田  正  夫  君
  課   長                   整 備 課長

  水 道 課長   鈴  木  幹  男  君   教 育 長   安  田  孝  之  君
                          職務代理者

  生 涯 学習   奥  泉  隆  雄  君   学 務 課長   安  田  孝  之  君
  課   長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   宮  崎     桂      書   記   大  澤  展  男
  書   記   福  島     勲



                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(新井康之君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、平成24年第4回越生町議会定例会を開会いたします。

  これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時32分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(新井康之君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第1号のとおりです。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(新井康之君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において

     2番  木 村 正 美 君

     3番  宮 島 サイ子 君

     5番  宮 ? さよ子 君

 を指名いたします。

                                              



△会期の決定



○議長(新井康之君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

  それでは、閉会中の調査及び審査となっておりました今期定例会の議会運営委員会が去る11月28日に開催されておりますので、その報告を求めます。

  議会運営委員長。

          〔議会運営委員長 神邊光治君登壇〕



◆議会運営委員長(神邊光治君) それでは、議会運営委員会の報告を申し上げます。

  去る11月28日午前9時30分より、役場委員会におきまして、委員全員の出席をいただき、12月定例議会の会期日程及び議事日程を審議するため委員会を開催いたしました。その経過と結果について報告を申し上げます。

  閉会中の調査及び審査となりました12月議会の運営に関する事項について審議するため、執行部側より総務課長の出席を願い、平成24年第4回定例議会に提出される議案についてそれぞれ説明を求め、会期及び議事日程を慎重に審議いたしました。

  今定例議会は、配付してあります会期日程表どおり、12月5日から7日までの3日間と決定いたしました。

  12月5日には、承認第3号、議案第35号から第41号の趣旨説明、質疑、討論、採決を行うことといたしました。

  12月6日に5名の一般質問を行い、12月7日に残りの3名の一般質問を行うこととし、その後議員提出案件の趣旨説明、質疑、討論、採決の後、人権擁護委員の推薦の件を行い、全日程を終了し閉会することといたしました。

  以上、平成24年第4回定例議会の会期及び議事日程を全員異議なく決定した次第であります。

  以上で議会運営委員長の報告を終わります。



○議長(新井康之君) お諮りします。

  今期定例会の会期は、ただいま議会運営委員長の報告のとおり、本日から12月7日までの3日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、会期は本日から12月7日までの3日間と決定いたしました。

                                              



△諸般の報告



○議長(新井康之君) 日程第3、諸般の報告を行います。

  まず、今期定例会に説明員として出席通知のあった者の職氏名の一覧表をお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  越生町監査委員から、平成24年8月、9月、10月分に関する例月出納検査結果の報告があり、議会事務局に保管してありますので、ご了承願います。

  次に、町長から議案7件、承認1件の提出がありました。

  本定例会までに受理いたしました陳情1件がありましたので、写しをお手元に配付いたしましたので、報告いたします。

  次に、9月定例会以降の主な会議の状況を報告します。

  10月12日には、埼玉県町村議会議長会主催の議員研修会が吉見町民会館フレサよしみで開催され、全議員が出席し、研修してまいりました。

  10月31日には、埼玉県町村議会議長会役員会が県民健康センターで開催されました。

  11月13日には越生町において入間郡町村議会議長会が、11月14日には第56回町村議会議長全国大会が東京NHKホールで開催されました。

  次に、視察研修について報告します。10月1日、2日に越生町議会視察研修を行い、長野県栄村の震災の被害状況及び復興状況並びに伊那市の議会基本条例について10名が出席し、研修してまいりました。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△行政報告



○議長(新井康之君) 日程第4、行政報告を行います。

  町長から行政報告の申し出がありましたので、これを許します。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、ご挨拶と行政報告を申し上げます。

  去る11月16日に衆議院が解散となり、いよいよ衆議院議員選挙が12月16日に執行されます。現在、各党での選挙戦が始まりました。ここで大幅な政界の再編成が行われる可能性も出てまいりました。各党の政策も主張もさまざまでありますが、今後の日本の方向性を左右する政党等を決定する重要な選挙となります。何よりも国民生活の安定と国民の意見が反映される、真に信頼できる政治が実現されるよう切に願う次第でございます。

  さて、本日ここに、平成24年12月議会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご多忙のところご健勝にてご参集賜り、重要案件についてご審議をいただきますことは、町政発展のためまことにご同慶にたえないところでございます。

  本定例会にご提案申し上げます案件は、承認1件、条例改正2件、条例制定1件、規約の変更等1件、補正予算3件、合計8件でございます。何とぞ慎重ご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。

  では、議事に先立ちまして、9月定例会以降の町政の主なもの、そして私の参加いたしました研修会等についてご報告申し上げます。

  初めに、私の参加いたしました研修会などからご報告いたします。

  まず、9月2日に飯能市阿須、岩沢運動公園で行われた埼玉県・飯能市総合防災訓練に参加いたしました。

  9月8日、川越総合卸売市場第119回取締役会及び臨時株主総会に出席いたしました。

  9月12日には、「知事のとことん訪問」で特産物加工研究所が訪問場所となり、上田知事、武内県議会議員、新井議長、川越比企地域振興センター金子所長とともに意見交換を行いました。

  9月25日、埼玉県町村会役員、政務調査委員合同会議が伊奈町で開催され、出席いたしました。

  10月1日、内外情勢調査会10月全国懇談会が都内帝国ホテルで開催され、出席いたしました。

  10月2日、国保トップセミナーが国保会館で開催され、出席いたしました。

  10月3日、埼玉共済会館で開催された町村情報システム共同化推進協議会理事会に出席いたしました。

  10月16日、民生児童委員の県外視察研修に参加いたしました。

  10月22日、個人住民税の市町村表彰式が埼玉会館で開催され、出席いたしました。

  10月24日から25日、1泊2日で、入間郡町村会主催の町村長視察研修会に参加し、岐阜県高山市を視察いたしました。高山市の誰にもやさしいまちづくり、国際観光都市飛騨高山、中心市街地活性化の取り組みについて興味深い説明をお聞きしてまいりました。

  10月26日には女子栄養大学と、11月2日には城西大学との包括連携協定締結調印式を行いました。

  11月9日には、区長会の視察研修に参加し、長野県信濃美術館などを視察してまいりました。

  11月15日には、入間郡町村会の3町長、副町長並びに町監査委員の合同視察研修に参加し、茨城県水戸市役所において、震災復旧方針、被災者生活再建支援制度、災害援護資金貸付金、放射能対策について説明を拝聴してまいりました。

  11月21日には、全国町村会町村長大会が都内NHKホールで開催され、出席いたしました。その後、全国女性町長会として、内閣府佐村男女共同参画局長と協議してまいりました。

  次に、町政の主なものについて、まず総務課からご報告申し上げます。まず、工事関係でございますが、庁舎整備事業として役場北側庁舎の空調改修工事を実施し、11月15日に工事が完了いたしました。

  次に、自治振興の関係では、ことし3月に土砂災害警戒区域等に指定された10地区を対象に、土砂災害ハザードマップ作成に伴う説明会を10月22日に麦原区公会堂で、翌23日に津久根区など9地区を中央公民館で開催し、39名の出席がありました。

  また、11月18日には、中央公民館前駐車場で、全地区を対象にした越生町防災訓練を実施し、316名の参加がありました。訓練には、町全体で実施したシェイクアウト訓練のほか、訓練会場において、埼玉医科大学病院看護師の指導による応急救護訓練や、自衛隊、越生町赤十字奉仕団によるカレーの炊き出し訓練のほか、越生消防団による放水訓練などを行いました。

  次に、企画財政課からご報告申し上げます。県から事務移譲を受け、坂戸市に委託しているパスポート発給事務が10月1日から始まりました。越生町民は、10月の1カ月間で13名が利用されました。

  埼玉県町村情報システムの共同化につきましては、23町村のうち18町村でスタートすることになりました。現在システム事業者の選定作業を進めているところで、今月中には決定になる見込みでございます。早い町村は、平成25年度から運用を開始いたします。

  大学の知識や技術などの提供を受けながら、まちづくり、健康づくりを推進するため、10月26日に女子栄養大学と、11月2日には城西大学と包括連携協定をそれぞれ締結しました。

  10月28日の日曜日には、川越都市圏まちづくり協議会の交流イベントとして、坂戸市文化会館ふれあを会場に、テレビでおなじみのさかなクンによる講演会が開催され、越生町からもたくさんの方々にご来場いただきました。

  11月15日と21日の2日間にわたり、初めて事務事業の外部評価を行いました。評価対象事業は平成23年度に実施した6事業で、公募町民を含む外部評価委員会の皆様に事業の必要性や今後の方向性などを判定していただきました。この評価結果につきましては、後日町民の皆様に公表したいと考えています。

  11月29日、木曜日には、平成23年度の決算説明会を開催し、町の財政状況や23年度の主要事業などの説明を行いました。今後も積極的に情報の提供に努めてまいります。

  役場庁舎など町内の5つの公共施設に対する電力需給契約を、平成25年1月から、特定規模電気事業者であるミツウロコグリーンエネルギー株式会社に切りかえることといたしました。対象となる施設は、役場庁舎、中央公民館、越生中学校、越生小学校、梅園小学校の5施設で、電気料金の削減率は各施設ともおおむね10%程度で、これらの5施設を合わせた1年間の削減額は約190万円になる見込みでございます。

  次に、税務課からご報告申し上げます。10月22日に、平成24年度個人住民税市町村表彰式及び受賞市町村の長と知事との意見交換会が埼玉会館で開催されました。表彰はことしで4回目となり、厳しい納税環境下、個人住民税の税収確保に取り組み、成果を上げた12団体が表彰を受けました。当町は町村納税率部門において東秩父村に次いで第2位ということで、4年連続知事表彰を受賞することができました。納税率を高水準で維持できているのは、納税意識の高い多くの住民のおかげであると認識しておりますが、今後も税の公平性の確保に期するため、特に現年度課税分の徴収に早期着手かつ早期解決する方針を掲げ、取り組んでまいります。現状に甘んじることなく、自主財源の確保に努めてまいりたいと考えています。

  次に、健康福祉課からご報告申し上げます。高齢者支援担当では、9月4日から12月11日まで全15回の日程で第2回90歳を目指す健康づくり体験教室を実施しております。今回の体験教室では22名の方々に参加をいただいており、体操や趣味活動を体験する中で介護予防活動に取り組んでいただいております。

  次に、9月16日の日曜日には第62回敬老会を開催いたしました。当日は、1,627名の対象者のうち310名の皆様にご出席をいただき、越生中学校吹奏楽部による演奏など楽しんでいただきました。また、敬老会開催に合わせ、今年度75歳を迎えられる方々139名に、救急医療情報キットの「うめりん救急あんしんキット」を配付いたしました。敬老会開催に当たり、民生委員の方々を初め、関係された皆様には多大なるご協力をいただき、深く感謝申し上げます。

  越生保育園の関係では、10月20日に保育園の芝生の園庭において運動会を開催いたしました。当日は天候にも恵まれ、園児たちも日ごろの練習の成果を十分に発揮した演技が披露でき、保護者の皆様にも楽しいひとときを過ごしていただきました。

  保健センターの関係では、11月3日に健康まつりを開催し、血管年齢や血圧測定のほか、歯科医師会による歯科コーナーや骨粗鬆症検診など、多くの皆様にご来場いただきました。

  次に、産業観光課からご報告申し上げます。初めに、観光商工担当関係でございます。

  まず、町主催による事業でございますが、10月28日の日曜日に、東武鉄道及び越生町共催による第14回武蔵おごせハイキング大会を開催いたしました。事前申し込みは4,089人と昨年並みの応募がありましたが、当日はあいにくの雨で、2,763人の参加となりました。今回はコースを見直し、お子様でも参加できる6キロメートルのファミリーコースと、観光名勝を強調した22キロメートルのパワースポット三滝コースの2コース設定しました。悪天候でしたが、事故もなく、無事終了しました。

  次に、越生町のマスコット「うめりん」の出演として、9月22日には関越自動車道高坂サービスエリアで行われた地域交流イベントに、11月3日には越生町産業祭に、11月4日にはときがわ町の産業祭、木のくにときがわまつりに、11月14日は埼玉県庁で行われた県民オープンデーに、11月17日は毛呂山町産業まつりに出演いたしました。各イベントではキャラクターは大好評で、写真撮影に参加した子供たちは笑顔に包まれていました。

  また、11月23日は第10回B級ご当地グルメ王決定戦が草加市で行われ、越生町は梅コロッケで参戦してまいりました。

  また、11月24日、25日にはゆるきゃらサミットIN羽生に参加し、県内外のマスコットと交流を深めるとともに、越生町のPRを行ってまいりました。

  今後の予定ですが、年明け1月4日の土曜日に第29回新春武蔵越生七福神めぐりを開催する予定でございます。当日は受付において「うめりん」が参加者を出迎え、ゴールとなる黒山の熊野神社では甘酒の無料サービスや福引きを計画しております。

  また、第18回全国梅サミットを越生町が幹事会場として3月9日、10日の土、日曜日に開催する予定で準備を進めております。現在は11市町で構成されていますが、新たに伊豆市が加わり、12市町になる予定でございます。

  次に、工事関係でございますが、上谷大クスウッドデッキの改築工事を川木建設株式会社に1,257万9,000円で発注し、12月中旬の完成を目指しているところでございます。

  続きまして、観光協会主催事業でございますが、越生町、毛呂山町、ときがわ町の3町で構成する埼玉県立黒山自然公園観光連盟による観光キャンペーンを、10月6日に圏央道狭山パーキングで開催しました。当日は「うめりん」とともに観光パンフレットを配布し、3町の観光PRを行いました。

  次に、今後の予定ですが、年末の恒例行事となっております、ゆずキャンペーンを、12月7日の金曜日に池袋駅構内で実施する予定です。ことしは3,000人の方々に観光パンフレットとユズを配布し、越生のユズをPRしてまいりたいと考えております。

  また、越生梅林梅まつりは、2月16日から3月20日までの33日間にわたり開催する予定でございます。

  続きまして、農林担当関係でございます。まず、イノシシ等による農産物の被害が後を絶たないことから、越生猟友会越生梅園支部の皆様のご協力をいただき、9月22日から10月28日まで、秋の有害鳥獣捕獲を実施いたしました。この期間中に、イノシシ20頭、シカ6頭、アライグマ4頭の計30頭を捕獲しました。これは昨年の約3倍の結果となっております。

  次に、ゆずフェアでございますが、ことしは12月16日の日曜日に予定しております。ことしのユズの作柄は平年比で約二、三割程度であり、販売量が心配されることから、模擬店のバリエーションをふやすなど、来場者の方々に楽しんでいただけるよう準備を進めております。

  次に、埼玉県実施によります農産物に対する放射性物質の影響調査でございますが、玄米、福耳トウガラシ、原木ヒラタケ、ユズ、ゴマ、ソバを対象として調査いたしました。分析結果は、いずれも放射性セシウム検出限界値未満で、安全性が確認されました。

  なお、調査結果につきましては、町や県のホームページに掲載し、安全情報を流しております。

  次に、工事関係でございますが、昨年の引き続き大谷地区の大亀沼下流の中堀用水路の整備工事150メートルを発注し、2月の完成を目指しているところでございます。産業観光課からは以上でございます。

  次に、まちづくり整備課よりご報告申し上げます。まず、9月30日の台風の関係でございますが、道路、河川等の被害はありませんでした。

  次に、9月議会以降の主な事業の発注状況でございますが、委託関係では、梅林周辺道路測量設計業務委託を829万5,000円で西武測量設計株式会社と、越生町都市計画マスタープラン見直し業務委託を344万4,000円で東日本総合都市計画株式会社関東支店とそれぞれ契約をいたしました。

  工事関係では、梅園小学校前舗装修繕工事を115万5,000円、上野字滝合地内舗装修繕工事を100万650円、黒山字竹ノ鼻地内路肩整備工事を129万1,500円及び黒岩西川原地内狭隘道路整備工事を440万円で株式会社大村組と、麦原字赤阪地内舗装修繕工事を235万2,000円で中江建設工業株式会社埼玉営業所と、堂山地内町道2―13号線舗装修繕工事を939万7,500円で柿沼土木株式会社とそれぞれ契約いたしました。

  次に、10月21日に県と町の共同により開催いたしました越辺川川の再生事業完成披露会は、地元県議会議員を初めとし多くの方々の参加をいただき、盛大にとり行われました。また、今後の維持管理につきましては、15団体の参加を得、団体の名称、代表者、管理内容等が決定しました。さらに、良好な河川環境の保全を目指す県の川の国応援団美化活動団体として登録するために準備を進めているところでございます。

  次に、水道課よりご報告申し上げます。平成24年7月5日から10月31日まで、町内全域において漏水調査を実施し、漏水箇所39カ所を発見し、修理いたしました。また、10月31日現在、漏水修理を136カ所について行っております。

  次に、生涯学習の主な事業についてご報告いたします。まず、城西大学、明海大学の協力のもと、坂戸市、毛呂山町と合同で、小学校5、6年生を対象に、10月6日から、「子ども大学にしいるま」を計4回開催いたしました。全体で40人のうち、越生町から6人の子供たちに参加していただき、ふだんの授業から離れ、専門的な分野のことについてわかりやすく学んでいただきました。

  家庭教育学級は、来年小学校に入学する子供の保護者を対象に、10月12日に梅園小学校、16日に越生小学校において、親と子がともに育つ喜びをテーマとして講話を行い、家庭教育の重要性について啓発を図りました。

  文化関係では、まず公民館の学級講座として粋き生き学級を開校し、10月4日の3日目にはいこいの広場でペタンク大会が、そして10月11日には認知症予防脳トレ体操が中央公民館体育館で行われ、多くの参加をいただきました。

  また、10月20日には、生涯学習町民のつどいを石川眼科院長石川克也氏に講演の講師を、アトラクションに天才少年ピアニスト奥田弦君を招き、盛大に開催することができました。

  11月3、4日には、第40回文化祭を開催し、越生在住の芸術家の方々の作品も展示していただき、大勢の方が来場されました。すばらしい作品を観覧いただくとともに、カラオケ、舞踊、大正琴、コーラスなどの発表を楽しんでいただきました。

  11月11日には、86名の子供たちを対象にした七つの祝いの式典を開催いたしました。

  スポーツ大会といたしましては、9月30日に、町民の皆様のご協力のもと、無事に体育祭を開催することかできました。

  そのほか、近隣市町親善軟式少年野球大会、武道大会などが予定どおり行われ、12月2日の黒山鎌北湖駅伝大会では、59チームが寒風の中、町内を走り抜けました。

  図書館事業としては、万葉集講座を10月から5回にわたって開催しました。また、4月から行っていた論語講座は、好評につき、10月から来年の3月まで継続して開催しています。館内の整理作業として、11月27日から11月30日までを休館とし、蔵書点検を実施しました。

  文化財関係は、7月13日付で西和田天王社のみこし1基が町の有形民俗文化財となり、10月15日に指定書をお渡しいたしました。大切に保存されることを願うところでございます。

  また、東京都荒川区のふるさと文化館で開催された企画展「山車人形が街をゆく」に上町山車人形の豊島左衛門尉が貸し出され、展示されました。11月17日は上町の方々と見学を行い、11月25日のシンポジウムには担当職員がパネラーとして参加しました。東京都ではひかれなくなった山車が注目されており、おごせ祭りの集客の一助となればと期待するところでございます。

  次に、学務課から報告いたします。11月8日に会計検査院による会計実地検査が行われました。内容は、文部科学省所管補助金等で整備された越生小学校太陽光発電設備事業及び学校ICT環境整備事業で、現地検査を含め、大きな指摘事項もなく終えることができました。

  次に、学校教育関係ですが、10月5日に前期の終業式が行われ、10月9日から後期が開始しました。

  越生小学校では、9月26日に運動会が行われました。

  10月19日に毛呂山町泉野小学校で行われた支部体育大会では、越生小学校、梅園小学校両校ともすばらしい成績をおさめることができました。

  梅園小学校では、10月26日に谷澤晃教頭が川角小学校の校長にご栄転され、後任に毛呂山町教育センターから太田久美子教頭が着任しました。9月26日に運動会、11月10日に校内音楽祭、11月16日には、産業観光課の協力をいただいて、ヒラタケの収穫を行いました。

  越生中学校では、9月8日に光耀祭が行われました。地域の方を指導者とする21講座の体験学習は、生徒にとって非常に充実した内容でした。10月27日には合唱コンクールが行われ、体育館にすばらしい歌声が響きわたりました。

  また、9月28日から行われました部活動の新人体育大会の結果でございますが、女子剣道部が団体戦と個人戦、男子剣道部が個人戦、柔道部個人戦、陸上部が男子100メートル、400メートル、男子走り幅跳び、男子400メートルリレー、女子100メートルで県大会出場を果たし、健闘しました。さらに、11月10日に行われた埼玉県駅伝競走大会では、入間郡予選で優勝した女子チームが出場し、62チーム中18位と大健闘しました。

  現在、1年生は2月に計画されている職場体験学習に向けた準備、2年生は修学旅行に向けた計画、3年生は保護者を交えた三者面談を実施し、一人一人の生徒が進路実現に向けて主体的に取り組んでいくようにきめ細かな指導を行っているところでございます。

  また、来年度の新入学児童について報告いたします。11月20日現在で、越生小学校に70名、梅園小学校に15名の児童が入学を予定しております。昨年度と比べて6名の減少です。

  最後になりますが、越生町教育委員会教育長を11年1カ月の長きにわたりお務めいただきました新井雄啓教育長が、11月20日をもって教育委員を退任いたしました。なお、越生町教育委員会事務局組織及び処務に関する規則第6条により、当分の間、安田学務課長を教育長職務代理者として充てることといたしました。

  以上で行政報告とさせていただきます。



○議長(新井康之君) これで行政報告は終わりました。

                                              



△承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度越生町一般会計補正予算(第3号))



○議長(新井康之君) 日程第5、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度越生町一般会計補正予算(第3号))を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 承認第3号 平成24年度越生町一般会計補正予算(第3号)について、提案理由のご説明を申し上げます。

  本件につきましては、衆議院の解散に伴い、平成24年12月16日執行の衆議院議員総選挙等に係る費用が緊急に必要となったことから、11月26日にこの補正予算を専決処分したものでございます。

  今回の補正予算の内容につきましては、既定の予算に歳入歳出それぞれ752万8,000円を増額し、総額を39億4,974万1,000円といたしたものでございます。

  それでは、予算書の8ページ、歳入からご説明を申し上げます。

  初めに、県支出金、県委託金の総務費委託金につきましては、衆議院議員選挙費に係る委託金で、676万5,000円でございます。

  次の繰入金、基金繰入金につきましては、衆議院議員選挙に係る費用のうち、委託金の金額を超過する歳出経費に充当するため、財政調整基金からの繰入額を76万3,000円増額したものでございます。

  続きまして、9ページの歳出についてご説明を申し上げます。今回の補正額は全て衆議院議員選挙の執行に要する費用で、期日前投票及び選挙当日の投開票に係る報償金を初め、投票所の設置運営や掲示板の設置及び撤去に要する費用、開票集計システム導入経費など事業費総額で752万8,000円を計上したものでございます。

  以上、一般会計補正予算についてご説明いたしました。慎重ご審議の上、ご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 質疑なしと認めます。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから承認第3号を採決します。

  承認第3号 専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、承認第3号は承認することに決定いたしました。

                                              



△議案第35号 越生町税条例の一部を改正する条例



○議長(新井康之君) 日程第6、議案第35号 越生町税条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第35号 越生町税条例の一部を改正する条例について、提案理由のご説明を申し上げます。

  経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律が公布され、行政手続法の適用除外の規定について地方税法の一部改正が行われました。それに基づき越生町税条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものでございます。

  初めに、第4条、越生町税条例(昭和30年条例第32号)の一部を改正する条例について、新旧対照表により説明させていただきます。第4条は、これまで税条例において、処分その他公権力の行使に当たる行為については、越生町行政手続条例第2章及び第3章の規定は適用しない旨の規定でございましたが、改正により越生町行政手続条例第2章のうちの第8条及び第3章のうちの第14条については適用することとするものでありますので、税条例について整備するものでございます。具体的には、不利益な処分を行う場合には、その理由を提示しなければならないとするものでございます。

  次の第23条第1項(4)につきましては、字句の重複を削除するものでございます。

  以上でございますので、慎重ご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 質疑なしと認めます。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第35号を採決します。

  議案第35号 越生町税条例の一部を改正する条例は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第35号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第36号 越生町こどもの医療費支給に関する条例の一部を改正する条例



○議長(新井康之君) 日程第7、議案第36号 越生町こどもの医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第36号 越生町こどもの医療費支給に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由のご説明を申し上げます。

  児童手当法の一部を改正する法律の施行等に伴い、必要な改正を行うものでございます。

  第2条第2号の改正は、既に運用において実施されている内容を明文化するもので、児童福祉法第7条に規定する児童福祉施設またはその他の法令による措置により施設等に入所している児童に係る医療費の自己負担分については、国または地方公共団体が全額を負担しておりますので、対象外とすることをウとして追加するものでございます。

  次に、第2条第5号の改正は、同条第2号にウとして追加される本文中に同法律の記述が入りますので、削除するものでございます。

  第5条第3項の改正は、「前項」を「第2項及び前項」に改め、本項を第4項として、第2項の次に第3項を追加するものです。追加された第3項の規定は、児童手当法に改正に伴うもので、生計同一要件を満たす者が複数いる場合は、子供と同居している者を優先し、受給資格者と認定する規定を追加するものでございます。

  以上、慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 質疑なしと認めます。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第36号を採決します。

  議案第36号 越生町こどもの医療費支給に関する条例の一部を改正する条例は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第36号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第37号 越生町暴力団排除条例



○議長(新井康之君) 日程第8、議案第37号 越生町暴力団排除条例を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第37号 越生町暴力団排除条例について、提案理由のご説明を申し上げます。

  暴力団を排除するための活動を推進するため、埼玉県では埼玉県暴力団排除条例が平成23年8月1日に施行されました。この越生町暴力団排除条例は、暴力団排除活動の推進に関し、基本理念や、町、町民、事業者の責務及び暴力団排除活動に関する施策の基本的事項を定め、国、県等との連携のもと、社会全体で暴力団を排除することで町民生活の安全と平穏を確保し、社会経済活動の健全な発展に寄与するために制定するものでございます。

  慎重ご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 質疑なしと認めます。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第37号を採決します。

  議案第37号 越生町暴力団排除条例は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第37号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第38号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について



○議長(新井康之君) 日程第9、議案第38号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についてを議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第38号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について、提案理由のご説明を申し上げます。

  平成24年10月1日、白岡町の市制施行及び蓮田市白岡町衛生組合の名称変更に伴い、埼玉県市町村総合事務組合規約を変更にすることについて協議するため、地方自治法第290条の規定によりこの案を提出するものでございます。

  変更内容といたしましては、別表中「白岡町」を削除し、「白岡市」を挿入し、「蓮田市白岡町衛生組合」を「蓮田白岡衛生組合」と変更するものでございます。

  慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 質疑なしと認めます。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第38号を採決します。

  議案第38号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第38号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第39号 平成24年度越生町一般会計補正予算(第4号)



○議長(新井康之君) 日程第10、議案第39号 平成24年度越生町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第39号 平成24年度越生町一般会計補正予算(第4号)について、提案理由のご説明を申し上げます。

  今回の補正は、既定の予算に歳入歳出それぞれ3,826万1,000円を増額し、総額を39億8,800万2,000円といたすものでございます。

  それでは、予算書の2ページ、第1表歳入歳出予算補正により概要を申し上げます。

  まず、歳入でございますが、町税につきましては個人町民税の調定額に減少が見込まれることから、当初予算額を減額するものでございます。

  次の県支出金につきましては、総務費県補助金と商工費県補助金を増額し、民生費県補助金を減額するものでございます。

  次の繰入金につきましては、基金繰入金で財政調整基金と減災基金からの繰入額を減額するものでございます。

  次の繰越金につきましては、前年度繰越金を計上したものでございます。

  続きまして、3ページからの歳出についてご説明を申し上げます。初めに、議会費につきましては、議員報酬と業務委託料等の増額でございます。

  総務費につきましては、総務管理費で土砂災害ハザードマップと地域防災計画の作成業務委託料を減額し、印刷製本費のみといたしました。

  民生費につきましては、児童福祉費で越生保育園の臨時職員賃金などを増額しております。

  衛生費につきましては、保健衛生費で予防接種事業の経費を増額いたしました。

  商工費につきましては、消費者啓発事業の備品購入費と、越生梅林駐車場整備事業の業務委託料及び土地取得費を増額するものでございます。

  消防費につきましては、西入間広域消防組合への負担金で常備消防費を増額し、非常備消防費を減額するものでございます。

  続きまして、4ページの教育費につきましては、教育総務費で臨時職員賃金と部活動援助費補助金を増額し、小学校費で越生小学校の光熱水費や給食施設の燃料費などを増額するほか、学童保育室の備品購入費を増額いたします。また、中学校費でも光熱水費と燃料費を増額し、幼稚園費では就園奨励事業の補助金を増額しております。

  次に、社会教育費では、公民館費で梅園コミュニティ館に係る経費を増額したほか、文化財保護費の消耗品費と業務委託料を増額いたしました。

  最後に、諸支出金は、基金費で財政調整基金への積立金でございます。

  以上、概要を申し上げまして、一般会計補正予算の提案理由の説明といたします。

  なお、詳細につきましては、担当課長が説明をいたしますので、慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) それでは、詳細につきまして、8ページの歳入からご説明申し上げます。

  初めに、町税につきましては、個人町民税の基礎となる個人所得が当初予算の見込み額以上に減少したため、予算額を1,866万6,000円減額するものでございます。

  次の県支出金、県補助金、総務費県補助金の埼玉県自主防災組織資機材整備、活動支援事業補助金の5万1,000円は、地区の自主防災委員会への補助事業に対して交付されるものでございます。

  民生費県補助金の放課後児童対策事業費補助金157万5,000円の減額は、梅園学童保育室に係る補助金の減額で、放課後児童クラブ環境整備事業補助金38万5,000円は、学童保育室のロッカー等の備品購入に対して交付されるものでございます。

  商工費県補助金の埼玉県消費者行政活性化補助金1万2,000円は、消費生活相談コーナーの暖房機購入に対して交付されるものでございます。

  次の繰入金、基金繰入金は、基金からの取り崩し額を減額するもので、財政調整基金繰入金を4,749万円、減債基金繰入金を145万円それぞれ減額するものでございます。

  続きまして、9ページの繰越金1億699万4,000円は、前年度繰越金でございます。以上、歳入の説明といたします。

  続きまして、10ページからの歳出についてご説明を申し上げます。初めに、今回の補正予算では、歳出全般にわたって人件費の増減を計上しております。これは、当初予算で見込めなかった職員の退職や人事異動等による増減分を歳出科目全般にわたり計上したものでございます。なお、この人件費に係る補正額の総額は、76万7,000円の減額となっております。

  次からは、人件費以外の内容についてご説明申し上げます。

  まず、議会費、議会運営費の51万3,000円は、議員報酬の増額と、議会会議録の調製及び会議録検索システムのデータ編集に係る委託料の増額でございます。

  次に、11ページ、総務費、総務管理費、防災費の防災対策事業767万5,000円の減額は、土砂災害ハザードマップの作成に伴い、県データを利用したことにより委託料を減額し、地域防災計画の作成業務は直営で作成することにより委託料を減額して、200冊分の印刷製本費のみとしたものでございます。

  続きまして、14ページ、民生費、児童福祉費、越生保育園費の保育費30万円は、年度途中の入園児に対する非常勤保育士の採用に伴い、臨時職員賃金と旅費等を増額するものでございます。

  続きまして、15ページ、衛生費、保健衛生費、予防費の予防接種事業114万3,000円は、4種混合ワクチンの予防接種が開始されることに伴い、接種に要する業務委託料を増額し、当初予算に計上していた3種混合ワクチンの購入に係る医薬材料費を減額するものでございます。

  続きまして、17ページ、商工費、商工業振興費の消費者啓発事業1万2,000円は、県の補助金を受け、庁舎内の消費生活相談コーナーに暖房機を購入するもので、補助率は10分の10でございます。

  次の観光費の越生梅林駐車場整備事業1,213万3,000円は、梅林駐車場用地の土地取得費と、用地内に敷かれているチップ材の除去及び運搬処理に係る業務委託料を計上するものでございます。

  続きまして、19ページ、消防費、常備消防費、西入間広域消防組合負担金22万7,000円は、本年度の普通交付税に係る基準財政需要額が決定し、構成町の負担金割合を再算定した結果、負担金額が確定したことによるものでございます。

  次の非常備消防費の15万5,000円の減額は、6分団の車両購入額が確定したことによる負担金の減額でございます。

  次の教育費、教育総務費、事務局費の就学指導事業32万5,000円は、臨時職員賃金の増額で、事務局費負担金等の16万9,000円は、中学校の大会参加経費の増加により、部活動援助費補助金を増額するものでございます。また、一般事務費の102万円は、事務局に配置している臨時職員1名分の賃金を増額するものでございます。

  続きまして、20ページ、小学校費、越生小学校管理費、越生小学校施設維持管理費の226万円は、漏水の発生により予算額に不足が生じる光熱水費と、漏水箇所及びチャイム用プログラムタイマーの修繕料を増額するものでございます。

  次の小学校給食事業の19万円は、燃料費の増額で、小学校給食施設維持管理費の16万1,000円は、スチームコンベクションオーブンの修繕料を増額するものでございます。

  次の学童保育事業の57万8,000円は、県の補助金を活用して児童用ロッカー等を購入するため備品購入費を増額するもので、補助率は3分の2でございます。

  続きまして、21ページ、中学校費、越生中学校管理費、中学校施設維持管理費の72万8,000円は、水道料の増加により不足が見込まれる光熱水費と、盗難防止用屋外監視カメラの修繕料を増額し、水道料の増加により疑われる漏水調査業務委託料を増額するものでございます。

  次の中学校給食事業の8万1,000円は、調理用LPガスに係る燃料費を増額するものでございます。

  次の幼稚園費、就園奨励事業の34万4,000円は、就園奨励費と第3子以降補助金の本年度対象人数が確定したことによるものでございます。

  続きまして、22ページ、社会教育費、公民館費の35万3,000円は、梅園コミュニティ館等の看板作成に係る消耗品費と、公民館などに絵画を展示するための額の購入に係る備品購入費を増額するものでございます。

  次の図書館費2万6,000円は、非常勤職員の通勤手当に係る費用弁償の増額でございます。

  次の文化財保護費35万円は、旧新井家住宅の記録保存に係る関係経費を増額するものでございます。

  続きまして、23ページ、諸支出金、基金費、財政調整基金費の2,519万6,000円は、基金への積立金でございます。

  以上で補正予算の説明とさせていただきます。



○議長(新井康之君) ここで暫時休憩をいたします。

                                      (午前10時35分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時50分)

                                              



△発言の訂正



○議長(新井康之君) 町長から発言を求められておりますので、これを許します。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 先ほどの説明で、議会費につきましてのところで「議員報酬と業務委託料等の増額」と申し上げましたが、「業務委託料等の増額」と訂正させていただきます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 先ほどの越生町一般会計補正予算の提案理由の中で、議会費、議会運営費の51万3,000円は、議員報酬の増額と、議会会議録の調製及び会議録検索システムのデータ編集に係る委託料の増額であると申し上げましたが、議会費、議会運営費の51万3,000円は、議会会議録の調製及び会議録検索システムのデータ編集に係る委託料等の増額でございました。訂正しておわび申し上げます。

                                              



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

  5番、宮?さよ子君。

          〔5番 宮?さよ子君登壇〕



◆5番(宮?さよ子君) 5番、宮?さよ子です。一般会計についてちょっと質問いたします。

  まず、11ページです。先ほどご説明いただきましたけれども、ちょっと早過ぎましたので、こちらでメモをとることができなかったのですけれども、防災費、業務委託料830万5,000円のマイナス、これについてもう一度ゆっくりご説明をお願いいたします。

  それから、17ページ、観光費、梅林の駐車場ということなのですけれども、これで土地取得費が1,063万3,000円です。これは車何台分になるのでしょうか。それから、シーズンオフはどのように利用するようにお考えでしょうか。

  それから、21ページ、越生中学校管理費で業務委託料、これは漏水調査10万5,000円ということなのですけれども、この10万5,000円というのは水道課で持つことはできないのでしょうか。

  それから、22ページ、文化財保護費35万円、業務委託料31万5,000円、これは旧新井家ということなのですけれども、どうしてこれは調査する必要があったのでしょうか。税金の無駄遣いとは違いますでしょうか。

  以上です。お願いします。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、宮?議員さんの質疑についてお答えを申し上げます。

  防災費のところで右側の説明欄の防災対策事業費765万円の減額と印刷製本費63万円、こちらの印刷製本につきましては、委託料に含まれていたものをこちらのほうに明確にさせていただきました。

  それと、業務委託料は830万5,000円の減ということでご説明をさせていただきます。まず、防災対策事業費の1つとして、土砂災害、ハザードマップ作成業務委託料、こちらにつきまして減額をさせていただきました。当初予算ですと315万円予算計上しておりましたが、白地図に土砂災害の警戒区域、レッドゾーンあるいはイエローゾーンを落としていたのですが、ちょっと見づらいというようなことがございまして、航空写真のほうにベースを変更いたしました。こちらの航空写真につきましては、今県で作成しておりますハザードマップのそういったデータを業者のほうから安価でいただけるというふうなことでございましたので、それを活用させていただきまして、補正後につきましては72万4,500円で済みました。こちらの土砂災害ハザードマップの作成業務委託料の減額が242万5,500円でございます。

  それともう一点、現在、地域防災計画を見直しておりますが、こちらのほうが588万円減額をさせていただきました。これは当初委託料という形でとっておったのですが、現在は人事異動の関係等がございまして、1名予定よりは増になりましたので、その職員が中心で直営で行っております。その関係で委託料を588万円減額したということでございます。

  それと、当初予算では委託料と印刷製本費が一緒に委託料という形で予算計上しておりましたが、今回は印刷製本費、これは200部を予定しておりますが、63万円を印刷製本費という形で計上させていただきました。その差し引きが767万5,000円ということでございます。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、産業観光課から、越生梅林駐車場整備事業の関係についてご答弁申し上げます。

  今回の土地取得費1,063万3,000円でございますが、こちらにつきましては、越生梅林の駐車場の道路の拡幅あるいはバスの駐車場、こういった用途に使うために、土地開発基金で買収したものを、今般この基金より買い戻しをするために行う補正予算でございます。

  この今回の1,060万ほどの土地ですけれども、4筆ございます。4筆の1,692.69平米でございますが、4筆とはいうものの、実質的には2カ所でございます。

  その場所でございますけれども、越生梅林に向かっていただきますと梅園橋があると思います。その橋を渡っていただくと、右側に民家がございます。左側の松壁さんのちょうど反対側の民家、その手前に右に入っていく駐車場に入る細い道がありますけれども、そこの道に、右に曲がる道と民家のちょうど間のところ、三角地でございまして、ここが2筆、395.69平米ございます。そこの土地と、もう一つは、やはり梅園橋を渡ってすぐ右に曲がっていただくと、梅まつりのときに第1駐車場として活用している駐車場がございますけれども、そこの駐車場の手前のところ、ここもやはり2筆ございまして、1,297平米ございます。

  この2つの土地を買い戻すわけでございますけれども、三角地のほうにつきましては一段くぼんでおりまして、将来的にはそこは駐車場に入る道路の拡幅として見込まれております。

  もう一つの1,297平米の土地でございますけれども、こちらにつきましては大型バスの駐車場というふうな形で計画をさせていただいておりまして、大型バスでありますと大体9台ぐらいは入れるような計算でございます。

  それから、この活用でございますけれども、当然主目的は越生梅林の梅まつりの期間中の駐車場でございますが、それ以外のオフシーズンにつきましては、例えばここをベースにハイカーの駐車場にするとか、そういったことも考えられますし、あるいはこれから越生梅林、通年公園にできればそのようにしていきたいというふうな考えでございますけれども、基本的には梅まつりを主体に考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 学務課からお答えさせていただきます。

  越生中学校の施設維持管理費につきまして、業務委託料が水道課で持てないかということでございますが、現在この漏水の関係で学校の敷地内が予想されております。したがいまして、中学校費でその分につきましては対応するようにということで今回計上したところでございます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 宮?議員さんのご質問にお答え申し上げたいと思います。

  22ページの文化財保護費のうちの業務委託料31万5,000円、旧新井家の調査に関する業務委託料でございますが、老舗の造り酒屋さんの店舗と蔵ということで、街並み保存の視点からも、その建物自体を保存していこうというようなことも検討させていただいた経緯がございます。財源の確保等さまざまな要件で実現することができない中で、調査して資料だけでも後世に伝えてまいりたいということを考え、この予算を計上させていただいたものでございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 17ページの梅林の駐車場の件なのですけれども、一応シーズンオフはハイカーの駐車場にするような答弁いただいたのですけれども、もしその場合には駐車場の料金徴収ですか、そういう方が配置されないといけないと思うのですが、その点はどのようにお考えでしょうか。

  それから、22ページの文化財保護費で新井酒造様の業務委託料なのですけれども、これ、普通の人が見ても、誰が見ても、どうしようもない建物だということがわかっていると思うのですね。それなのに、簡単な調査をしたということなのですけれども、本当に簡単な調査をする必要があったのでしょうか。そして、その資料を後世に残したいということなのですけれども、それほどのものだったのでしょうか。

  以上2点お聞きいたします。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  先ほどの、今回取得する駐車場用地の取得について、シーズンオフの活用方法については、例えばの話でハイカーのそこがベースというか、そこを拠点にハイキングをしていただくような方もいらっしゃる。例えば、企業さんの駐車場なんかがよく使われているようなことがありますので、そういった方々のためにも、そういった場所を提供するのも一つの方策ではないかというふうに考えております。

  これから周辺整備含めましていろいろ検討していく中で、これらの活用についても詰めていくわけでございますけれども、料金の徴収ということについても、そういったことの中で考えていきたいというふうに考えておりまして、今のところは料金の徴収の有無についても白紙の状況でございますので、ご理解を賜りたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 宮?議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  やはり老舗の造り酒屋さんの店舗と蔵ということで、非常に文化財の視点から申しますと、やはり貴重であり、珍しい建物であるというようなことでございます。改農園さんの建物、現在金子家住宅というようなことになっておりますけれども、同様に街並みを形成、従来からしていただいた中での非常に貴重な建物、それと同様な大きな、ある意味観光のスポットにもなろうかというような建物であったのではないかなというふうに考えております。そのような中で、先ほども申しました、繰り返しになってしまいますけれども、後世には資料だけでも残して伝えておきたいという視点でございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 一応梅林の駐車場につきましては、ハイカーの駐車場にする予定だということなのですけれども、もしそうであれば、早急に係というか駐車場の配備、そういうのは早急に検討はする必要があると思いますので、よろしくお願いいたします。

  それから、資料を後世に残したいということでお答えいただいたのですが、どんな資料ですかということをお聞きしているのですけれども、お願いいたします。どのようなもので、本当に後世に残したいのでしょうか。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 宮?議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  資料といたしましては、平面図、配置図等の図面、それと写真をあわせて、あと概要を記載させていただいた報告書というようなことで後世に残してまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありませんか。

  9番、長島祥二郎君。

          〔9番 長島祥二郎君登壇〕



◆9番(長島祥二郎君) 今一般会計補正予算で宮?議員のちょっと関連で質問させていただきます。

  新井家住宅の保存ということで委託料を増額しておりますけれども、最後の説明で、建物と写真と図面が、配置図等々の記録を保存したいと答弁ありましたけれども、裏のほうは調査しないのですか。酒造蔵、あるいはそこにかなりの、今ここから見えますけれども、大きくなった庭木と、あれも戦前正一郎先生がお話ししていたときには、うちの裏の庭には、何百とは言わないですけれども、何十種類もの木が植わって、その葉をとって、押し花のようにして額に入れて、見せてもらったことがありますけれども、そういった樹木も貴重なような感がしますけれども、その辺の調査はするかしないかお答えしていただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 長島議員さんのご質問にお答えさせていただきます。

  専門家の方が見た場合、店舗と店蔵以上に酒蔵のほうが非常に価値のある建造物であるといったようなことも実は聞いております。ただし、あくまでも個人所有という中で、調査に関するご了解をいただけましたのが店舗と店蔵の部分であり、酒造の部分につきましては、ちょっとその辺の所有者の方との折り合いがつかずにおります。もし先々そのようなことでお許しがいただけるようでございましたら、文化財の保護の視点という点では、ぜひ調査をさせていただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。

          〔「庭木は」「樹木」と呼ぶ者あり〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 申しわけございません。樹木の件が抜けてしまいました。

  大変貴重であると。酒蔵ともあわせて、越生町のある意味象徴というような部分もあろうかと思いますが、先ほども申し上げましたとおり、所有者の方がいらっしゃるという中で、その辺での踏み込んだ話もできていないというのが実情の部分でもございまして、先々そういった部分も含めてお話しさせていただくようなことができれば、ご相談をさせていただきたいなというふうにも考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 長島祥二郎君。



◆9番(長島祥二郎君) 私も表、酒造さんの建物全体を見ますと、確かに文化財的価値は、私はやっぱり、今答弁していただきました課長のように、あると思うのです。ましてや、今、表通りを主体にというようなことですが、ああいった商家と蔵が並んでいるというのが今の越生酒造さんと上町の小松屋さん、お茶屋さんですが、あの2軒ぐらいしか今は残っていないのですよね。

  ですから、できれば保存してもらいたいけれども、保存できないので、所有者の方が多分壊すから、そういった記録を残そうということですよね。ですから、せっかくこういった予算計上をして、尻切れとんぼみたいな感じの記録だけ残しても、もっと、蔵もあったよね、あそこんちは広かったよねというようなことは皆さん覚えていますから、所有者もたしかお二人でございます。たしか店のほうと蔵のほうは違うかもしれませんけれども、できればそういった裏のほうの所有者に対してちょっとお話をしていただいて、調査研究として後世に残したいのだという町の誠意を見せれば了解していただけるのではないかなと。

  まだ当分予算がふえるかもしれませんけれども、これはやむを得ないのではないかなと私は思います。ぜひとも、歴史ある越生町でございますので、こういった建物が残ればいいのですが、維持管理等の難しさもありますし、壊したという、空き地はどんどん、どんどんこの街並みからふえてきますので、できればこういった記録をしっかりと残していただけるようお願いしたいと思います。もう一度答弁お願いいたします。



○議長(新井康之君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 長島議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  文化財保護の視点から言えば、もうおっしゃっていただいたとおりだというふうに思っております。先々残していく中での維持管理の経費等もある中で、店舗と店蔵の部分に関しましても、実際に所有者の方との話をさせていただく中で、町のほうで管理をしていくというめどが立ちませんでした。同様に、非常に大きな酒蔵の部分に関しましても、手に入れるということは実現の可能性が少ないであろうという中で、また所有者の方ともよくご相談させていただいて、資料だけでもというような話をまたさせていただくようにしたいと考えておりますので、ご了解いただければというふうに思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 長島祥二郎君。



◆9番(長島祥二郎君) 参考までに、ではお話ししておきますけれども、去年でしたか、川越に行ったときに、たまたま会食場というか、そういったことで使わせていただいたのが蔵里という鏡山酒造跡地かな、あれを川越市、第三セクと言っていましたか、あの鏡山酒造の跡地を利活用して、今いろんな経営方式をやっております。ただ、難点は、大型バスが入らないような場所ですので、その辺が非常にテナントとしては厳しいというような声もありますが、ああいった例もございますので、参考にお話ししておきます。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありますか。

  2番、木村正美君。

          〔2番 木村正美君登壇〕



◆2番(木村正美君) 2番、木村正美です。宮?議員さんの追加質問的になりますけれども、商工費の観光費のうちの越生梅林駐車場整備の件でお伺いしたいと思います。

  先ほど産業観光課長のほうから、とりあえず今回は土地取得だけで、その後のことはまだ、これからのというお話ではございましたけれども、事前にお聞きしたいことがございますので、一応質問させていただきます。

  駐車場については、今、既存、民間なのか町の所有なのかわかりませんけれども、シーズンになると駐車場になるところがございますけれども、今回の町で整備しようという駐車場はアスファルトにするのでしょうか。それとも、簡単な砂利敷き等のそういった感じにするのでしょうか。

  あと、一番お聞きしたいのは、梅まつりのシーズンというのは、先ほど町長さんからも来年の予定が出ていましたけれども、33日間、大体1カ月ぐらいの時間です。先ほど宮?議員さんのほうからも、それ以外のときどう使うのかというご質問が出ました。なかなか、シーズン中は料金が取れるかと思いますけれども、その辺の採算、1年間のうち1カ月しか稼働しない。駐車場料金を取れるのは多分その時期だけぐらいではないかと思います。そうしたときに、アスファルトにしてしまえば草刈り等も必要ないのでしょうけれども、夏の管理だとかというので、そういった経費も必ずかかってくると思います。その辺の採算ベースというか、それはある程度お考えになっているのでしょうか。使わない11カ月ぐらいのそれをいかに有効に使っていくかということがすごい、非常に重要な問題だと思います。今後土地を取得されて計画をされるときに、その辺を十分に検討していただきたいというふうに思います。

  次に、教育費の中の補正予算で水道漏水分という金額がございました。小学校については157万円、中学校については36万3,000円、これは全部ではないということだと思いますけれども、金額が非常に多い。漏水ですから、発見はできなかったのかどうかよくわからないのですけれども、金額が余りにも。これが非常に私は気になっております。その経緯、発見までの経緯、これだけの量が無駄になっていたということは非常にゆゆしき問題ではないかと思います。その辺の漏水の経緯についてご説明をいただきたいと思います。

  また、それが一気に金額が膨れたのか、それとも、じわじわ膨れたのか。そういった請求書等は2カ月に1回しか来ないかもしれないのですけれども、その辺のチェックはされているのでしょうか。

  また、こういった無駄が出たということは、単に学校だけの問題でなくて、町全体、いろんなところで当然施設で水を使っているわけでございます。そういうことも含めて、しっかりと、こういうことがあったのだということをほかの担当するところにもきちっと説明をして、もう一回ふんどしを締め直して、しっかりとそういったことについて管理、チェックしようということが庁内で意思統一がされたのかどうかということをお聞きしたいと思います。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、産業観光課よりお答え申し上げます。

  駐車場の件でございますけれども、ご承知のとおり梅まつりの期間中の駐車場につきましては、従来第1駐車場から第4駐車場までございます。第4駐車場は上谷農村公園を利用しておりますので、そちらにつきましては町のほうで管理しておりますけれども、第1から第3駐車場、これにつきましては全て民地でございます。

  参考までに、これらの面積1万5,609平米ございまして、例年130万円ほどで賃借をしております。

  今般これを土地開発基金で購入し、それを買い戻すという今回の件につきましては、そのうちの1,297平米でございまして、通年として町が所有するのは実質的にはこの1,200平米、約1,300平米弱でございますけれども、ここの面積だけでございます。この目的が、先ほども申し上げましたとおり、大型の観光バスのためのものとして考えておりますので、担当課とすれば、やはりそれなりのアスファルト舗装等でないと対応できないのではないかというふうに考えております。その辺につきましては、まだ決まったわけではございませんけれども、一応担当課の意見としたら、そういったことを考えて、これから協議を進めてまいりたいというふうに考えておるところでございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 木村正美議員さんからの漏水の件についてお答えさせていただきたいと思います。

  越生小学校につきましては、この漏水に伴い、水道料金が78万1,000円、下水道料金が56万4,000円の補正予算を組ませていただきました。この額は水道料の予算の33%、下水道料金予算の45%を占めるものです。また、水道ポンプの稼働に伴いまして電気料もかさみまして、総額で157万4,000円という結果となったところです。

  通常であれば、年間8,500立方メートルの水道使用量と見込んでおります。過去のデータに基づいて申し上げたところですが、今年度は予測でいきますと1万2,000立方メートルというところになります。

  経緯につきましてですが、今年度の9月の検針後に水道使用量の異変に気づき、対応を図ってまいりました。本来であれば4月、遅くとも7月の検針データで異変に気づくべきでしたけれども、私自身も過去のデータを誤って比較し、結果的にこのような結果となってしまいました。昨年度から小学校で給食で使う児童の牛乳パックを洗浄して、それをリサイクルに使うという活動を始めました。その牛乳パックを洗浄して、流しできれいにして保管するわけですが、その際に牛乳パックを洗う水の量、そして排水管も残った牛乳がこびりついて、それが詰まりの原因になるので、かなりの水の量を流して、事後処理というのでしょうか、洗浄するものと見込みまして、水道量の増加がこのぐらいあるのだろうというふうに思っていたところもありました。しかしながら、余りにも使用量が多いので、各所要所のバルブを閉めて水道水の使用の変化を見たり、また改めて給食後のパックの洗浄、洗い場の排水管の状況、流水状況などを確認して検証を重ねてまいりました。過去2年間の水道の使用量を検証しましたところ、先ほど申し上げましたが、通常の使用量の約1.4倍というように確認することができました。前年度から多少の水道使用量の増加というのは確認できたところでしたけれども、最大の原因は、1日当たり8立方から10立方の水道水が地中の水道管の損傷により漏れ続けたためというのを後の掘削で確認することができました。

  直ちに調査会社に委託して、その漏水の状況を特定するというのも一つの手段として考えられましたが、過去にも複数の場所で同時に漏水が起き、原因をなかなか特定することができなかったその困難さと、高額な費用がかかったということから、調査の依頼の検討が長引いてしまったというのは背景にありました。今回は私どものその状況を見かねた水道課の経験の技術職員の皆さんがボランティアとして夜間、それから休日を返上して、水道課で持っている専用の器械を使用して漏水の場所の特定を数日間かけて行ったところでした。その結果、複数の場所を特定することができ、11月10日、これは越生小学校ですけれども、10日に一時的に漏水をとめることができました。

  今回の水道管破損に伴う本格的な改修工事は、学校給食の関係もございまして、この学校給食が休止となる冬季休業中に行われることとなりますが、この改修工事により、一定の漏水もとまり、完了するものと思っております。

  また、越生中学校においては、消火栓用防火水槽の減水が著しく生じ、これも漏水によるものと特定し、原因を究明してまいりました。教頭が毎日のように防火水槽の減水量を確認し、図面を使って配水管に沿ってその漏水箇所等の確認をしてまいりましたが、なかなか特定することができませんでした。この件につきましても水道課のOBの皆さんの協力を得まして、越生小学校と同様の方法で、原因となる場所を突きとめることができました。完全に突きとめたわけではありませんが、かなりの漏水をとめることができた次第です。

  このように、先ほどの質問の中でもチェック体制の問題についておっしゃいましたが、私どもは今回のこの事案を大きな教訓として、学校施設の管理の徹底を図るため、直ちに担当となる教頭への指示を行い、また校長会、さらに毎月監査が行われますので、監査委員へも状況を説明させていただきました。

  今後は、予算管理及び施設設備の管理をする部署として、日常の変化へ迅速に対応する感覚と、それからデータの管理を徹底するように組織内で図ったところでございます。私自身、この部署の責任者として今回の事態を重く捉え、ここでおわびする次第です。また、再発防止に向けても、部署の職員一人一人が自覚を持って取り組むように指示徹底したところでございます。そんな形で今取り組んでおるところです。

  以上、報告とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 駐車場のほうの用地の件なのですけれども、これからということだとは思うのですけれども、バスが9台ということで、幾らに料金設定をするかわかりませんけれども、多分、先ほどの話ですと、町の直営ということになるのではないか。そのほかのところは多分観光協会に委託ということになっているのだと思うのですけれども、駐車場に徴収する人を配置すると、その経費と、それから9台フルにとまって1日何回転するかわかりませんけれども、大した金額ではないということになれば、思い切って、観光バスであれば30人、40人、もっと乗っていれば50人ぐらいの観光客がどっと来るということでございますので、ツアーのバスであったりすれば、ぜひ誘致をするという意味も込めて、一般の乗用車で来る方にはお金を取って、観光バスはただかよという批判があるかもしれませんけれども、ただ集客力という点については、観光バスですと今言ったような大量動員が可能になってくるわけですから、戦略的な意味ででもそういった活用も考えられたらどうかと。11カ月間取らないのであれば、1カ月間取れなくても、それ以外のプラスアルファの面があれば、そちらへシフトして考えるということもあるのではないかと思うので、今後検討していただき、またいろんな具体的になったときに、また新たな質問はさせていただきたいと思います。

  以上で終わります。



○議長(新井康之君) 10番、神邊光治君。

          〔10番 神邊光治君登壇〕



◆10番(神邊光治君) 何点かお伺いをしたいと思います。

  今論議されている越生梅林の駐車場の件ですが、答弁の中でも若干触れられています通年公園化と、全体の越生梅林の周辺整備で、今論議されているのは、全体の構想から越生梅林はどうあるべきで何が求められているのか深く論議された上で、駐車場やその他の整備がこうなるという、そういうところからの論議ではないような気がします。そうした意味で、通年公園化を目指す越生梅林の全体整備計画については、どんな計画がされているのか。その計画書はもうできたのでしょうか。以前からそうした観点で、整備計画を全体のものにして進めることが必要だということは申し上げてきたつもりですが、周辺整備、それから人の動き、車の動きも含めた将来計画についてはまだ明確になっていないというふうには思いますが、そうした整備計画をつくる計画がありますか。部分、部分で改善をしていくだけでは、やはりトータル的な観光施策がなおざりになるのではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。

  それから、防災対策で、これは議運のときに総務課長のほうから報告があったのですが、説明の中で、自主防災組織資機材整備の中でハンドマイクや担架などが購入されるような話をしましたが、歳出の中で具体的に触れられておりませんが、5万1,000円ですから大したお金ではないということなのでしょうけれども、もう一度説明してください。

  それから、これとの関連で、業務委託料が大幅に削られて、いわゆる県のデータを使って自分たちでハザードマップをつくったということが報告されました。たまたまこのハザードマップの作成に当たって県のデータが活用できたというだけでなくて、そうした上部の計画やその他をうまく使えば、簡単に業務委託料で発注して、はい、オーケーというのでなくて、職員が苦労して、やはりその作業に当たるということは、今後の問題でも大きな問題だというふうに思うし、経費の大きな節減になるというふうに考えますが、いかがでしょうか。

  それと、いつも指摘をしているのですが、毎年1億円を超す繰越金が生じてきております。その基金の中で有効にもっともっと細かい点を調査して精査すれば、予算の使い道があって、住民との直結した問題で執行されなければならないというふうに思うのですが、今後の予算執行の関係でどんなお考えをお持ちかどうかお伺いします。

  それから、大変小さいことで申しわけないのですが、今までも何回も報告されておりますが、20ページ、いわゆる部活動の援助費ということで大会参加費が計上されております。児童生徒が大会に参加をするその仕組みが、先生方も含めて、全面的に保障されている制度でしょうか。個人負担などがあってはならないというふうに思いますが、当然のことながら児童生徒の活躍によってこの補助金も引き上げられなければならないし、また補助金の有無で大会派遣ができないということがあってはならないというふうに考えますが、その辺の内情はどうなのでしょうか。

  その下の小学校、中学校の漏水の件です。大変ご苦労されて漏水発見をしたということですけれども、やはり一般家庭には全部、水道の蛇口をひねって、星印のメーターが回っていれば漏水だよということは宣伝されてきましたが、実態はやっぱり学校ではそういうことは行われてこなかったという証左ではないかというふうに思うのです。ある意味では、全部をとめて、どのぐらい回っているかどうかを、漏水との関係ではチェックすることは可能なわけですから、職員がやはり小まめにそうした作業をしていく必要があるというふうに思いますが、今後等について大きな出費になったことから考えれば、職員の皆さんも相当緊張した形でこの漏水の件については今後進められるというふうには思いますが、その決意をお伺いをしたいというふうに思います。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、越生梅林の関係につきまして、産業観光課からお答え申し上げます。

  ご質問の全体計画というようなお話でございますけれども、この越生梅林につきましては、その周辺道路を含めまして、平成22年ごろから政策会議というものを設けまして、過去3回ほど協議をしてございます。その中で周辺の道路につきましてはほぼ確定いたしまして、あとこの中身につきましても、そういった政策会議の中で今般の土地の取得については決定し、最低限のところは図っていこうという中で、開発基金を使用して今回買ったところでございます。

  現在のところ、町のほうでは今年度中の策定を目指し、越生梅林の基本計画を策定中でございまして、周辺道路を含め、その梅林のあり方、こういったことについて今検討を重ねているところでございます。通年公園というような話とかも当然ございますし、そういった中でどんなことができるのかというようなことで、例えば今川の再生のほうで駅東、上野東、あの辺を一生懸命やっておりますけれども、ことしの要望の中でも梅林方面の親水公園化、こういったことも要望をしているところでございます。できれば川の再生事業として今後越辺川の沿線がずっと歩道で結ばれれば、点から線になるような、そういった計画等を含めまして、梅林が通年に利用できるような、そんなことも検討はしているところでありますし、今も協議中でございます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、神邊議員さんの質問についてご答弁を申し上げます。

  まず1点、予算書の8ページの歳入の款15、県支出金の目1総務費県補助金、説明では、埼玉県自主防災組織資機材整備活動支援事業補助金ということで5万1,000円計上させていただきました。この資機材の補助につきましては、既に歳出のほうは当初予算で見ておりました。ここで県の補助金、補助額につきましては2分の1以内ということでございますが、5地区に対する資機材の補助が認められましたので、5万1,000円歳入のみ計上させていただいたということでございます。

  よろしくお願いいたします。

          〔「5区でありませんか」と呼ぶ者あり〕



◎総務課長(岩?鉄也君) 5区です。

  続きまして、防災費の関係でございます。まず、1点目のハザードマップの作成業務委託料でございます。ちょっと資料をお持ちさせていただきました。こちらにつきましては、全員協議会のほうでお配りさせていただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。

  まず、従来のやつが、こういった白地図をベースにレッドゾーン、イエローゾーンということで土砂災害の区域を示しておりました。越生町の場合にはランドマークがございませんので、ちょっとわかりづらい部分もございましたので、今回は県で使っております航空写真をベースにして、こういった形でつくりましたので、前よりは見やすくなっているというふうに考えております。こちらにつきましては、今担当しています職員はこういったことが非常にたけている職員でございますので、県のデータをいただいて、ある程度うちのほうでベースをつくって、県の委託業者であるパスコという会社になりますが、そちらのほうと協議をさせていただいて、当初315万円見ていたのですが、パスコさんの、県のデータになりますが、データをいただけるということで72万4,500円になりました。ちょっと工夫をしまして、かなり安価にできたということでご理解をいただきたいと思います。

  それともう一点、関連がございますので、地域防災計画の見直しにつきましては、当初委託料ということで588万円とっておりました。今回印刷製本費のみ63万円明確にさせていただきまして、残りの525万円につきましては、今申し上げたハザードマップのベースをつくった職員が担当しております。いろいろインターネットを使いまして、データを抽出していろいろ検討するのにたけた職員でございますので、その職員が専門でやっている関係上、合計で767万5,000円減額することができたということでご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 神邊議員さんのご質問にお答えさせていただきます。

  繰越金につきましては、毎年度1億5,000万円繰り越すことを予定しております。23年度につきましては、特別交付税が予定していたよりも8,000万ほど多く入りました。特別交付税につきましては、3月に国のほうで確定して交付していただけるということで、当然3月議会の補正予算にはもちろん間に合いませんので、そのまま繰り越しということになります。

  それから、それぞれの事業で執行残というのが当然毎年出ます。今回1億5,000万を予定しておりましたが、2億5,600万ほどになりましたけれども、先ほどの特別交付税が8,000万ですから、それを除きますと1億7,000万の繰り越しであったということになります。この繰越金につきましては、一応1億5,000万予定しておりますので、これまた少ないと当然次の年の歳入が減るというふうなことになってしまうわけでございます。したがって、ある程度当然執行残が出るわけですので、この見込みは見込みで当然しようがないなと思います。執行算は当然出るわけですので、その辺はやむを得ないのかなというふうに思います。ただ、当初予算におきまして、それぞれの事業をしっかり精査して、いろいろな事業に対して効率よく予算配分をするということは当然でございますので、今後につきましてもしっかり精査して、それぞれの事業を充てまして、いろんな事業を展開するような形で予算を編成してまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 神邊議員さんの質問にお答えいたします。

  中学校の部活動援助費につきましてですけれども、当初予算89万6,000円組みまして、この中には部活動の運営に関する保護者の負担軽減ということで費用を計上しています。また、大会参加費の交通費支給として、その額も計上しております。

  今回補正で組みました内容につきましては、県大会で出場した団体ということで、不足分で計上させていただいたところですけれども、その内訳といいますか、これは補正に限らずですけれども、交通費に限っては選手及び応援に行った生徒の交通費、これを支給内訳として計上して支給しているところです。

  それから、小中学校の漏水の件です。神邊議員さんご指摘のとおり、職員がもっと小まめにやる必要、これは非常にこれからも徹底していかなければならないというふうに思っております。

  学校のメーターの管理につきましては、毎朝、どこの学校もですが、教頭がメーターを見て水道料のチェックというのをしております。それを記録をとって、学校から教育委員会に毎月報告を上げるということをしておったところです。

  この漏水が、そのチェック体制が十分に反映されなかったというのは、これは学校というよりも、私どもの責任というのは大きいと思います。学校は小まめにチェックもしておる中で、私どもは検針のデータと学校から上がってくる増水量について十分に検証してこなかった背景があったというふうに受けとめております。

  特に学校が毎日チェックしていく中では、1日の間に例えば30立方とかそのぐらいの量が一気にふえる、そういった状況のときに、あ、これは漏水だ、おかしいなというふうに気づくことはあるのですが、夜間、夜帰ってから朝チェックして、その間の1日の流れというのもチェックしていますが、そのときに数立方動いた水の量というのは、ある程度許容範囲という中で受けとめて見ているところです。

  先ほどの答弁の中でも申し上げたとおり、今後はデータの提出を徹底するとともに、それをきちんと検証していく、これを学務課内でもやってまいるところです。わずかな変化にもすぐ対応できるように今後していく所存でございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) よろしいですか。

          〔「いやいや、暫時休憩だよ」と呼ぶ者あり〕



◆10番(神邊光治君) まだあります。あと5分……。

          〔「あと5分しかない」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) この際、暫時休憩します。

                                      (午前11時58分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時31分)

                                              



○議長(新井康之君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) それでは、再質問させてもらいます。

  まず最初は、越生梅林の全体の整備計画、基本計画が今策定中という話でしたが、今年度予算で3月末までにはほぼでき上がりますか。まずそこからお伺いしたい。

  さらに言えば、今の越辺川の川辺再生計画ですか、それをずっと梅林まで越辺川をさかのぼって、梅林のところでの親水公園の計画もという構想も若干話がされました。今後の計画等について具体的にお話をしていただければというふうに思います。

  それから、毎年1億5,000万円は繰越金としての予定ということですが、これはとんでもないというふうに思います。できるだけその年度で、町民の願いにできるだけ早くこたえて施策を実現するというのが執行者のある意味では責任ではないですか。それを、1億5,000万円繰り越すのだということが何か目的になっているような答弁でした。訂正ないしは取り消しを願わなければならない問題だというふうに思います。

  それから、越小の漏水の件です。要するに、そもそもの原因が、今まで指摘をされているのは、メーカーによって経年劣化の中で水道管が裂けたり、その他劣化をして水漏れが発生をするという、いわゆる一般論的な町水道の本管との関係で、越生小学校の漏水はある意味では性格上は同じだったのかどうなのか、全く違うのか。その点についてはどんなお考えを持っているのか。そこでのどのような漏水だったかが明確になることによって、ある意味では越生町の水道のそのものの漏水と因果関係は全くなかったのかどうなのか、教訓は生かされるのかどうかお伺いしたいと。



○議長(新井康之君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、産業観光課から梅林基本計画の関係についてご答弁申し上げます。

  こちらの基本計画につきましては、現在進行中でございまして、予定ですと25年の3月中旬ごろにはできるよう今準備を進めているところでございます。

  産業観光課からは以上でございます。



○議長(新井康之君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 川の再生事業の関係でまちづくり整備課よりお答え申し上げます。

  行政報告でも申し上げましたが、越辺川の八高線の鉄橋の下から下流に向かっての事業が終わったわけですけれども、実はこの事業を採択してもらったのはたまたまそこということで、越生町は梅林周辺とその2カ所を提案いたしました。結果的に10月にお披露目をした場所が採択されたということで、越生町といたしましては今後それをもっと上流に続けていきたいということで、今年度また鉄橋から梅林周辺までのエントリーをしたところでございます。いろいろ県のほうに確認をしているのですけれども、予算は早目につくけれども、どこを選定するかというのは、たくさん数があるので、なかなかすぐの結論は出ないと。見通しとしては、2月ぐらいまでには何とか出さないと、今度はそこが当たったところの市町村での対応がおくれるということで、2月末ごろまでには、どこが対象となるかを報告したいというお話を受けております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 繰越金についてご答弁申し上げます。

  ちょっと誤解を招くような答弁になって、まことに申しわけございません。繰越金は少しでも出ないようしっかり精査して、予算の編成に努めてまいりたいと思います。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 神邊議員の質問にお答えいたします。

  今回の漏水の件がいわゆる経年劣化の様相を示しているということですが、町の水道との問題として似ているかどうかという点につきましては、あくまでも私論ですが、こんなふうに考えております。開校35年たっている施設の中で、当然こういったことが起こり得ることは考えられます。一般的に、私も幾つかの学校を経験しておりますけれども、30年経過した施設では多分にこういった配水管の劣化によるこういう問題、修繕の問題というのは起きております。今後も……

          〔「配管です」と呼ぶ者あり〕



◎学務課長(安田孝之君) 給配水管ですね。いわゆる給配水管の問題というのはよく起きております。今後もそのようなことが続いていくのではないかと危惧しているところはございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) 了解。



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第39号を採決します。

  議案第39号 平成24年度越生町一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立多数〕



○議長(新井康之君) 賛成多数です。

  したがいまして、議案第39号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第40号 平成24年度越生町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



○議長(新井康之君) 日程第11、議案第40号 平成24年度越生町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第40号 平成24年度越生町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、提案理由のご説明を申し上げます。

  今回の補正額は、歳入歳出にそれぞれ8,535万1,000円を追加し、総額を16億6,405万1,000円とするものでございます。

  歳入は、国庫支出金の増額と、前年度繰越金の確定によるものでございます。

  歳出は、一般被保険者の医療費の増加による保険給付費の増額、共同事業拠出金の決定による増額、保健事業費の増額等でございます。

  なお、詳細につきましては、担当課長がご説明いたしますので、慎重ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 町民課長。

          〔町民課長 成野 清君登壇〕



◎町民課長(成野清君) ご説明申し上げます。

  初めに、8ページの歳入、国庫支出金の療養給付費等負担金でございますが、一般被保険者の医療費増加による国庫負担分1,684万円を補正計上するものでございます。

  次の繰越金の療養給付費交付金繰越金は、歳出の前年度超過交付分返還金の充当財源とするため、75万2,000円を、その他繰越金は、前年度繰越金の確定に伴い、6,775万9,000円を補正計上するものでございます。

  続きまして、9ページの歳出についてご説明申し上げます。保険給付費の療養諸費及び高額療養費につきましては、本年度の一般被保険者分の医療費の実績に基づき不足が見込まれるもので、一般被保険者療養給付費2,916万円、一般被保険者療養費39万9,000円、一般被保険者高額療養費2,306万7,000円を補正計上するものでございます。一般被保険者の医療費の支出状況を前年度の同時期と比べますと、9.3%増となっております。

  次に、10ページの共同事業拠出金につきましては、保険財政共同安定化事業拠出金の決定通知に基づき、2,000万円を補正計上するものでございます。

  次の保健事業費、疾病予防費は、人間ドック、脳ドックに係る予防検診補助事業の補助が予定額より多く支出が見込まれるため、20件分、40万円を増額計上するものでございます。

  次の諸支出金、償還金につきましては、平成23年度の実績に基づき補助金額が確定したため、国に返還するものでございます。内訳といたしまして、療養給付費等負担金75万3,668円、出産育児一時金補助金5万円、災害臨時特例補助金1万2,000円、高齢者医療制度円滑運営事業費補助金5,934万円でございます。

  なお、当初予算におきまして50万円計上してございますので、差し引き32万2,000円を計上するものでございます。

  予備費につきましては、歳入の残額を計上いたしました。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

  6番、吉澤哲夫君。

          〔6番 吉澤哲夫君登壇〕



◆6番(吉澤哲夫君) 2つほど質問をさせていただきます。

  まず1つ目ですが、9ページの款2保険給付費で、これを含めて前年比9.3%増というお話がありましたが、今後何年くらいこういうパーセント的なものが上がっていくのか、わかっている範囲でお答えをいただければと思います。

  もう一つは、10ページの保険財政共同安定化事業拠出金2,000万円ということの内容ですが、安定するまでどのくらいの金額を必要とするのか伺わせていただければと思います。お願いいたします。



○議長(新井康之君) 町民課長。

          〔町民課長 成野 清君登壇〕



◎町民課長(成野清君) お答え申し上げます。

  初めに、9ページの保険給付費の関係でございますけれども、昨年のこの時期に比べまして9.3%伸びているということでございまして、今後の伸びにつきましては、なかなか予測することは困難な状況でございますので、何%伸びるかはわかりませんけれども、一般的には国民の医療費というのは全国平均で約3%伸びているというのが状況でございます。

  続きまして、10ページの保険財政安定化事業でございますけれども、この事業につきましては、平成23年度までは1件30万円以上のレセプトが対象になっていたわけですけれども、これが24年度からは、1件10万円以上の高額のレセプトにつきまして、埼玉県内で共同でやっていこうということでこの制度が始まっているわけでございます。今後につきましては、平成27年度から1円以上が埼玉県の共同事業ということになりますので、安定するまでというのはちょっといつまでかはわかりませんけれども、今後は、27年度からは全県で保険給付については共同でやっていこうということになっております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) それでは、追加質問を、今のお答えに対して質問させていただきますが、療養給付費等負担金ということですね。越生町の町民の年齢的なものを含めて考えたときに、どういう状態の推移が図られるのか、わかりましたらお答えをいただければと思います。



○議長(新井康之君) 町民課長。

          〔町民課長 成野 清君登壇〕



◎町民課長(成野清君) ちょっと申しわけないですけれども、質問の意味がよくわかりませんで、高額療養費でしょうか。

          〔「そうですね。高額療養費ということで、年齢に関して……」と

            呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 吉澤君、ちょっと待ってください。

  町民課長、いま一度、それでは退席してください。

  吉澤哲夫君。質問の趣旨をはっきりさせてください。



◆6番(吉澤哲夫君) 高額療養費という、負担金ということでこの金額になっているかと思うのですが、年齢に比例してこういうものは上がっていくかなと私は考えておりますが、町民の平均年齢がどんどん上がっていった場合、今現在何歳かというのは詳細にはわかっておりませんが、このままの状態で推移したときに、9.3%、前年比ということなのですが、今お話であれば、全国的に3%上がるという話ですが、越生町としてはどのくらい上がっていくものなのか。仮定の話ではあるかと思うのですが、わかればと思います。



○議長(新井康之君) もう一度はっきり、質問をしたい点を……



◆6番(吉澤哲夫君) 年齢の推移と保険料の推移、そういうものがわかっている範囲でお答えいただければと思います。だから……



○議長(新井康之君) 暫時休憩をいたします。

                                      (午後 1時52分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時53分)

                                              



○議長(新井康之君) 町民課長。

          〔町民課長 成野 清君登壇〕



◎町民課長(成野清君) お答え申し上げます。

  高額療養費につきましては、特に高齢になるに従って大きな病気が一般的には多くなってきていると思います。したがいまして、高額療養費というのは、一般的には、一般の人は8万100円以上が1カ月当たりかかった場合は高額療養費となるということでございます。

  今後の見込みにつきましても、やはり高齢の人が心臓病だとかがんの発生だとか、確率的には高くなっておりますので、今後もそういう傾向にあるのかなというふうに危惧しております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) 3回目ということで質問ですが、先ほど机のところへ参りましてお話をしたのですが……



○議長(新井康之君) それは言わなくて……



◆6番(吉澤哲夫君) 中には入っておらない話ですが、町民の年齢が高くなれば高くなるというお話だったので、前年比9.3%、前年が何歳でことしが何歳になって9.3%上がったのか、わかればと思います。

  また、今後こういう状態が、年齢がどういう状態に推移していくのか。統計的に越生町の内容がわかれば、それなりに、9.3%が、これがまた来年も前年に比べて7%とか8%とかという話になる可能性もありますので、その点を伺わせていただければと……



○議長(新井康之君) 吉澤議員に申し上げます。質問の要旨を明確にしていただきたいと思います。



◆6番(吉澤哲夫君) わかりませんか。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◆6番(吉澤哲夫君) わからない。年齢的に平均年齢が上がれば、高額医療費はそれに準じて推移していくものという話もあったことから、越生町の平均年齢推移がどういう状態をたどっていくのか。そして、9.3%上がった、前年に比べて。去年は越生町の平均年齢が幾つで、ことしが幾つであったので、たまたま9.3%増になったかもわからないのですが、そういう年齢の推移と、こういう医療費負担金の推移がこれからどうなっていくものかお尋ねをしておきたいと。



○議長(新井康之君) 暫時休憩をいたします。

                                      (午後 1時57分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時01分)

                                              



○議長(新井康之君) 吉澤哲夫君。



◆6番(吉澤哲夫君) 申しわけない話なのですが、再質問ということでさせていただければ。

  先ほど課長の答弁の中で、全国的に3%の推移でこの負担金が上がっていくだろうという仮定の話もありましたが、越生町では前年度比9.3%の増というお答えがありました。年齢的に上がれば高額医療費も上がっていくだろうというお話の中から、越生町として町民が年齢が上がっていくわけですが、この平均年齢が今後上がっていくのに当たって、先ほどの話から、去年から比べて9.3%増という話があったので、今後どのような推移の負担金がふえていくのか、仮定ではあるかと思うのですが、ある程度お答えがいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 町民課長。

          〔町民課長 成野 清君登壇〕



◎町民課長(成野清君) お答え申し上げます。

  この9.3%につきましては、越生町の国保の予算を半年分集計いたしまして、去年と比べて同時期に9.3%伸びているということでございます。現在は落ちついていまして、年何%になるかは、現在ではまだ進行中でございますので、わかりません。当然先ほどご答弁申し上げましたのは、一般的には高齢になればそれだけお医者さんにかかる率も金額も多くなるだろうということでお答え申し上げました。特にことしにつきましては、心臓系の疾患とがんの患者さん、保険者さんがふえていまして、1件当たりの医療費が高額になったケースがこの5月から7月にかけて数件発生しましたので、この期間が特に高額になったということでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第40号を採決します。

  議案第40号 平成24年度越生町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立全員〕



○議長(新井康之君) 賛成全員です。

  したがいまして、議案第40号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第41号 平成24年度越生町水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(新井康之君) 日程第12、議案第41号 平成24年度越生町水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  本案について提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 議案第41号 平成24年度越生町水道事業会計補正予算(第1号)について、提案理由のご説明を申し上げます。

  補正予算書1ページと9ページをご参照願います。9ページの収益的支出でございますが、水道事業費用の営業費用につきまして、原水及び浄水費、配水及び給水費並びに総係費の給料等の人件費につきましては、人事異動に伴うものでございます。

  次に、原水浄水費の委託料は、浄水場等の耐震診断を取りやめるものでございます。これにかわりまして、総係費の委託料としまして、水道事業基礎調査委託料を計上するものでございます。これは水道料金の改定を含め、水道施設の更新や管路整備について今年度基礎調査を行い、来年度に事業基本計画を策定するものでございます。

  次に、動力費に関しましては、電気料金の値上げに伴うものでございます。

  次に、資本的支出につきましては、改良事業費、配水施設費の工事請負費のうち3,493万円を減額するもので、これは主に石綿管更新工事分を減額するものでございます。この結果、水道事業全体としては4,795万5,000円を減額するものでございます。

  以上、慎重ご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(新井康之君) これから本案の質疑を行います。

  10番、神邊光治君。

          〔10番 神邊光治君登壇〕



◆10番(神邊光治君) ただいま提案されました水道事業会計ですが、浄水場耐震診断業務委託料と第1沈殿池耐震診断業務委託料も含めてですが、それを水道事業基礎調査委託料に切りかえた大きな理由について、またどんな検討がされてこうしたことになったのかを報告していただきたいというふうに思います。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) それでは、神邊議員さんのご質問にお答えしたいと思います。

  耐震診断を取りやめて基礎調査に移行したのはどのような理由かということについてお答えいたします。沈殿池や事務室等の耐震診断を行いますと、現行の施設を即だめだとなれば、施設の補強をしなければならないという1点の問題がございます。その判断に基づき、現在の施設を改修して使うか、あるいは別の方法を考えるかを検討しようと考えておったわけでございますけれども、料金改定の問題も含め、考えたとき、こうした施設だけでなく、簡水系統などの施設の老朽化も始まっておりますので、浄水場や35ある配水池や増圧場など、また管路などの現況を把握し、今後の水道事業をどうやっていくのが最善であるかをコンサルタントを入れて検討したいと考えております。今回の耐震診断を見送らせていただきたい考えで減額補正を行いました。

  基礎調査につきましては、現状を把握いたしまして、現在の浄水場や配水場、ポンプ場、増圧場などのハード面及びソフト面で現況についての調査を行い、事業の分析、評価、課題の抽出等を行って、これからの25年度に向けていきたいという考えで変更させていただきました。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) そういった意味では、耐震診断でいわゆる対症療法的な計画と全体を総合的に評価して、一つ一つを改善を図っていく。以前に私も、長期計画による長寿命の水道事業で、計画をきちんと立てて一つ一つをやっていかなければならない、もうそういう、とっくに時期が過ぎているということを指摘をしてきまして、そういう意味では、水道事業基礎調査が始まることによって、それをどう年次計画で計画的に修繕を図って、現状の大変厳しい経営状況から抜け出す方途を探るというのは結構だというふうに思います。果たしてそれが297万2,000円でできるのか。どこまで分析ができるのかという点では、耐震診断そのものが945万のそれこそ3分の1になるわけですが、十分な調査をして、これから先の計画をしっかりと立てるという意味では、我々もコンサルタント会社でも何でもないから、わかりませんけれども、予算がかなりそういう意味では少ないのではないですか。こんな予算で本当に基礎調査ができますか。我々素人でわかりませんが、お答え願いたいと思います。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 再質問にお答えいたします。

  基礎調査といいまして、ポンプの劣化だとか、そういうものにつきまして、各配水施設のどのようなものをやっていくかのその前の段階の基礎調査という形で今年度行う。正式にその基礎調査がどこがどういうふうに修理しなければならないというようなものについての計画については、これが終わりまして、来年度の方のコンサルタントの委託になると思います。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) 我々も素人ですから、わかりませんが、水道事業をここでやめてしまうわけにはいかないのです。それにかわる施設を簡単につくるわけにはいかないのです。

  給水管、配水管を、では全部埋めかえて、漏水も全て調査をして、有収率を飛躍的に向上させることは現状では不可能ですよね。であれば、しっかりとした計画を立てて、この計画で進むのなら大丈夫だという、そういうお墨つきがもらえるような計画にしなければだめでしょう。今どこをどういうふうに直していったら、そして幾らお金がかかれば1つの展望が開けるのかといったら、全く展望がないのでしょう。ある意味では小学校の、それこそ漏水ではありませんけれども、次から次に漏水して、漏水の補修で追われていて、ほかのことは何もできないような状況でしょう。であれば、300万ぐらいのもので、それは基礎調査ということですから、それは来年度にまた基礎調査をお願いするのです。その次もまた基礎調査をお願いするのです。いつになっても基礎調査で、ずっと展望の見えるような調査結果を設けて、きちんと越生町水道の処方箋を確立して、これなら大丈夫だという見通しが立つような、そうした調査をしてもらわなければ、根本的には越生町の水道は本当に今の危機を克服できませんよ。私も三十何年議員させてもらって、最初から漏水は30%、ずっとです。80%を超えなければおれは水道関係賛成しないと言ったことがあります。一時期8割を超えたことがありました。でも、ほとんどが7割台です。これは町民からすれば、3分の1が無駄に漏れてしまっている。何と説明するか。遅きに失しても、きちっとしたやっぱりお金をかけて、計画を立てて、処方箋を町民に示して、安心してもらえる水道事業会計にしていかなければならないということを申し上げたいと思います。答弁は結構です。



○議長(新井康之君) ほかに答弁ありませんか。

  宮?さよ子君。

          〔5番 宮?さよ子君登壇〕



◆5番(宮?さよ子君) それでは、質問いたします。

  時間外勤務手当が80万円ふえた理由は何でしょうか。

  それから、水質検査85万円は何の検査がふえたのでしょうか。

  それと、耐震診断をやめたということなのですけれども、耐震診断をやめて、もし万が一地震があったらどうするのでしょうか。

  予備費300万円はなぜ補正でゼロにしないのですか。

  それと、旅費の4万6,000円はどこに行ったのでしょうか。

  それと、水道事業の基礎調査委託料297万2,000円、これをもう少し詳しく説明していただけますか。

  次に、資本的支出、4条の補正予算について質問します。建設改良費、改良事業費、石綿管更新をしないということなのですが、最初の予定の3カ所全部しないのでしょうか。

  以上です。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 宮?議員さんの質問にお答えいたします。

  まず、時間外手当の関係でございますけれども、ポンプ場故障が多かったことと、水需要の少ないポンプ場、夜間に配水池の水をためるため、昼間の工事ができるように、なるたけ漏水しないように、夜間漏水工事に関連いたしまして、配水池が水が昼間不足しないための準備等と、及び職員が少なくなっているようなことでございますので、時間外勤務が多くなったのが要因でございます。

  水質検査につきましては、放射能物質検査ということでございます。当初1検体12回の予定を行っておりましたが、放射能物質検査、3月に国の指針が出されて、それを踏まえてセシウム2検体、ヨウ素、これにつきまして3検体を週1回、52回分、ゲルマニウムの検査を2検体を月1回、それから今年度県のほうの利根川水系で事故がありました。ホルムアルデヒドの臨時検査ということで、14回行うことになりました。この関係で85万円の増額となっております。

  次に、耐震診断を行わないで、地震が来たらどうなるかということでございますけれども、地震が来ると浄水場の施設につきましてはやはり、個人の考えですけれども、どこまで壊れるかはちょっと考えが見えません。多分危ない状況だと思います。

  予備費をゼロにしないかということでございますけれども、予備費はあくまでも予備費として置かせていただいております。

  旅費につきましては、今年度水道技術管理者の研修ということで1人研修に行きまして、その不足分を増額させていただいております。

  基礎調査につきましての297万2,000円の関係でございますけれども、神邊議員さんの質問の中でも申しましたとおり、耐震診断をやめて、今年度、1カ月半でございますけれども、基礎調査を行うという予算でございます。

  石綿管更新につきましては、今年度、行政報告でございましたとおり、136件の漏水がありまして、そちらのほうに手がかかってしまったということでございます。また、8月ごろからリーダーがちょっと体調を崩して休んでおりますので、そういう意味も含めまして、今年度につきましては単純に1年間繰り越すということで考えております。

  以上でございます。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 残業については、ポンプ場の故障が多いということなのですけれども、そんな機械が壊れていたのであれば更新が必要ではないでしょうか。

  それから、水質検査ですけれども、放射能の水質検査ということなのですが、これは前々からしていると思うのですが、どこか違いがあったのでしょうか。

  あと、耐震診断をやめて、もし地震があったらどうするのかということについては、危ないということなのですけれども、万一何かあった場合には、越生町にも活断層が走っておりますので、その場合には町長が責任を持つ覚悟はありますか。

  それと、予備費300万円は、赤字予算であっても予備費はとってよろしいものなのでしょうか。

  それと、旅費の4万6,000円については、研修費の不足分ということなのですが、どこに行ったのですかという質問をしているのですが、場所のお答えいただけますか。

  それと、基礎調査については、神邊議員さんにお話ししたとおりということなのですけれども、詳しくということでお願いしていたのですけれども。

  あと、漏水調査をしておりますという形で、今回石綿管の更新はしないということなのですけれども、石綿管の更新というのは第1の事業ではなかったのでしょうか。

  以上です。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 再質問にお答えいたします。

  簡水のポンプ場の更新でございますけれども、今年度についても既にポンプの更新は行っております。毎年予算に応じてポンプ場を更新してございますけれども、それ以上にポンプの故障が出ているというのが現状でございます。

  放射能検査につきましては、毎月行っておりましたけれども、国のほうの指針ということで、どうしてもやれというような命令ではございませんけれども、それにのっとりまして行っております。国の基準につきましては、10ベクレルが基準でございますけれども、3検体、週1回につきましては坂鶴さんで、坂戸、鶴ヶ島企業団のほうで検査を行っていただいております。また、ゲルマニウムのほうの関係につきましても、環境管理センター、熊谷にございますけれども、そちらのほうで月1回行ってもらっております。

  旅費の不足分、どこへ行ったかということでございます。日水協の関係で川口の研修所に行ったほか、坂戸、鶴ヶ島企業団のほうに研修に行っております。

  基礎調査なのですけれども、基礎調査につきましては現況の把握ということでございます。既存資料と現地調査により、地域の水道の現況を把握していただくという関係の調査でございます。

  石綿管更新につきましては、メーン工事10年計画で組みましたけれども、今年度につきましては、どうしてもここへ来て計画地域が堂山地域に入ってしまっておりますので、梅林の時期とも重なってしまうようなことも踏まえまして、1年間延期という考え方で予算を組ませていただきました。

  以上です。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 宮?議員さんのご質問にお答えいたします。

  浄水場の第1沈殿池耐震診断業務を見送ったということで、そのときに大きい地震が来たらどうするのかということでございますが、これは耐震診断をいたしますのを少し優先順位を変えたということでございまして、ことしはいたしませんけれども、今後この基礎調査も含めまして勘案いたしまして、この水道の施設全体をどのようにしていくか、あるいはどういう運営にするかということを総合的に検討をする。今回はこの300万程度の基礎調査ですから、そういうことにはなりませんが、水道施設あるいは運営方法をどうするかについて抜本的に考える、そのときに出したいというふうに思っております。ことしは申しわけありませんが、できませんが、そのうちにしっかりとした計画を立てることになると思います。いろいろなやり方が考えられますので、耐震診断はちょっと先送りさせていただきます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 暫時休憩します。

                                      (午後 2時33分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時50分)

                                              



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 宮?議員さんの質問の中、水質検査についてでございますけれども、厚生労働省の健康局水道課から、管理目標値の設定について3月中旬にこちらのほうに通知がありましたので、当初予算後の目標値の設定通知でございますので、今回補正で対応させていただきました。

  予備費につきましては、残りあと4カ月ありますので、予備費を残させていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(新井康之君) 宮?さよ子君。



◆5番(宮?さよ子君) 耐震診断をやめて、先ほど町長に、もし万が一のときには責任を持つ覚悟があるのかとお聞きしたのですけれども、優先順位を変えただけだということなのですが、覚悟はあるのかないのか、その辺のお答えお願いします。

  それから、予備費で300万。赤字予算で予備費があっておかしくないのですかということを質問したのですけれども、ただ単に、置きます、ではなくて、その辺の答弁お願いいたします。

  最後に、この補正予算を見る限り、水道事業は余りにも計画性がなかったのではないでしょうか。当初予算は一体何だったのでしょうか。

  以上です。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 赤字予算ということで、予備費も減額すべきではないかというようなことでございますけれども、今回はそのまま残させていただきましたのが現状でございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(新井康之君) 暫時休憩します。

                                      (午後 2時54分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時01分)

                                              



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) それでは、宮?議員さんの質問にお答えいたします。

  予備費につきましては、今年度何が不足になるかわかりませんので、備えまして予備費を残させていただきました。

  耐震診断の補強ということでございますが、ことし6月議会、9月議会において水道事業につきましてさまざまな意見やご質問をいただき、これらを踏まえて改めて水道事業全体を見直しを考え、補正予算を計上させていただきました。よろしくお願いします。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 宮?議員さんの再質問にお答えいたします。

  あした起こったらどうするのかということでございますが、これは予測不可能なことでございまして、いつ起こるかは全くわかりません。しかしながら、一旦事が発生いたしました場合には、私は災害対策本部の本部長として責任をとります。そういった意味で、覚悟はあるか、ないかということでございますが、予測不可能なことに対してはお答えはできかねますが、起これば責任は負うということでございます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありませんか。

  長島祥二郎君。

          〔9番 長島祥二郎君登壇〕



◆9番(長島祥二郎君) それでは、越生町水道事業会計補正予算について質問させていただきます。

  ただいまは、かんかんがくがく議論伯仲の中でのいろんなご意見がありました。そこで、私は、何しろ越生町の水道は昭和40年代から供給開始をして、本当にもう四十四、五年たつのではないかなと思っております。手を打つのがちょっと遅いのではないかなと、そういった意味で町の考え方を町長及び副町長にお尋ねしたいと思います。

  まず、この補正予算の説明書を見まして、耐震診断業務委託料をやめたということに関しては私はある程度理解しております。というのも、この予算書を見ると1,400万、仮に耐震強度が、震度5が来れば崩れるという判定は当然出るのではないかなと思います。それだったら、また建てかえの計画をつくり、予算を組み、早急に建てかえをしなければというようなことになりますし、そうなれば建物の建てかえで四、五千万は最低でもかかるのではないかな。合わせると七、八千万まで行ってしまうのではないかな。そういうことでやめたのではないかなと自分では思っておりますし、今後の全体計画の中でもそういった浄水場の建てかえの計画があるかもしれません。しかし、今、先ほどの質問の中でも有収率という問題が上がりました。70%、これは本当に水道事業収益における赤字分を埋めるにも匹敵するような収入減の元凶ではないかなと思います。私の商売はガスですけれども、漏れということは一切できません。漏れたら爆発しますから。水道の場合は漏れても、壁にしみ込んだ、あるいは道路が陥没した、崖が崩れたとか、そういったことで、まず生命、財産にはそれほど大きな被害はないかなということで、少し緊張感が足りないのではないかなというふうに思います。そういった中で、まず基本的に、水道事業の中でこの漏水を一刻も早く直して有収率を上げるということを本気で考えているのかどうか、まずそれをお聞きしたいと思います。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔「町長か副町長にと言ってありますから、どちらかに」と呼ぶ者

            あり〕

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 長島議員のご質問にお答えいたします。

  有収率の低下というか、低いということは大変ゆゆしき問題だとは承知しております。もう少し平地のところでございますと、90%を超えているようなところもございます。越生町は老朽化した部分と、それからまた急峻な傾斜地でございますので、漏水の発見が非常にしにくい。毎年毎年漏水の調査をしておりますが、幾つかずつは発見されて修理をしておりますが、とても追いつかない状態でございます。もっともっと努力はいたしますが、これは越生町の有収率はもう数%上げることでも非常に大変な努力を要するというふうに思っております。今後とも一生懸命漏水の調査をし、直せる部分は直していきたいというふうに思っております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 長島祥二郎君。



◆9番(長島祥二郎君) 今のは答弁にはなっていないような気がするのですけれども。まず、40年以上過ぎたいわゆる設備全般を見ると、とっくにもう経年劣化の時代に入ってしまっているのです。受水場にしても、配水場にしても、給水管にしても何にしても、全てがもう新規更新の取りかえの時期に入っているのです。その中で水が漏れているのです。私は、だから水が漏れるということに対して、平たくというか、わかりやすく言えば、もっと予算を投入して、一刻も早く直す決意があるかどうか。優先順位としては、だから町長は先ほど、優先順位でというふうな答弁で、耐震を見送ったというようなことがあったけれども、その優先順位、では1位は何ですか、1位は。お答えください。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) この水道事業は、確かに長島議員のご指摘のとおり、非常に時間がたっております。特にバブルのころの管とかいうのは、やはり余り、工事の問題と性能の問題とでよろしくなかったというふうに思います。この間ずっと越生町は、平らなところで自然流下のような場所と違って、大変な苦労をして維持をしてまいりました。また、例のクリプトスポリジウムのために非常に多額の出費がかかりました。その後もしばらくの間は町の一般会計から投入をしておりましたが、このところ、こちら側の一般会計の財政の厳しさもあり、そのような水道事業会計、これは原則的には企業会計で独立採算制のものでございますので、一般会計の財政の厳しさもあり、投入をしてまいりませんでした。昨年は石綿管更新のために起債を若干、1,000万円いたしました。今後は、これからはこのままではいかないことは明らかでございますので、抜本的な計画をつくって、それで町の皆様にもご協力をいただきつつ、町から、一般会計からも出しまして、水道事業が持続可能な水道事業になるように努めてまいりたいというふうに思います。

          〔「優先順位を聞いている」と呼ぶ者あり〕



◎町長(田島公子君) 優先順位は、ですから水道事業の持続可能性ということが一番の優先順位でございまして、施設……

          〔「おれも思っているんだけど、事業として、何を、じゃ、やるの

            が優先順位第1位かと。耐震は優先順から見送ったわけだから」

            と呼ぶ者あり〕



◎町長(田島公子君) 一般的に、全般的に見直して、それで優先順位を決めてやっていこうというふうに思っております。設備の問題もあります。それから、施設あるいは管、あるいは県水の問題、いろんな問題がありますので、そこを総合的に検討いたしまして、そしてどういう方式でやっていくかということを決めてやってまいりたいというふうに思っております。耐震診断とか、あるいはタンクを耐震にするとか、そういうことだけではございません。県水をどうするか、あるいは自己水をどうするか、あるいは今の施設をどうするか、全部総合的に見てから判断をしたいというふうに考えております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 長島祥二郎君。



◆9番(長島祥二郎君) 議長、今の答弁になっていないと思うので、これ3回目のちょっと質問できないのだけれども、もう一回確認させてもらえますか。

          〔「答弁はしましたよ」と呼ぶ者あり〕



◆9番(長島祥二郎君) 優先順位を、では1位、2位は、具体的に言ってくださいよ。

          〔「だから……」と呼ぶ者あり〕



◆9番(長島祥二郎君) 全般的にと言うのでは。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◆9番(長島祥二郎君) 全般的にというのがこの委託料の……



○議長(新井康之君) 町長、手を挙げて言ってください。

  長島議員、もし答弁漏れでありましたらば4回目を許しますので、質問の趣旨を明確に、もう一度お願いします。



◆9番(長島祥二郎君) 今答弁いただきましたけれども、ちょっと理解しがたいのですが、水道事業基礎調査委託料が今年度約300万で出ました。先ほど課長答弁では、これはまず大まかなような全般的な調査だと。個々にはまた来年からやるのだと。それで、個々に今度基礎調査をすれば、当然受水施設のここだめ、配水施設のここもだめ、送水管のここもだめ、全てだめになってくるのです。すると、それを、では見積もってくださいと言うと、億単位の金になると思います。出せますか、すぐ。出せないでしょう。そうではなくて、私が言っているのは、最初に言ったように漏水が3割以上あるのですよ、現在。漏水、お金にならないのが。本来ならば、水道を売って消費者から入るお金が、3割入るわけ。それが入らないから、水道事業会計が赤字、赤字でなかなか追いつかないと、黒字に。少しでも穴埋めできないのですよ、現在が。だから、さっき言ったように、我々の商売は漏れというのは一切許されないわけなのだけれども、水道事業は甘いよ、緊張感がないのではないのと言ったわけ。生命、財産に余り、漏れても影響ないから。そうではなくて、いわゆる企業会計として独立しているかもしれませんけれども、もっと緊張感を持って収益を上げて、その収益をもって改修工事をするのが普通だ。企業体質の本質でしょう。ただ予算を突っ込むだけ、一般会計から入れるだけではないのだから。そういった意味で、来年度も予算編成があるわけですから、もうそろそろ検討する時期になりますよね。だから、優先順位は何ですかと。私はまずこの漏水対策、有収率を5%でも10%でもできれば上げてもらいたい。1%や2%では全然問題にならないですよ。

  そういったように、根本的にやる気のある姿勢というか、それを期待しているのですが、期待するというよりも、やらなければならないと思うのですが、予算編成においてそれをもっと漏水対策、改修工事に突っ込む気があるか、では具体的にそれをお聞きしたいと思います。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 長島議員のご質問にお答えいたします。

  漏水対策は当然進めます。しかし、その漏水対策だけではだめなので、やはり抜本的な水道システムをどうするかということを来年度は重点を置いていたいというふうに思っております。このままでは本当に大変なことになりますので、漏水はもちろんやります。しかし、本当にあちこちがしょっちゅう壊れていまして、それの更新とか、あるいは修理とかに本当に追われているような状態ですので、どういうふうなシステムにすべきかということに重点を置いてやっていきたいというふうに、来年度は重点を置きたいと思っております。



○議長(新井康之君) 長島祥二郎君。



◆9番(長島祥二郎君) ですから、来年度予算編成においてどういう姿勢でやるかというのをお答えしていただきたいわけ。例えば、受水施設が、先ほど議員さんが、地震が来て壊れてしまったらどうしましょうかと。それでもやはり、県水が今来ているわけですから、応急的な処置としては県水の受け入れを増量してもいいわけです。ただ、漏水していくから、県水を多く買っても、また漏れてしまえば、県水の今度は受水料の支払いが多くなるだけであって、いわゆる収入と支出のバランスが全然合わないのだけれども、そういった意味で来年度予算においてどうしましょうかということを聞いているわけ。それは全体的に見れば、みんなあちこち悪いのは当たり前ですよ。だけれども、優先順位としては、少しでも有収率を上げた方がいいのではないかなと私は言っているわけですから、その辺はどう考えているのかなというふうに聞いたわけで、少しでも水道事業会計が、一円でも二円でも赤字が少なくなることを期待しているわけです。その点で決意をお聞きしたいということで、聞いたわけです。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) ですから、先ほどからお答えしているように、漏水は抑えるように一生懸命やります。しかし、管路が100キロメートルぐらいたしかあると思いますので、一生懸命やってもそんなに。もちろん一生懸命やりますけれども、少しずつ、ほんのちょっと上げるのはかなり大変なことではないかと。1%でも2%でも上げたいというふうには思っております。

  それで、漏水が、この前も非常に、気がつかなくて大分、70%ぐらいになってしまったということがありますので、そういう点を気をつけていきたいというふうに思っております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(新井康之君) 町長、来年度予算のことを聞いているので、来年度予算のことを答えてください。



◎町長(田島公子君) ですから、漏水のことに関しては一生懸命やりますけれども、もう一つ、抜本的なシステムの見直しということについて、これはもう避けて通れない問題ですから、来年度してまいりたいというふうに思っております。多分日常的に非常にやらなければならないことがたくさんございまして、漏水のを一生懸命やります。それから修理も、あるいは補修も、当然なのです。もう一つやはりどうしてもやらなければならないのは、どういうシステムで越生町の水道事業、持続可能性を保っていくかという、そちらの研究のほうをしてまいりたいと思います。

  以上です。

          〔「ちょっと答弁なっていないよ。いや、ちょっともう一回言わせ

            てよ」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) もう一度ですか。答弁漏れ、長島祥二郎君。



◆9番(長島祥二郎君) だから、要は来年度予算編成に対して漏水対策を今年度以上にふやすのかどうかというのを聞きたいわけ。

  それと、参考までに。山あり谷ありの地形だ、どうのこうのと理由、理屈を述べているけれども、東北大震災でも、あの大きな地震でやはり水道が断水をあちこちでしたわけ。だけれども、もうすっかり直っているよ。あれを漏水と同じようなレベルで考えれば、もう修理は直っているのです。やる気になればできるの。できるのです。

  それと、私も下水道組合に議員として行っていますけれども、あの下水道も供用開始平成24年だから、24年たちました。ここで今年度、来年度において長寿命化計画で、副管理者で知っているでしょう。ね。そういうふうに早目早目に手を打たなければ、一遍にお金がかかってしまうわけ。だから、そこで優先順位は何ですか、早急にやらなければいけないのではないですかということを言っているわけよ。だから、漏水対策は私は一番重要だと思うから、来年度予算は今年度よりももっと大幅にアップして、少しでも漏水をとめた方がいいのではないですかと言っているわけで、一生懸命やります、やりますでは、ちょっと見えないのだよね、答えが。予算的にどうですか。最後に聞きます。



○議長(新井康之君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 長島議員のご質問にお答えいたします。

  漏水を防ぐために来年度は予算的にもその点を見てまいりたいと思います。どの程度になるかは、まだ今つくっているところでございますので、申し上げられませんが、1%でも2%でも有収率をアップするために、そういう予算にしてまいりたいと思います。

  以上です。

          〔「はい、了解」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありませんか。

  1番、水澤努君。

          〔1番 水澤 努君登壇〕



◆1番(水澤努君) 質問させていただきます。

  今の長島議員、そのほかの議員さんの質問とも大分重なるのですけれども、まず水道のシステム全体を何とかしなくてはいけないというのは、それはもうこの40年経年劣化しているということの中で、誰しもわかることだと思うのですね。だから、何度も、答えになっていないということが言われて、最終的にちょっと答えが私も見えなかったのですけれども、どこでもやっぱり同じような事態を迎えている中で、具体的にはもう来年度予算差し迫っているわけですけれども、これに対して具体的にどういうシステムの改善のオプションがあるかというのを、もう頭に幾つかないと、それは絵に描いた餅すらない状態なわけですよね。これをやっぱり、早急にオプションをどのような形であるのかということを、もし現状で幾つか選択肢があるようでしたら、ぜひお聞かせください。

  なお、現状では全く選択肢ではなくて、システムが大切だというのは、ただの絵にも描けない餅ですから、どうにもならないと思いますけれども、いずれにせよその辺のところをお聞かせください。

  もう一つですけれども、ちょっとこの数値でわからないところがあったのですけれども、24年度予算の資金計画は、これは平成24年度の予算書ですけれども、今回渡されたものではないのですけれども、それですと、資金計画で9,178万3,226円が資金がなくなるというような予測数値だったのですけれども、実際補正で、これ自体漏水が問題になっているにもかかわらず、石綿管の工事を行わないということ自体がまずもって大きな問題だとは思うのですけれども、そのことで合わせて5,000万ほど資金については使わずにいったわけですけれども、貸借対照表でことしの、4ページですね、ですから。23年度の現金預金が3億7,393万2,676円となっていまして、この次の6ページへの来年3月の年度末の現金預金が2億8,083万5,016円となっていて、実際上これは差額は9,309万7,660円になるのですね。これは資金使わなかったわけですけれども、実際上は予測のとおり、ほぼ9,000万円の資金が消えることになるわけですけれども、ここのところはどうしてこの補正した分の資金が赤字が減らずに9,000万のレベルのままなのでしょうか。ちょっとそこのところわからなかったので、これは初歩的な質問になるかもしれませんけれども、よろしくお願いします。

  以上です。



○議長(新井康之君) 暫時休憩いたします。

                                      (午後 3時25分)

                                              



○議長(新井康之君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時49分)

                                              



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 水澤議員さんの質問にお答えします。

  来年度のオプション関係につきましては、現在の沈殿池並びにろ過池を使うとか、一時処理などを行うようなものにするか、膜ろ過、直にするかというようなものについて考えていきたいと思います。

  次に、予算のほうの補正の関係でございますけれども、24年度当初資金計画と23年度の決算数字が変わっています。また、23年度の繰り越し分の工事が約1,500万ございます。その他細かい部分では未収金、未払金なども変わってまいる中で、補正予算となっております。

  以上です。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 具体的なオプションがその2つしかないということでしょうか。その2つのオプション、どちらか選択することでシステム上大きな改善とか、あるいは財政的な大きな収支の改善ということに結びつくようなオプションなのでしょうか、その辺お聞きしたいと思います。

  資金のほうですけれども、私のほうが24年度の当初予算の資金計画の23年度末の、これ決算が出た後の数値ではなくて、出ていたので、その辺のちょっと混乱がありましたので、申しわけありませんでした。改めてですけれども、その後、決算を踏まえた後での本年度の資金の状況を見ますと、結局9,309万7,660円が、今年度その資金が消えてなくなるということになっていますけれども、これはこの工事、石綿管の工事の額、改良事業費と、あとほかのまた、補正予算の総額が5,000万円あるわけですけれども、この工事等を行っていった場合、実際予算どおり予算が執行されていた場合考えると、資金が1億4,000万なくなる予定だったというふうに読み取れるわけですけれども、工事を行わなかったというのは、赤字が余りにもびっくりするぐらい拡大してしまうということの中で、あえて先延ばしにしたということなのでしょうか。もしそうだとしたら、中央高速のトンネルの事故ありましたけれども、あんなふうな人命につながるような事故にはならないと思うのですけれども、そうした補修等のことを赤字を理由に先延ばしするというような非常に問題のある対応だと思うのですけれども、その点について2つお聞かせください。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 改修計画でございますけれども、これにつきましては2方向ということでございません。その他いろいろな計画を業者選定等で提案も出てきているところもありますので、そういうものを踏まえながら計画していきたいと思います。

  それから、耐震のほうの関係でございますけれども、事故が起きたらということですけれども、石綿管更新のほうの関係は全面的にということでございましたけれども、今回につきましては本当に漏水事故件数が多く、またちょっと体調不良の職員もおりまして、やむを得なく、1本でも2本でもやりたいという気持ちはあったのですけれども、大変申しわけございませんけれども、次年度に1年間繰り延べさせていただくということで予算計上させていただきました。よろしくご理解のほうお願いしたいと思います。

  以上です。



○議長(新井康之君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 改めて質問させていただきます。

  そのオプションにつきましては、幾つもあるということなのですけれども、実際上、先ほどの町長の話によりますと、もっとシステム全般の大胆な改革をしない限りだめというようなことに聞けたのですけれども、実際上、今の段階で1つか2つしか具体的な形で出ていなくて、来年の例えば予算に反映されるような形で、水道システムの大胆な改革ということが目に見えるような形で出てくることを期待できるのでしょうか。



○議長(新井康之君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 今年度の基本計画をもとに、また25年度も業者の計画を踏まえですけれども、全体的に25年度予算には、工事等の関係につきましては、組めればしっかり組んでいきたいと思います。

  以上です。



○議長(新井康之君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) これで質疑を終わります。

  これから討論を行います。

  本案に対する反対討論はありますか。

  2番、木村正美君。

          〔2番 木村正美君登壇〕



◆2番(木村正美君) 2番、木村正美です。反対討論を行います。

  今年度の水道事業会計予算は当初より大幅な赤字を見込んで、費用についてもそれなりに十分に練り上げて、その必要性、重要性を勘案して立てられたものと思います。それが今回のように思い切った予算削減が簡単にできてしまうことは非常に理解に苦しみます。うがった見方をすれば、赤字幅拡大の帳尻合わせにしか思えません。神邊議員の指摘のとおり、小手先の数字操作をすることにとどまらず、本質的な問題を顕在化させて、その上でしっかりとした経営再建を考えていくべきだと考え、反対いたします。

  来年3月に勇退されます水道課の鈴木課長には、その道筋をしっかりと立てていただき、花道としていっていただきたいと思います。

  以上です。



○議長(新井康之君) 本案に対する賛成討論はありますか。

  9番、長島祥二郎君。

          〔9番 長島祥二郎君登壇〕



◆9番(長島祥二郎君) 水道事業会計補正予算(第1号)について、賛成の立場から賛成討論を申し上げます。気持ちとしては、期待感を込めての賛成討論でございます。

  今回の減額補正は、提案説明、あるいは担当課長の説明があったように、耐震診断業務をやめると。また、人件費が若干異動等によって減ったということで、事業的な内容の後退の減額補正ではないかと思われます。そういった意味で、今後水道事業会計を含め、事業そのものが本当に困難な場面に立ち入っております。あれもやる、これもやる、あれもやりたいと、やりたいことはいっぱいありますけれども、そういった中で見直しを本当に慎重にやっていただき、何をまずやるべきかを優先順位をきちっとつけて今後水道事業を推進していただきたいという期待を込めて、賛成討論とさせていただきます。



○議長(新井康之君) ほかに討論ありませんか。

  1番、水澤努君、反対討論を許します。

          〔1番 水澤 努君登壇〕



◆1番(水澤努君) 私も期待を込めてこれまではさまざまな指摘をしてきて、水道については。しかしながら、これまで反対したことはなかったのですけれども、事ここに及んで、やはり私のような新人でももう明白になるような形で水道事業の破綻というのは明らかになっていまして、私はずっとそれについて、議員になりたてから、新米の立場にかかわらず出しゃばったような批判してきたわけですけれども、一向に、本当に抜本的な改革ということに対して行う姿勢が見えない。というか、私のような新人が指摘する以前に、やはり当然当事者はこの事態について予測をできていたはずですし、40年間、経年劣化しているわけですから、それはある意味、素人目からも当然やっぱりそれを更新していくような時期に差しかかっているというのは、これはある意味常識的な視点から見ても当然だと思います。そういうことについて何ら想定に入れることなくて、この時点にまで立ち至ってしまったということ自体に対して、私は余りにも経営が放漫であるというふうに感じて、ここでは強く反対の意思を表明したいと思います。



○議長(新井康之君) ほかに討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(新井康之君) 討論なしと認めます。

  これから議案第41号を採決します。

  議案第41号 平成24年度越生町水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

          〔起立多数〕



○議長(新井康之君) 賛成多数です。

  したがいまして、議案第41号は原案のとおり可決されました。

                                              



△散会の宣告



○議長(新井康之君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれで散会いたします。

                                      (午後 4時05分)