議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成24年  6月定例会(第2回) 06月06日−一般質問−02号




平成24年  6月定例会(第2回) − 06月06日−一般質問−02号







平成24年  6月定例会(第2回)





           平成24年第2回(6月)越生町議会定例会
議 事 日 程 (第2号)

                           平成24年6月6日(水)午前9時30分開議

日程第 1 一般質問                                      

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   浅  野  訓  正  君      7番   吉  澤  哲  夫  君
     8番   木  村  好  美  君      9番   田  島  孝  文  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   新  井  康  之  君
    12番   長  島  祥 二 郎  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   田  島  公  子  君   副 町 長   小 松 原     誠  君

  総 務 課長   岩  ?  鉄  也  君   企 画 財政   大  沢  昌  文  君
                          課   長

  会計管理者   関  口  正  文  君   税 務 課長   島  田  義  博  君

  町 民 課長   成  野     清  君   健 康 福祉   山  口  博  正  君
                          課   長

  産 業 観光   三  浦  道  弘  君   まちづくり   間 々 田  正  夫  君
  課   長                   整 備 課長

  水 道 課長   鈴  木  幹  男  君   教 育 長   新  井  雄  啓  君

  生 涯 学習   奥  泉  隆  雄  君   学 務 課長   安  田  孝  之  君
  課   長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   宮  崎     桂      書   記   大  澤  展  男
  書   記   福  島     勲



                                              



△開議の宣告



○議長(長島祥二郎君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(長島祥二郎君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第2号のとおりです。

                                              



△一般質問



○議長(長島祥二郎君) 日程第1、一般質問を行います。

  通告順に行いますので、ご了承願います。

                                              

       ◇ 水 澤   努 君



○議長(長島祥二郎君) 1番、水澤努君。

          〔1番 水澤 努君登壇〕



◆1番(水澤努君) 議席番号1番、水澤努、一般質問させていただきます。

  大きく分けて4点の質問事項があります。1つ目から言っていきたいと思います。1つ目、開通した県道飯能寄居線バイパス周辺及び越辺川水辺再生事業周辺地域の振興策を展開すべきではないでしょうか。

  (1)、3月の議会で私の行った町長の施政方針への質問に町長は、町も管理維持に努めていく旨述べるだけで、この地域への重点的な施策を行う意思はうかがえませんでした。今でも基本姿勢に変わりはないのでしょうか。

  (2)、今後の越生町の経済的発展を考えるとき、この地域周辺への対策は非常に重要であるとの認識はないのでしょうか。

  (3)、第5次越生町長期総合計画では、「新飯能・寄居線バイパス沿道の土地利用については都市計画法に基づき新たな商業地の形成を図ります」とありますが、バイパス周辺地域は調整区域のままです。市街化区域への編入のお考えはないのでしょうか。もしないのならば、その根拠を明らかにしてほしいと思います。第5次越生町長期総合計画の、これは図になりますけれども、ピンク色の商業経営の土地利用として、この周辺は……



○議長(長島祥二郎君) 71ページかい。



◆1番(水澤努君) 71ページです。違います、これは。71ページはこの文章の引用先で、この地図は27ページですね、に色づけされています。これは、この前の5カ年計画でもこれは同じで、変わっていなくて、色づけは同じままです。

  (4)、町長は、こども医療費の支給対象年齢拡大など福祉に力を注いでおり、その点では私も賛同するものですが、問題なのはその財源であります。町長はいかにしてそのための財源を確保しようと考えているのでしょうか。

  大きな2点目です。3月の文教福祉委員会で水道課が言及していた水道料金値上げについて伺いたいと思います。

  (1)、値上げは具体的に考えているのか。考えているとしたら、それはいつか。また、どのくらいの金額か。

  (2)、近年続いている水道事業の大幅赤字の今後の予測は。

  3点目、値上げ以外に赤字解消の手だてはないのか。24年度資金計画によると、年度初めに存在する約2億9,290万円の内部留保資金は年度末には約2億112万円にまでに減少し、9,178万円が一気に消えてなくなります。このペースでいくと、あと3年で水道事業の資金繰りは立ち行かなくなり、自転車操業がストップしてしまいます。そうした取得分も含めて、すべて水道料金値上げで賄うつもりでしょうか。越生町世帯数を5,000として単純計算すると、1世帯当たり1万9,000円の値上げになってしまいます。4,500で計算すると2万円になりますね。こんな値上げは到底考えられないのではないのでしょうか。

  (4)、一時的に大規模に埋設された水道管は今後一気に耐用年数が経過しますが、どれだけの規模があり、どれだけの経費が見込まれるのか。現状で最大の経費を食っているのが資本的支出における建設改良費の部門です。本来ならば資本的支出は減価償却費と収益的収入で穴埋めされなくてはならないわけですが、穴埋めどころか、収益的収入でも4,000万円の損失を計上し、赤字幅を拡大しています。過年度損益勘定留保資金の持ち出しでやりくりしているわけですが、既に指摘したように、留保資金財源の枯渇はもう3年後に迫っています。

  (5)、水道管の包括的な更新プログラムはあるのでしょうか。あるのならば提示してほしいと思います。ないのならば、早急に作成すべきではないでしょうか。

  (6)、更新されずに老朽化が進行した場合、どのような事態が想定されるのでしょうか。

  大きな3つ目です。NPO等の減免について。

  (1)、3月議会で質問した収益部門を有するNPO減免についての検討結果はどうなったでしょうか。

  (2)、また、同様に、一般社団法人についての検討結果はどうなったでしょうか。

  4点目、新電力、これは今「新電力」という名前になっていますけれども、かつては「特定規模電気事業者」ですね、PPSですね、からの電気購入について。

  (1)、交渉は行ったのでしょうか。

  (2)、行ったのであるならば、交渉の結果はどのようになっているのでしょうか。

  3点目、今後の展望についてお聞かせください。

  以上、大きく4点について一般質問させていただきます。よろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) 大沢企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 水澤議員さんからの質問のうち、質問件名1の質問要旨(1)、(2)、(4)及び質問件名4につきまして企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、質問件名1の(1)、当該地域への重点的施策の基本姿勢につきましてお答え申し上げます。長期総合計画の土地利用構想では、新飯能寄居線バイパス沿道を商業系土地利用区域として位置づけております。町といたしましては、このバイパス沿道に商業施設を誘致することができれば既存商店街との相乗効果による商業の活性化が図れると思っておりますので、今後都市計画法等の規制はありますが、開発の計画が出てくることを期待しているところであります。

  また、このバイパスのそばを流れる越辺川を、県が水辺の再生事業として、遊歩道や多目的広場、親水広場などの整備をしています。この事業が完成すれば、山吹の里歴史公園公園と一体となった散歩コースが完成することになりますので、この地域を新たな町民のふれあい交流ゾーンとして、川に親しむことやウオーキングコースとしての利用促進を図っていく考えでございます。

  次に、(2)のこの地域は非常に重要な箇所であるとの認識はないのかについてでございますが、この地域は商業の振興においても、町民の憩いの場としても重要な地域であると考えております。

  次に、(4)の子供の医療費支給対象年齢拡大などに要する財源の確保につきましてお答え申し上げます。こどもの医療費支給事業につきましては、従来から子育て支援を重点施策と位置づける中で、本年度から対象年齢を18歳に到達した年度末まで拡大し、さらなる充実を図ったところでございます。本年度の拡充分に対する予算額につきましては、約400万円の増額でございますが、今後支給対象となる児童数は徐々に減少していく傾向にありますので、この事業の実施に要する費用につきましては大幅に増加していく傾向にはないものと予測しております。

  このこどもの医療費支給事業の財源につきましては、小学校就学前の乳幼児に対しては県補助金の対象となりますが、小学生以上につきましては町の一般財源となりますので、事業実施に際し必要となる財源に関しましては、毎年度の予算編成の中で総体的に考え、他の事業などとの調整を図りながら適切な財源確保に努めていきたいと考えております。

  次に、質問件名4の新電力からの電力購入につきましてお答え申し上げます。まず、(1)と(2)の新電力の購入に関する交渉につきましては、本年4月以降資源エネルギー庁に届け出が提出されている特定規模電気事業者の中から複数の業者を選んで、電力の購入に関する新規契約が可能かどうかについて問い合わせを行いました。その結果、東日本大震災以降、供給電力不足の状況が続いていることを理由に、新規契約には対応できないとの回答もありましたが、2社につきましては新規契約に関する見積もり金額が提示できるとのことでしたので、導入した場合の見積書の提出を依頼したところでございます。

  見積金額の算出に当たっては、現状の契約内容や1年分の使用状況などの情報を提供する必要があり、金額が提示されるまでには1カ月以上を要すると言われております。現在はその報告を待っている状況でございます。

  また、PPS事業に新たに参入する事業者からの相談もありましたので、5月18日には打ち合わせを行い、見積書の提出をお願いいたしました。昨年度の電気料金と比べて、どの程度安くなるか比較できる資料をいただけることになっております。

  (3)の今後の展望につきましては、現在依頼中の見積もり金額等の結果を検証するとともに、その他の資料や情報なども整理、分析した上で、特定規模電気事業者からの電気購入契約についての可能性を探っていきたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 間々田まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 質問件名1、質問の要旨(3)についてお答え申し上げます。

  越生町が将来に向かい歩むべき姿は、ご指摘のとおり越生町長期総合計画に標記され、新飯能寄居線バイパス沿道の土地利用につきましては、土地利用構想図におきましても商業系と位置づけられております。

  ご質問のバイパス周辺の市街化区域編入でございますが、市街化区域に編入するのではなく、都市計画法第34条、開発許可の基準のうち第12号による区域の指定を行い、個別の開発行為による商業系の活用を図りたいと考えております。

  理由でございますが、市街化区域の編入につきましては、都市計画法第6条に規定される5年ごとの基礎調査が基準となり、5年に1度の線引き見直しが行われております。埼玉県におきましては、市街化調整区域から市街化区域への変更、いわゆる線引き変更は5年に1度の考え方は変わりませんが、埼玉方式と呼ばれる進め方で、整備ができなければ線引き変更は認められません。つまり、区画整理事業などの実施が求められます。また、条件として、既に線引き変更を行い、新たな市街化区域となった上野東と越生東において8割程度以上の住宅が埋まらないと、新たな拡大は難しいと思われます。なお、現在事業を進めております西和田河原山土地区画整理事業の完了も条件になると考えております。

  もし仮に市街化区域に編入できる条件が整ったとしても、バイパス周辺は飛び市街地になりますので、県と協議をする過程で、都市計画を進める上で好ましくないと判断される可能性が非常に高いと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 鈴木水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 質問件名2の(1)から(6)についてお答え申し上げます。

  まず、(1)でございますが、今後料金体系について町水道事業の経営分析を進めるとともに、近隣市町村等の運営状況等の情報収集を含め、いろいろな方面から検討してまいりたいと考えております。

  次に、(2)でございますが、収益的収支に関しましては、過去10年では平成17年度と平成20年度以外赤字とはなっておりません。平成24年度予算の収益的収支は赤字予算を編成したところですが、当面水道料金の増収が見込めない状況でございます。今後も厳しい状況は続くものと思われます。

  次に、(3)でございますが、(2)に関連することでございますが、水道事業は公営企業ですので、地方公営企業法第3条における独立採算の原則に基づき運営されなければなりません。また、水道料金は、水道法第14条第2項及び地方公営企業法第21条第2項において示されているとおり、第1に、料金は公正妥当なものでなければならないこと、第2に、料金は原価を基礎としたものでなければならないこと、第3に、料金は水道事業の健全な運営を確保するものでなければならないことの3点を踏まえ、決定されるべきものでございます。

  平成22年度の水道事業決算によりご説明しますと、給水原価1立方当たり185.86円に対して、供給単価は1立方当たり177.83円でございます。この数字を見る範囲では、料金体系の検討や、なお一層経費の削減に努めていく必要があります。

  次に、(4)と(5)でございますが、石綿管更新については平成20年度から平成28年度更新がすべて終了する計画となっており、平成24年度予算では約3,300万円となっております。他の管の更新ですが、総延長約130キロメートルある水道管の状況を把握することは困難でございますが、今後更新費用を含めた計画を作成するよう検討してまいりたいと考えております。

  次に、(6)でございますが、老朽化の進行により考えられるのが漏水でございます。漏水箇所がその管の全体で発生するのか、何カ所で発生するのかにより、対応は異なるものと考えます。耐用年数経過後、その管がすぐにだめになるというものではございません。耐用年数の考え方も、現在は40年ですが、以前のものは25年のものもございました。このことについて、管の材質や埋まっている場所の状況、水圧状況などの条件により、漏水原因はさまざまでございます。したがいまして、漏水対応に関する経費の増大と有収率低下などが想定されます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 島田税務課長。

          〔税務課長 島田義博君登壇〕



◎税務課長(島田義博君) 質問件名3の(1)の収益部門を有するNPO法人の法人町民税減免と(2)の一般社団法人の減免につきまして、検討結果を税務課よりお答えいたします。

  NPO法人につきましては、特定非営利活動促進法第46条におきまして、法人税法上、公益法人等とみなすとなっております。法人税法では、公益法人等の区分の法人につきまして、収益事業を行うものは課税、収益事業を行わないものは非課税となっております。法人町民税につきましても、取り扱いは同様となっております。

  検討に当たり、県税事務所、近隣市町村へも減免の取り扱いにつきまして調査しましたが、収益事業を行っているNPO法人や一般社団法人に対して減免を行っているところはございませんでした。町ではNPO法人、一般社団法人に限らず、数多くの企業が町内に事務所等を構え、継続して事業を行っていただきたいと考えております。

  現在NPO法人の活動は、住民の身近な存在として、多様化する住民ニーズにこたえるとともに、行政が住民に直接支援できない部分を担っていると存じます。

  町としては、NPO法人等の活動を支援していきたい一方で、税は個人や法人が社会で活動する中での会費としての役割がありますので、収益事業を行っているNPO法人、一般社団法人に対してまで減免を行うことは、他の法人との負担公平の観点から難しいと考えております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 再質問させてください。

  まず、1番目のバイパス周辺及び越辺川水辺再生事業周辺の地域のことなのですけれども、なぜ私がこの地域の重要性というのを強調するかということですけれども、これは決して私がこの地域に住んでいるということから言っているというわけではないのです。これは、実は私、我が越生町の人口問題というのに対して非常に注目するからです。というのも、この2年間ずっとベストセラーを続けている本で、日本総合研究所の主席研究員の藻谷浩介さんが書いた「デフレの正体」という本が、これずっとベストセラー続けていて、例えばニュースキャスターで毎日テレビに出ている池上彰さんなんかも「目からうろこ」だと言って非常に絶賛している本なので、もし読んでいなかった方がいましたらぜひ読んでほしいのですけれども、ここでやっぱり指摘しているというのが、生産年齢人口が激減し、高齢者が激増する人口問題への対策というのが国や地方自治体の最大の課題であるということを指摘しているわけです。私の考えるところによると、最近埼玉県の上田知事が打ち出した、女性の社会進出を推進している、ウーマノミクスという政策を打ち出しているのですけれども、これもやはり本書の藻谷さんの提言を取り入れているのではないかというふうには考えているのですけれども、藻谷さんが強調しているのは、とにかく国全体にとってみれば出生率を増加させるというのは大切なわけですけれども、これが実際上は生産にはね返ってくるのは20年後なわけですよね。ましてや、町単位で考えていった場合には、一生懸命町で税金使って子供を育てるのはいいけれども、町から出ていってしまったら、結局お金は出ていくだけなのですね。いずれにせよ、そこから、子供たちからお金が入ってくるのは20年以降なわけです。

  しかし、人口問題でまちが存亡の危機にさらされるのは20年以内の問題なのですね。結局問題なのは、人口、現在の働いている現役労働人口をどう流入させていくのかという、それが重要だというふうに思うのですけれども、人口問題で考えていくと、平成14年をピークとして越生町の人口というのは減少を続けているのですね。ちなみにこれが越生町の人口のグラフです。ちょうど山になっているのですね。14年がピークです。1万2,000がこの下のラインなのですけれども、こんな感じですね、越生町は。縦が長過ぎて、1万2,000がこれだから、ゼロはこっちのほうなのですけれども、いずれにせよ14年がピークなのですけれども。もう一つグラフがあります。これは右肩上がりで上がっています。これは東京のどこかの地域の人口グラフではないです。こうなっています。右肩上がりで上がっているのですけれども、これは赤のグラフが上野東で、黒のグラフが越生東、1区ですね。右肩上がりで上がっていまして、ちなみに4月1日付で見ると、平成14年が町で言うと1万4,087人で歴史的にピークになっていますけれども、本年平成24年4月1日が1万2,744人、この10年間で1,300人町は人口が減っています。ところが、今示しました、まず越生東地区につきましては、平成4年が474人で平成24年が895人、2倍以上の人口がこの20年間でふえています。上野東地区はこの10年間で、たった10年間で630人から935人と300人以上の人口が増加しています。この人口増というのが、右肩上がりの人口増加曲線というのは、現在でもふえ続けています。実際上、町の財政をこういった人たちが支えているわけですよね。その意味で、こうした人口増加地域へのそうした成長を加速する戦略というのは町全体にとって決定的に重要なものであるというふうに思うわけです。企業の経営戦略でも、成長部門を選択して、そこに資本の集中をする。つまり「選択と集中」というふうに言いますけれども、それは鉄則なわけですけれども、自治体の運営でもその辺のところは変わらないというふうに思うわけです。まず、その辺のところについてどのようにお考えでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 越生東と上野東の人口が減っている関係につきましては、区画整理を担当している課としては非常にうれしい結果になっていると思います。区画整理事業につきましては、基本的にフレーム確保ということで、家を建てることまではできないのです。家を建てる条件を整える、宅地を整備するまでできて、その後いかに住宅が建つようにするかというのは、また区画整理とは別の町の政策で、一生懸命家が建つような政策を進めていると思うのですけれども、そういう意味では区画整理事業を行ったことにより、越生町におけるほかの市街化区域や調整区域に比べれば生活環境が整っているということで、恐らく住宅がどんどん、どんどん建ってきたのだと思います。また、当然区画整理事業を行う前の人口が少なかったですから、フレーム的に宅地がたくさんありますので、そういう意味で、こういう土地が下落している中でも、景気が悪い中でも伸びているというのは、区画整理事業をやったからだと考えております。ただ、それを今度は、先ほど自分が答弁いたしました、沿道のほうに合わせて考えますと、沿道のほうは区画整理事業をやりますと、基本的にまだ地区界測量とかそういうこと考えておりませんので、区域内の面積、その中の権利者がどういるか全くわかりませんけれども、区画整理事業がありますと、その区域の中の権利者個々に権利が戻るということで、商業系の土地利用というのは非常に難しくなります。そういう意味で、線引き変更するだけでなく、あわせての区画整理事業そのものが町で意図する形とは違ってくるということで12号というお話をしたのですけれども、既に越生町ではその体制で動いておりまして、1つは田村石材の跡地、それからもう既にカインズができております。その隣のベイシア、それはすべて12号対応でやっておりますので、同じような形で進めたいということでございます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 再質問お願いします。

  市街化区域かということ自体にこだわっているというわけではないのですけれども、いずれにせよここでの人口増というのを加速していくような施策というのが必要ではないかというふうに思っているわけですけれども、市街化区域と市街化調整区域の区分に関する見直し要領ということで、去年8月に埼玉県が、昭和45年の都市計画が始まって以降6度目の見直しというのを行っているわけですけれども、これまでの都市計画というのは基本的には人口爆発というか、それに対してどう対応するかというのが大きかったわけですけれども、これを読んでみると、基本的にはむしろ人口縮小の中でどういうふうにコンパクトシティをうまくつくっていくかというようなところ、直接コンパクトシティの言葉は出ていないですけれども、そういう戦略が見えてくるのですけれども、そういう中で例えば言っているのは、暮らしやすく、ふるさととして愛着の持てる都市、地域の玄関口である駅周辺において、駅の持つ活力と拠点性を生かして多様な都市機能や都市型住宅を集積し、利便性を高めるとともに、地域の顔を創造する、また歩いて暮らせるまちを実現するため云々というような形で、そういう、顔の見える歩いて暮らせるまちということで駅周辺をコンパクトに住居として固めていくというようなことが言われているわけです。また、さらに、地域の営みや未来につながる都市ということをうたっていまして、地域ごとに日常生活の利便、施設を集積し、子供から高齢者までだれもが安心して住み続けることのできる、歩いて暮らせるまちづくりというのを支援するとなっています。そういう中で、市街化区域への編入に限らずに、そういう地区の形成に対して県のほうとしては支援するような姿勢を示していますけれども、この県の打ち出した見直しの要領ということとの関係では何かないのでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) ご指摘のとおり、線引き見直しにつきましては第6回を迎えております。越生町におきましては、44年に都市計画区域1,554ヘクタールを区域決定いたしまして、翌年には、45年8月には一番最初のもととなる102ヘクタールの市街化区域が決められております。その後、5年ごとの見直しと先ほど申し上げましたけれども、55年、60年で、最後には平成6年ですけれども、これが越生町の最後になっておりますけれども、現在170.2ヘクタールの市街化区域ができております。そのうちの102ヘクタールから、それから上の数字につきましては、越生東、上野東で約60ヘクタール、それから成瀬で、住宅でなくて、工業用地としての区画整理もやっております。そういう中で、現段階におきまして新たな市街化区域を求めようという手だては、もう十何年前になるのですか、上野西というところ、町の長期総合計画でも住宅地として位置づけられておりますので、実行委員会をつくりまして十五、六回の会議をしたのですか、結果的には同意が得られなくて、新たな拡大ができていない。その前が鹿下地区におきまして、やはりその話はちょっと大きな構想でございまして、八高線の駅をつくって、駅周辺を大きく区画整理をして市街化区域にしようという話もございましたが、それらにつきましても権利者の同意が得られず、立ち消えになっているという状況でございます。今越生町において土地利用構想図で位置づけられているのは上野東で、それが一番手っ取り早い場所なのですけれども、そういうことでもって、回数を重ねた割には同意率が上がらず、仮同意ですけれども、議会の場でもご説明申し上げましたけれども、これはそのときに質問をいただきまして、結果を話したということで、市街化区域を新たに求めるというのは現段階では越生町では考えておりません。繰り返しになりますが、バイパス沿道につきましては市街化区域編入でなく、12号による区域の指定をして商業系の活用を図りたいと考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) わかりました。私自身も市街化区域への編入ということにこだわっているということではなくて、あの地域を中心にやっぱり人口増というのが、そういうトレンドがあるので、それを後押しするような、加速するような政策というのをもっと目的意識的にやってほしいなと。特にバイパスが開通して、越辺川の再生事業も行われて、非常に住居空間として環境が整ってきているということで、ぜひそれは追い風になると思うので、その辺のことを考慮した上でお願いしたいと思います。逆に言うと、バイパスが開通したということは、その辺のところをちゃんとやらないと、毛呂と越生の格差がどんどんまた開いてしまうということがまた考えられますので、人口の流れがその辺のところで逆転していくとまずいと思いますので、そういうふうに思います。

  次ですけれども、時間がなくなってしまうので。水道についてですけれども、非常に答弁は抽象的なのですけれども、実際上、だから資金繰りが本当に行き詰まってしまっているわけですよね。この資金計画を見ても、実際上はもう貯金が3億円しかなくて、その貯金は来年度の暮れには、年度末には2億円になってしまうわけですね。約9,000万円が1年間で通帳から消えてしまうわけです。このままいくと、その次は1億円になってしまいますよね。1億2,000万円。その次は3,000万円になってしまいますね、単純計算ですけれども。その次はもう予算組めませんよね。というようなところになってしまうので、この辺のところは、まずこの辺のすごいせっぱ詰まった資金繰りについてどのようにするつもりなのかお聞きしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 水澤議員さんのご質問にお答えしたいと思います。

  現在のところ、平成23年度末の流動資金を見ますと3億9,675万1,970円で、このうち1,285万2,128円は貯蔵品でございます。これを引きますと3億8,389万9,841円。こういうようなものを見ますと、未収金等の流動負債引きますと、現在2億9,407万2,115円でございます。23年度企業債残高にしますと2億5,617万516円で、平成23年度におきましては2,124万9,742円を償還してございます。また、23年度の資本的収支における過年度分の損益の留保資金でございますが、補てん額は1億1,257万6,991円でございます。平成24年度が仮に1,000万円の赤字が出た場合で計算しましても、補てん財源である、しますと、やはり毎年1億近くは消えていくというのが現状でございます。資金につきまして、事業をしないでいいかということは、もう既に建物、管等40年を過ぎておりますので、順次計画していかなければならないと思います。その点、これからの事業の見直し等を計画いたしまして、十分検討していきたいと思います。ひとつよろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 公営企業に詳しい小松原副町長。

          〔副町長 小松原 誠君登壇〕



◎副町長(小松原誠君) 水澤議員さんの再質問にお答えいたします。

  今水道課長が申し上げたとおり、24年度についてはそういう状況でございます。毎年1億程度が減っていくというお話もございますが、今施設が老朽化している中で施設を更新していかなければいけないという状況も確かにあろうかと思いますので、その際は総合的な検討になりますが、事資金面だけのことを考えれば、例えば企業債を発行するですとか、そういうことも考えられると思います。当然それが収支にまた利息等で影響してきますので、その取り扱いをどうするかというのはありますが、資金のことについては、今課長が申し上げたとおり、また総合的に考えて今後対応していきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 企業債発行するというのは当然あると思うのですけれども、いずれにせよ、お金がない以上、そういうふうに借金するか、一般会計から持ち出すか、それしかないわけですよね。国からもらっても、結局それは特定だから、資本的支出になるしかないわけですから、だからその辺のところをどれだけ借金をつくって、どれだけ一般から持ち出して、どれだけ料金値上げするのか、その3つの組み合わせしかないとは思うのですけれども、その辺を早急に組み立てていかないといけないということが1つあります。

  もう一つは、同時に資本的支出を大きく食っているというのは、有収率が70%になっていると、極めて漏れ漏れ状態、そういう老朽化した状態があるわけですけれども、これを、だから戦略的にどういうふうな形で立て直していくのか。当然、だからそれにはお金がかかって、物すごい資本的支出がまた大きく加わっていくし、同時にまた新しい建設していけば、減価償却費がまたいっぱい加わっていって、どんどんまた収益的収入というのも減っていくわけで、非常に大変だとは思うのですけれども、ともかくその辺の全体的な計画というのを本当に危機感を持ってやっていかないと、これは本当、大変なことになってしまって、実際どうなるのですかと質問したわけですけれども、実際は、だから本当にそこらじゅうで水漏れしても手に負えないということになってしまうわけですよね。水漏れは、ただ水漏れてもったいないというだけではなくて、道路の損壊につながるし、災害につながるわけですね。そうした総合的な関係にあるわけですから、町のそういう根本的な下部構造になっていくような問題ですので、ぜひともそういう総合的な計画というのを立て直して、早急に何とかしていかないと、町にとっての今後の大きな足かせになっていくというふうに非常に私は危惧しています。水道については、そういうことです。ぜひ早急にその辺の対策を考えてください。

  あと、収益部門を持っているNPOへの減免ということですけれども、確かにこれはフェアではないというところの声は上がるとは思うのですけれども、実際、きょう資料を忘れたのですけれども、この前ちょっと言ったのですけれども、千葉県の我孫子市では収益部門を持っているNPOに対しても、もちろん収益を得た場合には収益に応じた税金というのはかけるわけですけれども、部門を持っているからといって、直ちに、収益部門があるから均等割を減免しないというふうにはしないという形で減免を行っているのですね。とにかく企業誘致というのはなかなか大変ですから、やはりどんな形でもそういう企業活動を行っていこうとする人たちを引きつけるような、特に若い人たちを引きつけるようなインセンティブを、ちょっとフェアではないと思われるような、かなり逸脱的なことを規制を、何とかその辺を突破するようなものを、やっぱり小回りがきく小さいところだからできると思うのです。でかいところがこれをやったら問題にされてしまうわけですけれども、小さいからその辺はお目こぼしもしてくれるのではないかというのもあると思うので、その辺を思い切ってやっていくようなことが必要ではないかというふうには思うのですけれども、その辺のことについてはいかがなものでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 税務課長。

          〔税務課長 島田義博君登壇〕



◎税務課長(島田義博君) お答え申し上げます。

  繰り返しになりますけれども、やはり税務課は、税務課の考えというのは、適正な課税、公平な徴収、これはやっぱりこれに努めなければならないという責務はあります。今議員さん言っているようなことを税務課が、はい、わかりましたということで取り組みましょうというのは、なかなかスムーズにいくような問題ではないと私は思っているのです。考えるに、これは政策的な問題です。となりますと、やはり私が思うには、調整会議、いろんな関係各課集まって、それは企画財政課のほうへ事務局ありますから、お願いをして、調整会議というのは副町長が招集者ですから、そういった関係各課を集めて、やはり、こういうものができた、こういうものが考えられるということで町長に上げるというふうにしないと、繰り返しになりますけれども、税務課としての考えはやはりなかなか難しいと。

  いろんな資料を見ました。いろんな資料を見ましたけれども、ほとんどは、調査もしました。調査の中でも、やはりNPOの非営利団体というふうなことで、非営利につきましては課税していない、営利があるものは課税しているというようなことで、これは川越から川口から、ずっと近隣、この辺全部です。川島、吉見、鳩山というようなことで全部調べてみましたけれども、全部同じ意見です。あと、先ほど申し上げましたけれども、飯能県税事務所でも同じ扱いということになっておりますので、やはり調査するに当たっては、私も調べて持っているのですけれども、かなり古い資料なのですけれども、2003年9月、地方自治体のNPO支援策に関する実態調査ということで、ある市がやったのですね。47都道府県という、市町村については2万人以上、それから東京都の特別区の合計1,057自治体を調査して、回答があったのが777団体、NPOを何らかの支援、実施していきたいというふうなことについて、まず1つ目は、NPOに対する地方税の減免措置を既に実施しているという団体が315市町村あるのですね、確かに。全国の市町村数は、これは合っているかどうかちょっと不安なのですけれども、2011年8月1日現在、私全県で一ずつ全部調べましたら、1,912団体あるのです。先ほど315市町村というお話を申し上げましたけれども、16.47%、まだかなり低いです。やっぱり県に聞いて、県から情報収集をして調査研究をしていきたいというふうに思っておりますので、ご理解をいただきたいというふうに思っています。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 税務課のほうでやるというのは、確かにこれは酷な話だとは思うのですけれども、ぜひ町長のリーダーシップを発揮して、こういう問題について果敢に挑戦していっていただきたいな。やはりあの大きな都市である大阪市の市長は、本当に前例のないようなことを今思い切ってやっているわけではないですか。それに比べてみれば、このNPOの減免措置というのは我孫子で前例もあるわけですね。しかも、越生町は小さいので、越生町がやったからといって日本じゅう驚くようなことはないわけです。そこで、だからやはりやっていくということが、今やっぱり企業誘致は大変ですけれども、NPOという形でどんどんさまざまな新しい、学生の力のある人たちがそういうところに参入してきているわけですよね。アメリカなんかだったら、NPOというのは、ある意味、本当にエリート学生が就職する就職先になっているのですね。そこまで企業として成長しているわけです。日本もそうした可能性というのはあります。一般社団法人は企業と同じで、いわゆる準則主義で、登記すればいいだけなのですね。監督官庁がないのですね。ですから、自由に会社と同じようにできるわけです。特に再生可能エネルギーというのは社会貢献性があるわけなので、一般法人みたいな形で立ち上げるというようなことも大いに考えられます。この越生町で再生可能エネルギーなんかをやっていく場合には、幾らアイデアがあっても、現実的にそうした力とか専門的な能力を持った人がいないとだめですね。そうした人たちを引きつけることというのは、ぜひ越生町の未来を考える上で必要だと思いますので、思い切った施策をぜひとも町長が先頭になってやっていただきたいというふうに切なる願いとして訴えたいと思います。町長、ではよろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) 町長。答弁は端的にお願いします。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 水澤議員さんのご質問にお答えいたします。

  私は、収益事業、非収益を問わず、越生町にNPOがほとんどないということが問題であると思っております。企財のほうで、NPOをつくりたいと言えばお手伝いしますよということは呼びかけておりますが、ご相談に見える件数もほとんどないようでございます。町民の皆様がNPOをいろいろ、これが必要だと思うことはおつくりいただきたいと、そういうふうに思います。収益事業か否かは、収益事業でなければ税金はかかりませんし、収益事業ももうからなければ均等割だけのはずですので、それができない、障壁になるとは思っておりません。また、企業誘致も一生懸命やっておりますし、それから一円でも何でも、株式会社をおつくりになってもいいし、いろんな起業をする気になっていただきたいというふうに思っております。7万円の免除がインセンティブになるというふうには特には思っておりません。一応今後も検討はいたします。まずはNPOをもっとたくさんつくってほしいというふうに思っております。皆様が必要を感じたら、そういうことをお始めいただきたいというふうに思っております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 水澤努君。



◆1番(水澤努君) 最後になります。

  町民がつくるというのはもちろん大切で、ぜひそういうことを今後も訴えていただきたいなと思うのですけれども、やっぱりNPOの場合は学生から起業をしていくというパターンが多いので、そうしたインセンティブを、外から入ってこれるようなインセンティブをうまいぐあいにつくっていくというのが、PRを含めて、町内ではなくて、外へのPRも含めて大切だと思いますので、ぜひそこのところも含めてよろしくお願いします。

  これで一般質問を終えていきたいと思います。ありがとうございます。



○議長(長島祥二郎君) これで水澤努君の一般質問を終わります。

  この際、暫時休憩します。

                                      (午前10時28分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時43分)

                                              



△発言の訂正



○議長(長島祥二郎君) 水道課長より答弁に対する訂正の申し出がありましたので、これを許します。

  水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 先ほどの答弁の中、水澤議員さんのところなのですけれども、「未払金等」と言うべきところ、「未収金」と申しましたので、その点につきまして「未払金等」に訂正させていただきます。よろしくお願いします。

                                              

       ◇ 吉 澤 哲 夫 君



○議長(長島祥二郎君) 7番、吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 議長、録音することをお許しいただけますか。



○議長(長島祥二郎君) 許可します。

          〔7番 吉澤哲夫君登壇〕



◆7番(吉澤哲夫君) 議会番号7番、吉澤哲夫です。早速質問に入らせていただきます。

  質問件名、町長のマニフェストの進捗状況の確認と今後は。質問の要旨。田島公子さんが町長になってからはや3年6カ月、町の財政状況悪化する中、町政運営に大変なご苦労をしていると推察していますが、私を含め町民の声は、歯がゆい思いをしています。それは、マニフェストの中で発表した項目の中には、財政難にもかかわらず実現したこと、現在目指していることなど評価すべき内容もあります。しかし、まだ実施、実現がされていないものも多く、町長選挙のとき町長が発表したマニフェストに多くの町民が感銘を受け、この人ならと思い応援されたことを忘れているのかとも思います。町民が望んだ改革や活性化に、まだ任期は6カ月あります。今期中にマニフェストの実現に向け具体策を示していただくか、実施していただければと思います。私も町の財政改革や活性化を志す者として、なかなか先に進まないことを心配し、町長に頑張っていただくためにも、改めてマニフェストに立ち返り、町政改革に取り組んでほしいと思うことから、町長選挙公開討論会でローカルマニフェストと個別テーマで発表したものの中から、以下の項目に現在どのようなお考えをお持ちか伺います。

  (1)、重要施策の中の情報公開と住民参加項目の内容に、予算や政策の形成過程がわかるようにしていきたいとした記述がありますが、実現はあるのか。

  (2)、行財政改革の具体策の中の仕事の仕分けで経費を節減とあったもののこれまでの実績と、これからの計画は。

  (3)、経済活性化の具体策の中の商店街の再興と大型店との共存とありました。その内容は。ア、商店街の空き店舗を借りての事業は、イ、観光客を対象とした町のアンテナショップ、ウ、大型店の中に地元店のアンテナショップなど実現できたのか。また、その実績と成果、これからの計画は。

  (4)、ほかに、越生の自然を守りますとした項目の中に、農地や森林の効果的な手入れ方策を検討しますとありました。現在まで検討したものを伺います。また、これからの計画は。

  以上です。よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 大沢企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 吉澤議員さんの質問件名1、町長のマニフェストの進捗状況の確認と今後はの(1)及び(2)についてお答え申し上げます。

  初めに、質問要旨(1)、情報公開と住民参加項目の内容についてお答え申し上げます。町の財政状況の透明化につきましては、平成21年度から予算と決算それぞれについて、より多くの町民の方に知ってもらうために町民説明会を開催しております。予算、決算は行政運営の基本でありながら難しいイメージが先行して敬遠されがちですが、できる限りわかりやすく解説して、財政の状況を理解していただくよう努めております。また、広報紙やホームページなども積極的に活用して、公表内容をより充実させながら、町の財政状況の透明化を進めているところであります。

  平成22年度に策定した第5次越生町長期総合計画につきましては、町民52名から成るまちづくり町民会議で、計画の段階から原案の作成まで、町の直面する課題や期待する将来像、今後の目標などさまざまな意見を出し合っていただきながら、原案をまとめていただきました。この計画書は住民が参加して完成したものであると思っています。

  また、最近の取り組みといたしましては、昨年の9月から越生町の自治基本条例の原案づくりを、公募による9名の町民を含む14名の皆様で組織した自治基本条例策定委員会で検討いただいております。この委員会の会議は公開で行っておりますが、より多くの町民の皆様に経過を知っていただくために、会議結果をホームページで公表しているところであります。また、「広報おごせ」6月号からは自治基本条例に関することや途中経過などについても掲載し、周知の徹底を図っていく考えであります。

  このように、財政状況の透明化並びに町民多数参加による計画等の策定につきましては、おおむね実現できているものと考えております。

  次に、質問要旨(2)、仕事の仕分けによる経費の節減実績と今後の計画についてでございますが、本年3月議会におきましてご答弁申し上げた内容と重複してしまいますが、土地開発公社の解散が顕著な例として挙げられると考えます。昭和46年から公有地の先行取得を目的に40年間にわたり実施してきた事業でございますが、十分に所期の目的を達成したため解散としたものでございます。その他の実績といたしましては、越生町ふれあい健康センターの指定管理者の公募や、公用車をハイブリッド車などの低燃費車に買いかえることなどの見直しを行ってきました。また、事務事業を展開していくに当たっては、毎年実施計画のローリングを行い、各事業の必要性や優先度を検討しているところであります。当初予算の編成に当たっては、必要性、有効性、効率性などを総合的に勘案し、健全な財政運営に努めております。

  今後の計画に関しましては、それぞれの事業について計画、実施、評価及び改善といったマネジメントサイクルを徹底し、事業の充実を図るとともに、見直しを進めてまいりたいと考えております。

  また、事務事業の外部評価につきましては、現在検討を始めているところでございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 三浦産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から、質問件名1、質問の要旨(3)及び(4)についてお答えを申し上げます。

  初めに、(3)のアでございますが、数年前から商店街の空き店舗が目立ち始め、空き店舗を活用した活性化策として何か事業ができないかと商工会のご協力をいただきながら計画検討してまいりました。しかしながら、空き店舗の多くは住居兼店舗が多く、プライバシーの尊重や防犯対策、火気の取り扱いなどクリアしなければならない問題が多く、早急な対応は難しい状況でございます。今後は、これらの課題にいかに対処し、活用できる方策を商工会等々と相談しながら検討してまいります。

  次に、(3)のイについてお答えいたします。観光客を対象としたものとしては、各種ウオーキング大会や梅フェア、柚子フェアなどのイベントの際、町内商店に積極的に出店していただき、越生の特産品や各商店の飲食物を提供していただいております。今後も引き続き参加機会を設けるよう努めてまいります。

  次に、(3)のウについてお答え申し上げます。店舗内にアンテナショップを開業するには賃借料や設備費など経費がかかり、さきに述べたように、一時的なイベントを開催することが望ましいと考えております。今後も商工会と意見交換をしながら、おごせ一店逸品運動やおごせB級グルメなどを起爆剤として商業振興を図ってまいりたいと考えております。

  次に、(4)についてお答えいたします。現在取り組んでいる効果的な手入れ方策としては2つほどございます。1つ目は、国庫補助事業である中山間地域等直接支払い交付金制度です。これは平成12年度から始め、1事業を5年間とし、今年度には3期目となる11年目に入ったところで、現在龍ヶ谷、堂山、上谷の3地区で実施されており、活動参加者数は全地区合計68名、整備面積は約16ヘクタールであり、耕作に適した良好な田畑が保たれております。町といたしましても今後継続的にこの中山間耕地が維持されていくために、県や国に対し、地域にさらに有利な補助制度の拡充を要望するとともに、整備していただいている地域の方々に対しても事業のもたらす効果等を説明し、継続をお願いしているところでございます。

  2つ目は、彩の国みどりの基金を活用した里山平地林再生事業の受け入れです。この事業は民地、官地を問わず、手入れが行き届かない里山平地林の整備を行い、身近な緑の再生を図ることを目的とするもので、その費用はすべて県費で賄われるものでございます。実施面積といたしましては、平成20年度には大谷地区を44ヘクタール、21年度は大谷地区及び西和田地区を54ヘクタール、22年度は西和田及び鹿下地区を37ヘクタール、そして23年度は鹿下地区の25ヘクタールを整備いたしました。今年度につきましては、成瀬地区の14ヘクタールを要望しているところでございます。

  越生町では平成20年度以降の4年間で160ヘクタールからの里山平地林が整備されたことになりますが、この町内の整備面積は埼玉県川越農林振興センター管内全13自治体で実施された面積の6割以上に当たるものであり、この割合を見ていただければ、越生町のこれらに対する整備意欲の大きさを判断していただけるものと思います。さらに、今年度におきましては、町の一般財源の町有林維持管理費を増額し、補助事業ではカバーできない細かな箇所の整備を行うなど、来年度以降においてもよりよく整備がなされるよう事前に調査を重ねていきたいと考えております。

  今後の計画といたしましては、不耕作地が少しでも減少するよう、地産地消をキーワードに、生産者と町内飲食店での連携ができるよう努力してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) まず、質問の中の(1)について再質問をさせていただきます。

  予算過程の確認をしたことはありませんが、来年度予算については11月、12月に予算査定があると思います。このときに対応する考えはありませんか。査定のやるときの内容や雰囲気だとか、町民が見たいと思っているようなことだとは私は思っているのですが、そのようなことは対応する思いはありませんか。お願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 吉澤議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  予算の編成に当たっては、いろいろなことがあります。いろんな事業の調整、こっちの事業が減ればこちらをふやしたり、そういったこともあります。あと、個人情報的なこともありますし、予算過程をちょっと公表といいますか、オープンするということはちょっと難しいものでございます。予算というのは枠が決まっておりまして、その中でどうするかということで、いろいろな過程でこちらの予算がふえたり減ったりと、いろんな過程で毎日のように動いて、最終的に議会にご提案する数字ができ上がるということでございますので、その点はご理解いただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) ありがとうございます。まず、予算や政策の形成過程がわかるようにしていきたいという内容で、町長が示したことなのですが、今内容からいけば、考えが少し衰退しているのか、やれないようなことだと思うのですが、もう一度ご答弁お願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) お答え申し上げます。

  予算に関しては、先ほど申し上げたとおり難しい点がございます。町長が政策形成過程というマニフェストで公約に掲げたのは、いろいろな重要施策をどうしましょうかということで町民の皆さんにお聞きしたり、その途中経過がこうですよということを公表したりするというものでございまして、それから計画書の策定といったものも、どういうふうにいたしましょうかということで町民の皆さんにお聞きしたり、委員の皆さんに参加していただいて、いろいろご協議いただくというようなことを形成過程の公表というふうなことで言っているのだと思っております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) ありがとうございました。がっかりしたようなことだと思います。

  次の再質問に入らせていただきます。(2)の行財政改革の具体策の中の仕事の仕分けで経費節減とあったもののということで、内容は聞きましたが、この中に入っていなかったのですが、仕事の仕分けということで考えれば、町民の中には、庁舎内の係間で受け付け等の一本化ができないかとよく聞かれます。縦割り行政の解消と経費の節減を図れればと思いますが、どう思いますか。町民が求める行政サービスの一つになるのではないかと思いますが、お考えを伺います。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) お答え申し上げます。

  町民の方々が役場においでになりまして、いろいろなことで来ていただくわけですけれども、越生の場合には町民課、福祉課、税務課といった3つの課でほとんど窓口が対応できております。町民課で総合受付的なことをやっておりますけれども、それが子供の医療であったり、福祉のサービスであったり、税の関係であったりすれば、町民課の職員がすぐこちらへどうぞということで、福祉なり税務課なりも案内していただいております。大きな市役所ですと総合受付窓口というのがありまして、それで総合案内ということをやっていますけれども、そういう大きなところでいろんな受付といいますか、課がいろいろたくさん分かれていればそのようなこともサービスの向上になるかと思いますけれども、越生町の場合には1万2,000の規模の庁舎でございますので、町民課が総合窓口となってサービスの向上に努めておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) ありがとうございます。もう少しスムーズな判断ができたらと思いますので、よろしくお願いいたします。

  次の再質問に移らせていただきます。(3)の経済活性化の具体策で、内容と計画にありましたけれども、その中でこれからを含めた考えであればがっかりした内容なのですが、アンテナショップ等については、ここで今坂戸インターチェンジができてきています。この地域にも光が差してくるものと思いますが、この機会に高速自動車道のサービスエリアやインターチェンジ近くの物産展、特産物の販売や観光案内ができるようにしたらと思っていますが、このような計画を検討する考えはないか改めて伺います。



○議長(長島祥二郎君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 吉澤議員さんの再質問にお答えいたします。

  アンテナショップの関係でございますけれども、先ほど坂戸インターチェンジが開通するということで、その辺サービスエリア等含めた中にできないかということでございますけれども、今までもサービスエリアを利用した観光キャンペーン、こういったものを広域で取り組んでいるとかというようなケースはございますけれども、現在のところサービスエリアにアンテナショップを設けるという具体的な計画はございません。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) サービスエリアで販売を時々しているような話なのですが、私も、サービスエリアに物産を常時置かせていただくようなことになったときにはどのようなことになるのかとかいう話も伺ったことがあるのですが、できれば町も含めて生産者と協議していただいて、そういうところにも店舗展開ができるようなことができればと考えておりますので、そのような計画ができればと思います。よろしくこれから計画をしていただければと。これは要望です。

  次に、再質問に移らせていただきます。(4)について、農地や森林の効果的な手入れ方策を検討しますと。やってきたことは、一部の地域の改善や、生産者とそれを管理するような人たちとだけの話であったかと思うのですが、私が心配しているのは、一般農地等で、農地の荒廃は1年ごとに進んで、荒れ果てていく姿を見るに、町が主導し、対応が図れないかと前にも質問をしていますが、農地法の縛りがあることも知っていますが、改めて農地の改善のやり方があるのか。また、農地を所有している人に町の取り組みを示し、農地所有者と農地として利用したい方の仲人をしていただいたらと思っていますが、前からの繰り返しとなりますが、町の考えを伺います。



○議長(長島祥二郎君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) お答えいたします。

  農地の荒廃につきましては、一昨日あたりの読売新聞に少し載っておりましたけれども、埼玉県で二千数百ヘクタールの耕作放棄地があるというようなお話が出ておりました。町といたしましては、農地・水・環境保全向上対策事業というものを平成20年度に大谷地区を対象に立ち上げまして、第1期が23年度で終了し、ことし第2期の1年目を迎えております。この中でこの大谷地区のエリアにつきましては、23.9ヘクタールの面積が今までは不耕作地だったものを耕作地に改めるというようなことを行っております。また、鹿下地区でも今まで不耕作地だったものを、ソバを植えたりですとか、また上野地区では退職なさった方々を中心に上野ファームというような組織をつくっていただきまして、共同で農業にいそしんでいただき、耕作地に改善しているというようなことで、平成22年度の数値でございますけれども、埼玉県、22年度の県内の耕作放棄地2,858ヘクタールございましたけれども、その年に整備された県内の面積が382ヘクタールということでございました。越生町ではその22年につきましては26ヘクタールを整備された面積としてカウントされておりますので、これらにつきましては県内でも第4番目の成績ということで、いろいろな多方面の関係者の方々に協力をいただきながら実績も積んでいるところでございます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 今のお答えについてはありがとうございました。でも、私が心配しているのは一般の農地等でありまして、町長も知っているかと思いますが、今農業をやっている方の大部分がお年を召した方ですね。1年後放棄地となることがもうわかっているような農地もたくさんあるかと思います。このようなところについて少しずつでも町の考え、このような荒れ果てた農地では越生が衰退していくだけですよ、どうですか、農地のやりたい人にご協力をいただいたらどうですかということのものができないかと私は思っているのですが、改めて町の考えを伺います。



○議長(長島祥二郎君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  実は、越生町のほうでも農業塾というものを数年前から始めておりまして、そこには結構、比較的若い方々の参加も目立つようでございます。そういった方々が非常に農業に関心を示していただきまして、趣味的ではなくて、本格的に努めていただくようになれば非常にいいことだというふうに考えておるのですけれども、実際問題なかなか専業にやるというにはいろんな条件等がございまして、農地の問題等、家庭菜園程度だったら十分できますけれども、それを専業にやっていくとなると、その辺農地の確保等に課題があるということでございますけれども、もしあった場合には、農業委員会等を通じまして、そういう手続等はとれることになってございます。

  いずれにいたしましても、農業全体的に見てやはり担い手の方の不足ということが大きな理由、高齢化を含めましてそういった問題については非常に越生町でも大変難しいといいますか、こうやれば必ず改善できるというようなことというのがなかなか見つからないのですけれども、鋭意努力をしていきたいというふうに考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) ありがとうございました。できるだけ、そのような相談があったときには 農地の所有者とこれを利用したいような方の仲立ちをしていただきますようよろしくお願いいたします。

  時間は早いのですが、いいですか。では、済みません。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 吉澤議員さんのご質問にお答えいたします。3分か5分でお答えいたします。



○議長(長島祥二郎君) 3分でいい。



◎町長(田島公子君) では、まず今の越生の自然を守りますということでございますが、今これだけの政策をいたしましたので、農地についても大変できたと思いますし、それから山林につきましては県の関係で町有林とか民有林とかの間伐も大分進みました。そして、私も森林の手入れにつきましては、例えば飯能市に行って、大型機械で使うところを農林振興センターに案内していただいてみたり、あるいはいろんな各種のシンポジウムに出まして、土佐の森・救援隊というNPOの活動とかも聞いてまいりました。きょうも都内でそこがまたやっているはずでございます。そのほかに、こだま森林組合の原組合長にお話を伺ったり、あるいは西川広域森林組合のほうの事務局長にもお話を伺ったりして、この地方の森林の効果的な手入れについて考えております。大型機械を入れて、作業道を入れて、わあっとやるというのが今の方向のようでありますが、それにはこだま森林組合は非常に進んでおります。西川はずっとおくれていると言われております。今西川森林組合にてこ入れをしているところで、お願いしているところでございます。例えば、いろいろな機械があれば、大型機械があればなのですが、越生町も、それから西川も、今のところそれの受け皿になるところがなかなか難しいようでございます。でも、これは長いこと時間かかると思いますが、進めてまいりたいと思います。

  そしてまた、つい先ごろ北海道の小さくても輝く自治体フォーラムに参加してまいりましたが、そこでバイオマスのやっているのもあるようなのですが、これがもうかるという話ともうからないという話と両方ありまして、将来の検討課題というふうに思っております。

  そしてまた、天然住宅というような、今の木を使って、いい木を使ってつくる家のそういう取り組みとかいろいろございますので、検討、研究をしてまいりたいと思います。いずれにしても、大型機械を使って山の手入れをしていくのは今後5年、10年かかることであるというふうに思っております。

  それから、農地のほうも、今までの産業観光課がいろいろなことをしていただきましたので、一度にはいきませんけれども、少しずついろいろな手入れの方策ができていると思います。また、梅の農家の方、ユズの農家の方にも意欲的な取り組みをしていただいております。また、新しい特産物をつくるべく産業観光課も活動をし、また特産物加工研究所とも連携していろいろなことを、政策を進めています。

  また、アンテナショップの件ですが、オーテックそのものが私はアンテナショップと思っております。そして、大宮ソニックシティの地下のそぴあとか、新宿のナチュラルローソンとか、あるいは狭山のサービスエリアとか各地のサービスエリアでも越生町の商品を置いていただいてございますので、これは町独自が例えば銀座に店を出すことはできませんけれども、いろんなところで越生町の産物をアンテナショップとして使っていただいているというふうに思っております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 最後に、町長のマニフェストについて幾つか残された課題もあるかと思いますが、多くの町民が望んだ町長のマニフェストであります。実現に向かって、一言「頑張って」ということのエールを送り、質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで吉澤哲夫君の一般質問を終わります。

  この際、暫時休憩します。

                                      (午前11時22分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時30分)

                                              

       ◇ 浅 野 訓 正 君



○議長(長島祥二郎君) 6番、浅野訓正君。

  議長、録音をお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) はい、許可します。

          〔6番 浅野訓正君登壇〕



◆6番(浅野訓正君) 議席番号6番、浅野訓正です。議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして質問させていただきます。私の質問は3点です。

  1、登下校の安心安全について。最近特に、小学生通学路への車の進入による事故が多発しております。当地区(黒岩下T字路信号機)では、PTA保護者による早朝旗振りを行っております。その中、子連れのお母さん方が多く見られます。子連れでの旗振りはとても危険かと思います。(核家族で、子供を見てくれる親がなく、子連れでやっているのかと思います。)また、春日橋から下黒岩信号機間は歩道橋、歩道ガードもなく(グリーンベルトの設置はある)、小学生の通学路となっております。特に早朝の車の通行量は多く、子供と車の間もほとんどなく、非常に危険です。山吹橋、中央橋、高橋にはそれなりに歩道橋が設置されております。そこでお尋ねします。

  ?、子供連れの旗振りの現状をどう思うか。

  ?、交通整理指導員がいるときもあるが、常備指導員の配置は考えられないか。

  ?、早急に春日橋歩道橋、歩道ガードが必要と思うが、いかが。

  2番目の質問、越辺川の水質について。越辺川(越生地区)の水辺再生100プラン推進工事が進められ、間もなく完成されます。越辺川の水も以前に比べるときれいになってきたように思います。昨年は蛍もかなり飛んでいるのが見られ、また川遊びをしている光景も多く見受けられました。そこでお尋ねします。

  ?、前年度と比較して水質はよくなっているのか。検査の結果はどのようにされているのか。改善策は。

  ?、本下水道の普及率と集落排水、合併浄化槽の促進(設置補助金制度)の問題点は。

  ?、水辺再生プランの今後の計画はあるのか。

  3番目、文化財指定状況について。第5次越生町長期総合計画の前期基本計画では、「郷土文化の振興と伝承」の文化財指定状況の中に、本町には国指定2件、県指定15件、町指定32件、国登録2件とあります。万葉集巻14東歌に歌われている「入間路のおおやが原のいわゐづら 引かばぬるぬる吾にな絶えそね」の大谷ヶ原が当町の文化財指定状況に入っておりません。文化と観光に力を入れている町として、どうして文化財指定の中に入っていないのかお尋ねします。

  以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) 安田学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 浅野議員さんの質問件名1、?についてお答え申し上げます。

  昨今の登校時における事故が多発している現状をかんがみると、浅野議員さんのご指摘のとおり、通学路の多くの場所で児童生徒の安全確保を図る手だてが必要であると痛感させられます。そこで、PTA組織を活用してマンパワーによる取り組みの一例としてが、校外生活指導部等による登校時の見守り活動です。子供たちは、雨の日も、寒くて風の強い日も、家からの長い距離を頑張って歩いてきます。そのような中で、通学路の各所で多くのボランティアの方が子供たちの登下校を見守っていただき、教育委員会としても大変ありがたく思っております。

  さて、ご指摘の子連れでの旗振り当番については、議員さんが危惧していらっしゃるとおり、子供を家に一人残しておくわけにもいかず、やむを得ず連れてくる保護者の方だと推察できます。今後は、安全確保に向けてPTAで知恵を出し合って取り組んでいただくようお願いをしていきたいと思います。さらに、安心、安全を配慮した取り組みとなるよう各学校に呼びかけていきたいと考えておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 岩?総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、浅野議員さんの質問件名1の?について総務課よりお答えをいたします。

  町では道路の交通の安全を保持するために、交通指導員を置いております。現在4名の交通指導員が、月曜日から金曜日の登下校の時間帯である午前7時30分から8時30分、午後3時から4時、そのほか授業のある土曜日は午前7時30分から8時30分、午前11時30分から午後零時30分の1日2回で、各1時間ずつ立哨していただいております。立哨場所は19カ所あり、各交通指導員が所定の地区を4ブロックに分けて担当しております。それぞれの担当地区は、黒岩下T字路を含めた越生小学校付近の地区、山吹大橋と越生駅付近の地区、三滝入り口交差点西側T字路と成瀬地区、梅園小学校入り口T字路と梅園地区となっております。担当地区内をローテーションで立哨していただいております。

  また、立哨活動は交通指導員のほかにも、学務課よりご答弁をいたしましたとおり、PTAの皆様にも校外活動として、ボランティアで自主的に、子供たちが安全に登校できるようご協力をいただいているところでございます。このため、交通指導員を黒岩下T字路に常備配置することについては難しい状況ではございますが、主要な立哨場所でございますので、PTAの皆様のご協力をいただきながら、子供たちの登下校時の安全確保に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 間々田まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 質問件名1、質問の要旨?についてお答え申し上げます。

  既に町民の方からもご提案をいただいておりましたので、埼玉県飯能県土整備事務所と協議させていただいております。県との協議の中で、春日橋は車道幅員6メートルの橋梁で、大規模な改良を行わず両側に歩道を設けた場合は、車両の重量がセンター側に移りますので橋の構造上問題はありませんが、車道幅員が狭くなるため、通行に支障を来すことになります。片側歩道とした場合には、歩道ない側を車両の通行が多くなり、橋梁のバランスが崩れるため、橋梁の構造上非常に難しいと回答をいただいております。

  また、新たに歩道橋の設置とのことですが、県道飯能寄居線側に歩道の整備がなく、現状では家が建ち並び、その補償等に莫大な費用が予想されることから、早期の整備は難しいとの回答をいただいております。

  しかしながら、通学路の指定になっていることから、車両に注意を促すため、グリーンベルトにより安全対策を講じているところでございます。

  次に、質問件名2、質問の要旨?についてお答え申し上げます。河川の水質調査につきましては、5地点で年3回実施し、3地点で年1回実施いたしております。このうち越辺川の水質調査につきましては、4地点を年3回実施いたしております。

  調査項目でございますが、主なものは水素イオン濃度、溶存酸素量、生物化学的酸素要求量、浮遊物質量、大腸菌群数の5項目でございます。

  水質の状況でございますが、おおむね良好な結果となっておりますが、大腸菌群数につきましては毎年基準値を超過しております。しかしながら、県内の他のA類型の河川でも環境基準に適合する箇所が少ないことから、越辺川の汚染が特に進んでいるものではないと判断しております。

  次に、質問の要旨?についてお答え申し上げます。公共下水道の普及率でございますが、毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合に確認したところ、越生町の市街化区域内における整備率は94%ほどで、今年度中に100%となる予定で事業を進めているとのことでございます。越生町における市街化区域は170.2ヘクタールで、計画戸数は2,956件で、加入は2,291件でございますので、加入率は77.5%とお聞きいたしております。今後は市街化区域中において公共下水道への切りかえを推進し、加入率を高めていきたいとのことでございます。

  農業集落排水事業の整備率は100%でございまして、7処理施設あり、現在562戸、そのうち494戸が加入しておりますので、平均加入率は87.9%でございます。このうち小杉日影地区における加入率が66.9%と他の処理区域と比較して低いため、重点地域として区域内の皆様のご協力が得られるよう努力してまいりたいと考えております。

  合併処理浄化槽でございますが、計画区域は公共下水道の整備計画区域と農業集落排水事業による計画区域を除くすべてでございます。戸数につきましては、過去に調査した内容になりますが、2,060戸あり、合併処理浄化槽の設置件数は1,242戸で、普及率は60.2%でございます。現在進めている事業での補助金制度には大きな問題はございませんが、個人が設置をし、個人が管理をするシステムでございますので、浄化槽法に基づく11条検査率が3%と低く、浄化槽が持つ本来の機能が生かされていないと感じております。このため、全員協議会においてご説明申し上げました、町が管理を行う事業について検討を進めております。

  次に、質問の要旨?についてお答え申し上げます。水辺再生プランにつきましては、埼玉県の事業として現在越生東地区東側の越辺川において施工中で、6月中に完成予定と聞いております。平成24年度からは、県が行っている川の再生と市町村が行うまちづくりを一体とし、川の再生に取り組む、川のまるごと再生プロジェクトが実施されております。平成25年度に着手する河川を選定するため5月29日に説明会があり、要望の取りまとめが行われます。越生町もどの箇所が町にとってよいのか検討を行い、現在施工中の事業に引き続き、採択していただけるよう埼玉県に要望したいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 奥泉生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 浅野議員さんの質問件名3の文化財指定状況についてにお答えいたします。

  ご質問のとおり、越生町大谷の大谷ヶ原一帯は、万葉集に歌われた「入間路の大谷ヶ原」であると推定されております。ご指摘のとおり、大谷ヶ原は文化財には指定されておりません。

  県内では7件が万葉遺跡として県の旧跡に指定されております。いずれも戦前から昭和20年代にかけての指定で、以降は新たな旧跡指定は行われておりません。県指定文化財指定について町は直接関与できませんので、大谷ヶ原の文化財指定について検討するとなると、越生町指定ということになります。

  指定文化財については、保護、管理責任者を選任し、現状の変更に際しては届け出と許可の手続が必要となります。文化財保護行政では、旧跡を含む史跡、名勝、天然記念物を記念物と総称しておりますが、記念物の場合は指定範囲を明確にしておくことが特に重要です。これは補助事業などを実施する場合にも不可欠な要件です。例を挙げますと、越生梅林も昭和15年に県の名勝に指定されておりますが、指定時に地番も面積も明確にされておりません。そのため、現在に至るまで現状変更手続が不備で、管理責任もあいまいな状況が続いております。越生町に限らず、指定記念物を持つ他市町村でも同様の問題を抱えております。こうした状況をかんがみ、大谷ヶ原については今後も町指定でなく、違った方策での保全活用を図っていきたいと存じます。

  以上でございます。                                     



○議長(長島祥二郎君) この際、暫時休憩します。

                                      (午前11時50分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時30分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) それでは、午前中に続きまして一般質問を行います。

  登下校の安心安全についてでございますけれども、これは最近いろんなことで事故が起きるということで起きまして、事故が起きてしまっては取り返しがつかないという思いの質問でございます。

  それでは、1番目の1番について、旗振りの現況ですけれども、やむを得ないということですけれども、子供を持っている保護者において旗振りを当番の免除とかいうことは、これはPTAがやることなのかわかりませんけれども、そういうことはいかがなものかと思います。

  それと、事故があっては取り返しがつかないということで、PTAと知恵を出し合ってということですけれども、具体的にどんな取り組みなり、最近の状況においてやっていることがありましたら、お知らせください。よろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) 安田学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、浅野議員さんの再質問についてお答えしたいと思います。

  初めに、当番の免除につきましては、PTAのほうではまだそういったことについて私どもも話は聞いておりません。ただ、今回の話を受けまして、今後のPTAの取り組みの中でこういったことも考えていったらどうかという話は働きかけていきたいというふうに考えております。

  それから、2つ目のPTAでの取り組みについてですけれども、各学校で、学校長も含めて、危険な箇所、それから校門前、そういったところも立って指導しておるところです。私ども教育委員会の職員も現在のところは春日橋のところ、それから役場の前、そういったところを見ながら、安全を図るように見ております。その際、PTAの役員さんもいらっしゃるので、その対応についてはまた話しながら取り組んでいきたいというように考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) では、十分事故のないような取り組みをPTAとよろしくお願いいたします。

  次に、2番目の指導員の配備ということでございますけれども、今この答弁におきまして4人の指導員が19カ所を4人ブロックで分けて担当しているということでございますけれども、私は思いますのに、ローテーションでなくて、すべての指導員は無理であるのか、また無理であるなりに、指導員をふやす方策はないのかということと、よく毛呂のほうに参りますと、緑のおばさんということで、通学のときに毛呂の人のそういう……



○議長(長島祥二郎君) 指導員だ、指導員。



◆6番(浅野訓正君) 指導員ですね、済みません。指導員を見ることがございますけれども、越生よりか、毛呂のほうにおいてはそういう指導員というか、人数が所々で見られますけれども、越生は4人のローテーションでやっている。また、あとはPTAの皆さん、学校の先生が一部見ているということでございますけれども、毛呂の様子をちょっとお聞かせいただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 岩?総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、浅野議員さんの再質問についてお答えを申し上げます。

  現在4名の指導員の方に立哨をしていただいておりまして、延べ19カ所をローテーションでお願いをしております。それぞれ4名の方に、きょうは午前中はどこに立哨をしてください、午後はどこに立哨をしてくださいというようなことで、うちのほうで割り当て表をつくりましてお配りをさせていただいております。当然のことながら、登下校が見守りボランティアの方ですとか、今学務課のほうで答弁をさせていただきましたPTAの方、あるいは役場の裏手のT字路では、宮?議員さんが毎日のように登下校の見守りをしていただいております。そういった中で、現在4人の指導員さんのほうに立哨をお願いしておりますが、午前中1時間、午後1時間ということでもほとんど1日拘束してしまうようなことでございますので、なかなか増員できないような状況でございます。立哨される指導員さんも、自分の身を挺してまで子供たちを守ろうというようなしっかりしたお考えを持った、意思を持った方にお願いしておりますので、どなたでもいいというわけにはいきませんので、その辺は増員は難しいということでご理解を賜りたいと存じます。

  それと、毛呂山町の状況でございますが、現在20名の方が立哨されているということで伺っております。当然毛呂山町のほうも学校数が多いというようなこと、あるいは交通量も多いというようなことで、20人というようなことでございます。

  ちなみに、鳩山町さんのほうは交通指導員の立哨はないということのようでございます。

  いずれにいたしましても、地域性等がございますが、何とか現状で4人の方に継続してお願いをしたいというふうに考えますし、今後もPTAの校外活動としてぜひ登下校の子供たちの安全を確保するためにご協力をいただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) 今時点におきましては、指導員の増員は考えていないということでございますけれども、先ほど最初に申し上げた、起きてしまっては困るということを十分に認識しながら、ローテーションではありますけれども、増員のことも時間をかけて検討していただきたいと思います。よろしくお願いします。

  次に、3番目の春日橋歩道橋、歩道ガードの必要と思うがということでございますけれども、答弁にございまして、道幅の問題とか、そういうことで無理だということであるならば、私が思いますのに、梅園地区から越生町に入ってきて、道を曲がってバイパスに出ていく車が多い状況の中で、なかなか交通の中で事故が起こる危険性もありますので、これは無理かもわかりませんけれども、一時的に交通規制とか通行規制、こっちの裏通りにおきましては7時半から8時半に通行規制ということで行われていますけれども、わずかな時間で、十分、15分の時間ですので、車がそこを通らないような方策はとれないものであるかどうかお伺いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 交通規制ね。



◆6番(浅野訓正君) 交通規制、通行規制。



○議長(長島祥二郎君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) 浅野議員さんの再質問についてお答えを申し上げます。

  登下校時の交通規制ということでございますが、越生町につきましては、春日橋につきましてもバイパスに抜ける道路ということで、よく朝夕は通勤される方がご利用されているというような状況かと思われます。したがいまして、なかなかそういった時間帯、交通規制をするというのは難しい状況であるかと思います。

  いずれにいたしましても、先ほど申し上げましたとおり、立哨をされる指導員の方には十分子供たちの安全を確保するように再度お願いを申し上げます。それと、PTAの皆様、あるいは登下校時の見守りのボランティアの皆様にも引き続きお願いをしてまいりたいかと思います。今のところ現状では交通規制につきましても当然西入間警察等々と協議が必要になるかと思いますので、早急な対応は難しいかと思いますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) では、ちょっと質問はこの登下校の問題とは違ってしまう部分もあるのですけれども、梅園地区の人がバイパスに出る場合、どうしてもあの道を通る状況であると思いますので、うまく梅園地区の人が黒岩の3差路のところに出なくて、バイパスのほうに出る方法ということを、越生においては直線でバイパスに出る道が少ないので、かなり曲がったりする中であると思いますので、バイパスに通じる中で、事故が起きないためにも通行の、車の動きのことも町として研究していただいて、道路のほうの改修ということではないですけれども、バイパスに出る方策を考えていただければと思います。

  では、そういうことにおいてどうでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 車の流れにつきまして、どこがどう行っているかということは今後の課題として調べることは不可能ではないと思います。その中で、バイパスを使わない方も当然いらっしゃいますし、使う方もいらっしゃいます。その流れを規制するというのは、先ほど総務課長が言ったとおり非常に難しい中で、梅園地区から現在来る一般的な道路といたしましては、県道越生長沢線がございますので、その流れを、それが飯能寄居線にぶつかっておりますので、その流れをとなりますと、当然北に向かう方は寄居、小川方面へ行きますし、南に向かう方は町内のほうに向かって、バイパスを使う方はバイパス、春日橋を渡るという形になっておりますので、その動線は、今の時点ではこうすればいいというのはちょっとお答え、考えかねるのですけれども、車の流れがどうなっているというのは、簡単に言いますと交通量調査をするということですので、では来年やりますというお話はちょっと、お金も大分かかることですので、お約束できないですけれども、車の流れがおおむねどこをどう行っているのか調べるとっかかりをつけるということは決して不可能ではないと思います。ですから、その話になりますと、ちょっと短期間で結論出せる話ではないかと思いますので、その辺のところはご承知おきを願いたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) 今の件におきましては、交通量と、車が通る中で、子供たちが通るところで狭い状況からそういうことの思いが出るわけでございますので、長い時間におきまして交通量の調査ということもこれから考えていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  それで、1番目のことはこれで終わりにいたしまして、2番目の越辺川の水質についての再質問をさせていただきます。1番目の水質はよくなっているかということにおいて、現状的に汚染が進んでいないということですけれども、その中で検査の結果の公表ということにおいては、ちょっとご返答いただいておりませんので、どういう形の公表なり、一般の住民に伝えることを思っているのかお聞きします。



○議長(長島祥二郎君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) これまでは、もう議員さんご存じのとおり、A類に越辺川指定されておりますので、それの水質を毎年毎年、越生は越生町で調べている状況で、公表ということをちょっと頭に置いていなく、政策的にも、公表をするということよりも、では水をきれいにするにはどうしたらいいだろうということを政策的に考えていたものですから、もし広報等で公表したほうがよいということであれば、その辺のところは広報の関係のほうに話をして、年に1度の水質がどうなっているとか程度は報告できればと思っております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) 今のお答えのとおりだと思いますけれども、私もこういう議員になる前に、昔川が汚かったのが最近きれいになったなとかという思いがあるわけですけれども、こういう状況において、こういうことを町でやっているということを一般の人は知らないと思いますので、私も2年ほど前からの広報を見たときに、そういうことが一つもうたわれていないというか、載っていませんでしたので、1年に1度ぐらい、川の水がきれいになっているということにおいて、こういう中でいろんな調査結果において問題ないのだということを一般の皆さんに伝えることは大事だと思いますので、ぜひともよろしくお願いいたします。

  次に、2番目の問題ですけれども、2番目のことにおきましては、1番目と同じ、水がきれいであるということを問題にする中で、上下水道の普及とか、そういうことを、今答弁の中で、それなりの促進をしていることをお聞きしましたので、さらにその促進において努力していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  今の続きのところで、全員協議会のことで、協議会の中で合併浄化槽の促進ということとは別で、今度は町がそういうことの事業を行いたいということを、この間の全員協議会でございましたけれども、そのことはぜひ今までとは別な意味で進めていただいて、少しでも町の水がきれいになるように努力していただくようにお願いいたします。

  次に、3番目の再生プランの計画でございますけれども、25年度に選定するための説明会があって、要望の取りまとめをしているということでございますけれども、今中央橋まで、ここで終わるわけですけれども、その続きにおいてぜひとも黒岩の高橋ぐらいまでは、越生の駅をおりた中で、上野からずっと梅園に向かう中でそういう部分ができればと思いますので、ぜひとも黒岩の高橋まで、そういう中で考えていただくようにお願いしたいと思います。

  また、梅園の方面におきましては、やっぱり越生町は越辺川、自然の源流がありますので、どんどん、どんどんそういう形で整備されるということも残念なことでございますので、何とか越生町の高橋ぐらいまでそういうことを考えていただきたいと思うのですが、いかがでございますか。



○議長(長島祥二郎君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 先ほど、現在行っている水辺再生プランから、25年度は県と町が一体となった川のまるごと再生プロジェクトというものが実施されるということで、町としてもぜひ手を挙げたいと考えております。その中で、実はことしやりたいというところの、各課にこういう事業があるけれどもという中で、産業観光課のほうから、梅林の周辺の越辺川もぜひ検討していただきたいというお話も聞いております。また、議員さんがおっしゃった場所のお話もございます。そういう中で、町としてどこが一番優先的にお願いしたらいいのか。それはちょっとこの後の、議会終わった後の会議を開きまして、町としての方針を決めようと思っております。それに基づいての県のほうに要望しようと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) ありがとうございました。越生町の水質のことにおきましては、先ほどからきれいになっているということでございますけれども、周りの中でいろんな自然がどんどん変わっていく中で、越生町は越辺川の源流にある町でございますので、今後とも十分水等がきれいに整備されますように町当局としてしっかりとお願い申し上げます。

  次に、3番目の文化財指定状況について再質問させていただきます。先ほど答弁をいただきました中で、結論的には町指定の方策をとらないような答えでございますけれども、私がいろいろこのことが気になって皆さんに聞いたときに、越生町の昭和24年7月27日の読売新聞の埼玉版に載っている記事によると、万葉集「引かばぬるぬる」の歌は大亀池のジュンサイとわかる。記事では飯能町代議士、細田栄蔵氏によって突きとめられたとあります。また、文化7年、1824年の「武蔵名所考」にも越生が記載されていることから見ても、別な方策を考える、違った方策を考えるという意味がわかりませんけれども、こういう歴史的なものの中で、県ではなしに町で考えることですので、その指定はぜひすべきだと思いますが、いかがですか。よろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 浅野議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  先ほども町でと。町でやる指定しか方法はないという中から、また町でやるにしても、指定すること、そのことがかなり影響を及ぼすことが大きいというような認識もあり、別の方策でというお話をさせていただいたところでございます。

  まず、繰り返しになってしまいますけれども、エリアの特定をしなければならないといったようなところが大きな問題であろうかというふうに考えております。それと、そういったことの指定をすることになりますと、それに基づきましてさまざまな規制要件等が出てまいるということも一つあろうかと考えております。

  お話しいただきました記事について、またそのことについて発表された方について存じ上げなくて大変恐縮でございますけれども、さまざまこの万葉の歌碑等についても広く同じような取り扱いというか、考え方をしているところがあるようでございます。ご存じのこととも思いますけれども、越生町のほかにも坂戸市大家、日高市大谷沢、ふじみ野市大井も候補地に挙げられておるというふうに聞いております。ただし、先ほどもジュンサイのお話もございましたとおり、まさしく大谷ヶ原のいわいづらというようなことのいわいづらに関しましては、ジュンサイ、「引かばぬるぬる」という語感に合うのは、かつて大亀沼に自生したジュンサイであろうというふうに推測もするものでございます。

  このような中で、いかにしてそこのところのエリアを確定していくかというようなところになりますと、また繰り返しになりますけれども、非常に指定することによっての影響があるということを考えて、ほかの方法でさまざま外部にPRしていきたいといったようなことを考えておるわけでございます。名勝地、観光資源として売り出すためには、ある種お墨つき、肩書きが有効な手段であるということは明らかであろうと考えます。昨年度行われました国の登録名勝地の候補地の状況調査の際にも大谷ヶ原の情報を提供させていただき、PRに努めているような状況もございます。

  一応そのようなところで、今後についてもさまざまな方面でのPRということも検討しつつ考えてまいりたいと思いますので、ご理解をいただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 浅野訓正君。



◆6番(浅野訓正君) 私が申し上げたいのは、越生町も時代とともに産業とかいろんなことが失われる部分がありますけれども、歴史と観光ということをメーンとして今の町長においても考えていく中で、我々はいろんな知識は足りませんけれども、当然こういうものが文化財の視点の中にあるものという認識を持っているわけでございますので、いろんな制約とか違った方策の中であるのであれば、ぜひとも大谷の大谷ヶ原ということもいろんな意味において宣伝というか、活動の拠点にしていただければと思います。

  ひとつ、終わりになりますけれども、文学散歩といたしまして、歌碑巡りの越生町でもハイキングということがございますので、歌碑巡りハイキングとして越生駅から山吹橋、また春日神社、大谷ヶ原、津久根、五大尊、図書館前ということで、こういうことも新たな文学散歩としてハイキング巡りができればという思いがありますので、文学の専門な皆さんにおきましては、いろんな中で、越生町が少しでも観光と文化の発展の中で、よそのまちから越生町に来ていただくことを十分祈念いたしまして質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで浅野訓正君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 木 村 好 美 君



○議長(長島祥二郎君) 8番、木村好美君。

          〔8番 木村好美君登壇〕



◆8番(木村好美君) それでは、通告に従いまして一般質問させていただきます。議長のお許しをいただきましたので、録音させていただきます。

  質問件名1、梅園コミュニティ館について。オープンしてから今までの間の利用状況は。また、利用者の声を聞いているのか。聞いているのなら、どのような形で聞いており、どんな声があるのか。また、聞いていないならば、それはなぜか。詳しく今の状況を。

  さらに、プールで水中の昆虫を飼っているのか。前回この場で私が言ったように、親は夏場に子供たちに水遊びをさせていただきたいというようなお話も出ています。前回この場で言っております。本当に町民の声を無視して昆虫を飼うのか。調理室の利用状況もあわせて説明をお願いいたします。

  質問件名2、教育について。何度も何度も同じことで私は質問しておりますが、その都度納得のいかない答弁をいただいております。3月にも同じことを言っている中で、少しでも理解していただけているものだろうかという期待を込めて、通告時間を十分減らして50分で申告しておりますので、納得させる答弁をお願いいたします。

  2学期制の検証(学力向上委員会等で話し合う)と答弁したり、しないと言ってみたり、無責任きわまりない。検証をしないということは、不安に思っている保護者の声を全面的に無視することであり、許されるべきではない。アンケート結果を踏まえ、しっかりと問題点、課題点を考え、保護者に説明し、理解を得るのは当然のこととは思うが、教育委員会の見解は。

  越生中学校の47.8%の保護者が少なくとも3学期制がよいと言っている。これをどう説明するのか、再度聞く。

  教育委員の選任は町長であり、当然責任はあるはず。町民の声を無視する教育委員会の今やっていることは、町長の「開かれた行政」とはかけ離れており、あり得ない。教育行政は町行政と違うからこれでよいと思うのか、それとも、声を聞きしっかりと検証すべきと思うのか、町長の見解も聞く。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 奥泉生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの質問件名1の梅園コミュニティ館についてお答えいたします。

  まず、おごせ昆虫と自然の館の状況でございますが、プレオープンからの累計来場者は1,300人を超える数となりました。正式オープン後の4、5月の2カ月間では約500人で、開館日数が20日間ですので、1日当たり平均約25人の来場者数でございます。

  貸し出しをしております部屋の利用に関しましては、4月中に多目的室を2時間ずつ2回お使いいただいております。土日、祝日の利用につきましては、交流室に数種類の昆虫が折れるよう折り紙も用意してございますので、来館されたお子さんたちも興味深く立ち寄ってくれているようです。

  利用者の声を聞いているのかという件につきましては、ご意見、ご要望を記入していただける用紙を受付と交流室のテーブルの2カ所に用意しております。土日、祝日の昆虫館に関する反響につきましては、その日ごとの入場者数を含め、埼玉昆虫談話会の当番の方々がノートに日誌を記録していただいておりまして、来館された農家の方から梅や野菜の害虫対策に関する質問に対応していただいた事例や、近所にお住まいのお子さんが展示標本に「種類もたくさんあるし、色もきれいで、すごい」と言ってくれたという記載がございました。現状に関しましては、以上でございます。

  次に、プールについてでございますが、現在昆虫談話会の方々に、小規模な生態系を観察できるようなビオトープの設置を準備していただいているところでございます。プールには水生植物と水生昆虫の生息できる環境をつくり、敷地内には昆虫が好むさまざまな花をつける植物を植栽していただけるようでございます。特に子供たちに、室内では昆虫の標本を中心に見学してもらい、施設の屋外では生きている昆虫を、人工ではありますが、水辺環境もつくった上で見てもらいたいと考えるものでございます。

  調理室の利用状況ということに関しましては、現状では調理器具の使用ができない状況ですので、施設の利用方法に調理を含む部屋の貸し出しは行っておりません。利用者の方々には、交流室に用意した電気ポットと、現在は調理室を「流し場」と呼んでおりますが、その流し場の中にある茶碗を使ってお茶を召し上がっていただくことは可能であり、利用後はその茶碗を洗っておいていただくために、流しの水道は使用できる状況となっております。

  おごせ昆虫と自然の館を核とする梅園コミュニティ館につきましては、今後埼玉昆虫談話会のメンバーの方々にご尽力をいただきながら、越生町全体の生態系をエコミュージアム的に見立て、その拠点として位置づけられるように、充実した内容を用意し、ますます、老若男女を問わず、親しまれる施設となるよう努力してまいりたいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 安田学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 木村好美議員さんの質問件名2の教育についてお答え申し上げます。

  アンケートの結果におけるご指摘の問題点及び課題につきましては、ご理解を得られるよう、「学校だより」等により、2学期制の利点をPRするとともに、できるだけ保護者の意見に対応できるような学校運営を行っていただいていると考えております。教育委員会としては、具体的な対応につきましては各学校の主体性を尊重すべきものと考えておりますので、各学校が実情に合わせて実施していくものと考えております。

  アンケートに寄せられた多くの意見に関しましては、賛成、反対のどちらの意見も真摯に受けとめ、充実した学校生活が送れることを第一に考え、取り組んでほしいと考えております。

  2学期制の利点については、短縮授業日を減らしたり、長期休業日が学期の途中に入ることで、サマースクールやウインタースクール、また補充授業等を実施したりして長期休業中も児童生徒との関係を維持できる点からも、生徒指導に効果を見ることができます。さらに、授業時数も約40時間ふやすことができました。その結果、児童生徒の放課後の活動時間が確保できたり、学校行事を充実させることができたり、6時間授業による学習負担が軽減できたり、冬期における下校時の安全が確保されたりなど、多くの効果がありますが、アンケートを見る限りでは、2学期制による利点のPRが不足したこともあり、必ずしもご理解のいただけない意見があったものと考えております。

  教育委員会の対応について無責任であるというご指摘でありますが、どのような授業を組むとか、どのような指導をするとか、どのような授業日数により、どのような時間割を組むとか決める権限は学校長にあり、教育委員会が指示をすることはできません。したがって、学校が2学期制でやりたいということであれば、所沢市の例によってもご理解いただけるものと思いますが、学校長の権限が優先するわけでございます。

  越生町では学校管理規則において2学期制でも3学期制でも学校が選択できるようになっており、教育委員会は学校の申請によって承認を与えている関係であることをご理解いただきたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) それでは、再質問させていただきます。

  まず、梅園保育園跡地の昆虫館の問題です。今のご説明ですと、1,300人の来場というお話、施政方針にもあったと思うのですけれども、その中で町民の利用者はどのぐらいいたのかを教えてください。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  現状、先ほども日誌をつけていただいているというお話もさせていただきました。窓口にはプライバシーの部分もあり、お越しいただけた方に、すべての方についてご住所を書いていただけるというような状況にはなっておりません。ご希望される方が名前の記載、それとさらにご理解いただいている方が都道府県なり、越生町の方であれば越生町、記載していただいている方ももちろんございます。すべての方についての表記、記録が残っておりませんので、残っている中のリストを確認させていただければ数の集計はできますが、現在その数自体を把握しておりませんので、ご了解いただければと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 町民が親しみやすく特徴のある憩いの場としての位置づけという話だったのに、町民が利用しているかしていないかというのをとらないというのは、プライバシーとか、そういう問題なのですか。町民が使っているか、使っていないかというのを把握すべきではないかと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  実情といたしますと、明らかに利用がわかるのは、コミュニティ館の部分につきましては2回ご利用いただいた方ということにはなるわけでございます。昆虫館に来館された方のところの詳細な住所の部分についての集計ができていないというようなことでございまして、その件につきましては、数字の集計そのものを確認させていただいて可能にはなります。お時間をちょっといただいた上で集計させていただいて、ご報告させていただくことは可能ですので、ご了解いただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) ここに、答弁書には、「4月中に多目的室を2時間ずつ2回、お使いいただいております」ということは、たった2回しか使っていないのかと、逆に返すとなるのですけれども、これ5月の実績と、今言った数字の集計ですね。これはそもそも町民のためにつくった建物だったのではないのかなということをもう一度お聞きいたします。町外から来た、だから1,300人になった、ああ、栄えていて大盛況と、そういう問題なのか、地元に使ってもらうものなのか、それもあわせてお答えください。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  町民の方のみという趣旨ではないのではないかというふうに思っております。もちろん全体の数字、町民の方の数字把握しておるわけではございませんけれども、大多数は町民の方であるというふうに自分認識しております。そのような中で、町外からも広くお越しいただくということに関しましては、越生町をお知りいただく、また興味を持ってその施設を訪れていただく方も非常に貴重な方々だというふうに考えております。もちろん今後につきましても、広く町民の方々にご利用いただけるような環境づくり等してまいりたいというふうには思っておりますけれども、現状といたしましては順調な滑り出しであろうというふうに考えておるものでございます。

  以上でございます。

          〔「もっと聞いている。だから、2回しか使っていない。4月は2

            時間を2回を、5月はどうなっているのか」と呼ぶ者あり〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 申しわけございません。5月につきましては、確認をとっております。有料でのご利用はございません。有料でのお部屋の貸し出しという実態はないということでございます。そうかといって、土日、祝日の開館時にお子様たちに訪れていただいて、そこの交流室をお使いいただいているということは、先ほども申し上げましたとおりで、折り紙等も折っていただいていたりする実態がございますので、その辺もご理解いただければと存じます。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 木村議員さんのご質問にお答えいたします。

  梅園コミュニティ館についてでございますが、コミュニティ館の一部はおごせ昆虫と自然の館という形でオープンをしております。先日の日曜日にも私はちょっと伺ってまいりましたが、そこでざっと見た感じでは、越生町の方が、お名前を記入してある方では大変多うございました。しかし、県内、例えば川越市あるいは東京都内というような方のお名前もありました。多分それは3日の方だったと思うのですけれども、2日、3日ぐらいでもそれでした。それで、その方は、埼玉新聞にA4、1ページぐらいの記事が、おごせ昆虫と自然の館という記事が大きく出ました。これは県内で唯一のものであるということですので、その記事を見ましたよというのでおいでいただいたというようなお話を、そこに詰めておいでになった方から伺いました。

  それで、中の展示も見ましたら、4月のこの間のオープンのときとはまた、標本は同じようかもわからないのですが、写真や何かの展示が変わっておりまして、随時模様がえとかしていらっしゃるようで、これはリピーターも相当あるというふうに理解しております。一回行ったからいいやという施設でなく、子供さんたちが何回も訪れるでしょうし、大人の方でも好きな方は訪れる。それから、虫好きを少しでもつくりたい。これは大変教育的な効果としても非常に可能性があるというふうに思っております。それは私は虫だけに関係するのではなく、ほかの物を見る目、サイエンスの芽を育てる非常に有効な施設であるというふうに思っております。大勢の方が訪れていただきたいというふうに思っております。

  議員さんの皆様も大体プレオープンと、それから本オープンのときにおいでいただきましたが、こじんまりとしておりますが、大変いい感じの施設であるというふうに思っております。これは越生町の子供だけでなく、大人にも、そしてまたよその方にも非常にいい施設になると思いますので、これからも新しい、蛍を見るのとか、いろんな企画を考えていらっしゃいますので、可能性のあるいい施設だというふうに思っております。ぜひ木村議員さんも虚心坦懐に一度おいでいただけたらと思います。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 私は、これは町民が昆虫館を望んでできたものなのかということを一度お聞きさせて、もう一回確認させていただきます。これは、町民の皆様が昆虫館を望んでつくったものなのかということを確認させてください。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美さんの再質問にお答えさせていただきます。

  従前ご質問をいただいておったものというふうにも思っております。その際にもお答えをさせていただいておったことと思いますが、町民の方々にアンケートさせていただき、その中の内容を検討させていただき、それを実現可能かどうかという点について内部で検討させていただきながら、さまざまな面で厳しいかなというところの内容だったという中で、改めて役場の職員で組織する検討をさせていただきながら現在に至っておるというところの中では、町民の方の声を聞いていないということ、また町民の意思ではないというところではなくて、実現可能な部分でさまざますり合わせに努力をさせていただきつつ現状に至っているものであるというふうに認識しておるものでございます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) ということは、町民の意思でつくったものというふうに理解してよろしいということですね。わかりました。

  ちょっと時間がないので、とりあえず梅園保育園の跡地に関しましては、まず梅園地区も含めた越生町民がどれだけ通っているかとかというのを、まずこれ1点しっかりと把握して、それこそご近所もそうですけれども、今どういうふうな意見が出ているのか、どういう要望が出ているのかというのもしっかりとまとめて、あくまでもこれは町民が町民のためにつくったのではないみたいな感じでも今ご答弁、私はそうとってしまったのですけれども、そもそも町民が親しみやすく特徴のある憩いの場として位置づけるはずだったのですから、やはりもっともっと町民の声を聞いてもおかしくないと思います。私は、これは町民が望んでできたものではないと私は思っていますので、それに関しては私は納得いきませんけれども、とにかくこれからのあり方としては、もっともっと声を聞いてください。どういう意見が出るかをしっかりと把握してください。そのためには、町外か町内かぐらいのアンケートではないけれども、入場者数をとってもいいと思うのです。プライバシーとか住所の1番地まで言わなくたっていいのですので、その辺はしっかりと把握して、これからあれしてください。もう取り返しつかないですから。

  それで、なおかつ、プールに関しても何かそういう形になるということですので、私はそれは、もう町民が声を上げても、ゲンゴロウに町民が負けたというような認識しかなりません、正直な話。ですので、もうこれ、この建物自体私は納得していませんということを今申し上げます。

  それと同時に、今このご答弁にもありましたけれども、流し場と呼んでいますがみたいな話でしたけれども、そもそもこれ、私こんなの始まってから聞いていたのではなくて、もう始まるうんと前から聞いていたのですね。何でこういうようなとってつけたような、後から後から、後出しじゃんけんみたいなことをして、こうやって物ができてくるかというのがどうしても納得いかないのですけれども、そこの部分をお答えください。なぜこういうことを、前回も同じことを聞いているのにもかかわらず、なぜ今ごろ。今ごろというか、始まってから流し場に変えましたとか、そういうような形になるかどうか。どういうふうな感じで、そういうふうに思っていらっしゃるのか。そんなの後で事後報告しておけばいいのだよという感覚なのかどうかお聞きいたします。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村好美議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  まず、ちょっと訂正をさせていただきたいと存じます。先ほどちょっと自分、アンケートということで町民の方に伺ったというふうにお話しさせていただきましたが、アンケートではなく、町民の方々から提案を募集させていただいて、それに対応させていただいたということでございますので、訂正をさせていただきたいと存じます。

  それと、先ほどの調理室についての件につきましては、4月の広報の時点でもご紹介させていただきました内容の中に、そのような配置図で町民の方にご案内をさせていただいていたというふうに記憶しております。どちらにいたしましても、調理室につきましては平日に常駐しております職員がおりませんので、防火管理上、火の取り扱いはどうしても危険であるということの中では、ガスを利用する調理器具の使用はできないというふうに考えたものでございます。

  また、プールに関しましても、同様のことから、平日常駐している職員がいないということから、水質管理、安全管理が行き届かないという点では、夏場自由にご利用いただくという方法が選択できなかったというところでございますので、ご理解をいただきたいというふうに思います。

  それと、大変恐縮でございますが、まだ正式に開館して2カ月を少し過ぎたところでございます。さまざま今後につきましても、広く町民の方々の声に耳を傾けながら、多く、広く親しまれる施設にできるよう努力してまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願いしたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 生涯学習課長は、この梅園保育園を閉めた課長でもありますよね。当時は課長ではなかったですけれども。ということで、いろいろと開かれたそういう町政を行っているのは私は見ております。ですので、やはりそういうことも含めまして、少しの期待を込めてこの質問は終わらせていただきたいと思いますが、ただし、4月、5月で多目的室を2時間ずつ2回しか使っていない。要はほとんど使っていないような建物にしてはいけないと思うのですけれども、そこだけをお答えください。



○議長(長島祥二郎君) 生涯学習課長。

          〔生涯学習課長 奥泉隆雄君登壇〕



◎生涯学習課長(奥泉隆雄君) 木村議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  先ほど自分で、大変恐縮です。広報の記事のことをお話し申し上げましたが、広報の記事の中には調理室というふうに書いてございました。恐縮でございます。自分が見ていたものは、ちょっと例規をつくる中で平面図として取り扱われておりました図面の中に流し場というところで記載されてございましたので、広報の記載については調理室という名称になっておりますので、訂正をさせていただきたいと存じます。

  それと、交流室が2回しか利用されていないという点についてということでございますので、この件につきましては、先ほど最初のご答弁で申し上げさせていただきましたとおり、ご意見、ご要望を伺う用紙も用意してございますし、またさまざま、職員みずから状況をよく確認しつつ、町民の方々のご要望にこたえられるような、利用度が上げられるような施設にしてまいりたいと思いますので、どうぞご理解をいただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 無料化も含めて、有料になっているからかもしれません。本当に声を聞いて取り組んでいただきたいと思います。期待しています。

  そして、2の教育についてなのですけれども、きのうの新聞記事なのですが、「自治体の判断で小中一貫校」という見出しで、「地域に合わせ柔軟の運用制度創設」と、国家戦略会議で公立に小中一貫校を設立できる制度の創設など教育改革を進めるよう指示したとあります。これは、6・3制にとらわれず、地域の実情に合わせて教育システムを柔軟に組みかえられるようにするねらい、それを今夏、ことしの夏をめどに政府がまとめる日本再生戦略に盛り込むというお話です。要するに、これからの教育というのは、各自治体の判断で大きく左右されることには間違いないと思います。越生町は教育委員会、今までいろいろな、最初はひどかったですけれども、私が議員になったとき以降の教育委員会の事務局の先生方のご努力により、以前より改善された部分もありますが、今回の2学期制のアンケート結果を無視するということは、町民とか保護者を本当にばかにした態度であり、私は許すわけにはいきません。そもそも平成24年3月議会、つい最近の答弁で、今もご答弁いただきましたけれども、アンケートの賛成、反対、どちらの意見も真摯に受けとめ、充実した学校生活が送れることを第一に取り組んでほしいと伝えているとかありますね。今もそういうご答弁いただきました。この言葉を言うのであれば、この議場には教育委員会ではなく、各学校長が座るべきではないのでしょうか。ちょっとお答えください。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) ただいまの木村議員さんの再質問についてお答えします。

  この場に学校長が答弁したほうがよろしいのではないかというようなご意見ですけれども、議会の運営上考えますと不可能ですので、かわりまして教育委員会の私どもが答弁する次第でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 例えば、文教常任委員会なんかでは、保育園は保育園の園長が出てくる。なのに、何で学校は学校長、そういう方が出てこれないのか、それをお聞きいたします。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。

  保育園の園長が出ていらっしゃるというお話ですけれども、保育園につきましては越生町の職員ということで出ているものと理解できます。学校長につきましては、県職員ということで、そういった意味でもこの場には出られないというふうに解釈して、我々のほうで答弁させていただいております。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 私は、何度も言いますけれども、例えばどのように真摯に、賛否あったこの意見を受けとめたのかと聞いているのです。もう前回からです。それを、学校長が出てこれないから教育委員会がと言うのだったら、教育委員会責任あるのではないですか。ちゃんと説明してください。前回私が、きちっと説明してくださいと通告をしています。その際に、アンケート調査結果をもとに県と話し合いはしておりますが、具体的な内容に関しましては量があるので申し上げられないと言っているのですね、そもそも。そういうことも含めて、どこまでがどこだというその境目がないわけですよね。私たち聞くところがないわけですよ。ということは、教育委員会の責任なのではないですか。それを、今もそうですけれども、今のご答弁もそうですけれども、学校の管理規則で、すべて学校の責任。都合が悪くなると、「学校長」が、「学校長に伝えます」、これっておかしくないですか。そもそも学校の責任と、そういうふうに丸投げするというその組織が教育委員会なのでしょうか、お答えください。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) それでは、ただいまの木村議員の質問についてお答えしたいと思います。

  まず、学校管理規則、それから地教行法に基づいて我々教育委員会は仕事をしている状況であります。丸投げというふうにおっしゃいましたけれども、今回の件につきましても、小中学校の校長会がもとに教育委員会とともにアンケートをとりまして、その結果は各学校が実態に即した形になっております。当然、木村議員さんがご指摘されました47.8%という数字がございますね。これについては、越生中学校ではそういう課題で持っているというふうに言っているわけです。ある学校では、確かに2学期制がよいという評価をしている部分もあります。そういったものを包括して、校長会初め、3月の議会の答弁でもありましたけれども、学力向上推進委員会等でその検証を行い、2学期に向けて4月からスタートしたというわけです。

  したがいまして、今私が言えるのは、そういった組織的にとらえて、この2学期制に向けて評価をしてやっているというふうに考えております。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 今のご答弁だと、学力向上委員会で検証を行いと言っていますよね。前回のときは、今成績がいいから、それが検証結果だと言いましたよね。これ、もう時間がないのであれなのですけれども、そもそも検証委員会と銘打って、これ何をやっている活動なのですか。はっきり言って、内輪だけで決めているのではなくて、内輪だけで話し合っているとか、そういう何か、あれもこれもしっちゃかめっちゃかになっていますけれども、その場その場の何か、前回の答弁とまた話は違うではないですか、これ。要は、2学期制も含めた検証をしているのか、していないのかと前回も聞いているのです。それに対してきちんと一つ一つ答えてくれないからこんな山積みになってしまうわけで、一つ一つ納得させてください。

  例えば、23年9月は、例えば夏休み前に通知表にかわるものを出すことになっておりますというふうにご答弁いただいているのです。それをどういうふうに周知してわかってもらっているのですか、保護者にと9月の段階で言っているのです。それを、PRが不足したこともあり、必ずしもご理解いただけない意見があったものと考えておりますと、こういう答弁にならないように、こういう指摘しているではないですか、最初から。どうしてこういうことがうまくかみ合わないのですか。最初から言っていますよ、私。もう始まる前から言っています。5年前からずっと言っています。それなのに、こういうPRが不足したという言葉自体が聞きたくないから、気をつけてくださいと何度も忠告しているわけではないですか。それなのにもかかわらず、何でこういう答弁しかいただけないのかとまた納得いかないのですね。これはもうずっと永遠にやりますから。

  その中で、とにかく今この町には、やはりこういう町だからこそコミュニティースクールが必要だと思います。地域の人たちとしっかりとスクラム組んで、有識者の方はいっぱいいると思います。そのコミュニティースクールも含めて、立ち上げる気持ちはないのかどうか。それとも、また内々の中で、こういう何だかわけのわからないような、こっちでこう言ってみては、こう言ってというふうな、こんなどんどん、どんどん山積みになっていくと思いますけれども、こういうような形になっていくのかどうか。少しでも改善する気があるのかどうかお聞かせください。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの再質問についてお答えします。

  まず、コミュニティースクールにつきましては、今のところ考えておりません。そういったことは、話の中にも現在のところ上がっておりません。

  それから、ちょっと誤解があったかと思いますので、この場で改めてご理解いただきたいと思うのですが、学力向上推進委員会で検証したというふうに申し上げましたけれども、2月の中では協議会の中に入っておりまして、こういうことがあったね、こういったところも各校で話が出てきた。そういった資料に基づいて話し合いをした。そういった話し合いをもとに、この2学期制が今年度から始まったわけです。

  木村議員さんが危惧されているとおり、確かに保護者の中には、3学期制の中で過ごしてきたので、この2学期制のことが十分理解できない。それから、保護者が抱く不安とか戸惑いとか、そういった誤解を払拭し切れなかった。そういった部分については、さきの答弁でもずっと言っているとおり、課題として残っております。そこで、我々は各PTAの総会とか、それからPTAが集まる場所でそういった点についてお話をさせていただいています。そういった中で一つ一つ理解をしていただいて、この2学期制が各学校の先生方も一生懸命取り組んでおります。その実現に向けてひとつやっているということをご理解していただきたいというふうに思っております。よろしくお願いします。



○議長(長島祥二郎君) 木村好美君。



◆8番(木村好美君) 学校の先生は十分しっかりと一生懸命やっていらっしゃるのは知っております。私はそこの学校の先生のせいにしているわけでも何でもないです。逆です。私が言いたいのは、そうやってうやむやにしている教育委員会の態度に対して指摘しているのです。例えば、前回も同じことを言いました。丸亀市ではきちっと2学期制のアンケートをとり、それに対してそのPTA、小中学校のPTA、そして幼稚園の先生や幼稚園の保護者までみんなで、出てきた2学期制の問題点等を含めて、大学の教授をコーディネーターとして呼んで、そしてそれをしっかりと検討をして、そして教育長に答申をしているという事例もあるのですよ。何で前回も同じことを言ったのに越生町はできないのか、それをお聞きします。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 議員さんがご指摘されました丸亀市、この話は丸亀市に限らず、香川県、徳島県の各地域で同様な話題で検討委員会できて、ご指摘のような対応があるというのを私も調べております。越生町としてはそこの検討委員会を挙げて検証して見直すというよりも、今2学期制を始めて5年目で、どういった状況で今保護者は考えているか、受けとめているか、それがこの前のアンケート調査で出てきたわけです。その状況を受けて、ここでまた2学期の検討委員会、そういう部分を上げましたら、いや、これはもしかしたらまた3学期に戻ってしまうのではないか、そういった不安も保護者の中にあおってしまう、そういった危惧もしているわけです。そういったことはないように、今年度この2学期制を進める中で、1年間進めていって、どういうようなまた課題が起きてくるか、問題があるか。これは各学校の学校評価とか、それから学校評議員さんもいらっしゃいます。いろんな形でご意見を聞きながら、また考えていきたいというふうに思っているところです。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 最後の質問になろうかと思いますが、木村好美君。



◆8番(木村好美君) 結局学校評議員といっても、そういう小さな場所では声を上げられないですよね、なかなか。今までそういう内容だったではないですか。今回アンケート結果、要は広くアンケートをとったらこういう結論に至ったと。それまではPRも完璧だったというような答弁ずっといただいていまして、これだけ理解していただいている、これだけ理解していただいているということをずっと私言われ続けていましたよね。そして、ふたをあけてみたら、あらら、理解されていませんでしたと。こういうような結論に至るというのは絶対にあり得ない話なのです。ですので、とりあえず、時間もないのですけれども、検証しないというような今ご答弁でしたけれども、こんな越生町だからこそ、コミュニティースクールもそう、または教育委員とかそういうのではなくて、保護者が中心となった、コーディネーターを送るのでもしても何でもいいです。香川県なり、どこでもいいです。そういうところでやっている事例を、逆にそういうところでいろんな声をもっともっと拾ってもらいたいということを要望いたします。

  それと同時に、町長は、この状況なのですが、一連全部見ていらっしゃると思いますけれども、町長はもちろんこれでいいと思っているのかというのを町長の口から聞きたいと思います。

  それと同時に、前回のときに、先ほども申し上げましたけれども、県のほうとこのアンケートをもって協議しているというお話で、たくさんあるから答えられないといったものをすべて見せていただけるのかどうか。見せていただけるとしたらば、どういう形で、どういうふうにしたら見れるのかどうか。今はもう話ができないので、どういうことが起きていたのか、県に何を相談に行ったのか、そういうことを最後お聞きいたしまして、終わりにいたしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 木村議員さんの質問にお答えいたします。

  私はこの2学期制というのは、大分検討された結果実施したものであり、その後のアンケートも、誘導尋問をするなということでございまして、本当に2学期制がいいと思うか、だめと思うかというような二者択一で、2学期制がどういうものであるかという説明はしておりません。ですから、多分感じたままを書いて、本当は何のために2学期制がなされて、今どうであるかということをご存じない保護者の方もあったのではないかというふうに思います。2学期制で、私も大学のとき前期、後期で、夏休みが終わって試験で、何もわからなくてえらい苦労した覚えがありますが、今2学期制といっても、要は小単元、中単元でいろいろやっていらっしゃるようですし、それからゆとり教育の反動で、また授業時数あるいはカリキュラムがふえました。それを消化させるためには、どうしても授業時間が多くなければ理解させることは困難です。

  私は、今までのままの3学期制ではこのカリキュラムの増大に対してとても対応できなかったと思いますので、そのために前々から手を打っておいたということは、私はよかったのではないかというふうに思います。過去の越生町の学力テストの成績は県内でも決して言えたものではない、下を向いているようなものでございました。ここのところ大変ようございます。それは、先生方の努力、あるいはいろいろな方の努力もございますが、この教育格差と言われる時代に公教育で落ちこぼれをなるべくつくらない、それはとても重要なことでございます。小学校のうちでつまずかないから、中学校に行ってもできる。それなりの教育、それがお金のある方は私立や国立に逃げるのを、ここの地では余りそういうことができませんから、公教育をよくすることが最も重要なことであるというふうに考えております。そのために授業時数をふやし、丁寧な教育をし、少人数で教育をし、それは、私はこれが成果が上がってきているというふうに思っております。

  ですから、2学期制が、過去のノスタルジーとは違いますけれども、私はこの新しい真剣な取り組みとして評価したいというふうに思っております。そして、私に発言する機会がございましたら、保護者の皆様にその取り組みについてご説明をしたいというふうに思っております。各地の首長では、学校に行って、市長講話といって授業を1こまやってくるという市長さんもおりますけれども、それは私は子供さんにもですが、保護者の方にご理解をいただきたいというふうに思います。越生町がこれだけ、今の成績になったということは過去にありませんよ、本当に。大抵皆様、ここでお育ちの方は、学校の成績、平均点というのを下を向いて聞いていたはずでございます。私は、今が大変よかったというふうに思っております。

  以上です。

          〔「検証しなくてもいいのかということなんですけど」と呼ぶ者あり〕



◎町長(田島公子君) ですから、ご説明をよくして、それからもう一回皆様のご意見を。本当に保護者の方が理解いただいていないのではないか。私は教育委員会とは別で、そういうふうに考えております。2学期制がこんなにいいのだ、授業時間をふやすためにこれだけの取り組みをしているのだと、そういうことを保護者の方に理解していただいたら、このような数値にはならなかったのではないかというふうに思っております。これは全くの誘導尋問でないために、二者択一で、何の前提条件もつけずにアンケートをとりましたので、このようになった。もっとご理解をいただくように努力するつもりでおります。

  以上をもって答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) これで木村好美君の一般質問を終わります。

          〔「あら、資料を見せてくださいと言ったんだけど、それでいいでし

            ょうか」呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 2時51分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時05分)

                                              

       ◇ 木 村 正 美 君



○議長(長島祥二郎君) 2番、木村正美君。



◆2番(木村正美君) 議長、議会報告作成のため録音することをお許しいただけますか。



○議長(長島祥二郎君) はい、許可します。



◆2番(木村正美君) ありがとうございます。

          〔2番 木村正美君登壇〕



◆2番(木村正美君) 議席番号2番、木村正美です。少しクールダウンしてやっていきたいと思います。

  本日お忙しい中お運びいただきました傍聴の皆様には、大変ありがとうございます。議会に来れば越生の未来が見える、そんな議会を目指して頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

  それでは、議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして、大きくは3つの質問をさせていただきます。

  質問件名1、命令口調で大変申しわけございません。水道料金値上げ回避にあらゆる方策を検討せよ。本年度の水道事業会計予算が、減少してきた累積赤字を再び増加させる傾向を示唆した形で予算執行が始められました。原発事故のあおりを受けて、大口需要に続いて家庭用電気料金の値上げも予定されています。ガスも2度ほど値上がりしました。この間少し下がったようですけれども。この流れの中で、水道料金までもの値上げは何としても回避しなければなりません。そこで、町の水道について質問します。

  (1)、値上げとは直接関係はありませんが、気になる点について先にお聞きします。

  ア、北海道などで中国マネーによる水源地の買い占めの実態が明らかになったりしましたが、ことしの初めだったと思いますが、1度越辺川水源地の山林所有者を税務課にお調べいただきましたが、その後も不穏な動きはないでしょうか。

  イ、16年前、ちょうど私がこの町に戻ってきた年でありましたが、越生の水はクリプトスポリジウムで大変な目に遭いました。現在の原水の状況はどうなのでしょうか。定期的な検査はされているのでしょうか。また、その結果は公表されていますか。培養での検査が難しいと聞いておりますが、検査の方法を教えてください。先ごろホルムアルデヒドが問題になりましたが、検査体制についても教えてください。

  (2)、直近の平成22年度の収益的収入及び支出の決算資料を参考にお聞きします。

  ア、水道会計の採算性の悪さに大きく影響しているのが、有収率と有効率が低いのが見てとれますが、昨年度は改善の傾向にあったのでしょうか。

  イ、有効率が79.2%という報告がなされていますが、100立米配水された水が80立米になってしまうという事実をどうとらえておられますか。

  ウ、地形とか経年劣化の問題もありましょうが、配水原価で失われた水分量を単純計算してみますと5,670万円になります。今年度予算では1,446万円ほどの欠損金が見込まれておりますが、有効率を5%上げる努力をすれば赤字は解消されます。民間企業では必死になって利益の確保に知恵を絞ります。公営企業の甘えはありませんですか。

  ここで1つ訂正で、大変申しわけございません。ただいま「今年度予算」というふうに申し上げたのですけれども、いろいろ資料をいただいておりまして、よく見ましたら、23年度、9月の議会で多分報告されるであろう予定損益計算書の金額でございました。ちなみに、24年度の貸借対照表では4,187万円の欠損金が見込まれておりました。いずれにせよ累計赤字はふえる方向ということだと思います。大変失礼をいたしました。

  エ、いずれにしましても、担当課長以下職員の方々には日々安全な水道水の安定供給のためにご努力いただいておるわけですので、水道料金値上げ回避に向けての方策と決意をお示しいただきたいと思います。

  質問件名2、町の協定締結の現況とその内容をわかりやすく示せ。町では、非常時を含め町民の生命と財産を守るため、企業や団体と数々の協定を結んでいると思います。その都度広報で知らされてはおりますが、改めてわかりやすくご説明を願います。

  (1)、現在の協定の一覧を性質別に、協定先、締結年月日、期間、締結の具体的な内容等をお示しください。

  (2)、まだ充足されていないと考えている協定先、協定内容、または今後の具体的予定はありますか。

  (3)、毛呂山町がいち早くニューサンピアと避難所契約を結んだようですが、町の対応のおくれはありませんか。

  質問件名3、観光の町越生の情報発信とPRをもっとせよ。今年度の予算傾向を見ても、少ないながら観光に力を入れていることがうかがえます。大企業や大型店舗の誘致を考えてみても、現実難しいという感はぬぐえません。自然の立地に恵まれた環境を生かした観光や文教を推進する町としての道を模索していくのが、この町のふさわしい姿であると思います。梅まつりの天候の影響もあってか、町が沈んでいるようにも思えます。そんな中にも、町民の手づくりイベントが芽を出し始めています。そこで、活気あふれる越生を目指して伺います。

  (1)、バイパスが開通して4カ月になりますが、バイパス及び旧道の交通量調査は実施されましたか。されていれば、その結果と分析内容をお知らせください。調査がまだであれば、実施をしてください。

  (2)、多分交通量の少なくなるであろう旧道を利用して新しいイベントを企画できないかとの質問を昨年の9月の初めての一般質問でさせていただきましたが、商工会等との話し合いなど具体的な進展はありましたか。

  (3)、越生まつりの交通規制時間の延長やB級グルメ選手権の会場誘致、あるいはフリーマーケットや路上ライブ、大道芸などに道路を開放した歩行者天国など、足を運んでもらえる、人を引きつける企画を編み出し、従来の観光名所と新しい目玉のコラボした、1度で2度楽しめるイベントを検討してみてはいかがでしょうか。

  (4)、そのために、新聞、テレビ、ラジオ、インターネットで情報発信をするとともに、町長が先頭を切って広告塔になり、町民の一人一人が観光大使になったつもりで活動できるようなおごせまち宣伝し隊を結成し、観光の町越生をPRするムーブメントを起こしてはみませんか。

  以上、ご答弁をよろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 大沢昌文君登壇〕



◎企画財政課長(大沢昌文君) 木村正美議員さんの質問のうち、質問件名1の(1)のア及び質問件名3の(2)につきまして、企画財政課からお答え申し上げます。

  初めに、質問件名1の(1)のア、越辺川水源地の山林所有者の動向についてお答え申し上げます。水源地域の外国資本による山林買収につきましては、国土交通省の発表資料を見ますと、北海道を中心に買収事例が見られるものの、埼玉県では確認されておりません。また、県農林部にも確認いたしましたが、県内でのこのような買収事例はないとのことでございました。

  次に、質問件名3の(2)の商工会等との話し合いの具体的進展についてお答え申し上げます。今までも商工会とは常に連絡調整を図りながら、県道沿いの商店街のあり方、空き店舗の利用方法、商店の利用を促進するための駐車場の確保、県道わきを利用したポケットパークの整備、産業祭の実施方法など、さまざまなことについて検討を進めてまいりました。平成21年度から平成23年度までの3年間は、商店の支援事業といたしまして、商工会に30万円の補助金を出しました。商工会では平成21年度に一店逸品運動のパンフレットの発行、平成22年度におみやげ商品カタログの作成、平成23年度にはお店のイメージアップ大作戦として店舗診断を行い、それに基づいて14のお店が新しい商品を開発したり、お店を改装したりいたしました。本年度におきましても、商工会が中心となって、町再生事業として新たな取り組みを行うことになっております。これらの事業の推進により、少しずつではありますが、商店の活性化が図られているものと考えております。

  また、スタンプ会や、やるっ気クラブの組織力を生かした活動を初め、商工会駐車場を利用したイベントの開催や、パンフレットやカタログに掲載した商品、料理等をPRしていく方策などについて、現在商工会と模索しているところでございます。今後も商工会と連携を図りながら、商業の発展に努めてまいります。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 鈴木水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 質問件名1の(1)のイについてお答え申し上げます。

  越生町において16年前に発生したクリプトスポリジウムの件に関しまして、町民の皆様に大変なご迷惑並びにご負担をおかけしましたことは、決して忘れてはならないと思っております。そのために、全国に先駆け、現在の膜ろ過施設を導入したものでございます。この膜ろ過施設によりクリプトスポリジウム等は防ぐことができます。

  また、検査に関しましては、国の基準に従い、実施しております。クリプトスポリジウムに関しては国の検査項目にございませんが、念のため越辺川の伏流水を年3回、黒山湧水を年1回検査を実施しており、平成8年度以降、異常はございません。また、ホルムアルデヒドについては、坂戸・鶴ヶ島水道企業団に委託し、以前から3カ月に1回検査を実施しておりますが、検出されておりません。このたびの件では、5月18日から5月31日まで毎日検査を実施いたしました。

  次に、(2)のア、イ、ウ、エについてお答え申し上げます。最初に、有収率と有効率の算出方法についてご説明申し上げます。有収率は年間総配水量に対し水道料金を徴収した水道使用割合で、有効率は年間総配水量のうち有収水量に消火栓の使用や工事による濁り水の排水量などを加えたものの割合でございます。

  有収率と有効率に関しましては、大変遺憾なことながら、平成23年度におきましても下がってしまいました。大きな要因としては、鹿下地内の漏水で、川沿いの75ミリ管からの大量な漏水があり、擁壁の排水管から出ていたことから発見がおくれ、有収率は71.9%という状況でございます。このため、町内を3ブロックに分け、漏水調査を3年間で実施していたものを、今年度は1年間ですべてを実施したいと考えております。

  有収率及び有効率が低いという事実に関しましては、先ほど申し上げました鹿下地内で昭和48年度に埋設した口径75ミリVP管の亀裂による漏水で、間知ブロックの水抜きパイプ4本からかなりの水道水が半年間出ていた実例があります。これを水中ポンプの能力等で計算いたしますと、約5万3,000立方が漏水水量になります。また、山間部など山の中を当初から水道管が埋設されており、仮に漏水しても地下に水道水が流れてしまい、現場を見ただけではわからない場所もございます。さらに、当初水道管を埋設したときは、掘削した土で水道管埋設後埋め戻すという工事がほとんどでありました。費用面と赤痢発生による緊急性から、その当時はやむを得ないことでありました。以上、要因としていろいろございますが、引き続き改善に努めてまいりたいと考えております。

  最後に、料金体系については、政策会議や水道審議会等を通じ、さまざまな方策について検討をさせていただきたいと考えております。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 岩?総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、木村正美議員さんの質問件名2の(1)についてお答えいたします。

  町では、地域防災計画等に基づき、災害時における情報提供やライフライン等の優先供給などを目的とした防災協定を現在14の民間企業や団体と締結させていただいております。そのうち主な内容では、災害時のライフラインを優先的に確保するため東京電力株式会社川越支社と、またLPガスを優先的に供給できるよう社団法人埼玉県LPガス協会坂戸支部と、さらに食料品の優先供給として株式会社ヤオコーと、生活物資の供給協力として株式会社カインズなどと防災協定を締結しております。

  協定の内容のうち、東京電力株式会社川越支店とは平成22年12月1日に防災協定を締結し、電力復旧優先施設の設置を、社団法人埼玉県LPガス協会坂戸支部とは平成17年11月11日に締結し、避難所等へのLPガスの優先供給を、株式会社ヤオコーとは平成18年1月10日に締結し、保有する食料品の優先供給を、株式会社カインズとは平成24年2月13日に締結し、日用品や生活必需品のほか、災害時の応急対策に必要な物資の供給等についてご協力をいただけることになっております。

  そのほか、全国梅サミット協議会加盟12市町や、川越都市圏まちづくり協議会7市町と災害時の相互応援に関する協定を、JAいるま野、三国コカコーラボトリング株式会社、越生郵便局等とも防災協定を締結させていただいております。また、防災協定の期間については、通常は申し出がない限り1年間の自動更新という内容でございます。

  次に、質問要旨(2)についてお答えいたします。今後の民間企業等との防災協定の締結については、現在地域防災計画の被害想定の見直しを行っているところであり、特にその中で福祉避難所の設置や燃料の確保、帰宅困難者の対策を含めた一時避難所の設置などに当たっては、被害想定の見直しの結果をもとに、真に必要とするものであるか否かを十分見きわめ、必要であれば充足した防災協定を締結させていただきたいと考えております。

  なお、平成21年1月26日に、越生郵便局や社団法人埼玉県LPガス協会坂戸支部等と、郵便配達やLPガスの交換の際、主に高齢者宅の見守りについて越生町要援護者見守り支援事業に関する協定を締結させていただいておるところでございます。

  次に、質問要旨(3)についてお答えいたします。毛呂山町では、災害時における避難所としての使用に関する協定をニューサンピア埼玉おごせと平成24年2月29日に締結したようでございます。このことについては、前述いたしましたとおり、今年度の被害想定の見直し結果をもとに、防災協定が必要であれば、双方協議の上、締結させていただきたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 間々田まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 間々田正夫君登壇〕



◎まちづくり整備課長(間々田正夫君) 質問件名3、質問の要旨(1)についてお答え申し上げます。

  新飯能寄居線バイパスの毛呂山町分につきましては、平成24年2月18日に開通式が行われ、これまで埼玉医大前での慢性的な渋滞が解消されると期待していたところでございます。越生町におきましても開通当初は県道飯能寄居線を通過する大型車両の数が目に見えて減少し、バイパスの効果を実感したところでございますが、時間の経過とともに大型車両の通過がふえてきたように感じておりました。

  その主な理由でございますが、毛呂山町分での信号機がバイパス優先となっていないことにより、朝夕は渋滞を起こす状態となり、バイパスを利用した方が県道飯能寄居線を利用すると短時間で毛呂山町を通過できることから、もとに戻ってしまったようでございます。このため、埼玉県飯能県土整備事務所では、西入間警察署と既設信号機の調整について協議を進めているとのことでございます。

  ご質問の交通量調査でございますが、信号機の調整が完了した後に実施したいと伺っております。具体的な時期といたしましては、9月ごろを予定しているとのことでございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 三浦産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) 産業観光課から質問件名3、質問の要旨(3)及び(4)についてお答えを申し上げます。

  越生まつりは、ご存じのとおり本町の最大イベントであり、越生町をPRする絶好の機会でもあります。また、2日目の日中イベントにつきましては、出演者等の門戸を広げ、参画イベントを広く募集し、いろいろ楽しめる祭りとして実施しております。しかしながら、越生まつりは真夏であり、季節柄出演者も自重している状況でもあります。また、B級グルメなど食をテーマにしたイベントには大変魅力を感じますが、準備及び設営には多額の経費がかかるようで、現状での実施は困難と考えます。

  しかしながら、ご提案のとおり、新たなるイベントや観光資源を発掘する必要性はあり、歩行者天国など道路を使用する企画については交通規制の方法など西入間警察署の指導を仰ぐとともに調査研究を行い、実現可能な方法を考えてまいりたいと存じます。

  次に、(4)についてお答え申し上げます。昨年12月に観光協会でおごせ観光大使うめ娘を一般公募し、現在7名の方々が梅まつり期間中や各種観光キャンペーン等に参加し、PR事業に花を添えていただいております。新聞、テレビなどメディアに対しましては、事業があるごとに情報の発信をしておりますが、すべてが取り上げていただけるものでもなく、登場機会が少ないのが現状でございます。今後、「隗より始めよ」のことわざどおり、まず職員が町の広告塔となって、さまざまな場所で町のPRができるようにするとともに、さらに一層、ホームページを初めマスコミにも情報提供をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ありがとうございます。

  それでは、水道のほうから再質問のほうをさせていただきたいと思いますけれども、最初に、水澤議員さんのほうで財務的なことは先ほど聞いていたようなので、私のほうは技術的なところでちょっとお話をいろいろお伺いしたいと思います。

  私の質問の中にも有効率ですか、それが昨年度ですか、さらに大きな漏水が発覚して下がったということですけれども、これについては漏水調査を3年計画を一気にことし3カ所をやるということで、対応されると思うのですけれども、その漏水調査の方法というのはどんなふうな。私、昔は音聴棒というのですか、経験のある人が耳に棒を当てて、その音を聞き分けて探すことができたということを聞いたことがあるのですけれども、そういう時代ではない、もう科学が進歩した時代でございますので、どんな方法で今回調査を依頼する考えなのか、とりあえずお聞きします。



○議長(長島祥二郎君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 木村議員さんの質問にお答えします。

  漏水調査なのですけれども、平成22年度につきましては古池、黒岩、越生、津久根、上野1区、1、2の全域、鹿下、成瀬の一部ということで、各家庭のメーター器までの漏水、メーター器の確認までの漏水を2,239戸、配水管の延長につきましては32.5キロ実施しました。その結果、漏水箇所の発見につきましては11カ所。続いて、23年ですけれども、C地区ということで唐沢、越生東、如意全域、大谷、西和田、鹿下の一部を行いまして、各家庭で1,520件を対象。そのほかに、配水管、給水管29.4キロの調査を依頼してございます。また、今年度につきましては、6月中に発注予定でございます。対象件数4,618件、距離にしまして82.6キロという計画で今年度は行う予定でございます。調査方法といたしましては、従来から検査しております聴音棒も使います。そのほかにデジタル漏水調査器、各、また昼間の調査及び夜の配水管、バルブ等の確認、そういうようなものを全体含めましてデジタル化調査器、または危ないというところにつきましてはアスファルトにドリルを使ってもんで、管までの音の聞き取り調査等を十分行う予定でございます。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 東京都の水道局が昔はかなり漏水率が高かったらしいのですけれども、いろいろ技術開発をして、漏水調査をしっかり一般企業と共同開発して、これは副知事の猪瀬さんのブログにあったのですけれども、こういう要するに音聴棒をアンプで増幅して聞くような機械だと思うのですけれども、こういうものを使って漏水調査をして、今漏水率が3.1%まで下がったと。東京都はこれを水道ビジネスとして世界的に展開していきたいのだというようなことを、ちょっと調べてみましたら、書いてございました。

  今有効率が70まで下がってしまったということなのですけれども、世の中的にはどんどん、その有効率をいかに上げていくかということを一生懸命やっている。結局漏水した分ということは、お金を捨ててしまっていると同じわけですね。ですから、その漏水調査を今年度するということなので、その結果を待たなくてはならないのですけれども、どこら辺まで。越生町の実情というのは当然あると思います。都の水道は比較的平らなところをやるので、いろんな点であれだと思うのですけれども、越生町の問題点、何が一番問題なのか。幾ら努力しても、どこまでしか上げられないという、100%ということはあり得ないと思うのですけれども、どこまで努力できるのかという、そういう目標とかというものは全然ないものなのでしょうか。80は仕方がない。20はしようがない。20%はしようがないというふうに理解されての仕事なのでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 漏水率でございますけれども、越生町の場合、一番有収率がよかったときでございますけれども、平成12年、86.6ということでございました。それを目標に私たち水道課職員、夜業者に頼む以上、のほかにも夜間、漏水の調査ということで、疑われる場合の地域、例えば黒山さんだとか、そういうものがありましたら夜間調査についても行い、できる限り80%以上に持っていきたいというようなことで一生懸命努力しているのが現状でございます。ご理解のほうよろしくお願いしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 大規模な漏水調査をするということなので、その漏水状況が把握できて有効率が上がるように、それを期待とりあえずしたいと思います。

  あと、先ほどの話に出てきました。16年前の、その名前自体が町にとっては忌まわしいような名前かと思いますけれども、クリプトスポリジウムですか、それの汚染があったということで、膜ろ過の修理をして、大変今安全な、要するにそういったものが入っていない水を供給していただいていると。安全をお金で買っているというふうにも言いかえることができるのかなというふうに思うわけですけれども、ただ大変コスト的に膜ろ過の費用がかかっていると。県水が何か61円ぐらいで多分入っていると思うのですけれども、実際にそれが給水の単価にすると立米当たり185円ぐらいになってしまうということでございます。越辺川から取水したり、それから鉱山のコンベヤーの通っているトンネルのわき水も一部入っているらしいのですけれども、それらは多分原価的には、水の原価としては多分ただだと思うのですけれども、その辺で膜ろ過の費用というのはどのくらい負担になっているのかということをちょっと教えていただきたいと思うのですけれども。



○議長(長島祥二郎君) 膜ろ過の何、質問内容。



◆2番(木村正美君) 膜ろ過の経費というか、費用がどのくらい……



○議長(長島祥二郎君) 建設費用、当時の。



◆2番(木村正美君) そうですね。建設費用は償却で落としていくというものなので、ランニングコストというか、膜を交換したりとかというのはどのくらいの頻度でやっていらっしゃるのかわからないですけれども、例えば3年に1回交換するのであれば、3,000万かかるのなら1年当たり1,000万ということですよね。そういう形でいいかと思うのですけれども、費用が……



○議長(長島祥二郎君) 減価償却ではないのだな。



◆2番(木村正美君) 費用がどのくらいかかっているのかという。



○議長(長島祥二郎君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 再度木村議員さんの質問にお答えします。

  膜ろ過の費用ということでございますけれども、膜ろ過の交換につきましては20年度、21年度ということで、全体のA系列から、ABCD系列ということでございます。1本当たり100万ぐらいの交換を要します。これに対しましては、平成20、21年で行っておりますので、保証期間は膜が工場を出たということで、管に入っているままの場合については有効5年ということでございます。しかし、越生町におきましては、急速ろ過を通した後、膜を通しているということで、ダブル殺菌というようなことでございますので、約10年近くもったのが現状でございます。

  以上でございます。

          〔「1本ずつなんでしょう」と呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 1本です。

          〔「1本ですか。これ何本あるか今のだとわかんないんじゃないの」

           「Aから系って今おっしゃいましたけど」「1本につき」「A経路

            で何本と呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 済みません。1経路25本系列で4系列。先ほど言いましたABCDということで、4系列ございます。100本あります。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 10年で1億円とすると、単純に考えると1年で1,000万。1年ならば、それを割ればということで理解してよろしいですか。

  膜ろ過は非常に性能がよくて、値段が高い分、安心をそれだけ享受、受けているわけですけれども、700立米ぐらいですか、1日。先ほどちょっと申し上げたわき水が出ているらしいのですけれども、膜ろ過はそれをする必要があるのかどうかということで、井戸水について、越生がそのクリプトスポリジウムで問題になった後は、その時点ではまだそういう技術というか、それはなかったようなのですけれども、紫外線を利用した、不活性化させる、クリプトスポリジウムですか、耐塩素性の原生物を不活性化させる装置が公に認められていまして、井戸水については補助金も出て、かなりいろんなところで導入実績がある。この近在の市町村でも一部利用されているところがあるようにも聞いているのですけれども、越辺川の水についてはまだ上流にいろいろあるので、すぐそれにできるかどうかわからないのですけれども、1日700立米の取水をしているとお聞きしているわき水ですね、それについて、そういった少し簡便な、クリプトスポリジウムが検出されるような水だとちょっと問題ですけれども、多分わき水ということで井戸水だと思うので、特にそこにそういったものが、し尿が流れ込むとかという場所では多分ないと思いますので、そういったものだけでも、設備をしてしまったものについてはもう費用がかかっていくので、すぐには効果はあらわれないと思うのですけれども、そういった最新、先端の技術も取り入れていこう、研究していこうというようなお考えはございましょうか。



○議長(長島祥二郎君) 水道課長。

          〔水道課長 鈴木幹男君登壇〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 木村議員さんの質問につきましては、紫外線滅菌だと思います。この近くだと毛呂山さんが去年導入してございます。毛呂山さんにつきましては、1日7,500トンということで能力、2台が納入されております。越生町におきましては、既に膜を20、21で交換して、今クリプト対策やそういうものの殺菌効果に努めておりますので、特に紫外線に切りかえるということにつきましては、また何年か先、たってからの改良等、これからの問題だと思います。既にクリプトということで、処理につきましては膜という施設が完了しておりますので、そちらのほうで対応していくという考え方でいきたいと思います。

  以上です。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 大変済みません。黒山の湧水につきましても、現在、最終的には同じ膜を通って殺菌しておりますので……。

          〔「膜、1回処理しているからいいんだよ。大丈夫だよ、これで」と

            呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) 済みません。殺菌処理しておりますので……

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◎水道課長(鈴木幹男君) ろ過処理しておりますので、ひとつよろしくお願いします。

          〔「いや塩素殺菌もしているんだよ。ダブルでやっているんだ、こち

            ら」「膜ろ過では、ろ過しているだけで……」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 水道のほうは最後の質問にさせてもらいたいと思うのですけれども、公共水道の使命ということで、先ほど東京都の水道の話ししましたけれども、越生町においてはかなり山間地というか、山のほうに水道を引くと。普通のところでは圧力をかけるようなポンプを増設しなくても、通常に配水ができるという状況であれば水道会計のほうもそこそこいくのかなと思うのですけれども、いろいろ水道課長の話を事前にお聞きしたりしますと、かなりそういったコストがかかっている。本当、民間企業であれば、なかなかお客さんに供給するのが厳しいというようなところも、公共の水道ということでひとしく供給しているということを考えますと、水道の財務のほうが赤になったとき、何でもかんでも助けるということではないのですけれども、その特殊性ですか、そういった圧力を上げるためのポンプの交換とか、そういったものに対して町の一般会計の予算から少し援助をしていただく、財政の補てんをしていただくというようなことはお考えはないのでしょうか。やっぱり独立会計ですから、マイナスになれば料金にはね返るという理解をせざるを得ないのでしょうか。水道のほうの最後で、ちょっとそれだけお聞きしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 副町長。

          〔副町長 小松原 誠君登壇〕



◎副町長(小松原誠君) 木村正美議員の再質問に対してお答えを申し上げます。

  先ほど、午前中の水澤議員の答弁でもさせていただきましたが、今後かなり施設も老朽化して、厳しい状況が続いております。資金的にも大変厳しい状況がありますので、それは今後の話として、お話の点も踏まえつつ、どうするのが一番いいのか、それを総体的に検討させていただければというふうに考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) それでは、町の協定の締結の状況について、一応文書のほうで今ご回答をいただいたのですけれども、これは毛呂山のホームページからちょっと見たら、先ほどの質問内容もちょっと毛呂山のこれから見て、あれと思って見たのですけれども、ホームページ、こういうふうに。これは防災協定なのですけれども、一覧表になっています。多分今町の防災の見直しをしているので、その巻末か何かにはこういったものがきちっと出てくるのかなと思うのですけれども、こういったものを整備していただいて、そんなことがあっては弱るのですけれども、こういった整理をぜひしていただきたいと思いますけれども、多分できると思うのですけれども、とりあえずやるというご返事をいただければと思います。



○議長(長島祥二郎君) 総務課長。

          〔総務課長 岩?鉄也君登壇〕



◎総務課長(岩?鉄也君) それでは、木村正美議員さんの再質問についてお答えを申し上げます。

  いろいろご提案をいただきまして、ありがとうございます。現在越生町の地域防災計画を見直しを行っております。議員さんに対しましても、被害想定の見直し、あるいは配備等ある程度まとまった段階で、全協等でご説明をさせていただきたいなというふうに思っております。

  それと、町民の方につきましては、地域防災の協定に係るもの、現在民間団体等と14協定を結ばさせていただいておりますので、いずれにいたしましても今後地域防災計画を見直しする中で協定の数もふえていくものと思いますので、防災計画が見直しが完了次第、ホームページ等でお知らせをさせていただきたいと思っております。

  なお、ご答弁の中で、高齢者の見守りに関する協定につきましては、保健センターにございます地域包括支援センターのほうが中心になって結んでおります。特にご答弁も申し上げましたが、越生郵便局さん、高取郵便局さん、社団法人の埼玉県エルピーガス協会坂戸支部さん、福田新聞店さん、東京電力の川越支社さん、あとは社協のほうとも協定を結んでおりますので、この一覧につきましてはホームページのほうでお知らせすることは可能でございますので、早速ホームページのほうに上げるように準備をさせていただきたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ありがとうございます。では、時間も残り少なくなってまいりましたので、3つ目の質問のほうの再質問をさせていただきたいと思います。

  昨年というか、今年度の予算で上谷の大クスのウッドデッキの改修を今年度やるということで決まっておりますけれども、その進捗状況。多分そのときの説明では、ぼちぼち業者というか、見積もりの段階に入っているのかなというふうに思っております。夏か秋ぐらいと言いましたっけ、完成が。その辺の進捗状況をちょっとお伺いしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) お答え申し上げます。

  大クスのウッドデッキの修理工事でございますけれども、実は過去2回入札を行いましたが、いずれも不調に終わりました。今度この12日に指名委員会がありますので、また第3回目の入札を行う予定でございます。したがいまして、若干当初の計画より完成時期のほうはおくれるものと思います。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 今のご答弁の中で、不調に終わりましたということなのですけれども、その不調に終わった理由というのはやっぱり公表できないでしょうか。何が原因なのでしょうか。それは言えないことでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) お答え申し上げます。

  第1回目の入札のときには、予定価格と入札額に乖離といいますか、予定価格に開きがあったということで入札が不調に終わりました。

  2回目は業者を入れかえて行ったのですけれども、すべての業者が辞退ということで、実際には入札は行われておりません。

  今度第3回目を予定しておりますけれども、その結果はこれからということになります。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) もう去年の相当前からあそこのところへ、ウッドデッキが壊れていますという表示が出たままなのですよね。やっぱり観光の町越生ということであれば、私が質問したときには、貴重な資源の一つだというふうなご答弁をいただいていたような記憶するのですけれども、入札が、業者さんがうまく決まらないということではいたし方ないのかもしれませんけれども、観光をうたい文句にしている割にはもうちょっと何とかならないのかなというふうに思いますけれども、とにかく3回目やってみないとわからないということですけれども、年度内に完成は当然考えていらっしゃる。あとは、完成した折にぜひこういうものが、すばらしいのがまたできたので、またぜひ来てくださいというようなPRを一生懸命いろんなマスコミとかそういうところにぜひしていただきたいと思うのですけれども、その2つをちょっと一緒にお答えいただければと思うのです。一問一答でなくて申しわけないのですけれども。



○議長(長島祥二郎君) 産業観光課長。

          〔産業観光課長 三浦道弘君登壇〕



◎産業観光課長(三浦道弘君) それでは、お答え申し上げます。

  私どもも2回不調ということで、非常にじくじたる気持ちでおりますけれども、第3回目の入札につきましては、入札できるものと非常に期待しております。万が一だめだった場合には随意契約というような形で業者と契約いたしまして、年度内の完成はやっていきたいというふうに考えております。

  それから、PRの関係でございますけれども、PR事業につきましては、特にいろんなイベントがあるごとに、記者クラブ等に情報提供したりしております。なかなかすべてが取り上げていただけないということでございますけれども、根気よくこれからも引き続き情報提供を行ってまいりたいと思います。

  例えば、今度梅フェアが6月17日に行われるのですけれども、ドコモのiコンシェルというツールがありますが、そういったところにも情報提供を行う予定でございます。また、本日6時から6時50分ぐらいの間、その間の5分間程度ということなのですが、NHKのFMで梅フェアを取り上げていただけるというふうに、いろんなところにチャンネルを伸ばして情報提供をしていきたい。もちろんウッドデッキができた暁には、そういった情報も記者クラブ等を通じまして広く周知をしていきたいというふうに考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 大クスのほうは、ウッドデッキを改修するときに、多分町長からの何かの答弁の中であったかと思うのですけれども、小学校の遠足の場所としてもぜひPRしていきたいというような話もあったのですけれども、今あの状態ではPRもできないかと思うのですけれども、道路がちょっと狭くて、大型バスが入っていけるのかどうか。あそこを手前から歩いていくのも一つの遠足なのかなとは思うのですけれども、そういった動きというか、まだ実際に今からはできないかと思うのですけれども、実際に動く、そういうスタンスではいらっしゃるのでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 安田孝之君登壇〕



◎学務課長(安田孝之君) 木村議員さんの質問にお答えいたします。

  梅園小学校が遠足で大クスの木に行っております。ただ、現状として危険な箇所がありますので、その部分は立ち入らないようにして今対応しているというところです。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 私が町長の答弁を聞いたときには、町の中の小学校、中学校というふうには理解しなかったですけれども、そういう意味合いだったでしょうか。社会科の授業か何かで、うちの娘も息子も多分行ったような話は聞いたのですけれども、ほかの町外の学校に対してPRをするということではなかったのでしょうか。ちょっとその辺が私の聞き間違いなのか、そちらの言い間違いなのか。



○議長(長島祥二郎君) 教育長、端的にお願いします。

          〔教育長 新井雄啓君登壇〕



◎教育長(新井雄啓君) 昨年か一昨年かちょっとはっきりはしないのですけれども、埼玉県の遠足の候補地を各教育委員会から上げてくださいというので県教委のほうから調査がございまして、上げてあると思います。その一覧表等きっと探せばあるかと思うのですけれども、そういう形で県のほうにはPRはしてございます。

          〔「わかりました。それで結構です。では、最後の質問……」と呼

            ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 最後の質問になりますが、木村正美君。



◆2番(木村正美君) そういうことで、質問のほうにも書いてあるのですけれども、一応観光の町越生を目指していくのだというようなことで進んでいくものと思います。ひとつめり張りのある、あっちもささらほうさら、こっちもささらほうさらというのではなくて、やっぱり一つの観光を目玉にしていくのだというふうな一つの方針が出ているのであれば、ぜひ一丸となって観光のPR、そういった情報発信。今三浦課長さんのほうからも、いろいろやっていて、その成果がFMのほうであるというあれもいただきましたけれども、町民の中にもラジオや何かに結構リスナーとしていろいろメールを送ったりなんかしている方もいらっしゃいます。そういうことも含めて、ぜひこの越生の町をもっともっとPRして、本当に観光の町になるように、町の職員の方もここに心構えが書いてございました。町民も含めて、ひっくるめて、ぜひ観光の町に育てていっていただきたいと思います。

  最後は要望になりましたけれども、これで質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで木村正美君の一般質問を終わります。

                                              



△延会の宣告



○議長(長島祥二郎君) お諮りします。

  本日の会議はこれで延会したいと思います。ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) 異議なしと認めます。

  したがいまして、本日はこれで延会することに決定しました。

  本日はこれで延会いたします。

                                      (午後 4時07分)