議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 越生町

平成23年  9月定例会(第3回) 09月13日−一般質問−04号




平成23年  9月定例会(第3回) − 09月13日−一般質問−04号







平成23年  9月定例会(第3回)





           平成23年第3回(9月)越生町議会定例会
議 事 日 程 (第4号)

                     平成23年9月13日(火)午前9時30分開議

日程第 1 一般質問

出席議員(11名)
     1番   水  澤     努  君      2番   木  村  正  美  君
     3番   宮  島  サ イ 子  君      5番   宮  ?  さ よ 子  君
     6番   浅  野  訓  正  君      7番   吉  澤  哲  夫  君
     8番   木  村  好  美  君      9番   田  島  孝  文  君
    10番   神  邊  光  治  君     11番   新  井  康  之  君
    12番   長  島  祥 二 郎  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  町   長   田  島  公  子  君   副 町 長   加  藤     繁  君

  総 務 課長   戸  口     章  君   企 画 財政   宮  崎     桂  君
                          課   長

  会計管理者   関  口  正  文  君   税 務 課長   島  田  義  博  君

  町 民 課長   成  野     清  君   健 康 福祉   岩  ?  鉄  也  君
                          課   長

  産 業 観光   間 々 田  正  夫  君   まちづくり   保  積  辰  行  君
  課   長                   整 備 課長

  水 道 課長   鈴  木  幹  男  君   教 育 長   新  井  雄  啓  君

  生 涯 学習   大  沢  昌  文  君   学 務 課長   青  柳     高  君
  課 長 兼
  公 民 館長
                                              
本会議に職務のため出席した者の職氏名
  事 務 局長   福  田  敏  男      書   記   大  澤  展  男
  書   記   山  口  博  正





                                              



△開議の宣告



○議長(長島祥二郎君) ただいまの出席議員数は11人です。定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(長島祥二郎君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程第4号のとおりです。

                                              



△一般質問



○議長(長島祥二郎君) 日程第1、一般質問を行います。

  通告順に行いますので、ご了承願います。

                                              

       ◇ 吉 澤 哲 夫 君



○議長(長島祥二郎君) 7番、吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 議長、録音することを許していただけますか。



○議長(長島祥二郎君) はい、許します。どうぞ。

          〔7番 吉澤哲夫君登壇〕



◆7番(吉澤哲夫君) おはようございます。議会議員番号7番、吉澤哲夫です。早速質問に入らせていただきます。

  質問件名1、施設の更新と財源確保について伺います。現在、町には、近隣市町と協力し合い運営している各種の組合があり、その組合施設の多くが建設から30年前後経過し、老朽化し、更新の時を迎えています。先日、私が町の議会代表の中の一人として組合議会議員となっている毛呂山・越生・鳩山下水道組合において、毛呂山処理センター長寿命計画が発表され、23年度から27年度までで総額14億2,700万円、そのうちの6億8,100万円が地方債等であり、今後30年間で返済されるものとなる。(ちなみに、越生町の負担は21.5%くらいとしている。)現在、23年度予算で、埼玉西部環境保全組合、広域静苑組合、毛呂山・越生・鳩山下水道組合、西入間広域消防組合、坂戸地区衛生組合の5組合に計6億円からの負担金支出が予算化されています。また、本年度から、下水道組合の施設の一部の更新改善が図られるので、負担増が町に課されると思います。そこで、伺います。

  (1)、上記下水道組合のほかにも、近い年度にほかの4組合に施設更新等のお話や計画がありますか、伺います。

  (2)、その施設の内容を伺います。

  (3)、町が負担する負担金のおよその額と、町民に求められる負担金はあるのか伺います。

  (4)、これらの施設の運営に現在も町民から負担をいただいているにもかかわらず、理解を求めるような情報や報告がないと感じていますが、町として今後どのような対応をお考えなのか伺います。

  (5)、いろいろな内容で新たな負担が求められるときを迎えたが、町の収入は年ごとに減収となっていく。そして、高齢化時代を迎え、福祉にたくさんのお金がかかる時代を迎えています。どうしようとするのですか、財源確保。私は、抜本的な改革が必要と思いますが、町のお考えを伺います。

  (6)、上記5組合施設の現状を伺います。

  質問件名2、生活支援対策について伺います。現在、ひとり暮らし高齢者だけの世帯、介護や体がご不自由な方などが安心して暮らせるよう、民生委員の皆様も日々ご苦労され、各区の区長さんも区内の状況把握やいろいろな事業に力を注がれていることに感謝を申し上げます。が、これから急速に進行する高齢化、私は町内を回っていて、見守り体制の重要性と取り組む内容の充実が大切と思っています。そこで伺います。

  (1)、現在、一部の方が活用されている緊急通報装置の一層の活用が期待されますが、今後、設置基準等の緩和を図るお考えは。

  (2)、今後、給食サービスを毎日必要とする人が出ると思うが、対応は考えられるか。

  (3)、現在、社会福祉協議会で行っている医療や各種機関への送迎や、各種サービスへの手続の代行を希望される方が多くなると思いますが、同時に、日用品の宅配まで必要とする人が出てくると思います。町は、町内の食料品店や雑貨店と協定等を結び対応しようとは思いませんか。町の考えを伺います。

  以上です。よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんの質問件名1、施設の更新と財源確保についての(1)、施設の更新等に関する計画、(2)、その内容、(3)、町の負担金に対する影響及び(6)、5組合施設の現状について、関連いたしますので、一括してお答え申し上げます。

  初めに、施設の更新計画でございますが、越生町が加入している一部事務組合のうち、埼玉西部環境保全組合につきましては、平成7年稼働の高倉クリーンセンターの処理施設について、次期更新施設の計画がございます。計画では、更新施設の稼働目標年度が平成27年度中と設定され、建設候補地として鳩山町が選定されておりますが、総事業費等の詳細につきましては、現時点では明確になっておりませんので、町の負担金に対する影響についても、現段階では未定の状態でございます。

  しかしながら、組合側では施設更新に備えて基金を創設して積み立てを行っておりますので、その点は構成市町の負担金の年度間平準化につながるものと考えております。なお、平成13年度稼働の川角リサイクルプラザにつきましては、更新施設の計画はございません。

  次に、西入間広域消防組合でございますが、建物と施設の更新計画は現在のところありませんが、平成28年5月までに消防救急無線がデジタル方式に移行することに伴い、大規模改修事業が予定されております。総事業費等の詳細につきましては、平成24年度の実施計画により決定することとなっており、現段階では明確になっておりませんので、町の負担金に対する影響も未定でございます。

  なお、消防組合の建物等の施設につきましては、毛呂山町の本署が昭和54年建設で、鳩山分署が昭和58年開設、越生分署が昭和60年開設でございます。その他の組合につきましては、現時点において、施設更新等の計画は予定されておりません。

  各組合施設の現状といたしましては、坂戸地区衛生組合の処理施設が、当初稼働開始した昭和47年から39年が経過しており、施設の増設をした昭和58年からも28年が経過、毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合の処理センターが、平成元年供用開始で22年経過、また広域静苑組合の施設は、4基ある炉のうち1から3号炉が昭和60年稼働で26年経過、平成8年に増設した4号炉が15年経過している状況でございます。

  各組合とも施設の老朽化は避けられず、計画的に修繕や改修を行いながら、長寿命化を図るための策を講じて維持管理に努めております。また、予想される大規模改修や施設の更新に備えて、一部の組合では基金を創設するなど、構成市町に対する負担金の年度間の平準化にも取り組んでいる状況でございます。

  次に、(4)の一部事務組合に関する情報の周知についてお答え申し上げます。町では、町民に対して、町の財政状況等に関する情報を、広報紙やホームページなどを活用して定期的に公表しております。また、平成21年度からは、年に2回予算と決算の時期にそれぞれ住民説明会を開催して、より多くの町民の方に町の財政状況を理解していただくような取り組みを行っているところでございます。

  ご指摘のありました一部事務組合に関する情報につきましても、住民説明会の場においては負担金の額などを中心に説明しているところでございますが、広報紙やホームページに関しては、情報量等にも限りがありますので、現在のところは掲載しておりません。今後につきましては、広報紙やホームページなどの掲載内容を再度見直すなど、よりわかりやすい情報提供を心がけてまいります。

  次に、(5)の財源確保をどう考えていくのかについてお答え申し上げます。ご質問の中にもありますとおり、町の財政状況を取り巻く環境はますます厳しさを増していくことが予想され、財源確保の問題は、今後の町政運営において最も重要な課題の一つととらえております。

  現状で考えられます財源確保の具体的な策としましては、歳入の面においては、収納率の向上による税収入の確保に引き続き努めるとともに、その他にも安定した財源確保につながる優良企業の誘致など、さまざまな策を並行して進めていく必要があると考えております。

  また、歳出面においては、徹底した行財政改革の推進により、経費の節減と歳出抑制に努めながら、事業実施に際しては補助制度などを有効に活用し、町の歳出を極力抑えて、真に必要な施策を重点的に展開するよう努めるなど、創意工夫を凝らした行政運営を行っていくことが、限られた財源を有効に生かしていく方策であると考えております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、吉澤議員さんの質問件名2、生活支援対策の質問要旨(1)についてお答えをいたします。

  緊急通報装置は、老人日常生活用具給付事業として、一定要件に該当するひとり暮らしの高齢者の方などに対して、無料または2分の1のご負担でご利用でき、家庭内で緊急事態が起こったときに、受託業者である富士通テレコムネットワーク株式会社を経由して、消防署や緊急連絡者に通報が行われる仕組みとなっております。

  通常の緊急事態の場合には、ご自分で直接消防署に通報できる状態であれば、そのほうが早いのですが、このシステムの特徴としては、月1回の機器保守を兼ねた安否確認がそれぞれ行われており、このやりとりが利用者の方にとって、特に安心感につながることがメリットとなっております。なお、平成23年3月末における利用者は27人で、自己負担がない方が19人、2分の1の負担がある方が8人という状況になっております。

  ご質問の設置基準の緩和については、緊急通報システム事業実施要綱に基づき、ご利用できる方を定めておりますが、平成20年に対象者の拡大を図るため、この要綱を一部改正いたしました。実際、施行は20年4月1日になります。一部改正の内容は、ひとり暮らしの高齢者や身体に障害をお持ちの方など、日常生活を営む上で常時注意を要する方のみ利用できましたが、家族の就労等で長時間お一人になる方についても、ご利用できるよう緩和措置を行ったものでございます。

  このようなことから、当面はさらに緩和することは考えておりませんが、介護の相談や認定申請に来られた際、また社会福祉協議会等のケアマネジャーへの個別の周知や「広報おごせ」に掲載するなど、さらに多くの方にご利用いただけるような体制づくりに努めてまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、質問の要旨(2)についてお答えいたします。現在、町の配食サービスは、心身機能の低下などにより調理が困難なひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯の方を対象に、週2回の利用の制限がありますが、毎週月曜日及び第1週、第3週の木曜日に昼食の配食がご利用できるものとなっております。また、社会福祉協議会の配食サービスでは、週3回以内の利用ですが、毎週火曜日と金曜日に夕食を、第2週、第4週及び第5週の木曜日には昼食の配食がご利用でき、町と社会福祉協議会のいずれも400円の自己負担で、町と社会福祉協議会との配食サービスの併用も可能となっております。

  これら町と社会福祉協議会の配食サービスの利用では、月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の週4回が限度ですが、平成22年度の実績では合計で2,169食を配食いたしました。この配食サービス以外の水曜日、土曜日及び日曜日等の食事では、ご家族の方による対応や、民間の配食サービスなどをご利用されておるようでございます。

  また、社会福祉協議会で行っているやまぶきふれあいサービスや地域支え合い事業でも、ヘルパーや協力ボランティアによる食事の支度や買い物の代行サービスの利用も可能でございますので、これらのサービスをご利用いただければと存じます。

  次に、質問の要旨(3)についてお答えいたします。高齢者の方が日常的に必要である食料品や日用品の宅配が、町で取りまとめ、町内商店のご協力により実施できないかということでございますが、現状では地元の商店の中には、依頼により自宅まで配達されているところがあるようでございます。また、近所の方に買い物をお願いしたり、生協等の宅配サービスをご利用されている方もおられるようでございます。

  町といたしましては、地元の商店をご利用いただくことを最優先に考えますが、それぞれの商店の商品単価や配達の人手の問題などの課題もございますので、前述いたしました社会福祉協議会のやまぶきふれあいサービスや地域支え合い事業のサービスにより、日常品などの購入等についてもご利用いただきたいと存じます。

  このようなことから、現状では、町内の商店などと協定を結び対応する考えはございませんが、商工会を通じて、現在宅配をされている商店の状況や利用者の要望などについては、把握してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) それでは、再質問をさせていただきます。

  まず、広域静苑組合に対して、耳に入った情報ですと、問題が発生しているようなことも伺っているのですが、内容的なものがあるのですか、ちょっと確認をさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  広域静苑組合の件でご質問いただきましたが、広域静苑組合のほうから情報の提供はございません。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 問題が発生していないということでご理解してよろしいのでしょうか。そういうことであれば、発生していないと思いますので、次の質問に移らせていただきます。

  次に、町長のマニフェスト、情報公開をするということで、町が変わりますと強く訴えて町長選にも臨んでいるかと思いますが、先ほどのお答えの中に、組合に対して内容についてどのようなことをやっているかとか、予算の中の、下水道組合ですと1億5,000万ばかりの経費が毎年出費されておるようなことになるかと思いますが、そのような内容のものを広報紙を通じてどのようなことをしているかとか、そういうものについて説明することを、これからやっていく思いがあるのかどうか伺います。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  一部事務組合の歳入歳出等に関する情報につきましては、それぞれ一部事務組合の広報紙等でもごらんになれるかと思いますが、先ほど答弁で申し上げましたとおり、町におきましても21年度から当初予算あるいは決算、そういった年2回における説明会等におきましても、一部事務組合に対する負担金等の明細について情報提供してございます。先ほども申し上げましたけれども、広報紙やホームページを使いまして、今後掲載内容を再度見直して、よりわかりやすい情報を提供してまいりたいと考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 先ほどのお答えの中に……



○議長(長島祥二郎君) 吉澤議員に申し上げますが、傍聴者もおられますので、声を大きく、質問要旨を簡便にお願いします。



◆7番(吉澤哲夫君) 町の負担金に対する影響について、現段階では未定の状態でございますというお話でしたが、これからふえていく改善工事だとか改良工事、また新設工事もあるかと思いますが、そのような中で未定とありますが、今の段階ではお金を詳細に出すことは不可能かと思いますが、今現在の規模と同じようなものを、もし、鳩山さんのほうで今つくろうということの更新施設があるかと思いますが、現在と同じような規模でつくった場合、町に課せられる金額はどのくらいのものになって、その返済はどのようなことが越生町に降りかかるのか、改めて伺います。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  高倉クリーンセンターの次期更新施設稼働目標年度についてということで資料をいただいておりますが、その資料に基づきますと、鳩山に建設される建設費が84億4,800万ということになってございますが、そのうちの財源内訳としましては、国交付金、それから起債、一般財源というふうになってございまして、一般財源といたしまして21億4,000万というふうな数字が示されてございます。

  先ほど申し上げましたとおり、平成19年度から更新施設建設費経費に充てるために基金の積み立てを開始しているということで、基金を積み立てている状況でございますが、資料によりますと、平成27年度におきまして、約23億の基金積み立てとなるということでございまして、一般財源等、必要としている建設費に対しては、ほぼ基金で賄えるのではないかと考えてございます。また、そのほかにも用地の買収費ですとか周辺対策費等がかかってございますので、全部がこれで賄えるということではないと思いますが、一応基金の積み立てで建設が行われるという情報をいただいております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 積み立てをやっているという内容のお話でしたが、足らなくなった場合、常に町債の発行だとかいろいろなことで負担金を各年度に振り分けて、町でその負担をしているかなという思いはあるのですが、もしお金が足りなくなったときに、町債を発行するようなことが考えられるのかどうか、確認をさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  一部事務組合で起債を起こすことでございまして、町にとりましては負担金の支出になろうかと思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 町で負担金を出すというお話ですね。町全体の予算として、その負担金を出したときに、町の財政状態が今の時点でも逼迫をしているような状態でありますが、そのときに町の財政状況が、今現在の状態で安定した町政を行っていくということになれば、町債を起こさざるを得ないのかなと思うのですが、そのときのお考えがあれば伺います。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんの質問にお答え申し上げます。

  基金を創設をして平準化という方策をとってございます。また、そのときに不足する額について、負担金というものが生じてくると思いますが、そちらにつきましては起債の対象にはならないと考えております。

  また、何度も行財政改革大綱を策定いたしまして、歳入の確保あるいは歳出の削減ということで、23年度から5カ年をめどに策定してございますので、財源の確保あるいは歳出の削減について今後とも努力をしてまいりたいと思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) はい、わかりました。

  それで、町の安定した財源確保について優良企業の誘致ということを、私が議員になって、その前からもうたわれているのではないかという思いがあるのですが、実際どのようなことが行われて、いつになっても、先日も何かの機会に、こういうことを行っているということで伺わせていただいているかと思うのですが、何を言ってもなかなか前に進まない優良企業の誘致、これについて、町はこれからどのようなことで財源確保を行っていこうとするのか。もし、財源確保ができないような状態になったときに、今後どのくらいの年度で町の運営そのものがある程度縮小、今でも縮小しているかと思うのですが、何かやれなくなるようなことの順番みたいなものがあるのでしょうか、伺います。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  財源の確保といたしまして、企業誘致ということで前々からお話を申し上げてございますが、なかなか交通アクセスとかいろいろな問題で企業誘致が実現していないのが現状でございますが、本年度におきまして大山豆腐さんが建設を予定されていた用地約4ヘクタールにつきまして、改めて県の企業立地担当のほうに、大山豆腐さんの了解をいただいて誘致をしていただくということで情報を提供したところでございます。

  財源の確保につきましては、先ほどもちょっと触れさせていただきましたが、平成23年3月、ことしの3月に第五次越生町行財政改革大綱を策定いたしまして、5年間に向けて財源の確保あるいは歳出の削減ということで大綱をまとめさせていただいてございます。その中にも企業誘致の問題ですとかあるいは税の収納率の向上、今現在でも過去3年間、税の収納については93.7%と非常に高い数値を示してございますので、なかなか税の収納率の向上といっても非常に厳しいものがございますが、より一層の努力はしてまいりたいと思います。また、あるいは使用料、手数料の見直しとか、有料広告というふうな財源の確保というものに努めてまいりたいと思います。

  また、歳出のほうにおきましては、行政関連団体への補助金の見直しですとか、あるいは委員会、審議会等の報酬の見直し等、極力削減できるものについては削減していくということで財源の確保を図ってまいりたいと考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。

  吉澤議員に再度申し上げますが、後ろのほうでこうやって来ている人がいますので、声を大きくお願いいたします。



◆7番(吉澤哲夫君) 今、税の収納率の向上、九十何%というお話でしたが、これが100%になったときの町に与える影響は少ないのではないかと思います。その努力には敬意を表したいと思いますが、もう少し大きな内容で町の財政を豊かにしないと、これから町そのものの運営が図れなくなると私は思っておりますが、先ほどの答えの中にも、私の質問のお答えがなかったような気がします。委員会の経費だとか削減しますというお話でしたが、抜本的に町政を運営するに当たって、これが大事だ、これは省きますとか、町民に対して大きなアピールをしていくような必要があるのではないかと思いますが、その点はいかがでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 吉澤議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  今現在、危機的な状況にはございませんが、負担金等の増額に伴いまして、今後財政運営が厳しい状況に陥ったときに関しましては、そのようにならないように行財政改革ということで大綱を定めて、歳入の財源の確保または歳出の削減ということでまとめてございますが、先ほど申し上げました歳出の面におきましては、補助金の見直しあるいは報酬の見直し、それから委託料などの見直し等行いまして、歳出の削減を図ってまいりたいと考えております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) ありがとうございました。この段階で詳細に聞くことは難しい話になるかと思いますので、ここでその質問は終わらせていただきます。

  次に、生活支援対策について、先日、NTTでも携帯の補助機能のようなもので、日用品、雑貨各種の購入などできるものが販売されるようなことをお聞きしておりますが、このようなものが販売されると、町内の生活用品、日用品などを扱っているお店さんでは、宅配も含めてやられるような状態ですので、だんだん町内の商品は減る方向にあるのではないかと私は思います。町内の店舗及び事業の活性化を含めた町内で対応が図れるようにしたらと、私は常々思っておりますが、前にもこのような質問をさせていただいた経緯があるかと思いますが、越生町の高齢者を含めたそのような中で、商店の活性化を図れるような状態にしていこうという思いは町にはありませんか、伺います。



○議長(長島祥二郎君) 間々田産業観光課長。

          〔産業観光課長 間々田正夫君登壇〕



◎産業観光課長(間々田正夫君) 越生町の商業の活性化ということでございますけれども、越生町には当然商店がたくさんございます。そういう中で、町が直接1店1店に対して何かをするというのは、非常に難しい面がございます。そういう中で、今、越生町では商工会を通じまして、越生町の商店を何とか活性化させたいと、そういうことでもって越生町の再生事業という形でもって、もう3年目を迎えております。最初は、やはりお店を経営なさっている方たちもなかなか、いろいろ理由はあるのでしょうけれども、お話を聞いていただけないような状況でございましたけれども、3年続けることによりまして、やる気のあるお店も出てきたようでございます。これを何とかもう少し実のあるものにして、少しでも越生町の商店が活性化すればとは思っております。そういう中で、間接的にではございますけれども、町と商工会が一緒になって越生町の商店が少しでも活性化するようにという努力はしております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) 町長が町長に立候補したときのマニフェストの中に、福祉の充実に努めるとした内容があります。医療や介護だけでなく、どのようなことが福祉の充実ということでそのようなマニフェストをお書きになったのか、改めて伺います。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 吉澤議員さんのご質問にお答えいたします。

  通告の内容とはかなり異なると思いますが、福祉の充実ということで私は申し上げて立候補いたしました。先ほども議員のおっしゃる緊急通報装置も、私が議員のときに、ひとり暮らしのある決まった条件の方には無料貸与ということだったのですが、半額払ってもいろいろな方にもうちょっと条件を緩められないかということで申し上げて、これは実現した事業であるというふうに思っております。例えば、遠くにお住まいの息子さん、娘さんたちが、越生にお住まいのお父さん、お母さんが心配だというようなときにも、こういうのがあれば、少しは安心して暮らせるのではないかというようなことで町に提案した事業だったと思っております。

  それから、福祉の充実につきましては、今行っております第3子以降の保育料の無料化、これも充実でございます。それから、先日、ちょっと誤解があったかと思うのですが、健康長寿という目標にいろいろなことをやっております。ラジオ体操を始めました。それから、今度試行的にですが、何人か集まっていただきまして、いろいろなお話とか食事とか体操とかあるいはゲームとか、そういうようなことをする事業も始めます。

  そのほか、例えば病児、病後児のための対応というの、これは町が直接いたすものではございませんが、NPOに委託をいたしまして、働くお母さんたちが、子供さんが、主に考えているのは病後児のほうでございますが、熱が下がっても保育園に出せない、そういうような状況のときに預けていただくと。基本的には、ご両親がおいでの方は、そちらに預けたりすることが多いかと思いますが、ご親戚とかそういう方がおいでにならない方が何人か利用されているというふうに思っております。それから、あといろいろなことを行っておりますが、まだ検討中あるいは研究中というようなこともございます。これから少しずつ形をなしてくるものも幾つかございますので、私は福祉の充実には努めているつもりでございます。

  そして、何分にも吉澤議員が先ほどからご心配のように、財政が逼迫しておりましてというか、そんなにすぐすぐつぶれるようなことは当然ございませんが、どこの不交付団体でも、今、苦しくなってしまってねという時代なのです。大手企業がたくさんあるところでも、3日行かなければ、海外に行ってしまう意思決定がされてしまうという時代でございます。努力をしておりましても、余り実を結ばないことがたくさんございます。優良企業の誘致は、恐らく数十年間スローガンになっていると思いますが、なかなかうまくいっておりません。議員さんも、もし太いパイプ、細いパイプがおありになりましたら、ぜひ教えていただきたい。ぜひ、傍聴の皆様でも議員の方でも、もしそういうパイプがあったら教えていただきたい。

  これは飛び込み営業では、企業誘致なんていうことは全くあり得ません。多少の何かが、越生町に興味を持っていただくということがないと、それは越生町から出ていって何かした人とか、いろいろな形があるかと思うのですが、本当に数十年これはスローガンになっていると思うのですが、なかなかうまく進んでおりません。本当につらいところでございます。道路が、やはりどうしても大きい道路がない、国道が町を通っていないあるいはインフラが、水の問題、下水の問題、電気の問題、ガスとかそういういろいろな問題で整備がされていなかったということもあると思うのですが、非常に企業立地としては苦しいところでございます。確かに、よくできている。今、どんどんできているところもございますけれども、それはそれなりに数十年の努力と、それから立地がいいというところでございまして、越生町はいかんせん立地的に恵まれているとは言いがたいところでございます。

  今後も財政の面で努力はしてまいりたいと思いますが、夕張のようになることはございませんので。皆様方、あれは国がいけなかった面もございます。議員さんの責任でもあったと。ちゃんと見ていなかったというのはあると思う。それから、市民にちゃんと知らせていなかったという面もあるとは思うのですが、越生町も収入は少ないですし、苦しいですけれども、夕張とかとは全然違います。そういう問題の団体とは違いまして、そして今、隠していて危ないというところも、まだもちろん何十もありますけれども、そういうところでもありません。貧乏だけれども、ちゃんとやっていけるところでございます。これから皆様方に元気を出していただいて、コミュニティービジネスとかやっていただいて、少しずつ暮らしよくして、お金はちょっと厳しいですけれども、そういう町にしていきたいというふうに思っております。

  それから、福祉の政策としては、これからもいろいろしていきたいと思っております。越生町の暮らしやすさの一つは、医療がとにかく恵まれていることです。これは余り大きい声で言いたくございませんが、本当は移住していただくためのすこぶる有利な面であろうと思います。しかし、それは健康な方が心配なく暮らせるということでありたいと。非常に難しい方が大勢来ていただいたら困るので、国保も難しい病気の方が何人かいると、すぐぐらぐらしてしまいますので。ただし、ご両親がお年寄りだけでいても、何か救急車で行けば、大抵のことは助かると。3時間以内の脳梗塞の治療もしていただきますので、皆さん、大抵歩いてお帰りになれるような状態になる。これは、越生町の暮らしやすさの一つのポイントであると私は思っております。それで、なお皆さんが高齢になってもお元気で暮らしていることによって、生きがいを持ち楽しく暮らせるという。財政的に豊かではありませんけれども、それでも暮らしやすい町であるということを申し上げたいと思います。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 吉澤哲夫君。



◆7番(吉澤哲夫君) ありがとうございました。

  高齢者がこれからも安心して町に住めるように強く要望をしまして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで、吉澤哲夫君の一般質問を終わります。

  この際、暫時休憩いたします。

                                      (午前10時27分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時40分)

                                              

       ◇ 宮 島 サイ子 君



○議長(長島祥二郎君) 3番、宮島サイ子君。

          〔3番 宮島サイ子君登壇〕



◆3番(宮島サイ子君) 3番、公明党の宮島サイ子です。ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、通告に従い一般質問をさせていただきます。

  1、こども医療費助成事業での窓口無料化について。この窓口払い無料化につきましては、過去に2度議会で一般質問をされております。私も議事録を拝見させていただき、勉強をさせていただきました。私は、越生町町議選に立候補するに当たり、さまざまな多くの方とお話をする機会を持たせていただきました。その中で、今日、日本の経済が低迷し、各家庭が厳しい中で生活を強いられている現状では、こども医療費を診療した窓口で支払うのが大変厳しいという声が寄せられました。突然というときの医療のための現金を常にプールしなければならないという若いお母様方の負担も、決して軽いものではありません。越生町の子供たちがいつでも安心して医療を受けられる体制を、私も願っております。

  そこで、今まで議論されなかった業務委託制度への提案をさせていただきます。厚生労働省が平成18年3月30日、乳幼児、児童、障害者、ひとり親家庭、妊産婦、老人を対象に都道府県または市町村が行う医療費助成事業について、社会保険診療支払基金がその審査支払い業務を受託してもよいとした通知にかかわる委託による合理化、経費節減を、町は考えてみる必要があるのではないかと考えます。今、こども医療費は、一たん医療を受けたときにお母様が2割、場合によっては3割の医療費を払います。そして、お医者様には保険連合のほうから7割または8割のお金が来て、お医者様はちょうど100%のお金をいただきます。今度は、町はその国民健康保険組合に対して、7割分または8割分のお金を振り込むわけでございます。そして、一人一人の親には、また別々に一人一人町から振り込んでいるという状況でございます。

  これを国保連合会に委託しますと、国保のほうで100%、まずお母様が窓口へ行ってお金を払わずにこども医療を受けられます。そして、お医者様には国保連合会のほうから、または社会保険基金のほうから100%のお金が行きます。そして、町は国保連合会または社会保険基金のほうに100%のお金を出します。一人一人の親に支払うことも振り込む手間もなくなります。こういったことを、今では埼玉県下でも和光市や志木市、近隣の鳩山町など多数の自治体が、国保連合会、社会保険診療支払基金への委託に取り組まれております。こども医療費助成の際の現物給付も実現をされております。近くは鶴ヶ島市が来月10月より、委託による窓口払い無料化を実施するそうでございます。そこで、お伺いをいたします。

  (1)、国保連合会、社会保険診療支払基金への業務委託の埼玉県下の状況について。

  (2)、越生町の窓口無料化への取り組みについて。

  (3)、窓口無料化に伴う町の負担増の対応について。

  (4)、国保連合会、社会保険診療支払基金への業務委託及び窓口無料化実施への町の考えについて。

  続きまして、2番目として、小学校にミストシャワーの設置をと題して質問をさせていただきます。近年、地球温暖化の影響で夏の気温が上昇し、35度が当たり前のようになってまいりました。そうした中、小学校の児童は、暑い日は教室が34度から36度近くまで上がり、暑さが厳しい中で学習に取り組んでおります。多くのお母様方から、子供が暑くて勉強ができない、小学校にエアコンの設置をとの声が寄せられました。越生町の次代を担う大切な児童の学習の場である教育環境を整備することは、町に課せられた大事な施策であります。公明党においても、公明党猛暑対策ビジョン2011、緊急提言「熱中症死ゼロを目指して!」と緊急熱中症対策を講じております。エアコンの設置をされていない学校においては、特に熱中症のリスクが高いとして、熱中症発生の予防を呼びかけております。

  私のほうからは、エアコンではなく、クールシェルターとして小学校の玄関、保健室、運動場などへミストシャワーの設置をお願いしたいと考えております。ミストシャワーは、ここ二、三年注目をされており、ことしに入って学校などエアコン導入までの暫定措置として、あるいはエアコンよりも体によいとしてミストシャワーを設置するところが急増していると聞いております。

  ミストシャワー及びミストシステムとはどういうものかと申しますと、水が蒸発する際に気化熱の吸収を利用して、主に地上の局所の冷房を行う装置を言います。水を微細な霧の状態にして噴射します。また、細霧や霧散布とも言われております。水の粒子が素早く蒸発するため、冷房効果、省エネ性にすぐれています。周辺の気温を2度から3度下げることができると言われています。昔からある打ち水効果で夏の暑さをしのげます。高圧ミストで1.8メートル以上離れることによって、ほとんどぬれると感じることはないそうです。また、目に見えない雑菌やウイルスの広まりを阻止する除菌、消臭などにも利用できるとしております。以上の効果があります。そこで、お伺いをいたします。

  (1)、夏期学校生活における児童の熱中症予防対策としての町の取り組み状況について。

  (2)、教育施設の暑さ対策として、小学校の玄関や保健室、運動場などにミストシャワーを設置する考えについて。

  以上、よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、宮島議員さんの質問件名1の(1)から(4)についてお答えをいたします。

  まず、(1)でございますが、埼玉県内では平成23年4月現在で、国保連合会などに業務委託をしてこども医療費の窓口無料化を実施しているところについては、64市町村のうち47市町村が実施しております。さらに、近隣では、ことしの10月から坂戸市と鶴ヶ島市が実施する予定とのことでございます。

  次に、(2)と(3)につきましては、関連がございますので、あわせてお答えをさせていただきます。特に、埼玉医科大学など大きな病院については、独自のシステムにより医療費の支払いシステムを管理しておりますので、やはりこども医療費の窓口無料化の実施に当たっては、市町村の対象年齢等が異なるなど、県レベルでの調整が必要であると考えておりますので、町村会などを通じて、県下で統一して実施できるよう要望しておるところでございます。

  また、町の負担増でございますが、ことしの3月議会で新井議員さんのご質問でお答えしておりますとおり、国保連合会や社会保険診療報酬支払基金に委託をした場合、その費用がレセプト1件当たり、審査支払い分114円20銭、調剤分57円20銭となります。平成21年度は合計で1万5,154件あり、少なくとも年額150万以上の町負担が生じることとなります。

  また、こども医療費の支払いデータを保存するためのシステム改修が、近隣の例ですと100万円程度かかるとのことでございます。さらに、国の国民健康保険の医療費に対する調整交付金の減額も見込まれますので、あくまでも試算でございますが、合計では350万円程度の負担増が見込まれます。また、窓口無料化を実施することにより、患者数の増大を招くことも考えられますので、その対応については財政的な問題と施策の優先順位の問題になろうかと考えます。

  次に、(4)についてお答えいたします。こども医療費の窓口無料化の実施に当たっては、平成20年度から中学生まで対象範囲を拡大するなど先駆的な取り組みをしてまいりましたが、町といたしましては、特に医師会の組織が同じである毛呂山町の取り組み状況を踏まえて検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたく存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 青柳学務課長。

          〔学務課長 青柳 高君登壇〕



◎学務課長(青柳高君) 宮島議員の質問件名2についてお答え申し上げます。

  (1)についてお答えします。夏期の学校生活における熱中症予防対策ですが、校長会を通し、保健安全指導や学級指導の中で小まめな水分補給をするよう指導しております。さらに、水筒の持参を許可しており、30度Cを超える場合には、外での授業や活動を控えるように指導しております。

  また、小学校では、会議室、図書室、コンピューター室、保健室、職員室にエアコンが設置してあります。授業や緊急避難場所として利用するように指導してまいりました。

  (2)についてお答えします。近隣の市町村では、まだ設置に向けて動いているところはございませんが、暑さ対策の一つとして検討していきたいと思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) ありがとうございました。

  それでは、何点か再質問をさせていただきます。まず、(1)でお答えいただいた埼玉県下の状況についてですが、県下で窓口払いの無料化を実施している自治体は64中47と答弁をいただきました。ざっと計算をして、埼玉県で約73%が窓口無料化を実施しているということになりますが、その中で業務委託制度を利用して現物給付に取り組んでいる自治体はどれくらい存在するのでしょうか、お伺いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) 宮島議員さんの再質問についてお答えをいたします。

  先ほどご答弁申し上げましたとおり、窓口払いの廃止が47市町村ございます。こちらにつきましては、すべて委託ということでご理解をいただいてよろしいかと思います。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) ありがとうございます。

  私の知る限りでは、古いですけれども、平成22年1月現在で43自治体中わずか18自治体だと記載されておりますが、その点はまだ調べがついていないというのか、ちょっとわからないのですが。

  もう一点、質問させていただきます。業務委託制度を利用して窓口無料化に取り組まれているそれらの自治体に、町は具体的にお話をお聞きしたことはありますでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) 宮島議員さんの再質問についてお答えをさせていただきます。

  先ほど、宮島議員さんのほうからもお話がございました、坂戸市と鶴ヶ島市が10月1日から窓口の無料化を実施というようなことがございますので、鶴ヶ島市さんのほうにいろいろ情報をいただいております。また、毛呂山町さんのほうも現在検討中ということでございますので、毛呂山町さんのほうからも情報をいただいております。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) わかりました。それでは、それがよかったか悪かったかという情報はわからないわけですね。

  それでは、(2)の無料化への取り組みについてですが、前回の3月議会の一般質問以降、差し当たって町としては大きな取り組みも変化もなかったということになりますが、越生町が取り組むのにどのような妨げや弊害が考えられたのでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、宮島議員さんの再質問についてお答えをいたします。

  やはり一番無料化に対するネックといいますか、ポイントの部分になりますが、経費のほうがどうしても増加するということでございます。1つが、ご答弁申し上げましたとおり社会保険診療報酬支払基金等に委託をいたしますと、レセプト1件当たり単価で114円20銭、こちらが医療費の分でございます。それと、薬剤の関係で調剤分が57円20銭かかります。21年度の実績で恐縮でございますが、1万5,000件ほどございますので、少なくても150万円以上経常的に経費が上乗せされるということが、まず1点。

  それと、これはイニシャル経費の部分でございますが、今まで3割窓口支払いをしていただきましたので、7割分のレセプト。これは国保の関係でご説明申し上げますと、国保連合会のほうに7割分のレセプトが上がりますが、窓口を無料化にいたしますと、7割分と、通常ご負担をいただいている3割分のレセプトが上がりますので、その処理につきまして7割分は、越生町で申し上げますと町民課の国保担当のほうに、第2次審査ということでレセプトが戻ってまいります。それと、3割分については、健康福祉課のほうに事務処理の関係でデータが参ります。その処理で、今申し上げた114円20銭、調剤分で57円というようなことでお話ししましたが、福祉課のほうに3割分のデータが参りますので、そのデータを現行のシステムに取り組むようにシステムの改修が必要になります。近隣で100万ということでございますが、うちのほうで委託をしております業者のほうに確認いたしましたところ、99万7,500円改修費がかかるということでございます。

  それと、国保の関係で、現在、調整交付金というのが入っておりますが、こちらにつきましては3割分お支払いをいただいておりますが、いわゆる償還払いということになろうかと思うのですが、償還払いから現物支給、窓口無料化にする関係で、どうしても医療費が膨らみますので、国の国保の全体的な考えとすると、できるだけ医療費を少なく抑えたいというような方針があるようでございますので、やはりそういった医療費がふえるような政策をした場合には、ペナルティーといいましょうか、調整交付金が削られることになる。これはあくまでも試算でございますが、その額が100万円程度ということでございまして、合計で350万円影響が出るということでご理解を賜りたいと思います。

  これらのことがなかなか進まない、何度も企財課長のほうからも答弁がありましたが、財政的に厳しい状況でございます。財政状況は、県内でも下からいつも5番目とかそのくらいの低位でございますので、何とか努力はしていますけれども、なかなか進まないというような状況がございますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) ありがとうございます。

  窓口無料化を妨げる問題点をいろいろ挙げていただきましたが、町の財政状況の厳しさも町民としては十分承知をいたしているつもりでおりますし、また困難さもよく理解をいたしているつもりでおります。ですが、あえて業務委託制度を提案いたしましたのは、その制度が問題点の緩和に非常に有効であるとの他の市町の声を踏まえたからでございます。

  例えば、今、懸念されているシステムの問題ですが、業務委託をすることによって、システムの問題は解消されるものと考えられましたが、ちょっと大変だということを今お聞きしたのですけれども、その点をもう少し詳しく教えていただければと思いますが、お伺いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) 宮島議員さんの再質問についてお答えをいたします。

  現行のシステムでございますが、うちのほうはAGSという会社と保守等も含めて委託契約を結んでおりますが、中にはそのシステムが国保連と同じシステムを使っている市町村もございますので、そういった場合にはデータの改修が必要になりませんが、実はときがわ町さんもAGSの同じシステムで、やはり100万程度かかったという情報をいただいております。今回、うちのほうで見積もりをとらせていただきましたが、99万7,500円ということでございますので、それぞれ使っておりますシステムによっては、改修費がかかるということでご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) わかりました。ありがとうございます。

  続きましてですが、答弁の中に埼玉医科大学のことがのっておりますが、埼玉医科大学病院には独自の医師会も存在していると伺いました。越生町は、埼玉医科大学病院を窓口無料化の視野の外に置いてはいかがかと思うのですが。日本屈指の大きな病院、埼玉医科大学、その埼玉医科大学は、小さな地方自治体と歩調を合わすことのできない事情が多々あるものと推察いたします。埼玉医科大学病院を特別区域の例外として無料化の枠外に置くことで、医大病院にとっても風邪や腹痛などの安易な受診患者を回避でき、重症患者に専念できるとして、かえって医大には喜ばれると思いますがいかがでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、宮島議員さんの再質問についてお答えをいたします。

  現在、埼玉医科大学では、医療費の自動支払いシステム等がございます。独自のシステムでやっておられるということでございます。確かに埼玉医科大学さんのほうは、大変大きい総合病院でございますので、越生町のこども医療の関係でどの程度依存しているかというのもございますので、検討を進める中では、その辺も当然整理していかなくてはならないかと思っております。

  いずれにいたしましても、医師会のほうが毛呂山町と越生町は同じ組織でございますので、毛呂山町さんの情報をいただきながら検討はさせていただきたいと思っておりますが、大変何度も恐縮でございますが、財政的に限られておりますので、ほかの施策との優先順位、プライオリティーをどうするかというようなことになろうかと思いますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 町長。簡便に。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 宮島議員のご質問にお答えいたします。

  越生町は、今、こども医療費の無料化を中学校終了までやっております。県の出るのは、小学校就学前でございます。したがいまして、越生町はただいま2,700万円ほどこども医療費の無料化のために支出をしてございますが、県からいただける分は230万とかそのぐらいでございます。独自支出として2,300万ほど出しております。そして、これはかなり早く始めましたので、今、近隣で大分多くなりましたが、かなり早く取り組んだほうだと思っております。

  そして、これをもうちょっと進めていただくように、市町村会のときに県知事に、直接上田知事に申し上げましたが、もうちょっと就学前でなく、例えば小学校終了ぐらいまでに延ばしていただけないかということを、市町村長会議のときに申し上げたのですが、即座に無理だというご答弁をいただきました。私どもは、この中学校終了まで進めているのもかなりの努力だというふうに思っております。

  そして、子供さんを風邪を引かせないように、病気にしないように気をつけて育てていただくために、例えばシャープ8000とかああいうのを利用して、こんな病気だけれども、どうしたらいいかという相談をしていただくとか、あるいは医大にも電話をかければ、多分どんな状況でこうですと言うと、説明をいただけると思うのですが、なるべく病気にかからせないように気をつけていただくというのが、子育てのお願いしたいことだというふうに思っております。

  そして、まことに申しわけないのですけれども、多分毎月5,000円程度をお財布に残しておいていただければ、それで窓口払いをするのは割と可能だと思うのです。それで、あと償還払いということですので、少しおくれては参りますが、お返しは償還払いで、皆さん実質的には無料化になっているということでございます。実際にかかっているのは、お近くの小さなお医者さんが多いというふうに思います。越生毛呂山医師会が1つでございますので、そういうところは話はしやすいと思っております。ただ、大きい病気あるいは入院は埼玉医大で、小さなことは確かにお近くの病院のほうが待たずにできますので、かかっていらっしゃる方が多いと思うのですが、医大のほうにも何とかなりませんかということは申し上げております。

  近隣もだんだん、数年前はほんの少しだったのですが、確かに窓口払いの廃止というのが随分多くはなってまいりました。これによって、お医者さんにかかるのが少しふえるのではないかということが、ちょっと心配されることです。以前に老人医療の無料化というのがありまして、あれがやっぱりお医者さんにかかる量を大分ふやしました。そういうのを、本当に大事な病気にはかかっていただかなくてはならないのですけれども、安易にかかるのを、もうちょっとどうにかできればいいなというふうに思っております。

  いずれにいたしましても、ちょっと待ってと。ポピュリズムで言えば、これはやるのが圧倒的に人気があるのはわかっておりますが、財政の面も考えて、今、実質的には無料でございますので、償還払いの少しのお手間をもうちょっとお願いするかどうか検討してまいりたいと思います。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) 町長みずからありがとうございます。

  町の考えは大変によくわかりました。町の財政状況も厳しい中で、新たな支出等考えると負担がかさみますが、協力をしてくださる医療機関から、窓口払い無料化を実施するお考えはいかがでしょうか。医師会が同じである隣の毛呂山町は、前向きに施策を講じ、できるところから実施する方向で進めていくと聞いております。越生町の子供たちが安心していつでも医療を受けられる環境づくりが、今、必要ではないでしょうか。もう一度よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 要は、医療を受けられないわけではないわけです。少々お手間がかかってということでございますので、少し検討をしたいというふうに思っております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 岩?健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、若干追加答弁をさせていただきます。

  財政面では町長のほうからも答弁がありましたとおり、県の乳幼児医療ということで、端的に申し上げますと対象が1歳から5歳ということで、それ以外中学生の部分までについては、越生町の単費負担ということになりますので、財政的に非常に厳しいという部分がありますが、こども医療費の3割分をお支払いいただいている関係でございますが、そちらの領収証につきましては、お支払いをいただいた日にちから5年間有効でございます。お昼休みのほうも受け付けもできますし、土曜開庁も行っておりますので、十分にインセンティブは保たれているというふうに理解はさせていただいております。

  いずれにいたしましても、毛呂山町の状況を注視しながら検討のほうはさせていただきますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) ありがとうございました。大変参考になりました。

  続きまして、ミストシャワー、2番目の再質問をいたしたいと思います。(1)の町の取り組み状況ですが、答弁の中で簡単に書いてあるのですが、私の聞いたところによりますと、やっぱり学校ではよしずとか、あと業務用の扇風機を駆使するとか、あと先生方の本当に大変な奮闘ぶりが目に浮かぶようですけれども、熱中症計も携えているということで、やっぱりご苦労されているのがわかります。

  しかし、あってはならないことなのですが、万が一学校生活の中で熱中症にかかった児童が出た場合、現在の状態では人災だとの非難を浴びると考えられます。追い詰めるようで大変申しわけありませんが、先週の議会のお言葉の中にも、両校に合ったものを取り入れていきたいとおっしゃっておりました。いつまでに何を実施するという明確なものは、今現在出てきていないのでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(長島祥二郎君) 青柳学務課長。

          〔学務課長 青柳 高君登壇〕



◎学務課長(青柳高君) 再質問に関してお答えします。

  ミストシャワーの件で自分も調べさせていただきました。関西のほうでは、幾つかの学校で設置しているということがありました。埼玉県では、さいたま市とか大きな都市の公園とか、あと外での催し物をするとき用にミストシャワーを用意しているということで、専用のホースに細かな穴をあける場合と、そこに専用のジョイントをつける場合という形であるということです。金額的にもそんなにはかからないということで。ただ、余り蒸気になって下にしたたり落ちないような特別な機械のものは、高価なものがあるのですけれども、非常に高価だということが出ていました。

  学校に設置する場合には、関西のほうで調べましたところ、通路とか昇降口に設置している場合が多いようでしたので、来年度予算等に盛り込みまして、今年度に関しましては、30度を超えるということがもう余り考えられませんので、来年度に向けて検討していきたいと思っております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 宮島サイ子君。



◆3番(宮島サイ子君) ありがとうございます。答弁を聞いて、すごく安心をいたしました。来年はぜひ予算に盛り込んで、よろしくお願いいたします。

  (2)番のミストシャワーを設置する考えなのですが、これは今いただいたのですけれども、本来ならば、私もエアコン設置を勧めることもできたのですが、体温調節もうまくできない低学年の児童が汗びっしょりの衣類をまとい、40分間冷たいエアコンの教室でじっとしている光景はいかがなものかと思い、ミストシャワーを提案させていただきました。これからも温暖化はなお勢いを増すことでしょう。21世紀の終わりには、気温は今より4.7度上昇すると予想されております。暑さを避けることも大事ですが、暑さに負けない強い体づくりも大切な勉強の一つと考えます。子供たちにとっての町のよい施策を期待いたします。

  少々時間は早いのですが、これで私の全部の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで宮島サイ子君の一般質問を終わります。

                                              

       ◇ 木 村 正 美 君



○議長(長島祥二郎君) 続きまして、2番、木村正美君。

          〔2番 木村正美君登壇〕



◆2番(木村正美君) 議長のお許しをいただきましたので、私、2番の木村正美が初めて一般質問をさせていただきます。

  本日は、お忙しい中、傍聴にお見えのたくさんの皆様方、大変ありがとうございます。これより、7つの項目についてお伺いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  まずは、去る7月24日から本放送の始まりました地上波デジタル放送についてお伺いします。本町の地形的な問題から、難視聴地域があると伺っておりましたが、今現在、町内において視聴できない地域はありますか。ありましたら、その戸数はどのくらいですか。その対応は、どんなふうに進められていますか。難視聴地域の全面解消はいつごろになる予定でございましょうか。

  次に、間もなく毛呂山町役場先から国際医療センター近くまでが開通します新飯能寄居バイパス線に関して、2点お伺いいたします。

  1点目は、現在、既に開通しております越生地区内のバイパスの交通量ですけれども、当然のごとく増加が見込まれます。このバイパス区間内に、現在、3カ所の手押し信号機がございます。そのうち、如意地区及び西和田地区よりバイパスへ出る信号機が1カ所ずつございます。この信号機を、ちょっとこういう読み方かどうかわからないのですけれども、定期周期式もしくは感応・感知式にしていただくことはできないでしょうか。

  2点目は、バイパスの開通によって、従来の市街地を通っていた県道の交通量が減ることが予想されるわけですが、通行量が減ることをメリットと考えて、この道路、この通りを町の活性化に利用する手だてはお考えでしょうか。昨日の浅野議員さんへの答弁の中では、現在実施しているスタンプ会や一店逸品運動の説明がありましたが、新たな取り組みについての意欲をお聞かせ願いたいと思います。

  3番目に、教育について、大きくは2つの点についてお伺いします。



○議長(長島祥二郎君) これはいいの、(ア)は。質問件名2の(2)のア、通行どめにしてとかというの。



◆2番(木村正美君) 後で質問のときに。

  3つ目は教育についてでございます。大きくは2つの点についてお伺いします。

  1つ目は、学校給食についてです。その1つ目は、食材について、現在、一番の関心事であります放射線物質や、これは従来からでございますが、残留農薬について、妥当性のある検査が行われているものを使用しておりますか。

  その2つ目は、地産地消が叫ばれている中で、地場産食材の導入実態はどの程度でしょうか。また、その食材を使用した献立のときには、児童生徒にそのことをPRされているでしょうか。

  次に、教育の2番目でございますが、中学校における体育の授業で武道の必修化が計画されているそうです。幸いにして越生中学校においては、立派な武道場が完成いたしました。ここで精神と肉体を鍛える学習ができる生徒たちは大変幸せであり、また教育の効果も期待されるところです。

  そこで、生徒たちがけがなく授業や部活が進められるよう、2つのことについて確認させていただきます。教員数も限られている中で、体育教科及び部活動において適正な指導教諭は確保されているのでしょうか。不十分な場合は、越生中学校部活動外部指導員設置要綱という例規があるようなのですけれども、外部要請ができる仕組みになっているようなのですが、現在、その活用はございますでしょうか。必要に応じて、体育の授業でもこれを拡大解釈しまして、外部指導員を要請するようなお考えはございますでしょうか。

  4番目の質問といたしまして、デマンドタクシーについてお伺いします。ことしの3月に報告されました越生町高齢者実態調査の中にも、生活の足、移動の不便さを訴える声が多く聞かれておりました。町内のあるお店では、買い物帰りの高齢者のニーズにこたえて送迎をしているそうです。お店に行って買い物をする楽しみと、またつい余計なものを買ってしまうというメリット、デメリットはございますが、送迎の利用の範囲は広がっているそうです。私の個人的な考えとしましては、この町の規模とか町民のまとまりを考えれば、地域が相互扶助の制度を確立して、持ちつ持たれつのお互いさまの精神でこういった問題を解消していくのが、越生流ではないかと考えております。しかしながら、なかなか機運はそうなっていかないのが現実でございます。

  デマンドタクシーについては、既に何回も一般質問等でやりとりは行われているものと思いますが、改めてここで調査委員会を立ち上げて現状の把握と問題点を洗い出して、他市町村の運用実態等を研究しまして、デマンドタクシーなのか、福祉タクシーを手厚くしたほうがいいのか、また私がちょっと今提唱しましたように、相互扶助のそういった一つのムーブメントを町で盛り上げていくのか、また別の方法なのか。いずれにしましても、高齢者の生活の足の確保の指針というか方針を示すべきだと考えますが、いかがでございましょうか。

  5番目は、質問というより要望、提案になります。地域活動及び地域づくり事業として、各行政区ごとに行われている草刈りや清掃活動がございますが、これを町の主導で年1回ないし2回、実施日を決めて一斉に実施できないものでしょうか。町民体育大会の全地区参加が難しくなって、町が一つになってやろうということがなくなってしまった今、ごみや清掃の問題について共通認識を持った中で一斉に作業をするということは、意義があることと思います。きょう、お集まりではございますが、区長会に諮って論議していただければと思っております。

  また、当日に収集したごみは、ぜひ当日収集の処理をしていただけないでしょうか。その実施の作業マニュアルもきちっとしたものをそろえていただきまして、お話を聞きますと、土手で刈った草やごみを川の中へ流してしまうというようなこともあるというふうに聞いておりますので、その辺も要望したいと思います。

  6番目は、県の事業で現在進められております水辺再生プランについてでございますが、町当局で把握していらっしゃる範囲内で結構でございますので、以下の点についてお答えを願いたいと思います。越辺川の山吹大橋下の工事は完了したようにも見えるのですが、完成の時期、全体像が私どもには全く見えてきておりません。工事の概要、完成のイメージ図、完成予定時期等を、担当部署にて把握している内容で結構でございますので、教えていただきたいと思います。

  また、完成後は川に沿っての公園になると思いますので、距離的に長くなると思われますが、その維持管理について、県の施設でございますから、県が管理するのが当然でございますけれども、いずれにせよ町が負うことになるであろう範囲と、その担い手についてはどうお考えなのでしょうか。

  最後に、7番目の質問になりますが、越生町においても、ことし平和都市宣言が制定されました。我が町には、日本でただ1カ所の世界無名戦士の墓がございます。知っているようで知らなかったので、この件についてお聞きいたします。政教分離の考え方で半世紀にわたって町で管理し、慰霊祭も営んできたものと認識しておりましたが、例規集にも管理規定がないようなのですが、実際のところをお教えください。

  また、英霊のみたまを祭り、世界の平和を願ってきたこの無名戦士の墓の存在を国に知らしめ、政府要人及び国賓の参拝、献花の地として働きかけをしたような経緯はございますのでしょうか。また、この無名戦士の墓を、国への移管を検討されたことはございますでしょうか。

  以上、多岐多数にわたる私の質問でございますので、1時間という制限内でございますので、明快、簡潔にお答えを願えればとお願いして、質問を終わります。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◆2番(木村正美君) どうも大変失礼をいたしました。私もふなれなもので、町当局で答弁書を用意してくださったのだと思うのですけれども、私が通告書を出してからちょっと加工しましたものですから、その辺の手違いがございまして、何点か具体的なところでご質問の内容を入れておりましたので、それを追加させていただきます。前後の脈略でちょっとわかりづらいかと思いますけれども、ゆっくり話させていただきますので。

  2番の県道バイパスの開通に関する件の中で、バイパスの開通によって、従来の市街地を通っている県道の交通量が減ることが予想されますがというような質問をさせていただいたのですけれども、この私の具体的な提案として、どうせ今まで町を走っていた車は、用のない車はほとんど通過車両だけだろうと。そして、その通過車両が今度なくなって、用のある車だけしかということになったらば、その道路を、例えば今駐車禁止でございますけれども、駐車ができるようにして商店で買い物ができるようにとか、そういった利用の仕方を考えてみてはいかがかということ。あとは、越生まつりのときには通行どめにするのですけれども、同じように毎週土曜、日曜になるかどうかわかりませんけれども、イベント会場に道路を開放すると。フリーマーケットもいいでしょうし、埼玉県のB級グルメ通りをつくってもいいでしょうし、ゆるキャラのパレードをしてもいいでしょうし、また若い人たちに開放してフリーマーケットをやってもらってもいいでしょう。あとは、場合によっては道路をとめることができれば、映画のロケーションの地として使っていただくとか、そういうことを一応私としてご提案しておりました。ちょっと質問の中にこれが漏れております。

  続いて、質問の中で漏れていた分で3の教育についてのところでございますが、給食についてのところで、安全を重視した食材の購入のコストアップ、安全性の高いものを購入しようとすると、値段が高くなった場合に、その負担をどういうふうに考えていますかという項目も入っておりました。

  それから、地場産食材の導入は、先ほどお聞きしていると思います。

  それと、5番目に質問いたしました町内の一斉清掃でございますが、これは一応お尋ねした中には入っておったのですけれども、当日集めたごみを当日処理していただきたいということと、作業マニュアル、土手に刈った草や、そこに落ちていた空き缶、ペットボトルやごみをけり込んで川に流してしまわないとか、そういう作業マニュアルをつくってほしいということを申し上げたのですけれども。

  あと、7番目の無名戦士の墓の中で、2番目に働きかけをしましたかという質問をさせていただいたのですけれども、そうすれば、こういう効果があるのではないかということで、私、質問を最初の段階ではしておったのですけれども、今、越生の町に新桜の山が無名戦士の西側にあるのですけれども、その草刈り、この間できなかったのですけれども、ああいった草刈りも、公園になれば、そういった中できちっと管理をしてもらえるでしょうし、また重要な国賓クラス、それから政府要人がここのところへお参りに来るようになれば、インターからの直接来るような新しい道路の建設計画とか、そういう町にとってメリットになるようなことが、可能になるのではないですかというようなことを質問させていただいておりました。答弁書のほうにもこちらの答弁が入っているということで、今、追加で質問させていただきました。大変ふなれなもので、失礼をいたしました。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 木村正美議員さんの質問件名1の地デジ放送の難視状況についてお答え申し上げます。

  まず、町内において視聴できない地域はありますかということでございますが、町内には従来のアナログ放送は受信できるが、地形的な要因などにより、7月24日のアナログ放送終了時までに地上デジタル放送が受信できないと確認され、ホワイトリストと呼ばれる地デジ難視対策衛星放送対象リストに掲載された地区が13カ所存在しています。

  その戸数でございますが、現在、把握できる数は、総務省のホームページにおいて公開されているホワイトリストによりますと、平成23年3月末時点の数値で、町内全体で446戸となっています。なお、この数値につきましては、総務省から提供される情報でしか把握できないため、アナログ放送停波までの4カ月間に対象戸数が変化している可能性もございます。

  その対応はということでございますが、ホワイトリストに掲載されている地区にお住まいの方は、社団法人デジタル放送推進協議会が戸別に配布した利用申し込みの案内により申し込みをすることで、暫定的に衛星放送で地上デジタル放送の番組を聴視することができる地デジ難視対策衛星放送の利用が可能となっている状況です。より詳細な状況に関しましては、総務省からの情報提供がございませんので、正確な数値等を把握しておりませんが、7月24日のアナログ放送終了前後の地デジ難視対策衛星放送に係る相談は、町及びデジサポ埼玉で開設した臨時相談窓口におきましても、10件に満たない結果でありましたので、大きな問題もなく進められたものと推測いたします。

  難視聴地域の解消はいつごろかという点につきましては、当座の対策とされている地デジ難視対策衛星放送は、地上デジタル放送の難視聴地域に向けての恒久的な伝達方法、例えば中継局等の無線インフラや共聴、ケーブルテレビ等の優先インフラが整備されるまでの代がえ手段として、平成22年3月から5年間の平成27年3月末まで暫定的に実施されるものであって、その間に放送事業者等関係者が、その対策に取り組むこととされております。

  しかしながら、現在のところ、国からは難視聴地域の解消に向けての具体的な計画案が発表されておりません。したがいまして、今後、町といたしましては、県と連携しながら当該地域の解消のために、国や放送事業者等関係機関に働きかけてまいりたいと存じます。

  次に、質問件名2の県道バイパスの開通に関する件についての(2)、にぎわいのある通りに活用する方策に関してお答え申し上げます。浅野議員さんからの質問に対する答弁と重なってしまいますが、交通量が減るという点では、歩行者にとっては歩きやすい環境となります。町民の方々にとっても、ハイカーや観光客の方々にとっても、より安全で安心できる通りに変化させることができる可能性を秘めているとも考えます。越生駅周辺商店街も含めて、歴史ある建物や文化の薫り高い景色などが数多く残っていると認識しており、改めてゆったりと、そんな町並みを堪能していただけるような仕掛けを施してみたいとも考えております。

  地元の商店も、スタンプ会ややるっ気クラブの組織力を生かした活動や、商工会が取り組んでいるおごせ一店逸品運動の推進等により、大型店との共存共栄を目指している中で、より一層商店街としておもてなしの雰囲気を醸し出せればと考えております。

  木村正美議員さんのご提案である通行どめにしての空間利用ということに関しましても、今後十分に調査、研究を行い、実現可能な利用方法を考えてまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、質問件名4のデマンドタクシーについてお答え申し上げます。

  まず、(ア)、具体化できない一番の理由でございますが、まず本町の道路網は葉脈のように幹線から枝分かれする路線が多く、特に梅園方面は谷が幾重にもあり、巡回、乗り合いなど困難な地形で、輸送時間が長くなることによる経費負担の増加や利用者も目的時間に間に合わないなど、不都合が生じることが一つの理由と考えます。

  さらに、デマンドタクシーや乗り合いタクシーなどを運行することになった場合、既存のバス路線が廃止される可能性が十分あると懸念され、このことも具体化できない大きな理由であると考えています。

  次に、(イ)、実現可能な方策でございますが、経費の問題、運行実施に伴う関係法令の整備などございますが、地域住民の協力を得て実質経費をお支払いし、エリアごとにボランティアで送迎していただく方法や、現状の高齢者福祉タクシー利用料金助成事業を拡充させる輸送サービスなどが考えられます。今後、調査委員会設置を含め、検討してまいりたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 戸口総務課長。

          〔総務課長 戸口 章君登壇〕



◎総務課長(戸口章君) 木村正美議員さんの質問のうち、質問件名2、県道バイパスの開通に関する件について、質問要旨(1)、西和田、如意地区の手押し信号機について、総務課よりお答え申し上げます。

  まず、県道新飯能寄居線の信号機の設置状況ですが、成瀬交差点の定周期式信号機、西和田地内の越生高校北交差点の定周期式信号機、西和田地内のカインズホーム東側交差点の押しボタン式信号機、山吹大橋東交差点の定周期式信号機、しらさぎ団地入り口の押しボタン式信号機、如意地内の箕和田方面への丁字路交差点の手押し式信号機の6カ所が設置されております。

  今回の質問の箇所は、西和田地内のカインズホーム東側交差点の押しボタン式信号機、如意地内の箕和田方面への丁字路交差点の押しボタン信号機の関係だと思いますが、まず西和田地内カインズホーム東側交差点につきましては、地元区長からの要望を受け、町では西入間警察署へ定周期式の信号機設置を要望してまいりました。今回、定周期式の信号機が、今年度中に設置されるとの連絡をいただいているところでございます。

  また、如意地内の丁字路交差点の押しボタン式信号機につきましては、平成14年12月に設置され、平成18年度から毎年定周期式信号機への改良ということで要望をしているところでございます。今後につきましても、引き続き要望をしてまいりたいと思います。よろしくお願い申し上げます。



○議長(長島祥二郎君) 青柳学務課長。

          〔学務課長 青柳 高君登壇〕



◎学務課長(青柳高君) 木村正美議員の質問件名3についてお答え申し上げます。

  (1)についてお答えします。学校給食で使用している食材に関しましては、生産地を確認した上で購入しております。また、放射性セシウムや残留農薬について安全と言われている食材を購入しておりますので、ご理解いただきたいと存じます。

  (ア)のコストアップが発生した場合については、給食の質を落とすことはできませんので、給食費の値上げを検討しなければならないと思います。

  (イ)の地場産食材の購入に関しましては、現在はお米、梅干し、練り梅、ユズに関してですが、地場産を利用しております。週3回の米飯のうち2回を越生産のお米で、1回を埼玉県産のお米で対応しております。野菜等に関しても地元のものを利用したいのですが、JAいるま野越生支店とも協議しましたが、安定した量の確保ができないという理由から利用できておりません。

  また、通告にはなかったのですけれども、地場産食材について児童、保護者に対してということですけれども、月1回給食だよりを献立表と一緒に出していますけれども、その中に掲載されております。

  (2)に関しましてお答えいたします。新学習指導要領にて武道が必修化されました。このことにより、すべての中学校で武道が実施されるわけですが、県で配当されている教員数の中で可能な授業時数で実施となっております。越生中学校においても十分に対応できる教員数が配当されていますので、ご理解ください。

  部活動の顧問に関しましては、配当された教員の中で学校が工夫しているところでございます。教育委員会では、学校からの要望の出た部活動に関しましては、外部指導者を配置しております。現在、柔道、ソフトテニスの男女、サッカーで4名を町費にて配置しております。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 保積まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 保積辰行君登壇〕



◎まちづくり整備課長(保積辰行君) 木村正美議員さんの質問のうち、5、町内一斉清掃日の設定について、6、県事業水辺再生プランについて、まちづくり整備課よりお答え申し上げます。

  まず、町内一斉清掃日の設定についてですが、4月の区長会において、生活環境担当が全区長さんに対し地域の美化運動の一環としてゴミゼロの日清掃の実施について説明し、協力の依頼を申し上げております。しかし、各行政区の予定もあると思いますので、日程を決めての一斉清掃というお願いはしておりません。

  なお、(ア)の当日集めたごみを当日処分していただきたいということですが、各区とも日曜日に清掃する地区が多いようです。ごみを処理する保全組合が土、日休業となりますので、ごみ集積所の隣などに集積していただき、町職員が翌日の月曜日に回収し保全組合へ搬入する方法をとっておりますので、ご理解いただきたいと存じます。

  次に、(イ)の作業マニュアルの徹底についてですが、刈った草を故意に川に流す行為は、どの行政区も行っていないと思いますが、今後、区長会の説明時に注意事項としてお話ししたいと存じます。

  次に、6、県事業水辺再生プランについてですが、これは平成22年12月議会の一般質問の答弁と一部重複いたしますが、ご了承願います。県では、「清流の復活」、「安らぎとにぎわいの空間創出」を2本柱とした川の再生に向け、平成20年度より水辺再生100プランに取り組んでおります。水辺再生100プランは、県民だれもが川に愛着を持ち、ふるさと埼玉を実感できる「川の国埼玉」の実現を目指し、県内100カ所において取り組んでいる事業です。

  (1)につきましては、越辺川のJR八高線鉄橋から運動公園までの約1.6キロの区間を、平成22年度から平成23年度までおおむね2年間で、水辺に憩いの場となる眺望、スポーツ、親水広場、水辺散策路、花見、梅の木広場、川原、憩いの広場、環境保全、自然ふれあい、樹林地保全、観察広場、桜並木等の各ゾーンを設け、遊歩道でつなぐというものです。また、この事業は計画整備段階から地域の皆さんのご意見を取り入れるため、越辺川における川の検討委員会を立ち上げ、8月までに5回開催し、貴重な意見をいただき事業に取り組んでおります。

  (2)の完成後の維持管理につきましては、川に面した自治会、地域の団体、越生町、埼玉県等で協働のもと、適切な維持管理を行い、常にきれいな状態を保つことを視野に入れております。また、それぞれの範囲、担い手につきましては、検討委員会において現在検討中でございます。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、木村正美議員さんの質問件名7の(1)、(2)、(ア)についてお答えをいたします。

  まず、(1)でございますが、世界無名戦士の墓の管理につきましては、財団法人世界無名戦士の墓顕彰会で行っております。町といたしましては、5月に開催される世界無名戦士の慰霊大祭並びに越生町戦没者追悼式を顕彰会と合同で行っており、これに対しまして、町から年額62万円の補助金を交付しております。また、埼玉県から管理費として、年額23万円、戦没者追悼式経費補助として20万円が直接顕彰会に交付されております。

  次に、(2)と(ア)でございますが、5月の慰霊大祭には、埼玉県知事、衆議院議員、県議会議員等の主立った方には案内状をお渡ししておりますが、それ以外では国賓クラスの参拝や献花についてのご来臨の働きかけは特に行っておりません。

  また、四、五年前に埼玉県に対して、世界無名戦士の墓を県管理の施設としていただきたい旨の要望を、顕彰会が行った経緯があったようでございます。しかしながら、世界無名戦士の墓は財団法人顕彰会の所有であり、また建立当時からの経緯や財政面などがネックとなり、県との協議が進まなかったようでございます。したがいまして、埼玉県の管理となれば、公園としての整備や道路改修程度であれば、要望できるものと思われますが、現状では難しい状況でございます。当面は、貴重な世界平和を祈る慰霊の場所とあわせて、ハイキングなど主要な観光拠点として活用してまいりたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 零時02分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時30分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 再質問に先立ちまして、先ほどの私の一般質問の中で通告書の内容と相違した形で質問してしまいまして、議長並びに事務局を初め、皆様方に大変ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます。

  それでは、再質問をさせていただきます。残り20分ぐらいということでございますので、何点かに絞らせていただいて質問させていただきたいと思います。

  まず、地デジの件でございますけれども、先ほどのご答弁の中で、幸いにして越生町においては、難視聴の世帯はほとんどないのではないかと推測されるということで、大変よかったと思います。その中で、対策を施していただいたところが当然あるのでございますけれども、衛星放送を、要するにアンテナを無償でつけていただいたと。難視聴も解消されたということなのですけれども、よかったよかったという後にNHKの方が来られまして、BSの契約をしていただくことになりましたというお話で、月々930円か何かわからないですけれども、通常の放送の聴視料とは別にBSのお支払いいただかないと困るのですよということで、半ば強制的に、BSも見たこともないのに、これから見るつもりもないのに、地デジで普通の放送が見られればいいのだけれども、BSの受信料を契約させられたと。何か詐欺ではないですけれども、ついてしまったところは、それは払わなくてはならないのかもしれませんけれども、その辺についてまた総務省のほうの管轄ということになってしまうと、答弁はそれで終わってしまうかもしれませんけれども、町で難視聴地域の回覧を出した経緯がございますので、その辺の事前の説明、そういう料金が今後かかってしますというような説明はいただいていたのでしょうか、ちょっと確認をさせていただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 木村正美さんの再質問にお答え申し上げます。

  地デジ難視地域につきましては、あらかじめデジサポのほうで通知をなさったわけでございますが、一般的にもBS放送に関しましては経費が必要になってくるかと思うのですが、町のほうに説明においでになって、難視対策として、暫定的な措置として衛星放送ということで事前にお知らせをしたわけですけれども、その説明に町においでになったときに、BSアンテナに対する負担というものは特に説明はございませんでした。ただ、これも暫定的な措置でございまして、チューナーの貸し出しですとかBSのアンテナの設置工事を無償で行うということでございまして、BSの関係につきましては、既存でも有料ということでございましたので、その辺の説明は特になかったのかなというふうに解釈してございます。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) 町のほうで聞いていなかったということであれば、それまでのことなのですけれども、その辺の説明が、やっぱり年寄りのひとり暮らしでテレビだけを唯一の楽しみにしているという方も多いわけですので、BSというか、地デジが映ってよかったなと思った後から、そういった年金暮らしでなかなかお金も少ない中で、そういったものを出さなくてはならないというようなことが事前に連絡がなかったと。制度ですから、払わなければならないのは仕方がないのかと思いますけれども、やはりそういったところを気遣いというか、当然のことだから、そんなの当たり前ですよということなのですけれども、やはりそういうことを知らないお年寄りもいらっしゃるわけですので、そういうところまで配慮をしていただければよかったかなというふうに思います。

  BS放送というのは、いろいろな可能性を秘めている放送であるとお聞きしております。データを取得すると、越生町のその日の天気が出たりとか、天気の状況がテロップで出たりということですので、今後そういった情報弱者に、テレビを見られないお年寄りというのは多分いらっしゃらない。なかなかパソコンを開けないという方はいらっしゃるかと思いますけれども、そういった地上波デジタル放送をぜひうまく活用して、テレビを見られる方には越生町の個別の情報を発信できるような、そういった取り組み等も、これは放送局の問題がありますので、町だけでどうのこうのということはできないかと思いますけれども、そういったぜひいろいろな可能性がある放送システムだと聞いておりますので、ご検討いただければと思います。いろいろ質問したいのですけれども、次の質問をさせていただきます。

  バイパス開通に伴う件ですけれども、そのうちの2番のほうで越生の旧道を利用して活性化を、旧道というか、旧道でいいのかどうかわからないですけれども、要するにバイパスができると、市街地を走るのは旧道というような形になると思うのですけれども、これの活性化についてですが、以前越生まるごと博物館というような、そういった構想の声をどこかで私耳にしたことがあるのですけれども、このたび残念ながら廃業を決められました来陽の越生酒造さんの酒蔵とかそういったものを、個人の所有物ですから、なかなか勝手にはできないでしょうけれども、利用させていただくとか、壊されてからでは、きのう浅野議員さんの質問の中にも出てきましたけれども、壊されてしまったものはなかなか復元するのが大変でございます。そういう構想がもしあるのであれば、早目に手を打っていただきたいと思いますけれども、その辺の取り組みはどんなふうにお考えなのでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 宮崎企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) それでは、木村正美議員の再質問にお答え申し上げます。

  昨日、浅野議員さんのご質問の答弁でも申し上げましたとおり、バイパスが開通いたしますと交通量が減るということで、歩行者にとっては歩きやすくなる環境が導き出されたりいたします。越生駅の周辺ですとか市街地を含めて、歴史ある建物とか文化の薫り高い景色などを改めてゆっくりと堪能していただけるような工夫も、これから施してみたいということで、今後、そういったことについて検討をしてまいりたいと思います。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 大沢生涯学習課長。

          〔生涯学習課長兼公民館長 大沢昌文君登壇〕



◎生涯学習課長兼公民館長(大沢昌文君) 木村議員さんの再質問にお答えさせていただきます。

  越生町は、まるごと博物館構想というのは、一応長期総合計画で掲げております。今、お持ちかどうかわかりませんけれども、第五次越生町長期総合計画の計画書の108ページに前期基本計画がございます。その中で郷土文化の振興と伝承というところの具体的な施策として、越生町はまるごと博物館構想の具体化を目指しますというふうな計画を掲げております。この構想は、越生町は観光資源がたくさんあるということと指定文化財がたくさんあるということで、いわゆる青空構想といいますか、越生はどこへ行ってもいろいろなものがあると。そんな構想を掲げて、これからも観光振興、生涯学習の振興に努めていこうというような計画でございまして、今、点在している観光資源、文化財をどのようにやっていこうか、どのようにやっていけば観光振興、文化財保護に努めていけるか、町民の学習の一つのものにもしたり、伝承文化を振興したりとか、そういった形の総合的な観点から具体化をしていこうというあくまでも計画でございまして、一つの箱物を、博物館だからといって、箱物をもちろんつくるというふうなことではございません。

  全体的なまちづくりの一つの大きな構想といいますか、計画といいますけれども、町の活性化ということも含めまして、伝統芸能、技術、それから郷土愛をはぐくむといったような、観光PRももちろん含めまして、そういった構想を掲げておるところでございます。具体化を目指すというふうなことでございますので、パンフレットをつくる、キャッチフレーズをつくるといったようなことも含めまして、具体化というふうな形に努めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 木村議員さんの再質問にお答えいたします。

  今の現道の県道は、通行量がかなり減ると思いますが、越生町は前から申し上げましたとおり、建物が結構昔からのが残っておりまして、価値があるものでございます。例えば越生駅とか、それから駅前の法恩寺さん、ずっといろいろな方に調査していただいております。川越の蔵の会の皆様方にも、法恩寺さんとかいろいろずっと町なかの蔵を見て回っていただきました。そして、今、岡野家住宅というのが、これは昔の絹屋さんの建物でございますが、それが国の登録文化財になっております。そして、また上町の改農園さんの跡も昔の島野さんの跡でございまして、これも150年からたっている建物でございます。中を見ると、非常におもしろいものがあります。

  そういうようないろいろ皆さん知識があったり説明をしていただきながら見ていただくと、非常にいいところがたくさんございますので、それが観光資源の発掘というふうに前から申し上げておりましたが、そのようなのを交通量が減って大型車がほとんど通らなくなれば、きょろきょろして歩くのも可能と思いますので、そういう点で町なかの説明を聞きながら見て歩くようなことも進めてまいりたいと思います。

  そして、県もただいまこれを推奨して、今度進めていただくことになりまして、彩の国の景観・まちづくりということで、歴史のみち広域景観形成プロジェクトというのをつくって、六十幾つか県内でしたのですけれども、越生町もそれで調査をしていただいております。だんだんと形をなしてくると思います。

  あと、越生酒造さんのことですが、これは非常に個人のものでありますし、高額になりますので、ちょっと難しいのではないかというふうに思います。私は、織物会館を残すために一生懸命努力してどうにもならなかった経験がありますので、あのとき町にそういう構想があったら、本当にあれはビジターセンターとして非常に役に立ったと、今も非常に残念に思っております。しかし、蔵のほうはまた非常に面積が広うございまして、なかなか困難ではないかと。本当はあれをどういう形でか事業を続けていただけるようなことが、一番望ましいというふうに思っております。しかし、町が買い取ってどうとかというのは、非常に困難ではないかというふうに思っております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。



◆2番(木村正美君) ただいま、町長も含めてお答えいただきました。ありがとうございました。

  きのうからきょうにかけて町の歳入のということの中のお話の中でも、企業誘致ということが盛んに言われていたのですけれども、なかなか難しいということであれば、もともと昔からの観光資源を、やはりそっちに力を入れるというのも一つの町の考え方かと思います。いろいろな構想があるようですので、構想だけでなくて、ぜひ実現していただいて、町のプラスになるような方向でぜひお考えいただきたいと思います。

  あと、この後、デマンドタクシーについてたくさん聞きたいことがあったのですけれども、5分を切ってしまいましたので、そこはまた次回以降の私の宿題にさせていただきまして、7番目の無名戦士の墓についてでございますけれども、財団法人顕彰会というところが管理しているということだそうですけれども、この点について手短にちょっとご説明をいただければ。どういう組織でどういう管理になっているのかということを、簡単にご説明いただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、木村正美議員さんの再質問にお答えする前に、先ほど答弁を申し上げました点で1点ご訂正をさせていただきたいと思います。

  町の補助金の関係でございますが、慰霊大祭のほうに年額で62万円の補助金を交付しているということでご答弁を申し上げましたが、60万2,000円ということでご訂正をいただきたいと思います。大変申しわけございませんでした。

  続きまして、再質問のほうにお答えをいたします。世界無名戦士の墓につきましては、昭和30年12月8日に落成されたということでございます。ご存じのとおり、納骨堂には海外から帰国された二百余柱のご遺骨が安置されておりまして、戦没者の慰霊とともに世界平和のシンボルとして位置づけられているものでございます。当時からだと思うのですが、県会議員の長谷部議員さんのほうが大変ご尽力をされたと伺っております。当然、維持管理ということになるわけでございますが、現在では政教分離というような観点からも、財団法人の顕彰会というところが維持管理をしておるところでございます。メンバー的には、遺族会の方ですとか、歴代商工会長さんあるいは法恩寺さんですとか、そういった方で組織されているようでございます。いずれにいたしましても、町で直接維持管理はできませんので、財団法人である顕彰会のほうで維持管理をしていただいているということでご理解をいただければと思います。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 木村正美君。

  最後の質問になるかと思います。



◆2番(木村正美君) 残り1分を切ってしまったので、最後に1つだけ町長にお答えいただきたいことがございます。私もこの町に生まれて、この町が好きで帰ってきた人間でございます。この町を住みやすく、住んでよかった、また住み続けたいと思える町にしたくて、私は議員になりました。町長に1つだけで結構でございますので、この町が将来へ向けて希望につながる何かコメントがあったらお願いしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 木村議員の質問にお答えいたします。

  私は、この町は小規模ではあります。しかし、顔の見える町として、みんなで助け合っていく、そしてあるものを生かす、この自然が越生町の財産でございます。これを手入れをしたいい状態にして、そして次代に申し送りたいというふうに思っております。我々は、今、ただいまを未来の住人から預かっているものでありまして、壊してしまうことは、我々の責任が果たせない。このまま例えば動植物、いろいろなものの宝庫でございます。そういうあるものを生かして、次の世代に送りたいと思います。

  そして、本当は手が入れられていないところを、何とか入れていきたいというふうに思っております。それは、今、日本じゅうが開発の結果の荒れたことになっておりますが、そうではない行き方もあるということを皆さんに示すことになるというふうに思っております。困難な道ではありますが、そのような形で住みよい町というものをつくっていきたいというふうに思っております。人間の顔が見えるということは、隣で孤独死がないという、そういうことになると思います。そういう町にしていきたいと思っております。



○議長(長島祥二郎君) これで木村正美君の一般質問を終わります。



◆2番(木村正美君) どうもありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 1時53分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時00分)

                                              

       ◇ 神 邊 光 治 君



○議長(長島祥二郎君) 10番、神邊光治君。

          〔10番 神邊光治君登壇〕



◆10番(神邊光治君) それでは、質問させていただきます。

  私は、越生町次世代育成支援行動計画について質問させていただきたいと思います。これがそうです。新人の方にもお渡ししてあります。町の計画、全部。

          〔「いただいております」と呼ぶ者あり〕



◆10番(神邊光治君) それから、そのもとになる実施計画も渡っています。

          〔「はい」と呼ぶ者あり〕



◆10番(神邊光治君) 新人議員さん、大変ご苦労さんですが、町がそうした計画書に基づいて事業が進められているということを、最初に申し述べておきたいと思うのです。

  この次世代育成支援行動計画について全体的に読ませて、もちろん何回も今まで読んでいるわけなのですが、まさに基本理念のところにこう書かれています。子育て・子育ちに喜びを実感できるまち、越生という表題で、後段に、子供たちが越生町で育ってよかった、親も、この町で子育てをしてよかったと実感し、地域全体で子育て家庭を支え合える魅力ある町を目指しますと、こうあります。そういう意味では、この計画の最も基本的な部分がここに述べられているわけで、もちろんその後に、後段には、それぞれの計画に対するものが列挙されているわけなのですが、まずこの計画の全面的な実施を求めたいというふうに思います。

  そして、現時点で、これは1のところにも書きましたけれども、22年4月1日から26年にかけての計画ですから、それぞれの項目の到達点についてどうこうするという数量的なものは決めておりませんが、現時点でそうした計画の到達点、各項目の到達点等についてはどんなお考えを持っているかを、まず最初にお伺いしたいと思います。

  2番目に、1番目と共通をするわけなのですが、やはり一つ一つの計画に達成年次、目標年次を決めて、ここまでには少なくともこうしたいというものにしていかなければならないのではないかというふうに思いますが、そこで3番なのです。

  次世代育成の最も重要な課題は、合計特殊出生率にあると言っても過言でないというふうに思います。これをどこまでどう、いつまで引き上げるかという目標については、設定しておりません、残念ながら。ですから、ある意味では計画は立てたけれども、結果的にはその責任は負わない、結果責任は負わないという、そういう形になるのではないかと。そういう結果責任をきちんと負う立場からすれば、先ほど言ったように何をどうすべきか、その目標についてどう能動的に働きかけるかということが求められているというふうに思うのです。

  今の越生町の合計特殊出生率は、この計画書にはないのですが、0.82であります。国が、これは21年度の数字でしょうか。1.39となって、前年に比べて0.02アップしている。そういうときに、越生は全く急降下をして0.82だということなのです。ですから、これは非常に明確であって、何が必要なのか。それは、その後に係るア、イ、ウ、エ、オ、カのことを、具体的な経済的支援をしっかりと立てていく、そのことが今求められるというふうに思います。

  アとして、こども医療費の無料化の拡大、イとして保育料の引き下げ、ウとして子ども手当の拡充。民主、自民、公明の3党合意で児童手当に引き下げられて、ある人については増税になるという状況は、全く越生町の実情からすれば、逆さまなことだと言わざるを得ないわけであります。

  エとして、出生祝金の引き上げ。第2子をぜひ5万円ぐらいにして、第3子は当面30万ぐらいにする必要があるのではないかというふうに思います。先日の議会のときも、第3子への出生祝金については、ときがわ町でも5万円支給しているのです。滑川町は03年に30万円、第3子以降30万円の支給をすることになったのだけれども、この制度を利用する人が多くなって該当者がふえて、07年度からは20万円になったと。しかし、今、継続されている。そのことが、滑川町の国勢調査で、埼玉県で人口増加率が第2位、第1位は伊奈町、出生率では埼玉県1位、こういう数字にあらわれているわけです。これを否定し得ないものだというふうに思います。

  滑川町は、さらに給食費の無料化を実施をしているわけであります。もちろん幼稚園、保育園、小中学校で、私立に行っている人も補助金的な形で支出をして手助けをする。簡単に、言葉はよくありませんが、当初30万円の出生祝金を出して、産めよふやせよとあおっておいて、では産まれたら、その後はほっぽりっ放しでなくて、ちゃんと子供たちが成長するのも、経済的な負担を軽減するということを実現しているのが滑川町であります。ぜひ、一遍に無料化はできなくても、補助制度を設けて、子育て支援をすべきではないかというのがオであります。

  カについては、やはり若者が越生町に住みたくなる施策を進めるということだと思います。一つには、低家賃の町営住宅ないしは民間アパートに住まわれた場合には、家賃補助等を行って、若者の定住を促進するということが求められるというふうに思います。

  次に、越生駅のバリアフリー化の問題について質問させてもらいます。埼玉新聞の8月22日付では、県内の駅でバリアフリー化を進めているのは、2011年度新たにエレベーターやスロープを設置して段差解消を図る。この設置によって、1日平均5,000人で、越生駅もそれの対象になっているのはご存じのとおりでありますが、県内157の駅のうち150駅で段差が解消されるというふうに報じられております。越生町の場合には、プラットホームが狭いとかいろいろな状況があって、なかなか一気に進まないということもあるのでしょうけれども、現在どうなっているでしょうか、お伺いをしたいというふうに思います。

  そして、?として進捗状況、今後の計画、あわせて財政の見通しも含めてご所見をお伺いいしたいのは、越生線の長瀬駅の橋上化で毛呂山町が今年度の予算に計上した予算額は、事業費として8億5,650万円、大変大きな金額であります。越生の駅も橋上化をして便利にしてほしいと願いつつも、長瀬のこの予算を見ると、8億5,000万円を超えるというこの負担にたじろぐ状況がありますが、財政的な見通し等についてお伺いをしたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) それでは、神邊議員さんの質問件名1の?、?、?のア、イ、ウ、それとオにつきまして、保育園の給食費の関係でございますので、お答えをさせていただきます。

  まず、?と?につきましては、あわせてお答えをいたします。次世代育成支援行動計画は、平成22年度から平成26年度までの後期5カ年の事業計画であり、策の実施は平成26年度を最終目標年度とするものでございます。各施策については、体系別に具体的な取り組み内容として記載をさせていただいておりますが、各施策の担当課が継続事業として、また新たな取り組みとして、それぞれ優先順位等を判断しながら総合的に実施しておるところでございます。

  なお、各年度の実施状況につきましては、次世代育成支援対策支援推進法に基づきまして、年1回は越生町次世代育成支援計画推進委員会に報告及び「広報おごせ」で公表させていただいております。平成22年度の実施状況等の公表につきましては、「広報おごせ」8月号に掲載したとおりでございます。特に、計画年度ごとの各施策の実施状況につきましては、ランクづけ等を行い推進委員会に報告いたしまして、ご意見、ご指導等をいただいておるところでございます。したがいまして、最終目標年度は平成26年度でございますが、早期に実施できた施策については継続事業となり、また推進委員会より改善が必要であるとのご指導があれば、見直しを行う体制となっておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、?のアでございますが、こども医療費に関しては、先駆的に中学生まで無料化を拡大しておりますので、行動計画にもありますように、当面は現行制度を継続してまいります。

  次に、イについてでございますが、保育料に関しましては国の徴収金基準額に比べますと、現在でも低く設定されておりますので、改定の予定はございませんが、行動計画に記載されている第3子以降の保育料の無料化については、計画どおり平成22年度から実施しておるところでございます。なお、現在は国からの情報はございませんが、保育料の国の徴収金基準額の改定が行われる際には、内容を確認いたしまして、必要に応じて見直しをさせていただきます。

  次に、ウについてでございますが、平成22年度をベースに、仮に町が単独で5,000円の上乗せをする場合、約7,700万円の財源が必要となります。現在でも非常に厳しい財政状況の中、こうした財源を確保することは非常に困難であると、強く認識しております。現在、子ども手当については、3党における幹事長合意に基づく平成23年度における子ども手当の支給等に関する特別措置法として、来年3月まで延長する見込みでございますので、行動計画のとおり制度の動向に合わせて対応させていただきます。

  次に、オのうち保育料の給食費の関係でございますが、越生保育園では保育料のほかに給食費を徴収しておりませんので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 町民課長。

          〔町民課長 成野 清君登壇〕



◎町民課長(成野清君) 神邊議員さんの質問件名1の質問要旨?のエの出生祝金の引き上げについて、町民課よりお答え申し上げます。

  出生祝金支給事業につきましては、出生を祝福するとともに、その健やかな成長を祈念し、出生児1人につき1万円を支給するもので、平成20年1月から外国人にも対象を拡大いたしました。

  ご質問の引き上げにつきましては、平成26年度までを対象とした後期計画の出生祝金の支給の具体的な取り組み内容として、現行の事業を継続することとしております。財政的に非常に厳しい状況ですが、一時的な経済的支援だけではなく、他のいろいろな支援施策を行動計画に沿って着実に進めていくことが重要であると考えておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。



○議長(長島祥二郎君) 学務課長。

          〔学務課長 青柳 高君登壇〕



◎学務課長(青柳高君) 神邊議員の質問件名1の?、オについてお答え申し上げます。

  現在、給食費は、給食施設建設費を除く町が負担する経費と保護者が負担する食材費で、年間9,000万円かかっております。町が負担する部分は、光熱費、人件費や施設設備の維持費等であり、町負担分と保護者負担分でちょうど半々になります。なお、給食費の支払いが困難な家庭で準要保護家庭には、就学援助費の支給により、給食費を全額支給し対応しております。

  給食費の補助制度、無料化とのことですが、全員を対象にしますと、かなりの支払いを伴います。財政的な裏づけが必要となりますので、現状では実施することは困難であると考えます。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) まちづくり整備課長。

          〔まちづくり整備課長 保積辰行君登壇〕



◎まちづくり整備課長(保積辰行君) 神邊議員さんの質問の1、越生町次世代育成支援行動計画、平成22年から平成26年度についてのうち、?、カ、若者が越生に住みたくなる施策について、まちづくり整備課よりお答え申し上げます。

  ?のカは、越生町次世代育成支援行動計画には記載されておりません。低家賃の町営住宅というご質問ですが、町営住宅という性質上入居条件はありますが、家賃については低廉でありますので、ご理解いただきたいと存じます。

  また、民間アパートの家賃補助制度についても、現在の財政状況から考えておりません。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 神邊議員さんの質問件名2の越生駅のバリアフリー化についてお答え申し上げます。

  今年度4月以降の状況について報告させていただきますと、4月13日にJR東日本高崎支社と東武鉄道のそれぞれの担当者と越生町の3者で打ち合わせを行いました。内容に関しましては、JRが示した越生駅バリアフリー計画の図面をもとに、意見交換が行われたものでございます。JRの説明では、整備の内容は段差の解消、エレベーター、連絡通路、多機能トイレの新設という概要で、東武鉄道と調整を図りながら事業計画を固め、国庫補助金の申請を行っていきたいということでございました。

  しかし、一方で震災の影響が大きく、内部の予算確保も非常に厳しくなっているとの説明もありました。東武鉄道は、平成24年度の国庫補助対象となるよう、できるだけ早期に対応していきたいとの意向でございました。町といたしますと、平成24年度予算編成に間に合うように、両鉄道事業者間で早期に十分に協議してほしいと要望した状況でございます。

  その後、5月19日にJRに電話で状況確認を行いましたが、新たな動きはございませんでした。6月27日に同様にJRに電話で近況を尋ねましたところ、本社において、平成24年度から設計、工事という計画を国土交通省に提出してもらっているとのことでございました。さらに、8月22日の新聞報道の後、JRに電話で確認してみましたところ、経営の合理化を進めるという観点で、改めて整備の方法を検討しているということと、新たな計画案を東武鉄道に提示し、検討してもらっているところであるとのことでございました。このやりとりの中で、町は早期のバリアフリーの実現を望んでおり、平成24年度の予算編成に間に合うように計画案を提示してほしい旨、再度依頼いたしました。

  その直後、東武鉄道に状況確認をいたしますと、JRからの提案検討の依頼は受けているものの、手法や費用面で、東武としては推進困難であり、新たな妥協案を模索するとのことでございました。越生駅のバリアフリー化に関しましては、事業主体が鉄道事業者、特に駅の管理主体であるJRとなっており、町主導で実施できないところが歯がゆい状況でございます。いずれにいたしましても、平成24年度の事業開始を目標に、10月上旬あたりをめどに改めて3者の打ち合わせの場をセットしようと考えております。

  事業費や財源のことに関しましては、残念ながら現在のところ、具体的な金額をご報告することができない状況でございますので、ご理解をいただきたいと存じます。なお、基本的な国庫補助対象事業の負担割合は、国、鉄道事業者、市町村でそれぞれ3分の1ずつとなっております。加えて、県の補助事業でございますが、現行制度で国庫補助対象事業の市町村負担分の2分の1以内で、上限が2,000万円でございます。ただし、平成23年度までの補助事業であるため、24年度以降の制度継続を要望しておるところでございます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) 率直に言って、計画は立てたけれども、何もしないということだよね。計画が立って、目標の言葉は書いてあるけれども、実際にはこれ以上の経済的な支援については、ある意味ではやらないと、簡単に言えば。

          〔「これに書いてあることはやると」と呼ぶ者あり〕



◆10番(神邊光治君) だから、ここに書いてある中での経済的支援以上のことはやらないと。合計特殊出生率、これは町は何で目標を掲げないのですか。



○議長(長島祥二郎君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) 神邊議員さんの再質問についてお答えをいたします。

  いろいろご提案をいただいてありがとうございます。まず、計画に記載されております事業につきましては62事業ございます。それで、先ほど申し上げました推進法によりまして、年1回は推進委員会のほうに実施状況報告ということになっております。平成22年度の実施状況の報告につきましては、A、B、C、D、Eまでランクづけをさせていただきました。Aランクにつきましては実施中、Bランクにつきましては実施予定または一部実施、Cランクにつきましては検討中、Dランクにつきましては平成23年度以降に予定と、Eランクにつきましてはなかなか実施が難しいというような内容で、ランクづけをさせていただいたところでございます。

  平成22年度の報告内容につきましては、62事業のうち、Aランクの実施中というか継続事業となっているものが56事業、Bランクの実施予定、一部実施ということにつきましては1事業、Cランクの検討中につきましては1事業、Dランクの平成23年度以降予定というのはなしでございます。Eランクにつきましては、4事業というような内容でございますので、62事業中58事業につきましては実施済み、継続して実施ということでご理解をいただきたいと思います。

  ただ、何度も恐縮でございますが、現在の財政状況では、どうしても福祉施策につきましても、制度的なもの、法的なもの、こちらにつきましては町でいずれにしても負担をせざるを得ませんので、単費の部分でも今回いろいろご指摘をいただきましたが、上乗せするのはなかなか厳しい財政状況ということでご理解を賜りたいと存じます。

  あと、合計特殊出生率の向上を目標にということでございますが、当然関連はございますが、合計特殊出生率を上げるための計画ではない。施策の体系を見ていただいても、妊娠、出産、子育て、教育、生活環境の整備ということでいろいろ多岐にわたっておりますが、特に合計特殊出生率の向上を目標に上げた計画ではないということでご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) ですから、以前のこれが第1回目というか、前期の計画のものです。このときにも言ったのですけれども、いわゆる合計特殊出生率を向上させる計画書ではないというのは、このときからそういう計画なのです。生まれてきた子供たちを支援をすると。生まれてくる子供に支援をするのではなくて、きた結果に支援をするというのが、この次世代育成なのです。ここではっきりとした計画書の欠陥が、合計特殊出生率を最低でも県のレベルだとか国のレベルまで引き上げようと。そのためには何をすべきかということについては、検討していないのですか。



○議長(長島祥二郎君) 健康福祉課長。

          〔健康福祉課長 岩?鉄也君登壇〕



◎健康福祉課長(岩?鉄也君) 神邊議員さんの再質問についてお答えをいたします。

  確かに今ご指摘をいただいたとおり、現在実施中の事業が多いと、継続している事業が多いということでございます。なかなか新たな取り組みということはできませんが、先ほど申し上げましたとおり、当然関連はございますので、妊娠、出産、子育て、教育、生活環境の整備ということで多岐に施策がわたっている計画でございますので、なるべく若い方が越生町内に転入されてくるということであれば、人口が減少しておる状況でございますので、大変意義ある計画になろうかと思いますが、現状維持が財政状況、大変何度も言って恐縮でございますが、そういう状況でございますので、なかなか新たな取り組みというのは難しい状況でございます。

  しかしながら、現状の人口、越生町の出生人数も平成18年が83人、19年度が85人、20年度が61人、21年度が60人、22年度が74人ということでやや上向きにはなっておりますけれども、大変少ない出生人数だということは十分承知しております。であれば、何か少ない出生人数でございますので、小さな町の取り組みとして何かできないかということで、いろいろ検討させていただきまして、こんにちは赤ちゃん運動ということで、こちらの生まれましたすべての世帯のほうに保健師が出向きまして、健康診断のご案内、予防接種のご案内、また早産をされた場合には、全部ファイルをつくりまして、通常の正常に戻るまでご相談、ご指導等を申し上げているところでございます。何とか越生町といたしましても、転入していただける方あるいは現状妊娠、出産をお控えになっているそういった皆様に対しても、小さい町ながらの特色を生かした施策にも取り組んでおりますので、どうかご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) 後期計画の中に、34ページです。経済的支援の充実という項目があります。現況と課題、何を述べていますか。我が国の経済の深刻な状況の影響を受け、子育て家庭の経済的負担感は以前にも増して強くなっておる。これは現実です。だから、経済的支援の充実だと。この計画書もそういう観点なのです。それは観点はいいのです。それで、経済的支援にこども医療費の支給事業、保育料に関する負担軽減の拡充、子ども手当の普及、啓発、出生祝金の支給、5としてチャイルドシートの購入費の一部助成、こういう項目が入っています。私は、そこにやはり給食費、それから住居手当を入れてほしいというふうに思います。

  それで、今の答弁は何としても撤回してもらわなければならないのは、この計画書には合計特殊出生率を引き上げるための計画ではないという、そういう答弁でした。最も肝心なところで引き上げる努力をしない計画書で、次世代育成になるのですか。次世代縮小支援計画ですよ。町長、答弁いただきたい。ぜひ合計特殊出生率を引き上げる。大前提としての経済的支援の充実の前に、この項目をきちんと計画書に今からでもやはり位置づけて、それを引き上げるためにどうするのか、全庁が考えて計画に盛り込むべきだと思いますが、いかがですか。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 神邊議員さんのご質問にお答えいたします。

  合計特殊出生率というのは、ご存じのとおり15歳から49歳の女性が、そのある1年の間に、今、15歳から49歳のまでの年齢の方がどれだけお子さんを産んだかということで、それをいる人数で、例えば15歳の人が1人産めば、越生町では1年のうちの女性は大体70名です。ですから、70分の1というようなものを足していって、幾つかになるわけでございます。ですから、越生町のような母数の小さいところでは、大変ばらつきがあります。1年で、ある年齢の女性の数は大体70人前後でございます。ですので、合計特殊出生率というのは、かなりばらつきがあるということでございます。もっと大勢の分母であれば、比較的同じような数値になるかと思いますが、ばらつきがあるということでございます。

  そして、私は行政が特殊出生率を上げるだなんだと、それは余り言うべきことではないというふうに思っております。ご家族の状況で、産むか産まないかはそのご家族で決めることでございます。そして、この今の多くの問題は、赤ちゃんの問題よりは、教育の問題あるいは大人に育てても就職があるかどうか、そういう先の見えない状況が、今、子供の出生率は少なくなっているというふうに思います。私は、人口をふやすということはあったとしても、特殊出生率を上げるとかどうとかというのは国の問題でありまして、しかも国であってもそれをどうこうは、大数で見ていくことではありますが、個々に介入するべき問題ではない。ただ、その環境を整えていくというのが、行政の責任であるというふうに思います。

  そして、ここ20年の経済の悪化のために、子供がなかなか生まれていない。それもありますが、団塊の世代のときは非常にたくさん生まれました。そして、その後、その団塊ジュニアのときにまた上がりました。しかし、今、出産年齢の女性の数は減っておりますので、今後とも、そうふえるということは考えにくい。これは、国としてそうなるというふうに思っております。国がサポートする、環境を整える、行政が整えることは、できるだけのことはすべきとは思いますが、生まれるか生まれないかというのは、これはご家族の判断でございます。行政がとやかく言うべき問題ではない。結果的にふえることはあると思います。



○議長(長島祥二郎君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) 次世代育成支援行動計画、その前にはエンゼルプランだとか、その前にもあったと思います。1.27ショック、57ショックでしたっけ。何か政治的に大変な合計特殊出生率が落ちたときに、国を挙げて大きな問題になったのです。だから、町長が言うのは、合計特殊出生率は行政がかかわるべきではないみたいなお話をしていますけれども、全くこれは逆だと。国を挙げて合計特殊出生率が低下をしたものを何とかしなければならないといって、国が法律をつくって、地方自治体にそれぞれの計画をつくらせたのが支援行動計画です。だから、行政がそういうことにかかわる必要がないというのだったら、この計画書そのものがありません。町長、それは撤回してください。あなたのそれは間違いです。明確な間違いです。

  ということは、第1回目の質問で滑川町のことを報告しましたら、国勢調査で人口増加率が埼玉県で第2位、出生率では滑川町は第1位だと言ったら、薄笑ってどうのこうのというような顔をしていました。それは長の立場では違うでしょう。要するに、滑川が何とか町を活性化しようと思ってそうしたきめ細かい行政をしていることは、ある意味で邪道ですか。町長からすれば邪道だと、私には聞こえます。そんなことを言ったら、滑川の町長が怒ります。とんでもないですよ、認識が。この次世代育成支援行動計画の後期計画、後期計画の2年目に入っているわけですから、今からでも遅くはないです。ぜひ大きな柱として、合計特殊出生率をきちんとこの計画の中心に明記すべきではないかと、再度質問しますが、お答えをいただきたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 確かに滑川の合計特殊出生率はふえております。そして、人口もふえております。伊奈町もそうでございます。その理由というのの一番大きいのは、私は東上線のつきのわ駅開設が非常に大きいというふうに思います。そのために住宅がふえ、また人がふえております。そして、そういう家を求める年代の方というのは子育て世代でございます。一番インフラの整備が大きいことでございまして、合計特殊出生率を上げる、そういうことでやっているわけではなくて、いろいろな条件が整備されて人口がふえている。埼玉県内でも人口がふえているのは、確かに働きやすい、そういうようなところでございます。いろいろなことがリンクしてまいりますけれども、合計特殊出生率を上げようと思って幾ら躍起になっても、そのようなことで、行政はそうではなくて、子育てのしやすい環境をつくる、条件を整備するというのが行政の仕事でございまして、今までも、現況どおり続けるあるいはちょっと新しくするという程度でございますが、一生懸命やっております。

  その特殊出生率というのは、結果としてなるものでありまして、数値をどうのこうのというのは、これはその出産年齢の女性がどのぐらいいるかというのは、20年も前からこの生まれる数というのは、少なくともそうたくさんにはならないというのはわかっているわけです。女性が生まれた年から、そういう将来のことは見えるわけでございます。ですから、それは国の今までのあり方でありまして、越生町が特殊出生率を上げようと、結果的には上がってほしいですけれども、もっと産め、産めという話ではない、そのように思っております。



○議長(長島祥二郎君) 神邊光治君。



◆10番(神邊光治君) それは確かに結果として、そういうきめ細かな施策を町が取り入れて、若いご夫婦のいろいろな生活の支援をすることが、結果的には合計特殊出生率の引き上げになることは当然です。合計特殊出生率がまずあってどうすべきかというのではなくて、計画にはそういう観点が抜けているから、ぜひ合計特殊出生率を少なくとも国レベルに引き上げるためには、何をすべきかという項目は入りませんか。国の目標を地方が何とかするために努力をすること。町そのものが、本当……。

  話は余談になりますけれども、滑川の町長が何できめ細かく子育てに対して理解があるのだろう、先見の明があるのだろうということで、仲間内でいろいろな相談をしました。滑川の町長は労働組合の出なのだよ、ある人がそう言ったのです。私も労働組合を、新電元にいたときにやってきました。やっぱり、そういう経験を持った人が長になるということで、行政に立ち向かう観点が違うのかなというふうに率直に思います。ぜひそういう点では、大いに進んだところはまねをすると。

  町長だって中学3年までの医療費の無料化については、どこへ行ったって、越生はこうやって福祉をやっていると宣伝しているでしょう。それは、自分たちで努力をして細かい施策を進めているということは、町を運営する人間にすれば誇りです。そういう誇りを持たずして、行政はできないでしょう。どっちかというと今までもドングリで、高からず高からず、低からず低からずで、よその行政、市町村とレベルを比べて物事を判断する、そういう傾向が多かったのですが、滑川のこの実態を見ていると、町長の決断というのはすばらしいなと思いますけれども、滑川の町長のやり方は邪道だというふうにしか見えない町長は、私から考えれば本当に残念です。

  厳しい経済状況の中でも、少しでも何かをして町の活性化のために努力をするという観点から、ぜひ合計特殊出生率を引き上げるために、そこは文字にしなくてもいいですよ。文字にしなくてもいいから、出生率を引き上げるための施策をもっともっとぜひ進めていただきたいというふうに、強く要望しておきます。

  次に、越生駅の問題です。実施計画の13ページには、24年、25年をかけて整備をするという計画になっております。越生のバリアフリー化による橋上化には、おおむねどのくらいのお金がかかるのですか。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 神邊議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  この春までに鉄道事業者のほうで示していただいたバリアフリー……

          〔「橋上化を言ったのだよね。バリアフリーと言ったのではないよ」

            と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) すべてだろう。

          〔「だから、全体計画が幾らかかるか」と呼ぶ者あり〕



○議長(長島祥二郎君) エレベーター入れてすべてだろう。

          〔「セットだよ、セット」と呼ぶ者あり〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 橋上化につきましては、以前積算をした数字がございますが、十数億の費用を要するということでございましたので、昨年の4月に政策会議を開催しまして、バリアフリーを実施するということで政策会議では決定をいたしまして、その後鉄道事業者と協議を進めてまいりました。この春のバリアフリーの工事に際しましては、おおむね6億ぐらいの費用が必要だということで積算のほうがなされております。先ほども申し上げましたように、国が3分の1、鉄道事業者が3分の1、町が3分の1ということで、概算ですと2億の町の負担がかかるということでございます。

  なお、今現在、県の補助事業がございまして、みんなに親しまれる駅づくり事業というものが23年度で終了になる予定ですが、こちらについても引き続き延期をしていただきたいということで、県のほうに働きかけをしておるところでございますが、エレベーターあるいは多目的トイレ等に対して補助対象経費の2分の1を補助しますということで、上限が2,000万円ということでございます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 最後に質問になりますが、よろしくお願いします。



◆10番(神邊光治君) 要望しておきますけれども、1回目の答弁の中で越生駅バリアフリー計画の図面は、もう役場の職員は見ているわけね。

          〔「どんどん変わっちゃっている」と呼ぶ者あり〕



◆10番(神邊光治君) かなり変わっていますか。

          〔「どんどん変わっている」と呼ぶ者あり〕



◆10番(神邊光治君) いずれにしても、これから計画書が示されて24年度中の予算に計上するとなると、議会にも十分な説明する時間がないと言わざるを得ません。情報が入ったら、できるだけ早く議員には報告していくべきであるし、大変なお金がかかるという点でも、今後の町に対する影響は非常に大きいということを心配いたします。ということで、ぜひ情報が入り次第、できるだけ早く計画書等を議会に示して、参考意見をぜひ聞いていただきたいということを要望して終わります。

  ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで神邊光治君の一般質問を終わります。

  この際、暫時休憩します。

                                      (午後 3時02分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時15分)

                                              

       ◇ 新 井 康 之 君



○議長(長島祥二郎君) 11番、新井康之君。



◆11番(新井康之君) 議長、録音することをお許しください。



○議長(長島祥二郎君) はい。

          〔11番 新井康之君登壇〕



◆11番(新井康之君) それでは、新井康之、質問させていただきます。

  自治基本条例に関しまして、5点質問をさせていただきます。町長は、本年の第1回定例議会で越生町自治基本条例を制定する旨、施政方針で示されました。そして、「広報おごせ」とホームページで、越生町自治基本条例策定検討委員会の委員の募集がされました。自治基本条例に関しては、2000年12月、ニセコ町まちづくり基本条例、これは2005年12月に改正されておりますが、第1号が制定されて、その後全国の多くの自治体で制定されています。

  私は、過去2回、自治基本条例に関して質問していますが、具体的に条例策定が始まり、またこの条例は大変重要だと思いますので、さらに次の点について質問をいたします。ただし、条例の内容については、策定委員さんの素案づくりにかかわりますので、触れないことにいたします。

  1、町長の自治基本条例策定の目的及び基本方針をお示しください。

  2、策定検討委員会は何人で組織するのか、またその内訳をお示しください。そして、この検討委員会の役割、大学の教授等に意見を求めることはあるのか伺います。なお、6月に策定検討委員会委員を15名募集しましたが、8月に同委員を10名再募集しています。これはどういうことなのかお答えください。

  3、自治基本条例の策定スケジュールをお示しください。

  4、役場の職員は、プロジェクトチーム等をつくり検討をしないのか、またその役割について伺います。

  5、一般町民に対する報告等はどのようにしますか。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんの質問件名1の自治基本条例の策定方法を示せについてお答え申し上げます。

  地方分権の流れの中で、地方自治体には自己決定、自己責任の原則のもと、ますますその自主性や主体性が求められるようになっています。このような状況の中で、越生町におきましても、自治に関する基本理念や町政運営の基本原則等を自治基本条例として定めることで、町民自治の確立を図ろうと考えました。

  策定方針といたしましては、この条例の目的が町民自治の確立でございますので、町民の皆さんと行政等が協働で策定作業を進めていくことであると考えています。具体的には、公募による町民の方々などで組織する越生町自治基本条例策定検討委員会で、条例の内容を検討していただこうと思います。また、策定過程につきましては、可能な限り周知できるようにしながら、パブリックコメントにより町民の皆さんのご意見等を伺い、条例案を策定していただこうと考えています。なお、早い時期に講演会を開催し、委員に限らず、たくさんの町民の方に自治基本条例というものをご理解いただきたいと考えています。

  次に、策定検討委員会は何人で組織するのかなどのご質問に関してお答えいたします。この事業を進めるに当たり、まず越生町自治基本条例策定検討委員会設置要綱を準備いたしました。この中で、当委員会は20名以内の委員で組織するとし、内訳といたしますと、町議会議員が2名以内、識見を有する者が3名以内、公募による町民が15名以内でございます。この要領に基づき、6月に1カ月間、広報やインターネットのホームページを通じて町民の方々を公募いたしました。その間に5名の方の応募をいただきましたが、15名に満たなかったため、8月に再度1カ月間、10名の募集を行ったものでございます。

  その結果、再募集で4名の応募がございましたので、公募の町民の方は合わせて9名となり、議員さんを2名、識見を有する方を3名で、合計14名の委員さんによる検討委員会となる予定でございます。なお、会を進めていくに当たり、コーディネーターという立場で城西大学の先生に加わっていただこうと考えております。

  策定スケジュールにつきましては、まず今月末に第1回目の委員会を開催し、協議、検討を始めていただきます。その後のスケジュール案といたしますと、来年の7月までに12回程度の委員会を開催して条例の素案を作成し、町長へ報告することを想定しております。その後、行政側で条例案を作成し、平成24年12月議会に上程し、条例の施行は平成25年4月1日を予定したいと考えております。

  庁内のプロジェクトチーム等ということに関しましては、今後設置する予定でございます。その役割といたしましては、策定検討委員会をサポートするとともに、委員会と協力し取り組みのPRや町民意見の収集等を行っていくこととなります。さらに、策定検討委員会での検討結果をもとに、条例案を策定する部分も担ってもらおうと考えております。

  町民に対する報告ということにつきましては、委員会での検討の経過を随時広報や町のホームページで公表し、多くの方々に条例の策定趣旨等をご理解いただくとともに、パブリックコメントを実施し広く町民の皆さんの意見を伺う機会を設けてまいりたいと考えております。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 町長は、ことしの「広報おごせ」の6月号で、町の基本、町の憲法と言うべき自治基本条例策定のためと、こういうふうにおっしゃっておりますが、私も町の憲法というのは異議はないのですが、憲法にも地方自治法にも自治基本条例は最高法規であるというふうな文言はありません。それであるならば、理論的根拠が必要だと思いますけれども、町長の理論的根拠をお伺いします。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 新井議員さんのご質問にお答えいたします。

  2000年の地方自治法が改正になりまして、1条の2で、自治体は地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うというふうにされました。それで、これによりまして自治体は地域の政策主体として、地方政府というような形に位置づけられたわけでございます。分権改革の推進によりまして、地方自治体が地方政府というような形になりましたので、町民の方、住民の方に、お任せ民主主義ではなくて、自分たちでも政治、地方政府の運営に参加していくのだということを、皆さんに政治的な関心を高めていただく。あるいはとにかく主権者であるわけですから、そういう形で町の行政あるいは議会あるいはいろいろな政策のところに参加していただく。そういう関心を持って見ていただいて、なおかつ今までのように頼んでおいたよという感じだけではなく、主権者としても見ていただくということを皆さんと再認識しようということで、この自治基本条例というものをつくりたいというのが思いです。これは、ずっと今200自治体ぐらい多分つくっていると思うのですけれども、私たちも地方政府の一員であり、町民の方もその住民であるということで、つくりたいというふうに思っている次第です。

  以上で答弁とさせていただきます。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 最高法規という点は異議ないということですけれども、その理論的根拠を示していただきましたけれども、町長は公約で自治基本条例をつくるというふうにおっしゃっておりました。そして、私は町長が当選して、就任してすぐの3月議会で、自治基本条例に関しても質問をしております。そして、ことしの3月議会にも、施政方針演説の質問に対して質問をいたしました。

  早くから自治基本条例というのをつくる予定で町長の頭の中にあったのであれば、もっと早く、町の基本法ですから、町の憲法と言っているわけですから、早く着手すべきであったのではないか。第五次越生町長期総合計画が策定されましたけれども、長期総合計画は自治基本条例の下位の部分に属する。どうしてその逆の現象をしたのかお伺いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) もっと早く着手すべきであったとは思っております。しかし、長期総合計画は23年度からのものでございますので、一緒にやるということも可能と言えば可能だったのかもしれませんが、こちら側は期限があることでしたので、そちらから先にいたしました。本来、基本条例はもう少し時間がかかるものであるとは思っております。ですから、非常に忙しいことになるかと思っております。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 長期総合計画は最後が決まっていたということですけれども、私としては、私が就任直後の一般質問をしていますので、それからすぐ策定作業にかかるのがいつかいつかと待っておったのですが、なかなか策定にかからないと。そして、ことしの3月議会でも業を煮やしてというか、質問したわけです。本当にもっと早く作業に取りかかっていただいて、じっくり策定作業をしていかなければならない、こういうふうに思っております。

  そして、具体的にスケジュールはいつまでですか。最終的に来年の7月までに12回程度の委員会を開催して、条例の素案を作成するということですけれども、12回程度では少ないのではないですか。15名の策定委員さんで12回、もっと慎重に検討しなければならないのではないかと思いますが、どうでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 確かに取り組みがおくれたと。総合計画ができてからにならざるを得ないなとは思っていたのですが、その後募集をいたしましたけれども、ちょっとおくれたという面がございます。本来でありますれば、今ごろは始めていたはずではあるのですが、何分期間がちょっと短くなったとは思います。十分にやるのでありましたら、もう少し本来時間をかけるべきで、しかも町民にどういうものかということを、もっと早く講演会でもすべきだったのだと思っております。応募が少なかったのも、自治基本条例とは何ぞやという、町民の方に余りなじみがなくて、応募が少なかったのかなというふうに思っております。反省する面は反省いたしますが、今度なられる委員さんには一生懸命、本当に夜お願いするわけなのですが、短期間になりますが、中身の濃い議論をしていただいて策定をしてまいりたいというふうに思っております。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 中身の濃い議論はちょっと後に置きますけれども、公募の町民の方は合わせて9名と、先ほど答弁されましたけれども、応募された方は全部採用されたということですね。その判定理由というか、そういうのはどういうことでしょうか。応募者全部を、優秀な方なのでしょうけれども、なっていただいた理由というのはどういうことでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  公募に際しまして、原稿用紙400字詰めの、応募に対する自治基本条例制定に向けての意気込みというものを皆様方にお書きをいただきまして、そちらの内容をもとに応募された9名の方全員を決定したものでございます。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 書いていただいたということで、私は具体的にどの方がなったのかよくわかりませんけれども、優秀な方だと思っておりますが、そういう原稿用紙に書いていただいた内容というものは、具体的にどういうふうなことを書いていただいたのか、ちょっとお伺いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんの再質問にお答え申し上げます。

  応募された方々全員の方が、町に対する強い思いですとか、あるいは自治基本条例策定をみずからが携わってみたい、そのような意気込みというものを、あるいは町をよくしていこうというふうな、そういった内容のものがほとんどでございます。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 先ほど、町長は、ちょっと期間が短いのではないかというようなことをおっしゃっておりましたけれども、私もそのように思います。無理して急いで条例を策定する必要はないのではないでしょうか。ほかの自治体も非常に熱心に何回も何回もやっているところがございます。もっと慎重に、町の基本法であり、町の憲法とまで町長が言っているわけですから、そんなに憲法を簡単につくられては、後々困るのではないでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 確かに時間はこれは短いというふうに思っております。しかし、まず町民の方に、自治法が2000年に変わって以来、やはり越生町も地方政府の一つなのだというようなことを、皆さんにまず、何というか、自治基本条例というのが、もうちょっとなじみのあるものである、あるいはなじみがあるというよりは、何それということから、本当はご説明する講演会とかをすべきだというふうには思っておりますが、若干おくれましたけれども、委員さんの会合の後に、そういうような会をしていきたいと思っております。そして、会合の後、総合計画の策定のときの若干反省もございまして、途中経過を回覧板なり何なりに出していくというようなことを努めることによって、町民の皆様にも中身が、あるいは何をやっているかということをご理解いただけるというふうに思っております。

  ですから、お知らせする面と議論する分と同時並行的に進めながら、なるべくこのときにでき上がるようにしていきたいというふうに思っております。もとより条例でございますから、条例として適切かどうかという法的なこともチェックをしていただかないとなりませんので、町民委員さん、この委員会では、やはりこの程度の時間に出して、それで条例としての法的なチェックというのをしていただきたい。それで、この時期につくりたいというふうに思っております。今は、このスケジュールで進めたいというふうに考えております。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 先ほど、町長みずからも、策定委員の応募が少なかったのは、なじみがなかったのではないかというふうにおっしゃっておりましたけれども、それならば、もっと広報等に自治基本条例に関したことを、一般的な議論として載せるべきだったのではないでしょうか。町民はこの問題に関しては、自治基本条例に関心のある方、非常に先鋭的というか関心のある方はおります。非常に知識のある方もおります。

  しかしながら、ほとんどの人が自治基本条例というのをわかっていないのではないかと。例えて言えば、高げたと草履一遍に履いてぎくしゃく、ぎくしゃくしながら歩いているようなもので、それを平均化するために、草履の人の部分に周知するべきだったのではないでしょうか。これからではちょっと遅過ぎるような気もしますが、いかがでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) これからでも広報で、それでしたら説明をするようにいたします。広報を大勢の皆さんに読んでいただくように、これもまた勧めるようにいたします。確かにスタートはおくれましたけれども、皆さんによく理解していただいて、あるいは講演会をしたり、あるいはそういう委員会の会議をしているところを見ていただくとかあるいはワークショップするとか、いろいろなことで考えてまいりたいと思います。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) わかりました。この自治基本条例というのは、一見利害のある団体というか、直接利害関係が生じてくる業種と言ってはちょっとあれなのですが、そういうのはないですので、比較的簡単に考えてしまう傾向もあるかと思いますが、そうでなくて、今、町長の言うように講演会を開いたならば、その内容を広報等に載せていただきたいと思います。現に川越も川越市長の公約で、自治基本条例を策定する今作業に入っているようです。そして、制定している市町村に研修に行ったようです。そして、先ほどの講演ですか、会合をやりまして、川越の広報なのですが、これは川越のことしの9月10日発行のものですが、「「まち」が変わる!?自治基本条例」と。シリーズ物で、この号は6なのですが、関東学院大学教授、出石稔さんによる自治基本条例連続講座の内容をまとめたものですと、こういうふうなものを載せております。ぜひ越生町もこういうふうにしていただいて、町民の方に知らせていただきたいと思います。

  それで、先ほど城西大学の先生に加わっていただくと。コーディネーターということで加わっていただくというふうにおっしゃっておりましたけれども、この先生の専門というのは何でしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんのご質問にお答えいたします。

  経営学部長という、経営学部でございます。



○議長(長島祥二郎君) 経営学部。

          〔「経営学部」と呼ぶ者あり〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 経営学です。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 経営学部教授ということで、もっと経営学部のどういうことを教えていられるのかお伺いしたいところなのですが、それとは別に、こういう地方自治法とか自治基本条例とか、それに関した執筆なり論文なりを発表されているのでしょうか。どういう基準でこの先生にお伺いしたのでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんのご質問にお答えいたします。

  城西大学の副学長さんにつきましては、第五次長期総合計画の策定に関しましてコーディネーターとしてお世話になった先生でございまして、執筆等につきましては、現在手元にございませんので、今の時点では答弁のほうはできませんので、よろしくお願いいたします。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 私は、この先生が悪いと言っているのではないのですが、ただ大学の先生に頼めばいいというのでは、ちょっと寂しい限りです。長期総合計画のときは、なぜこの先生にお願いしたのか。こういう専門で、こういう論文なり著述をしていると、こういうことで頼むのでなければ、たまたま近いところに大学があって、たまたま来てくれる人がいるから頼んだということでは、この先生は非常に優秀な方だと思いますけれども、自治基本条例の本質もわかっておられると思いますけれども、町のほうのお願いする理由がちょっと何というのか。そうではないでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) この際、暫時休憩します。

                                      (午後 3時49分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時59分)

                                              



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 大変失礼いたしました。先ほど申し上げました経営学部ということでお話を申し上げましたが、経営学部のマネジメント総合学科の中に行政マネジメントコースということで、行政についても知識のある先生でございます。また……

          〔「済みません。もう一度言ってください」と呼ぶ者あり〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) マネジメント総合学科の中に行政マネジメントコースというのがございます。こちらの学科のほうの学部長さんでございます。なお、長期総合計画にコーディネーターとしてお願いしたということで、副学長さんにおかれましては、地方自治やまちづくりなど幅広い分野での実績があるということでお願いをしてございます。また、著書には「サービス戦略」としまして「最新マーケティング総論」あるいは「マーケティングの道標」として、あるいは「サービス・マーケティングの新展開」、そのような著書が13件ほどございます。

  以上でございます。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) わかりましたけれども、この先生は優秀な先生だと思いますけれども、地方自治法関係に関する著述等はされておらないということはわかりました。いろいろ優秀な方だと思いますが、しっかり指導していただいて、講演等はまたほかの先生はお願いするのでしょうか、この先生にお願いするのでしょうか、大体の予定をお示しください。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  講演会の会場としましては、中央公民館の集会室を予定してございます。また、講演の先生につきましては、今の時点では副学……、済みません。中断して申しわけありませんでした。副学長さんの下で准教授に柳下先生という先生がいらっしゃいます。こちらの先生につきましては地方財政に明るい方でございまして、お願いをするということであります。今現在では、まだどなたに講演ということでは決定はしてございませんが、今後講演をいただく先生については、検討して決定をしてまいりたいと思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) お願いする基準をしっかり定めて、いい先生に講演していただくようにお願いをいたします。

  それから、順序が逆になってしまったのですが、町の最高法規ということでありました。それに伴いまして、先日も私が質問したのですが、町の条例とか規則、これに対して自治基本条例ができましたらば、見直さないといけない部分が出てくると思いますが、それに関してはどうでしょうか。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) それについては、見直すことになると思います。ただ、そんなにすぐできるかどうかはわからないのですが、こちらがまず素案ができていろいろもんでいただいた後、議会が通って決まりましたら、それに合わないことがないように見直すことになると思います。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 本来は、自治基本条例ができてからではなくて、一緒に見直し作業も入らないといけないと思いますが、議会に通らなければそれもだめですので、なるべく早くしていただきたいと思います。

  武蔵村山市は、自治基本条例というものを案をつくりましたのですが、いろいろ問題があって議会等が通らなかったので、継続審議となったみたいですが、いろいろあったようですが、結局市長が取り下げたというようなこともあるようです。鳩山町は、早くから制定されたと思うのですが、近隣の市町村で自治基本条例を策定されている市町村はありますか、お尋ねをいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんのご質問にお答えいたします。

  近隣でございますが、先ほど議員さんのほうからもお話がございましたとおり、鳩山町では作成をしてございます。また、鶴ヶ島市……、ちょっと申しわけありません。失礼いたしました。鳩山町、近くですと日高市、鶴ヶ島市、今手元にあるのは2市1町の条例でございます。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 町長。

          〔町長 田島公子君登壇〕



◎町長(田島公子君) 埼玉県では、鳩山町が平成15年4月1日、和光市が16年1月1日、富士見市が16年4月1日、それから久喜市が17年3月1日、吉川市が17年4月1日、秩父市が17年5月24日、坂戸市が平成18年7月1日、新座市が18年11月1日、熊谷市が19年10月1日、美里町が19年10月1日、宮代町が20年4月1日、三芳町が20年6月1日、川口市が平成21年4月1日、三郷市が21年10月1日、済みません。その辺までで、これは22年3月31日現在のところで、まだ新しいところがあるかとは思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) 今、町長がおっしゃいましたように、自治基本条例は非常にたくさんの、埼玉県内でも多くの市町が制定しております。一種のブームと言ってはなんですが、非常にそういう中にございます。

  しかしながら、条例の制定過程で、また町のほうの担当のほうの方にお願いしたいのですが、他の自治体との横並びで、ほかの市町村のを見ながら、お湯をかければすぐでき上がるインスタント食品のように、短時間で、越生は短時間だと思いますが、短時間で自治基本条例づくりをしては、私はいけないと思います。もっと時間をかけて策定すべきではないか。策定委員の任期は来年の7月までですか。もし、これが素案ができなければ、もっと延ばしてもいいと思うのですが、もう一度時間の件と、それから策定委員さんの任期の件についてお伺いをいたします。



○議長(長島祥二郎君) 企画財政課長。

          〔企画財政課長 宮崎 桂君登壇〕



◎企画財政課長(宮崎桂君) 新井議員さんのご質問にお答え申し上げます。

  越生町自治基本条例策定検討委員会設置要領の第4条につきまして、任期の定めが平成24年7月までということで要領が定めてございますが、場合によっては要領の改正ということで臨んでまいりたいと思います。

  また、短い期間の中でということで再三ご指摘をいただいているわけでございますが、内容の濃い充実した条例になるように努力してまいりたいと思います。

  以上です。



○議長(長島祥二郎君) 新井康之君。



◆11番(新井康之君) あと5分ということですので、要望なのですが、繰り返しますけれども、ぜひ町の基本法ですので、いいものをつくっていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

  ありがとうございました。



○議長(長島祥二郎君) これで新井康之君の一般質問を終わります。

                                              



△散会の宣告



○議長(長島祥二郎君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれで散会いたします。

                                      (午後 4時14分)