議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成29年  第1回( 3月) 定例会 03月01日−開会−01号




平成29年  第1回( 3月) 定例会 − 03月01日−開会−01号







平成29年  第1回( 3月) 定例会





          平成29年第1回(3月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第1号)

                         平成29年3月1日(水曜日)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名について
日程第 2 会期の決定について
日程第 3 諸般の報告
日程第 4 後日日程の報告

出席議員(14名)
     1番   下  田  泰  章  議員    2番   平  野     隆  議員
     3番   澤  田     巌  議員    4番   牧  瀬     明  議員
     5番   弓  田  茂  樹   議員    6番   佐  藤  秀  樹  議員
     7番   荒  木  か お る  議員    8番   千  葉  三 津 子  議員
     9番   村  田  忠 次 郎  議員   10番   岡  野     勉  議員
    11番   小  峰  明  雄  議員   12番   高  橋  達  夫  議員
    13番   長  瀬     衛  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      藤  田     努   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      吉  田  英  夫   秘書広報
                                       課  長

   村  木     功   総務課長      大  野     勉   企画財政
                兼選挙管                   課 長 兼
                理委員会                   情報推進
                書 記 長                   室  長

   宮  寺  定  幸   管財課長      大  澤  邦  夫   税務課長
                兼 福 祉
                会 館 長

   小  室  晴  久   住民課長      村  本  英  明   福祉課長

   小  室  永  治   高 齢 者      石  田  麻 里 子   子 ど も
                支援課長                   課 長 兼
                                       保育所長
                                       兼 児 童
                                       館 長 兼
                                       学童保育
                                       所  長

   田  口  雄  一   保  健      古  野  秀  喜   生活環境
                センター                   課  長
                所  長

   村  田  眞  一   産業振興      疋  田  浩  一   まちづく
                課 長 兼                   り 整 備
                農  業                   課  長
                委 員 会
                事務局長

   小  室  唯  男   会  計      岡  田  忠  彦   水道課長
                管 理 者
                兼 会 計
                課  長

   岡  野  昭  弘   教育総務      小  堺  広  司   学校教育
                課  長                   課  長

   伊  藤     清   生涯学習      松  原     啓   学校給食
                課 長 兼                   センター
                中央公民                   所  長
                館 長 兼
                東 公 民
                館 長 兼
                歴史民俗
                資料館長

   小  室  富  保   スポーツ
                振興課長
                兼 総 合
                公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   小  峰  裕  次   事務局長      波  田  裕  一   副 局 長
   田  中  永  子   主  任



                                              



△開会及び開議の宣告



○長瀬衛議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、ただいまから平成29年第1回毛呂山町議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時38分)

                                              



△会議録署名議員の指名



○長瀬衛議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第121条の規定によって、議長において、高橋達夫議員及び堀江快治議員並びに下田泰章議員を指名します。

                                              



△会期の決定



○長瀬衛議長 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

  本件に関し、委員長の報告を求めます。

  議会運営委員長、高橋達夫議員。

                 〔高橋達夫議会運営委員長登壇〕



◎高橋達夫議会運営委員長 おはようございます。議長の命により、委員長報告を行います。

  去る12月8日の本会議におきまして閉会中の継続調査となりました、3月定例会の会期日程等の議会運営に関する事項につきまして審議するため、2月21日午前9時30分から役場委員会室におきまして議会運営委員会を開催いたしました。その経過と結果につきましてご報告申し上げます。

  当日は、各委員及び議長出席のもと、執行部側より担当課長の出席を願い、平成29年第1回(3月)定例会に提出される議案につきましてそれぞれ説明を求め、会期及び議事日程等を慎重に審議いたしました。

  まず、今期定例会は、本日3月1日から3月21日までの21日間といたします。本日は、開会の後、諸般の報告を行います。

  3月2日及び3日は、本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

  3月4日及び5日は、休日のため休会とします。

  3月6日は、本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

  3月7日は、本会議を開き、議案第1号及び議案第15号から議案第22号までの提案者の説明、質疑の後、所管の委員会に付託いたします。また、議案第2号から議案第14号までの提案者の説明、質疑、討論、採決を行います。

  3月8日から3月20日までの13日間は、委員会審査及び休日等のため休会とし、8日は総務文教常任委員会並びに生活福祉常任委員会を、9日、10日、13日、14日及び16日は、予算決算常任委員会をそれぞれ開催していただきます。

  3月21日は、本会議を開き、議案第1号及び議案第15号から議案第22号までの委員長報告、質疑、討論、採決を行います。また、議会運営委員会の閉会中の継続調査について採決していただき、全日程を終了する予定でございます。

  以上申し上げました会期及び議事日程を全員異議なく決定いたしました。

  以上で委員長報告を終わります。



○長瀬衛議長 お諮りします。

  ただいまの委員長の報告のとおり、本定例会の会期は、本日3月1日から3月21日までの21日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○長瀬衛議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日3月1日から3月21日までの21日間と決定しました。

                                              



△諸般の報告



○長瀬衛議長 日程第3、諸般の報告を行います。

  初めに、地方自治法第180条第1項の規定による専決処分1件の報告がありました。詳細については、お手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、監査委員から、平成28年12月、平成29年1月、2月実施の例月出納検査の結果について及び子ども課、保育所、学童保育所、児童館、福祉会館、管財課、高齢者支援課、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、公民館、生涯学習課、特定非営利活動法人毛呂Book、歴史民俗資料館、学校教育課、教育センター、税務課、まちづくり整備課、教育総務課、農業委員会、産業振興課、農業集落排水事業会計、出雲伊波比神社やぶさめ保存会、毛呂山町商工会、毛呂山町産業まつり実行委員会、スポーツ振興課、保健センター、学校給食センターの定期監査結果の報告がありました。報告書は事務局に保管してありますので、随時閲覧願います。

  次に、町長から議案の提出がありました。それぞれお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△町長の挨拶



○長瀬衛議長 町長から発言を求められておりますので、これを許します。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 おはようございます。議長から発言のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

  本日ここに、平成29年第1回3月町議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご健勝にてご参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。

  初めに、平成23年3月11日に発生いたしました東日本大震災から6年が経過しようとしております。震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ふるさとを離れ、今なお避難先において生活を続けておられる多くの方々が一日も早くもとの生活に戻れることを心よりお祈りをする次第でございます。

  毛呂山町では、震災直後から被災地の復興を支援してまいりましたが、震災から6年が経過し、メディアなどでも取り上げられることが少なくなってきております。当町におきましては、震災の記憶を風化させることなく、今後も被災地に寄り添った復興支援を継続していくとともに、被災地の教訓を町の防災対策に生かしていきたいと考えております。

  さて、国内外の状況ですが、1月21日に第45代アメリカ大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。選挙期間中よりその発言が大きく取り上げられ、物議を醸してきたトランプ大統領が就任したことにより、就任後の世界情勢あるいは日米同盟や通商問題がどうなるのかが注目されてきました。就任後も同様の発言が繰り返される中、2月11日に日米首脳会談が行われました。事前の発言とは打って変わり、首脳会談では和やかな雰囲気に包まれ、心配された日米同盟や通商問題に関して意見の対立もなく、両首脳が親密ぶりをアピールする結果となりました。第1回目の首脳会談としては上々の成果と言えるものでしたが、通商問題などについては今後新たな協議の場を設けるとのことになり、その結果によっては日本経済にも大きな影響を及ぼす可能性がありますので、今後も目が離せない状況となっています。

  町内の状況ですが、昨年につきましては、皆様ご存じのとおり、瀬戸大也選手が毛呂山町で初のオリンピックメダリストになりました。瀬戸選手のオリンピック出場に関しましては、議員各位、多くの町民皆様の多大なるご協力をいただき、パブリックビューイングを初め報告会などさまざまなイベントを開催することができました。この場をおかりしましてご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。また、オリンピック終了後も瀬戸選手がテレビ出演などで毛呂山町を広くアピールしていただいているおかげで、日本全国に毛呂山町の名前が知れ渡りました。瀬戸選手に対しましては、今後も東京オリンピックに向け応援を継続していきたいと考えておりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

  一方、昨年も日本国内においては災害の多い年となってしまいました。4月の熊本地震、8月の台風被害など日本全国災害の起こらない場所はないような状況となっております。特に8月の台風9号に関しましては、町内においても大雨により道路の冠水や河川の増水などがあり、私も現場を確認しましたが、当町においても既に自然災害が背後に迫っているような感想を抱きました。町内に被害が起こらないことが第一ですが、町民生活に大きな被害を及ぼさないよう、安全、安心のための災害対策をしっかり行ってまいる所存でございます。

  さて、当町における財政状況でございますが、平成29年度一般会計予算の歳入におきましては、年初来株価が1万9,000円台で推移し、少子高齢化に伴う人口減少等により、町税については前年度に比べて減少しております。一方、地方交付税に関しましては、前年度予算に比べまして増加となっております。また、歳出におきましては、少子高齢化に伴う社会保障関連経費の増加や教育施設を中心とした各種施設の老朽化対策等により今後も増加する傾向にあります。

  こうした状況の中、平成29年度の予算編成に当たりましては、第五次毛呂山町総合振興計画及び総合戦略で掲げられた目標である「毛呂山町の個性あふれるまちづくり」を基本とし、費用対効果の観点から優先順位に基づく事務事業の選択を行い、「安全で安心に暮らせるまちづくり」及び「協働によるまちづくり」に沿った予算編成をいたしました。また、地方創生の極めて重要なテーマである地方自治体がみずからの発想と創意工夫により地域の独自性や先駆性、自立性のある施策を展開していくことにより、新たな雇用創出や若い世代の結婚、出産、子育ての希望をかなえ、町の魅力を高めていく施策を展開していく所存でございます。

  それでは、平成29年度の主な取り組みにつきましてご説明申し上げます。

  初めに、定住促進事業では、町外に住む子育て世帯が町内に住む親世帯と同居や近居をするために住宅購入や改修をする場合に、その費用の一部を補助する親と一緒に子育て応援事業を実施いたします。また、定住促進と空き家対策として、町内の空き家を取得し、その空き家を改修する場合の費用の一部を補助する定住促進空き家改修事業を実施いたします。両事業とも補助金の上限は30万円といたします。なお、その他の定住促進策として、地方創生推進交付金を活用して本町の魅力のPRと不動産業者と連携した空き家の紹介等を行う情報サイトをインターネット上に開設する予定でございます。

  町内循環バス事業では、交通状況や地域の要望等を踏まえダイヤやルートの見直しを行った生活交通確保維持改善計画に従い、平成29年10月1日より新たな運行を開始する予定でございます。

  子育て支援関連事業では、子育て支援拠点の一つである子育て支援室を東公民館から保健センターへ移設します。保健センターへ移設することで、これまで以上に一人一人の利用者に寄り添ったサービスの充実が図れるものと期待しております。

  また、児童館に関しましては、子供たちが快適に利用するため、2階の空調設備の改修工事を実施いたします。

  保健関連事業では、妊娠期から出産、子育て期までを切れ目なくワンストップで各種支援を実施する「子育て世代包括支援センター」を設置する予定でございます。母子保健コーディネーターが関係機関と連携し、きめ細かく相談に応じながら各種サービスの利用を支援し、育児不安の解消や虐待予防を図ります。

  また、検診の数値から糖尿病と思われる者に対して、医者への受診の勧奨や保健指導などを行い、重症化を予防する事業を埼玉県国民健康保険団体連合会に委託して実施いたします。

  防犯事業では、CO2の削減と電気料金の削減を図るため、約3,000基の防犯灯をリース方式によりLED化いたします。

  産業振興事業では、農産物の供給の多様化と販路拡大のため、農産物加工研修センターに集荷場と搾汁室を追加する増築工事を実施いたします。

  また、県営事業による農業用ため池の緊急耐震化対策事業である鎌北湖の堤体の耐震化工事を行うため、土地改良法に基づく法手続を実施いたします。

  町道整備事業では、町道第1224号路線道路改良工事ほか9路線の工事を行い、生活道路の整備を実施いたします。

  公共施設関連事業では、役場庁舎の5階屋上の防水工事と給水設備の改修工事を実施いたします。福祉会館においては、老朽化した舞台照明器具の改修工事を実施いたします。

  教育施設関連事業では、毛呂山中学校体育館につきまして、老朽化に伴う不良箇所や非構造部材の耐震化を含む改修工事を行うための設計業務委託を実施いたします。

  川角中学校体育館につきましては、老朽化に伴う不良箇所及び非構造部材の耐震化対策を含めた大規模改造工事を実施いたします。また、両中学校の武道場に関しましては、文部科学省の基準によりつり天井の落下防止対策工事を実施いたします。

  ほかの教育施設関連事業では、東公民館外壁の木部の腐食、変色、変形等が顕著になってきたため、耐久性のあるサイディングに交換し、柱などを再塗装する工事を実施いたします。

  総合公園の体育館につきましては、電話機更新工事、自動給水装置交換工事、駐車場連絡通路設置工事、高圧施設改修工事及び非構造部材耐震化点検業務委託をそれぞれ実施いたします。

  生涯学習関連事業では、町内小学校在学の4年生、5年生を対象に月2回、土曜日の午前中に国語や算数のドリルを行うことによって学力の向上を図る土曜日の地域学習支援事業を実施いたします。

  水道事業では、配水施設整備事業といたしまして、重要給水施設配水管布設工事2件、老朽管更新工事4件を、また水道管布設工事に伴う舗装復旧工事を2件予定しております。

  以上の事業等を踏まえた平成29年度の各会計の予算規模でございますが、一般会計93億3,700万円、国民健康保険特別会計52億2,454万9,000円、農業集落排水事業特別会計2,875万4,000円、介護保険特別会計22億681万円、後期高齢者医療特別会計3億7,777万3,000円、水道事業会計では収益的支出及び資本的支出を合わせて12億3,978万1,000円、一般会計、特別会計合わせまして184億1,466万7,000円でございます。

  平成29年度の予算案は、昨年の全会計予算総額と比較し4.13%、7億9,274万1,000円の減額でございます。

  以上、平成29年度を迎えるに当たり施策の概要等を述べましたが、今後とも「協働によるまちづくり」の基本理念を踏まえ、町民の立場に立ち、個性あふれる毛呂山町を築くため最大限の努力をしてまいる決意でございます。

  今定例会に提案いたしました案件は、条例の制定1件、条例の一部改正8件、補正予算5件、当初予算6件、町道の路線の認定廃止各1件、報告1件、合わせまして23件でございます。

  何とぞ慎重ご審議の上、速やかなるご議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  以上です。

                                              



△後日日程の報告



○長瀬衛議長 本日はこの程度にとどめます。

  明3月2日は午前9時30分から本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

                                              



△散会の宣告



○長瀬衛議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  本日はこれにて散会いたします。

                                      (午前 9時58分)