議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成28年  第4回(12月) 定例会 12月07日−一般質問−05号




平成28年  第4回(12月) 定例会 − 12月07日−一般質問−05号







平成28年  第4回(12月) 定例会





         平成28年第4回(12月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第5号)

                        平成28年12月7日(水曜日)午前9時30分開議

日程第 1 町政に対する一般質問
日程第 2 後日日程の報告

出席議員(14名)
     1番   下  田  泰  章  議員    2番   平  野     隆  議員
     3番   澤  田     巌  議員    4番   牧  瀬     明  議員
     5番   弓  田  茂  樹  議員    6番   佐  藤  秀  樹  議員
     7番   荒  木  か お る  議員    8番   千  葉  三 津 子  議員
     9番   村  田  忠 次 郎  議員   10番   岡  野     勉  議員
    11番   小  峰  明  雄  議員   12番   高  橋  達  夫  議員
    13番   長  瀬     衛  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      藤  田     努   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      吉  田  英  夫   秘書広報
                                       課  長

   村  木     功   総務課長      大  野     勉   企画財政
                兼選挙管                   課 長 兼
                理委員会                   情報推進
                書 記 長                   室  長

   宮  寺  定  幸   管財課長      大  澤  邦  夫   税務課長
                兼 福 祉
                会 館 長

   小  室  晴  久   住民課長      村  本  英  明   福祉課長

   小  室  永  治   高 齢 者      石  田  麻 里 子   子 ど も
                支援課長                   課 長 兼
                                       保育所長
                                       兼 児 童
                                       館 長 兼
                                       学童保育
                                       所  長

   田  口  雄  一   保  健      古  野  秀  喜   生活環境
                センター                   課  長
                所  長

   村  田  眞  一   産業振興      疋  田  浩  一   まちづく
                課 長 兼                   り 整 備
                農  業                   課  長
                委 員 会
                事務局長

   小  室  唯  男   会  計      岡  田  忠  彦   水道課長
                管 理 者
                兼 会 計
                課  長

   岡  野  昭  弘   教育総務      小  堺  広  司   学校教育
                課  長                   課  長

   伊  藤     清   生涯学習      松  原     啓   学校給食
                課 長 兼                   センター
                中央公民                   所  長
                館 長 兼
                東 公 民
                館 長 兼
                歴史民俗
                資料館長

   小  室  富  保   スポーツ
                振興課長
                兼 総 合
                公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   小  峰  裕  次   事務局長      波  田  裕  一   副 局 長
   田  中  永  子   主  任



                                              



△開議の宣告



○長瀬衛議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時45分)

                                              



△町政に対する一般質問



○長瀬衛議長 日程第1、町政に対する一般質問を行います。

  順次質問を許します。

                                              

         ◇ 岡 野   勉 議員



○長瀬衛議長 岡野勉議員。

                 〔10番 岡野 勉議員登壇〕



◆10番(岡野勉議員) おはようございます。議長より発言の許可がありました。町政に対します一般質問を3点について行います。

  なお、質問に先立ちまして一言述べさせていただきます。去る11月30日、丸木清浩先生のお通夜に参列させていただきました。参列の皆様は数千人にも及び、先生の生前における活躍や社会的貢献のほどが察せられるものでした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  さて、政治をつかさどるものとして、現在の国政は看過にたえません。第一に、未来ある若者の命を軽々しく扱ってはなりません。国は、自衛隊のPKO駆けつけ警護の任務として、アフリカ南スーダンに310名の隊員を派遣しました。武器で平和は守れません。直ちに駆けつけ警護を中止し、南スーダンから撤収すべきだと思います。幾らでも平和貢献の道はあります。

  また連日、新聞では、介護殺人や生活の限界から心中189人が犠牲になど、悲惨な記事が掲載されています。しかし、その一方で、国は介護保険負担増、高齢者の医療負担拡大、年金カット法案を強行採決など、さらなる厳しさは何をもたらすでしょうか。

  なお、官製春闘で賃金は上がったとの国のふれ込みですが、本町の平均町民給与所得は、可処分所得前の額としては、昨年の406万円から400万円と年間6万円も大幅に減額しているのが実態です。しかし、私たちはこの現状に諦めたり負けることなく、うまずたゆまず力を合わせまして「住んでよかったまちづくり」を信じて行動し、学んでいこうではありませんか。

  では、大きな質問の1点目でございますが、企業誘致の現状と汚水対策についてです。1つとしまして、東部、南部地域の企業誘致の現状はどうか。なお、東部地区における操業開始、雇用に与える効果はどうか。できれば企業別に進捗状況、雇用者数をお聞きします。

  2つ目としまして、東部地区で誘致企業が特定される中で、汚水処理について不安視する意見が寄せられています。依然として水質改善が進まない葛川、北側水路への汚水の放流は、農業者、住民にとってどうか。また。公共下水道への接続は、関越さん、トーカイさん、可能かということであります。

  大きな質問の2番目としまして、川角駅周辺整備及び森戸橋架け替え工事の進捗状況、課題についてであります。1つとしまして、東部地区の企業誘致、企業進出、森戸橋の架け替えで予想される交通量、交通の流れはどう変化が見込まれるのか。調査結果などあれば、お聞きしたいと思います。

  2つ目としまして、毛呂山町の東の玄関口整備として、町民、学生の安心・安全な生活確保からも、着実な進展を切望します。川角駅周辺整備及び西大久保変形五差路の進捗状況はどうか。今後、住民説明会と地権者の交渉はどうとり行うのか。特に、大学への町道6号線の歩道幅員は2.5メートルを望みます。

  大きな3番目の質問でございますが、町の防災対策についてです。これは再度の質問になります。1つとしまして、葛川放水路完成に伴い、従来では住宅の床下浸水被害があり得なかった住宅に被害が及んでいる現状把握と、今後の安全対策をどう進めるのか、再度お聞きします。

  2つ目としまして、ときがわ坂戸線、玉林寺「ラーメン屋はやと」前の道路冠水対策は、今後の県、町の対策をお聞きいたします。

  以上です。



○長瀬衛議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 岡野議員の1問目、企業誘致の現状と汚水対策についてのご質問のうち、企画財政課所管のご質問にお答え申し上げます。

  第1点目の、東部、南部地区の企業誘致の現状でございますが、東部地区につきましては、おかげさまで企業誘致は終了いたしました、南部地区につきましては、現在、用途指定を流通業・工業として企業誘致活動を実施しておりますが、現段階ではいまだ進出企業は決まっていない状況でございます。南部地区につきましては、引き続き企業誘致に向けて全力で取り組んでいく所存でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  また、東部地区進出企業の操業時期や雇用状況でございますが、株式会社木屋製作所につきましては、平成29年6月をめどに操業開始を予定しているとのことでございます。雇用につきましては、川越市からの移転のため、新規雇用はパート採用を含めて30名程度と聞いております。株式会社トーカイにつきましては、平成30年度中の操業開始を予定しており、雇用につきましては、正社員とパート採用の雇用形態は現段階では不明ですが、100名以上の雇用を予定していると聞いております。また、株式会社関越物産につきましては、事業拡大に伴う操業開始時期は未定でありますが、現段階での新規雇用は50名程度と聞いておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○長瀬衛議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 岡野議員の1問目の2点目、汚水対策についてのご質問につきましてお答え申し上げます。

  東部地区における誘致企業の汚水処理につきましては、木屋製作所は、公共下水道への排水であるものの、トーカイ及び既存企業である関越物産につきましては、入間第一用水への排水となっています。また、町では、年4回の河川水質調査を行っておりますが、議員ご指摘のとおり、葛川の水質につきましては改善が見られないため、現在、埼玉県東松山環境管理事務所の協力を受けつつ、原因の特定を進めているところでございます。

  北側の水路につきましては、排水元であるトーカイの事前協議における事業計画では、工場排水は、法令にのっとった工場排水処理槽で処理を行うことになっていますので、適切に処理された水質での排水がなされるものと考えております。

  関越物産が取得した工場用地につきましては、今のところ、事業計画は未定とのことでございます。

  なお、トーカイ及び関越物産ともに、周辺地域が公共下水道の認可区域になっていますので、公共下水道への接続は可能になっております。

  町といたしましては、今後も河川の水質調査の結果を重視し、必要であれば調査ポイントの増設も検討するなど適切に対応してまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 村田産業振興課長。

                 〔村田眞一産業振興課長登壇〕



◎村田眞一産業振興課長 1問目の2点目、葛川、北側水路への汚水の放流についてお答え申し上げます。

  株式会社トーカイの水路放流につきましては、埼玉県が定める工場排水基準値のおおむね2分の1という厳しい自主基準値を設け、排水処理計算値はそれ以下の数値で設計しております。参考までに、既に稼働している岐阜県の株式会社トーカイ羽島工場の測定結果を申し上げますと、県のBODの工場排水放流水基準値は1リットル当たり160ミリグラム以下となっておりますが、測定結果は24ミリグラムと大変低い数値となっております。さきに申し上げた羽島工場では、毎月、放流水のサンプル検査を行っており、水質管理の徹底を図っております。用水路を管理している入間第一用水土地改良区においても、株式会社トーカイよりこのような説明を受け、放水に同意しており、排水基準の範囲内であり、農業者、住民への影響はないと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 川角駅周辺整備及び森戸橋架け替え工事の進捗状況、課題について、町の防災、大雨対策についてのご質問に順次お答え申し上げます。

  1点目の東部地区の企業誘致、企業進出、森戸橋の架け替えで予想される交通量、交通の流れはどう変化が見込まれるのかでございますが、進出企業の操業時期につきましては、先ほど企画財政課長が答弁いたしましたとおりでございます。

  東部地区におきましては、川越坂戸毛呂山線へのアクセス道路として、標準幅員12メートルの町道第7号路線が整備されており、大型車も利用が可能、かつ上下線とも関越自動車道への本線に直結可能である坂戸西スマートインターチェンジの利用を想定しております。

  また、坂戸市で実施しております森戸橋架け替え工事は、平成32年開通予定で進められており、広域的に鳩山町、ときがわ町方面から坂戸市、日高市方面へ行き来する交通網として非常に重要な路線でございます。

  議員ご質問の交通量の調査結果でございますが、平日朝の時間帯の森戸橋通過交通量は、坂戸方面へ向かう自動車の交通量約500台、毛呂山町方向へは約300台でございます。森戸橋の計画幅員は、片側に歩道がついた9.5メートルの幅員でございまして、架け替え後には幅員が広がり、交互通行が可能となり、橋前後での待機時間がなくなり、橋手前での渋滞が解消されるものと考えます。また、渋滞を避けほかのルートを使っていた方々は、渋滞が解消されることにより、利用者がふえるものと考えます。さらに、川角駅からの交通量もふえることが考えられますが、橋手前にて交互通行が可能になったことにより、西大家駅方面へ右折する際の待ち時間がふえ、手前の渋滞が予想されます。

  2点目の川角駅周辺地区整備事業の進捗状況でございますが、12月1日の議会全員協議会においてご説明させていただき、また下田議員の答弁と重複してしまいますが、さきの11月5日土曜日に、地権者説明会を開催させていただいたところでございます。今後につきましては、来年度以降に現況測量を行いたいと考えております。また、議員ご指摘の町道第6号路線の歩道幅員につきましては、地権者の皆様と十分に協議し、慎重、丁寧に進めてまいりますので、ご理解いただきたいと存じます。

  また、西大久保地内の道路改良整備でございますが、森戸橋架け替えによる対応策といたしまして計画しておるところでございます。本路線は、坂戸市道から町道へ入り、県道川越越生線の取りつけとなる箇所でございます。現況が非常に狭く、線形も直角になっていることから、すれ違いも困難な状況です。改良整備を進めるため、昨年度から道路線形の検討を図り、本年度も測量委託を実施しており、現在、地元地権者と調整を図りながら業務を進めているところでございます。この西大久保地区交差点の整備は、森戸橋架け替え後の交通量増加並びに交通量の変化に対応するため、非常に重要な路線でございますので、坂戸市の架け替え整備の進捗を見定めながら、事業を進めてまいります。

  3点目のご質問、町の防災、大雨対策でございますが、議員ご質問のとおり、西大久保地内葛川放水路脇において、平成26年6月の台風の影響により、床下浸水被害がございました。その後、早急な対策を施してもらうように、町から放水路の管理者であります飯能県土整備事務所へ要望、協議を進めてまいりました。実施した対策といたしましては、昨年度に被害箇所脇の放水路内へ排水管を設置し、たまった雨水を放水路へ抜くような対策を施しました。さらに、本年度の台風に対しましては、排水ポンプを設置し、必要に応じて排水作業を実施して対応してまいりました。今後の安全対策といたしましては、増水した雨水をほかの場所への排水する対策としまして、放水路下流域への排水路設置を検討するために調査を実施してまいります。早急に対応してもらえるように、町から飯能県土整備事務所へ要望、協議をしてまいりたいと考えております。

  4点目のご質問、玉林寺地内の県道ときがわ坂戸線の道路冠水対策でございますが、この道路冠水の問題に対し、改善に向けて、県道の管理者であります飯能県土整備事務所と坂戸市並びに毛呂山町の三者で数回にわたり打ち合わせ会議を実施し、状況の確認、対策工事の検討を図り、昨年度三者各自で対応工事を施工いたしました。また、昨年度12月に、被害が及ぶ地域であります玉林寺地区、坂戸市の長岡地区を初め、被害が発生している関係地区を対象に、坂戸市入西地域交流センターにおきまして対策案の工事説明会を実施いたしました。また、周辺地域であります毛呂山町の苦林地区におきましても、5月に飯能県土整備事務所発注の工事説明会を実施いたしました。対策の成果につきましては、本年度8月の台風9号の際に確認したところ、浸水被害など昨年度と比べまして成果があらわれているところでございます。しかし、近年の異常な豪雨に対応していくためには、さらなる対策が必要であると予想されます。今後も、飯能県土整備事務所、坂戸市、毛呂山町三者で対策の検討を図り、改善に向けて進めてまいります。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) では、順を追って再質問をさせていただきたいと思います。

  まず、企業誘致の目的、効果ですけれども、課長、雇用機会の確保、そしてまた税収の確保、これでよろしいでしょうか。



○長瀬衛議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  企業誘致の目的ということでございますが、こちらにつきましては、毛呂山町の総合戦略の基本目標の一つでもございまして、毛呂山町における安定した雇用を創出するということで掲げさせていただいております。企業誘致の推進に当たりまして、地域の経済の発展を目指しているということで、雇用の創出、税収の確保ということで、議員ご指摘のとおりでございます。こちら、今後新規雇用が見込まれるということで、さらなる地域への影響ということで、個人収入の増加のみならず、新しい人の流れを生み出して地域内の消費が喚起されて、経済発展につながるものと考えております。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 課長、それで、先ほど答弁の中で、課長は、東部地区につきましては企業誘致は終了しましたとの表明がありました。これは、私、揚げ足をとるわけではありませんけれども、実はこれからが本番ではないかと思うわけです。確実に実をとると。そのことは、雇用確保につなげる作業がこれから始まるのではないかと。造成が終わりまして雇用獲得へということで、町のこれに対する働きをどうするかということで、今後の行動とお考えをお願いしたいと思います。



○長瀬衛議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  今後の活動ということでございますけれども、東部地区につきましては、3社の誘致が終了ということで、誘致活動につきましては一段落したということでご理解いただけたと思いますけれども、今後、雇用の創出ということで、進出企業の今後従業者ということで新規雇用を多く、町の方、地元雇用をどれだけ願っていただけるかということで、こちらにつきましては、積極的な雇用を期待したいというところでございますが、事業者側の内容にもよりますので、できるだけ町の雇用につながる形での進みぐあいをお願いしたいというふうに考えてございます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 町は、この企業誘致に当たっては、誘致された企業に関しては10年間固定資産税は2分の1にするということです。それで、非常に期待しています、私としても。それは町民の方もそうではないでしょうか。そこで、新しくなられた企画財政課長に関しては、ぜひここでの活躍を期待しているわけですけれども、いずれの3社の本社へということでは、挨拶回りは済ませていただいたか。中心になるやはり課長さんですので、顔のつながり等も本当に必要だし、また町の要望を届けるという意味でもぜひ訪問をしていただきたいと思うのですけれども、課長、もう既にこの3社への挨拶回りはしていただいたでしょうか。そしてまた、希望を伝えていただけたでしょうか。お願いします。



○長瀬衛議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  3社へのご挨拶というか、情報の共有ということでだと思いますけれども、現在の段階で、企業誘致のほうの終了という形の中で進めてきたものでございまして、改めて私のほうから直接お話をする機会を設けていることではございませんが、今後、雇用の創出という面もございますので、密接な情報交換のもとに進めていきたいと思いますので、ご理解を賜れればと存じます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) そうですね。本当に町の熱意をもって、ぜひ町民の雇用を前進させるのだということでお願いしたいと思います。

  それで、この雇用に関しては、実は、障がい者の方も雇用の拡大ということでは期待が持てると思うのです。そういった意味では、この3社の障がい者雇用率はどんな現状になっているでしょうか。そしてまた、そういう障がい者の雇用ということでも、ぜひ人的、顔をぜひ売って、推進してほしいのですが、その現状はどうでしょうか。お願いします。



○長瀬衛議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  関係する企業3社の障がい者の雇用の内容ということでございますけれども、今後、進出企業によって新たな雇用が生まれるわけでございますけれども、障がい者の雇用につきましては、企業の規模、あるいは法律で定められた障がい者雇用率の達成義務というのもございますので、それに従って、一定程度の雇用が確保されているというふうに認識をしております。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 障がい者の方の雇用というのは、ある面切実な問題であります。雇用率が多分ということではなくて、しっかりその点、雇用に結実する動きをお願いしたいと思います。

  それで、この企業誘致の中でですけれども、1つやはり気になることがあります。それは、汚水の問題なのです。企業が来てくれることは、本当に喜びは当たり前です。それにおいて、済みません、どうかこの汚水問題をクリアしていただきたいと思うわけです。実は、葛川においてはですけれども、原因の特定を調査中ということですけれども、大変重要です。葛川の2号橋、平成高校の裏ですけれども、直近の汚水の状況は5.2から7.3ppmで、かなり汚れていますよね。本当に他の河川は西大久保本当に努力していただきまして大分改善されました。どうしても葛川をこのままでちょっと置いては本当に困るわけで、この上、どうでしょう、産業の多量の水ということでは、本当にこれは安全が確保されない限り、ちょっと慎重にならざるを得ないわけです。

  それで、東松山の環境管理事務所に依頼した中で、返答なり感触というものはどういうことでしょうか。



○長瀬衛議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 汚水についての再質問にお答え申し上げます。

  東松山環境管理事務所との連携でございますけれども、葛川の河川の水質については年間4回ということで定期的に検査してございますけれども、そのほか、水の色が急に変わっているとか、そういった住民からの通報があったりですとか、駆けつける場合がございますけれども、そういった場合でも、東松山環境管理事務所に直ちに連絡をとりまして、そちらからも駆けつけていただいております。それで、事務所のほうで直ちに水質検査を行うですとかしていただいているわけなのですけれども、では、どこからの排水がというふうになかなか特定できない現状がございまして、駆けつけてくるまでに時間も過ぎてしまってリアルタイムで把握するのが難しい点もあるかとは存じます。町としましては、環境事務所からの意見も踏まえて、検査の測定点をふやすなどしまして、定期的に監視できるような体制をこれからはしていきたいというふうに考えておりますので、ご理解いただければと思います。よろしくお願いします。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) もう一つ懸念というか、関連ですけれども、企業の誘致であるトーカイさんなのですが、水を多く使用するとは聞いています。トーカイさんとはどういう企業なのか。それで、1日に放流する量はどれだけになっているというか。よろしくお願いします。



○長瀬衛議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 お答え申し上げます。

  トーカイについての排水でございますけれども、量が1日最大で500トンというふうに聞いております。24時間かけてということではなく、9時間程度、日中の稼働時間内に排水を計画しているとのことでございます。稼働時間内と限定しているというのは、常に監視できるようにという工場側の配慮というふうに聞いております。工場の業種につきましては、洗濯企業というふうに把握してございます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) そうですね、1日500トンということで、大きなプール1つにも匹敵するのではないかと思います。それで、実はですけれども、現状で見て、市場、大久保耕地は、既に3事業所から放流水が流れ込んでいまして、現状でも実は苦しんでいる実態です。これ以上の農業用水への放流はぜひ、正直言いまして、慎重にとめていただきたいと。

  それで、公共下水道に、先ほど接続は可能ではないかというご答弁でしたけれども、2事業所に関してはつなげるように、町のほうとしては指導というか、話していただけているのか、この点お聞きします。



○長瀬衛議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えします。

  開発等の打ち合わせの中におきまして、工場排水等、第一用水土地改良区と打ち合わせをしているところでございまして、そちらは北側の水路に放流ということでございますが、これからまだ建て屋等の計画等がまだ確定していないということで、その中で、従業員等のトイレ排水、汚水等につきましては、公共下水道を使用するように今打診を検討しているところでございます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 時間がいろいろ配分がありますのでね。

  それで、先ほど課長のほうから水質の件がありました。でも、でもということはないのですけれども、実は1リットル当たり160ミリグラム、これはどういう数字かというと、この数字というのは非常に高いわけです。それで、数段努力していただいているということで言われましたけれども、24ミリリットルで1リットルですからね、それというのは何ppmだと思いますか。これはね、時間があれですので、24ppmなのですよ。それで、この間、河川が大分町の努力や下水道の努力で2以下にということで河川が頑張ってきました。それで、葛川に関しては7.3と。24ppmのほうを流すわけですよね。いいと言ってもこれなのですよ、やはり。それをプール500トン、換算聞きましたらそのぐらいになるというので。それが農業用水に全部入ります。1日ですよね、毎日。そしたらね、その消毒含めて、そういうものの水のあれですけれども、この24ppmだとどうなるかはあれですよね。葛川なんて、もうたまったものではありませんよね。

  そこで、本当にちょっと、ちょっとではなくて、葛川の水質の本当に汚れが気になって、米、食の安全。そして、葛川は東部地区の自然の象徴なのですよ。葛川を散歩する人は多いです。そして、何かあると通報してくれます。本当にこの状況から葛川がいなくなるのではないか。トーカイさんもやはり中途半端ではないですからね。その中で、米はつくれるかということや、また中には知らなかったというような状況なのです。ですから、先ほどの葛川の汚れを初めですね、それで今、本当に更地なのですね、今の状況は、見ていますと。まだ図面の中に描いている状況で、建物はまだこれから、全くそのとおりです。ですから、本当に私たちはトーカイさんの企業誘致を本当に歓迎しますし、そして、今は共生の時代ですからね。本当にお互いが認め合って、ともに発展していくということで、トーカイさんにやはり説明と懇談ということで、地域住民、町民の人も、東部地区で私は結構だと思いますけれども、ぜひその仲立ちをして、そして要望を聞いてもらう。そして、今後の自然豊かなまちづくりと、本当にトーカイさんが来てくれてよかったという状況をお願いしたいので、ぜひそこの町が仲立ちしていただきたいのですけれども、どうでしょうか。お願いします。



○長瀬衛議長 村田産業振興課長。

                 〔村田眞一産業振興課長登壇〕



◎村田眞一産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  入間第一用水ということで、所管課として、先ほどのお話ではございませんが、トーカイさんとも顔合わせいたしまして、今後の工場排水に対しまして、まずは今考えていることは、定期的な形でサンプル検査をした、そのような水質検査結果を町のほうにも上げていただきたい旨、または今、議員のお話のございましたように、入間第一用水の改良区の理事会にお諮りいたしまして、トーカイさん側にもこういった東部地区の工場が、稼働時期としてはまだ2年後ということでございますが、そういった組合員さんのご心配も多々あろうかと思いますので、その辺の説明会等できるような形で進めてまいりたい、そういうふうに考えます。よろしくお願いいたします。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) それと、もう一つですけれども、実はことしの8月、9号でしょうかね、本当に大雨というか。それで、今まではしばらくの間は毛呂高のすぐあそこの間の用水はあふれることがなかったのですね。でも、近年ですけれども、やはり大雨で通行どめになるぐらいあふれてきています。ですから、トーカイさんの大量の水がまたかぶさってくるということでは、本当に農家の方も今米が倒れたり、そういうことでことしは被害があったということらしいですけれども、そういうこともつけ加えまして、住民の人に聞いてみますと、そして農家の人に聞いてみますと、ちょっとこれは賛成の方はいらっしゃらないということですので、済みません、この点しっかり、毛呂山の自然が売りですので、そこと、本当に町民の散歩であり、そしてまた農家の本当の生きがいを持った環境の整備ということで。そしたら、どんどん進むとよくないので、課長、どうでしょうか、早目に間に立ってもらって会議のほう、お互いの説明や懇談を持つということでよろしいですか。お願いします。



○長瀬衛議長 村田産業振興課長。

                 〔村田眞一産業振興課長登壇〕



◎村田眞一産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  本当に水質、あるいは排水量ということで、かなりのご心配ということも、この計画等私どもも拝見いたしますと岡野議員のおっしゃるとおりと思います。早目に理事会等、またそちらのほうにもお話を持っていき、トーカイ側さんにもそういった説明会等ができるようこちらでも努力したいと思いますので、ご理解賜りますようお願いいたします。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) では、早いに越したことはない、ぜひお願いします。

  では、川角駅周辺整備のことです。それで、昨日も同僚議員から森戸橋の架け替えと同時に、橋から川角駅に向かったその通学路整備等を同時に進行させていただけないかということで、私も本当にそのとおりだと思います。現在でもかなり車の往来が多くて、近辺から本当に多く要望として出されている内容がこの通学路の安全です。

  それと、同時になのですけれども、駅近くに行きまして、踏切の手前なのですが、正面に駅を見まして右に行くにしても、実は踏切から左に行って踏切を渡るにしても、非常に見通しも悪いし、非常に危険というか、おっかない場所なのです。この点で、ぜひ対策の方法はあるだろうかということで、課長、この点どうでしょうか。お願いします。



○長瀬衛議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えいたします。

  議員ご指摘のとおり、駅周辺につきましては、大変渋滞をしているところでございます。昨日から説明させていただいているとおり、まずは駅周辺の喫緊の課題ということで、学生の安全な通学路の整備、また駅前の北口・南口広場の整備、もう一点は南口の改札の整備ということで、3つの基本方針を示させていただきまして、事業を進めるということでご説明させていただいたところでございます。それにあわせまして、駅周辺の道路網をよく観察しまして、森戸橋の今架け替え等が32年にということで示されておりますので、駅周辺の整備とあわせまして、周辺道路もよく観察をして、渋滞解消に向けて、また交通事故が起きないような道路網の整備を考えていきたいと思いますので、ご理解いただきたいと存じます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) それで、11月5日の地権者説明会がありました。それで、そのときにはこの説明資料を示して、いわゆる既存の町道6号線を第1の計画と。幾つか前にありましたよね、3つぐらいね。でも、これによって示して、幅員も6メートルで、あと歩道幅も2メートルということで、この図でいきますと非常に中途半端というのでしょうかね、もっと期待していたというか。その場で出たかわかりませんけれども、直線である面、大学のほうに行くようなとか、そういう印象を持つのですが、この幅員2メートルというのはとてもちょっとさばき切れないと思うのですね。そういうことでの懸念というのは示されたと思うのですが、どうでしょうか。



○長瀬衛議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えします。

  説明会時にこの町道6号路線の歩道整備ということでご説明させていただきました。確かに、地権者の方から、ほかのルートの検討はなかったかというご質疑をいただいたところでございます。幅員の2メートルにつきましては、道路構造令からいきまして、まずは標準幅員の2メートルということで設定させていただいたところでございます。それではさばき切れないのではないかということでございますが、時間的に集中して生徒さんが通るわけで、かといって2メートル50がいいのか、3メートルがいいのかということになりますと、これからの人口減少、生徒数の減少とか、夏休みの間とか土日の状況を見ますと、果たして広ければいいのかということもございます。それらをよくこれから検討しまして、また線形につきましても、これから測量させていただきまして進めることでございますので、よく地権者のほうと協議いたしまして進めさせていただきたいと思いますので、ご理解いただきたいと存じます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 課長、それで私、慎重なのはわかるのですが、慎重なのはという意味は、今も答弁の後に、地権者の方と説明しながら相談しながらというところがうかがえましたね。そういったことでこの事業を進めるのでしょうかね。地権者というのは、ある程度のそれはありますよ、立場立場。でも、この地域を利用したり乗り入れる、そして乗降客、町民もいるし、学生もいるし、子供もいるし、そういった方の貴重な利用者としての意見がちょっとどうすり合わせているのか。ちょっとその点、もう二度と中途で失敗はできないということがありますけれども、どうもその点が納得できない。もっと住民の方はいろいろな面で協力姿勢もあるし、貴重な意見も闘わせる中で、本当にまちづくりに参画していくと思うのです。それが地権者の方に示しているということは、ある程度もうできた計画をそれに沿って地権者と話しているということなのですかね。その点、今後の住民説明会を本当に今後この件で、そしてまた西大久保の変形五差路のところで、住民とのかかわりをどう考えているのか。ちょっと整理してお答えください。お願いします。



○長瀬衛議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えいたします。

  確かに、川角駅の利用状況を見ますと、学生さんがほとんどという状況でございます。説明会の中での意見といたしましても、学校側の協力は求められないのか、私たちだけ負担するのかというご意見も確かに頂戴したところでございます。それらを進めるに当たりましては、やはり駅から渋滞している区間を整備していくには、地権者様のご協力なくしては進まない状況でございます。利用者としての意見は確かにそういうアンケートもいただいているところでございますが、事業を進めるに当たりまして、まずは基本の方針を、先ほどから言っています3つの方針を示させていただきながら、来年度におきましては、現地の測量を計画しているところでございまして、それらの地形等よく状況を把握して、道路の線形、それらを決めていく計画でございます。

  また、今年度ですが、周辺地域において排水の状況調査もしておる状況で、下川原地区からかねてから地元要望もいただいているところでございますので、それら等も手戻りにならないように今は進めている状況でございます。

  とにもかくにも、まずは道路を広げる、広場をつくるに当たっても、地元地権者様のご理解がない上には進まない状況でございますので、その辺はご理解願いたいと存じます。

  以上でございます。



○長瀬衛議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 慎重な点もわかります。それで、大きく基本方針としてこの3つをしっかりと踏まえて事を進めていっていただいているということはわかります。でも、もう一定程度ここまで来ていますので、町は、川角駅周辺整備は森戸橋と関係することで拡幅の動きが出ているということは知っていますので、そこで、この現状の中で皆さんもいろいろな面で参考の意見や力を持っています。その力を、町民の力を結集して、本当にまちづくりに生かしていただきたいということで、現状の段階でも結構ですから、住民説明会や、それと全て地区等、あと学生やね。それと、もしそれが不可能だったら、ぜひ町長にタウンミーティングということで、住民からそういう場をやはり情報を提供してもらえる場を、そして住民とのやりとりができる場を設定していきたいと思いますので、今後ともぜひこの事業がスムーズに進展するように、よろしくお願いしたいと思います。

  以上です。



○長瀬衛議長 この際、11時まで休憩といたします。

                                      (午前10時44分)

                                              



○長瀬衛議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時00分)

                                              



○長瀬衛議長 ここで私は町政に対する一般質問を通告しておりますので、ただいまから議長の職務を副議長に代行していただきます。

  千葉三津子副議長、議長席にお着き願います。

                 〔議長退席、副議長着席〕



○千葉三津子副議長 ただいまから議長の職務を行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

                                              

         ◇ 長 瀬   衛 議員



○千葉三津子副議長 一般質問を続行いたします。

  長瀬衛議員。

                 〔13番 長瀬 衛議員登壇〕



◆13番(長瀬衛議員) 議長より発言許可をいただきましたので、町政に対する一般質問を行います。

  質問の前に申し上げたいと思います。長く本町の医療・福祉分野の充実のために、また埼玉県議会議員として毛呂山町行政の発展に大きく寄与された埼玉医科大学名誉理事長丸木清浩氏がご逝去されましたことに対して、毛呂山町議会を代表する議長として、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

  質問に入ります。今回の議会は、毛呂山町議会始まって以来、全員が一般質問するということで、大変活気にあふれておりますけれども、最後の質問となりますので、どうぞおつき合い願いたいと思います。

  私が地元の皆様のご支援により議員に初当選させていただいてから、今日で26年目を迎えております。そして、今日まで浅学非才の身を顧みず、執行部の皆さんと多くの議論を闘わせてまいりました。26年前といえば、毛呂山町においては、多少の上げ下げはあったものの、人口を初めさまざまな手法が頭打ち状態となった時代であります。当時の毛呂山町の住民登録人口は約3万8,000人、その5年後の平成8年3月にスタートした第三次総合振興計画では、10年後の平成17年時点の人口目標を4万7,000人と設定いたしました。まだ急激な人口増加を想定したわけであります。ちなみに、その結果、現在の人口はというと、11月現在で約3万4,700人です。ピーク時に比べればマイナス3,300人の減少となっております。

  高齢化問題でいえば、平成8年時点の高齢化率は10.3%、73歳以上の人たちは当時1,790人、4.7%でしたが、現在は高齢化率は30%を超え、73歳以上は3.5倍の6,157人、全体の17.7%となっております。

  また、少子化もすさまじい勢いで進みました。児童数のピークは33年前、昭和58年の3,599人、生徒数のピークは30年前、昭和62年の2,015人でした。現在はというと、児童・生徒数合わせても約2,400人程度に減少しております。

  このように、平成8年3月スタートした第三次毛呂山町総合振興計画、平成18年3月からの第四次総合振興計画、そして昨年からの第五次総合振興計画と、人口5万人都市を本気で目指していた本町の高揚期から一転し、急激な人口減少、少子高齢化により、長期計画が大きな誤算を生んだ20年だったと思います。町民の代表としての立場から、これまで反論せざるを得ない事案も数多くありました。いわゆる防災公園整備、長瀬駅前土地購入、野久保線事業、保育園計画などなど、ハード事業が中心でありました。今さらこの問題についてとやかく申し上げるつもりは毛頭ありませんが、この反論理由の根底にあったのは、人口予測など将来展望との整合点に尽きます。団塊世代が75歳に到達し、2025年問題と言われている10年後の町登録人口推計は3万1,000人程度となり、それとあわせて少子高齢化がさらに進みます。これまでの20年間の変化どころではなく、この先の財政環境を含め、将来を予測することは簡単なことではありません。今こそこれまでの教訓に学び、これまでを総括し、将来に責任の持てる施策を計画し、実施すべきであります。

  20年後の市街化区域を展望する立地適正化計画では、持続可能な都市経営を目指し、歩いて暮らせる町づくり、コンパクトシティの実現に向けて大きくかじを切っていくとあります。そのことは、とりもなおさず人口ビジョンを踏まえて、身の丈に合った町づくりを目指すものだと考えます。そこで、次の点についてお伺いいたします。

  平成8年の第三次総合振興計画から今日までの20年間に実施してきた主要事業の中には、結果的には反省点や教訓が多々残る事業があったものと考えます。今後のために、これまでのどの事業は評価でき、反省すべき事業はどんな事業だったのか、検証する必要があると思いますが、いかがでしょうか。

  次に、町の人口ビジョンによれば、10年後の趨勢登録人口は3万1,000人前後、20年後には2万6,000人前後と推計しています。誰しもその時代の状況を想像することは極めて困難でありますが、どんな状況になろうとも毛呂山町は永遠に続くものであります。将来を継ぐ子や孫に対して、少しでも立派な町を継承する責任は我々にあります。これまでを振り返りながら、今後を見通したとき、町づくりの重要課題として一刻も早い広域幹線道路整備や商工業、農業などの産業振興、少子高齢化が進む地域の課題への対応が考えられます。

  そこで、人口ビジョンを踏まえ、持続可能な都市経営づくりのために、それらの施策をどのようにかじを切っていくのか、具体的にお伺いいたします。

  以上、一般質問といたします。



○千葉三津子副議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 長瀬議員の1問目、これまでの20年間と今後の町づくりについてのご質問にお答え申し上げます。

  最初に、第1点目の第三次総合振興計画から今日までの主要事業において、今後に向けどのような事業を評価し、反省すべき事業についてのご質問にお答え申し上げます。

  第三次総合振興計画のスタートから20年が経過し、日本社会全体が当時とは大きく様変わりし、社会構造の変化や少子高齢化に伴う人口減少等、当時は予測もできなかったような現代的課題が地方自治体に存在しております。本町では、この20年間、総合振興計画を基本として、住民サービスの向上のために各種施策を全力で展開してまいりました。そのような中で、町が今後に向けて評価している事業でございますが、主な事業を挙げますと、生活環境の整備として平成16年度から実施いたしました町界町名地番整理事業や長期間をかけて実施いたしました武州長瀬駅北口周辺地区整備事業、防災施策として実施いたしました前久保中央公園の整備や防災行政無線デジタル化整備事業等が挙げられます。また、住民サービス向上のための公共施設の整備として、東公民館、ゆずの里保育園、学童保育所等の建設、そして大類ソフトボール場の整備や学校給食センター、旭台保育園の建て替え等が挙げられます。また、教育施策として、学力向上支援員の配置や教育環境の整備・充実のために中学校2校の校舎大規模改造事業、中学校武道場の改修・建て替え、小学校のトイレ改修事業、小中学校へのエアコン整備事業等について評価していただいていると認識しているところでございます。

  また、今後に向けて反省すべき事業でございますが、一番は、20年前には本町の人口がここまで減少することが予測できなかったという点でございます。第三次総合振興計画策定時の人口予測では、本町の人口が増加する見込みの推計をしていたため、このあたりの部分について総合的に反省すべきところであると認識をしております。

  次に、第2点目の、人口ビジョンを踏まえ、持続可能な都市経営のためにどのようにかじを切っていくのかというご質問にお答え申し上げます。

  本町では、平成27年度に、第五次総合振興計画並びに総合戦略を策定する上で、人口減少に伴う地域課題に的確に対応するため、今後町が目指すべき方向性を示した毛呂山町人口ビジョンを策定いたしました。この人口ビジョンは、国の長期ビジョンと整合性を合わせるために、2060年まで推計しており、本町では、地方創生の流れの中で少子高齢化、転出超過といった本町の人口問題に対して、長期的視点から取り組むことにより、2060年において約2万4,500人程度の人口規模を目指していく方針となっております。このような中で、今後本町の人口はさらに減少していくことは確実であり、それに比例して、自主財源の根幹である町税についても減少していくことが予想されております。そのため、限られた財源を有効かつ効果的に配分していくことはもちろんのこと、特に投資的経費につきましては、将来人口に合わせたコンパクトなまちづくりやファシリティーマネジメントを推進していく所存でございます。

  また、新規事業を実施する場合には、スクラップ・アンド・ビルドの概念に基づき、既存事業の評価、検証を実施した上で取り組んでいく方針であり、将来の人口減少を見据え、身の丈に合った戦略的な行政施策を展開していく必要があると強く考えております。

  今後も、限られた財源の中で、人口減少を少しでも抑制するために、定住促進対策として新たな雇用創出や6次産業の推進、そして少子高齢化社会への対応として若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえられる施策を展開し、魅力あるまちづくりを目指していく方針でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) それでは、再質問させていただきますけれども、今度、今回の質問につきましては、先ほど申し上げたように過去を振り返ってみて、それを総括して前に進むべきではないかという考え方に基づいての質問になります。これまでのことについていえば、いろいろ、もちろん執行部側も一生懸命やってきて、議会のほうも一生懸命その時代その時代の人たちが真剣に町を考えてきた結果だろうと思いますけれども、政治は結果責任ということで、結果が悪ければ、それはお互いに責任を感じなければいけないのだと思います。

  ただいま企画財政課長からご答弁ありましたけれども、過去を振り返ってみて、長瀬駅周辺整備やその他幾つか挙げられましたけれども、いろいろ評価を受けているということ。それから、反省すべき点については、人口統計を予測できなかったと。言いかえてみれば、人口推計を誤ったといいましょうか、予測できなかったということは反省すべき点だということです。しかし、後で申し上げますけれども、20年前の段階でも国立社会保障・人口問題研究所等では今日の状況というのは予測していたと思います。いずれにしても、人口推計を予測できなかったということが全てそこに尽きるわけでございまして、それを言って、そういうことになりますと、これまでの実施した事業、多くの事業について裏づけがある意味損なわれるのではないかと思います。

  ことし2月の、100年ぶりに、国勢調査が行われまして初めて日本が人口減少に転じたということですね。全国1,119市町村のうち83%が減少したのだと。毛呂山町は、では、どうだったかということをちょっと振り返ってみますと、毛呂山町の人口は、今から20年も前の平成7年ごろが人口のピークでした。では、そのころから減少に転じたわけです。途中一、二年、若干上げ下げありましたけれども。行政報告書によりますと、平成7年の登録人口は3万7,607人、これ日本人のみでしたけれども、外国人、後ほど外国人を追加するようになりましたけれども、当てはめてみますと、平成7年のピークには3万7,867人でした。これが毛呂山町のこれまでのピークです。20年前といえば、第三次総合振興計画がスタートして、その10年後の平成17年時の目標人口を4万8,000人と見込みましたですね。皆さんご存じだと思いますけれども。しかし、10年たった結果は4万8,000人どころではなくて、マイナス1万1,000人となる約3万7,000人で終わってしまいました。では、今はどうかというと、先ほど申し上げたとおり、今は11月現在で3万4,767人、もちろん外国人も含まれておりますけれども、ピーク時から比べますと、約3,100人減少しているわけです。3,100人といえば、簡単に申し上げますけれども、これは世帯数に直すと約1,200世帯ですね。ですから、どうですかね、古い団地でいえば第二団地と私が住んでいる毛呂山台、これを合わせたぐらいの世帯数に匹敵しますね。ですから、20年間でその程度の地域が消えてしまったということも言えるわけです。

  何が言いたいかといえば、今は政府が、人口ビジョンをつくれ、あるいは総合戦略を立てろ、あるいは地方創生交付金を申請しろ、これは国が今のこの少子高齢化に危機感を感じてのことだと思いますけれども、訴えていますね。実は毛呂山町に置きかえれば、先ほど説明したとおり、今から20年前に、いわゆる今、国が慌てている状況だったということをあえて申し上げたいのです。これからさらに、我々が経験したことのないような厳しい未知の世界にこれから入っていくのだということは、皆さん共通の認識だろうと思います。ですから、先ほどから申し上げているように、これまでを振り返って評価を正しくしていかないと、これからの町政運営を間違いのない方向で進めていかなければならないのではないかというのが私の質問の内容です。

  それでは、まず、この20年間の中で象徴的といえば、一極集中して、先日も同僚議員から質問がありましたけれども、いわゆる長瀬駅周辺に財政投入したことが象徴的だと私は思います。野久保線という事業についていえば、今は14名議員がいますけれども、1期生、2期生の9名の方はほぼその時代にはここにおいでにならなかった方ですね。ですから、そういう、ある程度時間がたってしまったわけですけれども。当時、ちょっとここで企画財政課長に見解を聞きますけれども、あの当時の交通結節点改善事業というのは国土交通省の補助金でしたけれども、乗降客数、最低補助金申請の基準が5,000人でした、1日の乗降客が。結果的にいえばピーク時には1日8,200人と私は記憶していましたけれども、今問い合わせしてみますと4,500人程度まで減ってしまったと。まあ惨憺たる状況だと思いますけれども。もちろんこれは評価している方もおいでになるのだと思います。しかし、利用者や多くの町民の皆さんに聞くと、ちょっとやはりやや首をかしげる方が多いような気がします。これを私も先ほど申し上げたように今さらとやかく言うつもりは全くございませんけれども、まず評価を受けているということで簡単に表現するのではなくて、結果として、例えば今私が申し上げている長瀬駅前、野久保線についても、やはり優先順位だとか、整備内容等に問題はなかったのかどうかというのは、やはりある程度立ち返るべきではないかと思いますけれども、さらに今後厳しい時代に向かって行く上で、この辺について企画財政課長、何か一言いただければと思います。



○千葉三津子副議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  これまでの投資ということで武州長瀬駅前の周辺整備事業を推進してきたわけでございますけれども、現在、駅の乗降客数のほうが当初の人数よりかなり減ってきているということでございます。駅周辺の活性化につきましては、町の懸案でございまして、その駅を中心とした地域を盛り上げることによって町全体が潤うというような形の中で、交通事業とあわせて実施した事業でございますので、人口減少が進む中で、乗降客数のほうも減ってきてはございますが、そちらのほうの活性化を目指した整備事業でございますので、今後、そちらのほうの費用対効果を生むべく今後検討する必要があるというふうに考えておりますので、ご理解賜れればと存じます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) いずれにしても、整備が完了したわけですから、先般も質問がありましたけれども、どうやってこれを生かしていくかということを町は真剣に考えなければいけないと思います。それは、頑張っていただきたいと思いますけれども。

  次に、今後にこれまでのことを反省するとすれば、やはり私は都市計画道路整備の推進だろうと思っています。最も私はこれまで悔やまれるのはその点だと思います。町の行く末を左右するのは、この議会の各議員の一般質問を聞いていても、やはり何かが足らないのですね。それはやはり幹線道路の整備がいまだもって東西南北ができ上がっていないというのが、一番大きな私は原因だと思います。そのことによって、人口をふやすということについてもつながっていくし、雇用面や税収面、あるいは観光面だの多岐にわたって、都市計画道路というのは幹線道路というのは私は大事なものだと思っていますけれども、その意味では、少し歯車が狂ってきたのではないかと、狂っていたのではないかと思います。

  町施行であった野久保線の着手の理由は、都市計画道路の整備率が極端に低いので、財政は厳しいが、進めるのだということ、当時の説明がありましたけれども、私はそのときに、実は整備率が低いのは町施行ではなくて、県にお願いすべき都市計画道路、県施行ではないかという質問をさせていただきました。そういう覚えがありますけれども、まちづくり整備課長、今の時点で都市計画道路の整備率について、県施行、あるいは町施行、あるいは県の平均だとか近隣の状況についてご答弁いただきたいと思います。



○千葉三津子副議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えいたします。

  都市計画道路の整備率でございますが、毛呂山町全体11路線中、全体では40.85%でございます。うち町施行7路線でございますが、84.25%でございます。うち県施行4路線は28.39%でございます。

  続きまして、全県の状況でございますが、全県における都市計画道路の整備率につきましては、56.47%でございます。

  以上でございます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) ただいまの答弁を聞いておりましても、やはり県の平均から大幅に率が低いということです。ですから、明らかに県施行がおくれているということであるし、今まで最優先すべきだったのはやはり県施行の県道の誘致だろうと思います。今後はとにかく、後ほど申し上げますけれども、全力を挙げなければいけないのだと思います。

  今後、総合戦略で定住促進だとか、あるいは産業振興、子育て支援策などをもって人口を戦略的に維持したいということを言っていますね、町のほうでは。これまでこの20年振り返ってみても、同じような理由を掲げていろいろなハード事業を展開してまいりました。野久保線なんかもそうでしょうけれども、投資的事業を進めてきました。特に、野久保線のときには、駅舎をつくれば人口はふえるのだと、若者が住みつくのだと。また、あるいは、道路をつくれば商店が張りつくのだというようなこともおっしゃっていましたけれども、あの事業にしても事業認可から15年が経過しましたけれども、町の状況というのは、今の状況おわかりのとおりでございます。

  決してこれは批判しているのではありませんけれども、企画財政課長にちょっとお伺いしますが、毛呂山町もこの20年も相当な投資的事業等進めてまいりました。最近聞くと、いろいろ指標的に毛呂山のいい点悪い点というのがいろいろ情報として私も知る機会がありますけれども、今の毛呂山の状況としてどうでしょうかね、毛呂山のいい点悪い点。ちょっと、わかりましたらご説明いただきたいと思います。



○千葉三津子副議長 大野企画財政課長。

                 〔大野 勉企画財政課長登壇〕



◎大野勉企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  毛呂山町の現状、いいところと悪いところということでございますが、町のほうで今強みということでいえば、埼玉医科大学がございます。こちらにつきましては、高度医療が提供されておりまして、安心して生活できる環境が整っているということもございます。

  さらに、自然環境が豊かということでございまして、山地と平地を有する地形を有しておりまして、穏やかな気候、緑豊かな自然ということが言えると思います。

  それから、鉄道網につきましても、乗客数等減ってはおりますけれども、JR1駅、私鉄3駅ということで駅のほうも充実しているということが言えると思います。

  それから、産業的なことでございますけれども、桂木ゆずということで町の特産品、こちらのほうは日本最古の産地の柚子ということで知名度のほうは高く、自慢できる点だということでございます。

  それから、歴史文化ということで、やぶさめ祭り、今900年以上の歴史を誇っておりますので、こちらにつきましても、全国にPRできる自慢できる内容かというふうに感じております。

  あと、数字的に申し上げますと、埼玉医科大学ということの影響もございますけれども、病床数が県内1位でございまして、それから医師数、看護師数についても県内1位の状況を保っているということでございます。

  逆に、悪いというか、弱みということでございますと、まず、先般もお話し申し上げましたけれども、合計特殊出生率、1人の女性が生涯産む子供の数が1を割り込んで0.86ということで、かなり数値のほうが低い、県内でも下位のほうで推移をしております。それから、そちらのほうの影響で人口減少、少子化の進行にもかかわってきているというようなことでございます。

  それから、雇用を生み出す企業が少ないというようなことでございまして、この点が完全失業率の数字のほうが県内でも最低の状況だというような形でなっております。それに鑑みまして、市町村所得のほうもかなり1人当たりの所得については低いというようなことでございます。

  それから、空き家率についても、19.8%ということで県内最低というような状況がございます。この辺につきましては、かなり町としては弱いところであるというふうに認識をしております。

  以上でございます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) 今お聞きしたように、高度医療だとか充実した福祉、それから恵まれた自然、鉄道網、柚子、やぶさめといった歴史文化、こういう恵まれた財産というものを毛呂山町はあらかじめ持っているわけですけれども、あとの悪い点でいきますと、今の例えば特殊出生率、県内63市町村のうち60位、婚姻率も県下63のうち58位、完全失業率は県内63中63位と。それから、保護率、これも町の施策が悪いというわけではありませんけれども、県内で悪いほうから3番目と。それから、市町村民所得、これが県内63市町村のうち60位、それから空き家率については県下最下位。それから、さらに言いますと、まちづくり整備課でこの資料をいただきましたけれども、これを見ると、労働力率、男子の15歳から64歳、これが63位、この最下位ですね。それから、女子の、今のは男ですけれども、女子の場合も53位。それから、若者就業率、20歳から34歳、これも63位。それから、高齢者の就業率、65歳以上、これも57位ということで、とにかくこれは何とかしなければいけないのだと思います。こういうことこそ、これまでを総括してどこに原因があるのか。恵まれた財産があるのに、これまで生かすためのレール引きづくり、レールを引くための何かが少し欠けていたのではないかという以外もう反省点はないのですけれども。

  今申し上げたように、問題なのは、いわゆる経済的指数、それがやはり悪いというのはどうもあれですね、町民としてはあまりいい気持ちはしませんね。63市町村の中で1番をとるのも大変なことだと思いますけれども、これ最下位というのもこれなかなかまた大変なことです。本当にこれは執行部の皆さんも、我々議員も、しっかり肝に銘じて頭に入れなければいけない問題だと思います。これについては、今後のためにひとつぜひ参考にしていただきたいと思います。

  次に、これから、私が先ほど申し上げたように、いろいろ議員の皆さんの質問を聞いてもなるほどと思うような質問が結構ありましたけれども、多いですけれども、私はやはり都市計画道路、それから産業振興、それから私がいつも申し上げているように地域の問題、この3つについて絞って質問させていただきますけれども、とにかく新川越坂戸毛呂山線、これについては、もう町の浮沈がかかっているのではないかと言っても過言ではないと思っていますけれども、何事にも優先して、一日も早く着手を県に働きかけて実現することだと思います。

  昨日、一昨日ですか、答弁の中で、これまでの要望活動について、議会が1度、町長と議長で5回、そして先日、町長、副議長で要望活動があったという説明がありました。さらに、この飯能寄居線が30年ぐらい抱えているのですか、これ。これがいよいよ平成30年に完成するから、その後はもう新川越坂戸毛呂山線なのだということで言われておりますけれども、それはどうなのか。県のほうとしても、全県の中でいろいろな要望がある中で、果たしてそういうふうにいってくれればいいのですけれども、楽観はできないと思っております。とにかく毛呂山町としての熱意をこれからいかに県のほうに伝えていくことが大事だと思いますけれども。今後の要望活動、あるいはこの間の要望活動、私ちょっと出席できませんでしたけれども、そのときの様子と今後の要望活動について、まちづくり整備課長にお聞きしたいと思います。



○千葉三津子副議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えいたします。

  要望活動の状況でございますが、さきの答弁でも申し上げましたとおり、川越坂戸毛呂山線につきましては、24年に議員団で行っていただきまして、その後5回の要望活動を実施しておるところでございます。そんな流れの中で、28年度予算の公表がなされたときに、飯能寄居線の完成年度が平成30年というめどが示された中で、これは、次に毛呂山町に来ていただくのに最大のチャンスと捉えております。本年に関しては、通常、年明けの1月に要望活動にお邪魔していたところなのですが、県の予算編成時に合わせるということで、前倒しということで、年が明ける前にお邪魔するということで11月に行かせていただきました。また、要望書の内容につきましても、刷新しまして、都市計画マスタープランもちょうどここで作成しているところでございます。その中身も混ぜまして資料を作成したところでございます。要望活動につきましては、副部長に対応していただきまして、明確なお答えは頂戴できない状況でございますが、毛呂山町の現状を説明しまして要望活動を行ったところでございます。

  また、次の要望活動につきましても、チャンスを逃さないようなタイミングで狙いたいと思いますので、ご理解賜りたいと存じます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) 私は、この件についてはちょっとこだわりがあるのですけれども、とにかく、あの野久保線の事業を立ち上げたときに、あれは新川越越生線との接続ということが大義名分でした。その後、右折帯のほうも要望して、川角の右折帯も終わったと。ということからすると、この川越坂戸毛呂山線で私は当時から言っていたのです。相反する路線ではないかと。新川越越生線よりも川越坂戸毛呂山線ではないかということでずっと言い続けてきましたけれども、どうもそういうところはこだわっているものですから、ちょっと、だから、県のほうとしても戸惑いがあるのではないかと私自身は心配していますけれども、そういうことで、積極的に進めるべきだと思います。

  それで、期成同盟会は、もちろんないのですね、この川越坂戸毛呂山線については。鶴ヶ島も坂戸ももう既に自分のところは終わってしまっているわけですから。私は、越生町とやはりタッグを組んで強い要望をすべきだと思います。先日、越生の議会の役職の方にもちょっと雑談してみましたら、ぜひそれは毛呂の議会と一緒に行こうではないかという話も聞いておりますけれども、どうでしょうか、これ単独でやるのですか。私の今提案しているように、せめて越生町とタッグを組んだらどうでしょうか。ちょっとその辺についてお聞きします。



○千葉三津子副議長 疋田まちづくり整備課長。

                 〔疋田浩一まちづくり整備課長登壇〕



◎疋田浩一まちづくり整備課長 再質問にお答えいたします。

  確かに、議員ご指摘のとおり、川越坂戸毛呂山線につきましては、計画路線が毛呂山町のみになっておりますので、要望活動は毛呂山町で単独で行っておりました。越生町とタッグを組んではどうかということで先般もお話をいただいたところでございます。大変ありがたいお話でございますので、次期の要望活動等に生かせればと思っておりますので、ご理解賜りたいと存じます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) この件については、とにかく私は最優先すべき、この毛呂山町にとって今一番最優先すべき課題だと思っております。ぜひひとつ年明けにでも調整をして、どうですか、議会を交えてですね、ただ行くだけではなくて、何かちゃんとした形で実を結ぶような要望活動を展開したらどうかと提案しておきます。

  それから、次に、産業振興というのが1つの課題ですけれども、この産業振興ということを訴える裏には、経済効果というものが大前提だろうと思いますけれども、その意味で、産業振興課長、毛呂山町で産業振興、産業振興とよく耳にしますけれども、毛呂山町の産業振興というのは具体的にはどういうことを言っているのでしょうか。



○千葉三津子副議長 村田産業振興課長。

                 〔村田眞一産業振興課長登壇〕



◎村田眞一産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  再質問の中で、ここで町の産業振興全般をいう中で、私のほうで今、町の産業振興についてちょっとお話しさせていただきたいと思います。各自治体とも、毛呂山を含み、地域の産業の発展に資することをまず目途として、住民の雇用創出なり、安心・安全な暮らし、生活向上のための地域づくり、まちづくりであると解釈しております。詳しく申せば、昨今、本格的な人口減少社会を迎えております。新たな視点から、地域における産業支援活動を進めていくことが求められていると思います。当町におきましても、地域で産業振興を担う人材、その地域の産業構造の特性を生かして理解し、特性を生かした独自の産業振興を戦略的に推進していく視点が必要と思っている次第でございます。そこには、農林業、商工等、各分野ごとに新たな発想のもと、政策施策を立案できるリーダー的要素を持つ人材がより必要な時期ではないだろうかと考えております。常に収益性も意識した事業展開として成り立っていけるか、そこを行政がいかに支援、推進していけるかが、今の産業振興全般を考えるべきではないかと考えておる次第でございます。

  以上でございます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) ちょっと具体的にわかりませんけれども、どうですかね、私なんかよくそういうことで考えてみると、やはり農業なのですかね。毛呂山町は農業の基盤はそんなに大きくありませんけれども、町の産業振興といえば、とりあえずは農業なんかが思い浮かびますけれども。いわゆる休耕地、毛呂山の、よく町長も言っているけれども、休耕地を減らして、新規就農者をふやして、生産高をふやして、毛呂山の農業で一つの活力を生み出すということも可能性として当然あるわけですからと思います。

  ちょっと行政報告書なんか調べてみますと、例えば、平成27年度の農業所得総額というのは1,169万円と書いてあるのです。所得割総額が39万4,000円。20年前と私言っていますから20年前のやつを調べてみました。平成7年。平成7年度の農業所得総額というのは1億4,000万円。この20年間で随分、それで途中も調べてみましたけれども、平成17年は6,350万円、平成19年が8,900万円、平成25年が1億3,900万円といろいろありますけれども、この20年間で随分ばらつきがありますけれども。それから、一番聞きたいのは、この所得の主なものって何だろうなと。毛呂山町の農業所得は何で得ているのだろうなということをちょっと疑問に思います。これについて、ちょっと課長、ご説明いただけますか。



○千葉三津子副議長 村田産業振興課長。

                 〔村田眞一産業振興課長登壇〕



◎村田眞一産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  初めに、20年間の農業の推移ということでちょっと調べさせていただきました。当町は、人口が平成7年と比較して平成22年は12.5%減少しております。それに伴い、産業においても出荷額等減少傾向にございます。特に、農業に関しては減少が著しくあらわれてございまして、埼玉県の調査等によりますと、平成7年度の農業生産額は農家1件当たり408万円あったものに対し、平成25年度の生産額は238万円と60%減少しております。特に、当時からかなり畜産業も盛んでございましたが、かなりの減少傾向を畜産のほうは見せている状況でございます。平成7年に比べまして、平成27年度の農業生産額が大きく減少している理由は、やはり農家の後継者不足、高齢化による経営耕地面積の縮小、農業人口の減少にあると考えてございます。農地面積は、農業センサス等によりますと、平成7年は256ヘクタールございました。そして、27年は139ヘクタールと46%減少している、そんな状況でございます。

  次に、主要な品目ということでございますが、平成7年当時の農業の主要品目は、やはり水稲を中心とした農業を展開されておりました。また、これ以前は、先ほどちょっと申しましたように、養鶏業を中心とした畜産業も盛んでございまして、水稲と並んでの主要な位置づけであったと認識しております。また、ここの現在27年の町の農業状況でございますが、やはり主要品目は水稲を中心に、それに続き露地野菜、果樹等の品目が順をなしているという状況であると考えております。一方、30年前に盛んになった畜産業は、かなり激減している状況であると、そんなふうに今の町の農業を考えてございます。

  以上でございます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) とにかく毛呂山町の農業というのは、今の現状を見ていると、なかなか年々とその活力を失ってきているようには見えますけれども、いずれにしても、毛呂山町の産業振興といえば、やはりそこそこ農業というものも大事なウエートを占めているのだと思います。養鶏業だとか畜産も過去にはありましたけれども、それがなくなったからこの所得が減っているのだと思いますけれども、JAいるま野のホームページ見ますと、販売品取り扱い状況というのが平成26年度の表出ていますけれども、これ見ると、やはりJAいるま野全体で米の販売料が6,500万円ですね、約。対して野菜が90億円、それから麦、豆、雑穀が2,400万円、その他ちょっとありますけれども、こういうふうに野菜がやはり圧倒的ですね。このホームページで同時に見ますと、JAいるま野管内のお米、ホウレンソウ、里芋、ニンジン、大根、カブ、チンゲン菜、枝豆、水菜、小松菜、ウド、茶、花卉類、こういうものについて全部特色書いていますけれども、この中に毛呂山は一つも出ていないのですね。毛呂山が出ているのが梅と柚子と栗のみです。こういうところについて、私は何とかならないのかと前から疑問に思っていますけれども、いわゆるこれ見たとおり、米だけではなかなか活路が見出せない。やはり野菜類だと思います。これについて、どうでしょう、町長ちょっと、専門家としてお答えいただきたいと思います。



○千葉三津子副議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 長瀬議員の再質問にお答えをいたします。

  JAいるま野の資料の関係が今出されましたけれども、大変JAいるま野は大きな組織でございます。いわゆる大井町のほうから始まっておりますので、そういう畑作地域のものというのはどうしてもウエートが多いわけでございまして、特に首都近郊の農業。近郊農業というのは、主に軟弱野菜、ホウレンソウであったり、小カブであったり、小松菜であったり、そういったものが主になりますので、そこの特化した、地の利に特化した野菜類、これがどうしてもウエートをふやしております。毛呂山町のほうでは、なかなかこの野菜の関係等が伸びていない。どうしても中山間地域にございますので、そういった意味でも耕作面積そのものがほかの市町村よりは狭いと思ってよろしいと思います。それから、越辺川、大谷木川、そういった河川があることによって、そこに水田地域があるということ。こういったことで、この地域にどうしても米の生産、そういったものが多くなっているというのが現状でございます。

  ただ、後継者の関係につきましては、水稲、米に関しては、大型化している後継者もあらわれておりますので、これはそこそこ耕地耕地によって、その耕地を担っていく後継者、これが存在しているということでございます。

  野菜の関係で、どうやってこれから野菜関係をふやしていくのかということになりますと、やはり直売の関係をもっと底上げをしまして、良品を生産できるような農家、こういったものを、特に若手の野菜農家、こういったものの後継者をふやしていく、あるいは育てなければならないというふうに思っております。その中でも、やはり農業収入だけで生活ができるというそういった基盤、あるいはそういった力を持たせる、そういった仕組みをつくる必要があるというふうに思っております。

  これからもそういったところを、専門的な組織、あるいは専門的なそういった指導をできるような仕組みをつくっていきたいというふうに思いますので、ご理解を賜りたいというふうに思います。

  以上です。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) とにかく参考までに今申し上げましたけれども、いずれにしても、そこそこの農業基盤もあるわけですから、とにかく農業所得納税者をふやすこと、それから所得金額等もふやすような努力は当然すべきだと思います。

  農業ジャーナリストに青山浩子さんという方がいるのですね、町長ご存じかどうか知りません。私、毎日新聞でいつも経済観測という記事がコラムがあるのをいつも見て、この人がよく出ているのですけれども、これが書いてあります。6次化についてもいいのですけれども、6次化は生産基盤がある農業者がステップアップしていく手段だと。いわゆる農業の基盤がしっかりしなければ6次化というのは成功しないのだと。それから、若い農家には、まずはやはり生産基盤を固めなさいと、こういう忠告みたいなことが記事に出ていましたけれども、そういうこととこの6次化とのかね合いをどうしていくか。6次化で成功すれば、それはさらに大きな、町にとって経済的な効果も出てくるわけですから、それはしっかり取り組んでいただくようにお願いしたいと思います。いずれにしても、自己用や兼業農家を育てるのが本来の農業施策では私はないと思いますので、お願いしたいと思います。

  最後になりましたけれども、地域の課題についてと質問しておりましたけれども、先ほどの課長の答弁ではこれについては答弁はなかったのですけれども、いつも申し上げていますけれども、今とにかく地域の担い手、さきに同僚議員からも質問がありましたけれども、とにかくこのままいくと自治会はどうなるのだろうと私いつも、自治会というか、地域がどうなるのだろうという危機感を持っています。とにかく何か未知の世界に本当に入り込んでいるような気がしてなりません。もう地域でも毎日何かしらこういう話題が出ますけれども、いまだに自主防災組織がされていない地区があるということも驚きですし、とにかく住民の安否確認、いろいろな事業所にお願いするのも結構ですけれども、まずは地域住民同士が見守り、安否確認はできるような体制を、一刻も早くつくるべきだと思います。とにかくここのところ、その意味でのあまり変化がないのにちょっと私も驚いていますけれども、どうでしょうかね、いつも提案していますけれども、区の統合という話も出ました、この間。私はいつも幹事区制度で、幹事区という単位にしたらどうだと。それから、いつも申し上げているように、やはり職員の皆さんの手を少しかりたらどうだということを申し上げていますけれども、これ何とかしなければ、このまま傍観していると本当に町の発展どころではなくなってしまうような気がしますけれども、大げさに言えば。私はそういう危機感持っていますけれども。一度、どうです、総務課長、区長会の皆さんたちとこういう話題について一応話し合ったらどうですか。



○千葉三津子副議長 村木総務課長。

                 〔村木 功総務課長登壇〕



◎村木功総務課長 再質問にお答えいたします。

  議員ご指摘のとおり、自治会、あるいは区というものは、町の発展に欠かせない基本的なコミュニティづくりの原点であろうというふうに思うところでございます。そのような中で、やはりまずは地域のニーズあるいは課題、そういった実態を職員が細かく把握することが肝要であろうというふうに思います。そういう意味で、区長会等を通しまして、どのような方式がございますでしょうか、まあアンケートによる調査、あるいは聞き取り等、各地区ごとにそういった細かい実態、あるいは課題、問題点等、まずは職員が知ることが重要だと思いますので、その視点から取り組みを検討させていただきたいと存じます。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) 総務課長の答弁、いつもそれは聞いておりますけれども、とにかくいつ聞いてもその実態調査だとかいう話ですけれども、もう少し、少し前に一歩踏み出さないと、最終的に困るのは町だと思いますけれども。もう自治会なんかも抜けたいとか、もう何を頼むにしても町に頼むのだからいいのだとかという方がどんどんここでふえてくると大変でしょうから。とにかく高齢化が進んできて、空き家がふえたり、地域が閉塞状況になってきているからこそ、地域をしっかりと地域力を高めるための努力を、町がリードしないで誰がやるのですか。もちろん地域住民の自発的なものもなくてはいけませんよ。だけれども、やはりリードしなければいけない。町がやはりきっかけをつくってやらないと。もう私もかれこれ何年もこうやって、3年も4年もこんな同じような話していますけれども、例えば自主防災組織だっていまだに設置率というのは変わらないし、その実態はどうだといえば、相変わらず私は同じような状況だと思います。少しずつそれはよくやっている地域も出てきているのだと思いますけれども、全体を早く底上げしないことにはどうにもならないと思いますよ。どうです、町長、また5分ありますから、ちょっと意見がありましたら。



○千葉三津子副議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 長瀬議員の再質問にお答えをいたします。

  自治会の特に防災関係、こういった組織化、これについては非常にその地域地域によって大きな差がございます。やはり密集した地域であったり、あるいは農村的な地域であったり、それぞれによってその地域の考え方、あるいはそういったところのコミュニケーションの関係等も大分差が出ております。長瀬議員のご指摘のとおり、特に密集地においては、一番進めなければならないこの防災の関係でございますので、さらにさらにというふうにいつも思っております。私の政策公約の中にもそういったところも含めているわけでございますので、今後においては、また違った角度でこの防災関係の組織をまたてこ入れしていきたいというふうに思っておりますので、ご理解を賜りたいと。

  もう一つ、今コミュニティの関係のそういった補助金を用意しておりますけれども、これについては、防災関係にも使っていただきたいというふうにしております。また、今は現時点では1回に3万円というようなそういった予算でございますけれども、この辺をまた見直して、防災関係の組織化、これに充てられるような考え方、これも進めていきたいというふうに思っております。

  以上です。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員。



◆13番(長瀬衛議員) 私の地域では、昨年は防災訓練にこの3万円を使わせていただきましたけれども、いずれにしても、私は地域の皆さんにもいつも申し上げているのです。とにかくこれから災害等も当然備えなくてはいけないのですけれども、見守り活動もありますね。最大の防災対応や見守り対応というのは、地域のコミュニティの強化しかないと私は思っています。ですから、地域力をどうやって高めていくのか。そのことを最大の防災対策だと私は思っています。ですから、自治会のいろいろな行事がありますけれども、その行事全て私は防災訓練だと地域の皆さんに申し上げていますけれども、そういう心意気でいかないと大変なことになるのではないかということを申し上げて、私の質問を終わります。



○千葉三津子副議長 長瀬衛議員の一般質問が終了いたしました。

  長瀬議長、議長席にお着きください。

                 〔副議長退席、議長着席〕

                                              



△後日日程の報告



○長瀬衛議長 本日はこの程度にとどめます。

  明12月8日は、午前9時30分から本会議を開き、議案第53号から議案第63号までの提案者の説明、質疑、討論、採決を行います。

                                              



△散会の宣告



○長瀬衛議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  本日はこれにて散会いたします。

                                      (午前11時59分)