議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成27年  第2回( 6月) 定例会 06月08日−開会−01号




平成27年  第2回( 6月) 定例会 − 06月08日−開会−01号







平成27年  第2回( 6月) 定例会





          平成27年第2回(6月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第1号)

                         平成27年6月8日(月曜日)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名について
日程第 2 会期の決定について
日程第 3 諸般の報告
日程第 4 後日日程の報告

出席議員(14名)
     1番   下  田  泰  章  議員    2番   平  野     隆  議員
     3番   澤  田     巌  議員    4番   牧  瀬     明  議員
     5番   弓  田  茂  樹  議員    6番   佐  藤  秀  樹  議員
     7番   荒  木  か お る  議員    8番   千  葉  三 津 子  議員
     9番   村  田  忠 次 郎  議員   10番   岡  野     勉  議員
    11番   小  峰  明  雄  議員   12番   高  橋  達  夫  議員
    13番   長  瀬     衛  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   岡  野  昭  弘   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼                   兼 福 祉
                情報推進                   会 館 長
                室  長

   大  澤  邦  夫   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   村  本  英  明   福祉課長      小  峰  裕  次   高 齢 者
                                       支援課長

   村  田  眞  一   子 ど も      田  口  雄  一   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      松  原     啓   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   疋  田  浩  一   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   岡  田  忠  彦   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小  堺  広  司   学校教育      伊  藤     清   生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   吉  田  英  夫   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   田  中  永  子   主  任



                                              



△開会及び開議の宣告



○堀江快治議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、ただいまから平成27年第2回毛呂山町議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△会議録署名議員の指名



○堀江快治議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第121条の規定によって、議長において、牧瀬明議員及び弓田茂樹議員並びに佐藤秀樹議員を指名いたします。

                                              



△会期の決定



○堀江快治議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

  本件に関し、委員長の報告を求めます。

  議会運営委員長、長瀬衛議員。

                 〔長瀬 衛議会運営委員長登壇〕



◎長瀬衛議会運営委員長 皆さんおはようございます。議長の命により委員長報告を行います。

  去る5月11日の本会議におきまして、閉会中の継続審査となりました6月定例会の会期日程等の議会運営に関する事項につきまして審議をするため、6月1日午前9時30分から役場委員会室におきまして議会運営委員会を開催いたしました。その経過と結果につきましてご報告申し上げます。

  当日は、各委員及び議長出席のもと、執行部側より担当課長の出席を願い、平成27年第2回(6月)定例会に提出される議案の説明を求め、会期及び議事日程等を慎重に審議をいたしました。

  まず、今期定例会は、本日6月8日から6月19日までの12日間といたします。本日は、開会の後、諸般の報告を行います。

  6月9日及び10日並びに11日は本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

  6月12日は本会議を開き、まず議案第31号の提案者の説明、質疑の後、総務文教常任委員会に付託します。続いて、議案第32号及び議案第33号の提案者の説明、質疑、討論、採決を行います。

  6月13日及び14日は休日につき休会いたします。

  6月15日は総務文教常任委員会を開催していただきます。

  6月16日から18日は議事の都合により休会といたします。

  6月19日は本会議を開き、議案第31号の委員長報告、それに対する質疑、討論、採決を行いまして、全日程を終了する予定でございます。

  以上申し上げました会期及び議事日程を全員異議なく決定をいたしました。

  以上で委員長報告を終わります。



○堀江快治議長 お諮りいたします。

  ただいまの委員長の報告のとおり、本定例会の会期は、本日6月8日から6月19日までの12日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日6月8日から6月19日までの12日間と決定いたしました。

                                              



△諸般の報告



○堀江快治議長 日程第3、諸般の報告をいたします。

  まず、監査委員から平成27年5月実施の例月出納検査の結果について及び5月実施の福祉会館、教育総務課、まちづくり整備課、水道課の工事監査の報告がありました。報告書は事務局に保管してありますので、随時閲覧願います。

  次に、地方自治法施行令第146条第2項の規定による一般会計繰越明許費繰越計算書及び同法第150条第3項の規定による事故繰越し繰越計算書の報告がそれぞれありました。

  次に、自主・平和・民主のための広範な国民連合埼玉事務局、梅澤博史さんから「沖縄の声に共鳴して地方自治の堅持を政府に求める意見書(案)」の趣旨の意見書提出を求める陳情書が提出されましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、町長から議案の提出がありました。お手元に配付しておきましたので、ご了解願います。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△町長の挨拶



○堀江快治議長 町長から発言を求められておりますので、これを許可します。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 おはようございます。議長から発言のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

  本日ここに、平成27年第2回6月町議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご健勝にてご参集を賜り、厚く御礼申し上げます。

  さて、私は、去る5月15日より町長としての2期目のスタートを切ることができました。これもひとえに議員各位を初め、町民皆様のご支援のたまものと心より感謝申し上げますとともに、町のかじ取り役としての重責を改めて痛感しており、これからの町政運営について初心を忘れずに取り組んでいく所存でございます。

  1期目の4年間を振り返りますと、前町政から引き継いだ案件と、長年にわたる大きな懸案事項を完成することができました。その背景には、財源確保のためにアベノミクス予算を代表するようなあらゆる補助金を取る努力と、その財源を有効に使う工夫などの結果であり、大きく動きのある町政運営をすることができました。このような成果を出せたのも毛呂山町議会のご理解とご支援、町民皆様のご協力、職員各位の創意工夫と献身的な努力のたまものであり、言いかえればさらなる協働のまちづくりが進んだものと改めて感謝を申し上げます。

  また、東日本大震災の発生から4年という歳月が経過いたしましたが、4年前に立ち上げました東日本復興支援プロジェクト委員会による活動におきましても、この毛呂山町は特に被害状況の厳しい福島県浪江町への支援を主に町民皆様の温かい心を形に変えて継続することができました。この活動につきましては、先日浪江町の馬場町長が毛呂山町に来町された際、今までの復興支援活動に対しまして心温まる御礼の言葉をいただき、同じ国民として東日本大震災による被災地に対しまして、今後も支援活動を継続するべきと確信いたしました。

  それでは、ここで私の2期目の町政運営の基本方針につきまして申し上げさせていただきます。

  国は、アベノミクスから続く新たな政策として地方創生を掲げております。これを受けて、私は施策の柱となるものは、4年前に掲げた自助・共助・公助から成る協働のまちづくりについては変わることはございませんが、その副題に「あなたが主役の毛呂山づくり」を「あなたと創る毛呂山町」へと変えさせていただき、さらに町民皆様との協働のまちづくりを全面に出させていただくことといたしました。また、地方創生のための魅力あるまちづくりを進めるためのテーマとして、「遊ぶ」「学ぶ」「暮す」を基本に「医療」「福祉」「防災」の充実を掲げることといたしました。

  私は、これからの地方創生の時代において一番重要な点は、人の心だと感じているところです。毛呂山町は財源が豊かな町ではありませんので、国や県による交付金や補助金に頼って町政を運営しております。そのような中で毛呂山町の魅力を高める施策においては、お金をかけずに毛呂山町が持っている自然を生かしながら、人のぬくもりを感じていただけるような取り組みが必要であり、そこに里山資本主義という考え方が合致するものと考えております。毛呂山町には、自然があり、駅が4つもあり、大学や高校があり、大きく最先端の病院があります。そのようなさまざまな資源を有する町で、しかも都心から1時間もかからずに訪れることができるという点は、ほかの市町村にない毛呂山町の特色です。毛呂山町の地の利を生かすチャンスが地方創生だと強く認識しております。町民皆様に「毛呂山町がよくなった」、そして毛呂山町に訪れる皆様が「毛呂山町に住みたい」と言っていただけるようなまちづくりを実現できるよう施策を推進してまいります。

  それでは、平成27年度の町の主な事業の状況につきましてご説明申し上げます。

  防災関連事業では、既存の防災行政無線をデジタル化する防災行政無線デジタル化整備工事について、5月22日に開札を行い業者が決定し、今定例会において契約締結の議案を追加上程する予定です。なお、当該工事については、平成28年度においても引き続き工事を実施いたします。

  企画関連事業では、平成27年度中に地方版総合戦略を策定いたします。総合戦略の策定に関しましては、平成26年度補正予算(第6号)に地方版総合戦略策定支援調査業務委託料を予算計上し、繰り越し事業として平成27年度に執行いたします。

  また、総合戦略は、総合振興計画と一体のものとするため、今年度中に第5次毛呂山町総合振興計画を策定し、今年度から平成36年度までの10年間を期間とする基本構想及び今年度から平成31年度までの期間の前期基本計画を策定いたします。

  企業誘致関連事業では、南部地区について工業・物流系、商業系と幅広く取り組み、雇用と税財源を確保できるよう全力で取り組んでいく所存でございます。

  生活道路関連事業では、町道第7号路線道路改良工事を施工いたします。その他、舗装修繕工事1路線、側溝修繕工事4路線、河川改修工事1カ所、トイレ設置工事1カ所を実施いたします。

  子育て支援関連事業では、岩井学童保育所を移転するため、毛呂山小学校内の余裕教室を改修する毛呂山小学校内学童保育所整備工事を10月の完成を目指して施工いたします。また、地域における子育て支援を充実するため、子育ての援助を受けたい方と行いたい方の組織を結成し、その運営と利用調整をNPO法人に委託いたします。なお、子育ての援助を行うサポート会員の募集を5月より開始しております。消費税率の引き上げに際し、子育て世帯への影響を緩和するとともに、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、今年度も国の制度に基づき、臨時的な給付金を給付いたします。なお、給付金の申請は6月12日から受け付けを開始いたします。

  教育施設関連事業では、毛呂山小学校体育館大規模改造工事設計業務委託を6月中に発注予定です。毛呂山中学校大規模改造工事の1期工事及び小学校空調設備設置工事については、5月22日に開札を行い業者が決定し、今定例会において契約締結の議案を追加上程する予定です。両工事とも学校運営に支障を来さないよう夏季休業期間を中心に工事を実施する予定です。無線LAN整備工事については、光山小学校と泉野小学校が対象で6月上旬までに発注予定とし、夏期休業期間中に工事を完了させ、学校運営に支障を来さないようにいたします。

  水道事業では、重要給水施設配水管整備事業4件、老朽管更新工事4件、舗装復旧工事1件を施工いたします。なお、重要給水施設配水管整備事業1件と老朽管更新工事の1件については、既に発注済みでございます。

  マイナンバー関連事業では、本年10月よりマイナンバー制度が導入され、住民一人一人に付番される個人番号を通知いたします。また、来年1月からは、個人番号の利用が開始され、希望する方には申請により個人番号カードの交付を行います。なお、マイナンバー制度に適合させるため、既存の住民情報システムの改修を実施いたします。

  スポーツ関連事業では、本年8月21日から23日の期間に第70回国民体育大会関東ブロック大会が開催される予定です。同大会は、1都7県で持ち回りで開催され、平成27年度は埼玉県での開催となり、33の競技が実施されます。なお、毛呂山町では成年女子のソフトボール競技が大類ソフトボールパークで開催される予定で、本大会出場2チームを決定いたします。

  その他、今年度計画している事業につきましても順次実施してまいりますので、今後とも議員各位のより一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  今定例会に提案いたしました案件は、条例の一部改正1件、補正予算2件、報告2件、合わせまして5件でございます。

  何とぞ慎重ご審議の上、速やかなるご議決を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  以上です。

                                              



△後日日程の報告



○堀江快治議長 本日はこの程度にとどめます。

  明6月9日は午前9時30分から本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

                                              



△散会の宣告



○堀江快治議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

                                      (午前 9時45分)