議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成27年  第1回( 5月) 臨時会 05月11日−議席の指定・議長、副議長の選挙−01号




平成27年  第1回( 5月) 臨時会 − 05月11日−議席の指定・議長、副議長の選挙−01号







平成27年  第1回( 5月) 臨時会





          平成27年第1回(5月)毛呂山町議会臨時会

議 事 日 程 (第1号)

                       平成27年5月11日(月曜日)午前9時30分開会

日程第 1 仮議席の指定
日程第 2 議長の選挙
追加議事日程 (第1号の追加1)
追加日程第 1 議席の指定
追加日程第 2 会議録署名議員の指名
追加日程第 3 会期の決定
追加日程第 4 副議長の選挙
追加日程第 5 常任委員の選任
追加日程第 6 議会運営委員の選任
追加日程第 7 坂戸地区衛生組合議会の議員の選挙
追加日程第 8 埼玉西部環境保全組合議会の議員の選挙
追加日程第 9 西入間広域消防組合議会の議員の選挙
追加日程第10 毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員の選挙
追加日程第11 広域静苑組合議会の議員の選挙
追加日程第12 毛呂山町農業委員会委員の推薦について
追加日程第13 諸般の報告
追加議事日程 (第1号の追加2)
追加日程第14 議案第25号 専決処分の承認を求めることについて
               (毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)
追加日程第15 議案第26号 専決処分の承認を求めることについて
               (毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)
追加日程第16 議案第27号 専決処分の承認を求めることについて
               (毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)
追加日程第17 議案第28号 専決処分の承認を求めることについて
               (毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)
追加日程第18 議案第29号 固定資産評価員の選任について
追加日程第19 議案第30号 監査委員の選任について
追加日程第20 議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査について

出席議員(14名)
     1番   下  田  泰  章  議員    2番   平  野     隆  議員
     3番   澤  田     巌  議員    4番   牧  瀬     明  議員
     5番   弓  田  茂  樹  議員    6番   佐  藤  秀  樹  議員
     7番   荒  木  か お る  議員    8番   千  葉  三 津 子  議員
     9番   村  田  忠 次 郎  議員   10番   岡  野     勉  議員
    11番   小  峰  明  雄  議員   12番   高  橋  達  夫  議員
    13番   長  瀬     衛  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   岡  野  昭  弘   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼                   兼 福 祉
                情報推進                   会 館 長
                室  長

   大  澤  邦  夫   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   村  本  英  明   福祉課長      小  峰  裕  次   高 齢 者
                                       支援課長

   村  田  眞  一   子 ど も      田  口  雄  一   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      松  原     啓   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   疋  田  浩  一   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   岡  田  忠  彦   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小  堺  広  司   学校教育      伊  藤     清   生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   吉  田  英  夫   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   田  中  永  子   主  任



                                              



△開会及び開議の宣告



○高橋達夫臨時議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、ただいまから平成27年第1回毛呂山町議会臨時会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△仮議席の指定



○高橋達夫臨時議長 日程第1、仮議席の指定を行います。

  仮議席は、ただいま着席の議席とします。

                                              



△議長の選挙



○高橋達夫臨時議長 日程第2、議長の選挙を行います。

  選挙は投票で行います。

  議場の出入り口を閉めます。

                 〔議場閉鎖〕



○高橋達夫臨時議長 ただいまの出席議員数は14名です。

  お諮りします。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に村田忠次郎議員及び堀江快治議員並びに牧瀬明議員を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋達夫臨時議長 ご異議なしと認めます。

  よって、立会人に村田忠次郎議員及び堀江快治議員並びに牧瀬明議員を指名します。

  投票用紙を配ります。

                 〔投票用紙配付〕



○高橋達夫臨時議長 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

  投票用紙の配付漏れはありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋達夫臨時議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を点検します。

                 〔投票箱点検〕



○高橋達夫臨時議長 異状なしと認めます。

  ただいまから投票を行います。

  事務局長が議席番号と氏名をお呼びしますので、順番に投票願います。

                 〔氏名点呼、投票〕



○高橋達夫臨時議長 投票漏れはありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○高橋達夫臨時議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終わります。

  開票を行います。

  村田忠次郎議員及び堀江快治議員並びに牧瀬明議員、開票の立ち会いをお願いします。

                 〔開  票〕



○高橋達夫臨時議長 選挙の結果を報告します。

  投票総数14票

      有効投票  14票

      無効投票  0票

  有効投票のうち

     堀 江 快 治 議員  7票

     高 橋 達 夫 議員  6票

     牧 瀬   明 議員  1票

  無効投票のうち

     白 票    0票

  以上のとおりです。

  この選挙の法定得票数は4票です。

  よって、堀江快治議員が議長に当選されました。

  議場の出入り口を開きます。

                 〔議場開鎖〕



○高橋達夫臨時議長 ただいま議長に当選された堀江快治議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をします。

                                              



△議長就任の挨拶



○高橋達夫臨時議長 堀江快治議員、議長当選のご挨拶をお願いします。

                 〔堀江快治議長登壇〕



○堀江快治議長 一言ご挨拶申し上げます。

  ただいまの議長選挙におかれましては、多数の議員の皆さんのご支援をいただきまして議長に当選させていただきました。もとより浅学非才な私ですけれども、本町発展のために総力を挙げて頑張る所存でございますので、これからも議員各位のご支援とご協力を心からお願い申し上げまして、就任のご挨拶にかえさせていただきます。大変ありがとうございました。



○高橋達夫臨時議長 堀江快治議長、議長席へお着きください。

                 〔臨時議長退席、議長着席〕



○堀江快治議長 この際、暫時休憩といたします。

                                      (午前 9時51分)

                                              



○堀江快治議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前 9時52分)

                                              



△議席の指定



○堀江快治議長 追加日程第1、議席の指定を行います。

  議席は、会議規則第4条第1項の規定によって、ただいま着席のとおりと指定いたします。

                                              



△会議録署名議員の指名



○堀江快治議長 追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第121条の規定によって、議長において下田泰章議員及び平野隆議員並びに澤田巌議員を指名いたします。

                                              



△会期の決定



○堀江快治議長 追加日程第3、会期の決定についてを議題といたします。

  お諮りいたします。本臨時会の会期は本日1日としたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日と決定いたしました。

                                              



△副議長の選挙



○堀江快治議長 追加日程第4、副議長の選挙を行います。

  選挙は投票で行います。

  議場の出入り口を閉めます。

                 〔議場閉鎖〕



○堀江快治議長 ただいまの出席議員数は14名です。

  お諮りいたします。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に長瀬衛議員及び小峰明雄議員並びに岡野勉議員を指名いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、立会人に長瀬衛議員及び小峰明雄議員並びに岡野勉議員を指名いたします。

  投票用紙をお配りいたします。

                 〔投票用紙配付〕



○堀江快治議長 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

  投票用紙の配付漏れはございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を点検いたします。

                 〔投票箱点検〕



○堀江快治議長 異状なしと認めます。

  ただいまから投票を行います。

  事務局長が議席番号と氏名をお呼びいたしますので、順番にご投票願います。

                 〔氏名点呼、投票〕



○堀江快治議長 投票漏れはございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終わります。

  開票を行います。

  長瀬衛議員及び小峰明雄議員並びに岡野勉議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

                 〔開  票〕



○堀江快治議長 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数14票

      有効投票  14票

      無効投票  0票です。

  有効投票のうち

     佐 藤 秀 樹 議員  7票

     弓 田 茂 樹 議員  6票

     牧 瀬   明 議員  1票

  無効投票のうち

     白 票    0票です。

  以上のとおりです。

  この選挙の法定得票数は4票です。

  よって、佐藤秀樹議員が副議長に当選されました。

  議場の出入り口を開きます。

                 〔議場開鎖〕



○堀江快治議長 ただいま副議長に当選されました佐藤秀樹議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をいたします。

                                              



△副議長就任の挨拶



○堀江快治議長 佐藤秀樹議員、副議長当選のご挨拶をお願いします。

                 〔佐藤秀樹副議長登壇〕



○佐藤秀樹副議長 ただいま多数の方のご支援をいただき副議長を拝命いたしました佐藤秀樹です。

  毛呂山町町政発展のために一生懸命頑張ってまいりたいと思いますので、今後ともご支援、ご指導、ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願いいたします。



○堀江快治議長 この際、暫時休憩といたします。

                                      (午前10時12分)

                                              



○堀江快治議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時26分)

                                              



△常任委員の選任



○堀江快治議長 追加日程第5、常任委員の選任を行います。

  お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、総務文教常任委員に堀江快治議員、高橋達夫議員、岡野勉議員、村田忠次郎議員、荒木かおる議員、弓田茂樹議員、澤田巌議員、以上の7人を、生活福祉常任委員に長瀬衛議員、小峰明雄議員、千葉三津子議員、佐藤秀樹議員、牧瀬明議員、平野隆議員、下田泰章議員、以上の7人をそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました以上の議員をそれぞれの常任委員に選任することに決定いたしました。

  この際、暫時休憩といたします。

                                      (午前11時27分)

                                              



○堀江快治議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時57分)

                                              



△議会運営委員の選任



○堀江快治議長 追加日程第6、議会運営委員の選任を行います。

  お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、長瀬衛議員、高橋達夫議員、村田忠次郎議員、千葉三津子議員、佐藤秀樹議員、弓田茂樹議員を指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員は、ただいま指名したとおり選任することに決定いたしました。

  この際、暫時休憩といたします。

                                      (午後 1時59分)

                                                



○堀江快治議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時36分)

                                                



△各常任委員会、議会運営委員会正副委員長の互選



○堀江快治議長 各委員会において互選された委員長及び副委員長を報告いたします。

  職員から正副委員長名を朗読いたさせます。



◎瀬波行男事務局長 朗読いたします。敬称は略させていただきます。

  総務文教常任委員会委員長、弓田茂樹、副委員長、荒木かおる。

  生活福祉常任委員会委員長、千葉三津子、副委員長、小峰明雄。

  議会運営委員会委員長、長瀬衛、副委員長、高橋達夫。



○堀江快治議長 以上でございます。

  正副委員長を代表して、総務文教常任委員長のご挨拶をお願いいたします。

  弓田茂樹議員。

                 〔弓田茂樹総務文教常任委員長登壇〕



◎弓田茂樹総務文教常任委員長 ただいまご指名でございますので、一言ご挨拶のほうをさせていただきます。

  筆頭委員会の委員長として公正、公平の立場を貫き、町政進展のため尽力を尽くしてまいる所存でございます。皆様のご指導を今後ともお願いし、職務に全うしてまいりたいと思っております。どうぞ皆様よろしくお願い申し上げます。

                                                



△坂戸地区衛生組合議会の議員の選挙



○堀江快治議長 追加日程第7、坂戸地区衛生組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長が指名することに決定いたしました。

  坂戸地区衛生組合議会の議員に、小峰明雄議員、荒木かおる議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました坂戸地区衛生組合議会の議員に、小峰明雄議員、荒木かおる議員を坂戸地区衛生組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました小峰明雄議員、荒木かおる議員が坂戸地区衛生組合議会の議員に当選されました。

  ただいま坂戸地区衛生組合議会の議員に当選されました小峰明雄議員、荒木かおる議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって告知をいたします。

                                                



△埼玉西部環境保全組合議会の議員の選挙



○堀江快治議長 追加日程第8、埼玉西部環境保全組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長が指名することに決定いたしました。

  埼玉西部環境保全組合議会の議員に、堀江快治議員、長瀬衛議員、村田忠次郎議員、牧瀬明議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました堀江快治議員、長瀬衛議員、村田忠次郎議員、牧瀬明議員を埼玉西部環境保全組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました堀江快治議員、長瀬衛議員、村田忠次郎議員、牧瀬明議員が埼玉西部環境保全組合議会の議員に当選されました。

  ただいま埼玉西部環境保全組合議会の議員に当選されました堀江快治議員、長瀬衛議員、村田忠次郎議員、牧瀬明議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって告知をいたします。

                                                



△西入間広域消防組合議会の議員の選挙



○堀江快治議長 追加日程第9、西入間広域消防組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長が指名することに決定いたしました。

  西入間広域消防組合議会の議員に、小峰明雄議員、岡野勉議員、村田忠次郎議員、千葉三津子議員、弓田茂樹議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました小峰明雄議員、岡野勉議員、村田忠次郎議員、千葉三津子議員、弓田茂樹議員を西入間広域消防組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました小峰明雄議員、岡野勉議員、村田忠次郎議員、千葉三津子議員、弓田茂樹議員が西入間広域消防組合議会の議員に当選されました。

  ただいま西入間広域消防組合議会の議員に当選されました小峰明雄議員、岡野勉議員、村田忠次郎議員、千葉三津子議員、弓田茂樹議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって告知をいたします。

                                                



△毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員の選挙



○堀江快治議長 追加日程第10、毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長が指名することに決定いたしました。

  毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員に、堀江快治議員、長瀬衛議員、高橋達夫議員、荒木かおる議員、佐藤秀樹議員、平野隆議員、下田泰章議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました堀江快治議員、長瀬衛議員、高橋達夫議員、荒木かおる議員、佐藤秀樹議員、平野隆議員、下田泰章議員を毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました堀江快治議員、長瀬衛議員、高橋達夫議員、荒木かおる議員、佐藤秀樹議員、平野隆議員、下田泰章議員が毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員に当選されました。

  ただいま毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合議会の議員に当選されました堀江快治議員、長瀬衛議員、高橋達夫議員、荒木かおる議員、佐藤秀樹議員、平野隆議員、下田泰章議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって告知をいたします。

                                                



△広域静苑組合議会の議員の選挙



○堀江快治議長 追加日程第11、広域静苑組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長が指名することに決定いたしました。

  広域静苑組合議会の議員に、高橋達夫議員、岡野勉議員、千葉三津子議員、澤田巌議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました高橋達夫議員、岡野勉議員、千葉三津子議員、澤田巌議員を広域静苑組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました高橋達夫議員、岡野勉議員、千葉三津子議員、澤田巌議員が広域静苑組合議会の議員に当選されました。

  ただいま広域静苑組合議会の議員に当選されました高橋達夫議員、岡野勉議員、千葉三津子議員、澤田巌議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定によって告知をいたします。

  ただいま当選されました5つの一部事務組合議会の議員を代表いたしまして、長瀬衛議員に代表者のご挨拶をお願いいたします。

  長瀬議員、お願いします。

                 〔13番 長瀬 衛議員登壇〕



◎13番(長瀬衛議員) それでは、ただいま議長のほうから一部事務組合の所属に決まりました皆さんを代表してご挨拶をという今ご指名がありました。

  4名の1期生の皆さん加えて、特に2期生以下9名という大変若い議会の布陣となりましたけれども、そんな中、今各事務組合5つありますけれども、それぞれが施設の更新等大きな課題を抱えている大変重要な時期を責任を持って我々がいるわけですけれども、ぜひひとつほかの構成市町の議員の皆さんとも協力して適正な運営を図れるように、努力をお互いにやっていきたいと思います。どうかひとつ町の発展のための延長でありますので、ひとつぜひ皆さんも真摯に取り組んでいただきたいと、こう申し上げて、代表としての挨拶とさせていただきます。ありがとうございました、どうも。

                                                



△毛呂山町農業委員会委員の推薦について



○堀江快治議長 追加日程第12、毛呂山町農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、村田忠次郎議員の退場を求めます。

                 〔9番 村田忠次郎議員退場〕



○堀江快治議長 お諮りいたします。

  議会推薦の農業委員会委員は1人とし、村田忠次郎議員を推薦したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、農業委員会委員は1人とし、村田忠次郎議員を推薦することに決定いたしました。

  村田忠次郎議員の入場を求めます。

                 〔9番 村田忠次郎議員入場〕



○堀江快治議長 農業委員会委員に推薦されました村田忠次郎議員のご挨拶をお願いいたします。

                 〔9番 村田忠次郎議員登壇〕



◎9番(村田忠次郎議員) ただいま農業委員に推薦されました村田です。かつて毛呂山町は農業中心の町でしたけれども、その農業の衰退というのは非常に大きくて、非常に厳しい状況にあるというふうに思っています。高齢化が進んで農業がさらに厳しさを増しているわけですけれども、そういうことについて農業委員会がよりよい運営ができるように私も議会選出の委員としての意見を伝えさせてもらいたいというふうに思います。長瀬先生の後で非常に重責ではありますけれども、皆さんのご指導いただきながら進めていきたいと思っております。どうぞよろしくご指導いただきたいと思います。ありがとうございます。



○堀江快治議長 この際、暫時休憩といたします。

                                      (午後 2時53分)

                                                



○堀江快治議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時08分)

                                                



△諸般の報告



○堀江快治議長 追加日程第13、諸般の報告をいたします。

  まず、議会だより編集委員会の委員が決まりましたので、報告いたします。

  委員長、弓田茂樹議員、副委員長、荒木かおる議員、委員に牧瀬明議員、澤田巌議員、平野隆議員、下田泰章議員、以上でございます。

  次に、監査委員から平成27年3月及び4月実施の例月出納検査について報告書が提出されております。報告書は事務局に保管してありますから、随時閲覧願います。

  次に、議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)及び議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)並びに議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)、さらに議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)、次に議案第29号 固定資産評価員の選任について及び議案第30号 監査委員の選任についての議案がそれぞれ提出されました。報告いたします。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                                



△町長の挨拶



○堀江快治議長 町長から発言を求められておりますので、これを許します。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議長から発言のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

  本日ここに、平成27年第1回町議会臨時会を招集申し上げましたところ、ご健勝にてご参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。

  議員各位におかれましては、去る4月26日に執行されました町議会議員選挙におきまして、多くの町民のご信任をいただき、めでたくご当選されましたことに対し、心からお祝いを申し上げる次第でございます。

  また、ただいまは議会におきまして、議長に当選されました堀江議員、副議長に当選されました佐藤議員におかれましては、まことにおめでとうございます。議会の人事も滞りなく終了され、新しい構成による毛呂山町議会がスタートできましたことに衷心よりお祝いを申し上げますとともに、今後の町政進展のためご活躍くださいますようご期待申し上げます。

  本臨時会では、専決処分の承認4件、人事2件、合わせて6件でございます。何とぞ慎重ご審議の上、速やかなるご議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  以上です。

                                              



△日程の追加



○堀江快治議長 お諮りいたします。

  議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)及び議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)並びに議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)、さらに議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)、次に議案第29号 固定資産評価員の選任について及び議案第30号 監査委員の選任について並びに議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査についてそれぞれ日程に追加し、追加日程第14、15、16、17、18、19、20とすることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)及び議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)並びに議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)、さらに議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)、次に議案第29号 固定資産評価員の選任について及び議案第30号 監査委員の選任について並びに議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査についてそれぞれ日程に追加し、追加日程第14、15、16、17、18、19、20とすることに決定いたしました。

                                                



△議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)



○堀江快治議長 追加日程第14、議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)を議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第25号につきましてご説明申し上げます。

  地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に交付されました。これに伴いまして、毛呂山町税条例等の一部を改正する必要があり、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分いたしましたので、同条第3項の規定に基づきご承認を賜りたく、お願いをするものでございます。

  改正の主な内容は、個人住民税のふるさと納税に係る特例控除額の拡充及び2輪車等に係る税率の引き上げ時期の延長等を定めるものでございます。

  以上です。



○堀江快治議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆11番(小峰明雄議員) 11番、小峰明雄。議案第25号について質疑をさせていただきます。

  確認の意味でちょっとお伺いしますけれども、2輪と小型特殊の関係というのは、これは税の関係1年延ばすということで解釈してよろしいのか。

  それから、あとふるさと納税ですけれども、これは1割から2割に変わるのか。

  それとあと1点、これは自動で申告はしなくて、自動的にそういった手続がされてしまって、本人はそういう手続をしなくてもよろしいと、そういうふうな解釈をしてよろしいのでしょうか。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  自動2輪、小型特殊車の税率を1年延長するかというご質疑かと思いますが、おっしゃるとおり2輪、小型特殊につきまして1年間税率の引き上げを延長するものでございます。

  次に、ふるさと納税の税額控除の件でございますが、1割から2割に所得割の額が引き上げられるというものでございます。

  最後に、ふるさと納税の申告はせずに自動的に控除になるのかというご質疑でございますが、これは選択制となっております。ご本人が納付先に申し出た場合につきましては、寄附をした納付先から住所先の市町村に通知が来て、それに伴って税額控除が行われるという形になります。ただ、納付先が6か所以上になった場合につきましては、申告が必要になってくるということになってございます。

  以上でございます。



○堀江快治議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 関連すると思うのですが、議案第25号について質疑を行いたいと思います。

  具体的に負担増を1年延ばすということで、軽自動車税に限ってはどうでしょうか。どうなるかということで。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  3輪以上の軽自動車につきましては、28年度からの税額の引き上げとなってございます。ただ、グリーン化特例と申し上げまして、燃費性能や排出ガス性能のすぐれた自動車等につきましては、28年から1年間に限り税額が安くなるという制度になってございます。

  以上でございます。



○堀江快治議長 岡野議員。



◆10番(岡野勉議員) 軽自動車に関しても1年間は、28年度ですからね、1年延びると。それで、その後は現在たしか軽自動車は4,000円でしたっけ。それが額としてどうなるのかということで、よろしくお願いします。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  3輪以上の軽自動車につきましては、初度登録年によりまして税額が変わってまいります。27年3月31日以前に登録している3輪以上の軽自動車につきましては、従来どおりの税率という形になります。27年4月1日以降に初度登録をした自動車につきましては、新税率が適用になるというものでございます。

  以上でございます。



○堀江快治議長 これにて質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。議案第25号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第25号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 討論なしと認めます。

  これより議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)を採決いたします。

  本案は承認することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○堀江快治議長 起立全員であります。

  よって、議案第25号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町税条例等の一部を改正する条例)は、承認することに決定いたしました。

                                              



△議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)



○堀江快治議長 追加日程第15、議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)を議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第26号につきましてご説明申し上げます。

  地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に交付されました。これに伴いまして、毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する必要があり、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分いたしましたので、同条第3項の規定に基づきご承認を賜りたく、お願いをするものでございます。

  改正の主な内容は、適用年度の改正、廃止、条ずれ・項ずれに伴う見直し等でございます。

  以上です。



○堀江快治議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆11番(小峰明雄議員) 11番、小峰明雄。議案第26号について質疑をさせていただきます。

  ただいまのご説明の中で少し確認したいのですけれども、これ毛呂山町には該当地は、自分の知識の中ではないと思うのですけれども、このことだけお伺いいたします。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  毛呂山町に該当の施設はあるかというご質疑でございますが、現在毛呂山町に該当する施設はございません。

  以上でございます。



○堀江快治議長 これにて質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。議案第26号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第26号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 討論なしと認めます。

  これより議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)を採決いたします。

  本案は承認することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○堀江快治議長 起立全員であります。

  よって、議案第26号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町都市計画税条例の一部を改正する条例)は、承認することに決定いたしました。

                                              



△議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)



○堀江快治議長 追加日程第16、議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)を議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第27号につきましてご説明申し上げます。

  地方税法等の一部を改正する法律が平成27年3月31日に交付されました。これに伴いまして、毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する必要があり、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分いたしましたので、同条第3項の規定に基づきご承認を賜りたく、お願いをするものでございます。

  改正の主な内容は、国民健康保険税の基礎課税額等に係る課税限度額の引き上げ及び軽減判定所得金額の引き上げ等を定めるものでございます。

  以上です。



○堀江快治議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆11番(小峰明雄議員) 11番、小峰明雄。議案27号について質疑をさせていただきます。

  今回51万を52万ということで、16万を17万ということで改めてくるわけですけれども、まずこの影響額というものはどのくらいあるのか。

  それと、対象の世帯数というものがどのくらいあるのか、この点についてまずお伺いします。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  今回の改正による影響額と対象の世帯数というご質疑でございますが、まず対象となる世帯数につきましては、改正前74世帯から70世帯と4世帯減少してございます。影響額としましては、約71万円の増加、支援分及び介護分を合わせた額での影響額となりますと、約160万円となってございます。

  以上でございます。



○堀江快治議長 小峰明雄議員。



◆11番(小峰明雄議員) 再質疑をさせていただきますけれども、74世帯が70世帯ということで減少するわけですけれども、確かにかなりの高額の方々なのですけれども、その高額の方々の少し下の方々ということも考えられるのですけれども、こういう中で高額の方の滞納というものに対しては、どんなような税務課としての考え方があるのか、お伺いいたします。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 お答え申し上げます。

  限度額の引き上げにより高額収入の滞納がふえるのではないかというご質疑かと思いますが、かなりの高額な収入がある方が今回限度額を超える対象となっております。仮に給与所得者の世帯及び収入のない家族3人の合計4人が加入している世帯で試算いたしますと、医療分の限度額52万円を超過する収入額は約880万円、支援金分の限度額17万円を超過する収入額は約1,110万円、介護分の限度額16万円を超過する収入額は約1,220万円以上となります。以上のようなことから、滞納する世帯が発生したとはいえ、収入がかなりある世帯だと思いますので、納税相談等お話を聞きながら、なおかつ財産調査などを行うことで解消に導いていくことができるかと考えております。

  以上でございます。



○堀江快治議長 小峰議員。



◆11番(小峰明雄議員) ただいま880万に、1,110万円ということですけれども、よく決算、予算のときに、特に資料をいただいております。そういう資料の中で、特に800万とかかなりの高額の方の滞納というのもあるわけですよ。だから、この辺をどのように考えているのかということなのですよ。私はそこをちょっとお伺いしたかったのですけれども、もう一度税務課としての考えをお伺いいたします。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 お答え申し上げます。

  今回の限度額の引き上げにかかわらず、従来も高額所得者の国保税の滞納というものがございます。この高額の滞納者につきましては、やはり財産調査、納税相談等を行った結果、納められるのに納められない、いわゆる悪徳滞納者というものであれば財産調査の上、滞納処分ということは十分あり得るかと思います。

  また、納めたくても納められないという事情がある方につきましては、やはり調査の上、滞納処分の執行を停止するという処理を行うことで債権管理を押さえていくということで、滞納額の圧縮に努めていきたいと考えております。

  以上でございます。



○堀江快治議長 岡野勉議員。



◆10番(岡野勉議員) 私も確認の意味で質疑ですが、限度額の引き上げということですが、より応能負担に近づけるという視点というか、対策なのだということでよろしいのか。

  それで、限度額が引き上がったことによって標準世帯や低所得世帯が引きずられて負担額が、国保税がふえるということではないということでいいですよね。その点確認したいと思います。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  今回の限度額の引き上げにつきましては、所得割の税率を上げるということではなく、限度額を上げることによって国保税、歳入の収入を確保するというものでございます。本来であれば所得割の税率を改正するという方法もあるかと思うのですけれども、そうすることによって低中所得者層の負担を大きくするということになりますので、高額所得者層については、引き上げにより負担がふえるということになるかと思いますが、中低所得者層に配慮した改正という内容になってございます。

  また、それに伴って低所得者の所得割も引き上がるのかというご質問でございますが、そのようなことはなく、あくまでも限度額の引き上げあるいは軽減対象の拡大という形になりますので、所得が今まで軽減にならなかった低中所得者も軽減対象になるというものでございます。

  以上でございます。



○堀江快治議長 岡野議員。



◆10番(岡野勉議員) この点での周知というのが、それは高額所得の方にとってもその理解という意味では促すということでも必要だと思います。どんな手段でこれを周知するかということではどう考えているかということでお願いします。



○堀江快治議長 大澤税務課長。

                 〔大澤邦夫税務課長登壇〕



◎大澤邦夫税務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  今回の改正の周知方法でございますが、これから国民健康保険税の納税通知書の発送がございます。その通知の中にお知らせという形で入れるのとあわせまして町のホームページや広報等で周知していきたいと考えております。

  以上でございます。



○堀江快治議長 これにて質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。議案第27号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第27号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 討論なしと認めます。

  これより議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)を採決いたします。

  本案は承認することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○堀江快治議長 起立全員であります。

  よって、議案第27号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町国民健康保険税条例等の一部を改正する条例)は、承認することに決定いたしました。

                                              



△議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)



○堀江快治議長 追加日程第17、議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)を議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第28号につきましてご説明申し上げます。

  介護保険法施行令の一部を改正する政令が平成27年4月10日に交付されました。これに伴いまして、毛呂山町介護保険条例の一部を改正する必要があり、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分いたしましたので、同条第3項の規定に基づきご承認を賜りたく、お願いするものでございます。

  改正の内容は、低所得者の保険料軽減強化を行うため、減額賦課に係る保険料率を定めるものでございます。

  以上です。



○堀江快治議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆11番(小峰明雄議員) 11番、小峰明雄。議案28号について質疑をさせていただきます。

  今回これは消費税の8%の据え置きということで、低所得者のみの軽減ということですけれども、この影響額についてお伺いいたします。



○堀江快治議長 小峰高齢者支援課長。

                 〔小峰裕次高齢者支援課長登壇〕



◎小峰裕次高齢者支援課長 質疑にお答えさせていただきます。

  低所得者の保険料軽減強化ということでございまして、軽減を設けるということでございまして、影響額につきましては、430万円ほどの保険料率の減ということになります。

  以上でございます。



○堀江快治議長 小峰議員。



◆11番(小峰明雄議員) 430万円ということですけれども、一般会計からの持ち出しというのはどのくらいあるのか、お伺いいたします。



○堀江快治議長 小峰課長。

                 〔小峰裕次高齢者支援課長登壇〕



◎小峰裕次高齢者支援課長 お答え申し上げます。

  430万円のうち、国、県、町ということで、町の負担が4分の1になってございます。額といたしましては、107万円強ということです。



○堀江快治議長 これにて質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。議案第28号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第28号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 討論なしと認めます。

  これより議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)を採決いたします。

  本案は承認することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○堀江快治議長 起立全員であります。

  よって、議案第28号 専決処分の承認を求めることについて(毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例)は、承認することに決定いたしました。

                                              



△議案第29号 固定資産評価員の選任について



○堀江快治議長 追加日程第18、議案第29号 固定資産評価員の選任についてを議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第29号につきましてご説明申し上げます。

  小峰裕次氏から固定資産評価員の辞職願が提出されました。つきましては、後任に大澤邦夫氏を固定資産評価員に選任したいので、地方税法第404条第2項の規定により、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○堀江快治議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。議案第29号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第29号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 討論なしと認めます。

  これより議案第29号 固定資産評価員の選任についてを採決いたします。

  本案はこれに同意することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○堀江快治議長 起立全員であります。

  よって、議案第29号 固定資産評価員の選任については同意することに決定いたしました。

                                              



△議案第30号 監査委員の選任について



○堀江快治議長 追加日程第19、議案第30号 監査委員の選任についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定によって、岡野勉議員の退場を求めます。

                 〔10番 岡野 勉議員退場〕



○堀江快治議長 町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第30号につきましてご説明申し上げます。

  毛呂山町議会が平成27年3月25日に自主解散したため、議員から選任される監査委員が欠員となりました。つきましては、後任の監査委員に岡野勉氏を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定によりこの案を提出するものでございます。

  以上です。



○堀江快治議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。議案第30号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第30号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 討論なしと認めます。

  これより議案第30号 監査委員の選任についてを採決いたします。

  本案はこれに同意することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○堀江快治議長 起立全員であります。

  よって、議案第30号 監査委員の選任については同意することに決定いたしました。

  岡野勉議員の入場を求めます。

                 〔10番 岡野 勉議員入場〕



○堀江快治議長 岡野勉議員、監査委員の選任について同意されましたので、ご挨拶をお願いいたします。

                 〔10番 岡野 勉議員登壇〕



◎10番(岡野勉議員) ただいまは議員各位の推薦、そしてご承認をいただきました。これから代表監査委員とともに町政進展の立場でしっかり監査を担ってまいりますので、ご指導のほどよろしくお願いします。ありがとうございました。

                                                



△議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査について



○堀江快治議長 追加日程第20、議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査についてを議題といたします。

  議会運営委員長から、会議規則第71条の規定によって、お手元にお配りいたしました所掌事務事項について閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りいたします。委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○堀江快治議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

                                              



△閉会の宣告



○堀江快治議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  これにて平成27年第1回毛呂山町議会臨時会を閉会といたします。

                                      (午後 3時45分)