議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成27年  第1回( 3月) 定例会 03月05日−議案説明・質疑・討論・表決−04号




平成27年  第1回( 3月) 定例会 − 03月05日−議案説明・質疑・討論・表決−04号







平成27年  第1回( 3月) 定例会





          平成27年第1回(3月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第4号)

                         平成27年3月5日(木曜日)午前9時30分開議

日程第 1 議案第 1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例  
日程第 2 議案第 2号 毛呂山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等
             に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例  
日程第 3 議案第 3号 毛呂山町行政手続条例の一部を改正する条例               
日程第 4 議案第 4号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例              
日程第 5 議案第 5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例         
日程第 6 議案第 6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例               
日程第 7 議案第 7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を
             定める条例の一部を改正する条例                    
日程第 8 議案第 8号 毛呂山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに
             指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法
             に関する基準を定める条例の一部を改正する条例             
日程第 9 議案第 9号 毛呂山町保育所入所条例を廃止する条例                 
日程第10 議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)            
日程第11 議案第11号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)      
日程第12 議案第12号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)          
日程第13 議案第13号 平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)        
日程第14 議案第14号 平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)     
日程第15 議案第24号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)            
日程第16 後日日程の報告                                   

出席議員(13名)
     1番   弓  田  茂  樹  議員    2番   佐  藤  秀  樹  議員
     3番   荒  木  か お る  議員    4番   千  葉  三 津 子  議員
     5番   村  田  忠 次 郎  議員    6番   宮  寺  征  二  議員
     7番   藤  岡  健  司  議員    8番   下  田  一  甫  議員
     9番   岡  野     勉  議員   10番   小  峰  明  雄  議員
    11番   高  橋  達  夫  議員   12番   長  瀬     衛  議員
    14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   粟 生 田  義  行   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼
                情報推進
                室  長

   小  峰  裕  次   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   斉  藤     豊   福祉課長      吉  田  英  夫   高 齢 者
                兼 福 祉                   支援課長
                会 館 長

   村  田  眞  一   子 ど も      村  本  英  明   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      岡  田  忠  彦   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   岡  野  昭  弘   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   疋  田  浩  一   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小 坂 井  啓  二   学校教育      伊  藤     清   生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   関     保  明   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   坂  口  尊  恵   主  査



                                              



△開議の宣告



○宮寺征二議長 ただいまの出席議員数は13名であります。

  定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前10時15分)

                                              



△議案第1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例



○宮寺征二議長 日程第1、議案第1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 おはようございます。議案第1号につきましてご説明申し上げます。

  地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が施行され、介護保険法の一部が改正されたことに伴い、地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定めた条例を制定する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例について質疑をいたします。

  まず最初に、「保健師その他これに準ずる者 1人」「社会福祉士その他これに準ずる者 1人」、これの内容についてお伺いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  第3条のほうで、職員の人数というのがございます。そちらについてのお答えでございます。準ずる者といたしましては、保健師につきましては、地域ケアあるいは地域保健等に関する経験のある看護師です。准看護師は含まないという形になります。

  続きまして、社会福祉士に準ずる者でございますけれども、福祉事務所の現業員などの業務経験5年以上、介護支援専門員の業務経験が3年以上で、高齢者の保健福祉の相談、援助業務に3年以上従事している方ということになります。

  それから、主任介護支援専門員でございますけれども、ケアマネジメントリーダー研修、こういったものの研修を修了いたしまして、介護支援専門員としての実務経験があり、介護支援専門員の相談対応ですとか地域の介護支援専門員への支援等に関する知識及び能力を有している方というふうな形になってございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) それでは、これによって支援センターはどうなるかというか、内容というか、そういうものをちょっとお伺いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  地域包括支援センターがどうなっていくのかというようなご質問かと思います。この規定につきましては、今現在も国のほうで政令、省令、そういったもので規定をされておりまして、こちらのほうの規定に準ずる内容で今現在も運用が行われておるということでございます。国のほうの第3次一括法の制度の関係によりまして、市町村で条例で定めなさいというふうになりましたものですから、今回新規条例の上程をさせていただいているということでございます。内容的には、今までの運用と特に変わることはないというふうな認識でおります。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第1号について質疑をさせていただきます。

  第2条の条文の中に「各被保険者が可能な限り、住み慣れた地域において自立した日常生活を営むことができるようにしなければならない。」ということですけれども、この「可能な限り」というのは在宅を意味しているのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  「可能な限り」という部分については、在宅を意味しているのかというようなお話かと思います。高齢者の方が体調を崩されて病院とかに入院をされると、された後にリハビリをして退院になると、その後に在宅に戻ったり、あとは在宅に近いような形の施設ですとか、そういったところを利用したいということで、地域の方の助けを受けて、いろんな方に手助けをしていただいた上で、なるべく在宅あるいは在宅に近いようなところで長く生活できるようにしていただくと、そういう部分で「可能な限り」という表現をさせていただいているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) ただいまのご答弁の中で、地域の助けということなのですけれども、これはどのように取り組まれていくのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 地域の助けという部分について、どう対応していくのかというようなお話でございます。

  地域の見守り活動、そういったものが地域に根づき始めているような状況でございますので、そういったものの活用ですとか、あとは、今町のほうで、高齢者支援課のほうで一生懸命進めておりますゆずっこ元気体操、こちらにつきましても、ゆずっこ元気体操の最終的な目標というのは、単なる高齢者の筋力向上だけではございません。最終的な部分というのは、考えているものというのは地域づくり、そういったことも、ゆずっこ元気体操で地域の方が主体となってやっていただくという部分で今一生懸命やっておりまして、そういったことも視野に入れながら進めているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第1号について質疑を行いたいと思います。

  現在、町内には地域包括支援センターは何か所ございますか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 ご質問にお答えいたします。

  地域包括支援センターの数でございます。基幹型の地域包括支援センターが高齢者支援課内に1か所、それからブランチという形になるかと思いますが、地域包括支援センターの支所といたしまして3か所ございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) それで、この運営基準に沿ってということですと、理想的な数というのは、今町内に1か所と、あとブランチということで、支所が3か所ということで、これで理想的な包括支援センターの数というのは満たしているのか、それと理想的な数を、あるとすれば、あとどのぐらい必要なのかという点で質問いたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 ご質問にお答えいたします。

  今現在、毛呂山町の高齢者の人口、1万人を超えているような状況でございます。こちらのほうの条例でいきますと、6,000人が頭というような形、上限というような形にはなっておりますけれども、こちらにつきましては、今現在、地域包括支援センター、基幹型1か所、ブランチが3か所と先ほど申し上げましたけれども、今後高齢者の方は増加するというふうに考えておりまして、今現在1圏域となっております日常生活圏域につきまして、将来的にはふやしていかなければいけないかなというふうには考えておるところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) ちょっと不勉強な点もあって、ちょっとあれで質問ですが。

  民間とか、あとそういった面での地域包括支援センターというのも現在あるのでしょうか。その点で、この点はちょっと、本当に基本的なことだと思うのですが、申しわけない。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 ご質問にお答えいたします。

  今現在、ブランチという形ですが、町内3か所ございます。その3か所につきましては、全て民間というような形になってございます。今現在、基幹型の地域包括支援センターのほうが町にございます。それと同じような形でサービスの提供といいますか、そういった形で行うというようなものがあと1圏域ぐらい必要なのかなというところにはなるかと思います。今現在につきましては、窓口的なことですとか実態把握、そういったことをブランチの地域包括支援センターさんのほうにお願いしているというような状況でございまして、将来的には町で基幹型で行っているような内容のものをどこか1か所ないし2か所、そういった形でお願いすることも必要になってくるのかなというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第1号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第1号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例に対して反対の討論をいたします。

  この条例によって、私は専門性のない人でもできるようになるのではないかと思い、確かな介護ができなくなるのではないかと思い、反対をいたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第1号 毛呂山町地域包括支援センターの職員及び運営に関する基準を定める条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第2号 毛呂山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例



○宮寺征二議長 日程第2、議案第2号 毛呂山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第2号につきましてご説明申し上げます。

  地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が施行され、介護保険法の一部が改正されたことに伴い、指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定めた条例を制定する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第2号について質疑をさせていただきます。

  11条の条文の中の最後に「指導しなければならない。」と、事業者が指導しなければならないという、この指導は、どうしてこういうふうに「指導」という言葉でついたのでしょうか。この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  第11条「身分を証する書類の携行」ということで、最後の部分で「指導しなければならない。」というふうな形になってございます。この11条につきましては、「指定介護予防支援事業者は、」ということで、事業者さんに責務といいますか、そういったものを負わせるものになっております。事業者さんに対して、職員の方に身分を証する書類を携行させなさいよというようなことでございまして、指導というような表現をさせていただいております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第2号について質疑を行いたいと思います。

  本条例の制定によりまして、介護予防で主な効果ということで、具体的に課長の知り得る範囲で説明をお願いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  こちらの条例につきましても、第3次一括法の関係によりまして、国の政令ですとか省令、そういったもので規定されていたものを市町村の条例で定めるというような形になります。今まで、国の政令、省令に従って町のほうでも運用してきたというようなことがございます。今後の方向性でございますけれども、国の政令、省令で定められていたものが町の条例になるということでございますので、それと町独自といいますか、そういったものも、若干でございますけれども、入れてございます。そういった部分で、内容的には、暴力団の排除関係、それから書類の保存年限を、通常2年ですけれども、それを5年と、一部5年にするというようなこともございますので、そういった部分において国の規定よりも上回るような形になるかなと思われます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) 私のほうの質問がちょっとわかりにくかった点もあると思いますが。

  そうなりますと、介護予防ということで、今言われました条例の制定等を通して、介護予防の内容においてどんなところで、効果的な予防の施策に資する内容をこの条例で補えると、それをまた進められるのだということで、その特徴なり、介護予防の内容の効果をお聞きしたいと思います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  介護予防の内容の効果というようなお話でございます。この条例を制定することによりまして、予防的な部分に関しまして、地域包括支援センターのほうで、今現在、基本的なところは、予防の方の援護につきましては地域包括支援センターのほうで今現在行っておりまして、それを今後この条例が施行されることによって、条例に基づいた形、国の政令、省令だけではなくて、町の条例のほうに基づいて事業は進めていけるようになるということでございまして、不都合といいますか、サービス提供していって不都合とか、そういったことが出てくるようであれば、一部改正とか、そういったことも必要になってくるかなと思います。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第2号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第2号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第2号 毛呂山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第2号 毛呂山町指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第3号 毛呂山町行政手続条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第3、議案第3号 毛呂山町行政手続条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第3号につきましてご説明申し上げます。

  行政手続法の一部を改正する法律の施行に伴い、行政指導の中止等の求め及び処分等の求めの手続を設ける等の改正をするため、毛呂山町行政手続条例の一部を改正する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 質疑なしと認めます。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第3号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第3号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第3号 毛呂山町行政手続条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第3号 毛呂山町行政手続条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第4号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第4、議案第4号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第4号につきましてご説明申し上げます。

  国家公務員に対する人事院勧告及び埼玉県職員に対する埼玉県人事委員会の勧告に準じて毛呂山町職員の給料及び通勤手当を改定しようとするもので、行政職給料表を平均で2.1%引き下げる改定及び通勤手当を引き上げる改定を行いたいので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 質疑なしと認めます。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第4号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。

                 〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) この議案第4号について、ただいま議長は委員会の付託を省略したいということでございますけれども、この問題については、さらに多くの資料等を勘案したり、検討しなければならない議案だと思いますので、ぜひとも委員会への付託をお願いしたいと思いますので、どうぞご配慮願いたいと思います。



○宮寺征二議長 ご異議がございますので、起立により採決いたします。

  議案第4号については、委員会の付託を省略することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立なし〕



○宮寺征二議長 起立なしであります。

  よって、議案第4号については、総務常任委員会に付託いたします。

                                              



△議案第5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第5、議案第5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第5号につきましてご説明申し上げます。

  児童福祉法の改正等に伴い、毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第5号について質疑をさせていただきます。

  午前8時30分から4時30分ということで改められるのですけれども、7時から19時のこの12時間は変更はないのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 質疑にお答え申し上げます。

  保育園の通常保育時間につきましては、8時半から午後4時半ということで、午前8時から午後4時までの時間を午前8時半から午後4時半までと改めさせていただきました。これは、保育園の通常の保育時間でございます。

  それから、今の7時から19時ということでございますが、毛呂山町では12時間の保育を実施しております。通常、埼玉県の保育所の設置認可基準に当てはめますと、11時間の保育を必要とするという一つの基準がございます。それ以上は延長保育という範囲に入りますが、毛呂山町では、朝の時間帯、それから夜の時間帯ということで、幅をちょっと広げて、このままの7時から19時という時間で今後も運営させていただきます。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 確認の意味でお聞きしたいのですけれども、「保育に欠ける」ということと「保育を必要とする」という言葉なのですけれども、この言葉にはどんなような差異があって、どのように前向きなほうに変更しようとしているのですか、お聞かせください。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 堀江議員の質疑にお答え申し上げます。

  こちらの「保育に欠ける」「必要とする」ということでございますが、内容としては、実際、就労、それからご家族の疾病等というような理由で、日中のお子さんのほうが自宅で保育、面倒を見られないというようなことで、今までの児童福祉法のほうは「欠ける」という文言でございましたが、今回、その辺の内容を「保育を必要とする」という、ちょっとやわらかい文言に変えたのかなということで、「欠ける」「必要とする」という、絶対にこういうふうに、文言の改正がこういう意味であったのだというのはちょっとないのですけれども、ちょっとやわらかい表現で、新たにそういう、新制度に向かっての新しい基準を変更させたということだと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 珍問答ではないですから、余り深くは聞きませんけれども。あえて条例で内容を変えるわけですから、もう少し上位団体からの、保育のエリアというものが多少緩和したり拡大したりしたように感じられるのですけれども、何も変化はないのでしょうか、改めてお聞きしたいと思います。

  今、あわせてお聞きしておきますけれども、「特に必要がある」、第7条の2項ですけれども、これらについては、参考例とすれば、固有名詞等、もちろん要りませんけれども、どんなふうな形が想定されるのか、あわせて聞かせてください。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 堀江議員の質疑にお答え申し上げます。

  内容的に、確かに「保育に欠ける」「保育を必要とする」ということで条例改正ということでございましたので、確かにもう少し深く内容のほうは確認すべきだというようなことでございます。内容的には、日中のお子さんが、ご家族の時間がとれないということでございますが、この「欠ける」「必要とする」ということにつきましては、もう一度、こちらのほうは保育担当ともじっくり研究して、そのお答えのほうはまたさせていただければと思うのですが、よろしくお願いします。

  それから、7条の2項につきましては、これは保育料の減免、免除、何でできるか、内容的なものでございますが、これはご家族が前年高収入、ある程度の収入があった中で、ことしに入ってかなり重い病気を患ったとか、高額医療的な、そういった医療の関係でかなりの出費を出さざるを得なくなったというようなことで、過去何年かそういった実例がございました。それで、こちらのほうにご相談等もいただきまして、収入状況、それから収支関係を確認させていただきまして、保育料の現状の設定等、どのくらいお支払いが可能かどうかというようなことも調べさせていただいて、減額あるいは減免という措置もとらせていただきました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 子ども課長にお願いしておきますけれども、少子化問題がこれほど社会的にクローズアップされてきております。したがって、町としてもできるだけ、若い方にできればたくさんのお子さんを産んでいただきたいということは、これは私一人だけの願いではないと思います。

  ただ、反面、やはり祖父母等との同居であれば、また若いご夫婦の子供に対する負担軽減というのは多少あるのですけれども、中には、全く新世帯で、つくってもらうことが、子供さんをたくさん産んでいただくことはありがたいのですけれども、見ていると非常に困難をきわめていて、大変難しい点もあるようなご家庭も見受けられますので、その点について、この欠けると要するとか、そういう点についてはどういう形かで結びつきがあるのではないかという感じがするのですけれども、僕も専門家でないのでよくわからないのですけれども、子ども課長も子供をたくさん産んでいただく政策を毛呂山町で推進していただくために、もう少し、できればきめ細かい内容等、この次の、もう僕もおしまいになってしまうから、聞けないかもしれませんけれども、また個人的にお話ができるときには丁寧に教えていただくことをお願いしておきます。どうぞよろしくお願いします。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例について質疑をいたします。

  今回、8時半から4時半になっておりますけれども、これを決めた理由と、それから8時半からというか、その前もやっているのですけれども、それから4時半以前もやっているのですけれども、そういう、8時30分から4時30分までにした理由と、それから、一応、こちらのほうで思うには、4時半では会社はまだ終わっていないと思うのですけれども、そういう意味でちょっとお伺いをいたします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 藤岡議員の質疑にお答え申し上げます。

  毛呂山町で午前8時から午後4時を午前8時半から午後4時半という形で、ここで時間のほうを通常の保育時間という形で改めさせていただいた理由でございますが、今利用者の85%がこの時間帯を利用してございます。そういう中で、一番、この時間帯の範囲の中の標準時間ということでひとつ条例で定めさせていただきまして、その前後ということでございますが、先ほどお話しいたしましたように、11時間という保育の枠を基準として設けなくてはならないということでございます。そういう中で、午前、今毛呂山町のほうでは、その枠をもう一時間広げて、朝の7時から夜の7時という12時間の枠を設けさせていただいています。ですから、先ほど、一番初めに言った、これは標準時間単位でまずは規定させていただいておりますので、それ前後の範囲はそれぞれの町で、11時間を超えて30分なり1時間なりという幅のある保育は実施していると思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第5号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第5号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例に対して反対の討論をいたします。

  保育は、社会保障の一部であり、国の責任で子供を預かるものです。国は、保育をしなければならない義務があります。保育を必要とするには、自分で行かせるということです。そういうことで、反対をいたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第5号 毛呂山町立保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第6、議案第6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第6号につきましてご説明申し上げます。

  本年4月から第6期介護保険事業計画が施行されることに伴い、賦課年度及び介護保険料率の変更を定めるため並びに介護予防・日常生活支援総合事業の実施を猶予するため介護保険条例の一部を改正する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第6号について質疑をさせていただきます。

  第6期ということで、今回基金を取り崩しての保険料の改正でございますけれども、参考までにちょっとお伺いしたいのは、7期以降、この基金の取り崩しというものがいつまで可能なのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  基金の投入でございますけれども、3,000万円を投入するというような方向で考えてございます。基金の残額といたしましては1億5,800万円ほどでございましたけれども、26年度当初で9,900万円ほど繰り入れるというようなことでございまして、予算上の残が5,900万、その半分の3,000万を繰り入れたというようなことでございます。

  今後の見通しでございますけれども、年度、今後給付の状況にもよりますけれども、第6期計画期間については、特に、現状でいけるのかなと。第7期になってきたときに基金の繰入額がどうなっていくのかなというところでございますけれども、今現在のところといたしましては、基金の取り崩し、それを、3,000万で済むというような状況でございますので、将来的に高齢者がふえてまいりまして、介護給付費が上がっていくというようなことになりますと、基金のほうが最終的には枯渇をしてしまうというようなことも考えられるかなと思います。ただ、その場合にはまた介護保険料の引き上げとか、そういったことも必要になってくると思います。ただ、それだけではなく、介護予防ですとか、そういったことをしっかりと行いまして、給付の抑制のほうに力を入れてまいりたいと考えておりますので、ご理解いただければと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 今のご答弁をお伺いしている中で、残が2,900万ということで、7期が大変不安ですよね。こういう保険料の改正をしていくのですから、常に長期的展望に立って進めていかなければいけないと思うのですけれども、この辺、今後どうされるのですか。この基金が底をついてくるわけです。この点について真剣に考えていかなければいけないと思うのですけれども、やはり今回の6期で済まないことだと思うのです。やっぱり、7期、8期ではないですけれども、そこまでしっかり考えた料金改正を行っていかなければいけないと思うのですけれども、こういう長期的な展望に関してはどのようにお考えで今回改正に踏み切ってきたのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  先ほどの説明の中で、補足がちょっと足りなかった部分がございます。9,900万を繰り入れるというような形になっておりますけれども、3月の補正予算を計上させていただいておりまして、当初予定しておりました9,900万円ではなく、2,600万円程度の繰り入れで済むというようなことでございます。最終的には1億3,200万程度の基金が残る見込みでございまして、そこから3,000万円を保険料に投入するということでございますので、残額としては1億円程度残るというようなことでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例について質疑をいたします。

  滞納者がいるのでしょうか。それから、滞納者がサービスを利用するときはどうしているのかを伺います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 介護保険料の滞納についてのお話かと思います。

  具体的な人数、何人ということはちょっと今お答えはできませんけれども、滞納者はいらっしゃいます。対応といたしましては、給付の制限的なことといいますか、認定とかを受けられていて、サービス利用をするときに給付制限的なことができるような形にもなってございます。そういったことで、督促ですとか催告ですとか、そういったことを基本的にはさせていただいて、納付をしていただくように努めております。それで、なかなか納めていただけないような方については、誓約的なもの、分割で納めていきますよとか、そういうような形でご協力をいただいておりまして、収納対策といたしまして、職員のほうも夜出ていったりとか、あとは土日に出ていったりとか、そういうような形で収納について努力しているというような状況でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第6号について質疑を行いたいと思います。

  月額で2桁の今回値上げということですが、1桁への努力というのはなかなか不可能だったでしょうか、どうでしょうか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 2桁の値上げというようなことでございますけれども、毛呂山のほうの給付の実績、そういったものを把握しておりまして、過去の給付実績、そういったものを勘案しながら、将来的にどのくらい必要になってくるか、あとは高齢者が、今現在72、73、74、その辺の方、これから後期高齢者になるというような方がかなりいらっしゃるわけでございまして、高齢者数の増加とか、そういった部分を考え合わせまして、保険料の料率といいますか、そちらのほうを定めさせていただいたということでございますので、毛呂山についてはもともと3,600円台ということで、県下でもかなり下から数えたほうが早いような状況でございました。前回の改定につきまして、4%程度でございましたので、ある程度の引き上げはやむを得ないのかなというふうなところで、月額でいきますと4,140円ということで設定をさせていただいております。近隣と比較いたしましても、やはり今現在としては、今後、6期につきましては、近隣と比較してもちょっと下のほうといいますか、そんな形になろうかと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第6号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第6号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例について反対の討論をいたします。

  介護サービスの総量はふえました。これは、高齢者がふえて、介護保険を利用する人はふえたことだと思われます。しかし、利用料を負担できず、制度を利用できない人も少なくないと思われます。また、介護認定の方式で介護保険が利用しづらくなる人も少なからずあらわれると思われます。町民の所得が減少している中、保険料の値上げは町民にとって大きな負担感となるだろうと思われます。介護保険でご苦労されていることはわかりますが、反対をいたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第6号について反対の討論を行いたいと思います。

  本町の介護保険の事業の努力、そしてまた当町の保険料に対する、全県から見てもその努力があって低額だということは認識しておりますが、やはり町民の所得から見て、やはり2桁のこの値上げというのは大変厳しいということで、反対の討論といたします。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第6号 毛呂山町介護保険条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第7、議案第7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第7号につきましてご説明申し上げます。

  介護保険法施行規則及び指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の一部が改正されたことに伴い、指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する必要がありますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について質疑をいたします。

  これは、国の法令に定めたものを町の条例としたということだと聞いておりますが、町として新しいところはありますか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  一括法によりまして定めた条例でございまして、今回、4月から介護保険制度が変更になります。それに伴いまして、条例改正が必要になったというようなことでございまして、国の法にのっとった形での改正をしているというようなことでございます。

  主なものにつきましては、複合型のサービスという名称を看護小規模多機能型居宅介護という名称に変更しているということ、それですとか、あとは小規模多機能型居宅介護事業所の登録定員の上限を25から29に変更、または認知症対応型共同生活介護、グループホームのユニットの数の上限、今現在ツーユニットでございますけれども、それを状況に、必要と認めた場合にはというところですけれども、3つの、3ユニットに変更していいですというようなことが主な変更内容になろうかと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) これは名称変更だと今課長がお話ししましたけれども、ほかに、時代的な要請の中で、こうしなければならないという内容もこの中に名称変更と同時にあるのではないかと思うのですけれども、その点は何か従来の形と大幅に変わっていくというようなものはあるのでしょうか、お答えください。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  大幅な変更点というようなことでございますけれども、大きな変更というのは特にないものというふうに認識してございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 従来もそうですけれども、今国で進めている政策からいくと、医師、看護師、そうした専門的なものも介護サービスの中で、特に地域性をもとにした密着型のサービスが今運用されようとしているのですけれども、毛呂山町はそういう点では今のところ大丈夫でしょうか。そして、そうした制度の運用にはどんなところからご支援やご援助をいただいているのが現状なのでしょうか。参考までにお聞かせください。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  介護保険の制度改正がございまして、本年4月から施行されるというようなことでございます。地域支援事業というものが変更になっておりまして、包括的支援事業の中で医療と介護の連携というのがございます。市町村のほうと、あと医療機関、それから医師会、そういったところと十分に連携しながら、高齢者のサービス提供に努めていきなさいよというようなことがございます。町といたしましても、こちらにつきましても、早い段階で、方向性としては、ことしの4月以降というような形になるかと思うのですが、対応できるような形で準備を進めているところでございます。

  今現在の状況につきましては、医療的な部分に関しては、もちろん、町のお医者さんですとか大きな病院ですとか、そういったところにご支援をいただいておりまして、そのほかに介護サービス的な部分でいきますと、訪問看護ステーションがございます。そちらのほうで、高齢者のみとりといいますか、末期の方の対応ですとか、そういったこともされているような状況がございます。いずれにいたしましても、町単独でできることではございませんので、医師会ですとかあるいは医療機関、大きな病院とかも町にはございますので、そういったところと十分な連携をとらせていただいた上で進めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) もう少しお話を聞かせていただきますと、今これだけ高齢者がふえてきますと、みんな家庭とか地域で困惑した生活を送っておるのですけれども、介護士さんや看護師さん等のお願い、見ていただくことも、大変、高齢者にとって、あるいは障害者にとってはうれしいのですけれども、何よりも、お聞きしますと、いずれにしても、医師が聴診器を持って脈をとって、聴診器を当てるということにとって、非常に高齢者の方は安心感というのですか、安定感を持つと言われておるのです。ですから、特に、介護士さんや看護師さんはもちろんですけれども、できるだけきめ細かな、医師、お医者さんをこうした、毛呂山町の中でできるだけたくさんお世話になって、地域分割型の在宅介護等の中でお医者さんの連係プレーをきちんと進めていかないと、もう間もなく40%に届くと言われている、失礼な言い方ですけれども、団地というところの地域、私どもももう30%近いのですけれども、そうした中でやっぱり高齢者の安心、安定感というものを保つには、そうした、お医者さんが脈をとったり、聴診器を当てること自体が非常に安定感を増すと言われておりますので、その点については十分これからの政策の中で取り入れていくようにお願いをしたいと思うのですけれども、その点についてはいかがでしょうか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  まさに今議員おっしゃられたような形が理想的な姿かなと思いますので、そういった方向でしっかりと進めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、私は1点ですけれども、介護サービスの向上ということで考えますと、介護に従事する方の条件というのは非常に重要になると思います。それで、新聞等でも、今介護報酬等のところで、かなりマスコミ等、そしてまたその実態が触れられているところが多いということで、今のちょっと答弁を聞いていて気になった点ということで、定員のやはり定めも、このことによって、今条例によって変わるのでしょうか。少し触れてくれたと思うのですけれども、登録定数と利用定員という意味では、今回の改定によりまして、25から29人の定員ということでふえるということでしょうか。

  あと、町内にもある認知症グループホームでは、この点での、たしか9人だと思いますけれども、これもまた、今夜間でも1人の労働者と、介護労働で、チャイムが鳴りっ放しとか、またトイレにも行けない、睡眠もとれないということを聞きますけれども、この点での、今条例の改定ではその点も含まれているわけでしょうか。わかる範囲で、済みませんが、お願いしたいと思います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  先ほど小規模多機能型居宅介護事業所の登録定員の上限が25人から29人に変更になったというようなお話をさせていただきました。議員おっしゃるとおり、登録できる定員の上限が25から29ということで4人分ふえているというような状況でございます。

  それから、認知症対応型グループホームに関してのお話でございますけれども、条例のほうに夜間の人数ですとか、そういった部分の規定についてということかと思います。そちらについては、国の規定とか、そういったものに準じた形で策定をしておるところですけれども、今回の条例と直接は関係はないのかなとは思うのですが、加算、手厚い看護、そういったことを、介護職、手厚い介護とかを行っているような場合については加算がつけられるというようなことがございますので、事業者さんとしてもある程度の人員配置を行っていただけるのではないかというふうに期待しているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、確認ですけれども、認知症のグループホームの定員の変更というのはないだろうということで見ていいでしょうか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  ワンユニット9名という定員につきましては、特に変更がないということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第7号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第7号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例に対して反対の討論をいたします。

  今回の地域密着型の条例の改正でも見られるように、介護の必要性の要望や需要がふえてくることは今始まったことではないと思われます。そこで、介護の規制緩和を目指さなければ需要に追いつかないというようになってくるのではないでしょうか。例えば建物を建て増して、多く入所できるようにします。見回りについては、建て増したところも巡回できるようになります。そうすると、30分だったものが45分になり、15分縮めるようになります。これは、手を抜くほか、対処が難しくなると思われます。このような地域密着型の規制緩和につながる条例に対して反対の討論をいたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第7号 毛呂山町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第8号 毛呂山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第8、議案第8号 毛呂山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第8号につきましてご説明申し上げます。

  介護保険法施行規則及び指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準の一部が改正されたことに伴い、指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する必要がありますので、この案を提出するものであります。

  以上であります。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第8号 毛呂山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について質疑をいたします。

  先ほどと同じように、国の法令に定めたものを町の条例としたということですが、町として新しく加えたところがありますでしょうか。

  以上であります。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  先ほど条例を提出させていただいておりますけれども、先ほどの条例につきましては介護に関する方の条例、今回のものにつきましては、予防、要支援の1、要支援の2に関する方に関するものになります。内容的には、国の政令、省令に準じた形のものになってございます。

  名称変更といたしまして、複合型サービスの名称を看護小規模多機能型居宅介護に変更ですとか、小規模多機能型居宅介護事業所の登録定員の上限を25から29に変更、あとはグループホームについて、ツーユニットから条件によってはスリーユニットに変更というようなことが主な内容でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) もう一度、また高齢者支援課長にお伺いしますけれども、こうしていろいろ制度が変わってまいりまして、私どももこうして議案として見せていただいても、なかなか奥まで理解するにはちょっと時間的にかかるのですけれども、実際にこれらのサービスを受ける、サービスというのですか、適用を受ける方に、主に高齢者の方ですから、その人たちに、時代的にこういうふうに制度が変わっていますよ、こんなふうになっていますよという理解をしていただくのにはどんなふうな方法が今有効的か、そしてまた毛呂山町ではどんなふうな方法をこれからとっていこうとするのか、その辺のお考えがあったらお聞かせください。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  介護の制度改正的なことが行われているようなことでございまして、PR的なこと、どのように周知していくのかというようなことでございます。町のほうで、事業者さんの連絡協議会を立ち上げてございます。そういった中で、事業者さんへの制度改正に関する説明とか、そういったことをさせていただいております。介護保険の利用をされている方というのは、基本的に事業者さんが、ケアマネジャーさんがついていてサービス提供するというようなことになっておりますので、事業者さんのほうに周知をさせていただいた上で、事業者さんを通じてそれぞれの高齢者の方に周知をしていただくということはもちろんですけれども、町のほうに地域包括支援センターがございまして、予防の方に関しては地域包括支援センターのほうが基本的に対応するような形になっておりますので、地域包括支援センターの職員が高齢者のところへ訪問したときに制度改正についての説明をしていくというようなことが基本的なところであります。

  そのほかに、地域包括支援センターだけでは対応が難しい部分がございまして、委託的なこともさせていただいております。そういった部分で、事業者さんの連絡協議会を通じて、事業者さんのほうに町のほうから情報提供させていただいて、事業者さんから高齢者のほうに伝えていただくというようなことがまず考えられるかと思います。

  そのほかに、広報紙ですとか、そういったことで情報提供させていただくとか、あるいは各地区でいきいきサロンとか、そういったことが開催されております。そういった会場のほうに職員のほうが出向いていって、いろんな話をしておりますので、そういった機会を使って周知をするとか、そういったことをさせていただけたらなというふうに考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) ここでのやりとりでは、課長、これでいいのですけれども、素朴な質問ですけれども、非常に家庭内でそういったお困りの方が、耳で言ったりするとなかなか聞き取れないのです。それから、活字も小さいとなかなか接触できないのです。だから、素朴な質問と先ほど言いましたけれども、何か、サービスを受ける方に適したパンフレットでも、わかりやすい、色つきでもいいですし、活字も大きくて、極めて簡明にその人なりに理解できるようなものをサービスを受ける方にお渡しして、それで、こんなふうな今状況ですよと、もしもこういうことがあったらこうしてくださいねというふうな、やはりその人の身になった連絡とか内容を明示できるような、簡明でわかりやすいパンフレット等をぜひおつくりになって、そのご家庭にひとつ、壁に張っておくとか枕元に置いておくとか、そういうことに気を使っていただきたいと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  町では、「みんなのあんしん介護保険」というような形で、わかりやすい内容の手引を作成しております。ただ、ページ数がかなりありまして、高齢者の方には、どちらかというと家族向け的なものになっているかと思われます。そういったこともございます。また、地域包括支援センターのほうで地域包括支援センターだよりというのを、毎月ではございませんけれども、発行させていただいております。そういった中で、例えば振り込め詐欺の話ですとか、あとはインフルエンザの予防ですとか、そういったようなことに関して情報提供させていただいたりとかしております。本当にわかりやすくて、ぱっと目に飛び込んでくるような形のパンフレット、そういったものがあると高齢者の方に非常に有効かなと思いますので、そういったものの作成につきましても今後検討してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) 私も堀江議員とある面同じで、現状認識というところで、こういう大切な条例なので、ちょっと初めに確認ということで。

  指定介護予防小規模多機能型居宅介護事業所ということで、本町には何事業所があるでしょうか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 指定小規模多機能型居宅介護事業所というようなご質問でございます。

  町内に何か所あるかということでございますけれども、そちらにつきましては現在1か所ございます。

  以上でございます。

                 〔「場所は」と呼ぶ者あり〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 場所につきましては、第一団地のメーン通り沿いにございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) それで、これもやはり定員が29人になるということですけれども、それで、どうでしょう。生の声として、先ほどもちょっと新聞ということであれでしたけれども、29になるということは、本事業所から、事業所長かどなたかでも結構なのですけれども、これは困ったとか、いや、もう無理だと、若者も、またふえることによってもう目いっぱいで、3Kに入るぐらいな、非常にきついということで、本当に定着が、今後とも本当に生きがいを持った仕事につくという意味では、この変化ということではどうでしょうか、声が届いていますかねということで。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 定員が25から29ということでふえる形になるというような形でございます。定員がふえますと、それに伴いまして介護職員ですとか、そういった方の数が必要になってまいります。そういった方につきまして、採用とか、そういった部分に関して、求人を出してもなかなか集まらないというようなお話を事業者連絡協議会の中とか、そういったところで伺うことはございますけれども、事業者的には、今まで25であったものが29にふえるということで、企業努力として頑張っていただければ、それなりに報酬的な部分でもやはり上がってくるというようなこともございますので、今後前向きに進んでいただければというふうに考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第8号について1点お伺いいたします。

  「第74条第1項に次のただし書を加える。」と、このただし書きを加える理由、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  認知症対応型の共同生活介護ということで、グループホームのユニット数を1または2ということでございましたけれども、ただし書きとして追加をさせていただいております。こちらにつきましては、こういった条件の場合には、2が上限ですけれども、1つふやして3まで利用することができるようになりますという意味合いでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第8号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第8号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第8号 毛呂山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第8号 毛呂山町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

  この際、午後1時15分まで休憩します。

                                      (午前11時48分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時15分)

                                              



△議案第9号 毛呂山町保育所入所条例を廃止する条例



○宮寺征二議長 日程第9、議案第9号 毛呂山町保育所入所条例を廃止する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第9号につきましてご説明申し上げます。

  児童福祉法の改正に伴い、毛呂山町保育所入所条例を廃止する必要がありますので、この案を提出するものであります。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第9号について質疑をさせていただきます。

  ちょっと確認の意味でお伺いしたいのですけれども、これは子ども・子育て支援新制度が4月1日から施行されるわけですけれども、このことによってこの条例を廃止するという意味でよろしいのでしょうか。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 質疑にお答え申し上げます。

  小峰議員おっしゃるとおり、子ども・子育て新制度施行に伴いましての新たな法改正でございます。



○宮寺征二議長 質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第9号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第9号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第9号 毛呂山町保育所入所条例を廃止する条例に対して反対の討論をいたします。

  子ども・子育て支援法によって児童福祉法にあったものがなくなるということですが、保育は社会保障の一部であり、町が関与してやっていくものです。このような条例がなくなると、児童の振り分けなど、町の関与が薄まる懸念がありますので、反対をいたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第9号 毛呂山町保育所入所条例を廃止する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第9号 毛呂山町保育所入所条例を廃止する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)



○宮寺征二議長 日程第10、議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、概要につきましてご説明申し上げます。今回ご提案いたしました補正予算は、平成26年度も終了間近でありますので、予算整理もあわせて編成を行い、歳入歳出それぞれ5,594万2,000円を減額し、予算総額を95億6,747万3,000円と定めました。

  最初に、第1条の歳入歳出予算の補正のうち歳出よりご説明申し上げます。第2款総務費は、企画費で町内循環バス運行経費補償金等を減額し、税務総務費で各税還付金等を増額し、差し引き109万8,000円の減額でございます。

  第3款民生費は、社会福祉総務費で臨時福祉給付金、介護保険事業費で介護保険特別会計繰出金等を減額し、障害福祉費で介護給付費・訓練等給付費、国民健康保険事業費で国民健康保険基盤安定繰出金等を増額し、差し引き3,554万8,000円の減額でございます。

  第4款衛生費は、予防費のがん検診委託料、特定健康診査委託料等を減額し、920万7,000円の減額でございます。

  第8款土木費は、道路維持費で工事請負費等の減額により1,403万円の減額でございます。

  第10款教育費は、学校管理費で毛呂山中学校大規模改造工事設計業務委託料、教育振興費で私立幼稚園就園奨励費補助金の減額等により、差し引き1,589万4,000円の減額でございます。

  第13款諸支出金は、財政調整基金積立金等により3,044万9,000円の増額でございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。第14款国庫支出金は、民生費国庫負担金で介護給付費・訓練等給付費負担金等を増額し、民生費国庫補助金で臨時福祉給付金事業費補助金、子育て世帯臨時特例給付金事業費補助金等を減額し、差し引き6,071万3,000円の減額でございます。

  第15款県支出金は、民生費県負担金で介護給付費・訓練等給付費負担金、国民健康保険基盤安定負担金等の増額により、差し引き1,687万8,000円の増額でございます。

  第20款諸収入は、雑入で後期高齢者医療療養給付費負担金返還金で643万3,000円の増額でございます。

  以上が歳入歳出補正予算の概要でございます。

  第2条の継続費の補正は、第2表のとおり、総合振興計画策定業務の年割額等を変更しようとするものでございます。

  以上が平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第10号について質疑をさせていただきます。

  まず、13ページの徴収事務嘱託員の報酬の減理由、それから臨時職員の賃金の減理由、これは14ページですけれども、それと19ページの児童生徒支援員賃金の減額の理由をお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小峰税務課長。

                 〔小峰裕次税務課長登壇〕



◎小峰裕次税務課長 質疑にお答え申し上げます。

  13ページの徴収事務嘱託員の報酬減額でございますが、徴収嘱託員、2名おったのですが、年度途中に1名が自己都合により退職ということでこういった減額になったものでございます。



○宮寺征二議長 斉藤福祉課長。

                 〔斉藤 豊福祉課長登壇〕



◎斉藤豊福祉課長 質疑にお答えいたします。

  14ページ、社会福祉総務費の臨時職員の賃金206万8,000円の減額の理由でございますが、この臨時職員の賃金は、臨時福祉給付金の支給事務のために手当てをした臨時職員の賃金でございまして、当初6か月間を4人で賄うという計画をしておりましたが、7月から9月の3か月間を3人で実施したということで、臨時職員の賃金が余ったということで減額をさせていただきました。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 質疑にお答えいたします。

  19ページ、児童生徒支援員の賃金でございますけれども、支援員の欠員によるものでございます。年度途中で2名の退職が出ましたので、このような減額となっております。

  以上です。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 再質疑をさせていただきますけれども、まず徴収事務嘱託員の報酬の関係でございますけれども、先ほどのご答弁ですと、2名のうち1名が途中で退職されたということで、その残金であるということなのですけれども、このことによって徴収に影響というものが出たのか、この点についてお伺いいたします。

  それとあと、次の14ページの臨時職員賃金ということで、4月から9月まで6か月を4人で予定していたのが、3人で実施したと。これは3人で実施できたのですか、それとも、この点、実際4人でなければできなかったのか、今回3人でできたということは、当初から3人でもできたのか、この点についてお伺いいたします。

  それとあと、児童生徒支援員の賃金でございますけれども、途中で2名の方が退職したということなので、これは退職したことによって影響というものが必ずあらわれてくると思うのですけれども、やはり早い段階でもとの体制に戻すということも大切だと思うのですけれども、これはどういう理由でこういうふうな形で退職されてしまって、そのままこのような減額になってしまったのか、この点についてお伺いいたします。

  以上です。



○宮寺征二議長 小峰税務課長。

                 〔小峰裕次税務課長登壇〕



◎小峰裕次税務課長 再質疑にお答え申し上げます。

  徴収事務嘱託員が1名減ということで、その影響はということでございますが、当然のことながら、そういった必要な人数、2名必要ということで予算計上もさせていただいたところでございますが、そういった影響額、どのくらいになるかというのはわかりませんが、1名減ということで、その分が、他の職員のほうにそういった事務がされたということでございますので、影響は当然のことながらございます。今、そういったところから、もう一人の欠員を補充すべく、広報のほうで募集をかけているところでございます。



○宮寺征二議長 斉藤福祉課長。

                 〔斉藤 豊福祉課長登壇〕



◎斉藤豊福祉課長 質疑にお答えいたします。

  臨時福祉給付金の事務を当初予算編成時におきましては福祉課の職員と臨時職員で賄うというようなことを考えておりましたが、4月になりまして、福祉課のほうへ再任用の職員の方を配属していただけたことで臨時職員の数が減らせたということでございます。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 再質疑にお答えいたします。

  2名の減ということで、1名は小学校、1名は中学校でございます。年度途中、あくまでも自己都合によるものでございまして、児童生徒支援員は特別支援学級のほうに配置することが多いのでございますけれども、そういう中で、当然、やめられることによってその分が欠員になるわけでございまして、それに対する補正はなかなかできなかったわけでございますが、教員の中でのやりくりをしまして何とかしているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 徴収関係で、専門職だと思うのですけれども、なるたけ早くに募集していただければと思います。

  それからあと、今児童生徒支援員の関係で、特別支援学級の関係だということなのですけれども、やはり1名減になったということで、大変その辺は、いろいろの面で問題が起きてくるのではないかと思いますので、年度途中での自己都合ということかもしれませんけれども、補充を早目にしていただければと思います。答弁は結構です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)について質疑をさせていただきます。

  16ページの民生費の子育て世帯臨時特例給付金の減額理由と、17ページの衛生費のがん検診委託料の減額理由と、それから特定健康診査委託料の減額理由をお願いします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 藤岡議員の質疑にお答え申し上げます。

  子育て世帯臨時特例給付金におきましては、こちらの支給実績に基づいた上で、減額補正ということで今回出させていただきましたが、当初3,900名で計上させていただいてございました。福祉課所管の臨時福祉給付金対象児童の重複あるいは高額所得等により、これは2月までの期限までで見込ませていただきましたが、こういった理由もございまして、450万ほどの減額をさせていただきました。よろしくお願い申し上げます。



○宮寺征二議長 村本保健センター所長。

                 〔村本英明保健センター所長登壇〕



◎村本英明保健センター所長 藤岡議員のご質疑にお答えを申し上げます。

  衛生費、保健衛生費、予防費の委託料のがん検診委託料でございますが、こちらにつきましては、当初予算で計画しておりました受診者数に届かなかった、受診者数が少なかったということが主な原因でございます。

  続きまして、特定健康診査委託料でございますが、こちらにつきましても、当初予定しておりました受診者数よりも実際の受診者が少なかったための減額ということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) そうすると、ちょっとわからないのですけれども、子育て世帯臨時特例給付金なのですけれども、予定よりも少なくなったというだけで、例えばこれは受け取りというか、来なかったのですか。そこのところが、どういう内容なのか、予定した額よりも少なくなったというだけなもので、わからないのです。

  それから、がん検診と特定健診なのですけれども、最初に見込んだときよりも届かなかったということなのですけれども、これは検診率としては年々上がっているものなのでしょうか、どうでしょうか。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 質疑にお答え申し上げます。

  子育て世帯臨時給付金の申請率につきましては97%弱ということで、ほぼ子育て世帯の家庭にはこんなご通知で申請のほうを通知してございます。その中で、初め、3,900万円、これは3,900名に対して、この臨時給付金の対象を公務員も含んだ形で計上させていただいてございました。先ほども申し上げましたように、臨時福祉給付金の対象となってしまう世帯のほうに流れていった、あるいは高額所得者等によってこの辺の対象が外れたということでございまして、実際、3,900名に対しまして450人ほどの残額が出たということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村本保健センター所長。

                 〔村本英明保健センター所長登壇〕



◎村本英明保健センター所長 再質疑にお答え申し上げます。

  検診の受診率ということでございますが、各がん検診につきましては、微増または若干減の検診もございます。それから、特定健康診査につきましてはほぼ横ばい状態といったところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) がん検診、特定健康診査なのですけれども、やはり微増、それから平均というか、それで、それの対策ですとか、そういうことは何か考えているのでしょうか。



○宮寺征二議長 村本保健センター所長。

                 〔村本英明保健センター所長登壇〕



◎村本英明保健センター所長 再質疑にお答えを申し上げます。

  例えばがん検診でございますが、これは全部のがん検診ではございませんが、乳がんであったり、子宮がん、大腸がん等につきましては、無料のクーポンを発送したりして受診率の向上を図っておるといったところもございます。また、特定健診と胃がん、肺がん、大腸がんをセットにした検診を組み合わせまして、受診率の向上を図っておるところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、3点質疑したいと思います。

  まず、歳出の13ページですけれども、町内循環バス運行経費の補償金ですが、減額の理由を。

  それと、10月から有料化になったと思うのです。そこで、運行状況、乗車の状況等をお聞かせ願いたいと思います。

  それと、14ページの障害者福祉ですが、介護給付費と訓練等給付費が高額の増額になっていますが、この理由をお聞きしたいと思います。

  それと、3点目ですが、保育所費で病後児保育委託料の関係ですが、利用状況をお聞きしたいと思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 岡野議員のご質疑にお答え申し上げます。

  13ページの補償、補填及び賠償金の町内循環バス運行経費補償金300万円の減でございますが、こちらにつきましては、現在町内3コース、バスが走っておりますが、1つのコース、山間コースになりますが、こちらにつきましては、各停留所から半径1キロの円を描きますと空白地帯があるということで、こういった内容に該当いたしまして、国のほうで地域内フィーダー系統確保維持国庫補助金という制度がございます。こちらに該当するということで、国のほうから運行事業者に300万の金額が交付されることになりましたので、町といたしましてはその事業者に対して補填が必要なくなりましたので、減額させていただいたところでございます。

  また、現在の10月以降の運行状況でございますが、前年と比較いたしますと7割程度の乗車状況ということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 斉藤福祉課長。

                 〔斉藤 豊福祉課長登壇〕



◎斉藤豊福祉課長 質疑にお答えいたします。

  14ページ、障害福祉費の扶助費の中の介護給付費・訓練等給付費の4,194万2,000円の増額でございますが、これにつきましては、介護サービスを提供する際の、居宅介護ですとか共同生活援助ですとかいろいろあります。それを取りまとめて支出している項目でございますが、これにつきましては、5月から1月、支払い月ですけれども、それの実績額が3億5,803万9,700円ほどになります。これに対しまして、今後の見込みということで、月額で4,000万円の3か月分を見込ませていただきまして、この金額になったわけで、4,194万2,000円の増額になったわけでございますが、非常に障害福祉費のサービスの給付費を見込むというのが難しいところがございます。障害の方々がどの程度のサービスを受けるかというようなことで、当初予算の編成時におきまして、できるだけ過大な見積もりをしないというようなことで編成をさせていただいた影響もございまして、実績がよりわかるところでの補正をさせていただいたということでございます。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 岡野議員の質疑にお答え申し上げます。

  病後児保育事業ということで、本年度の1月までの実績でございますが、延べ利用者数が73人、実の利用者17人ということで、こういう中に骨折とか、そういうので日にちをまたいで利用されているお子さんがございます。ちなみに、平成25年度は、この1年間でございます、その実績といたしましては、延べ利用者が46人、実利用者が14人ということで、いろんな周知等も図りまして、26年度はかなりの方にご利用をいただいているというところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) バスの関係ですけれども、7割ということで。その理由というのは、やはり有料化が直撃しているのでしょうか。それとも、あと何か、停留所とか、あと本数はふやしたわけですよね。ということ等を考えますと、その理由と、あとそれに対して対策は打っているかということで、町民の足としてやはりなじんできてということで、有料化がよりプラスになればいいのだけれども、それが減っているということでは。でも、当初は6割とか言っていましたけれども、でも、ちょっとその点でお考えを聞きたいと。

  それとあと、障害者の方の利用に関しては、見込みというのはなかなか把握しにくいと、それでまた、年によってはまた違うでしょうけれども。でも、この額ということですと、特徴的な増額を生んでいる、どういった中身でこれがふえているのかというところをお聞きしたいと。

  それで、あと病後児保育なのですけれども、これのほうは、本当に使い勝手というか、問題というか、突発的なことでもすぐこの場合には対応して保育を維持できているということでよろしいのか、その点のことを、ちょっと内容をお聞きしたいと。

  以上です。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 岡野議員の再質疑にお答え申し上げます。

  有料化によりまして、現在7割というふうに状況を申し上げました。有料化にする際にも、ある程度の乗車人数は減るであろうというような予測はしておりました。それを受けまして、バスの停留所等も見直しましたし、コース等も見直して、より便利になるように計画を立てたところでございます。また、毎日ここでも便数ごとに乗車状況等も確認しておりますので、そういった資料等をもとにいたしまして、またお客様に使っていただけるような運行形態等も検討してまいりたいと、またこれから多くの方に使っていただけるように検討してまいりたいと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 斉藤福祉課長。

                 〔斉藤 豊福祉課長登壇〕



◎斉藤豊福祉課長 再質疑にお答えいたします。

  障害のサービスの中で突出してふえたものというようなご指摘でございましたが、障害のほうも制度的に大分周知がされてきたということもございまして、私どものほうでは、在宅サービス、居住系サービス、日中系活動サービスといろいろあるのですけれども、それが全体的にふえてきているというようなことでの総額での増額になっているところでございます。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 岡野議員の再質疑にお答え申し上げます。

  病後児保育の利用につきましては、現在光の家療育センターと申し込みの委託等をしてございまして、利用されるお子さんにつきましては、前日の5時までに光の家のほうに連絡いただいて、どういうお子様の状態なのかというのを確認させていただいた上で次の日の利用ということになってございます。ですから、突発的に、朝、いろんな、ちょっと病気が出たりとかというようなところにおいては、今現状では、なかなかご期待に応えられないのが現状でございますが、今後何かしら、利用者というか、そういったお子様の安全というのを考えますと、何かしら研究していかなくてはならないかなと、今のお話で痛切しております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) バスの関係ですけれども、これはちょっと懸案だった、意地悪な質問ということではなくて、乗車し切れないというのを、前回からもありましたけれども。それで、乗車し切れないところは、他の自治体に聞きましたら、何らかの、タクシーで追跡するとか、幾つか聞いています。そういった意味では、定員オーバーしたことはどのぐらいの率であったかと、なければ、3割減ったことによって、乗車オーバーがなかったらそれで結構なのですけれども、それでのまた対策ということで考えているかということで。これであれですか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質疑にお答え申し上げます。

  循環バスの乗車状況で、乗車できなかった方がいるかということでございますけれども、2コース、平地部分のほうでございますが、そちらにおきまして、月に1回、お一人ないしは2人というふうな状況下でございます。こちらにつきましての対応でございますけれども、今現時点では、次の便、1時間近くございますけれども、そちらで使っていただくなりして対応していただくような状況にはなっておりますけれども、この人数がまたふえてくるようであれば何らかの対応をとらなければならないというふうに考えております。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) それでは、1問だけお聞きしますけれども、15ページの、これは額は小さいのですが、単位老人クラブ補助金が減額補正になっておりますが、ともかく、少子高齢化が進む中で、子ども課やあるいは福祉課、また高齢者支援課の皆さんがそれぞれ積極的に施策の遂行に努めていただいて、その意味では大変結構だと見ておりますけれども、老人クラブの補助金が減額ということは、何か、老人クラブのどこかが中止になったのかどうかわかりませんけれども、この内容についてちょっとご説明をいただきたいと思います。あわせて、毛呂山町の今の老人クラブの会員数の推移だとかも含めてご説明いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  老人クラブの補助金が減額になっているというようなお話でございます。こちらにつきましては、老人クラブ、当初29単位クラブで見込んでおりました。ところが、2つの地区におきまして、活動をおやめになったというようなところが2か所ございました。29クラブから27クラブになったというようなことから、減額になっている部分でございます。

  それから、老人福祉センターの利用の集計がこちらの手元にあるわけでございますけれども、前年度と比較いたしますと若干減少ぎみというような状況にはなってございます。老人クラブの会員数の関係については、今現在、申しわけないです、ちょっと手元に資料がございません。失礼しました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) 先ほど申し上げたように、ある一方では、子ども課や福祉課や高齢者支援課の方々が、介護保険だとかいろいろ、先ほど来の保育園の問題とか子育て支援等で頑張っていただいている一方ではこういうふうに、これは2地区というのはどこなのか、ちょっと今ご説明がありませんでしたけれども、2地区が単位老人クラブがなくなったということですね。

  実は、子供会も、この少子高齢化の中で子供会も老人クラブも活力をどんどん、どんどん失ってきているのではないかと私は見ています。いろいろ地域活動をしている中で私が強く感じるのは、子供会も老人クラブも地域の一員として大事な私は位置づけだろうと思っているのです。それが、何がどうなってこういうことになるのか、ほかの地区の動向なんかもわかりましたらご説明いただきたい、ほかの市町村も同じなのかどうかお伺いしたいと思いますけれども、なぜこうなるのか。町のほうでは、地区の単位老人クラブに何を期待して、補助金も出しているようでございますけれども、どういうことを期待されているのか、今の現状についてどういうふうに課題を考えて、どういうふうな対応をされようとしているのか、ちょっとお聞きをしたいと思います。

  私の地区でも、実は500世帯近くありますけれども、この間、子供会の会長さんに聞いたら、会員がもう19世帯になったということで、大変、入らない人も結構いるのだということです。ですから、もう会としての一つも体をなしていないと。きのう、たまたま目白台の方にお会いしましたら、目白台では子供会がないと言いましたね、老人クラブもないと。そういうことで、一方では、私は、そういう地域の大事な一員であると思われる子供会や老人クラブがこのように停滞していく一方だということは、大変、地域の発展がなければ町の発展はないという考え方をすれば問題ではないかと私は思っている。

  私の地区では、むしろ今、老人クラブ、毛呂山台寿会という名前になっていますけれども、これは今会員をふやしております。ふえております。自治会館の利用の活発化も図ろうということで、日常的なサロン的なものにして、高齢者に集まっていただくような施策も自治会としては今取り組んでいます。それはなぜかというと、やっぱり何をするにしても、寿会や子供会にも集まっていただかなければ地域の積極的な活動ができないのです。そういう観点から、私たちの地区ではそう考えておりますけれども、町ではどういうふうに考えているのかお聞きしたいと思います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 初めに、他市町村の状況でございますけれども、申しわけございません、手元に今資料がない状況でございます。

  それから、補助金の目的でございます。老人クラブの補助金の交付要綱がこちらにございまして、こちらのほうの要綱の趣旨ということで、老人福祉法第13条第2項に基づく、高齢者の福祉の増進を図るということ、それから町内の老人クラブ及び老人クラブ連合会が行う事業に対し、予算内において補助を交付するというようなことで要綱が定められているというようなことでございます。あと、補助の対象のものといたしましては、社会奉仕の活動ですとか友愛訪問、地域見守り、教養講座、スポーツ活動、そういったことに関してのお話になるかと思います。

  それから、老人クラブに期待することというようなお話でございます。高齢者の方がある程度の年齢になられて、家にひきこもりですとか、そんな形でなってしまわないように、外にどんどん出ていっていただいて、趣味活動ですとか、そういったことを楽しんでいただくというような形でいろいろとやっていただいているという部分がございます。高齢者支援課のほうといたしましては、今後、高齢者の方、団塊の世代の方が65歳になられます。そういったことがございますので、そういった方々の力をおかりして、これからふえていく高齢者の対応といいますか、ボランティア活動ですとか、そういったことを進めていただけたらなというふうに期待しているところでございます。本当に、団塊の世代の方が65歳になられているという部分もございまして、趣味がかなり多様化して、公民館活動ですとか、そういったところに結構行かれている高齢者の方が多いというようなことは伺っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) 3回目ですから、これで終わりますけれども。

  いずれにしても、町内の単位老人クラブの全体の会員数も資料がないと、それから他市町村の情報もわからないと、こういうことですから、この辺についても、やはりこちらに少し注力していただく必要があるのではないかと思います。単位老人クラブの動静というのは、山根荘の利用とも連動するはずですね、恐らく。ですから、そういったものについても連動して、やっぱり、せっかくの施設が有効に使われないということにもなるし、やっぱり施設の有効利用ということも考えれば取り組む必要があると思います。

  それから、先ほど公民館活動等のほうに進んでいる方も多いのだという話がありましたけれども、地域の活動の中には、公民館等でいろいろ活動されている方というのはなかなか接点が生まれてこないのです。ですから、それはそれで結構なのですけれども、やっぱりこれからの地域をどうするのだということを私は優先すべきだと思います。特にこの高齢化時代を踏まえたときに、公民館で元気にやっているからいいのだという話でもないような気がします。いずれにしても、30%から40%という高齢化時代がもう間もなく来るわけですから、その大きな世代の人たちの対象となる単位老人クラブが尻すぼみ、じり貧状況というのを流れに任せて見ているだけでは、私はやっぱり少し策がないのではないかということを申し上げたいと思います。

  どうでしょうか。高齢者支援担当もいろいろ、介護保険やさまざまな業務があって忙しいのでしょうけれども、これらについてもう一度、ちょっと決意をお願いしたいと思います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質問にお答えいたします。

  地域をどうしていくのかというようなご質問かと思います。本当に、地域の力というのがこれから非常に大切になっていく、地域づくりをどう進めていくか、それが非常に大事な部分だと考えております。国のほうでも、地域包括ケアシステム、こちらのほうを今後10年程度をかけて、2025年までにその体制をつくりなさいというふうに言っております。そういう部分もございまして、町のほうでも地域包括ケアシステムの構築に力を注いでこれから進めていく、進行形という形にはなりますけれども、進めていく形を考えております。

  最近の活動といたしましては、高齢者支援課のほうで新しく始めた体操、おもりを使ったゆずっこ元気体操、こちらのほうを町内の全部の地区に広めていって、元気な高齢者がどんどんふえていただければというふうに考えておりまして、さらにそういう住民主体の運動、活動から発展して地域づくりのほうにも進んでいけたらなというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 荒木かおる議員。



◆3番(荒木かおる議員) 3番、荒木かおるでございます。議案10号について質疑をさせていただきます。

  15ページの緊急通報システム委託料の減額の理由と、あとその下の老人保護措置費委託料の内容とこの増額の理由を質疑いたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  15ページ、委託料の緊急通報システム委託料ということで47万9,000円の減額をさせていただいております。こちらにつきましては、緊急通報システムの利用をされている方が、年度当初、予算編成の段階では88人でございましたけれども、今現在84ということで、減少しているという部分で減額ということでございます。

  それから、老人保護措置費委託料16万5,000円でございます。こちらにつきましては、町が措置をして入所をしていただいている養護老人ホームの措置の委託料でございまして、これまで算定されておらなかった障害者加算という加算がございます。そちらのほうが4月から新しく加算されたということがございまして、増額をお願いしているものでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第10号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議ないものと認めます。

  よって、議案第10号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第10号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第5号)については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第11号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)



○宮寺征二議長 日程第11、議案第11号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第11号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、主な内容につきましてご説明申し上げます。歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億4,987万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を47億9,318万9,000円と定めました。

  まず、歳出についてご説明申し上げます。第1款総務費につきましては、61万3,000円減額いたしました。

  第2款保険給付費につきましては、今後の見込み額を算出し、2億6,030万円追加いたしました。

  第7款共同事業拠出金につきましては、2,760万5,000円減額いたしました。

  第11款諸支出金につきましては、償還金として、過年度分の療養給付費等負担金返還金を2,115万2,000円、災害臨時特例補助金返還金を9,000円、それぞれ追加し、一般会計繰出金を339万5,000円減額いたしました。

  次に、歳入についてご説明申し上げます。第1款国民健康保険税につきましては、505万9,000円減額いたしました。

  第3款国庫支出金につきましては5,580万2,000円追加し、第4款療養給付費等交付金につきましては1,370万円追加いたしました。

  第6款県支出金につきましては、135万2,000円減額いたしました。

  第7款共同事業交付金につきましては、1億2,341万6,000円追加いたしました。

  第10款繰入金につきましては、一般会計繰入金を3,892万8,000円追加し、保険給付費支払基金繰入金を2,094万1,000円追加いたしました。

  第12款諸収入につきましては、348万5,000円追加いたしました。

  以上が平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の内容でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第11号について質疑をさせていただきます。

  12ページの徴収嘱託員の報酬ということで、先ほど一般会計補正予算の(第5号)、これと同じ金額なのですけれども、これは同じ理由という解釈でよろしいのでしょうか。



○宮寺征二議長 小室住民課長。

                 〔小室晴久住民課長登壇〕



◎小室晴久住民課長 質疑にお答えいたします。

  先ほど税務課長がお答えしましたとおり、嘱託員に関係しましては、国保税の関係もございますので、税務課と折半ということになっております。その関係で、同額のほうを減額させていただいております。

  以上です。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、13ページの保険給付費、1の一般被保険者療養給付費、これは桁が間違っていなければあれですけれども、2億2,200万円のこれは増額ということですか。この額が、かなりの増額ですが、この理由というか、お聞きしたいと思います。



○宮寺征二議長 小室住民課長。

                 〔小室晴久住民課長登壇〕



◎小室晴久住民課長 質疑にお答えさせていただきます。

  この金額につきましては、特に間違っているというわけではございません。当初見込みより一般被保険者に対する医療費の伸びが大分多くございました。25年度と比較いたしましても、医療費では1億8,571万9,024円、7%伸びております。この件数の伸びに、内容を確認しますと、入院、入院外、歯科、調剤別に見ますと、入院が非常にふえております。そういうことから、この額の補正をお願いすることになりました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) とはいえ、やはり1割ふえている、そして入院もですね。これは、すぐ下のそのまた高額療養費のほうも、これも約3,000万ですか、ちょっとこの点、ふえているというのは、やはり高齢化とそれに伴う、やはり疾病等がかさむということでこれだけのあれなのでしょうか。ちょっと速い速度の増額というか、それが感じられるのですが、どうでしょうか。



○宮寺征二議長 小室住民課長。

                 〔小室晴久住民課長登壇〕



◎小室晴久住民課長 質疑にお答えいたします。

  医療費の伸びといいますと、一般的には高齢者の増加あるいは医療の高度化ということが言われております。今回、毛呂山の場合は入院のほうが大きく伸びたということで、入院の伸びの細かな分析というのはちょっとこちらではできないものですけれども、そういうことも関係があるものではないかというふうには考えております。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) 今先輩議員からも助言いただいて、確かにレセプトとか、そこがいつもここでかなめなところで、例えば入院件数だとしたら、これは当初より、人数にするのでしょうか、件数にするのでしょうか、どのぐらいの。ちょっと、その傾向をやはり把握するという、町民の健康を把握するという意味でも、どんな、入院件数としたら、わかる範囲で。その程度ですが、どうでしょうか、1点。



○宮寺征二議長 小室住民課長。

                 〔小室晴久住民課長登壇〕



◎小室晴久住民課長 質疑にお答えいたします。

  当初予算を作成する場合は、前年度の見込み額に数%上乗せして当初予算のほうを作成いたします。今回は、当初予算の伸びに比べて大幅に医療費のほうが伸びてしまったということで、こういう金額になってしまったということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小山副町長。

                 〔小山 格副町長登壇〕



◎小山格副町長 質疑にお答えいたします。

  国民健康保険の医療費につきましては、さまざまな要因により構成されておるものでございます。基本的には、被保険者、75歳以上になれば後期高齢者ということで医療制度が変わりますので、その年代の方がふえたからといって、国民健康保険の給付に関して影響を与えるものではないということになります。ただ、支援金ですとかいろいろなものがありますので、国保の会計全体に関しての影響というのはあるというふうに考えられるものでございます。

  それから、入院の医療費の増加に関しては、入院する人の被保険者に対する率がふえているのか、あるいは入院している人の日数がふえているのか。例えばレセプトが1か月に1枚来るわけですけれども、その1枚の中で、平均して例えば2.5日入院しているのか、23日入院しているのか、その日数がふえたか、減ったかというふうなこと、それから1件当たりの医療費で、どの程度高度な医療が行われたかによって、例えば大規模な心臓のバイパス手術等をすれば、超高額ということでも、1,000万単位の医療費になるというふうなこともありますし、そういった方が複数おられれば、それだけでかなり医療費は増嵩するというふうな方向にもなります。そういったことで、入院の日数がふえているのか、減っているのか、件数がふえているのか、減っているのか、あるいは人に対して、入院している人の率が多いのか、少ないのか、それとは別の考え方で、今度はどういった疾病によって入院している方が多いのかというふうなことは、今後担当のほうでより把握できるように努めていければというふうに思っておるところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) では、数字には触れているようなことでないのですけれども、かつて請願が出されましたね。家族の多いうち、今の2方式だと、非常に、少子高齢化という中で、できるだけ町民の中に子供さんをたくさん産んでもらいたいとか、そういう中で、今の2方式だとダイレクトに税がそこに加算されてしまうので、軽減措置はいかがかという、たしか請願だったと思うのですけれども、この26年度を終わるに際して、それらを総括的にはどういうふうに当局は捉えているのか。

  聞くところによると、数年後にはこの方式でそのまま県の土俵の中に国民健康保険そのものが移行していくようですけれども、そうなりますと、時代的には、子供さんや何かをたくさんつくって頑張ろうと思っても、今の2方式をそのまま継続すれば、結果的には余り、子供さんを産んだり、大きな家族を持つということが、国保については、ありがたい話、病気と療養等については極めて、セーフティーネットで守られているのは確かですけれども、税という点から見ると非常に苦しくなるような考え方がするのですけれども、その辺についてはどのような見解をこの26年度を終わるに際してお持ちなのか、総括的にお話ししていただければありがたいと思います。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 堀江議員の質疑にお答えをいたします。

  国民健康保険について請願が出されました。大規模家族に対して軽減措置をお願いしたいという内容でございました。これについては、いわゆる国保の運協のほうでいろいろと協議をいただきました。私のほうからも、ぜひ、下げていけるのであれば、均等割の金額等についてご配慮いただきたいというような諮問を投げかけたわけでございますけれども、その後、給付費の関係が、この会計を見ていただいてもわかるように、大分出てしまったというのは確かなことでございます。昨年の秋口に、これで進めていけそうだというような、そういう思惑もあったわけでございますけれども、その後、先ほどお話ししたように、給付費が大分大幅に出た、この関係で、基金の関係あるいは今まで持っていた、そういう予算が大分出てしまった関係から、非常に難しくなってしまったということでございます。

  年明けの運協では、この状態で例えば均等割の1人3万5,000円という金額を2,000円なり下げるとなれば、相当額の一般会計からの繰入金をしなければならないというふうになっております。埼玉県の63自治体の中でも毛呂山町は一番いい成績をおさめてきた、国民健康保険の中では一番優等生であったわけでありますけれども、優等生であった、その理由が、均等割が3万5,000円という金額、これによってバランスがとれてきたわけでございましたけれども、そのバランスも、ここに来てのいわゆる支出、このかさみによって苦しい状態に来てしまったということでございます。

  今お話ししたように、一般会計から、例えば入間市は十数億、15億とか、そういった金額を繰り入れているわけでございますけれども、こうなると、国民健康保険という一つの保険の形の中に一般のサラリーマンの方のそういったお金まで入ってくるというふうな考え方からすれば、二重に、独立した、そういうシステムではなくなってくるという見方がありますから、町では、県の中でも優等生と言われたのは、国民健康保険の中だけでできるだけ一般財源を入れないでやってこられた、これが優等生たる、その意味であったわけであります。そういった意味からも、これから平成30年には広域化、これが進むわけでございまして、平成29年に広域化に向けた形が整って、30年から実施というふうな中で、このタイミングの中でどれだけ2方式で均等割を下げるタイミングはあるのか、こういったところが今考えられているところでございます。

  それから、応益、応能の割合の関係、これについても、バランスをうまくとりながら、下げられるものであればというふうな考え方を今持っているところでございます。吉川市が、3万8,000円であったところを3万3,000円まで下げました。ただ、下げてもやっぱり一般会計からの繰入金が大分多いわけでございますので、吉川市と同じぐらいの2,000円下げていければ、この県内でも3万3,000円の均等のお金というふうになってくるわけでありますから、そこを考えていたわけでありますけれども、これがなかなか難しいというふうな今の段階でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 今の答弁は、私もそれなりに理解をさせていただきます。

  ただ、忍び寄る少子、高齢もそうですけれども、少子化時代に、やはり我が毛呂山町も今極めて減少している子供の出生数、言いかえれば子供の数が減るということ、将来的に極めて難しい地域になってしまうと。これは、全国どこ、津々浦々、全部そうなのですけれども、やはり理論的には、毛呂山町はこうしたら子供をふやしていく、そうした医療等を含めたところの一助は、どうしたら子供をふやせるような地域社会の環境をつくれるかということは、これは検討に値するし、あるいは県に移ったからといっても、やっぱりそれはそれでやむを得ない点があろうとも、我が郷土毛呂山だけは、心はこういうことなのだということをやはり検討していきませんと、ますます子供がいなくなり、最終的には消滅地域に、地区に入ってしまうというふうな心配がされますので、どうか、国保だけを私はやり玉に上げるつもりはありません。むしろ、国保が安定していることによって町民の生命が守られているという点から見れば大いに評価しなければいけないのですけれども、反面、子供を育てて、たくさんの子供さんを産んでいただいて、健全な子供をたくさんこの毛呂山町にふやしていくということから見ると、政策的にどういう方法がいいか、こういう問題を投げかけられた請願に関連して十二分に考える必要があろうと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 堀江議員の再質疑にお答えをいたします。

  まさに地方創生の今でございます。議員のご指摘のとおり、まず魅力ある町づくりをすること、そして教育、この教育をしっかりとランクアップさせていく、これが非常に子育ての中では大事である。また、遊ぶところ、あるいは学ぶ、そういったところをしっかりと整えていく、こういったことで、まず環境を整える。そして、今ご指摘のとおり、いろいろと税の関係が非常に苦しいわけでございますから、こういった税を見直す。あるいは、今のお話であります国保の関係についても、応益、応能の計算式のバランスを整えて、そしてできるだけ負担のないような形、こういったものをつくる、あるいは一時的な、時限的な何らかの措置を講じる。こういったやり方をいろいろと模索しながら、そしていわゆる皆様に、町民皆様が納得できる、一部というものでなくて全体に奉仕できるような形、納得できる形、これをしっかりと見直しながら進めていきたいというふうに思っているところでございます。魅力ある町、これがやはりこれからのキーワードではないかなというふうに思っておりますし、そのために努力をしてまいりたいというふうに思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第11号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第11号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第11号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第11号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決されました。

  この際、午後2時45分まで休憩します。

                                      (午後 2時31分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時45分)

                                              



△議案第12号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)



○宮寺征二議長 日程第12、議案第12号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第12号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、第2条の収益的収入及び支出のうち支出よりご説明申し上げます。水道事業費用の補正額は、748万5,000円の増額でございます。内容は、消費税及び地方消費税の増額でございます。今回の補正によりまして、支出の合計は7億6,126万4,000円となり、損益勘定は5,274万4,000円の純利益でございます。

  続きまして、第3条の資本的収入及び支出のうち支出についてご説明申し上げます。資本的支出の補正額は、1億103万7,000円の減額でございます。内容は、配水施設整備費の工事請負費1億円、工事負担金103万7,000円、それぞれの減額でございます。

  次に、収入について申し上げます。資本的収入の補正額は、6,000万円の減額でございます。内容は、企業債の減額でございます。この補正によりまして、収入額が支出額に対して不足する額3億2,838万8,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金をもって補填をするものでございます。

  第4条では、水道施設整備費の企業債の限度額を補正するものでございます。

  以上が平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 質疑なしと認めます。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第12号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 異議なしと認めます。

  よって、議案第12号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第12号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第12号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第3号)については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第13号 平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)



○宮寺征二議長 日程第13、議案第13号 平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第13号 平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、補正予算の概要につきましてご説明申し上げます。今回提出いたしました補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億4,255万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を19億9,741万6,000円と定めました。

  まず、歳出よりご説明申し上げます。第1款総務費につきましては、総務管理費を612万3,000円増額し、徴収費、介護認定審査会費で294万1,000円を減額いたしました。

  第2款保険給付費につきましては、介護サービス等諸費などで2億266万8,000円を減額いたしました。

  第5款地域支援事業費につきましては、554万9,000円を減額いたしました。

  第8款予備費につきましては、3,755万1,000円を減額いたしました。

  次に、歳入の主なものについてご説明申し上げます。第1款保険料につきましては、162万7,000円を減額いたしました。

  第2款分担金及び負担金につきましては、介護認定審査会の共同設置に係る関係町の負担金を83万4,000円減額いたしました。

  第4款国庫支出金のうち国庫負担金につきましては、介護給付費負担金の収入見込み額に基づき3,607万6,000円の減額、国庫補助金につきましては226万2,000円を増額いたしました。

  第5款支払基金交付金につきましては、介護給付費交付金の収入見込み額に基づき7,781万円を減額いたしました。

  第6款県支出金のうち県負担金につきましては、介護給付費負担金の収入見込み額に基づき2,997万円の減額、県補助金につきましては、地域支援介護予防事業交付金の収入見込み額に基づき62万2,000円を減額いたしました。

  第8款繰入金につきましては、一般会計繰入金を2,425万4,000円の減額、基金繰入金を7,365万5,000円減額いたしました。

  以上が平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 議案第13号について質疑をさせていただきます。

  15ページの2次予防事業費の関係で、役務費と委託料ということで若干の減額をされておりますけれども、この事業及び委託料等でどのような成果があったのか、その点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 15ページの地域支援事業費の介護予防事業費の2次予防事業費、こちらの役務費と委託料の成果ということでございます。

  初めに、役務費の特定高齢者把握事業、こちらにつきましては、全65歳以上の高齢者の方を対象にした調査をさせていただいております。その調査をするに当たっての通信運搬費でございます。こちらのほうを使用させていただいております。

  それと、あと委託料のほうの2次予防事業対象者把握事業委託料、こちらにつきましても、同じようなといいますか、高齢者の把握の委託、調査票をつくっていただいて、それを発送して、回収して、それを集計するというような形のものでございます。その中で、運動機能が低下している方ですとか、そういった方を抽出していただいて、町のほうにリストをいただきます。その結果といたしまして、町のほうから2次予防の運動教室というのを行っております。そちらのほうの運動教室に参加をしてくださいということで、勧奨といいますか、どうですかということでさせていただいたものでございます。

  それと、通所型介護予防事業委託料、こちらにつきまして、こちらが運動器の機能向上ですとか、そういったもの、それと2次予防の方につきましてはタクシーを使って送迎をしております。その部分の費用を計上させていただいておりまして、そちらのほうの事業が終了するという部分で、余ったお金の減額をしたということになります。

  2次予防事業対象者把握事業委託料、こちらにつきましては、把握、あくまでも調査についての委託料でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 課長、答弁をお伺いしていてちょっと気になるのは、参加していただくということで、やっぱり参加していただくということは、その参加していただいた結果というものはどういうものであったかとか、事業というものは必ず検証していかなければいけないと思うのですけれども、もう26年度も終わりますので、そういう点です。

  それから、タクシーの送迎等というお話がございましたけれども、こういうことの事業も、これはどの程度成果があったかということです。やはり、もう3月ですので、減額されているということは、事業がこれで終息しているということだと思うのですけれども、やはり、この結果、こういったものも大切だと思うのですけれども、この点について数字をもってご答弁いただければと思います。



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午後 2時58分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時03分)

                                              



○宮寺征二議長 質疑を続行します。

  答弁、吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 大変失礼いたしました。

  2次予防事業につきましては、基本チェックリストの発送数、こちらは8月に発送いたしまして、8,504名の方に発送させていただいております。回収したものにつきましては、6,728名、回収率が78.8%でございます。それから、2次予防事業の候補者でございますが、1,629名、そして2次予防事業参加者数、こちらについては114名でございます。

  それから、成果でございますけれども、かなりいろんな部分で、洗濯物を干したり、取り込んだりできるようにすることを目標にするということですとか、ストレッチ、肩をほぐすとか肩を回す、胸を張ってきれいな姿勢で活動するというようなこと、そんな形で目標を設定していただいて、実際にその結果といたしまして、洗濯物を干したり、取り込んだりできるようになった、それからかなり状態がよくなっているというような回答ですとか、そういったことがいただけているような状況でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 8,504名で6,728名、間違っていたら済みません、78%ぐらいですか。この回収で、その回収以外の方というのは、その後は特に何もされていなかったのですか。この点だけ、1点お伺いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 未回収の方につきましては、今のところ、フォロー的なところは特には行ってはいない状況でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) それでは、ちょっと1点お聞きしますけれども、先ほどの国保でも、保険給付費、国保では逆にふえておりましたけれども、介護保険の給付は今度は同じような率で減額になっておりますけれども。私、ちょっと、団塊世代の真ん中で、ことしですか、団塊世代が、3世代が全部高齢者の仲間入りをして、本町でもたしか二千二、三百人、この3年間で高齢者の仲間入りをしたと思います。その方々が全て対象とは言いませんけれども、そのぐらい高齢化が進んでいる中で、こういうふうに、何かこれは原因があるのでしょうけれども、先ほどの国保とはまた逆の現象が出ております。このことについて、ちょっとご説明いただきたいと思っております。

  例えば一時的なものなのか、限定的なものなのか、あるいは何か一つの新たな傾向的なものなのか。先ほど何か副町長は、国保の中ではまだ具体的な分析といいましょうか、原因はよくわからないのでというような答弁がありましたけれども、介護保険についてはどのようなのか。また、この結果を27年度の当初予算の中にどのように反映をされたのか。ちょっとわかりやすく、国保とともにこれは大きな変化ですから、ご説明いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  減額をしておりまして、それの主な理由といたしましては、介護給付費の補正減ということで2億266万8,000円ほど減額をさせていただいております。その減額の理由といたしましては、当初予算を策定する段階で、12月ぐらいが、新年度の予算ですか、当初予算の策定の時期になるわけですが、その時点で、前半といいますか、前半、半年間の給付、前年度、25年度と24年度の伸びを見まして、大体10%程度伸びていたというようなことがございました。それから、26年の4月から消費税が3%上がって、5%から8%に引き上げられるというようなことがございまして、介護保険のほうで報酬のほうも引き上げられるというような情報がありましたので、そちらの部分の上昇分も考慮いたしまして、最終的には13%程度だったかと思いますが、予算を25と26の比較といたしましては伸ばしたというようなことでございます。

  それで、年が明けまして、1月、2月と過ぎていきましたけれども、こちらのほうで、要介護、介護保険の認定者の推移をちょっとグラフ化しておりまして、25年の9月ぐらいから若干下がり始めておりまして、26年の1月に大きな減少といいますか、かなり多くの方が入院ですとか亡くなられたというようなことがございました。その後、もとの水準に戻るのに半年程度かかっているというようなことがございまして、結果的に給付自体はかなり下がっているような形になっていると。当初の見込みとしては、前半の伸びがかなり、10%程度ということで大きく伸びていたと、あと消費税が上がるというようなことがございまして、担当としてもかなり給付が伸びるだろうというふうな予測をさせていただいておったのですが、昨年2月とかにもかなり大雪が降ったり、かなり寒い時期があったのかなということもございまして、給付の伸びがちょっと一時的に落ちているのかなというふうな考えを持っているところでございます。第6期の計画、新年度の予算を策定するに当たっては、26年度の給付実績をどの程度になるかというのをしっかりと見きわめた上で、伸びといいますか、伸びを推計させていただいたというようなことでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) ご説明ですと、24年度から25年度にかけての予算編成の算出根拠としては、10%増を見込んで、それと消費税の増税分の合わせて13%を見込んだのだと、こういうことですね。ところが、執行してみると、なかなか見込みどおりに伸びなかったと、雪のせいでは私はないと思いますけれども。

  いずれにしても、先ほど申し上げたように、どんどん、どんどん高齢者がふえていく中で、これだけではなくて、以前もなかなか、介護保険利用の状況というのはそんなに伸びていないような気がいたしますけれども、今の介護保険全般について、どうなのですか、例えば認定率なんかも今40%ぐらいですか。それから、利用率が十数%ですか。そこら辺については、今現状としてどうなのか。あるいは、これから、この間の全員協議会で今後の何か予測みたいな数字が出ていましたね、表で。あのようにいくのかどうか。介護保険のこれからの数字的な表示がありましたね、全員協議会の資料の中で。どうなのでしょうか。来年度の予算については、では、26年度の状況を見て、それで予算計上してあるわけですね。いずれにしても、介護保険の現状と今後について、高齢化がどんどん伸びていくのも踏まえた上で、どういうふうに推移していくのか、ちょっとお聞かせいただけませんか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  介護保険の利用の状況がどうなのかというようなお話かと思います。毛呂山町の居宅サービスの利用限度額というのがございます。その利用限度額に対する利用率につきましては、最新の給付実績によるものですけれども、26年の9月利用分でございます。そちらについて、40.2%というような形になってございます。ほかの市町村と比較をいたしますと、毛呂山よりも低い市町村もございますけれども、どちらかといえば、近隣の市町村よりも毛呂山のほうの利用が若干低目というような状況はございます。それから、要介護認定を受けている人に対する利用率でございますけれども、施設の方の利用が20.8%、居宅の方については62.8%が利用されておりまして、未利用、利用されていない方が16.4%ほどいらっしゃるような状況となっております。

  それから、新年度の予算を編成するに当たってというようなことかと思います。先日の全員協議会のほうで説明をさせていただいております。そちらにつきまして、給付ですとか、そういった形で見込みをさせていただきまして、全員協議会のときもお話をさせていただいたかと思うのですが、要介護認定が必要になると言われている75歳に近い方、後期高齢者の方がこれからふえていくと、75歳に近い方がかなりのボリュームでいらっしゃるということでございますので、そちらのほうの方がかなりふえていくということを想定させていただいて予算編成をさせていただいております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 11番、高橋です。毛呂山町介護保険特別会計補正予算、1点だけお伺いしたいのですが、16ページ、成年後見制度利用支援事業助成金というのが25万2,000円減額になっていますが、これの、どういうことでどれだけ利用者があってこれだけ減額になったのか、ちょっとお聞かせください。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 成年後見制度利用支援事業助成金でございますけれども、こちらにつきましては、今までの実績といたしましてはゼロでございます。ですが、今後発生する可能性もあるということで、見込みといたしましては8万4,000円、予算については33万6,000円というような形で見込ませていただいておりまして、補正のほうは25万2,000円の減というような形でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 予算はつけてあったのですが、利用者が誰もいなかったということですか。それで、この事業は、次の、来年度の予算を見ると全然出ていないのですが、こういう需要というのは、町ではこれはどういうことを支援するのですか。弁護士を紹介するとかなんとかするような事業なのですか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 成年後見制度を行うための費用でございまして、成年後見の実施をするに当たって、1人当たり2万8,000円ぐらいはかかるわけなのですけれども、そのくらいの費用の3か月分を見込ませていただくというような形で考えておりますけれども、権利擁護というような部分で、成年後見をつけなければならないような方というのが発生しております。結局、身寄りといいますか、がいらっしゃらなくて、例えば認知症がかなり進んでいて、自分の身の回りの金銭管理ですとか、そういったことができないというような方、そういった方に対して、成年後見人、いろんな種類はございますけれども、そういった方をつけなければいけないというようなことがございまして、そちらのほうの手続とかを進めていくための費用ということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) その費用はわかったのですが、ではその利用者は何件あったのですか、その辺の数字は。そして、来年度にはなくなってしまっているのですが、それがどういうわけなのか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 まず、当初予算でございますけれども、当初予算のほうには成年後見制度利用支援事業助成金という形で負担金のほうに計上させていただいております。

  それから……

                 〔「それが幾らだったの。それが幾らであって、幾ら使って

                   幾ら残ったという話でしょう」と呼ぶ者あり〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 利用者でございますけれども、今後発生するという形で、1名、実際にいる方がおります。その分の費用ということでございます。

  以上でございます。

                 〔「ちょっと、何か答弁がよく意味がわからないな。もう一

                   回、よく」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。



◎吉田英夫高齢者支援課長 お答えいたします。

  33万6,000円の予算を計上させていただいておりまして、そのうちの8万4,000円を今後の支出見込みということで残してございまして、補正のほうがマイナスの25万2,000円というようなことでございます。失礼しました。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第13号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 異議なしと認めます。

  よって、議案第13号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第13号 平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第13号 平成26年度毛呂山町介護保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第14号 平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)



○宮寺征二議長 日程第14、議案第14号 平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第14号 平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、補正予算の概要につきましてご説明申し上げます。今回提出いたしました補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ843万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を3億1,488万4,000円と定めました。

  まず、歳出よりご説明申し上げます。第1款総務費につきましては、83万5,000円の減額でございます。

  第2款後期高齢者医療広域連合納付金は、760万円の減額でございます。

  次に、歳入についてご説明申し上げます。第1款後期高齢者医療保険料につきましては、年度末の収入見込み額を算出し、1,015万3,000円の減額でございます。

  第2款繰入金につきましては、一般会計繰入金で、171万8,000円の増額でございます。

  以上が平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 質疑なしと認めます。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第14号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第14号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第14号 平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第14号 平成26年度毛呂山町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第24号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)



○宮寺征二議長 日程第15、議案第24号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第24号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、概要につきましてご説明申し上げます。今回ご提案いたしました補正予算は、平成26年度の国の補正予算(第1号)に盛り込まれました地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金による予算を追加するもので、歳入歳出それぞれ1億2,537万6,000円を追加し、予算総額を96億9,284万9,000円と定めました。

  最初に、第1条の歳入歳出予算の補正のうち歳出よりご説明申し上げます。第2款総務費は、企画費で地方版総合戦略策定支援調査業務委託料、諸費で地域コミュニティづくり補助金を追加し、705万9,000円の追加でございます。

  第3款民生費は、保育所費で保育備品等により311万円の追加でございます。

  第7款商工費は、商工業振興費でプレミアムつき商品券発行事業補助金、観光マップ等作成委託料等で9,314万7,000円の追加でございます。

  第10款教育費は、事務局費で学校図書館整理員賃金、ICT支援員賃金、小学校費の学校管理費で無線LAN整備工事、学校備品、中学校費の学校管理費で学校備品等により2,407万3,000円の追加でございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。第14款国庫支出金は、総務費国庫補助金で地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金で、地域消費喚起・生活支援型と地方創生先行型を合わせて1億537万6,000円の追加でございます。

  第15款県支出金は、商工費県補助金でプレミアムつき商品券発行事業補助金として2,000万円の追加でございます。

  以上が歳入歳出補正予算の概要でございます。

  第2条の繰越明許費は、地方版総合戦略策定支援調査委託事業等10事業について、第2表のとおり、平成27年度に繰り越して事業を実施しようとするものでございます。

  以上が平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 10番、小峰明雄、議案第24号について質疑をさせていただきます。

  ページ数は8ページ、確認の意味でちょっとお伺いいたしますけれども、ICT支援員の賃金というのは、これは4校分であるのか、確認をちょっとしたいと思います。

  それと、あと無線LANの整備工事、これはiPadの関係かと思うのですけれども、これは泉野、光山、2校の関係であるかお伺いします。

  その下に、学校備品、これは中学校もございますけれども、小学校4校、中学校2校の配分、この率をお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの質疑にお答えいたします。

  ICT支援員の賃金につきましては、4人分で計上しております。つまり、学校4校分ということで計上しております。

  以上です。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 質疑にお答えいたします。

  まず、無線LANの整備工事でございますが、光山小学校及び泉野小学校につきまして、タブレットパソコンを活用するための無線LAN整備工事を行うものでございます。

  続きまして、小学校費、中学校費の学校備品でございますが、これはいずれの学校にも図書備品、図書の購入ということでございます。その配分率でございますが、小学校におきましては、毛呂山小学校が50万円、川角小学校が250万円、光山小学校、泉野小学校がいずれも300万円でございます。それから、中学校につきましては、毛呂山中学校が400万円、川角中学校300万円と計画いたしました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 再質疑をさせていただきます。

  図書備品の関係ですけれども、大体1冊1,500円程度かと思うのですけれども、この各配分で達成率というものがどのように変化されていくのか、参考までにお伺いしておきます。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 達成率の変化につきましてお答え申し上げます。

  それぞれの配分によりまして、今年度末の見込みでございますが、毛呂山小学校が102.16%、川角小学校が104.33%、光山小学校が103.26%、泉野小学校が102.24%、これはあくまで見込みといいますか、予定でございます。それに対しまして、平成27年度末で、今のところ予想でございますけれども、購入する分、情報が古いものを廃棄する必要がございます。それらを勘案しまして、いずれの学校も若干充足率、達成率がふえるということで、毛呂山小学校が約112%、川角小学校が約105%、光山小学校が約102%、泉野小学校が約104%と、これはあくまで見込みでございますが、そのように考えているところでございます。

  それから、中学校につきましては、本年度末で毛呂山中学校が100.95%、川角中学校が103.53%の見込みとなってございます。それに対しまして、27年度末ということで申し上げますと、やはり購入した分に対しまして廃棄する分もございまして、毛呂山中学校が約106%、川角中学校が約105%と今のところ予想しております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 2番、佐藤秀樹、議案第24号について質疑をいたします。

  7ページの地域コミュニティづくり補助金の60万円ありますけれども、これは今後どういうふうな使い方をされるのかということと、その下の民生費の保育所費の保育備品のほうで、何を買われるのか決まっていれば教えていただきたいと思います。

  また、8ページの観光案内板設置工事84万円なのですけれども、これは去年、「バイキング」というお昼の番組で、武州長瀬駅前の看板の、たしか交換するお金がないということで出演されたと思うのですけれども、そのときに交換する費用が結局集まらなかったと思いますけれども、今回その交換する費用がここに入っているのかどうかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答え申し上げます。

  7ページの地域コミュニティづくり補助金60万円でございますが、この補助金につきましては、地域コミュニティを増進させるための事業ということで、各行政区単位を主に考えております。各行政区単位に上限3万円、地区とすれば20地区を考えておるものでございます。その補助対象になる内容でございますが、地域で安心安全な地域づくりを図るための事業、あるいは福祉、健康づくりを図る事業、青少年健全育成を図る事業、あるいはまさに地域の連帯感を醸成するような事業ということで、地域の事業に対して上限3万円を補助する予定でございます。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 佐藤議員の質疑にお答え申し上げます。

  保育所費のほうの保育備品でございますが、旭台保育園で本棚、それから遮光ネットとこちらにスライド用のテント、これは簡易的に持ち運びというか、移動ができるテント、こちらのほうを購入させていただきます。そんなので、あとゆずの里保育園で幼児用のベンチも購入させていただきます。こちらは、ゆず、旭とも同じような長椅子のベンチでございます。それから、ゆずの里保育園のほうで、これは遊具でございます。旭台の拡張したほうにちょっと屋根のついた小さいおうちみたいのがあると思うのですが、そういうものとか滑り台タイプ、それから腰かけタイプでパンダとか象さんの形になっているようなものを購入させていただきます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 質疑にお答え申し上げます。

  観光案内板設置工事、今回の補正に84万計上させていただいてございます。こちらにおきましては、地方創生の交付金のほうを活用する事業といったことで、桂木観音下の展望台に1か所、それと武州長瀬駅北口に1か所を予定した金額でございます。先ほど「バイキング」のお話のほうが出ましたが、それは今年度事業として既に発注済みでございますので、ご理解賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第24号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第24号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第24号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第24号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第6号)については、原案のとおり可決されました。

                                              



△休会の議決



○宮寺征二議長 お諮りします。

  明3月6日から8日は、休日及び議事の都合により休会としたいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、明3月6日から8日は休会とすることに決定しました。

                                              



△後日日程の報告



○宮寺征二議長 明3月6日から8日は、休日及び議事の都合により休会といたします。

  来る3月9日は、午前9時30分から本会議を開き、議案第15号から議案第22号までの提案者の説明、質疑、委員会付託を行います。

                                              



△散会の宣告



○宮寺征二議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

                                      (午後 3時45分)