議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成26年  第4回(12月) 定例会 12月05日−議案説明・質疑・討論・表決・閉会−05号




平成26年  第4回(12月) 定例会 − 12月05日−議案説明・質疑・討論・表決・閉会−05号







平成26年  第4回(12月) 定例会





         平成26年第4回(12月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第5号)

                        平成26年12月5日(金曜日)午前9時30分開議

日程第 1 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度毛呂山町一般会計補正予
             算(第3号))                            
日程第 2 議案第54号 毛呂山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正す
             る条例                                
日程第 3 議案第55号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例              
日程第 4 議案第56号 毛呂山町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例   
日程第 5 議案第57号 毛呂山町国民健康保険条例の一部を改正する条例             
日程第 6 議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)            
日程第 7 議案第59号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)      
日程第 8 議案第60号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)          
日程第 9 議案第61号 財産の取得について                          
日程第10 議案第62号 毛呂山町デイサービスセンターの指定管理者の指定について        
日程第11 議案第63号 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の指定管理者の指定について      
日程第12 発議第 3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例                     
日程第13 議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査について                    

出席議員(14名)
     1番   弓  田  茂  樹  議員    2番   佐  藤  秀  樹  議員
     3番   荒  木  か お る  議員    4番   千  葉  三 津 子  議員
     5番   村  田  忠 次 郎  議員    6番   宮  寺  征  二  議員
     7番   藤  岡  健  司  議員    8番   下  田  一  甫  議員
     9番   岡  野     勉  議員   10番   小  峰  明  雄  議員
    11番   高  橋  達  夫  議員   12番   長  瀬     衛  議員
    13番   岡  部  和  雄  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   粟 生 田  義  行   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼
                情報推進
                室  長

   小  峰  裕  次   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   斉  藤     豊   福祉課長      吉  田  英  夫   高 齢 者
                兼 福 祉                   支援課長
                会 館 長

   村  田  眞  一   子 ど も      村  本  英  明   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      岡  田  忠  彦   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   岡  野  昭  弘   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   疋  田  浩  一   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小 坂 井  啓  二   学校教育      伊  藤     清   生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   関     保  明   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   坂  口  尊  恵   主  査



                                              



△開議の宣告



○宮寺征二議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△動議の提出

                 〔「動議」「賛成」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◎5番(村田忠次郎議員) それでは、動議をいたします。

  陳情書、町長選挙と町議会議員選挙を同一日にしてくださいを受けてということでお願いいたします。



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午前 9時33分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時49分)

                                              



△動議の取り下げ



○宮寺征二議長 ここで、村田忠次郎議員から動議取り下げの申し出がありますので、特にこれを許します。

  村田忠次郎議員。



◎5番(村田忠次郎議員) ただいまの動議は取り下げます。お願いします。



○宮寺征二議長 お諮りします。

  ただいま村田忠次郎議員からの動議取り下げの申し出につきましては、これを許可することにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、村田忠次郎議員の動議の取り下げについては、許可することに決定いたしました。

                                              



△議案第53号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第3号))



○宮寺征二議長 日程第1、議案第53号 専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第53号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。

  衆議院議員総選挙が平成26年12月14日に実施されます。これに伴いまして、衆議院議員選挙費の補正予算を編成する必要があり、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条第3項の規定に基づきご承認を賜りたくお願いするものでございます。

  それでは、概要につきましてご説明申し上げます。

  今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ1,237万円を追加し、予算総額を95億9,650万7,000円と定めました。

  第1条の歳入歳出予算の補正のうち、歳出よりご説明申し上げます。

  第2款総務費は、衆議院議員選挙費で1,282万6,000円の追加でございます。

  第14款予備費は、45万6,000円の減額でございます。

  続きまして、歳入についてご説明申し上げます。

  第14款国庫支出金は、衆議院議員選挙費委託金で1,237万円の追加でございます。

  以上が平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第3号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご承認を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて、平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第3号)について質疑させていただきます。

  投票所の不備というか、冬の寒い時期ですから、有権者、それから立会人、職員、そういうのについて何か考えていることがあるのかないのか、多少当日寒いと思いますので、そこのところをひとつよろしくお願いします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答えいたします。

  おっしゃられるように、この時期大変寒さが増しております。投票所につきましては、フルオープンという形の閉めることができませんので、そういう中で投票事務を行います。そのためストーブ、あるいは事務従事者のひざかけ等も用意して寒さ対策のほうをさせていただいております。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 10番、小峰明雄。議案第53号について質疑をさせていただきます。

  今回の補正というものは衆議院の選挙なのですけれども、この中に委託料で空調管理業務委託料の13万9,000円、この内容をお願いいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答えいたします。

  ふだんの日常の業務ですと、5時15分で業務が終わりますが、期日前投票で会議室を使っております。その期日前投票事務が夜8時までということになっておりますので、その間の時間の暖房を別途お願いしているものでございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第53号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第53号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第53号 専決処分の承認を求めることについてを採決します。

  本案は承認することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第53号 専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定しました。

                                              



△議案第54号 毛呂山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第2、議案第54号 毛呂山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第54号につきましてご説明申し上げます。

  毛呂山町特別職員報酬等審議会の答申及び人事院勧告に基づき、議会の議員の期末手当、町長及び副町長の期末手当並びに毛呂山町教育委員会教育長の期末手当について、年間支給率をそれぞれ0.2月引き上げをお願いするものであります。

  また、平成26年度においては、引き上げ分を12月期の期末手当で調整するとともに、平成27年度以降の6月期及び12月期の支給分を再配分しようとするため、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 質疑なしと認めます。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第54号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第54号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

  岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第54号について賛成の討論を行います。

  私の知る限り、本町の給与所得者の所得は、何と14年間減り続けています。その額は、格差としては年間70万円にも及んでいる現状です。今、国においても賃上げは至上命題、声高に発せられているところだと思います。議員にしても全体の奉仕者であるとともに、生活者の面も忘れてはいけないと思います。

  以上をもって、議案第54号の賛成討論といたします。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第54号 毛呂山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例についてを採決いたします。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、議案第54号 毛呂山町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第55号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第3、議案第55号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第55号につきましてご説明申し上げます。

  国家公務員に対する人事院勧告及び埼玉県職員に対する埼玉県人事委員会の勧告がなされました。これに準じまして、毛呂山町職員の給料及び勤勉手当を改定するものでございます。

  改定の内容につきましては、若年層に重点を置いた行政職給料表0.2%引き上げの改定と勤勉手当を0.15月分増額し、平成26年12月期の勤勉手当で調整するとともに、平成27年度以降の6月期及び12月期の支給分を再配分しようとする改正を行いたいので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第55号の質疑を行いたいと思います。

  現在ですけれども、本町の職員のラスパイレスはどの位置にあるかということでお聞きします。



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午前11時02分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時03分)

                                              



○宮寺征二議長 質疑を続行します。

  答弁。川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 大変申しわけございませんでした。質疑にお答え申し上げます。

  26年度のラスパイレス指数につきましては、まだ公表できませんので、25年度の公表になります。ご承知のように国家公務員のほうの減額がございましたので、その減額後と比較しますと、102.6、それから減額前で比較しますと94.8という数値になっております。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第55号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第55号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第55号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第55号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第56号 毛呂山町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第4、議案第56号 毛呂山町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第56号につきましてご説明申し上げます。

  重度心身障害者医療費の窓口払い廃止を実施することに伴い、毛呂山町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する必要がございますので、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) この障害者の窓口払いを廃止するということでは、私もことしの3月、一般質問させてもらいました。そして、また同僚議員も9月に行ったと思います。素早い対応でその働きは非常にすばらしいなと思いますが、これに関して壁というか、そういうものもあったと思います。それをどうクリアしたかということで、対応等をお聞きしたいと思います。



○宮寺征二議長 斉藤福祉課長。

                 〔斉藤 豊福祉課長登壇〕



◎斉藤豊福祉課長 質疑にお答えいたします。

  非常に難しいご質疑でございまして、私ども重度心身障害者医療費の窓口払いを廃止するためにということでいろいろ考えたところ、まず医療機関の協力を得られなければいけないということ、それと予算の裏づけを持つということでございます。そんなところで医療機関につきましても、医師会に加入していない医療機関もございますので、そちらの方々にどのようにご理解をいただくかというようなことを懸念いたしました。

  それと、対象の範囲というものも近隣の市町村等を考慮しながらのこともありましたので、その辺のところを考えながらやりまして、毛呂山町に関係する医師会、薬剤師会、歯科医師会等のご理解を得られたということで、4月実施に向けての今回の条例の一部改正の提案となったわけでございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) 1点だけですけれども、今、対応の中で、対象の範囲と言われたのですが、これはいわゆる対象を狭めることなく、標準的というか、あるべき範囲でこの窓口を廃止できたということでよろしいでしょうか。



○宮寺征二議長 斉藤福祉課長。

                 〔斉藤 豊福祉課長登壇〕



◎斉藤豊福祉課長 質疑にお答えいたします。

  私の答弁がまことにわかりづらい答弁で申しわけなかったと思うのですが、その対象の範囲というのがエリアのことでして、対象者につきましては今までどおりの対象者を対象させていただきますので、まことに申しわけございませんでした。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第56号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第56号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

  岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、議案第56号について賛成の討論を行いたいと思います。

  今、課長からも答弁いただきまして、こども医療費の窓口の基盤があったとはいえ、この医師会等の理解や予算をしっかりつけていくという決意のもとに、この議案が出てきました。非常に障害を持った方に関しては、私、工賃とかそういう面で収入は非常に厳しい状況の中で、健康を維持するという問題もあります。そういった中でこの議案が毛呂山町の医療、そして福祉のまちとして、より貢献しているということで、賛成の討論といたします。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより議案第56号 毛呂山町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第56号 毛呂山町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第57号 毛呂山町国民健康保険条例の一部を改正する条例



○宮寺征二議長 日程第5、議案第57号 毛呂山町国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第57号につきましてご説明申し上げます。

  健康保険法施行令及び診療報酬の算定方法の改正に伴い、出産育児一時金支給金額の改正及び条文の整備をするため、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 10番、小峰明雄。議案第57号について質疑をさせていただきます。

  まず、条例ですと39万円が40万4,000円、それから規則のほうが3万円が1万6,000円ということで、3万円以内で加算していたと思うのですけれども、これは合計金額は同じなので、結果的には同じであるのか、その確認の意味だけお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小室住民課長。

                 〔小室晴久住民課長登壇〕



◎小室晴久住民課長 質疑にお答えいたします。

  現在、出産育児一時金につきましては、出産育児一時金の基本額39万円に町の規則で規定された産科医療補償の掛金3万円を加算され42万円を支給しているところでございます。今回、産科医療補償の掛金を1万4,000円引き下げるということで、その分を基本額のほうに加えて40万4,000円といたしましたので、現行の支給額42万円はそのまま維持されることとなっておりますので、変更はございません。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第57号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第57号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第57号 毛呂山町国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第57号 毛呂山町国民健康保険条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)



○宮寺征二議長 日程第6、議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、概要につきましてご説明申し上げます。

  今回ご提案いたしました補正予算は、人事院勧告並びに埼玉県人事委員会勧告に基づきまして、職員の給料、職員の手当等について調整を行いますと同時に、それぞれの予算科目の過不足もあわせて調整し、編成したものでございまして、歳入歳出それぞれ2,690万8,000円を追加し、予算総額を96億2,341万5,000円と定めました。

  最初に、第1条の歳入歳出予算の補正のうち、歳出より主な内容につきましてご説明申し上げます。

  第2款総務費は、税務総務費で各税還付金、賦課徴収費でコールセンター料、入職促進・人材育成業務委託料を追加し、一般管理費等の職員人事費等を減額し、差し引き859万1,000円の減額でございます。

  第3款民生費は、障害福祉費で障害福祉システム変更業務委託料、児童福祉総務費でこども医療費、児童措置費で民間保育園運営費委託料等を追加し、国民健康保険事業費等の人件費を減額し、差し引き3,555万1,000円の増額でございます。

  第7款商工費は、観光費で花はす広場土入れかえ業務委託料の追加、商工総務費の人件費を減額し、差し引き403万3,000円の減額でございます。

  第8款土木費は、街路事業費で、武州長瀬駅北口周辺地区長瀬駅前野久保線道路改築工事、武州長瀬駅北口周辺地区補償料を追加し、土木総務費等の人件費を減額し、差し引き2,450万6,000円の増額でございます。

  第9款消防費は、常備消防費で西入間広域消防組合負担金を増額し、防災費で防災行政無線デジタル化実施計画業務委託料を減額し、差し引き856万4,000円の減額でございます。

  第10款教育費は、小学校費の学校管理費で小学校プールろ過装置修繕工事、中学校費の学校管理費で毛呂山中学校体育館屋上防水改修工事等を追加し、社会教育総務費等の職員人件費を減額し、差し引き448万6,000円の増額でございます。

  第13款諸支出金は、財政調整基金費の積立金の減額等により2,999万9,000円の減額でございます。

  続きまして、歳入についてご説明申し上げます。

  第14款国庫支出金は、保育所運営費負担金、社会保障・税番号制度システム整備費補助金で1,599万円の増額でございます。

  第15款県支出金は、保育所運営費負担金、緊急雇用創出基金事業補助金等で1,075万3,000円の増額でございます。

  以上が平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 1点お聞きしたいのですけれども、残業手当、ここ数年徐々に微増しているのですけれども、特に今回の一般会計補正予算では、トータル的には出ておりますけれども、全面的に全ての課が少しずつ増額されているのですけれども、これはどういうことが原因でこうなっているのか。例えば1つの課が特別な事業体を組んだり、仕事量がふえたというのではわかるのですけれども、全体的に増加傾向にあるというのは、その原因はどこにあるのかお聞かせ願いたいと思います。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答え申し上げます。

  時間外勤務手当のご質疑でございますが、時間外勤務手当、当初予算を作成時に、当然各課のほうの要望額等もございますが、多少調整させていただいているところもございます。今回、給与面、その他手当も含めまして、総体的に調整をする際に、各課の今後の3月までの見込みを再度出していただきまして、それを今回調整をさせていただいておるところでございます。議員ご指摘のとおり、確かに残業は微増で、職員の超過勤務の時間もふえているのも事実でございますが、そういった調整の部分もございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 総額で493万2,000円ですから、全体額はどうのこうのというわけではないですけれども、体制的に今の適正化人員計画の中で、やはり必要な人員は必要なのです。やっぱりそれまでも超えてさらに人員削減をしたことが結果的にはこういうふうな残業ということにつながるおそれがあるのではないかと思うのですけれども、その点についてはご心配はございませんか。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答え申し上げます。

  議員ご指摘のとおり、確かに職員の数的なものは大分定員適正化計画の数よりも現状は少なくなっております。過日の一般質問でもお答え申し上げましたように、できる限りその定員適正化計画の人員にむしろ近づけるよう、今後努力をしていきたいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 3回目ですけれども、一番心配されるのは、こういうふうな動態、動きが職員の皆さんや管理する皆さんの中で平常的に考えられるようになってくると、こういうものを抑制したり研究したり学んだりすることがおろそかになってくるおそれがあるのです。したがって、この時間外勤務手当というのは、やっぱり結果的には望ましくは微減傾向があらわれることが本来の姿ではないかということからして、やはり今後の職員のレベルアップや適正化計画で、将来的にこういうものが定型的に考えられない、これは今回は少し時間外勤務手当が多くなってしまったなというふうな考え方が皆さん方の頭の中に残るように、これではしようがないと、今後はこれを少しでも減らしていかなければならないというふうな考え方をしっかりと決めて、今後の業務に当たっていただくことをお願いして、これは要望でございますけれども、ひとつお願いいたします。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 10番、小峰明雄。議案第58号について質疑をさせていただきます。

  まず、10ページの庁舎の屋上防水工事、このことについてご説明をお願いいたします。

  それと、21ページの小学校のプールのろ過装置の修繕工事、これはどこを予定しているのかお伺いいたします。

  あと中学校のプールろ過装置の補修工事、この学校はどこであるのかお伺いいたします。

  それと、その下に毛呂山中学校の体育館の屋上防災改修工事というのが計上されておりますけれども、この改修工事というものは計画に基づいて今回補正として計上されたのか、この点についてをお伺いいたします。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  10ページの庁舎屋上防水工事の減額ということでございますけれども、庁舎2階屋上の防水工事につきましては、パラペット、立ち上がりの内壁の一部が破損しておりまして、防水膜が破れている状態のため、その他の補修箇所を含めた防水補修工事を行うということで、当初予算のほうに計上をさせていただいておりました。しかし、ここで2階屋上に太陽光発電等蓄電池設備設置工事が来年度予定されているということでございますので、その施工に伴いましてパネルの固定など、2階屋上面の床面を傷めるという可能性が出てまいりましたので、今年度の防水工事を見合わせていただきまして、太陽光発電等蓄電池設備工事の内容を確認した上で施工を行いたいと考えておりますので、減額をさせていただいたものでございます。よろしくお願いいたします。

  以上です。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 質疑にお答えいたします。

  まず、小学校のプールろ過装置の修繕工事でございますけれども、対象となります学校は、川角小学校、光山小学校、泉野小学校でございます。また、中学校につきましては、川角中学校でございます。いずれも老朽化等に伴い修繕や交換等を要する箇所について、今回工事をお願いするものでございます。

  続きまして、2点目でございますが、毛呂山中学校の体育館の屋上防水改修工事でございますが、これは体育館の本体の屋根を覆う部分ではございませんで、その北側に当たります、いわゆる陸屋根部分の改修でございます。これは、従来から天井に雨漏りの痕跡が認められるということでございましたけれども、ことしになりまして特に10月に上陸した2回の台風がございました。そのときに大分雨漏りが著しくなりまして、特に2階の卓球部が部活で使っておりますけれども、そちらのほうには床まで雨漏りが滴る状況となってしまいまして、ここへ来ましてその状況が顕著になったということでございます。したがって、個別具体的な計画という意味では登載してございませんでしたけれども、緊急性があるというふうに判断いたしまして、至急に対応する必要が生じたものでございます。そのためにここで補正をお願いするものでございます。ご理解いただきますようお願い申し上げます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) では、庁舎の屋上の防水の関係なのですけれども、今ご答弁お伺いしていますと、太陽光のパネルの固定の関係で見合わせたということなのですけれども、そうしますと、やはり計画性があって当初予算でのせてきたのだと思うのですけれども、こういう点について、急に太陽光パネルに計画が変わったというようなことでなくて、やはり少しじっくり事業をしていただければと思います。このことについてご見解ありましたらご答弁お願いします。

  それとあと、毛呂山中学校の体育館の屋上防水改修工事、緊急性があったということですけれども、そうしますと、大屋根のほう、大変さびておりますけれども、この大屋根のほうというものは計画的に何か考えていらっしゃるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  ソーラーパネルの設置の関係でございますが、埼玉県のほうからいわゆる再生可能エネルギー等導入推進基金事業ということで、本年の7月に説明会がございました。県のほうでも県内各市町村のほうで1事業は取り入れていただきたいという要望等もございまして、急遽その段階でソーラーパネルを設置、あるいは蓄電池を設置するということが決まりまして、本年9月の補正予算でその設計事業費をご議決いただいたものでございます。

  したがいまして、このソーラーパネルの設置につきましては、当初の段階では予想できなかったものですから、急遽こういう形でお願いするものでございますので、ご理解いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 ご質疑にお答えいたします。

  毛呂山中学校の体育館の大屋根部分の改修計画でございますけれども、特に校庭側に面しておる側等々、大屋根のさび化が著しいということは、私も確認をしているところでございます。その中で、現在体育館本体へのアリーナへの雨漏り等は認められていない状況でございます。今後につきましては、学校の将来像等々を見据えまして、長期計画の中で、できましたら大規模工事の中で対応できればよろしいのではないかというふうに思っておりますけれども、いずれにしても6校全体の改修計画のバランスと申しますか、作成が重要になってくると思いますので、その辺を絡めながら慎重に検討してみたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算について質疑をいたします。

  10ページの財産管理費の契約管理システム改修委託料、これの内容についてと、それから11ページの賦課徴収費、コールセンター業入職促進・人材育成業務委託料の内容です。

  それから、あと19ページの街路事業費、武州長瀬駅北口周辺地区補償料、これの内容についてと、それからあと20ページの防災費、防災行政無線デジタル化実施設計業務委託料、これの内容についてちょっとお願いします。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  10ページの契約管理システム改修委託料の82万1,000円でございますけれども、こちらの契約管理システムにつきましては、入札情報の公開を正確かつ迅速に行うため、指名業者の登録から契約までを一括して管理しているシステムでございます。この契約事務につきましては、契約管理システムと県の電子入札共同システムを利用しまして、建設工事等の競争入札参加資格申請の受け付け等も行っております。

  今回、この県の電子入札共同システムに物品その他の業種のほうも窓口として対応可能にするために、県のほうのシステムは既に開始をしておりますけれども、町側のデータの取り込みを行うための改修が必要であるために、今回契約管理システムの改修をお願いするために計上させていただいたものでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰税務課長。

                 〔小峰裕次税務課長登壇〕



◎小峰裕次税務課長 お答え申し上げます。

  11ページのコールセンター業入職促進・人材育成業務委託料の内容ということでございますが、従来、26年度も実施しております納税推進コールセンター業務と同様の業務内容でございます。補助メニューが変わったということでございまして、それに伴いましてこういった名称でお願いするものでございます。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 19ページ、街路事業費のうち補償、補填及び賠償金の内訳についてご説明申し上げます。

  この補償料につきましては、東京電力及びNTT等の電柱移転に関する補償料でございます。当初予算におきましては、補償料が未確定ということであったために、ここに来まして東京電力及びNTTから見積もりが提出されましたので、計上させていただいたものでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答え申し上げます。

  20ページの防災費、防災行政無線デジタル化実施設計業務委託料930万円の減額につきましてご説明申し上げます。

  平成27年、28年の2か年をかけまして、防災無線のデジタル化を進めていくに当たりまして、本年その実施設計業務をお願いしたところでございます。これにつきましては、いわゆる入札執行による残額が生じたもので、この金額を減額させていただくというものでございます。

  減額となった理由につきましては、当初1,200万ほど計上させていただきました。この額は、いわゆる3者の参考見積もりをもとに金額を計上させていただいたものですが、実際に入札を行いましたところ、この落札した会社のほうで税抜き価格250万、税込みで270万という金額で落札をされたものですから、この不用額930万を減額させていただくというものでございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 管財課長に、この契約システムの改修による効果というか、そういうことを再度、効果があるというか。

  それから、あと賦課徴収なのですけれども、結局補助メニューが変わったというか、それはどういう意味なのかちょっとわからないのですけれども。

  それから、あとは電柱は、これ幾らの何本ぐらいなのでしょうか、ちょっと。

  それから、あとデジタル無線です。これについての250万のどういう意味というか、先をとるためにすごい抑えてしまって、もうこれで行くのだよというような方法なのでしょうか。ちょっとわからないのです。1,200万が250万というのはどういう意味なのですか。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 再質疑にお答えいたします。

  契約管理システムの改修におきまして、効果はということでございますけれども、このシステムにつきましては、県の入札共同システムと連携しておりまして、今回物品その他の業種につきましても電子的に対応できるということで、県での共同の受け付けをすることで、県のほうのシステムの改修されております。それに伴いまして、町でもそのデータ移行させていただきまして、電子による受け付けも可能ということにさせていただきました。今まで建設工事等では既にシステム化されておりますけれども、物品その他の受け付けにつきましても、システム化するということで、今まで紙ベースで行っておりました受け付け等がシステムで行えるということで、かなり業務的にも効率がいいということになると存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰税務課長。

                 〔小峰裕次税務課長登壇〕



◎小峰裕次税務課長 お答え申し上げます。

  11ページのコールセンター業務の関係でございますが、先ほども申し上げましたように、現在行っている納税推進コールセンターと業務は変わらないということでございます。現年の納税関係で、納税者の皆さんに早期の納付を促すというような形で行っている事業でございまして、この名称が変わった点につきましては、先ほど申し上げましたように補助メニュー、これは埼玉県の緊急雇用創出基金を利用するわけでございますが、その中で以前は企業支援型雇用創造事業というメニューでございました。今回は、地域人づくり事業ということで、私どもも従来の納税推進コールセンター業務委託料ということで計上を考えておりましたが、そういったメニューの名称を使ってくれということで今回計上させていただいております。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 質疑にお答えいたします。

  補償料の電柱の移転本数でございますが、15本でございます。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質疑にお答え申し上げます。

  落札額がかなり下がったことにつきましては、もちろん細かい事情についてはわかりませんが、この落札業者につきましては、坂戸鶴ヶ島消防組合と西入間広域消防組合のデジタル化共同運用に伴うデジタル無線共同システム実施設計を落札した業者でございますので、そういった関連も含めて毛呂山町のほうを落札したいという希望があったのではないかと思います。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) ちょっとお伺いしたいのですけれども、10ページのこのシステム管理は、クラウドのほうでやっていくのか、それとも毛呂山町独自のものなのかということと、それからそういうことを情報推進室ではこいつを選んできたというか、そういうことなのでしょうか。

  それから、あと電柱なのですけれども、1本随分高いように、私ちょっとそこのところはわからないのですけれども、ちょっと説明をお願いしたいのです。15本でしょう。1,050万。そんなにするの。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  契約管理システムにつきまして、クラウド化ということでございますけれども、こちらにつきましては、この契約管理システムにつきましては自前のサーバーを使用しておりますけれども、その受け付け、電子入札に関しましては、県の入札共同システムを共同で利用するということで、県からのシステムの共同利用ということになりますので、よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 お答えいたします。

  移転補償料の金額でございますが、内訳等が提出されているわけでございますが、移転につきましては、今回国庫補助金の対象事業ともなってございます。そういうことですから、NTT、東電につきましても正当な設計額、これを求めているということでございまして、ちなみに国庫補助金でなくてもNTT、東電から見積もりというのは正当なものということで認識しているところでございます。



○宮寺征二議長 この際、午後1時15分まで休憩します。

                                      (午前11時47分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時18分)

                                              



○宮寺征二議長 質疑を続行します。

  岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、質疑を行いたいと思います。

  私は、1点ですけれども、10ページの町内循環バスの運行ということで14万7,000円が減額ですが、この理由をお聞きしたいと思います。

  また、有料化になりまして2か月が過ぎました。そこで、バスの運行の状況、様子ということで、例えばですが、現金の受け渡し、この状況、それとあと乗車の人数の状況、あと現金等を受け渡しすることによる停留所のおくれ等どうか、ちょっとこの点気になる点がありますので、わかる範囲でお願いしたいと思います。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  10ページの企画費の委託料、町内循環バス運行業務委託料の14万7,000円の減でございますが、こちらにつきましては、9月まで運行業務を委託業務で行っておりました。10月から運行形態が変わりましたので、9月いっぱいまでの契約の残ということで額が確定いたしましたので、減額させていただいております。

  また、10月から有料化に伴いまして、乗車状況等でございますけれども、乗車状況につきましては、現時点で1か月の状況を見ますと、前年の同月よりも8割程度でございます。また、現金受け渡しについて、運行時刻が若干おくれるとか、そういったことは報告を受けておりません。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、もう一つ確認ということで、利用者からの声ということでは町はどういった声が届いているかということと、それとあと車椅子の乗降はあったかということで、件数等わかれば参考までに。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 ご質疑にお答え申し上げます。

  有料化になりましての状況でございますが、まず利用者からのご意見といたしましては、山間コースでございますが、こちらにつきましては若干運行距離が延びたものですから、ちょっと時間がかかり過ぎるというふうなご意見をいただいております。また、車椅子の状況でございますが、役場からの停留所手前でも1件乗車されたのを確認しております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 11番、高橋達夫です。議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算について、1点だけ質疑させていただきます。

  内容は、先ほど質疑がありました20ページの防災行政無線デジタル化実施設計業務委託料です。これについては、先ほどの答弁ですと、予算をつくるに当たっては3者の参考見積もりをとった。そして、結果としては約930万、1,000万円近く安い業務委託ができたということですよね。その3者の中にこの落札した業者は入っていたのかどうか。参考見積もりの3者の中に入っていたのか。

  それから、この見積もりで何社の入札、これは指名競争入札だと思うのですが、何社を指名して、一番下がこの値段だと思うのですが、一番下とその上とどのぐらい差があるのか。

  それから、この委託した業者は地元の業者なのか、それともほかの業者なのかお伺いします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 質疑にお答え申し上げます。

  5社の指名競争入札、電子入札でございます。

  それから、落札した業者は、当初の予算をつくるときの参考の見積もりをいただいた業者のうちの1業者でございます。

  それから、落札した業者が第1順位が税込みで270万、第2順位の業者が税込みで529万2,000円、最上位の金額のところが税込み額810万円。

  以上でございます。

                 〔何事か呼ぶ者あり〕



◎川村和男総務課長 失礼しました。落札した業者は町内……いずれも町内業者は入っておりません。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) では、お聞きしますが、参考見積もりと実際に入札したのではこれだけ差が出てしまったということですね。その辺について参考見積もりのときの仕様と、これから入札したときの仕様とか全く同じ仕様だったのでしょうか、それをお伺いします。

  それから、5社で一番高いところが810万円、一番安いところが270万円ということで、270万円の業者が落札した。では、もし270万円の業者がこの契約を辞退した場合は、どういう罰と、次にどの業者がこの業務委託料を受けるのでしょうか。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質疑に答弁いたします。

  仕様については同じかということで、同じでございました。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  落札した一番低価格だった業者がその後に辞退した場合にということだと思いますけれども、その場合につきましては、決定後の辞退でございますので、罰としますと指名停止等の範疇に入ってくるかと思います。

  以上でよろしいでしょうか。

                 〔「じゃ、いいですか、もう一度。ちょっと聞き取れなか

                   ったのだと思うんですが」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) いや、そうではなくて、この人については指名停止の……270万円で落札して契約するときに辞退したら、指名停止のペナルティーが来るという答弁ですよね。そのことについては聞いていなかったのですが、この270万円、ペナルティーをかけるにしてもかけないにしても、この人が辞退したのだから、次、もう一回入札をし直すのですか、それともその上の人に譲るのですか。どういうものですか、その辺を教えてください。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  決定業者が辞退ということで、次にどうなるかということですけれども、第2位であります低額を入札した業者に決定するということになろうかと思います。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) そうすると、次の上の業者が529万円ですから、約260万円ぐらい高い契約をしなければならないということですね。わかりました。

  以上です。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第58号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第58号については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第58号 平成26年度毛呂山町一般会計補正予算(第4号)については原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第59号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○宮寺征二議長 日程第7、議案第59号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第59号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出するものでございます。

  それでは、歳出補正予算の主な内容につきましてご説明申し上げます。

  第2款保険給付費につきましては、出産育児一時金を210万円、出産育児一時金支払手数料を2,000円それぞれ追加いたしました。

  第8款保健事業費につきましては、負担金、補助及び交付金で県国保団体連合会分担金を1万7,000円、人間ドック補助金を192万5,000円それぞれ追加いたしました。

  第11款諸支出金につきましては、一般被保険者保険税還付金を100万円、償還金として高齢者医療制度円滑運営事業費補助金を1万1,000円追加いたしました。

  第12款予備費につきましては、505万5,000円減額いたしました。

  以上が平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 質疑なしと認めます。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第59号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第59号については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第59号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第59号 平成26年度毛呂山町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第60号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)



○宮寺征二議長 日程第8、議案第60号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第60号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

  今回の補正は、人事院勧告等に伴う職員の給与の改定及び職員の異動等により予算額に過不足を生じましたので、地方自治法第218条第1項の規定によりこの案を提出するものでございます。

  それでは、第2条の収益的収入及び支出からご説明申し上げます。

  第1款水道事業費用の補正額は34万5,000円の減額でございます。第1項の営業費用では19万7,000円の減額となり、内容は給料、手当、賞与引当金繰入額、法定福利費、法定福利費引当金繰入額及び動力費の補正で、原水及び浄水費では181万7,000円の増額、配水及び給水費では173万6,000円の減額、総係費では27万8,000円の減額でございます。

  第2項営業外費用では、消費税及び地方消費税14万8,000円の減額でございます。

  今回の補正によりまして、収益的支出の合計は7億5,377万9,000円となり、損益勘定は5,274万4,000円の純利益でございます。

  次に、第3条の資本的収入及び支出につきましてご説明申し上げます。

  第1款資本的支出の補正額は1,139万7,000円の減額でございます。内容は、第1項建設改良費の事務費の給料、手当、賞与引当金繰入額、法定福利費及び法定福利費引当金繰入額の減額でございます。

  この補正によりまして、資本的支出の合計額は4億8,036万円となり、収入額が支出額に対して不足する額3億6,942万5,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金をもって補填するものでございます。

  次に、第4条の職員給与費につきましてご説明申し上げます。予算第8条に定めた職員給与費の補正額は1,359万4,000円の減額で、補正後の額を1億13万4,000円とするものでございます。

  以上が平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)の概要でございます。よろしく慎重ご審議の上、ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 10番、小峰明雄。議案第60号について質疑をさせていただきます。

  まず、動力費の200万、この補正額の算定の根拠をお伺いいたします。



○宮寺征二議長 疋田水道課長。

                 〔疋田浩一水道課長登壇〕



◎疋田浩一水道課長 ご質疑にお答えいたします。

  現在の水道料金の内訳でございますが、その中に燃料費調整額というものがございます。これは、現在の発電方式が火力発電によるものでございまして、燃料費の変動に伴う電気料の調整額でございます。それらが去年と比較しましても高騰の状況にありまして、それらの影響によりまして今回補正をお願いするものでございます。よろしくご理解お願いいたします。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) そうしますと、電気料の値上げということで、そうすると今年度はこの200万で何とか賄えるというふうに解釈してよろしいのでしょうか。



○宮寺征二議長 疋田水道課長。

                 〔疋田浩一水道課長登壇〕



◎疋田浩一水道課長 お答えいたします。

  現在、平成26年12月まで燃料調整費等は東電のほうで発表されている状況でございます。若干の値下がりの傾向を見せておるところでございますが、上半期、使用金額を使用料で割り戻しまして、その単価を残りの3か月で見積もりまして、不足するであろうという額が200万円ということで算出をいたしました。よろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第60号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第60号については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第60号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第60号 平成26年度毛呂山町水道事業会計補正予算(第2号)については原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第61号 財産の取得について



○宮寺征二議長 日程第9、議案第61号 財産の取得についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第61号につきましてご説明申し上げます。

  中型ディーゼルバスを取得するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第61号 財産の取得について、1点だけ、中型を選んだ理由というか、それを教えてください。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  中型を選んだ理由ということでございますけれども、このバスの選定につきましては、まずは点検、車検等の利便性の観点から国内メーカーとしております。また、学校行事等で送迎に対応するために40人を確保するということの目的のために、中型とさせていただきました。

  なお、遠方への視察研修もございますので、快適性も考慮し、8列シートでリクライニングシートを採用というような形をとっております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) この点についてちょっと質問するのですけれども、従来、今乗っているバスを購入するときには、議会側に対しても町民の代表で私たちですから、どんな車種でどんなふうな容貌がいいだろうというふうな事前の相談をいただいたのが従来でしたけれども、今回はそういうものが一切なくて、一方的に決められたというような状況ですけれども、これはどういうことで、誰がそういうふうにしろと言ったのですか、お答えください。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  現在の町営バスにつきましては、購入から21年が経過しておりまして、たびたびの故障をしておりまして、運行に支障を来しておりました。団体利用の方からもかなりご迷惑をかけたということもございました。ことしにつきまして2回の故障によってかなり運行に問題を来したということでございましたので、このまま使用することが難しいという判断の中で、7月に入りまして庁内での政策会議を開きまして、対応策を練ったものでございます。

  いろいろ購入につきましては、どんな対応が必要かということで、購入、リース、借り上げ等いろいろ検討した結果、新規の購入が妥当であろうという判断の中で進めさせていただいたものでございます。ご理解いただければと思います。よろしくお願いします。

  失礼しました。議会への説明ということでございますけれども、緊急性を考慮いたしまして早急に購入をするということの趣旨がありますが、前回9月の議会におきまして全協での説明はさせていただいておりますので、そのときに車種、仕様内容につきましてもご説明をさせていただいている経緯はございます。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 今の経過説明はわかっているのです。バスが古くなってしまって、途中でえんこしてしまって、みんなを困らせたという、町民に迷惑かけたということは知っているのです。従来のバスを購入するときには、大変大きな買い物なので、議会側にも時の首長がどうだろうと、値段はこんなふうなものがあるのだけれども、財政的にこんなふうなところでどうだろうかという、非公式であるけれども、そういう事前相談があったけれども、今回は全協で発表したときには、既にこういうものですよということで発表されたので、それに私どもは逐一車種とかわかりませんから、何も言いませんでしたけれども、ただこういう大事なものを購入するときに、やはり議会側にも町民の代表なのですから、一応そういったバスの購入の内容とかそういうものを、こんなふうにしたいのだとかという親切な説明があってしかるべきではないですか。それがなかったのはどういうことかということを今聞いているのです。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 堀江議員の再質疑にお答えをいたします。

  町のほうとしては、いわゆる政策会議等で、大変不便になってしまったと、それでもともとは乗り潰しというか、このまま終わりにしようというお話もございました。前町政のときからそういうお話はあって、私にかわって、できるだけ乗ってきたわけでございますが、いわゆる視察場所において故障ということが2度、3度と重なったと、これでそういったところで、緊急に、緊急というのは夏場というか、その時期から担当課のほうからお話が来て、9月の間までそんなに間がなく進んできたわけでございます。

  その間に、私から議長なりあるいは議員の皆さんにお話ができればよかったわけでありますが、担当のほうでも話したかなというふうに思っておりましたら、たまたま議員の皆さんにお知らせしたのが全協になってしまったということでございまして、これについては甚だ議員の皆様からもご指摘いただいておりますので、今後このようなことがないように、大きな買い物のときには、できるだけ議長さんのほうにでも、あるいはそういった関係で委員会の委員長のほうにもお話ができるようにしていきたいというふうに思っております。大変申しわけなく思っております。

  以上です。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 2番、佐藤秀樹。議案第61号 財産の取得について、1点質疑をいたします。

  こちらのバスなのですけれども、障害者に対しての配慮というのはどのようにされているのでしょうか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 大野管財課長。

                 〔大野 勉管財課長登壇〕



◎大野勉管財課長 質疑にお答えいたします。

  福祉的要素ということだと思いますけれども、購入に当たりまして送迎を主に考えておりましたので、40人以上の定員を確保したいということがございました。車椅子の乗用とか電動リフトといったことに当たりましては、定員のほうが何人か減ってしまうということがございますので、そちらのほうは見送りさせていただいております。

  なお、床下物入れのトランクルームが広く利用できるということでございますので、そちらのほうは車椅子の収納をする形で人的対応をお願いできればというような形でお願いしたいと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第61号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第61号については委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第61号 財産の取得についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第61号 財産の取得については原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第62号 毛呂山町デイサービスセンターの指定管理者の指定について



○宮寺征二議長 日程第10、議案第62号 毛呂山町デイサービスセンターの指定管理者の指定についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第62号につきましてご説明申し上げます。

  毛呂山町デイサービスセンターの管理に関し指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第62号 毛呂山町デイサービスセンターの指定管理者の指定について、質疑をいたします。

  デイサービスセンターの設備ですとか建物の経年劣化などは、これから3年間大丈夫なのか、ちょっとお伺いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 質疑にお答えいたします。

  デイサービスセンターにつきましては、平成13年に建設をされております。以後14年程度経過をしているということでございます。その間に、特殊浴、機械浴でございますか、そういったものの入れかえですとか、そういったことを行っております。また、内部の設備的な部分といたしまして、厨房ですとか、あとは配管的な部分、そういったものの修繕ですとか、そういった形のことなども行っております。今後、経年劣化によりまして修繕が必要な部分が出てくることもあろうかと思いますけれども、現在のところは特に大丈夫ということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第62号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第62号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第62号 毛呂山町デイサービスセンターの指定管理者の指定についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第62号 毛呂山町デイサービスセンターの指定管理者の指定については原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第63号 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の指定管理者の指定について



○宮寺征二議長 日程第11、議案第63号 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の指定管理者の指定についてを議題とします。

  町長から提案理由の説明を求めます。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 議案第63号につきましてご説明申し上げます。

  毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の管理に関し指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出するものでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 議案第63号 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の指定管理者の指定について質疑をいたします。

  シャワーやトイレなど、これから3年間大丈夫かということと、利用者から風呂というか、そういうことは要望か何か出ているのでしょうか。ちょっとお伺いします。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 ただいまの質疑につきましてお答え申し上げます。

  設備関係、シャワー等につきましては、基本的に日常管理のほう行っておりまして、将来にわたって3年間といったようなことではちょっと保証はできないのですが、基本的には今のうちは大丈夫だというふうに聞いております。

  また、お風呂についての問い合わせでございますが、今のところちょっと聞いておりませんので、ご理解願いたいと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております議案第63号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議案第63号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

  これより討論に入ります。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 討論なしと認めます。

  これより議案第63号 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の指定管理者の指定についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○宮寺征二議長 起立全員であります。

  よって、議案第63号 毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の指定管理者の指定については原案のとおり可決されました。

  暫時休憩します。

                                      (午後 2時00分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時10分)

                                              



△発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例



○宮寺征二議長 日程第12、発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例についてを議題といたします。

  長瀬衛議員から提案理由の説明を求めます。

  長瀬衛議員。

                 〔12番 長瀬 衛議員登壇〕



◎12番(長瀬衛議員) 発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例について、賛成議員9名を代表してご説明申し上げます。

  この条例は、町政が町民の厳粛な信託によるものであることに基づき、その受託者である町議会議員が、町民全体の代表者として、誠実かつ公正に職務を遂行し、人格と倫理の向上に努めるとともに、その権限または地位による影響力を不正に行使して、自己または特定の者の利益を図ることのないよう必要な事項を定めることにより、議員の政治倫理の確立を図り、もって公正で民主的な町政の発展に寄与することを目的に制定するものであります。

  何とぞ慎重ご審議の上、速やかなるご議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○宮寺征二議長 これより質疑に入ります。

  村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 5番、村田忠次郎です。毛呂山町議会議員政治倫理条例について質疑をさせていただきます。

  1年半以上時間をかけて議会運営委員会に付託された倫理条例案を作成するため、視察をし、議会運営委員会を開いて検討されたこと、また原案作成のために他市町の条例案を取り寄せて、毛呂山町議会議員政治倫理条例案を作成したことに対し、その努力を認めます。

  倫理条例の制定については、決して反対するものではなく、むしろ1条を見ていただければわかりますが、賛成であります。しかしながら、疑問点に対して明白で納得できる回答がなければ賛成すべきではありません。

  倫理条例の制定の目的は、町民に信頼される議員になることが主であり、細部の条文は全てこの中に含まれると思います。町民から選挙を通して議員の倫理意識も評価していただいているという声もありますが、それはわかりません。

  今回提出された毛呂山町議会議員政治倫理条例案には多くの問題が見えています。例えば第3条、町民の責務という言葉について、町民は、みずからが町政の主権者として公共の利益を実現する自覚を持ち、議員に対しその権限または地位による影響力を不正に行使させるような働きかけを行ってはならないとあります。この条文では、町政の主権者たる町民に責務を課すのであるから、条例について丁寧に説明し、ご意見をいただき、議会でも検討し、ご意見を条例案制定に生かすことが必要です。

  ここで、次の点について提案者に改めて伺います。1つ、なぜパブリックコメントをしないのか、理由を伺います。

  次に、この毛呂山町議会議員政治倫理条例は、町商工会には大いに関係する条例です。       のお考えを伺う必要があります。商工会の会員の意見も伺う必要があります。聴取してありますか。どのようなお考えであったのかお示しください。

                                                                                                                             

  それ以外にも細かいところについては多くの問題点があるにもかかわらず、この12月議会最終日にこの案件を提案するのは望ましいことではありません。数名の議員は、「パブリックコメントをして町民の意見を聴取すべきだ」と発言しています。このままの案で賛成することは、町政の主権者たる町民を軽視することになります。町民に不利益がかかる条例を制定することは、私どもは賛成できません。これは、このまま賛成すれば、議員として許される行為ではなく、倫理条例を制定する以前の問題だと私は思います。町政の主権者たる町民に関係する条例の制定なので、急がずに慎重に検討して、議員全員が了解の上で、主権者たる町民も了解してくれて制定ができることを願っています。

  以上であります。質問に対して明確なお答えをお願いいたします。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) それでは、9名の賛成者を代表して、私がご答弁を申し上げたいと思いますけれども、きょうは傍聴者も大変大勢の方がおいでになっておりますし、また職員の方々にとっても、これは余り耳なれない条例だと思いますので、お答えする前に、この条例を出した趣旨について、ちょっと私のほうから簡単に説明をさせていただきたいと思います。傍聴者の方にも前もってご理解をいただく上でそうしたいと思いますけれども、まず思えば今から約10年前に、小中学校のエアコン問題で毛呂山町では初めて百条委員会が設置されました。そのときの委員長は、現在町の監査委員であります、ここにおいでになる高橋議員であります。この議場にも当時の委員が私を含め4名ないし5名おいでになりますけれども、あの問題は、官製談合が疑われた事案であり、委員会では何名かの担当職員や業者が証人として招致されて、大変厳しい喚問が行われました。結果として、明快な答えを出すことができなかったわけでございますけれども、新聞紙上を揺るがすとともに、町民の間に大きな反響を呼んだ事件でありました。

  そして、あの事案を機会に、執行部はもちろん全職員、そして我々議会も襟を正そうという決意をしたはずであります。この今回の条例案のポイントは、2親等規制です。ちなみにこの2親等規制の第5条を読み上げたいと思いますけれども、第5条として、請負契約等の辞退という部分であります。

  議員が役員をし、もしくは実質的に経営に携わっている企業または議員の配偶者、もしくは2親等以内の親族が経営している企業は、地方自治法第92条の2の規定の趣旨に尊重し、町民に疑惑を持たれないよう、町等との請負契約等を辞退するよう努めなければならない。ただし、災害等特別な理由があるときはこの限りでない。この部分がこの条例のポイントであります。

  そして、現在まで多くの自治体で施行されて、今年5月には広島県府中市での訴訟事案においては、その妥当性を最高裁判所でも認めました。2親等規制のその必要性について最高裁判所は、議員が実質的に経営をしているのに、経営者を名目上2親等以内親族とするなど、自治法第92条の2の規制を潜脱するおそれ、また議員が2親等以内親族企業に特別の便宜を図るなどし、職務執行の公正さが害されるおそれが否定しがたい。また、そもそも2親等以内親族企業が当該自治体の工事等を受注することは、それ自体が議員の職務執行の公正さに対する町民の疑惑や不信を招くと断定しております。

  そして、その中で、該当する議員は、関係業者において町等との請負契約等を辞退するよう努めなければならない。また、その義務を課すものであり、その義務は議員本人の意思と努力のみで履行し得る性質のものである。そして、審査会の結果を公表されるという事実上の制約が生じることがあり得るが、これらは議員の地位を失わせるなどの法的な効果や強制力を有するものではないと認定しております。もちろん罰則規定は当然に規定しておりません。最高裁判所が明確にこの2親等規制について妥当との判断を下したわけであります。

  そんな中、本町に規制する条例が今のところ施行されておりません。法的な制約がないとはいえ、今回の最高裁の判決理由のうち、特に2親等規制の必要性について述べられている内容のことが、私の調査の結果では、委員会でも協議をいたしましたけれども、今本町に実態として継続されていることは、非常に残念であります。

  この場ではその具体的なことについては申し上げませんけれども、そして本条例は、議会に保障された自立権に基づいて、本会議で承認された議会運営委員会によって、約1年半、7回の委員会、4回の全員協議会、2回の先進地調査を経て、ようやく成案にこぎつけたものであります。そして、今、議長を除く9名の議員の賛成を得て提案している次第であります。

  以上のようなことから、この条例を速やかに制定をして、一日も早く議会の自立性を示し、町民の皆さんに胸を張って議会人としての職務執行の公正さを見せるべきであります。町民が信頼する議会、正論が通る議会のためにも必要であることを確信して提案しているものであります。

  どうぞ傍聴の皆さん初め皆さんご理解をいただきたいと思います。

  そして、そのことを申し上げて、ただいまの村田議員の質問にお答えしたいと思いますが、ただいまの村田議員の質問は3点だと思います。

  まず、パブリックコメントについて、2点目は、いわゆる商工会について話がありましたけれども、これはいわゆる議員が補助団体等への役員の話だと思います。就任の話だと思います。それから、3点目は、固有名詞が出ましたけれども、  氏の事柄について出ました。

  まず、パブリックコメントにつきまして、これまでもたびたび再三にわたって質問がありますけれども、この政治倫理条例は、自治法第96条第1項1号の議決権限並びに第112条の議会に与えられた議案提出権によって設けるものであります。すなわち一般条例、あるいは政策的な条例とは違って、議会の自立権に基づいた条例であることを考慮して、議会運営委員会での調査研究の議論の中で、パブリックコメントは実施しない、必要ないという結論に至ったわけであります。

  しかしながら、成立した暁には、例えば来年1月に発行予定の町議会だより等で速やかに、かつ丁寧に町民の皆さんに公表するというのが検討会の結論であります。

  続きまして、役員の補助団体のことについてでございますけれども、本条例案の第4条に、いわゆる政治倫理基準が掲げられております。議員として守るべき項目を掲げています。これは、ほかの自治体の条例もほぼ共通しております。しかし、毛呂山町は、それに加えて7項目政治倫理基準を設けております。その基準は、1つは、職務に関する不正の疑惑。2番目は、地位を利用し金品を授受しない。3番目は、特定企業や団体への働きかけをしない。4番目は、特定業者を推薦し紹介し、有利になるよう働きかけをしない。5番目は、職員採用への働きかけをしない。6番目が職員の職務執行の妨げや恫喝、強要などは行わない。最後に、他人の名誉を毀損する行為は行わない。この7項目が定められております。いわゆるこの中に、先ほども話がありましたけれども、毛呂山町の補助団体等の役員云々の役割の中には、この条例の1条で定められている地位を不正に行使し、自己や特定者の利益を図るなどというこれらの意味合いは、全て当てはまりません。したがって、この条例案には規定していないということであります。

  それから、商工会の会長様の話が出ましたけれども、それはこの議会には全く関係のない個別の方の名前を出していいのかどうかわかりませんけれども、それはこの政治倫理条例の審議の中で、全く別物だと私は思っております。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 再び質問をさせていただきます。

  その質問3項目の中の1、パブリックコメントをなぜしないのかということです。今、長瀬議員がおっしゃったこと、非常に大事なことで、議員だけが知っていればいいというものではない。役場関係の方だけがわかっていればよいというものではない。やっぱり町民の方々にしっかりと周知させておかなければ、違反行為とかそういったものが出てしまう危険性がある。普通に考えてそうだと私は思います。大事なものであるからこそ、丁寧な説明が必要だというふうに私は思います。

  それから、商工会の会長ということで、名前はこれは出したことについては、これは訂正をいたします。

  毛呂山町の商業、工業の経営者等は、そういった人たちが集まって、毛呂山町の発展のために、あるいは自己の会社の発展のためにいろいろと頑張ってくれているわけです。その役場との関係、役場に物を売ったりとか、役場というか、町と取引があったり、そういう人も店もいっぱいあるわけです。そういった方々がもしも議員と、さっきお話があったように2親等の中、あるいはそういった関連でもって、入札はできても遠慮しなければならないというそういうようなことがどんどん出てきた場合には、非常に町の経済活動にブレーキがかかるのではないかというふうに思うのです。そういうことも考えてみると、本当にこういう会の代表の方の意見とか、それから町民の方々の意見を十分に聴取して、時間をかけてこの条例を制定する。最終的にこういうものができると、そこのところまでいくときに、きちっとお互いに了解し合えるようにすることが大事ではないかというふうに思っています。

  立派な条例だというふうに思うし、それから議員として本当に自分自身を引き締めるというそういった面で非常にいい面を持っています。しかし、4条、5条、その辺のところでさっき申し上げましたように、難しいことがたくさん出てくるということを私たちも考えなければならない。このまま通してしまうことは、本当にいいことかというふうに考えておりました。これは、このままでは無理だと、これをさらに時間をかけていいものにして、そしてみんなが了解した上で条例としてつくると。

  やっぱりほかの町の条例を見ても、問題点はやはりあるわけです。完璧なものというのはないかもしれません。でも、毛呂山町、この後からつくったものですから、まだまだつくっていないところもありますけれども、余り外に出たときに指摘されて、恥ずかしい条例であるというふうに言われることはいいことではありません。だから、ここできちっとして、よりよいものができることを私は望んでいます。

  そんなことで、この条例をそのまま通過させるというか、それは私は賛成ではありません。

                 〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午後 3時31分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時38分)

                                              



△会議時間の延長



○宮寺征二議長 お諮りします。

  本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめ延長いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本日の会議時間は議事の都合によりあらかじめ延長します。

                                              



△発言の一部取り消し



○宮寺征二議長 村田議員から発言の申し出がありますので、特にこれを許します。

  村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 先ほど質問の中で申し上げました商工会の会長に  という名前を……

                 〔「固有名詞上げちゃだめだって」と呼ぶ者あり〕



◆5番(村田忠次郎議員) これを削除いたします。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 お諮りします。

  ただいま取り消しの申し出につきましては、許可することにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 異議なしと認めます。

  よって、村田議員からの発言の取り消しを許可することに決定しました。

  長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) 私もつい質問者の誘導につられまして固有名詞を出してしまいましたけれども、その点については取り消しを求めたいと思いますので、ひとつよろしくお願い申し上げます。



○宮寺征二議長 お諮りします。

  ただいま取り消しの申し出につきましては、長瀬議員からのご発言のとおり許可することにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、長瀬議員からの発言の取り消しを許可することに決定しました。

                 〔「議長、暫時休憩」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午後 3時40分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時43分)

                                              



○宮寺征二議長 ただいまの村田議員の発言については、会議録で訂正の上処理したいと思いますが、ご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 では、そのように処理させていただきます。

                                              



○宮寺征二議長 質疑を続行します。

  長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) それでは、村田議員の2回目のご質問にお答えしたいと思いますけれども、まずこの政治倫理条例、約1年半の期間をかけて調査研究をしてまいりましたけれども、その中で約1年村田議員は、その一員でございまして、ずっと賛成をしてきた方ですので、今の質問、私はちょっと驚いている次第でございます。

  それでは、パブリックコメントについて2回目の質問がありましたけれども、これにつきましては先ほどご答弁繰り返しになりますけれども、まずこの政治倫理条例というのは一般の条例と違うということ、先ほど申し上げたように、本条例は、地方公共団体の議会の内部的自立権に基づき自主規制としての性格を有しているということです。自立権というのは、議会がその市町村の執行機関から何らの干渉や関与を受けないで、みずからを規律する権限である。自立権は最大限尊重されているわけです。規制の制定等に倫理条例も入るわけです。そのことを最高裁判所は自立権に基づいていれば妥当だと、こういう判断をしているわけでございますので、問題ありません。

  したがって、10月28日の全員協議会で最終結論が出たとおり、パブリックコメントは特に必要なく、実施しないという結論に至ったわけであります。

  それから、商工会のことについてまた触れられましたけれども、これは先ほどお答えしたとおりでございます。特に固有名詞を出されておりますけれども、その出された方というのは、毛呂山町と政治的にも経済的にもいろんな意味で影響力のある方でございます。恐らくこういう議会で、まさに毛呂山町議会のこういう条例制定に介入しているかのような質問がされたことは不本意だと私は思います。それを申し上げて答弁といたします。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 本当に先ほども申し上げましたけれども、この条例の表のきれいな部分、きれいなというよりも、表現がよくないのですけれども、倫理条例という言葉を使っています。町民から信頼されるような議員になるということ、それが一番の目的ですけれども、そのためにいろんな規制があるわけです。それで見てもわかるように、そういうことが今まではあったのであろうと、ところが毛呂山町においては、そういうことは耳にしておりません。ですから、町民に相当に迷惑のかかること、そういったことがありながら、町民にお知らせをすることなく、また意見をいただくことなく進める必要は全くない。時間をかけてゆっくりでもいいのではないだろうかと、今ここでもってやらなくてはならないという意味は何なのだろうか、それを伺います。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) 今のご質問ですけれども、必要性ということでございましょうけれども、この目的の第1条をもう一度読ませていただきますけれども、この条例は、町政が町民の厳粛な信託によるものであることに基づき、その受託者である町議会議員が、町民全体の代表者として、誠実かつ公正に職務を遂行し、人格と倫理の向上に努めるとともに、その権限または地位による影響力を不正に行使して、自己または特定の者の利益を図ることのないよう必要な事項を定めることにより、議員の政治倫理の確立を図り、もって公正で民主的な町政に発展に寄与することを目的とすると、こういう目的であります。

  必要性についてということでございますけれども、これはいろいろ当然必要性があるわけですけれども、先ほど申し上げたように、現状として、これは数字をここで発表していいのかどかわかりませんけれども、極めてその最高裁の妥当性に反する状況が現実にあるわけです。それをやっぱりそのことを容認するわけにもいきませんし、そのことを我々は見過ごしているということは、議会全体の信頼が保てない、失われます。

  それと同時に、もうこの92条の2という自治法による議員の兼業の禁止では、もう最高裁でもそれだけではもうだめのだと、この2親等規制までが今の時代は必要だということを最高裁でも認めているわけです。したがって、そういうことも十分参考にしながら、1年半をかけて、村田議員にも参加していただいて、視察を2町、また全員協議会4回、あるいは議会運営委員会も7回も開いて、みんなの総意でまとめたものなのです。そういうことで、私は十分必要性があると思います。

  先ほど村田議員からこの条例がほかの町から見て恥ずかしい条例になってはいけない。もうまさに1年もかけて、村田議員も出席してきたわけですから、その言葉は少し、それは取り消していただきたいと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 弓田茂樹議員。



◆1番(弓田茂樹議員) 1番、弓田茂樹。発議第3号議案について質疑いたします。

  まず、1点目、ちょっとこれは読み方、国語のお話になってくるかもしれません。よく聞いていてください。まず、第5条3項であります。この中で、ちょっと読み上げます。第1項の規定に該当する議員関係者または議員関係企業がという文言があります。この議員関係者、そのあとまたは、この接続詞というのですか、またはということ、これはどういう接続詞であるというふうに読み取ればよいのかということをお聞きしたい。

  それと関連して、7条の1項になります。7条1項、議員は、第4条及び第5条とあります。この及びについての接続詞、これについてどう捉えればよいのか。これ例えばの話、4条及び5条という言い方は、国語的に、4条と5条をワンセット、具備しているという捉え方と私はちょっと考えるのですが、その辺の捉え方の考えを、この条例としてお聞かせください。

  3点目、7条1項、先ほどと同じです。ここにあります7条1項、議員は、第4条及び第5条の規定に反する疑いがあると認められる議員とあります。この疑いがある議員というのは、一体誰のことを指しているのかということを伺います。

  4点目です。同じく第7条1項、4条及び5条、私はこれから質疑する4条の意味はわかりました。5条、5条の規定に反する疑い、いわゆる5条の規定に反する疑いがある、この疑いとはどういった疑いというふうにこの条例は捉えているのか、それをお聞きします。

  次に、第9条に移ります。これは、審査会の職務といいまして、審査会の職域規定というふうに捉えますが、これは政治倫理の確立のため、付託を受けた事項について調査をする。審査会は調査する機関だとあります。例えば第5条の違反についての審査を例にとりますが、現在の現行法では議員本人のみの調査で済みます。しかしながら、この条例につきましては、2親等内の親族と、議員本人よりもちょっと拡大されております。この辺につきまして他法法律である個人情報保護法との関係、この辺はどのようにお考えになっておるのか。

  最後になります。本件条例議案の提出は、12月2日でありました。追加議案であります。提出者は、長瀬議員であります。さらに、本件賛成者のリストには、議会運営委員会の委員全員の名前が記載されています。6人全員の名前が記載されています。これぱっと見ると、これ私疑問に思うのです。この12月議会定例会の日程調整を行う議会運営委員会が11月25日にあったと聞いております。12月議会で審議する日程を決める、そういった会議です。その会議には、この提案者、長瀬議員は副委員長として在籍しております。提案をしたい提案者でありますから、当然その議会運営委員会の会議の中で、長瀬さんは上程希望されているはずです。しかし、その議会運営委員会の中で長瀬さんの上程希望が否決されたということになるのです。そうでなければ、当初の日程にこの政治倫理条例、この案は当然のってくるわけなのです。上程を議会運営委員会にされているのです。しかしながら、当初にのってこないとなりますと、議運の中で反対者がいたはずなのです、当初にのってこないから。そうなるとさらに疑問なのです。議運の際には、必ず反対者がいます。最低3名はいるはずです。6人ですから、半分となると3人、単純に言いますと、6人の中で半分、3人は最低反対をした委員がいらっしゃるはずです。その反対された委員のお名前は、先ほどの名前と同様、ここではお話はできないのでしょうか。

  以上、質疑させていただきます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) いろいろ質問がありましたので、ちょっと整理しながら答弁させていただきますけれども、まず5条の3項の議員関係者または議員関係企業、これはだから議員関係の親族、または議員関係の企業という意味だと私は思っております。

  それから、次は7条ですか。7条の4条及び第5条について、このとおりだと思います。4条と5条という意味でないかと私は解釈して、委員も皆さんこういう解釈だったと私は思います。

  それから、同じく7条の規定……4条及び5条に規定に反する疑いがあるのはどういうことかということですね。4条は、まさに政治倫理基準、5条については2親等規制です。それに疑いがあるときはという意味だと思います。

  それから、次に9条の調査、審査会は当然その審査請求があったものについて、当事者等も含めていろいろ資料についてそれは調査をする義務があります。その調査であります。

  それから、これはもうもちろん事実関係を調査するわけです。

  それから、次は何でしたか……

                 〔「個人情報保護法ですね」と呼ぶ者あり〕



◎12番(長瀬衛議員) 個人情報保護法とは私は別の問題だと思っております。

  それから、12月2日提出すると、追加議案との時間的な問題について、今いろいろ、ちょっと私、意味がよくわかりませんけれども、いずれにしてもこれまでもこういう議案については追加議案として、当初の議会運営で日程を決めた後、追加議案として上程されているのはこれまでも数々あったと思います。

  そこで、仮定の話として、反対者がいたとかいないとかと言えば、これは全員賛成でしたので、問題ありません。

  それから、調査研究の議会運営委員会とこの提案する発議の議員とは全く別の問題ですから、議会運営委員会として提案しているわけではありませんから、わずか14人しかいない議員ですから、それは当然のことだと私は思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 弓田茂樹議員。



◆1番(弓田茂樹議員) では、順次再質疑をさせていただきます。

  まず、1番目、5条3項に戻ります。このまたはという意味、これ長瀬議員も私もこれは同じ考えになります。1または2、例えばの話です。これは、1か2、orというやつですか、そういうふうにこれは認識をさせていただきます。そうなると、議員関係者か議員関係企業というふうにこれは読み取れるはずです。これ議員関係者とは、先ほどお話いただきました2親等以内の親族と、1親等も含めて2親等以内、それを議員関係者というふうに捉えられます。これは、長瀬議員も同じ考えです。そして、その後、議員関係企業というのも私と同じになりました。そういった方たちが経営している、関係している企業というふうに捉えます。これそうなると、議員関係者というのは、これ話ちょっととんちみたいになってしまうのですけれども、議員関係者というのは、配偶者もしくは2親等以内の親族というあくまでも個人のことを指しているはずなのです。議員関係者といったら2親等以内の親族とお話もらいました。個人です。または個人か議員関係企業が辞退をするときはというふうにこれ読み取れます。そうなると、議員関係者または議員関係企業の文言でいきますと、議員関係者イコール個人か議員関係企業、これは企業のことです。これ辞退をする。個人が企業の辞退をできるのかということです。またはとこの文言をここで使うと、そういうふうに読み取れるのです。そのことについて再答弁お願いします。

  7条1項、こちらはちょっと答弁曖昧だったものですから、4条、5条、4条及び5条とはそのままだというお話、私が聞きたかったのは、及びというのは、先ほどとはまた別です。先ほどはまたは、いわゆるor、かでしたね。この及びというのは、4条と5条、2つを具備したという意味に捉えられるのですが、そのことを私ちょっと質疑させていただいたはずなのですが、そのことを私は聞きたいのです。

  次に、先ほどちょっと私が質問した規定に反する……私は議員は誰のことからというふうに、規定に反する議員というのは誰のことなのだということをお話しさせてもらったのです。私は、4条についてはわかると、5条についての違反の疑いがある議員というのを誰だというふうに私先ほど聞いたのですが、それをお聞かせください。

  5条の規定に反する疑いとは具体的にどのようなものを指すのかということで、4条では倫理条例、5条では2親等規制違反と、これは私と一致しました。

  次に、9条の審査会の職務です。大変言葉のとんちになってくるので、もっと複雑になります。第7条1項、2項で、これ9条のことを言います。第7条1項、2項のことで、審査請求が議長へ上がってきます。その後、8条で審査委員会を議長は設置して、次の9条で、この9条で調査を行うように、そういう順番になっております。万が一、第7条でいう規定に反する疑いがあることへの信憑性が乏しい場合、いわゆる審査会を開いてくださいねと議長にお願いをした。それを受けた議長は、信憑性が乏しい場合であっても、8条では、議長は審査会を設置しなければならないと、これ強制をしてしまっているのです。受け取った自分は信憑性が乏しいな、でも議長は8条で審査会を設置しなければならないと、強制になっています。これ議長たまりません。自分はあいつ疑いはないのはもう明白なのだけれども、調査してくれというものが上がってきたら、議長は審査会を設置しなければならないのです。また、当然その後に続く第10条で、このような事案の審査委員に委嘱される方は、またさらにこれ当然大変でしょうね。拒否をするかもしれません。その辺についていかがでしょうか。この強制という意味です。

  続きまして、この名簿、議運の話です。議会運営委員会の中では全員賛成だったというふうにお話ありました。だったら、なぜそこで提案を12月議会にしようよと言わなかったのでしょうか。全員が賛成しているのですから、わざわざ12月2日に提出する必要性がなぜあったのか。冒頭に戻ります。これ議運のメンバー全員の署名があるのです。そのときに提出できたはずです。なぜ追加日程にする必要性、その必要性を再度質疑いたします。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) それでは、再質問にお答えしますけれども、まず議員関係者または議員関係企業というのは、ですからいろいろこの縛りの中には、物品納入から下請まで全て入っていますから、言ってみれば企業というか、要するに議員の関係する個人もいたり、議員の関係する企業もそれは当然あるのだと私は思います。

  それから、4条及び5条について、大分こだわっておられるようですけれども、これは4条、両方が対象ということであります。

  5条の規定に反する疑いがある議員とは誰かということでございますけれども、この規定のほうを見ていただければわかりますけれども、辞退届を出すときには、企業名の下に、関係議員がこの辞退届を出す義務を負うわけです。ですから、そういう意味ですから、誰かと言えば、その関係議員です。

  それから、今、審査会の問題についておっしゃっていましたけれども、この辞退届にあるように、それからまた次の審査請求の様式が載っているとおり、審査請求の対象となる議員の氏名だとか、あるいは審査請求の対象となる事由の該当状況、それから内容、その他資料、全部添付して、それを最終的に受け付ける議長が判断するというのは、これ当然のことではないですか。ですから、その議長の判断によって審査会の設置が決まるということです。請求があって、その確認ができた段階で審査会を設置ということです。

  それから、12月議会に提案したこと、2日に提案したことにこだわっておられますけれども、これはいろいろ別に特に意味はありませんけれども、事務局の準備だとかいろいろあると思うし、またこれは別に12月議会、きょう事実ここでかけたわけですから、12月議会に提案されたので、何が問題なのでしょうか。ちょっと私は理解できませんけれども。

  以上です。



○宮寺征二議長 弓田茂樹議員。



◆1番(弓田茂樹議員) 3回目の最後になります。

  5条3項、これについては個人企業、個人事業主の個人だというふうにちょっと捉えられていると思うのですが、またちょっと頭を柔軟にしてください。この議員関係者というのは、2親等以内の親族のことのみなのです。議員関係者という定義は。個人事業主や企業のことは一切触れていないのです。配偶者もしくは2親等以内の親族、以下この文言を議員関係者というふうになっているのです。ですから、私が言いたいのは、5条3項にいう、これは5条3項の規定というのは、先ほど言った議員を通じて辞退届を提出するという条項になります。辞退届を提出するのは個人ではなく企業なのです。個人が勝手に企業の辞退届を提出してはいけないのです。ですから、このまたはという、その前も、議員関係者またはという文言は、これは私は必要ないのではないかなというふうに、そういった意味で捉えておるのです。

  続きまして、どうも4条及び5条のこのポイントをちょっと私の質疑の意図が伝わっていないのもある、私が説明不足なのでしょうが、これ見ますと、読みます。7条、議員は、第4条及び第5条に規定に反する疑いがあると認められる議員があるときは、3人以上の議員の連署をもって、その代表者から議長に対し、審査請求をすることができるというふうになります。議員は、4条及び5条の規定に反する疑いということは、4条と5条の規定を両方違反しないとこの疑いがあると認められた議員というふうにはならないのです。及びという文言は。4条と5条、この2つです。そこを私は言いたいのです。

  続けます。では、4条と5条両方の規定に違反する議員は、議員があるときはと7条では言っています。4条は確かに議員の倫理規定とおっしゃいました。4条わかるのです。疑いがあると認められる議員はいるのです、4条に。しかし、これ5条は企業規定なのです。5条を全部読みましょうか。議員が役員をし、もしくは実質的に経営に携わっている企業または議員の配偶者もしくは2親等以内の親族が経営している企業はというふうになっています。5条は、どちらも企業に対して言っている文言です。議員については一切触れていないのです。ですから、4条及び5条に両方に違反する疑いがある議員というのはいないことになってしまうのです。この辺の整備はどういうふうに取り寄せられるのか、取り扱われるのか。私が特殊な考えを持っているのかはちょっと定かではないです。4条及び5条、この捉え方の問題だと思うのですが、その辺を再度、最後にもう一度だけ質疑させていただきます。

  先ほどの審査請求の手続の関係です。一応議長に上がってくるのは、審査をしていただきたいという議員3名とか、町民の方からも来るということです。これ個人情報の話を一番最初にしましたが、2親等以内の親族とは、当然これ姻族も適用というふうに私は承知しております。議員2親等の姻族というと、当然町外もあります、県外にも住所地としている方もいらっしゃいます。この、姻族というのは関係ないというちょっと声が聞こえたので、これ親族という言い方、これは6親等内の血族と3親等内の姻族というふうに、それを総称して親族という言い方をするのです。それを2親等内に、そういった意味から言うと、2親等内に狭めた親族というとり方ということになります。

  戻ります。2親等内というと、町内、県外におられる方もいます。先ほど言った審査請求をしていただきたい方は、全部書類を整えてくるというふうに、議長に提出してくるとおっしゃいました。当然です。添付書類が具備されていなければ受領はできません。その後には、議長は、それを信憑性があるかどうかを審議するというのは、この条例の文言にはないですが、それはさておき、一般の方、町民の方が署名集めれば議長に提出することができます。なおかつ全部資料を添付しなければなりません。2親等というと、姻族を含まれると先ほど言いました。一般の町民が県外の方の戸籍等を取り寄せるというのは、まずできないです。疑いがあった人を追いかけようとしても、追跡をしようとしても、全部添付はできないのです。戸籍謄本なんかは個人では、赤の他人などとれませんから、ですから個人では審議できない。ましてや全部添付をして議長には提出できないということになるのです。

  さらには、議長、審議会で審査をしたとき、例えばもし何ら問題、疑いがなかったといった場合には、これ審査会は当然公用か何かで戸籍をとっているのでしょうね。ただ、とられた方、何もなかったという決断をされたとき、何で私は疑われたのだということもあり得るわけなのです。これは、間違いでは済まされないです。この辺の個人情報の考え方、全部添付されなければ審査会には受け付けられないということ、どういうふうにこれは、議長は受け付けるでしょうか。ついていないから受けられない、こう言うしかなくなってしまうのです。この辺の条例上の法整備が少し気になっております。ここをひとつ答弁をお願いします。

  最後です。なかなかこれは言葉の遊びみたいになってしまうのです。これ難しいのです。しかしながら、条例というのはしっかりと一言一句審議をしなければなりません。ご了承ください。

  最後にします。先ほどの議会運営委員会の話になります。これは、いわゆるどうしてもこういう手法、2日の日に追加として提出をされますと、この案件については新規、新しく制定しようという条例案なのです。条例とはいやしくもそれによって町民は大なり小なり制約を受けるわけなのです。我々議会人は、町民への説明責任もあるわけなのです。町民の皆様がこの発議を見たときに、誰もが私と同じ考えを持つのです。そのために質問せざるを得ないのです。

  最後に、特にその議会運営委員会で、では全員一致で賛成したのだから、ではこの12月で上げようよという話にはならなかったのでしょうか。

  以上です。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) いろいろ解釈の問題だと思いますけれども、いずれにしてもこの条例案は、私たちは言ってみれば法律的にはそんなに詳しいものが集まったわけではありませんけれども、これは例規集を見ても、議会提出の条例案については、事務局がそれにかかわり合うのだということが出ていますけれども、事務局とともに、まずほかの自治体の条例案を参考にいろいろさせていただいた。それから、もちろん顧問弁護士にも2回ほど意見を聞いた。最後には、これはいろいろ字句や文言の整理を役場の担当の方にもお願いしたと、こういうことをまず申し伝えたいと思います。

  それで、4条及び5条、これは私は文法上は別に問題ないと思います。4条……ほかの自治体でもこういう表現をしているわけですから、これは別に一切問題ないと思います。

  それから、2親等以内に姻族という話がありましたけれども、確かに広島県府中市、この間最高裁の上告されていましたけれども、この広島県ではあえて姻族ということは言葉を条例に含まれていますけれども、これは我々は姻族は含まないと、姻族というのは配偶者側の親族のことです。それは省いてあります。いわゆる一般的な2親等以内ということで、それはもう明確にうたっております。

  それから、いろいろ2日に上程されたのはなぜかというようなことを執拗な質問がありますけれども、ここでそのチェックする期間がなかったのではないかというような意味だと思いますけれども、それはもう10月28日に全員協議会のときに、時間をかけて成案を皆さんにもちろんしてあるし、それはもう十分その前にも4回も全員協議会開いているのですから、それは十分説明時間は確保できていたのだと私は思います。ともかくこれは日程上の問題で、2日に上程したことについて何ら意味はありません。

  それから、パブリックについて、またちょっと今話があったようですけれども、これはもう先ほどのご答弁のとおり、町民の責務ということをおっしゃっているのだと思いますけれども、条例の第3条を読ませていただきますと、町民は、みずからが町政の主権者として公共の利益を実現する自覚を持ち、議員に対しその権限または地位による影響力を不正に行使させるような働きかけを行ってはならないと、これは当然のことでありまして、この3条の今の条文の中に、町民を何か規制するようなことはどこにも書いていないのです。これは、先ほどから申し上げているように、この本条例の趣旨は、議員の地位や議員の影響力を利用して、いわゆる地位利用を住民が不正に行使させるような働きかけを行ってはならないとする条文でありますので、これは民法90条の公序良俗の観点からも、私は委員会の結論として必要ないと判断した、このとおりだと思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) では、発議第3号の政治倫理条例について質疑させていただきます。

  まず、今、弓田議員の質疑の中で、忘れないうちにまずしておかなければいけないのですが、今長瀬議員は、4条及び5条については、どうでもいいのではないかと言っていますが、この4条及び5条というのは、もう一度お聞きしますが、どういうことなのか。

  それから、11月25日に議会運営委員会が開かれて、そこでは先ほどの、私が聞き間違ったどうかは知らないのですが、全員賛成だったと答弁していたような気がするのですが、それは間違いないのかどうか。

  また、この中では、どの委員からもパブリックコメントをしろとかそういう話はなかったのか。それから、委員会審査をしろというのはなかったのか。

  それから、先ほど弓田議員もおっしゃっていましたが、議会運営委員会の全員が賛成者なのです。提出者が長瀬さん、全員が賛成しているのです。普通こういう場合は、まして委員会なんかやりたくないというのであれば、委員会提出にすべきなのです。委員会提出であれば、委員会なんかに付託しなくていいのです。それなのになぜ全員が賛成しているのに、委員長の名前の委員会提出の議案でないのかというのが不思議でならないのです。その辺についてお伺いします。

  それから、先ほど町の顧問弁護士、関口弁護士にも2回ほど聞いたというのですが、どうもこの議事録なんかを読んで見ると、直接面談して話ししていないのです。ファクスのやりとりなのです。そういうやりとりで弁護士の話を聞いたなんていうのは大丈夫なのでしょうか。やっぱりこれは、条例とはいえ町の法律になるのですから、やはりどこか間違いがないか丁寧に、まして町の顧問弁護士である法律の専門家に徹底的に尋ねて、間違いがないようにするのが町の条例ではないですか。その辺はどうして、何か議事録を見ると、関口弁護士に時間をとってもらってもう一度話を聞くべきだということは、全員賛成しているのです。それが行われないで、ファクスのやりとりで終わりにしてしまっている。そして、この間の全協でも3回目はなぜしなかったのかと言ったら、2回やったからいいではないかというのですが、何で3回しなかったのか、その辺をお聞きしたい。

  それから、この倫理条例は、議事録にもあるのですが、桐生市のものをそのまま持ってきてしまっているのです。桐生市の政治倫理条例をそっくり持ってきてしまっているのです。群馬県の桐生市です。この近くのあれであれば、似ているのかなとも思いますが、桐生市のを全部持ってきてしまっている。桐生市の市というところを町に変えてしまっているのです。何でこういうことが十分審議したと言えるのかどうか。

  それから、桐生市のものには4条の2項のところに、補助団体の代表を辞任しなければならないというのがあるのです。それがそこのところだけ毛呂山町のこの政治倫理条例は外してしまってあるのです。その理由についてもお伺いしたい。

  それから、6月17日の議会運営委員会のテープを聞きました。そうすると、この桐生市の政治倫理条例ですから、これと同じなのですね、一番最後のものと。つまり、5条のところで、町民に疑惑を持たれないよう町等との契約等を辞退するよう努めなければならないとなっているのですが、6月17日のときは、長瀬議員は、これではだめだと、もっと強いものにしなければだめだと言っているのです。そして、議会事務局長は、「私にはできませんよ。議員さんにやってもらう以外ないですよ」ということで、強い調子になってしまっているのですよ、これが強制になってしまっているのです。それがどうして途中で変わってきているのか。

  それから、もう少し今度は条例のほうへ行きます。自分で質問していてどこまで質問したかわからなくなってしまった。では、第4条の3、この最後の部分に、補助金等の交付の決定に関し、特定の企業、団体等のために有利となるような働きかけをしないこととあるのですが、この団体とはどういう意味なのでしょうか。ちょっとその、特定の企業というのならわかります。特定の団体、この団体というのはどういう意味なのかお伺いします。

  それから、広島市の府中市の最高裁の裁判例を出して、これは違憲ではないというふうに言っていますが、まだこの判決は出ていないのです。高等裁判所に差し戻しになって、その最後の部分を見ると、その他の違法事由の有無について、さらに審理を尽くさせるため、上記の部分について高裁に差し戻すと、だからまだどこか法律的に問題点があるのではないかということで高等裁判所へ差し戻しているので、結論が出ているわけではないのです。

  それから、この5条では、契約を辞退するよう努めなければならないのは、全部企業なのです。92条の2は、この間一般質問でもしましたが、議員の資格の問題なのです。92条の2の兼業の禁止にひっかかった場合は、議員がやめなければいけないのです。企業は、そういう92条の2にひっかかった契約でも、契約については司法上有効と言っているのです。これは最高裁のところでも言っています。契約については司法上有効だって言っているのです。それなのになぜ企業に契約を辞退するよう努めなければならないというのですが、この努めなければならないというのはどういう意味なのでしょうか。

  それから、余り長くなると、もう最後にします。先ほど補正予算のところで260万円でしたか、1位と2位の差がありました。だから、一番下の落札した人が辞退した場合、260万高い買い物を町はしなければならないのです。そうなっています。地方自治体は、最少の経費で最大の効果を求めているわけです。そうすると、一番下の企業が辞退した場合、町は高い買い物をする。つまり、地方自治法の234条とはどのような関係なのかお伺いします。まして町では、地元の企業を支援したり養成したり、自主財源に努めなければならないというのは、どこの自治体でも言う話だと思うのですが、その辺についてお伺いします。

  それから、最後にもう一度、さっきの4条と5条なのですが、5条に議員が違反するというのはどういうことなのでしょうか。

  以上です。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) 大分多かったので、ちょっと漏れたらまた後で言っていただければいいと思いますけれども、4条及び5条というのは、これは先ほどから申し上げているように、他の自治体の条例見てもこういう表現でありますので、私たちは4条並びに5条というような、解釈的にはそうしております。これは、ここで私は問題にされても困る話ですけれども、これは4条も5条も対象だという意味です。

  それから、12月2日の議会運営委員会でこの条例に全員が賛成したかということ、これは全会一致です。

  それから、パブリックについては意見はなかったかでございます。これも繰り返しになりますけれども、その前の28日の全員協議会で、最終的にパブリックコメントはやらないということで、そのとおり議会運営委員会でも全員一致です。

  それから、委員会審査についても、これはもう繰り返しになりますけれども、実施しないと、これは理由は後にしても、そういうことでございます。

  それから、議員全員が賛成したかということでございますけれども、これは繰り返しになりますけれども、この条例の趣旨からいって、これは議員みずからが自立的の権限によって、議会に与えられた自立権によって、みずから襟を正すという極めて建設的な条例でありますから、反対する人は、私は今のところ調査研究の過程では一人もおりませんでした。私は、当然だと思っております。

  それから、全協でも議運で上程しない、これはどういう意味でしたかね。今の答えでいいのかどうか、これはそういうことにします。

  それから、弁護士とのファクスのやりとり、これは私はファクスで十分だと思いますし、最終決定するまでに顧問弁護士には2回ほど見ていただいております。それは当然ファクスです。これは、私たちが職員を通じて問い合わせをしていまして、弁護士からの事務連絡、この弁護士も事務連絡という形です。事務連絡の内容でいただきましたけれども、これはもう当然議会運営委員会の調査研究の過程では、十分に審議、参考にさせていただきました。

  これは、町長部局が提案するいわゆる新規条例と同じようなご意見のようでございますけれども、町長部局で町民に例えば大きな規制をかけるような条例であっても、私は顧問弁護士に一々見ていただいているのかどうか、そういうことはちょっと聞いたことはありませんけれども、政治倫理条例が既に施行されている三芳町や他の自治体を確認しても、弁護士に確認をお願いしたということはないようでございますので、これもそういうことも踏まえて、委員の皆さんがそういうことを念頭に全員で賛成ということでございます。

  3回目をなぜやらなかったということは、今のとおり2回の、特に2回目の弁護士さんの見解は、私たちの考えているとおりで、それで我々はいいのだと思います。それ以上の問い合わせする必要はないと思います。

  それから、桐生市のことをおっしゃっていますけれども、私たちは特に桐生市の条例を意識して調査したつもりは全くありません。それは、どこの町の条例もほぼ似たり寄ったりの表現の仕方です。ですから、それはもう桐生市のをそのまま持ってきたかということを言いますけれども、それは全く意識しているわけではありません。

  それから、補助団体の代表就任について外した理由、これについても先ほどもご答弁しましたけれども、例えば私がいろいろホームページで今全部チェックできますけれども、無作為で二十幾つの自治体の条例をチェックしましたけれども、その中で、この補助団体の役員就任についてを規制化しているのは、たしか2つでした。圧倒的にその補助団体についての規制は条文化しておりません。ですから、そのことも参考にしながら、我々は決めたということでございます。

  それから、辞退するようにしなければならない。これを私がもっと強いものにしろとかと言ったという話がありますけれども、これはいずれにしても調査研究のときの議論の中ですけれども、これも例えばほかの自治体ではもっと強い表現がいろいろあるのです。ただ、全員協議会で弓田議員から指摘がありましたので、ではそれは指摘どおり、ほかの自治体にもあるように、辞退するように努めなければならないと、少し緩和したやわらかい表現にしようではないかということで決まったわけで、これも別に特に問題はないと私は思っております。ほかの自治体では、もっと強く辞退について契約をしないとか、もう極めて断定的な表現しているところも数多くあります。

  それから、4条の3の団体とはということですけれども、これはいろいろ営利団体、非営利団体があると思いますけれども、これも町と関係する営利団体、それから非営利団体等、それは例えば町が出資しているとか、あるいは町の規則で運営しているとかいろいろあると思いますけれども、それらについては具体的にどうこうとありません。これも、こういう点についてはもちろん調査請求があったときに、委員会の中で話し合って検討する必要はあろうかと思いますけれども、今のところ検討会の中でまとめたのは、町に関係する法人としては、町が出資している法人団体ということになっております。

  それから、高橋議員、ちょっと今驚いたのですが、これだけ必要に集会まで開いて、全町民にチラシをまいて、この条例のポイントは2親等規制であるのにパブリックだとかなんとかということをやっているにしては、広島市のその最高裁に上告をして、最高裁が広島高裁に差し戻しました。その後、結審されたの知らないのですか。

                 〔「知らないです」と呼ぶ者あり〕



◎12番(長瀬衛議員) それ知らないで質問されても困りますけれども、これは先月の11月12日に、いいですか、市議会議員の親族が経営する会社との公共工事契約を制限した条例は、憲法違反だとして元市議が損害賠償を求めている裁判の差し戻し控訴審で、広島高裁は一審判決を支持し、元市議の控訴を棄却しました。この裁判は、市議の2親等以内の親族が経営する会社は、市が発注する工事を請け負ってはならないとする趣旨の政治倫理条例に違反したとして、市議会から辞職勧告決議を受けた松坂万三郎元市議が条例は違憲だとして市に損害賠償を求めていたものです。1審の広島地裁は請求を退けましたが、2審の広島高裁は違憲と認め、市側に33万円の支払い命令を命じる判決を下していました。その後、最高裁は、条例は合憲と判断し、審理を広島高裁に差し戻していました。差し戻し控訴審では、合憲性は争われず、きょうの判決で、11月12日ですけれども、川谷道郎裁判長は、条例の目的は議員の職務執行の公正を確保するために正当なものだとして、控訴を棄却しております。結審したわけでございます。よろしくお願いしたいと思います。

  それから、辞退しなければならないのは企業、これはちょっと意味がわかりませんけれども、これは5条の第1項の条文のとおりであります。

  それから、最高裁の見解を努めなければならないとは、これはどういう意味でしたかね。ちょっとこれは後でもう一回聞きます。

  それから、きょう午前中高橋議員が質問されていましたけれども、いわゆるこの間のチラシでも書いてありました。要は低い価格で受注しているいわゆる関係企業であるのだから、それを排除することは町の不利益につながるのだと、私はこういう考え方だと思います。それは、この条例は政治倫理を問う条例なのです。全く土俵が違う話でありますけれども、これ言っていいかどうかわかりませんが、私も先ほどの最初の説明で申し上げましたけれども、今の毛呂山町の現状の中に、その最高裁でいわゆる問題ありという指摘をされた状況があるわけです。調べてみますと、例えば数多くの指名入札の中で、落札率も決してその方たちが低いわけではないのです。数字はちょっとここでは発表しませんけれども、ですからそれはちょっとかなり私は無理にねじ曲げた議論だと思います。したがって、政治倫理条例とその話は別だということを申し上げたいと思います。

  それから、5条で議員が違反するとはどういうことか、これはもちろん議員が実質的に経営する場合は、これは条例の5条に違反する部分に入ります。もう一つ言えば、議員の関係企業について、その実態があるときは辞退届を提出するように努めなければならないという努力目標があるわけです。そういう意味で、私はその表現だと思います。

  ちょっと先ほどの最高裁の見解のところ、ちょっとわかりませんけれども、もう一度ご質問いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) では、3回目、最後です。

  今、最高裁の見解がわからないと言っているのですが……

                 〔「議長、議事進行」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 だから、高橋議員を指したでしょう。

                 〔「議事進行」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 何が進行なのですか。

                 〔「私を指してくれ」「そうだよ、議事進行と言ったらそっ

                   ち指すんだよ」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 だって、高橋議員が質問している最中ですよ、まだ。

                 〔「動議と同じなんだから」「その前に、議事進行と」と呼

                   ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午後 4時52分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 5時16分)

                                              



○宮寺征二議長 質疑を続行します。

  高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 先ほど2度目の質問がわからないというので、私も恐らくこのことを聞いたのに答えていないのだと思うのですが、最高裁の判例で、2親等内企業の上記の契約をした場合でも、当該契約が司法上無効となるものではないというのは、これは最高裁の判例なのです。つまり、企業に辞退をするように努めなければならないといっても、それはできない話なの、できない話を5条にのせているから、この条例は欠陥があるのではないかと言ったのです。そこのところわかりました。いいですか、そこのところは。いいですか、では。それ答えるのだろう。それで、もう一回3回目でしょう。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) 2親等規制の要するに議員にその辞退届を提出するように義務づけるのみの条例だという話だと思いますけれども、これは最高裁判所の判決理由の中の言葉ですから、私がつくった言葉ではありませんけれども、こういうことになっています。2親等規制の効果についてですけれども、「本条例は、議員に対して2親等以内親族企業の辞退届を提出するよう努める義務を課すにとどまり、辞退届の実際の提出まで義務づけるものではないから、その義務は議員本人の意思と努力のみで履行し得る性質のものである。議員がこのような義務を履行しなかった場合は、条例による所定の手続を経て……」、これは府中市の場合は、条例の中に警告や辞職勧告までの条文がありました。ですから、これが入っていますけれども、「所定の手続を経て、警告や辞職勧告等の措置を受け、審査会の審査結果を公表されることによって、議員の政治的立場への影響を通じて、議員活動の自由についても事実上の制約を生じることがあり得るが、これらは議員の地位を失わせるなどの法的な効果や強制力を有するものではない」と断定しております。これの裏づけとして、やっぱり罰則規定がないということだと私は思っておりますけれども、いずれにしても最高裁の、日本の最高の司法の場の認定ですから、これ以上でもこれ以下でもないと思います。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) では、最後になります。

  まず、では今のところからいきます。府中市の政治倫理条例と毛呂山町の政治倫理条例は違っているのです。府中市の場合は、企業が辞退するようにもっと強く言っているのだと思う、辞退しなければならないと言っているのです。だから、辞退しなければならないのかというと、そこのところでひっかかっているのではないのです。その後に、議員が責任を持って辞退するよう努めなければならないというところで裁判になっているのです。だから、幾ら強い言葉で言ったからといって、企業に契約を辞退させるということはできないのです。そういうこと、そこの見解が違うと思う。

  それから、先ほどから言っている及びの話、4条及び5条、どっちでもいいではないかと言うけれども、それは違います。4条及び5条というのは、あれちょっとさっきの、これか、ここにもあります。11条に、審査会に委員長及び副委員長を置くという意味です。だから、委員長だけ置くというのではないのです。委員長または副委員長を置くというのではなくて、委員長と副委員長を置くと言っているのです。だから、4条と5条をというのは、4条と5条に両方に違反した場合というのです。そんなことはあり得ないというのです。だから、欠陥だっていうのです。だから、そういうところをもっと精査して、要は委員会等でもっと精査したほうがいいのではないか、こんな急いでやる必要はないのではないかというのが私たちが言っているわけで、この条例が全部間違っているとは言っているのではないのです。至るところに欠陥がある。これは、長瀬議員がいて、これはこういうふうにしたのだと提案者は言うけれども、永久にいるわけではなくて、この条例は永久に残るわけです。

  それで、先ほどの団体のところでも何か特殊な団体のようなことを言うけれども、団体と言われたら子ども会もあります、やぶさめ保存会もあります、そういうふうにも読めるのではないですか。そういうものに対して補助金をくれとか補助金をふやせとかというのは、議会の一般質問では言っているのがどんどん出ますよ。そういうことに対して3人の議員がこれがおかしいと言ったらば、審査会ができてしまうのです。確かに議会運営委員会の審査の中で、ある議員が「有利になるのはいけないのだけれども、不利なようにするのは大丈夫なんだね」と言っているのですけれども、確かにそうなのです。不利にさせるには何の罰則もないのです。だから、こういうところも欠陥がある。

  それから、11月25日、全員賛成なのですかと私は聞いているのですが、そうだと言っているのだけれども、これは長瀬さんの記憶違いだと思います。我々はテープ聞いているのだから、そこのところには、要は11月25日の議会運営委員会で、この条例については一言も話し合っていないのです。だから、それは聞こえていないのだ。だけれども、最後のところだけが残っているのです。それを読んでみると、「政治倫理条例について、今の話でいくと、私としては極めて不満足です」と、だから誰かが反対していたのです。賛成していれば満足ですと言うでしょう。不満足ですと言っているのだから、全員賛成ではなかった。全員賛成なら満足ですよ。「やっぱり決めることは決めなくてはいけないと思うし、大事な問題でもあるし、いろいろ研修も行ってきたわけですから」と言って、ずっと来ているわけです。委員長も「全員協議会までにはきちっと納得できるような説明をひとつ考えてきていただきたい」というふうに言っているのです。これは、だから長瀬さんの記憶違いだと指摘します。

  いろいろ言いますが、結局、少し急ぎ過ぎているのではないか、もう少し、別にだって、この議会で決めてしまわなければいけないこと、重要な問題ではないわけです。もう少し委員会でもやって、しっかり審議して、間違いのないものをつくったほうがいいと思う。

  そして、要は、さっきの企業の場合も、企業に辞退しろと言ったときに、企業のほうから損害賠償の請求が当然来るよ。そのときの責任者は町長になるのです。町長が訴訟の相手になってしまいます。そういう困ったことがあるから、もう少し精査してやったほうがいいのではないのですかというのが私の意見です。長くなるからこれで終わりにします。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◎12番(長瀬衛議員) それでは、高橋議員の最後の質問にお答えしますけれども、まず府中市の条例が毛呂山町は多少厳しく表現しているのではないかという話ですけれども、それは確かに先ほど申し上げましたけれども、ほかの自治体でも表現が多少違いますけれども、多少の違いはあったとしても、府中市の場合でも最高裁の判定のとおり、幾らきつく表現したとしても、基本的には罰則規定がないということで、義務を課すにとどまるのだと、あとは議員の意思と努力なのだということでございます。ですから、これは別に問題ないと思います。

  それから、子ども会ややぶさめについて触れられましたけれども、これらについて私たちは、補助団体については先ほど申し上げましたように、政治倫理基準の7つの項目の中にはどこも当てはまるところはないという、要するに不正ではないのだと、補助団体のやっていることについて不正をしているとかではなくて、補助団体というのはいろんな形でボランティア等も含めてやられているわけですから、これはこの条例の中には、ほかの市町村でも約9割近くの条例がここに盛り込んでいないということも踏まえて、この条例には入っていないということでございます。

  それから、10月28日の議運で不満足という何かテープに入っていたという話がありましたけれども、これはちょっと私は意外で、これは何かの間違いだと思うのです。全員が一致して全会一致で、極めて速やかに賛成でありました。

  それから、急ぎ過ぎてはいないかということ、これはもう見解の相違だと思いますけれども、県内でも約30%の自治体が条例を制定して施行しておりますし、全国でも数多くあります。これが30%が多いか少ないかは、それは考え方の違いでしょうけれども、もう毛呂山町で十分これは今の段階で進めて当然だと思います。

  それから、町長が責任者になるのではないかということについてですけれども、これにつきましては、高橋議員も監査委員しているのですからご存じだと思いますけれども、議会というものは二元代表制の一翼を担っているわけでございまして、地方自治法第96条の中に議決権限が定められております。議会の権能について制限列挙されておりまして、条例だとかいろいろ列挙されておりますけれども、その中に条例の発案権が議会にありまして、これは町と議会両方にあるわけです。そして、その議決は議会の意思であり、団体意思の決定である以上、その責めは長に帰属することは当然であります。したがって、代表者である町長が被告になることは、仮に訴訟があった場合、広島県の例を見ても法律上やむを得ないものと理解しております。

  私は、念のために府中市の事務局にこの間電話しました。高橋さんから全員協議会でこういう質問がありましたものですから、ちょっと不安になりまして電話しました。念のために聞いたところ、2審の賠償命令に対して市長が最高裁に上告しましたねと、ついて条例作成過程では市側と議会が条項などについて協議したのですかと聞きましたところ、その必要はないので一切行っておりませんということでした。また、それはどうしてなのですかと聞いたところ、これは先ほどからご説明しているとおり、議員発議であろうといかなる条例も市の条例であって、市が上告するのは当たり前のことであると、こういうお答えでしたので、改めて先ほどのご答弁のとおりであると私は思います。

  これを最終的に首長がこの条例に対して何か重大な瑕疵があるということを認めることがもしあるとすれば、これは自治法176条に従って再議という方法もありますので、そのことについてはお伝えしておきたいと思います。

  それから、先ほどの答弁、ちょっと訂正させていただきますけれども、先ほど来、弓田議員や高橋議員から12月2日になぜ上程したのだという話がありまして、ちょっと私も勘違いしておりまして、ちょっと調べましたところ、発議というのは、議会が開会されないと上程できないということなので、その議会規則に従ったまででありまして、ましてやまた賛成議員の署名もいただかなければなりませんので、12月2日になったと、こういうことであります。

  それから、最後ですから、ちょっと申し上げておきたいところが1つあります。それは、全員協議会やそれからこの間、高橋議員を初め3名の方々が全町にチラシをまいて、また反対集会も開いたようでございます。そのチラシの中に、私が聞き捨てならないことが載っておりました。自治会長、区長が灰色だと、こういう話がありました。顧問弁護士に問い合わせしたのだと、顧問弁護士が、議員職の区長就任は灰色の見解を示したということがありました。実は私の知り合いが、毛呂山台の方ですけれども、そのことを大変心配をして、埼玉県企画財政部市町村課行政担当に問い合わせをしていただきました。メールをいただいて、そのメールの原文を私は持っていますけれども、その県の担当課のお答えは、自治会や町内会と呼ばれる任意団体の会長職は、地方公共団体の常勤職員や短時間勤務職員の地位に当たらず、したがって地方公共団体の議会の議員となった者が自治会長の職についても、地方自治法第92条2項の制限されている兼職に当たらず、当該議員としての地位を失わせるものではありませんということです。

  弁護士の事務連絡をこの間いただいて見ましたら、「地方自治法92条の2項の兼業禁止に抵触するのではないかと思います。したがって、県などにも確認されたほうがよいと思います」ということを書いています。まことに無責任きわまる弁護士の見解だと私は思います。極めて遺憾です。

  なお、これまで数多くの議員職の区長さんが私の知る限りでも今まで何人もいました。それを委嘱し続けてきた町の当局が灰色などと認定するはずはないと私は思いますけれども、もしそういうことがあるのだとすれば、ふざけるなと言いたいと思います。ですから、この際ですから申し上げますけれども、高橋議員も議会の監査委員ですから、ふさわしい行動を切にお願いしたいと申し上げたいと思います。

  それから、固有名詞は避けますけれども、こうやってこの政治倫理条例をいろいろ議論してきましたけれども、先ほどから申し上げていますけれども、この町にも今現状として、この最高裁判所のいわゆる判決の認定に該当する状況が今あるということを私は大変残念だと思っているのです。しかも、町から指名を受けて、多くの落札をして、大変大きな金額を受注している、それは今条例を制定されておりませんから、決して別にそのことについては、今のところ私は違法だと申し上げませんけれども、今こうやって全国で条例をつくって、最高裁でもきちっとした判例が出ているのですから、これはもっと前向きに、むしろそういう該当する、思い当たる方がおいでになるのであれば、積極的にこの条例に賛成してもらいたいと私は思っておりましたけれども、どうもいかにも残念なことです。

  そういうことを申し上げて、ぜひひとつ議員の皆さん方には、この条例は、町民に対して議員の職務執行の公正さを町民に示して、町民の信頼を得るための条例なのです。ぜひひとつ皆さん全員の賛成でこの条例をひとつ可決していただきたいと、最後に提案者として申し上げて答弁といたします。



○宮寺征二議長 これにて質疑を終結します。

  お諮りします。ただいま議題となっております発議第3号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議あり」「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 高橋議員。



◆11番(高橋達夫議員) 委員会付託を省略するというのには異議がありますので、省略のところがありますよね、37条の3項かな。これにはちゃんと議決をしろと書いてあるのです。ちゃんと議決をとって判断してください。



○宮寺征二議長 ご異議がありますので、起立により採決いたします。

  発議第3号については、委員会の付託を省略することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、発議第3号については委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  弓田茂樹議員。



◆1番(弓田茂樹議員) 1番、弓田茂樹。発議第3号の議案について、反対の立場より討論いたします。

  本件の毛呂山町議会議員政治倫理条例は、議員として町民に対し公正中立、公平無私の立場で、議員活動を行うことを文章を条例化し、町民より我々議員を審査していただく基本となるものと私は考えます。この条例は、議員と町民がともに公正中立、公平無私の立場で作成、制定をしなければならない条例であり、町民に対しパブリックコメントを行わず、議案に付された経緯は、本件条例としての意義が十分満たされているとは言えず、さらには本件条例は、大なり小なりの修正が必要である。以上の理由により本件条例制定に反対をいたします。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 岡野勉議員。



◆9番(岡野勉議員) では、発議第3号に賛成の立場から討論を行います。

  毛呂山町議会としては、初めての議会発議条例となります。毛呂山町議会議員政治倫理条例案に対しまして賛成の討論をいたします。

  昨今、国政はもとより地方議会において、政治不信や腐敗といった言葉がマスコミを通じ連日のように叫ばれており、対して政治家、政治の場が一向に国民の信頼を得るための方策が見出せない状況にあります。何とかこの状況を正常化し、真の政治に対する信頼回復を望むところであります。

  そのためには政治家みずからが品格を持ち、自主自立を旨とし、いかなる場合においても清廉潔白で透明性を堅持しなければなりません。

  さらに、我々は、町が発注する公共工事等契約に関しても限りなく透明性を担保しなければならない立場にあります。私たちここに名を連ねた賛同者は、このことを真に危惧しているものであります。

  この倫理条例は、昨年9月20日の本会議において、議会運営委員会に閉会中の所掌事務調査として付託された案件であります。議会運営委員会の調査研究活動として今日に至るまで、約1年半の歳月をかけて、先進地の2回の視察を初め議会運営委員会も7回開催し、さらに議会全員協議会でも4回、議員全員に対し説明を行ってきたところでございます。約1年半の議会運営委員会においては、毎回全員の委員の出席をいただきながら、慎重に審議し、最高裁判例や顧問弁護士の意見などを参考としつつ、加えて全員協議会の議員の意見を聴取し、日々研さんを重ね、条例の作成に至ったわけであります。どうかこれらの状況をご理解いただき、速やかなるご議決を賜りますようお願い申し上げ、以上をもって発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例案の賛成討論といたします。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 発議第3号について反対討論を行います。

  毛呂山町議会議員政治倫理条例は、第3条に町民の責務を求めるなど、町民の権利にかかわる重要な条例です。にもかかわらず、議員の要望であるパブリックコメントは行わず、議会の日程的にも委員会付託ができないよう急遽最終日に追加議案として提案するという手段を使い、議論の場である議会において、慎重な審議や活発な議論の展開を封じています。毛呂山町議会始まって以来の議員提案の条例案であればこそ、今まで以上に議員必携が教えるこの条例が何の目的で制定されるのか、住民が賛成する内容であるのか、違法な点はないか、財政の関係はどうか、どれほどの効果が確保されているか、表現等が適当か等々、担当の総務委員会において十分審議しなければならないと思います。町が出す議案等には、議会はチェック機関だとして必要……を繰り返しますが、議員提案の条例には、町民の代表である議員みずからがこの権能を使えないようにしています。議会運営委員会で十分審議したと言うかもしれませんが、全員協議会で上位法の関係等、我々が質問をいたしますと、委員長を初め誰も答えません。議会運営委員会の議事録を見ても、条例の中の一つ一つを丁寧に慎重に審議した様子もうかがえません。町民は、このことにより毛呂山町議会に対し不信感を増幅させます。

  きょう、大変時間が遅くなりましたが、たくさんの傍聴席の皆さんがいらっしゃいます。町民の目は節穴ではありません。この町民の目はしっかりとこの議会のさまを見ていたと思います。この話は、瞬く間に燎原の火のごとく町内全体に広がるはずです。来年は選挙の年、多くの良識ある町民の声、町民の目、町民の心を信じ、正論を通すべくこの議案に私は反対します。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 発議第3号に反対をいたします。

  理由として、町民に不利益を与える危険性や条例に関しての訴訟が起こる心配があるにもかかわらず、また町政の主権者たる町民の意見も聴取する機会も設けないままに、議員の数だけで一方的に採決して条例化することは、余りにも横暴です。これからは、毛呂山町も町民と町行政、議会が信頼し合って支え合いながらいかなければ破綻してしまう、そういう場所です。町です。そういうことを考えたときに、一つでも町民に納得のいかないようなこと、それからまたマイナスのことが生じるということ、そういったことがわかっているのにそのまま法として制定していくことは、これは極めて危険です。町民と議員、それからまた町民と役場、町、本当にその信頼し合える町をつくるために、このことについてもしっかりと説明をして意見をいただいて、そしてしっかりとさらに委員会で審査をして、そして条例化してもいいのではないだろうか、急ぐことはない、そのように思っております。

  町民とともにつくるまち、そういうふうに考えたときに、ぜひこのことで不信感が生まれないように、ぜひそうあってほしいというふうに思います。以上、毛呂山町議会議員政治倫理条例制定に反対いたします。

  以上です。



○宮寺征二議長 これにて討論を終結します。

  これより発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例についてを採決します。

  本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○宮寺征二議長 起立多数であります。

  よって、発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例については、原案のとおり可決されました。

                                              



△議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査について



○宮寺征二議長 日程第13、議会運営委員会の閉会中の所掌事務調査についてを議題とします。

  議会運営委員長から、会議規則第71条の規定によってお手元に配付いたしました所掌事務事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

                                              



△閉会の宣告



○宮寺征二議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  これにて平成26年第4回毛呂山町議会定例会を閉会します。

                                      (午後 5時48分)