議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成26年  第4回(12月) 定例会 12月03日−一般質問−03号




平成26年  第4回(12月) 定例会 − 12月03日−一般質問−03号







平成26年  第4回(12月) 定例会





         平成26年第4回(12月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第3号)

                        平成26年12月3日(水曜日)午前9時30分開議

日程第 1 町政に対する一般質問
日程第 2 後日日程の報告

出席議員(14名)
     1番   弓  田  茂  樹  議員    2番   佐  藤  秀  樹  議員
     3番   荒  木  か お る  議員    4番   千  葉  三 津 子  議員
     5番   村  田  忠 次 郎  議員    6番   宮  寺  征  二  議員
     7番   藤  岡  健  司  議員    8番   下  田  一  甫  議員
     9番   岡  野     勉  議員   10番   小  峰  明  雄  議員
    11番   高  橋  達  夫  議員   12番   長  瀬     衛  議員
    13番   岡  部  和  雄  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   粟 生 田  義  行   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼
                情報推進
                室  長

   小  峰  裕  次   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   斉  藤     豊   福祉課長      吉  田  英  夫   高 齢 者
                兼 福 祉                   支援課長
                会 館 長

   村  田  眞  一   子 ど も      村  本  英  明   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      岡  田  忠  彦   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   岡  野  昭  弘   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   疋  田  浩  一   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小 坂 井  啓  二   学校教育      伊  藤     清   生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   関     保  明   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   坂  口  尊  恵   主  査



                                              



△開議の宣告



○宮寺征二議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△議案の追加について



○宮寺征二議長 12月2日に議会運営委員会が開催されましたので、議会運営委員長の報告を求めます。

  議会運営委員長、岡部和雄議員。

                 〔岡部和雄議会運営委員長登壇〕



◎岡部和雄議会運営委員長 議長の命により、委員長報告を行います。

  12月2日、役場委員会室におきまして議会運営委員会を開催をしましたので、その結果につきましてご報告申し上げます。

  協議事項は、配付済みの発議第3号の取り扱いであります。発議第3号は、本定例会最終日5日の議案第63号の審議の後、追加議案とし、提案者の説明、質疑、討論、採決を行うこととしました。

  よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

  以上で委員長報告を終わります。



○宮寺征二議長 ただいまの委員長の報告のとおり、発議第3号は、議案第63号の審議後、追加議案として提案者の説明、質疑、討論、採決を行うことにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、発議第3号については、議案第63号の審議の後に議題とすることに決定しました。

                                              



△町政に対する一般質問



○宮寺征二議長 日程第1、町政に対する一般質問を行います。

  順次質問を許します。

                                              

         ◇ 小 峰 明 雄 議員



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。

                 〔10番 小峰明雄議員登壇〕



◆10番(小峰明雄議員) おはようございます。10番、小峰明雄、議長より発言の許可をいただきましたので、町政に対しまして、通告に従い、一般質問をさせていただきます。

  教育、子育て環境の充実についてをお伺いいたします。公立小学校の1年生で実施されております35人学級を40人学級に戻すよう財務省が提言したことが論議を呼んでおります。埼玉県では小学校1年生、2年生、35人学級、中学校1年生、38人学級を実施しておりますが、私は長岡藩の米百俵の精神は必要であると思います。

  1、今回で77回目の一般質問となりますが、私の政治的姿勢は、児童生徒の教育環境と子育て環境の充実について一貫して提言してまいりました。平成27年度当初予算編成、教育費のうち小学校費、中学校費、幼稚園費について、前年度と比較した主な重要施策等お伺いいたします。

  2、私は、小学校、中学校の普通教室にエアコンの設置を一般質問で何度もいたしました。両中学校の普通教室にエアコンが設置されましたが、各中学校の空調設備を、環境に十分配慮し、適正及び有効に、なおかつ円滑に使用していくために、設置後の空調設備運用指針等をお伺いいたします。

  3、小学校の普通教室に、エアコンの設置に向けた取り組み等お伺いいたします。

  4、通学路の安全確保には歩道の整備が最も確実と思いますが、埼玉県では本年度から3か年計画で、歩道のない通学路の路肩にグリーンベルトを集中して整備を実施しており、通行する車の平均速度が落ちるなど、効果があらわれております。本町においては、平成24年度からの通学路の安全対策5か年計画に基づき、計画的に工事や対策等を実施しておりますが、平成27年度当初予算編成、通学路の安全対策等をお伺いいたします。

  5、子育て環境は、少子化や核家族化の進行、地域とのつながりの希薄化などにより、大きく変化しております。次代を担う子供たちは地域の大切な宝です。私は、子育てに係る経済的負担の軽減や、安心して子育てしやすい環境の整備を図るとともに、本町の特色のある多様な子育て支援策をさらに推進していく必要があると思います。平成27年度当初予算編成、児童福祉費、保健衛生費のうち、本町の特色のある少子化対策、子育て支援対策等、前年度と比較した主な重要施策等お伺いいたします。

  次に、高齢者の健康づくりについてお伺いいたします。高齢者の皆様が地域で豊かで充実した人生を送るには、心身ともに健康であることが大切になります。そのためには、日ごろから一人一人が健康づくりの意識や実践が必要であると思います。高齢者の健康診査及び検診の受診率向上、生活習慣病患者数の抑制や健康への動機づけ等への取り組みは、私は高齢者の健康づくりには重要であると思いますので、現状と課題等をお伺いいたします。

  また、健康づくりの活動を地域に根づかせていくためには、活動していただける人材が地域で活動していただけることが重要であると思います。ゆずっこ元気体操の活用、ご見解をお伺いいたします。

  次に、ふるさと納税制度についてお伺いいたします。生まれ故郷だけでなく、全国のあらゆる自治体に寄附が可能なふるさと納税、寄附金に応じて地元の特産品などを進呈する自治体も多く、高還元率を目当てに、ゆかりのない自治体に寄附を行うなど、マスコミでも話題となっております。本町では寄附をしていただいた方には「広報もろやま」を1年間お送りしておりますが、私は特産品など地域資源を活用することで、地域の活性化や6次産業などにつながると思います。ふるさと納税を生かした町づくり、ご見解をお伺いいたします。

  以上で私の一般質問とさせていただきます。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 小峰議員のご質問の1問目のうち、教育総務課所管のご質問について順次お答え申し上げます。

  まず、1点目の平成27年度当初予算の重要施策につきましては、教育施設の整備に関しまして、昨年度より老朽化した校舎の大規模改造工事を実施しているところでございますが、各学校の体育館につきましても昭和40年代後半から50年代に建築されたものが多く、校舎同様に老朽化が進んでおり、早期の改修を行う必要があるため、まず毛呂山小学校体育館の大規模改造工事設計業務委託を実施する予定でございます。また、新たに小中学校の校舎及び体育館等の建築物につきまして、安全確保と対策検討の観点から建築物定期調査業務委託を予定しております。平成27年度の対象は、毛呂山小学校、泉野小学校、毛呂山中学校の3校を考えております。

  教育施設の整備には大変大きな財源を必要としており、長引く景気の低迷等により、その財源確保が非常に厳しい状況が続いております。近年の大規模な工事に関しましては、議会のご理解をいただき実施しているところでございますが、平成27年度当初予算への計上を検討しておりました毛呂山中学校大規模改造工事の第1期工事、小学校4校の普通教室への空調設備設置工事、小学校トイレの改修工事につきましては、今般の衆議院解散により、その成立の遅延も心配されるところではございますが、平成26年度の国の補正予算の動向を注視し、国庫補助金の該当がございましたら補正にて対応し、平成27年度に実施できるよう努めてまいりたいと存じます。

  2点目の空調設備の運用指針でございますが、文部科学省発行の「学校環境衛生管理マニュアル」に基づき一定の基準を定めた運用ガイドの暫定版を作成いたしまして、本年12月からの冬期使用のための運用ガイドとして、中学校2校に送付したところでございます。今後は夏期使用も含めた正式な空調設備運用指針を定めてまいりたいと存じます。

  次に、3点目、小学校の普通教室へのエアコン設置に向けた取り組みについてでございますが、昨年度に設計委託を行い、本年度小学校4校と詳細部分について調整が完了しております。本年度の中学校2校への設置工事の経験を生かし、先ほど1点目のご質問でご答弁させていただいたとおり、国の動向を注視しながら、平成27年度に整備できるよう努めてまいります。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 教育、子育て環境の充実についての1点目、学校教育課が所管している事項につきましてのご質問にお答え申し上げます。

  27年度当初予算編成に当たり、まず学力向上対策でございますが、県の委嘱を受けた地域に応じた学力向上推進モデル事業が3年目となります。この事業につきましては、小中連携を生かした主体的に学ぶ児童生徒の育成を研究主体に掲げ、毛呂山小学校を中心とした調査研究の成果を、毛呂山中学校区、川角中学校区の全学校で共有し、基礎学力の向上に資する取り組みをさらに進めていく予定でございます。また、児童生徒に確かな学力を定着させるため、学力向上支援員を配置し、少人数指導やチームティーチングなどのきめ細やかな学習指導の充実を図っていきたいと考えております。

  中学校区ごとに全ての学校で授業研究に取り組んでいる元気のある学校づくり委嘱事業につきましても、教職員の資質や指導力の向上等、一定の成果を上げてきております。引き続き実施することにより、小中の連携を図り、町内統一した学習規律の確立や、義務教育9年間を見通した小中連携教育の充実を目指してまいりたいと考えております。

  平成27年度は小学校の教科用図書の改訂がございます。指導に必要な教材等の整備を行い、指導計画を見直し、指導の充実を図ってまいるとともに、学校給食における食物アレルギー対応の充実や各小学校へのアイパッドの均等振り分けの実施を予定してございます。

  幼稚園費につきましては、私立幼稚園就園奨励費補助事業、私立幼稚園預かり保育補助事業を継続して実施することにより、子育て支援の充実に努めてまいりたいと考えております。

  平成27年度につきましても、引き続き教育、子育て環境の充実に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上です。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 1問目の4点目、平成27年度当初予算編成、通学路の安全対策等についてお答えいたします。

  まず、平成27年度当初予算編成につきまして、ハード面としましては、主に通学路の安全対策を優先して、グリーンベルト等の道路標示設置工事を今年度に引き続き行ってまいりたいと考えております。また、ソフト面につきましては、交通指導員賃金、防犯ボランティア活動保険料及び交通指導員の損害保険料、そのほかに主に通学路の安全対策用に使用する看板費用の計上を考えております。

  次に、通学路の安全対策等につきまして、児童生徒の登下校時において横断危険箇所等に交通指導員を配置しておりますが、PTAの方々、その他のボランティア活動協力者のもとで、安全、安心のための交通指導及び見守りを推進しております。通学路の安全対策につきましては、警察及び関係課とよく協議いたしまして進めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 1問目、教育、子育て環境の充実の5点目の質問のうち、子ども課が所管する施策等についてお答え申し上げます。

  平成27年度の特色ある少子化対策、子育て支援対策といたしましては、子育て支援センター事業や病後児保育事業、一時預かり事業を引き続き推進していく予定でございます。平成25年度より開始したこれらの事業につきましては、1年目よりも2年目と事業の周知が図られ、利用者も増してきております。今後も保護者の立場に立って利用促進に力を入れてまいります。

  次に、前年度と比較した重要施策でございますが、平成27年度からは子ども・子育て支援新制度が実施される見込みでございます。これにより、保育所や認定こども園の利用方法や入所手続等が改められ、財政措置も一本化されますので、利用者や施設に対しての情報提供や連絡調整を入念に行い、滞りなく実施してまいりたいと考えております。また、これに並行いたしまして、市町村子ども・子育て支援事業計画の策定も本年度中に完了する予定でございます。

  さらに、学童保育所整備につきまして、本年度は岩井学童保育所の狭隘さを解消するため、毛呂山小学校の余裕教室を活用した改修工事の実施設計を既に委託発注しております。新年度予算には本工事費を計上させていただきまして、学童保育所の環境改善を図ってまいりたいと考えております。

  このほか、経済的支援として児童手当支給事業及びこども医療費支給事業につきましても、定期的な制度周知及び関係機関との連携を図りながら実施してまいります。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村本保健センター所長。

                 〔村本英明保健センター所長登壇〕



◎村本英明保健センター所長 1問目の教育、子育て環境の充実の5点目のうち、保健センターの子育て支援に係る主な施策につきましてお答え申し上げます。

  母子保健事業の妊婦健康診査でございますが、医療機関で受診できますよう、妊娠の届け出の際に受診票を交付し、公費負担により14回の定期的な健康診査のほか、子宮頸がん検診、超音波検査などを受けていただいております。妊婦の健康管理の充実と、安心して妊娠、出産ができますよう事業を継続してまいります。

  母子保健事業では、母と子の健康を保持、増進するため、妊婦健康診査を初め乳幼児の健康診査、母親学級、育児学級の開催や乳児全戸訪問などを行っておりますが、各事業を通して母親の育児不安や心配事など個々の相談に応じたきめ細やかな保健指導の充実に努め、子育て支援をしてまいりたいと考えております。

  歯科保健では、乳幼児期及び学童期の虫歯予防を推進するため、2歳児歯科検診でのフッ化物の活用をしております。また、小中学生に対する歯科保健指導を小中学校と連携してまいります。

  次に、予防接種事業でございますが、乳幼児の疾病予防と保護者の負担の軽減を図るため、任意の予防接種でございますおたふく、B型肝炎、ロタウイルスの予防接種につきまして、本年度、予防接種費用の半額助成を実施しているところでございます。来年度も継続して実施を予定しており、予防医療の充実による子育て支援を推進してまいりたいと考えております。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 ご質問の2問目、高齢者の検診の受診率向上、生活習慣病患者数の抑制や健康への動機づけ等への取り組みの現状と課題、ゆずっこ元気体操の活用につきましてお答え申し上げます。

  初めに、高齢者の検診でございますが、現在町で実施している65歳以上の高齢者が受診可能となる検診は、国民健康保険被保険者を対象とした特定健康診査と、後期高齢者医療保険被保険者を対象とした後期高齢者健康診査がございます。

  検診の実施に当たりましては、受診対象者が受診しやすいように、医療機関で個別に受診できるような仕組みも設けておりますが、いずれの検診におきましても受診率の伸び悩みが見られることから、受診率向上に向け、新規受診者の増加が図られるような施策の展開が課題であろうと考えております。そのためには、より多くの方に検診を受診していただけるよう、広報活動の強化並びに個別通知の充実等の検討をしてまいりたいと考えております。

  生活習慣病患者数の抑制や健康への動機づけ等への取り組みにつきましては、地域包括支援センター職員による訪問や相談、必要に応じ適切な受診勧奨や同行受診を行うとともに、1次、2次予防事業を通じた健康意識の高揚や、健康の維持、増進に努めているところでございます。

  次に、ゆずっこ元気体操の活用でございますが、ゆずっこ元気体操は、高齢者が筋力低下や活動性の低下により、要介護状態になるのを予防し、活動性を高めていただくことを目的に、住民の方が主体となって実施しており、現在は町内4か所で実施されております。高齢者が自分の身近な場所で顔なじみの方と集い、楽しく会話をしながら閉じこもりを予防し、支援が必要な方も元気な方も分け隔てなく一緒にできる通いの場となっております。今後は町内各地区に少しずつ広め、介護予防を図ることはもとより、通いの場として機能していけるよう支援してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 3問目、ふるさと納税を生かした町づくりのご質問にお答え申し上げます。

  議員ご承知のとおり、平成20年の地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い、地方自治体に対する寄附を行った者に対して所得税及び住民税を控除する制度、いわゆるふるさと納税制度が開始されました。ふるさと納税制度では住所地に関係なく寄附することができ、寄附者は寄附金の使い道を指定したり、また特産品がもらえるなどの特典がございます。

  現在の当町における特典でございますが、寄附された方は、現在町外に住まわれている方で、当町の出身者または過去に当町を訪れていただいた方であろうと予測されますので、当町の今を知っていただきたいとの考えから、町広報1年分を送付させていただいております。

  ほかの自治体に目を向けてみますと、特産品をプレゼントして産業の発展に寄与している自治体、あるいは施設やイベントなどの入場券をプレゼントして集客を図る自治体など、地域の発展に貢献している事例が多く見られます。また、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」には、全国各地のさまざまな特典が掲載されており、「ふるさと納税なんでもランキング」と題しまして、部門別ランキングなども掲載されております。

  町といたしましても、現在の特典について検証し、これらほかの自治体の事例をよく研究し、来年度のできるだけ早い時期にふるさと納税制度の運用を見直していきたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) では、ご答弁に対しまして再質問させていただきます。

  まず最初に、教育総務課長にお伺いいたしますけれども、先ほどのご答弁で毛呂山小学校の体育館の大規模改造工事設計業務委託を実施を予定ということですけれども、総合振興計画の実施計画にも登載されていないようですし、教育振興基本計画、この中にも、小中学校の施設改修計画を作成し、改修を実施しているというふうなことがあります。今後こういう大規模改造の関係、継続的に行っていくのか。

  それと、私以前一般質問しました非構造部材、これへの対応というものはどのようになっているのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  毛呂山小学校の体育館の大規模改修工事の関係でございますが、ご指摘のとおり、現時点では実施計画のほうには登載してございません。しかしながら、次年度からの実施計画には登載してまいりたいと思っております。その理由につきまして、体育館の老朽化も進んでおります。非構造部材の耐震化も含め、将来構想を考えながら改修工事の設計を継続的に進めていきたいと思っております。

  ちなみに、本年度の実施計画では、小中学校耐震化工事ということで、その中に非構造部材の耐震化を事業化するという計画を登載させていただいておりましたけれども、来年度、財政との調整になりますけれども、小中学校耐震化工事から、既存事業で小中学校施設環境整備事業という事業名がありまして、その中に小中学校体育館の大規模改造事業を位置づけまして、その工事の中で非構造部材の耐震化工事も行うということで位置づけをさせていただければというふうに思っております。

  それから、町の教育振興基本計画の中で、確かに施設改修計画を作成し、改修を実施してまいりますということがうたわれているところでございますけれども、ご案内のとおり、この計画は来年度が最終年度となってございます。学校施設の改修計画は大きな事業費とその財源が必要になるだけに、将来の学校のありよう、例えば学校の配置をどうするか、あるいは教育の中身をどうするのか等々を十分に煮詰めた上で作成する必要があるというふうに思っております。したがいまして、現時点では財政との調整もございますので、担当課レベルでその長期的計画案を検討している段階でございます。

  そのような中ではございますが、学校は日々絶えず運営されておりますので、老朽化対策や空調設置など対策が今必要なものについては対応させていただいているという状況でございます。いずれにしても、来年度には次期教育振興基本計画を策定する必要がございますので、ご指摘等々踏まえまして検討させていただきたいと思いますので、ご理解いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、建築物の定期調査業務委託、これまた予定されておりますけれども、確認の意味でお伺いしますけれども、この中には非構造部材の点検はされるのかお伺いします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  毛呂山小学校のモルタル落下の件等々踏まえまして、今回毛呂山中学校区の3校を対象にいたしましたけれども、その定期調査業務委託の中に非構造部材の調査、点検も含めて実施してまいりたい、そのように思っております。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) あと、今3校ということで、毛呂山中学校は今回大規模改造工事の第1期工事を平成27年度に予定されているわけですけれども、私はこういう建築物の定期調査業務委託というものは、こういう大規模改造の工事をされるという時点で、こういう調査業務を委託していくというのは何か遅いのではないかと、私はそう考えるのですけれども、課長はどのようにお考えですか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  確かに、予算がつけば、来年度から第1期改修工事を毛呂山中学校についてさせていただきたいと思っております。そのような意味で、本来ならばその前にこういった点検調査を行って、その結果を工事のほうにも反映する、設計のほうにも反映するということが理想だとは思っております。しかしながら、今後は建築基準法に準拠したこういった定期報告業務に準ずる業務委託を3校単位で定期的に行っていきたいという意味合いもございます。また、校舎に限らず、体育館等も対象にしたいというふうに思っております。そのような意味からも、今回3校単位ということで、毛呂山中学校も含めたく考えさせていただいたところでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) そういう形でありますと、もし何かそういった点検において出た場合には、そのときはどういうふうに考えているのか。改造工事と一緒にできれば理想かと思いますので、よく検討していただければと思います。

  次に、少子化に伴い、児童生徒数が減少傾向ですが、校舎や体育館等大規模改造工事は将来構想と大きくかかわってくると思うのです。そのためには長期的展望に立って計画を立てていくというのを私は考えますけれども、課長のご見解をお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  ご指摘のとおり、少子化に伴いまして、今後の学校の指摘整備については、長期的展望、長期計画に立った整備を行っていくということが肝要だと思っております。いずれにいたしましても、そのような中で6校を一律の内容で改修していくことは、将来を考えると困難であるというふうに思っております。将来構想検討委員会のご意見等も踏まえまして長期計画を策定し、事業を行っていくことが肝要と思っておるところでございます。

  しかしながら、先ほども申したとおり、学校というのは日々運営されている状況がございます。安全確保の観点から、あるいは学習環境整備の観点から、今の段階で行わなければならない事業については行わせていただきたいというふうに思っておりますが、いずれにしても長期計画を策定することが肝要であるというふうに思っておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、通学路の安全対策についてお伺いいたします。

  先ほど生活環境課長のほうからご答弁がありましたけれども、その中で、関係部署とよく協議するということで、私昨年も同じような質問をさせていただきました。そういう中で、昨年から今まで関係各課を交えて、まずどういう協議をされたのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 質疑にお答えいたします。

  昨年の議会の質問で、年間に数回にわたりいろんな安全対策、検討会議につきましては行いたいという答弁をさせていただいたところでございます。現在の正式な通学路安全対策5か年計画に基づく正式な検討会議というものは、飯能県土整備事務所主催により年1回開催されているものでございます。今年度は中止にするとのことで県から連絡を受けているところでございます。現在5か年計画の進捗率につきましては、各課で実施したものをまとめて県に報告しているという状況のみということになってございます。しかしながら、この5か年計画も平成27年、28年と残り2か年になっております。今後計画達成に向け、庁内の関係各課と必要に応じ、会議を重ねてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 私、質問した後に何回会議を開いたかということをお伺いしたのですけれども、なかったということで解釈してよろしいのでしょうか。

  県のほうで中止をされている以上は、やはり関係各課できちんとした協議というものが必要だと思うのですよね。そういう中で、今非常に、学校教育課と生活環境課とまちづくり整備課だと思うのですけれども、そういう中にやはり保育関係もございますので、子ども課を交えてしっかり交通安全対策ということでご協議をしていただければと思うのですけれども、この取りまとめというものはどこの課がされるのかきちんとしていただきたいと思うのです。この点についてもう一度ご答弁お願いします。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 質疑にお答えいたします。

  5か年計画の取りまとめの関係でございますが、最終的に県に報告しているのは学校教育課でございます。そこにその取りまとめというだけで、どこが主体で会議をやって開催するかというのが現在特にはっきりしていない状況になっているものでございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) まちづくり整備課長にお話ししてもあれかと思うのですけれども、やはりその取りまとめというものが、学校教育課長であれば、やはりそういうリーダーシップをとっていただいて、昨年私が一般質問して、1年たって、さあ、どうしたかなと思いまして、また私質問させていただきましたけれども、全然変わっていないですね。これではやはり交通安全対策というものはなかなかできないと思いますよ。それで、特にことしは県が中止をされているということで、そういう中でやはり新しい箇所も出てきていると思うのです。そういうところをしっかりご協議していただければと思いますので、この点については今後よろしくお願いいたしたいと思います。

  次に、子ども課長にお伺いいたしますけれども、毛呂山小学校の余裕教室の実施設計は既に委託されていますけれども、この毛呂山小学校ですけれども、国庫補助だと思うのですよね。そういう中で、大規模の改造して転用する場合というものに対しては財産処分の手続等が必要であるかと思うのですけれども、この点についてはどのような手続をされていくのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 再質問にお答え申し上げます。

  毛呂山小学校の活用ということで、学童保育所を利用させていただくわけでございます。財産処分の手続、これらにつきましては、用途変更ということで中を改造させていただきます。議員おっしゃるとおり、耐震工事の補助金を受けておりますので、県教育総務部財務課に対しまして、今こちらの子ども課のほうでいろいろセッションかけてございまして、今後学童保育所利用にまいりまして、財産処分申請が3か月ほどかかるということでございますので、おくれなく手続してまいりたいと考えております。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) あと、課長、賃貸借の関係をちょっとお伺いしたいと思いますけれども。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 賃貸借の関係でございますが、こちらに関しましては、子ども課と毛呂小側のほうにはいろいろ行き来いたしまして、今後学校教育施設の利用ということでございますが、管財課ともう一度練って、しっかりとした貸借契約を交わしたいと思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、昨日も非常に企画財政課長が、子育て支援と企業誘致と、そういったものに力を入れていくということなので、子育て支援に関して少しお伺いしたいと思いますけれども、来年は特に保育料も新制度で見直しをされるのではないかと思いますので、この点についてお伺いいたしますけれども、子育てに係る経済的負担の軽減等というのは、本町の特徴である子育て支援ということで、保育所の保育料や学童保育わんぱくクラブ父母会の委託料の見直し、こういうものも検討してはいかがかなと私は思いますけれども、この点については町長ですか、ご答弁をお願いいたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 小峰議員の再質問にお答えをいたします。

  確かに今一番注目されているのは、どのようにその地域で子育てをしっかりとしていただけるような体制をつくるか、あるいは若年層の子供たちを産み育てるご夫婦、こういう方々を多くして、そして人口増につなげることができるか、こういったことが非常に大きくクローズアップされております。その中で、小峰議員の今、いわゆる子育ての関係についての費用の負担、こういったものを軽減できないかというようなご指摘でございます。しっかりと、これは今まで毛呂山町は保育の関係、例えば上町、若草、このような保育園を閉園して1つのゆずの里にしたと、そういった経緯の中でしっかりと財政効果をあらわしてきたわけでありますので、これからはこのハード面からある程度ソフト面を見ながら、しっかりとそういったものも含めて見直していく必要もあるかなというふうに思っております。今明言することはできませんけれども、その点につきましてはしっかり担当課と協議をしながら進めてまいりたいというふうに思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 保育料に関しては埼玉県放課後児童クラブ運営基準というものがあるのですけれども、こういう中に、保育料については生活保護だとかそういう減免、こういう、10割とか5割とかいろいろあるわけですけれども、特に2人目以降に関しては5割というような減額のこういう県の一つの例というものがあるのですけれども、今お一人だと1万1,000円で、2人目が8,000円で、母子、父子が8,000円というのが今保育料だそうですけれども、こういったところもしっかりよく協議していただければと思います。この点について、町長、また同じことを聞いてしまいますけれども、何か答弁がございますか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  保育料については、3人目というのは毛呂山町は非常に優遇をしているような状況もございまして、こういったところ以外に、ほかの部門においてもできるかどうか、こういったものをまたよく精査していきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) あと、町長、学童保育のわんぱくクラブ父母会の委託料というものは、毛呂山町放課後児童対策事業費補助金の交付要綱、これから出ているわけですけれども、この中に3人以内の指導員の人件費というふうな形があります。こういったことで、今非常にこういう交付補助金を変えることによって、先ほどと同じことになりますけれども、保育料に影響が出てくるわけですから、こういう要綱も少し見直していただければと思いますので、これはちょっと意見として述べさせていただきます。

  次に、高齢者の健康づくりについてお伺いいたします。受診率の向上に向け、検討してまいりたいという、先ほどのご答弁がありました。私も大変気にしていたのが、第5期毛呂山町高齢者総合計画、この中に26年度の見込みが100人という目標値があって、大変高齢者がふえる中で非常に目標値が低いなというふうに私ちょっとこれを見ていたのですけれども、今26年の11月1日現在で65歳から74歳が6,025人、75歳以上が3,990人と、この3,990人いらっしゃる中でこの目標値が100人というのは、どういう見方をしたのかちょっと私にはわかりませんけれども、やはりこういう中で後期高齢者の検診の受診率、これを見ますと、検討のご答弁ですけれども、私は遅いような気がして、早急に受診率の向上に取り組まなければいけないと思うのですけれども、私はそういうふうに考えるのですけれども、このことに対してのご見解をお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 再質問にお答え申し上げます。

  受診率、後期高齢者の方の健康診査受診に関しまして、今現在といたしましては、年齢到達者の方に被保険者証の発送の際に通知書を同封しているというようなことを行っております。高齢者支援課といたしまして、全被保険者を対象とした受診勧奨通知、こういったものを発送していきたいというふうなことで考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 今ご答弁されましたけれども、大変残念な結果が出ておりますので、こういう点についてしっかり対応していただきたいと思います。

  次に、非常に高齢者のがんによる死亡率というものが増加していることが推測されますけれども、がん検診への取り組みというものは現在どのように行われているのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村本保健センター所長。

                 〔村本英明保健センター所長登壇〕



◎村本英明保健センター所長 再質疑にお答え申し上げます。

  がん検診につきましては、特に乳がん、子宮がんにつきましては、平成21年から24年度につきまして5歳刻みで個別通知を行っておりまして、現在その対象となる乳がんにつきましては、40歳になる方に個別通知、それから乳がん……

                 〔「高齢者聞いています」と呼ぶ者あり〕



◎村本英明保健センター所長 高齢者のがん検診……

                 〔「そういうのはどうなのかということ」と呼ぶ者あり〕



◎村本英明保健センター所長 ということでございます。特にそちらのほうにつきましては、高齢者という概念でございますが、保健センターといたしましては、特に年齢の高い方云々ということではなく、40歳あるいは20歳という方に通知をしているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 保健センター所長、少しデータをとっていただいて、しっかりしたご答弁をいただければと思います。

  次に、ゆずっこ元気体操についてお伺いいたします。先ほど、町内で今4か所開催されているというご答弁ありました。各地区に少しずつ広めるという、少しずつ広める理由というものをお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 ご質問にお答えいたします。

  ゆずっこ元気体操でございますけれども、こちらにつきましては、各それぞれの地区、地域の住民の方が主体的に自分たちでやりたい、続けたいというふうな言葉を出していただけるような形、自主的にやっていただけるような形を推奨しております。そういった意味もございまして、徐々にという形で広めていきたいというふうに考えている次第でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 今答弁されましたけれども、私が思うには、やはり健康への動機づけということで、行政側から活動できるような環境づくりというものが必要ではないかと思いますので、この点は少し研究していただければと思います。

  次に、総務課長にお伺いいたします。ふるさと納税の関係ですけれども、来年度できるだけ早い時期に見直したいというご答弁ですけれども、やはりこの点はスピード感があってお願いしたいかと思うのですけれども、27年度の当初予算編成としてはなかなか難しいのか、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答え申し上げます。

  26年度は、今予算措置はなかなか難しいところなので、27年度の当初予算として担当課といたしましては5,000円程度の記念品を100件程度予算要求をしているところでございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 今の5,000円程度100件ということで、今までの寄附金というものが大体年度でどのくらい寄附されているのか、この点参考にお伺いいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  各年度の寄附金といたしましては、約10件強、金額にしてそれぞれ開きございますけれども、少ない年ですと20万、多い年ですと230万程度。ただし、これは寄附金全体でございます。この中で、町外にお住まいの個人の方が毛呂山町のほうにいわゆるふるさと納税という形で寄附された件数につきましては、2010年度から本年度まで年間約一、二件程度でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) それでは、私は特産品で地域の活性化というものは、こういうふるさと納税をした方に対して、そういう特産品を送るということが1つのPRになると思うのです。この点について、私はそれがイコール6次産業にもつながってくると思うのですけれども、このことに対しては担当の産業振興課長はどのようなお考えがあるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 ふるさと納税に関しての特産品について、地域活性の質問にお答えいたします。

  記念品の進呈が決定した場合におきましては、産業振興課としましては、地元で生産、製造された産品を活用していただきたいと考えております。地元商品の流通が促進されれば6次産業における地域の活性化につながり、産業の振興の一助となるものと考えられます。実施におきましては、総務課と連携して、地元特産品を活用できるようしてまいりたいと考えております。

  以上です。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) では、最後に、きょうの一般質問で77回目になりまして、非常に私が思っていることをちょっと述べさせていただきますけれども、行政運営は業務プロセスの管理手法の一つのPDCAサイクル、計画、実行、評価、改善、これを繰り返すことだと私は思います。このことを述べさせていただきまして、私の一般質問を終わります。



○宮寺征二議長 この際、午前10時45分まで休憩します。

                                      (午前10時29分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時45分)

                                              

         ◇ 千 葉 三津子 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  千葉三津子議員。

                 〔4番 千葉三津子議員登壇〕



◆4番(千葉三津子議員) 4番、千葉三津子でございます。議長のお許しをいただきましたので、町政に対する一般質問をさせていただきます。

  まず、質問に入る前に一言申し上げさせていただきます。先月21日午後、衆議院は本会議で解散され、昨日2日に第47回衆議院選挙の公示を迎えました。安倍首相は記者会見で、みずからの経済政策への評価と消費税増税1年半先送りが争点だと強調しました。また、公明党井上幹事長は、2009年から2012年の民主党政権時代、党内ばらばらで、決められない政治によってどれほど国民生活や経済、政治が後退したか忘れてはならないと訴えております。地方議員の一員といたしましても、しっかりとかじがとれる政治、政策を望むものであります。

  それでは、質問に入らせていただきます。1問目といたしまして、学ぶ意欲を育み、進んで登校したいと考えるような学校づくり、また不登校児童生徒に対する柔軟な対応が重要と考えます。当町における不登校の現状と、不登校を解消するための対応及び対策についてお伺いいたします。

  2問目といたしまして、子供を狙う犯罪が多発している昨今、地域の防犯活動を推進するため、犯罪予防を目的とし、さまざまな迷惑行為を未然に防ぐことを目的とした防犯カメラの設置が重要であると考えます。そこで、防犯カメラの設置に対しての現状と課題についてお伺いいたします。

  3問目といたしまして、近年活字離れが指摘される中、多くの町民の皆様に読書に親しんでいただくため、図書館を利用していただくことは大切なことと考えます。現在の利用状況及び今後の取り組みについてお伺いいたします。

  以上を私の一般質問といたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 それでは、1問目についてのご質問にお答え申し上げます。

  毛呂山町の各小中学校における不登校の現状でございますが、平成25年度は前年度に比べ、小学校において若干の増加、中学校では減少となっております。不登校児童生徒の全体数では減少傾向にあり、特に中学校での改善が見られます。

  不登校になる原因は、心因性による要因、また怠学傾向の要因等、児童生徒によってさまざまでございます。このような原因で不登校になってしまう児童生徒に関しましては、教職員と児童生徒の信頼関係の構築を初め、学校復帰に向けた学年、学校での組織的な対応を行っております。具体的には、担任や不登校相談員、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーによる本人及び保護者との相談活動、町教育センターでの適応指導教室、さらに不登校対策委員会における各学校の現状や効果的な対応策についての協議等、学校と教育センターの連携による取り組みを進めております。

  議員ご指摘のとおり、学ぶ意欲を育み、進んで登校したいと思えるような魅力ある学校となるよう、教職員の子供観や教育観の育成を図るとともに、学習や活動の中に達成感や成就感、存在感を味わえるような取り組みを実施し、不登校児童生徒の解消に努めてまいります。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 2問目の防犯カメラの設置についての質問についてお答えいたします。

  防犯カメラは犯人の検挙や犯罪の未然防止に効果があると認められており、防犯上非常に有効な設備と言えます。町内における防犯カメラの設置の現状としましては、店頭や敷地内に防犯カメラを設置している店舗や施設はあるようでございます。

  防犯カメラ設置についての課題としましては、以前ほどプライバシー保護の問題について余り議論されなくなったようですが、その運用については厳格な配慮が求められますので、設置に当たっては住民の方の理解を得る必要があると考えております。また、カメラ本体、通信設備、記録設備等に相当な経費が必要となってまいります。

  いずれにしましても、防犯カメラを設置することだけで犯罪の防止が図られるものではなく、パトロール等の防犯体制が重要であると考えておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。



○宮寺征二議長 伊藤生涯学習課長。

                 〔伊藤 清生涯学習課長登壇〕



◎伊藤清生涯学習課長 千葉議員の第3問目の図書館利用の推進についてお答えいたします。

  まず、現在の毛呂山町立図書館の利用状況でございますが、平成25年度における図書館資料の総利用点数が図書資料、視聴覚資料の合計で29万3,256点、利用人数が7万1,693人、前年対比として利用点数で1.24%減、利用人数では0.24%減となっている状況でございます。また、県内における他市町村図書館との比較でございますが、視聴覚資料を含まない図書資料のみの利用状況が埼玉県図書館協会から公表されております。ちなみに、平成25年度における人口1人当たりの利用冊数から見ますと、県平均が4.86冊に対し、毛呂山町立図書館については7.03冊と大きく県平均を上回っており、県内順位においても平成21年度64市町村中11番目だったものが、平成25年度においては63市町村中8番目という状況でございます。

  県内各公共図書館の利用状況については、インターネットやスマートフォンの普及等の影響で、図書資料の利用が年々減少しているのが実情であると思われます。そうした中、本町においては、指定管理者である毛呂山Bookが民間ならではの柔軟な発想をもとに、さまざまな工夫を凝らした図書館活動を通じて、住民の図書館離れを最小限に抑えている状況ではないかと考えております。

  今後においては、地域を支える情報拠点として、特にレファレンス機能や図書館ならではの講座等の事業の充実を図るとともに、子供たちの読書意欲の増進に向けた学校との連携をさらに強化するよう、指定管理者である毛呂Bookに働きかけてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) それでは、随時再質問をさせていただきます。

  まず、不登校への対応及び対策について再質問をさせていただきます。まず、不登校児童生徒数の全体数で減少傾向にあるとのことですが、本町の不登校児童生徒数の県内における位置についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 再質問にお答えいたします。

  平成25年度毛呂山町の小学校の100人当たりの不登校児童生徒出現率でございますけれども、0.58人、県平均0.24人に比べると高い数字になっております。また、中学校の出現率は2.29人で、県平均の2.37人よりも低くなっております。小学校では家庭の都合や体調不良による欠席がふえたのが原因でございますが、平成26年10月現在におきましては不登校が改善した児童が3名ほどおり、減少傾向が続いてきております。

  以上です。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 今の答弁の中で、中学校での改善が見られたということですけれども、それはどこに要因があったと思われますか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 再質問にお答えいたします。

  中学校での改善が見られた要因につきましては、担任や不登校相談員による家庭訪問、それから保健室登校や相談室の学習などで徐々に学校生活にならしていったこと、また、年度がかわり、新しい環境でのスタートを迎えるに当たって学校からの働きかけがよい結果をもたらしたということが考えられます。加えまして、やはり今中学校におきましては、非常に学習態度がよくなってきておりまして、学校が静かといいますか、学校が非常に勉強をする態度に向いてきております。そういうことも影響していると思われます。

  以上です。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 確かに昨今毛呂山町、当町の中では中学校が本当にいろんなさまざまな部分で改善してきたという部分は、新聞紙上等でもよくわかる部分であります。小学校の部分の改善となると、またどのように改善されていく、その部分はこれからどのようにされていく部分があるかどうかをお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  不登校は何らかの心理的、情緒的な、あるいは身体的な、社会的な要因、背景により、登校しない、あるいはしたくてもできない状況にあるというのが不登校の定義でございます。小学校におきましては、考えられるのが、不安などの情緒混乱、これが一番大きいと思います。この要因がどの小学校、中学校におきましても一番多いのですけれども、2番目に怠学傾向というのがございます。小学校ではこの情緒混乱があります。やっぱり社会性が不足しているとか、それから人間関係がよく形成できない。その背景には、耐性が整っていないということがございます。幼から小への連携におきまして、また小学校の低中高の発達段階の中におきまして、ある意味での耐性をつけていくことは極めて重要だと考えております。その中で人間関係をうまく醸成していくということが、小学校の不登校をなくしていく一番の方策だと考えております。

  以上です。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 例えば、不登校で学校を休んでいる。しかし、今課長がおっしゃられたように、いろんな心身的な部分だとか、そういった部分で学校に来れない。あと、いじめ問題だとか、そういったこともあると思います。でも、勉強は本当に自分で一生懸命やりたいという気持ちはあるお子様もたくさんいらっしゃると思います。そういった中で、自宅でIT塾を利用した学習をした場合、出席扱いになると聞いておりますが、当町ではこのような事例は今までありましたでしょうか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの質問にお答えいたします。

  議員ご指摘のとおり、不登校生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠、出席の取り扱いでございますけれども、平成17年度の文科省の通知により出されております。これによりますと、不登校児童生徒が自宅においてIT等を利用した学習活動を行うとき、その児童生徒が在籍する学校の長は、その学習活動が学校への復帰に向けての取り組みであることを前提とし、かつ不登校児童生徒の自立を助ける上で有効適切であると判断する場合に、指導要録上、出席扱いすることができるとなっております。ただし、その要件としましては、保護者と学校が十分な連携をとっているかどうか、協力関係があるかどうか、それから訪問等によって対面指導をしているかどうか、それからIT等を活用した学習活動を出席扱いする場合には、基本的にはその不登校になっている生徒が当該の市、町や、それから民間などの公的施設とか民間施設において、それが相談指導を行うことができない場合となっております。

  そのような形で考えますと、本町では教育センターの中に適応指導教室等や相談業務等を備えておりまして、そういうことが可能でございます。ですので、IT塾等を利用した学習を行っている事例はございません。

  以上です。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) それでは、例えばそういうITを使った部分をこれから、今は事例がないという部分ですが、もしそういった部分の児童生徒がいて、また保護者のほうからそういったものの通達というか報告があった場合には、当町としてはそれを導入する部分のお考えはありますか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  当町におきましては、相談業務として、ただいま申しましたとおり、適応指導教室、それから教育センターの相談活動がございます。

  まず、学校から上がってくる場合に、学校と保護者の連携の中でそのような本町の相談業務に支障があるかどうか、そこら辺のことをよく吟味します。それから、保護者が強い要望で、どうしてもという場合には、やはりそれは検討するに値すると思いますので、検討してまいります。

  以上です。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) この不登校問題は確かにデリケートな問題でもありますし、その当事者というか保護者、また児童生徒においては大変な、心身ともにというのですか、そういう部分があると思います。

  粟田教育長にお伺いいたします。今後の毛呂山町における小中学校不登校児童生徒に対しての、また今るる小坂井教育課長からはお伺いしましたけれども、改めて粟田教育長にその部分の不登校に対しての今後の取り組み、また対策についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 粟田教育長。

                 〔粟田 博教育長登壇〕



◎粟田博教育長 千葉議員の不登校への対応及び対策についての再質問につきましてお答え申し上げます。

  先ほど課長が答弁させていただきましたけれども、今年度毛呂山町の不登校児童生徒につきましては、減少傾向にありますけれども、依然として学校教育の中で重点的に取り組むべき課題の一つであると考えております。

  議員ご案内のとおり、不登校の要因あるいは背景が一層多様化、複雑化してきておりまして、その実態把握におきましても、学校、家庭、地域が連携、協力し、不登校の児童生徒の状態や支援のあり方についても正しく見きわめを行うことが重要となっております。

  学校における不登校の取り組みにつきましては、ややもすると児童生徒が不登校になってからの事後的な対応への偏りがあるのではないかとの指摘もあるのは承知しております。したがいまして、不登校の状態にある児童生徒への対応が重要なことは言うまでもございませんけれども、今後はきめ細かく柔軟な取り組みを日常的に実践することで、全ての児童生徒や不登校の傾向を示す児童生徒への対応も大切であると考えております。そのために、まず児童生徒が安心して通うことのできる学校づくりを実現すること、具体的には、やはり楽しい授業、わかる授業を創造し、学ぶ喜びあるいは楽しさを味わわせるとともに、多様な体験活動や道徳教育の充実を通して、いじめや暴力行為を許さない温かい人間関係を育む学級づくり、学校づくりを行うことが重要であると考えております。

  また、社会的自立を目指す取り組みにつきましては、社会体験チャレンジ事業などのキャリア教育、あるいは進路指導などを通しまして、みずからの生き方や将来に対する夢や目的意識について考える指導も重要でございます。

  不登校児童への対応に当たりましては、今後も学校だけではなく、家庭や地域、教育センターや関係機関などとの連携を育み、先ほど議員さんからご指摘のありましたITを使った学習支援等を含めまして、きめ細かな柔軟な対応につきまして心がけ、不登校解消に向けた取り組みを幅広く展開してまいりたいと存じております。

  こうした取り組みだけではなくて、学校環境も児童生徒の成長に大きな影響を与えているものと理解しております。議員各位のご理解によりまして、学校のトイレ改修や大規模改造、あるいは空調設備設置など教育環境の整備が進み、児童生徒にとって進んで登校したくなるような快適な学習環境が整ってまいりましたことに教育委員会として深く感謝申し上げ、答弁とさせていただきます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) それでは、次の再質問に入らせていただきます。

  防犯カメラの設置について再質問をさせていただきます。先ほど生活環境課長からのご答弁もありましたが、私それを、視点を少し変えまして、学校における防犯対策として村木教育総務課長にお伺いいたします。学校は教育の場であると同時に、児童生徒が一日の大半を過ごす生活の場であります。児童生徒等の健康と安全に十分留意する必要があることはもちろん、豊かな人間性を育む潤いのある快適な空間として整備し、維持される必要があると思います。そこで、現在小中学校施設の安全管理、防犯対策はどのように図られているのかをお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 小中学校の安全管理、防犯対策に関する再質問にお答えいたします。

  教育総務課といたしましては、学校の施設や設備面を中心に、安全確保の観点から学校と連絡を密に行いまして対応させていただいている状況でございます。危険箇所の改善等に当たりましては、教育総務課において執行する安全管理のための修繕工事、あるいは各学校において速やかに行っていただくような小規模な対策、修繕等については、学校に予算の範囲内でお任せをさせていただいているというところでございます。

  そのような中で特に防犯対策面につきましては、教育総務課といたしましては、ご案内のとおり、夜間及び休業日についての機械警備による警備を委託しまして、不審者の侵入や火災の発生時等の緊急時の対応と連絡体制の徹底に努めておるところでございます。また、各学校には不審者対応のための刺股の配備ですとか、あるいはソフト部門になりますけれども、学校教育課が所管いたしますCAPプログラム等々で緊急時の対応、危機管理に努めていただいておりますが、教育総務課といたしましては、学校教育課とも連絡を取り合いながら、ハード面についてできることを今後も実施させていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 平成13年度から学校施設の防犯対策に係る整備が国庫補助金や地方交付税措置の対象とされていると思いますが、当町の小中学校施設の防犯カメラ設置の考えはありますでしょうか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  現在中学校2校の敷地内にはそれぞれ複数の防犯カメラを設置いたしまして、事件等が発生した場合や、あるいは校内で異常が認められた際の確認手段として、また未然防止の観点からも活用いただいておるところでございます。一方、小学校については、現在設置していない状況でございます。

  今後は、議員はもとより、PTAや学校を初め関係各方面からご意見等をさらにお伺いしながら、どのようなことが効果的なのかといったようなことを調査研究させていただきながら、検討させていただければというふうに思っております。

  ご指摘のとおり、この防犯カメラに関する国の助成制度がございまして、手前どもが行っております学校施設環境改善交付金の中に大規模改造工事の質的整備事業の中に防犯対策事業のメニューがございます。そして、その中に防犯監視システムや通報設備の設置事業も対象となっております。ただし、この事業につきましては、1校につきまして事業費1,000万円以上を対象とするということになっておりまして、それを4校で同時に事業を実施する場合には、また多額な財源等も必要になってまいります。

  いずれにしても、不審者の対応にはリアルタイムで監視しないと効果が発揮できないのではないかということもございますので、今後十分に研究をさせていただきたいと思いますので、ご理解いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 学校において児童生徒の安全がまず第一に確保される必要があると思います。今中学校2校の敷地内に防犯カメラが設置されているということですけれども、安全という部分に関しては小学校の部分でも同じような部分で言えると私は思います。小学校に設置されていないという部分の莫大なお金がかかるというのもよくわかるのですけれども、小学校に配置していない理由は何かありますか。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  中学校につきましては、生徒指導上の観点もございます。そのような中で、中学校に設置した経緯が、川角中学校には平成19年度、毛呂山中学校は平成21年度でございました。この時期に中学校のほうでいろいろな夜間等の事件あるいは警備システムが発報するような事象もございました。そのような経緯からも、中学校のほうにまず設置されたということで承知をしております。

  小学校についても、特に年齢的にも中学生よりも年齢が若いわけで、危険も多いと思います。学校に確認しましたところ、今のところは保護者等からの強い要望はないということでございますが、先ほどと重なりますけれども、今後十分に関係各方面と協議してまいりたいと思います。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) それでは、学校内への不審者が侵入したり、児童生徒の安全が脅かされるような事例というのは今まであったでしょうか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  各学校では不審者対応マニュアルを作成いたしまして、取り組んでおります。具体的には、登校後の校門を閉めたり、それから昇降口を閉めたり、あと始業中におきましては、生徒指導の先生、教員や管理職及び生徒指導支援員による校内の見回りを行って、訪問された方で名札等がついていない場合には、その訪問の目的を必ず尋ねるなど不審者の対応をしております。

  ご質問の不審者の侵入とか安全を脅かすような事例は現在発生しておりません。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 今、大分前の部分になりますけれども、小学校で不審者が侵入したような事件があったと思いますけれども、都市部では防犯カメラを設置されている学校が多いと聞いております。保護者から、先ほど課長も、要望というのは出ていないという部分のご答弁ありましたけれども、そういうことがあってからでは遅いので、そういう対策というのは積極的というか、経費もかかることではありますけれども、その辺をよく考えて進めていただけたらと思います。

  また、通学路なのですけれども、現在毛呂山町においては、通学路の安全確保のため登下校時に交通指導員配置及び防犯パトロールの実施を行っておりますけれども、そこには限界があると思います。そこで、危険箇所数か所に防犯カメラの設置の提案をいたしますけれども、その辺のお考えはいかがでしょうか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  通学路における防犯カメラ設置要望につきましては、1校でございました。児童生徒の通学路の安全を守るために、今議員がご指摘のとおり、交通指導員さんを初めスクールガード、PTAの皆さん、防犯センターゆずのボランティアの皆様方、たくさんの地域の方々が児童生徒の安全を見守ってくださり、大変ありがたく思っております。このようなボランティアの方々のご協力によって、本町で幸い大きな事件は起こっておりません。しかし、不審者による犯罪が本町でも発生している現状があり、容疑者の検挙に防犯カメラが大きな効力を発することは認識しております。

  先ほどの生活環境課長からの答弁もございましたが、設置場所の選定、あと住民の方々のご理解、また対費用効果等も含めまして、教育委員会として今後調査研究してまいります。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) 安全を守る上では、いろいろと人的な防犯対策等も十分あると思いますけれども、将来的にこの防犯カメラの設置という部分も配慮していただいて、事が起きてからでは遅いので、そういう部分を配慮していただきたいと思います。

  それでは、次に再質問をさせていただきます。図書館利用の推進について再質問をさせていただきます。先ほどのご答弁の部分でも、毛呂山町立図書館の利用状況は県平均を上回っているとのことですが、どのように工夫をされているのか、わかる範囲で結構ですので、ご答弁をお願いいたします。



○宮寺征二議長 伊藤生涯学習課長。

                 〔伊藤 清生涯学習課長登壇〕



◎伊藤清生涯学習課長 千葉議員の再質問にお答えいたします。

  図書館利用の工夫でございますが、毛呂山町立図書館では子供たちの読書の習慣化を目的に、特に町立の小中学校との連携に力を入れております。平成25年度におきましては、小学校4校への移動図書館の実施が82回、また小学校出張お話し会を17回、小学校朝の読み聞かせを30回実施しており、実施に当たりましては読み聞かせボランティア等地域の方のご協力もいただきながら、本を読むことの楽しさやすばらしさを子供たちに積極的に伝えているところでございます。また、自分の好きな本に本の帯をつくるという本のコピーライター賞という大変ユニークな事業も実施しており、平成25年度には町内の小中学生を中心に618点の応募がございました。こちらは町内の児童生徒の約4.2人に1人が応募したということになり、こうした図書館や図書に興味を持ってもらう取り組みも近隣では見られない工夫を凝らした事業であり、児童等の図書館利用につながっているものと考えております。

  さらに、一般向けの取り組みとしては、時代のニーズに応えられる資料収集として特に雑誌や視聴覚資料の充実に努めており、また数多くの各種講座も実施し、講座等の参加者による図書館支援ボランティアの育成も図るなど、こうした地道な取り組みにより、図書館を多くの方に身近に利用いただいていることが、県平均を上回っている要因ではないかと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) すばらしい取り組みをされて、その様子が、ご努力されている様子がよくわかります。

  さらに、この読書への意欲を高める効果が期待できる読書通帳というものがあるのですけれども、借りた本のタイトル、著者、貸し出し日が記帳され、読書履歴が一目でわかるというものがあるのですけれども、近隣市町村でもやっている市町村もあるのですけれども、そういった導入というお考えはございますでしょうか、お伺いいたします。



○宮寺征二議長 伊藤生涯学習課長。

                 〔伊藤 清生涯学習課長登壇〕



◎伊藤清生涯学習課長 再質問にお答えいたします。

  図書館に読書通帳の導入をということでございますが、現在埼玉県内において本格的な読書通帳を導入しているところにつきましては、鴻巣市、こちらのほうで本格的な読書通帳を導入しております。これは金融機関で発行されている通帳と全く同じものをATMを模した読書通帳機に入れると、自分で借りた本の貸し出し履歴が印字されるというもので、鴻巣市ではこの読書通帳の導入により、子供たちの図書等の利用点数が大変ふえたということでございます。ただ、こうした本格的な読書通帳の導入については、金融機関で利用されているATMと同じような機器を使用することから大変高額な費用を要するため、本町においてはなかなか難しいものではないかと考えております。ただ、県内におきましても、手づくりの読書通帳的なものの発行を寄居町や吉見町、近くでは越生町で既に実施しておりますので、今後毛呂山町立図書館でもこうした取り組みが実施できるかどうか、既に実施している県内の図書館を参考に今後研究してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 千葉三津子議員。



◆4番(千葉三津子議員) これは事例なのですけれども、富山県の立山町で実施している部分なのですけれども、この立山町の場合は、取り組みに賛同してもらった地元の銀行に通帳制作費を負担してもらい、地元の団体からの寄附を活用し、読書通帳を購入するという部分の事例もやっているということなので、お金のかかることではありますけれども、先ほど課長が言われたように、まずは手づくりのそういった読書通帳をつくって図るというのも一つの手段というか、手法かなと思いますので、読書意欲を身につけてもらうためにはいろんな努力をしていただけたらと今後も考えておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上で一般質問を終わります。



○宮寺征二議長 この際、午後1時15分まで休憩します。

                                      (午前11時30分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時15分)

                                              

         ◇ 村 田 忠次郎 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  村田忠次郎議員。

                 〔5番 村田忠次郎議員登壇〕



◆5番(村田忠次郎議員) 5番、村田忠次郎です。議長から発言の許可をいただきましたので、一般質問をさせていただきます。

  郷土に根差した豊かな心の醸成についてということで質問いたします。園便りや学校便りに載っているサツマイモ掘りや稲刈りについての記事では、泥だらけになって掘っている子や、鎌で刈り取った稲のあの甘い香りを嗅ぎながら稲刈りを楽しむ姿を見ることができました。幼少期のこれらの体験は、心の深い部分に残ると言われます。友達や先生の言葉、表情、さらにこれらの体験を指導してくださったおじさんやおばさんの親切心までセットで記憶されると思います。自然、なりわい、祭りなどの環境に触れたり、実体験を積むことは、地域や人に愛着を感じ、ふるさと意識として心深く刻みつけられると思います。毛呂山への親しみが増し、毛呂山を愛し、毛呂山を大切にする気持ちが育ってくると思います。

  しかし、最近は不審者のこと、また習い事の多いこと、学力向上について宿題をいっぱいやらなければならないと、そういうこともあり、子供たちが遊んだり、いたずらも余り見かけません。子供たちにどっぷり地域文化に触れさせることは、豊かな心、郷土への愛着心を育み、この毛呂山町を支える強い力となるはずです。これらを踏まえて、当町の子供たちに対するふるさと意識の醸成への取り組みについて質問します。

  1、ふるさと意識の醸成を意識した体験学習についてを伺います。

  2、資料館と学校の連携による事業について伺います。

  3、地域の祭りへの教諭の参加について伺います。

  4、ふるさと意識の醸成と新任教諭研修についてを伺います。

  問いの2、スポーツ振興課長に伺います。スピード感のある行政を期待すると題して伺います。行政改革の流れの中で、公民館や体育館の有料化が進められました。公民館は平成16年10月に、体育館は平成20年1月に答申があり、有料化されました。以来6年から10年が経過しました。しかし、その間に、当時は余り問題にされなかった高齢化がますます進み、介護費、医療費も増し、財政を圧迫しています。私は平成25年6月議会以来、4度にわたり、高齢者へのグラウンドの開放、高齢者のスポーツ振興について一般質問をしてきました。これは、高齢者がグラウンドを活用することが健康保持や地域の触れ合い増進、生きがいづくり、生涯学習面、介護費、医療費の減少等で重要と信じ、この件についてまだ実現に至っていないので、改めて質問いたします。

  質問1、社会教育委員会や教育委員会での議決と、議会での課長の答弁、発言でどちらが優先されるのか。

  質問2、高齢者福祉課と教育委員会(生涯学習課)との協議が十分できていれば、この件については早期に結論が出たのではないかを伺います。

  以上、一般質問といたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 村田議員の1問目のご質問のうち、1点目、3点目、4点目につきまして順次お答え申し上げます。

  少子化が進むことが今後懸念される中、ふるさとを愛し大切に思う心を子供たちに培うことは、郷土の活性化を促すためにも大切であると考えます。

  1点目、ふるさと意識を視野に入れた体験学習につきましては、小学校では地域の指導者を招いて稲作体験や菊の栽培を行うなどの農業体験、生活科での町探検や郷土料理に触れる食育体験、国語、社会科における調べ学習など、地域フィールドに出向いての直接体験を通した学習を進めております。また、中学校におきましては、1年生が毛呂山町の各事業所で3日間の職場体験を行う中学生社会体験チャレンジ事業を事業主の皆様のご理解とご協力のもとに進めております。いずれの学習も、郷土を深く理解し、豊かな心の育成に資する取り組みであると認識しております。

  続きまして、3点目の地域の祭りへの教員の参加につきましては、学校、家庭、地域が一体となって子供を育成する観点から地域の要請に応じてイベントに加わったり、子供の派遣の引率を行ったり、また防犯や生徒指導での見守り活動に取り組むなど、地域の中の学校という意識を常に持つように、校長会等を通じて職員にも指導しております。

  4点目、ふるさと教育の醸成と新任教諭研修につきましては、郷土理解研修を教育センター事業として行っております。5月に町内小中学校への転入教職員や新任教職員を対象にして、町バスを使用し、町内の公共施設や歴史文化、自然に触れるフィールドワークを体験してもらい、赴任した教職員が毛呂山町を知り、愛着を深めて毛呂山町の子供たちを導くように意識の高揚を図っております。



○宮寺征二議長 村木歴史民俗資料館長。

                 〔村木 功歴史民俗資料館長登壇〕



◎村木功歴史民俗資料館長 1問目の2点目、資料館と学校の連携による事業についてお答えいたします。

  毛呂山町教育振興基本計画におきまして、歴史民俗資料館は「歴史・文化の継承と郷土を愛する心の育成」を目標に掲げ、さまざまな事業に取り組んでおります。児童生徒が郷土の歴史や風土について見聞を広め、理解を深めることは、ふるさとへの愛着を育む大きな助けになるものと考えております。

  歴史民俗資料館が学校教育との連携により実施している事業といたしまして、まず小学3年生の昔の暮らし体験がございます。副読本で紹介されている石臼や炭火を使ったアイロンなど昔の道具を実際に使用することで、先人の暮らしを実体験として学習いただいております。今年度から、体験した内容について意見を述べ合う振り返り学習を時間内に取り入れ、学習としての効果を高める取り組みも進めております。

  また、日本史の学習を始める小学6年生では、ガイダンスとして資料館の展示を利用しており、町内出土の土器に触れながら歴史を体感できる授業を行っております。

  平成23年度からは、郷土愛の醸成と社会科の学習意欲高陽のために毛呂山町小・中学校社会科研究展を、さらに平成25年度からは、この研究展の優秀作品に選定された児童生徒による社会科研究発表会を、いずれも資料館を会場に実施しております。本事業は、社会科主任会の研修を通じて教員と学芸員とが具体的な情報交換を行いながら進めるもので、学校、学校教育課、資料館による連携事業に位置づけております。児童生徒は現地に足を運ぶことで毛呂山町の新たな魅力に気づき、また家族からの聞き取りや、地域住民の皆様の協力を得ながらまとめた作品も多数ございました。見学者のアンケートでは、毎年内容が充実している、児童生徒が出品されることを励みに研修に取り組んでいる等のご意見をいただいております。

  このほか、毛呂山小学校の歴史文化朝会に資料館職員が出向き、全児童を対象に郷土の歴史や文化財などをわかりやすく紹介するといった取り組みも行っております。

  歴史や文化を踏まえ、児童生徒のふるさと意識や郷土への愛着を育むために、歴史の実資料を教材として活用できる資料館が果たしている役割は大変大きなものがあると認識をしております。今後も学校との連携を密にしながら教材研究や学習プログラムの充実を図るとともに、事業スタッフとして参画いただいている資料館サポーターとの連携にも一層努めてまいりますので、ご理解賜りますようお願いいたします。



○宮寺征二議長 小室スポーツ振興課長。

                 〔小室富保スポーツ振興課長登壇〕



◎小室富保スポーツ振興課長 2問目、スピード感のある行政を期待するについての1点目の質問についてお答えいたします。

  議員ご承知のとおり、社会体育施設使用料のあり方については、社会教育委員から答申をいただいた経緯がございます。現行制度の見直しや改正を伴う場合、諮問機関等幅広くご意見等を伺いながら、慎重に進めなければならないと思います。

  社会教育委員や教育委員会での議決と議会での答弁ではどちらが優先されるかというご質問ですが、使用料の減免について新たな基準及び割合を定める場合、事務手続上必要不可欠な過程と認識しておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、2点目の高齢者福祉課と教育委員会あるいは生涯学習課との協議が十分にできていれば、この件については早期に結論が出たのではないかについてお答えいたします。高齢者支援課とは特に協議を行っておりませんが、社会教育委員の庶務を担当いたします生涯学習課と協議をさせていただきました。社会教育委員定例会議を年3回予定しているところ、検討会議を8月と10月に開催していただき、町体育施設の使用料減免について検討していただきました。

  社会教育委員の答申された体育施設有料化への提言における中で、基本的に住民の公平性と受益者負担の原則及び行財政改革の一環としての財源確保、収益増加につながる改正でなければならないということと、対象となる高齢者の年齢基準に難航しており、結論に至っていないため、再度12月開催予定の定例社会教育会議に諮る方向で考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) それでは、順次再質問をさせていただきます。

  郷土に根差した豊かな心の醸成という、子供が本当に少なくなってきて、一人一人が非常に大事にされている。学力の問題もそうです。体力のこともそうです。それから、いろんな、今までとは違った教育の幅を持って、教育委員会を初めとして学校の先生方が取り組んでくれています。全体的に見ると、本当に生きる力がしっかり育っているのであろうというふうには思います。しかし、授業時数はそんなにふえてもいないし、それから下校時間も早まっています。昔は5時、6時ぎりぎりの、本当に真っ暗になるくらいのころに帰ったわけでございますけれども、このごろは一斉下校で早くに帰ってしまいます。そうすると、本当にいい体験も、よくない体験もできなくなってしまう。そういうことが学校の今の現状ではないかなというふうに思っています。ですから、子供たちは細い子供になってしまうというか、体力だけではなくて、気持ちの面でもどんとした太さがなくなってしまうのではないかなというふうに心配しております。

  そういうところですけれども、先ほど教育委員会、それから資料館の館長さん、課長さんから報告があったように、いろんな面で育ててくれているのだなということで、ある面では安心をしております。しかし、最近、ちょっと長くなってしまうのですけれども、先生方がどんどん若くなっています。そうすると、この毛呂を知らない先生もふえています。ですから、そのことに関係して、最後のところにありますけれども、新任研修を本当に大事にして、この毛呂を好きになるようにというふうに私は願っています。先生方は毛呂に対する意識というのはどんなふうなのか伺いたいと思います。どんな気持ちで毛呂を見ているか伺います。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの質問にお答え申し上げます。

  本町の教員がどのように毛呂を見ているかということでございますけれども、やはり一番大事なといいますか、歴史的なものでいいますと、流鏑馬、それにつきましては、皆さんが教員として非常に関心を持っております。

  確かにこの毛呂山町出身の方がそう多くいるわけではございません。しかも、今議員さんがご指摘のとおり、年々若い教員がふえている。それから、50代の教員が減っているのは事実でございます。そういった意味でも、その若い教員がもっともっと毛呂山を知るために、今私たちが答弁しましたような研修や、それから地域に出ていくということを通じて、とにかく毛呂を知ろうということを今やっております。ここでは触れなかったのですが、5年経験者研修として、毛呂山の埼玉医大にある薫風園というところと、それからあと歴史民俗資料館に行きまして、2日間の体験をします。そのようなことを踏まえながら、やっぱり毛呂をしっかり知ってもらって、毛呂を好きになってもらうということも教育委員会として今取り組んでいるところでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) ぜひ地域に根差す教育を進めていただきたいというふうに思います。地に足をつけた生徒の生きる力を期待したいと思います。

  続きまして、伺いたいと思います。資料館と学校の連携による事業ということですけれども、大変いろんな体験学習をしてくださっているようですけれども、学校との打ち合わせは時間は十分あるのだろうか。というのは、6校あるわけで、資料館は1つですから、時間的にどうなのか心配しています。伺います。



○宮寺征二議長 村木歴史民俗資料館長。

                 〔村木 功歴史民俗資料館長登壇〕



◎村木功歴史民俗資料館長 再質問にお答えいたします。

  資料館と学校との連絡体制でございますけれども、資料館にかかわってまいりますのは学校のほうの社会科の先生方ということになります。資料館所蔵の資料を授業の中でどう活用するのか等々につきまして、教師側から資料館の活用についての要望を聞くなどいたしまして、意見交換、情報交換を行っている状況でございますが、その機会といたしましては、社会科主任会の研修を通じまして、越生・毛呂山班、社会科主任9人いらっしゃると思いますけれども、これらの方々と当課の学芸員等々がお互い双方向に意見交換をしながら、資料館が一方的に説明するだけではなくて、先生方のほうから教育効果を狙ったような取り組みについてなるべく意見をいただく。それを資料館としてはなるべく取り入れるといったような、双方向に機能するような形での意見交換をしながら進めているところでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 小学校でも昔の遊びということで、お年寄りから教わったものを、また小さい子供たちに伝えてくれるということ、そういった活動がありますけれども、それも非常に大事なことですが、資料館との連携では、いわゆる古いものを見て、さわって、それをまねしてつくって、つくったもので遊んで、それ全体をまとめていくという、そういうふうなことが、一連のものがあると非常によい体験となると言われます。そういうふうなことに時間をとるゆとりはあるでしょうか、伺います。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  各小学校、中学校におきましては、特に総合的な学習の時間及び生活科におきまして、地域の人材を活用して、お年寄りに来ていただいて、そのような形の昔遊び体験とか昔の文化に触れるというようなことを計画的に行っております。年間計画に位置づけて取り組んでおります。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 皆さんご存じのように、資料館の周りには本当に古い時代からの遺跡がたくさんあります。そして、鎌倉街道があって、またその先には越辺川があって、船運ですね、昔の大水が出たときに材木を流して江戸に送るというようなこと、そういった作業もあったと。非常にいろんな面でいわゆる材が点在しています。これをやっぱり子供たちもぜひ感じ取らせたい。フィールドワークというふうにおっしゃいましたけれども、夏休みなどはぜひそういったことに取り組む活動もあってもいいのではないかなというふうに思います。そこまではまだいっていないかもしれませんけれども、ぜひお願いしたいと思います。

  それには、資料館の職員も足りない。先ほど申された、やっぱり手伝いの方をお願いしてというようなこともいいことだと思います。毛呂山町ならではの学校と資料館との連携事業が展開できるといいなというふうに期待しております。それが子供たちへのいい指導にもなるし、またふるさとに根づくためのいい体験活動になるのではないかなというふうに思います。

  子供だけではなくて、大人もそういったところに参加する。資料館まつり等での取り組みがあるわけですけれども、それについて少しでも議員さんや皆さんにお知らせしたいということがあれば、館長のほうからお話ししておいてください。どんなことがありますか。



○宮寺征二議長 村木歴史民俗資料館長。

                 〔村木 功歴史民俗資料館長登壇〕



◎村木功歴史民俗資料館長 再質問にお答えいたします。

  小中学生、子供だけではなく、大人も交えた取り組みという趣旨でございますけれども、例えば資料館まつりのほうでは、実際に資料館には、体験学習として活用しても結構ですといったような許可の上に寄贈いただいている、例えば縄ない機ですとか、あるいは石臼ですとか、そういった生きた有形民俗文化財が収蔵されております。これらを使って、縄ない機で実際に縄をなうといったようなことを資料館まつり等々の体験学習で取り入れておりますが、こういったことは若い大人の方もなかなか、私もそうですけれども、体験したことがないということで、そういった意味での資料の活用効果があるのではないかと思いますので、一例としてご報告させていただきます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 小山前教育長の時代から始まった社会科の研究とその発表ということがありました。そのときに作品を宮崎県の木城町に送って、また向こうからもいろんな研究物が送られてきて、そういった交流があった。その後に私たちも会ったことがあります。向こうの議員さんたちと話をする機会があったときに、大変いいことだということで高く評価してくださいました。ことしはどんなものを送ったのか教えていただきたいと思います。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  木城町交流につきましては、長年取り組んでおりまして、ことしは本町から絵画が36点、それから書写に関しては51点です。それから、今申しました社会科展の入賞したもの8点、それを木城町に送っております。木城町のほうからは絵画が14点、それから書写がやっぱり14点ほど来ております。社会科展の入賞作品を送るようになったのは去年からでございます。先ほどもありました板碑の社会科展での入賞作品がすごく立派にできておりまして、それを木城町に送りましたところ、木城町のほうでは、こんなすごいものがあるのだということで、教育長さんを初め大変お褒めの言葉をいただいております。毛呂山町をよくアピールできる絶好の機会だと思いますし、毛呂山町を知っていただくためのものとして非常によくなってきておりましたので、今後とも続けていきたいと考えております。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 非常に板碑などはふだん余り見ることができないわけで、そのことについて発見されたものをもとにして勉強するというのは非常にいいことだと思うし、そういうふうなことで地域に本当に愛着を感じる、あるいは先人たちがこういうものをつくったり飾ったりしていたのだという、そういった誇りを持てるわけで、本当に地域に根差して、力強い子供たちに育てていただければありがたいというふうに思います。これからの資料館の活動にも、それと学校との連携にも期待したいと思います。

  3番目に、地域の祭りへの教諭の参加についてですけれども、昔は、私が現場にいるときに、「流鏑馬の口取りをしてくれと言われているのだけれども、校長先生、出させてもらっていいですか」というふうに言いました。そうしたところ、「地域の祭りなんだから、どんどん出なさい。時間は、授業に影響なければよい」ということで、言われました。それで、その当時口取りとして参加したのですけれども、このごろ毛呂山町ではそういった温かく見るというか、協力を支えるとか、そういう考え方はあるのですか、伺います。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの質問にお答えいたします。

  そのような関係で地域のために活動しているということでありまして、校長からそのような申し出があった場合には、こちらのほうも配慮するようにしております。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) ぜひ支えてください。

  それから、続きまして、お祭りに行くと校長先生の姿にはよく会えます。校長先生はいる子供たちと話したり、親と話したり、そういったかかわりをいっぱい持っていますけれども、普通の先生方は「防犯」というのを書いたこれを着ていたり、それからPTAの人たちも同じですね。そういった人たちには会えるのですけれども、普通の平服でいる先生には会うことはできません。できる限りお祭りのときにも先生方も参加できるといい。本当の意味での参加ができるといいというふうに思うのですけれども、そういったことについての働きかけはあるのですか。働きかけはしていますか。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの質問にお答えいたします。

  週休日またはそのようなお休みのときに、こちらのほうとしては校長の立場としてぜひ出場していただきたいということは言うことはできるのですが、これは服務上のことがございますので、それを強制することはしてございません。あくまでも、その気持ちがあって、そのようなことで時間があるという場合にはお願いしたいということで言っております。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 確かに時代が変わって、行ってくださいと言えば、それはもう校長さんから命令というふうに受けとめられてしまって、勤務時間というふうに考えてしまうかもしれません。でも、そのように考えるようでは本当の勉強にはならないというか、できれば新しい先生方とか、あるいは外部から入ってこられた先生方には、自分から積極的に学ぶという姿勢、お祭りに参加するという姿勢が少しでも表に出るようにふだんから接してもらいたいなというふうに思います。

  この報告書の中に、新任教師に郷土理解研修の内容はどうなのか、これを伺いたいと思います。郷土理解研修の内容について伺います。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの質問についてお答えいたします。

  郷土理解研修につきましては、夏休みに、夏休みの期間を利用しまして1日行います。先ほども言いました町バスを利用しまして、役場から出発しまして、各町内の施設を見学します。それから、あとは民俗資料館。それから、民俗資料館におきましてワークショップを行います。また午後になりまして、町内の各施設を見学して、大体4時半ごろに帰宅するという、こちらのほうに帰るということで、給食センターだとか、重立った町の施設を見学する。それから、伊波比神社等も見学してございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 新任研修の中には栽培活動等は入っていますか。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 質問にお答えいたします。

  特別に栽培等はしておりません。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 希望ですけれども、理科や、それから生活科等で野菜を栽培したり菊を栽培したり、そういったことによって近隣のおじいちゃん、おばあちゃんとの交流が持てているわけですね。特に泉野小学校なんかは菊づくり、それから米づくり、それから毛呂山町内では全ての小学校で米の栽培が行われているという非常にいいことがありますので、身近な野菜とか、あるいは花とか、そういったもの、先生方も栽培体験をするといいというふうに思います。最近は先生方も、ちょっと言葉はよくないですけれども、頭でっかちになってしまっているという、本当にそういった面で体験が乏しいというふうに言われますので、ぜひお願いをしたいと思います。

  全体的に見ると、本当に毛呂山町は地域に誇れる、それからまたいろんな体験が行われていて、しかも資料館とか、あるいは地域の人たちとか、おじいちゃん、おばあちゃん、それから農家の方々、そういった人たちの支援があって、本当に子供たちがしっかり育つ教育環境であるなというふうに思います。ぜひこれからもそういったことを意識して、誇りを持って毛呂の教育をさらにほかの地域に知ってもらうという、それから子供たちにも、親にも知ってもらうという、そういう努力をされることを期待しています。

  それでは、続きましてスポーツ振興課長に伺います。先ほど報告をしていただきました。ただ、その中で課長の答弁は、私は例えばほかの諮問機関である社会教育委員会とは違って、もっと上というのですか、上位にあるというふうに私は思うのです。ですから、諮問機関の意見によって課長の考え方が、あるいは町の、課長の考え方というのは町の考え方ですから、それが動いてしまうようでは望ましくはないというふうに私は思っています。その辺のところで上下関係はどうなのでしょうか。



○宮寺征二議長 小室スポーツ振興課長。

                 〔小室富保スポーツ振興課長登壇〕



◎小室富保スポーツ振興課長 再質問にお答えいたします。

  課長の考えと諮問機関との関係でございますが、教育委員会に当たりましては、社会教育委員さんに審議していただくとか、諮問機関というふうな制度がございますものですから、課長のただ意見、考え、それが優先されるとは私は認識しておりません。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 課長がそのように思われるのは、それは課長の考え方ですけれども、課長がここで答弁するということは、これは単に課長個人でもって考えて答弁するわけではないわけで、町全体の考え方であろうというふうに私は思うのですね。一度明るい見通しを持って答弁をしたときに、それがそういった答弁をした場合に、これはそこから引き下がることはない。普通であれば、引き下がることはないというふうに思うのです。というのは、あいているグラウンドを高齢者の方々に開放してくれとしたときに、例えば3月には決まるから、それから6月に決まるから、さらに、12月になってもまだ決まらない。そういうようなことでどんどん引き延ばされて、そのうちに一番最初の雰囲気から変わってきてしまっている。それは、ではどういうことなのだ。その辺についてはどのように考えたらいいのでしょうか、伺います。



○宮寺征二議長 小室スポーツ振興課長。

                 〔小室富保スポーツ振興課長登壇〕



◎小室富保スポーツ振興課長 再質問にお答えいたします。

  本年の6月に体育施設の使用料につきまして、村田議員さんから一般質問をお受けいたしました。私のそのときの答弁につきましては、現時点での前向きな姿勢がわかるので、現時点での研究成果を教えていただけないかというふうな再質問に当たりまして、私はその当時の時点でのお考えを申させていただきました。しかし、その後に、この件につきましては社会教育委員さんや教育委員会にお諮りして決定していきたいと申し上げさせていただきました。その点でご理解をいただきたいと思います。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 一番最初は、西戸のBグラウンドはお年寄りに開放する。しかも、それは土日は無理なので、ウイークデーを開放するという、そういうことだったのですね。その次は、今度はほかのところも前向きに考えましょうということで、考えてくださいますということなので、それを待ったわけですけれども、それはだんだん広げていくことが進んでくると、今度はまたぼやけてしまって、また外部から意見が入ってくるということもあって、それが難しくなってしまったという。この12月、ここへ来てはそれが明白には示されない。もちろん12月に委員会が開かれるということなので期待しておりますけれども、だんだんそういうふうに様子が変わっていってしまうということは非常に望ましくはない。一遍課長の口から出たのであれば、それはぜひ守っていただきたい。

  それから、研究しますというふうに言われたのであるならば、では3か月間どのように研究して、どのような結果を得ているのか、そういったことについても報告していただきたいというふうに申し上げたことがあります。

  議会で議員が質問して、それに対して研究するとか検討するとかということで、簡単に言えばごまかされるというふうに言われますけれども、それは望ましいことではない。「町民を代表して」とか、あるいは「町民の意向を皆さんに伝える」と。できるかできないかは別として、伝えるわけですから、本当に一生懸命伝えるわけですよ。ですから、それに対しては、皆さんも毛呂山町民なのですから、ほとんどがですね。毛呂山町民のことをしっかりと考えて、「検討する」と言ったら、しっかり検討してもらいたい。そして、その報告をしてもらいたい。それは、私は私議員という立場の人間に対してではなくて、町民に対してだと私は思います。町民を軽視してはならない。お年寄りも町のために頑張ってくれたわけですから、その人たちがより楽しく、そして元気にいいかかわりを持ってスポーツを楽しめるようにするのは当たり前ではないですか。スポーツ振興課という、単にスポーツ振興課だけではなくて、高齢者の場合には高齢者福祉ということが入ってくるわけです。町長もそういったところに力を入れますよということをおっしゃっていました。ですから、そういったことも酌んできちっと進めてもらいたい。私は、私のためではないですよ、全然。ですから、ぜひその辺のところはしっかりとお願いしたい。大変だと思います。もちろんいろんな決まりを守らなくてはいけないし、小室課長も大変だと思うけれども、ぜひお願いをしたいと思います。

  あと、そこで今申し上げましたけれども、こういったことがあったときには、スポーツ振興課だけではなくて、高齢者福祉とか、介護の担当とか、そういったところともやっぱり話し合いを持って、横の連携を持って答弁をしてもらいたい。そして、それを進めてもらいたい。そうでないと、単独だと、その立場でしか話ができないわけです。そうではなくて、高齢者スポーツというのはやっぱり福祉とスポーツと一体、それから町づくりとか、そういったコミュニティとか、そういったものも含まれてくるわけですから、ぜひそこら辺のところは、若い課長さんたち、あるいは係長の皆さん、もちろんリーダーの町長や局長、副町長、そういった方々の指導も受けながら、本当に町民のためになる施策を実現していただきたいと思います。

  全体的に見て、何をこうしようというふうなことは答えいただきませんけれども、最後に町長からその辺のところの覚悟をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。全体です。



○宮寺征二議長 町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 村田議員の再質問にお答えをいたします。

  全体を通していろいろと教育関係についてご指導あるいはご指摘をいただきまして、大変ありがたく思っております。特に自然とのいわゆる共生といいますか、学校の子供たちに自然の体験を通して豊かな情緒を育む、そういったところ、非常に今の文科省のほうもこの関係については進めている案件でもございますし、過去から多くの議員の皆さんにもご指摘をいただいていた案件でございます。そういったところが大分この4小学校ではそろってきたということで、いい方向だというふうに思っておりますし、これからもぜひ教育部局のほうにこの関係をさらに広げていただきたいというふうに思います。

  それから、一番ご懸念のお話になっておりました高齢者の関係についてのグラウンドの使用等について、これはやはり受益者負担の関係で、過去にこれは非常に議会でもいろいろとお話しになった関係でございました。社会教育委員会でこれを諮っていただいて、受益者の負担をお願いしてきた。そして、その経緯を十分知っている、その過去を存じ上げている皆さんがまた同じような案件を協議しているわけでございまして、グラウンドのみならず、いろんな屋内の施設、こういったものも含まれるわけでございまして、そこに不公平というか、そういったものが発生しないように、これは町のいわゆる仕組み、あるいはこういう流れの中で一番協働の町づくりという形を進めている関係で、諮問、答申というものがあるわけでございますので、この点についてはご理解を賜りたいというふうに思います。できるだけこういったところ、いわゆる近隣の自治体であったり、いろいろと、この時代、時代の考え方ありますから、こういったところを踏襲して、前向きに、いい方向になるようにお願いをしたいところでございます。ご理解を賜りたいと思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) ありがとうございます。

  私の質問は以上で終わりにいたします。ありがとうございました。



○宮寺征二議長 この際、午後2時20分まで休憩します。

                                      (午後 2時06分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時20分)

                                              



△発言の一部訂正



○宮寺征二議長 村田議員から発言の申し出がありますので、特にこれを許します。

  村田忠次郎議員。

                 〔5番 村田忠次郎登壇〕



◆5番(村田忠次郎議員) それでは、失礼いたします。先ほどの一般質問の中で、「高齢者福祉課」というふうに申し上げましたけれども、「高齢者支援課」の誤りです。訂正させていただきます。ありがとうございました。



○宮寺征二議長 お諮りします。

  ただいま訂正の申し出につきましては、許可することにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、村田議員からの発言の訂正を許可することに決定しました。

  小室スポーツ振興課長より発言の申し出がありますので、特にこれを許します。

  小室課長。

                 〔小室富保スポーツ振興課長登壇〕



◎小室富保スポーツ振興課長 先ほどの答弁の中に、2点目の「高齢者福祉課」と私申しましたので、「高齢者支援課」と訂正をお願いしたいと思います。大変申しわけございませんでした。



○宮寺征二議長 お諮りします。

  ただいま訂正の申し出につきましては、許可することにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 ご異議なしと認めます。

  よって、小室課長からの発言の訂正を許可することに決定しました。

                                              

         ◇ 長 瀬   衛 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  長瀬衛議員。

                 〔12番 長瀬 衛議員登壇〕



◆12番(長瀬衛議員) 議長のお許しをいただきましたので、一般質問を行います。

  2年前に安倍首相が掲げた政権公約の中心は、デフレ脱却をうたった経済政策でございました。そして、金融財政を駆使して、3本の矢を放ちながら2年間が経過いたしましたが、結果として好景気に沸くのは一部の投資家や輸出大企業に限定され、庶民の暮らしにはますます不景気感が増しているというのが大方の見方であります。

  そんな中、消費税増税を先送りしなければならない状況に追い込まれての解散総選挙かと思いきや、アベノミクスの成果を問うことを大義名分化した衆議院選挙は昨日公示され、各党入り乱れ、暮れの選挙戦が今始まっております。巨大与党体制であること、そしてまた、まだ道半ばの2年というタイミングからしても、まさに政治の場では一寸先が闇であり、時にはこういう不思議なことも起きるものだと改めて驚いているところであります。

  しかし、今回の一連の動きや各党の公約を見ても、事実上の解散理由となった消費増税の是非はもちろんのこと、経済再生、財政再建、地方創生、女性活躍推進、集団自衛権行使の問題などが語られているものの、今後の日本にとって最大課題が余り大きく取り上げられておりません。すなわち、国の存続にかかわる少子高齢化への抜本的な対策であります。もちろん国家の運営である以上、TPP問題、中国や韓国との国際的な課題や、あるいは防衛課題も欠かすことはできません。しかし、経済の好循環、地方創生という前に、もう少し力強い人口政策が必要ではないかと感じるのは私一人ではないはずであります。

  そこで質問に入りますけれども、今回の解散総選挙とは違って、任期満了による町長選挙は来春に迫りました。前回立候補した立場ではありますけれども、この4年間という歳月を複雑な思いで振り返っている昨今であります。当然1期4年も残すところわずかとなった現職の井上町長にしてみれば、公約として掲げた20項目がこの4年間においてどの程度達成できたのかどうかは極めて大事なことであります。20項目の達成年次を1、1年以内に達成、2、2年以内に達成、3、すぐに取り組み、継続するとし、町長報酬額の減額から始まって、いろいろ通学路のガードレール関係や学校、トイレ、あるいは農業改革をお見せしますというような公約もありました。いろいろな公約は掲げられておりましたけれども、確かにそれらは数多い町づくりへの手段の一つには違いありません。しかし、何より、その公約実現によって、このように町がよくなったという実感を誰もが持てることが必要であります。井上町長は基本理念を自助、共助、公助による町づくりとしています。これは景気のよかった時代も、そして今も共通する考え方で、何でも役所がやるのではなく、住民としての責務を果たしてほしい、地域も連携して力を合わせてほしいという考え方は当然のことであり、だれしも考えていることであります。そんな中、あえてこのキャッチフレーズを掲げただけで、それなりの特色が見えてこなければなりませんが、特にその点で何か変わったとは今私は思えません。そこで、3月議会の一般質問でも20項目の公約達成状況についてお伺いいたしました。任期間近となった今、改めてこの公約の最終成果をお伺いいたします。

  また、先ほど申し上げたように、公約は手段であり、その結果として町のここがこのようによくなったという説明が必要です。具体的にお答えください。

  さらに、9月議会の一般質問に答えて、次期町長選挙への出馬を表明いたしました。2期目に向けて何を町民、有権者に訴えていかれようとしているのかお尋ねいたします。

  以上、私の一般質問といたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 長瀬議員の井上町政の成果などについてのご質問にお答えをいたします。

  まず、私の施策、公約は、より具体的なものをと考えて町民皆様にお示ししてきたところでございます。これまでその具体的な項目に対しまして各担当課が真摯に捉え、その実現に向けて鋭意努力をしてまいりました。そのことによって町民の皆様から信頼を得ることができたとともに、町民の皆様のご協力を得ることができたものと思っております。町の姿勢がよくないと判断されれば町民の皆様からのご協力は薄れるものであり、町の一生懸命な姿勢が伝われば町民の皆様からの協力をいただけるものと信じて町政運営を行ってまいりました。

  私の町政報告の秋号でもお示ししたとおり、現在毛呂山町の財政は健全に運営されております。それは町民皆様の納税に対する考え方にも顕著にあらわれているところでございますし、そのほかにも建設関係におきまして、これまで応じていただけなかった道路改良などに対する私有地の協力も得ることができております。すなわち、私が掲げた施策がさまざまな分野で達成できている背景には、町がさまざまな事業に対し真摯に取り組んでいる姿勢や、そのことを評価し、協力してくださる町民の方々の存在が大きく作用しているものと捉えることができると考えられます。私はそういった一連のつながりがとても大事なことであるとは常々からお話ししてきたことでございますし、町の事業が円滑に進められていることも、そういった思いが回帰して進められているものと考えております。特に学校を取り巻く環境におきましては、ハード面とソフト面が大変よくなってきたことにより、子供たちにもいい変化が出てきたことを議員も感じてもらえるのではないでしょうか。

  そして、町民に訴える主な施策でございますが、町政の円滑な運営のためには、各行政区の良好な運営と協力が必要であると考えております。また、各行政区への個人の協力も、個人と地域の関係がよくなければ良好な関係は生まれてきません。その原点を大事に考え、個人と行政区、行政区と地域、地域と町というつながりを掘り下げながら、さらなる協働の町づくりを実現してまいりたいと考えております。また、地域おこしにつながるような施策に町が応援や協力できる体制もあわせて整えていきたいと考えていく所存です。

  今後も高齢化、少子化、防災関係など効率的な考え方から優先順位を考え、行政運営に努めるところでございますので、ご理解を賜りますようにお願いを申し上げます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) きょうは公約について一通りお聞きするわけでございますけれども、きのうから一般質問始まっておりまして、他の同僚議員の大変すばらしい質問の中で、何かお茶を濁すような質問になるかもしれませんけれども、ひとつおつき合いいただきたいと思います。

  私も、ご存じのように、何回となくこれまで公約を町民の皆さんに公表して、戦ってきた経過があるのです。できるか、できないかというのを私は特に慎重に考え過ぎたという反省もありますけれども、どうしてもおとなしい公約になってしまっていることも自分で今認めているような状況でございます。例えば、町議選に出るときなんか、私は町議というのは執行権がありませんから、どこどこの道路を直しますとか、あれをやりますとかということを私は言う立場でもないというものがありますから、いつも町民の立場で考えて行動しますよというようなことを町議選では公約に掲げるのみでやってきた状況です。大変これはうまいやり方ではないかと思いますけれども。

  また、きょうも一般質問でありましたけれども、どこかの政党のように細かく数字を挙げ過ぎたばかりに、それが達成できずに袋だたきに遭ってしまうような政党もありました。

  ともかく、いずれにしても公約は慎重に公表をして、余り簡単に達成できそうなことは載せないで、ともかく精いっぱい努力して、何とかこの4年間で達成するのだというような思いの中で公約というものはあるべきだと私は思います。でも、結果については自画自賛ではなくて、これは最終的にやっぱり有権者の決める問題だと思います。

  昨日来、町長のこれからの公約についての質問がありまして、これについては今検討中だから、幾つかの部分を除いたことは言えない、発表できないということがありましたけれども、私は先ほど聞いたのは、これまでの成果について具体的にどうでしょうかと言ったら、先ほどの答弁では具体的には特になくて、町民の信頼を得ることができたとか、いろいろ、これこそ自画自賛の今ご答弁がありましたけれども、町民の信頼を得ることができた、町民の協力を得ることができた、あるいは財政は健全で納税もよくなった、私が掲げた政策がさまざまな分野で達成できている、子供たちもいい変化が出てきた、全てよしと、こういうことでありましたけれども、けさの新聞、私朝日新聞をとっていますけれども、小泉進次郎という自民党の若い議員さんがきのうどこだかで街頭演説したときに、ちょっと読んでみまして気に入ったので書いてきましたけれども、私たちがやらなければならないのは、2年間であれもこれもこれまでやったと誇らしく言うのではなく、数字と皆さんの実感を細かく対応させること、こう短く挨拶したように、けさ新聞にコメントが書いてありましたけれども、なるほどなと思いながらけさ読んできましたけれども、そこで井上町長、前から気になったことがあるのですが、いつか、1年か2年後でしたか、検証委員会で検証しましたね。あれはいつでしたか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  昨年の11月の終わりか、12月の頭だったかなというふうに記憶しているのですが、済みません、細かい日にちまでが思い出せません。

  以上です。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) 昨年の、それは発表されたのはそうですよね、チラシで。検証を行ったのはいつなのですか。

                 〔「暫時休憩お願いします」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午後 2時36分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時42分)

                                              



○宮寺征二議長 質問を続行します。

  井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 失礼をいたしました。今詳しい日にちがちょっと見当たらないわけでございまして、先ほど答弁させていただきました、昨年25年ではなくて、24年のいわゆる11月の末か12月の頭というふうにお答えさせていただきます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) そうすると、ではその時点で、チラシがそのときのチラシだと思いますけれども、自助、共助、公助を基本に皆様のご指導とご協力で約8割が達成ということ、これはその結果でしょうか、そのときの。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  これにつきましては、その前だったかなというふうな記憶もあるのですが、瀬戸大也選手がバルセロナで金メダルをとっておりますから、これは去年出したものでございます。ですから、その前にその報告会は行っていると。その後にこれを配付させていただいたということでございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) 8割達成のこのチラシは恐らく、私の想像ですけれども、だから24年ではなくて、25年のきっと、夏か春か知りませんけれども、24年に入ってきっと検証会を開いたのでしょうね。それでこれへ載せたのだと思いますけれども、そこで、そうすると25年の仮に夏としたときに、小沢前町長が組んだ予算が23年の4月から始まって、24年の3月までなのですね。24年の4月から井上町長が初めて予算を組んで、した。ですから、この8割達成という時点が、井上町長がみずから予算を組んで1年ちょっとの段階なのですね。普通でいくと、就任した時点で前の首長さんが予算をもう設定しているわけですから、この公約というのは普通でいくとなかなか達成できないのではないかと。だから、ですから、ちょっとその辺を私は気になっていたものですから、この質問をさせていただきましたけれども、それはそれとして、それでは今はどうなのですか。あと半年足らずですけれども、就任して2年。これには就任して2年3か月で8割と書いていますから、今就任して3年7か月がたちましたか。何割ですか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  これが出されたとき、それから検証をしたということ、2年3か月ということでございますから、そういったときに検証をやったのだというふうなことでございます。

  それから、今は何割だというふうなお話でございますが、おかげさまで企業のほうが1つ契約が決まったということ。あるいは、川角駅周辺整備、これはグランドデザインが今でき上がるところでございまして、これから動き出します。それから、その1つの葛川改修工事、この関係についてはもう着手しました。それから、日化の踏切、日化の団地の裏の踏切、これについては設計がほぼ終了し、今地権者との協議、こういったことが入っておりますので、もう目前ということでございます。また、ごみ減量化については民設民営の形で今進めておりまして、業者さんのほうも非常に前向きに動いてくれております。こういったものが現実化してくれば、ほとんど着手はできるわけでございまして、何割だと言われれば、8割から9割にもう近寄ったのかなというふうに思います。

  その中には、いわゆるエアコンについては、私は電気事業、東日本のいわゆる大きな地震の後であったわけでありますから、この電気の関係が危ないということで公約には載せてまいりませんでした。時期を見て検討していきますという内容のものをこの期のうちに川角中学校、毛呂山中学校につけることができた。あるいは、これも公約に載せなかったものでございますが、保育園の整備、これは本当に長い間の町の懸案事項でございましたが、議会の本当に大きな絶大なる協力をいただいて、ゆずの里保育園をつくることができた。こういった案件まで合わせると、やはり公約以上のことをやってきたということでございまして、ご理解を賜りたいと思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) いろいろ今言われましたけれども、葛川の改修なんていうのはこの公約に入っていないですね。それから、エアコンもないし、保育園についても、この公約の20項目の中にはきっとないと思いますね。問題は、この20項目が8割だか9割終わったというのですから、この20項目の中身について今特に触れられませんでしたけれども、企業関係とか川角駅の関係については、すぐに着手して、継続するということですから、これは後で申し上げますけれども。

  なぜこれをするかというと、例えば安倍晋三総理大臣が先日テレビ番組で、公示の後、ご自身の経済政策について、アベノミクスは67点だと採点したそうです。これも新聞に出ていました。それから、公明党山口代表は、これは連立与党の片方ですけれども、中小企業の賃上げがふえたことを挙げて63点と言ったそうです。もちろん野党は軒並みマイナス点と、これは辛いのはしようがありませんけれども、安倍首相にしてみればこの解散の大義名分、1丁目1番地のアベノミクスを問う選挙といいながら、67点ということを表明したことを考えれば、本来であれば安倍さんは、これはアベノミクスは80から90達成できたのだと言わなければ選挙にならないはずなのですけれども、かなり控え目に、謙虚にやっている。連立を組んでいる山口代表もともに謙虚な姿勢であります。

  今言ったように、初めて自分で予算を組んでからわずか1年足らずで、もう既に80%ということを町民に大々的に発表しましたけれども、一つや二つできたから80とかというのはちょっとどうかと思う、これをきょうちょっと申し上げたい思って、あえてこう言っているわけでございますけれども、次の選挙の公約はまだ今検討中だということですけれども、そうなると、やっぱり次の公約についてもちょっと信憑性が、私らはそう思います。

  ここでなら、本来は、安倍さんではありませんけれども、就任してから今日まで経済情勢の変化があった。いろんなことがあって、一生懸命やったけれども、課題は残ったけれども、これからも引き続きやりたい。頑張りたい。点数としては60か70点かもしれないというぐらいの謙虚さがあっても私はいいのではないかと思います。これはもう、この間私もちょっと自分の広報の中で、町長は自画自賛している。ひとりよがりの、ひとり相撲だと申し上げましたけれども、どうもそんな感じがしてなりません。私一人ではなくて、多くの皆さんもそうおっしゃっているのを聞いたことがあります。

  それで、次にへ進みますけれども、20項目の中で、町長、これを見ながら言いますけれども、確かに東日本大震災プロジェクトチーム、これを1年やる。確かにできましたね。そのプロジェクトチームの是非については、ちょっと私は疑問視しますけれども、それから町長報酬減額、これは選挙対策で、選挙の戦略としてやったわけですから、これは当たり前のことですね。こども医療費の窓口も、これも大変いいことですけれども、これはいろいろ、これも医療機関にお願いして、医療機関が受けたわけですから、これも決して悪いとは言いませんけれども、こういうことは私は認めます。それから、川角の右折帯については、これはもう県の事業で、前任者の引き継ぎ事項ですから、できて当たり前ということですね。

  それから、特にこの1年以内に組織化しますと言い切った地域見守り隊が今3年半を経過して、これは私はどうも点数的にはかなり低いのではないかと思っております。私は常に、いつも、これまで申し上げていますけれども、今地域がとにかく高齢化で、存続が危ぶまれていると、極端に言えば。そういう状況ですね。この中でこの地域の見守り、ただの防犯のパトロールではなくて、地域の見守りパトロール活動とあわせて高齢者支援という意味の見守りを連立させていかなければいけないと私は思っています。それは急務だと思っていますけれども、井上町長は、これは就任早々から重要課題だと。一番大事な課題は見守りだと言いつつ、1年以内の組織化ができなくて、ここでまたサポーター制度で社協の関係で今やっているようでございますけれども、これは点数かなり低い。

  それから、日化の踏切拡幅も、これは2年以内に拡幅しますと約束しているのですから、いいか悪いかは別にして、今まだ予算についてもはっきりしていないし、一応2年以内に拡幅しますと約束したのですから、100点満点とは言えませんよね。

  それから、買い物弱者支援事業、これも1年以内に始めるという約束をしていますけれども、これはきっと循環バスを見直して1便をふやしたから、これを結びつけるのだと思いますけれども、買い物に行けない人のために買い物弱者支援事業を始めようということをうたっているわけですから、買い物に行けないという人は、基本的に言うと余りバスを利用できないという人、そういう人たちのためにどうするかということをやっぱりもっと一生懸命やるべきだと私は思います。

  それから、行財政改革戦略室で、これも1年以内に効果をお見せしますということで約束していますけれども、これらについても特に今まで私たち議会の中でご説明いただいたこともありませんし、何か変わったかというところは私はないような気がします。

  それから、消防署、消防団の強化で安心、安全な町づくりということで、救急車を買ったとか女性消防団が活躍されたとか、デジタル無線の関係も成果に挙げておられますけれども、地域の安心、安全という意味では、いつも申し上げていますけれども、こういうことも大事ですけれども、ハード面も大事ですけれども、やっぱり共助の面でもっともっと地域の自主防災組織等を育成をして、しっかり、地域の住民がみずから守れるという、そういうことができ上がっていなければ、この公約も私は点数的には低いのではないかと思います。

  それから、通学路の整備もきょうの一般質問の中でたまたま出ておりましたけれども、井上町長の公約に掲げているにもかかわらず、いまだに窓口がどこかも決まっていないというような答弁がけさありましたけれども、これらも、だからそういう意味では少し首をかしげたくなりますね。

  それから、川角駅も今話がありましたけれども、これも4年、間もなくたつわけですから、アンケートをとって、その後どうなっているのかわかりませんけれども、要するにグランドデザインがまだ出ませんよね、まだ。私であれば、あるいは誰か、この問題の重要さから考えれば、4年たった今の時点では、やっぱりもう幾らか図面ができて、こんな形でやるのだという姿勢が出るのかと思ったところが、今のところまだそこまで至っていないと。これもいずれできるのかどうかわかりませんけれども、点数的に私は低い。

  ちょっと最後に町長、これは得意分野で、たわ言だと聞いて聞いてください。農業の問題。先日、川角の農業委員さんに声をかけていただいて、地区の遊休農地の調査に参加しました。私も農業委員になって初めて調査にかかわりましたけれども、本当にまとまった耕地がなくて、かなり荒れた農地が余りにも多いなというのに気がつきました。よく自分の目で確認しましたけれども、耕地が絶対的に、基本的に毛呂山町というのは少ないというのは、これは誰しも、農業委員の方々全員が認識している問題で、前提がありますね。その中で集積計画が今一部進みましたけれども、これはなかなか多角的経営というのは難しいような気がします。毛呂で10町歩程度のいわゆる大規模農家というのは1軒だと思いますけれども、その程度の規模。そして、きのうあたりも聞いていますと、相変わらず米が中心。米ではなかなか農業の展開としては難しい。米では成り立たないということは、私は十分私もわかっていますし、多くの皆さんが口に出しておるのですね。それから、全体の毛呂山町の農業生産高も、基本的に言うとまだ正確に、これは把握しておられるのかどうか、正式な数字をまだ聞いたことはありませんけれども、そういうことで、農業塾についても新規農業者が近隣では断トツだと開会の日の挨拶の中でおっしゃっていましたけれども、そういうこともちょっと、なかなか、どこが断トツなのかよくわかりませんけれども、基本的に言えば、産業政策としての農業を目指すのか、あるいはきのうおっしゃっていましたけれども、2通りあるのだと、こうおっしゃいましたね。

  それから、里山資本主義という話もありましたけれども、何を目指していくのか。毛呂の農業というのはどういう方向性に行けばいいのか。井上町長、農家としては大きな農業経営されていましたけれども、今や町の町長として毛呂の農業を引っ張っていかなければならないと思いますけれども、町長のビジョンがどこなのかよくわからないですね。例えば、直売所といっても、大谷木の直売所はなかなか人気のある直売所らしいですけれども、少なくともあれの10倍や20倍ぐらいの規模でないと、なかなか直売所として成り立っていかないような気がします。そういうことが果たしてできるのかどうか。

  きのうの話ですと、給食に毛呂の米を使うにも、農家がストック場所をつくらなければできないのだという話がありました。販路についても、農家が自分でみずから見つけなければならない。こういうことで、とにかく米ではなかなか展開できないということは誰しもわかっていることだし、さりとて、では野菜や果樹はどうなのだ、果実はどうなのだといえば、それも何も目立った特色はない。これについて私は、井上町長がどう考えておられるのか。農業のビジョンについて、公約では、自給率が高められる農業改革をお見せいたしますと、こう書いてあるのですね。その辺がちょっと、よくお見せいただいていないような気がしますけれども、以上、ちょっとこの点について町長に、できれば短目にご答弁いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 失礼いたしました。いろいろとご批判をいただいたわけでございます。点数の関係は、私は別にお話はしておりませんので、自分のやってきたのが何点だなということはお話はしておりません。

  今農業改革の農業のお話が出ました。毛呂山町は、きのうは群を抜いているというふうなお話をさせていただきましたけれども、人口規模から言えば、新規就農者は非常に多くこの毛呂山町から出ております。議員も見られたかもしれませんけれども、西大久保でイチゴの観光農園、これをされている方は県内でも有数な規模になりました。議会の本当に温かいお気持ちで議決をいただいたので復興できまして、本当によかったなというふうに思っております。また、いわゆるパートさんも含めると、もう既に10人を超す、そういう大きな農園になったわけでありまして、特に6次産業、これについてはその生産されるイチゴ、あるいはほかのものを使って、ケーキとかスイーツの関係、これを非常に今売り出すところになっておりますので、いわゆる6次産業化も進んだと。あるいは、この西部地域の養鶏農家も後継者がいわゆる菓子の関係、バウムクーヘンをつくり始めて、非常にコンスタントに順調に進んでいるわけでございまして、そういった意味では、やはり若手の、あるいは後継者の、あるいは新規就農者のこういった力、これは非常に大きなものでございます。定年退職してやる農業と、もう一つは、全く違う分野から入ってきて、そして新規就農者として一生懸命やると、こういうふうな、きのうもお話をさせていただきましたけれども、そういった方々が非常に今頑張っている。いわゆる人・農地プランの、この議会も、いろいろご支援いただいている2人も既に4町歩、5町歩というふうに目標を掲げて進んでいるわけでありまして、ぜひ皆様に温かい気持ちで後押しをしていただきたいと頑張っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  遊休農地の解消であったり、町長は何を目指すのだというふうなお話でございますけれども、何といいましても1から始める農業というのは非常にお金がかかるわけでございまして、特に土地を持たない新規就農者はなおさらでございます。そういった中で、一生懸命売り先、大きくつくって売る場合と、直売を主体にこつこつやっていくタイプとあるわけでございまして、これは一概にどれを目指すのだといっても、初めからお金のかかるほうをやれというようなことは私はとても言えるわけではございませんので、いろいろと駆使をしながら、青年であったり農業者が自分で見つけるもの、そして頑張っていけるもの、これを一生懸命やっていただく、これが一番であって、そんな中で結果が出ているわけでございますから、この辺はご理解をいただきたいというふうに思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) 点数は言っていないという話ですけれども、だってこれに8割というのは点数ではないですか。8割達成というのは数字でしょう。だって、それは点数といったって、そのことを言っているのではないですか。個々の点数ということは私は別に求めていないよ。全体で、数字で言えばどのぐらい程度できたのですかと。さっき8割か9割と言っていましたではないですか。これが点数ですよ。

                 〔「達成ぐあいと自己評価と言っていますよ」と呼ぶ者あ

                   り〕



◆12番(長瀬衛議員) ですから、みずからの評価ですからいいのですけれども、ですから、それをだからどうかという意味で安倍総理の話を出したり、いろいろ、小泉さんの話を出しているわけです。それはそれで受けとめ方の問題ですから結構ですけれども、新規就農者というのは、では井上町長の頭の中で言えば、私はイチゴの田中さんだとか、バウムクーヘンも今含まれているのですね、新規就農者に。私は西大久保のイチゴをやられている方と何度もお会いして、あの方は私はすばらしいと思いますけれども、ただ町ぐるみのイチゴ栽培ではないのですよね。あの方は私は、あの方は一つの事業者として、そうでしょう、例えば吉見だとか横瀬町のイチゴというのは町じゅうでイチゴ農家が出てやられているのです。違うでしょう。別に、評価していますけれども、要するに町としての、町の農業生産物としてのイチゴというのはちょっと違うのではないかと私は思うのですよ。町長は違うのならそれでいいですけれども、町としてやっていくのですから、何かもっと多くの方が1つのものをつくるとか、遊休農地を生かして、何か特色ある野菜をつくるとか、そういう展開かなと思ったら、どうもそうではないようですね。それはそれでいいです。

  それで、農業を語るときに、町長、人口の減少と高齢化の問題、これらについてはどういうふうにお考えになっているのか、農業政策の中でお聞きしておきたいと思いますけれども。時間がありませんので、それはまた後ほどにしましょう。いずれにしても、農業については私は、町長、農業の先駆者として、もう少しこの町の農業をどうするのかというのを、明確なビジョンを私は示すべきだと思います。

  それから、きのう、里にそば、山にピザというような話がありましたけれども、それはそれでまた結構ですけれども、それが果たして毛呂山の将来の一つの町づくりといいましょうか、一つの産業的なものになるのかどうか。これはちょっと微妙なところだと私は思いますけれども、そういうことを含めて、明確な、まだ検討中だということですから、農業政策については特に私は注目していますので、明確なビジョンを示していただきたい。

  時間もありませんので次に行きますけれども、きょうこれまでの町政と比べて、では公約の達成のおかげで、町がどこがよくなったのかということも、そうしたところ、答弁の中でいろいろこのことがきっとそういう意味で答弁があったのだと思いますけれども、きょうこの会議の冒頭でも産業まつりの参加者が何人ふえたとか、あるいはゆずの里ウォークも何人ふえたとかというような発表が町長からありましたけれども、それはそれで決して悪いことではありませんし、いいのですけれども、産業まつりに去年より何百何十人ふえたとか、そういうことも大事ですけれども、やっぱりもっと大事な、将来のためのハード、ソフト面のものが、肝心なものがやっぱり少し積み残しになっているのではないか、達成率が低いのではないかと、こう思うわけです。例えば、先ほど言ったように、ハード面で言えば、川角駅の問題や、あるいは都市計画道路の問題や、いろいろあります。それから、ソフト面で言えば、見守りの問題だとか、地域の高齢者の対策、地域の、今自治会も大変危機的状況ですけれども、そういったものなどの対策ができていないと思いますけれども、ここでこれまでと比べてどこがよくなったかと井上町長に聞いても、本人に聞いてもどうかと思いますので、ずっと見てこられた職員を代表して、副町長に客観的に、これまでの町政と比べて井上町政の政策によってどういうところが変わったのか、よくなったのか、できたらお答えをいただきたいと思います。



○宮寺征二議長 小山副町長。

                 〔小山 格副町長登壇〕



◎小山格副町長 長瀬議員の再質問にお答えいたします。

  井上町長就任以来3年6か月余たっているわけでございます。そういった中で、どこがよくなったかというふうなことで、大変に私としても、今までいただいた質問の中で一番答えるのが難しい質問かなと正直思っておるところでございます。

  先ほど、職員を代表してというふうなお話もございましたが、我々公務員の使命といいますと、やはり町民の安全、安心を守るということがまず第1でございます。あるいは、町をよくしていくというふうな基盤をつくる。その基盤のためには、いろいろな道路ですとか、下水ですとか、公共基盤の整備、あるいは産業政策ですとか、もちろん福祉の関係、そして将来の礎としての教育の関係、いろいろな部面があるというふうに考えております。

  井上町長が就任されて以降、当然にそういった基礎的な部分、それから将来への備えということで、町長みずからお力を発揮され、ご努力されてきたというふうに認識しておるところでございます。私を初め職員の中で力が足りず、町民の皆様のご期待に十分沿えていない部分というのがあろうかと思います。その辺については、また決意を新たにして前に進んでいきたいと思うところでございます。

  井上町長就任以降、公約に直接には関係はないというふうにおっしゃられるかもしれませんが、例えば上町保育園と若草保育園を統合して1園にすると、そういうような決断をされたときというのは、職員のレベルでは到底この決断はできないなというふうに私自身、これは個人的な感情でございますが、心からそう思いました。また、川角の交差点の右折帯の用地買収等についても、井上町長には本当にご尽力いただいたという認識を持っておるものでございます。

  長瀬議員からいろいろご指摘をいただいて、今後の高齢化社会への対応ですとか、あるいは都市基盤の整備、あるいは農業等いろいろな町づくりの産業の基盤整備等、対応しなければならない課題というのは多々ありますので、井上町長あるいは議会のご指導のもと、職員一丸となってこれからも努力してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 長瀬衛議員。



◆12番(長瀬衛議員) 副町長、どうも答えづらいところを、申しわけない、ありがとうございました。

  職員を代表してお答えいただきましたけれども、大したことはないような気がしますけれども、いずれにしても、繰り返しますけれども、公約というのは1つの目的に対する手段ですから、例えば道路の整備で道路が何メーターできたのではなくて、その道路をつくったことによっていろんな交通安全の問題だとか、あるいはいろんな意味でそのことによって、便利さによって、例えば企業が来るとか、そういうことの効果が見えないと、なかなか公約とは言えないと私は思うのですけれども、今の毛呂で言えば、政策が功を奏して、例えば商店街が明るくなるってなかなか難しいような気がしますけれども、あるいは若い人がふえてくるとか、人口の減少に歯どめがかかるとか、そういうことがちょっと今のところ私は見えてこないと思っております。

  それで、来期に向けての公約については、きのうの一般質問では民間委託の関係だとか防災無線のデジタル化、余裕教室の活用、7号線ぐらいのことは町長から話がありましたけれども、それ以外のことは今言えないと、こういうことでした。さっきも言いましたけれども、9月に議会で発表して、新聞でも町長の再出馬というのは出たわけですから、対抗馬の方ももう既に公約を公表して今おられているようです。できれば早く公約を出してやるべきだと私は思いますけれども、きのう給食費のことで、随分聞いていて何か嫌な感じがしたのですが、給食費を無料化という話に対していろいろ近隣の町のことまで取り出して言っていましたけれども、これについたって、少子化対策の子育て支援策としてひとつ考えられる政策であることは事実だよね。この給食費の無料化をどうこう言いますけれども、これも判断するのは私は有権者だと思いますし、その辺も、まずみずからが公約を掲げて、その上でひとつご議論いただきたいと思います。

  最後に、これからのことで私なりに感じていることが1つありますけれども、今町長、これは皆さんご存じですけれども、毛呂山の人口を私はずっと関心を持って見ていますけれども、広報で今月号を見ましたところ、平成20年1月、今から6年前ですか、毛呂の人口は3万6,760人だったのですけれども、この11月の広報の町の発表では3万5,374人、1,402人減少していますね。先ほど何か2,000人ぐらい減ったという話がありましたけれども、この6年間で1,402人、1世帯2.5人とすると、560世帯の1つの団地が6年間でなくなったということなのですね。

  ちなみに、私の地元の毛呂山台が今550世帯で、人口が1,302人です、住民課の発表では。ですから、毛呂山台を上回る1つの地域がこの6年でなくなったということです。しかも、ここのところ、毎月毎月マイナスの数字がふえてきていますね。これは、この流れをとめることは、そうはいっても大変なことで、国家の問題だと思います。だからといって、この町として手をこまねいているわけにはいかないところがつらいところだと思いますけれども、いずれにしても、これからそうやっている間にも時間がたって人口は減り続けて、高齢化が進んで、地域や、あるいは自治会の存続さえ危ぶまれているということを行政は自覚をしながら、次期町長に臨まれる方にはぜひこの辺は大きな問題としてひとつ認識をしていただきたいとあえて申し上げたいと思います。

  町長、先ほど、地域づくりにつながるような施策を進めたいというこれがありましたね、答弁の中に。私は今毛呂山台で自治会活動をしていますけれども、ことし4月から大きな目標を掲げました、皆さんと相談して。それは、高齢化によって自治会の運営が難しくなってきたと。これからどうやっていこうかということで、まずはやっぱり事業の見直し。しかし、事業の見直しにしても、事業をなくしてしまうとコミュニケーションがとれない。ですから、事業をどうやって続けていこうか。やっぱり労力の軽減を図りながら、事業の目的は減らさないでいこうと。

  もう一つは、やっぱり班、組の中の要するに班長のローテーションが回らなくなってしまった。ですから、何十年ぶりかに班を大きく見直しました、ここで。これも今やらなければ、もう自治会の運営が本当に追い込まれてしまうという認識のもとに、うちの地域の皆さんみんなで考えて実行しました。これは町でも言えることだと思いますけれども、先ほど、個人と行政区、行政区と地域、地域と町という話がありましたけれども、これは言っていることはよくわかるのですけれども、地域づくりにつながるような施策というのは、それではどういうことを想定しながら今こういう答弁されたのか。

  あわせて、ちょっと時間ありませんけれども、例のベイシアの問題はどういうふうになるのでしょうか。その点をお伺いしたいと思います。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  その前に、一般質問でございますので、ご自分の見解をお話しになるのはいいのですが、ちゃんとそれで受け答えをさせていただかないと、一般質問のような質問、答弁というふうにならないので、ぜひその点はよろしくお願いをしたいと思います。

  どういうふうな地域おこしというふうなお話でございますが、私もこの3年数か月で、いろんな地域で、こういうことをやりたい、ああいうことをやりたいというお話を伺います。それはいきいきサロンの形もありますけれども、それ以外のイベント的なことをやりたいのだというふうなお話などあります。非常にいいことだなというふうに思うのですが、そういったときに補助するシステムが今までなかったものですから、これからはその地域地域で、いきいきサロンもそうなのですけれども、それ以外に新たな何か取り組みをしていただいたり、新たな事業展開を、私たちはこういうことをやるよというような地域がございましたら、ぜひそういったところにそれ相応の、いわゆるこのぐらいかかりそうなのだよというものがあったら、それにその何%、あるいは半額、あるいはそういった補助ができれば、非常にこの地域おこしといったものができて、地域コミュニティが進むというふうに思いました。そういったことから、その地域の皆さんの主導的な関係でそういったものが進めば、こういったことに町は協力していきたいというような内容でございます。

  ベイシアの関係につきましては、今東部エリアのほう、川角中学校のわきが非常に進みまして、順調でございます。これで、この南部エリア、こちらのほうも、ぜひこの後いろんなところのご意見をいただきながら、商業圏の関係は進めていきたいというふうに思っております。というのも、やはりこの道、15メーター以上の道に商業圏が持ってこれるという条件、これをやはり満たしているわけでございますので、そういったところでやはりそういう展開がこれからの将来性、町の将来性を発展させるといういうふうに思っております。そういうことで粛々と進めていきたいというふうに思います。

  以上でございます。

                                              



△後日日程の報告



○宮寺征二議長 本日はこの程度にとどめます。

  明12月4日は、午前9時30分から本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

                                              



△散会の宣告



○宮寺征二議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  本日はこれにて散会します。

                                      (午後 3時23分)