議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成26年  第4回(12月) 定例会 12月02日−一般質問−02号




平成26年  第4回(12月) 定例会 − 12月02日−一般質問−02号







平成26年  第4回(12月) 定例会





         平成26年第4回(12月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第2号)

                        平成26年12月2日(火曜日)午前9時30分開議

日程第 1 町政に対する一般質問
日程第 2 後日日程の報告

出席議員(14名)
     1番   弓  田  茂  樹  議員    2番   佐  藤  秀  樹  議員
     3番   荒  木  か お る  議員    4番   千  葉  三 津 子  議員
     5番   村  田  忠 次 郎  議員    6番   宮  寺  征  二  議員
     7番   藤  岡  健  司  議員    8番   下  田  一  甫  議員
     9番   岡  野     勉  議員   10番   小  峰  明  雄  議員
    11番   高  橋  達  夫  議員   12番   長  瀬     衛  議員
    13番   岡  部  和  雄  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   粟 生 田  義  行   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼
                情報推進
                室  長

   小  峰  裕  次   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   斉  藤     豊   福祉課長      吉  田  英  夫   高 齢 者
                兼 福 祉                   支援課長
                会 館 長

   村  田  眞  一   子 ど も      村  本  英  明   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      岡  田  忠  彦   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   岡  野  昭  弘   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   疋  田  浩  一   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小 坂 井  啓  二   学校教育      伊  藤     清   生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   関     保  明   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   坂  口  尊  恵   主  査



                                              



△開議の宣告



○宮寺征二議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△諸般の報告



○宮寺征二議長 日程第1、諸般の報告をします。

  昨日、12月1日、長瀬衛議員ほか8名から発議第3号 毛呂山町議会議員政治倫理条例が提出されましたので、お手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△町政に対する一般質問



○宮寺征二議長 日程第2、町政に対する一般質問を行います。

  順次質問を許します。

                                              

         ◇ 下 田 一 甫 議員



○宮寺征二議長 下田一甫議員。

                 〔8番 下田一甫議員登壇〕



◆8番(下田一甫議員) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、今期定例会の一般質問では最初になりますが、一般質問をさせていただきます。

  さて、今や政界は来年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを2017年4月に先送りする意向を示したことによる増税延期の判断について国民に信を問うためと称して衆院を先月21日に解散、総選挙に入り、まさに本日公示され、14日に投票ということで、にわかに慌ただしい年の瀬となった当町の今期定例会でございますが、それでは私の質問を行います。

  まず1点目は、都市計画税についてでありますが、その前に私の質問事項が都市計画についてとなっておりましたが、都市計画税についてであり、「税」の文字が抜けておりました。実際には都市計画税でございますので、おわびし、訂正いたします。

  それでは、質問に入りますが、この質問は過去にもした経緯がありましたが、その後何ら検討された様子もないようです。このような状況下、住民から都市計画税の課税の意味がわからない、あるいは生活が厳しい中、課税はしないでという声が聞かれるため、再度質問するものであります。

  さて、都市計画税は目的税であり、法的には都市計画事業または土地区画整理事業に要する費用に充てるため、都市計画区域のうち原則として市街化区域内に存在する土地または家屋にその所有者に対して課すことができる目的税で、応益税の性格を有することは執行部では承知していると思います。しかし、当町の現状を鑑みると、今や賦課の根拠が曖昧であり、かつ住民に対してもどのような事業に充当されたのかの説明責任も果たされていません。都市計画税の賦課は廃止すべきと考えますが、お伺いいたします。

  2点目は、観光についてであります。観光問題については、過去に視点を変え一般質問をなされた経緯がありますが、町の観光の主なものは、鎌北湖あるいは箕和田湖と豊富な緑を生かした観光と考えますが、その取り組みが余り見えず、相も変わらずの観光行政にうかがえるので、質問いたします。

  1点目は、総合公園を起点とした鎌北湖から宿谷の滝ルートの整備の考えをお伺いします。

  2点目は、鎌北湖から阿諏訪を経て滝ノ入ルートの考えをお伺いします。

  3点目は、山間部ハイキング道整備の考えをお伺いします。

  4点目は、花ハスの今後の取り組みをどうするのかお伺いいたします。

  5点目は、総合公園の借地駐車場に例えば桜など植樹の考えはをお伺いします。

  以上、私の一般質問といたしますが、以前にも質問をした経緯もありますが、数年たっております。明快な答弁を期待しておりますので、よろしくお願いいたしまして、私の一般質問といたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 下田議員の1問目、都市計画税についてのご質問にお答え申し上げます。

  議員ご承知のとおり、都市計画税は都市計画法に基づいて行う都市計画事業または土地区画整理法に基づいて行う土地区画整理事業に要する費用に充てるための目的税であることから、その使途はこれらに限られております。

  本町では都市計画税は、市街化区域内に所在する土地及び家屋にその価格を課税標準とし、税率を100分の0.2と定めて所有者に課税しており、平成25年度の決算額は1億1,629万8,000円でございます。本町における都市計画税の充当先は、都市計画事業である武州長瀬駅北口周辺地区整備事業や毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合負担金、過去の都市計画事業における地方債の償還金に適正に理論充当してございます。なお、現在行政報告書や町のホームページにおいて、都市計画税の充当事業につきましては、説明しておりますが、今後さらに議会と住民に対する説明責任を果たしていくためにも、平成27年度当初予算から当初予算概要説明書等を利用して、都市計画税がどのような事業に充当されているか明記していく予定でございます。

  また、今後も都市計画税につきましては、本町の都市計画事業に必要不可欠な財源であるため、都市計画税の賦課は継続し、受益と負担の関係をより一層明確にして納税者にご理解をいただくように鋭意努力していく所存でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 2問目の町の観光についてお答え申し上げます。

  1点目の総合公園を起点とした鎌北湖から宿谷の滝ルートの整備についてでございますが、破損や老朽化した道標・看板等について、予算の範囲内におきまして順次改修してまいりたいと存じます。

  2点目の鎌北湖から阿諏訪を経て滝ノ入ルートでございますが、阿諏訪獅子ヶ滝を起点として鎌北湖方面への林道部分につきまして、200メートルの舗装整備を既に発注している状況でございます。阿諏訪から滝ノ入へのハイキング道につきましては、私有地であるため公のルートとして認識はしてございませんが、多くのハイカーが通行しているようでございますので、現地を確認しまして、安全上支障があるようなものに対しましては、地権者の理解のもと対処してまいりたいと存じます。

  3点目の山間部のハイキング道整備につきましては、1点目と同様に、道標・看板等について、改修はもとより、わかりづらい箇所への新設も考えてまいりたいと存じます。

  4点目の花ハスの今後の取り組み姿勢につきましては、本年度同様、ボランティアの方々や観光協会等関係団体のご協力をいただきながら、さらなる来場者増を図るべく鋭意努力してまいりたいと存じます。

  5点目の借地への植樹につきましては、地権者との契約上における諸条件及び駐車台数の確保等の観点から難しいことと思われます。よろしくご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) それでは、再質問をさせていただきたいと思います。

  先ほどの答弁では、答弁の中に毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合負担金に充当というような答弁をされているところですが、今、最近は調整区域にも多く及んでこの公共下水道が布設されておるわけでございますが、この布設状況ですか、その辺をお答えいただきたいと思うのですが。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  公共下水道組合の布設状況でございますが、毛呂山町におきましては、下水道組合のほうに確認いたしましたところ、平成25年度末現在で市街化区域が7,359件、市街化調整区域では547件の加入があると伺っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ただいま公共下水道の布設状況をお聞きしたのですが、私のお伺いしたところですと、市街化区域約99%で、これは最近の情報なのですが、市街化区域が8,580戸あるようなのですけれども、それから調整区域が547件ということなのですが、何かちょっと470件ということなのですが、この辺の数字の違いはどういうところからなのでしょうか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 下田議員の再質問にお答え申し上げます。

  ただいま私のほうで申し上げました件数でございますが、こちらにつきましては、せんだって電話にて下水道組合のほうに確認した数字ではございますが、その中で市街化区域につきましては、ただいま470件というふうに申されたかと思うのですが、この差でございますが、電話での内容でございますけれども、西原団地ですか、川角に近いところが加えてなかったと、市街化調整区域に加えてなかったというふうなことを確認しております。

  以上でございます。



◆8番(下田一甫議員) 市街化区域、市街化調整区域。



◎粟生田義行企画財政課長 申しわけございません。ただいま市街化区域と申し上げましたが、市街化調整区域でございます。訂正させていただきます。失礼いたしました。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 若干の数字の違いがあるようですが、これはやむを得ないかなとも思っておりますが、これからの質問は、ちょっと都市計画税法の702条の後段の説明を聞いてから、これからの説明したいと思うのですが、702条の後段、そこの説明、詳しくしていただきたいと思うのですが。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  地方税法の702条の1の後段のことだと思いますが、地方税法702条には都市計画税の規定が定められておりまして、後段では特別の事情がある場合という条件つきで市街化区域でも課税できるとあります。特別な事情とは市街化区域内に所在する土地及び家屋に対し課税しないことが、市街化区域内に所在する土地及び家屋の所有に対し、都市計画税を課すことの均衡を著しく失すると認められる場合であろうと思いますが、均衡を著しく失すると認められる場合については、甚だ解釈のほうがいろいろ難しいかと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ちょっと今、市街化区域と調整区域の違いがあったような気がするのですけれども、ちょっとそこを。調整区域のことが書いてあると思うのですけれども、市街化区域と先ほど言っていましたね。その辺どうなのですか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 大変失礼いたしました。もう一度答弁させていただきます。

  特別な事情とは、市街化調整区域内に所在する土地及び家屋に対し課税しないことが、市街化区域内に所在する土地、家屋の所有者に対し都市計画税を課すこととの均衡を著しく失すると認められる場合でありまして、均衡を著しく失するという解釈につきましては、大変難しい判断であろうというふうに考えております。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ちょっと答弁の意味がよく理解できないのですけれども、単純に言えば、調整区域でも課税できるのだよと。都市計画区域であれば、場合によっては都市計画区域外でもこれは課税できる税なのですけれども、ちょっとその辺がよく意味がわかっていないような感じがするのですけれども、今までの答弁を聞いてみると。その辺もう一度答弁願います。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  都市計画税の課税でございますが、後段のところで特別な事情があるというような場合につきましては、それが認められた場合につきましては、市街化調整区域でも課税ができるという条文でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 幾らかわかってきたような感じがするのですが、そこで特別な事情ということなのですけれども、その特別な事情とはでは何ぞやですか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  特別な事情でございますが、今現在、市街化区域におきまして、都市計画税を課税しておりますが、それと市街化調整区域に課税しないことにおいて著しく不均衡が認められるといった場合ということで、この著しく不均衡というのはなかなか難しい判断であろうと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 私が今質問しているのは、公共下水道の関連でお話ししているのですが、調整区域に今、公共下水が大分引かれるようになっていまして、私の調べでは先ほど470戸といったような感じがするのですけれども、これは特別な事情に含まれるのか含まれないのか、そこを確認しておきたいのですけれども。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  ただいまのご発言でございますが、特別な事情に含まれるかどうかという判断につきましては、非常に難しいところと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ただいまの答弁では、その判断が非常に難しいということなのですが、その難しい理由、これはもう課長に聞いてもいたし方がないことだと思いますので、町長から特別な事情とは何ぞや。それをはっきりしていただきたいのですけれども。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 下田議員の再質問にお答えをいたします。

  公共下水道が調整区域に延伸しているというお話について、その延長線上のお話になるわけでございますけれども、まずもってお話をする前に、一部事務組合で調整区域にこの公共下水道組合のいわゆる本管というか、下水の管を延伸する。この件については一部事務組合で検討され、そしてそれが進んで、県のほうに下水道組合からこのお話が上がって、県が認めて進んでいる案件でございます。そして、これに接続する場合、調整区域の場合は、先ほどお話ししたような都市計画税、取っているところと取っていないところがありますから、この調整区域においては、受益者負担としてこの分を賦課するということ、これが今進められておりますので、その件については、そういうふうな考え方で行われているのだということをまず話をさせていただきます。

  そして、今、特別な条件というか、それについてはどうかというようなお話でございますけれども、今、担当課長が答弁したように、これについては私のほうでは、これ1つにおいて特別な理由ということに限定するのはなかなか難しいというふうに今は答えをさせていただきます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ただいま調整区域の方々には、負担金の形でこの都市計画税との均衡をとっているような答弁でしたが、それではどんな形で、どのように均衡をとっているのか、それを答弁をお願いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  受益者負担ということで、その接続するときにその分の賦課をお願いをしているということでございます。金額については、細かい算定という方式がありますので、それについてはこのところでは私からはちょっと答えができません。よろしくお願いいたします。

  以上です。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ただいま私からはお答えできないということなのですが、町長は公共下水道の管理者なのですよね。当然それは承知しているものだと思うのですけれども、さらに答弁をお願いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  管理者だから全てをというふうに言われても、この計算式いろいろございますので、その家々によって、その負担の算定は違いますので、その関係で答えられないというお話でございます。ご理解を賜りたいと思います。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ただいまの答弁で、何かまたその家々によって違うというような話も聞いたのですけれども、どういうことなのですか、それは。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 町道の下に本管というか、下水の管があって、そこからいろいろ接続する状態、これによって工事費が変わってきたり、あるいはその現在の状況から、どのように接続していくかという、そういうことも含まれて、いろいろな計算式がございます。一律で計算するわけではないでしょうから、そういったことで答弁をさせていただきました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 余りこの問題だけで食い下がってもいかがなものかと思いますので、それはまた後に、場合によってはまた質問したいと思いますが。

  それでは、都市計画税のこの課税の関係、県のほうで調査されていると思うのですけれども、この調査報告書はどうなっているのか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  都市計画税につきましては、県のほうでも各市町村の取りまとめをされております。24年度におきましては、課税されているところが45市町村でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 今、何市町村を聞いたのではないのです。県のほうへどのような報告がされているのか、それを質問したのです。

  わからなかったら、ではもう一度言いましょうか。

                 〔「休憩」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午前 9時57分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前 9時58分)

                                              



○宮寺征二議長 質問を続行します。

  粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 失礼いたしました。再質問にお答え申し上げます。

  県のほうへの毎年の報告でございますが、企画財政課のほうで報告しております都市計画税につきましては、課税調査の調べと、あとこの都市計画税につきまして、議会に対してはどのような説明を明確化にしているか、また住民に対してこの使途につきましてどのように明確化にしているかというような点について報告をさせていただいております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ただいま項目のみのお話でしたのですが、その項目の結果はどんなふうな報告がされているのか、ちょっとお伺いします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  まず、議会に対しましての使途の明確化でございますが、明確に使途のほうをご説明しているというのが13市町、していないというお答えが32市町、あと住民に対する使途の明確化につきましては、明確にしているというのが38市町、していないが7市町でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) それでは、もう余り1つのものにこだわっていてもどうかと思いますが、この先ほどの答弁の中でも、何かその使途について報告されているようなこともちょっと聞かれておったのですが、毛呂山としては、この使途をどういうふうに住民に対して、また議会に対してもやらなければいけないということになっているようですけれども、どんなふうな方法でやられているのか。恐らく住民の納得いくような報告がされているのであれば、住民から都市計画税は廃止してほしいということは出てこないと思うのですけれども、以前にもこの問題、ちょっと報告の問題、取り上げた経緯もあるのですが、その後何ら報告らしいものが見えてこないのですけれども、住民に対して納得のいく報告がどんなふうな形でされているのか、ちょっとそれをお伺いします。これは都市計画税法上も、住民に知らせる義務があるわけですから、よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  最初の答弁で申し上げましたが、現時点では行政報告書に徴税費のところに都市計画税の項目がございますので、そこで使途につきまして文言で明記しております。また、ホームページ上で各課のページの税務課のところの固定資産税、都市計画税の項目がございまして、そこで使途につきまして明記させていただいておるところでございます。

  また、答弁の中でも申し上げましたが、平成27年度の当初予算につきましては、当初予算概要説明書等を作成いたします。その中でそれぞれの事業に対しての一般財源がどの程度入っているのか、それに対する都市計画税が何割占めているかというふうなことで数字でお示しできればと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 先ほどホームページでどうこうということなのですけれども、ホームページで内容はどんなふうな内容で報告されているのでしょうか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  まず、行政報告書でございますが、行政報告書につきましては、先ほど申し上げました徴税費のところで、都市計画税につきましては、都市計画法に基づいて行う都市計画事業等に要する費用に充てるため、市街化区域内に所在する土地及び家屋に課税をした。調定額では1億1,516万8,000円で、前年度比0.1%の減となっている。都市計画税につきましては、公共下水道費等に充てられたというような明記でございます。

  また、ホームページ上では、各課のページの先ほど申し上げましたが、税務課のコーナーで明記しておりまして、文面は「都市計画税は総合的な街づくりを目的として行う都市計画事業や土地区画整理事業に要する費用にあてるために、目的税として市街化区域内の土地、家屋に課税されます。主に都市計画施設の整備拡充のために使われます」という表記でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) どうも私の質問が何かよくわかっていないようなのですけれども、住民にどういうふうに、例えば公共下水でこういうふうに、公共下水ではこういうことに使われましたよとか、区画整理ではこういうことに使われましたよとか、そういう細かい説明を住民にしなければいけないようになっているような感じがするのですけれども、その辺はどうなのですか。どうも今の行政報告書どうこうという、行政報告書なんか見たって住民わかりませんよ。もっと細かな部分、その辺をどういうふうに住民に対して説明されているかというのを私は聞いているわけなのです。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  住民に対しましては、ただいま申し上げましたような形でホームページ上での周知というふうな形になっておりました。先ほどご答弁で申し上げましたが、27年度につきましては、議会に対しましても、予算の概要説明書等で細かく説明させていただきたいと考えております。それにあわせまして、住民に対しましても理解いただけるような形で周知を図れるようにあわせて考えてまいりたいと思いますので、ご理解賜りますようお願いいたします。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 幾らか前向きのような答弁になってきたような感じがするのですけれども、よく決算のとき、こういう金は使いましたよということで住民に知らせるのですが、この都市計画税の関係については、特に目的税でありますので、特に住民に細かく説明をする必要があるのだと思うのですよ。細かく説明しないから、都市計画税の意味がわからないで都市計画税を廃止しろというような言葉が出てくるのだと思うのです。事実、私なんか考えても、区画整理事業あるいは都市計画道路という、そういう問題は確かに頭には浮いてきますけれども、それはほんのその応益制というのですか、それはごく一部の住民だけなのです。肝心のその都市計画税を多く納めている人たちのところへは、ほとんどそれの見返りというのですか、それがほとんどないのです。例えば市街化区域内で、これは都市計画税に関連しなくても、例えば道路整備をするとか、そういうことがされていれば、それほどの意見は出てこないと思うのですけれども、市街化区域でもひどい道路があるのです。舗装もがたがた、そういうものも何もしないでいるから、そういう意見が出てくるのだと思うのですけれども、どうなのでしょうか。これは都市計画税、都市計画税と今言っていますから、そのほかのことは私は余り話はしたくはないのですけれども、例えば道路改良1本にしても、担当課では区長からの要望書、しかもその要望書には住民の同意書つけてこいというようなことがこれはもう一律町内では行われているわけです。だけれども、市街化区域内の人は、調整区域の人から比べれば負担が多いわけです。こんなこと抜きにして、本来なら町のほうから積極的にこの道路改良をしたいのだけれども、どうだろうかと、住民に働きかけるのがしかるべきではないかと思うのですけれども、その辺の考えはどうなのでしょうか。場合によっては町長のほうから答弁をお願いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  都市計画税を納めているところ、いわゆる市街化区域において道路整備がおくれている場所があるというふうなご質問でございます。担当課はまちづくり整備課であったりしますけれども、道路の関係については、いつもその路面の状況等調査しながら進めている件がございます。

  もう一つは、地権者の関係もございまして、その地権者の同意であったり、協力の体制、これによってしばしおくれているところということもございます。区長さんを通したり、あるいは近隣の皆さんにお願いしながら道路行政進めているわけでございますが、一昨年からのいろんな補助金の関係等、道のほうは大きな道においても、あるいは町内のあちらこちらで道のほう大分進んだわけでございます。今、下田議員のおっしゃっているように、おくれている場所、特によく精査をさせていただきまして、地域の皆様の協力を得ながら今後についても進めてまいりたいというふうに思います。ご理解を賜りたいと思います。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 今、町長のほうからもよく精査しながらという答弁がございましたが、ひとつ市街化区域は、特別な税を納めているわけです。ひとつ町のほうで積極的に道路パトロールなんかもして、これは必要性を認めたならば、町のほうから市街化区域の住民の方には声をかけて、区長から要望があったからないからとか、そういう問題ではなく、町のほうから声をかけて、それで積極的に整備していただくようにひとつお願いしたいと思います。

  それから、先ほど住民への説明の関係なのですけれども、具体的なその使途の説明をする気があるのかどうか、もしもあるとしたならば、それをいつからやろうと考えるか、検討しますということでなく、具体的にひとつ答弁をお願いします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  都市計画税の説明の明確化につきましては、先ほども申し上げましたが、27年度予算につきましての概要説明書等でも明確にしていきたいというふうに申し上げました。それにあわせまして、来年度におきましては、広報等でも財政状況の報告等もございますので、そういったコーナーを使いまして、住民に周知をしてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) 余りこの問題だけやっても、あともう時間がございませんので、この辺で締めたいと思うのですが、今までの答弁を通して今考えるわけですが、この応益性のある都市計画税でございます。今後も恐らく検討しないまま課税を続けるという考えだと思うのですが、そういうことでいいのかどうか、その辺をちょっと最後の町長のほうの答弁でお願いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 都市計画税の課税についてということで再質問でございます。

  0.2%という税率で進めさせていただいております。いわゆる町の財源、町税、この町税の割合がいわゆる財政力指数を見ていただいても、0.6台ということでございますので、なかなかその財政の基盤がまだまだ弱いわけでございます。ここで、この0.2%をあるいは減額とか、あるいは廃止とか、これは非常にこれからのまちづくりにおいても非常に財政的に困難だというふうに思っているところでございます。いましばらくこの都市計画税は理解をいただきながら、しっかりとこのまちづくりで皆様に税のこのいわゆる応益をあらわしていけるように進めてまいりたいと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) それでは、続いて2点目の観光についての質問を若干させていただきたいと思いますが、数年前もこれにかかわる質問をしたと思うわけですが、その時点では希望の持てる答弁があったような感じがするわけですが、その後何ら進展等見られませんので、質問するわけでございます。町長の答弁は、その場限りの答弁だったのかなと思っておるところでございますが、今後どうしようと考えているのか、時期を今度は示して、これは初めての質問ではございませんので、答弁いただきたいと思いますが、ただいまの1点目の総合公園を起点とした鎌北湖から宿谷の滝ルートの整備のことでございますが、もうこのルートは、鎌北湖の手前に木橋があるのを承知しているのではないかなと思っておりますが、ここの木橋のところに標識があるのを町長見たかどうかわかりませんが、標識があるのですけれども、全然字が読めないのです。今、全く相も変わらない状況なのですが、さらに宿谷の滝から鎌北湖方面にハイキング道の標識が1メートル、50センチぐらいですか、あるのですけれども、ここも字が消えてしまっていて読めないのです。それも数年前と全く変わっていないのです。これ担当課でもかなり回って歩いているようで、気にはしているようですが、本当これは私が指摘しているところが数年前からそのままであって、これをどういうふうにしようか。今、当初予算を組む時期でございますので、もう既に当初予算の編成に入っていると思うのですけれども、この予算の中にこれらの整備を計上される気があるのかどうか、ちょっとお伺いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 下田議員の再質問にお答えをいたします。

  あの鎌北湖の下の部分のいわゆる麓から宿谷のほうへ、あるいは鎌北湖の脇道へというふうなところの道標、これについては一番早くは下田議員も小沢町長の時代からご指摘をいただいていた件というふうに私のほうも覚えております。昨年もほかのルートについては、道標の整備が順次進めていて、終わった箇所もございます。この道標については、数年で朽ちてしまうようなものではしようがないということで、それなりにある程度経年しても、劣化の余りないもの、こういったものを担当課では選択して進めているということでございまして、ある程度の費用がかかってしまっているというのは現状でございます。この宿谷の関係であったり、鎌北湖の周遊の関係であったり、ここについてはこの1年、2年のうちにしっかりと段階を追って整備をしていきたいというふうに考えているところでございます。

  特にこの宿谷の滝から物見山のほうに上がっていくルートの関係についても、非常に通る方が多いわけでございまして、あるいはその鎌北湖の上の部分、四季彩の丘のあたり、あの辺からも大分その整備が道標がおくれているということ、担当課からも聞いておりますので、この点についてもルートを考えながら、一番ハイキングの方々が通るルートを重視しながら進めてまいりたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) ここ一、二年のうちに整備のほうへというふうな答弁がございましたので、いずれにいたしましても、非常にこれはハイキング道路としても重要なルートになっているようでございますので、できるだけ早い機会に安心して歩けるような道路に整備していただきたいと思います。

  もう時間がありませんので、ちょっとはしょりますが、続いて2点目の鎌北湖から阿諏訪を経て滝ノ入ルート、この問題も以前ちょっと私質問したことがあるわけでございますけれども、何かその後検討された経緯があるかどうかということでございます。特に阿諏訪から滝ノ入に山間部でつなぐルートが、ことしの2月の降雪ですか、それ以来だと思うのですけれども、もうちょっと人が歩くのも困難なような状態になってしまいました。私も山へ入る機会が多いので、つくづく感じているわけでございますが、特にこのルートは、民地のようです。だけれども、一旦災害等発生したとき等も考えますと、このルートというのは早期に林道としてでも開設する必要があると思うのです。今、阿諏訪から滝ノ入の奥りに移るには、下までおりないと滝ノ入の奥りへ入れないというような状況でございます。どうしてもこのルートは確保しておく必要があるのではないかなと思っております。

  それも含めて、昨日町長の挨拶の中で、林道阿諏訪線の補修工事、業者が決定したということでございますが、その工事の内容と、この工事箇所以外に何かあったと思うのですが、開通以来、未舗装のまま荒れ放題の状況でございます。歩くのも非常に危険きわまりない林道ですが、安全に通行できるようになるそのコンセプトですか、その辺をありましたら、お伺いします。場合によっては、これは毎年投資していかなくてはいけないのだと思うのですけれども、その辺の考えもあわせてお伺いします。これは町長のほうから答弁してもらいましょうか。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  先日も鎌北湖の紅葉まつりがございまして、非常に自転車の方がここで急増してきたなというふうに実感をしているわけでございます。以前から言わせていただいております里山資本主義のお話の中には、この自然を求めて都会からここの地を訪れてくれる方がたくさん多くいるわけでございまして、そういう方々の定住促進、こういったものもその一つでもございます。あるいは観光を重視する上でも、道の整備、これはなくてはならないことだというふうに痛感をしているところでございます。今お話があった阿諏訪から大谷木、鎌北湖へ抜けていくその林道においては、今回200メーター、獅子ヶ滝の方面から整備するわけでございますけれども、これはできるだけ早いというか、段階を追って、しっかりとした道の整備をして、そしてそういう自転車の方々も周遊していけるような、そういったふうにしなければ、これは本当にもったいない道になってしまいますので、これも議会の協力をいただきながら、粛々と、そしてできるだけ早く進めていきたいというふうに考えているところでございます。計画年度については、できるだけ早くというふうなことで、今の段階ではお答えをさせていただきます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) できるだけ早く整備するようにお願いしたいと思います。

  続いて、3点目のハイキング道の整備、これは特に標識の問題私は取り上げておったわけですが、ことし産業振興課の職員のご苦労により、山の中の道路調査が行われました。既に市町村界については大方標識が設置され、非常に実際に私も耳にしておりますが、ハイカーも安心して歩けるというような声も聞いておりますが、ひとつさらに町村界でなく、さらに町寄りというのですか、山中に至っては余り標識がないのです。しかも道路が民有地ということもあるからでしょうけれども、未整備のところも非常にあるようです。これらのところもよく目を配って、ハイカーが安心して歩けるようにひとつこれは整備しておいていただきたいと思います。これは要望にしておきたいと思います。

  続きまして、4点目は花ハスの今後の取り組みという問題でございますが、今回の予算書を見ましても、若干花ハスの土の入れかえという予算も計上されておるわけでして、前向きの姿勢で取り組んでいるのかなというふうな感じもしないわけでもございませんが、周りのテントいうのですか、日よけのあのテントの破損、あれが非常に目立って不評なのです。さらに、スライダー塔というのですか、スライダープール、あれがそのままになっているのですけれども、あれもかなり多くの人から非常に目ざわりだというような声も聞いております。これらをどうするのか。さらに、まだあの25メートルプールですか、これがそのままになっているのですが、このプールについても今後どうするのか、その辺をちょっとお伺いします。これはむしろ町長に答弁お願いしますか。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  ハスの関係については、非常にボランティアの皆さんにいろいろとご労苦をお願いしながら進めてまいったところでございます。日よけのテントの関係あるいはスライダープールのその鉄塔の部分、これについては非常に朽ちているというふうなご指摘でございますが、鉄においては何らかのこの業者の関係もございますが、FRPの関係になると処理料が大分かかってしまうということ、また解体についてもある程度の大型のクレーン車等を持ってこなければならないということで、大変な費用がかかるということでございます。そのいわゆるハスの計画、これについては一番はやはりその中心となっている方々とボランティアの皆さんの考え方とか、そういったもの、それから町の協力体制、観光協会の協力体制、こういったものが結集しなければ進んでいくことができないわけでございまして、今このお話を一番はやはりしっかりとそのボランティアの皆さんと方向性を、そしてこれからの計画をしっかりと立てようということでございますので、こういったところで、このいわゆる鉄塔の件であったり、日よけの件であったり、こういったところの予算配分をいろいろと検討しながら進めてまいりたいというふうに今進めているところでございますので、その点についてご理解をいただきたいと。何としても財政あるいは見通し、こういったものを考えながら進めておるということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 下田一甫議員。



◆8番(下田一甫議員) いずれにいたしましても、花ハスも大分世間に知れてきたようでございますので、余り住民から不評のないような形でひとつ管理をしていただきたいと思います。

  もう時間がございませんので、5点目の関係ですが、総合公園の借地している駐車場の関係でございますが、これは要望にとどめるか、答弁もいただくか、その辺はどうしたらいいかなと思っているところですけれども、あの土地は地主が返さないで借りていてもらいたいという意見を私も耳にしておるわけです。ここに例えば桜の木がちょっと考えつくところでございますが、そんなものを配置すると、総合公園一帯が桜の里とも言えるようなことにもなるのではないかなと思っておるわけですが、今、産業振興課で緑の募金緑化事業工事というので55万円ですか、予算が計上されているようでございますけれども、この55万円が聞くところによりますと、いまだまだ使途が決まっていないというような話もちょっと聞いたのですけれども、ひとつこの地主にあそこへ桜の木、別に桜とは限らないと思うのですが、できれば下にも車が置けるような状態の木を植樹して、何とか活用をもっと、今ほとんどあの駐車場は使われていませんから、使われるような活用方法をできるだげ早く検討したほうがよろしいのではないかなと思っておりますが、ひとつ借地人というのですか、にもひとつこの辺は話しかけて、早急にもう時間がありませんので、余り。検討されればよろしいのではないかなというふうな、これはどうにしろどうこうではなく、要望にとどめておきますので、よろしくお願いしたいと思います。

  いろいろ質問いたしましたが、以上をもちまして私の一般質問を終わりにさせていただきます。大変ご苦労さまでした。



○宮寺征二議長 この際、午前10時45分まで休憩します。

                                      (午前10時31分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時45分)

                                              

         ◇ 藤 岡 健 司 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  藤岡健司議員。

                 〔7番 藤岡健司議員登壇〕



◆7番(藤岡健司議員) 7番、藤岡健司。議長の許可をいただきましたので、一般質問をさせていただきます。

  2014年7月、政府は「国土のグランドデザイン2050」を決めました。2010年、日本の人口は1億2,805万人で、それが2050年には9,700万人まで減少するとし、そのような人口減少のもとで、どのような国土を形成すべきかを検討したものであります。グランドデザインには、2つの内容があります。都市圏で形成するスーパーメガリージョン(超巨大地域)であります。リニア中央新幹線の開通を生かして、東京、名古屋、大阪の3大都市圏を巨大な一つの都市圏に変えようという考えで、今以上に巨大な都市圏をつくり、その力を生かして国際競争に勝ち残るという考えです。もう一つは、地方に対して示されたコンパクト・プラス・ネットワークです。地方は30%程度の人口減と予想されました。これだけの人口減が生じると、各自治体、集落の維持が困難となります。そこで、コンパクト化、市街地域面積の縮小、集落の統合を進めると同時に、各都市集落が互いに補えるようなネットワークを形成し、人口減少の中で生き残ろうという考えです。コンパクト化を進めるには、コストを下げて、公共サービスの水準を維持するためです。市町村合併で地方向け予算の削減を進めましたが、その内容は、人件費の削減が中心でありました。一方、住民が従来と同じ地域で暮らしている以上、公共サービスにかかわるコスト削減は進めづらいものがありました。この点を解決するためには、町民がばらばらに暮らすのではなく、集中して暮らすようにしなければならなくなります。それを進めようとしているものが農山村集落の統合です。そうすることで、人口が減少しても、歳入が減っても、一定水準の公共サービスが提供でき、人々が町に住み続けられるとしています。これがグランドデザインで示されたものであります。これは30年後の先であります。

  来年の4月には町長選挙が行われます。町の方向が決まると思われます。そこで、町長に見解を伺います。

  (1)、農業について。

  (2)、高齢化について、医療、介護、高齢化した地域の見守りについて。

  (3)、観光について。

  (4)、商業について。

  (5)、教育について、これまでのことについて、そしてこれから。

  (6)、里山資本主義について。

  (7)、給食費の無料化について。

  (8)、高校までの医療費の無料化について。

  (9)、国保について。

  以上であります。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 藤岡議員の町長選挙の政策についてのご質問にお答えをいたします。

  初めに、お断りしておきたいのですが、現在政策及び公約につきましては、絞り込んでいるところでございますので、今回の答弁では大まかな内容とさせていただきますことをご了承いただきたいと思います。

  まず1点目の農業についてでございますが、毛呂山町の農業は、過去の養鶏業の盛んな時代から変遷を繰り返し、現在では首都近郊農業の直売を基軸とした野菜や米などの栽培が主流となってまいりました。また、農業後継者につきましては、全国的に減ってきている現状ではございますが、毛呂山町においては、農業後継者にかわって、農地を持たない新規の就農者がふえてきており、近隣自治体と比較しても、その就農者数は群を抜くものとなってきております。これには町と農協が運営する農業塾もよい影響を及ぼしているものと考えられるため、現在それら新規就農者の組織化の動きが見られることから、町としててこ入れを考えているところでございます。また、遊休農地の解消につきましては、ソバ・大豆の生産団体による大規模な作付、新規就農者の耕作などの「人・農地プラン事業」によって、主に東部地区において行われてまいりました。今後につきましては、毛呂山町の特産であります柚子を初めとして、町の農産物の海外への輸出などを含めたグローバル時代に合った農業施策を進めていきたいと考えております。

  次に、第2点目の高齢化についてでございますが、検診と運動の結びつきや町と埼玉医大の結びつきから、現在、毛呂山町独自の施策のために計画を進めているところでございます。この新しいネットワーク的な施策は、これからの大きな病院を有する自治体にとって、模範的な取り組みとなるものと考えております。

  次に、第3点目の観光についてでございますが、現在、従来からの観光地、鎌北湖に加え、新たな観光スポットづくりと観光ニーズを考慮した戦略的な施策を検討中でございます。

  次に、4点目の商業についてでございますが、商業の発展につきましては、一番大事なことは、町と商工会がおのおのの事業展開だけでなく、各事業のかかわりに関して新しい発想を加えながら、町の持っている特有の予算を引き出せる施策が必要であると考えております。

  次に、5点目の教育についてでございますが、校舎などのハード面につきましては、これまでどおり取り組んできた施策を継続的に進めていきたいと考えております。また、教育におけるその他の分野におきましては、今後の政策の柱と考えておりますので、現段階での答弁は控えさせていただきたいと思います。

  次に、第6点目の里山資本主義についてでございますが、9月の定例議会において高橋議員からのご質問にお答えしたとおり、里山資本主義とは、「里山には今でも人間が生きていくために必要な伝統的な資本がある」という考え方に基づいたものであり、毛呂山町にも歴史があり、自然があり、地域コミュニティという住民同士の支え合いがあるという、お金では買えないものがそろっております。そのような里山資本主義の考えに基づきますと、いかに毛呂山町の里山を生かしていくかが今後の町政運営に重要になってくるものと私は考えております。

  次に、7点目の給食費の無料化についてでございますが、給食費を無料化するためには、相応の財源が必要となることは言うまでもございません。現在、この財源が確保できる見込みがないため、このような状況で取り組めるものではないと考えております。

  次に、8点目の高校までの医療費の無料化についてでございますが、越生町では行っておりますが、高校までの医療費の無料化を図ることは、人口規模とその財源に大きく寄与しているものと考えます。そのため、毛呂山町ではすぐに取り組めるというものではないと考えます。

  最後に、第9点目の国保についてでございますが、毛呂山町国民健康保険では、現在、国保税の均等割を下げる方向で検討中でございます。このことでこれまで以上に良好な国保事業の運営を進めていきたいと考えております。

  以上、9点につきましてお答え申し上げましたが、さきにも述べたとおり、現在検討中の案件も多くございますので、ご理解を賜れればと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 農業について、米づくりの将来について再質問をさせていただきます。

  まず最初に、各地で米が暴落しています。この毛呂山町での状況をちょっと伺います。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 藤岡議員の再質問にお答えをいたします。

  おっしゃるとおり、米が大分暴落というか、いわゆる半値に近いような価格の生産者米価が出されております。これはいわゆる昨年あるいは中には一昨年のそのお米が残っているというような状況、これによって米の流通がいわゆる流れが悪くなっているということでございます。町におきましては、大規模な生産農家が誕生しているわけでございますけれども、この農家においては、いわゆる米粉米、加工米です。加工米の関係で、さきに契約をしておったり、国と全農あるいは国が進めているならしというやり方、これはいわゆる極端に下がったときに、その平均値まで補填をするというふうな形でございますけれども、こういったならしに加入しておったり、そこでしのいでいるというような状況でございます。これからの米については、私はつくるだけではいけないわけでございまして、かねてから議会あるいは議員からもご指摘があるように、米の流通をしっかりと町の中で行っていけるような、この流れをつくりたいというふうに思っております。

  例えばでございますが、給食センター、これは今、給食の米飯センターから来ているわけでありますけれども、これについてはさきの農協との懇親会で、この意見交換会がありまして、教育部局のほうでも参加しておりまして、ぜひ毛呂山のとれたお米を流通をさせて、ぜひ毛呂山の小中学校の給食で使っていただけるような流れ、これを築こうではないかというようなお話になっておりまして、これについても今後課題にしていきたい。またあるいは自分の中に取り入れて、これはもう前々から考えておりましたので、こういったものも進めていきたいというふうに考えております。まずは各自、各農家、各農家が売るという、そういう努力、これを当然やらなければいけない。それをしなければ弱い農家になってしまいますから、しっかりと農家がどういうふうにこの販路を拡大する、あるいは流通をしっかりと自分のものにして、この経営を立て直していく、これが一番の重要なところだというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 町長、前回私が給食の米の毛呂山町のを使ってくださいと言ったとき、結局販売量というか、米の生産量がないからだめですと言われたのですが、それはどうなのでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  今、この地域の農協からこの毛呂山町のお米をそれだけを給食用としてしっかりとストックする、その流れをつくらないといけないということでございます。その流れがその答弁のときにまだできていないということでございまして、これからはその1カ月、1カ月ごとの米の量、これをしっかりと農家とタイアップしてストックできる、そういう状況をまずつくらないといけない。これは例えばしっかりと検査米でなくてはいけないわけでありますから、検査をすれば倉庫は農協側になってしまいます。そうなると農協側は経費が発生するわけでありますから、農家側にストックをしておく、そういう体制をつくらなければいけないというふうに思います。こういったものがつくられれば、自然と11か月、8月が夏休み中ですから、その分のしっかりとした体制が組めるかなというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) それでは、わかりました。米づくりの将来ということで、米をつくっても一種の骨折りだけで、それから農業用機械、それがかなり経費というか、それがかかるので、結局は米をつくらなくなるのではないかというか、そういうことはどうなのでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 藤岡議員の再質問にお答えをいたします。

  ご指摘のとおり、当然米価が下がればランニングコストの関係は当然同じようにかかっている中で、収入面が減るわけでございますから、経営は非常に苦しくなります。苦しくなれば機械の更新ができない。米づくりから離れる、これは当然の流れでございます。この中でどういうふうになるか、それはやはりしっかりとした販路を持つ、それから低価格になっても持ちこたえられるだけのいわゆる経営努力、こういったものに尽きると思います。それがこの毛呂山町の中で米をつくっている農家でできるかどうか、こういうことだと思いますけれども、この四、五年、これについては私は耐えられるだけの力は持っている農家だというふうに思っております。この後、この後になりますと、今進んでいるTPPの関係もありますけれども、そういった外的な要素、これが大きく加わってきたときにどうなるか。先を読みながらの施策、これも考えていく必要はあると思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 今、米づくりなのですけれども、政府は大体大規模経営化して、それで機械を使ってということで、毛呂山町では大体三、四件しか結局は耕地というか、1人がやっていく面積というか、何十アールでしたっけ、ちょっとあれですけれども、三、四件でやっていくのだという方向で、TPPの関係もありますけれども、そういうことで推し進めているのですけれども、この考え方に町長は、個人、小さな農業で、それで個人的にやっていくのと大規模経営というか、そういうのはどうなのでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  あくまでも後継者がいるかどうかということが大きなことになると思います。今、毛呂山町で作付されているのは約70町歩、70ヘクタールです。140ヘクタールのうちの70ヘクタール、いわゆる半分しか耕作していない。あとの半分はどうなっているかというと、例えば木が植わっていたり、あるいは遊休農地としてなっている部分、よく西部の、西部と言っては失礼なのですけれども、山合いのところ、ここの田んぼにおいては非常に傾斜地であったり、ある程度の耕地がまとまらないという、1つの田んぼの面積が小さいということで。非常に水田の作付が難しくなっております。そういったところ以外は、いわゆる沢田であったり、箕和田であったり、あるいは西戸、西大久保、こういった耕地においては、非常に整備が進んでおりますから、こういったところではしっかりとその後継者がいる農家、これについては30ヘクタール、1人で30ヘクタール、1件が30ヘクタールぐらいは可能でございますので、そういった計算の仕方でいけば、3件か4件あればこの70ヘクタールはこなしていけるというわけでございます。

  今2つに分かれておりまして、自分の家の食べる分だけをつくる農家、そしてほかの方の農地もお借りして大規模に進めている農家、こういうふうにこの流れとしては2つに分かれるわけでございまして、今の段階では大規模化を進める農家がおります関係から、しばらくはこの毛呂山の農地においては大丈夫かなというふうなところでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) やはり農業というか、米をつくらなくなれば、結局は毛呂山町の風景は変わりますし、自然環境も変わってくるわけなので、ぜひこの風景を残すためにも頑張ってもらいたいと思います。

  それから、農業の裾野を広げるという意味で、農業塾は非常によいというか、失礼なのですけれども、やり方がちょっと先回はというか、あれだったのですけれども、農業塾は非常によいことだと思うので、この農業塾の将来というか、これからの農業政策として、どういうような方向でいくのか、ちょっとお伺いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 藤岡議員の再質問にお答えをいたします。

  農業塾についてどういうふうに考えているかということでございますが、順調に今、生徒さんもふえ、そして農協さんのほうの農業塾も順調にいっているというふうな報告を伺っております。それぞれ農協関係では、いわゆるUターンというか、定年退職をした方が自分の家で農地を持っているのだけれども、そういったところで教えていただきたいという方がほとんどでございます。町でやっている農業塾のほうは、新規就農者の方が大半でございまして、こういったところでうまく流れているなというふうに見ております。

  今後の農業塾においては、例えば宮代町に「新しい村」というふうなことがございまして、そういう施設がございまして、それは新規就農者であったり、家庭菜園をやっている方がその施設に自分たちのつくった野菜を持ってきて、そして観光もあわせて運営をしているという形、これは非常にいいなというふうに見てまいりました。町には「新しき村」がありますけれども、その「新しき村」の宮代のそういう施策、そういったものも含めて、またもう一つは、今度引きこもりの団体ですけれども、その方々は町の農業塾の1年生の方なのですが、その方が卒業されて、そしてその方を中心としたファームができました。そのファームを今度大類館の脇の農地の方にお借りできないかというふうなお話も伺っておりまして、いい橋渡しができれば、また農業委員会の協力も得ながら、そういう方々のその憩いの場というか、社会復帰できる、そういう形をつくっていきたいというふうに今考えているところでございます。あるいは毛呂山町は、いわゆる生活保護の関係の方もいらっしゃいますけれども、生きる糧にはやはりそういう土と親しんだり、あるいは生きていく力、こういったものを物をつくることによって呼び起こすことができるわけでございますから、こういったところでも生かしていければというふうに思います。いわゆる農業というのは、第1次産業と言われるとおり、一番人間の生きていく根本でございますので、そういったところでうまく生かしていきたいというふうに考えております。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 遊休農地の解消ということなのですけれども、そのほかに毛呂山町には中山間地があって、そして高齢化しているわけなのですけれども、その点については町長はどう考えているかをお伺いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  一番着目しているのが、いわゆる山間地域の遊休農地でございます。これについては先ほどお話をしたとおり、面積が大変狭い。1区画が狭い状況、そして傾斜地、こういったことでつくられる方がいわゆる高齢化して、後継者がなかなか農地を生かすことができないというふうなことでございます。私の考えの中では、1つは農地バンク、この農地バンクで、町が間に入って、農業委員会も含めて間に入っていただいて、農地を借りたい人、そして貸したい方、こういったところの橋渡しをしっかりとしていく。その調査を今も進めようとしているところでございまして、この農地バンクをしっかりと町民皆さんに教えていきたい。

  それからクラインガルテンというのは、皆さんご存じだと思います。このクラインガルテンの施策は、まだ埼玉県にはございません。この施策は非常に滞在型農業ということでございますので、何か所か私も見ておりますけれども、これは非常にいいなと、あるいはこういったものをうまく生かせないかということを今練っているところでございます。こういったものを進めながら、あるいはもう一つ、毛呂山町には酒造メーカーがございます。この酒造メーカーともお話をしておりますけれども、ぜひ加工用のブドウをつくってほしいというお話、こういったものもございますので、これはしっかりと将来性もあるななんていうふうに思いますので、こういったものを含めまして、総合的にこの遊休農地の解消、これを進めてまいりたいというふうに思っております。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 次に、高齢化と健康によいウオーキングということで話を進めていきたいのですけれども、里山資本主義、それからこれに対して柚子がありましたり、そういうことを再質問としていきます。

  まず最初に、予防ということで、医療費の削減をする。これは歩くことが健康を維持するということが一番広く認められていると思うのですけれど、この町として対策として、結局は越生町は、越生町の町長がよく言っていますけれども、私の町はハイキングの町だと、それで大体月に1度ぐらいのペースでハイキングをやっているということなのですけれども、そのことにやはり後から質問をしますけれども、そういうハイキングに対する考えはどうなのでしょうか。後で。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  越生町がされていること、非常に健康増進のためにいいなというふうに思っております。越生町は七福神の関係があったり、その七福神めぐりを基盤として東武、いわゆる鉄道会社がともにそういったところでPRをして発展してきたということでございます。これはお隣の越生町、すばらしい取り組みで、ぜひ見習いたい。毛呂山町でも何らかの町、「何々の町」、これを進めるところでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 東武鉄道というか、それもありますけれども、やはり越生町では越生独自にそういうことをやり始めてというか、やっておるわけなのですけれども、この観光としてのハイキングというのは、やはり着目というか、大体あれ2,000人から3,000人というか、「ゆずの里ウォーク」と同じ規模で結局来ていただいてするわけなので、そういうことでゴール地点に柚子を置いておくとか、それが市場に出せない柚子ですとか、そういうのをよく売っていますよね。ああいうのを買っていっていただいたり、そういうことをして柚子がはけるようになるのではないかと私は考えるのですけれども、安い柚子ですから、かなり。市場に出せないのは。それで柚子のPRもできると思うのですけれども、その考え方はどうなのでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  消費の経済のいわゆる効果をあわせようという視点でございます。ただ、よく言われるのが、一番は目的は買い物ではないわけです。よく言われるのが、ハイキングとマラソンと自転車、この3つは物を買って帰らないという……

                 〔「本当、そのとおり」と呼ぶ者あり〕



◎井上健次町長 のがございまして、なかなか荷物になってしまうという考え方なのです。健康のために自然を求めて来て、そしてゆっくりと歩いて、そして帰るときには小さなものを買って帰るというようなものでございますから、議員のご指摘のとおり、PRするのは非常にいいことでございますし、あるいはそこで何らかのものを買っていっていただくのは非常にいいことだと思います。これは商工会なり、あるいは地元の方々も十分考えながら、そういったときにはそういうこともされておるわけでございますから、うまく町のほうもお手伝いをさせていただきながらというようなことで考えさせていただきます。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) マラソンと自転車とハイキングは物を買わないということなのですけれども、余り重量にならなければ買っていくと思うのです。それで、柚子はやはり毛呂山町の、それで大体ハイキングだとか、東武が主催するのは2,000、3,000クラスなので、かなりの消費というか、つながると思うのですけれども、もう一度ちょっとお伺いをいたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  「ゆずの里ウォーク」でも、完歩をされた方には柚子を持っていってもらっていて、そこには行政から何らかの費用が回っているわけです。今、「ゆずの里ウォーク」は昨日のお話にもあったように、1,900人ということ、越生町は越生町でやはり柚子をしっかり持っていますから、越生町と毛呂山町が一緒にやると、どうしても越生のほうに持っていかれるというふうな懸念もございます。これはあくまでも仲よくやろうということ、これは私も競い合うのではなくて、仲よくやっていく。仲よくやって共存共栄していくという考え方が非常にいいなと思っていまして、現在も越生町と一緒にやろうと思っていることがございます。こういったことでは協力し合いながら、そして柚子を持っていってもらう。これは非常にいいことですし、今も現在もやっておりますので、この件についてはさらに拡大するなり、あるいはまた違うものを観光協会といろいろ相談しながら進めてまいりたいというふうに思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 柚子ということで、もう一つ、ペットボトル化というか、柚子の飲み物というのは、かなりペットボトル化されているのです。それで、鹿児島行ったときも柚子のペットボトルがありましたし、小川へ行けば小川の柚子と何か書いてあったようなペットボトルがあったのですけれども、そういうことで一番の柚子をメーンにしているのだったら、ペットボトルか何かそういうのはつくる考え方というか、何かしらの商品化というか、そういうのはないでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  柚子商品は以前は「柚香里」でしたか、つくって、あれはちょっと売れが悪かったようでございます。今、越生町では「ゆず之助」というのがございまして、これには毛呂山の柚子も入っているような、いわゆる加工の関係では、全部越生のほうに集荷されていますので、そんなふうな流れがございます。ときがわ町でも柚子の飲み物があったようでございますけれども、このあたりで今の越生町の柚子の「ゆず之助」の関係のいわゆる加工の関係では、そういった流れがございますので、ここであえて毛呂山の柚子の飲み物をどうしようかというふうなことは非常に難しいかなと。むしろほかの柚子の使い方あるいは柚子の販路、こういったものをしっかりと進めていきたいというのが私の考えでございまして、今実際にインドネシアに送ろうという動きがあります。もう実際送りました、1回。そういったことを広めていく。それから、フランス、イタリア、このフランス、イタリアには、やはり同じように販路を開けそうだということ、それから特にフランス料理、これに使うことができそうだということ、ただ一番は空輸では非常に料金がかかってしまうと、船便となると今度は鮮度、こういったものが問題になります。こういったところを克服して、いわゆるグローバル社会にマッチしたこの日本の最古の柚子、毛呂山の最古の柚子「桂木」、これが進めていければというふうに思っているところでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) では、次に移ります。

  給食費の無料化と、それから高校までの医療費の無料化なのですけれども、前回の町長選挙のときに、町長がこどもの医療費の窓口払いを廃止しますと、それで選挙を戦われたわけなのですけれども、結局は今までこちらが窓口払い廃止してください、窓口払い廃止してくださいということでやってまいりましたけれども、町の答弁は埼玉医科大学の関係上、この書類が煩雑になってしまって、絶対にというか、できないのだということをずっと言われ続けてきたのですけれども、町長にかわられましたら、すぐ実現したわけなのですけれども、そういうことで給食費の無料化というか、高校までの医療費の無料化というのは考えはどうなのでしょうか。これでできないということなのですけれども。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  まず、給食費でございますが、町からは議員ご承知のとおり、給食センターを運営する費用、これは約1億二千数百万出ております。決算で見ていただくとおりでございます。それ以外に食材費、この食材費ということで給食費が各児童さん、各家庭にご負担をいただいている。これはあくまでも食材費でございます。この食材費というものは、やはり食育の関係からも、あるいはモラルというか、考え方から言っても、やはり皆さんで出していただこうというふうな形が今までとられてきたわけでございまして、私の中ではこの給食費全額となると約1億2,000万から1億3,000万の規模になりますから、これを例えば全部とか、あるいは半額とかというふうなお話になっても、これは「五十歩百歩」の考え方になってしまいますけれども、なかなか難しいというふうに思います。というのは、財源でございます。今、学校の大規模改造というものをやっておって、これには相当な金額がかかることは議員もご承知のとおりだと思います。全体のパイというものが、財源のパイがございますから、その中でも東日本大震災から非常に学校関係に国、県の補助があった。この国、県の補助があったのは、やはりしっかりと子供たちの命を守るということ、耐震であったり、あるいは教育の現場をしっかりと各自治体が直していただきたいということがあったわけであって、そのために直してきたわけです。まだこれは途中の段階なわけです。その中でもいろんなことを駆使して、本当に財源を駆使して、駆使して、そして中学校にエアコンをつけることができた。これは本当に並々ならぬ、職員であったり、地域の皆様であったり、多くの方々の協力で達成してきた案件でございます。これについてこの先を継続していく。トイレを直したり、エアコンつけたり、大規模改造していく、これには相当な金額がかかって、どこから削ってくるかという段階なのです。この段階のときに8,000万とか7,000万とかという金額を出すというのは、とてもではないけれども、破綻をするような話だと私は思います。財源をどこかから持ってくればいいけれども、その財源の持っていき方は非常に難しい。これからは今までよく私は挨拶の中で、高齢者福祉の関係にこれから力を入れなければいけないときだという話をしています。それはなぜかというと、この3年間、4年間、子供たちの安全のためにお金を使ってきたのだから、我慢してきた分を今度はそういうところに持っていかなければいけないわけです。これについてまた子供たちのために出すというのは、非常に難しいというか、私はこれをやったら近隣自治体からしても、非常に非難に近い話が出るというふうに思っています。

  以上でございます。



◆7番(藤岡健司議員) 高校。



◎井上健次町長 高校のいわゆる医療費の無料化、これについては、越生町が行っておったりします。毛呂山町は越生町より早く窓口払いを廃止して、そして子供たちのその医療費の関係も進めてまいったわけでございます。おくれて越生町は高校までをやるというふうにしましたけれども、この近隣の自治体からしても、越生町はその意味では進んでいるかもしれませんけれども、人口規模が全然違うのです。毛呂山町の3万5,000の中のいわゆる高校生までの数と、越生町の高校生までの数は全然違いますので、それを越生がやっているから毛呂山もやれというのは、先ほどの話ではありませんけれども、財源的に今の段階では苦しいということでございます。財源というのは本当に限られた中で、切り詰めながら、そして痛みを分かち合いながら進めていることでございますので、その点をご理解いただきたいというふうに思います。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) はい、わかりました。

  それから、国民健康保険なのですけれども、均等割を下げるということを今考えておるというか、これは国民健康保険税の結局は軽減というか、減額というようなことを打ち出す方向なのでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  国保の関係については、いろいろと議員皆様からご指摘をいただいておりまして、この件につきましては、請願もいただいたわけでございます。担当課のほうではシミュレーションをつくったり、いろいろしております。この広域化というのがございまして、これは29年までにそのシステムを構築して、30年からは進めなければというふうに県のほうも言っているところでございますけれども、毛呂山町の今の国保の状況、今まで繰り越しがあったり、あるいは基金があったりしましたけれども、この繰り越しと基金を取り崩すような状況がもう発生しているわけでございます。給付金が多くなったということ、シミュレーションの中では、1,000円、2,000円単位を下げても、シミュレーションの中では何かあったらすぐ5,000万、6,000万あるいは1億のお金が出てしまうよということ、これはもうわかっていることでございます。ただ、その応益応能の関係で進めている中で、やはり均等割の3万5,000円、これは県下では一番今高い状況になっているから、何とかほかの自治体に肩を並べたところでうまくできないかというようなことを今、国保運営協議会のほうに諮問として諮らせていただいております。また、その諮問を受けて、国保運営協議会のほうも、ならば町のほうでしっかりとしたシミュレーションをどうすればこうなるのだと、これがやっていけるのだというものを見せてくれというふうなその資料あるいはそういったものを作成しろというようなお話が来ておりますので、これをしっかりとつくり、そして多年度において、ことしだけではない。来年、再来年度と、こういうふうにやれば何とか毛呂山町の医療費を下げていけるだろうというものをご理解いただいた上で、運営協議会の答申があるというふうに思っております。今は町側がしっかりその国保運営協議会に差し出す資料、これをしっかりと立ち上げているところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 国保の減額について、結局は現在進行中であると。では、4月の町長選挙のとき、減額というようなことはまだその時点では決まらないということなのでしょうか。というか、政策として。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  その方向で今進めているというふうに言わせていただきます。

  以上です。



◆7番(藤岡健司議員) はい、わかりました。



○宮寺征二議長 藤岡健司議員。



◆7番(藤岡健司議員) 要望というかなのですけれども、ぜひ毛呂山町で脳ドックの助成を考えていただきたいと思っているのです。

                 〔「やっています」と呼ぶ者あり〕



◆7番(藤岡健司議員) やっていましたっけか。

                 〔「やっています」と呼ぶ者あり〕



◆7番(藤岡健司議員) ああ、そうですか。それは、では今のは取り消します。

  そうすると、一番の問題は、この給食費と、それから高校までの医療費の無料化と、それから国保税の減額なのですけれども、こちらの解釈では国保税は何とかなるだろうということと、それからあとは給食費というか、これは無理とは言わないですけれども、こちらのほうで要望したいのですけれども、そういうことでよろしいわけなのでしょうか。それともできるということはないというか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  小学校のエアコンをつけなくてもいいというようなお話になるかとか、大規模改造はやらなくてもいいとか、そういうふうな話になれば、それはそういう財源構成はできると思いますけれども、果たしてそれが可能でしょうかと、かえって私は聞きたいところでございます。お話ししたように、財源が確保できれば、それは考えてもいいですけれども、近隣自治体の中でこの県内で給食費をやっているのは滑川町だけなのですけれども、今の滑川町長もやりたくてやっているわけではない。選挙公約の中で相手が出してきた。それに対して対抗しただけであって、それも今相当な負担になっている。近隣の自治体ではそれはとてもできない。できるだけやらないでほしいというのは、もう首長同士の話でございます。

  こういうふうなやはり食育とか、モラルとか、公助とか、何でも公助とか、こういう時代ではないのです。ですから、それはご理解を賜りたい。要望はそれはするのは自由だと思いますから、そういうふうに答えさせていただきます。

  以上です。



◆7番(藤岡健司議員) はい、オーケーです。



○宮寺征二議長 この際、午後1時15分まで休憩します。

                                      (午前11時36分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時15分)

                                              

         ◇ 高 橋 達 夫 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  高橋達夫議員。

                 〔11番 高橋達夫議員登壇〕



◆11番(高橋達夫議員) 11番、高橋達夫です。町政に対する一般質問を行います。

  アベノミクスは続けるべきか、失敗だったのかを争点とする突然の衆議院選挙がきょう公示されました。自民党の言う就業者数100万人増、賃上げ率過去15年で最高とアベノミクスの成果を強調、連立を組む公明党は、確かに景気はよくなっている。その実感が家計に回るようにと公約しています。民主は株高で富裕層には資産がふえたが、円安による物価高で一般国民の生活は疲弊していると訴えています。維新は、大都市と地方、大企業と中小企業の格差拡大や約束した定数削減を実施していないと指摘しています。消費税10%増税反対は、共産、社民の2党、他の党はいろいろな条件はつけていますが、2017年度4月実施を認めています。いずれにしてもふえ続ける社会保障費、減り続ける日本の人口、安倍政権になり、既に43兆円の借金がふえ、国の借金総額は1,000兆円を超えてしまいました。そして、きのう消費税の先送りによる財政悪化が懸念されると、日本の国債が1段階格下げになりました。まさに財政再建は待ったなしというところです。国民の審判は14日に出ます。毛呂山町も国と同じように、財政の問題、人口の問題、社会福祉、雇用確保、町の活性化等多くの問題を抱え、来年度を迎えるわけでございます。

  そこで、質問に入ります。1として、毛呂山町役場内には多くの課、係があり、それぞれが担当の職務を行っております。その一つである総務課文書法規係はどのような職務を行っているのかお尋ねします。

  次に、議会運営委員会で取りまとめて、毛呂山町政治倫理条例最終案、きょうは机上に示されましたが、9月議会の全協では、議会事務局長は文書法規係に審査をお願いしたと話していましたが、どのような審査をなされたのかお伺いいたします。

  大きな2点目として、平成27年度予算編成についてお尋ねします。この12月議会が終わりますと、来期を目指している町長の公約を含めた平成27年度の予算編成に入ります。

  1として、消費税10%の引き上げが先送りされました。それによって町の予算編成にはどのような影響があるのかお尋ねします。

  2として、町長は来期出馬を予定しています、町長が考えている来年度予算編成に当たる留意点とは何か。また、目玉施策はあるのか。どのようなものがあるのかお伺いします。

  3として、毛呂山町において若者の人口の減の大きな原因は、雇用の場がないことです。雇用の確保と町の産業の振興についてどのような施策を考えているのでしょうか。

  4として、企業誘致を振興するような施策はあるのでしょうか。

  5として、子育て支援策について、予算はどのようなものを考えているのでしょうか。

  6として、高齢者福祉施策の予算はどのようなものを考えているのか。特に在宅介護について、埼玉医大等との連携についてはどのようにお考えなのかお尋ねします。

  以上、一般質問といたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 高橋議員のご質問の1問目の毛呂山町役場の職務内容についてのご質問に順次お答え申し上げます。

  1点目の総務課文書法規係の職務内容についてでございますが、文書管理を初め文書事務の指導及び総合調整並びに公告式及び公印に関すること、また条例、規則等の審査及び制定改廃に関すること、さらに町議会に関することといたしまして、議案の整理等を行っております。そのほか、情報公開及び個人情報保護制度に関することなどの業務を行っております。以上が文書法規係の主な職務内容となっております。

  続きまして、2点目の毛呂山町議会議員政治倫理条例案についてどのような審査をしたのかのご質問にお答え申し上げます。議会事務局には、法規を職務とする職員が配置されておりません。よって、議会事務局の職員から文書法規係に対しまして、毛呂山町議会議員政治倫理条例の素案に関しての相談がありましたので、あくまでも参考意見として、何ら拘束力のあるものではないものではございますが、アドバイスをさせていただいたということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 2問目、平成27年度予算編成についてのご質問につきまして順次お答え申し上げます。

  最初に、1点目のご質問にお答え申し上げます。消費税率の10%への引き上げが先送りされたことによる本町の平成27年度予算編成の影響につきましては、消費税の引き上げ分については、全額社会保障経費に充当されるものであるため、本町の社会保障経費の財源に影響は予想されます。具体的には、歳入面では地方交付税と地方消費税交付金、自動車取得税交付金に影響が予想されます。地方交付税につきましては、消費税が地方交付税の原資である国税5税の一つのため、消費税率の引き上げが先送りされたことにより、引き上げ分が地方交付税総額に反映されないことになります。地方消費税交付金につきましては、消費税8%時の地方消費税交付金への配分は1.7%で、消費税10%時の地方消費税交付金への配分は2.2%の予定であったため、同じように引き上げ分が反映されないことになります。自動車取得税交付金につきましては、自動車取得税は消費税10%時に廃止が決まっていたため、引き上げが先送りされたことにより、不確定ではございますが、交付される予定でございます。なお、消費税全体での国と地方の配分につきましては、消費税率が8%のときは国が4.9%、地方が3.1%、消費税率が10%のときは国が6.28%、地方が3.72%の予定でございました。

  また、歳出面では、各課からの予算要求時は、平成27年10月1日以降の消費税率を10%で計上してありましたので、その分の減額が見込まれております。

  次に、2点目のご質問にお答え申し上げます。来年度予算編成の留意点でございますが、平成26年10月1日に平成27年度当初予算編成方針を各所属長宛てに通知し、現在企画財政課を中心に予算編成作業を実施しているところでございます。来年度予算につきましては、非常に厳しい財政状況の中で、「自助・共助・公助」の理念のもとに、本町の重要課題となっている人口減少問題や少子高齢化対策、生活環境道路の整備や教育環境の整備等について長期展望に立った戦略的な施策を展開し、全力で課題解決に取り組むよう指示しております。そのような中で、来年度の目玉施策につきましては、「安心と安全のまちづくり」のために2年間の継続事業として、防災行政無線デジタル化整備工事を実施する予定です。また、福祉の向上のために、平成27年度から重度心身障害者医療費の窓口払いの廃止を予定しております。さらに、少子化対策として、小学校の余裕教室を有効活用した毛呂山小学校内学童保育所整備工事を予定しており、本町の少子化対策の重要施策として実施を予定しております。そのほかにも厳しい財政状況の中で、本町の課題解決のために優先順位に基づく事務事業を計画しておりますが、現在、予算編成中のため不確定な部分もございますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、3点目のご質問にお答え申し上げます。平成27年度予算における雇用確保と産業の振興についての施策につきましては、雇用確保策として県の緊急雇用対策事業を活用して、平成26年度に引き続き納税コールセンターの設置を予定してございます。また、産業の振興につきましては、引き続き商工会と連携を図り、町の活性化のために産業まつりの充実や観光客の増加を目指して鋭意努力していく所存でございます。

  続きまして、4点目のご質問にお答え申し上げます。平成27年度予算における企業誘致を振興する予算につきましては、町道第7号路線道路改良事業費を予算計上する予定でございます。本町において企業誘致は今後の自主財源の確保と雇用創出のために必要不可欠な施策でありますので、安定的な財源確保と雇用の確保による定住促進のためにも、引き続きあらゆる面から企業誘致活動を推進していく所存でございます。

  続きまして、5点目のご質問にお答え申し上げます。平成27年度予算における子育て支援策につきましては、子育て家庭における経済的負担の軽減と子供の健康増進の観点から、引き続きこども医療費について、中学校3年生までの保護者に対して支給する予定です。また、学童保育所の入所者数を国が新たに示す規模にするため、毛呂山小学校内学童保育所整備工事を予定しております。さらに、平成27年4月から、子ども・子育て関連3法に基づく子ども・子育て支援新制度がスタートする予定であり、この制度のための予算編成を予定してございます。

  最後に、6点目のご質問にお答え申し上げます。平成27年度予算における高齢者福祉施策につきましては、一般会計では超高齢社会の到来により、後期高齢者医療療養給付費負担金や介護保険特別会計繰出金等の大幅な増加が予定されております。また、介護保険特別会計では、高齢化社会への対応として、安定的な介護保険の給付に努め、引き続き地域住民の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援するための介護予防ケアマネジメントや総合相談などの包括的支援事業や家族介護用品などの給付事業を継続して実施していく予定でございます。なお、在宅介護についての埼玉医大との連携につきましては、埼玉医大と連携を図ることはもちろんのこと、毛呂病院や医師会とも幅広く連携を図り、総合的に医療機関と調整を図りながら、在宅介護サービスなどの充実に努めていく所存でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) では、再質問させていただきます。

  まず最初に、総務課長にお伺いしますが、何ら拘束のあるものではないアドバイスというのは、どういうことですか、お伺いします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答え申し上げます。

  そもそもこの毛呂山町議会議員政治倫理条例案につきましては、議員発議により、みずからの倫理観を定めるものであること、それからまた各自治体において制定必須の条例ではないことなど等を考えますと、町執行部でこの条例に対しましてこうあるべきだ、あるいはこう決めなければならないといった、そういったことが言えるべきものではないということで認識をしております。そういった観点から、拘束力のあるものではないということで申し上げた次第でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 要するに何のアドバイスもしていないということですよね。議員必携の197ページ、これは議員さんですから、みんな読んでいると思う。ここに条例の制定手続のところの立案というのがございます。原案を作成する。これは「町が条例をつくるとき原案を作成することであって、町村長が提案するものにあっては、まず担当の部課又は係がこれに当たり、その原案について総務課法規係において、上位の法令あるいは関係法令との照査、調整や表現の統一、整理等のいわゆる法令審査を行って成案とする」と書いてあるのです。つまり、上位法に合っているとか、関係法との関連をしっかり見ているわけです。でも、先ほどの話ですと、何も見ていないということですよね。何ら拘束のあるものではないアドバイスというのだから、何も言っていないということでしょう。何か言ったことがあるのですか。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  いわゆるてにをはの部分のほかに1点ほど具体的にアドバイスをさせていただいた点がございます。その点につきましては、この倫理条例の案の中には、議員さんの政治倫理基準、いわゆる第4条、その第4条の政治倫理基準、それとそれから次の第5条に請負契約等の辞退という条項がございます。この2つの規定に違反する疑いがあるときは審査請求をすることができるという規定が次の第7条にございます。しかしながら、この請負契約等の辞退につきまして、第5条の規定につきましては、いわゆる努力義務規定ではないかという考え方を私どもは持ちまして、この規定に違反する疑いという表記というのが解釈上曖昧になってしまうのではないかというアドバイスをさせていただきました。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 上位法との関連については、やっていないですね。続けて読みます。町には今、課長の答弁ですと、議会事務局には法令を職務する職員は配置しないとしてありますね。だけれども、この配置していないけれども、議員必携を見ると、議員、委員会提出のものにあっては、議会事務局職員が協力すると。だから議会事務局職員が協力して、この条例案はできているわけです。この場合、前記の法規係の専門的な法令審査に相当する事務は、議会事務局が担当することになるから、担当職員は日ごろから十分専門知識を涵養しておかなければならないとなっているのです。ですよね。町の議会事務局の職員は、もう超ベテランの職員です。この辺については既に今まで十分涵養していらっしゃるので、そういう議会事務局の職員になられたのだと思うのですが、それでは総務課長がやっていなかった上位の法令や関係法令の照査、調整は議会事務局長が行ったのですか。議会事務局長に聞いているのです。



○宮寺征二議長 瀬波局長。

                 〔瀬波行男事務局長登壇〕



◎瀬波行男事務局長 お答えを申し上げます。

  この倫理条例作成に当たりましては、他の市町村のを参考にしたりだとか、あるいは弁護士等にも2回確認等をする作業をして、それ参考にして議員の皆さんでもんでいただいて、このような提出することになったと、こういうことでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 私が聞いているのは、上位法との関係を調べたのかどうかと聞いているのです。



○宮寺征二議長 瀬波議会事務局長。

                 〔瀬波行男事務局長登壇〕



◎瀬波行男事務局長 お答えを申し上げます。

  上位法の関係でありますが、これにつきましては、憲法だとか、そういった問題点等も事務局サイドではいろいろ研究はさせていただきました。最終的なことは、議員の倫理の確立のためのこと等でありまして、最高裁の判例等がありましたので、それを準用するような形で事務を進めていったと、こういうことでございます。

  以上であります。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 次に、条例の着眼点というのがやっぱりこの本にあります。これも議員必携にあります。何の目的で制定されたのか。例えば議会運営委員会が視察に行った杉戸町では、その条例をつくる前に談合の情報等が新聞に出て大変なことになった。嵐山町では埼玉西15区で公職選挙違反があって、大変な事件になったと、そういうことがきっかけでこの条例をつくったという目的があるというふうに今までの議事録等を見ると書いてあります。

  それから、もう一つ、住民が賛成する内容であるか。この辺についてはどうお考えですか。この辺については精査していますか。



○宮寺征二議長 瀬波議会事務局長。

                 〔瀬波行男事務局長登壇〕



◎瀬波行男事務局長 お答えを申し上げます。

  最初の関係の私がこっちに着任する前でしたので、その詳しい経緯はちょっとわかりまぜんが、いずれにしても政治不信が続いたりだとか、そういう社会のいろんな流れの中で、今回の政治倫理をつくっていこうということが正式には昨年の9月の定例会、25年の定例会のときに本会議において閉会中の継続調査としてそういった形で本会議で決定されて、議運で粛々と進めていったという、そういう経緯がございます。



◆11番(高橋達夫議員) もう一つ。



◎瀬波行男事務局長 住民が賛成するか否かという問題ですが、これについてはどんな内容で聞かれている意味か、ちょっとはっきり私もあれですけれども、パブリックコメントとか、そういうことなのでしょうか。



◆11番(高橋達夫議員) そうですね。



◎瀬波行男事務局長 それにつきましては、確かにダブルスタンダードで、1つは議員みずからが審査請求できるような形で、もう一方はあと住民の皆さんも気づいたら、その審査請求をできるような形の2つの方法でできるような形になっています。ただ、住民の責任については、議員そのものの地位利用だとか、そういった形での不正に住民の方が議員を利用してやる行為だというふうな形で文言はそこに載っていると思うのですけれども、一般的にだからパブリックコメントについては、議員さんが最終的には決定したことでこれはいいだろうという話、ただ、条例が制定した暁には住民の皆さんに知らしめるためにも、大々的に議会報等でお知らせをする必要があるだろうと、そういう形でございます。

  私からは以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 今、答弁にもありましたが、町民の責務というのが入っているのです。だから、町民にも議員の政治倫理条例なのに、住民に対しても町の主権者として公共の利益を実現する自覚を持ちなさいというふうなことを言っているわけですから、これはやはり住民に聞くべきです。その辺がだから住民がこれが聞かないで賛成してくれるのかというのを検討していないではないですか。

  それから、これがなおかつまだ次に、違法な点はないですかとあるのですが、違法な点はないですか、大丈夫ですか。その辺は精査しましたか。

  それから、財政との関係はどうなのか。その辺についてはどこで、誰がやっているのですか。

                 〔「一問一答だから、1問ずつで」と呼ぶ者あり〕



◆11番(高橋達夫議員) いいですよ。



○宮寺征二議長 瀬波議会事務局長。

                 〔瀬波行男事務局長登壇〕



◎瀬波行男事務局長 お答え申し上げます。

  違法性とかと、そういうことにつきましては、いずれにしてもこれ1年半という長きにわたり議員さんが議会運営委員会できちんと付託された責務を果たすために、議運を7回やりました。それで、全協を4回、そういった流れの中で議員の皆さんが意思決定の中で付託された議運の委員会のほうで決定された事項でありますので、これ以上私がそれについて一言一言ご答弁申し上げるのは、そういう立場にないと私は存じますので、その辺についてはご理解をいただきたいと存じます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 要は、これも条例というのは町の中だけで通じる法律です。だから、違法の点があったりなんかしたら、これは間違い。それで、私も大体議会運営委員会の議事録等を、あるいはテープ等を聞いていると、そういうところを審議しているところが一つもない。していないです。いきなり桐生市か何かのものが出てきて、それを丸写しにして、そこのところがよく説明しているところだけであって、その辺のこの議員必携に書いてある着眼点、これは絶対やらなければいけないことだと思うのですが、それについては何もしていない。これで町民が納得するのか、住民が賛成できる条例なのかというのは、本当に疑わしいと思います。

  それから、今、11月8日ですか、新聞各紙に加須市の政治倫理審査会が開かれた報道がされています。これはこの間最高裁の判例が出たとか、まだ差し戻しになっているのですから、正確な結論は出ていないのですが、それとはちょっと違っている。どっちかというと、毛呂山町の政治倫理条例に加須市のがよく似ている。これで今、加須市では政治倫理審査会をやっているわけです。この内容について議会事務局は調べたことがありますか。加須市に問い合わせたことはありますか。



○宮寺征二議長 瀬波議会事務局長。

                 〔瀬波行男事務局長登壇〕



◎瀬波行男事務局長 お答えを申し上げます。

  新聞報道では、私のほうでも確認しておりますが、加須市のほうに直接問い合わせたという経緯はございません。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 私が言いたいのは、これは11月8日の新聞だから、7日の日に政治倫理審査会が開かれているのです。それで、新聞にもよりますが、これも新聞にも書いてありますが、90日以内でこの審査の内容が結論が出ると言っているのです。であれば、私はそれを待って、その審査の内容を待って町の政治倫理をやっても決して遅くはないと思うのですが、どうしてそれが待てないのか。それは今、議会事務局長に聞いてもしようがないけれども、と思うのです。だって90日待っていれば、結果が出てくるのです。これについても不思議に思うのは、町の条例と同じように、92条の2、兼業の禁止のところで、企業に契約の辞退を迫っているのです。92条の2というのは、議員を縛る法律ではないのですか。92条の2で、企業が契約を辞退しなければならないというのがこの加須市でもやっているのです、今。その結論が出てくるのだから、それを待ってからやったほうがいいのではないかと私は思うのですが、それはまた提案されたときに、よくじっくりお聞きしたいと思います。

  それから、92条の2では、そういう場合でも契約は有効なのです。92条の2で、議員は失格になるかもしれないけれども、ここの契約辞退は生きるのですから、その辺がどこかこの条例では違っているのではないかなと思うのです。その辺で違法性がないかとお聞きしたかったのです。その辺は調べていないですね。それは後でまたお聞きします。

  それから、ちょっとここであれですが、例の広島県の府中市の話、これは最高裁から高裁に差し戻しになっているわけです。結論は出ていないわけです、まだ。それでこの2011年の11月に高等裁判所で憲法違反だということがあって、それを上告した市長がいるのです、その市長が。そのことについてちょっと触れますが、そのときの市長は、2011年11月に高裁について不満があって、最高裁へ上告した市長は、名前が伊藤吉和さんという人なのだそうです。それで、その人は現在55歳。亀井静香さんが建設省から連れてきたばりばりの役人です。そして、4年前、ちょうどこれ今から4年前、その選挙のときにこの市長が出て、相手候補がいて、相手候補を標的にこういう政治倫理条例をつくったと、高裁の判決なんかには書いてあるのです。そういうことで、選挙は勝ったのです。3選はした。4選がことしの4月にあったのです。そうしたならば無所属の73歳の新人に負けてしまっているのです。そうしたら裁判の行方はまだどうなるかわからないけれども、こういう条例について市民はノーと、落としてしまっているのですから、その市長を。上告した市長をノーと言っているのです。だから、その辺が町民に聞かなければいけないのではないかと言っているわけです。

  それから、このように本当に重要な条例なのだけれども、絶対これは町民に聞かなければいけない。今、パブコメはやらないという話が出ているけれども、それでは委員会だけは、委員会だけはやってもらいたい。それでなければ納得できないです。こんな重要な議案をいきなり出して、賛成多数の世界で決めるとなったら、町民は納得しないと思います。その辺を私は言いたいところです。

  あと、いろいろ提案されるのでしょうから、その人については、どうしてパブコメはやらないのか、その辺について尋ねてみたいと思います。

  では、次に行きます。これだけやっているわけにいきませんで、次に行きます。それでは、企画財政課長の答弁ですが、選挙があって、大変忙しいのだと思います。この今の答弁書を読んでもらうと、何だか余り来年は期待できないような答弁、東京ぼん太がいたら、「夢もちぼうもない」ような答弁です。

  そこで、お聞きしたいのは、来年は選挙の年です。町長も出馬宣言しています、何度も言いますが。それで、やはりそんな大風呂敷でなくて、財源の裏づけのあるような、来年町長がやろうとする具体的な施策をお伺いします。そういう質問を第一にしていたのですが、その答弁がないのでお願いします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  来年度の27年度予算の関係でございますが、大変厳しいということはご承知いただけるかと思います。財源につきましても消費税等も引き上げが見送られたことによりまして、歳入面でも期待できないところが多々ございます。こういった面におきましては、できる限り来年度も同じような事業、また新しい事業も先ほど申し上げましたけれども、進めてまいりたいと考えております。できるだけ補助事業等がございましたら、それに乗っていきたいと思いますし、また有利な起債等もあれば、その起債も活用してまいりたいと考えております。現時点では補助と有利な起債等を念頭に置きまして予算編成を進めていきたいと考えております。

  以上でございます。



◆11番(高橋達夫議員) 町長は、町長に聞いているのですが。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 高橋議員の再質問にお答えをいたします。

  そのいわゆる目玉とするもの、私の中ではもう十分あるわけでございますが、この12月から1月にかけて政策の関係を紙ベースで出させていただく予定に今なっております。そんな関係がございまして、先ほど藤岡議員にも今言える範囲ということでお話をさせていただいたりもした経緯がございます。できるだけ高齢者の関係の福祉の施策、それからPFIの関係のいわゆる民間活力を使ったような、いわゆる町の財源を使わないで肩がわりでしていただくような事業、こういったものもございます。今、そういったところをしっかりと組み立てておりまして、今の段階で細かいところが言えないというのは、大変失礼なところでございますが、そういうところでご勘弁をいただきたいというふうに思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) ちょっと答弁が、そういうところを聞きたいので質問しているのですが。

  それから、ではもう一つ、里山資本主義については、この間の9月議会で何かそういうものについてやりたいような答弁があった。その辺については何かありますか。私もこの「里山資本主義」という本は、もう一度読んでみた。こういう本ですから、いろんな町でみんな成功したといういい話ばかり書いてあるのだけれども、毛呂山町でも何にもしないでいれば限界集落あるいは消滅都市になる可能性は高いです。そして、国の借金も1,000兆円を超えているわけですから、今アベノミクスで、安倍さんが勝ってアベノミクスを続けても、この1,000兆円が減るようなことはないと思う。でも、そういうところにおいて、田舎においても、恐らくそういう安倍さんが勝っても、この借金が減ってくるようないい時代には来ないと思う。だけれども、田舎であれば何とかなるなということがこの「里山資本主義」には書いているのですが、その辺の政策で何かいいものがないですか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  里山資本主義、今お話があったように、藻谷氏の考え方でございまして、非常にこの毛呂山あるいはお隣の越生町、鳩山町もそうでありますけれども、この自然を豊かに持っている地域、ここは非常にその里山資本主義には向いている場所でございます。よく私は最近の坂戸西スマートインター、ここから一番近くなってまいったこの地域でございますから、都心から一番近い湖のある町あるいは都心から一番近いその滝のある町、そういうふうな言い回しもさせていただいております。都会に山を持ってこいと言っても、山は持っていけません。都会の人が今何を望んでいるか、この里山に大変資源あるいは歴史あるいは文化あるいはコミュニティ、こういったものがあるわけでございまして、これを売りに進めていくということでございます。今言える一つのお話は里でそば、山でピザ、この考え方で今進めていこうと、越生町と、それから民間と実行委員会形式でこれを今進めようかというところでございまして、ぜひこの自然の中で、ピザの関係については、非常に今注目をされている、こういったところをうまく伸ばしていきたい。また、そばのほうはもうしっかりとこの大類方面で定着をしている。このフレーズ、大類をそば村と言ってもいいのかなと、あるいは山でいろんな経済効果、いわゆるこの地域でとれたもの、あるいは経済効果が発展できるような食材を使って、そういうピザ窯を設置したり、いろんなことを楽しみ方を進めていく、これはぜひ実行していきたいなと。この地域でぜひ皆さんが遊びに来ていただく、こういったものを積極的に進めていきたいと思っております。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 自民党は今度の選挙の公約の中に、地方創生の公約をしているのです。これはややもするとばらまきではないかとマスコミから批判も受けている。地域商品券の交付金であるとか、自由度の高い交付金とか約束していますよね。そういう商品券で使うのもいいかもしれないけれども、地域通貨についてはどうなのか。ここにも書いてあるのですが、要はこの町のお金で、毛呂山町のお金を毛呂山町の中だけで回すと、そういう方法として地域通貨というのがいいのではないかと思うのですが、この商品券の交付金についてをこれを利用して、地域通貨をつくるような考えはないでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  商工会の考え方もあって、これについてはしっかりと先ほどの答弁の中でもさせていただきましたけれども、町と商工会あるいはこういった面では観光協会、こういったものが一体となって進まないと進展しない。これが非常に大きなネックだなというふうに思っております。川越も一時その地域通貨、こういったものもつくったり、あるいは秩父方面でもこういった取り組みをやっております。そういったいいサンプルがございますので、できましたら、商工会が一番のやっぱり大きなシェアを占める部分でございますから、協力をいただきながら進めるものでしたら進めていきたいというふうに思っております。

  以上です。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) それから、先ほどの前の人の質問の中で、この地域の野菜をグローバル化するとか何とかという話もありましたけれども、やはりこの辺の野菜もできるときはたくさんできてしまって、どっちかというと処分に困る。ごみになってしまうのです。たまたま私の同級生が浜松町にいるのです。だから、世界貿易センタービルのすぐそば。そして、「こんな便利なところにいていいですね」と言ったならば、「いや、買い物に困っちゃうんですよと、スーパーが1軒もないんですよと、買い物は銀座まで野菜を買いに行かなければないんだ」と。だから、そういうところを利用して、何かその辺の東京のど真ん中の区役所やなんかと契約して、毛呂山の町の野菜を持っていくという方法は考えられないか。結局私なんかも送るのだけれども、結局宅急便に勝たれてしまうのです。300円ぐらいのものを送って、600円宅急便取られたら何にもならない。だから、その辺がネックなのだと思うのですが、その辺を何かいいアイデアがあれば、ぜひ町の野菜をそういうところへ売るとか、それからこの地域通貨については、商工会だけではなくて、ボランティアの人にそれを渡すと、そういう話もこれには出ています。ぜひだから商工会だとか、観光協会だけではなくて、地域のボランティア、これからもだって介護の話なんてNPOが必要だとか、ボランティアが必要だとか言うのでしょう。だから、そういうところでぜひ町のできた野菜を利用してもらう。きょうの給食センターで町の米を使うなんて話もあったが、野菜についてもたくさんできるときはできてしまって、無駄ばかりになってしまうので、その辺をうまく利用するアイデアみたいなのができないかどうか考えてもらいたいと思います。

  それから、ではもう少し、粟生田さんのほうの質問に戻ります。いろいろ答えていただいたのですが、防災行政無線デジタル化整備工事、それから重度心身障害者医療費の窓口払いの廃止による予算、毛呂山小学校内学童保育整備工事及びその予算、それから町道7号路線の予算、これについてはどのぐらいのものがかかるのだかちょっと教えてください。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  まず、防災行政無線デジタル化整備工事の予算でございますが、この事業につきましては、平成27年と28年度の2か年を予定してございます。年度ごとの事業費率は約50%、50%を予定してございます。現段階での平成27年度の予算額につきましては2億1,000万円を予定してございます。財源につきましては、緊急防災減災事業債という非常に有利な起債がございますので、全額充当できますので、起債をもって事業を進めたいと考えております。

  続きまして、重度医療費窓口払いの廃止に伴う予算でございますが、現段階ですけれども、窓口払いの廃止に伴う増額分は約1,700万円を想定してございます。約1.2倍の予算額となるかと思います。なお、財源につきましては、増額分を含めまして、2分の1を県の補助金、残りを一般財源で予定をさせていただいております。

  それから、毛呂山小学校学童保育所整備工事の予算でございますが、現段階では工事費4,300万を予定しております。財源につきましては、県の補助金と一般財源を予定しておりますが、町税等も減少傾向でございまして、厳しい状況でございますので、場合によっては公共施設整備基金のほうの繰り入れも念頭には置いてございます。

  あと、町道7号路線の改良事業費の予算でございますが、現段階での工事費と補償料等で約1億4,000万円の予定をしております。財源といたしましては、国庫補助金と起債と一般財源を予定してございます。補助金につきましては、社会保障整備総合交付金で補助率が55%でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) それから、最後のところかな、高額医療費負担額がふえるということと、それから介護保険特別会計の繰出金が大幅にふえるというふうなご答弁でした。これはどのぐらいふえるものなのか、そしてこの財源はどうなのかお伺いします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  介護保険特別会計の繰出金等の伸びでございますが、平成27年度予算につきましては、現段階では予算要求額では前年度対比5,000万円程度の増額の予算要求がされております。これは高齢化社会に伴います保険給付費の増額、あとマイナンバー制度が入ってまいりますので、介護保険制度に伴いますシステム改修費でございます。あと、介護保険基盤安定負担金の制度が新たに加わったことが主な要因でございます。

  財源のほうでございますが、一般財源の持ち出しが増加していくことが予想されますので、今後よく予算査定、精査させていただきまして、対処してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



◆11番(高橋達夫議員) 高額医療費負担額。高額医療療養費。



◎粟生田義行企画財政課長 高額療養費の負担でございますけれども、対象者数等が伸びるであろうということで捉えております。済みません。ちょっとお待ちください。

  失礼しました。後期高齢者療養費の負担でございますが、はっきりした数字は、今ちょっと資料はございませんけれども、それぞれ対象者が増加することによっての医療費の伸びということで捉えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) それから、新聞なんかを見ると、この消費税が先送りになってしまっているので、子ども関連の3法については、ここでは予算編成を予定しているというのですが、その辺は予算編成ができるのですか。消費税を当てにしているような新聞の書き方なのですが、どうですか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  子ども・子育て支援制度につきましては、消費税10%に引き上げられた時点で、その財源をもとに27年4月1日から実施する予定でございました。新聞等によりますと、この新制度につきましては、予定どおり平成27年4月1日から実施するということで伺っております。なお、財源につきましては、国でも知恵を出して確保していく方針というふうに伺っておりまして、現時点でははっきりした方向性は示されておりませんが、今後の国の動向等を注視して、予算編成をしてまいりたいと考えております。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) では、新聞なんかの報道と違って、この事業については、4月からスタートする予定だというふうに考えてよろしいのですか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  この制度につきましては、4月1日から実施する方向であるというふうに伺っております。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) それから、在宅介護の話なのですが、埼玉医大のほかに毛呂病院等の連携と言っているのですが、この間の全協の説明ですと、県の医師会だという話もお聞きしたのですが、埼玉医大ではなくて、県の医師会が中心になるのですか、どうなのですか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 お答え申し上げます。

  去る11月20日だったでしょうか、県の介護保険の担当課長会議がございました。そのときに県の医療関係の担当課の職員が参りまして、この医療と介護の連携の関係の話につきましては、基本的には県のほうが主体となって事業を進めていくというようなお話がございました。その中で、県のほうでおっしゃっていたことというのは、医師会単位でというようなお話でございました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) それでは、心配ですよね。だって県の医師会に入っているお医者さんというのは、お医者さんが1人だとか2人だとか、そういう人なのでしょう。その人がどうして在宅介護のほうまで往診してくれるのですか。埼玉医大にある、たくさんお医者さんがいるから、そういう人が回っていただけるのであれば、毛呂山町は安心だけれども、そこでなくて、県の医師会の町医者というのですか、町のお医者さんを当てにするとなったら、これはちょっと心配なのですが、その辺は大丈夫なのでしょうか。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 お答え申し上げます。

  その在宅医療を推進するに当たりまして、個人の町医者の方とかが町内を回っていくというようなことですと、やはり人数的な部分とか、そういった部分がございますので、町のほうといたしましても、今、高齢者支援課のほうから県のほうの担当のほうに確認とかをさせていただいておりまして、今調整中といいますか、まだ具体的にどうなるということではないのですけれども、問い合わせのほうはさせていただいておりまして、調整をさせていただいているというところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 高橋達夫議員。



◆11番(高橋達夫議員) 幾ら県のほうへ聞いて調整していただいたって、お医者さんが急にふえるわけではないのだから、この辺はもう少しこの埼玉医大を当てにするような組織をつくらないと、毛呂山町としては安心できないのではないかと思うのですが、時間ですので、その辺をぜひ前向きに検討していただくよう要望して、私の一般質問を終わります。



○宮寺征二議長 この際、午後2時30分まで休憩します。

                                      (午後 2時15分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時30分)

                                              

         ◇ 佐 藤 秀 樹 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  佐藤秀樹議員。

                 〔2番 佐藤秀樹議員登壇〕



◆2番(佐藤秀樹議員) 2番、佐藤秀樹です。ただいま議長のお許しをいただきましたので、町政に対する一般質問をさせていただきます。

  その前に一言述べさせていただきます。ことしも1年が終わろうとしておりますが、振り返りますと、当町も被害を受けました豪雪災害や日本各地にて記録的な豪雨、さらには御嶽山噴火災害、長野県北部の地震など多くの災害に見舞われました。改めて亡くなられた方に対しご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害に遭われた方々に対してお見舞いを申し上げます。

  国内の状況は、7月から9月期、国内総生産速報値は、実質年率1.6%減で、事前の民間予測平均の実質年率2.47%増を大幅に下回った結果となるなど暗いニュースが多かったと実感いたします。これから解散総選挙となりますが、GDP速報値の結果を受け、消費税増税も先送りとなり、医療保険、国民年金、保育等厚生労働省所管の社会保障各種負担の軽減策については、財務省が財源の確保ができないことを理由に、難航することも予想されますが、国民の生活に直結することでもありますので、政府主導で予定どおり軽減策は実行しなければならないと思います。いずれにしろ、消費税増税先送りをしても、今までどおり自民党政権になれば、1年半後には確実に増税を行うわけであり、その間にどれだけ有効な対策が打てるかが今後日本経済の浮沈がかかっていると言っても過言ではないと思いますし、また「対岸の火事」ではなく、当町の町政運営にも大きく左右する事案でもありますので、今後の動向を注視し、場合によっては一般質問等にて町政に訴えていかなければならないと感じている次第でございます。いずれにしましても、今後さらに地方に権限が移譲され、町政手腕が今まで以上に問われる時代となります。来年度は第四次毛呂山町総合振興計画の最終年度でもあり、次の総合振興計画作成に着手しなければなりませんし、また昨日の全員協議会で説明を受けた介護保険制度改正等も取り組まなければなりません。さまざまな分野で取り組まなければならない案件が山積している中、今回は3問質問させていただきます。

  それでは、質問に入ります。

  1問目、地方創生に対する毛呂山町の見解についてをご質問いたします。前回9月議会でも質問いたしましたが、そのときはまだ国の方向性が決まっていないので、動向を注視しながら進めていくとの答弁でした。地方創生2法案も成立し、衆院選挙後いよいよ本格的に動き出すと思われます。地方創生に対する考え方については、今までのような国からのトップダウン的な考えではなく、それぞれの地方自治において、我が町にふさわしい創生のあり方を描いていただく。その場しのぎの単発的な企画や計画ではなく、継続的に検証できる企画や計画を立案し、総合戦略を地方自治につくっていただき、その中で将来展望がしっかりと描ける自治体に国は支援していくと言われております。そこで、現在、地方創生に対する町の考えをお伺いいたします。

  2問目、第3次毛呂山町定員適正化計画についてご質問いたします。こちらは平成22年度から平成26年の5年間の計画であり、ことしが最終の年であります。数値目標も平成27年4月1日の段階で244人となっております。ことしも来年度の新職員採用試験が終わったことと思いますが、現在採用が決まっている職員も含め、第3次毛呂山町定員適正化計画に基づき、職員数の状況も含めた現在の状況並びに課題、そして今後の対策について町の見解をお伺いいたします。

  3問目、防災対策についてご質問いたします。ことしも異常気象による自然災害が全国各地で発生し、甚大な被害に見舞われました。当町におかれましても、ことし2月に発生した豪雪により、ビニールハウスやカーポートの倒壊による被害が発生いたしました。農業者に対しましては、農業災害緊急支援事業費補助金として約1億4,400万円が復旧・復興に充てられましたが、今現在の復興状況並びに今後起こり得る雪害に対する対策はどのように考えているのかお伺いいたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 佐藤議員の1問目、地方創生に対する町の見解につきましてお答え申し上げます。

  地方創生の理念を盛り込んだまち・ひと・しごと創生法がさきの国会で成立いたしました。この法律は、日本の急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯どめをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくには、まち・ひと・しごと創生が重要となっていることに鑑み制定されました。

  まち・ひと・しごと創生法の第1条の目的を見ますと、将来にわたって活力ある社会を維持していくための施策として、一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域社会の形成、また地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保、地域における魅力ある多様な就業の機会の創出を計画的に実施するとされています。

  町としても、若者が安心して住み、結婚し、子供を産み、育てることのできる地方を目指し、結婚、出産、子育て支援とともに、産業・雇用基盤の再生、生活・教育・環境づくりの取り組みが必要となると認識しております。

  今後基本方針に基づき、国の「長期ビジョン」と「総合戦略」がこれから示されることから、国、県の動向を注視し、検討していく所存でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 第2問目と第3問目のご質問にお答えいたします。

  まず第2問目の第3次毛呂山町定員適正化計画についてでございますが、当町では平成22年度から平成26年度までを計画期間として第3次毛呂山町定員適正化計画を策定しております。この計画では、平成27年4月1日の総職員数を244人、平成22年4月1日現在の総職員数257人から約5%、人数にして13人削減することを目標としております。

  現在の状況につきましては、計画における平成26年4月1日現在の職員数248人に対しまして、実際の職員数は235人であり、計画よりも13人少ない状況でございます。計画よりも職員数が少なくなった原因としましては、定年前に退職する職員が多かったこと、またそれに対しまして、受験者数の減少などにより、採用試験での人材確保が困難になっており、必要な人数が確保できなかったことが考えられます。

  課題といたしましては、計画よりも職員数が少なくなっている中、事務量の増加や育児休業取得者の増加などにより、職員一人一人の負担が大きくなってきており、時間外勤務が増加傾向にございます。今後の対策といたしましては、計画期間が今年度で終了することから、今年度中に新たな定員管理計画を検討し、策定することが必要となります。第3次定員適正化計画で目標といたしました職員数244人という人数につきましては、国の参考資料と比較しても妥当な職員数と考えております。したがいまして、現在の職員数が現実として非常に厳しい状況であることを踏まえまして、計画した職員数までの増員を検討するとともに、新たな定員管理計画を策定してまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  続きまして、ご質問の3問目、防災対策のうち、今後起こり得る災害への対策につきましてお答え申し上げます。議員ご承知のとおり、本年2月の大雪に関しましては、過去に例のないほどの大雪となり、広範囲に被害を及ぼしました。当町におきましても、農作物の被害、ビニールハウスやカーポートの損壊など多数の被害が発生いたしました。また、雪による道路網の寸断などによる人や物流の停滞など社会経済活動に多くの支障を来たしました。

  このような雪害への対応といたしましては、まず道路網の回復がその後の復旧へ重要と考えられますので、県道を管理する県土整備事務所や地元建設業者との連携を充実させ、早期に除雪作業を開始し、道路網の復旧を図ってまいります。また、農作物や家屋の被害が発生した場合には、国、県と連携した助成制度などを検討し、早期に支援できるよう生活再建策を検討したいと考えております。

  なお、2月の大雪に際しましては、県内においても道路網の寸断による孤立世帯の発生が問題となりました。当町におきましても、一部山間部の地域において孤立する事象が発生いたしました。そのため、孤立した場合の通信手段の確保のため、今年度予算で衛星携帯電話を整備し、当該孤立した地域の中心となる施設に貸与いたしました。

  いずれにいたしましても、町民生活の早期再建を第一とした対策をとってまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 3問目の防災対策の質問のうち、被災した農業用施設の復興状況についてお答え申し上げます。

  まず、農業災害緊急支援事業費補助金の交付状況でございますが、予算額1億4,416万5,000円のうち、1億1,523万6,569円の支払いが既に完了しておりまして、率にすると80%の交付状況となっております。

  また、補助単位件数による復興状況で申し上げれば、撤去については22件中16件、率で72.7%、再建については19件中7件、率で36.8%が既に完了してございます。

  次に、農業用施設に対する災害予防対策でございますが、県やJAと連携し、災害における農業技術対策等の情報提供に努め、災害の予防対策を図ってまいりたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) それでは、順次再質問をさせていただきます。

  まず、地方創生に対する町の見解について再質問をいたします。大枠の考えは、答弁のとおり私もそう思っております。ただし、この考えは全国1,741地方自治体が同じ土俵の上での話でありまして、政府は来年度、平成27年度中に全市町村に対して、産業や人口、財政の問題をどうするのかという総合戦略をつくってもらうということを考えているみたいなのです。地方自治体が主体的にビジョンを描くことが必要で、国はあくまでもそれにふさわしい応援をしていくというのが今のところの考えであると聞いております。いわゆる総合戦略いかんによって、地域間格差が大きく生じるということであります。具体的に言いますと、近隣ですと毛呂山町とか、越生、鳩山がそれぞれの総合戦略を打ち出して、それで毛呂山町が採用されれば、越生、鳩山とはうんと財政面でも差が出るということになるわけです。それは先ほども言いましたように、平成27年度中、来年度中に作成しなければいけないという話でありまして、今まさに将来像に対する考え、既に理想郷というものがつくられなければ、これからそれを精査していくので、なかなか話がまとまらないと思うのです。まち・ひと・しごと創生法案の目的は、先ほど答弁されたように、少子高齢化の進展に的確に対応して、人口の減少に歯どめをかけるとともに、東京圏への人口に過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくということが目的であります。

  そこで、幾つか質問いたします。

  まず、今言った東京圏とありますけれども、東京圏という定義は、一般的には関東地方南部の東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県を定義とされていますけれども、その中でこの地方創生に対して毛呂山町の位置づけというのはどういうものなのか。国の動向を注視する前に、毛呂山町の立ち位置というものを教えていただきたくご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  毛呂山町の立ち位置ということでございますが、人口を見ますと、住民基本台帳人口では3万8,000人台をピークにいたしまして、現在では3万5,374人と、2,000人近くも減少してきております。このことから、毛呂山町におきましては、人口減少に歯どめをかけなければならない地域であると認識しておるところでございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) もう一度ちょっとご質問いたします。

  東京圏にはそうすると入らないということなのでしょうか、それとも入るとしても、地方と同じ位置づけとして、地方創生の取り組みをして、それが国に提案をして認められるという、そういう位置づけなのでしょうか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  東京圏ということで、先ほど佐藤議員のほうからも申されましたように、東京と埼玉と千葉、神奈川、1都3県を指すというふうに定義づけされておりますけれども、埼玉県は県全体では人口は伸びておるところでございますが、毛呂山町におきましては、先ほど申し上げましたとおり、人口は減少してきているということで、人口に歯どめをかける施策等を進めていかなければならないと痛感しておるところでございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) そうすると、難しいな。では、東京圏には入っているのですけれども、その国で言う東京圏から地方に移住をさせなければいけないという、その東京圏には入っているけれども、その中でも埼玉県の中で毛呂山町、西部地区、減少している地域なので、ほかの地方と同様に地方創生の総合戦略を打ち出していって、国に認めてもらわなければいけないという、認めてもらうように今後しっかりと活動していくという認識でよろしいでしょうか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  先ほども申し上げましたけれども、毛呂山町につきましては、人口は減少しているということでございまして、東京圏以外の地方と同じような施策で取り組んでいかなければならないと考えております。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) はい、わかりました。それであれば、今現在考えている、先ほども言いました理想郷、町で考える将来像があれば、ここでご説明いただければと思います。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  この地方創生の考え方でございますが、生活や居住環境も含めた成果として、人口増加が目的とされております。理想郷ということでございますが、魅力あるまちづくりをできるように心がけていかなければならないと考えております。その中には、町の特性や実情に合わせた持続ある施策を進めなければならないと考えておりますが、具体的にこれと今現時点では案は出ておりませんけれども、地方創生の目的に沿って現在も進めています子育て支援や企業誘致などに力を入れてまいりたいと考えておるところでございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 先ほど先輩議員の一般質問の中でも同じような質問に対しての答弁が将来の、来年の施策ということでも答弁ありましたけれども、たしかその中では来年度は高齢者福祉を重点としていると話されていました。

  また、先ほど柚子の販売を今、インドネシアで販売をしているだとか、またフランス、イタリア、イタリアに関しては、トマトまつりをここでというふうな構想も少し考えているというふうなことだと思うのですけれども、それに伴って、その地方活性を毛呂山町だけではなくて、近隣の町と協力をし合ってやっていくということだと思います。その考え、すごく僕もいいと思うのですけれども、ただ、今の答弁ですと、子育て支援、企業誘致などに力を入れていくということが今現在の地方創生の考え方という答弁だったのですけれども、本当にそこ2つの考え方で進めていっていいのでしょうか。将来、今、高齢化率が上がってきているのが、2035年で地方はそれから緩やかに下っていくのです。2050年からは首都圏が下っていくというふうなことも言われているのですけれども、その辺も含めて子育て支援と企業誘致などを力を入れていくと、地方創生に対しての考え方、それでよろしいのか、もう一度ご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  現時点では、地方創生の目的に沿った形での現在も進めております子育て支援、企業誘致など、さらに力を入れてまいりたいと考えておるというふうに答弁させていただきました。また、この創生につきましては、ある程度ソフト面的なものも一つの事業として重視されておりますので、そういった面につきましても、来年度の計画ということでございますけれども、この衆議院選挙が終わりますと、いろんな政策がまた打ち出されてくるかと思います。その点も注視しまして、今後さらに検討してまいりたいと考えております。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) こちらも先ほどの里山資本主義の一般質問もありまして、野菜の購買をどうするのか、販路をどうするのかという質問もありました。国のほうではICT、インフォメーション・アンド・コミュニケーションテクノロジー、ICT、一般的にITというのと同じなのですけれども、そちらのほうで何とかその販路を見出せないかというふうな策も国のほうでは考えているみたいなのですけれども、果たしてそれがでは毛呂山町でどうなのか。その辺もしっかりと考えていただきまして、とにかく今やはりもう一度これから第五次毛呂山町総合振興計画、今検討しているところだと思いますけれども、それも踏まえて、地方創生、今後の計画というのが非常に重要になってくると思いますので、国のほうも本当に町、各地方自治体がしっかりと考えた将来像で、それがさらに検証できるものであれば、そこに対していろいろな予算を今後考えていくと言われておりますので、その辺はしっかりと若い力も入れながら、新たな斬新的な考えを入れながら考えていっていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

  続きまして、第3次毛呂山町人員適正化計画について再質問をいたします。まず初めに、第3次人員適正化計画の中に、計画の策定と背景の趣旨が書かれております。その中には目的は簡素で効率的な少数精鋭の行政組織の構築を図りながら、人件費の削減の観点から、計画的に職員数の削減を図るということが書かれていたと思いますけれども、そういった解釈でよろしいのでしょうか、まずご質問をいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  第3次毛呂山町定員適正化計画の中にございますとおり、第2次の計画を策定した時点から第3次に引き継ぐときに、やはり人件費削減の観点から計画的に職員数を削減していくという形で第3次を計画させていただきました。議員のおっしゃられるお見込みのとおりでございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) それでは、第3次人員適正化計画を作成するに当たりまして、どこを水準として作成をしたのか、国または県または毛呂山町と同等の町を参考にして作成されたのか、それとも毛呂山町独自的に作成をされたのかご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  計画作成の水準につきましては、国の参考指標であるいわゆる類似団体別職員数を参考にしております。類似団体とは、団体を人口と産業構造を基準に区分したもので、毛呂山町と同区分の団体は平成25年4月1日現在で、全国で136団体になります。なお、埼玉県内では三芳町や川島町ほか10団体が同区分となっております。

  以上です。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 136団体、三芳、川島の近隣ですということだったのですけれども、それではこれから検証の部分に入りますけれども、職員数が一番多かったときの人件費と、この適正化計画に基づいて年々職員数を削減してきた。現在の人件費と比べた場合、差異というのはどのくらい発生しているのでしょうか、わかればご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  職員が一番多かった年は、平成11年度で職員数318人でございます。一般会計における人件費が23億8,522万6,225円でした。一方、平成25年度の職員数248人に対しまして、一般会計における人件費につきましては17億9,360万7,927円でした。その差異につきましては、数にして70人減員、人件費は約5億9,161万8,298円の減額となりました。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) それでは、またこれは職員数が一番多かったときと現在の一般会計に占める人件費の割合というのはどうなのでしょう。ご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  先ほどの平成11年度につきましては25.1%、それから平成25年度につきましては16.6%でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 検証してみて、この辺はどうなのですか、ほかの三芳町、川島町、また近隣とかと比べまして、どうなのでしょう。推移的には計画どおり周りと比べて同等の推移をしているのか、それとも毛呂山町だけが計画どおりにきちんと進めていて、ほかはその計画どおりになっていないとか。そういったところがもしあればお答え願います。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  近隣との状況比較ということでございますが、直接的に近隣と数字等で比較した資料というものはちょっと手元に今ございません。しかしながら、適正化計画の数字、毎年毎年の数字を見ていきますと、その当時、いわゆる集中改革プラン等々で削減をしていくという考え方ございましたので、そこそこの成果は上がっていたというふうに認識しております。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) それでは、次に職員の給与体系なのですが、職員の給与体系というのは、近隣の自治体と比べてどうなのでしょう。高いのでしょうか、低いのでしょうか、毛呂山町は。ご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  当町の給与体系についてということでございますが、これまでも国のいわゆる人事院勧告あるいは埼玉県の人事委員会の勧告等に基づきまして、職員給与体系等も改定をしておりますので、近隣団体とほぼ同等の改定を行っておりますので、大きな差異はないと考えております。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) もう一問質問いたします。

  いわゆる心の病等で今現在休職をしている職員は現在おりますでしょうか。また、おりましたら何人くらいおるのでしょうか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  休職している職員数につきましては、1名ございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 1名ということなので、年齢等を聞くと大体わかりますので、そこは聞きませんけれども、今回何でこの質問をしたかといいますと、やはり先ほども言ったように、地方創生に対する総合戦略だったりとか、介護保険制度の改正についてとか、またこれから平成26年度の予算だったりとか、それとあと、きのう全員協議会でもお話ありましたけれども、職員数が多かったときのイベントの数と、今現在のイベントの数って、ほぼ変わらずにやっていると思うのです。職員だけが職員数が減っていって。なおかつやはり国からの権限移譲という部分もありますし、どんどん、どんどん少数精鋭で1人当たりの仕事量というのがすごいふえていく。これって一般企業もあるときまで同じだったのですけれども、やはり体力を失ったときに、何を一番削っていくのか、一番簡単な方法としては人件費の削減、固定費の削減でありまして、そこは時代背景でわかるのですけれども、ただ、やはりきのうもお話出ていましたけれども、ではこの11月を見た中でも、ほとんど土、日って職員の方々がイベントに借り出されていて、代休なりをとるのでしょうけれども、とったときにやはりそこが誰かが穴埋めをしなければいけないし、また先ほども答弁もありましたように、時間外勤務手当、これもふえている状況でもあるので、そこってでは本当にあるべき姿というか、そこの中で果たして職員が活動的というか、活発的な仕事ってできるのかなと思いまして、今回ちょっと一般質問をさせていただきました。

  今、先ほど心の病等で1名休職をしていると言われていましたけれども、原因がもし言えるようであれば何が原因なのかと言えないですか。

                 〔何事か呼ぶ者あり〕



◆2番(佐藤秀樹議員) はい、わかりました。であれば、効率的なおかつ意欲的な仕事をできる方法、方策、今後どういうふうなことで、その244人というのが適正なのか、また244人ではなくて、本当だったらもうちょっと人員をふやして、職員数をふやしたほうがいいのか、それともまた9月議会で質問させていただきました専門的な職員を導入したほうがいいのか、それぞれ何かしらの考えはあると思うのですけれども、今現在、町としてどういったことで今後取り組んでいかれることを考えているのかご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  最初の答弁の中で、平成26年4月現在で職員数、計画の職員数が248人に対して、実職員数が235人と、マイナス13人という答弁をさせていただきました。定員適正化計画の中では、来年の27年4月1日現在、244人という数字を示させていただいていますが、少なくともその計画人数に近づけられるように採用職員等もいろいろ考えていきたいと担当課のほうでは考えております。必ずしもその244人が完全に適正な人数なのかどうかということに対しては、いずれも検証していかなければならない部分ですが、現状のところではそういった人数が先ほども申しましたように、妥当性のある類似団体等から考えても、妥当性のある数字ということで考えておりますので、担当課とすればその人数になるだけ近づけていきたいというふうに考えております。

  以上です。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 町長はどのように考えておられますか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 佐藤議員のご質問にお答えをします。

  昨日の全協のときに、その他の案件で議員さんのほうから職員が疲れているというようなお話がちょっと出たのでありますけれども、本日も佐藤議員からそのようなお話の中で、なぜこの話が議員さんのほうから出たのかなというのが、私は今ずっと思っているところなのです。職員の管理というか、職員のお話は人事の関係がその職員担当がいますし、あるいは今、総務課長担当がお話をしているように、そういうふうに職員の過労というか、仕事量が多いというような関係であっても、そういったところは職員間で、あるいは担当部署で把握をしていくものだというふうに私も思っていますし、もしそれが本当であれば、担当から私のほうに今こういう状況ですよというようなお話が来るものだというふうに自分では思ってはいたわけであります。それが議員さんのほうからそういうようなお話があって、いや、これはどういうふうなお話なのかなというふうにちょっと今思っているところでございます。例えば議員さんのほうに職員のほうからこういうお話をというふうなことで出たのかなというふうに思ってしまったりもするわけでございまして、その真意というのがちょっとはかり知れませんけれども、今回は昨日もお話ししたように、合併60周年記念の年ということと、それからふやした、ふやしたというか、記念的に行っているのは、夜の記念コンサート、こういったことがございますけれども、それ以外は大体例年行ってきた事業でございまして、それで人員がいわゆるそこに、そういうイベントに参加される町民あるいは町外からも大変多くの方々が来ておりましたから、そういった意味では職員の仕事量はふえたかなと思いますけれども、これは町にとっては非常にうれしい話でございまして、そういった考え方の中でこれからも同じ事業は来年等も進んでいくわけでございまして、そういった意味の人員の確保であったり、あるいは協力体制、こういったものはしっかりとしていきたいというふうに思います。

  また、例えば仰天マラソンにおいては、ボランティアがふやされたということ、だから区長さんの部分は大分大幅に削減できたと、今までは区長さんにも出ていただいて、交通整理をやっていただいたり、コースに張りついてもらった。それをしなくても済んできた。それはそういうボランティアというふうな体制がとれたということ、これは大きな進展だったと思います。

  それから、ある意味では逆に職員は代休とれるけれども、俺たちは代休とれないのだよという、そういう考え方もあって、ボランティアに出ていただく、そういういろんな組織の方々、こういった兼ね合いもあるわけでありまして、いろいろそういう中でこれからも人員が減った中でも協力体制、そういったものあるいはボランティアの関係、こういったものを募りながら、しっかりとした町事業を進めていきたい。主役は町民でございますから、町民の皆さんがいいイベント、いい町、こういったものを感じていただけるような町施策、これを進めてまいりたいというふうに思っております。よろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 町長、別に何も職員の方からそういった意見を言われたわけでもありませんし、何でこの質問したかといいますと、毎年毎年、自分が議員になってから、決算報告というのをいただきますよね。その中でいつも時間外勤務手当というのがやはりどんどんふえていっている状況なのですよね。時間外勤務手当がふえているということは、やはりそれだけ職務時間がふえているわけなので、そうすると当然家庭を持たれている職員に対しては、何らかのやはり家庭に無理が生じているのではないのかと思うのが1点と、それと本来この適正化計画をつくるときに、やはり指定管理にどんどんできるところは移管していくという中で、体協の部分が今度町に戻ったので、そこって当然そこに人員数もまたとられていると思いますし、先ほど言われた60周年記念だから、ことしは少しイベントも2つくらいふえたということなのですけれども、これ職員数が減っていて、それ以外に毎年同じイベントを開催すれば、それだけ職員に労力が加わっていくというのもそれは当然なことでしょうし、そういった意味もいろいろ含めた中で、やはりきちんとしたサービスの向上、また一人一人の職員の人材育成を図る上でも、もう一度そういったことを考えたほうがよろしいのではないのかなと。また、この適正化計画が今年度で終わるので、4月以降ですか、その辺をしっかりと本当にこの人員でいいのかというのをもう一度検証していってもらったほうがいいのではないのかなと、明るい風通しのいい職場になれればいいなと思って今回私は質問をさせていただいたわけであります。

  そういった観点から、ぜひともここで244人で一旦その様子を見ると、それも一つの方針なのかもしれませんが、今後の動向をよくそれこそ注視していただいて、やはり職員一人一人が明るく元気に職務活動ができるように心がけていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

  続きまして、防災対策について質問いたします。ことし2月の県道の除雪対応に苦慮されたと聞いておりますけれども、今後県道の除雪作業に対する県土整備事務所や地元建設業との連携というのは、具体的にどのように充実をしていくのかご質問いたします。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 県道の除雪というご質問でございますので、まちづくり整備課よりお答えをさせていただきます。

  ことし2月に降りました大雪は、まさしく想定外の積雪量でございまして、県道や町道の除雪につきましても、過去に皆さん経験がない作業となってしまいました。特に重要な幹線道路となります県道におきましては、発注方法が県と契約した業者1社ということになっておりましたので、対応がおくれ、これによりまして、町道の除雪作業も大きく影響が出てしまったということでございます。この状況を踏まえまして、町では県に対しまして県道の除雪の早期対応につきまして、要望を上げております。また、議会におきましても、知事宛てに「降雪時における道路交通の円滑な確保に関する意見書」というものを提出していただいておるところでございます。これを受けまして、今年度飯能県土整備事務所におきましては、事務所管内の道路除雪連絡協議会というものを設置いたしまして、各市町の担当者の意見を聞きながら、県道の計画的かつ効率的な除雪作業について検討したところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 町道に対する対応というのはどのように考えておられますか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 岡野まちづくり整備課長。

                 〔岡野昭弘まちづくり整備課長登壇〕



◎岡野昭弘まちづくり整備課長 繰り返しになりますが、2月の大雪というのは、本当に想定外の積雪量でございまして、ここ数年機械による除雪作業というのは実施をしていなかったために、業者につきましてもふなれなところがございました。今回の反省点も踏まえまして、除雪を依頼する毛呂山町建設業協会とよく調整しながら除雪作業のほうは今後実施してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) きょうも日本海側ではすごい大雪が降って、大変なようだということで、本来ことしは暖冬だと言われていたのですが、そういう状況でもありますし、本当にまた来年もいつ大雪が降るかもわかりませんので、その辺降った場合に、前回みたいなことのないように、当然自分たちもお手伝いできるところはお手伝いしていきたいと思いますけれども、その辺はしっかりとやはり住民が安心して暮らせるように対応のほうをお願いして、一般質問を終わらせていただきます。

                                              



△後日日程の報告



○宮寺征二議長 本日はこの程度にとどめます。

  明12月3日は、午前9時30分から本会議を開き、町政に対する一般質問を行います。

                                              



△散会の宣告



○宮寺征二議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  本日はこれにて散会します。

                                      (午後 3時25分)