議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 毛呂山町

平成26年  第3回( 9月) 定例会 09月04日−一般質問−04号




平成26年  第3回( 9月) 定例会 − 09月04日−一般質問−04号







平成26年  第3回( 9月) 定例会





          平成26年第3回(9月)毛呂山町議会定例会

議 事 日 程 (第4号)

                         平成26年9月4日(木曜日)午前9時30分開議

日程第 1 町政に対する一般質問
日程第 2 後日日程の報告

出席議員(14名)
     1番   弓  田  茂  樹  議員    2番   佐  藤  秀  樹  議員
     3番   荒  木  か お る  議員    4番   千  葉  三 津 子  議員
     5番   村  田  忠 次 郎  議員    6番   宮  寺  征  二  議員
     7番   藤  岡  健  司  議員    8番   下  田  一  甫  議員
     9番   岡  野     勉  議員   10番   小  峰  明  雄  議員
    11番   高  橋  達  夫  議員   12番   長  瀬     衛  議員
    13番   岡  部  和  雄  議員   14番   堀  江  快  治  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
   井  上  健  次   町  長      小  山     格   副 町 長

   粟  田     博   教 育 長      川  村  和  男   総務課長
                                       兼 秘 書
                                       広報課長
                                       兼選挙管
                                       理委員会
                                       書 記 長

   粟 生 田  義  行   企画財政      大  野     勉   管財課長
                課 長 兼
                情報推進
                室  長

   小  峰  裕  次   税務課長      小  室  晴  久   住民課長

   斉  藤     豊   福祉課長      吉  田  英  夫   高 齢 者
                兼 福 祉                   支援課長
                会 館 長

   村  田  眞  一   子 ど も      村  本  英  明   保  健
                課 長 兼                   センター
                保育所長                   所  長
                兼 児 童
                館 長 兼
                学童保育
                所  長

   古  野  秀  喜   生活環境      岡  田  忠  彦   産業振興
                課  長                   課 長 兼
                                       農  業
                                       委 員 会
                                       事務局長

   岡  野  昭  弘   まちづく      小  室  唯  男   会  計
                り 整 備                   管 理 者
                課  長                   兼 会 計
                                       課  長

   疋  田  浩  一   水道課長      村  木     功   教育総務
                                       課 長 兼
                                       歴史民俗
                                       資料館長

   小坂井  啓  二    学校教育     伊  藤     清    生涯学習
                課  長                   課 長 兼
                                       中央公民
                                       館 長 兼
                                       東 公 民
                                       館  長

   関     保  明   学校給食      小  室  富  保   スポーツ
                センター                   振興課長
                所  長                   兼 総 合
                                       公園所長
                                              
本会議に出席した事務局職員
   瀬  波  行  男   事務局長      横  田  光  明   副 局 長
   田  邉  康  子   主  任



                                              



△開議の宣告



○宮寺征二議長 ただいまの出席議員数は14名であります。

  定足数に達しておりますので、これから本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△町政に対する一般質問



○宮寺征二議長 日程第1、町政に対する一般質問を行います。

  順次質問を許します。

                                              

         ◇ 小 峰 明 雄 議員



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。

                 〔10番 小峰明雄議員登壇〕



◆10番(小峰明雄議員) おはようございます。10番、小峰明雄、議長より発言の許可をいただきましたので、町政に対しまして、通告に従い一般質問をさせていただきます。

  質問の前に、広島市の豪雨に伴う土砂災害で被害に遭われました方々にお悔やみとお見舞いを申し上げますとともに、一日も早く復旧されますよう心からお祈り申し上げます。

  では、教育、子育て環境の充実についてをお伺いいたします。

  1、アイパッドは、平成22年度に、小学校4校のうち毛呂山小学校と川角小学校に導入されました。私は教育の平等の観点から、平成22年第4回議会定例会の議案第56号で質疑をさせていただきました。また、平成23年第4回、平成25年第2回の議会定例会において一般質問をさせていただきましたが、現状と課題、また格差解消に向けた取り組み等をお伺いいたします。

  2、今年度から新しく使われております文部科学省発行の小学生、中学生向けの道徳教材「私たちの道徳」には、日本の代表的な偉人、ノーベル賞受賞者やスポーツ選手など、すぐれた人物の生き方に関する読み物や、格言、名言や、我が国の伝統と文化に関する内容など多く掲載されておりますが、活用方法、現状と課題等をお伺いいたします。

  3、平成24年度で町内小学校、中学校の耐震補強工事が全て完了しました。私は、児童生徒の安全を守るため、また災害時には避難所となります学校施設の安全性の確保は重要であると考えます。今後非構造部材の耐震化への取り組みは私は必要と考えますが、ご見解をお伺いいたします。

  4、地域の方々、学校、家庭が一体となって教育を担うコミュニティスクール、ご見解をお伺いいたします。

  5、児童福祉法上の児童たちに健全な遊びを提供して、その心身の健康を増進し、または情操を豊かにすることを目的とした、児童福祉法第40条に規定されております児童厚生施設の1つ、児童館を子供の居場所づくりの拡充の観点から月曜日も開館と私は考えますが、ご見解をお伺いいたします。

  6、遊びの施設として根づいております児童館の運営を指定管理者に委託、ご見解をお伺いいたします。

  次に、観光についてお伺いいたします。総合公園プール跡地を利用したハスの育成には多くの皆様にご支援をいただき、4年目を迎えました。ことしは初めての試みで花蓮光明まつりが開催され、多くの方々が訪れました。花ハスは約2か月と短い期間ですが、観光資源としての花ハスの情報発信や施設整備等を含めたご見解をお伺いいたします。

  また、総合公園を核とした1年を通した観光、ご見解をお伺いいたします。

  次に、高齢者福祉についてお伺いいたします。現在屋内に設置する緊急通報システム事業を実施しておりますが、高齢者を外出時も見守るために、GPS機能を搭載した携帯型緊急通報システム、ご見解をお伺いいたします。

  以上で私の一般質問とさせていただきます。



○宮寺征二議長 粟田教育長。

                 〔粟田 博教育長登壇〕



◎粟田博教育長 おはようございます。小峰議員の1問目、教育・子育て環境の充実の4点目の質問についてお答え申し上げます。

  学校の活性化を図り、元気のある学校づくりを進めていくためには、地域との連携を深め、地域とともにある学校づくりを進めていくことが重要と考えます。

  現在、町ではコミュニティスクールと同様な地域連携の取り組みとして学校応援団づくりを進め、全校で組織されております。各学校では、保護者、地域の皆様方のご理解、ご支援により、学校教育の充実が図られております。この取り組みは、学校と家庭、地域のきずな、また地域の方々同士のきずなを深め、子供たちの豊かな育ちを保障する環境づくりにつながっているものと理解しております。

  議員ご質問のコミュニティスクールにつきましては、保護者や地域住民等が一定の権限と責任を持って学校の基本方針を承認したり、教育活動について意見を述べたりできる制度でありまして、学校と家庭、地域の連携を推進するための一つの手法だと理解しております。今後は県の動向等も注視しながら、その効果等について研究してまいりたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 小峰議員の1問目、教育、子育ての環境の充実の1点目につきましてお答えいたします。

  現在本町では、平成22年度から毛呂山小学校と川角小学校にアイパッドとインタラクティブ・ホワイトボードを導入、配備し、算数の計算ドリルの実施や、理科の児童の興味を引き出す授業の展開を目的に使用し、また児童の視覚的感覚を養うため調べ学習においても活用しながら、基礎的な学力や授業に対する取り組みの向上を図っております。課題といたしましては、現在配備されている機器をさらに有効活用するための方策について検討と検証を重ねていく必要があります。

  議員ご指摘の格差解消に向けた取り組みでございますが、光山小学校と泉野小学校につきましては配備されている各小学校と同じ形での授業展開を実施しているわけではございませんが、国の補助事業とのことで、一定期間の貸し出しを実施することで対応をしているところでございます。

  平成25年度につきましても2校に貸し出しを実施し、既にインストールされているアプリケーションである計算ドリル等を使用しながら、児童の視覚的感覚や授業に対する興味を引き出すことを目的に実施しております。今年度につきましても、学校間の共有化を進めてまいりたいと存じます。

  今後につきましては、現在配備されている機器を有効活用しながら、各小学校4校が使用できる環境整備等の構築、ICT支援員の均等配備も含めて協議検討してまいりたいと存じますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  続きまして、2点目につきましてお答えいたします。本町では、道徳教材「私たちの道徳」を全小中学校の児童生徒に配布し、学校の教育活動を初め、家庭での生活や学校と家庭との連携強化、地域での活動に際しても有効に活用されるように学校に対して指導しております。

  各学校での本教材の活用場面につきましては、道徳や特別活動における補助教材としての活用のほか、各教科においても活用している学校や、家庭に持ち帰り、親子で読む機会を設けるように工夫している学校もございます。また、授業参観等で本教材を使用した授業を展開し、家庭での話し合いの材料にしていただけるような取り組みをしている学校もございます。

  今後の課題としましては、学校間の取り組みの差を是正するために年間指導計画を見直し、「私たちの道徳」の具体的な活用場面をさらにふやしていくこと、また教員に道徳教育の重要性を再認識させ、指導力の向上を図るための校内研修を充実すること等に取り組んでまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 1問目の3点目、非構造部材の耐震化への取り組みについてお答えいたします。

  地震災害による被害は、構造設計、計算の主な対象となるいわゆる構造体に限らず、天井材、照明等の非構造部材の落下によるものも想定されます。東日本大震災では屋内運動場の天井材等の落下被害が多数確認され、これを受けて国土交通省は建築基準法施行令等を改正し、つり天井に関する技術基準等を制定したところでございます。

  そのような中、文部科学省からは屋内運動場等大規模空間に設置されたつり天井、照明器具、バスケットゴール等の非構造部材への落下防止対策を早期に講じるよう要請されており、計画的な対応が必要であると認識しております。

  一方で、議員ご承知のとおり、学校体育館につきましても耐震補強工事は全て完了しておりますが、老朽化対策については基本的に行っておらず、建築から相当の年数が経過していることもあり、これらへの対策も検討する時期を迎えております。

  今後、より安全で安定的な施設利用ができるよう、非構造部材の耐震化とともに、施設の老朽化への対応という両課題の解決に向け、まずは調査、設計の実施に鋭意努力してまいりたいと存じます。また、体育館に限らず、学校施設全般の天井材、内装材、照明器具、窓ガラス、書棚等の非構造部材につきましても、学校と協力のもと安全対策に努めてまいりたいと存じますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 第1問目の第5点目、6点目の質問についてお答え申し上げます。

  最初に、第5点目の児童館を子供の居場所づくりの拡充の観点から月曜日も開館できないかについてお答え申し上げます。

  児童館が開設してことしで30年を迎え、これまで大勢の方々にご利用いただいております。開設当初から毛呂山町立児童館設置及び管理条例施行規則により、火曜日から土曜日を開館し、日曜日と月曜日を休館してまいりました。月曜日の開館によって開設日数がふえ、子供たちにとっても月曜日の放課後の過ごし場所がふえることは好ましいことと思われます。しかしながら、利用者が子供であることから、安全管理上、対応する職員数やシフト体制等の見直しは早期に対応しなければならない課題であり、次の質問にもございます指定管理者に委託すること等も含めまして、総合的に協議を重ねていく必要があるものと考えております。

  次に、第6点目の指定管理者の委託についてお答え申し上げます。現在埼玉県内には児童厚生施設が134施設あり、うち指定管理者に委託している施設が62施設ございます。そのうち当町と同様の小型児童館は54施設で、指定管理を受けている施設は13施設でございます。この指定管理を受けている小型児童館の多くが、複数の児童館をまとめて受託している場合であったり、児童館のある建物が複合施設となっており、その複合施設とともに指定管理となっている場合が多いようでございます。

  当町の児童館は規模的にも小さく、小型児童館の一つで、今後指定管理者への移行については、経費面等について慎重に調査、検討した上で、安心、安全な児童館の運用を図っていきたいと考えておりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 2問目の観光についてお答え申し上げます。

  今年度の花蓮会場への入場者数でございますが、約2か月の開場期間で8,587名の方にご来場いただきました。昨年度は5,013名であり、約1.7倍の来場者でございました。また、光明まつりでは1日で1,083名の方々にお越しいただきました。これも観光協会を初め、ハスの栽培に携われた方々や応援してくれた多くの方々のご協力であると感謝申し上げる次第でございます。

  さて、今後の観光資源としての花ハス、情報発信や施設整備でございますが、まずPRについては、新聞やテレビ等のマスメディアにご協力をいただき、さらに広く情報発信をしてまいりたいと存じます。また、整備につきましては、当面は安全管理上にかかわる修繕等をメーンに行っていきたいと考えておりますが、経費等を勘案しつつ、景観面の整備も今後検討してまいりたいと存じます。

  次に、1年を通した観光でございますが、総合公園を観光地のハブステーションと位置づけ、現存する観光施設を点と線で結びつけ、桜、バラ、ハス、もみじ等季節の彩りを感じていただけるような観光を考えていくとともに、観光協会や関係機関と連携し、新たな観光資源の発掘にも努めてまいりたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 3問目の高齢者福祉対策、GPS機能を搭載した携帯型緊急通報システムの見解についてお答えいたします。

  議員ご承知のとおり、現在運用しております緊急通報システムは屋内専用となっており、屋外での緊急時の対応及び徘回時等における位置確認はできない状況でございます。

  緊急通報システムにつきましては、県内市町村においては屋内専用の機器の貸与が主流でございますが、県内の先駆的な事例として、GPS機能による位置確認に加え、緊急通報機能、通話機能がついた携帯端末を貸与し、屋内のみならず高齢者の外出時までも補足するシステムして運用を開始した事例の確認をしております。

  ご質問のGPS機能つき携帯型緊急通報システムにつきましては、認知症等により自宅がわからなくなった高齢者の位置確認や屋外での緊急通報に対応できる等、高齢者の安心、安全の確保には非常に有効な手段であるものと考えております。

  緊急通報システムにはさまざまな形態があることから、慎重に検討してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) では、ご答弁に対しまして再質問をさせていただきます。

  まず、教育長にアイパッドについてお伺いいたします。今までもいろいろとこのアイパッドに関しては議論させていただきましたけれども、これは、先ほどご答弁がありましたけれども、国の補助事業ということで、補助事業ということは交付の要領があったと思うのですよね。これがたしか22年度ですから、5年たちますので、来年度というものはそういうものがなくなるのだと思うのですけれども、そこで格差を解消していく中で、これは私の1つの考えですけれども、今ある472台、これを4校に割り当てて、その中であと2校にはネットの環境はないかと思うのですけれども、そういうものを整備させていただいて、支援員の問題もあるかと思うのですけれども、そういう手法というのも一つの考えであって、今残りの2校に例えばこういうアイパッドを導入するというのは、大変いろいろと、学校の環境整備ということで非常にお金のかかる状況ですので、なかなかこれは財源的に、財政で無理だと思うのですよね。こういう私の一つの考え方に対して、教育長どのようなご見解があるのか、まずお伺いいたします。



○宮寺征二議長 粟田教育長。

                 〔粟田 博教育長登壇〕



◎粟田博教育長 小峰議員のアイパッドについての再質問についてお答え申し上げます。

  議員ご指摘のとおり、アイパッドにつきましては平成22年度に毛呂山小と川角小に472台、これにつきましては総務省の補助を受けて購入し、学習に活用してきたものでございます。議員ご指摘のとおり、町内の4小学校中、2小学校のみで活用しているというのは、教育の平等性という観点から課題であるというふうに本当に捉えているところでございます。

  教育委員会ではこうした状態を考慮して、他の2校、光山小、泉野小につきまして貸し出しをして活用を図ってまいりました。しかしながら、インストールされている計算ドリル等の使用は可能ですけれども、議員ご指摘のインターネットに接続できないなどの課題もございました。したがいまして、来年度に向けて町内の4小学校にアイパッドを均等に振り分けること、そしてインターネット環境の整備を行って、どの4つの小学校でも同じような活用ができる状態にしたいというふうに考えておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 教育長、これで一歩前進するのかなと思いますので、よくご協議をしていただければと思います。

  続きまして、学校教育課長に、「私たちの道徳」についてお伺いいたします。先ほどのこ答弁お聞きして、各学校6校ございますけれども、この活用が本当にさまざまですよね。私はここでちょっと気になっているのは、平成26年5月15日に、「「私たちの道徳」の配布について」という通知が……この中で26年の2月14日付の通知、それと今回の今お話しした26年の5月15日の通知、こういう中に、学校に備えておくのではなく、児童生徒が家庭に持ち帰って、家庭や地域等でも活用できるように対象児童生徒一人一人に確実に配布してくださるよう重ねてお願いしますと、こういう通知が出ているわけです。今答弁の中で、こういうふうにさまざまということは、教育委員会でそういう周知というものがどの程度されたのかなというの、私ちょっと気になってしようがないというか、気になるのですけれども、この点については教育委員会ではどのような周知方法をされたのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ただいまの再質問にお答えいたします。

  教育委員会でどのように周知をされたかということでございますけれども、今ご指摘がありましたように、5月の文科省の通知を受けまして、本町しても各校長宛てに、この「私たちの道徳」の使用方法については周知はしております。また、校長会等を通してでも、いろんな使い方があるということで周知はしておりますが、ご指摘のとおり、学年や学級の中でそれをどのように使っていくかというところはまだまだ研究が進んでいないところでもございます。今ご指摘のありました、今年度からの事業ということで、年間指導計画等についてもまだ不整備なところもございますので、その点につきましてはこれからさらに周知徹底と、それから研究を重ねてまいりたいと考えております。

  以上です。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) あと、この「私たちの道徳」というのは、我が国の伝統と文化、こういったものにも大変触れているわけですけれども、やはりいじめの問題というものは非常に今問題となっているのですけれども、この「私たちの道徳」というものでいじめ問題というのはどのような対応をされているのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 お答え申し上げます。

  いじめにつきましては、学校生活全体において意識し、取り組む課題であると考えております。道徳の時間では、特に公正、公平、正義、信頼、友情、助け合いなどの内容項目の中で、道徳の授業の展開の途中や、週末において友達とのつき合い方について考えたことを記入させたり、それからショート読み物や先人の格言等を紹介しまして、授業が余韻を持って終わるような工夫をして、印象深く授業を持っていくようなことに役立っております。また、特別活動などにおいては、学級活動において利用して、いじめについて思ったことを意見交換させたり、ねらいを含めるなどして活用しております。また、学級の朝の会、帰りの会等についても、載っております説話や生活チェックを利用します。活用の仕方につきましても、さらに研究を重ねてまいりたいと存じます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) いじめの問題ですけれども、こういう「私たちの道徳」を活用することで今後減る方向に進んでいくのか、この点についてもし何かご意見がありましたら、ご答弁をいただければと思います。



○宮寺征二議長 小坂井学校教育課長。

                 〔小坂井啓二学校教育課長登壇〕



◎小坂井啓二学校教育課長 ご質問にお答えいたします。

  「私たちの道徳」は、今までありました補助教材をさらに改良を加えまして、「心のノート」というのがございましたけれども、改良を加えたものでございます。やはり文科省といたしましても、今頻発するいじめ問題につきましては早急な解決を狙っております。私たちもその趣旨にのっとりさらに研究をして、毛呂山町からいじめがすぐになくなるように道徳活動、それから学級と全ての活動を通してこれを活用して進めてまいりたいと存じます。よろしくお願いしたいと思います。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、教育総務課長にお伺いいたします。

  ご答弁で、非構造部材の耐震化とともに施設の老朽化の対応ということで、こういう課題解決に向けて調査と設計実施に鋭意努力してまいりたいと。効率的な方法だと思います。ただ、避難所となります体育館、これはやはり優先順位としては先に行うべきではないかと私は思うのですけれども、こういう優先順位というものに対してはどのようにお考えなのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  先般の広島の自然災害を見ましても、大規模災害の際に学校が緊急避難所として果たす役割は非常に大きいというふうに改めて認識をいたしました。そのような中でご質問でございますが、平成27年度からできれば複数校ずつ、非構造部材も含めまして、校舎及び体育館を対象に建築基準法に順処した点検を有資格者に委託することをまずもって予定させていただきたいというふうに今考えているところでございます。それとともに、特に体育館を私においても優先的に考えておりまして、非構造部材を含めました大規模改造工事の設計業務を進めてまいりたい。これは財政との調整等もございますけれども、そのような中で緊急時の避難所としての役割もございますので、体育館を優先順位に置きまして早期に工事を施工できるように鋭意努めてまいりたいと思いますので、ご理解をいただきたいと思います。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) あと課長、今有識者の点検ということでけれども、東日本大震災では毛呂山小学校の窓ガラスが破損の被害が非常に多かったわけですけれども、その後天井が剥離したというようなことも起きました。今、有識者の点検ということも、これは大切です。ただ、私が思うには、日常の点検というのも非常に大切だと思うのです。こういうことも行っていかないとこれからはいけないのかなと思うのですけれども、日常の点検に対しての考えというのはどのようにあるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村木教育総務課長。

                 〔村木 功教育総務課長登壇〕



◎村木功教育総務課長 再質問にお答えいたします。

  日常の点検というのは非常に大切であるというふうに私も認識をしております。そのことにつきましては、学校においてできる日常の点検、それから学校設置者において点検すべき項目等々ございます。今後は学校と連携を一層密にしまして、問題が発生しないよう点検業務にも努めてまいりたいと思いますので、ご理解をいただきたいと思います。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、子ども課長にお伺いいたしますけれども、ご答弁の中で、30年間、日曜と月曜日が休みということですけれども、この30年間、こういう利用者の月曜日の過ごし方、こういう調査というものはされたことがあるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 再質問にお答え申し上げます。

  月曜日休館ということで、そういった声をそういった形で周りから聞いたことはということでございますが、ふだん児童館を利用している小学生の子供たちからの状況を点々と厚生員のほうが日々そういう話も伺うという内容ですと、自宅近くの公園や友達の家に遊びに行っているとか、習い事とかということで、あとは児童館休館日にそういった近くの公園等でそういった過ごし方をしているという、さまざまな過ごし方があるという、そういうお声はいただいております。特に今まで直接そういったアンケート等でお答えを聴取したことはございません。それから、あと保護者の方からも、特に月曜日休館ということでのお尋ね等は現在ございません。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 課長、30年間、日曜日と月曜日が休みなのですよ。そういうふうに30年間ずっと来たものを、今私質問していないことまでご答弁いただきましたけれども、保護者の休館に対するお尋ねというのですか、何かちょっと今聞き取れなかったのですけれども、30年間、日曜、月曜日が休みなんて、ずっと来ていれば誰も不思議に思いませんよ、そういうふうに来ているものを。日曜日は休みですと言えば、そう思うでしょう。だから私は、今言ったように、初めて私が一般質問をして、そういう過ごし方を調査するとか、そういうのではなくて、やはり前向きにどうなのだろうという、そういう調査とか行ってもらいたいと思います。

  それと、埼玉県の中、近隣もそうかと思うのですけれども、月曜日開館している児童館があると思うのですよ、ね。そういう開館している児童館、こういう開館している児童館はどのように運営されているのか、そういったものをしっかり調査していただいて、研究していただくというのも大切だと思うのですよ。このことに対して課長、何か考えがありましたらお答えをいただければと思います。



○宮寺征二議長 村田子ども課長。

                 〔村田眞一子ども課長登壇〕



◎村田眞一子ども課長 再質問にお答え申し上げます。

  月曜日開館、月曜日から土曜日という開館している児童館はこの近隣でも多々ございます。そういう中で、平日月曜日からはもう学校が始まっておりますので、子供の居場所ということで、やはり月曜日の開館というのも、周りのそういった自治体のほうに聞いてみますと、当然午後の時間帯ではお子様がいらっしゃると。月曜、火曜、水曜とその人数的なあれは、特に月曜が多いだとかという、そういうのはございませんが、やはり学校が月曜日から始まっているということであれば必要かなということでございまして、私どものほうも十分月曜日から開館ができるような、そういった方向で、また詳しく近隣の市町といろいろな情報を入れまして、月曜日開館できるかどうか、また経費的な、あるいはシフト的な問題もございますので、その辺を十分調査してまいりたいと考えてございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 産業振興課長にお伺いいたします。

  本当に2か月間ということで、昨年の約1.7倍のご来場者をお迎えして、また光明まつりというのは1日でしたけれども、1,083人の方々がお越しになりました。新聞だとかテレビだとかで情報発信をされています。来年、もう来年のことになると思うのですけれども、ことしを上回る来場者というふうに当然考えてくると思うのですけれども、そういう中で特色だとか影響力、インパクトがあるような、そういった情報発信というものが必要ではないかと思うのですけれども、この点について課長はどのようなご見解があるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  来年に向けての情報発信、どのように考えているかといったことでよろしいかと思います。今年度におきましては、テレビ、ラジオ、また新聞、雑誌などマスメディアのほうで取り上げていただいた部分もございます。また、地道なことではございますが、近隣の団体、また各施設にポスターやチラシの配布等を行ったところでございます。

  来年度におきましては、ことしと同様のことはもとより、特にテレビ、ラジオ等のマスメディア、こちらにつきましては特に効果があります。また、ことしも取り上げていただいた中では、放送の直後に問い合わせをいただいたといったようなこともございまして、そうしたマスメディアの局関係者に積極的に働きかけてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、行田蓮の関係、少しお伺いしたいのですけれども、3年を経過してきますと、これは土の入れかえというもの、作業が出てくるのだと思うのですけれども、人力での作業というのは限界があると思うのですよね。そういう中で機械だとか、何か人力にかわる……機械しかないかと思うのですけれども、そういったものの導入というのも一つの選択肢かと思うのですけれども、この点についてはどのようなご見解があるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  行田蓮の部分について、土の入れかえと。そちら機械導入等の考えがあるかといったことでよろしいかと思いますが、行田蓮の部分につきましては、ここで3年が経過いたしますことから、土の入れかえを予定しなくてはならないといったことで聞いております。そうしたことにつきまして、流れるプールの部分につきましてはかなり人力に頼った経緯もございまして、それについてはかなりの労力が必要だったといったことでございます。今回の土の入れかえにつきましては、まだ予算化等はしてございませんが、議員おっしゃられるとおり、機械等を導入し、ボランティア、また職員等の労力の軽減を図りたいと考えております。それに向けての予算の確保等の支援体制を今後整えてまいりたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 流水は来年ですよね、たしか。だから、そういうものを含めてしっかり当初予算でよく検討していただければと思うのですけれども。

  次に、施設のことでちょっとお伺いしたいのですけれども、ご答弁の中で、当面安全管理上に係る修繕等ということですので、そのご答弁いただいて、どういう安全管理のための修繕等を行っていくのか。それと、景観面、この整備、これ、計画とか何かありますか。こういった点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 岡田産業振興課長。

                 〔岡田忠彦産業振興課長登壇〕



◎岡田忠彦産業振興課長 再質問にお答え申し上げます。

  施設の整備についての質問でございますが、まず安全面につきましては、現行におきまして通路等かなり段差がある箇所が見受けられます。そうしたものにつまずいては困ったり、また車椅子等でご来場いただく方々にとってかなり不便を来しているような状況でございますので、そうした段差の解消、またプールへの転落防止柵なのですが、これにおきましては竹で毎年設置をしているところでございますが、もう少し何か工夫をいたしまして、よりよい柵の設置ができればと考えております。

  また、景観面でございます。こちらにおきましては、多くの来場者の方々から、スライダー等がちょっと見ばえが悪いとか、そうした意見がございました。そうしたものを踏まえまして、スライダーの撤去、また日影用のテントの必要等がございまして、そちらもちょっと景観面で配慮してくれたらなといったような意見もございました。ただ、こちらにつきましては、経費等かなりかかるといったようなこともございまして、今後の検討課題となってございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) いろいろ検討していただければと思います。

  町長にお伺いいたします。ちょうど1年前に私は一般質問させていただいたのですけれども、きょうはその答弁書をコピーしてきたのですけれども、こういう中で、町長のご答弁の中に、「5,000人はさらにさらにふえて、倍以上には私はなるのではないかというふうに考えている次第でございます」、「いろんなものを合わせて経済効果を発展させたいというふうに思っております」ということで、この「倍以上に私はなるのではないか」ということですので、やはりそういう町長の発言でございますので、何らかのお考えがあるのかと思うのですけれども、この点についてお伺いいたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 小峰議員の再質問にお答えをいたします。

  昨年の答弁の中で、来年というか、倍以上になるのではないかというふうな答弁ということでございます。今回は1.7倍というふうなお話でございましたけれども、たまたまことしはハスが結構前進をして、早目にこのピークが来てしまったということ。後半に大分暑い日が多くなってしまって、そういった面では客足がちょっと遠のいたかなというふうな感もございました。私もしょっちゅう行ったわけでございますけれども、ボランティアの皆さんがいろいろと本当に工夫をしていただいて、いろんなことやっていただいた。これによって、これだけ多くの方々に来ていただいたということでございまして、順調にいけばやはり昨年の5,000人を倍にする、そういったことはやはり可能であろうというふうに思っている次第でございます。

  今後につきましても、しっかりといろんなものを合わせながら、内容を濃くしていきたいというふうに思っております。ご理解を賜りたいと思います。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) それと、町長、その後に町長、会議を開いて、今後の方向性をどうしようかという、こういうご答弁があります。最終的な結論、これは出ておりません。デザインだとか、そういう考えていかなければならないと。費用対効果もあるだろうと、いろんなことをご答弁されています。最後に、担当課含めてこれから協議していくところでございますということで、1年経過したのですけれども、こういう協議というもので、ある程度の方向性とかというのは示さなければそろそろいけないのではないかと思いますけれども、この点について町長はどのようなご見解あるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  協議をしてといういわゆる会議の関係、これはたびたびでありますけれども、担当の関係であったり、あるいは執行部の関係で話をしてまいりました。特に、やはりボランティアの花ハスを面倒見ていただいている方々、こういった方々のご意見、これをしっかりといろいろ聞いております。やはりボランティアの組織は、私が思うのに、30人以上、40人前後、このぐらいの規模を持たないとあの花ハスの管理はできないというふうに私は見ております。ただ、今観光協会が主にこの花ハス事業を受け持っていただいております関係から、観光協会会長にもいろいろとお話をさせていただいたり、あるいは今越生町が取りかかっておりますけれども、観光協会を法人格をとって、しっかりと外で、庁内ではなく、庁舎内ではなく、町の外で、そしてしっかりと組織をつくって観光部門を担う、こういう形、私はこれが一番理想的であって、そしてなおかつそういうところでしっかりとした方々が毛呂山町の観光を担うのだというふうにならなければいけないなというふうに思っておりますし、こういったものを進めながら、そういう仕組み、組織を進めながら、しっかりとした花ハスであったり、あるいは毛呂山町の観光を伸ばしていくべきだというふうに思っております。こういうことがまず一番やらなければいけないことだと思います。ハスについては、そういったところからしっかりと組み立てていきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 本当に今ボランティアの方々で、町長30人以上というようなことですけれども、マンパワーということで、本当にあの暑い中、大変な思いだと思うのですよ。そういう中で、ある程度軌道に乗るまでは公助というものは大変私は必要だと思うのですけれども、30人以上ボランティアの方を募るというのはなかなか難しいと思うのですよね。そういう中で、私はある程度軌道に乗るまでは公助で助けていかなければいけないと思うのですけれども、こういう点に関しては町長どのようなお考えがあるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  植物を想像していただくとわかると思うのですけれども、鉢をひっくり返すと中に根っこがあって、茶色い根っこと白い根っこがあります。白い根っこは生きていますけれども、茶色い根っこというのは死んでいる根っこですから、例えば盆栽もそうなのですけれども、3年目とかそういうふうになったときには必ず根をほぐして、白い根っこ、新しい根っこを生かさなければいけない。こういう作業をしないと、サツキでも何でも咲かないわけであります。同じように、ハスも3年目を迎えると、もう1年目の根は黒く腐っている。そういう状況の中で、今古代ハスはもう3年目を迎えてしまって、あれをひっくり返すわけにはいかないわけで、相当な労力がかかるわけであります。これを何とかしなければいけない。水流によって浮かせる、土を踊らせる、そして中の根を浮かせる、こういったことも考えなければいけないだろうし、あるいはバックホー、いわゆるユンボですね、そういったものである程度土を出しながらこの作業をしなければいけないだろうというふうに思っております。ある意味、機械的なものも導入しながら、そしてボランティアの方々にできるだけ労力を軽減できるような考え方、こういったものを組み合わせながら、皆さんとこの花ハス、しっかりと育てていきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) あと町長、総合公園、先ほど課長の答弁ですと、ハブステーションという言葉がありました。たしか県の事業だと思うのですけれども、企業の森、これは今年度で終了します。そういう中で総合公園を全体で捉えてみたときに、ああいうところが少し整備、ああいう山が少し整備されてきました。では、残りのところはどうしましょう。いろいろのことがあるかと思うのですけれども、日高市の巾着田、マンジュシャゲ、これはすごいですね。だから、余り手入れがかからないけれども、きれいですという、何か、もう本当に四季折々考えていかなければいけないし、総合公園を課長はハブステーションと位置づけていくのだということですので、ここ、何か山を考えていかなければいけないと思うのですけれども、こういう点について、企業の森も終了してしまいますけれども、町長に何かお考えがありましたらお伺いします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  昨日の高橋議員のご質問にもございました里山資本主義の考え方、これは今非常に私はいろんな角度から練っているところでございまして、この一番最初のとっかかりというか、考え方は発想の転換でございます。この発想の転換、これを今しっかりと組み立てておりまして、皆さんにもそういった面では、ああ、なるほどと思っていただける施策、こういったものを打ち出していくことを今考えているところでございます。内容等も大分絞っておりますけれども、今の段階でなかなかお話ができなくて大変失礼をいたしますが、今までの土地の利用の関係、こういったものも含めて総合的に地域総合公園、これを整えていくというふうに思っております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) 次に、高齢者支援課長にお伺いいたします。

  固定型の緊急通報システム、少し気になる点は、高齢者がふえていく中でこういうシステムを利用される方が少なくなっているという、少し理解ができないようなことが起きているのですけれども、こういう中で近隣をちょっと調査をしますと、無料というところがかなり多いわけですよ。中には、個人負担の支払いができないので、おやめになっている方もいらっしゃるようですけれども、こういう点をもう一度よく精査していただいて、近隣の調査もされて、個人負担がなるだけかからないような方法というのはとれないものだろうかと私はちょっと考えるのですけれども、課長、どのようにお考えがあるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 小峰議員の再質問にお答えいたします。

  近隣の市町村で無料になっているところもあるというようなお話でございまして、毛呂山のほうでも無料ということができないかというご質問かと思います。近隣では坂戸市ですとか鶴ケ島市、日高市におきまして、緊急通報システムにつきましては無料でございます。西入間広域消防組合の管内であります越生町ですとか鳩山町、こちらにつきましては、越生町につきましては生活保護の方、そういった方については無料、それで、それ以外の方については有料になっております。鳩山につきましては、やはり生活保護の方については無料、住民税非課税の方が500円、それ以外の方が1,000円と、そんな形になっております。

  毛呂山につきましては、生活保護の方が有料、それ以外の方も有料というような形になっております。そちらにつきましてですが、25年度の実績で申しますと、町負担4分の3の方が100万円程度、2分の1の方が80万、合計で180万ぐらいの町の負担がございます。それ以外の自己負担の分を計算いたしますと、総額で300万を超えるような形になります。そういった部分、費用面の部分でありますとかそういった部分を考えますと、簡単に無料化にするというのはなかなか難しいのかなというところでございますけれども、今後の検討課題とさせていただければと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 小峰明雄議員。



◆10番(小峰明雄議員) いろいろとお金の話をしていただきましたけれども、私は今後固定がこのままずっといくのか、それとも携帯型に変わっていくのか、いろいろのことが考えられると思うのですよ。そういう中で、やはり費用の問題というのは非常に、常に問題になってくると思うのですけれども、そういう中で費用対効果を考えたときに、固定と携帯型、どういうところがメリットがあって、デメリットがあるとか、そういうこともいろいろ考えていただいて、十分これ検討していただいて、今後この無料も含めて考えていただければと思います。

  以上で終わります。



○宮寺征二議長 この際、午前10時45分まで休憩します。

                                      (午前10時29分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時45分)

                                              

         ◇ 佐 藤 秀 樹 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  佐藤秀樹議員。

                 〔2番 佐藤秀樹議員登壇〕



◆2番(佐藤秀樹議員) 2番、佐藤秀樹です。ただいま議長のお許しをいただきましたので、町政に対する一般質問をさせていただきます。

  その前に、一言述べさせていただきます。この夏は、平成26年8月豪雨による大災害が日本各地で発生し、多くの方が被害に遭われました。亡くなられた方に対し心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害に遭われた方に対し、お見舞いを申し上げます。

  さて、きのうの一般質問でもお話がありましたが、先日子ども議会が行われました。内容を聞いて驚いたことに、質問の内容が我々の一般質問と同様の質問が幾つか取り上げられておりました。小学生の純真無垢な気持ちで感じている問題は、ある意味毛呂山町のあるべき姿と私は思います。

  しかしながら、一方現実として少子化問題、さらには地方自治消滅問題という今までにない大きな問題を抱えており、これからの問題は町政運営いかんによっては毛呂山町も消滅する可能性は大いにあり得ると思います。限られた財源の中、今まで以上にスピードを持って政策を遂行していかなければ、安心、安全なまちづくりは到底かなうはずはありません。今後の毛呂山町を担っていく世代の子供たちのためにも、今私たちが将来展望をしっかりと見据え、しっかりとしたまちづくりを行っていき、後世に引き継いでいけるように今回も前向きに一般質問を行ってまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

  1問目、毛呂山町の将来像について質問いたします。

  1つ目として、平成25年度の決算がこの9月議会で精査されますが、決算を終え、予算に対し結果として反省すべき点があったのかお聞かせ願いたいたくご質問いたします。

  2つ目として、きのう新内閣が発足し、新内閣が掲げる最大の課題の1つが「元気で豊かな地方の再生」だと強調されており、石破地方創生担当大臣が誕生いたしました。2015年度予算の概要請求では成長戦略など重点施策に優先配分する特別枠が約4兆円となり、そのうち地方創生に対し約1兆円振り向けられるそうです。当町として、具体的な法案が出される前に何をすべきか準備しておかなければならないと思いますが、町としての考え方を伺います。

  2問目、空き家問題について質問いたします。昨年12月議会において空き家条例が制定されました。そこで、半年を過ぎ、空き家条例に対しどのような問題点が発生しているか。また、空き家の解消対策はどのように進んでいるのかお伺いいたします。

  3問目、企業誘致に対する現状と今後の展開、方針をお聞かせ願いたいたくご質問いたします。

  以上であります。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 佐藤議員の1問目、毛呂山町の将来像についての1点目の平成25年度決算に対する反省点についてのご質問にお答え申し上げます。

  本町の平成25年度一般会計決算につきましては、歳入総額108億5,142万4,439円、歳出総額104億8,701万6,871円で、歳入歳出差引残高は3億6,440万7,568円でございます。

  なお、繰越明許費等として、翌年度に繰り越すべき財源1億38万2,800円を差し引きました2億6,402万4,768円が実質収支となり、平成26年度に繰り越されております。

  平成25年度決算による経常収支比率は85.8で、対前年度比で0.2ポイント下がっております。また、実質公債費比率は5.5となっており、対前年度比で1.2ポイント下がっております。

  平成25年度の主な実施事業といたしましては、少子高齢化対策としてこども医療費の中学校終了までの無料化の継続や、介護給付費、訓練等給付費、後期高齢者医療療養給付費負担金、介護保険特別会計繰出金等を実施いたしました。

  生活環境基盤対策としては、武州長瀬駅北口周辺地区整備事業並びに町道の舗装修繕工事等を計画的に実施いたしました。

  教育施策では、継続して学力向上支援員や児童生徒支援員等を配置し、児童生徒の基礎学力向上に努めました。また、川角中学校大規模改造工事や川角中学校武道場改修工事、毛呂山中学校プール設備改修工事や小学校トイレ改修工事等を計画的に実施し、積極的に教育環境の整備に努めました。

  平成25年度も厳しい財政状況の中で、住民サービス向上のために優先順位に基づく事務事業の選択を行い、各種施策を展開してまいりました。今後は本年度予算の適正な執行と、平成27年度当初予算の編成に向けて鋭意努力していく所存でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、2点目の地方創生予算に対する本町の考え方につきましてのご質問にお答え申し上げます。政府は平成27年度予算の概算要求基準で、公共事業等の裁量的経費を本年度予算より約1割減らし、人口減少対策や地域の活性化等の地方経済の振興といった成長戦略につながる重点政策枠として、約4兆円規模の特別枠を設けております。この特別枠は、安倍政権が重要課題と位置づける地方創生の実現に向け、アベノミクスによる景気回復の効果を地方に波及させるための政策を概算要求に重点的に盛り込むよう各省庁に求めているものであります。現段階ではこの特別枠の予算内容等につきましては具体的な情報が入っていないため、今後国、県の動向に注視していく所存でございますので、ご理解賜りたいと存じます。

  続きまして、ご質問の3問目、企業誘致についてでございますが、お答え申し上げます。なお、岡部議員の答弁内容と一部重複いたしますが、ご容赦願いたいと存じます。

  都市計画法第34条第12号に基づく指定区域のうち東部地区につきましては、地権者による既存建物の取り壊し及び前所有会社の残した工業製品の撤去等が順調に進んでおり、こうした目に見える動きから、立地に対して非常に積極的に動いている企業も複数ある状況でございます。課題といたしましては、手を挙げている企業がそれぞれに業種ごとの課題や問題が多少ございます。また、当該地区へのアクセス道路として県道川越坂戸毛呂山線から当該地区北側まで12メーターに拡幅しました町道第7号路線が、その先において未整備となっております。このような状況をさらによい方向ヘ向けるため、今定例会に上程されております補正予算第2号に、12メーターに拡幅するための測量実施設計業務委託料を予算計上しておりますので、よろしくお願い申し上げます。これによりまして、東部地区におきましては、近いうちに進出してくる具体的な企業名が見えてくるものと期待しております。

  一方、南部地区におきましては、7月18日に開催されました平成26年度第1回毛呂山町都市計画審議会におきまして、委員の皆様から多くの貴重なご意見をいただいております。これらのご意見からも、予定建築物に商業施設を含めた誘致活動を今後どのように展開していくのか検討しているところでございます。その他課題といたしましては、埋蔵文化財の包蔵地に該当していること、及び樹木の伐採、抜根などを含めた造成費用や配水先などのインフラ整備等に費用と月日を要することが挙げられます。

  いずれにいたしましても、南の玄関口である南部地区が活性化することで町内全体が活性化していくものと認識しておりますので、関係各課と協議を重ね、一日でも早く企業に進出してもらえるよう鋭意努力してまいりますので、ご理解賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 2問目の空き家問題の質問についてお答えいたします。

  まず、空き家条例制定後の問題点でございますが、新聞報道等にあるように、日本全国の空き家数は増加傾向にあります。今後も人口減少が進み、さらなる増加が見込まれることから、管理不全な空き家の情報を最新の状態に維持する必要があると考えております。そのためには、定期的な調査を行うなどの対策が必要と思われます。

  また、条例制定以前からではございますが、相続放棄や相続人不在等により、適正管理の助言、指導等の折衝が不可能である場合は、対応が極めて困難であります。

  今後の施策につきましては、現在政府与党内におきまして空き家対策法案が検討されております。行政代執行の要件の緩和、空き家に対する立ち入り調査権の付与、空き家のデータベース整備の努力義務などが予想されております。町としても国の動向を注視し、適切に対応してまいりたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) それでは、順次再質問をさせていただきます。

  まず、毛呂山町の将来像についてなのですが、ただいまの答弁ですと、反省点に対する答弁というのはなかったように思われますが、予算については計画どおりに遂行されたという解釈でよろしいのでしょうか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  平成25年度の予算につきましては、おおむね計画どおり執行できたものと認識しております。厳しい財政状況の中で、今後も住民サービス向上のために、優先順位に基づく事業選択を実施し、引き続き的確に対応していく所存でございますので、ご理解賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 経常収支比率、また実質公債費比率、先日の一般質問でも出ましたけれども、ともに下がっているということは数字的にもすばらしいことだと思います。特に実質公債費比率のボーダーライン、たしか18%ということだったと思いますが、そういった中で、これは職員の皆様の業務の評価は十分されることだと思います。細かい部分は今後これから各委員会で審議されると思いますので、この場では大枠の質問をさせていただきたいと思います。

  まず、予算の組み立て方について質問いたします。第四次毛呂山町総合振興計画、こちらのほうと、それと予算の組み立て方、予算の組み立てる関係についてどのように考えられているのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  予算の組み立て方ということでございますが、第四次毛呂山町総合振興計画と予算の関係でございますが、予算編成につきましてはそれぞれ総合振興計画に沿った計画にのっとって実施しているところでございます。限られた財源の中で、必要とされている全ての政策に予算措置をしていくことは、大変難しいことでございます。長期ビジョンに立ちまして予算編成を心がけて、財政運営を実施しているところでございます。

  また、現在第五次毛呂山町総合振興計画を策定中でございますので、住民アンケートによる最新の行政ニーズを把握するとともに、将来の人口推計や財政分析を行いまして、限られた財源の中で人口減少対策問題や少子高齢化対策などの問題に、重要課題に実現可能な各種施策を展開していく考えでございますので、ご理解いただきたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) では、済みません、もう1問なのですが、では今のご答弁ですと、こちらの毛呂山町の第四次総合振興計画の計画というのはこれに沿った予算取りをしているので、来年度、平成27年度で第四次毛呂山町総合振興計画が終了いたしますけれども、この計画は全て完遂されるというふうな考え方でよろしいでしょうか。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  現在第四次毛呂山町総合振興計画につきましては、基本構想、基本計画、実施計画で構成されております。実施計画につきましては、計画期間を3年間といたしまして、毎年度見直すローリング方式を採用しておりまして、事業の推進を図っておるところでございます。現在基本計画の進捗状況の確認作業を行っておりまして、今後各課のヒアリングを実施するなど目標達成に向けた調整を図ってまいりますので、ご理解賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 今ローリング方式で見直しているということなのですが、ローリング方式、これは3年を1つのスパンとして見直しているというわけですよね。1年でですか。ここに各項目に、各分野に分かれて目標値が定められているのですけれども、これは、本当にこれって達成できる計画なのですか。以前伺ったときに、これは高い目標を掲げて進めているというふうな話も聞いたのですけれども、ただ本当に実際できない高い計画を立てられていても、ある意味目標と実績がバランスがよくとれていないというか、届かないので、逆に職員の目標意識というのもかなり、目標に届かないのではないかというふうな、そういった挫折感というか、初めから行かないことをやってもしようがないではないかとか、そういうふうな考え方をする職員もいるのではないかな。実際自分も前職のときにやはり目標というのはあったのですけれども、余りにもいかない。例えば、前年度120%、130%とかいうような目標を掲げても、営業部隊としては、それは初めからできるはずないやというふうな、そういった考えをどうしても持ってしまうところはあるのですけれども、その辺どうなのでしょう。もう一度ご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  目標数値ということでございますが、基本構想でございますので、ある程度目標は高くということでございます。しかしながら、第五次総合振興計画を策定する上では人口推計、財政分析等綿密に行いまして、実効性のある計画にしてまいりたいと、このように考えておりますので、ご理解賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) ぜひ、より精度の高い目標となるように、よろしくお願いいたします。

  毛呂山町の将来像について、ちょっと角度を変えて質問をさせていただきます。8月28日の埼玉新聞に、全国知事会で27日、大規模土砂災害や巨大地震に備えて、地方自治体か防災専門の職員を十分に配置できるよう提言を提出したと書かれておりました。また、福祉関係も、この11月に、平成27年度より地方に介護予防者が各保険者、いわゆる地方自治体に権限移譲される法案が出されると聞いております。今の職員、確かに少数精鋭で頑張れていると思いますけれども、今後の行政運営に当たって将来像をつくり上げていく上でも、部署によっては専門的な職員が必要なのではないかと思いますが、この点はいかがでしょうか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  現在の毛呂山町における専門職につきましては、保育士あるいは保健師などといったいわゆる有資格の職員を必要とする場合に採用、配置しておるところでございます。毎年職員数が減少している状況下でございます。行政事務は大幅に増加しており、また各部署においてもこれ以上に専門性というものを求められております。専門的な職員の必要については十分認識しているところではございますが、厳しい財政状況下でございます。職員の採用につきましては、定員管理適正化計画に基づきまして行っております。また、各部署における専門的な職員を採用あるいは増員していくことは、短期的には非常に難しい状況になっております。各部署におきましても、多様化あるいは高度化した行政ニーズに的確に対応していくためには、職員の適正な能力を活用した、いわゆるスペシャリストの育成にも力を入れる必要が出てくるかと考えております。

  その一方、行政組織の活性化のためには定期的な人事異動は当然必要でありますので、行政全般に幅広く能力を生かせるいわゆるゼネラリストの育成も必要ではないかと考えております。

  いずれにいたしましても、日々目まぐるしく変化する状況下の中、今後の行政に対するニーズをしっかりと見きわめまして、的確に対応してまいる所存でございますので、ご理解を賜りたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 私は今後の行政運営に対して、専門的な職員はほかの職員のスキルアップにもつながりますし、また仕事の効率化及び仕事の軽減化に対して必要なことだと私は思いますので、ぜひ前向きに検討していただきたいと思います。

  もう一問質問いたします。先日広島の土砂災害が発生いたしました。広島の土砂災害では、一部危険な箇所が危険指定区域になっていなくて、そこに民家が建てられた結果、大災害が起きたとも報じられております。今現在毛呂山町は土石流が38か所、急傾斜45か所が指定されており、うち土砂災害特別警戒区域に関しましては、土石流に対して28か所、急傾斜に対しては43か所とされておるようですが、これはどのような基準で指定されているのか、まずお聞きいたします。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 再質問にお答えいたします。

  土砂災害警戒区域及び特別警戒区域につきましては、埼玉県が渓流や斜面及びその下流など、土砂災害により被害を受けるおそれのある区域の地形や土地利用状況等について基礎調査し、土砂災害のおそれのある区域等を指定するものでございます。この基礎調査方法でございますが、まず埼玉県が基盤図及び地理情報システム等を活用しまして土砂災害のおそれのある土地等の区域図を作成し、現地調査を実施いたします。この現地調査につきましては、急傾斜地では傾斜度30度以上、かつ高さ5メーター以上の斜面について、その正確な位置や範囲、傾斜度、高さ、周辺の地形状況、対策施設の状況などを調査いたします。また、土石流の発生するおそれのある渓流につきましては、谷底にたまった土砂の状況、あるいは谷出口付近から下流側の詳細な地形状況、対策施設の状況などを調査いたします。これらの基礎調査実施後、住民の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる区域に対しまして、土砂災害警戒区域及び特別警戒区域に指定することができることとなっております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 県の調査ということですよね。それは、県の調査というのはそうなのですけれども、ただ、いざ、実際この毛呂山町も災害が発生したときに、災害したら県の責任だというわけにもいかないと思うのですよ。当然町も責任は問われると思いますので、いろいろな土地の関係だったりとか、難しい問題もあるとは思いますけれども、その辺はよく地元の住民の方々と話をしていただいて、もしもう一回調査をしていただきたいだとか、いろんな要望等がありましたら、逆に町から県のほうに要望を上げていただくような、そういった活動もしっかりとしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  地方再生についてなのですけれども、地方再生の考え方は人口減少問題や……日本創成会議が発表した自治体減少問題というのが大きく絡んでおりますが、そういったことによりまして消費の絶対数が下がったり、また物がそれによって売れなくなって、地方の過疎化がさらに進むというふうな負のスパイラルに陥っていくというふうな図式でありまして、今回消滅すると言われている自治体の中に毛呂山町は入っておりませんが、ただ安堵している状態ではないと思います。2040年に向けて各自治体が生き残りをかけて、それぞれの自治体がそれぞれの自治体に合った策を当然講じてくると思いますので、毛呂山町といたしましても今後の展望はしっかりと考えて進めていかなければいけないと思います。

  ここでちょっと町長に質問いたしますが、今まさに第五次毛呂山町総合振興計画を策定している中、この地方創生に対する予算、こういったものが出たときには、当然先に対応するような考え方をしっかり持って、出たらすぐに予算取りをしてもらいたいと思うのですけれども、この2040年に向けて、再来年ですか、新たな第五次毛呂山町総合振興計画が策定されますが、策定するに当たってのポイントとなるものをお聞かせ願いたくご質問いたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 佐藤議員のご質問にお答えをいたします。

  今第五次総合振興計画の策定中でございます。これについては策定委員さん、議会からも5人の議員さんに入っていただいて、そして多くの有識者が組織するその策定委員会、こういったものでつくっていただいているわけでございます。当然第3次、第4次という、町が進んできたこの指針、こういったものも当然基本的なものがございますし、これからどのようにこの町が伸びていくか、こういったことも非常にこの第五次総合振興計画に盛り込まれるわけでございます。一番は策定委員さん、この策定委員さん、当然役場の各担当も加わっていくわけでありますけれども、この中で進んでいくというふうになっております。

  私としても、今大変動きのある毛呂山町でございますけれども、これをさらに動きのある、こういう町にしていかなければいけない。それから、創成会議で出された消滅可能性都市、こういうお話、これについてはしっかりといろんな部署で検討していきながら、それに対応していくと。特に女性の考え方、これは子供をお産みになるのは女性でございますので、この女性のセクションでの戦略会議、こういったものも担当のほうに指示をしたところでございます。今まで男性ばかりの戦略会議がございましたけれども、女性で構成する戦略会議、そして男性、女性、その各戦略会議から上がったものをさらに執行部のほうでまたしっかりとこの指針となるような考え方、こういったものも進めていきたいというふうに思っております。第五次総合振興計画の関係につきましては、策定委員さんにしっかりとお願いをするということでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 本当に2040年問題というのは相当な危機感を持って今後町政運営を行っていかなければいけないと思います。その中でもやはり基本となる第五次毛呂山町総合振興計画、こちらのほうは、先ほども言ったように、到底届かない目標ではなくて、将来をしっかりと見据えて、頑張れば手が届くような、そういったような目標を策定していただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

  次に、空き家問題について質問いたします。現在毛呂山町の空き家の件数、それとその中で直ちに対処しなければいけない、危険と思われる空き家の件数は何件あるのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 再質問にお答え申し上げます。

  空き家等の適正管理に関する条例につきましては、管理不全な空き家が放置されることを防止するものですので、町内全域の空き家全般の件数につきましては現在のところ把握してございません。

  なお、地域の方からの相談ですとかで、建物の一部破損や草木の繁茂によりまして所有者に通知など申し上げて、随時対応はさせていただいているところでございます。

  そういった管理不全な空き家の中でも、特に倒壊して周囲に及ぶ危険があるなど直ちに対処が必要と思われる空き家は、今のところございません。

  以上です。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) もう一問ご質問いたします。

  高齢化に伴い、痴呆症等所有者本人が処分の判断ができない方もふえていると聞いておりますが、このような場合の対策というのはどのように考えているのかお伺いいたします。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 ご質問にお答えします。

  高齢者ですとかの独居世帯の方が施設に入所された場合などの例がございますけれども、身内の方がわかればご連絡をとらせていただいて、空き家の管理をお願いしております。しかしながら、所有者本人に判断能力がない場合などは不動産の売却までの処分はできませんので、そういった場合には成年後見人制度の利用もあろうかとは思いますが、なかなか難しい問題だと感じております。

  以上です。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 確かに難しい問題だと思います、私も。ただ、難しい問題といっても、実際現実にそういった空き家というのが今毛呂山町にあるのですよ。先ほどの危険な空き家がないという答弁でしたが、本当にそういう認識をしていらっしゃるのですか。空き家の件数とかの調査とか、また今回、僕が住んでいる第一団地でも空き家の状況を町の方と協力をしていただきながら確認をしました。また、各自治会でやっている廃品回収の手伝いもしてぐるぐる回っている中で、実際危険な空き家って僕は見ているのです。6月くらいでしたか、大風が吹いたときに実際屋根が飛んでしまったという、非常に危険だったという空き家もありますし、そういった中で、第一団地だけではなく、第二団地でもそうですし、また学園台なんかでも、その他の地域でもそういった危険な空き家というのは僕は見たことがあるのですけれども、どうなのでしょうか、その辺って本当にないと言い切れるのですか。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。

                 〔古野秀喜生活環境課長登壇〕



◎古野秀喜生活環境課長 ご質問にお答えします。

  佐藤議員から今伺いました第一団地の空き家の関係でございますが、そちらの風で屋根が飛びそうだという物件につきましては、私も何度か現地を見に行きまして、確かに危険だということで、その前からの助言ですとか、所有者のご家族の方でしたけれども、接触はしてまいりまして、春の風で実際に屋根のトタンが飛んでしまったという緊急性がございました。そうなる前に、いよいよ条例上の指導を行わなくてはいけないかなというふうに考えたやさきでしたので、とにもかくにも所有者の方と接触しまして、近所の方とも連携させていただいて、直ちに応急処置をすることができました。ですので、緊急な対策が必要な空き家がないと申し上げましたけれども、そういった手続に至らないで済んだというふうに解釈いただければありがたいと存じます。

  そのお宅につきましては、飛びそうな瓦屋根のトタンは応急処置で剥がしまして、建物のほうも取り壊し、売却の意向だというふうに聞いておりますので、現在のところこちらでは接触はその後はしておりません。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) そう、あったのですよね、危険な空き家って。まだその危険な空き家等は調べていないという答弁だったのですけれども、実際そういった危険な空き家等がある中で、調べられない原因というのは何かあるのですか。例えば、職員数が絶対的に少なくて、なおかつ少数精鋭でやっているために、1人当たりの仕事量がふえてしまって、なかなかそこまでできないよとか、何か本当の原因があると、国がこれだけ一生懸命というか、重要だと言っている政策の中で今までの対応だとすると、何か原因があると思うのですけれども、課長として正直なところ、そこは何が原因だと思いますか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 古野生活環境課長。



◎古野秀喜生活環境課長 お答え申し上げます。

  危険な空き家の把握ができていないのではないかというご質問だと思いますが、条例を制定する以前にも、全域ではございませんが、職員で調査して、確認した区域がございます。それと、その後に、条例制定後、地域の方からご連絡いただいて、さらに情報を追加した部分はございますけれども、そういった蓄積していく中で、地区の方から相談いただくのは、主には建物の一部が剥がれそうだとか、あるいは草が伸びている、木が、枝が茂っているというようなことが多いわけでございますけれども、実際に建物が倒壊して、隣の建物に被害が及ぶとか、そこまで危険な状態というのは今のところ捉えてはございません。しかしながら、ただ放置すれば、いずれそういう結果になるのではないかというふうに危機感は持っておりますので、職員もなかなか時間を割くのは大変ではございますが、限られた時間の中ではございますが、順次その辺は調査してまいりたいと、こんなふうに考えております。よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) ここでちょっと町長に答弁を求めようかなと思ったのですけれども、時間がないので、済みません。実際、先ほども言った第一団地の空き家の状況、空き家の合計で49件で、うち危険と思われる空き家というのが20件あるのですよね。当然ほかの地区も同様だと思うのです。先ほども言ったように、国も重要視している政策なので、これからの政策だと思いますので、これは現場である地方自治体がやはり優先的にいろいろな策を講じて、率先して対処していかないといけないと思いますので、その辺はぜひとも前向きに業務を遂行できるように。進まない原因は何なのかというのをきちんと原因を追及して、究明して対応していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  企業誘致についての再質問をさせていただきます。現在の企業というものは、長期計画に基づいて、その中で短期計画という予算で、今移転とか新築など、それに伴う出店をいろいろな企業、各企業は考えていると思います。今後10年先にできる造成地区を見据えて、企業が果たして来るのかどうかというところは非常に疑問視されると思います。ほかの地域を見ても、造成が終わって、整備がきちんと整ってから、ぜひ各企業に来てくださいというアナウンスをしているところもたくさんあるのが現状であります。入西のスマートインター付近でも、皆さんご承知のとおり、新たに工業用地も用意されるということですけれども、そういった中で今後取り組みとして、南部地区の取り組みをどのように考えておられるのでしょうか、ご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  南部地区についてのことでございますが、県内で平成25年度における工業団地につきましては、既設が63か所、計画造成中のところが10か所ございます。こういった状況において南部地区についてでございますが、この土地につきましては民地でございまして、売却あるいは賃貸を目的としております。こういった指定区域におきましても、町のこういった状況でございますので、町の財源を投入することは大変難しいと存じます。さらに、現在の町の厳しい財政状況からは、町の財源によって造成をするということもなかなか難しい状況でございます。よって、民間の活力を利用する以外に選択肢はないと考えております。

  町といたしましては、進出を希望される企業に対しまして詳細な丁寧な情報提供を行いまして、進出していただけるように理解を深めてまいりたいと、そのように考えております。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 民間に期待するということですよね。今回もよくいろいろな答弁の中で、町の活性化のためには企業誘致が必要だと、重要だと答弁していますけれども、今の考え方、今の進め方で重要だと思われる企業誘致って、誘致ができると思いますか。僕は到底、今の考え、企業任せで企業誘致を願っている。それが町の重要な施策だと言ったって、企業誘致ってなかなか難しいと思うのですよね。今東部エリアのほうではほぼ進んでいるとご答弁ありましたけれども、やはり東部地区と南部地区がある程度決まらなければ、次の誘致ってできないわけですよね。そういった中で、この対応の仕方というのはもう一度よく考えて、重要なのであれば、重要な考えに沿って計画なり進めていただければと思います。

  もう一問質問いたします。東部地区は、話によりますと、12メーターの拡幅工事に対する設計が定まっていなかったため、実際何社か訪ねられてきたのですけれども、進出を見送ったと聞いております。測量の実施設計業務も、そもそも東部地区の企業誘致のためには初めからやらなければいけない、必要不可欠なものだったと思うのですけれども、なぜその必要不可欠だったものが、今になって補正予算として12メーター道路の設計業務というのが、委託料というのが上がってきたのかご質問いたします。



○宮寺征二議長 粟生田企画財政課長。

                 〔粟生田義行企画財政課長登壇〕



◎粟生田義行企画財政課長 再質問にお答え申し上げます。

  この町道7号線の拡幅についてでございますが、町道7号路線につきましては、12メートルの拡幅整備は関越物産のところまで計画したいという考えはございました。しかしながら、当時は前の所有者が破産状態にございまして、拡幅しようにも、用地交渉等もできないような状況でございました。その後所有者が移りまして、拡幅用地の交渉もできるような状況になりましたので、企業誘致を推進する上でも関越物産までの拡幅整備のための計画をここで行いまして、道路等の境界、また企業用地の面積等も算出するにも可能となりますので、進めていきたいということでございますので、ご理解いただきたいと存じます。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 本当、ぜひとも、もう待ったなしの状態だと思いますので、一日も早く企業が誘致されるように進めていってもらえればと思います。

  今回の一般質問の中でも、先ほども言ったように、今後の町政運営に対しては、企業誘致だったりとか、また観光対策が町の発展には重要だという答弁が何回もありました。本当に重要だというのであれば、今までと変わった角度から攻めるだとか、もっともっと大胆な行動というのもあると思うのですね。言葉だけ重要だ、重要だと訴えていっても、やはり動かなければ何も進まないと思うのですけれども、その辺の本気度というところに関して町長のご意見をお聞かせ願いたくご質問いたします。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  東部エリアにしても南部エリアにしても非常に動いている、これについては議員各位もご承知のとおりだと思います。先ほど測量の関係等の予算について、いわゆる関係については、やはり今の事業者、この事業者とのタイミングというものがございまして、その関係での今の補正でございます。

  今、本気度というふうなお話がございました。本気で一生懸命やっているところでございます。また、これには議会の絶大なるご協力、こういったものがなければ動きのある町政はできないわけでございまして、ぜひ議会の皆様と車の両輪として頑張ってまいりたいということでございます。よろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 佐藤秀樹議員。



◆2番(佐藤秀樹議員) 本気度、別に本気で取り組んでいないと言っているわけではなくて、当然皆さん日々の業務の中で一生懸命やられているとは思うのですけれども、やはりその中でも本当に危機感というものがひしひしと迫っているわけですよね。どうやったら本当に一丸となって動けるのか。またどうやったら目標が早期に達成できるのか、そういったことを十分考え、もう一度よく考えていただいて、もう本当、責任を移譲するのだったら丸ごと責任を移譲するだとか、やはり得意分野というようなもの、各担当課にあると思いますので、その辺はよく、最高の力を発揮できるような組織運営のほうをお願いしたいと思います。

  今回は毛呂山町の将来像についての一般質問をさせていただきました。私が思う毛呂山町の将来像というものの一つとして、高齢者対策として平地に、これは私の考えです、温浴施設をつくって、そこに老人福祉センターを隣接して、その周辺にグラウンドゴルフやペタンク、ゲートボール、そういったものが競技ができるスペースを設けた施設を新たにつくることが町の将来像の一つと私は考えます。温泉に入りたい人だったりとかスポーツをしたい人、またカラオケや踊りを行いたい人、それぞれが集まって自分のやりたいことができる。そして、コミュニティの場としても十二分に活用ができて、なおかつ見守りにもつながります。1つのところに集まれば、また電気料の削減だったりとか、そういったものにもつながりますし、さらにはそこで働く人の雇用というのも発生します。また、そこで地場産の野菜などを販売していただければ、当然6次産業にもつながっていきますし、そしてその仕組みは高齢者のみならず若者たちの将来像においても、将来そのような施設があれば、医療機関もすぐ近くにありますし、安心して暮らせるモデル地域として認識され、結果として定住や移住の促進効果にもつながっていくと僕は思います。

  また、温浴施設の燃料に関しては、今回の一般質問でよく出てきました里山資本主義に基づいて、例えばペレットボイラーなどを使用した、そういった政策にもつながっていくであろうし、またペレットの政策に対して、そこに企業を設ければ、さらにそこに雇用が発生すると思います。土地の問題というのはあるのですけれども、それはこれから調査研究するといたしまして、町と企業が協働してそういった事業展開を図る、そういったことがまちづくりの考え方の一つでもあろうかなと思います。中心市街地再生という国の政策もあるように、ばらばらな施設を1点に集中させて、みんなが安心して暮らせるまちづくり、そういったものができれば僕はいいのかなと思っております。

  そして、できればその近くにまたさらに老人ホームだったりとか介護施設、そういったものができれば、それが一つのコンパクトシティー化にもつながっていきますし、安心、安全なまちづくりという部分では完成形になるのではないのかなと思います。

  特産物に関しても、今、柚子、毛呂山町の特産物と言っていますけれども、今、後継者不足でかなり悩んでいるようです。後継者がいないというのであれば、そこに業務を縮小していくのではなくて、そういった起業化するだとか、そういったものを考えていけば、またそこにも雇用が発生しますし、特産物もさらに拡大、拡充していくと思います。商店街についても同じ考えだと思います。そのため、いろいろなことの環境整備に対して、その環境整備というのは何をすればいいのか、何をすればそういった思いが果たせるのか、その達成、あるべき姿に対してドリルダウンをして、そこに対して事業計画なり計画をつくっていくと。皆さん当然わかっていると思いますけれども、もう一度原点を振り返っていただき、今後の20年、50年を見据えたしっかりとした総合計画をつくっていただきたいと思います。それが今後私たちのつくらなければいけない毛呂山町のあるべき姿だと思います。

  また、同時に、今回陳情として上がってもきましたけれども、当然議員がやらなければいけないということもあると思います。町の要望にもあった同日選挙に関しましては、これは最終的には議員の判断で議員がやらなければならないことだと思いますし、またそのほか町民にお願いをしなければいけないことだったりとか……



○宮寺征二議長 この際、午後1時15分まで休憩します。

                                      (午前11時45分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時15分)

                                              

         ◇ 堀 江 快 治 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  堀江快治議員。

                 〔14番 堀江快治議員登壇〕



◆14番(堀江快治議員) ただいま議長のお許しをいただきましたので、町政に対する一般質問を行います。今回の質問は、1つ大きく町政運営についてということですけれども、幾つか分けたほうがその趣旨等がおわかりになると思いますので、一応分けてみました。要旨についてご質問いたしますので、順次明快なご答弁をいただきたいと思います。

  まず、第1点目の質問を行う前に、去る8月20日の豪雨によって、広島地方を中心として大勢の方がお亡くなりになり、今まだ2人のご不明の方がいるということに対して心からお見舞いと、一日も早い発見をお祈りするところであります。そしてまた、被災された皆さんが元気で一日も早い復興ができますことを心からお祈りしておきたいと思います。

  まず、町政運営でございますけれども、井上町政3年数か月、全体の奉仕者としてあらゆる角度から均衡のとれた町の発展に尽力すべき立場ではありますけれども、今もってブログを利用した自己の行動表現の正当化は民主主義の育成に対し、規範、根幹において極めて厳しい現状ではないかと私は考えております。理事者側と議会は言うまでもなく一歩離れて、二歩離れない有機的な相まみえる関係にあるわけであります。そうした中で町の発展は、議論がいかに高まっても、最終的には市民の皆さんも含めたところの温かい力をいただいて発展しなければ、この町は到底前に進むことはできないはずであります。私も過去に学生時代習った政治的な分野で、長い伝統を誇るイギリス民主主義、今もって議論伯仲ですけれども、ヨーロッパの中核として厳然としてその指導力を発揮しているイギリスの詩人の中にロバート・リンドという人がおりましたけれども、ロバート・リンドは、このイギリス政治の中心としての現況を、言いかえればインディフェンス・オブ・ピンクと。ピンクという色でこのイギリスの政治というものを世界の皆さんに発信しておりました。私は、みずからの基本に基づく考察をいたしまして、現状における町政の運営について去る6月定例会において質問いたしましたが、十分検討ができなかった部分もあるので、申しわけございませんけれども、もう一度引き続きこの質問、今回の質問で何点か加えさせていただいた上で、執行部の皆さんに、特に町長にご質問をしたいと思います。

  まず、第1点目ですけれども、この質問については既に内容を示しておいた点でありますので、率直にお伺いをしておきたいと思います。平成15年に毛呂山町議会は、始まって以来百条委員会が設置されました。このことに関し、10年という経過と、町長自身、町議から町長へと立場が変わったにもかからず、25年6月の内容は極めて不可思議な点があり、この点について明快なご答弁をお伺いしたいと思います。

  2点目でございますけれども、既にお配りしてある質問要旨ではございますけれども、とりわけこの問題についてもブログを中心とした質問でございますので、かいつまんで朗読をさせていただきますと、2014年2月12日でございますけれども、「ときがわ町の町長選挙が告示され、昨日は現職の関口町長からご案内を戴いていることもあり午前10時からの出陣式に出席する。国会議員、県会議員、そして近隣の市町村長、近隣の議会議長が来賓として訪れた」そうです。「ときがわ町では町長と議会議員の選挙が同一選挙ということもあり、立候補の届出をした議会議員候補者が8名も遊説の時間を割いて」関口町長の応援のために参列をしていたと。首長と議会議員の同一選挙は坂戸市も行っているが、県内では10市町村以上あろうか。「昨日、ときがわ町長の出陣式では、一般の有権者が大変多く集まっていたが、首長選挙を応援する場に議員が集まることは、町の首長とそれを支える議会議員の立場をはっきりさせるものであり「議会は合議体」という関係を示すことにもなる。すなわち有権者においては、応援に来ている議員候補者と町長とで形成する議会の形が見えるものであり、当然そういう安定した町議会が構築されれば、町の方向性・・つまりベクトルが決まる関係から町議会議員選挙においても投票する候補者が決まってくるものだ」と、こういうふうに述べております。

  さらに、それをかいつまんだメリットとすれば、1番、大きな財政効果が期待でき、約1,000万と書いてある。2番目に、人によっては騒がしいと言われる選挙運動を一どきにすることができる。3番目、投票行為が促され、投票率が上がる。4番目、合議体と言われる議会を整えることができる。5番目、合議体とともに、二元代表制の民主主義の仕組みを整えることができる。このことが町長のブログに書いてあることで、私はこの2点目の質問といたしまして、合議体というのはもともと議会の形でありますから、この形が、町長と議員の選挙を一緒にすることによって、基本的にでき上がっている形を町長はどういうふうに変えようとしているのか。そしてまた、その決まっている議会の合議体というものが何ゆえに現在進められている二元代表制のさらなる進行に寄与するか、こういう問題について私は明快なご答弁をいただきたいと思います。

  3番目、平成26年6月13日のブログの内容について。健康マイレージの導入を進めるべきとの同僚議員の質問に際し担当課長の答弁に対する見解及び指摘内容は、政策決定最高責任者として余りにも不適切であると思い、ご見解をお伺いしたいと思います。これについては、やはり同じようにブログに掲載してありますので、かいつまんでお話ししますと、「議会答弁の「検討」とは、いい逃げ口上だが・・良くとれば「臨機応変に対応」」という言葉である。「では、臨機応変はどんな意味かといえば・・状況に応じた行動をとること。場合によって、その対応を考えること。「臨機」は事態にのぞむこと。「応変」は変化に応じる」こと。極めていいことですね。「すなわち、「あの答弁の時は難しかったが、色々と調べてみたらできそうだ」という段階への変化は問題なく、更に「もっと調べてみたら、是非取り入れる施策だ」という変化も、まったく問題ない」。この点について、私も問題はないと思います。

  しかし、今回の一般質問の中でも若干違和感がありましたけれども、「ここで、今の担当課長の話しでは」、担当課長に町長は問い合わせたのでしょう。現況この健康マイレージがすばらしい制度といっても、今回の一般質問でもお話があったように、大変金額的にも財政的にも、いろんな面で検討しなければ、安定した健康マイレージの政策は進めないということを担当課長もお話ししておりますけれども、「担当課長の話しでは「財源を出すところが決めかねない」であり・・それに対し「それは、縦割り行政の言い分だよ。町民皆さまにはそんなことは関係ない。どうやって平等に町施策を提供できるかだよ。よく調べてくれ」」、こう言ったのでしょうね。

  私が今回質問した内容は、町長は政策責任者であり、発信の第一任者、町の政策の前線に立つ方です。その中であなたの優秀な部下といろんな討議を重ねたことを、あたかも自分のマイレージ導入の戦闘的な姿勢を見せんがために、このように率直なるご課長の発言をブログの中で並列して掲載することに対して、話は極めて違和感を持っております。今まで私も6人、5人、大勢の町長に仕えてまいりましたが、こういう状態というのは初めてでございますので、よき経験からしても明確なご答弁をいただきたいと思います。

  さらに、4番目ですけれども、これはもう皆さんご承知のとおり、過日何かわからない事態を起こして、テレビで泣き崩れて、号泣した県議を題材にしておりますけれども、「兵庫県の県議会議員の号泣会見からだいぶ時間が経過したが、あれ以来、日本中で「議員の資質」が疑われている。ここでも書き込んだが・・・そもそも、その議員を選んだのは有権者であり、そういう議員の資質を見抜けなかったところに今回の「政務調査費の不正請求」という事件の発端がある。選挙において立候補者は、自身が出すリーフレットは当選したいがために「いいことばかり」の政策を並べたがるが・・・その政策が「果たしてそれがどういうものか」ということを「まずは、しっかりと考える」それが大切なんだと。つまり、その政策について・・実現可能なのか、財源はどうするのか、いつからできるのか、いつまでやるのか、それをやればどうなるのか、将来展望は見えているのかな・・・」と、こういうふうなことでございますので、私は、やはり私自身選挙を受けさせていただく被選挙人でございまして、このことについても十分理解できるところはありますけれども、果たしてこうした号泣した、私も何たることかとは思いましたけれども、ああした県議会議員が出るということは、果たして市民のサイドにどうその責任を転嫁するのか、私は極めて現況においては不可解でございますので、この点についてあわせてご質問をしておきたいと思います。

  以上4点にわたって質問させていただきました。明快なご答弁をお願いしたいと思います。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 堀江議員のご質問にお答えをいたします。本日は傍聴者の方々も大変多いわけでございますので。

  あのブログというのは、公開日記というものでございます。私のホームページ上に「私の視点」という欄がございますけれども、そこに、日々感じること、こういったものを書いております。政治のこともありますし、時には農業関係のこともあるし、あるいは町政のこともございます。そういったものを私なりに書いているものでございます。今まで私のブログについて批判的なものというのはまずございません。町民の方、あるいは相当多くの方が見ていただいておりますけれども、私のホームページに対しまして返信というか、書き込んでくる方というのは、批判的な方はまずおりません。そのことをご了解いただきたいと思います。

  ご答弁をさせていただきます。最初に1点目、平成25年6月11日の私のブログの内容についてでございますが、本年6月の定例会におきまして議員のご質問にお答えをいたしましたとおり、地方自治法第100条に基づいた特別委員会が設置される議決に対し、当時議員であった私は熟慮の中で反対という表決をさせていただきました。基本的には、私のブログでそのことを記載させていただいたものでございます。

  この反対という表決につきましては、さきの議会でも述べさせていただいたとおり、町民の皆様に与えるであろう影響を私なりに熟慮した結果でございます。また、ブログへの掲載は、一議員としての表決に対する私なりの考えを記述させていただいたものでございます。ブログというものは本来個人の意見を自由に述べることができる場でありますが、記載する際には個人情報や他人に対しての損害を与えることのないよう十分に配慮をして書かせていただいておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  次に、2点目、平成26年2月13日の私のブログにおける同一選挙を行う上でのメリットのうち、「合議体と言われる議会で整えることができる」との内容につきましてお答えいたします。議会は、複数の構成員の合議によってその意志を決定する合議体でございます。同一選挙を実施することで、町と議会の関係を有権者の皆様にわかりやすくお示しができるものだと私は考えております。合議は、さまざまな議論を積み重ねた上で決定される意思でございます。例えば、町の政策に対し賛否あるのは当然のことでございますが、同一選挙を行えば、町の首長とそれを支える議会議員の立場をはっきりと有権者である町民の皆さんにお示しすることができるものであると私は考えております。

  続きまして、「合議体と共に二元代表制の民主主義の仕組みを整える」との内容につきましてお答えいたします。よく首長、「首長」というのは町長、市長、首長と議会議員は車の両輪に例えられ、そのどちらが欠けても地方公共団体は成り立たず、どちらか一方が大きくなり過ぎたり小さくなり過ぎたりしても、地方公共団体に与える影響は少なくありません。首長及び議会の議員はその地方公共団体の住民が直接選挙することになっており、どちらも住民の代表であります。首長と議会は相互に議論を交わし、協力をしながら地方自治体をよりよい方向へと進めていくものだと考えております。先ほども述べましたが、同一選挙を行うことは、首長と議会議員の立場をはっきりと町民の皆さんにお示しすることができるため、有権者である町民の皆様にわかりやすい町政の運営がなされるものと思っております。

  今述べましたとおり、町政の運営は有権者の皆様に選ばれた首長と議会議員の議論のもとに進められていくものでございますから、私の考え方は議会制民主主義を進める社会情勢とは反しているものではないと考えておりますので、ご理解を賜れればと思います。

  次に、3点目、平成26年6月13日の私のブログにおける健康マイレージに関するご質問にお答えいたします。私はかねてから、健康マイレージの成果は必ずあるものだと考えております。私のブログの内容は、平成25年9月議会で千葉議員から健康マイレージ事業についてのご質問をいただき、検討するとお答えさせていただいた関係から、近隣の状況を含め、記載したものでございます。町民の皆様から選ばれて首長になった者として、事務の進捗状況を逐次確認することは首長の責務であると考えております。特に町民の皆様にとってよいと思う政策に対してであれば、なおさらでございます。事業を執行する上ではさまざまな問題が発生いたしますので、それらの問題点を担当職員と話し合い、実現に向けて鋭意努力しなければなりません。そのような考えから健康マイレージ事業のその状況と私の考えを記載したものでございますので、ご理解を賜りたいと思います。

  最後に4点目、平成26年8月10日の私のブログに対するご質問にお答えいたします。私のブログの内容でございますので、個人の意見ではございますが、有権者の皆様には候補者の資質を見抜く目を持ってもらいたいと思っております。選挙が近づきますと、候補者はご自身の政策を記したリーフレットをお出しになりますが、有権者はその内容をよくお読みになって、実現可能な政策か、財源はどうするのか、いつからできるのか、将来展望はどうなるのかなど、よく考えてほしいと思っております。しかしながら、このことは、ご指摘にあったように、議員の資質を問うことを有権者の皆様のみの責任としているのではございません。私は、候補者と有権者、選ぶ側と選ばれる側の双方にあると考えております。候補者は自分で示した政策に責任を持たなければなりませんし、有権者はその立候補者にそれだけの資質があるかどうかをしっかりと見きわめてほしいと思います。候補者と有権者の双方が真剣に地域のことを考えることにより、さらに住みよい町が築けるものと確信をいたしております。よって、平成26年8月10日の私のブログでは、有権者に責任を依拠しているものではございませんので、ご理解を賜りたいと思います。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 再質問に入る前に確認をしておきたいのですけれども、この答弁書でもそうでございますけれども、過日同僚の方から、何人かから大変ご心配をいただいたやはり記述がございました。町長は、このブログに対しては、あくまでも個人的な私見だということを述べておりますけれども、私も全部を拝見したわけではないですけれども、かなりポイントでは拝見させていただいた中で、おおむね町長という権限でなければ述べることもできない、知り得ることもできないものがこのブログには多く載せてあります。そうしたことからすると、私的な見解のものだという前提でお話はできないのではないかという考え方を私は思っているのですけれども、その点についてはどうなのでしょうか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 ご質問にお答えいたします。

  私は結構朝早いです。起きるのは、大体2時か3時に起きています。そしてまず調べるのは、その日の出来事をネット上で調べます。当然新聞も読みます。そして、そのことがどうなのかということを、あらゆるネットのその記事について書かれているところを5つ、6つと読みます。そういうことで書いておりますので、私が知り得るというお話は大概新聞ないしネット上の中で調べたものを書き込んでおりますので、例えば町のことで私しか知り得ないものを出すということは一切今までないというふうに私は思っております。ですから、今堀江議員がご指摘いただいたことは、多分そういうふうに私が調べた中での出している、書き込んでいる、そういう内容だと思っておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) これは私の近隣でお聞きした話ですけれども、やはり近隣の首長になられる方、なられた方、なられる前に個人ブログを発信していた方も知り得る範囲で何名かございましたけれども、やはりブログにおける発信というのは極めて、今町長がおっしゃったような次元でなく、極めて町長あるいは市長、あるいは村長が、その政策的なものもその中に入ってくるという総合的な観点からすれば、やはり町民との信頼関係、対話の必要性、そしてまた議会の議員との関係、はたまた町長の政策集団である理事者の皆さんの反映とするならば、こうしたものについては若干問題が残るので、やめたいという、そしてやめておるという首長の方もおりますけれども、そのようなご意見はお聞きになったことはありますか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 ご質問にお答えをいたします。

  先ほどの中でちょっと言い足りなかったことがございますが、それもつけ足したいと思います。私しか知り得ないというふうなお話がございましたけれども、私はこの議会で話されたこと、いわゆる会議録、会議録というのは、いわゆる議会というのは公開の原則でございますから、皆さんが毛呂山町のホームページから会議録を検索して中を見ることはできますから、その会議録にあること、これは書かせていただいておりますので、これは私しか知り得ないではなくて、皆さんが知り得ることでございますので、この点だけご理解を賜りたいと思います。

  それから、今のご質問でございますけれども、そういうふうに批判というか、ご指摘がなかったかということでございますけれども、そういった指摘は一切ございません。非常に、毎日読ませていただいているという方の声のほうが多いようでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) この是非の問題は、これから地方行政を進めていく上で、地方政治の中でいろいろその判断というのはなされてくることでございますので、時間もありますので、先に進めさせていただきます。

  まず第1点ですけれども、過日の6月定例会で聞くことができなかったのですけれども、町長は、「10年前の6月10日は、私の町政に対する「思い」が「動き」となった「始まりの日」である」云々、あとは本人の文章ですけれども、私とすれば、あの百条委員会を議会の権限として決定して、真相を突き詰めなければならないという機関決定が議会で正式に行われたわけです。その中で行われた百条委員会でございますので、当時議員であった町長は耳元で私のところに、私は110条なら賛成しますと再三僕にも申し上げたけれども、一方においては、行政側が対象の方に、余り深くは申し上げませんけれども、6か月の指定停止をくれてしまっているわけ。6か月の指名停止というのは、一般的に極めて世上では重い罰則なの。その6か月の指名停止を支持するようなことが、実はある特定期間工事なものですから、その中で行われていたはずなのです。そこには当然、今も町長も選任すると思いますけれども、検査員も決めます。こういう1つの行政機構からいって、あの大きな事業が、しかも当時は学校でしたから、子供さんが休みのうちの限っての極めて集中的な中で行われたものに対して、6か月の指名停止をくれるような事業が果たして執行部で事前に認識できなかったのかと。極めて私たちはこれを不思議に思ったわけです。これは思うのが普通でありまして、町民の貴重な財源を有効的、安定的に運用するというそのチェック機能を果たすべき議会が、その事業に対して当然最高の100条というものを選択をするということは、当時としては万やむを得ない。私たちも断腸の思いとはいえ、そうしたことによってこの毛呂山町に起きているそのときの事件を解明できるのだと。あえて言えば、極端に言えば、その考え方の中には、明らかに業者さんだけではなく、官製談合の疑いを我々は持ったからこそ百条委員会を選んだわけです。それに対して町長は確かに110条と言って、ああ、この方はこういう考え方なのだなと当時は私は理解しています。10年たった今日、まして今度は受け身の町長になったときに、このことをあえてブログで表現するということは少し違和感があるのではございませんか。その点いかがですか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  川角中学校と毛呂山中学校のエアコンが同時期に2つの業者で取りつけられた。この取りつけられたときに、川角の地区の電気店は毛呂山の中学校を取りつけるわけだった。毛呂本郷の電気店が川角中学校のエアコンをつけるわけだった。それが結局は、金額の関係は全く変わらない、同じものでございましたけれども、川角の業者さんが川角中学校へつけた、毛呂山の業者さんが毛呂山中学校のエアコンをつけた、こういう事件でございました。

  このとき私は堀江議員さんと同じ委員会でございました。ですから、9月の決算議会のときには必ず現地調査を一緒に行います。そして、堀江議員さんと川角中学校についたエアコンを見に行ったわけでございます。そして、その後の委員会審査、9月議会ですから、決算議会ですから、委員会審査の中で堀江議員さんがお話しになりました。待てよ、今見てきた川角中学校のあのエアコンは三菱の3つのひし形のマークがついていたぞというお話をされました。この契約は、毛呂本郷の会社だから、これは三菱ではないよねというお話でございました。私は確認に行きました。堀江議員が言ったことが本当だったかどうか。そしたら、そこに書いてあるのはひし形のマークではない。MITSUBISHI、ミツビシというローマ字書きですね。ですから、私はそのときに、ああ、この話は堀江議員さんはもう前もって知っていた話だというふうに感じました 

  そして、ずっと、9月のその業者さんが入れかわってしまったというお話、それから12月に100条になったということ、この中に非常に違和感というか、疑念をずっと覚えていました。これは何かおかしいよと。ですから、堀江議員はそれは多分その裏側というか、何か知っているのかなと。そして、私に100条でいくから一緒にやってくれよというお話をしてきました。私は、いいえ、110条だったら賛成しますけれども、刑事事件まで発展するようなこれは問題ではないと思っていますから、110条だったら賛成しますけれども、100条というのはそれだけ重いですよ、新聞にも出ますよ、また行政が大変な目で町民の皆さんから見られますよということ。ですから、そのときには3人の議員さんは退席、いわゆる表決をしなかったし、私は一人でも反対しました。

  そういうふうに、この議会の中で、私はおかしいと思うことが多々あったわけでありまして、そのことで今回自分なりに、もっとしっかりしなければなというふうな思い、こういった思いで書かせていただいたわけであります。

  以上です。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 町長、それは認識が全く違います。認識というよりも、実態を思い出して違ってはいませんか。あれは中学校だけではないのです。小学校4校を含めた特別教室のエアコン設置事業だったのです。それで、A社が中学校費である毛呂中、川中を落札しているのです。片方B社が小学校費の提出したエアコン設置工事を落札しているのです。したがって、町長は今、何か僕が特殊な業者の方を責めているような印象をしていますけれども、そうではなくて、中学校費で落とした業者ではない業者が中学校の工事をなさっていたからこそ、私がそれに対して最大の指摘をしたのです。それで、ちょっと待ってくださいよ、町長、それで委員会に帰ってきて、何なのだろうと僕なりに思って、すぐ4校の小学校、2校の中学校の設置の機種を見たところ、余り言いたくはなかったですけれども、足して2で割ったのです。これが私は、だから7か月という極めて重い指名停止をくれたのです。私はその業者に対して、7か月はそれで一応あったのです。

  そうではなくて、小中学校特別教室エアコン設置工事に中学校費と小学校費の業者が2で割ったその行為をなぜ選んだ検査員が気がつかなかったかな。だから、談合なのではないかと。官製談合だと。そうでしょう。学校が休みの2か月に。聞いたらば、ここに審査経過がありますけれども、その監督員に聞いたら、鍵だけあけて、何が、どこで、誰が、何が起こったか私は一回も見たことがないという、そういう事件だったのです。

  ですから、結果的には注意程度の喚起を促すということで終わりましたけれども、この百条委員会は今後の毛呂山にとって極めて緊張感の持てる、行政の皆さんに参考になる、よくない参考ではございますけれども、そういう一助ができたということで、ここにも同僚でそのときの仲間がまだ残っていますけれども、大いに百条委員会をしたことに対して自負を持っておりますので、このブログに対して極めて不快感を示したというのは、あの町長室に行って私の言動の激しさからいっても当然なわけであります。僕はその審議が違っていたら、今休憩とってお調べください。どうですか。調べてみますか。

                 〔「議長、暫時休憩お願いします」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 この際、暫時休憩します。

                                      (午後 1時58分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時02分)

                                              



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  答弁、井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 大変失礼をいたしました。確かに小中学校のエアコンということで、6校ということでございました。私が現場調査に行ったときは中学校でございましたから、中学校のというふうにお話をしましたけれども、この件については堀江議員のおっしゃるとおりでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 今、町長からそういうご発言をいただきまして、町長も勘違いをしていたのでしょう。その点でおきますけれども、私は、もう一度言っておきますけれども、今後の毛呂山町の町政に、仕事を進めていく上で大変貴重な歴史が残ったと。よいか悪いかは別としてですね。そういう意味では、職員の皆さんの規範になるような百条委員会であったということを自負しているということを改めて認識をいただければ結構でございます。

  では、2点目に移らせていただきますけれども、町長はたびたびブログの中で、4月、8月の町長と町議の選挙を一緒にしろということを申し上げております。申しているね、この中で。そこで、私もいろいろ、その点については十分同僚議員、特に自由民主党の党をいただいておる議員とはお話し合いをさせていただきました。そうした中で、やはりその点について限っては、やはり町民の皆さんもそういう考え方であるし、今回町制60周年ということも含めますと、長い間町民の皆さんからお世話になった議会議員の一人としても、そういうふうなところでお互いにそういうものを大事にしていきたいというコンセンサスの中で、現在私どもの仲間の議員では、今そのことについて何ら異存のない承認を私はいただいております。したがって、あとは皆さん方、他の議員さんもいらっしゃいますので、強要等はするわけにはいきませんけれども、いずれにしても最終的にはコンセンサスを持って、この件についてはそういうふうな考え方で進めたいと思っているのです。

  ただ反面、私は何でここで合議体とか二元代表制とか申したかと。町長は、だって統一選挙をしているのは埼玉県で町村の部では3つですよ。市の部では7つです。あたかも町長選挙と町議選を一緒にしなければ議会の合議体が成り立たないとか、二元代表制の合議体が有効的に活用できないようなことを書きますから、では一緒になっていない町はみんな合議体がばらばらなのか。全然そういったものはなっていないのかということの反論をすることは当然だと思うのですが、この点いかがですか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  1問目の関係につきましては、私が一部忘れていた件もございました。これについては大変申しわけなく思っております。

  今の合議体の関係につきましても、ちょっとその100条に関係するようなことを私が覚えていたので、ちょっとコピーしてきました。そのときの議会の、私は議会だよりの編集委員でしたから、そのときに先輩議員がよくおっしゃっていました。それは、百条委員会というのはすごい強力な調査権限があるのだ。この権限が町民の立場に立って行使されるなら、行政の民主化に大きな役割を果たすのだ。だけれども、逆に特定の者の利害関係から取り上げられた場合は議会制民主主義の破壊にもつながり、慎重さが求められると書いてある。これはその先輩議員がおっしゃっていました。私はこういうことが、いわゆる4月に町長選挙をやって、そして破れて、8月の議会選挙にまた出て、そして個人的な感情、そういったものがこの議会に加わり、そういった現象、これはおかしいよと。合議体というのは、破れたのであれば勝ったほうに町政が、もうそのときに町民にどういうことをやるということは選挙のときに知らされるわけですから、公約として。そしたら、その公約、これは町民に選ばれた公約でございますから、それに対して議員皆さんも、では皆さんが、今度の町長はこれをやりたいと言っているのだったら、ではさせようよということ、これを進めていかなければいけないと思うのですね。これが合議体の一つの考え方でございますから、そうでなければ、なかなか前に進まなくなってしまう。これを私は言いたいわけあります。それはいろんな、いわゆる総論賛成、各論反対ということもございますけれども、各論でもいろんなところをチェックしながら、総論が成り立つようにする。これがやはり議会の進むべき道ではないでしょうか。これを言いたいがために、私はそういうふうに思っているわけでございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 私はこの点について最初にお話ししておくのは、冒頭申したとおり、60周年、選挙のずれがあるから、町民の皆さんの中にそういう声があるとすれば、いつの日か町民の皆さんのそうした考え方も十分認識してやるべきだということは私はわかっている。ただ、町長は、それをやることが、何か今お話ししたように、特定議員が選挙を受けて、落ちたらまた出るとかいうことを今もおっしゃいましたけれども、私どもについては、そういうことについては一切私自身は考えておりません。私も敗れた一人でありますけれども、引退しようとして4年間身を引かせていただきましたけれども、その後多くの町民の皆さんから、まだおまえも若いから少し働けよというお声をいただいて、こうして議員にならせていただいた一人でありますけれども、そういうことでない方もいることも事実です。しかし、町長、これは法的に我々がどうするということではございません。また、合議体から1人抜けたからといって、議会の合議体がどう変わるものでもございません。

  私が町長に疑念を持つのは、そうしたことによって、まさに冒頭申したとおり、町長選挙に誰が町長の街頭演説のスタートラインにいたかということが、俺のところにはこれだけの議員がいたよとか、そういう支持行為を考えた上の合議体というふうに感じますので、その点については極めて私は不満であります。不信であります。そういう考え方はございませんか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  私も町長選挙を行って、そしていわゆる有権者の多くの方々に支持をされて、町長を今させていただいております。このとき私の後ろに立ってくれた議員はいらっしゃいません。そういう中で戦ってきたわけでございます。後ろに立つ議員さんがどうのこうのというのではなくて、私が言いたいのは、町長を支持するよという議員さん、こういった議員さんの考え方、こういうことについてお話をしたわけであって、町長のほうから、私のほうから、何人ついたからどうのというふうなことを話をしているわけではない。これはご理解をいただきたいと思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) この合議体と二元代表制は、今の地方議会の中ではいろいろ分権に伴って議論伯仲のところであります。この中に、現行地方自治制度における首長と議会の二元代表制の概要ということで、公共経営研究家の金子ゆかりさんという方が平成16年5月16日に文書を出しておりますけれども、簡単に言うと、議会は首長と対峙する責任として、また代表者間の合意を形成する場の責任として、従来のあり方を変革し、その本来の機能を十分に発揮できるように努力すべきである。議会が執行部依存型から脱皮するためには、条例など立法への取り組みに始まり、審議方法の改革や事務局の充実など人事や予算を伴う改革も必要になる。詳細についてはさらなる検討を要するが、議員自身の発想も時代の変化に合わせて根本から改革を改める必要があるし、そうしたことが二元代表制の改革の鍵を握っているということなのです。要するに、町長、合議体であり、二元代表制という、合議体との関係は、1人抜けようと2人抜けようと、そういうことには関係ないのです。合議体というものはそもそも決まった組織の中であるわけですから、その中で議論が行われるのです。1人抜けたから、その合議体がごちゃごちゃになって、見境のつかない、目先のない、路頭に迷うような組織ではない。したがって、町長は、私は冒頭申したとおり、こうした言葉を駆使して4月と8月の選挙を一緒にするということがどうも町長の近未来の政治課題ではないかというふうに誤解をしたかもしれません。私ばかりでなく、ほかの方もそう思ったかもしれませんけれども、そういうことがどういうことだか、そういうことについての考え方を改めてお伺いしておきましょう。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 再質問にお答えをいたします。

  冒頭堀江議員さんが、町民の方々から出ている話というふうに、この町長選挙と町議選挙は一緒にするべきだよというのは町民皆さんから出ているお話というふうにもおっしゃているとおり、私もそういうふうに思っているわけです。ですから、私は町の、町民の代表としてここで町の執行権を持って行っておりますけれども、そういう形ができれば、ぜひ町長選挙と町議選挙は一緒にしていきたいというふうに思うわけであります。ただ、これは議員もご承知のとおり、町長も町会議員の皆さんも町民の皆さんの投票行為によって選ばれているわけでありますから、最終的には町民の皆さんの投票行為によって、いわゆる解散、こういう形が一番の理想というか、それが筋なわけですね。このことをちゃんと町民の皆さんに知らせなければ私はいけないと思うのですね。その辺は堀江議員もご理解をいただきたいと。そういう声がなければ解散できないよということもお話をするべきではないかというふうに思います。

  以上です。



○宮寺征二議長 堀江快治議員。



◆14番(堀江快治議員) 時間も迫ってまいりましたので、3番、4番についてはかいつまんで私のほうからお話しします。

  3番については、町長の答えもありましたけれども、私は、町長、やはり最近町長はどうも、うわさによりますけれども、トップダウン的な町政が多いということもお聞きになるのですけれども、まさかそんなことはないとは思いますけれども、このことを見て、やはり一課長の言明をみずからの考え方と大義したような文章はお載せにならないほうが賢明だと思います。そう思います。

  また、4番目の選挙民の意識の問題ですけれども、これはキツネかタヌキという昔話ではないですけれども、だます方よりだまされるほうということのよく格言がありますけれども、市民の皆さんは皆善良な方であります。したがって、歩が悪くても、これは立候補する被選挙民のほうに極めて重大な責任があるし、そうしたものをやはりこれからも選挙に出る者については根底的にお持ちになり、やっていく必要があると思うのですけれども、これについては答弁は要らないと思います。

  終わりに当たりまして、きょうの質問の最後ですけれども、町長にも1つの格言を私はお話ししたいと思います。ドイツの哲学者ニーチェが、この世に絶対的な真はないのだ、あるとすれば真がないということが絶対的な真だということをニーチェは言っております。政治は理念であり、哲学であります。これからもぜひレベルの高いところでご議論させていただくことを心から期待いたしまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございましたす。



○宮寺征二議長 この際、午後2時35分まで休憩します。

                                      (午後 2時18分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時35分)

                                              

         ◇ 村 田 忠次郎 議員



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  村田忠次郎議員。

                 〔5番 村田忠次郎議員登壇〕



◆5番(村田忠次郎議員) ただいま議長からお許しをいただきました5番、村田忠次郎です。今温かいお言葉をいただきまして、ありがとうございます。圧迫骨折のために大変足が痛くて大変なのですけれども、頑張っております。

  非常にここで、大震災以来、日本国じゅうで安全に対する意識が高まりました。特にことしまた大雨による土砂崩れ等、非常に大きな事故が続きました。毛呂山町も、先ほど同僚議員のお話にもありましたけれども、多くの危険地域、それから土砂崩れの心配されるところもあります。数年前に起きた阿諏訪の土砂崩れ、それから滝ノ入の山が崩れたこと、それから静山荘のほうで土砂が崩れて道路をふさいだこと、いろいろありました。行政の最大の目標は、やはり町民が安心、安全、安心して安全に生活できる町ということだろうと思います。命が失われるようではいけないのであります。それでは行政とは言えないのではないかというふうに思うくらいです。

  山根荘について、非常に私も何年も何年も心配してきました。このことについて、きょうは非常に狭い範囲ですけれども、お尋ねをいたします。

  山根荘は昭和52年に、今は亡き元町長の下田養平氏が、高齢者が憩える施設をつくりたいという強い願いを持って建設した施設です。近隣に先駆けた画期的な施設であり、長年にわたり、毛呂山町高齢者福祉行政の重要拠点としてその役割を果たしてきたこと、これは大変に意義の深いことと思います。

  しかしながら、建設以来37年が経過し、建物等の老朽化が進み、耐震検査の数値から見れば心配なしと聞きますが、実際は一部使用制限をしている建物、部屋もあると聞いております。また、本館、新館と別館、グラウンドとの間には大きな高低差があり、脚力の低い方は、上れても、おりられないので、山根荘を利用しなくなります。私の近所にもそういう方が幾人もいます。足が弱くなると、上りはいいのですけれども、下りは体重がかかって、非常につらいと。あそこの階段で倒れてけがをした人もいる。脳梗塞とは何か、話を聞きましたけれども、それは別として、やはり危険があるということを承知しておかなければならないというふうに思います。雨の日には特に不便が多く、雪の日にはさらに職員が雪掃きをしたり、また水で流したりという努力をしていると聞いております。駐車場も狭くて、自転車や徒歩の方にも行き来が大変とのことです。バスで行くことは便利ですけれども、バスには定員があり、これは来館者人数の制限をしていることと同じであるともとれます。また、浴場も使用不可能となっています。このことも、もとの下田町長が描いた、本当に高齢者が憩える、憩う、そういう場所にふさわしいと言えないと私は思っています。少し足りないところは、これはやっぱり補って、財源は非常に厳しいでしょうけれども、使うことも大事なのだろうというふうに思ってきました。

  先ほども申し上げましたけれども、数年各地で豪雨や土砂崩れによる家屋の倒壊、河川の氾濫等が起きて、多くの人が犠牲になっています。広島県の場合、地滑り危険地域としてわかっていながら、行政は危険地域としての指定をしなかったとか、あるいは避難勧告がおくれた。それから、連絡が十分、ファクスが入ったのを受けていたのにもかかわらず、それを伝えなかったとか、危険地域に住宅を建てることに対して開発許可を出したと言われます。これらは大きな問題だと思います。これらの責任は極めて大きい。そして、毛呂山町内にも危険な地域が多くありますが、早急に調査を必要とすると思います。

  町民が行政に期待するのは、先ほども申し上げましたように、安心、安全な町づくりではないでしょうか。高齢者福祉施設は、安全で利便、それから誰にでも憩える環境で、地域の方々、子供たちとも触れ合える場所に設置すべきと思います。災害が起きて、犠牲者が出てからでは済まないのです。ことしは川角村、毛呂村の合併60周年、いろんな議員さんおっしゃいましたけれども、に当たります。私は、故下田養平氏が抱いておられた願いを継承しながら町の計画に盛り込み、平地への移転を実現していただきたいという願いを持って質問させていただきます。

  高齢者福祉施設の趣旨を踏まえた改善の方向性について伺います。

  1、山根荘は高齢者の憩いの場としてふさわしい施設か伺います。これは、憩うという館内の動きだけではなくて、全体を見た、地理的なこと、そういったものも含めてほしいと思いますが、よろしくお願いいたします。

  2、利用者数の変化や老人クラブ数の減少を聞いております。その理由をどのように考えているのか伺います。また、利用者について前期高齢者が多いのか、後期高齢者が多いのか、これも伺います。

  3、平地に移設することによって、利便性、安全性の向上が図られ、利用者の増加につながると考えるが、いかがでしょうか、伺います。

  以上3点伺います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 村田議員の高齢者福祉施設の趣旨を踏まえた改善の方向性についてのご質問に順次お答え申し上げます。

  ご質問の1点目、山根荘は高齢者の憩いの場としてふさわしい施設かにつきましてお答えいたします。山根荘につきましては、平成25年度実績で年間約1万9,000人強、月平均で約1,600人の利用があり、さまざまな趣味の会やサークル活動が熱心に行われている状況でございます。このため、山根荘は老人福祉センターの設置目的である、高齢者が健康で明るい生活を営むことについて役割を十分に果たしているものと考えられ、高齢者の憩いの場としてふさわしい施設であると認識をしております。

  次に、2点目、利用者数の変化、老人クラブ数の減少等の理由。利用者は前期高齢者が多いのか、後期高齢者が多いのかにつきましてお答えいたします。まず、利用者数の変化、老人クラブ数の減少等の理由について、ここ数年利用者数並びに老人クラブにつきまして減少傾向にあるものと認識しております。減少傾向の理由といたしまして考えられるのは、いわゆる自己実現の多様化や世代間における価値観の相違などさまざまな要因が考えられるところでございます。

  次に、利用者は前期高齢者が多いのか、後期高齢者が多いのかについて、平成23年9月のNPO法人毛呂山町連合寿会アンケート調査結果によれば、回答者782人のうち、60歳から74歳は295人で37.7%、75歳以上が487人で62.3%となっておりまして、後期高齢者が多いという結果が出ております。

  次に、3点目、平地に移設することによって、利便性、安全性の向上が図られ、利用者の増加につながると考えるがにつきましてお答え申し上げます。現老人福祉センターにおける利便性につきましては、送迎バスやもろバスなどの運行により、ある程度補足されているものと考えております。安全性につきましては、耐震診断義務のある本館について平成21年度に耐震診断を実施したところ、耐震補強は必要ないとの診断を受けておりますので、一定の安全は確保されているとの認識でございます。担当課といたしましては、老人福祉センターを平地に移設することにより、利用者のさらなる利便性、安全性の向上が見込まれ、ひいては利用者の増加に寄与するものと考えるところですが、さまざまな視点からの検証が必要となりますので、今後の検討課題とさせていただきたいと存じます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) それでは、再質問をさせていただきます。

  課長の答弁は、先ほど申し上げましたけれども、ソフト面で捉えておられる。私は特に心配するのはハード面ということ。それと、部屋とかそういったものばかりではなくて、あのような地理的な条件のところに置いてあるということについて、どのように考えているのかということをお聞きしたいと思います。

  よろしくお願いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 山根荘につきましては、建築から37年が経過しております。今までに必要に応じて改修工事ですとか新館ですとか別館などの増築を行ってきております。先ほども答弁をしておりますが、平成21年度に施設の耐震診断を実施しておりまして、耐震補強は必要ないというような診断を受けております。お風呂につきましては、利用者の固定化、施設の老朽化等により、使用を停止している状況でございます。経年の使用によりまして、施設自体は老朽化しているのは十分認識をしているところではございますけれども、本館のほうに舞台つきで畳敷きの広間を備えておりましたり、新館には畳敷きの広間に映画上映装置を配備いたしまして、日ごろなかなか映画館に出向くことができない高齢者の方にも映画鑑賞の場を設けさせていただいて、非常に好評を得ておるような状況でございます。また、中山間地域の自然豊かな場所に立地していることから、お風呂の使用停止など一部制約はありますけれども、送迎バスの運行などにより、ハード面から見ても高齢者の憩いの場としてふさわしい施設であると考えております。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 毛呂山町は医療と福祉の町ということで、非常にそのことを大事にしておりますが、施設が安全面で、また利便性に欠け、しかも老朽化が進み、条件つきに使用している状況であります。これでよいのか。特に新館のホールが何人以上、100人までですよね。それ以上は入れられないという、それで耐震診断もしなくてよいという。耐震診断しなくてよくて、しかも人数制限をするのは何なのか、これはというふうに思います。そういう施設でよろしいのでしょうか、伺います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 村田議員の再質問にお答えいたします。

  安全面でどうなのかという部分かと思います。施設の安全面につきましては、耐震診断のほか、必要な改修工事などを実施しておりまして、一定の水準は維持できているものというふうに考えております。

  別館の定員の関係でございますけれども、耐震診断、特に56年以降に建設したものでございまして、耐震診断を受けるということが特に条件としてはないというような状況でございまして、ただ消防署のほうの指導等がございまして、100人以上は入れるなというようなことがございます。そんなことがございまして、今その指導に従って対応しているというような状況でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 先ほどの私の質問で新館と申し上げましたけれども、別館のあのホールの部分であります。訂正させていただきます。

  まだ建てたばかりでありながら、建てる段階で消防署の許可も得ているはずですよね。それで、人数制限も、100人以上は入れるなということは多分なかったと思うのですよ。あの斜面のところに高床式に建物をつくって、ここが100人以上使えないのだという、そんなことは普通では考えられない。建築確認はどうだったのだろうか。そんな危険な地域であって、もし大災害、大震災みたいなものが起きたときには、一番先にあの建物はひっくり返るのではないだろうか。そういうところにお年寄りを招いておいてよろしいのだろうかというふうに私は思います。

  ともかく、先ほどの答弁にもありましたように、後期高齢者が多いのだよということですね。歩けない人たちがいっぱいいるわけです。余談ですけれども、私は病んでみて、改めて知る自分の健康のありがたさかなということがあります。車椅子の話をこの前の議会でも出しましたけれども、改善してもらいますけれども、車椅子を駐車場のところに置いてもらえば、そこに乗りかえてここにも来られる。ところが、駐車場をつくって、車いすは依然として玄関先に置いたまま。あれだって非常におかしな話であります。今回も、病んでみた、あるいは弱者にとってどうなのか、あるいは町民にとってどうなのかということを絶対に忘れてはならないというふうに私は思います。全部に対応することはできないかもしれませんけれども、これでいいのでしょうか。100人入れられない。建築確認はどうだったのだ。それから、そのまま見過ごすのか。そしたらば、危ない人はここには来るなということです。だと私は思っています。課長の答弁をお願いします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔「暫時休憩」と呼ぶ者あり〕



○宮寺征二議長 暫時休憩します。

                                      (午後 2時55分)

                                              



○宮寺征二議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時58分)

                                              



○宮寺征二議長 一般質問を続行します。

  小山副町長、答弁。

                 〔小山 格副町長登壇〕



◎小山格副町長 村田議員のご質問にお答え申し上げます。

  山根荘の施設につきましては、築37年ということで、新館並びに別館の増築をしております。また、その後におきまして、内装ですとか、あるいは空調ですとか、いろいろなものの改修工事を行って現在に至っておるところでございます。建物本体の安全性につきましては、当然に公の施設でございますので、建築確認をとって、適正な施工を行って完成した建物でございます。経年による劣化というものがあるにいたしましても、耐震の診断結果等を踏まえまして、基本的に安全であろうというふうに考えたところでございます。

  また、土砂崩れですとか、中山間地に立地しているというふうなことから、その辺の危険性というのも若干あるというふうな認識はございますが、現段階において早急に例えば使用を中止するとか、そういうふうなレベルにある建物ではないというふうな認識でございます。

  また、先ほど新館か別館かというふうなお話がございましたが、新館の定員制限につきましては、ピロティー形式の建物でございますので、見た目に不安というふうな感想を持つ方もおられるかとは思いますが、ああいった構造で建築確認をとっておるものでございます。消防からの指導によりまして、人数の制限というのは、火災等万一の場合の避難経路等を考えた場合に必要なものというふうなことで、指定管理者のほうでそういった運用をされているものというふうに認識しておるところでございます。

  今後の山根荘のあり方というふうなことにつきましては、先ほど来課長から答弁申し上げておりますとおり、使い勝手の面というふうなことを考えれば、ゲートボール等を行うときに実際に階段を、坂を上っていかないとそこまで行けない、あるいは将棋を、囲碁をするところで別館まで行くということになると、坂を上っていかなければならない。そういう面では、まことに使い勝手というふうな面ではご不便をおかけしている部分があるというふうな認識はございます。当然に建物の耐用年数ですとか、町の財政状況ですとか、そういうものを考え合わせて、将来的に建て替えということになれば、もろもろの条件を考えると、それなりの方向性というものが見えてくるというふうには考えておるところでございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) ありがとうございました。いろいろな問題を含んでいる場所、それから使い勝手、それからあそこに行くについては、車でもって、バスで行く人は遠くの人も行ける。しかし、近隣のちょっとでも足が悪かったりする人たちにとってみると、行きづらい。自転車の置き場所は狭い。車も上には10台ぐらいしかとめられない。そういうことをいろいろ考えてみると、あそこの場所自体、私は本当に安心して憩えるという場所としては、やっぱりふさわしくない。ただ、あの場所に入れれば、そこで憩うことはできるけれども、やっぱりこの時代、特に、先ほど申し上げましたように、いろんな災害が多い時代であります。ですから、そういったことを考えてみると、地形的なもの、それから土砂崩れの危険地域にあるということ、そういったことも含めて、それは改善していく必要があるというふうに私は思っているのです。

  では、質問します。この場所でもって、今副町長のお話もありましたけれども、将来的にはその考えていく必要があるだろうということで、大変それは大事だなというふうに思っています。

  それから、あそこは避難場所としての指定もあります。これは確かに重要な場所だというふうに回答しておりますけれども、お年寄りがいるときに、しかもそこのところで避難場所として、2次の避難場所といいながら、やっぱり大勢の人が入ってくる。そして、入れない人も出てくる。そして、備蓄や何かも必要になってくるし、そうなるとふだんからの備えがどの程度にされているのか。避難場所として指定してあるからには、これは備蓄もしてあるのだろうと思うのですが、いかがなものでしょうか。



○宮寺征二議長 川村総務課長。

                 〔川村和男総務課長登壇〕



◎川村和男総務課長 ご質問にお答えいたします。

  議員おっしゃられるように、山根荘につきましては避難所ということで指定してございます。ただ、備蓄品につきましては、特段あの施設の部分のところに備蓄をしているという状況ではございません。備蓄品は、申しわけございませんが、あそこには置いてございません。

  先ほど来お話が出ております、いわゆる避難所としてあの場所がどうなのかという関係でございますが、議員ご指摘のとおり、土砂災害警戒区域の一部にことしの3月に指定されてございます。そういった関係で、果たしてあそこが避難所に適か不適か、そういったことも含めまして避難所の見直しを、必要性あろうかということで今防災担当のほうでは検討しておるところでございますので、早いうちに結論を出したいということで考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 避難場所の見直しというお言葉がありました。この前の防災計画の見直しのときに、防災計画の審議委員さんがあそこの現地を確認しなかったという答弁をいただきました。やはり現地確認をしないで見直しはできるはずはないと私は思っております。特に山沿いのところが続くわけですけれども、阿諏訪、滝ノ入、権現堂、宿谷、ですから、そういったところについては、やっぱり委員さんが本当に現地を見て、実態をよく確認してからそれを見直しの中に盛り込むというふうにしてもらいたいと思います。そうでないとこれは、それこそ効果のないものになるだろうというふうに思っております。 

  それでは、続いて利用者数の変化や老人クラブ数の減少等について、その理由をどのように考えているか伺います。これについては今までにも先輩議員さんの質問等にありましたけれども、回答するのは簡単だと思いますが、改めて答えをいただきたいというふうに思っております。そこをよろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 ご質問にお答えいたします。

  施設の利用者の減少ですとか、老人クラブの会員数の減少、その原因についてということかと思います。高齢者の利用者の減少につきましては、団塊の世代の方ですとか、そういった方が65歳になっているような状況がございます。趣味も多様化をしております。そういったことも背景にあるかと思います。そういった部分で、老人福祉センターの利用者の減少とか、そういったことがあるのかなという部分でございます。

  あとは老人クラブの会員数でございますけれども、そちらにつきましても、やっぱり価値観の多様化、そういった部分、あとは趣味活動ですとかサークル活動、そういった部分に、いろんな部分でそういった活動をされる方がふえている。老人クラブに加入しなくてもというような方もいらっしゃるのかなという部分がございまして、減少傾向にあるのかなというところでございます。今現在老人クラブ、28クラブが活動されているというような状況でございます。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 今までの山根荘に対する期待、そういったものから時代が変わって、今日では生涯学習の場としての期待というものも活動拠点となるという可能性を持っている、そういったことも考えてみる。それが十分に満たされないとするならば、そういった山根荘に行かなくなるということもあるだろうと思うのですね。今のところの活動を聞かせてもらうと、カラオケであったり、映画であったり、それからペタンク、ゲートボール、そういったこと、将棋、囲碁、そういったことも聞いておりますが、それだけではなくて、さらに新しい若い年齢層の人たちが行こうという気持ちが出るような多分活動もこれから含まれてくると思います。そういうことについては、NPOに任せておくというだけでは十分ではない。高齢者福祉行政の重要な拠点というふうに考えると、行政の考え方をもう少し前に出したほうが私はいいというふうに思っております。これは、今後ああいった施設がどのようなものになったらいいのか、したらいいのか、本当に高齢者だけで、それでいいのだろうか。それから、もうちょっと地域の人が自由にそこに行けるようにするのがいいのか。場合によったら、子供たちであったり、そういった人たちも、子供たちも少しでもそういったところに行けるような、可能性の幅を広げたものはできないのだろうかというふうに思っています。これについては、これからのあり方として町長に伺います。いいですか。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 村田議員のご質問にお答えをいたします。

  高齢者福祉施設の将来のあり方ということでございますが、私もたびたび山根荘のほうに招かれまして、高齢者の方々といろいろ歌を歌ったり、あるいはいろんなお芝居を見たり、高齢者の方々のご意見も伺っているわけでございます。そして、いつもあの坂を上がるときに、この施設が本当にこれでいいのだろうかというふうに思っている一人でもございます。特に議員ご指摘のように、いわゆる傾斜地ということで、山合いの、土砂災害のいわゆる警戒区域というような、あるいはそれを注意しなければいけない区域のラインの中に一部かかっているというわけでございます。そういった意味も含めまして、いろいろこれからの将来構想を見ていかなければいけないなというふうに思っております。

  佐藤議員から、先ほどのいわゆる将来のそういうお話をいただきました。私も同感でございます。ただ、財源というものがどうしてもあるわけでございますので、その財源をどのように考えながら進めていくのか、こういったことが非常に大事でございます。何といいましても、今非常にこの財源の確保をするには難しい時代、そういった中でどのように国、県、そういったところとパイプを持ったり、あるいはそのような補助の関係等いかにとるか、また創生のいろいろこれからのいわゆる予算が、創生担当の関係がつきましたから、こういったところをしっかりと見ていく、これも大事なことであります。地方をどのように活性化するか、これが今の国の考えていることでございますので、それに合致するような将来展望を持っていきたいというふうに思っております。 

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) 私が一番最初にいつも思い出すのが、3年ちょっと前、選挙のころですね。私が尊敬する先輩の議員からいただいた言葉で、「入るをはかりて出るを制する」、そういう言葉があります。確かに、金がないのに、何もできないではないか、財源がなくて大丈夫なのかという。幾らいいことを言っても、絵に描いた餅になってしまうということもあります。ただ、年々増加する高齢者の人数、それから高齢者のために使われる財源、それも増加しております。それから、高齢者がいかに生涯学習的に満たされた人生を送れるかということについて、それはやはり町も支援しなければならない。そういったことを考えてみますと、一番山根荘のような高齢者福祉行政の拠点というふうに、重要な拠点というふうに町も考えているわけで、それについては金のあるなしにかかわらず、それは長い時間をかけてでもいいから財源を整えて、早急に手を打つべきだ。あのように危険な場所では望ましくはない。

  佐藤さんも言ってくれましたけれども、あそこの山根荘のところの前の上村さんのところの川、裏の川との角度を見ると30度なので、とっくに超えています。ですから、非常に危険な場所でありますね。あそこは、ただ広島県のような砂地ではないです。確かに粘板岩ということで、風化したもので、雨が降って、岩と岩の間に入るとずり落ちるという面でも危険です。あそこはもともとは山城だったわけです。毛呂氏のあそこへ逃げるところの場所。ですから、くるわが幾つもあります。高いところであるけれども、非常に危険な場所だと。危険な場所を逃げ場につくったわけです。守りにもいいわけです。そういうことも考えてみます。それから、確かに学校もできたのですけれども、あれは土を動かしてつくったわけです。ですから、不安定であります。

  いろいろ考えてみると、あそこにあのまま置くのは、やっぱり町行政のこれから責任を問われる。事故で起きたら大変です。それは、それを避けるということではなくて、町の高齢者のために、今まで毛呂山町を支えてくださった高齢者の方々に対するそれは気持ちではないか、そんなふうに思います。

  もう一つ、そういったことに対して、やはり町を挙げてというか、いろんな行政それぞれありますけれども、みんなでやっぱり知恵を絞って、新しい道路ができたり、それから発展するであろう川角方面もありますので、それから葛貫方面もそうですね。そういったこと、あっち方面、どちらでも、ともかくあの場所は私は何も言えませんけれども、高齢者に優しい政治ができるといいな、場所ができるといいなと思います。

  風呂の設置については、かつて長瀬議員からお話がありました。非常に大事なことで、裸のつき合いではないですけれども、いかにそれが憩い、触れ合い、見守り、いろんなことに響く。いいことだと思っております。今ももう、使えないのではなくて、大震災の後に使えるように整えたはずです。それを使わないというのは金がないからだということを聞いておりますけれども、それだけで片づけないようにしてほしいと思います。そんなことを思っております。

  それから、震災時に被災者の受け入れ計画の中で、風呂が使用できるということで準備しました。準備して、使えるようになりました。それでもまだ設備上問題があるのか。どうなのですか。もう設備上問題はないですよね。財源だけですよね。希望としては、移転の前に、移転はいつするかは別だけれども、そんなのわかりませんけれども、あそこの場所にそのままつくり直すということはないと思いますが、そういったところまででもいいから、ともかく風呂も使えるようにしていただけるでしょうか、伺います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 村田議員のご質問にお答え申し上げます。

  お風呂が使えるようになっているのではないかというようなご質問かと思います。そちらにつきましては、今現在ボイラー設備、給湯するボイラー設備、そういったものが今ない状況に、取り外した状況になっております。

  それから、新しく風呂を再開するにつきましては、費用面がかなりかかるという部分がございまして、今のところですとお風呂を再開するというのは難しい状況でございます。

  以上です。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) その風呂の利用についても、これもやっぱり財源がないということで、無理ですね。無理だということ、結論を出しているようですけれども、あそこの施設の高齢者福祉施設の中で重要なこととして、風呂なんかも私はあると思うのです。ですから、だめということだけではなくて、もう少し前向きに、どこからか何か補助金なり何なりでももらえるものがあるならば、あるいは予算の中で工夫できるものがあるならば、それは利用して運用したらいかがでしょうか。このままでだめと言えばそれまでで、風呂を使えないということ。

  それから、高齢者、参加率が下がってきているということで、これだって、危険だからとか、あるいは不便だからとかという高齢者はアンケートの中でいないそうですけれども、余り。でも、やはりお世話になる施設なので、言いづらいわけですよ。そういった苦情は。だから声に出ない声を聞かなかったら、私は十分ではない。声に出せない人の声も聞く。それがやっぱり、特に福祉行政では必要だというふうに私は思います。なので、本当にだめなのでしょうか。ちょっと伺います。



○宮寺征二議長 吉田高齢者支援課長。

                 〔吉田英夫高齢者支援課長登壇〕



◎吉田英夫高齢者支援課長 お答えいたします。

  入浴施設の再開に関するにお話かと思います。費用面ですとか、そういった部分で、あとは設備的な部分、そういった部分ですぐにそういうものを再開するというのはなかなか難しい部分はございますけれども、利用者の方のニーズ、平成23年に利用者のアンケートというのを山根荘で行っております。そういったものを山根荘のほうでやっていただくですとか、そういったことも考えてまいりたいと思います。

  将来的な部分につきましては、今後の検討材料とさせていただければと思います。

  以上でございます。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) いろいろと質問がはっきりしないのに丁寧な回答をいただきまして、ありがとうございました。

  最後に、山根荘のことも心配でありますし、学校環境整備とか、いろいろほかのことについてもいっぱい心配なこと、町民目線で考えることもとても大事であるし、本当に声なき声を聞く、そういうことも必要であるし、各課長さん方も、町長さん初め課長さん方には、この時期に今までとは違った見方で、今担当する課の仕事を見直してもらいたい。こういう例規集にあるからとか、条例にあるからとか、あるいは総振にあるから、実施計画にあるかないか、そういうことだけではなくて、それを超えてこれを考えてもらいいたというふうに思います。皆さんのこういう時代における町政というのは厳しい、難しいということはよくわかりますけれども、本当にその努力してくださっていることについてはありがたく思います。さらに進めていただきたい。

  また、町長に質問します。残された仕事は継続的にやらなくてはならないことがいっぱいあります。町長もここで、あと8か月を残すところとなりました。これからの抱負というか、選挙について考えるのではないのですけれども、この混乱した時代に町長としてこの毛呂山町の発展、それから町民の幸せに向けてどのような考えでいるのか、次の時期に向けてはどんな考えでおられるのか伺います。



○宮寺征二議長 井上町長。

                 〔井上健次町長登壇〕



◎井上健次町長 村田議員の再質問にお答えをいたします。

  少子高齢化の中で非常に高齢者のいろんな問題についてご指摘をいただいておりました。大変心から感謝を申し上げます。

  この3年と数か月を振り返ると、そういった高齢者の関係、非常にまだまだやることがあるなというふうに思っております。自分なりにこの一般質問をどこでどのようなご質問が来るかということで考えておりました。

  振り返ってみますと、平成23年5月16日より前町政から町のかじ取りを引き継ぎまして、3年と3か月が過ぎようとしております。この間、職員と一丸となり、町行政運営に取り組んでまいりましたが、議員各位の皆様のご理解、そして町民皆様のご協力を賜りまして、自助、共助、公助、これを基本理念として、課題となった案件ほとんどが完了してきたということでございます。

  また、将来の展望、こういったものもしっかりと見えてきたなというふうに思っております。県道飯能寄居線、毛呂山工区の開通から始まりまして町道7号線の拡幅、新保育園建設を初めとする子育て環境の整備、子ども医療費の窓口払いの廃止、念願の川角小学校東側の交差点改良工事、長瀬駅橋上駅舎の完成、都市計画道路野久保線の年度内の完成、また川角中学校の大規模改造工事完了と、毛呂山中学校と川角中学校にはエアコンがつきます。4つの小学校のトイレの改修工事などなど、学校の環境整備が大幅に前進いたしました。また、小学校のエアコンについては、順次計画的に進めてまいります。

  安心と安全のための防災施策についても、あらゆるところで改革を行ってまいりました。坂戸・鶴ヶ島消防組合と西入間消防組合とのデジタル無線共同運用を実現し、昨年には女性消防隊の全国操法大会第4位、これがすばらしいものであります。また、ことしは毛呂山消防団第1分団が県大会準優勝を獲得し、町民への安心と安全のまちづくりを確たるものとしてのマンパワーが確立したところでございます。

  ハード面での町の変化は大変に大きなものがございますが、昨日の一般質問でもお答えしましたとおり、財政状況の改善は胸を張ってお見せできるようになりました。保険税の収納率はV字曲線で向上し、経常収支比率は85.8と県内でもトップクラスとなり、財政力指数は0.63と、県内町村の平均とほぼ同じですが、実質公債費比率では県内町村の平均8.4を大きく下回り、毛呂山町は5.5で、借金返済が少ない町を証明しております。動きのある町政を、議員を初めとして多くの町民皆様の協力をいただきながら進めてこれたといつも感謝、感謝の3年と3か月でございました。

  毛呂山中学校、川角中学校の生徒のよい行いが全国に報道されましたあのいいお話から、子供たちが当たり前のことが当たり前にできるという基本的な道徳心をみずから育て、それらの変化は議員を初めとして多くの方々から称賛の言葉をいただくようになっております。

  これだけ多くのことがございまして、また瀬戸大也選手、これがすばらしい活躍をしております。また、森さやか選手、日本の女子のソフトボール、オランダで優勝しましたけれども、ホームランを合わせたすばらしい活躍を見せております。

  来期の話、今村田議員から出ましたけれども、今までこの毛呂山町、非常に上昇気流で上ってきたところでございます。これをさらにさらにしっかりとこの3年3か月で準備をしてきたこと、準備段階から今度実行へ移す段階のものも非常に多くありますので、こういったものをしっかりと完成させるために、完結させるために、次期も頑張って皆様のご支持を得て進めてまいりたいというふうに思っております。 特に今村田議員がお話しになった高齢者の福祉の施設の関係、これについては段階を追いながら、しっかりと場所であったり、あるいは多くの方々が、いわゆる子供から高齢者までが集えるような、そういう施設を考える総合的な施設、こういったものも、一昨日の公民館のお話もございますけれども、活動的なセンター、こういったものをあわせ持つような、そういう総合的なもの、こういったものを仕上げていきたい、あるいは計画をしていきたいと思っておりますので、これからもぜひご指導、あるいはご鞭撻をいただきますように心からお願いして、答弁とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○宮寺征二議長 村田忠次郎議員。



◆5番(村田忠次郎議員) ありがとうございました。バッテリーでも充電があって放電があります。それから、農業で言うならば、種まきがあって、収穫があります。この充電の時期、いよいよ終わろうとしておりますけれども、これは本当に放電を楽しみにすることを期待しています。

  以上で質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

                                              



△後日日程の報告



○宮寺征二議長 本日はこの程度にとどめます。

  明9月5日は、午前9時30分から本会議を開き、議案第32号から議案第44号までの提案者の説明、質疑、討論、採決を行います。

                                              



△散会の宣告



○宮寺征二議長 以上で本日の日程は全部終了しました。

  本日はこれにて散会します。

                                      (午後 3時30分)