議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成18年 12月 定例会(第6回) 11月17日−議案説明・質疑−01号




平成18年 12月 定例会(第6回) − 11月17日−議案説明・質疑−01号







平成18年 12月 定例会(第6回)




             平成18年第6回三芳町議会定例会

議 事 日 程 (第1号)

                       平成18年11月17日(金曜日)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                                
日程第 2 会期の決定                                     
日程第 3 議案第72号 三芳町行政組織条例                          
日程第 4 議案第73号 三芳町特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例    
日程第 5 議案第74号 三芳町みどり学園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例    
日程第 6 議案第75号 三芳町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例       
日程第 7 議案第76号 三芳町老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例           
日程第 8 議案第77号 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について           
日程第 9 議案第78号 平成18年度三芳町一般会計補正予算(第4号)             
日程第10 議案第79号 平成18年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第2号)         
日程第11 議案第80号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第2号)        
日程第12 議案第81号 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立について              

出席議員(15名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    10番   秋  坂     豊  君     11番   鈴  木  周  一  君
    12番   横  田  英  明  君     14番   板  垣     清  君
    15番   光  下  重  之  君     16番   深  澤  勝  子  君
    17番   久  保  俊  和  君                        

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   助   役   森  田  陽 一 郎  君

  代   表   落  合  佐 和 次  君   総 務 担当   吉  野  茂  夫  君
  監 査 委員                   参   事

  総 務 課長   砂  川  悦  廣  君   企 画 財政   細  谷  三  男  君
                          課   長

  税 務 課長   鷹  野  信  治  君   収 税 課長   古  寺  幹  男  君

  民 生 担当   清  水  政  雄  君   高齢者支援   加  藤  宗  良  君
  参   事                   課   長

  こども家庭   萩  原  稲  穂  君   まちづくり   荒  野     卓  君
  課   長                   担 当 参事

  自 治 環境   石  畑  一  男  君   産 業 振興   秋  山  栄  二  君
  課   長                   課   長

  まちづくり   田  中  喜  一  君   道路下水道   昼  間  茂  夫  君
  推 進 課長                   課   長

  教育委員会   嶋  村     清  君   教 育 長   池  上     仁  君
  委 員 長

  教 育 担当   宮  寺     勇  君   教育委員会   永  瀬  牧  夫  君
  参   事                   総 務 課長

  教育委員会   島  崎  利  雄  君   教育委員会   金  子     明  君
  学 校 教育                   生 涯 学習
  課   長                   課   長
                                                
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   吉  野  義  之      事務局書記   池  上  義  典




                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(秋坂豊君) おはようございます。ただいま出席議員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年第6回三芳町議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                       (午前 9時30分)

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(秋坂豊君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、1番議員、神田順子さん、3番議員、加茂淳子さん、以上2名を本会期中の会議録署名議員に指名いたします。

                                              



△議会運営委員長報告



○議長(秋坂豊君) 去る11月14日、議会運営委員会が開催されました。議会運営委員長の報告を求めます。

  久保俊和君。

          〔議会運営委員長 久保俊和君登壇〕



◎議会運営委員長(久保俊和君) おはようございます。本日開会の平成18年第6回定例会の会期日程等につきまして、去る11月14日、第2委員会室におきまして議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果についてご報告を申し上げます。

  本定例会に提出されます議案等は、議案10件、意見書2件であります。

  まず、会期につきましては、本日11月17日金曜日から11月22日水曜日までの6日間といたします。会期日程及び休会日につきましては、別紙会期日程表のとおりでございます。本日は、議案第72号から議案第81号までを一括上程し、町長の提案理由の説明及び担当課長の説明を行うことといたします。

  一般質問等につきましては、既にお手元に配付してありますように、8名より通告書が提出されております。順序につきましては、一般質問順序表に従いまして20日及び21日の2日間にわたり行うことといたします。

  なお、意見書第13号及び意見書第14号につきましては、本会議において審議をいたします。

  議案等の審議順序については、会期日程に従い順次審議することとし、質疑、討論、採決は議案ごとに行うことといたします。

  また、11月22日に全員協議会を開催することといたします。

  以上のように決定をいたしましたので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  本定例会の議会運営が円滑に行われますよう皆様方のご理解とご協力を切にお願いを申し上げまして、委員長の報告とさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。

                                              



△会期の決定



○議長(秋坂豊君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。ただいま議会運営委員長より報告のとおり、本定例会の会期は本日から22日までの6日間といたしたいと思いますが、これに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会の会期は、本日から22日までの6日間と決定いたしました。

  なお、会期中の日程及び審議予定につきましては、お手元に配付してあるとおりでございます。会期の日程表のとおりであります。あらかじめご承知願います。

                                              



△諸般の報告



○議長(秋坂豊君) 続きまして、諸般の報告を申し上げます。

  例月出納検査結果の報告及び行政報告がありましたので、お手元に配付してあります。

  また、本定例会までに受理した意見書は2件であり、お手元に配付してあります。

  なお、9月15日付で議決されましたドクターヘリの全国配備へ新法制定を求める意見書及び多重債務問題根絶のため、出資法及び貸金業規制法の抜本的改正を求める意見書につきましては、内閣総理大臣を初め関係各省庁へ送付いたしました。

  町長より本定例会への提出議案の報告並びに地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者の報告については、既に配付のとおりです。

  9月26日、議会だより編集委員会。

  10月11日、総務建設及び厚生文教常任委員会合同所管事務調査。

  10月13日、埼玉県町村議会議長会主催議員研修会。

  10月27日、埼玉県町村議会議長会役員会。

  10月31日、入間郡町村議会議長会主催議員研修会及び表彰式。

  11月7日、静岡県長泉町議会議会活動活性化特別委員会視察来庁。

  11月9日、京都府久御山町議会総務消防常任委員会視察来庁。

  11月14日、議会運営委員会及び入間郡町村議会議長会役員会。

  11月16日、埼玉県町村議会議長会正副議長及び事務局長合同研修会がそれぞれ開催されました。

  なお、第5回定例会において可決いたしました議員派遣については、お手元に配付してございます議員派遣報告書のように派遣いたしましたので、ご報告いたします。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△議案第72号 三芳町行政組織条例

 議案第73号 三芳町特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例

 議案第74号 三芳町みどり学園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

 議案第75号 三芳町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例

 議案第76号 三芳町老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例

 議案第77号 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について

 議案第78号 平成18年度三芳町一般会計補正予算(第4号)

 議案第79号 平成18年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第2号)

 議案第80号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第81号 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立について



○議長(秋坂豊君) 日程第3、議案第72号 三芳町行政組織条例から日程第12、議案第81号 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立についてまでの、以上10件を一括議題といたします。

  提案者に提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) おはようございます。本日ここに平成18年第6回議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましてはご壮健にてご出席を賜り、ご審議をいただきますことに深く感謝を申し上げます。

  また、本議会につきましては、町長選挙を控えていることから日程を繰り上げて開会させていただきましたが、議員各位には一方ならぬご協力をいただきまして、重ねて感謝を申し上げる次第でございます。

  さて、先日の北海道佐呂間町における竜巻は、町を一瞬にして廃墟に変え、多くの犠牲者、被害を出しました。大自然の猛威の前に、私たちはなすすべがないことを改めて思い知るとともに、災害に遭われた方々に対しまして心からお悔やみとお見舞いを申し上げる次第であります。

  それでは、本定例会にご提案申し上げましたすべての議案につきまして、順次その提案理由を申し上げます。

  まず、議案第72号 三芳町行政組織条例について提案理由を申し上げます。本条例につきましては、行政分野の統括調整機能の強化と行政サービスの向上並びに近隣自治体との組織上の均衡を目的として行政組織を改めたく、地方自治法の規定により本条例を提案するものでございます。

  続きまして、議案第73号 三芳町特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について提案理由を申し上げます。本条例につきましては、児童福祉法に基づく児童家庭相談に対応するため家庭児童相談員を設置するに伴い、地方自治法の規定により本条例を改正したく提案するものでございます。

  次に、議案第74号 三芳町みどり学園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例及び議案第75号 三芳町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきまして提案理由を申し上げます。この2議案につきましては、いずれも障害者自立支援法の施行に伴い、それぞれの条例を改正したく提案するものであります。

  次に、議案第76号 三芳町老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例につきまして提案理由を申し上げます。本案は、老人医療費支給事業の対象年齢を段階的に引き上げたことに伴い、実質的な対象者が存在しなくなったことから、三芳町老人医療費の支給に関する条例を廃止するものであります。

  次に、議案第77号 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更につきまして提案理由を申し上げます。本案は、地方自治法の一部改正に伴い、彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について協議したいので、同法の規定により提案するものでございます。

  次に、議案第78号 平成18年度三芳町一般会計補正予算(第4号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算は、道路拡幅に伴う用地買収費及び竹間沢小学校の施設改善工事等でございます。

  これに伴う財源につきましては、前年度繰越金等により措置させていただきました。

  次に、議案第79号 平成18年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算は、介護保険制度の改正に伴うシステムの改修に要する費用でございます。

  財源につきましては、一般会計からの繰入金と国庫補助金をもって措置させていただきました。

  次に、議案第80号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算は、北松原区画整理地内の公共下水道管布設工事費でございます。

  財源につきましては、前年度繰越金と町債をもって措置させていただきました。

  最後に、議案第81号 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立につきまして提案理由を申し上げます。本案は、高齢者の医療の確保に関する法律の規定により、後期高齢者医療の事務の処理及び新法の施行準備のため、埼玉県内のすべての市町村が加入する埼玉県後期高齢者医療広域連合を設立することについて、地方自治法の規定に基づき議決を求めるものでございます。

  以上、ご提案申し上げました10議案につきまして簡単に提案理由を申し上げましたが、各議案の概要につきましては、引き続き担当課長より説明申し上げますので、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(秋坂豊君) 以上で提案理由の説明を終了いたします。

  続いて、担当課長の議案の説明を求めます。

  初めに、議案第72号 三芳町行政組織条例について、企画財政課長。



◎企画財政課長(細谷三男君) それでは、議案第72号 三芳町行政組織条例の概要につきましてご説明をさせていただきます。

  本年4月の機構改革によりまして、担当参事制を導入し、一定の成果を上げてきたところでございます。その後、本年6月の7日に地方自治法の一部改正がございまして、市町村の助役にかえて副市町村長を置くものとされたほか、出納長及び収入役制度の見直しに関する事項におきましては、出納長及び収入役を廃止し、普通地方公共団体に会計管理者を置くこととされ、その施行期日につきましては平成19年4月1日からとすることとされました。出納長、収入役につきましては、その任期中に限り従前の例により在職するものとされております。

  したがいまして、現行助役は長の権限の一部につきまして委任されることとなり、その権限が重くなることが十分に予想されるわけでございます。また、現行の参事は決裁権がない形の中での調整機能を果たしてきたわけでございますが、現行助役の専決権の一部を移行させるなど部長職として行政分野の権限を強化することによりまして、より強力に関係課の調整、統括を行うことができ、行政サービスの向上の見込みとともに、近隣自治体との組織上及び職制上におきましても均衡が図れることになるわけでございます。

  条例の第1条では、各部の名称をそれぞれ企画総務部、住民福祉部、まちづくり部としております。

  第2条では、部の事務分掌でございますが、それぞれの部の中に該当する課、室の事務分掌を集約したものでございます。また、参考資料といたしまして、三芳町役場の組織及び事務分掌に関する規則がお手元にあるかと思います。4ページ目ですね。これまでの規則と異なります箇所は、組織と施設を表にしましたことと、事務分掌につきましても各部ごとに表示したものでございます。なお、教育委員会事務局につきましても、担当参事から教育部とした一部改正を行っております。同じく参考資料といたしまして、最後のページになりますが、A3の三芳町行政機構図でございますが、網かけの部分が現行組織と変わる箇所になります。一番最後のページになります。

  以上、これまでの経過と条例の内容につきましてご説明を申し上げましたが、地方自治法158条の1項の規定によりまして三芳町課設置条例を廃止いたしまして、新たに三芳町行政組織条例の制定をお願いするものでございます。ご審議のほどどうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(秋坂豊君) 続いて、議案第73号 三芳町特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例から議案第75号 三芳町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例まで、以上3件について、こども家庭課長。



◎こども家庭課長(萩原稲穂君) それでは、議案第73号 三芳町特別職の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についての説明を申し上げます。

  本案は、児童福祉法に基づき、市町村は業務として児童相談に応じることが明記されています。業務を適切に行うため、必要な体制の整備に努めるとともに、職員の人材の確保及び資質の向上のため必要な措置を講じなければならないとなっていますので、複雑かつ多様化する児童相談に対応するため、嘱託家庭相談員を新たに非常勤特別職として加えるとともに、日額報酬を1万円とするため、本条例の一部を改正したく提案するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  続きまして、議案第74号 三芳町みどり学園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。本案は、障害者自立支援法が施行されたことに伴い、みどり学園は児童デイサービス事業を行う事業所であることから、その設置目的、入園資格、利用料についての条例の一部を改正するものです。第1条につきましては、障害者福祉サービスを行う児童サービス事業所は、知的障害児だけでなく身体障害児等も受け入れる事業所であることから、児童福祉法の43条また障害者自立支援法に基づくデイサービスを提供する施設は障害者基本法の理念にのっとっているものでありますので、「障害者基本法の精神に基づき」を削除し、自立支援法に基づき改めたものです。

  第5条につきましては、入園資格については、自立支援法ではサービス利用者がさまざまなサービス事業所の中から個々に合ったサービスを選ぶことができることから、第1号の原則として「町内に住所を有する児童であること」を削除し、自立支援法の趣旨及び規定に基づき改めたものです。

  第6条につきましては、文言を簡略かつ明確に整理したものです。

  第7条につきましては、支給決定取り消し事項について、児童福祉法の規定から障害者自立支援法で規定されたこと及び文言の整理でございます。

  第8条の使用料につきましては、児童福祉法の規定から障害者自立支援法の規定により、利用者がサービスに要した費用の額の1割を負担することから改めたものです。

  第9条につきましては、利用者が福祉サービスを利用に要した費用の一部を負担することから、「使用料」を「利用料」に改めたものです。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  続きまして、議案第75号 三芳町乳幼児医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。本案は、障害者自立支援法が施行されたことに伴い、乳幼児医療については児童福祉法第7条に規定する児童施設については他の公費負担医療制度から支給がある場合、その支給分は除かれていましたが、児童福祉施設のうち障害児施設は措置から契約制度に変わり利用負担が生じ、契約利用者は乳幼児医療の対象になるため、本条例の一部を改正したく提案するものであります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上です。



○議長(秋坂豊君) 続きまして、議案第76号 三芳町老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例について、高齢者支援課長。



◎高齢者支援課長(加藤宗良君) 議案第76号 三芳町老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例につきましてご説明申し上げます。

  平成14年10月1日に老人保健法が改正されまして、対象年齢が70歳以上から75歳以上にと段階的に引き上げられております。平成19年10月からにつきましては、老人保健法による対象年齢が75歳以上となります。これに伴いまして県制度の改正がございまして、平成16年1月に制度間の整合性を図るということで、やはり段階的に年齢を引き上げる改正を行っております。また、町におきましても同様に16年6月に改正を行いまして、現在まで経過措置により対応をしてきたところでございます。

  対象者の方ですが、県制度では17年の12月末に、また町制度では18年5月末をもっていなくなっております。また、県におきましては県の実施要綱が19年4月1日をもって廃止されるということでございますので、町におきましても本条例を廃止したく提案をするものでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上でございます。



○議長(秋坂豊君) 続いて、議案第77号 彩の国さいたま人づくり広域連合の規約変更について、総務課長。



◎総務課長(砂川悦廣君) 彩の国さいたま人づくり広域連合規約の変更についてご説明申し上げます。

  現行の広域連合の規約では、第11条及び14条で収入役又は吏員を置くとされております。平成18年6月7日に公布されました地方自治法の一部を改正する法律の趣旨を勘案しまして、規約の中の「収入役」を「会計管理者」、「吏員」を「職員」に変更することが適当と書いてありますので、19年4月1日を施行日としましてこの変更を行うため、地方自治法291条3項、地方自治法291条の11の規定に基づき提案するものであります。

  具体的には、規約の第11条、広域連合の執行機関の組織の中の「、副広域連合長2人及び収入役1人」を、「及び副広域連合長2人」に改め、12条4項中の「副広域連合長及び収入役」は「及び収入役」を削りまして、その「及び収入役」の部分を削除いたします。また、13条中広域連合執行機関任期の中の「副広域連合長及び収入役」の部分を「及び副広域連合長」に改めまして、14条中にありましては「吏員」を「会計管理者」に改めるものであります。

  以上が説明の内容であります。よろしくご審議のほどお願い申し上げたいと思います。

  以上です。



○議長(秋坂豊君) 続いて、議案第78号 平成18年度三芳町一般会計補正予算(第4号)について、企画財政課長。



◎企画財政課長(細谷三男君) それでは、三芳町一般会計補正予算(第4号)の概要につきましてご説明を申し上げます。

  配付をしております予算書をお開きいただきたいと思います。まず、本補正予算につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ5,440万4,000円を追加をいたしまして、総額を103億9,332万9,000円とするものでございます。

  内容でございますが、予算書の5ページをごらんいただきたいと思います。第2表の地方債の補正でございますが、臨時財政対策債につきましては、平成18年度普通交付税の算定とともにこの算定が行われまして、起債の予定額が3億9,690万円と決定をされましたので、210万円の減額補正を行うものであります。

  続きまして、11ページからの歳入につきましてご説明を申し上げます。民生費の負担金37万6,000円でございますが、年度当初に予定をいたしました管内保育のほかに、新たな管外保育利用者がふえましたので、その保護者の負担金でございます。

  次に、土木費の負担金でございますが、下水道事業負担金11万円につきましては、補正にも計上させていただきましたが、その後申請者の都合によりまして住宅建設を取りやめることになりましたので、減額をさせていただくものであります。

  次に、民生費の国庫補助金、障害者福祉補助金94万5,000円でございますが、障害者自立支援法の施行に伴い電算システムの変更が生じたことによりまして、そのシステムの改修に係る補助金でございます。

  次に、繰越金でございますが、歳出予算に不足する2,891万6,000円を前年度の繰越金より充当措置するというものでございます。

  次の土地開発公社貸付金元利収入2,116万7,000円でございますが、債務負担行為で実施をしておりました道路拡幅事業につきまして、町から公社への貸付金の公社からの返済分を計上するものでございます。

  次に、12ページをお開き願います。教育費の受託事業収入でございますが、上永久保遺跡発掘調査に係る費用14万円について、事業者より納付をされるものでございます。

  次に、雑入でございますが、2件ございます。まず、財団法人埼玉県市町村振興協会市町村振興事業助成金150万円でございますが、これにつきましては市町村が実施する事業への助成金でございまして、情報化推進事業といたしまして庁舎外に光ケーブル、出先機関ですね、に光ケーブルをしきましたので、その助成金でございます。

  次に、公共スポーツ施設等活性化事業助成金356万円でございますが、これにつきましては効率的なシステム整備や地域スポーツ活動への助成でありますので、総合体育館利用者へ券売機システムの導入事業を実施をいたしましたので、その助成金でございます。

  続きまして、13ページからの歳出についてご説明を申し上げます。電算処理費の委託料151万2,000円でございますが、歳入でもご説明をいたしましたように、自立支援法の施行に伴います電算システムの改修に係る費用でございます。

  次に、老人福祉費の負担金補助及び交付金52万4,000円でございますが、後期高齢者医療制度に向けて広域連合で実施していくことになりましたので、その設立準備金を計上させていただくものでございます。

  次に、介護保険費でございますが、これにつきましても自立支援法の施行に伴うシステム改修が必要となりましたので、繰出金60万5,000円を措置したものでございます。

  次に、児童措置費でございます。493万6,000円でございますが、歳入でご説明をいたしました管外保育委託の増に伴います所要額を措置したものでございます。

  次に、土木費道路新設改良費公有財産購入費3,859万円でございますが、債務負担行為で実施をいたしました藤久保84号線道路拡幅事業、竹間沢71号線道路拡幅事業につきまして、それぞれ用地買収が終了し、債務負担行為の期日が近くなってまいりましたので、公社から買い取る経費を措置したものでございます。

  次に、14ページをお開き願いたいと思います。下水道費負担金補助及び交付金でございますが、歳入でご説明を申し上げましたとおりでございます。

  次に、教育費、学校管理費の委託料69万3,000円、工事請負費1,155万円でございますが、来年度竹間沢小学校に入学をする予定者に身体的に障害のある児童がございまして、その受け入れをするため校舎を改善する必要が生じましたので、それぞれの費用を計上したものでございます。

  次に、備品購入費458万円でございますが、小学校児童の机、それからいすにつきまして、16年度から一部整備を進めてまいりましたが、今年度は新5年生分につきまして整備をするための費用でございます。

  続きまして、文化財保護費の賃金221万7,000円でございますが、藤久保東第三遺跡、上永久保遺跡、その他町内の遺跡発掘調査に伴う臨時職員の賃金でございます。

  次の需用費41万6,000円、その次の委託料101万8,000円、その次の使用料及び賃借料98万7,000円につきましては、ただいま申し上げました遺跡発掘箇所の消耗品、現像代、自然科学分析、重機借上料等に係る費用をそれぞれ計上させていただいたものでございます。

  次に、14ページから15ページにかけての公民館費でございます。使用料及び賃借料でございますが、当初予算におきまして現在の駐車場の隣地を借り上げ、既存の駐車場の補修と拡張工事を予定したわけでございますが、地権者の承諾が得られなかったことによりまして、既存駐車場の補修工事のみとなりましたので、用地借上料187万5,000円、工事請負費1,288万9,000円をそれぞれ減額の措置をしていただくものでございます。

  次に、15ページの歴史民俗資料館費でございますが、施設の雨漏りが発生をしているということで、それの修繕費用15万円を補正させていただきました。

  最後に、学校給食費の需用費150万円でございますが、給食センター調理室の給水配管に微量ではありますが、赤さびが見受けられたということから、急遽修繕工事を実施したく計上させていただいたものでございます。

  以上、補正予算(第4号)の概要を説明させていただきました。ご審議のほどどうぞよろしくお願いいたします。



○議長(秋坂豊君) 続いて、議案第79号 平成18年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、高齢者支援課長。



◎高齢者支援課長(加藤宗良君) 議案第79号 平成18年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして説明をさせていただきます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ120万8,000円を追加しまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10億7,543万4,000円とするものでございます。

  補正予算の内容でございますが、制度改正に伴うシステムの改修費でございます。

  なお、財源につきましては、一般会計からの繰入金及び国庫補助金をもって措置をさせていただきました。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上でございます。



○議長(秋坂豊君) 続いて、議案第80号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、道路下水道課長。



◎道路下水道課長(昼間茂夫君) 説明の前に、予算書の一部を訂正をさせていただきたいと思います。

  訂正箇所につきましては、予算書のかがみの上から5行目の第1条の既定の歳入歳出予算「総額から」となっておりますが、「総額に」に訂正をしていただきたいと思います。申しわけございませんでした。

  それでは、ご説明をさせていただきます。議案第80号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第2号)についての概要説明を申し上げます。

  本補正予算は、既定予算の総額に歳入歳出それぞれ481万円を追加し、10億4,506万9,000円を計上するものでございます。

  内容につきましては、公共下水道築造費の工事請負費が481万円増額となっております。これに関しましては、北松原土地区画整理組合から公共下水道管の布設依頼によるものです。なお、歳入につきましては、前年度繰越金と工事請負費の増額に伴う町債の増加変更によるものです。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上です。



○議長(秋坂豊君) 続いて、議案第81号 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立について、高齢者支援課長。



◎高齢者支援課長(加藤宗良君) 議案第81号 埼玉県後期高齢者医療広域連合の設立についてご説明申し上げます。

  平成20年4月1日より、現行の老人医療制度にかわりまして、都道府県単位ですべての市町村が加入して設立いたします広域連合を独立した保険者として、75歳以上の高齢者を対象といたしました後期高齢者医療制度が実施されることでございます。それに伴いまして、高齢者の医療の確保に関する法律第48条等の規定によりまして、後期高齢者医療制度の事務の処理及び新法の施行準備のため、本規約のとおり埼玉県内のすべての市町村が加入する埼玉県後期高齢者医療広域連合を設立することにつきまして提案をするものでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上でございます。



○議長(秋坂豊君) 以上で議案の説明はすべて終了いたしました。

                                              



△散会の宣告



○議長(秋坂豊君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

  ご苦労さまです。

                                      (午前10時11分)