議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成18年  4月 臨時会(第3回) 04月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成18年  4月 臨時会(第3回) − 04月24日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成18年  4月 臨時会(第3回)




             平成18年第3回三芳町議会臨時会

議 事 日 程 (第1号)

                       平成18年4月24日(月曜日)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                                
日程第 2 会期の決定                                     
日程第 3 承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町税条例の一部を改正する条例)
日程第 4 承認第 2号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町都市計画税条例の一部を改正す
             る条例)                               
日程第 5 承認第 3号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町国民健康保険税条例の一部を改
             正する条例)                             
日程第 6 議案第41号 三芳町税条例の一部を改正する条例                   
追加日程第1 議長の辞職の件                                  
追加日程第2 議長の選挙                                    
追加日程第3 副議長の辞職の件                                 
追加日程第4 副議長の選挙                                   
追加日程第5 議員派遣について                                 
追加日程第6 議会運営委員会委員の辞任の件                           
追加日程第7 議会運営委員会員の選任                              
出席議員(16名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    10番   秋  坂     豊  君     11番   鈴  木  周  一  君
    12番   横  田  英  明  君     13番   鈴  木  英  美  君
    14番   板  垣     清  君     15番   光  下  重  之  君
    16番   深  澤  勝  子  君     17番   久  保  俊  和  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   助   役   森  田  陽 一 郎  君

  収 入 役   高  橋     忠  君   総 務 担当   吉  野  茂  夫  君
                          参   事

  総 務 課長   砂  川  悦  廣  君   企 画 財政   細  谷  三  男  君
                          課   長

  税 務 課長   鷹  野  信  治  君   収 税 課長   古  寺  幹  男  君

  民 生 担当   清  水  政  雄  君   住 民 課長   鈴  木  栄  治  君
  参   事

  高 齢 者   加  藤  宗  良  君   健 康 福祉   荻  原  雅  夫  君
  支 援 課長                   課   長

  まちづくり   荒  野     卓  君   自 治 環境   石  畑  一  男  君
  担 当 参事                   課   長

  産 業 振興   秋  山  栄  二  君   まちづくり   田  中  喜  一  君
  課   長                   振 興 課長

  道路下水道   昼  間  茂  夫  君   教 育 長   池  上     仁  君
  課   長

  教 育 担当   宮  寺     勇  君   教育委員会   永  瀬  牧  夫  君
  参   事                   総 務 課長

  教育委員会   島  崎  利  雄  君   教育委員会   金  子     明  君
  学 校 教育                   生 涯 学習
  課   長                   課   長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   吉  野  義  之      事務局書記   齊  藤  慶  輔


                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(深澤勝子君) おはようございます。

  ただいま出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年第3回三芳町議会臨時会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                      (午前 9時31分)

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(深澤勝子君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、7番議員、杉本しげさん、8番議員、原武範君、以上2名を本会期中の会議録署名議員に指名いたします。

                                              



△議会運営委員長報告



○議長(深澤勝子君) 本日、議会運営委員会が開催されましたので、議会運営委員長より審議結果の報告を求めます。

  鈴木英美君。

          〔議会運営委員長 鈴木英美君登壇〕



◎議会運営委員長(鈴木英美君) おはようございます。議会運営委員会よりご報告を申し上げます。

  本日9時より第2委員会室におきまして、平成18年第3回臨時会の開催に当たり議会運営委員会を開催いたしましたので、その協議結果についてご報告をいたします。本臨時会に提出されます議案等は、承認3件、議案1件であります。

  まず、会期につきましては、本日1日限りといたします。

  次に、議案の審議順序ですが、承認第1号から承認第3号及び議案第41号を一括上程し、町長の提案理由の説明及び担当課長の議案の説明を受け、質疑、討論、採決につきましては、議事整理の都合上、議案ごとに行うことといたします。

  以上のように決定いたしましたので、よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

  以上です。

                                              



△会期の決定



○議長(深澤勝子君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。ただいまの議会運営委員長の報告がありましたように、本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 異議なしと認めます。

  よって、本臨時会の会期は本日1日限りと決定いたしました。

                                              



△諸般の報告



○議長(深澤勝子君) 諸般の報告を申し上げます。

  例月出納検査結果の報告がありましたので、お手元に配付してあります。

  なお、3月20日付で可決されました、さらなる総合的な少子化対策を求める意見書及び抜本的な都市農業振興策の確立を求める意見書は、内閣総理大臣初め関係各省庁へ送付いたしました。

  町長より本臨時会へ提出議案の報告並びに地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者の報告については、既に配付のとおりであります。

  3月29日、議会だより編集委員会が開催されました。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町税条例の一部を改正する条例) 



△承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町都市計画税条例の一部を改正する条例)



△承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)



△議案第41号 三芳町税条例の一部を改正する条例          





○議長(深澤勝子君) 日程第3、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町税条例の一部を改正する条例)から日程第6、議案第41号 三芳町税条例の一部を改正する条例まで、以上4件を一括議題といたします。

  提案者に提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) おはようございます。春うららかな季節を迎えまして、議員各位におかれましては、ご壮健にてそれぞれご活躍のほど、心からご同慶を申し上げます。

  さて、本日ここに平成18年第3回議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員各位のご出席を賜り、ご審議をいただきますことに深く感謝を申し上げます。

  それでは、本日ご提案申し上げました承認第1号及び承認第2号、承認第3号並びに議案第41号の4議案につきまして、一括して提案理由を申し上げます。

  本件につきましては、いずれも地方税法等の一部を改正する法律が本年3月31日に公布されたことに伴い、条例改正が必要となったものでございますが、承認第1号及び承認第2号並びに承認第3号につきましては、その施行日が本年4月1日となっていることから、専決処分により条例の一部を改正したものでございます。

  また、議案第41号につきましては、その施行日が平成18年7月1日となっていることから、本日三芳町税条例の一部を改正する条例として提案いたしました。

  以上、4議案につきましては簡単に提案理由を申し上げましたが、概要につきましては、引き続き担当課長より説明を申し上げますので、よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 以上で提案理由の説明を終了いたします。

  続いて、担当課長の議案の説明を求めます。

  承認第1号及び承認第2号について、税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) それでは、概要の説明をさせていただきます。

  先ほど町長からもお話がありましたとおり、平成18年度の税制改正に基づきます地方税法の改正が、平成18年3月27日、参議院本会議におきまして可決成立し、平成18年4月1日に施行されました。内容により施行日にちに違いがあることから、平成18年4月1日施行分で、当町の条例に関連する部分を専決処分とさせていただきました。また、たばこ税の改正につきましては、施行期日が平成18年7月1日でございますが、平成18年7月1日以降、小売業者の手持ち分にも課税されるということがありまして、事前説明会等の準備がございます関係上、今回議案提案をさせていただいたものです。

  それでは、個人住民税の内容から説明をさせていただきます。資料をごらんいただきたいと思います。また、あわせまして三芳町税条例の新旧対照表も参考にしていただければと思います。まず、個人住民税ですが、第1点目としまして、平成17年度税制改正で半減されました定率減税は、平成18年度をもって廃止されることとなりました。

  2点目としまして、均等割非課税限度額の扶養親族を有する場合の加算額が、「19万8,000円」から「18万9,000円」に改正されました。これにつきましては、税条例の新旧対照表の1ページ、第24条第2項関係を参照していただきたいと思います。

  また、所得割非課税限度額の加算額も「35万円」から「32万円」に改正されました。こちらにつきましては新旧対照表5ページ、附則5条関係を参考にしていただきたいと思います。

  続きまして、固定資産税でございますが、1点目としまして、現行の土地に係ります税負担の負担措置は不公平が長期にわたって持続する方式であり、また納税者にとって非常にわかりにくい方式であるとの理由から、次のように改正をされました。まず、宅地でございますが、宅地の中でも負担調整措置が改正されました。このうちの商業地等についてご説明申し上げます。

  まず、負担水準が70%を超える商業地につきましては、当該年度の評価額の70%を課税標準額とするということに改正されております。こちらは新旧対照表の10ページの第6項を参考に見ていただきたいと思います。

  次に、負担水準が60%以上で70%以下の商業地等につきましては、前年度の課税標準額を据え置くという改正がされております。こちらは新旧対照表の10ページ、第5項の関係がこちらに当たります。

  続きまして、負担水準が60%未満の商業地等につきましては、前年度の改善標準額に当該年度の評価額の5%を加えた額を課税標準額とするという方式に変更になりました。こちらは新旧対照表で8ページ、第12条第1項関係がこちらの改正になります。ただし、当該額が評価額の60%を上回る場合には60%相当額とし、評価額の20%を下回る場合は20%相当額とするという改正も行われております。こちらにつきましては、新旧対照表8ページから9ページの第2項、第3項がこちらの改正内容となります。

  続きまして、住宅用地でございますが、負担水準が80%以上の住宅用地につきましては、前年度の課税標準額を据え置くという措置がとられます。こちらは新旧対照表でいきますと、9ページ、第4項がこちらの改正になります。また、負担水準が80%未満の住宅用地につきましては、前年度の課税標準額に当該年度の評価額に住宅用地特例率、小規模住宅用地につきましては6分の1,一般住宅用地につきましては3分の1を乗じた額、これを本則課税標準額といっていますが、こちらの5%を加えた額を課税標準額とするという改正がされました。こちらは新旧対照表で見ていきますと、8ページの第12条の1項がこちらの改正内容となります。しかしながら、当該額が本則課税額の80%を上回る場合は80%相当額とし、本則課税標準額の20%を下回る場合には20%相当額とするという改正もされております。こちらにつきましては新旧対照表の9ページ、第3項を参照していただきたいと思います。

  また、平成19年度及び平成20年度におきます価格のいわゆる据え置き年度においても、簡易な方法により価格の下落修正ができる特別措置というのがありましたが、こちらにつきましては持続してこの措置を設けるということになりました。こちらは新旧対照表でいきますと、7ページ、第11項の2第1項と第2項がこれらに該当すると思います。また、著しい価格下落に対応しました臨時的な税負担の据え置き措置については、残念ながら廃止されることとなりました。こちらは新旧対照表12ページの第13条の3を参考にしていただきたいと思います。

  続きまして、農地でございますが、農地につきましては一般農地と一般市街化区域内農地に関する措置ということで分かれてありますが、いずれの畑についても従来の制度を踏襲するということで改正がされております。こちらは新旧対照表11ページ、第13条関係をごらんいただきたいと思います。

  また、固定資産税の2点目の改正としまして、既存住宅の耐震改修にかかわります固定資産税を減額するという耐震改修促進税制の創設ということでございますが、昭和57年1月1日以前からあった住宅で、平成18年1月1日から平成27年12月31日の間に建築基準法に基づきます現行の耐震基準、これは昭和56年6月1日に施行されたものでございますが、こちらに適合させるような一定の改修工事を実施した場合、その旨を町に申告した者に限り、当該住宅に係る税額を2分の1に減額する措置でございます。

  また、減額は改修工事が完了した年の翌年度から工事完了時期に応じ、1年から3年度分実施するというものでございます。平成18年1月1日から平成21年12月31日までに改修を終えた場合には、翌年度から3年度分固定資産税を減額するということでございます。また、平成22年1月1日から平成24年12月31日までに改修を終えた場合は2年度分、平成25年1月1日から平成27年12月31日までに改修を終えた場合には1年度分をそれぞれ減額するというものでございます。

  また、減額対象の家屋でございますが、1戸当たり120平方メートル相当分までとするということでございます。また、減額を受けようとする対象住宅の所有者は、現行の耐震基準に適合した工事である証明を、改修後3カ月以内に町に申告をしなければならないという規定にもなっております。

  また、3点目といたしまして、都市計画税でございますが、都市計画税は固定資産税の改正と同様、負担調整措置の改正が行われました。内容につきましては固定資産税と同様でございますので、省略させていただきます。

  それから、引き続きましてたばこ税の説明もさせていただきたいと思います。たばこ税の改正でございますが、こちらは議案41号の関係でございますが、旧3級品以外の製造たばこ税が1,000本当たり現行の2,977円を3,298円に、また旧3級品の製造たばこ税につきましては、1,000本当たり現行1,412円を1,564円に改正するものでございます。実施時期につきましては、先ほど申し上げましたとおり、平成18年7月1日でございます。また、平成15年度の改正同様、小売業者への手持ち品につきましても、課税が実施されるということでございます。

  以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 承認第3号について、住民課長。



◎住民課長(鈴木栄治君) それでは、承認第3号 三芳町国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましてご説明いたします。

  今回の改正につきましては、平成16年度税制改正におきまして、平成17年度分の公的年金等の控除の見直し及び老年者控除の廃止に伴い、国民健康保険税負担の増加する高齢者に配慮した措置を講じたものでございます。参考といたしまして、新旧対照表をご確認いただきたいと思います。

  まず、附則第2項におきましては、附則第3項から附則第6項までの経過措置が追加されたことによります条文の整備でございます。附則第3項から附則第10項につきましては、経過措置が4項ほど追加されたことに伴い、附則第7項から附則第14項まで順次繰り下げたもので、改正される条文につきましては、地方税法の条項の改正に伴うものでございます。

  追加されました条文についてご説明申し上げます。まず、附則第3項及び附則第4項でございますが、第11条におきます国民健康保険税の減額を算定する所得判定に当たり、公的年金等の所得について、平成18年度で28万円、平成19年度で22万円を控除するものでございます。

  次に、附則第5項及び附則第6項でございますが、第3条において、国民健康保険税の所得割額の算定に当たり、公的年金等の所得について平成18年度で13万円、平成19年度で7万円を控除するものでございます。よろしくご審議のほどお願いします。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 以上で議案の説明を終了いたします。

  次に、質疑、討論、採決を議案ごとに行います。

  日程第3、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町税条例の一部を改正する条例)を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 参考資料の4ページの小規模住宅用地の場合の改定についてお伺いしたいと思いますが、今回は負担水準の80%以下を、今まで負担調整率を細分化しておりましたけれども、これをフラット化にしたような感じですけれども、予算のときにもお話があったかと思いますが、固定資産の評価額が下がるということで、国は3.8%ぐらい下がるだろうと言っているのですが、三芳町はどのくらい下がっているのか。そして、今度の改正によって、例えば上富とか北永井、藤久保、竹間沢、みよし台のどこか場所を一つ挙げていただいて、そこでどのくらい具体的に税が下がるのか、上がるのか、お伝えいただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  1点目ですが、評価額がどれくらい下がったのかという点につきましては、平均で約6%、1年間で下落しております。これはそれぞれ地区町内124カ所程度の標準値を設けていますので、一律で下がっているわけではございませんが、平均して6%ということでご承知おき願いたいと思います。

  それから、小規模住宅用地の税額がどれだけ変化するのかというご質問ですが、事例を挙げまして説明をさせていただきますと、まず上富地区の上富小学校付近、そちらにつきましては小規模住宅用地が平成17年度では、固定資産税平米当たり64円ということで課税をさせていただきましたが、平成18年度につきましては68円程度になろうかと思われます。また、北永井3区集会所付近でございますが、そちらにつきましては75円から81円に上昇、それから藤久保のマミーマート付近でございますが、180円から194円に上昇すると、みよし台の、これはインド料理屋さんがございますが、その周辺の住宅地におきましては、据え置きという形になろうかと思います。竹間沢の新開住宅でございますが、この辺ですと160円が174円程度に上がるものと思われます。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

  6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 何点かお尋ねいたします。

  まず、参考資料の1ページで、先ほど説明にもありましたけれども、個人住民税において均等割非課税額の限度額の扶養親族を有する場合の加算額が9,000円減となり、そして所得割非課税限度額の換算額も3万円の減となりますけれども、それぞれの対象者についてお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  こちらにつきましては、残念ながら現在の課税の統計数値から把握することができませんので、具体的なお話をすることもできません。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 町民の中でこういうふうに税金が逆に加算をされていくという増税になるわけでありますけれども、その影響額についても、もしわかればお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  非課税限度額、あるいは所得割の限度額の変更による税額の変更ということでございますが、所得内容はわかりませんので、具体的なお答えはできないと思いますが、限度額が引き下げられるということで、今まで非課税から課税に移る方は何人かいらっしゃるかと思われます。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) わかりました。

  それから、3ページの商業地域等の場合ですけれども、平成15年度から平成17年度のこの説明の解説の中では、地価下落対応据え置き措置ということでありましたけれども、しかし18年度からはこの措置が廃止をされております。この辺に伴って先ほど課長が住宅の方でも説明がありましたように、ほとんどの地域で増税となりますけれども、この商業地等の場合においても、こういった措置が廃止に伴うことによって、町内の増税額はどのくらいになるのかお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  今回の税制改正の一番大きな影響を受ける土地がこの商業地等の場合でございます。こちらにつきましては平成17年度の課税ベースで、あくまでも試算でございますが、細かい数値を別にして、大ざっぱな計算でやってみましたところ、3,000万円程度、こちらの商業地等に関しては全体で影響があるかと思います。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) それから、負担水準のゼロから20%のところの方々が、これがまた増税の影響が大きいと思いますけれども、当町においては、この部分においてはどのような地目で、そして所有者は何人ぐらいで、その辺についてお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  平成17年度の課税ベースで、唯一この非商業地等のところで負担水準が20%未満という方がいらっしゃったわけですが、平成18年度の評価額が6%下落したことによりまして、平成18年度の負担水準を計算しましたところ、20%未満の方はゼロということになりますので、今ご質問の内容の20%未満の方というのは、実質的にはゼロになってしまったということでございますので、該当者はないという形でお答えさせていただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町税条例の一部を改正する条例)について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(深澤勝子君) 起立多数であります。

  よって、承認第1号は原案のとおり承認されました。

  日程第4、承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町都市計画税条例の一部を改正する条例)を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町都市計画税条例の一部を改正する条例)について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(深澤勝子君) 起立多数であります。

  よって、承認第2号は原案のとおり承認されました。

  日程第5、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(三芳町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(深澤勝子君) 起立多数であります。

  よって、承認第3号は原案のとおり承認されました。

  日程第6、議案第41号 三芳町税条例の一部を改正する条例を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  議案第41号 三芳町税条例の一部を改正する条例について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(深澤勝子君) 起立多数であります。

  よって、議案第41号は原案のとおり可決されました。

  暫時休憩いたします。

                                      (午前10時04分)

                                              

          〔議長、副議長と交代〕



○副議長(高橋忠一君) 再開いたします。

                                      (午前10時30分)

                                              



△日程の追加



○副議長(高橋忠一君) ただいま議長、深澤勝子さんより三芳町議会会議規則第98条第1項の規定に基づき、副議長あてに議長の辞職願が提出されましたので、地方自治法第106条第1項の規定により副議長の私が職務を代理いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

  お諮りいたします。議長の辞職の件を日程に追加し、これを議題にすることに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 異議なしと認めます。

  よって、議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

                                              



△議長の辞職の件



○副議長(高橋忠一君) 追加日程第1、議長の辞職の件を議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により深澤勝子さんの退場を求めます。

          〔16番 深澤勝子君退場〕



○副議長(高橋忠一君) 辞職願を事務局長より朗読させます。



◎議会事務局長(吉野義之君) それでは、朗読いたします。

                     辞  職  願

  このたび一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されるよう地方自治法第108条及び三芳町議会会議規則第98条第1項の規定により願い出ます。

  平成18年4月24日

                                三芳町議会議長  深 澤 勝 子

  三芳町議会副議長  高 橋 忠 一 様

  以上です。



○副議長(高橋忠一君) お諮りいたします。

  議長、深澤勝子さんの辞職を許可することに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 異議なしと認めます。

  よって、議長、深澤勝子さんの辞職を許可することに決定いたしました。

          〔16番 深澤勝子君入場〕

                                              



△日程の追加



○副議長(高橋忠一君) ただいま議長が欠けました。

  お諮りいたします。議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 異議なしと認めます。

  よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。

  休憩します。

                                      (午前10時32分)

                                              



○副議長(高橋忠一君) 再開します。

                                      (午前11時00分)

                                              



△議長の選挙



○副議長(高橋忠一君) 追加日程第2、議長の選挙を行います。

  選挙の方法は、投票、指名推選のいずれの方法にいたしますか。

          〔「投票」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 投票という声がありますので、選挙は投票により行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 異議なしと認めます。

  よって、選挙は投票により行います。

  ただいまより投票を行います。

  議場の出入り口を閉鎖します。

          〔議場閉鎖〕



○副議長(高橋忠一君) ただいま出席議員は16名です。

  次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に10番議員、秋坂豊君、11番議員、鈴木周一君を指名いたします。

  投票用紙を配付いたします。

          〔投票用紙配付〕



○副議長(高橋忠一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を点検いたします。

          〔投票箱点検〕



○副議長(高橋忠一君) 異状なしと認めます。

  念のために申し上げます。投票は単記無記名です。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員より順次投票をお願いいたします。

          〔投  票〕



○副議長(高橋忠一君) 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋忠一君) 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  開票を行います。

  立会人に指名いたしました10番議員、秋坂豊君、11番議員、鈴木周一君、開票の立ち会いをお願いいたします。

          〔開  票〕



○副議長(高橋忠一君) 選挙の結果を報告いたします。

          投票総数  16票

          有効投票  13票

          無効投票  3票

  有効投票中   秋坂 豊君 10票

          光下重之君 3票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は3.25票であります。

  よって、秋坂豊君が議長に当選いたしました。

  議場の出入り口の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕

                                              



△議長告知



○副議長(高橋忠一君) ただいま議長に当選されました秋坂豊君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をいたします。

  続いて、新議長に就任のごあいさつをいただきたいと思います。

          〔議長 秋坂 豊君登壇〕



○議長(秋坂豊君) それでは、議長の就任のごあいさつをさせていただきます。議長就任に当たりまして、心を込めてお礼のごあいさつをさせていただきます。

  ただいまは議員の皆様方の推挽によりまして、議会議長の要職につくことになりました。まことに身に余る光栄であります。心より感謝とお礼を申し上げる次第でございます。私は浅学非才を顧みまして、責任の重さを一層痛感いたしております。ここに議員の皆様方の推薦を受けました上は、町の発展と住民福祉の推進とともに議会の円滑な運営に当たり、公平な立場から誠心誠意最善の努力をいたす所存であります。何とぞ先輩、ご同輩の議員の皆様方、また町長初め執行部の皆様方の一層のご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。

  まことにありがとうございました。



○副議長(高橋忠一君) ありがとうございました。

  秋坂豊議長、議長席にお着き願います。

  以上で議長の職務代理を終わらせていただきます。ご協力ありがとうございました。

          〔副議長、議長と交代〕



○議長(秋坂豊君) 会議を続行したいと思いますが、議事の都合により暫時休憩をいたします。

                                      (午前11時14分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午前11時33分)

                                              



△日程の追加



○議長(秋坂豊君) ただいま副議長、高橋忠一君より三芳町議会会議規則第98条第1項の規定に基づき、副議長の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。副議長の辞職の件を日程に追加し、これを議題にすることに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

                                              



△副議長の辞職の件



○議長(秋坂豊君) 追加日程第3、副議長の辞職の件を議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により高橋忠一君の退場を求めます。

          〔9番 高橋忠一君退場〕



○議長(秋坂豊君) 辞職願を事務局長より朗読させます。



◎議会事務局長(吉野義之君) 朗読いたします。

                     辞  職  願

  このたび一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されるよう地方自治法第108条及び三芳町議会会議規則第98条第1項の規定により願い出ます。

  平成18年4月24日

                               三芳町議会副議長  高 橋 忠 一

  三芳町議会議長  秋 坂   豊 様

  以上でございます。



○議長(秋坂豊君) お諮りいたします。

  副議長、高橋忠一君の辞職を許可することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、副議長、高橋忠一君の辞職願を許可することに決定いたしました。

          〔9番 高橋忠一君入場〕

                                              



△日程の追加



○議長(秋坂豊君) ただいま副議長が欠けました。

  お諮りいたします。副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことと決定いたしました。

  休憩いたします。

                                      (午前11時36分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午前11時53分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 議事の都合により休憩いたします。

                                      (午前11時53分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午後 1時08分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 議事の都合により暫時休憩いたします。

                                      (午後 1時09分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午後 2時34分)

                                              



△副議長の選挙



○議長(秋坂豊君) 追加日程第4、副議長の選挙を行います。

  選挙の方法は、投票、指名推選のいずれの方法にいたしますか。

          〔「投票」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 投票という声がありますので、選挙は投票により行いたいと思いますが、これに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、選挙は投票により行います。

  議場の出入り口を閉鎖します。

          〔議場閉鎖〕



○議長(秋坂豊君) ただいま出席議員は16名です。

  次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に12番議員、横田英明君、13番議員、鈴木英美君を指名いたします。

  投票用紙を配付いたします。

          〔投票用紙配付〕



○議長(秋坂豊君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 配付漏れはなしと認めます。

  投票箱を点検いたします。

          〔投票箱点検〕



○議長(秋坂豊君) 異状なしと認めます。

  念のために申し上げます。投票は単記無記名です。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員より順次投票をお願いいたします。

          〔投  票〕



○議長(秋坂豊君) 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 投票漏れはなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  開票を行います。立会人に指名いたしました12番議員、横田英明君、13番議員、鈴木英美君、開票の立ち会いをお願いいたします。

          〔開  票〕



○議長(秋坂豊君) 選挙の結果を報告いたします。

          投票総数  16票

          有効投票  10票

          無効投票  6票

  有効投票中   古寺貞之君 7票

          杉本しげ君 3票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は2.5票であります。

  よって、古寺貞之君が副議長に当選いたしました。

  議場の出入り口の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕

                                              



△副議長告知



○議長(秋坂豊君) ただいま副議長に当選されました古寺貞之君が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をいたします。

  続いて、新副議長に就任のごあいさつをいただきたいと思います。

          〔副議長 古寺貞之君登壇〕



○副議長(古寺貞之君) ただいま皆様に大変お世話になりました。副議長就任に当たりましてごあいさつを述べさせていただきます。

  ただいま議員皆様方の推薦をいただき、副議長の栄職につかせていただくことになり、この上なき栄光と存じ感謝いたしております。同時にその任務の重大さを痛感するものであり、幸い人格、識見とも卓越された秋坂議長のもと、先輩、同僚議員の皆様方、そして町長初め執行部の方々のご支援をいただきまして、議長の補佐役として一生懸命務めさせていただきます。どうかよろしくご指導、ご鞭撻をお願いします。簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

                                              



△前正副議長退任のあいさつ



○議長(秋坂豊君) それでは、前正副議長より退任のあいさつをいただきます。

  代表として、前議長、深澤勝子さんにお願いいたします。

          〔前議長 深澤勝子君登壇〕



○前議長(深澤勝子君) 議員皆様、大変1年ありがとうございました。一言退任のごあいさつを申し述べさせていただきます。

  議長、副議長ともども、この1年間議員の皆様、そして町長初め執行部の皆様には大変ご指導、ご協力をいただき、まことにありがとうございました。心より厚く感謝を申し上げる次第でございます。また、新しい秋坂議長、古寺副議長には、議会運営のみならず、三芳町発展と議会発展のために、なお一層ご尽力いただきますよう心よりお願い申し上げるとともに、本日までご指導くださいました皆様に心から御礼申し上げまして、まことに簡単ではございますが、御礼のあいさつとさせていただきます。この1年大変ありがとうございました。



○議長(秋坂豊君) 深澤前議長につきましては、大変ご苦労さまでございました。ありがとうございました。

  暫時休憩いたします。

                                      (午後 2時48分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午後 2時49分)

                                              



△議員派遣について



○議長(秋坂豊君) 追加日程第5、議員派遣についてを議題といたします。

  会議規則第121条第1項の規定によりお手元に配付いたしました議員派遣についてのとおり、議員を派遣したいと思いますが、これに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、議員派遣についてのとおり議員を派遣することに決定いたしました。

                                              



△町長あいさつ



○議長(秋坂豊君) 町長よりあいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) 平成18年第3回議会臨時会の閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

  議員各位には、本日慎重なご審議を賜り、まことにありがとうございました。心よりお礼を申し上げますとともに、本日新たに議会議長に就任されました秋坂豊氏、そして副議長の古寺貞之氏に対しまして、心よりお祝いを申し上げます。今後とも町政推進に格段のご高配を賜りますようお願い申し上げます。

  また、ここで交代されました前議長の深澤勝子氏並びに前副議長の高橋忠一氏におかれましては、これまで各般にわたる多くのご指導、ご鞭撻を賜りまして、この場をおかりいたしまして厚く御礼を申し上げる次第であります。

  さて、第4次総合振興計画がスタートし、既に1か月が過ぎようとしていますが、本計画のダイジェスト版を5月1日をもって全戸配付することといたしましたので、よろしくお願い申し上げます。また、本年度は新しい組織のもとで行政を推進しているところでございますが、今まで以上に複雑かつ多様化する行政課題に的確に対処するために参事職を設けましたので、町民の皆様を初め議員各位のご理解とご協力、ご支援をいただきたいと存じます。

  終わりに、議員各位のますますのご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 暫時休憩します。

                                      (午後 2時53分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午後 3時03分)

                                              



△日程の追加



○議長(秋坂豊君) ただいま議会運営委員、古寺貞之君より三芳町議会委員会条例第13条第2項の規定に基づき、委員辞任願が提出されました。古寺貞之君の議会運営委員辞任の件を日程に追加し、これを議題とすることに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員の辞任の件を追加し、議題とすることに決定いたしました。

                                              



△議会運営委員会委員の辞任の件



○議長(秋坂豊君) 追加日程第6、議会運営委員の辞任の件を議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、古寺貞之君の退場を求めます。

          〔2番 古寺貞之君退場〕



○議長(秋坂豊君) お諮りいたします。

  議会運営委員、古寺貞之君の辞任を許可することに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、古寺貞之君の辞任を許可することに決定いたしました。

          〔2番 古寺貞之君入場〕



○議長(秋坂豊君) 休憩いたします。

                                      (午後 3時05分)

                                              



○議長(秋坂豊君) 再開いたします。

                                      (午後 3時16分)

                                              



△日程の追加



○議長(秋坂豊君) ただいま議会運営委員が欠員となりました。

  議会運営委員の補欠委員の選任についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

                                              



△議会運営委員会委員の選任



○議長(秋坂豊君) 追加日程第7、議会運営委員会委員の選任を行います。

  議会運営委員の選任については、三芳町議会委員会条例第8条第1項の規定により、深澤勝子さんを指名したいと思います。これに異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(秋坂豊君) 異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名をいたしました深澤勝子さんを議会運営委員会委員に選任することに決定いたしました。

                                              



△諸般の報告



○議長(秋坂豊君) 諸般の報告をいたします。

  ただいま議会運営委員会が開催され、副委員長に次の方が互選されましたので、ご報告いたします。

  副委員長に光下重之君が互選されましたので、ご報告いたします。

                                              



△閉会の宣告



○議長(秋坂豊君) 以上で本臨時会に付議されました案件はすべて終了いたしました。

  これをもって平成18年第3回三芳町議会臨時会を閉会いたします。

  ご苦労さまでした。

                                      (午後 3時18分)