議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成18年  3月 定例会(第2回) 03月03日−議案説明−01号




平成18年  3月 定例会(第2回) − 03月03日−議案説明−01号







平成18年  3月 定例会(第2回)




             平成18年第2回三芳町議会定例会

議 事 日 程 (第1号)

                         平成18年3月3日(金曜日)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                                
日程第 2 会期の決定                                     
日程第 3 議案第 3号 入間東部地区消防組合の規約変更について                
日程第 4 議案第 4号 入間東部地区衛生組合の規約変更について                
日程第 5 議案第 5号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第4号)             
日程第 6 議案第 6号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)       
日程第 7 議案第 7号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第3号)        
日程第 8 議案第 8号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第3号)           
日程第 9 議案第 9号 三芳町国民保護協議会条例                       
日程第10 議案第10号 三芳町国民保護対策本部及び三芳町緊急対処事態対策本部条例       
日程第11 議案第11号 三芳町災害派遣手当等の支給に関する条例                
日程第12 議案第12号 三芳町総合体育館条例                         
日程第13 議案第13号 三芳町立集会所条例                          
日程第14 議案第14号 三芳町保健センター条例                        
日程第15 議案第15号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正す
             る条例                                
日程第16 議案第16号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例    
日程第17 議案第17号 町長、助役及び収入役の給与等に関する条例の一部を改正する条例     
日程第18 議案第18号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例       
日程第19 議案第19号 三芳町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例           
日程第20 議案第20号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例   
日程第21 議案第21号 三芳町企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例  
日程第22 議案第22号 三芳町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例       
日程第23 議案第23号 三芳町個人情報保護条例の一部を改正する条例              
日程第24 議案第24号 三芳町ぬくもり基金条例の一部を改正する条例              
日程第25 議案第25号 三芳町ねたきり老人等手当支給条例の一部を改正する条例         
日程第26 議案第26号 三芳町重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例   
日程第27 議案第27号 三芳町農業センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例   
日程第28 議案第28号 三芳町視聴覚ライブラリーの設置及び管理に関する条例を廃止する条例   
日程第29 議案第29号 財産の取得について                          
日程第30 議案第30号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について
日程第31 議案第31号 埼玉県市町村職員退職手当組合の規約変更について            
日程第32 議案第32号 埼玉県市町村消防災害補償組合の規約変更について            
日程第33 議案第33号 埼玉県市町村交通災害共済組合の規約変更について            
日程第34 同意第 1号 三芳町公平委員会委員の選任同意について                
日程第35 同意第 2号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について          
日程第36 議案第34号 平成18年度三芳町一般会計予算                    
日程第37 議案第35号 平成18年度三芳町国民健康保険特別会計予算              
日程第38 議案第36号 平成18年度三芳町老人保健特別会計予算                
日程第39 議案第37号 平成18年度三芳町介護保険特別会計予算                
日程第40 議案第38号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計予算               
日程第41 議案第39号 平成18年度三芳町水道事業会計予算                  
出席議員(16名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    10番   秋  坂     豊  君     11番   鈴  木  周  一  君
    12番   横  田  英  明  君     13番   鈴  木  英  美  君
    14番   板  垣     清  君     15番   光  下  重  之  君
    16番   深  澤  勝  子  君     17番   久  保  俊  和  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   助   役   森  田  陽一郎  君

  収 入 役   高  橋     忠  君   代   表   落  合  佐和次  君
                          監 査 委員

  総 務 課長   宮  寺     勇  君   企 画 財政   吉  野  茂  夫  君
                          課   長

  秘 書 室長   清  水     務  君   管 財 課長   砂  川  悦  廣  君
  文化会館長   関     文  雄  君   税 務 課長   鷹  野  信  治  君

  町 民 課長   田  中  喜  一  君   福 祉 児童   清  水  政  雄  君
                          課   長

  健 康 課長   加  藤  宗  良  君   環 境 衛生   石  畑  一  男  君
                          課   長

  産 業 振興   秋  山  栄  二  君   都 市 計画   鈴  木  栄  治  君
  課   長                   課   長

  土木下水道   荒  野     卓  君   藤 久 保   大  川  源  治  君
  課   長                   出 張 所長

  会 計 課長   新  井  誠  一  君   教育委員会   嶋  村     清  君
                          委 員 長

  教 育 長   池  上     仁  君   教育委員会   島  崎  利  雄  君
                          教 育 次長
                          兼学校教育
                          課   長

  教育委員会   武  政  淳  子  君   教育委員会   金  子     明  君
  総 務 課長                   生 涯 学習
                          課 長 兼
                          体育館建設
                          準 備 室長

  教育委員会   石  子  正  明  君   水 道 課長   杉  山  政  秋  君
  藤 久 保
  公 民 館長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   吉  野  義  之      事務局次長   馬  場  初  江
  事務局書記   池  上  義  典      事務局書記   齊  藤  慶  輔


                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(深澤勝子君) おはようございます。

  ただいま出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年第2回三芳町議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(深澤勝子君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、2番議員、古寺貞之君、3番議員、加茂淳子さん、以上2名を本会期中の会議録署名議員に指名いたします。

                                              



△議会運営委員長報告



○議長(深澤勝子君) 去る2月28日、議会運営委員会が開催されましたので、議会運営委員長の報告を求めます。

  鈴木英美君。

          〔議会運営委員長 鈴木英美君登壇〕



◎議会運営委員長(鈴木英美君) おはようございます。議会運営委員会よりご報告を申し上げます。

  去る2月28日、第2委員会室におきまして、本日開会の平成18年第2回定例会の開催について、議会運営委員会を開催いたしましたので、その協議結果についてご報告をいたします。

  本定例会に提出されました議案等は、議案37件、同意2件、意見書4件、陳情書1件であります。

  まず、会期につきましては、本日3月3日金曜日より3月20日月曜日までの18日間といたします。

  なお、会期日程及び休会日につきましては、別紙会期日程表のとおりでありますので、ご確認いただきたいと思います。

  本日は、議案第3号から議案第33号及び同意第1号から同意第2号並びに議案第34号から議案第39号までを一括上程し、町長の提案理由の説明及び議案第3号から議案第33号、同意第1号及び同意第2号並びに議案第34号まで担当課長の説明を行うことといたします。

  週明け6日は、再び議案第34号から議案第39号まで担当課長の議案説明を行った後、議案第3号から議案第8号までを先行審議することといたします。

  また、一般質問につきましては既にお手元に配付してありますように、9名の議員より通告書が提出されております。なお、一般質問の順序につきましては、一般質問順序表に従いまして、7日、10日及び13日の3日間にわたり行うことといたします。

  次に、意見書第1号から意見書第4号については、本会議において審議することとし、陳情書につきましては配付のみといたします。

  なお、議案等の審議順序については、会期日程に従い順次審議することとし、質疑、討論、採決は各議案ごとに行うことといたします。また、議案第34号 平成18年度三芳町一般会計予算につきましては、最初に歳入全般、次に歳出につきましては款ごとに順次質疑を行い、最後に総括質疑を行います。

  以上のように決定いたしましたので、よろしくご審議のほどお願い申し上げまして、委員会の報告といたします。

                                              



△会期の決定



○議長(深澤勝子君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。ただいま議会運営委員長の報告がありましたように、本定例会の会期は本日から20日までの18日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会の会期は、本日から20日までの18日間と決定いたしました。

  なお、会期中の日程及び審議予定につきましては、お手元に配付してございます会期日程表のとおりであります。あらかじめご承知願います。

                                              



△町長あいさつ



○議長(深澤勝子君) 町長より平成18年度施政方針について発言を求められております。これを許可いたします。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) おはようございます。本日ここに平成18年第2回議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご壮健にてご出席を賜り、新年度予算を初め、町政の重要案件をご審議をいただきますことに深く感謝を申し上げます。つきましては、議案のご審議をお願い申し上げます前に、貴重なお時間をいただきまして、新年度における施策の大綱と私の町政運営に関する基本的な考えを申し上げ、議員各位を初め、町民の皆様のご理解となお一層のご協力をお願い申し上げる次第であります。

  それでは、平成18年度の施政方針を申し上げます。三芳町長に就任して15年2カ月、私はその責任の重さにこたえ、役割を果たすために、町民一人ひとりの心の豊かさを求め、「ひと みどり ぬくもりのまち」を目標とした第3次総合振興計画のもと、町政の各分野に積極的に取り組んで、その実効性を確保してまいりました。その間、多くの皆さんにご協力をいただきながら、人間味豊かな町民生活重視の施策を進めてまいりました。

  本年からは、これまでの10年でなし得なかった課題とともに、さらに飛躍・発展すべく「みんながつくる みどり いきいき ぬくものりまち」と定めた第4次総合振興計画を推進してまいります。特に本計画の推進に当たっては、パートナーシップや住民協働の理念を中心に、みんながつくるという視点に立った町政を実施することといたしました。

  さらに、これまでも簡素で効率的な行政運営を進めてまいりましたが、第3次行政改革大綱を受け、町民にわかりやすく親しみやすい組織づくりを目指し、平成12年以降の機構改革を実施してまいります。

  また、行政改革の一環として、本庁舎、それに藤久保、竹間沢の両出張所を試験的に毎月1回、土曜日に開庁し、転入や転出届などの一部の窓口業務を取り扱うことといたしました。

  新しい時代の要請と町民の皆さんの期待に的確にこたえていくためには、組織の見直しとともに、何よりも職員一人ひとりの意識改革はもとより、町民全体の意識改革が行われることこそ大切なことであると考えております。

  さて、日本経済の動向は、緩やかながら回復傾向を続けているものの、大都市と地方、大企業と中小企業との間ではいまだに格差があり、だれもが実感できるような景気回復には至っておりません。

  今、国では財政再建のため、地方にできることは地方にの原則に基づき、市町村合併や国から地方に交付する補助金の削減と国の税収を地方に移す税源移譲、それに国が地方に配分する地方交付税の見直しの三つを同時に進める、いわゆる三位一体改革に取り組んでおりますが、いずれも地方分権を推進して、行政経費の効率化と地方の自立を図ることを目的としております。

  三芳町といたしましても、福祉や教育など現場の実情を踏まえて、真の地方分権が早期に実現されるよう、国に対しまして要望しながら、町民の期待にこたえられる行財政運営を実現してまいりたいと存じております。

  続きまして、まちづくり構想、施策の大綱別に施政方針を申し上げ、皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

  自立性を持った特色のあるまちづくりを創造していくために、町民と行政のパートナーシップを推進してまいります。そのために、コミュニティー活動の拠点となる各集会所の整備と運営費の補助を行うとともに、本年度は上富第3区の第二集会所を建設いたしまして、地域の活性化を図ってまいります。

  まちづくりの大きなプロジェクトの一つでもあります「文化行政拠点ゾーン」の整備が(仮称)三芳町体育館の完成により、おおむね完了するところでございますが、この地域への来客者数の増加等をかんがみまして、隣接地に駐車場を拡張いたします。この秋には、体育館をオープンいたしますが、「コピスみよし」や総合運動場など公共施設を利用される人のために、インターネットによる公共施設の予約サービス等が簡単に受けられるよう、引き続きその環境を整備いたしてまいります。

  「いつでも、どこでも、何でも、だれでも」という将来のユビキタスネット社会は、国が目指す世界最先端のIT国家を2010年の実現に向けた新たな社会の姿でございます。本町におきましても、電子自治体構築に向けて、各公共施設とのネットワーク化を図るため、光ケーブルを利用した広域高速ネットワークを整備してまいります。このことにより、窓口での迅速な処理が期待できるとともに、ネットワーク間の強固なセキュリティー対策ができることとなり、個人情報の保護につながるものと考えております。行政に関する情報を町民の皆さんにわかりやすくお伝えするために、またより多くの町民に共有していただくために、町のホームページを見直し、グレードアップを図ってまいりましたが、「広報みよし」、「教育だより」等の広報紙につきましても、町に対する理解を深めていただくため、さらに内容を充実してまいります。

  健康は、すべての町民の願いであり、自立した活力のあるまちづくりへのキーワードでもあります。我が国における高齢化の進展や疾病構造の変化は、国民の健康増進への重要性を増大させており、健康づくりや疾病予防を積極的に推進するための環境整備が強く求められております。国では「健康日本21」を中核とする国民の健康づくり、疾病予防をさらに積極的に推進するため、健康増進法を施行し、個人、学校、事業者、行政等がそれぞれの立場で健康増進に努めることを法的に義務づけました。特に学校、病院、官公庁施設など、多くの人が利用する施設の管理者には、受動喫煙の防止対策を講じるよう求めております。本町では、以上のことを踏まえ、町が管理するすべての建物内について、この4月から終日禁煙とすることといたしました。ここに町民の皆様を初め議員各位のご理解とご協力を改めてお願い申し上げるものであります。

  さて、町民の健康保持につきましては、保健予防を初め基本健康診査、がん検診等を引き続き実施いたしますが、国民の健康意識への高まりとともに、これにかかる委託料の支出は年々ふえつつあることから、2市1町で協議を図り、一部ご負担をしていただくこととしました。また、乳幼児健診、予防接種などの保健情報を総合的に管理するとともに、一人ひとりの健康状態に合わせた健康相談、訪問など、受ける側の利便性を図るため、保健予防に関する事務の拠点を本庁舎から保健センターに移すこととしました。

  高齢社会を迎えた今日、すべての人々が自立しつつ、お互いに助け合い、ともに充実した人生が送れる社会の実現を図っていくことが私たちの責務であります。高齢者の自立支援や尊厳を保持するために介護保険事業を実施しておりますが、高齢者保健福祉計画とあわせ、介護保険事業計画のもとに、だれもが輝き、健康で生き生きと暮らせる町を目指してまいります。本年度は、介護保険制度の大幅な改正により、予防重視型システムへの転換や新たなサービス体系の確立などが図られます。町の第3期介護保険事業計画では、事業量の増加による保険料負担を準備基金の取り崩しなどにより、近隣自治体より低く設定するとともに、保健、医療、それに福祉との連携を図りながら、予防、治療、介護と一貫した体制をつくってまいります。

  これまで社会福祉事業につきましては、心身・身体に障害のある方に対します各種事業を積極的に進めてまいりましたが、さらに生活基盤の整備やきめの細かな人的サービスといった行政の支援体制を強化いたします。中でも障害者バリアフリー設備整備事業は、昨年の鶴瀬駅に続き、みずほ台駅構内にエレベーターと障害者用トイレを設置いたします。

  子育てに悩む母親がふえるとともに、生まれてきた子供や児童に対する身体的、心理的虐待や養育拒否といった事件も後を絶ちません。町では、児童虐待等相談対応職員による虐待の相談・要保護児童の保護支援を児童相談所の関係機関と連携を図りながら、事件の防止に努めてまいります。

  また、進む少子化と人口減への対策といたしまして、総合的な育児支援が大変重要な問題となってまいりましたが、育児への経済的な援助や仕事と育児との両立への支援は、社会全体で担っていく必要があると考えております。就学前までの乳幼児にかかる医療費の一部助成や9歳までの児童を養育している保護者に児童手当を支給することで、経済的負担の軽減を図り、次代を担う児童の健全な育成に努めてまいります。

  国民健康保険事業につきましては、長引く不況を反映して加入者の所得が低下するとともに、高齢者がふえる中、その医療費は増加の一途をたどっています。このため、その財政状況は依然として厳しい状況にあります。財源の根幹をなす国保税の収入率も全国的に低く推移しており、事業運営に大きな影響を与えております。本町におきましては、税の公平化を図る意味からも、引き続き収納率の向上に努めてまいりますが、不足する財源につきましては、一般会計の繰出金をもって基盤安定に努めてまいります。

  多くの町民があらゆる機会を通して、自分の人生をよりよいものに、また充実したものにしていくために、その学習の拠点となる施設の整備を進めてまいります。

  中央公民館は、既に40年が経過し、その老朽化が進んできましたので、保健事業や福祉センターなどの機能を備えた複合施設とするための準備を進めてまいります。

  学校教育におきましては、教育に関する三つの達成目標、「学力」「規律ある態度」「体力」に取り組み、知・徳・体の調和のとれた教育を推進します。子供たちが安全で安心して学べる教育環境を整備するため、各学校の修繕、改修はもとより、本年は三芳中学校体育館の耐震診断と三芳東中学校の校舎耐震補強設計業務委託を実施してまいります。

  芸術・文化の振興につきましては、町民が質の高い芸術や文化を鑑賞できるように、文化会館「コピスみよし」の主催事業をさらに充実した内容とするとともに、町民の文化活動への支援を行うことで、芸術や文化に対する意識の向上を図ってまいります。

  また、完成を見ます体育館は、子供から高齢者まで町民のだれもが気軽に利用できる施設として10月にオープンいたしますが、その運営に当たっては、効率的な経営とともに、安全・安心に関しても重点的に取り組み、インストラクターの常駐や自動体外式除細動器の配備など、スポーツ事故に適切に対応できるように努めてまいります。

  町民の財産である「みどり」は、町の象徴でもあります。これまでも自然環境の保全と推進につきましては、あらゆる機会をとらえ努力してまいりましたが、今後は町の緑豊かな自然を生かした農業・工業・住環境の調和のとれたまちづくりを推進してまいります。市街地の幹線となります都市計画道路の用地取得事業とともに、町民からの要望の多い都市公園の整備につきましても、用地の確保を含め、積極的に取り組んでまいりたいと存じます。

  豊かで潤いのある生活環境と住宅都市としての基調を維持する住環境整備につながる藤久保第一、北松原の両土地区画整理事業の進展は、町の要望を一変しつつありますが、引き続きその推進と助成に傾注してまいります。

  いつ発生するかわからない地震に備え、防災施設等の維持管理に努めるとともに、防災用非常食の備蓄の拡充に努め、差し迫って重要と思われる種々の対策に取り組んでまいります。

  また、本町は豊島区や秩父市など6市5町で大規模災害時の相互支援のためのネットワークづくりに取り組んでまいりました。今後は、相互支援の体制をさらに実践的なものとし、それぞれの自治体に住むすべての人々の安全・安心な生活を目指してまいります。

  学校や通学路で子供たちの命をねらった凶悪な事件が後を絶ちませんが、町では町内の小中学校に在籍する全児童生徒に防犯ブザーを配布し、防犯の強化を図ります。また、学校と家庭、地域が連携した防犯活動を推進し、子供たちを危険から守ってまいります。

  町民のライフラインであります上下水道事業につきましては、住民福祉の増進に資するという公営企業の究極の目的のため、現状の水道料金体制を維持するとともに、安心・安全・安定給水を目指し、事業運営に取り組んでまいります。

  また、公共下水道事業につきましては、生活環境向上推進のためにも、引き続き接続啓発に努め、さらに効率的な運営に努力してまいります。

  環境の保全は、行政だけの問題ではなく、町民一人ひとりの日常生活の中で考えていかなければならないことでございます。そして、人や環境に優しい社会の構築は、差し迫った課題である廃棄物、リサイクル問題に対処するためにも、町民や企業の協力が必要であります。

  町では、焼却施設を解体した跡地に、古紙等の資源ごみを収納するためのストックヤードを建設いたしましたが、これらの資源ごみの再商品化事業を積極的に推進してまいります。

  2市2町の一部事務組合であります入間東部地区衛生組合が進めている(仮称)入間東部広域火葬場は、このほど実施設計が完了し、平成19年度の供用開始に向けて建設工事に着工いたします。

  地域経済を支える既存産業である農業の発展とともに、潤いと安らぎのある都市環境を整備するため、農地の保全に努めてまいりました。その財産を次世代に良好な状態で引き継いでいくために、農業経営改善への助成と育成を図ってまいります。

  大企業を中心に業績の回復の兆しが見え始めてきたと言われておりますが、依然として中小企業を取り巻く環境は厳しいものがあります。町といたしましては、商工会との連携を図りながら、地域の活性化のために産業振興に向けた施策を展開してまいります。

  以上、平成18年度の町政推進に当たり、所信の一端を申し述べさせていただきました。議員各位並びに町民の皆様のより一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

                                              



△諸般の報告



○議長(深澤勝子君) 続きまして、諸般の報告を申し上げます。

  例月出納検査結果の報告及び行政報告がありましたので、お手元に配付してあります。

  また、本定例会までに受理した意見書等は、意見書4件、陳情1件であります。お手元に配付してあります。

  町長より、本定例会への提出議案の報告並びに地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者の報告については、既に配付のとおりであります。

  1月25日、入間東部地区消防組合議会議員視察研修。

  2月28日、議会運営委員会及び全員協議会。

  3月1日、埼玉県市町村議会議長会定例会総会及び自治功労者表彰式並びに入間東部地区衛生組合議会全員協議会がそれぞれ開催されました。

  なお、自治功労者表彰式におきまして、秋坂豊議員、横田英明議員が議会議員15年以上の在職の自治功労者の表彰を、また光下重之議員が議会議員30年以上在職の自治功労者表彰をそれぞれ受けられました。議会を代表して心からお喜び申し上げます。まことにおめでとうございました。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△議案第 3号 入間東部地区消防組合の規約変更について       

 議案第 4号 入間東部地区衛生組合の規約変更について       

 議案第 5号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第4号)    

 議案第 6号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 議案第 7号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 議案第 8号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第3号)  

 議案第 9号 三芳町国民保護協議会条例              

 議案第10号 三芳町国民保護対策本部及び三芳町緊急対処事態対策本部条例

 議案第11号 三芳町災害派遣手当等の支給に関する条例       

 議案第12号 三芳町総合体育館条例                

 議案第13号 三芳町立集会所条例                 

 議案第14号 三芳町保健センター条例               

 議案第15号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例

 議案第16号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例

 議案第17号 町長、助役及び収入役の給与等に関する条例の一部を改正する条例

 議案第18号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例

 議案第19号 三芳町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例  

 議案第20号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例

 議案第21号 三芳町企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例

 議案第22号 三芳町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例

 議案第23号 三芳町個人情報保護条例の一部を改正する条例     

 議案第24号 三芳町ぬくもり基金条例の一部を改正する条例     

 議案第25号 三芳町ねたきり老人等手当支給条例の一部を改正する条例

 議案第26号 三芳町重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例

 議案第27号 三芳町農業センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

 議案第28号 三芳町視聴覚ライブラリーの設置及び管理に関する条例を廃止する条例

 議案第29号 財産の取得について                 

 議案第30号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について

 議案第31号 埼玉県市町村職員退職手当組合の規約変更について   

 議案第32号 埼玉県市町村消防災害補償組合の規約変更について   

 議案第33号 埼玉県市町村交通災害共済組合の規約変更について   

 同意第 1号 三芳町公平委員会委員の選任同意について       

 同意第 2号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について 

 議案第34号 平成18年度三芳町一般会計予算           

 議案第35号 平成18年度三芳町国民健康保険特別会計予算     

 議案第36号 平成18年度三芳町老人保健特別会計予算       

 議案第37号 平成18年度三芳町介護保険特別会計予算       

 議案第38号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計予算      

 議案第39号 平成18年度三芳町水道事業会計予算         



○議長(深澤勝子君) 日程第3、議案第3号 入間東部地区消防組合の規約変更についてから日程第33、議案第33号 埼玉県市町村交通災害共済組合の規約変更について及び日程第34、同意第1号 三芳町公平委員会委員の選任同意について及び日程第35、同意第2号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について並びに日程第36、議案第34号 平成18年度三芳町一般会計予算から日程第41、議案第39号 平成18年度三芳町水道事業会計予算まで、以上39件を一括議題といたします。

  提出者に提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) それでは、ご提案申し上げました議案につきまして、順次その提案理由を申し上げますので、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。

  初めに、議案第3号 入間東部地区消防組合の規約変更について及び議案第4号 入間東部地区衛生組合の規約変更についての提案理由を申し上げます。この2議案につきましては、いずれも関係する地方公共団体と協議する必要が生じたことから、地方自治法に基づき提案いたしました。

  次に、議案第5号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第4号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正の主な内容につきましては、道路拡幅等に伴う用地買収費と財政調整基金及び地域福祉基金への積立金等でございます。なお、これに伴う財源につきましては、繰越金をもって措置させていただきました。

  次に、議案第6号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算は、一般被保険者及び退職被保険者等の療養給付費を増額補正するものでございます。財源につきましては、国庫負担金、療養給付費交付金及び前年度繰越金をもって措置させていただきました。

  次に、議案第7号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして申し上げます。本補正予算は、荒川右岸流域下水道維持管理負担金と下水道整備基金への積立金等であります。財源につきましては、前年度繰越金をもって措置させていただきました。

  次に、議案第8号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第3号)につきまして申し上げます。本補正は、地方公営企業の経営健全化と経営基盤を強化するため、地方公営企業繰り出し基準による基礎年金拠出負担金と消費税納税分の不足による補正であります。また、資本的収入の配水管整備事業の企業債借り入れに伴う財源補正であります。

  続きまして、議案第9号 三芳町国民保護協議会条例と議案第10号 三芳町国民保護対策本部及び三芳町緊急対処事態対策本部条例につきまして申し上げます。この2議案につきましては、いずれも武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に基づき、三芳町国民保護協議会と三芳町国民保護対策本部及び三芳町緊急対処事態対策本部を設置するために、それぞれの条例を制定するものであります。

  次に、議案第11号 三芳町災害派遣手当等の支給に関する条例につきまして説明を申し上げます。本案は、災害対策基本法及び武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に基づき、三芳町災害派遣手当等の支給を行うために、本条例を制定するものであります。

  次に、議案第12号 三芳町総合体育館条例につきまして説明を申し上げます。本案は、町民の体育、スポーツ及びレクリエーションの振興を図り、町民相互の親睦と健康の増進に寄与することを目的として、三芳町総合体育館を設置するため、地方自治法に基づき本条例を制定したく提案いたしました。

  次に、議案第13号 三芳町立集会所条例につきまして説明を申し上げます。本案は、地方自治法の一部改正を受け、新たに集会所の管理を町で行うこととするために、本条例を提案いたしました。

  次に、議案第14号 三芳町保健センター条例につきまして説明を申し上げます。本案は、多様化する保健サービスを効率的に提供できるよう、保健指導体制の充実を図るため、本条例を提案いたしました。

  続きまして、議案第15号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例につきまして提案理由を申し上げます。本案は、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律並びに障害者自立支援法の公布に伴い、本条例を改正したく提案するものでございます。

  次に、議案第16号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例から議案第18号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例までの3議案につきましては、三芳町特別職報酬等審議会の答申を受け、議会の議員の報酬額及び町長、助役、収入役並びに教育長の給与額の是正を図るため、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第19号 三芳町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例から議案第21号 三芳町企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例までの3議案につきましては、地方自治法の一部改正に伴い、それぞれの条例を改正し、あわせて三芳町職員と三芳町企業職員の給料表の整備を図るため、提案いたしました。

  次に、議案第22号 三芳町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例につきましては、特殊勤務手当の業務内容の再評価による是正を図るため、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第23号 三芳町個人情報保護条例の一部を改正する条例につきましては、三芳町の公の施設の管理を行う指定管理者に対して、町の個人情報取り扱い事務の委託を受けた者と同様の罰則を適用するため、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第24号 三芳町ぬくもり基金条例の一部を改正する条例につきましては、三芳町議会総務建設常任委員会の審議結果を踏まえ、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第25号 三芳町ねたきり老人等手当支給条例の一部を改正する条例につきましては、厚生労働省通知を受け、「痴呆」という用語を「認知症」に変えるため、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第26号 三芳町重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例につきましては、障害者自立支援法の施行及び知的障害者入所施設公費負担医療制度の廃止に伴い、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第27号 三芳町農業センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につきましては、地方自治法の一部改正を受け、新たに農業センターの管理を町で行うこととするために、本条例を改正したく提案いたしました。

  次に、議案第28号 三芳町視聴覚ライブラリーの設置及び管理に関する条例を廃止する条例につきましては、所期の目的が達成されたことから、視聴覚ライブラリーを廃止したく提案いたしました。

  続きまして、議案第29号 財産の取得についての説明を申し上げます。本案は、三芳町総合体育館等駐車場拡張用地を取得するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例に基づき提案いたしました。

  次に、議案第30号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてから議案第33号 埼玉県市町村交通災害共済組合の規約変更についてまでの4議案につきましては、いずれも関係する地方公共団体と協議をする必要が生じたことから、地方自治法の規定に基づき提案いたしました。

  次に、同意第1号 三芳町公平委員会委員の選任同意について提案理由を申し上げます。現委員であります小林吉夫氏が3月31日をもって任期満了となりますが、引き続き委員として任命いたしたく提案いたしました。

  次に、同意第2号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について提案理由を申し上げます。現委員であります浅沼健一氏が3月31日をもって任期満了となりますが、引き続き委員として任命いたしたく提案いたしました。

  続きまして、議案第34号 平成18年度三芳町一般会計予算につきまして、その概要を申し上げます。平成18年度の一般会計予算は、一段と厳しさを増す財政状況の中から、第4次総合振興計画が新たにスタートする年度として、重点施策に沿った事業を推進するとともに、所要財源の確保に努め、総額100億5,908万4,000円、対前年度比10.4%減の予算を計上させていただきました。

  次に、議案第35号 平成18年度三芳町国民健康保険特別会計予算につきまして申し上げます。本予算につきましては、前年度比8.38%増の総額33億522万1,000円を計上させていただきました。歳出予算の内容につきましては、保険給付費、老人保健拠出金及び介護納付金等でございます。歳入につきましては、国民健康保険税国庫支出金、療養給付費等交付金、それに一般会計からの繰入金等になります。

  次に、議案第36号 平成18年度三芳町老人保健特別会計予算につきまして申し上げます。本年度の予算総額は、前年度比0.52%減の19億4,813万2,000円で編成いたしました。歳出予算の大半を占める医療給付費及び医療費支給費につきましては、平成17年度の決算見込額により算出いたしました。なお、歳入につきましては、法令等に基づく所定の負担率をもって算定いたしました。

  次に、議案第37号 平成18年度三芳町介護保険特別会計予算につきまして申し上げます。本年度の予算総額は、前年度比5.82%増の9億8,601万4,000円で編成いたしました。予算の内容につきましては、その大半が保険給付費でございます。

  次に、議案第38号 平成18年度三芳町下水道事業特別会計予算につきまして申し上げます。本年度の主な事業につきましては、前年度に引き続きまして北松原土地区画整理事業と藤久保第一土地区画整理の二つの土地区画整理地内の整備、推進と特定環境保全公共下水道事業といたしまして、北永井の桜並と平野、上富東草及び竹間沢南側の一部の整備を進めてまいります。予算総額は、前年度比4.27%増の10億4,034万7,000円を計上いたしました。

  最後に、議案第39号 平成18年度三芳町水道事業会計予算につきまして、その概要を申し上げます。本予算の業務予定量は、給水戸数1万4,600戸、年間総給水量604万4,400トンと定め、事業収益は8億4,715万5,000円で、前年度に対しまして5,027万円の増となっております。一方、事業費用は前年度に対し1,069万1,000円増の8億5,235万9,000円となっております。なお、資本的収入額が資本的支出額に不足する額につきましては、過年度分損益勘定留保資金等で補てんさせていただきます。

  以上、ご審議をお願いいたしました議案につきまして提案理由を申し上げましたが、平成18年度の各予算の細部にわたる内容につきましては、議員各位のお手元に参考資料とともに予算資料を配付させていただきましたので、これをもって説明にかえさせていただきます。

  それでは、各議案の説明につきましては、引き続き担当課長より申し上げますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続いて、担当課長より議案の説明を求めます。

  初めに、議案第3号について、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) それでは、議案第3号 入間東部地区消防組合の規約変更についてご説明を申し上げます。

  平成17年10月1日付で上福岡市及び入間郡大井町が合併し、ふじみ野市となったことに伴いまして、入間東部地区消防組合の規約を変更することについて、関係地方公共団体と協議する必要が生じたため、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第4号について、環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) 議案第4号 入間東部地区衛生組合の規約変更についてご説明申し上げます。

  本規約の変更につきましては、上福岡市と大井町が合併し、ふじみ野市となったことによりまして、規約の一部の変更をするものでございます。

  それでは、別紙新旧対照表によりご説明させていただきます。

  第2条、組織についてでございますが、上福岡市、大井町がふじみ野市に変わり、団体数が4から3に減少する組合の組織の変更でございます。

  次に、第4条でございますが、事務所の位置でございますが、上福岡市大字駒林1066番地からふじみ野市駒林1066番地への事務所の位置の変更でございます。

  続きまして、第5条、議員の定数及び選出区分でございますが、上福岡市、大井町それぞれ5人がふじみ野市5人となりまして、20人が15人に減ずるものでございます。

  続きまして、第9条、設置及び選任の方法でございますが、副管理者4人が2人となりまして、常任副管理者の廃止でございます。副管理者につきましては、常任の副管理者を含め現行4人となっておりますが、常任の副管理者は昭和57年7月の規約変更以来選任されておりません。この間、組合運営に支障もなく円滑に機能しており、今後も必要ないということから削除することといたしました。常任副管理者と合わせて2人というものでございます。

  続きまして、第10条、任期でございますが、前条の常任副管理者の廃止による任期の削除でございます。

  それから、第14条の第2項、経費でございますが、火葬場及び斎場の事務のうち設置にかかる経費につきましては、合併前の負担割合、人口割80%、均等割20%を継続するものでありまして、均等割の経費は、合併前の市町の数で積算いたします。

  続きまして、同条3項、経費でございますが、火葬場及び斎場の管理に関する事務にかかる経費でございますが、これは均等割がなくなりまして、平成18年10月1日の人口割の人数で精算をいたします。

  次に、附則、施行期日の1項でございますが、今議会の議決を経まして、県が告示した日から施行ということになります。

  2項の第14条第1項のし尿に関する事務にかかる負担金の額といたしまして、合併後、平成28年3月31日までの10年間につきましては、現在の人口割50%、処理人口割30%、均等割20%といたしまして、均等割の経費は合併前の市町の数ということで、精算をいたします。

  3項は、この規約に定める負担割合は、5年をめどにいたしまして、再度協議するというものでございます。

  以上が入間東部地区衛生組合規約の一部変更でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第5号、企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、議案第5号の概要につきましてご説明いたします。

  配付の予算書をごらんいただきたいと思います。本補正予算につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ4億18万5,000円を追加いたしまして、総額を118億4,766万4,000円とするものでございます。

  その主な内容でございますが、まず5ページをお願いをしたいと思います。第2表の地方債の追加補正でございます。上段につきましては、平成17年度に東武鉄道及び富士見市と共同で進めております鶴瀬駅バリアフリー設備整備事業につきまして、埼玉県のふるさと創造貸付金を活用することといたしまして、750万円を措置するものでございます。下の段につきましては、町内の3路線の排水路整備事業の財源に充当したく、上段と同様、ふるさと創造貸付金1,200万を措置するものでございます。

  続きまして、11ページからの歳入についてご説明いたします。2段目の民生費国庫補助金216万円でございます。これにつきましては、当初予算では県費補助事業といたしまして、次の段の説明欄2行目にあります延長保育促進事業にて220万を計上したものでございますが、年度途中で国庫補助事業に変更されたため、組み替えてその補助決定額を措置するものでございます。

  次に、その下の民生費県補助金でございます。説明欄の1行目、一時保育促進事業補助金183万6,000円でございますが、名称変更がされまして、4行目にございます特定保育事業費補助金となったため、組み替えるものでございます。また、3行目のわがまち子育て総合支援事業補助金175万3,000円につきましては、家庭保育室運営費補助事業、それと17年度に新規に設けられましたアレルギー等対応特別給食提供事業にかかる補助金を合わせまして措置するものでございます。

  次のふるさと創造資金750万円につきましては、鶴瀬駅のバリアフリー化事業に対する県費補助決定額を措置するものでございます。

  続きまして、12ページになります。中段の民生費受託事業収入251万5,000円でございますが、これにつきましては各保育所におきまして、年度途中に他市町から保育受託をいたした児童にかかる保育料を措置するものでございます。

  次に、雑入の1,460万7,000円でございますが、説明欄の1行目の財団法人埼玉県市町村振興協会市町村交付金514万4,000円につきましては、平成17年度の市町村振興宝くじ、これの収益金が市町村に配分されるものでございます。2行目と3行目の各返還金343万5,000円及び602万8,000円につきましては、それぞれの17年度の実績見込みを考慮いたしまして、返還措置をするものでございます。

  次の過年度収入574万8,000円につきましては、平成16年度の保健福祉事業にかかる国、県負担金等の精算分を措置するものでございます。

  13ページの町債につきましては、最初に説明したとおりでございます。

  なお、別添の予算資料の中で上から3枚目になりますけれども、下水道事業債の節の金額が「750万」と表示されております。これは、ミスでございまして、「1,200万」ということになります。訂正していただければと思います。おわび申し上げます。別途添付の予算資料でございます。3枚目になります。企画財政課の分でございます。

  それでは、引き続きまして14ページからの歳出についてご説明いたします。一番上の段の電算処理費の補正額837万3,000円でございますが、これにつきましてはこのたび機構改革に伴いますネットワーク機器類の移動、設定にかかる経費及びこれに合わせまして庁舎内のLAN配線を整備いたしまして、電算環境の充実を図るため、その経費を措置するものでございます。

  次の15ページの下段になります。児童福祉総務費の扶助費915万2,000円でございますが、これにつきましては乳児医療費の支給が当初見込みより伸びている状況から、17年度不足見込額を今回措置させていただくものでございます。

  次に、保育所費の委託料、16ページの一番上になります。1,023万5,000円の減額措置でございますが、これにつきましては平成17年度から保育所の給食業務につきましては、外部委託で行うことといたしました。当初予算では4,300万円を計上いたしておりますが、実際に外部委託実施されたのが6月からということで、未執行分を減額措置するものでございます。

  続きまして、下の方になりますが、保健衛生総務費の委託料224万7,000円でございますが、これにつきましては基本健康診査等の受診者増に伴う不足分をここで措置するものでございます。

  その次の保健センター費の補正額430万7,000円でございますが、これにつきましては機構改革に伴います保健センターの事務室の整備等にかかる経費を措置するものでございます。

  次に、17ページになります。中段の道路新設改良費の公有財産購入費5,033万2,000円でございます。これにつきましては、町道幹線17号線及び藤久保106号線の道路用地を土地開発公社から買い取るため、措置するものでございます。

  次に、土地開発公社貸付金1,266万2,000円の減額措置でございますが、これにつきましては17年度における公社事業の進捗に基づき、所要の減額措置をするものでございます。

  次の財政調整基金費2億2,756万6,000円及び地域福祉基金費1億円、これにつきましては平成16年度の決算剰余金を積み立てるため、措置するものでございます。

  以上、補正予算第4号の概要説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案説明の途中ですが、休憩いたします。

                                      (午前10時34分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午前10時54分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 休憩前に引き続き、議案説明を続行いたします。

  久保俊和議員より早退するとの届け出が提出されましたので、ご報告いたします。

  議案第6号について、町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) 議案第6号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について説明申し上げます。

  既定の予算に1億7,481万6,000円を追加いたしまして、歳入歳出それぞれ32億4,543万2,000円とするものでございます。

  予算書の9ページをお開き願いたいと存じます。国民健康保険税の1目一般被保険者国民健康保険税の減額補正でございますが、当初予算で歳出予算の不足額を調整した予算額でございましたので、今補正で歳入歳出の収支のバランスを図るために不足額の調整を行う減額補正でございます。

  続きまして、国庫支出金の療養給付費負担金の増額補正でございますが、歳出の一般被保険者療養給付費の増額に伴います負担金の見込額の増額補正でございます。

  続きまして、療養給付費等交付金でございますが、一般被保険者と同様に退職被保険者の医療費の増加に伴います交付金の増額見込みの補正でございます。

  10款の繰越金ですが、16年度からの繰越金を財源とする補正でございます。

  続きまして、歳出、10ページになります。歳出の一般被保険者療養給付費の9,925万9,000円でございますが、当初予算より医療費の伸びが大きくございまして、不足が見込まれますので、残りの2カ月分を既に消化しました10カ月の平均の5%増で計算した不足見込額の補正でございます。

  また、2目の退職被保険者につきましても、一般と同様に月平均の5%ということで計算した不足見込額でございます。

  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第7号について、土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 議案第7号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。

  本補正予算は、既定予算の総額に歳入歳出それぞれ1,372万円を追加し、10億718万3,000円を計上するものでございます。

  歳入の主な内容といたしましては、11ページをお開き願いたいと思います。繰越金2,342万円の増額、また町債において970万円の減額になり、差し引き1,372万円の増額となっております。特に減額になりました公共下水道事業債の理由につきましては、区画整理地内の工事予定路線の延長が短くなったことによります。

  歳出におきましては、12ページをお開き願いたいと思います。下水道整備基金の積み立て1,031万8,000円の増額、荒川右岸流域下水道維持管理負担金が年間排出量の増額に伴いまして、350万円の増額となっております。なお、3月末の整備基金現在高は1,095万2,984円になりますが、平成18年度予算繰入金として1,000万円を見込んでおります。

  よろしくお願い申し上げます。以上です。



○議長(深澤勝子君) 議案第8号について、水道課長。



◎水道課長(杉山政秋君) 議案第8号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。

  今回の補正につきましては、地方公営企業繰り出し基準に基づきます基礎年金拠出金にかかわる負担金136万6,000円の収益的収入への増額と消費税及び地方消費税の納税額の不足により、300万円の増額をするものです。

  また、工事費の減に伴いまして、企業債を1,000万円減額するものでございます。

  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第9号から議案第11号まで、以上3件について、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) 議案第9号 三芳町国民保護協議会条例の制定についてご説明いたします。

  本条例につきましては、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の規定により、条例の制定をお願いするものでございます。

  まず、第1条、趣旨になりますが、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第40条第8項で、これは市町村の条例で定めることとなっております。これにより、三芳町国民保護協議会の組織運営に関し、必要な事項を定めたものでございます。

  第2条、委員になりますが、協議会の委員は25名以内とするものでございます。

  第3条、会長の職務代理ですが、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名する委員が職務を代理することとするものでございます。

  第4条、会議になりますが、会長が招集し、議長となる。

  また、第2項としまして、協議会は委員の過半数の出席がなければ会議を開き、議決することができないものとするものでございます。

  また、第3項としまして、協議会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによるものでございます。

  第5条、庶務になりますが、協議会の庶務は自治環境課で処理するものでございます。

  第6条、委任になりますが、協議会の運営に関して必要な事項は、会長が協議会に諮って定めるものとするものでございます。

  また、協議会の委員ですが、条例の第2条の委員の規定に関連しまして、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第40条、市町村協議会の組織で定めておりまして、会長は町長、委員は1号委員といたしまして指定地方行政機関の職員、2号委員といたしまして自衛隊に所属する者、3号委員といたしまして県の職員、4号委員といたしまして助役、5号委員といたしまして教育長及び消防長、6号委員といたしまして町職員、7号委員といたしまして指定公共機関、または指定地方公共機関の役員、または職員、第8号委員といたしまして国民保護に関し知識、または経験を有する者とし、町長が各号の委員のうちから任命する者でございます。委員の任期は2年と規定してございます。

  以上、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどをお願いを申し上げます。

  続きまして、議案第10号 三芳町国民保護対策本部及び三芳町緊急対処事態対策本部条例の制定についてご説明を申し上げます。

  本条例につきましては、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の規定により、条例の制定をお願いするものでございます。

  まず、第1条、趣旨でございますが、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第31条、条例の委任規定により、三芳町国民保護対策本部及び三芳町緊急対処事態対策本部に関し、必要な事項を定めたものでございます。

  第2条、組織になりますが、三芳町国民保護対策本部に本部長、副本部長及び本部員のほか町長が任命する職員を置くことができるものでございます。

  第3条、会議になりますが、会議は必要に応じ本部長が招集する。

  第2項としまして、国の職員、その他の町職員以外の者を会議に出席させるときは、当該出席者の意見を求めることができるものとするものでございます。

  第4条、部に関しましてでございますが、本部長が必要と認めるときは、三芳町国民保護対策本部に部を置くことができるものでございます。

  第5条、現地対策本部になりますが、三芳町国民保護対策本部に現地対策本部長、現地対策本部員、その他の職員を置くことができるものでございます。

  第6条、三芳町緊急対処事態対策本部についての事業でございますが、三芳町国民保護対策本部の関連事項において、三芳町緊急対処事態対策本部に準用するものでございます。

  第7条、委任になりますが、この条例に定めるもののほか、必要な事項は本部長の定めるところによるものでございます。

  まず、二つの対策本部についてご説明を申し上げます。三芳町国民保護対策本部につきましては、国は武力攻撃事態としまして弾道ミサイル攻撃、航空機による攻撃、ゲリラや特殊部隊攻撃等を想定してございます。また、三芳町緊急対処事態対策本部につきましては、大規模テロ等の事態になりますが、大規模集客施設、サリン等化学剤の大量散布、航空機等による自爆テロ等を想定しております。

  以上、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

  続きまして、議案第11号 三芳町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定についてご説明を申し上げます。

  本議案は、暴風雨雪、洪水等の自然災害、または武力攻撃等の災害により当町が被災し、その災害応急対策、または災害復旧のために災害対策基本法、または武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の規定により、国の行政機関、あるいは他の地方公共団体に職員の派遣を要請し、派遣を受けた場合、その当該職員に対し、災害対策基本法等の規定に基づき災害派遣手当、または武力攻撃災害等派遣手当を支給するため、その支給に関する必要な事項を制定するものでございます。

  まず、武力攻撃災害等派遣手当は、災害派遣手当と同様の性格を持ち、災害派遣手当等として一括して制定するものでございます。

  内容につきましては、災害派遣手当等は災害応急対策、または災害復旧のため当町に派遣された職員が当町の区域内に滞在することを要する場合に限り支給するもので、その額は別表に定めるとおりでございます。

  以上、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第12号について、生涯学習課長。



◎教育委員会生涯学習課長兼体育館建設準備室長(金子明君) 議案第12号 三芳町総合体育館条例につきましてご説明申し上げます。

  本条例は、第1条にありますとおり町民の体育、スポーツ及びレクリエーションの振興を図り、町民相互の親睦と健康の増進に寄与する目的として、総合体育館を設置することに伴い、本条例を制定したく提案するものでございます。

  なお、本条例の制定に当たりましては、三芳町体育館運営計画審議会において先進地視察を含め4回の会議を開催し、慎重に審議いただきました。昨年12月に提出いただいております答申書を尊重しておりますことを申し添えます。

  それでは、条例の内容につきまして、主な条文についてご説明申し上げます。

  まず、管理及び位置についての第2条ですが、だれもがわかりやすく親しまれるよう三芳町総合体育館という名称にいたしました。

  次に、休館日についての第6条ですが、隣接します「コピスみよし」と同様に、毎週月曜日が基本的な休館日となります。その他必要が生じた場合には、休館日の変更や臨時に休館日を設定いたします。

  次に、開館時間についての第7条ですが、休館日と同様に幅広く皆さんにご利用いただくため、午前9時から午後10時までとなっております。

  次に、使用料についての第10条ですが、町民の皆様が待ちに待った体育館であり、健康の増進や交流、触れ合い場として、多くの町民の皆様にご利用いただくため、別表第1から第4のとおり低廉な料金設定になっております。

  次に、使用料の減免についての第11条ですが、町主催事業や小中学生のスポーツ大会及び高齢者の利用など、公用や公益上、その他必要がある場合は、減額、または免除することができるものです。

  以上、本条例の概要を説明させていただきました。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第13号について、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) それでは、議案第13号、三芳町集会所の設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  平成15年9月の地方自治法改正に伴い、公の施設の管理に指定管理者制度が導入されたことにより、これまで各地区の集会所は各区に管理をお願いしておりましたが、平成18年度より集会所の管理を町が行うため、また竹間沢地区に集会所を新設いたしましたので、条例の全部を改正しようとするものでございます。

  まず、第1条、目的及び設置になりますが、町民の文化的向上と福祉の増進と別表の集会所の所在地を定めたものでございます。

  第2条、時間になりますが、集会所の利用時間は午前8時30分から午後10時までと定めたものでございます。

  第3条、利用の許可等になりますが、集会所を利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならないと定めたものでございます。

  また、第2項としまして、許可に係る利用が第1号から第4号に該当する場合は、許可しないことを定めたものでございます。

  第3項といたしまして、許可する場合は、条件を付することを定めたものでございます。

  第4条、使用料になりますが、無料とすることを定めたものでございます。

  第5条、利用権の譲渡等の禁止になりますが、利用の権利を他人に譲渡し、または転貸してはならないことを定めたものでございます。

  第6条、利用の条件の変更、停止及び許可の取り消しになりますが、町長は利用者が第1号から第3号まで、また集会所の管理上、特に必要があるときは、利用の条件の変更、停止及び許可の取り消しをすることを定めたものでございます。

  第7条、利用許可の取り消し等による責任になりますが、利用者が利用許可の取り消し処分を受け、これによって損失を受けることがあっても、町はその補償の責務を負わないことを定めたものでございます。

  第8条、原状回復になりますが、利用が終わったときは原状に復さなければならないことを定めたものでございます。

  第9条、損害賠償になりますが、自己の責務に帰すべき理由により集会所の施設、もしくは設備損傷し、または物品を紛失し、もしくは損傷したときは、修理、または損害を賠償しなければならないことを定めたものでございます。

  以上、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第14号について、環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) 議案第14号 三芳町保健センター条例についてご説明申し上げます。

  本条例につきましては、18年度からの機構改革に伴い、保健予防に関する事務を保健センターに移し、住民の健康の保持及び増進を図り、もって健康づくりを推進し、保健サービスを効率的に提供するため、条例の全部改正をするものでございます。

  それでは、第1条でございますが、目的及び設置でございますが、この設置の中に名称、保健センターと位置、藤久保185番地1を組み入れたものでございます。

  第2条の業務につきましては、旧条例、これは健康相談等の業務を行ったときのものでございまして、それに保健予防係の業務、1号の保健計画に関すること。これにつきましては、三芳町母子保健計画に基づくもの、また健康日本21に基づくものでございます。それから、2号の健康づくりに関すること。これにつきましては、老健法、また介護保険法に基づくものでございます。それから、5号の感染症対策に関することでございますが、これは予防接種法に基づくものでございます。それから、6号の献血業務に関することでございます。これにつきましては、相互扶助の精神に基づくものということで、この4号をつけ加えたものでございます。

  続きまして、第3条、職員でございますが、保健センターに所長及びその他の職員を置くというものでございます。

  第4条、休館日ですが、日曜、土曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日というものでございます。

  次に、第5条、第6条、第7条、第8条につきましては、新たにつけ加えたものでございまして、第5条の開館時間につきましては、役場と同じ開庁時間の8時30分から5時5分までということになります。

  第6条の使用の許可等でございますが、旧条例では規則にうたっていたものを本条例にしたものでございます。

  第7条の使用料は無料ということで、第8条は損害賠償、施設や設備に損害を与えたものは賠償しなければならない。

  第9条の委任につきましては、その他管理に関し、必要な事項は規則で定めるというものでございます。

  以上が保健センター条例の全部改正でございます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第15号から議案第20号まで、以上6件について、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) それでは、議案第15号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  本条例につきましては、刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の制定に伴う地方公務員災害補償法の一部改正により、「監獄」を「刑事施設」に改めることになりました。

  また、障害者自立支援法の制定により、身体障害者福祉法第30条に規定してございます身体障害者療養施設等が自立支援法に基づく障害者支援施設に移行することになりましたので、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

  続きまして、議案第16号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例及び議案第17号 町長、助役及び収入役の給与等に関する条例の一部を改正する条例、続いて議案第18号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例について説明申し上げます。

  本条例改正につきましては、三芳町特別職報酬等審議会に諮問し、協議していただいた結果、社会経済情勢をかんがみて、平成5年改定時に戻すことで答申をいただきましたので、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  続きまして、議案第19号 三芳町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  本条例につきましては、地方自治法第204条第2項の一部改正に伴い、「調整手当」を「地域手当」に変更する必要が生じたこと、また職務給の原則に基づき、職責に応じ、一般職の給料表を「6級」から「8級」に変更したく提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  続きまして、議案第20号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  本条例につきましては、地方自治法第204条第2項の一部改正により、「調整手当」を「地域手当」に変更する必要が生じましたので、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどお願い申し上げます。以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 議案第21号について、水道課長。



◎水道課長(杉山政秋君) 議案第21号 三芳町企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。

  地方自治法第204条第2項の一部改正に伴い、調整手当の名称を地域手当に変更する必要が生じたため、町職員の給与に関する条例が一部改正されることにより、本条例も町職員の給与に関する条例に準拠して条例の一部を改正したく提案するものであります。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第22号及び議案第23号について、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) 議案第22号 三芳町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  本条例につきましては、国、県より特殊勤務手当の支給実態を精査し、是正するよう求められており、また特殊勤務手当は勤務の特殊性に応じ支給されるべきものであり、給与検討委員会で協議いたしました結果、特殊自動車作業手当、清掃業務手当、用地等交渉手当の3手当を廃止し、特殊勤務手当の適正化を図るため、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

  続きまして、議案第23号 三芳町個人情報保護条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  本条例につきましては、地方自治法の改正により指定管理者制度が導入されたことに伴い、指定管理者に町の委託業者と同様に罰則を適用するものでございます。罰則規定につきましては、さいたま地方検察庁と事前協議が必要であり、事前協議が完了したため、本条例を提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第24号について、企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、議案第24号の内容につきましてご説明いたします。

  町長の提案理由の説明にもございましたが、町民から要望書が提出されました三芳町緑の基金条例の設立につきまして、昨年の9月に開催されました議会、総務建設常任委員会における審議の結果を踏まえまして、現在のぬくもり基金条例の一部を改正するものでございます。

  総務建設常任委員会では、附帯意見といたしまして、現在のぬくもり基金条例に、一つ、タイトルに緑を強調する文言を入れる。二つ目として、住民参加型施策とするため、寄附条項を入れる。三つ目といたしまして、住民寄附を含め、緑の保全に対する住民への啓発活動をすることという3項目が上げられ、趣旨採択とされました。今回の一部改正では、これらに対応させていただくものでございます。

  なお、改正部分につきましては、添付しております新旧対照表のとおりでございます。

  よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案第25号について、福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 議案第25号 三芳町ねたきり老人等手当支給条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。

  平成17年1月7日付で、痴呆という用語が好ましくないため、認知症に改める旨の厚生労働省通達によりまして、関係する条例の改正を既に行っておりますけれども、本条例につきましては改正漏れがありましたため、今般改正をさせていただくものでございます。

  よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案第26号について、健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) 議案第26号 三芳町重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

  平成18年4月1日より障害者自立支援法が施行されます。また、あわせまして知的障害者入所施設公費負担制度が廃止されます。障害者自立支援法の施行等によりまして、障害者支援の実施市町村が明確化されることを踏まえまして、重度障害者医療費支給事業におきましても、受給者の認定を支援法と同様に取り扱うため、第3条を改正するものでございます。

  また、文言の整理、条文の整備等をするため、第6条、第7条、第11条を改正するものでございます。

  また、経過措置でございますが、この条例の施行の際、現に三芳町の受給者として認定を受けている方につきましては、第3条に規定する町の対象者でなくなった場合におきましても、引き続き三芳町の対象者としてみなすものでございます。

  以上でございます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第27号について、産業振興課長。



◎産業振興課長(秋山栄二君) 議案第27号 三芳町農業センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。

  平成15年9月の地方自治法改正に伴い、公の施設の管理に指定管理者制度が導入されたことにより、これまで農業センターの管理は上富第2区にお願いしておりましたが、18年度より農業センターの管理を町で行うため、条例の一部を改正しようとするものでございます。

  内容につきましては、お手元に配付しましたとおり、公共的団体に委託することができるという第10条を削除いたしまして、第11条を第10条に改めるというものでございます。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案第28号について、藤久保公民館長。



◎教育委員会藤久保公民館長(石子正明君) 議案第28号 三芳町視聴覚ライブラリーの設置及び管理に関する条例を廃止する条例についてご説明申し上げます。

  視聴覚ライブラリーは、ご承知のとおり昭和58年の藤久保公民館の開館に伴って、視聴覚備品を充実するために設置をされたものでございます。しかし、最近のIT技術の急激な変化やメディアの多様化等によりまして、従来の所有しておりますフィルムライブラリーのニーズは激減してきている状況です。また、県内のライブラリー数につきましても、平成16年の4月では36ございましたが、17年7月現在では26というふうに年々減少してきておる状況にございます。このような中、本町におきましても行政運営の見直しの一環としまして、所期の目的を達成したライブラリーにつきましては廃止をするということで、提案をするものでございます。

  ライブラリーの住民の利用につきましては、これまでどおり藤久保公民館で所有しております教材機材の提供をしてまいります。また、ビデオ等のソフトにつきましては、図書館の業務でもございますので、図書館の中で対応していくということで、住民の利用には支障のないようにしていきたいということで、提案をするものでございます。

  よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案第29号について、管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) 議案第29号 財産の取得についてについてご説明申し上げます。

  三芳町総合体育館等駐車場を拡張するため、三芳町大字藤久保字西1078番1、外計7筆。合計面積8,969.25平米を地権者6名の方より1億636万496円で用地を取得するに当たりまして、仮契約が締結できましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例に基づきまして上程するものであります。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第30号から議案第32号まで、以上3件について、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) 議案第30号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてご説明申し上げます。

  平成17年10月1日付で、熊谷市、大里郡大里町及び妻沼町を廃し、その区域をもって熊谷市を設置、北足立郡吹上町及び北埼玉郡川里町を廃し、その区域を鴻巣市に編入、上福岡市及び入間郡大井町を廃し、その区域をもってふじみ野市を設置、春日部市及び北葛飾郡庄和町を廃し、その区域をもって春日部市を設置、秩父郡小鹿野町及び両神村を廃し、その区域をもって小鹿野町を設置、また平成18年1月1日付で、深谷市、大里郡岡部町及び川本町、花園町を廃し、その区的をもって深谷市を設置、北埼玉郡南河原村を廃し、その区域を行田市に編入、児玉郡神川町及び神泉村を廃し、その区域をもって神川町を設置、平成18年1月10日付で、本庄市、児玉郡児玉町を廃し、その区域をもって本庄市を設置、平成18年2月1日付で、比企郡都幾川村及び玉川村を廃し、その区域をもってときがわ町を設置したことに伴い、関係地方公共団体と協議する必要が生じたため、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

  続きまして、議案第31号 埼玉県市町村職員退職手当組合の規約変更についてご説明申し上げます。

  平成18年1月10日付で、本庄市及び児玉町を廃し、その区域をもって本庄市を設置、また平成18年2月1日付で、都幾川村及び玉川村を廃し、その区域をもってときがわ町を設置、また都幾川村及び玉川村の合併に伴い、都幾川・玉川水道企業団が解散したことにより、埼玉県市町村職員退職手当組合の規約を変更することについて、関係地方公共団体と協議する必要が生じたため、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。

  続きまして、議案第32号 埼玉県市町村消防災害補償組合の規約変更についてご説明申し上げます。

  平成18年1月10日付で、本庄市及び児玉町を廃し、その区域をもって本庄市を設置、また平成18年2月1日付で、都幾川村及び玉川村を廃し、ときがわ町の設置に伴い、埼玉県市町村消防災害補償組合の規約を変更することについて、関係地方公共団体と協議する必要が生じたため、提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第33号について、土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) それでは、議案第33号 埼玉県市町村交通災害共済組合の規約の変更についてご説明いたします。

  本案件につきましては、本庄市及び児玉町が合併して本庄市となったこと並びに都幾川村及び玉川村合併してときがわ町になったことに伴い、埼玉県市町村交通災害共済組合規約を変更について協議したので、地方自治法第290条の規定によりまして、案を提案するものでございます。

  よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 次の同意第1号及び同意第2号については、人事案件のため説明は省略いたします。

  続いて、議案第34号について、担当課長の説明を求めます。

  議会事務局長。



◎議会事務局長(吉野義之君) 議会費の予算概要をご説明させていただきたいと思います。

  予算書の35ページをお開きいただきたいと思います。平成18年度の議会費の予算額は、前年度予算額の約99.4%の1億2,387万4,000円を計上させていただきました。議会費のおよそ91%が人件費に当たっております。

  その他主なものにつきましてご説明をさせていただきます。9節旅費につきましては、所管事務調査1回分を旅費にて計上しておりましたが、18年度はバスを借り上げて実施したく組み替えをしたため、前年度より32万2,000円減の54万9,000円を計上させていただきました。

  次に、10節交際費につきましては、前年より10万円減額の60万円を計上させていただきました。

  次に、11節需用費の印刷製本費、議会だよりにつきましては、前年度より約400世帯増を見込みましたが、ページ単価等前年の実績に基づき積算した結果、28万9,000円の減、168万4,000円にて計上をさせていただきました。

  次に、13節委託料の会議録作成につきましては、議会予定日数及び時間数等現状に合わせたため、前年度より129万5,000円減の161万5,000円を計上させていただきました。なお、議会だより配布委託料につきましては、前年度まで総務費にて「広報みよし」と一緒に計上しておりましたが、18年度から総務費から議会費に組み替え、70万5,000円を計上させていただきました。

  次に、14節使用料及び賃借料の借上料につきましては、所管事務調査1回分を旅費からバス借り上げに組み替えたものでございます。

  次に、19節負担金、補助及び交付金の負担金につきましては、議会議員互助会負担金及び郡議長会負担金の見直しをさせていただきました。

  以上で議会費の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) それでは、総務課に関係する予算内容について説明申し上げます。

  新規事業及び前年度と大幅に予算の変更のある事業、あるいは主要な事業について説明を申し上げます。その他のものにつきましては、予算資料にかえさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。

  まず、歳入でございますが、29ページをお願いいたします。29ページの14県支出金、3委託金、1総務費委託金、5選挙区委託金の県議会議員選挙執行経費交付金につきましては、19年4月上旬に予定してございます県議会議員選挙の交付金でございます。

  次に、32ページ、5雑入、1雑入でございますが、団体保険取扱手数料、健康管理手数料、団体生命共済配当金がその中の分でございますが、ほぼ前年度並みの予算でございますのでよろしくお願いいたします。

  次に、歳出についてご説明を申し上げます。35ページから38ページをお願いいたします。2総務費、1総務管理費、1一般管理費についてご説明を申し上げます。1報酬につきましては、36ページの特別職報酬等審議会の報酬は、17年度までは目、諸費で計上させていただきましたが、18年度より一般管理費で計上をさせていただきました。

  次に、2給料でございますが、17年度人事院勧告を受け減になりましたが、人事異動などにより増となっております。

  次に、3職員手当でございますが、地域手当、前年度までは調整手当ということでございますが、の減につきましては、前年度8%から7%に引き下げるものでございます。その他の手当の増減につきましては、17年度人事院勧告及び人事異動によるものでございます。

  次に、4共済費の増につきましては、人事異動等によるものでございます。

  次に、8報償費の減につきましては、職員勤続表彰を前年度までは、20年、30年、40年を対象としておりましたが、18年度から郡町村会に合わせて、勤続30周年のみの表彰とするため、減になったものでございます。

  次に、19負担金、補助及び交付金の職員退職手当組合負担金が減になっておりますが、前年度より退職者が少なくなったためでございます。

  次に、46ページをお願いいたします。46ページの11自治振興費についてご説明申し上げます。11需用費の修繕費につきましては、集会所の修繕費を増額をさせていただきました。

  次に、13委託料につきましては、上富第3区第2集会所建設工事設計監理委託及び18年度より各地区の集会所を指定管理者制度の関係で町が管理いたしますので、18年度まで集会所の管理費を補助金で計上していましたが、18年度から集会所受け付け業務委託として、委託料に計上をさせていただきました。

  次に、15工事請負費につきましては、上富第3区第2集会所建設工事、北永井第2区集会所トイレ改修工事、みよし台第1区集会所ホール空調設備改修工事を計上させていただきました。

  次に、49ページをお願いいたします。49ページ、13防災費について説明申し上げます。13委託料につきましては、防災マップ作成業務と18年度2市1町の合同防災訓練の会場が三芳町になりましたので、防災会場設営費を計上をさせていただきました。

  次に、18備品購入費につきましては、上富小学校に設置してございます防災倉庫が老朽化いたしましたので、取りかえをするため計上をさせていただきました。

  次に、15防犯対策費につきましては、ほぼ従来どおりの予算でございます。

  次に、54ページ、4選挙費、1選挙管理委員会費で次の選挙啓発費につきましても、ほぼ従来どおりの予算となっております。

  次に、54ページの3町長選挙費につきましては、町長が任期満了になりますので、その選挙にかかる経費を計上をさせていただきました。

  次に、4県議会議員選挙費につきましても、19年4月上旬に選挙が予定されておりますので、その選挙にかかる経費を計上させていただきました。

  次に、99ページをお願いいたします。99ページ、9消防費、1常備消防費につきましては2市1町の厳しい財政状況の中で減となっております。

  次に、2非常備消防費につきましては、町の消防団にかかる経費と新たに女性消防団員5名分の経費及び第5分団の消防車両購入の経費を計上させていただきました。

  次に、3消防施設費につきましては、前年度に消火栓を9基設置したため、その費用を負担するものでございます。

  以上、概略でございますが、総務課に関する予算でございます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続いて、企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、企画財政課に関係する予算につきましてご説明させていただきます。

  説明の前に予算全体にかかわるもので、従来と計上方法が一部変更されたところがございますので、あらかじめご承知おきいただきたいと思います。

  一つは、平成18年度予算から事業別予算計上の形式をとりましたので、事業実施に伴う職員の時間外勤務手当等につきましては、事業実施課において関係事業費目に計上することといたしました。例を申し上げますと、予算書の38ページをちょっと見ていただきたいと思います。文書広報費というのがございます。ここに、職員手当等で13万4,000円の時間外勤務手当と休日勤務手当が計上されておりますが、従来はこれは総務課の一般管理費ですべて人件費は計上しておりましたが、それぞれの内容によって行う費目で予算計上するという形をとりましたので、18年度予算の中ではいろいろな費目に時間外勤務手当等が載ってきますが、事業別予算という形式をとったことによるものでございます。先ほど議会事務局でも議会だよりの配布委託料、これを議会で計上したのもその一つでございますというふうにご理解をいただければと思います。

  それから、もう一点は4月から新たな組織機構となることから、事務分掌の移動がございます。これに伴いまして、予算書につきましては新たな体制に沿って作成してございます。新たな体制でつくっておりますが、別途配付の予算説明資料、これにつきましては現体制の担当課長が説明と答弁を行うことになりますので、配付資料につきましては、現体制に基づいて作成してございます。

  なお、移動する内容につきましては、予算説明資料の中で、何々課何々費へという表示をしてございますので、その点をご了承いただきたいと思います。

  それでは、まず歳入に入らせていただきます。予算書の8ページの第2表、債務負担行為でございます。これにつきましては、町道路用地先行取得事業といたしまして町道竹間沢36号線の歩道整備を計画し、伴う用地費等2,200万円を措置するものでございます。

  また、都市計画道路用地取得事業といたしまして、竹間沢・大井・勝瀬通り線の富士塚地域、それから俣埜地域の用地取得を進めたく、4億4,800万円の債務負担行為を設定するものでございます。

  次に、9ページの第3表、地方債でございます。下水道整備事業につきましては、緑ケ丘地区の排水路整備を計画しておりまして、この実施に当たりまして4,500万円の起債を見込み、措置するものでございます。

  次の小学校改修事業につきましては、藤久保小学校3号館の1階内装改修に起債を充当したく2,000万円を措置するものでございます。

  次の減税補てん債7,000万円につきましては、平成11年度から実施されております恒久的な減税に伴う地方税の減収に対応するための措置でございます。また、臨時財政対策債につきましては、地方の一般財源不足に対処するためのものですが、地方財政計画をもとに算定し、18年度は3億9,900万円を見込み、措置するものでございます。

  続きまして、歳入の説明をさせていただきます。19ページをお願いいたします。所得譲与税から次のページ、20ページの下段の地方特例交付金まで、これの各科目の計上額につきましては、平成18年度の地方財政計画をもとに、その伸び率と17年度決算見込額を勘案いたしまして算定させていただきました。

  続きまして、21ページ上段の地方交付税でございます。18年度における財政力指数は、単年度で1.149と見込まれ、引き続き普通交付税が不交付となる状況から、特別交付税のみ4,400万円を計上するものでございます。

  次に、26ページになります。一番下の段にございます県地方分権推進交付金でございます。平成18年度から新たに三つの事務の移譲を受けることとなっておりまして、前年度比100万円増の400万円を計上させていただきました。

  続きまして、28ページになります。やはり下段の総務費委託金の中の統計調査費委託金及び県単統計調査事務交付金でございますが、これらにつきましては18年度に行われます工業統計及び事業者・企業統計等の国指定統計調査にかかる経費、これらを見込み207万5,000円を、それから県の統計調査にかかる事務費といたしまして6万3,000円を見込み措置するものでございます。

  次に、30ページになります。基金の繰入金でございますが、財政調整基金につきましては平成18年度予算の調整に当たりまして、3億6,689万1,000円を繰り入れ措置するものでございます。また、地域福祉基金につきましては、保健福祉活動の振興を図るため、社会福祉協議会に対する補助財源として5,106万9,000円を措置するものでございます。

  次の清掃施設建設基金につきましては、ふじみ野市との広域ごみ処理にかかる焼却炉改修費の本町負担分3,102万2,000円を措置するものでございます。次の繰越金につきましては、1億5,000万円を前年度繰越金を見込んで計上するものでございます。

  次に、33ページの町債でございますが、これにつきましては最初にご説明させていただいた内容で措置するものでございます。

  引き続きまして、歳出の説明をさせていただきます。38ページをお願いいたします。一番下になりますが、財政管理費でございます。財政関係事務を進める上で必要な経費として16万4,000円を措置するものでございます。前年の倍増になっておりますが、これは時間外勤務手当等がここに入った関係でございます。

  次に、43ページ、下段からの企画費でございます。前年度比114万5,000円減の637万6,000円の計上となりました。減額の要因につきましては、第4次総合振興計画の策定にかかる経費がなくなったことによるものでございます。また、新たな取り組みといたしまして、第4次総合振興計画に基づく協働のまちづくり学習会や国際親善交流などを進めたく、それにかかる経費を措置させていただいております。また、組織機構の改正に伴いまして、住民相談員及び人権擁護委員に関係する経費を企画費で計上してございます。みどりの三富地域づくり及びくぬぎ山自然再生事業にかかる経費につきましては、18年度から都市計画費の緑化推進費の方に移行しておりますので、ご承知おきいただきたいと思います。

  次に、電算処理費でございます。前年度比1,613万円増の1億275万4,000円を計上しております。この要因につきましては、平成18年度に本庁と出張所等、各出先機関を光ファイバーを利用した高速ネットワーク網の整備を進めるとともに、文化会館の施設予約システムの開始とあわせまして、文化会館、公民館及び体育館にキオスク端末を設置し、町民の利用に供することといたしましたので、それらにかかる経費の計上及び現在利用しておりますパソコンのリースアップに伴う入れかえにかかる経費を計上したものが主な内容でございます。

  続きまして、46ページの公平委員会費でございます。これにつきましては、前年度と同様内容にて所要額を27万6,000円措置するものでございます。

  ページまた飛びますが、56ページになります。統計調査総務費及び指定調査費でございますが、歳入でも説明いたしました各種統計調査の実施にかかる経費につきまして、所要額2万4,000円及び213万円をそれぞれ措置するものでございます。

  次に、66ページになります。下段からの女性対策費でございますが、前年度比77万3,000円増の270万円を計上させていただきました。18年度におきましては、これまでの取り組みに加えまして、男女共同参画プランの改定に取り組むことといたしまして、意識調査を初め、それらにかかる経費を措置させていただくものでございます。

  続きまして、ページはかなり飛んで126ページになります。公債費でございますが、元金につきましては8億568万円、利子につきましては2億1,295万7,000円で、ともに前年度比、減額計上となっておりますが、これらにつきましては17年度をもって7本の町債の償還完了がされております。こういったものによって、減額ということになっております。

  次に、127ページの基金費でございますが、これにつきましては科目設置的な措置でございます。

  なお、各基金の積み立て状況につきましては、別途配付の資料を参考にしていただければと思います。

  最後に、お手元に18年度の政策別事業、これは第4次総合振興計画の施策体系に沿って作成してございます。及び財政指標等を掲載した参考資料を配付させていただいております。予算書とともに参考にしていただければと思います。

  以上で概要説明を終了させていただきます。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案説明の途中ですが、昼食のため休憩いたします。

                                      (午前11時53分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午後 1時08分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 休憩前に引き続き、議案説明を続行いたします。

  秘書室長。



◎秘書室長(清水務君) それでは、秘書室に関係いたします予算につきましてご説明申し上げます。

  予算書の35ページから38ページで、総務費の一般管理費と文書広報費になります。まず、37ページの一般管理費の交際費についてですが、平成17年度の実績を踏まえまして、本年度も減額といたしました。

  次に、需用費につきましては、対前年度比増となっておりますが、式典などで使用する賞状用紙の印刷費を計上したものでございます。

  次に、役務費につきましては、年賀状による新年のあいさつを取りやめたことにより、対前年度比減となっております。

  次に、委託料でございますが、町民の日の表彰式にかかる委託内容の変更により対前年度比増となりました。

  続きまして、38ページの文書広報費につきまして申し上げます。職員手当等でございますが、先ほど企画財政課長よりご説明がありましたとおり、事業別予算を実施ということで、本年度から計上させていただきました。

  次に、役務費でございますが、「広報みよし」の郵送先を少なくしたため、対前年度比減となっております。

  次に、委託料につきまして申し上げます。教育だよりと議会だより等の配布委託料をやはり事業別予算実施ということで、それぞれの担当課で計上することとしましたので、対前年度比減となっております。

  以上が秘書室に関係いたします予算の概略でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) 管財課がかかわります予算について説明させていただきます。

  予算書の29ページをごらんいただきたいと思います。款15財産収入、節1土地建物貸付収入ですが、17年度に比べまして192万円増になっておりますが、これは旧教職員住宅跡地を駐車場として貸し付けを行っているためによるものでございます。

  次に、31ページ、款19諸収入、項3目1貸付金元利収入でございますが、土地開発公社貸付金元利収入について、平成16年度土地開発公社が町からの依頼を受け買収いたしました幹線1号線、5号線、藤久保9号線及び藤久保89号線道路用地を、町が土地開発公社から買収することになりましたので、土地開発公社から当該事業に関する貸付金を返還していただくための予算を計上したものでございます。

  次に、33ページの款19諸収入、節1雑入の説明欄の中の職員駐車場代につきましては、駐車台数が減少しておりますので、36万円の減で計上させていただいております。

  続きまして、歳出予算について説明させていただきます。37ページ、目1一般管理費、節11需用費の欄でございますが、消耗品費536万3,000円のうち206万1,000円と印刷費112万8,000円のうち65万円が管財課の予算でございます。消耗品費につきましては、各課で利用する再生紙や印刷機の消耗品代でございます。

  続きまして、節14使用料及び賃借料をごらんいただきたいと思います。複写機借上料506万1,000円のうち505万7,000円と印刷機借上料31万円及び紙折り機借上料12万1,000円が管財課所管分でございます。複写機の借上料は、料金の見直しを行ったため、前年度予算を16万円ほど下回る予算を計上させていただいております。

  次に、39、40ページの目5財産管理費をごらんいただきたいと思います。節1報酬は、公有財産取得・処分等審議会の開催1回分を計上させていただきました。

  節11需用費でございますが、4,117万4,000円を計上させていただきました。前年度と比べまして103万1,000円の増となっております。増額となった理由につきましては、庁舎と車両修繕料が前年度よりも増額になりましたのと燃料費がガソリン等の価格の値上がりにより増額になったものでございます。

  続きまして、節12の役務費でございますが、989万円を計上させていただいております。内容につきましては、前年度より車検継続車両台数等の増によりまして、自賠責保険料が増加したため保険料がふえた予算になっております。

  続きまして、40ページの節13の委託料でございますが、庁舎の施設設備の維持管理や警備、電話交換、清掃業務等、委託により実施するための予算ですが、前年度43万5,000円ほど上回った予算を計上させていただいております。前年度ありましたパッケージ型空調機と総合監視室の自動制御設備機器オーバーホールの業務委託料が減額になりまして、電話交換業務の増員によりまして増加しております。

  続きまして、節14使用料及び賃借料でございますが、観葉植物の賃借料、土地借上料、清掃用具使用料及びテレビ受信料は、ほぼ前年同額ですが、電話交換機リース料が前年度よりも少なくなっております。

  続きまして、節15工事請負費でございますが、前年度取得しました駐車場用地の整備費として、外さく、造成、雨水処理、舗装等の工事費を計上させていただきました。

  続きまして、節18備品購入費でございまが、公用車3台を入れかえるための予算を計上させていただきました。普通貨物自動車、ダンプにつきましてはノックスPM対策地域での車検継続ができないため、また普通乗用自動車、軽貨物自動車は11年以上経過しておりまして、維持管理費がかさみますので、低排出ガス自動車への入れかえを計画させていただきました。

  節27公課費でございますが、公用車の車検と新規購入車両にかかる重量税分として72万1,000円を計上させていただいております。

  次に、ページが飛びまして127ページをごらんいただきたいと思います。土地開発公社貸付金でございますが、町が土地開発公社に委託した事業の借入金にかかわる償還金の元金と利息分を土地開発公社に貸し付けを行うため、1億7,518万3,000円を計上したものでございます。なお、平成18年度予算が前年度予算を5,161万5,000円ほど上回る理由としましては、土地開発公社が既に借り入れた資金の償還分と18年度に新たに借り入れを行う事業資金の利子償還分が発生するということで増加になっております。

  以上で管財課の予算説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 引き続き、文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) 文化会館に関する予算につきましてご説明を申し上げます。

  まず初めに、歳入につきまして説明させていただきたいと思います。22ページをごらんいただきたいと思います。文化会館使用料、附属設備、備品使用料につきましては、17年度の決算見込額を算定し、計上させていただきました。

  続きまして、32ページをごらんいただきたいと思います。雑入でございますが、文化会館事業入場料につきましては、芸術文化活動の自主公演に伴う入場料といたしまして、17年度実績並びに18年度コピス主催事業案内等を勘案し、1,050万円を計上したものでございます。

  次に、文化会館自主事業参加費につきましては、各種ワークショップ支援等事業参加費といたしまして算定し、計上させていただきました。

  続きまして、33ページのレストラン電気使用料、水道、下水道使用料戻入金に関しましては、全業者の実績等を勘案し、計上させていただきました。

  続きまして、歳出について説明申し上げます。予算書の41ページから43ページをごらんいただきたいと思います。予算額を17年度と比較しますと482万7,000円の増額となっております。要因といたしましては、報償費の会館主催事業謝礼、工事請負費によるものでございます。その他につきましては、ほぼ17年度同等の金額で計上させていただいております。

  まず初めに、41ページ、1節報酬に関しましては、会館の円滑な運営を図るため、文化会館運営審議会を2回予定し、計上させていただきました。

  次に、8節報償費に関しましては、18年度は開館5周年を迎える記念の年でありますので、主催事業としてワークショップ支援事業等を含め、24の事業を予定しております。3,400万円を計上させていただきました。また、来年度は町民の芸術文化活動の意識向上と交流を図るため、音楽、演劇、伝統芸能等継続的なものも含め、町民の発表の場、文化芸術鑑賞触れ合いの場、創造交流の場として利用していただくため、企画委員、職員が地域の方々の要望、提案、アンケート結果をもとに過去4年の分析、反省、評価を踏まえた上で、53本の提案の中から、豊かで確実な文化芸術事業をバランスよく提供できるような内容を計画いたしました。また、アドバイザー謝礼に関しましては、会館の円滑な企画運営管理を図るため、17年度同等の金額で計上させていただきました。

  次に、11節需用費の消耗品に関しましては、一般管理事務用消耗品のほか、舞台、音響、照明等機器用並びに自主事業用と分けまして記載させていただきました。いずれも創意工夫を加え、徹底した削減をより減額にて計上させていただきました。

  印刷製本費に関しましては、限られた予算で最大の効果を上げるため、ポスター印刷におきまして2事業以上を1枚のポスターで宣伝する形式に変更し、10%減額で計上させていただきました。

  修繕料に関しましては、会館内外の維持管理上必要なメンテナンス費用といたしまして、100万円を計上させていただきました。

  光熱水費に関しましては、17年度の決算見込額を算定し、予算計上をさせていただきました。

  次に、12節役務費の通信運搬費に関しましては、自主事業入場者顧客者へのダイレクトメールの増加、また事業案内等、住民への宣伝、周知等、特に必要なものに関しましては、工夫をして行っております。手数料に関しましては、自主事業案内チラシの新聞、「広報みよし」への折り込みとして計上させていただきました。また、18年度は消火器の薬剤の詰めかえが必要なため、計上させていただいております。

  次に、広告料として、より多くの町民を初め、多くの人々に文化会館を宣伝するとともに、多くの方に足を運んでいただけるようなイベントを、実施事業の東武東上線車内広告を2回予定し、予算を計上させていただきました。保険料に関しましては、ほぼ17年度と同等の金額で計上させていただいております。

  次に、43ページ、13節委託料の減額内容につきましては、18年度よりインターネットを利用した公共施設の予約システムの導入に伴いまして、現在行っています予約システム保守業務委託料が企画財政課へ移譲することによるものでございます。その他の委託料に関しましては、17年度と同等の金額となっております。

  次に、14節使用料及び賃借料に関しましては、17年度同様に会館主催事業開催時の送迎バスの借上料を公演の内容、公演の時間、またライフバス運行状況等を十分精査、検討し、計上させていただいております。

  次に、15節工事請負費に関しましては、管理運営上必要な会館内外の防犯等監視カメラ設置のため、計上をさせていただきました。

  以上、概略ではございますが、文化会館に関する予算の説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 引き続き、会計課長。



◎会計課長(新井誠一君) 会計課の予算につきましてご説明申し上げます。

  まず、歳入につきましては、31ページの款19諸収入の項2町預金利子でありますが、18年度も引き続き歳計現金等については、安全性の確保を第一と考え、無利息である決済用預金で運用していくこととし、前年度当初予算と同様に科目設置とさせていただきました。

  続いて、32ページの款19諸収入の項5雑入で、下段ですが、県証紙売りさばき収入でありますが、開発行為事務等が県から町へ事務移譲されたことと建築確認申請が民間に開放されていることに伴い、売りさばき収入の減額を見込み、前年度当初予算比で300万円減の350万円で計上しました。17年度も300万円の減額補正をしております。

  続きまして、歳出でありますが、予算書の39ページの目4会計管理費につきまして、主立った経費について説明させていただきます。まず、9旅費については収入役の宿泊研修がなくなり、前年度当初予算比2万5,000円減の3,000円を計上しました。

  続いて、11需用費の消耗品については、予算科目の整理見直しにより、県証紙購入費について、前年度までは目16の11需用費で計上しておりましたが、本年度より会計管理費で計上をいたしました。それに伴いまして、前年度当初予算比335万6,000円増の348万5,000円を計上しました。また、印刷製本費については、決算書の製本を外部委託することに伴い、前年度当初予算額26万3,000円増の42万5,000円で計上しました。

  続いて、19負担金、補助及び交付金ですが、入間郡収入役会の解散に伴い、負担金の減により前年度当初予算比3万3,000円減の1万円を計上しました。その他の経費は事務的経費につき、予算資料をご参照願います。

  最後に、目16諸費で、需用費中の県証紙購入費については、先ほど説明しましたが、18年度より目4会計管理費に計上してあります。

  以上で予算の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) それでは、税務課にかかわります予算の説明をさせていただきたいと思います。

  まず、歳入予算の方から説明させていただきます。平成18年度の町税全体の歳入予算につきましては、前年度予算を1.89%、税額にしまして1億2,924万7,000円の増額となります69億5,405万3,000円を計上させていただきました。

  税目別に概要説明をさせていただきますので、お手元の予算書15ページをお開きいただきたいと思います。まず、個人町民税でございますが、現年、滞繰を合わせまして、前年度8.53%、税額で1億4,309万5,000円の増額となります18億5,666万円を計上させていただきました。定率減税の半減、老齢者控除の廃止等、制度改正に基づく影響により、このような予算とさせていただいたものです。また、平成17年度の11月末現在の調定状況を見ますと、給与所得者の数、税額とも予算見込みを上回る状況にあり、給与所得環境の改善傾向も感じられることも、プラス要因として考慮させていただいております。納税義務者の数につきましては、このような理由により前年度に比べ大幅に増加するものと見込み、所得割で1万5,870人、均等割で1万7,800人を見込ませていただいております。

  続きまして、法人町民税でございますが、現年、滞繰を合わせ9億8,714万5,000円を計上させていただきました。前年度と比べ税額で9,697万8,000円、10.89%の増額となるものでございます。平成17年度は、企業の過剰体質の解消や不良債権問題が峠を越し、バブルの負の遺産の解消が図られたためか大変好調で、予算を13%から14%程度上回る決算が期待できる状況にあります。また、政府や民間経済研究機関によりますと、平成18年度も実質成長率は半減するものの、引き続き好調さが続くとして経済見通しが発表されていることなどを勘案させていただき、平成17年12月末現在の実登録法人数であります1,405社をもとに積算し、予算計上をさせていただいたものでございます。

  次に、固定資産税の概要でございます。予算書の16ページをお開きいただきたいと思います。現年、滞繰を合わせまして35億2,757万2,000円を計上させていただきました。前年度予算と比較しますと、税額で1億1,272万2,000円の減、3.09%の減額予算となるものでございます。土地の現年度分につきましては、前年度予算額と比較し1.85%、税額で2,813万円増額となります。15億5,200万円を計上させていただきました。土地にかかる固定資産税につきましては、全国的に依然として負担水準のばらつきが残っている状況にあり、課税の均衡化を一層促進する必要があるとしまして、平成18年度の評価替えにおいて負担調整措置の改正が行われることが決定しております。当町におきましては、前年度負担水準の低い一部の宅地を除きまして、ほとんどの宅地で税額が据え置きになるような状況にありましたが、この改正によりまして18年度には1点極めて負担水準の高い一部の土地以外では、税額が上昇するということになり、このような予算計上となったものでございます。

  次に、家屋につきまして説明申し上げます。家屋につきましては、評価替えによりまして評点数の見直しが行われました。この結果、在来家屋の評価額は、大幅な減価となるため、前年度予算額に比べマイナス9.0%、1億2,416万円の減額となります12億5,130万円を計上させていただいております。当町におきましては、近年木造専用住宅の新築が活発に行われている状況にありますが、大型非木造家屋の建設が激減したこともあり、評価替えによります原価減少分を新築家屋による増加分では吸収し切れず、このようなマイナス予算となったものでございます。

  続きまして、償却資産につきまして説明させていただきます。平成17年度は、法人収益の好転状況から、既存事業所の積極的な設備投資と新規事業所での増加分を期待したところでございますが、現状では新規事業所や既存事業所での増加分が既存事業所の減価償却分を下回り、決算見込みでは予算を若干下回ることが見込まれる状況にあります。18年度もこの傾向が続くものとすれば、大規模な既存事業所数社の減価償却分の影響が大きく、新規事業所等での増加分がこれらを上回ることは困難であると考えられますので、前年度予算と比較しまして、マイナス2.9%となります6億8,676万円を計上させていただいたところです。

  続きまして、国有資産等所在市町村交付金及び納付金でございますが、交付金につきましては、埼玉県が所有します県警待機宿舎と北永井森の里団地の固定資産税相当分が交付されるもので、前年同額の554万7,000円を計上させていただいています。納付金につきましては、日本郵政公社が所有します三芳郵便局の土地、家屋及び償却資産に対し納付されるもので、前年度と比較し26万5,000円マイナスとなります669万1,000円を計上させていただきました。マイナス分につきましては、三芳郵便局の家屋評価額の減価の影響によるものでございます。

  続きまして、軽自動車税でございますが、17ページをごらんいただきたいと思います。軽自動車税につきましては、平成17年11月末現在の登録台数をもとに積算させていただいたもので、3,471万6,000円の予算を計上させていただきました。前年度予算と比較しますと、258万1,000円の増額となります。2005年は、ガソリン価格の高騰の影響から、普通乗用車に比べ燃費や維持管理費に有利である軽自動車の登録台数が史上最高を記録したと言われております。この傾向は、当町におきましても顕著であり、四輪の軽自動車及び軽貨物車の登録が大幅に増加しているため、このような予算計上とさせていただいたものでございます。

  続きまして、18ページをお開きいただきたいと思います。町たばこ税でございますが、過去の消費本数を参考に、18年7月に実施される税率変更分を考慮し、2億5,655万6,000円を計上させていただきました。前年度の予算と比較しますと、金額で901万6,000円の増額となるものでございます。

  続きまして、都市計画税でございますが、前年度予算と比較しますと、マイナス3.27%、税額で943万6,000円の減額となります。2億8,615万円を計上させていただきました。固定資産税同様、土地につきましては負担調整措置改正の影響から17年度予算を上回るものの、家屋につきましては評価替えの影響に大きく減価措置が講じられますので、このような予算計上となったものでございます。

  続きまして、23ページをお開きいただきたいと思います。款12使用料及び手数料、目1総務手数料の徴収手数料でございますが、これは税務課や出張所の窓口で発行します各種納税証明等の手数料収入で、17年度の実績を参考としまして、予算計上をさせていただいたものです。

  続きまして、28ページをお開きいただきたいと思います。款14県支出金の徴税費委託金でございますが、町が行います個人県民税の賦課徴収事務に要する経費に対し、埼玉県が町に交付をするものでございます。5,364万6,000円を見込ませていただきました。個人町民税の増収見込みに合わせ421万8,000円の増収を見込んだものでございます。

  続きまして、30ページをごらんいただきたいと思います。30ページの下段にあります諸収入の延滞金、加算金、それから32ページに飛んでいただきまして上段にあります滞納処分費でございますが、予測が困難なことから前年と同額の予算計上とさせていただいております。

  続きまして、32ページの中段にあります雑入をごらんいただきたいと思います。雑入説明欄の上から6行目の確定申告書立替郵送料、こちらにつきましては国、県が支払われるもので、32万3,000円を計上させていただいています。

  また、33ページ、説明欄の上から7行目になります相続税路線価精通者意見謝礼につきましては、税務署から相続税路線価作成協力として支払われるもので、今年度につきましては7万3,000円を予算計上させていただきました。

  以上で歳入についての説明を終了させていただきます。

  続きまして、歳出の説明をさせていただきます。ページ数で51ページをごらんいただきたいと思います。まず、総務費、徴税費の税務総務費と賦課徴収費でございますが、前年度の予算書と比べますと、若干変更があります。まず、税務総務費ですが、前年度まで節1報酬としまして、固定資産評価審査委員会委員の報酬が計上されていましたが、18年度の機構改革によりまして、固定資産評価審査委員会事務局が総務課に移管されますので、予算書36ページにあります総務費、総務管理費の一般管理費の報酬に計上をさせていただいております。予算につきましては、委員さん3名が3回開催予定での予算となっております。給料、それから職員手当等につきましては、説明を省略させていただきます。

  続きまして、節19負担金、補助及び交付金をごらんいただきたいと思います。内容につきましては、前年度と同様でございますが、税務事務研修予算を4名から2名に減らしたことにより、前年度予算と比較しまして6万6,000円の減額予算となっております。

  続きまして、賦課徴収費についての説明をさせていただきます。まず、職員手当等でございますが、今年度より税務総務費から移行したもので、税務課職員の時間外や特殊勤務手当にかかわります予算の計上をさせていただいたものです。なお、時間外手当が昨年度より増額となっておりますが、機構改革によりまして収税部門で国保の収納業務を行うことになりますので、時間外も増加するものと見込み、このような予算計上をさせていただいているものです。

  続きまして、賃金でございます。本予算も税務総務費から移行したものでございますが、予算額は前年度の予算額を66万4,000円上回る計上となっています。従来、民間業者への委託により、年2回の間隔で閲覧用の土地家屋台帳の内容修正業務を実施してまいりましたが、より早く登記情報を台帳に反映したい。それから、閲覧者の利便性を上げたいということにより、臨時職員により修正業務を対応したく、このような予算措置をさせていただいたものでございます。

  その下にあります報償費につきましては、先ほど説明しました土地家屋台帳の修正業務を行う臨時職員のための報奨金として予算計上をさせていただいたものです。

  続きまして、需用費ですが、52ページの方をお開きいただきたいと思います。消耗品費及び印刷製本費ですが、住民税、固定資産税、軽自動車税の賦課徴収に要する経費を計上したものでございます。

  続きまして、役務費ですが、通信運搬費は申告書等の通知、納税通知書、徴収関係通知書の郵送料、また手数料につきましては、郵便振替手数料、口座振替手数料、預金等の調査照会手数料を計上させていただいたものです。前年度予算と比較しますと、145万8,000円の増額となっています。こちらにつきましては、国保税の督促状及び納付済み通知書の発送等にかかる経費、さらに新年度から実施する予定でおりますコンビニ収納にかわります電話回線使用料や振替手数料を見込んだため、このような増額予算となっているものでございます。

  次の委託料についてご説明を申し上げます。こちらも税務総務費からの移行分でございます。前年度の予算と比較しますと、691万9,000円のマイナスとなっております765万4,000円を計上させていただきました。18年度評価替え作業が終了したことに伴い、土地評価メンテナンス業務委託料が減少したこと、先ほど申し上げました土地家屋台帳の加除修正業務を業者委託から臨時職員による作業に変更したため、このように委託料が減額となっているものでございます。なお、新規の業務としまして、コンビニ収納業務にかかわります収納代行業務がこの予算項目から発生することになります。

  続きまして、使用料及び賃借料につきまして説明をさせていただきます。こちらの予算につきましても、税務総務費からの移行分でございます。内容的につきましては、昨年度同様ですが、8月に家屋評価システムの端末機1台を入れかえるため、若干予算が増額となっております。

  続きまして、償還金利子及び割引料でございますが、前年度40万円を下回る予算計上となっています。還付加算金の支出実績が少ないことから、このような予算計上とさせていただきました。

  以上で税務課にかかわります予算の説明を終了させていただきたいと思います。

  なお、詳細につきましては予算資料をごらんいただきたいと思います。

  また、本日ご説明申しました予算につきましては、新年度より税務課及び収税課の予算として組み替えが行われる予定になっておりますので、ご了承願いたいと思います。

  よろしくご審議のほどをお願いいたしますす。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) それでは、町民課に関係する予算についてご説明申し上げます。

  まず、歳入についてご説明いたします。23ページをお開き願いたいと存じます。上段にあります1目総務手数料、2節戸籍住民基本台帳手数料でございますが、件数が若干微増していますので、増額ということになっております。

  また、その下にあります3節の臨時運行許可手数料につきましては、前年度と同額を計上させていただきました。

  下段になります1目民生費国庫負担金、1節社会福祉費負担金の国民健康保険基盤安定国庫負担金でございますが、保険者支援分が平成15年度から3カ年の時限措置で17年度までということになってございましたが、昨年の12月18日、総務、財務、厚生労働省の3大臣の合意によりまして、21年度までの4年間の継続事業と決まりました。前年度の実績をもとに、負担率2分の1で計上いたしましたが、国保被保険者の増加に伴いまして対象者も増加しており、前年度比較微増の715万円となりました。

  続きまして、25ページをお開き願いたいと存じます。中段にあります1目総務費委託金、2節戸籍住民基本台帳委託金の100万円の外国人登録事務の交付金でございますが、取り扱い件数等の見込み増によりまして増額となっております。

  その下になります2目の民生費委託金、1節社会福祉費委託金の1,147万4,000円でございますが、基礎年金等事務費交付金、福祉年金事務費交付金、基礎年金協力・連携に係る経費につきましては、ほぼ前年度と同様な金額となっております。また、特別障害給付金事務費が少額の3,000円でございますが、新設で交付されるということの予算になっております。

  一番下になります1目民生費県負担金、1節社会福祉費負担金2,758万4,000円でございますが、保険税軽減分の負担率4分の3で2,400万9,000円、また保険者支援分では先ほど国庫負担金でご説明いたしましたとおりでございまして、負担率4分の1で357万5,000円の編成でございます。

  続きまして、歳出の説明をさせていただきます。52ページから53ページにかけてお開き願いたいと存じます。1目の住民基本台帳費でございますが、ほとんど前年同様でございますが、11節の需用費ので消耗品と印刷製本費でございますが、各種用紙等の在庫の棚卸しをすべて行いました結果、前年度と比べ、若干減額となってございます。そのほかにつきましては、前年同様の編成とさせていただいております。

  続きまして、63ページから64ページをお開き願いたいと思います。7目の国民年金費につきましては、ほぼ前年同様でございますので、省略させていただきたいと存じます。

  続きまして、67ページから68ページにかけてでございます。11目の国民健康保険費でございますが、28節の繰出金につきましては、加入者の増加と前期高齢者の増加により医療費が増加してございます。このため、国保会計の安定を図るとともに、被保険者の負担軽減を図るため、前年度より5,000万円増額して3億7,500万円を国保特別会計へ繰り出すものでございます。

  以上で町民課の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 引き続き、出張所長。



◎藤久保出張所長(大川源治君) それでは、出張所費について説明させていただきます。

  歳入は該当ありませんので、歳出の説明をさせていただきます。歳出の45、46ページの出張所費でございますが、本年度80万5,000円を計上し、前年度比較で6,000円の減であります。

  内容につきましては、藤久保出張所が37万4,000円で、前年度比3,000円の増でございます。その内訳は、主に燃料費の増でございます。

  竹間沢出張所費につきましては43万1,000円で、前年度比9,000円の減でございます。その内訳は、通信運搬費の減でございます。なお、藤久保、竹間沢出張所とも事務費のみでございます。

  詳細につきましては、予算資料のとおりでございますので、ご参照の上、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 引き続き、福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) それでは、福祉児童課が所管する部分につきまして、その概要をご説明いたします。

  初めに、21ページをお開きください。歳入、款11分担金及び負担金の目1民生費負担金ですが、主に保育所及び学童保育室の保護者負担金として、前年比7.2%増の1億1,459万5,000円を見込ませていただきました。

  次に、23、24ページになりますが、款13国庫支出金の目1民生費国庫負担金になりますが、1億5,393万6,000円と、前年比20.1%の減となります。これは、児童手当の負担率改定に伴うものでございます。

  次に、25、26ページになります。款14県支出金の目1民生費県負担金ですが、1億744万1,000円、前年比26.9%の増となります。これにつきましても、児童手当の負担率改定に伴うものでございます。

  次に、32ページになります。32ページ、款19諸支出金の目5雑入ですが、上から10行目の保育所等職員の給食費等につきましては、前年とほぼ同額を見込ませていただきました。

  引き続きまして、歳出につきましてご説明いたします。57ページから58ページになります。目1の社会福祉総務費ですが、こちらにつきましては人件費等の管理的経費及び各種団体に対する負担金と補助金が主なものとなります。計上額が2億5,158万5,000円、前年比で4.9%の増となっております。これにつきましては、職員1名増に伴う人件費及び社会福祉協議会に対する補助金の増額によるものでございます。

  次に、58から60ページになります。目2の障害者福祉費ですが、こちらにつきましては身体障害者、また知的障害者の事業に要する経費になります。計上額が2億6,761万3,000円と、前年とほぼ同額を計上させていただきました。また、18年度は新たな障害者福祉計画の策定に伴いまして、策定委員の報酬を計上させていただいております。

  また、節13の委託料につきましても、障害者福祉計画策定業務委託料及び心身障害者地域デイケア事業委託に要する経費といたしまして、427万4,000円を計上させていただきました。

  また、節19の負担金、補助及び交付金につきましても、先ほどのデイケア施設の開設に伴いまして、補助金として総額612万3,000円を計上させていただいております。

  次に、60から62ページになります。目3の老人福祉費ですが、こちらにつきましては介護保険対象外の高齢者福祉事業に要する経費になります。計上額が2億1,699万7,000円と、前年とほぼ同額を計上させていただきました。

  次に、63ページになります。下段の目5行旅病人及び死亡人取扱費ですが、こちらは身元不明の死亡人発生などにかかる一連の経費でございますが、計上額30万5,000円で増減はございません。

  次に、その下の目6災害救助費ですが、こちらにつきましては火災等による災害発生時の見舞金等の経費でございます。計上額が35万円で増減はございません。

  次に、64、65ページになります。目8の老人福祉センター費ですが、こちらにつきましては老人福祉センターの管理委託料並びに施設の維持管理に要する経費でございます。計上額が2,458万1,000円、前年比5%の減となっております。これは、昨年度給食室の改修工事があったことによるものでございます。

  次に、65から66ページになります。目9の障害福祉施設費ですけれども、計上額9,396万円と、前年比で4,486万8,000円、率にしまして91.3%で大幅な増となっております。この増加分につきましては、地域生活支援センターの運営に要する経費になります。従来の福祉関係部分につきましては、三芳太陽の家の管理委託料が主なものとなりますが、前年とほぼ同額の4,950万8,000円を計上させていただきました。

  次に、68、69ページ、目1の児童福祉総務費ですが、こちらにつきましては児童福祉関係の人件費及び各種団体に対する負担金と補助金が主なものとなります。計上額が1億6,669万1,000円、前年比で7%の増となります。増加要因につきましては、臨時職員の賃金及び扶助費の増額によるものでございます。

  次に、69ページから70ページになりますが、目2の児童措置費、こちらにつきましては管外保育の委託及び児童手当支給に要する経費となります。計上額が1億7,590万7,000円、前年比で6%の増となります。増加要因につきましては、児童手当の受給者の増により扶助費が1,115万円の増額となったものでございます。

  次に、70ページになります。目3の母子福祉費ですが、こちらにつきましては母子家庭及びひとり親家庭に要する経費でございますが、計上額977万4,000円で、前年とほぼ同額を計上させていただきました。

  次に、70から73ページになりますが、目4の保育所費、こちらにつきましては保育所の運営に要する経費でございます。計上額4億4,003万5,000円で、前年比で8.4%の減でございます。この要因につきましては、定年及び勧奨退職に伴う人件費の減によるものでございます。

  次に、73から74ページになります。目5の学童保育費ですが、こちらにつきましては学童保育室の運営に要する経費になります。計上額5,953万3,000円、前年とほぼ同額を計上させていただきました。

  次に、74、76ページ、目6の児童館費ですが、こちらにつきましては児童館の運営に要する経費でございます。計上額が6,241万円、前年とほぼ同額を計上させていただきました。

  次に、76、77ページ、目7になりますが、みどり学園費、こちらにつきましてはみどり学園の運営に要する経費でございます。計上額3,846万8,000円と、前年とほぼ同額を計上させていただきました。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 引き続き、健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) それでは、健康課にかかわります予算を説明させていただきます。

  健康課の予算につきましては、福祉児童課と共有している部分がございますが、健康課に関する主なもののみ説明をさせていただきます。

  まず、歳入ですが、24ページをお願いいたします。款13国庫支出金、目1民生費国庫補助金の節2老人福祉費補助金でございます。47万3,000円でございますが、老人医療費のレセプト点検等によります医療費適正化の推進事業に対します補助でございます。補助率は2分の1でございます。

  続きまして、27ページをお願いいたします。款14県支出金の節3重度障害者医療費補助金でございますが、2,912万5,000円計上させていただいております。医療費の支給事業に対します2分の1の補助でございます。

  続きまして、28ページになります。節5の児童福祉費補助金でございますが、その中のひとり親家庭等医療費支給事業補助金でございますが、476万1,000円を計上させていただいております。医療費の支給事業に対します2分の1の補助でございます。

  その下になりますが、節6乳幼児医療費補助金でございます。1,556万4,000円を計上させていただいております。対象年齢の拡大分等を除きました補助対象額の2分の1の補助でございます。

  以上が歳入の主なものでございます。

  続きまして、歳出について説明させていただきます。59ページをお願いいたします。款3民生費の項1社会福祉費、目2障害者福祉費、節の扶助費の関係でございますが、扶助費の重度心身障害者医療費5,825万2,000円につきましては、平成17年度の医療費の見込額に伸び率を3%を見込みまして計上をさせていただきました。また、障害者自立支援法の創設等による影響額をあわせて見込ませていただいております。

  次に、62ページをお願いいたします。節20の扶助費、老人医療費の関係でございますが、平成16年の1月1日に県の老人医療制度の改正がございました。また、同年6月1日に町の方の医療費制度の改正がございました。それによりまして、対象年齢が段階的に引き上げられまして、県の制度につきましは平成17年の12月診療分をもって終了いたしました。また、町の制度でございますが、18年の5月診療分をもって終了することとなります。今回の予算につきましては、平成17年度の平均単価に3カ月分の推計件数を乗じまして計上をさせていただいております。

  節28繰出金でございますが、老人保健特別会計への繰出金でございます。医療給付費の法定負担割合に基づきまして繰り出すものでございます。

  次に、63ページになりますが、目4の介護保険費の7の賃金でございますが、認定調査のためのケアマネの資格を持った臨時職員を採用していきたいということで、計上をさせていただきました。

  それから、20の扶助費でございますが、訪問介護利用者負担額助成16万8,000円でございますが、介護保険制度の創設に伴いまして、障害者の方の負担軽減を図るため、訪問介護利用者負担額の十分の7を助成するものでございます。その下の介護保険利用者負担助成でございますが、老齢年金受給者の方と町民税非課税世帯の方の負担軽減を図るため、助成するものでございます。

  なお、家族介護慰労金、また社会福祉法人等による利用者負担の減免助成を昨年まではこちらへ載せてございましたが、介護保険制度の改正に伴いまして、新たに創設されます地域支援事業の任意事業として、介護保険特別会計の方に予算を計上させていただきました。

  次に、28の繰出金でございますが、介護保険給付費の法定の負担割合の1億1,823万2,000円、また介護保険制度の改正に伴いまして、新たに創設されます地域支援事業の介護予防事業の事業費として25万円、包括的事業、任意事業費として89万2,000円、これに事務費114万2,000円と合わせまして1億3,860万1,000円を見込みまして計上をさせていただきました。

  次に、69ページになります。目1の児童福祉総務費の20の扶助費になります。乳幼児医療費の支給事業でございますが、17年度の医療費見込額に伸び率5%を見込みまして計上をさせていただいております。

  次に、70ページになります。目3母子福祉費の節20の扶助費ですが、ひとり親家庭等の医療費の関係でございます。これにつきましては、17年度医療費の見込額に伸び率3%を見込みまして計上させていただきました。

  以上でございます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) それでは、衛生費についてご説明いたします。

  まず、歳入でございますが、32ページをお願いいたします。目5雑入、下段の方になりますが、一般廃棄物(粗大ごみ・不燃ごみ)処理費2,762万5,000円でございますが、前年度当初上福岡市の粗大ごみの年間処理量を790トンと見込みましたが、18年度は650トンと140トンの減でございます。金額にいたしまして595万円の減となっております。要因といたしましては、ふじみ野市が硬質プラスチックの一部を簡易破砕いたしまして、その後焼却処理をしたための減額でございます。

  次に、33ページをお願いいたします。集団検診自己負担金でございますが、昨年からの懸案事項でありました胃がん検診等でございますが、財政的な問題もございまして、2市1町で協議をいたしまして、受診者の方に検診料の一部のご負担をお願いし、86万2,000円の雑入ということになっております。

  続きまして、歳出について説明いたします。66ページをお願いいたします。目9障害福祉施設費、節13委託料、精神障害者居宅生活支援事業でございますが、平成17年11月に障害者自立支援法が成立いたしまして、18年4月1日の施行に伴い、17年度は目3老人福祉費に計上されておりましたホームヘルプサービス事業の精神障害者3名分を障害福祉施設費に移行いたしまして、87万8,000円を計上させていただきました。

  次に、79ページをお願いいたします。目1保健衛生総務費、節13委託料、基本健康診査委託料でございますが、18年度は70歳以上と生活保護の方は今までどおり自己負担はございませんでしたが、40歳から69歳までの方は1,000円の自己負担をいただき、受診者数は6,000人を見込みまして、前年比585万2,000円の増の8,494万6,000円を計上いたしました。

  次に、80ページをお願いいたします。目2予防費、節13委託料、乳幼児予防接種委託料でございますが、風疹、麻疹の予防接種が予防接種法の改正によりまして、MR混合ワクチンに変更となりました。前年比166万円減の2,231万6,000円を計上いたしました。その2行後になりますか、高齢者インフルエンザ予防接種委託料でございますが、17年度当初2,000人と見込みましたが、17年度実績見込みが2,421人となりましたので、500人増の962万5,000円を計上いたしました。

  次に、81ページをお願いいたします。目3環境衛生費、節19負担金、入間東部地区衛生組合(火葬場・斎場分)でございますが、17年度事業といたしましては実施設計と外周道路整備関連事業が終了いたしまして、18年度は施工監理委託、建築及び火葬炉工事の一式、70%相当と外構工事一式の80%相当を計上させていただきまして、前年比4,918万4,000円増の6,232万1,000円を計上いたしました。

  続きまして、84ページをお願いいたします。目1清掃総務費、節19負担金、廃棄物処理施設技術管理者講習でございますが、廃棄物処理法によりまして、最終処分場を設置している管理者、また破砕リサイクル施設の処理能力が1日5トン以上稼働している施設に技術管理者を置くことが義務づけられております。その講習代として21万3,000円を計上いたしました。

  次に、85ページでございます。目2塵芥処理費、節13委託料、破砕不燃物処理委託料でございますが、17年度当初800トンと見込みましたが、実績で730トンと70トンの減ということになりました。要因といたしましては、ふじみ野市の粗大ごみ搬入量が減少したためでございます。18年度につきましては、17年度の実績を踏まえまして730トンとし、180万1,000円減の1,627万9,000円を計上いたしました。

  その下になります。再商品化業務委託料でございます。分別収集したプラスチック製を容器包装リサイクル法に基づき、圧縮ベール処理をしたものを財団法人日本容器包装リサイクル協会へ処理委託しておりますが、市町村の負担割合が17年度の7%から18年度は5%と変更になったため、130万9,000円減の255万2,000円を計上いたしました。

  次に、可燃物焼却委託料でございますが、平成17年10月1日にふじみ野市となり、旧大井町分の可燃ごみが上福岡清掃センターへ一部区域搬入処理されるようになりました。三芳町のごみ比率が45.7%から41.2%と下がりましたために、18年度の当初予算は2,000万円減の1億3,000万円を計上いたしました。

  次に、節19負担金、基幹改修費負担金でございますが、合併によりまして上福岡清掃センターで旧大井町の可燃ごみを焼却することとなり、当初負担していた三芳町の人口割合が40%から26%に変更となったため、3,428万7,000円減の3,102万2,000円を計上いたしました。

  以上で衛生費の当初予算の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

                                              



△延会の宣告



○議長(深澤勝子君) お諮りいたします。

  本日の会議日程はこの程度にとどめ延会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 異議なしと認めます。

  よって、本日の会議はこれにて延会することに決定いたしました。

  ご苦労さまでございました。

                                      (午後 2時17分)