議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成17年  9月 定例会(第5回) 09月12日−議案質疑−06号




平成17年  9月 定例会(第5回) − 09月12日−議案質疑−06号







平成17年  9月 定例会(第5回)




             平成17年第5回三芳町議会定例会

議 事 日 程 (第6号)

                          平成17年9月12日(月曜日)午前10時開議

日程第 1 認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定について
出席議員(16名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    10番   秋  坂     豊  君     11番   鈴  木  周  一  君
    12番   横  田  英  明  君     13番   鈴  木  英  美  君
    14番   板  垣     清  君     15番   光  下  重  之  君
    16番   深  澤  勝  子  君     17番   久  保  俊  和  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   助   役   森  田  陽 一 郎  君

  収 入 役   高  橋     忠  君   総 務 課長   宮  寺     勇  君

  企 画 財政   吉  野  茂  夫  君   秘 書 室長   清  水     務  君
  課   長

  管 財 課長   砂  川  悦  廣  君   文化会館長   関     文  雄  君

  税 務 課長   鷹  野  信  治  君   町 民 課長   田  中  喜  一  君

  福 祉 児童   清  水  政  雄  君   健 康 課長   加  藤  宗  良  君
  課   長

  環 境 衛生   石  畑  一  男  君   産 業 振興   秋  山  栄  二  君
  課   長                   課   長

  都 市 計画   鈴  木  栄  治  君   土木下水道   荒  野     卓  君
  課   長                   課   長

  竹 間 沢   馬  場  信  一  君   会 計 課長   新  井  誠  一  君
  出 張 所長

  教 育 長   池  上     仁  君
                                              

本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   吉  野  義  之      事務局次長   馬  場  初  江
  事務局書記   池  上  義  典      事務局書記   齊  藤  慶  輔





                                              



△開議の宣告



○議長(深澤勝子君) ただいま出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時59分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(深澤勝子君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                              



△認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定について



○議長(深澤勝子君) 日程第1、認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定についてを議題とし、歳出の質疑を行います。

  初めに、款1議会費、5ページから6ページ及び37ページから40ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款1議会費の質疑を終了いたします。

  続いて、款2総務費、5ページから6ページ及び39ページから68ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。

  交際費の町長交際費、不用額が……

          〔「ページ」と呼ぶ者あり〕



◆6番(吉村美津子君) 40ページの不用額の80万8,000円の、この不用額の内容についてお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 秘書室長。



◎秘書室長(清水務君) お答えします。

  当初の説明でもしたように、毎年交際費の支出については精査してまいりました。昨年も80万円ほどの不用額が出たわけですが、本年度においても同様に80万8,000円の不用額が出たものでございます。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。

  もう少し細かい説明をと思いましたけれども、今後も、ここのところが不用額ありますので、削減を考えていかれるのかどうかということと、それから私もう何回か一般質問とかでも尋ねましたけれども、この公開についてはどのように考えられているのか、その点についてお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 秘書室長。



◎秘書室長(清水務君) お答えします。

  16年度については220万円の交際費ですが、17年度については200万円にしてあると思います。

  また、公開についてですが、公開については、三芳町の情報公開条例がありまして、そちらの手続によります情報公開はさせていただいております。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。

  では、引き続きの削減の要望と、それから公開につきまして、埼玉市民オンブズマンの調査があったようですけれども、これでいきますと、町長交際費の中で、病気見舞いを含め個人名を全面公開するという、こういった市町村も多く、また病気見舞い以外の個人名を全面公開する、こういったところは埼玉県内では36市町村が公開をされております。こういった調査を行った中で、法人名、または団体名のみ一部公開するという、これは三芳町とそれから川本町だけのようです。今述べましたように、本当に多くの市町村がこういった全面公開の方向に行っていて、県内でも公開が余りされていない自治体は二つということでありますけれども、この点も踏まえながら、今後公開をするのが税金で行われているわけですから当然と思いますけれども、その辺について、再度もう一度お尋ねしておきます。



○議長(深澤勝子君) 秘書室長。



◎秘書室長(清水務君) 個人情報の保護法が本年度の4月より実施されております。議員さんにお渡ししました資料については、15年度のときの資料でございまして、これから個人情報保護条例、あるいは個人情報保護法との関係もありますので、その辺は慎重に行っていきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 二つにまたがるのではないかと思うのですが、55、56ページの自治振興費の中に入るのでしょうか。コミュニティ活動促進なのですけれども、説明書を見ますと、集会所委託料というのが366万9,000円余使っておりまして、ことしは99万6,000円なのですね。27%ぐらいになっているのですが、この集会所の委託料というのはどこでしょうか。それから、金額の確認をしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  済みません、もう一度ご質問の内容をお願いしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 説明書の69、70ページに、一番上にコミュニティ活動推進事業というのがありまして、全体では1,242万5,110円使っているのですが、この説明の欄の一番最後に集会所委託料というのがございまして、昨年から計算しますと27%ぐらいに減っているのですが、この集会所委託料というのはどこの委託料でしょうか。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  調べまして、後ほどお答えしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 15番、光下です。

  53ページ、54ページ、同じ自治振興費のところ、集会所関係で伺いたいのですが、まず説明をお願いしたいのですけれども、14節使用料及び賃借料のところの16万9,080円の集会所土地借上料なのですけれども、普通でいくと、こんなに不用額が出るわけではないわけです。はっきりしているわけですから。そういうことで、この不用額について、改めて説明を願いたいというふうに思います。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  土地の借上料の関係ですけれども、平成15年度までにつきましては、土地を借りていたところにつきましては固定資産税あるいは都市計画税を減免していたわけでございますが、平成16年度から地方税法によりまして、有料で借りている土地につきましては減免ができないということでございます。それで、当初予算では、それぞれの集会所の面積合計を、例えば北永井第一区につきましては1,149平米をお借りしているわけでございますが、当初予算では平米当たり月1,000円で計上させていただきました。契約の段階になりまして、その1,149平米を宅地部分と雑種地部分とに分けまして、宅地部分につきましては月120円、雑種地につきましては月50円の単価で契約をさせていただきました。トータルしまして、この16万何がしが残るということでございます。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 思い出しました。

  次に、これは工事請負費にかかわっての話になるのですけれども、一つは危険性云々の理由から指摘をしたいのですけれども、藤久保六区集会所、これは全体をちょっと調べていないのですが、藤久保六区集会所を見ますと、雨どいがついていないのですね。屋根からの水が垂れ放題というような形になっているわけなのですけれども、これは普通はそういうことはあり得ないのではないかと思うのですが、雪が降ったときとかなんかは一気に落ちて、利用者の上に落下してくるというふうなことも起こり得ると思いますので、これは点検をしてきちっとされた方がいいのではないかということが1点と、それから、先日藤久保二区集会所を本当に何年ぶりかであそこの中に入ってみたわけなのですけれども、雨漏り、それから天井が波を打っているということ、一部落下の危険性があるのではないかというふうに思える点。それから、外の基礎のひび割れ、そういった状況が見受けられる。それから、テーブルを収納する収納庫の周辺が非常に傷みが激しいというような状況で、これも10年以上使われているものだと思うのですが、そういう部分については、計画的に建てかえ、あるいは総合的な改修、そういったことが行われてきているわけですけれども、区画整理事業との関係で、早晩藤久保二区集会所については何かお考えがあってしかるべきではないかというふうに思うわけなのですけれども、その部分についても、以上2点ですけれども、伺っておきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 町長。



◎町長(林孝次君) 私の方から、まずもって藤久保二区の関係でございますが、今藤久保第一区画整理事業の進捗状況にあわせ、大変急遽傷んだ部分は補修なりしておりますが、区の役員さんの了解をいただきながら、またいずれ建てかえしなくてはならないので、余りお金をかけなくてもいいという、まあ、いいというわけではございませんが、いいというような形の中で了解を得ておりますので、急遽危険性が伴った場合すぐ直すからということで了解をいただいております。その分待っていただいた分、今度はいいのを建てるからと、余計かもしれませんけれども、そういうことで了解をいただいております。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  あと、各集会所のといの関係でございます。そのほかの関係もございますでしょうけれども、今後それは点検いたしまして、十分、修理するところは大至急修理していきたいというふうに考えております。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 続いて、次のページ、55、56ページの防災費のところでも2点伺っておきたいと思います。

  先日、消防組合議会定例会がありました。そこで、2点ほど、三芳町においても考慮をしていただきたいという件で質問をするのですけれども、まず1点目は、お手元にコピーが置いてあると思うのですけれども、救命講習会及び応急手当て指導及び啓発事業というのを消防署がやっております。救急隊員が現場到着するまでの間、その場に居合わせた住民が心肺蘇生法を施すことの普及啓発を図るとともに、救命率の向上を図ることを目的とするということで、これは消防署が広報に出して、いついっかここでこうやりますよというふうな場合で募集をする場合もあれば、地域の住民側から、例えば自治会でそれをやりたいので講習に来てほしいということで救急隊員の講習を求めると、両面あっての話なのですけれども、実は取り上げたかったのは、大井町と三芳町我が町との回数とそれから参加人数の非常に大きな開きの点なのですね。平成15年の数字でいくと、大井町が66回、1,802人に対して、三芳町は16回の373人で、大体4分の1から5分の1ぐらいの規模にとどまっているわけです。16年度についても、3分の1ぐらいの開きがあるわけです。ご承知のように、1年ほど前から厚生労働省が……ではないや、消防庁がですね、総務省消防庁が、一般の人が、心臓で倒れた人とかなんかにいち早く除細動という機械を使って心臓ショックを与えて蘇生を図るということが、一般の講習を受けた人にもできるというような方向になったのですね。考えてみますと、我々のところは、もうすぐ一生懸命運動やってそういう機会がまたふえるだろう体育館ができるわけですし、そういう公的な機関はもちろんやるのでしょうけれども、これは一言でいうと行政側の方が住民にも働きかけをして、そしてたくさんこれ経験していただくということが非常に大切ではないかということで、2市2町の結果を見てですね、ちょっと驚いたわけなのですけれども、これぜひ、どのようなやり方で人に参加をしてもらい、組織していくかということについては、行政側が考えていただかなければならないと思うのですけれども、ぜひその点を検討していただきたいというふうに思うわけですが、いかがでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  救命講習会につきましては、消防署の協力をいただきまして職員を対象に実施しているわけでございますが、一般人の方々につきましては現在実施してございません。今後十分消防署とも検討いたしまして、今後検討してみたいというふうに考えております。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) これは健康の問題にかかわることなので、環境衛生費のところでやるべきかと思ったのですが、消防の方から出ている話なので、ここであえてやらせていただきました。

  それから、もう一点、防災費の手数料、役務費の中の手数料について1点、提案的に聞いていただきたいと思います。これは、やっぱり消火の講習会とかなんかをやった場合の地域の消火器の薬剤の詰めかえを行政側がやるという予算でありますけれども、お渡ししておりますように、簡単にいきますけれども、消防署の方は、地域で火事があって、地域の人が自分の自前の消火器を使って消火活動をやってくれた場合には、無償で消防署が詰めかえをやるという制度があるわけなのですが、それは例外がありまして、例えば何年か前にキャッスルメジェールで火災があったときに、私の伺ったところでは全体で47本の消火器が使われたと聞いているのです。そのうち、対象になったのは3分の1ぐらいしかないのですね。それは、義務設置されている各階段の共有部分の消火器については対象外になっているのです。それがこの消防署が持っている要項なのですけれども、そこで考えてみると、それは義務設置で、火事があったときにはそれは当然使うものとして置いてあるわけですけれども、火災の原因だとかいろんなことを考えれば、これ言ってみれば個人の負担ですよね。管理組合が負担したり、自治会が負担して詰めかえるわけですけれども、個人の負担に帰すべきものではないのではないかと。やはり、火災が大きくならないように消防車が来るまでに住民が初期消火をやってくれるわけですから、その点を考えて、これは行政側がタッチして詰めかえをしてあげるという制度を設けるべきではないかと、こう思ったわけです。これ、町長、いかがでございましょうか。



○議長(深澤勝子君) 町長。



◎町長(林孝次君) 課長からも報告受けておりますので、十分検討してみたいというふうに思っております。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  55、56ページの、補正等でも議論のありましたスマートインターチェンジの件ですが、これ何費になるの……工事請負費ですか。1,000万ちょっと誘導看板等で出ているのですが、大体どのようなものかというのは看板見ていますからわかるのですが、ちょっと内容をもう少し具体的に説明いただければと思います。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) お答えします。

  スマートインターチェンジの関係でございますけれども、1,000万6,500円ということで、これ看板と、あと店舗の部分、上りと下りということでお借りしておりますが、それらの駐車場の整備、それとあとネットフェンス。それと、あと出口と入り口がちょっと舗装の路盤、舗装が少なかったものですから、面積は少ないのですけれども、舗装の打ちかえ、それらをやっております。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  1,000万円の中で金額的に主力を背負うのはどの部分なのか。また、看板はどの程度設置したのかについて。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 主に看板設置、51枚。当初、駒寄が開通したということで企画財政課長と現地を見させていただいたのですが、当初ですと、あれよりもうちょっと小さい部分の看板が設置されたのですけれども、あるいは小さいということで畳1枚分の大きさにしました。それを51枚設置しております。それが主な部分と、次、あとは駐車場の整備ですか、それらにかかっております。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  あの看板、間違っていますよね、お気づきでしょうけれども。あれは発注側が間違ったのか、受けた側が間違ったけれども、まあいいだろうということで設置してのか。「普通車」でなくて「普通乗用限定」ということで、それなのですが、さほど普通貨物の方がどの程度利用しようと思ったか、またETC車載器をセットしてあるかどうかというのはわからないのですけれども、その方たちにとっては迷惑この上ない、間違った指示が相変わらず出ているということになるのですが、その辺についてはどのようにお考えでおられるのか。

  それから、もう一点。車載器の購入補助ですが、承知しているとおり、16年度の中で2月からですか、400台分、200万円の参加であったわけですが、実績報告の中で226人が3月以内で補助対象になったということで、それで不用額が出ているわけですが、新年度予算には改めてその予算は、補助はとっていないのですが、現実には5月10日ごろまで400名いっぱいになるまで補助は続けられたというふうに見受けられるのですけれども、新年度予算についてはどこからお金を持ってきておるのか、これはちょっと決算からすれば関連になりますけれども、伺っておきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) この看板の「普通車」につきましては、軽自動車と普通車ということで、当初私どもの方の、看板屋の責任ではなくて、私の方の指示で、これは間違ったことでございます。

  それと、ETC車載器の購入費、これにつきましては、2月から始めて3月末ということで226台の方に補助しましたけれども、残りの87万2,000円、これにつきましては、引き続き5月10日ごろでしたか、になったのですけれども、400台を達成しました。予算といたしましては、この87万2,000円を予備費からいただきまして、17年度ですね、補助をしております。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  看板の間違いに関しては「乗用」という部分を目隠しすれば合ったわけですけれども、みっともないからそのままにしたのか、わかりませんけれども、本来であれば何らかの適切な処置はすべきではなかったかと思いますけれども、その点については、もう一度後でご答弁あれば伺いたいと思います。

  226名以降の分は予備費からということで、5月まで400名までということで、単年度決算ですので予算も単年度審議ですから、補助の予算はそこで打ち切るけれども、政策は継続ということで、新しい年度では補助対象としたということになるのかと思います。その点は一応理解はします。

  それから、バス交通改善対策事業ということで、ライフバスにかねてより2,400万円ずっと出ておるのですが、成果の説明の方でも、毎年度大体同じような文字で、協定書に基づいて赤字補てん、このために出しているというふうになっておるわけですけれども、協定書はもらってあったわけですけれども、ちょっと今手元にないので、場合によるとちょっと細かい点がわからないで恐縮なのですけれども、ライフバスについては、赤字補てん、毎年度決算が上がってくると思いますけれども、赤字状況は圧縮されてきているのですか。あるいは、まだ増加傾向にあるのか。その点はどのような報告が上がってきているか、ご答弁いただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) ちょっと決算書というか、15年と16年とその比較は、ちょっと申しわけないのですが、今資料がないのですけれども、毎年ライフバスの方から決算書、いろいろな部分で出てきますけれども、それらについてまだ赤字があるという部分では報告は受けております。ちょっと内容については、15と16年、ちょっと比較できないものですから、あくまでも町が2,400万円を補助しておりますけれども、その中ではまだ赤字部分が出ているということは確認しております。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 15、16年度の比較と言いますけれども、もっと前から赤字補てんをしていますよね。ですから、もう何年もしているわけですから、その間にライフバスの赤字幅が徐々に圧縮されてきているのか、減ってきているのか、あるいは増大してきているのか、どのような傾向にあるのかということを伺いたいわけですけれども。別に15と16年の比較だけを出してくださいと言っているわけではないのですけれども。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) ちょっと手元に資料がございませんので、後でちょっとその内容について確認してみたいと思っております。



○議長(深澤勝子君) 17番、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 17番。

  先ほどの13番議員との関連なのですけれども、56ページのETC関係なのですけれども、課長の先ほどのお答えの中で、看板、畳1畳分で51枚ということでお聞きしたわけなのですけれども、その中で、この看板は9月25日まで使用するわけですけれども、その即日撤去しなければ、住民は9月25日まで延長ということは知っているかもわかりませんけれども、知らない方は「あれっ」ぐらいで入っていく方もいるかと思いますので、その撤去日はいつにするのかということと、それと、その後その51枚が、またETCが再開した場合、またそれが必要なときもあろうかと思うのですけれども、その保管とか、それともここで廃棄処分にするのか、その辺についてまずお聞きしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 看板の撤去はいつごろやるのかというご質問かと思いますけれども、9月25日ということで、この前もお話しさせていただいたと思うのですけれども、町とすれば、それ以上継続してやっていただきたいという部分で要望書を出したりしております。

  それと、もし撤去した場合につきましては、町としては、廃棄ではなくて、とりあえず保管していくと。ほかの部分で使える部分もあると思いますので、保管していきたいと考えております。



○議長(深澤勝子君) 済みません、ちょっとお待ちください。

  総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) 大変失礼しました。先ほど杉本議員さんのご質問についてお答えいたします。

  集会所の委託料の関係でございますが、平成15年度には藤久保三区の第二集会所を新築いたしましたので、その設計管理委託料が含まれたということでその差が出てきたということでございます。



○議長(深澤勝子君) 17番、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 17番。

  今課長の、撤去は25日に撤去するということで理解させていただいてよろしいですか。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) いや、9月25日まで社会実験の延長と決まりました。それ以後についてはまだはっきりしたことはわかりませんけれども、国土交通省等に要望をいたしまして、担当とすれば、これもまだはっきりしない部分もありますけれども、引き続いて継続していただきたいということで要望はしていきたいと考えております。



○議長(深澤勝子君) 17番、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 私の質問とちょっとずれているのですけれどもね。というのは、9月26日、月末に入って、通行者があの看板があることによって迷って入っていく可能性もあるわけですよ。車で走っている方はああいった9月25日まで延長とか、そういったのは目に入らないわけですね。ですから、私は、9月25日で撤去するものかどうか。国土交通省に今要望してあるとか、そういった話は別にして、その辺をどうするのかということと、それともう一点は、はっきりした答えではなかったのですが、看板そのものの51枚がほかにも利用することもできるのでということであったのですけれども、ほかに利用するといっても、今度はもし再開した場合にはまたあの看板を、しばらくの間やはり私はその看板が必要なことがあるのではないかなと思うのですけれども、ほかに利用するというのは、何か多目的に使用するということを考えているのですか、それともあくまでもETC専用のあの入り口の分に対しての標示として利用していくのか、その辺をきちんと。というのは、やはりここで1,000万円のうちの大半がこのインターチェンジの標示板にかかっているということであったもので、恐らく500万、600万の費用はかけているのではないかなと思うのですね。それをほかの目的に使うというのもいかがかなと思うのですけれども、その辺ははっきりお考え持っていると思うのですけれども、その辺についてお答えをいただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  継続云々の問題でございますが、これにつきましては、先ほど土木下水道課長もお話ししたとおり、今延長していただきたいという方向で進めておりますので、25日になって撤去するだとかどうするだとかというのは現時点ではお答えできなくて、これからそういうのが決まってくるわけですので、それに従って対応していくということで、今の時点でやめたらどうするかということは考えておりませんので、引き続き継続していきたいということで今進めている段階ですので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 17番、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) それでは、私どもの解釈とすれば、9月25日でもってあそこを一回閉鎖するというように私解釈をしていたのですけれども、場合によっては9月26日からもあのような社会実験によってあの状態でまだ当分また延長されるという可能性もあるわけですか。その辺をきちんと確認しておきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  そういう問題について、その間までに、大宮国土、あるいは埼玉県警、高速道路高速隊等と協議をして、そのまま引き続きできるように今努力しているところなので、閉鎖をするということは基本的には考えておりません。続いて実施できるように今調整を図っているということでございます。よろしくお願いします。



○議長(深澤勝子君) 17番、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 17番。

  そうすると、あと2週間後ぐらいな期間だと思いますけれども、私ども住民、また私たちとしても、あそこがあのような状態の社会実験であろうとも、利用者、多いときはピーク時2,000名が通過しているわけですので、引き続きましてご努力いただいて、あの状態が継続されるように、あと2週間ひとつ頑張っていただきたいなと、このように思います。

  それと、済みません、ページは54ページ、前ページに返りまして、この前ちょっと補正でも質問させていただいたのですが、土地の借上料ですけれども、私、金曜日の日に現場、ちょっと場所が定かではなかったので、見てまいりました。上りのところはちょっと借り上げた土地がどこにあるかちょっとわからなかったのですけれども、下り線のところはわかりました。入っていった途中で、橋から入っていって途中左方に鉄板を敷いたところで、ここではないかなと確認してきたのですけれども、車は3台とまっておりました。そのような状態で、かといって店舗さんの既設の駐車場はまだ何台かあきがありましたけれども、借り上げた土地の鉄板の上に3台車がとまっておりましたけれども、それはそれでいいとして、この項では51万4,800円の6カ月ですか、補正の方ではまた9月から3月までで120万円という金額が出ているのですけれども、1カ月の月数の違いはあるのですけれども、この単価の違いがどのようになったか。というのは、ちょっと倍額以上の金額になっているので、その辺はどこが原因でそのような状態の賃借料になっているのか、お答えをいただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) この51万4,800円につきましては、3カ月分を借りております。場所につきましては、上りの方につきましては、ローソン、幹線あれは4号線ですか、向かっていったちょうどササキメタルスのちょっと手前の左側を借りております。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。

  42ページの職員研修委託料ですけれども、これは新たに導入をしたわけでありますけれども、まず一つ目には政策形成基礎研修、それから二つ目は情報倫理研修となっておりますけれども、導入した要因について、初めにお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  まず初めに、政策形成基礎研修でございますが、これにつきましては、主査を対象に実施したわけでございますが、上級職員として職務に必要な知識の習得や自治政策を形成していく上に必要な能力を開発するということで、主査を対象に24名の方々が受講いたしました。

  次に、情報倫理研修でございますが、これは三芳町の情報セキュリティーポリシーに関係いたしまして実施したわけでございますが、コンピューターの個人情報の漏えいだとか、あるいはセキュリティー関係の問題がございますので、これは当初は当初予算に組んでございませんでしたが、利用させていただきまして実施したということでございます。

  以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。

  委託先名をお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  政策形成基礎研修につきましては、株式会社行政マネジメント研究所、それから情報倫理研修につきましては、情報システム監査株式会社でございます。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。

  平成13年度を見た中ではこういった委託料はなかったと思います。職員の研修事業として94万6,459円だったと思いますけれども、今年度はもうこの委託によって大幅に伸びていると思います。できる限りこういった委託ではなくて、自主的な運営をやっていくべきだと思いますけれども、こういったところの金額をふやすことについては検討はしていくべきだと思いますけれども、その点についてお尋ねしておきます。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  研修につきましては、職員の知識向上のためにこれは必要でございますので、ぜひ多くの研修をしていきたいというふうに考えております。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) その辺はやっぱり町で本当に必要なのかどうか、精査をしていただきたいと思います。

  それから、そこの職員健康診断委託料、この診断の人数について、まずお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  職員健康診断につきましては、毎年10月から11月ごろ実施しているわけでございますが、平成16年度につきましては、パート職員を含めまして360名の方が受診をしております。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) そのうちの検査が必要だった方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  職員、パート含めまして、72名でございます。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 続きまして、56ページの負担金補助及び交付金の中の三芳町ETC車の226人という補助を受けたということで回答がありましたけれども、その中で、補助を受けたその対象者の詳細について、わかる範囲内でお答えをお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 226名のうちの詳細と申しますと、どういう形のあれでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) まず、通勤に使う方とか、それから、ですから、事業者に対しての割合はどのくらいしているのか、その辺についてお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) これは個人に補助を交付したものでございます。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  参考資料で成果の説明の12ページで、文化会館館長にご答弁いただきたいのですが、15年度については、主催事業21事業で6,195人の入場者があったという中で、16年度、26事業行う中で4,781人、人数を単純に比較しますと、事業回数はふえている中で人数は77%になっていると。事業費についてはほぼ3,000万弱、15年度も16年度もほぼ同じ数値の事業費がかかっておるわけですが、もちろん公演内容によるのでしょうけれども、これらについて、この傾向が出たのは、ただ大勢の大衆に人気のある公演よりも、ちょっと専門性というわけではないのですが、少数でも興味のある、要するに公演の内容の中をちょっと変えただとか、それなりのあれがあるのかなと思いますけれども、その点について、ちょっと内容を説明していただければと思います。



○議長(深澤勝子君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  ご指摘のとおり、16年度、会館におきましては、開館3年目という非常に意義深い年でございました。開館当時から地元参加型ということで力を入れておるわけでございますけれども、この資料の中にもございますけれども、継続事業ということで、非常に地道なといいますか、公演も実はございます。それと、数的には1本ほど公演が実施できなかったということが実はございました。先日の決算の説明でも申し上げたと思いますけれども。そういう中で、入場者において、まず77%に当たるような数値という結果になったわけですけれども。毎年事業実施におきましては、いろいろ、例えば音楽に偏ることなく組んでやっているわけでございますけれども、俗に言いますと16年度におきましては、結果としまして、表現が合っているかどうかわかりませんけれども、目玉的な公演がちょっとなかったのかなという反省を踏まえまして、今年度におきましては、ちょっと報告になりますけれども、上半期ほぼ終わるところですけれども、入場料収入等につきましてももう半分の金額は超えているという状況で推移しているところでございます。結果におきまして、16年度は、今申し上げたように、そのような部分がちょっと欠けていたのかなというふうに考えております。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款2総務費の質疑を終了いたします。

  暫時休憩いたします。

                                      (午前10時47分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午前10時48分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 続いて、款3民生費、5ページから6ページ及び67ページから92ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) まず、73、74ページで2点お伺いしたいと思います。

  老人福祉費の扶助費の中の老人医療費について、まずお伺いしたいと思いますが、この年度より制度改正がありまして、対象者が70歳以上ということに……65歳が段階的に年齢を引き上げるということになりました。そして、県制度の方は、半年前、1月1日より行われましたが、前年度と比べると、404人が184人対象者が……受給者数ですね、町制度の方が682人前年度はおりましたが、この年度は189人ということで減りました。町を歩きますと、やっと65歳になったのにというので残念だという声がいろんな方から聞かれるのですが、今大井と上福岡が合併するということで、上福岡が制度を継続しておりますので、そこに合わせていくという話を聞いております。2市2町で続けてきた制度なのですが、三芳町は戻す予定がまずないのか。それと、引き続き、今70歳から74歳までの方が国の方では2割から3割にするという方向が言われておりますけれども、そうなった場合、この制度を70歳から引き上げてやるという考えは、どんな会議かわかりませんが、そういう話はどこかの会議で出ておりませんでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) お答えいたします。

  今議員さんのおっしゃられたとおりでございますが、町としましては、65、66、67と無料の制度をとってきたところでございますが、県の制度の改正等によりまして、町の方もその部分は廃止という方向で来ております。また、県の制度も16年1月からですか、改正になりまして、段階的に今廃止の方になっているところでございます。

  町のこれからの方針ということだと思いますが、現在では考えておりません。また、国の方の動向、また県の方の動向を見ながら、また県の方の補助等が復活すれば、考えていきたいと思っております。

  以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 県の方の動向を見るということで理解しておきます。

  同じページなのですが、介護保険費の中の利用者負担の助成なのですが、扶助費の中の介護保険利用者負担補助なのですけれども、この年度から対象者が拡大されました。予算では、2分の1の方が4人、平均して1万300円が4人ですね。4分の1の方が8,620円で、69人の方を予定して200万強、予算では計上しておりましたが、実際はどういうふうになりましたでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) お答えいたします。

  扶助費の訪問介護利用者負担助成とその下の介護保険利用者負担助成ということで、16年4月から介護保険利用者負担助成の制度が始まったところでございます。それで、予算に比べまして実際の人数なのですが、要項でいきますと、第2条第9号の関係でございますが、予算的には4名ということで計上しましたが、これにつきましてはゼロでございます。要項の第2条第1号の……ごめんなさい、町民非課税世帯になりますが、この方につきましては、69名で予算を組みましたが、89名の方が利用しております。決算的には、予算的には178万5,000円を計上してありましたが、実際に助成した額はここに載っております127万1,305円という状況でございます。



○議長(深澤勝子君) 質疑の途中ですが、休憩いたします。

                                      (午前10時54分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午前11時14分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 休憩前に引き続き、款3民生費の質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  5番、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 5番。

  73、74ページです。老人福祉費の中の20番の扶助費、この中にぬくもり健康入浴事業というものがありますが、これが予算のときには678万円の予算だったと思うのですけれども、これが300万円増で決算されております。年齢を15年のときよりも引き上げたのではなかったのかなというふうに思うのですが、それでも300万円ふえたこの増因、お願いします。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  ぬくもり健康入浴につきましては、一時60歳まで引き上げましたけれども、その後また55歳まで引き下げということで、若干人数的にもふえております。ちなみに7月末現在の55歳以上の人口を申し上げますと、1万2,107名ということですので、かなり利用される件数もふえるというふうに予想されます。



○議長(深澤勝子君) 5番、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 5番。

  一応老人福祉費というところなので、これが、前回もちょっとお話をしたような気がするのですけれども、この55歳だとか50歳だとかというのではなくて、もう少し65歳ぐらいにして、その分予算が少し余れば、高齢者のバスの利用料だとか、あとタクシー料金等に回した方がいいのではないかなというふうに思っているのですけれども、今後の担当課としてのここら辺のご見解はどのようでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 6月議会でもお答えさせていただきましたけれども、確かに議員さんの言われることは重々わかります。ただ、町長が答弁いたしましたように、これによって健康が維持され、医療の支出が抑えられるということであれば、いいのかなというふうに考えておりますけれども。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) まず、71、72ページの老人福祉費の13委託料の中のホームヘルプサービス事業委託料なのですが、予算が226万7,000円見込んでおりましたけれども、実際は66万4,634円ということで、説明書を見てみますと、利用者は4人から5人ということで1人ふえているのですが、利用回数が昨年は390回だったのが123回ということで、かなり利用回数が減っております。その辺の66万4,000円、少なくなった要因ですね、どこにあるのでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 減少した原因ということでございますけれども、当初老人につきましては5名、また精神につきましては2名、また回数にいたしまして364回を見込んでおったわけですけれども、結果的には老人が1名、また精神が4と。利用者はトータルで5名なのですけれども、マイナス2名。また、利用回数につきましては123回ということで、議員さんが言われましたとおりマイナス241回です。これにつきましては、精神の場合には高齢者の方と違いまして利用回数がさほど多くないということと、あと高齢者の方につきましては、入院だとか、あるいは施設入所ですとか、そういったことがいろいろ考えられるわけなのですけれども、実際にはそれぞれ利用される方が時間等につきましては個々に決められるわけですから、そういったトータルの結果、このような数字になったというふうに考えております。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) また、ちょっと討論の機会を得たいと思います。

  次、77、78ページの障害福祉費の中の太陽の家の管理委託のことですが、今太陽の家の利用者というか通所者が、いろいろな障害の方が行っておられると思います。聞いているのは、軽度といいますか、作業できるような方が、入れないという話を聞いているのです。特に今和光養護などに行っている方が、卒業して行く場所がないというので、かなり苦労しているという話を聞くのですけれども、この太陽の家というのは実際はどういう方が入る場所というか、要項からいきますと、どういうふうになっているのでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 施設で分けますと、デイケア施設ということになります。ですから、通常の作業所とは若干違うかもしれません。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  施策の成果というか、内容については、説明もありましたのでわかっているのですけれども、流用と、あるいは予備費充用、それと不用額との関係で3カ所ほど伺っておきたいと思います。

  まず、70ページなのですが、障害者福祉費の役務費、扶助費から8,000円の流用ということで、通信運搬費の不足ということで中身はわかるのですが、2万2,285円の不用額。そして、資料からいきますと、流用日が3月31日ということで、年度の最終日になるわけですが、そこで8,000円持ってきて、不用額2万2,000円から出したのはなぜなのかという点をまず1点。

  それから、74ページ、今質疑のありましたぬくもり健康入浴事業、これも施策の中身についてはわかっておりますし、増加傾向ということも利用者がふえたということで、決してそれに異議があるわけではないのですが、3月4日が流用日になっておるわけですが、この100万円の委託料からの流用と不用額との関連。こっちには老人医療費という部分もありますので、見きわめつけ切れない部分の、ほかの施策が絡んでくるのかなというふうな気もしますけれども、もう一度ご説明をいただきたい。

  それから、86ページ、予備費から9万9,000円を充用しておるわけですが、その中で、67万4,108円の不用額。そして、成果の参考資料を見ますと、これは学童保育ですよね、学童保育の需用費の中で9万9,000円を予備費充用しているというふうにはなっております。3月22日、これももう年度がかなり末ですが、その理由について、「雇用保険料の不足」というふうに明記されておりますけれども、雇用保険料の不足が需用費に値するというか、その項目でよろしいのかという点と、この充用と不用額との関係、流用日も含めて、3月22日という流用日、年度末ですけれども、それらの関係について、もう一度ご説明をいただければと思います。



○議長(深澤勝子君) 健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) お答えいたします。

  まず、障害福祉費の役務費の関係でございますが、扶助費からの流用ということで、通信運搬費の流用でございますが、やはり2課で役務費の予算がまたがっております。そういう関係もございまして、横の調整をもう少しできればいいのですけれども、調整ができなくて、健康課の方で単独で足りない不足をするというようなことで、まず流用してしまったと。実際に使用済額はそこまでいかなくて、2万2,285円の不用額を残すような形になってしまったと。いつもこういう指摘をされますので、今後十分気をつけていきたいと思っております。

  それから、老人福祉費の扶助費の関係でございますが、説明の中でもお話ししておりますけれども、当初予算で4,608万4,000円を組んでおりました。2月までに支出が結構多くて、その時点で支払いに足らない分が出たということで、予備費で27万5,000円をいただいております。3月補正につきまして、3月の支払い分ということで一応400万円の補正をお願いしてございます。そのときに、過去の支出が多いということで、平均をとりまして400万円という補正を組んだわけでございます。そうしましたところ、3月の支払いにつきましては180万円程度になったということで、それと高額療養費があるのですが、それが4月、5月に戻入として入ってまいります。その分を見込んでいなかったものですから、その分が約130万円入っております。合わせますと330万円程度の残が出るわけなのですが、福祉児童課の方で、ほかの細節の細かい部分なのですが、同じ扶助費の中で足りないところがあるということで、そちらの方に流用した関係がございまして、不用額につきましては、こちらに載っている135万9,013円になったということでございます。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) まず、予備費充用6,000円、不用額8,980円、この整合性ということでございますけれども、社会保険料等につきましては、その事業所負担分、また本人負担分ということがございまして、一括して年度始めの5月までに納入しなければならないわけですけれども、これにつきましては、共済負担金より6万7,000円を節内流用で対応いたしました。本人負担分につきましては、翌月戻入ということになりますので、最終の3月につきましては、4月戻入となるため、共済負担金の最終支払い分が3月であるため、その不足分の6,000円を一時的に予備費より流用させていただいたということでございます。

  また、9万9,000円の予備費充用の関係でございますけれども、これにつきましては、緊急性を要するということで、竹間沢学童のといの取りかえ、また水銀灯の電球交換、こちらの方に充てさせていただいたということでございます。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  今の一番最後、福祉児童課長の答弁ですけれども、予算の充用・流用措置状況表というのが議員に配られていますよね。同じ学童保育費で共済費として6,000円充用、これの理由は「ガス代不足のため」というふうになっています。そして、需用費9万9,000円予備費充用、これが「雇用保険料不足のため」ということで、流用の理由と項目に違和感があるのですが、これでよろしいのかどうかということです。需用費で、保険料が需用費に値するものかどうか、その点について。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 大変申しわけございません。こちらにつきましては、需用費ということでなくて、これは共済費ということになります。需用費、この記載されております説明内容ですけれども、これ「雇用保険料不足のため」ということになっておりますけれども、これは「ガス代不足」のところと入れかえていただきたいと思います。それと、なおかつ、「ガス代不足」ということでなくて、「修繕料不足」ということでご訂正をお願いできればと思います。訂正しておわびをしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 15番。

  私も、不用額一覧表の中で、73、74ページの社会福祉費、介護保険費のところで、賃金と扶助費について不用額の説明がされているのですけれども、それもうちょっと補強していただきたいと思うのですけれども。まず、賃金において、27万1,170円不用額が出ている理由として、「ケアマネジャーを2名予定したが、1名が数日しか勤務できなかった」と書いてあるわけですけれども、数日しか勤務できなかったのはどういう理由なのかということがわからないわけですけれども、そこのところと、それから、次の扶助費の151万9,851円で、「家族介護慰労金及び社会福祉法人の該当者がいなかったため、また」、ここですけれども、「女性事業の1から3月分の支払いが翌年支払いになったため」とありますけれども、これはなぜ1から3月分の支払いが翌年支払いになったのでしょうか。その説明をお願いします。



○議長(深澤勝子君) 健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) お答えいたします。

  まず、賃金の関係でございますが、認定の調査のために保健師が配属されたわけなのですが、病休等の関係によりまして、どうしても調査員がいなくなってしまったという状態になったために、認定調査員としてケアマネジャー2名を臨時職員で採用したわけでございます。それで、1名の方につきましては、やはりちょっと高齢の方だったものですから、認定調査員ですとやっぱり外へ出たりしますので、自転車で出入りしますので、中の勤務ではないので、その辺と、あとは認定の調査の関係ですかね、その辺がうまくできなかった部分があるのではないかなと思っております。それで、数日でちょっとやめてしまったという事情がございます。

          〔「了解」と呼ぶ者あり〕



◎健康課長(加藤宗良君) はい。

  それから、扶助費の関係でございますが、先ほど出ました介護保険の利用者負担金の助成の関係でございますけれども、事務局の方では3カ月分ずつ支払いをしていくということで、4回払いにするという計画を立てて予算を組んだわけでございますが、その事務的な部分でどうしても、例えば1カ月とか2カ月以内に支払いができないということで、どうしてもずれ込んでしまうと。1月から3月までですので、5月までに入ればいいのですが、どうしても3カ月ぐらい集計等にかかってしまうということでおくれてしまったということで、翌年度に1月から3月分を支払ったところでございます。

  以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 次の79、80ページになるのですけれども、児童福祉総務費、それから続いて次の81、82ページに母子福祉費とあるのですけれども、当初臨時職員は全く計画されていなくて、途中で補正対応をしているのだと思うのですが、その補正予算のときに説明が当然ながら行われているかと思うのですけれども、改めて決算でこの二つについて、どのような事業内容で臨時職員を充てたのか、その点の説明だけなのですけれども、それをお願いしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) お答えいたします。

  児童福祉総務費の賃金と母子福祉費の賃金の関係でございますが、健康課の中の医療係の職員が2名産休になってしまったということで、急遽予備費とあと補正をお願いしまして賃金の予算を計上したところでございます。児童福祉総務費の方が、5月から産休に入ってしまったということで5月から次の年の3月まで、それから母子福祉の方が、9月から産休に入ったということで9月から3月までを予算計上させていただいております。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) もう一点。これもちょっと理屈のような話になるのですが、みどり学園費、89、90ページなのですけれども、不用額の説明にも登場してくるのですが、報償費の講師謝礼等とある部分の半分以上を委託料に流用というふうに書いてあるのですけれども、発達相談、理学相談の委託料だと、こうなっているわけですけれども、考え方の問題として、報償費というのは町の事業に協力してくれたその謝礼みたいな、そういう意味が報償費ですよね。委託料ということになると、町の事業そのものだということで、意味づけが、そこにはただ流用したということだけではなくて、非常に重い意味があってのことだろうというふうに思うのですけれども、その辺についての説明を願いたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) これらにつきましては、言語訓練ですとか養育相談、または講演会等の謝礼ということで計上させたいただいたわけですけれども、お願いしております団体からの要請がございまして、委託に切りかえてほしいという要請がございましたので、やむなくこのような方法をとらせていただいたということでございます。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 15番。

  要請があったということなのですけれども、私、ただこれを報償費から委託料に移すだけでそのものが終わるわけではなくて、例えば何か事故があったとき等の賠償だとか、そういった面での違いとか出てくるかなというふうに見るわけなのですけれども、その要請の根拠というのはどこにあったのでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) ちょっと済みません、最後聞こえなかったのですけれども。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) その団体かどなたかわかりませんが、相手側の方から委託料にしてほしいという要請があったという説明でしたけれども、要請のその、今私がちょっと申し上げた、ただ費目を移すだけではない別の賠償とか補償とか、そういった面での絡みもあるかなというふうに私は思うわけなのですが、それはそれとして、その要請の根拠というのですか、向こう側がどういうことでそういうふうに求めてきたかということについて説明を願いたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) これまで個々の指導員と話のやりとりでお願いしていたわけですけれども、それらの方々がその団体に所属をするということで、その団体と町と新たな委託契約を交わして進めてほしいという要請に基づいて行ったものでございます。



○議長(深澤勝子君) 9番、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 9番。

  77、78の障害福祉施設費の太陽の家管理運営委託料ということでありますが、新「障害者基本計画」において、「障害の有無にかかわらず、相互に人格と個性を尊重して支え合い、ともに生きる共生社会の構築を目指している」と。当町三芳町においては、平成16年度、与えられている福祉から脱却し、利用者本位、社会弱者のサービス、だれもが当たり前に暮らせる、そんな地域社会三芳町をつくり上げていこうというような基本理念が打ち出されております。平成16年度、このことについて、成果をお聞きしたいというふうに思っております。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 障害福祉施設費のご質問ということであれですか。



○議長(深澤勝子君) 9番、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 再度質問させていただきます。77、78の太陽の家管理運営委託料ということで4,800万円の社協の方に運営委託料を渡して、渡してというか、運営費を行政の方から支払っているわけですけれども、三芳町において、新「障害者基本計画」という部分の中で、三芳町が今後社会福祉、障害者に対して自立できるように、今後だれもが当たり前に三芳町内で、また社会で暮らせるように、平成16年度において三芳町は基本理念、要は施政方針という部分が平成16年度に打ち出されたわけです。この成果について、平成16年度どのような成果が太陽の家で生まれたか、またどういうようなことを太陽の家でこの指針に基づいて運営を行ってこられたか、その辺の成果について質問させていただきます。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 太陽の家につきましては、現在所長以下8名の職員で対応させていただいておりますけれども、これまで町の職員が所長として着任をしておりました。2年ほど前に民間の教員資格を持った施設長にかえさせていただきまして、その指導内容につきましても、きめ細かな対応をさせていただいているということで、太陽の家を見る限りにおきましては、かなり前進をしているのではないかなというふうに考えております。



○議長(深澤勝子君) 9番、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 9番。

  そのきめ細かな内容という部分についての中身について、では、実質通所者が16名いるということの中で、この1年間、まあ、いきなりは自立更生、また社会参加と、またこの地域の中でという部分はなかなか難しい。これはある程度時間等が必要だというふうに私は考えておるわけなのですけれども、この16名の中の人の自立、または社会参加についての太陽の家の対応はどのように今なってきたかということと、今さっき課長が言ったきめ細かな対応と、所長がかわってですね、その辺の内容について2点質問させていただきます。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) まず、自立等につきましては、社協と連携をとりまして、福祉まつりですとかいろいろの事業にこれらの所員の方が参加をされて、社会に対応すべく、太陽の家としても前向きに実施をしているということでございます。

  それと、きめ細かなということですけれども、これにつきましては、これまで同様、陶芸ですとか、あるいは委託を受けまして細かい作業になりますけれども、授産的なそういう作業も展開しておりますし、また若干園芸等も行っているようでございますので、そういう面では進んできたのかなというふうに考えております。



○議長(深澤勝子君) 9番、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 9番。

  社協または太陽の家の方か、また社協においてはNPOだとかボランティアの方がこういう方々にいろいろ指導または社会参加ということをされているのは、内輪の努力は認めさせていただき、また理解したいと、こういうように思っております。今後の話なのだけれども、先ほど7番議員さんの方からありましたけれども、和光の方が卒業されてなかなか受け入れ態勢という部分で難しいというような部分がありましたが、その点について質問して、この質問は終了させていただきます。ご答弁の方、よろしくお願いします。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 現在太陽の家につきましては、定数19名ということでございまして、また来年度以降何名か希望されている方がいると。ただし、既に入所されている方々の中にはほかの施設へ移りたいといったような話も聞いておりますので、それらの推移を見ながら、団体からも増築ですとか、あるいは第2太陽の家をというような要望も出ておりますので、それらを踏まえまして、検討させていただきたいと思っております。



○議長(深澤勝子君) 12番、横田英明君。



◆12番(横田英明君) 12番。済みません、1点だけお伺いしたいと思います。

  71、72ページの老人福祉費の委託料の件なのですけれども、この不用額150万4,235円出ていますが、なかんずく扶助費へ100万円流用していまして、なおかつこれだけの不用額。いろいろ当初予算のところを見てみますと、この中で当初予算にありました寝たきり老人の短期保護事業委託料の55万3,000円ですか、それとあと、老人デイサービスセンター運営委託料18万8,000円、この辺の当初予算に計上されていたのが決算をされていないことと、それから、ホームヘルプサービス事業委託料、これが当初予算よりかなり大幅な減額計上されています。それあたりが要因かなと思うのですが、この辺のところを少し詳しくご説明を願いたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) まず、寝たきり老人、要するに未執行部分ですね、概要説明でもさせていただきましたけれども、五つの事業が行われておりません。総額で89万9,000円執行なしということでございますけれども、これにつきましては、実際にそういった要望が、あるいは使用の機会がなかったということでご理解をいただきたいと思います。

  また、ホームヘルプサービス委託事業でございますけれども、この制度につきましては、あくまで介護保険が決定するまでの間ですとか、介護保険認定外の方を対象としているものでございまして、先ほどもちょっとお話をさせていただきましたけれども、人数的な変化が当初見込んだ人数よりも2名少なかったと。また、実際に利用回数につきましても241回ほど少なかったと。こういったことのトータルでこのような不用額が発生したということでございます。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) もう一点、この款で伺っておきます。

  68ページ、社会福祉総務費の負担金、補助及び交付金の中で、町民葬儀ですが、支給要項がどういうふうになっていたか、ちょっと今記憶にないのですが、前年度から単純に比較しますと、15件補助対象があったものが8件ということで、余りいいことではないので、不幸なことですから減るのはいいことと言えばいいことなのですが、実質町民でお亡くなりになられた方がこれだけということはないと思うのですが、どの程度亡くなられて、この支給というか、補助対象になる、ならないの、その辺のところをもう一度確認をさせていただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  亡くなられた方の数につきましては、ちょっと把握しておりません。ただ、町民葬儀に関しては今回は8件ということでございますけれども、これはすべてその対象にするということではありませんで、総額40万円、あるいはその額がトータルで多くても50万円とか、そういう低額の葬儀を行う場合のみを町の補助の対象としておりますので、このような件数になっております。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  そうでしたっけ。低額の……

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◆13番(鈴木英美君) どのくらいが基準になっていますか。

          〔「申請がなけりゃ……」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 額でよろしいのですか。先ほど言いましたけれども……はい。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◎福祉児童課長(清水政雄君) ええ、目安としてですね、50万円程度です。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) それらについて、もうちょっと基準点を、対象範囲を広げられるような形にする考えがあるのかどうか。「町民が葬儀を行うに当たり、その経費の軽減を図るとともに」というふうに成果では文言としてはなっておるわけですが、「町民生活の改善及び福祉の増進に」ということで、これは多分5%か6%しか対象に……まあ、1割あるかないかの対象ではないかなと思うのですけれども、それらについて今後の課題としてというか、今後見直しするというような、そういう状況は既に出ているのか、あくまでもこれでまだまだ何年かはいく予定なのか、その点について伺っておきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) この制度につきましては、あくまでも自主的に葬儀を行うことが困難な世帯を対象としておりますので、当面はこの額を引き上げるとか拡大するという考えは持っておりません。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款3民生費の質疑を終了いたします。

  質疑の途中ですが、昼食のため休憩いたします。

                                      (午前11時52分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午後 1時09分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 休憩前に引き続き、款4衛生費、5ページから6ページ及び91ページから102ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  3番、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 1点だけお伺いいたします。

  91、92の13委託料、精神障害者小規模作業所運営事業委託料でございますけれども、予算措置のときの数字から見ますと、190万円ぐらいの差が出ているのですが、増額になっているのですけれども、この増額はどういう中身だったのか、お伺いいたします。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  精神障害者小規模作業所運営事業委託料の関係でございますが、当初1,272万8,000円で予定しておりましたが、これが9月1日の補正で189万4,000円を補正しております。要因といたしまして、社会福祉協議会の中の人事異動がございまして、当初予定していた方よりも以降に異動されてきた方が金額が高かったということで、189万4,000円の補正をしております。



○議長(深澤勝子君) いいですか。

  ほかにございませんか。6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 6番。2点ほどお尋ねいたします。

  92ページのがん検診委託料、ここで検診の主要施策の成果については受けた方の人数は載っているのですけれども、そのうちの要検査となった方のそれぞれ人数をお答えいただければと思います。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  がん検診委託料等でございますが、平成16年度でございますけれども、まず前立腺がんでございますが、要検査の方が34名、胃がんにつきましては要精検58名、肺がんが67名、大腸がんが399名、子宮がんが7名、乳がんが28名です。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) わかりました。これはその年々で受診する、受ける方の人数も違ってきますけれども、今要検査ということで述べていただきましたけれども、この数字を見ると、前年よりも要検査の方がふえているのかなと思いましたけれども、その辺についての推移についてはどのようにとらえていらっしゃいますか。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  15年度と比較いたしますと、ほぼ同数ぐらいの数が出ておりますけれども、大腸がんにつきましては411名が399と若干減っております。また、がん判定者の関係でございますが、トータル的にも大腸がんのがん判定者7名ということで、15年度に比べると少なくなっております。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) こういう検診によって早期発見になると思いますので、引き続き大切な部分だと思います。

  続きまして、98ページの中で、環境大気調査委託料、ここの二酸化窒素の最高値とそれから平均値について、また酸性雨調査委託料についても、測定結果の最高値と年平均値についてお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  二酸化窒素の一番高い数字と低い数字というご質問でございますが、これは、農業センター、中央公民館、旧役場、それからこの役場、藤久保公民館、竹間沢公民館、上富三区集会所、川越街道と、この8カ所を簡易法で測定しております。その中で、6月24日に竹間沢の区画整理内調整地のところでございますが、ここが0.048ということで一番高い数値でございます。8月26日に農業センターで0.019ということで、これが一番低い数字でございます。平均値といたしましては、0.029でございます。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 確かに農業センターではきれいな空気と言える値だと思います。しかし、最高値においては、やはりかなり高い値で、今課長がおっしゃっていただいた8カ所の調査の年平均値は0.029ということで、平成15年よりも汚染度が高くなっております。その辺の汚染度の除去装置をつけるということになっていますから、本来ならば一台一台のディーゼル車の排気ガス量というのは低下をしていくから、総量的には本来ならば低くならなければいけないのに、残念ながら三芳は前年度よりも高くなっていると、そういったところについての要因はどのように思われますか。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  平成15年度でございますが、平均値といたしましては0.028でございますので、0.001上がったわけでございますけれども、ディーゼル車の排出ガス規制というものがございまして、これは県の生活環境保全条例の中の自動車対策の中でございます。その中で、ディーゼル車云々というお話ですけれども、東京都の方でもこういう例がございまして、これはバスでございましたが、その関係でちょっと不都合があって問題等も出ておるのは承知しております。この禁止命令に従わない場合には50万円以下の罰金等もございますけれども、町といたしましても、県条例の方がございますので、この関係で県の方に問い合わせ、またディーゼル車が何台ぐらいあるのかとか、そういうことについても陸運局等を通じまして、また調査したいと思っております。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) それでは、その辺が大切なことだと思うのです。やはり1台の基準が低くなっても総量的に町内に貨物車が多くなれば、当然汚染は減らすことはできませんので、それから、その辺の空気を浄化する、緑保全というのは当然なことだと思いますけれども、先ほど、では、酸性雨についても最高値と平均値をお尋ねいたします。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  酸性雨の最高値でございますが、これは屋上の方で測定しておりまして、16年度は4.75でございます。



○議長(深澤勝子君) 6番、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) この辺も平成15年に比べて数値が高くなってきています。数値が高いということは汚染度が高くなっていることでありますけれども、その辺についても、まず一つには、県内の状況でそういった酸性雨の県内状況とかも今後調べて、この2市2町ではどうなのか、その辺の調査も求めたいと思いますけれども、いかがでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) そのように調べたいと思っております。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 2点ほどお伺いしたいと思いますが、まず91、92の中の保健衛生総務費の中で、母子保健事業についてなのですが、説明資料を見てみますと、昨年度よりも支出の決算はふえているのですが、事業の中で、両親学級とか、育児学級とか、歯科ブラッシング、あるいは親と子の生活習慣病の検診ですか、こういうところがことしは書いていないのですが、実事業はやっているのでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  ただいまの質問は、老健とかその辺の関係の質問だったでしょうか。ちょっと聞きそびれてしまって。

          〔「母子保健」と呼ぶ者あり〕



◎環境衛生課長(石畑一男君) 母子保健ですか。ここにつきましては、最初にお話ししたかと思いますが、保健事業謝礼等いろいろあるわけですけれども、年度当初の保健師の異動によりまして人数が減りました。その関係で、心のセミナー講師謝礼約10万円ですか、これとか、それから地方計画策定講師謝礼4万円、この辺がちょっとできなくなったということと、それと老人保健事業の中では、老人保健事業の訪問指導に伴う理学療法士の回数が減ったと。それから、健康教育、これが医師等の報償を県立大の講師に頼んだということで金額が5万円ほど減になり、また生活習慣病予防教室につきましては中止いたしました。それから、骨密度検診の後の歯科衛生士等ですが、こちらの方が2万円ほど減になって、ここのところで17万8,000円の不用額。それと、精神保健事業医師報償でございますが、ここの中で精神福祉講座の医師及びアドバイザー的な職種の報償というもの、これが報償が中止になりました。それから、患者個人等の対話を中心としたための家族教室、これについても回数の減というような状況でございます。



○議長(深澤勝子君) 7番、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 事業のできなかったところを詳しく説明いただきましたけれども、説明書の中に入っていました母子保健の方で、両親学級とか育児学級とか歯科ブラッシング事業ですか、こういうところ、親と子の生活習慣病、これは何か中止になったというふうに今お伺いしましたけれども、その他の、昨年やっていると思いますけれども、その辺も中止になっているのですか。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) この辺につきましても、年度当初保健師6名でございましたが、その関係が実質的には3名、1名が新しい建てかえの方の関係に行きましたので、実情は2名ということでございましたので、なかなかそこまで手が回らなかったということが実情でございます。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 15番。

  101、102ページのじんかい処理費の最後のところの公課費、汚染負荷量賦課金の不用額なのですけれども、不用額の説明によれば、前年度と比較して減額になったためとだけなのですが、またこだわるようですけれども、これは公害健康被害補償予防協会が大気汚染被害者に医療費の補償給付を行うために賦課するものであるということであるわけなのですけれども、支出済額のざっと2倍の不用額を出しているわけなのですけれども、これらについては、計算に基づく計上かと思うのですが、その辺の、なぜ前年度に比べこうなったのかということも詳しくお願いしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  この関係は、ただいま議員さんもおっしゃいましたとおり、特殊法人公害健康被害補償法に基づくものでございまして、これは過去の分賦課金というのですか、昭和58年から62年までの各年度のSOXというのですか、この量を求めまして、その中に単価金額が83.02円とあるのですが、そちらの方を掛けて出た値でございます。これらにつきましては、当初なぜ43万3,000円かというのは、前年度の関係で見ているのかちょっとわかりませんけれども、こういう関係で14万8,200円という請求が参っておりますので、こういう決算になりました。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款4衛生費の質疑を終了いたします。

  暫時休憩いたします。

                                      (午後 1時26分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午後 1時26分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 続いて、款5労働費、5ページから6ページ及び101ページから104ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款5労働費の質疑を終了いたします。

  続いて、款6農林水産業費、5ページから6ページ及び103ページから108ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 105ページ、106ページの農業振興費の負担金、補助及び交付金のところで、事情の説明も含めてちょっとお願いしたいと思うのですが、下から7行目ぐらいでしょうか、川越いも振興会についてなのですけれども、何カ所ぐらい看板が立っていたかはちょっと余り記憶定かではないのですが、「いも街道」という立て看板が立てられた、今も……今はもうなくなっているかなと思うのですけれども、県道から国道の方に向かって、藤久保交差点に向かっていくところにあるわけなのですが、この「いも街道」という言葉は私も看板を見て初めて、ああ、いも振の人たちはそういうふうにネーミングで何か世間に働きかけをしようとしているのだなあっていうふうに受けとめたわけなのですが、三芳町は上富のあの通りを、のぼり旗を立てて一つの風物詩を形成している状況、それらに対して援助しているわけですが、何となしにひっそりと立て看板で「いも街道」という名前が出ているような状況だったものですから、行政側としては、いも振の人たちの考え方、どの辺に本当の気持ちがあるのか、もっともっとそれ大々的に宣伝に努めたいというふうに考えておられるのかどうか、そういう状況を把握されていたら、ちょっと紹介してもらいたいというふうに思った次第なのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(秋山栄二君) いも振興会につきましては、現在31人ほどメンバーがおります。役員会等を開きまして年の事業、それから先ほど議員さんおっしゃられたような立て看板、それから旗ですね、これは各会員が全部旗出しております。それから、県の農林部の協力、それと町のも当然ですけれども、出ていきまして、今後いも等を使った何か別のもの、要するに加工品ですね、現在はそういうものなんかできないかということで何回か役員会を持っております。いも自体は振興会につきましてパンフレット等もつくっておりまして、会員、あと町もそうですけれども、まだこれからいろいろそういう加工品、それから販売、かなり今販売もはけている状態ですけれども、そういう宣伝をもっともっとやっていこうということで、春先からまた何回か役員会等開いております。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 15番。

  それで、上富の通りを「いも街道」というふうに売り出そうというところが見受けられる。藤久保交差点の手前にあった看板では、「二・何キロ先いも街道」とかとあったわけなのですけれども、それらの話し合いというのはどんなふうになっているのですか。



○議長(深澤勝子君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(秋山栄二君) あの街道の看板等は、前年度でしたか、そういう打ち合わせ会の中で話が出てきまして、ただ位置だけでは、電話等もありまして、途中からわからないとかという問い合わせ等もありまして、それでは話し合いの中でそういう看板も立てていこうということで、今年度ももうちょっと先までできないかと今話し合いが出ていまして、今後それらも考えまして、もう少し各交差点、上福岡の方の交差点とかあちらからも問い合わせが大分あるみたいなのですね。だから、そんな関係で、「いも街道」もそうですけれども、そういう看板をもう少し先まで立てようという話し合いを今やっている最中でございます。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 15番、光下重之君。



◆15番(光下重之君) いも振興会の方たちがそういう方向で動いているということであるならば、これは総務費になるわけですけれども、サイン計画ということでこの間町が公共施設を中心にした看板を道路上に立てるということをずっとやってきましたけれども、それらとマッチするかどうかというのはちょっとわからないのですが、埼玉県においても、彩の国何とかというようなネーミングで道路に正式な名称をいろいろと出したりしています。そういうものとの結びつきといいますか、そういう、総務費にもかかわる話なのですけれども、いも振の方たちの総意がそうであるならば、考えてみるというふうなこともあっていいかなと思うのですが、町長、いかがでございましょうか。



○議長(深澤勝子君) 町長。



◎町長(林孝次君) お答えいたしたいと思います。

  サイン計画の方は企財でございますので、やはりそういう面については十分また協議するように、余りただ一方的にいも振興会でそこまでやっていいものかどうかということも考えなければなりませんので、慎重を期していきたいと、そういうように考えております。



○議長(深澤勝子君) 3番、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 私の認識不足なのかなと思っているのですが、105ページ、106ページのところの19負担金、補助及び交付金のところですが、補助金のところに生活改善クラブというのがあります。これはかなり長いスパンでこのクラブは活動しているということは一応認識しておりますけれども、実際農林水産業費に入っているということは、これはこの機会に伺いたいのですけれども、農家の方の生活改善を運動としているクラブなのか。また、それと同時に、何人ぐらいで活動されているのか、この機会にお伺いしたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(秋山栄二君) まず、所属でございますけれども、この生活改善クラブは農家のお嫁さん、それから娘さんというか、農家を対象にしております。現在の会員ですけれども、17人ほどおります。講習会とか料理研修会等、あと視察等、農家の嫁さん対象にしたそういうものは役員会を開いて年間行事としては活動しております。

  以上でございます。



○議長(深澤勝子君) 13番、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 13番。

  農業センターの関係で107ページ、108ページです。需用費の中で修繕ということで39万6,900円ですか、その数字は別にそれがどうこうということではないのですが、施策の成果の中で、15年度についても、また16年度についても、両方とも両年度で修繕が行われているのですが、金額的にも15年度で39万1,650円、16年度で39万6,900円、ほぼ同じ金額で、しかも記述を見ますと、確かに20年以上たっている施設ですので老朽化が進んで修繕すること自体に問題は、異論があるわけではないのですが、修理箇所がセンター内部玄関、通路、それの塗装並びに壁の張りかえ修繕、これ2年間同じ記述で成果の説明に入っているのですが、2カ年事業でこの程度の修繕をやらざるを得なかったのか。すっかり同じようで、金額的にもほぼ同じで2年間ありますので、その点についてご説明をいただきたいと思います。



○議長(深澤勝子君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(秋山栄二君) どうも申しわけございません。今気がつきまして、15年度は事務室と玄関前回りのクロスでした。同じことを今、申しわけありません、気がつきませんで。16年度は調理室……15年度は玄関と広場の通路のクロス等をやりました。16年度は事務室、それから和室の京壁、それと調理室、それとホールの中のドアを一部直しました。申しわけございません、ダブって、今見たら、済みません、申しわけありません、ダブってしまいました。

          〔何事か呼ぶ者あり〕



◎産業振興課長(秋山栄二君) はい。十分今後気をつけます。申しわけございませんでした。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款6農林水産業費の質疑を終了いたします。

  続いて、款7商工費、5ページから6ページ及び107ページから111ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款7商工費の質疑を終了いたします。

  続いて、款8土木費、5ページから6ページ及び109ページから122ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  5番、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) まず、1点だけ確認をしたいところがあります。117ページ、118ページ、目3下水道費の中の13委託料、一般下水道管実施設計業務委託料というところなのですけれども、900万円の予算に777万円の執行ということであります。この件につきましては、平成14年度に工事まで予定されておりました緑ケ丘の住宅地の雨水対策の分の設計委託料だと思うのですけれども、前回14年度でできなくて……15年度でしたっけ、15年度でできなくて、それで16年度に設計委託料のみ、これは管を工事する場所を変えて、そして設計委託料がとられたと思うのですけれども、前回説明の中に場所がユニクロの前に出る砂利道のところ、藤久保84号線を通すという、そのように伺っておりますけれども、これで間違いないでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) この委託料につきましては、国道254号線の歩道橋があるのですけれども、あそこを斜めに横断して藤久保84号線の砂利に通すという予定の設計委託をしたものでございます。



○議長(深澤勝子君) 5番、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) そういたしますと、16年度に設計が終わっているということなのですけれども、これが17年度にはまだ工事費は計上されておりませんでしたけれども、この工事はいつごろ執行される予定なのか、お伺いいたします。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 設計した結果、1億数千万の金額がかかるという部分で、担当としては3年ぐらいで分けて計画したのですけれども、財政的に難しいという部分がありまして、17年度は計上できなかったということでございます。



○議長(深澤勝子君) 5番、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) ちなみに、15年度に工事費まで計上されていたと思うのですけれども、その場所を通すのよりもどのくらい、何倍ぐらいかかるというか、どのくらい多くかかるので計上が難しいとおっしゃっているのでしょうか。



○議長(深澤勝子君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 今資料ないのですけれども、15年度は飯田グラウンドから直接真っすぐ254号線に流すと、工事するという部分で、いろいろ工事請負費まで計上して、地権者の方に何度もお願いしたのですが、難しかったという部分で、では、16年度どういうルートがあるかという部分で、今先ほどお話しした、国道254を斜め横断しまして砂利道の藤久保84号線を通したらどうかという部分で設計委託を出したわけですけれども、これが推進工法といいまして、国道横断とかあと藤久保84号線、砂利道なのですけれども、それらも推進工法でやらなくてはならないという部分がありまして、15年度の予算と比較しますと大分高くなるということで、ちょっと金額的に、ちょっと資料ないので比較できないのですが、そのような状況であります。



○議長(深澤勝子君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款8土木費の質疑を終了いたします。

  続いて、款9消防費、5ページから6ページ及び121ページから122ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑なしと認めます。

  以上で款9消防費の質疑を終了いたします。

                                              



△延会の宣告



○議長(深澤勝子君) お諮りいたします。

  本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 異議なしと認めます。

  よって、本日はこれにて延会することに決定いたしました。

  ご苦労さまでございました。

                                      (午後 1時44分)