議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成17年  9月 定例会(第5回) 09月01日−議案説明−01号




平成17年  9月 定例会(第5回) − 09月01日−議案説明−01号







平成17年  9月 定例会(第5回)




             平成17年第5回三芳町議会定例会

議 事 日 程 (第1号)

                         平成17年9月1日(木曜日)午前9時30分開会

日程第 1 会議録署名議員の指名                                
日程第 2 会期の決定                                     
日程第 3 所管事務調査報告 議会運営委員会                          
日程第 4 承認第 3号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度三芳町一般会計補正予算
             (専決第1号))                           
日程第 5 議案第39号 三芳町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例        
日程第 6 同意第 5号 三芳町教育委員会委員の任命同意について                
日程第 7 同意第 6号 三芳町教育委員会委員の任命同意について                
日程第 8 同意第 7号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について          
日程第 9 議案第40号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第2号)             
日程第10 議案第41号 平成17年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第1号)         
日程第11 議案第42号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第1号)        
日程第12 議案第43号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第1号)           
日程第13 認定第 1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定について          
日程第14 認定第 2号 平成16年度三芳町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について    
日程第15 認定第 3号 平成16年度三芳町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について      
日程第16 認定第 4号 平成16年度三芳町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について      
日程第17 認定第 5号 平成16年度三芳町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について     
日程第18 認定第 6号 平成16年度三芳町水道事業会計決算認定について            
日程第19 議案第44号 三芳町総合運動場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例    
日程第20 議案第45号 埼玉県西部第一広域行政推進協議会を設ける地方公共団体の数の減少について
日程第21 議案第46号 埼玉県西部第一広域行政推進協議会を設ける地方公共団体の数の増加及び規約
             の変更について                               
日程第22 議案第47号 上福岡市と三芳町の一般廃棄物(可燃ごみ)の処分に関する事務の委託の廃止
             について                               
日程第23 議案第48号 ふじみ野市と三芳町の一般廃棄物(可燃ごみ)の処分に関する事務の委託につ
             いて                                 
日程第24 議案第49号 三芳町と上福岡市の一般廃棄物(不燃系粗大ごみ)の処分に関する事務の委託
             の廃止について                            
日程第25 議案第50号 三芳町とふじみ野市の一般廃棄物(不燃系粗大ごみ)の処分に関する事務の委
             託について                              
日程第26 議案第51号 ふじみ野市の公の施設の利用に関する協議について            
日程第27 議案第52号 三芳町の区域外における公の施設の設置及びふじみ野市に公の施設を利用させ
             ることの協議について                         
日程第28 議案第53号 三芳町の公の施設をふじみ野市の住民に利用させることについて      
日程第29 議案第54号 三芳町の公の施設をふじみ野市の住民に利用させることについて      
日程第30 議案第55号 三芳町・大井町学齢児童・生徒の一部の教育事務の委託の廃止について   
日程第31 議案第56号 ふじみ野市・三芳町学齢児童・生徒の一部の教育事務の委託について    
日程第32 議案第57号 埼玉県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合
             の財産処分について                          
日程第33 議案第58号 埼玉県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合
             の規約変更について                          
日程第34 議案第59号 埼玉県市町村消防災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合
             の財産処分について                          
日程第35 議案第60号 埼玉県市町村消防災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合
             の規約変更について                          
日程第36 議案第61号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合
             の財産処分について                          
日程第37 議案第62号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合
             の規約変更について                          
出席議員(15名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    11番   鈴  木  周  一  君     12番   横  田  英  明  君
    13番   鈴  木  英  美  君     14番   板  垣     清  君
    15番   光  下  重  之  君     16番   深  澤  勝  子  君
    17番   久  保  俊  和  君

欠席議員(1名)
    10番   秋  坂     豊  君
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   助   役    森  田  陽 一 郎  君
  収 入 役   高  橋     忠  君   代   表    落  合  佐 和 次  君
                          監 査 委員

  総 務 課長   宮  寺     勇  君   企 画 財政    吉  野  茂  夫  君
                          課   長

  秘 書 室長   清  水     務  君   管 財 課長    砂  川  悦  廣  君
  文化会館長   関     文  雄  君   税 務 課長    鷹  野  信  治  君

  町 民 課長   田  中  喜  一  君   福 祉 児童    清  水  政  雄  君
                          課   長

  健 康 課長   加  藤  宗  良  君   環 境 衛生    石  畑  一  男  君
                          課   長

  産 業 振興   秋  山  栄  二  君   都 市 計画    鈴  木  栄  治  君
  課   長                   課   長

  土木下水道   荒  野     卓  君   竹 間 沢    馬  場  信  一  君
  課   長                   出 張 所長

  会 計 課長   新  井  誠  一  君   教育委員会    嶋  村     清  君
                          委 員 長

  教 育 長   池  上     仁  君   教育委員会    島  崎  利  雄  君
                          教 育 次長
                          兼学校教育
                          課   長

  教育委員会   武  政  淳  子  君   教育委員会    金  子     明  君
  総 務 課長                   生 涯 学習
                          課 長 兼
                          体育館建設
                          準 備 室長

  教育委員会   石  子  正  明  君   水 道 課長    杉  山  政  秋  君
  藤 久 保
  公 民 館長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   吉  野  義  之      事務局次長    馬  場  初  江
  事務局書記   池  上  義  典      事務局書記    齊  藤  慶  輔





                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(深澤勝子君) ただいま出席議員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより平成17年第5回三芳町議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

  本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(深澤勝子君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、11番議員、鈴木周一君、12番議員、横田英明君、以上2名を本会期中の会議録署名議員に指名いたします。

                                              



△議会運営委員長報告



○議長(深澤勝子君) 去る8月29日、議会運営委員会が開催されましたので、議会運営委員長の報告を求めます。

  鈴木英美君。

          〔議会運営委員長 鈴木英美君登壇〕



◎議会運営委員長(鈴木英美君) おはようございます。

  本日開会いたします平成17年第5回定例会の会期日程につきまして、去る8月29日、第2委員会室におきまして議会運営委員会を開催いたしましたので、その協議結果についてご報告申し上げます。

  本定例会に提出されます議案等は、承認1件、議案24件、同意3件、認定6件、意見書5件、要望書1件であります。

  まず、会期につきましては、本日9月1日より9月22日までの22日間といたします。会期日程及び休会日につきましては、別紙会期日程表のとおりであります。本日は、承認第3号及び議案第39号及び同意第5号から同意第7号及び議案第40号から議案第43号及び認定第1号から認定第6号並びに議案第44号から議案第62号までを一括上程し、町長の提案理由の説明及び担当課長の説明を行った後、承認第3号のみについては先議することといたします。

  一般質問につきましては、既にお手元に配付してありますように、7名の議員より通告書が提出されております。順序につきましては、一般質問順序表に従いまして5日及び6日の2日間にわたり行うことといたします。

  なお、意見書第5号から第9号については、本会議において審議し、要望第2号については、所管の総務建設常任委員会に付託することといたします。また、全国議長会より送付されました分権時代の新しい地方議会制度の構築を求める意見書案については配付のみといたします。

  議案等の審議順序については、会期日程に従い順次審議することとし、質疑、討論、採決は各議案ごとに行うことといたします。

  平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定についての質疑方法は、最初に歳入全般、次に歳出を行います。歳出は款ごとに款1議会費から款13予備費まで順次行い、最後に総括質疑を行うことといたします。また、町長より全員協議会の開催依頼がありましたので、明日9月2日、会議終了後に開催することと決定いたしました。

  以上のように決定いたしましたので、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上です。

                                              



△会期の決定



○議長(深澤勝子君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。ただいま議会運営委員長より報告がありましたように、本定例会の会期は本日から22日までの22日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会の会期は、本日から22日までの22日間と決定いたしました。

  先ほど議会運営委員長の報告にありました分権時代の新しい地方議会制度の構築を求める意見書については、お手元に配付いたしました。

  なお、会期中の日程及び審議予定につきましては、お手元に配付してございます会期日程表のとおりでありますので、あらかじめご承知おき願います。

                                              



△諸般の報告



○議長(深澤勝子君) 続きまして、諸般の報告を申し上げます。

  例月出納検査結果の報告及び行政報告がありましたので、お手元に配付してあります。

  また、本定例会までに受理した意見書は5件、要望1件であり、お手元に配付してあります。

  町長より本定例会への提出議案の報告並びに地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者の報告については、既に配付のとおりであります。

  6月16日、厚生文教常任委員会、町内視察。

  6月20日、入間東部地区衛生組合全員協議会。

  6月23日、議会だより編集委員会。

  6月30日、7月1日、埼玉県町村議会議長、事務局長合同研修会。

  7月14日、15日、入間郡町村議会議長会県外視察。

  7月21日、議会運営委員会所管事務調査。

  8月8日、埼玉県町村議会議長議会報告研修会。

  8月11日、入間郡町村議会議長情報交換会。

  8月29日、議会運営委員会がそれぞれ開催されました。

  なお、第3回定例会において可決いたしました議員派遣については、お手元に配付してございます議員派遣報告書のように派遣いたしましたので、ご報告いたします。

  以上で諸般の報告を終わります。

                                              



△所管事務調査報告



○議長(深澤勝子君) 日程第3、所管事務調査報告についてを行います。

  会議規則第77条の規定に基づき、所管事務調査報告書が提出されましたので、議会運営委員長に報告を求めます。

  鈴木英美君。

          〔議会運営委員長 鈴木英美君登壇〕



◎議会運営委員長(鈴木英美君) 議会運営委員会より所管事務調査報告を申し上げます。

  去る7月21日、東京都羽村市議会にて議会改革検討委員会の概要についてを調査いたしましたので、その結果をご報告申し上げます。

  調査結果についてご報告いたします。羽村市議会は平成16年2月、地方分権時代にふさわしい、より開かれた議会運営の実現を目指して議会改革検討委員会を立ち上げました。委員8人の構成は、会派の比例配分とし、23項目の課題を掲げ、議員主導型で調査、検討を進めて、平成16年12月に最終報告をいたしました。その間、13回の会議を重ねて23項目の改革に取り組み、その課題のうち議員定数の見直し、一問一答方式の導入、政務調査費制度の見直し、ホームページの充実、請願者への通知、一般質問の通告書写しの配付、会議における議員の呼び名、議員控え室の充実、会派ごとのパソコン設置、議案配付等の合理化、会議録の早期作成、傍聴規則の見直しなどの改革を決定いたしましたが、これらについては、三芳町議会においても近隣の議会に先駆けて既に実施しており、他に誇れるものであると考えます。

  そのほか、議会日程の年間公表、議会用語の見直し、一部事務組合議会の状況報告、委員会の視察報告会の実施については、羽村市議会独自のものであり、画期的で活発に改革をする機運をうかがうことができました。特に各常任委員会の視察報告会は、昭和51年から平日の昼間の時間帯に開催していて30年余の歴史があります。羽村市議会のような視察報告会は全国でも余り例がありません。報告書は、各委員会が作成し、新人議員がリハーサルの後、プロジェクターを駆使し、発表しているとのことであります。このことは議員の活動を市民、執行部に周知させる機会であるとともに、視察に対する議員の士気につながっているそうであります。

  また、一部事務組合議会の状況報告については、議会として共通認識を持つことの大切さから、平成17年3月議会から全員協議会において六つの一部事務組合議会の選出議員より、それぞれ状況報告を求めて実施しております。議会と執行部は、それぞれ独立して自主的に権限を行使し、両者は相互の牽制と均衡を図りながら、車の両輪のごとく対等の立場で職務を行う機関であることから、議会の権能を十二分に発揮できるよう、また時代の要請にこたえるため議員みずから研さんし、議会力をつけることが求められております。三芳町議会においても分権時代に対応した議会運営を検討し、できることからさらに効率的で町民にわかりやすい開かれた議会を構築しなければならないと考えております。

  まず、一部事務組合議会の状況報告について、議会として共通認識を持つことの大切さから、入間東部地区消防議会及び入間東部地区衛生議会代表議員の報告会の実施を検討したいと考えております。

  今回の羽村市議会の所管事務調査は、今後の三芳町の議会運営を考える上で大変参考になりました。

  以上で議会運営委員会所管事務調査報告を終わります。



○議長(深澤勝子君) ただいまの議会運営委員長の報告に対しまして、質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 質疑を終了いたします。

  以上で議会運営委員会所管事務調査報告を終了いたします。

                                              



△承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度三芳町一般会計補正予算(専決第1号))

 議案第39号 三芳町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例

 同意第5号 三芳町教育委員会委員の任命同意について       

 同意第6号 三芳町教育委員会委員の任命同意について       

 同意第7号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について 

 議案第40号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第2号)    

 議案第41号 平成17年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第1号)

 議案第42号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第43号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第1号)  

 認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定について 

 認定第2号 平成16年度三芳町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

 認定第3号 平成16年度三芳町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について

 認定第4号 平成16年度三芳町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

 認定第5号 平成16年度三芳町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

 認定第6号 平成16年度三芳町水道事業会計決算認定について   

 議案第44号 三芳町総合運動場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

 議案第45号 埼玉県西部第一広域行政推進協議会を設ける地方公共団体の数の減少について

 議案第46号 埼玉県西部第一広域行政推進協議会を設ける地方公共団体の数の増加及び規約の変更について

 議案第47号 上福岡市と三芳町の一般廃棄物(可燃ごみ)の処分に関する事務の委託の廃止について

 議案第48号 ふじみ野市と三芳町の一般廃棄物(可燃ごみ)の処分に関する事務の委託について

 議案第49号 三芳町と上福岡市の一般廃棄物(不燃系粗大ごみ)の処分に関する事務の委託の廃止について

 議案第50号 三芳町とふじみ野市の一般廃棄物(不燃系粗大ごみ)の処分に関する事務の委託について

 議案第51号 ふじみ野市の公の施設の利用に関する協議について   

 議案第52号 三芳町の区域外における公の施設の設置及びふじみ野市に公の施設を利用させることの協議について

 議案第53号 三芳町の公の施設をふじみ野市の住民に利用させることについて

 議案第54号 三芳町の公の施設をふじみ野市の住民に利用させることについて

 議案第55号 三芳町・大井町学齢児童・生徒の一部の教育事務の委託の廃止について

 議案第56号 ふじみ野市・三芳町学齢児童・生徒の一部の教育事務の委託について

 議案第57号 埼玉県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の財産処分について

 議案第58号 埼玉県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更について

 議案第59号 埼玉県市町村消防災害補償組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の財産処分について

 議案第60号 埼玉県市町村消防災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更について

 議案第61号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の財産処分について

 議案第62号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更について





○議長(深澤勝子君) 日程第4、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度三芳町一般会計補正予算(専決第1号))及び日程第5、議案第39号 三芳町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例及び日程第6、同意第5号 三芳町教育委員会委員の任命同意についてから日程第8、同意第7号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について及び日程第9、議案第40号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第2号)から日程第12、議案第43号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第1号)及び日程第13、認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第18、認定第6号 平成16年度三芳町水道事業会計決算認定について及び日程第19、議案第44号 三芳町総合運動場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から日程第37、議案第62号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更についてまで、以上34件を一括議題といたします。

  提案者に提案理由の説明を求めます。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) おはようございます。本日ここに平成17年第5回議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましてはご壮健にてご出席を賜り、ご審議をいただきますことに深く感謝を申し上げます。

  それでは、本定例会にご提案申し上げましたすべての議案につきまして、順次その提案理由を申し上げます。

  まず、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(専決第1号)の提案理由を申し上げます。この専決処分につきましては、平成17年度の一般会計補正予算となりますが、内容といたしましては、来る9月11日に執行されます衆議院議員総選挙に係る必要経費を地方自治法の規定に基づき措置したものであります。

  続きまして、議案第39号 三芳町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例につきまして提案理由を申し上げます。本条例は、地方自治法の規定に基づき、三芳町が設置する公の施設の管理を行わせる指定管理者の指定の手続等に関し必要な事項を定めるため提案いたしました。

  次に、同意第5号 三芳町教育委員会委員の任命同意について提案理由の説明を申し上げます。現委員であります池上仁氏が9月30日をもって任期満了となりますが、引き続き委員に任命いたしたく提案するものでございます。

  続きまして、同意第6号 三芳町教育委員会委員の任命同意について提案理由の説明を申し上げます。現委員であります鈴木文子氏が9月30日をもって任期満了となりますので、新たに松本薫氏を委員に任命いたしたく提案するものでございます。

  続きまして、同意第7号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意について提案理由の説明を申し上げます。現委員であります荻島満夫氏が9月30日をもって任期満了となりますが、引き続き委員に任命いたしたく提案するものでございます。

  次に、議案第40号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第2号)につきまして提案理由の説明を申し上げます。本補正予算の主な内容につきましては、人事異動等による人件費の補正と道路拡幅に係る用地買収費並びに入間東部地区消防組合負担金等であります。これに伴う財源といたしましては、国・県支出金等をもって措置させていただきました。

  なお、平成17年度地方交付税及び地方特例交付金の算定が行われ、去る7月25日付で普通交付税の額が決定されました。本町におきましては、財政力指数が単年度で1.21、超過額が10億2,664万4,000円で、平成13年度から5年連続の不交付団体となりました。また、あわせて地方特例交付金の額も決定されましたので、今回の補正予算に計上させていただきました。

  続きまして、議案第41号 平成17年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算につきましては、介護保険制度の改正によるシステム改修に要する費用及び平成16年度における介護保険事業の確定に伴い、精算の必要が生じましたので提案いたしました。

  なお、財源につきましては、一般会計からの繰入金及び繰越金をもって措置させていただきました。

  続きまして、議案第42号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算につきましては、人事異動等による人件費とポンプ場等に係る修繕料の補正であります。

  続きまして、議案第43号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し上げます。本補正予算につきましては、人事異動に伴う人件費と浄水場整備費の補正でございます。

  次に、認定第1号から認定第5号につきまして提案理由を申し上げます。まず、認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定について申し上げます。本決算につきましては、歳入総額121億1,101万3,651円に対しまして、歳出総額は115億293万2,138円となり、その差し引き残額は6億808万1,513円でございます。

  続きまして、認定第2号 平成16年度三芳町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について申し上げます。本決算につきましては、歳入総額31億6,132万1,547円に対しまして、歳出総額は30億1,308万5,129円となり、その差し引き残額は1億4,823万6,418円でした。

  続きまして、認定第3号 平成16年度三芳町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について申し上げます。本決算につきましては、歳入総額18億7,796万3,420円に対しまして、歳出総額は18億3,924万436円となり、その差し引き残額は3,872万2,984円でした。

  続きまして、認定第4号 平成16年度三芳町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について申し上げます。本決算につきましては、歳入総額7億6,925万8,842円に対しまして、歳出総額は7億343万5,470円となり、その差し引き残額は6,582万3,372円でした。

  続きまして、認定第5号 平成16年度三芳町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について申し上げます。本決算につきましては、歳入総額10億7,013万6,493円に対しまして、歳出総額は10億2,102万2,491円となり、その差し引き残額は4,911万4,002円でした。

  以上、申し上げました5件の決算認定につきましては、いずれも地方自治法の規定により監査委員の決算審査意見書と三芳町歳入歳出決算に係る主要な施策の成果の説明書を付して提案させていただきました。

  続きまして、認定第6号 平成16年度三芳町水道事業会計決算認定について申し上げます。本決算につきましては、地方公営企業法の規定に基づき、監査委員の決算審査意見書を付してご提案申し上げました。なお、決算の状況につきましては、大規模な宅地開発における住宅の加入金が増加したため、2,040万4,656円の純利益がありました。

  次に、議案第44号 三芳町総合運動場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例から議案第56号 ふじみ野市・三芳町学齢児童・生徒の一部の教育事務の委託についてまでの提案理由を申し上げます。議案第44号から議案第56号までの13件の議案につきましては、平成17年10月1日をもちまして、上福岡市と大井町が合併し、ふじみ野市となることから、関係いたします条例等、各例規の整備をいたしたく提案させていただきました。

  次に、議案第57号 埼玉県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の財産処分についてから議案第62号 埼玉県市町村交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更についてまでの提案理由を申し上げます。議案第57号から議案第62号までの6件の議案につきましては、いずれも関係する地方公共団体と協議をする必要が生じたことから地方自治法に基づき提案いたしました。

  以上、ご提案申し上げました33議案につきまして、簡単に提案理由を申し上げましたが、各議案の概要につきましては、引き続き担当課長より説明申し上げますので、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 次に、担当課長の議案説明を求めます。

  承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度三芳町一般会計補正予算(専決第1号))について、企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、承認第3号 三芳町一般会計補正予算(専決第1号)の概要につきましてご説明いたします。

  本補正予算につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ1,128万4,000円を追加いたしまして、総額を112億8,649万円とするものでございます。

  内容につきましては、来る9月11日に行われます衆議院議員総選挙に係る経費を措置したものでございます。配付の予算書の9ページの歳入につきましては、埼玉県から交付されます委託金1,006万3,000円を計上したものでございます。その内訳につきましては、説明欄に記載のとおりでございます。また、繰越金の122万1,000円につきましては、歳出予算に不足する額を前年度繰越金より措置したものでございます。

  10ページの歳出につきましては、選挙事務に要する経費を各節ごとにそれぞれ措置したものでございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

  以上です。



○議長(深澤勝子君) 議案第39号 三芳町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例について、企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、議案第39号 三芳町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の概要につきましてご説明をさせていただきます。

  指定管理者制度につきましては、平成15年9月2日に地方自治法の一部改正をする法律が施行されまして、これまで地方公共団体の管理権限のもとで町が出資した法人や公共団体に限定されていた公の施設の管理につきまして、今後は民間事業者等にも指定管理者として代行させることが可能となったものでございます。また、改正前の規定に基づきまして、管理の委託を行っている公の施設については、平成18年9月までの経過措置期間中に指定管理者とするか、直営とするかを検討するとともに、指定管理者制度への対応が必要となったため、制度導入とあわせまして指定手続等に関する条例を整備するものでございます。

  条例の内容でございますが、お配りの条例をごらんいただきたいと思います。第1条につきましては、この条例の趣旨を規定したものでございます。

  第2条におきましては、指定管理者の防止に関する内容を規定したもので、公募を原則とするものでございます。

  第3条、4条におきましては、指定管理者の指定の申請及び選定に関する内容を規定しているものでございます。

  第5条につきましては、指定管理者は原則公募としておりますが、公募によらず選定できる内容を規定したものでございます。

  第6条につきましては、選定結果の通知に関する規定でございます。

  第7条につきましては、指定管理者の指定について定めたもので、自治法の規定により議会の議決を経る旨を規定したものでございます。

  第8条から第13条におきましては、指定管理者の指定を受けた団体と町との管理に関する協定を初めとする業務、あるいは事業を進めていく中での取り決めの事項について規定したものでございます。

  第14条におきましては、指定管理者及び業務従事者における個人情報の取り扱いについて規定をしているものでございます。

  第15条では、施設の管理、業務に係る情報の公開について規定しております。

  また、第16条につきましては、教育委員会所管の施設、これらへの適用規定を定めたものでございます。

  なお、参考といたしまして、条例施行規則を添付させていただいております。

  以上、簡単でございますが、概要説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次の同意第5号 三芳町教育委員会委員の任命同意についてから同意第7号 三芳町固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてまで、以上3件につきましては、人事案件のため説明は省略いたします。

  次に、議案第40号 平成17年度三芳町一般会計補正予算(第2号)について、企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、議案第40号 三芳町一般会計補正予算(第2号)の概要についてご説明いたします。

  配付しております予算書をお開きいただきたいと思います。まず、本補正予算につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ4,102万円を追加いたしまして、総額を113億2,751万円とするものでございます。

  主な内容でございますが、予算書の6ページをごらんいただきたいと思います。第2表、地方債の補正でございますが、減税補てん債につきまして、平成17年度の特例交付金の決定とともに、この減税補てん債の許可額が9,120万円と決定されましたので、変更補正を行うものでございます。なお、補正額は420万円ということになります。

  続きまして、11ページからの歳入についてご説明をいたします。まず、上段の地方特例交付金でございますが、平成17年度の普通交付税の算定が行われまして、当初予算比で1,689万6,000円増の2億4,589万6,000円が決定されましたので、その増額分を措置するものでございます。

  その下の県支出金でございますが、一つは人権教育指導研修事業に対しまして10万円を、またもう一つは、平成16年度に引き続きまして、防犯のまちづくり支援事業に対し38万6,000円の補助を受けることとなりまして、それを措置するものでございます。

  それから、その下の教育費委託金25万円でございますが、これにつきましては県内の児童生徒の学力向上を図るため設置された事業でございます。本町では、この彩の国パイオニアスクールを受諾することといたしまして、今回その委託金を措置するものでございます。

  次の特別会計繰入金2,207万6,000円でございますが、これにつきましては介護保険特別会計の平成16年度精算金を繰り入れ措置するものでございます。

  続きまして、12ページになりますが、過年度収入の237万2,000円につきましては、知的障害者施設訓練等支援費の平成16年度精算分を措置するものでございます。

  次の町債につきましては、初めに説明したとおりでございます。

  引き続きまして、歳出のご説明をいたします。今回の補正におきましては、本年4月の職員人事異動に伴います人件費の補正をしておりますが、それぞれ各科目ごとに所要の増減措置を行ったものでございます。なお、人件費全体では5,818万1,000円の減額となるものでございます。

  それでは、人件費以外の主なものにつきましてご説明いたします。まず、14ページをお開きいただきたいと思います。中段の交通安全対策費の借上料120万2,000円でございますが、これにつきましては三芳パーキングエリアスマートインターチェンジ社会実験の期間延長に伴いまして、パーキング内の店舗職員用の駐車場として用地を借り上げておりますが、その借り上げ期間も延長する必要があることから、今回措置させていただくものでございます。

  続きまして、ページが飛びますが、21ページをお願いいたします。上段の道路橋梁維持費の工事請負費1,900万円でございますが、これにつきましては町道の3路線の歩道、あるいは道路修繕を実施したく今回措置するものでございます。

  次の道路新設改良費の補正額4,470万8,000円でございますが、これにつきましては町道幹線17号線、証券グラウンドの跡地の北側の道路ですが、これの拡幅に伴います測量等の調査、土地購入、物件補償等に係る経費及び町道の2路線の新設改良に係る経費をそれぞれ措置したものでございます。

  次の河川費の工事請負費1,000万円でございますが、これにつきましては、これまで順次整備を進めてきております上富水路整備につきまして、本年度対応分を今回措置するものでございます。

  次の都市計画総務費の委託料です。次のページになりますが、250万円計上させていただいております。これにつきましては、都市計画道路竹間沢・大井・勝瀬通り線の用地取得事業に係る測量及び補償物件調査等を実施するため措置するものでございます。

  次に、下の方になりますが、非常備消防費の負担金1,250万円でございますが、これにつきましては三芳町消防団第4分団の消防ポンプ車を購入するため、今回措置するものでございます。

  続きまして、23ページの下段になります。文化財保護費183万4,000円でございますが、これにつきましては現在藤久保第一区画整理事業地内に設置しております埋蔵文化財整理室が区画整理事業の進展によりまして、換地収用収益開始となったことに伴いまして、移設の必要が生じたため、竹間沢テニスコート内敷地の一部を活用することといたしまして、移設等に係る経費をそれぞれ措置するものでございます。

  以上、補正予算第2号の概要説明とさせていただきますが、ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案第41号 平成17年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第1号)について、健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) 説明の前に申しわけございませんが、平成17年度介護保険特別会計補正予算(第1号)の予算資料を事前に配付してあるかと思いますが、その中にちょっと2カ所ほど間違いがございましたので、訂正をさせていただきたいと思います。補正予算の予算資料を見ていただければと思います。

  予算資料の中の歳出款5基金積立金の算出基礎の欄の中段になるかと思います。保険料等充当費用がございますが、その中の財政安定化基金拠出金でございますが、「81万96円」と載っておりますが、「81万98円」にご訂正をお願いしたいと思います。

  それから、もう一つが、その下の基金処分の合計額でございますが、「3,891万1,412円」とありますけれども、これを訂正していただきたいと思います。「3,810万6,412円」にご訂正をお願いしたいと思います。あとの計算につきましては合っておりますので、ご了承いただきたいと思います。おわびして訂正をさせていただきます。申しわけございませんでした。

  それでは、議案第41号 平成17年度三芳町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして説明をさせていただきます。今回の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,551万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億9,727万9,000円とするものでございます。

  補正の内容でございますが、まず歳入から説明をさせていただきます。予算書の9ページをお開きいただきたいと思います。7繰入金でございますが、1事務費繰入金ということで304万5,000円でございますが、ご承知のように介護保険制度が、ことしの10月、また平成18年の4月から改正が予定されているわけでございますが、その改正に伴いまして介護保険システムの方の改修が必要になっておりますので、その改修費用を一般会計より繰り入れるものでございます。

  次に、7繰入金、1保険給付費準備基金繰入金105万7,000円でございますが、平成16年度におきまして、平成15年度保険料の精算分を保険給付費準備基金の方へ積み立てをいたしましたが、過納がございましたので、平成17年度におきまして取り崩しをさせていただくものでございます。

  次に、繰越金でございますが、平成16年度におきましては6,141万6,000円を財源として予算化させていただきました。

  続きまして、歳出につきましてご説明を申し上げます。10ページでございます。1総務費、13委託料でございますが、歳入の方で説明しました介護システムの改修費の委託料でございます。

  次に、5基金積立金、25積立金3,691万2,000円でございますが、保険料等から充当費用を除きまして、準備基金として積み立てるものでございます。

  次に、7諸支出金、2償還金でございますが、平成16年度の介護保険事業が確定したことに伴いまして精算の結果、超過額が生じましたので、国庫負担金、支払基金交付金及び県負担金をそれぞれ返還するものでございます。

  また、次の7諸支出金、1一般会計繰出金につきましても、同じく繰出金をもって精算するものでございます。なお、精算に要する財源につきましては、前年度繰越金をもって措置をさせていただきました。

  以上でございます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案第42号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) それでは、議案第42号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての概要説明を申し上げます。

  本補正予算につきましては、人事異動等に伴う補正でございます。なお、職員につきましては、1名減になっております。また、10ページにあります、お開きいただきたいと思いますが、維持管理費の需用費の710万円の増額につきましては、第1中継ポンプ場1号ポンプのオーバーホール修繕と地下水浸入箇所の管路補修でございます。このことによりまして、既定予算額9億9,776万9,000円から歳入歳出それぞれ813万3,000円を減額いたしまして9億8,963万6,000円とするものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案第43号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第1号)について、水道課長。



◎水道課長(杉山政秋君) それでは、議案第43号 平成17年度三芳町水道事業会計補正予算(第1号)について説明いたします。

  今回の補正につきましては、収益的支出の予算を2,087万4,000円減額しまして、支出合計8億2,079万4,000円とするものです。内容としましては、人事異動等に係る人件費が主なものとなっております。なお、職員につきましては2名減となっております。

  また、資本的支出の予算を596万2,000円追加し、3億5,682万8,000円とするものです。内容といたしましては、取水井からの多くの砂の排出が見られることから、調査のための委託料が主となっております。

  以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 認定第1号 平成16年度三芳町一般会計歳入歳出決算認定について担当課長の説明を求めます。

  まず、議会事務局長。



◎議会事務局長(吉野義之君) 議会費につきましてご説明をさせていただきたいと思います。

  37ページ、38ページをお開きいただきたいと思います。平成16年度の議会費の歳出予算につきましては1億2,598万2,000円に対しまして、支出済額につきましては1億2,304万7,111円で293万4,889円の不用額を生じました。執行率につきましては97.7%でございます。

  不用額の比較的多い節につきましてご説明をさせていただきたいと思います。まず、3節でございますが、職員手当等ですが、人事異動に伴います時間外手当に不用額が生じたものでございます。

  次に、9節旅費ですが、厚生文教常任委員会の所管事務調査を新潟県、群馬県に1泊2日の計画をしておりましたが、新潟県が中越地震で被害に遭ったために宿泊を取りやめ、日帰りで群馬県高崎市の学校給食につきまして調査をいたしたため、費用弁償と職員の随行の普通旅費に不用額が生じたものでございます。

  次に、11節需用費の不用額の主なものにつきましては印刷製本費で、議会だよりの単価及び配付部数が見込みよりも少なかったために不用額も生じたものでございます。

  次に、13節委託料の不用額ですが、予算で見込みました本会議の日数、議会時間の減、また委員会開催日の減に伴いまして、会議録のページ数が減少したために不用額が生じたものでございます。

  次に、14節使用料及び賃借料の不用額ですが、旅費と同じように厚生文教常任委員会の所管事務調査が日帰りになったためにバスの借上料に不用額が生じたものでございます。

  以上で議会費に関します主な歳出決算の説明にかえさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、総務課長。



◎総務課長(宮寺勇君) それでは、総務課に関係します決算内容についてご説明いたします。なお、主なもののみ説明いたしますので、よろしくお願いいたします。

  まず、歳入でございますが、25ページ、26ページをお願いいたします。25ページ、26ページの上の方になりますが、1ふるさと創生資金の防犯のまちづくり支援事業補助金でございますが、防犯対策に関する補助金で、防犯対策で各区へ防犯ベスト、腕章等の配布及び教育委員会学校教育課で児童への防犯ブザーの配布で3分の2の補助でございます。次に、同じページの3委託金、1総務費委託金、5選挙費委託金の参議院議員通常選挙執行経費交付金及び衆議院小選挙区選出議員補欠選挙執行経費交付金につきましては、ほぼ予算に近い額を調定いたしました。次に、在外選挙特別経費交付金につきましては、当初予算で計上してございませんでしたが、決算で調定をいたしました。

  次に、31ページ、32ページをお願いいたします。31ページ、32ページの5雑入、1雑入でございますが、団体保険取扱手数料、健康管理手数料、団体生命共済配当金は、ほぼ予算に近い額を調定いたしました。また、拾得物返戻金、全国町村会総合賠償保険における予防接種保険料優良戻し金15年度及び平成15年公務災害補償基金過納返還金、それから入間総務事務研究会解散に伴う返還金につきましては、当初予算に計上してございませんでしたが、決算で調定をさせていただきました。

  次に、歳出について説明いたします。39ページから42ページをお願いしたいと思います。まず、39ページ、40ページでございますが、2総務費、1総務管理費、1一般管理費についてご説明いたします。報酬については、個人情報保護審査会1回及び個人情報保護審議会は2回開催いたしました。個人情報保護審査会及び個人情報保護審議会につきましては、当初予算で事務局を企画財政課で計上いたしましたが、事務局を総務課に変更いたしましたので、企画費より19万円流用いたしました。情報公開審査会及び情報公開運営審議会につきましては開催いたしませんでした。次に、給料についての不用額でございますが、主なものにつきましては、前助役の退職によるものでございます。次に、職員手当について及び共済費の不用額につきましても、主なものにつきましては前助役の退職によるものでございます。次に、災害補償費については、非常勤職員の体育指導員の公務災害補償費の支払いが生じたために予備費58万4,000円を充当いたしまして支出いたしました。次に、9旅費についてご説明いたします。彩の国さいたま人づくり広域連合主催による研修会が予定より少なかったため、総務課分といたしまして8万492円の不用額が生じました。

  次に、13委託料についてご説明いたします。職員健康診断委託料につきましては、一般職員と臨時職員を対象に実施いたしました。昇任試験委託料につきましては、課長補佐、主査試験を実施いたしました。それから、ファイリングシステム事務管理指導業務委託料は、棚卸し研修を2回実施いたしました。次に、廃棄書類収集運搬委託料は、保存期限が過ぎた書類を廃棄処分いたしました。例規集データ作成委託料は例規データベースの更新委託料でございます。次に、職員研修委託料は、業務委託をしてパソコン研修をしてございます。療養補償請求書点検業務委託料は、公務災害の関係で療養補償請求書の点検委託をいたしました。次に、14使用料及び賃借料でございますが、総務課分につきましては、海の家賃借料、それから例規基本システム使用料は、ほぼ予算どおりの支出でございます。次に、19負担金補助及び交付金でございますが、ほぼ予算どおりの支出でございますが、不用額につきましては、主なものは職員退職手当組合負担金の、前助役の退職によるものでございます。

  次に、51ページ、52ページをお願いいたします。51ページ、52ページの11自治振興費についてご説明いたします。需用費につきましては、集会所の修繕料が予想以上にありましたので、これらを早急に補修したため工事請負費から33万9,000円を流用いたしました。役務費につきましては、北永井第1区集会所増築に伴う建物表示変更登記等の支出でございます。委託料につきましては、各集会所の保守管理委託及び北永井第1区集会所増築工事設計監理委託料でございます。工事請負費につきましては、北永井第1区集会所増築工事、藤久保第4区集会所屋根及び外壁塗装工事、それから北永井第二区集会所出入口改修工事で支出をいたしました。

  次に、55ページ、56ページをお願いいたします。55ページ、56ページの13防災費についてご説明いたします。職員手当等につきましては、台風23号の災害対策による時間外勤務手当、管理職員特別勤務手当の支出でございます。予備費で9万3,000円充当させていただきました。次に、需用費につきましては、消耗品で防災用備蓄品の購入、修繕料では災害用井戸屋根の修繕が生じたので、予備費より15万2,000円充当して修繕させていただきました。次に、役務費につきましては、非常用井戸の水質検査、浄水器の点検、消火器の詰めかえの支出でございます。消火器の詰めかえにつきましては、当初予算に計上してございませんでしたので、予備費より3万9,000円充当させていただきました。次に、使用料及び賃借料につきましては、消防団県大会出場及び研修によるバス借上料でございます。次に、備品購入費につきましては雨量計計測電子記録装置を新しく購入いたしましたので、予備費より20万5,000円充当いたしました。

  次に、同じページの14コミュニティ推進費につきましては、予算どおりの支出でございます。

  次に、57ページ、58ページをお願いいたします。15の防犯対策費につきましては、需用費の消耗品、各地区に防犯ベスト、腕章、マグネットシート、帽子等を配布し、各地区の防犯活動を行っております。修繕料につきましては、防犯灯の球切れなど修繕でございます。工事請負費につきましては、各地域の設置要望に基づき防犯灯の新設工事や撤去工事でございます。

  次に、同じページの6諸費につきましては、予算どおりの支出でございますが、特別報酬審議会が開催されませんでしたので、これらは不用額となっております。また、寄附金につきましては、新潟中越地震に伴う義援金で、予備費より30万円充当して支出いたしました。

  次に、61ページ、62ページをお願いいたします。4選挙費、1選挙管理委員会費及び2選挙啓発費につきましては、わずかに不用額がございますが、ほぼ予算に近い支出でございます。

  次に、63ページ、64ページ、3衆議院議員選挙費の報酬につきましては、期日前投票の投票管理者及び投票立会人を職員で対応したために21万6,000円の不用額が生じました。

  また、同じページの4参議院議員選挙費の報酬につきましても、同じく職員で対応いたしましたので、不用額が41万8,000円生じたものでございます。また、賃金につきましては、開票事務が予定より早く終了したために47万9,800円の不用額が生じてございます。

  次に、65ページ、66ページをお願いいたします。6監査委員費につきましては、ほぼ予算どおりの支出でございます。

  次に、121ページ、122ページをお願いいたします。9消防費、1常備消防費の不用額1,153万575円につきましては精算返戻金でございます。

  次に、2非常備消防費につきましては、例年どおり支出してございます。

  次に、3消防施設費につきましても予算どおりの支出でございました。

  以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 議案説明の途中ですが、休憩いたします。

                                      (午前10時33分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午前10時55分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 休憩前に引き続き、議案説明を続行いたします。

  企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) それでは、企画財政課に関係する部分につきましてご説明をいたします。

  初めに、歳入でございますが、決算書の11ページ、12ページをお開き願います。款2地方譲与税から、次のページになりますが、款8地方特例交付金までにつきましては、国あるいは県から一定の基準により交付されるものでございますので、詳細説明は省かせていただきたいと思います。その中で所得譲与税につきましては、三位一体改革に伴う国から地方への本格的な税源移譲を行うまでの間、これは平成16年度、平成17年度になりますが、その間の暫定措置として所得譲与税が創設されたものでございます。平成17年度におきましては5,984万円の決算でございます。また、配当割交付金及び株式等譲渡所得割交付金につきましては、平成15年度の税制改正によりまして創設され、平成16年1月1日から施行されたもので、金融証券税制の軽減、簡素化の観点から見直しが行われたものでございます。すなわち源泉徴収のみで納税が完了するという仕組みが導入されたものでございます。平成17年度におきましては、それぞれ757万4,000円と898万9,000円の決算となったものでございます。

  次に、13ページ、14ページの地方交付税でございますが、普通交付税につきましては不交付ということで、特別交付税のみの計上となっておりますが、1,052万1,000円の予算割れとなっております。これにつきましては、昨年発生しました新潟中越地震に対する国の財政支援の影響によりまして、減額というようなことでございます。

  続きまして、21ページ、22ページになります。中段の地方分権推進交付金でございますが、150万円の補正予算、これは第3号で計上させていただきましたが、決算額346万8,000円となったものでございます。これは平成16年度に彩の国分権推進自治体の指定を受けまして、本年4月から3分野6事務が移譲されましたが、それを受けるに当たっての準備交付金が交付されたため、増額の決算となったものでございます。

  次に、25ページ、26ページの総務費委託金でございます。統計調査に係る委託金及び交付金でございますが、平成16年度に実施されました各種統計調査に係る経費といたしまして209万5,000円及び6万4,000円がそれぞれ交付されたものでございます。

  次に、27ページ、28ページになります。上段の利子及び配当金でございます。これにつきましては、各基金の運用益を計上するものでございますが、超低金利の中、わずかな決算計上となったものでございます。

  続きまして、下段の方になりますが、基金の繰入金でございます。財政調整基金につきましては、当初予算及び補正予算(第1号)の財源といたしまして所要の金額を繰り入れしております。また、地域福祉基金につきましては、社会福祉協議会に対する運営費補助金といたしまして、また清掃施設建設基金につきましては上福岡市との広域ごみ処理事業に係る焼却炉改修費の本町負担分を計上、さらにぬくもり基金につきましては、拠点ゾーン内の緑地公園の施設整備費として、それぞれここに挙げております金額を措置したものでございます。

  次に、29ページ、30ページになります。繰越金でございますが、平成15年度の決算剰余金4億6,190万9,744円を計上したものでございます。

  続きまして、31ページ、32ページから33ページ、34ページにかけての雑入でございますが、企画財政課に関するものといたしましては、32ページ、下段のデザイン名刺頒布代等3万6,650円と、次のページの備考欄下段でございますが、財団法人埼玉県市町村振興協会市町村交付金454万3,000円でございます。この市町村交付金につきましては、市町村振興宝くじ、オータムジャンボでございますが、これの収益金が交付されたものでございます。

  次に、同じページの町債でございますが、全体では20億4,560万の決算ということになりました。一つは、借換債9億2,160万円につきましては、平成7年度、平成8年度の減税補てん債の一括償還のため措置したものでございます。減税補てん債及び臨時財政対策債につきましては、前年度に引き続き所要額の借り入れ措置を行ったものでございます。土木債につきましては、排水路整備事業に対しまして、ふるさと創造資金貸付金3,000万円を措置したものでございます。教育債4億180万円につきましては、小学校及び中学校の改修事業並びに体育館建設事業、そして文化行政拠点ゾーン拡張用地取得のための土地開発公社健全化事業債をここで措置させていただいたものでございます。

  続きまして、歳出についてご説明いたします。43ページ、44ページをお願いいたします。一番上の財政管理費でございますが、通常の財政事務に係る書籍類、あるいは消耗品等の購入に充てたもので、9万8,697円の決算となったものでございます。

  次に、49ページ、50ページになります。企画費でございますが、この内容につきましては施策の総合調整、あるいは行政改革、広域行政、国際化及び人権政策に係るものでございますが、平成16年度においては、新たに第4次総合振興計画の策定事業に取り組むことといたしまして、これらの事務事業を定める中で必要な経費を執行させていただきました。結果といたしまして442万1,205円の決算となったものでございます。

  次に、電算処理費でございますが、平成16年度におきましては、通常の電算処理業務、各種機器の借り上げ、保守管理を進めるともに基幹システム、これは住、税、財務ですが、これらのシステムの再構築など環境整備を図りまして、7,413万7,965円の決算計上となったものでございます。

  次に、51、52ページになります。公平委員会費でございますが、例年実施されております全国連合会及び関東支部並びに埼玉県連合会の各組織における会議や研修会等の委員活動に要した経費で、29万5,800円の決算となったものでございます。

  続きまして、65、66ページでございます。中段の統計調査費でございますが、平成16年度におきましては、国の指定統計調査であります工業統計、農林業センサス及び商業、サービス業基本調査等を実施し、調査員報酬等所要の経費を執行したものでございます。統計調査総務費は2万5,000円、指定統計調査費は245万4,797円の決算となったものでございます。

  次に、飛びまして、77、78ページでございます。女性対策費でございますが、平成16年度におきましては、前年度に引き続きまして男女共同参画推進会議のメンバーが中心となりまして、共同参画セミナーの企画、運営や情報誌の発行等啓発事業に取り組むとともに女性相談事業の推進を図りまして、202万9,089円の決算となったものでございます。詳細については、それぞれ節をごらんいただければと思います。

  続きまして、ページがさらに飛びまして153ページ、154ページになります。公債費でございますが、元金につきましては平成15年度末に91本ほどありました各借り入れに係る償還金で、総額18億1,093万4,968円を支出したものでございます。この中には歳入でも申し上げました平成7年度、平成8年度の減税補てん債9億2,160万円の償還及び繰上償還を実施しておりまして、5,000万円が含まれております。なお、これらを合わせまして平成16年度に12本の償還が完了いたしております。利子につきましては、これらの借り入れに係る利子分を支出したものでございます。

  次に、このページから次のページにかけての基金費でございますが、当初予算で見込みました運用益のほかに平成15年度の決算剰余金から財政調整基金へ1億3,561万4,000円、清掃施設建設基金へ1億3,048万円、地域福祉基金へ5,000万円、ぬくもり基金へ1億円をそれぞれ積み立て措置を行ったものでございます。なお、平成16年度末現在における積立残高につきましては、決算書の一番最後、240ページにそれぞれ掲載してございますので、後ほどご参照いただければと思います。

  次に、予備費でございますが、予算額2,000万円のうち9科目に対しまして801万円を充用いたしました。1,199万円の不用額計上となったものでございます。

  以上、概要説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 秘書室長。



◎秘書室長(清水務君) それでは、秘書室に関係いたします歳出決算のうち、特に不用額の多かった項目についてご説明申し上げます。決算書では39ページから44ページになっております。よろしくお願いいたします。

  初めに、総務費の一般管理費、節8報償費につきましてご説明申し上げます。不用額が15万2,376円となっておりますが、そのうち9万2,776円が秘書室にて不用額としたものでございます。理由といたしましては、町民の日の式典で表彰状と感謝状にあわせまして賞状額を贈呈しておりますが、当初の予定より贈呈した数が少なかったことによるものです。

  次に、節9旅費につきまして申し上げます。同じく不用額17万6,822円のうち9万6,330円が秘書室の不用額ですが、宿泊を伴う出張が少なかったことにより不用額としたものでございます。

  続きまして、節10の交際費は80万8,000円を不用額としております。引き続き各会合への参加につきまして、十分精査した結果、昨年度と同程度の不用額となったものでございます。

  次に、文書広報費の節11需用費につきましてご説明申し上げます。265万9,662円の不用額となっておりますが、主な理由といたしましては広報みよしの印刷製本費で、予算積算上の単価より低い単価で契約したことにより不用額となったものです。

  以上、秘書室に関係いたします平成16年度決算の概略を申し上げました。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) 管財課に関係します内容についてご説明させていただきます。

  初めに、歳入につきまして、決算書の15、16ページのところをごらんいただきたいと思います。庁舎使用料をごらんいただきたいと思います。水道課の事務室や金融機関のATM設置等にかかわる庁舎使用料で、621万1,934円の収入となったものでございます。

  続きまして、27、28ページの土地建物貸付収入をごらんいただきたいと思います。東入間署、商工会、NTT等へ平成16年度から旧第二教職員住宅跡地をCMKへ駐車場として土地の貸し付けを行いました貸付収入と合わせまして、138万5,157円の収入となったものでございます。

  また、項2財産売払収入、目1不動産売払収入、節1土地売払収入につきましては、4号補正でお願いしました最終処分場用地の売り払いと旧第二教職員住宅跡地の一部を隣地の方に売り払いを行いましたので、総額で1億5,647万9,406円の収入となったものでございます。

  続きまして、29、30ページの土地開発公社貸付金元利収入をごらんいただきたいと思います。文化行政拠点ゾーンの拡張用地を土地開発公社より買い取りましたので、貸付金の返戻金がありましたために3億1,120万2,965円の収入となったものでございます。

  続きまして、31、32ページ、雑入の備考欄最初の行なのですけれども、自動車損害保険金でございます。こちらは当町が所有する車両の事故等で発生しました修繕に対しまして支払われました保険金と保険解約返戻金でございます。次の2行目の公衆電話取扱料でございますが、これは庁舎内や公民館、学校等に設置されています公衆電話の取り扱い収入でございます。管財課の所管する庁舎内に設置されています5台の公衆電話の取り扱い料は5万9,790円の収入となったものでございます。

  続きまして、歳出関係の説明をさせていただきます。39、40ページの一般管理費、節区分11需用費の消耗品費、印刷製本費の管財課分についてご説明申し上げます。最初に、消耗品費でございますが、庁舎内で使用します印刷機の消耗品やコピー用紙、事務用消耗品を購入するための予算としまして、当初予算で238万2,000円を予算計上させていただきましたが、268万5,294円の支出となりました。不足分の30万4,000円は、使用料及び賃借料より流用させていただきました。続きまして、印刷製本費につきましては封筒の印刷をするため当初予算で65万5,000円予算計上させていただきましたところですが、封筒の在庫量が不足しましたので、決算額73万8,066円となりまして、不足分の8万4,000円は使用料及び賃借料より流用させていただきました。

  続きまして、41、42ページの委託料の中で、管財課分につきまして、当初予算で印刷機1台の保守管理委託料を見込んでおりましたが、新たな印刷機に交換しましたので、6万3,000円が不用額となっております。続きまして、使用料及び賃借料をごらんいただきたいと思います。管財課分は、庁舎内で使用します紙折機1台、印刷機2台、複写機11台分の借上料を597万9,000円予算計上させていただきましたが、509万6,033円の支出となりました。複写機の使用料が予算時の積算を下回ったため、49万4,967円の不用額を生じたものでございます。

  続きまして、43、44ページの財産管理費をごらんいただきたいと思います。節11需用費の中の光熱水費の予算残額から修繕料へ314万3,000円流用させていただき、ライフバスの回転広場の改修と、空調機等の修繕を行いました。

  続きまして、45、46ページの委託料でございますが、庁舎及び施設の維持管理に必要となります各種専門業務を外部業者に委託するための予算としまして、当初6,382万7,000円の予算をいただき、執行させていただきましたが、46ページ、備考欄の一番下に表示されております、その他庁舎設備保守等業務委託料につきましては、現業棟のエアコンに不具合が生じましたので、スポット点検を委託しましたのと、第二教職員住宅跡地売り払いに当たり、分筆測量委託を急遽実施させていただきましたので、当初予算には計上されておりません。光熱水費からの流用により措置させていただきました。備品購入費につきましては、当初予算で庁用車2台分買い入れるため500万円の予算を計上させていただきましたが、見積もり入札により2台の車両の購入をさせていただきまして、20万7,000円の執行残額と予備費からの105万9,000円流用させていただきまして、簡易用テーブルといすを購入させていただきました。

  管財課最後となりますが、153、154ページをごらんいただきたいと思います。153、154ページの諸支出金、開発公社貸付金をごらんいただきたいと思います。三芳町土地開発公社に依頼しました事業の借入金の償還金を貸し付けるため、当初9,747万3,000円の予算を計上させていただきましたが、貸し付けが一部不要となるものが発生しましたので、5号補正で3,342万円を減額補正させていただき、6,405万2,168円の決算となったものでございます。

  以上で管財課の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次に、文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) それでは、文化会館に関する決算につきましてご説明申し上げます。

  まず初めに、歳入でございますが、決算書の15ページ、16ページをお開きいただきたいと思います。文化会館使用料でございますが、貸し館事業といたしまして、年間でホールにおきましては52%、ミニホール86%、会議室63%、音楽スタジオ54%の利用がございました。文化会館使用料におきまして630万1,150円、また文化会館附属設備及び備品使用料におきまして336万5,600円を収入し、予算額を上回る決算となりました。

  次に、33、34ページをお開きいただきたいと思います。雑入でございますが、備考欄中段の文化会館事業入場料におきましては474万6,000円でございますが、これにつきましては文化芸術活動を推進支援するため、20本の主催事業・公演、また3本の共催事業を実施し、チケット代として入場者より収入したものでございます。詳細につきましては、文化会館自主事業入場料収入公演別集計をごらんいただきたいと思います。以上が、歳入の説明とさせていただきます。

  引き続きまして、歳出についてご説明申し上げます。特に不用額の多かった項目を中心に概要の説明をさせていただきたいと思います。45ページから50ページをごらんいただきたいと思います。文化会館費の執行率につきましては97.40%でございます。

  まず、7節賃金につきましては、職員シフトへの対応のため、臨時職員の賃金でございますが、土、日、祝日、夜10時までの勤務のシフトが困難なため、臨時職員の協力をいただき、早番、遅番のシフトを組み、スムーズな会館運営管理をしているところでございます。不足分が生じたため、需用費から24万9,000円を流用し、支出させていただきました。

  次に、8節報償費につきまして説明いたします。27事業を予定していたわけですけれども、主催公演事業20事業、3本の共催事業、3本のワークショップを実施いたしました。合計しまして2,951万5,510円を支出させていただきましたが、1事業が実施できなかったため、不用額が生じたものでございます。詳細につきましては、主要な施策の成果の説明書の11、12ページをごらんいただきたいと思います。

  次に、9節旅費につきまして、公共ホール企画運営宿泊研修には参加させていただきました。また、一般の自主事業準備、実施等のための出張が、職員シフト等の勤務の都合がつかなかったため、不用額が生じたものでございます。

  次に、11節需用費の消耗品につきましては、創意と工夫を徹底して削減を図りましたが、管理事務用消耗品、舞台、音響、照明消耗品、自主事業消耗品におきまして420万346円を支出させていただきました。次に、印刷製本費につきましては、公演ポスター、チラシ等の作成を見直すとともに、内部印刷を活用し、経費の削減に努め、679万6,055円を支出させていただきました。修繕料につきましては145万2,150円を支出させていただきました。内容につきましては、会館運営管理上支障を来しているところを優先しまして音楽スタジオの壁、会議室のコーナーガード取りつけ、ホール空調ダクト、レストラン、木製建具の修繕等に支出をさせていただきました。

  次に、12節役務費の通信運搬費につきましては、自主事業、公演案内のダイレクトメールの発送顧客増により通信運搬費が不足したため、需用費から流用し、支出させていただきました。手数料につきましては、ピアノの調律、また事業チラシの新聞折り込み等を予定どおり行い、支出させていただきました。保険料に関しましては、ほぼ予算どおり支出させていただきました。

  次に、13節委託料の不用額176万9,655円につきましては、一部契約差益分と、また舞台操作業務委託におきまして、ホール等の自主公演、貸し館利用時の技術スタッフの増員、時間外手当等フレックスタイム制による勤務体制等により支出の削減を図り、減したものでございます。その他は、ほぼ予算どおり支出させていただきました。

  次に、14節使用料及び賃借料の不用額64万2,642円につきましては、著作権使用料と、送迎バス借上料におきまして、公演内容、公演時間等を精査、検討した結果、借上料が低額で済んだために生じたものでございます。その他は、ほぼ予算どおり支出させていただきました。

  最後に、22節補償補てん及び賠償金につきましては、レストラン業者が3月末撤退に伴いまして、レストラン厨房機器等の事業者側での整備負担分の補償が生じたため支出させていただきました。

  以上が文化会館の関係する決算の主な概要でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 次に、会計課長。



◎会計課長(新井誠一君) それでは、会計課に係る決算の説明をいたします。

  まず、決算書の歳入の29、30ページをごらんください。款19諸収入、項2目1町預金利子でございますが、公金のすべてを普通預金で運用しておりますが、当初予算計上時の預金利率が、金融情勢の変動に伴い、預金利率の低下により、当初予算額より3万4,411円減の5万5,589円の収入となったものです。

  次に、33、34ページの款19諸収入、目5雑入の中で、上から5段目ですが、県証紙売りさばき収入699万8,770円でございますが、予算額より49万8,770円の増となっております。主な要因としましては、開発許可等申請手数料の増加により増額になったものであります。

  それでは、歳出の43、44ページの目4会計管理費でございますが、主立った経費や不用額について説明いたします。まず初めに、節7賃金と節8報償費については、会計課職員が長期病気休暇のため、事務に支障を来すため、臨時職員を採用し、予備費で対応させていただきました。次に、節13委託料の不用額については、収納事務委託料のそれぞれの処理単価が安くなり、また処理件数等も減少したため生じたものです。

  続いて、57、58ページの目16諸費で、11需用費の県証紙購入費については、ほぼ予算額どおり購入をいたしました。

  以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 次に、税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) それでは、税務課にかかわります決算の概要を説明させていただきたいと思います。若干説明が長引くかと思いますが、お許しいただきたいと思います。

  それでは、歳入部分より説明させていただきます。決算書の1ページ、2ページをお開きいただければと思います。平成16年度の町税全体の収入額につきましては70億5,016万6,155円で、予算額66億2,784万8,000円を4億2,231万8,155円上回る結果となりました。また、前年度の収入額と比較いたしましても2億1,581万5,916円、割合にいたしまして3.16%の増収となったものでございます。収納率につきましては現年課税分で98.6%、滞納繰り越し分で27%、現年、滞繰を合わせたもので95.6%という結果になり、前年度の収納率と比較いたしますと、現年課税分で0.02ポイント、滞納繰り越し分で0.15ポイント、現年、滞繰合わせたもので0.42ポイントそれぞれ上回る結果となりました。

  それでは、税目別に概要を説明させていただきます。決算書の9ページ、10ページをごらんいただきたいと思います。まず、個人町民税でございますが、給与所得につきましては、前年同様減少いたしましたが、税法改正により均等割の税率が改正されたこと、譲渡所得及び退職所得の収入が見込みを上回ったため、現年、滞繰を合わせまして17億6,374万1,530円の収入となり、予算を6,136万4,530円上回る収入となりました。収納率につきましては、現年度分で98.35%、滞繰分で23.74%、現年、滞繰合わせたもので93.66%となり、前年度の収納率と比較いたしますと、現年分で0.1、滞繰分で2.64、現年、滞繰合わせたものでも0.37ポイントそれぞれ上回る結果となっております。

  続きまして、法人町民税ですが、平成16年度につきましては、法人個々を見たに場合には、業績に好不調がございますが、法人全体の業種別調定額を見ますと、電気、ガス、水道業等工務を除くすべての業種において前年度の調定額を上回るという結果となりました。特に電気、機械器具の製造業に関連します法人において、前年度業績を大きく上回る企業が数社あったこと、また法人数が若干増加したことなどの理由によりまして、予算額を2億9,030万7,600円上回る9億8,640万6,600円の収入となったものです。収納率につきましては、現年分で99.81%、滞繰分が26.93%、現年、滞繰を合わせたもので99.36%となったものです。なお、前年度の収納率と比較いたしますと、現年分で0.04%上回り、滞繰分では8.07ポイント下回りましたが、現年、滞繰を合わせたものでは0.31ポイント上回る結果となっております。

  続きまして、固定資産税でございます。相続税の物納地や民間グラウンド跡地へ建設されています住宅の完成戸数が見込み数を上回る結果となり、家屋に関します固定資産税が予算を上回ったこと、また印刷業やリース業等で大幅に償還資産を増額した企業がありまして、償還資産にかかわります固定資産税が予算見込みを大幅に上回る結果となり、予算を1億3,839万1,640円ほど上回ります37億2,230万640円の収入となりました。収納率につきましては、現年分が98.24%、滞繰分が29.21%、現年、滞繰を合わせたもので95.3%ということで、昨年度の数値と比較した場合、現年度分で0.09、滞繰分で0.82ポイントそれぞれ減少いたしましたが、現年、滞繰を合わせたものでは逆に0.27ポイント上回るという結果になったものでございます。

  続きまして、国有資産等所在市町村交付金及び納付金についてご説明申し上げます。交付金につきましては、埼玉県が町内に所有しています警察関連施設と北永井森の里団地にかかわります固定資産税に対し554万8,700円が交付されたものでございます。また、納付金につきましては、日本郵政公社より三芳郵便局にかかわります固定資産に対し693万8,700円が納付されたものです。なお、予算で見込んでおりませんでした三芳郵便局や三芳北永井郵便局、三芳みずほ台郵便局の償還資産にかかわる納付金が納付されたため、予算を178万9,700円ほど上回る収入となっております。

  次に、軽自動車税でございますが、四輪乗用軽自動車の登録台数が予算見込みを上回り、予算を115万2,100円上回る3,090万6,100円の収入となったものでございます。なお、収納率につきましては、現年分で97.67%、滞繰分で26.32%、全体では94.65%となりましたが、前年度の収入値と比較した場合、現年課税分で0.16、滞繰分で8.17、現年、滞繰合わせたもので0.39ポイントそれぞれ減少いたしました。

  次に、町たばこ税でございますが、たばこ税につきましては、予算を471万4,172円上回る2億4,067万1,172円の決算となりました。収納率につきましては100%でございます。

  次の特別土地保有税につきましては、該当案件がございませんので、収納がございませんでした。

  続きまして、都市計画税でございますが、こちらは決算書の11、12ページもあわせてごらんになっていただきたいと思います。都市計画税につきましては、固定資産税と同様予算見込みを上回る住宅建設が行われたことにより、予算額を559万7,713円上回る2億9,365万2,713円の収入となったものです。収納率につきましては、現年度分で98.24%、滞繰分が29.16%、現年、滞繰合わせたもので95.3%となり、前年度と比較いたしますと、現年分で0.09、滞繰分で0.73ポイントそれぞれ減少いたしましたが、現年、滞繰を合わせたものでは逆に0.28ポイント上回る結果となっております。

  次に、15、16ページをごらんいただきたいと思います。15、16ページの下段にあります徴税手数料でございますが、住宅建設が好調であることから、住宅用家屋証明の発行枚数を若干多く見込んでおりましたが、見込みほど発行枚数が伸びなかったことから、このような決算となったものでございます。

  続きまして、25、26ページ、3項委託金の徴税費委託金をごらんいただきたいと思います。平成16年度の個人町県民税の賦課徴収に要しました経費や徴収した県民税の実績に対しまして、埼玉県から町に徴収費委託金としまして5,127万2,441円が支払われたものでございます。

  続きまして、29、30ページの款19諸収入の延滞金、加算金及び過料でございますが、延滞金につきましては、予算を若干下回る268万8,547円の収入となったものでございます。なお、加算金につきましては、収入実績がございませんでした。

  また、31、32ページの雑入の1目滞納処分費につきましても収入実績はございませんでした。

  同ページの中段にあります5目雑入の備考欄、上から6行目になりますが、確定申告書立替郵送料でございますが、こちらにつきましては町が発送した確定申告書の郵送料金を国、県が負担割合に応じて町に対し精算したもので、32万3,624円の収入があったものでございます。

  続きまして、33、34ページをごらんいただきたいと思います。雑入備考欄の下から7行目に当たります相続税路線価精通者意見謝礼でございますが、これは例年税務署から相続税路線価に対しまして町が地価動向調査に協力したということで支払われるものでございます。平成16年につきましては7万3,760円が支払われました。

  歳入の最後になりますが、不納欠損についてご説明させていただきたいと思います。会社倒産等によりまして、滞納処分する財産がない、あるいは所在が不明であり、滞納処分の執行期間が一定期間を経過してしまった等いろいろな理由がありますが、やむを得ず地方税法上の定めによるところによりまして2,416万1,838円を不納欠損処分とさせていただいたものです。税目別に申し上げますと、個人町民税で833万3,222円、法人町民税では193万7,616円、固定資産税におきましては1,278万1,434円、軽自動車税では10万6,400円、それから都市計画税では100万3,166円という結果でございます。歳入については以上でございます。

  続きまして、歳出の説明をさせていただきたいと思います。決算書の57、58ページの中段をごらんいただきたいと思います。2項徴税費の1節報酬から順に説明させていただきたいと思います。1節報酬でございますが、固定資産評価審査委員3名、それから会議開催予定数9回としまして17万1,000円の予算を計上させていただいたものでございますが、幸いなことに固定資産の審査申し出もなく、委員会開催実績が2回で終わったため3万8,000円の支出にとどまり、13万3,000円を不用額としたものでございます。予算の執行率につきましては22.2%でございました。

  2節給料及び3節職員手当等及び4節共済費につきましては、税務課職員に対し支出したもので、時間外勤務の削減の影響が大きく、このような不用額が生じたものでございます。

  次に、7節賃金でございますが、住民税の申告時の書類整理を臨時職員により実施したもので、95万4,580円を執行させていただきました。16万6,420円を不用額とさせていただいたものです。

  次に、59、60ページをごらんいただきたいと思います。9節旅費でございますが、こちらも旅費支給の対象となる出張が少なかったため、このように執行率が悪い状況となったものでございます。

  11節需用費につきましては、ほぼ予算どおりの執行をさせていただきました。

  続きまして、13節委託料でございますが、公図分合筆の業務委託ほか10業務を2,272万8,815円で実施し、125万6,185円を不用額としたものです。不用額が生じました理由としまして、空中写真撮影及び写真図の作成業務の内容の見直し、あるいは契約方法の変更をしたこと、それから標準宅地の鑑定評価業務の内容を見直すことにより、このような不用額が生じたものでございます。

  続きまして、14節使用料及び賃借料ですが、こちらは家屋評価システムやカラープリンター、複写機の借上料といたしまして377万3,270円を支出させていただきました。不用額が生じました理由としましては、家屋評価システムの1台を入れかえさせていただいたところ、リース料に不用額を生じたという状況でございます。

  続きまして、19節負担金補助及び交付金につきましては、各協議会や税務研究会の負担金としまして35万5,000円を計上させていただき、31万8,967円を執行したものでございます。不用額が残りました理由としましては、職員資質向上のため、毎年4名の職員を民間研修機関に研修実施をさせていますが、今年度につきましては、仕事の都合上、参加人員が3名にとどまったということで、1名分が不用額となったものでございます。

  続きまして、賦課徴収費の説明をさせていただきます。11節需用費につきましては、課税事務に必要となります消耗品の購入や申告書送付用封筒の印刷製本のため215万8,704円を支出させていただきました。執行率につきましては98.6%でした。

  12節役務費につきましては、申告書や納税通知書、各種徴収関係の書類の郵送料、それから郵便振替、口座振替手数料としまして729万6,355円を支出させていただいたものです。郵送件数、また口座振替の件数が予算を下回ったため、不用額が生じたものでございます。

  23節償還金利子及び割引料につきましては、還付請求に基づき1,597万5,700円を還付したものでございます。なお、552万4,300円につきましては、不用額として処理をさせていただきました。

  以上で税務課の説明を終了いたします。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) それでは、町民課所管の決算内容をご説明申し上げます。

  まず、歳入でございますが、17ページをお開き願いたいと存じます。一番上になります2節戸籍住民基本台帳手数料、3節臨時運行許可手数料でございますが、前年より取り扱い件数が減少してございまして、減額となっております。

  続きまして、中段になります民生費国庫負担金の1節社会福祉費負担金の国民健康保険基盤安定負担金でございますが、国の負担金割合2分の1でございまして、軽減世帯の増加によりまして、前年度比3.8%増ということになっております。

  続きまして、19ページをお開き願いたいと存じます。中段になりますが、1目総務費委託金の戸籍住民基本台帳費委託金、外国人登録事務市町村交付金でございますが、前年度より国の基礎額の減額ということになりまして、減額という金額になりました。

  その下になります。2目民生費委託金、1節社会福祉費委託金でございますが、備考欄で基礎年金事務費交付金と福祉年金事務費交付金、基礎年金等協力・連携に係る経費が町民課分でございまして、地方分権によります事務内容が定着した関係で、取り扱い件数が増加しております。前年度と比較しますと3.37%の増ということでございました。

  下段になります。1目民生費県負担金の国民健康保険基盤安定負担金でございます。先ほどの国庫負担金と同様の県負担金でございまして、県の負担金割合4分の1の負担金でございます。

  続きまして、歳出の説明を申し上げます。59ページから62ページにかけての戸籍住民基本台帳費でございますが、61ページをお開き願いたいと存じます。13節委託料でございますが、前年度と比べ公的個人認証機器保守が新規に発生してございます。また、住民基本台帳ネットワークシステム構築の完了に伴い、月額保守料のみになりましたので、前年と比べると減額になっております。また、自動認証機保守がリースアップ完了によりまして、保守業務を行わなくなったということで、予算の残が出ております。また、備品購入費へ22万7,000円ほど流用してございます。

  続きまして、14節使用料及び賃借料でございますが、前年度と比較して住民基本台帳ネットワークシステム機器及び戸籍電算システム構築が完了に伴いまして、機器等のリース料が増額となっております。また、委託料で申し上げましたが、自動認証機のリースアップによるリース料の残と住民基本台帳ネットワークシステムの磁気ディスク装置の設置を取りやめてございます。このために不用額となったということでございます。

  また、18節備品購入費でございますが、シュレッダーが故障いたしまして、廃棄処分いたしました関係で、急遽委託料から流用いたしまして、シュレッダーを購入したものでございます。

  続きまして、75ページをお開き願いたいと思います。中段になります。7目国民年金費でございますが、人件費等経常経費で窓口経費のみとなっております。このため、ほぼ予算どおりの執行額となっております。

  続きまして、77ページになります。11目国民健康保険費でございますが、28節繰出金につきましては、国民健康保険の円滑な事業を推進するため、国保特別会計に一般会計より繰り出し、国保加入者の健康保持と国保財政の安定化を図ったものでございます。また、平成16年度におきましては、ここ数年国民健康保険料の見直しを行っておりませんので、医療費の増加による財源不足が累積した関係で、前年度より1億2,500万円増額した3億2,500万円を国民健康保険特別会計へ繰り出したものでございます。

  以上で町民課の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(深澤勝子君) 続きまして、出張所長。



◎竹間沢出張所長(馬場信一君) それでは、藤久保、竹間沢両出張所の平成16年度決算についてご説明をさせていただきます。

  出張所におきましては、歳入の予算はございません。したがいまして、歳出51ページ、52ページをごらんいただきたいと思います。9目出張所費について説明をいたします。当初予算90万円に対しまして22万7,000円の予備費を充当させていただきました。総額におきましては112万7,000円の予算現額となっております。支出済額につきましては107万1,732円、不用額が5万5,268円となっております。

  主な予備費充当及び支出内容でございますが、需用費の予備費2万7,000円につきましては、藤久保出張所のエアコンが故障いたしまして、修繕費2万6,093円を支出させていただきました。備品購入費の予備費20万円でございますが、これも藤久保出張所の認証複合機が故障し、修理不能のため、18万3,750円、また確定申告書等の配布物を置くためのパンフレットスタンド、これを1万5,697円で購入いたしたものでございます。他の支出につきましては、事務的経費となっております。

  以上で説明を終わらせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 議案説明の途中ですが、昼食のため休憩いたします。

                                      (午前11時53分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 再開いたします。

                                      (午後 1時10分)

                                              



○議長(深澤勝子君) 休憩前に引き続き、議案説明を続行いたします。

  福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) それでは、福祉児童課が所管する部分につきまして、その概要をご説明いたします。

  初めに、13ページをお開きください。下段の目1民生費負担金ですが、不納欠損額36万2,710円につきましては、5年を経過した保育所及び学童保育室の保護者負担金につきまして欠損処理をさせていただいたものであります。また、収入未済額につきましては595万8,660円発生しておりますが、約4割に当たる238万3,540円が現年度分、残り6割の357万5,120円が滞納繰り越し分でございます。

  次に、15ページをお願いいたします。中段の目2民生使用料ですが、前年度比で650万円ほどの増となっております。これはみどり学園の支援費制度への移行に伴うものでございます。また、収入未済額4,600円につきましては、保護者負担分について年度内処理ができなかったものであります。

  次に、19ページをお願いいたします。目1民生費国庫補助金の中の節1障害者福祉費補助金が3割弱の減となっております。これは当初見込んでおりました在宅重度身体障害者短期保護事業を初め4事業の利用がなかったこと、また身体障害者居宅生活支援費と児童居宅生活支援費の利用が見込みを下回ったものでございます。

  次に、21ページをお願いいたします。目1民生費県補助金の中の節2障害者福祉費補助金につきましては、自動車運転免許取得費補助金を初め10の事業について利用がなかったため、これらの補助金収入はございません。

  引き続きまして、歳出についてご説明いたします。67ページをお開きください。目1社会福祉総務費ですが、社会福祉総務費につきましては、人件費等の管理的経費及び各種団体等に対する負担金と補助金が主なものとなります。不用額が180万円ほど出ておりますけれども、内容といたしましては、節2給料の71万円、また節14使用料及び賃借料の17万円につきましては、民生委員の研修時のバス借上料につきまして、その一部を協議会の予算から支出したため生じたものでございます。また、節19負担金補助及び交付金の63万円につきましては、入間地区福祉事務研究会負担金として2万3,000円を計上しておりましたが、平成15年度の総会をもって脱会したため未執行であること、また町民葬儀補助金申請が当初の見込みを下回ったことによるものでございます。

  次に、目2障害者福祉費ですが、障害者福祉費につきましては、身体障害者、知的障害者の事業に要した経費でございます。前年度比で660万円ほどの増となっておりますが、これはみどり学園が支援費制度に移行したことにより扶助費が増加したものでございます。また、不用額が1,187万円ほど出ておりますけれども、これにつきましては先ほどのみどり学園の支援費制度への移行に伴いまして、当初13名の通所を見込んでおりましたけれども、1名については利用がなかったこと、また2名につきまして、2カ月、あるいは3カ月の利用にとどまったことと、その他支援費事業につきましても見込みを下回ったものでございます。

  次に、71ページになります。目3老人福祉費ですが、老人福祉費につきましては、介護保険事業対象外の高齢者福祉事業に要した経費になります。前年度比で540万円ほどの増となっておりますが、これは節20扶助費及び節28老人保健特別会計繰出金の増減によるものでございます。また、430万円ほどの不用額につきましては節12役務費の112万円、また節13委託料につきましては150万円ほどの不用額が出ておりますが、これは当初見込んでおりました寝たきり老人の短期保護事業を初め5事業の執行がなかったこと、またホームヘルプサービス事業の利用減によるものでございます。

  次に、75ページをお開きください。目5行旅病人及び死亡人取扱費ですが、これは身元不明の死亡人発生時に要した経費でございます。平成16年度につきましては1件発生しております。

  次に、目6災害救助費ですが、こちらは藤久保の火災のほか2カ所の火災に対しまして見舞金を支出したものでございます。

  次に、目8老人福祉センター費ですが、こちらにつきましては老人福祉センターの管理運営に要した経費でございます。前年度比で1,500万円ほどの増となっておりますが、これは空調設備の改修工事を行ったものでございます。

  次に、77ページになります。目9障害福祉施設費ですが、こちらは三芳太陽の家の管理運営に要した経費でございます。前年度比で216万円ほどの増となっております。これは臨時の指導員を正規職員へ任用がえしたことによるものでございます。

  次に、79ページになります。目1児童福祉総務費ですが、児童福祉総務費につきましては、児童福祉関係の人件費及び各種団体に対する負担金と補助金が主なものとなります。前年度比で768万円ほどの増となっておりますが、主に扶助費の増加分でございます。また、不用額が108万円ほど出ておりますが、主なものとして節1報酬が12万円ほど、これは青少年問題協議会の開催がなかったものでございます。また、節11需用費が19万円ほど、これは当初予定しておりました青少年主張大会の作文集を外注から手刷りにしたものでございます。また、節13委託料につきまして19万円ほど出ておりますが、これは次世代育成支援行動計画策定業務委託に伴う随意契約の結果によるものでございます。

  次に、目2児童措置費ですが、児童措置費につきましては、管外保育の委託及び児童手当支給に要した経費でございます。前年度比で4,256万円ほどの大幅な増となっておりますが、これにつきましては児童手当の支給対象範囲の拡大に伴うものでございます。

  81ページをお願いいたします。目3母子福祉費ですけれども、こちらは母子家庭及びひとり親家庭の事業に要した経費でございますが、ほぼ前年同様の執行状況でございます。

  次に、目4保育所費ですが、こちらは保育所及び子育て支援センターの管理運営に要した経費でございます。前年度比で3,300万円ほどの減になっておりますが、これは前年度第3保育所の増改築工事があったことによるものでございます。また、不用額194万円ほど出ておりますが、主なものとして節7賃金の112万円、これは臨時職員の途中退職、あるいは病休により生じたものでございます。また、節12役務費が19万円ほど、これは保育料の督促状を郵送から手渡しとしたことにより生じたものでございます。

  85ページ、目5になりますが、学童保育費、こちらは学童保育室の管理運営に要した経費でございます。不用額が168万円ほど出ております。その中で節7賃金62万円が、当初見込んだほど勤務を要しなかったことにより発生したものでございます。また、節11需用費67万円につきましては、主に賄い材料費でございます。そして、節12役務費10万円につきましては、保育料の督促状を郵送から手渡しとしたことにより生じたものでございます。

  次に、目6児童館費ですが、児童館費は児童館の管理運営に要した経費でございますが、こちらにつきましても前年度とほぼ同様の執行状況でございます。

  次に、89ページ、目7みどり学園費ですが、みどり学園の管理運営に要した経費でございますが、こちらにつきましても前年度とほぼ同様の執行状況でございます。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次に、健康課長。



◎健康課長(加藤宗良君) それでは、健康課にかかわります主な決算の内容について説明をさせていただきます。

  まず、歳入でございますが、21、22ページでございます。中段以降になりますが、2県補助金、1民生費県補助金、1社会福祉費補助金の中の備考の一番下になりますが、介護保険事業費補助金でございます。これにつきましては、県からの3事業への補助金でございます。一つ目につきましては、介護保険法施行時におきます低所得者訪問介護利用料の軽減措置事業、二つ目が障害者ホームヘルプサービス利用者に対する負担額の軽減措置事業、三つ目が社会福祉法人等によります低所得者に対します負担額の軽減措置事業でございます。これらに対しましての県の補助金でございます。

  次に、23、24ページでございます。一番上になりますが、3重度心身障害者医療費補助金でございますが、県の補助金で、補助率の方は2分の1でございます。その下になります。4老人福祉費補助金の備考欄の一番下です。介護サービス適正実施指導事業費補助金11万2,000円でございますが、介護相談員の派遣事業に対します補助でございます。補助率は4分の3でございます。次に、5老人医療費補助金でございますが、県制度によります老人医療費の支給事業に対する補助金でございます。補助率は2分の1でございます。それから、6児童福祉費補助金の備考の上から二つ目になりますが、ひとり親家庭等医療費支給事業補助金でございますが、2分の1の補助率でございます。それから、7乳幼児医療費補助金でございますが、これにつきましても2分の1の補助率でございます。

  次に、29、30ページでございます。介護保険特別会計繰入金、その下の老人保健特別会計繰入金でございますが、平成15年度の事業の確定に伴いまして、精算により繰り入れるものでございます。

  それから次に、33、34ページをお願いしたいと思います。過年度収入の平成15年度老人医療費支給事業県補助金でございますが、平成15年度事業の精算に伴いまして、不足分を受け入れたものでございます。歳入については以上でございます。

  続きまして、歳出につきまして説明をさせていただきます。69、70ページでございます。20扶助費でございますが、備考欄の上から3行目、重度心身障害者医療費でございます。前年度と比較しまして5.52%の増となっております。

  次に、71、72ページになります。3老人福祉費の役務費の不用額の件でございますが、埼玉県国保連合会におきまして、老人医療給付事務費における医療費通知事務手数料、通知書作成事務手数料が平成16年度より国保分の手数料を徴収しないということになったもので、不用額を生じた主な要因でございます。

  次に、73、74ページになります。20扶助費でございますが、備考欄の上から3行目、老人医療費でございます。医療費としまして4,704万4,087円でございますが、その内訳でございますが、マル特、町制度の分ですね、これが2,725万6,364円、前年度比ですと2.44%の減となっております。それから、マル老、県制度によるものですが、1,978万7,723円で、31.23%の前年度比減になっております。全体の医療費の前年度比は17.04%の減となっております。この減になった要因でございますが、県の老人医療制度の改正によりまして、段階的に対象年齢が引き上げられたということで、受給対象者が減少したということによるものと考えております。それと、不用額の関係でございますが、老人医療費の3月支給額が3月に補正をお願いしているわけなのですが、それよりも下回ったために不用額を生じたものでございます。

  次に、介護保険費の12役務費でございますが、予備費を3万8,000円ほどいただいております。これにつきましては、介護相談員の万一の事故等に対応するため、傷害保険に加入をさせていただきました。不用額につきましては、手数料が余ったということでございます。次に、20扶助費でございますが、低所得者等への介護保険利用者負担の助成等でございますが、当初の見込みよりも該当者が少なかったため、また平成16年度より創設されました三芳町介護保険利用者負担助成事業実施要綱による助成金の支払いの関係が、3カ月ごとに集計しまして、年4回払うということで予定をしていましたが、事務手続上どうしても3回になってしまったということで、1回分の支払いが不用額として残ったものでございます。

  次に、75、76ページになります。繰出金でございますが、介護給付費及び事務費を介護保険特別会計の方に繰り出したものでございます。

  続きまして、79、80ページでございます。児童福祉総務費の20扶助費でございますが、乳幼児医療費でございます。前年度より15.79%増となっております。

  次に、81、82ページでございます。母子福祉費の20扶助費でございますが、ひとり親家庭医療費でございます。前年度比4.43%の減となっております。

  以上で健康課にかかわります決算内容の説明にかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次に、環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) それでは、環境衛生課の決算についてご説明いたします。

  まず、歳入でございます。19、20ページをお開きください。中段になりますが、目3衛生費国庫補助金、節1保健衛生費補助金1,299万1,000円でございますが、平成16年度、平成17年度継続事業の廃棄物循環型施設整備事業の平成16年度執行分2,598万2,000円の2分の1の補助でございまして、工事内容といたしましては、焼却炉解体の準備工事と仮設工事でございます。

  次に、31、32ページをお願いいたします。雑入の上から8行目、不燃物等売却代金でございますが、これは上福岡市の鉄くず、それと三芳町の鉄くず、生き瓶及び古紙類の売却代金でございます。当初976万2,000円の歳入見込みに対しまして、決算では1,827万8,944円と851万6,944円の増となっておりますが、要因といたしましては、鉄くずの単価の上昇と古紙類の売却代金の増によるものでございます。

  次に、33、34ページをお願いいたします。上から6行目、一般廃棄物、粗大ごみ、不燃ごみ処理費でございますが、当初計画いたしました上福岡市の予定ごみ量のとおり処理ができました。実績といたしましては、上福岡市が612トン、比率として34.48%、3,175万4,000円となりまして、25万4,000円の収入増ということでございます。

  続きまして、歳出に移らせていただきます。91、92ページをお願いいたします。目1保健衛生総務費、目1保健衛生総務費、節8報償費でございますが、年度当初の人事異動に伴いまして保健事業謝礼の心のセミナー講師謝礼が10万円、それから老人保健事業の健康教室や生活習慣病予防教室の医師、栄養士、歯科衛生士分、これが17万8,000円、精神保健事業につきましては、家族教室、精神福祉講座を縮小したために医師、臨床心理士の講師料が17万7,000円、その他事業合わせまして51万6,855円の不用額ということになっております。

  次に、93、94ページをお願いいたします。節14使用料及び賃借料でございますが、バス借上料で、精神保健事業のソーシャルクラブや運動セミナーの屋外事業等が減ったこと、またみよし工房建てかえにつきまして、貸し間賃借料の敷金、礼金、手数料等が不要になったため54万6,400円の不用額ということになりました。次に、節15工事請負費でございますが、精神障害者小規模作業所兼地域生活支援センターの建てかえ工事の当初予算が4,998万円に対しまして落札額が4,567万5,000円と430万5,000円の不用額ということになりました。そのため支援センターの看板名取りつけ工事及び電話移設工事をいたしまして、276万1,185円の不用額ということでございます。

  続きまして、95、96ページをお願いいたします。節8報償費、予防接種主事業医師報償とございますが、大型住宅開発による予防接種者数の増を予定しておりましたが、例年の医師数で業務を終了することができたため、19万4,000円の不用額ということでございます。それから、節13委託料の一般予防接種でございますが、当初見込みよりも119名の増、また高齢者インフルエンザも505名の増によりまして、376万円の補正をいただきまして、当年実績と昨年の実績を加味いたしましたが、95万3,900円の不用額ということになりました。

  次に、97、98ページをお願いいたします。節13委託料199万1,765円の不用額でございますが、河川水質調査が33万7,000円、環境大気調査が49万1,500円、ダイオキシン類測定調査が120万5,000円といずれも不用額が出ておりますが、これは設計額と落札額の差額でございます。

  続きまして、99、100ページをお願いいたします。目1清掃総務費、節12役務費の17万4,885円の不用額でございますが、通信運搬費の電話料の減と手数料の簡易水道検査手数料でございますが、焼却炉解体工事のため、受水槽を壊すことになりましたので、そのため検査を実施しなかったためでございます。次に、節13委託料の10万8,713円の不用額でございますが、樹木管理委託料で清掃工場の桜の木に毛虫の発生が少なかったため、消毒回数を2回から1回に減らしたためでございます。次に、節19負担金補助及び交付金の不用額が10万円となっております。これは県フロン回収処理推進協議会2万円、これは決算書には載っておりませんけれども、家電リサイクル法の普及によりまして、その処理の必要がなくなったこと、また電気式生ごみ処理機購入費ですが、前年度実績で15台を見込みましたが、11台ということで、8万円の減となりまして、合わせて10万円の不用額ということでございます。

  次に、目2塵芥処理費、節11需用費、修繕料2,644万円のうち粗大ごみ処理施設を約20カ所ほど修繕を実施いたしましたが、トラックスケールの修繕が見積もり部品、消耗品等が少なかったため、124万8,000円ほど低く修繕できました。その他合わせまして215万3,022円の不用額ということでございます。次に、節13委託料でございますが、一般廃棄物収集委託料、当初1万4,000世帯を見込みましたが、東京証券跡地開発がおくれたために1万3,643世帯と357世帯の減ということで、466万8,000円の不用額となっております。

  101、102ページをお願いいたします。上から9行目、可燃物焼却委託料でございますが、当初1億3,800万円を計上し、350万円ほど流用を受けましたが、前年と比較いたしまして、三芳町のごみの搬出量が約3%ふえたため、160万8,000円の不足となりました。その他委託料を合わせまして280万8,883円の不用額となっております。次に、節15工事請負費でございますが、最終処分場の水質採水用観測井設置工事を当初2カ所予定しておりましたが、西部環境事務所の指導もございまして、1カ所としたため、185万4,000円の不用額ということになっております。

  以上で衛生費の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次に、産業振興課長。



◎産業振興課長(秋山栄二君) それでは、産業振興課の決算についてご説明いたします。

  最初に、歳入になります。23ページ、24ページになります。農林水産業費県補助金でございますけれども、当初予算313万9,000円に対して5万9,600円の減、307万9,400円の歳入になりました。この理由といたしましては、農業委員会費への交付金、その下の農業経営基盤強化措置特別会計事務取扱交付金、これが合わせて2万3,900円の増額がありましたが、その下の優れた農業経営体支援対策事業費補助金、それと松くい虫防除事業補助金に合わせて8万3,500円の減額があり、差し引き5万9,600円の減になったものです。その下の森林整備地域活動支援事業につきましては、事務費等も合わせて予算どおりの歳入がありました。その下の段、商工費県補助金の2,000円ですが、これは平成16年度より廃止になり、未収入になったものです。

  次に、29ページになります。諸収入の貸付金の欄でございますけれども、2番の勤労者住宅資金貸付金元利収入でございますが、いるま野農協三芳支店への預託金300万円とその利息でございます。その下、小口融資貸付金元利収入ですが、小口融資を実行している金融機関3行への預託金160万円と同じく利息でございます。次に、その下段、4でございますけれども、不況対策資金貸付金元利収入、これは預け入れの利息だけになりますけれども、96円の利息でございます。歳入に関しては以上でございます。

  次に、歳出でございますが、101ページになります。労働費でございますけれども、5万円の不用額が出ておりますけれども、これは内職相談員の相談日と研修参加の報酬の減がございます。そのほかは予算どおり、ほぼ措置してございます。

  次の103ページになりますけれども、貸付金の300万円でございますが、これは勤労者住宅貸付資金の預託金でございます。平成16年度につきましては、申し込みはありませんでした。

  次に、同ページの6でございます。農林水産業費になります。1農業委員会費につきましては、農業委員会の事務執行に係るものでございまして、特に不用額7万2,000円ほどありますが、この主なものにつきましては、会長交際費、また負担金におきまして一部減、あと研修費が見てあったのですけれども、その参加が減りまして、7万2,000円ほど不用額が出ております。そのほかにつきましては、ほぼ予算どおり執行しております。

  同じく103ページ、105ページ、農業総務費につきましては、産業振興課、それから農業委員会の農業振興係の職員の人件費でございます。それと産業祭の補助金ございますので、省略させていただきます。

  次に、同105ページの3です。農業振興費になります。報酬の不用額につきましては、農振の整備審議会の欠席者分の不用額です。また、報償費につきましては、例年どおり体験落ち葉掃きについて61人の参加がありました。この報償費の不用額につきましては、農業後継者媒酌人の方がおりませんので、謝礼がありませんでした。次に、19負担金補助及び交付金でございます。負担金においては、一部見直し等があり、負担額が低くなっているものもありますが、ほぼ予算どおりの支出となりました。補助金につきましては、農業近代化資金の利子補給が当初より低くなり、予算95万円ほど見込みましたが、73万円ほどの決算になり、不用額の主な原因になっております。その他の補助事業につきましては、事業費どおりの支出になり、補助事業が有効に執行されました。

  次に、同105ページ、それから107ページまででございますが、畜産業費についてですが、19負担金補助及び交付金34万5,000円を見込みましたが、14万9,160円の不用額がありました。この主な原因といたしましては、107ページになりますけれども、消臭剤補助事業を、養豚農家が1軒、また1軒におきましては、平成15年度事業におきまして、ふん尿の処理施設を設置したことにより、消臭剤補助の申請が大幅に少なくなりました。その不用額となったものです。不用額の主なものは、この2点でございます。

  次に、同107ページの5農地費になります。委託料につきまして13万3,000円の予備費を充用いたしました。これにつきましては、当初地籍修正予算100万円を計上いたしましたが、実施に当たりまして13万3,000円ほどの不足が生じました。それをいただきまして執行いたしました。そのほかは大体予算どおり執行しております。

  次に、同107ページの6農業センター費でございますけれども、特に11需用費の14万2,000円ほどの不用額でございますが、当初農業センターの修繕料といたしまして50万円を計上いたしましたが、実施に当たりまして39万6,900円で済んだことによることと、あと光熱水費の残額による不用額でございます。

  次に、同107ページ、商工費になります。1商工総務費でございますけれども、これは商工労政関係職員の人件費の計上でございますので、省略させていただきます。

  次に、109ページ、商工業振興費、特に不用額として572万8,690円の不用額がありますが、これにつきましては21番の貸付金におきまして700万円を当初見込みましたが、これは7金融機関を見込んでおったわけですけれども、埼玉りそな、それから武蔵野銀行、それから埼玉信用金庫、3店のみ借り入れの申し込みがございませんでしたので、その分として160万円を預託金として預け入れました。その残金が主な不用額として残っております。それと22補償、補填及び賠償金、予備費で13万8,000円をいただいたのですが、これは融資者に返済不納者がありまして、その場合の町の持ち分としまして、返済不能額の10%分町が持たなくてはいけないもので、当初1,000円とってありましたので、13万8,000円を充用いたしました。予備費を充用いたしまして、それで不用額が2万8,000円ほど残っておるわけですが、これはその年度に不納者から返済金がまたございまして、それが同年度でありましたので、またもとの補償、補填及び賠償金の欄に入れさせていただきました。それで不用額として出ております。

  次に、同109ページの3です。消費者行政推進費になります。報償費の3万円の不用額が出ておりますが、これは公民館との共催事業の講演会が一部とってありましたのですけれども、これが公民館の方で中止になりましたので、その3万円の不用額になります。あと、18備品購入費ですが、補正予算で庁用備品としてパソコンを購入させていただきました。これは平成17年度より消費者相談の報告方法の切りかえがありまして、相談記録を今まで手書きでやっておったのですけれども、コンピューター処理したものを県に報告することになりまして、その情報入力用として購入いたしました。その結果、上の13委託料、それが今まで県の情報入力の委託料として6,000円とってあったのですけれども、それがゼロになったものでございます。その他としては例年と変わりございません。

  以上、簡単でございますけれども、概要説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次に、都市計画課長。



◎都市計画課長(鈴木栄治君) 都市計画課に関する決算の概要につきましてご説明申し上げます。

  まず、歳入につきましてご説明いたします。25、26ページをお願いいたします。25、26ページの県委託金のうち土木費委託金でございます。建築確認申請等の事務委託金4件ほどございますが、16万円ほどの収入となっておりまして、ほぼ予算どおりの収入となっております。

  続きまして、歳出につきましてご説明申し上げます。115、116ページでございます。都市計画総務費でございます。予算に対する執行率につきましては99.4%となっております。この科目におきましては、都市計画課の庶務及び都市計画に関する経費を支出しております。主な事業といたしましては、13節委託料におきまして、都市計画道路竹間沢・大井・勝瀬通り線につきまして、県道より南側約150メートルにつきまして測量調査を実施いたしました。また、平成17年度より権限移譲されました開発許可事務に係る準備経費を備品購入費等で支出させていただきました。

  続きまして、117、118ページの土地区画整理費でございます。予算に対する執行率につきましては99.9%となっております。主な内容といたしましては、都市計画課分室の管理経費並びに北松原及び藤久保第一土地区画整理組合に対する負担金及び補助金となっております。両組合に対する負担金につきましては2,050万円あるわけでございますが、これにつきましては国庫補助事業9,000万円に対しまして、町の負担金として支出したものでございます。また、補助金1億4,600万円につきましては、両組合の事業計画並びに資金計画に基づき支出したものであります。

  続きまして、119、120ページの公園費でございます。予算に対する執行率につきましては95.8%となっております。11節需用費のうち修繕料でございますが、施設備品に緊急な修繕の必要が生じたため、60万円ほど流用させていただきまして、その対応をさせていただきました。13節委託料でございますが、子どもの川の底さらい清掃を実施するに当たりまして、ホタルの生息など自然保護の観点から260メートルの予定を180メートルとさせていただいたこと、また竹間沢東公園の除草作業等の見直しを図ったことによりまして450万円ほどの支出減となっております。14節使用料及び賃借料における120万円ほどの不用額につきましては、平成16年度土地借上料の見直しを行った際、地域間の調整を図った結果でございまして、その分不用額が生じております。15節工事請負費につきましては、緑地公園の設置及び上富中下子ども広場の改修をさせていただきました。また、北側子ども広場の外さくにつきましては、雨水の流出防止、横松第一子ども広場の遊具設置につきましては、従来設置されておりました滑り台、ブランコ等に危険性がありましたので、その撤去を行うとともに、地域性を配慮し、幼児用の遊具を設置させていただきました。

  続きまして、121、122ページの緑化推進費でございます。予算の執行率につきましては96.2%となっております。この科目では、緑の保全に対する経費を支出させていただいております。主な事業といたしましては、13節委託料におきまして平成16年度に着手させていただきました、緑の基本計画の策定を実施させていただきました。15節工事請負費では、幹線5号線の街路樹につき植樹桝防草処理工事を実施させていただきました。19節における生け垣奨励補助でございますが、残念ながら本年も実績がなく、15万円不用額となっております。

  以上が都市計画課に関する決算の状況でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(深澤勝子君) 次に、土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) それでは、土木下水道課に関係する決算内容につきましてご説明を申し上げます。

  初めに、歳入について説明いたします。決算書の13ページをお開き願いたいと思います。交通安全対策特別交付金につきましてご説明申し上げます。この制度につきましては、道路交通事故の激増に対処し、交通安全対策を推進する施策の一環といたしまして、道路交通法に定める交通違反通告制度による反則収入相当額から地方公共団体における道路安全施設の設置及び管理に関する経費に充てるため設けられたものでございます。平成16年度におきましては764万9,000円の交付金となりました。

  続きまして、同じく13ページの土木費分担金でございますが、当初下水道接続申請5件、15万円を見込みましたが、決算では個人3件、事業所3件の申請があり、226万7,880円の収入となりました。

  次に、25ページをお開き願いたいと思います。総務費県補助金でありますが、市町村交通事故防止特別対策事業費補助金といたしまして、事業費の2分の1の補助であります。

  次に、34ページをお開き願いたいと思います。上から2行目ですけれども、県が事務局を取り扱うことの見直しにより、川越地区土木事務研究会解散に伴う返還金1万7,775円及び埼玉県道路協会川越支部解散に伴う還付金1万1,069円並びに埼玉県河川協会川越支部解散に伴う返還金1,940円が納入されました。

  次に、歳出についてご説明を申し上げます。決算書の53ページからになります。交通安全対策費につきましては、当初予算額7,065万5,000円でありましたが、補正により予算現額8,420万1,000円となり、決算額8,327万3,375円となり、不用額につきましては92万7,625円となっております。このうちの補正額1,265万2,000円につきましては、スマートインターチェンジ社会実験に伴う需用費12万円、使用料及び賃借料5万1,500円、これは仮設駐車場の用地借上料でございます。工事請負費といたしまして1,001万7,000円、これは道路整備工事誘導看板等でございます。負担金補助及び交付金200万円、これはETC車載器購入補助金を計上させていただきました。また、予備費充用の主な理由といたしましては、交通事故防止特別対策事業に伴いまして需用費8万5,500円、これにつきましてはチラシ、看板、のぼり旗等でございます。また、役務費3万9,000円、これはチラシでございます。これらを予備費より充用いたしました。また、ETC車載器購入費補助金交付金は112万8,000円でございます。また、不用額の主たるものは、負担金補助及び交付金についてETC車載器購入補助金申請が減少したため、不用額が生じたものでございます。その他につきましては、ほぼ予定どおり執行されております。

  次に、土木費についてですが、109ページからになります。土木総務費は、当初予算額1億4,795万1,000円でありましたが、減額補正及び予備費充当によりまして予算現額1億4,205万2,000円となり、決算額では1億4,188万968円、不用額につきましては17万1,032円となりました。このうちの減額補正592万7,000円につきましては、人事異動等に伴う職員1名減でございます。また、予備費、職員手当の2万8,000円につきましては、夜間工事、幹線4号線、21号線道路修繕工事による時間外勤務手当に充当いたしました。その他につきましては、ほぼ予算どおり執行されました。

  次に、111ページをお開き願いたいと思います。道路橋梁維持費についてですが、当初予算額1億2,457万1,000円、決算では1億2,420万321円、不用額につきましては37万697円となっております。不用額の主たるものにつきましては、使用料及び賃借料14万2,000円の不用額でございますが、現業職員で枝切り等を行っておりますが、高所作業車の利用回数が少なかったことによるものでございます。なお、工事請負費、その他につきましては、ほぼ予算どおり執行されました。

  続きまして、113ページの道路新設改良費でございますが、当初予算額1億4,375万1,000円でありましたが、補正により予算現額2億656万5,000円、決算額2億284万9,754円となっております。不用額は371万5,246円、このうちの補正額6,281万4,000円は、工事請負費の幹線1号線及び体育館建設に伴う藤久保84号線道路新設改良工事であります。また、公有財産購入費は、開発に伴う幹線16号線、また体育館建設に伴う藤久保84号線道路用地取得費を補正予算にて計上させていただきました。不用額371万5,246円につきましては、公有財産購入費の藤久保84号線の買収面積は、補正予算段階では測量が確定していなかったため、不用額が生じたものでございます。なお、工事請負費、その他につきましては、ほぼ予算どおり執行されました。

  続きまして、115ページをお開き願いたいと思います。土木費の最後に当たります。河川改良費は、当初予算額483万3,000円、決算額482万6,660円で、ほぼ予算どおり執行されました。

  次に、117ページをお開き願いたいと思います。下水道費の歳出ですが、当初予算額4億455万7,000円、予算現額は下水道事業特別会計繰出金へ2,000万円及び共済費2万2,000円の増額補正をいたしました。予算現額は4億2,457万9,000円に対し支出総額は4億2,401万182円、不用額につきましては56万8,818円となっております。主な不用額につきましては、117、119ページになりますが、主に委託料の37万9,983円、工事請負費に9万7,500円の請負残でございます。また、流用ですが、接続申請を行い、負担金納入後に取り下げしたため、負担金の還付により工事請負費から償還金利子及び割引料へ3万円を流用しております。

  以上で土木下水道課関連の概要説明とさせていただきます。よろしくどうぞお願いいたします。

                                              



△延会の宣告



○議長(深澤勝子君) お諮りいたします。

  本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(深澤勝子君) 異議なしと認めます。

  よって、本日は、これにて延会することに決定いたしました。

  ご苦労さまでした。

                                      (午後 2時06分)