議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成17年  3月 定例会(第2回) 03月22日−議案質疑・討論・採決−08号




平成17年  3月 定例会(第2回) − 03月22日−議案質疑・討論・採決−08号







平成17年  3月 定例会(第2回)





             平成17年第2回三芳町議会定例会

議 事 日 程 (第8号)

                        平成17年3月22日(火曜日)午前9時30分開議

日程第 1 議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算                    
日程第 2 議案第25号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計予算              
日程第 3 議案第26号 平成17年度三芳町老人保健特別会計予算                
日程第 4 議案第27号 平成17年度三芳町介護保険特別会計予算                
日程第 5 議案第28号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計予算               
日程第 6 議案第29号 平成17年度三芳町水道事業会計予算                  
日程第 7 意見書第1号 日本郵政公社の現行経営形態の維持を求める意見書について        
日程第 8 意見書第2号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書について        
日程第 9 意見書第3号 「障害者自立支援給付法案」の撤回を求める意見書について        
日程第10 意見書第4号 消費税増税計画の撤回を求める意見書について              
日程第11 閉会中の継続調査及び審査 議会運営委員会                      
出席議員(16名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    10番   秋  坂     豊  君     11番   鈴  木  周  一  君
    12番   横  田  英  明  君     13番   鈴  木  英  美  君
    14番   板  垣     清  君     15番   光  下  重  之  君
    16番   深  澤  勝  子  君     17番   久  保  俊  和  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   収 入 役   高  橋     忠  君

  総務課長    宮  寺  奉  文  君   企画財政    吉  野  茂  夫  君
                          課  長

  秘書室長    森  田  陽 一 郎  君   管財課長    砂  川  悦  廣  君
  税務課長    鷹  野  信  治  君   町民課長    田  中  喜  一  君

  福祉児童    清  水  政  雄  君   健康課長    吉  野  義  之  君
  課  長

  環境衛生    石  畑  一  男  君   産業振興    宮  寺     勇  君
  課  長                    課  長

  都市計画    鈴  木  栄  治  君   土木下水道   荒  野     卓  君
  課  長                    課  長

  文化会館長   関     文  雄  君   会計課長    新  井  誠  一  君

                          教育委員会

  教 育 長   池  上     仁  君   教育次長    島  崎  利  雄  君
                          兼学校教育
                          課  長

  教育委員会   武  政  淳  子  君   教育委員会   金  子     明  君
  総務課長                    生涯学習
                          課 長 兼
                          体育館建設
                          準備室長

  教育委員会   加  藤  宗  良  君   水道課長    新  井  義  幸  君
  藤 久 保
  公民館長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事務局長    池  上  浩  昭      事務局次長   馬  場  初  江
  事務局係長   大  川  源  治



                                              



△開議の宣告



○議長(板垣清君) おはようございます。

  ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(板垣清君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                              



△議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算



○議長(板垣清君) 日程第1、議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算を議題とし、歳出の質疑を行います。

  款11公債費、123ページから124ページの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  続いて、款12諸支出金及び款13予備費、124ページから125ページの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  続いて、総括質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  総括ですので、総括的な質問を期待します。

  15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) おはようございます。

  一番最後のページで見た方がいいと思うのですけれども、135ページの三芳町体育館建設事業にかかわってでありますけれども、これは過日の一般質問で古寺議員が指摘を、一般質問でしたか、予算審議でしたか、古寺議員が取り上げられた、それとの関連でありますけれども、体育館建設事業の請負業者資格の問題についてであります。電気設備を請け負った千歳電気工業についての指摘がありましたけれども、私も気になって、議員団でその事業所を訪ねたわけなのですけれども、手短に言いますので、お答えいただきたいと思うのですが、その業務の形態といいますか、あるいはその企業としての形態といいますか、それを見てみますと、葵電気設備工業という大きな、もともと従来からある町内の大手電気業者の社屋並びに駐車スペース、備品庫のような、そういう建物がありますけれども、その下に千歳電気工業という、小さい控え目なプレートが張ってあるわけです。2階に上がっていきますと、事務所がありまして、一体の事務所で、そしてここからこっち側が葵電気設備で、こっち側が千歳電気工業ですと、女性の事務員がいて、そういうふうに説明しておりました。つまり、別の会社ということであるはずなのだけれども、形態は一体をなしているというような、そういう状況です。適切な言葉ではないかもしれないけれども、見てみますと、要するにダミーみたいな、そういう印象を受けると。今出払って、人はいませんというふうな言い方をしておりましたけれども、これは1億8,000万からの仕事を受注した業者であります。だから、企業の独立性とか、そういった、あるいは道義的な問題とか何かがあると思うのですけれども、それはこの前の答弁では一応問題はないというふうな答弁であったかと思うのですが、私の指摘はそこまででありますけれども、これはきちっとしなければならない問題ではないかと改めて思った次第です。

  課長は状況をご存じだということでありますので、やはり町にとってみればAランクの仕事がとれる業者、これが今言ったような事務所の実態をなしているわけですから、事務所の実態をなしていないというふうに印象としては断定せざるを得ないのですけれども、この改善をきちっとさせるというふうに求めたいと思いますけれども、いかがでございましょうか。



○議長(板垣清君) 管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) お答えいたします。

  営業所等を設ける場合には、現在ですと、知事の許可あるいは大臣許可で一応変更、許可を得て変更届をうちの方へ出ているようになっております。それと、今年度から町内優先、あるいは近隣、西部第一広域の中を指名の優先基準として取り入れた内容ですので、今後、町内等に扱う場合には、基準等、あるいは現地の状況等を今後確認するように検討していきたいと思っております。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) それはそれでやるべきだというふうに思うのですけれども、私が気になるのは、要するに会社としての実態の問題なのです。千歳電気設備工業は、たしかAランクの業者だったと思います。それから、葵電気設備もAランクの仕事に格上げになって、指名をされて入札を行うということが過去にもあったと思うのです。それが、言ってみれば、何か区分けがしっかりしないまま同居している状態ですから、要するに情報がツーツーのような事態なのです。ですから、それはやはりまずいだろうということなのです。ですから、そこのところをしっかりと、はっきりとさせるということは当然求められると思うのです。行ってみたらわかりますけれども、本当によそ様のところを間借りしているという感じで、小さなプレートがついている状況です。実態としては、恐らく何も持っていないのだと思うのです、いろいろな設備、機器、工具類とか、と見ました。ちょっと断定的にそこまで、女性の事務員しかいませんでしたから、確認はしておらないのですけれども、見た目はそういう状況です。ですから、さっき言いましたようにダミーに等しいという状況です。

  となると、実態としては、断定的に言うわけにはいかないけれども、ほとんど丸投げという可能性もないわけではないと。となりますと、また別の問題が起こってくるのではないかというふうに思うわけです。これは断定的に言えません。言えませんけれども、あえて言うならばそういうことが考えられるということなので、これ以上やめにいたしますが、管財課長がそういう点での事務方トップなのですけれども、町長、お聞きになっていていかがでございましょうか。これははっきりさせるべきだと思います。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) お答えいたしたいと思います。

  まずもって、指名の基準を、いつだったか、変えたと思うので、とにかく近隣、広域関係で、都内の業者はだめだと。たまたま、町内業者のランクづけが1社きりなかったわけでございまして、それであと営業所を設けないと指名ができないというような関係から、急遽、千歳さんの場合は文化会館をやった関係もございますし、それで営業所を持ってきたと。ほかの関係もあるのです、例えば空調関係も、前の関係の、やはり三芳に持ってきた、2社ばかりあります。幸い、それが来ても、競争入札ですから、とれなくて塩野建設とったわけですけれども、やはりそういう指名競争入札の中で、それで千歳さんがとったということですから、ほかの業者がやはり競争してとればとれたわけですけれども、たまたまそういう状況でございまして、ですから、別に、私の方もよく管財の話を聞いて、これはもう違法ではないという形の中で指名をしたというような状況でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) そういう判断のもとに指名をされて、そこが受注をしたという事実経過は事実経過としてあるわけですけれども、私が言いたいのは、実態がそういうことなので、好ましいことではないと思うのです、違法性がないならないでしようがない。だけれども、道義的な問題、社会的な、道義的な問題がやはりあると思いますので、両社を同時に指名をするということは、これからはないわけではないと思います。そうするときに、今の実態を見ますと、両社の情報交換は自由にできるような状態に置かれているわけです。これは、競争性なんというのは全然確保できない。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) 葵さんは、ランクがもう、ランクに入っていなかったのです。今回は葵は入っていないですから、別に関係ないわけなのです。1社というのはフルカワだけなのです、三芳に該当するのは。あとは全部ランクが下、だめなのです。やはりそういう能力がないということで、たまたま都内に本社がありますから、それが営業所を出したということですから、仕事も、したがってしっかりした仕事をやってくれるのではないか。同時に、指名競争の中で落札したのですから、これはもう私の方としては何とも言えない状況でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) もうこれで終わりにしますが、要するに今回の仕事については、そのランクの問題があって同時指名というのは行われていない、それはよくわかっております。今後の問題を考えたときにということなのです。そうすると、ランクの低いところの仕事ということになりますと、その千歳電気も葵電設も、葵も同時に指名をされる可能性がないわけではない、それがあるとすると、もう独立性なんて何もないのですから。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) 議員さんのおっしゃることはわかるのですが、今後指名になると、今度は千歳は指名ございません。もうランク以下の、Bランクで、当然町内に何社かありますから、町内、近隣で、そういう仕事でいきますけれども、今度の場合は、仕事が仕事だけに、やはり町内業者では無理だということの中から、あのやはり大手が入ってきたわけですから。それは、今議員さんがおっしゃること十分承知しながら、そういうことのないように指導していきたいと、そう思っております。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 130ページの5の定年退職及び勧奨退職にかかわる退職手当というところで1点お伺いをいたします。

  前年度、国の方も1号昇級ということが、退職時特別昇給があったのですけれども、今年度、制度がなくなったというふうに書いてあります。当町としてはここはまだ残っているのですけれども、前年度ここを聞いたときに、総務課長は、この件についても今後検討し直す部分があるかと思うという答弁をされております。また、退職の前年度に1号昇級する制度が当町にはあるということで、その件についても前助役の方で、そこら辺も大変問題になっているところなので、早急な見直しを図っていきたいという考えを持っているということで答弁をいただいているのですけれども、今年度はここはどのようになりますでしょうか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  昨年議員さんからご指摘もいただきましたので、定年退職1年前の1号アップは廃止いたしました。それから、ここに載っておりますのは、勧奨退職時について、20年未満の勤続の場合は1号アップ、20年以上勤続の場合は2号アップと、勧奨時の関係でございます。ですから、定年退職の1年前は廃止いたしました。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 高速道路の三芳のパーキングの、今度あきます三芳パーキングエリアの社会実験の件でお尋ねをしたいのですけれども、先日、3月17日号の埼玉新聞の記事、配付されているので、読ませていただきました。4月17日から8月31日までの136日間ということですが、それで、三芳町、今200万の予算計上をして、400名ですから、1台当たり5,000円の計算でいくと400名分ということで、受け付け、今2月1日から始まって、現在何人ぐらいの申込者があったかということと、それと環境調査委託料というのが今回525万計上されているわけですけれども、この環境調査委託というのは、これは道路公団から多少なりとも負担金があるのか、それとも町負担でやるのか、そしてまたその環境の調査の内容、まずそれをお聞きしたいと思います。



○議長(板垣清君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) ETCの補助の関係ですけれども、3月18日、金曜日現在ですけれども、152件ございます。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) 調査の関係のご質問でお答えしたいと思いますが、この社会実験ではいろいろな調査を予定しております。全部で六つの調査を現在予定しておりまして、スマートインターチェンジの利用者に対するアンケート、それから地域住民に対するアンケート、地元企業に関するアンケート、それからパーキングエリア内の店舗に対するアンケート、それからパーキングの利用者に対するアンケート、さらに今回補助金を出しておりますが、モニターということで、補助金を受けて車載器を搭載した人に対するアンケートと、こんな調査を予定しておりますが、それぞれ国と本町独自という形がございますので、これらの項目で、全国的に統一した質問項目が聞くものと、それから三芳町独自で聞くものもございますので、それらを踏まえて、この中の調査のうち本町分について委託料を計上したということでございます。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) そうしますと、今国分のと、それと三芳町のその明細がわかれば教えていただきたいということと、それと、私も先日、つい3日ほど前、関越上り線走って、三芳パーキングで一休みさせていただいて、時間的にあれは何時ごろだったでしょうか、4時ごろですか、三芳のパーキングに着いて、それから20分ぐらい休んでから、そこでまた本線に入って乗ったわけですけれども、そうしますと、三芳のパーキングから所沢のインターチェンジまで、もう全然動かない状態であったわけですけれども、お彼岸のせいもあったのでしょうか、そういった面で、ああ、早くあければ、ここがそんなに、4月17日以降はこれ随分いいなという実感を持ったわけですけれども、先日、だれかの質問に対しての答弁の中で、9月1日以降のどうなるかという質問であったかと思います。そのとき、担当課長の答弁の中で、それについてははっきりしないというような答弁だったかと思いますけれども、これがこれからの利用頻度によってクローズするか、あるいはそのまま継続していくかということかと思います。そのような状態で、見通しが、もうここまで来て、ETCの方の工事も今進んでいます。そのような状態の中で、その辺の見通しがついているものであれば、利用して、これからまた136日間社会実験した中での結論でしょうか、それとも、町もここへ来て、多少なりとも費用負担していますから、できることならば私としてはずっと未来永劫続いていただきたいなと、このように思うわけですけれども、その点についての見通しをお聞かせいただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  まず、最初のアンケートの内容でございますが、これは国の方でも委託業者を選定し、契約したという段階でございますので、そこと協議をして、詳細の中身についてはこれから詰めることになりますので、まだ具体的に細かい中身までは確定しておりませんので、ご理解をいただきたいと思います。

  それから、実験終了後の問題でございますが、前回もお答えしたと思うのですけれども、本町の場合は大宮国道事務所の方から、当初の予定では3カ月ということでございましたけれども、8月の夏休みいっぱいまでぜひやっていただきたいという国交省の方の申し入れがございまして、期間が延びた関係もございます。5月の行楽シーズンの連休と、6月、7月にかけてのいわゆる通常の平常時の状況、それからまた夏休みの状況をすべて把握して結論を出すということで、この実験を進める中で順次そのデータが整ってきますので、9月以降の問題については、それらを踏まえて地区協議会等で協議しながら、どのように対応していくかというのをある程度方向が出てくるというふうに考えております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) この記事を見させていただいて、企画財政課長、また町長がそこのリーダーになっているわけですけれども、これから連休、またお盆、そういったものが期間が調査期間に入っていますので、ここでせっかくこのような状態の中で始まったわけですから、もしこれから国交省、そういったところに交渉において、ぜひひとつ、あそこはもうずっとあけていただくということを、ひとつ強調してお願いしていただきたいということをここでお願いしておきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 今の関連なのですけれども、そうすると、9月1日以降というか、8月の実験の最終日までにそれぞれ調査項目の集計をして、9月1日以降の継続するかどうかの判断をその期限前にしてしまうというふうに先ほどの答弁はとらえていいのかどうかというのと、それから、ETCのところを通過した後の車両、要するに町内に出た車両についての交通状況については、町としてはどんなふうな調査をこれから予定していくのか、その2点。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) 実験結果のその後のことでございますが、先ほども申し上げたとおり、実験を始めることでいろいろ状況が出てきますので、9月1日前にそのままやるとかという確定をするわけではなくて、その状況を見ながら、せっかくあそこを工事してあけているわけですので、あいているものは利用するだとかという、そういう方向も出てくるかもしれませんし、それは地区協議会に諮って協議した中で、町だけであそこをあけますとか、国交省だけであけるとかということではなくて、その状況を見ながら判断していくと。調査結果についても、できるだけ早く結果が出るように、ただ、8月の調査については、9月1日には出るわけはないわけで、そういうのも含めて地区協議会で協議していくということになろうかと思います。

  それから、出た後の道路の渋滞状況ですが、これは国交省でいろんな部署を設定いたしまして、渋滞状況を調査することになっております。あのパーキングの周りだけではなくて、所沢インターの周辺のポイントを定め、あるいは川越インターの周辺のポイントを定めて、あそこをあけたことによって川越インター、それから所沢インターにどの程度影響が出てくるのか、そういう部分をすべてポイントを定めて調査をやることになっておりますので、それは、渋滞状況については、町単独でやらなくても、十分国交省の設定で間に合うというふうに判断しております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 私も関連でひとつ伺いたいのですが、これから財政出動という問題なのですけれども、9月、もちろんこの結果が出てからのことだと思いますけれども、これまでにも17年度は7,600万円ほど、その周辺の環境調査ということで三芳で組んでおります。去年も機械の補助、あるいはパーキング内の工事など含めて1,200万出ているのですけれども、今後もし、この結果がやろうという方向に出て、今度貨物車にも拡大していくということも以前に言われておりましたけれども、そうしますと、三芳だけの問題ではなくて、2市2町の人たちが利用するようになるというふうに新聞にも報道してありますけれども、そうしますと、かなり交差点の改良とか道路の改良なども、渋滞の結果いかんではかなり必要になるというふうに思うのです。特に今、あの周りでさえも、セントラル病院の交差点は、4号線の方は右折車線ありません。一部、14号の方が1台分ぐらいの右折帯がありますけれども、あれは右折帯とは言わないと思います。近くの多福寺のところも完全な右折帯はできておりませんので、そういうところも考えますと、かなりこれから道路整備にお金を費やしていくのではないかなというふうに思うのです。そうなったときに、そこは三芳で持つのか、それとも2市2町、あるいは国とか県とかが出動してくるのか、負担があるのか、その辺の方向についてお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  初めに確認をしたいのですが、7,600万という数字を町で負担しているというのはどこの部分ですか。それをまず確認させていただきたいと。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 失礼いたしました。

  今年度は760万です。失礼いたしました。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  道路の問題のご質問で、以後どの程度の財政負担がかかってくるのかというご質問でございますが、これについては、まず実験をやってどういう状況になるのか、どの部分が例えば道路拡幅が必要なのか、あるいは信号設置が必要なのか、これは県警、東入間、全部入っておりますので、そういうのも含めて、実験結果によってどう対応していくかと。それから、すべて町負担、あるいは国交省の負担はどうなるのか、これらも協議していくことになりますので、現時点でどのくらいの町負担になるかとか、具体的な数字はまだ答えることができない状況でございます。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 今の時点だとわからないということなのですが、地域の産業振興ということも、このスマートインターチェンジをやるかやらないかということについては、メリットもデメリットもあると思います。地域の産業振興ということももちろんあると思いますが、それと、やっぱり地域の環境保全ということも一緒に考えて、ぜひ進めていただきたいということを申し上げておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 今の関連ですけれども、整備は進めて、その事業は、仮に、まだ最終的には決まっていませんけれども、今までも、今7番議員が言いましたように、費用を費やして、そして、今後まだ結果はこれからかもしれないけれども、最終的に先ほど述べましたようにいろんな経費がかかってくるかもしれない、そういったこともはっきりわからないで、それで事を進めてしまうというのは、後から経費が出て、仕方がないから払うと、そういうふうになってしまうのではないでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  この社会実験は、目的でもございますが、まず高速道路の、外国に比べると日本のインターチェンジは1区間が長過ぎると、外国に比べると非常に、川越と所沢で10キロほどありますが、外国においては4キロ、5キロで車の出入りができると。であるからして、渋滞等を招くということもあるわけで、それらを生かして、その中間にあるパーキング等から出入りができるようにして、交通渋滞、混雑を解消するということが1点と、それから、それとあわせて、そこの地域の振興にどう生かすかということがこのスマートインターチェンジの社会実験の目的でございますので、議員さんが言われるように、実験をやって金がかかったのはそのままかけるということではなくて、三芳町にとっていかに地域振興に活用できるかということも含めて調査、実験をするわけですので、それらを踏まえて今後対応していくということになると思います。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 便利になればなるほど、課長の答弁では、前に大型車も貨物車も通過が可能ということで、便利になればなるほどそういった貨物車がどんどん入ってくる、だから大気がだんだん汚染されてくる、そういった環境のことも本当に考えなければいけない。それからもう一点は、やはりそういった、最終的にはどういうところまで費用もかかるのか、そういったこともある点では示して、それが本当に妥当なのかどうか、そういうことも加味して検討していかなければならない問題だと思いますけれども。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  空気が汚れるということですけれども、先ほど久保議員さんが、いつでしたか、関越を使って、所沢のインターチェンジが三芳のパーキングまで渋滞していたと。渋滞していると、そこから排気ガスが出るわけです。所沢インターチェンジで渋滞して、三芳のパーキングまで来ているということは、そこに排ガスが三芳にかかってきているということでございます。パーキングエリアから、どうなるかわかりませんが、スムーズに車が出られるということであれば、排気ガスの解消にもつながっていくと。もちろん道路整備だとかの問題もございますが、そういうことも含めて今実験をやっておりますので、それをご理解いただきたいなと思います。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) その点は否定するものではありませんけれども、しかし、実際に生活、そこの上富の、また北永井、家を持ちながら生活をしている、その人たちの環境はどうなのかという、その辺を十分考慮をしていっていただきたいと思います。

  それから、平成16年度の平地林整備についてお伺いいたします。これは、埼玉県の緊急雇用対策として、3年間、森林組合を通して町内の平地林を清掃してきた事業であります。平成16年度におきましては、三芳町役場周辺の平地林を整備しました。9.9ヘクタールで380万で、下草刈りをしたりして、昨年の11月1日からことしの2月25日まで実施をしたわけでありますけれども、もう大変これはきれいになって、雑木林がやっぱり生き生きしてくるということで、いろんな生物も生きやすくなってきていますけれども、大変すばらしい事業だと思います。これは3年間事業ということで、3月31日時点で終わりましたけれども、今後こういったことの事業は、町が継続してやっていくということも考慮していかなければいけない点だと思いますけれども、その辺について見解をお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  確かに役場周辺で9.9ヘクタール、県の緊急対策事業で実施していただいたわけでございますけれども、これにつきましては16年度で終了ということでございまして、17年度以降ということでございますけれども、森林施業計画、ここで15年度で立ち上げましたので、その中で地権者会もできましたので、その中でちょっと検討してみたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 今回、私の見るところで、各費目の負担金が全部で10カ所かと思うのですけれども、負担金を計上していないのです。それはさまざまな事情があるかと思うのです。ちょっと確認をしたいのですけれども、企画で1、徴税費で3、児童福祉総務費で2、保健衛生総務費で2、都市計画総務費で1、教育総務費で1、これは今回聞きました、残金があって今回は出していないということでありましたね。そのほかに指導主事会というので教育総務費1あって、合計で10カ所かというふうに思うのですけれども、過去においてもぽつりぽつりと、この負担金についてはやめていくというような状況があったかと思うのですけれども、今回のこの私が今申し上げた10カ所についても、その必要性なしというような判断でもって負担金計上していないというふうに受けとめていいのでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  議員さんのおっしゃられるとおり、いろんなところで負担金の削減といいますか、廃止が出てきております。これはもう、数年前から負担金等の見直しということで、2市2町でいえば財政研究会というところで各事務研究会等に負担金の見直しをお願いしてき、毎年のように減額されたり、廃止されたりというのはあったと思います。これは全県的にもそうで、広域的な部分でも皆そういう負担金の見直しがそれぞれ進められておりまして、必要性がないから廃止ということではなくて、負担金を使わなくても、事務連絡だとか、必要な研修なり協議なりはできますので、その必要な範囲内で負担金を計上するということで、さまざまな見直しをして減額あるいは廃止という処置がとられてきておりまして、今後においても同様な方向はあると思いますが、事業あるいは仕事がなくなるということではないということをご理解いただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) それで、この負担金のところでも、研修という名前がついて改めて計上されたりとかというのは、読めばわかるわけなのですけれども、1,000円単位の負担金ではなくて、10万に近い負担金、あるいはそれを超える負担金、そういったものもかなりまだあります。そこで、その基本的な考え方の問題なのですけれども、今でも遠隔地に赴いて、単なる負担金の中に宿泊研修、視察といいますか、そういったものがどれほどあるのかということなのですけれども、それらの必要性とも相まって、その辺のところの精査といいますか、それを改めて起こして検討していくということもあっていいかなというふうに思うのですけれども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  議員さんのおっしゃられるとおりでございまして、毎年毎年、その辺については必要性を加味し、毎年行っていたものを2年に1回だとか、そういう対応も図りながら来ております。例を挙げては大変あれなのですが、農業委員会においても、今年度選挙ということで、たしか任期は3年だと思いますが、それを毎年行っていたのを3年に1回、最終年度に宿泊の研修をやるとか、そういう対応を図ってきておりまして、他の部署でも同様でございます。その辺は毎年、宿泊研修については特に見直しをするように努めてやってきております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) この問題では最後になりますけれども、必要な研修というものを否定するわけではありませんので、我が町においては特別旅費というような形で、負担金ということではなくて特別旅費という、負担金から離れますけれども、町で独自にやる場合にはそういう形で計上するというようなことが行われております。だから、目的あるいはその内容を鮮明にするという意味で、負担金の部分においても、我々議会の側の方にもわかりやすいような形で、職員研修というような形のものが幾つか入っておりますけれども、そういうふうに鮮明に、必要な場合にはすると、こういうふうにすべきではないかと思うのです。負担金で15万とか20万とかというのもありますけれども、その中にはそういうものが、研修が入っているのだと思うのですけれども、鮮明にするということで、一般にわかりやすいような形にした方がいいのではないかというふうに思うわけですけれども、それも伺っておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  可能な限りわかりやすく、鮮明にするように努めていきたいというふうに思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) もう一点。

  これも今議会の保健衛生費の中で一定の議論がされたところでありますけれども、精神障害者小規模作業所、地域小規模作業所の開設に伴って、保健センターが空白になるという話がありました。これはまだ100%確定的な話ではないのかなと思うのですが、そういう方向がもう非常に強い、そういう印象を受けたわけでありますけれども、そうしますと、やはり業務の後退とは言いませんけれども、残念な状況が生まれるというふうに私は懸念するわけです。せっかく、建物そのものは問題があるかもしれませんけれども、考え方の問題として、こっちの住宅密集地から離れたこの本庁舎に職員がいて、向こうの方にいないという事態をやはりつくるべきでは基本的にはないというふうに私は思うわけです。出ていってサービスを、密接なサービスをすると。

  ちょっと最近の話は承知していないですけれども、一時、町には保健師がたしか7名ぐらいまで達したことがあろうかと思うのです。それらが有効な効果的な仕事をすることができないのではないか、こちらの方だけでやっていると、そういうふうに疑問を持つわけなのですけれども、これは担当課長なのか、総務課長なのか、ちょっと答弁者はわかりませんが、まず担当課長に改めて伺いたいと思うのですけれども、考え方の問題として、本庁にいて業務をやればいいというふうには思っておられないと思うのです。引き続いて職員がそこにいて、密接なコンタクトを町民ととっていくというふうにすべきだと思うのですけれども、その基本的なところをまず伺いたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  今、保健師が衛生課の方で約2名おります。その関係もございまして、先ほど議員さんが保健センターの方に常駐した方がいいというようなご意見でございますが、それにつきましては、先日の答弁の中では、私自身の個人的な見解で述べさせていただいたことでございまして、それは総務課の方とただいま協議中でございます。また、あの場所にいなければ仕事の方がスムーズにいかないのではないかというご質問ですが、この件につきましては、電話番号等で本庁の方にもすぐ連絡のつくようにいたしたいと思っておりますし、またあの部分に保健師等が何名かいると、その中で役所の中の方との連絡がちょっとスムーズにいかないなというふうにも考えておりました。またこの件につきましては、十分総務課の方と協議していきたいと思っております。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 今環境衛生課は保健師2名、そうすると国保の方にもたしかいるかと思うのですが、総務課長、今、私さっき、最高7名ぐらいまでちょっと記憶があるのですけれども、保健師は、町雇用の保健師というのは最高今何人なのでしょうか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  健康課が3名と衛生課が2名、それから生活支援センターが1名と、6名でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 今の環境衛生課長の答弁で、これから検討するということでありますので、その結論を待ちたいと思うのですけれども、最初にも言いましたように、身近なところでサービスをするということがやっぱり一番大事なところではないかというふうに思いますので、最後に、その点でどのような見解を、総務課長に伺っておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) 議員さんのご指摘のような方向で検討していきたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 人の討論をとってどうこう言うのではないですけれども、先ほどの負担金の問題で、その中の研修費について、これは必要に応じて、必要だから研修を行う中で、財政負担等もあるので、2年に1度とか3年に1度という形で、かつてよりは絞ってきているという中で、感性としてはわかるのですけれども、例に挙げました農業委員会の研修について、感性としてはわかります。ただ、任期が、新しいメンバーで任期がスタートしてすぐ研修をするという、3年に1度なのだから意味はあるのですが、任期が満了に近づいていく研修の意味合いというもので、ちょっとこの議場での討論では誤解を招くのではないかなと思うのですけれども、それが不必要と一概には言えませんけれども、ちょっと気になりましたので、何か違う答弁に変えた方がいいのではないかなと思うのですけれども。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  ご指摘いただいたとおりでございまして、やっぱり研修に関しては、その職務に必要なことを勉強して、その職務に生かすというのが本来の姿でありまして、たまたま例に挙げた農業委員のことになってしまったのですが、すべて改正されるかどうかはちょっとわかりませんが、いずれ農業を続けていく上での知識、技能として生かしていただければ、それが町にとっても有効であるというふうにご理解いただければ大変ありがたいと思います。



○議長(板垣清君) 質疑なしと認めます。

  以上で、議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算の質疑を終了いたします。

  休憩いたします。

                                      (午前10時18分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午前10時38分)

                                              



△動議の提出



○議長(板垣清君) 光下重之君ほか2名より、お手元に配付いたしました議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算に対する修正動議が提出されました。

  この動議は、地方自治法第115条の2及び会議規則第17条の規定により成立いたしたもので、修正案を議題といたします。

  修正案提出者より説明を求めます。

  光下重之君。

          〔15番 光下重之君登壇〕



◎15番(光下重之君) どうも、皆さんご苦労さまです。議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算案に対する修正案について、提案理由の説明を述べたいと思います。

  まず、今回の修正は、第1条中「112億2,290万円」を「116億4,088万7,000円」に改め、第2条第1項「第2表 債務負担行為」中、町道路用地先行取得事業を一部修正し、新たに公園用地先行取得事業を加えるものであります。

  平成17年度政府予算案は、国民の暮らしの観点から見ると、所得税、住民税の定率減税の半減を皮切りとする本格増税路線に踏み出した予算案となりました。小泉内閣のこれまでの増税は、専業主婦、年金受給者や高齢者、中小零細業者、喫煙者など、限られた分野、階層をいわばねらい撃ちするような増税でしたが、これに対して、今回の定率減税の縮減、廃止の路線は、規模においても、内容においても、所得税、住民税を納税している人とその家族すべてに影響するという点で、次元が違うものとなっております。

  特に高齢者に増税、負担が集中することです。来年6月に増税が予定されているものも含めてですが、高齢者の住民税を見てみますと、公的年金等控除の廃止、老年者控除の廃止、非課税限度額の廃止、定率減税の半減と、四つの増税が同時に行われることになるようです。それは、介護保険料、国民健康保険税、医療費の負担限度額への波及など、とめどない負担増へとつながっていきます。高齢者の悲鳴が聞こえるようであります。こんな政治でいいわけがないと思います。今必要なのは、政府与党の構造改革路線をやめ、国民の暮らしに軸足を置いた経済財政運営に切りかえて、景気を立て直しながら、社会保障制度の拡充や不公平税制の是正、財政の浪費や政官財の癒着にきちんとメスを入れるなど、国民の立場に立った本当の改革を進めることであると思います。

  このような情勢の中で、三芳町政が取り組むべき方向は、まず第1に、前述しましたように、高齢者を直撃し、国民にさらなる痛みをもたらす国の政治に対し、福祉や暮らしを守り前進させること、第2に、三芳町が直面する課題に積極的に政策展開することであると思います。しかるに、17年度三芳町一般会計予算案は、新たな負担増は基本的に求めていないこと、我が党が呼びかけた、提起し続けた循環型農業、住宅リフォーム助成など、商工業の独自の施策、地域経済対策など、また国保税の軽減対策の積極面は見られるものの、いまだ課題に十分にこたえているとは言えません。そこで、改めて修正案により、以下のような政策提起を行うものであります。

  まず、1ページ目でありますけれども、第1番目に、先ほども言いましたように町道路用地先行取得事業であります。1,400万円を計上するものでありますけれども、16年度新たに幹線7号線部分の隅切りなど一部工事が完成し、改善が図られましたが、引き続き幹線17号線と町道303号線、マミーマート付近の歩道設置について拡幅分を加えようとするものであります。これについては、循環バスの運行やみよし工房の新築等の新しい環境を考慮すると、幹線17号線マミーマート交差点付近の新たな拡幅は急務であると思います。また、この交差点に信号機をつけるためにも、この部分の歩道化は避けて通れないと考えております。

  次に、公園用地先行取得事業です。物納国有地の購入、公園化事業です。住宅密集地と言える地区に憩いの場、都市空間をつくる、公園の確保に全力を挙げるという姿勢を打ち出したものであります。住民が最も望んでいる要望の一つ、公園づくりに着手するもので、いつ売却が決まるかわからない物納国有地をここで取得し、公園として住民の利用に供するものであります。

  2ページ目にいきます。歳出から説明をさせていただきます。まず第1番目に、一般管理費の町長交際費を20万円減額することであります。17年度一般会計における町長交際費が20万円減額されましたが、実際には、国保、下水道特別会計に分散されてほとんど変わっておりません。引き続き10%を削減し、180万円とするものです。

  次に、町内循環バス運行事業であります。住民要望の高い住民の足確保の一環として、基本的にライフバス路線と競合しないコースどりで、役場、文化会館、公民館など、公共施設を結ぶことを基本にした循環運行により、交通弱者対策、交通不便地域住民の足の確保並びに公共施設への利便性の向上を図ることを目的に、新たに循環バス路線を起こすものであります。町は、循環バス運行事業についての仕様書を定め、メーカーとリース契約を結んで、町内のバス事業者に貸し付ける形式であります。低床式小型バス、乗車定員20名程度のバス2台をもって、バス会社の責任で運行を行わせるものであります。

  続いて、民生費のところでありますけれども、重度心身障害者医療1,000万円増額するものです。福祉四医療の所得制限、食事療養費自己負担導入など給付制限について、昨今の経済状況にかんがみ、町の単独事業として改めて助成しようとするもので、心身障害者医療では食事療養費患者負担分1,000万円を町が支援するものです。

  続いて、老人福祉費、扶助費中老人医療費4,832万1,000円を増額するものであります。昨年、条例改正が行われ、廃止された福祉四医療の65歳から69歳までのいわゆるマル特、マル老分を引き続き町が実施するもので、独自の施策であります。過去の3カ年の実績等により計上しております。

  続いて、介護保険費であります。介護保険利用者負担額の助成を2,803万9,000円、新たに加えようとするものであります。利用料の負担が重く、経済的理由でみずからサービス利用を断念せざるを得ない状況をなくすために、ホームヘルプサービスだけでなく、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリなど在宅サービス11種について、利用料個人負担を現行の10%から3%に軽減しようとするものです。

  同じ費目で、介護保険料低所得者負担額助成であります。これは6,555万、皆増であります。生活保護世帯であれ、所得のない人であれ、どんな人からも徴収され、重い負担となっている介護保険料のうち、老齢福祉年金受給世帯の第1段階、住民税非課税の世帯の第2段階、住民税非課税、本人非課税の世帯の第3段階を50%減額し、負担軽減しようとするものであります。

  続いて、農林水産業費でありますけれども、農業振興費中、市民農園整備事業を新たに加えるものであります。年来の要望である市民農園を市街化区域内の農地もしくは遊休農地地権者と借地契約し、3,000平方メートル程度、1カ所を設置しようとするものであります。

  続いて、土木費の都市計画費であります。浅間後、俣埜ポケットパーク設置工事であります。第3次総合振興計画、都市計画マスタープランなどに基づき、住宅密集地の浅間後の空地を購入、また俣埜地区の幹線7号線沿線、小面積の歩道外空地をそれぞれ1カ所ずつポケットパークとして整備し、高齢者の一休みスポットなどとして利用に供するものであります。

  最後になりますが、緑化推進費で物納樹林の購入費2億円、皆増であります。環境基本計画によれば、林野面積が、少し古くなりますけれども、2年から7年までの5年間で33ヘクタール減少したとしております。毎年6ヘクタール超の平地林が消滅していることは重い事実であります。国、県を巻き込んだ税制対策など、三富新田保全策が緊急の課題でありますが、役場隣接地、山林を町は取得しましたが、今後も可能な限り平地林の購入を行い、林床部の整備など維持管理をしっかり行い、行政の意思を示すようにしたいものだと念願しております。この問題は、三芳町政の重要課題の一つだと考えております。このような認識のもとに、ぬくもり基金条例を一部発動して、可能な部分の購入を図るものであります。以上のような内容で、財源としては、2ページに戻りまして、財政調整基金を3億1,798万7,000円新たに繰り入れ、ぬくもり基金を1億円繰り入れて財源手当てをしようとするものであります。

  簡単ですが、以上であります。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(板垣清君) ただいまの修正案に対する質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  討論を行います。

  討論は、原案、修正案を一括して行います。

  順序を申し上げます。初めに原案に賛成の方、次に原案及び修正案に反対の方、その次に再び原案に賛成の方、最後に修正案に賛成の方の順で行います。

  初めに、原案に賛成の討論をお受けいたします。

  1番議員、神田順子さん。



◆1番(神田順子君) ネットワーク三芳を代表し、平成17年度三芳町一般会計予算に対し、賛成の立場から発言いたします。

  今年度は、体育館建設、入間東部地区衛生組合の火葬場、斎場の建設、清掃工場、焼却炉などの解体等大きな支出で、一般会計予算が112億を超えることとなりましたが、それぞれ必要性が高く、暮らしをよくするために欠かせません。また、安心して暮らすために役立つ東入間東部医師会小児時間外救急診療所開設、鶴瀬駅バリアフリー化設備、防災用品の充実等、細やかなところにも予算配分がされていると思います。

  しかし、地方分権、三位一体の改革が進む中、今後何でも税金で賄うことはできません。これからは、税金で担う部分と、住民参加でつくっていく部分を検討することが必要です。そのために、行政や議会だけでなく、住民とともに立ちどまって、どんなまちづくりをするのか考えなくてはなりません。ちょうど第4次総合振興計画の策定です。今回はコンサルタントを使わずに行うと伺い、経費削減も大きいですが、それよりも住民と企業、学識経験者、そして職員との真剣な議論の中から生まれる、実現する計画を期待いたします。今後の行政区ごとの懇談会を含め、より多くの参加を得る工夫を計画策定のときからさらにお願いし、賛成討論といたします。



○議長(板垣清君) 次に、原案に賛成の討論をお受けいたします。

  2番議員、古寺貞之君。



◆2番(古寺貞之君) 2番、古寺貞之でございます。みよしクラブを代表いたしまして、原案に賛成の立場から、平成17年度三芳町一般会計予算に対し賛成の討論を行います。

  我が国の経済は、大企業を中心に穏やかな業績回復の兆しが見られますが、中小企業を取り巻く環境は依然厳しく、取り組むべき課題がまだ多く残されております。また、国が推進する三位一体の改革も、国庫補助負担金の廃止、縮減とともにおおむね3兆円規模の減税を税源移譲を行うとしていますが、いまだに不確定な部分が多く、今後の地方財政運営に当たり、国の動向に留意しながら財源の確保に取り組んでいくことが必要不可欠となっております。

  こうした状況の中で編成された平成17年度三芳町一般会計予算は、総額112億2,290万円で、対前年度比9.2%増となっております。これは、平成16年度からの継続事業であります(仮称)三芳町体育館建設やストックヤード施設整備による増の大きな要因でありますが、経常経費の削減や既存事業をさまざまな角度から見直すことにより、新規事業の財源確保に努められた結果であると思われます。

  まず、歳入においては、町税が対前年度比3%の増、構成比では全体の60%を占め、安定した財政運営に寄与していることは言うまでもなく、大変喜ばしいことであります。今後、国庫補助負担金が多く見込めず、税源移譲が実施されれば、税をいかに確保していくかが最重要課題であると言えます。

  次に、歳出の主な施策の内容についてみますと、大きなプロジェクトの一つでもあります(仮称)三芳町体育館がいよいよ完成します。また、(仮称)竹間沢北原集会所の建設によるコミュニティーの推進、他市町村に先駆け、精神障害者小規模地域生活支援センターの開所など各種福祉事業の展開、ストックヤード施設整備とあわせた清掃工場解体事業や各小中学校大規模改修による教育環境の整備、道路や下水道の整備など、どの年代も安心して暮らせるような事業を織り込みながらの配分がなされており、厳しい財政状況の中にあって評価のできる内容となっております。

  三位一体の改革は、地方がみずからの支出とみずからの権限、責任、財源で補うことであり、地方の責任はますます大きなものとなってきています。こうしたことを踏まえ、新たに策定される総合振興計画については、自主自立を基本とした将来の確かなまちづくりの指針となるよう、英知を結集し、取り組まれることを希望するものであります。当町は、平成17年度においても普通交付税不交付を前提とした予算となっておりますが、今後も改革の影響を受けない予算に取り組み、住民の福祉向上のため、真に必要な事業の展開や、魅力ある町づくりを推進するため、健全な行財政運営に取り組まれることをお願いいたしまして、賛成討論といたします。



○議長(板垣清君) 大変失礼しました。

  原案及び修正案ともに反対の討論をお受けしますを抜かしましたけれども、もしおられましたらお受けいたします。ございますか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) なしと認めます。

  次に、同じく原案に賛成の討論をお受けいたします。

  12番議員、横田英明君。



◆12番(横田英明君) 議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算につきまして、公明党議員団を代表し、賛成の立場で討論を行います。

  我が国の経済状況は、長引く不況打開のため、デフレ克服や雇用機会の拡大など積極的に取り組んだ結果、徐々ではありますが、企業収益の増益及び失業者の減少など、一部に景気回復の兆しがあらわれてきております。しかし、国が推進する三位一体改革により、地方の権限と責任を拡大し、地方みずからの責任において住民に必要な行政サービスを効率的に選択できるようになった一方、税源移譲に伴う国庫補助金、負担金の廃止、縮減により、多くの地方自治体は、自主財源の確保と同時に、一層の歳出削減に努めているのが現状ではないでしょうか。

  さて、こうした状況の中編成された平成17年度三芳町一般会計予算は、対前年度比9.2%増の総額112億2,290万円の予算額となっております。予算の歳入歳出の内容としましては、まず歳入では、主要財源である町税が対前年度比3%の増になっているものの、財政指標を見てみますと、町税を含めた一般財源比率が78%と対前年度比4.4%の減になっており、一見厳しい状況かと思われますが、この内容につきましては体育館建設による地方債の影響によるものであると思われ、実質的には財政事情は安定している状況と見受けられます。

  一方、歳出の主な施策の内容を見ますと、新規事業として、住民ニーズにこたえ、平成18年度オープンを目指した(仮称)三芳町体育館建設、地域コミュニティーの拠点である(仮称)竹間沢北原集会所建設、障害者に優しい鶴瀬駅バリアフリー化設備設置事業の負担金及び精神障害者小規模作業所の運営が開始される、また子育て支援の一環である東入間医師会小児時間外救急診療所運営費補助及び保育所給食業務委託、また衛生的な町づくりの根幹をなすストックヤード施設整備事業、さらには、結果次第によっては地域の活性化と経済効果が期待されるスマートIC促進事業などが予算化されております。また、継続事業としましては、福祉の面では、老人医療費扶助、各種健康診査、児童手当の支給、乳幼児の医療費の扶助、教育面におきましては、小中学校施設改修整備事業及び学習指導員、教育指導員配置による教育の充実、さらに道路、下水道整備など生活基盤整備の予算が計上されております。このように、住民が安心して暮らせる町づくりのため、新規事業と継続事業を織り込みながら積極的な予算配分がなされており、大いに評価できる内容となっております。

  今後、地方分権の推進に伴い、地方自治体を取り巻く環境は厳しい状況が続くと思われますが、町当局におかれましては、あくまでも本町の自主性を高めるとともに、住民福祉の向上のため、各分野における住民ニーズを的確にとらえ、真に豊かな住民生活を実現するためにも、効率的かつ健全な行財政運営に向けてご尽力をお願いを申し上げまして、賛成討論といたします。

  以上。



○議長(板垣清君) 次に、修正案に賛成の討論をお受けいたします。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 平成17年度三芳町一般会計予算の修正案に、日本共産党議員団を代表して賛成討論を行います。

  18日、参議院本会議で、地方税法改正案が自民、公明の賛成多数で可決、成立しました。個人住民税の定率減税の半減、高齢者への非課税制度の廃止、フリーターへの課税強化など、生活を直撃するものとなっています。大企業や大資産家への減税には手をつけませんでした。貧富の差は拡大するばかりです。

  平成17年度三芳町一般会計予算の審議でも明らかなように、個人町税がふえたのは、配偶者特別控除の廃止に伴う町民負担増が6,800万円、生計同一の妻への2分の1課税で360万円など、町民への新たな負担増によるものです。給与所得金額は前年度比較4,600万円の減で、農業所得は800万円の減、その他の所得者は2,730万円の減と、景気は全体的には回復していないことがうかがえると思います。また、給与所得者の人数は昨年とほぼ同様にもかかわらず、前年度よりも4,600万円の減少になることは、所得ベースが低くなっており、正規社員から非正規社員がふえていることをあらわしています。日本共産党の大門実紀史参議院議員は、参議院予算委員会で、正規社員と請負労働者との賃金格差を質問いたしました。トヨタ自動車関連工場での正社員と請負労働者の賃金格差は、時間給比較、正社員の3分の1の賃金であること、これでは生活を維持することは困難です。

  このような国政のもとで、地方自治体は防波堤として町民の暮らしを守らなければなりません。そのような観点から平成17年度三芳町一般会計予算を見てみますと、農林水産業費で町独自の新規事業の導入、商工費の住宅改修補助の導入、国民健康保険特別会計への繰出金の増額により町民負担増を食いとめたこと、教育費の扶助費の準要保護児童就学援助費の継続などは前進面を見ることができると思います。しかし、住民の願いには十分こたえた予算とはなっていないと思います。例えば緑保全が全くないに等しいことです。町民の願いは、緑との共存です。また、緑は二酸化炭素を吸収し、きれいな酸素を放出するなど、生物に欠くことのできないものです。特に車の往来が多い当町では、大気汚染の問題も深刻で、緑保全策は急務の問題です。また、老人医療費助成制度の存続の声が大きいにもかかわらず、対象年齢に若干の違いはありますけれども、同じ不交付団体である和光市が独自の制度を守っていることに対して、我が町は段階的に打ち切ることは福祉の大きな後退と言わざるを得ません。交通弱者の交流の場や足の確保は、今後欠くことのできない問題であると思います。また、来年度には老年者控除の廃止も決定してしまっており、高齢者の負担はふえるばかりです。このような中、高齢者や障害者の援助策を強める必要があります。日本共産党議員団の平成17年度三芳町一般会計予算修正案は、このような点を重視して、町民の要望によりこたえた予算となっております。

  また、最後に、直面する問題を2点ほど述べさせていただきたいと思います。その一つは、三芳パーキングエリアスマートインターチェンジ設置について、住民アンケートを行いますけれども、環境に影響を及ぼす北永井、上富1区、2区、3区の住民を対象としたアンケートを実施してほしいこと、2点目には、くぬぎ山再生で三芳町は10.2ヘクタールの面積は加わっていますけれども、平地林が60%以下であっても、県や市が、また住民が、このくぬぎ山を平地林を守っていこうという力を注いでいることはご存じだと思います。当町におきましても、今までどおり参加をしながら、この平地林の育成に今後も力を注いでいただきたいと要望し、修正案に賛成討論といたします。



○議長(板垣清君) 次に、原案に賛成の討論をお受けいたします。

  9番議員、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 平成17年度三芳町一般会計に対しまして、21クラブを代表して、原案に賛成の立場から討論を行います。

  我が国の経済情勢は、ようやく明るい兆しが見えてきており、大企業を中心に業績の回復が見え始めたと言われていますが、いまだ中小企業を取り巻く環境は厳しく、景気の回復を実感できるまでには至っておりません。また、地方分権改革の大きな柱である三位一体の改革は、国庫補助負担の廃止や削減、地方交付税の縮減をして地方への財源移譲等を実施し、これにより地方自治体の財政状況は大きく変わろうとしている現状であります。三芳町としても、必要な施策を推進し、国の動向、景気動向を注意深く見守りながら、簡素にして効率的な行政の実現、定員の管理、給与水準等の適正化の一層の推進と行財政改革をより積極的に推進していくことが必要となってきております。

  このような状況の中で編成されました平成17年度三芳町一般会計当初予算は、総額112億2,290万円で、前年に比べ9億4,900万円の増額予算となっております。これは、体育館建設、清掃工場解体及びストックヤード施設整備事業、児童手当支給事業等が影響しているものと思われます。まず、歳入の内容についてみますと、主要財源である町税は、法人の伸び等もあり、対前年度比3%の増となっております。一般財源比率は78%とし、高い水準を維持しております。しかしながら、経済情勢の動向は、町税を初めとする一般財源に影響を与えるので、今後の動向を注意深く見ていく必要があります。

  次に、歳出でありますが、政策別事業一覧の内容を見ましてもわかるとおり、体育館建設、小学校の大規模改修工事、清掃工場の解体整備、児童手当事業の拡大、各種福祉、保健、医療の充実、道路、土地区画整理事業等の、町民の意思を反映した、住民サービス向上に向けた住民主導型の内容となっております。これは、限られた予算を効率的に配分した当局側の努力として感じられます。今後は、国の動向、経済情勢の動向を注視するのは無論のこと、経常経費、特に公債費、扶助費等の増加を注意しながら、住民の多様化するニーズに対応するため、情報、少子高齢化、保健、福祉、医療、環境対応など新たな発展基盤の整備充実を要望し、かつ本年は第4次総合振興計画の策定年であります。単独自治体としての歩みを決めた本町としては、一日も早く単独姿勢がしけるような長期計画を明確にした中で、町民が夢を持てる町づくりの遂行を期待し、21クラブの賛成討論といたします。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  さきに光下重之君ほか2名により提出された修正案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立少数〕



○議長(板垣清君) 起立少数であります。

  よって、本修正案は否決されました。

  続いて採決を行います。

  議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立多数〕



○議長(板垣清君) 起立多数であります。

  よって、議案第24号は原案のとおり可決されました。

  審議の途中ですが、休憩します。

                                      (午前11時13分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午前11時30分)

                                              



△議案第25号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計予算



○議長(板垣清君) 日程第2、議案第25号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計予算を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 2点お伺いしたいと思いますが、まず最初に、老人保健拠出金の今後の動向についてお伺いしたいと思います。

  ことしは3.44%の減ということで、初めて減額予算が組まれております。それで、14年の10月に老人保健法が改正されまして、年齢の引き上げと国の負担率のアップがあったわけです。老人保健は、これから75歳からということで、70歳から74歳までを段階的に5年間で引き上げていくと同時に、国の負担を30%から50%に、5年間で4%ずつ、5年間で20%を引き上げるということが決まりました。それが、今度の制度改正が、今度の負担減のところに波及をしているのかどうかということをまずお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) 老人保健の拠出金でございますが、確かに前年度よりも減ってございます。これは、制度改正でご質問のとおり、年齢が75歳まで引き上げられるということで、その分が一般被保険者分になっているためで、一般被保険者分ふえていますが、老人保健の医療費全体の費用額は減っているということでございます。ですから、対象者が14年の10月1日以降ふえていないということでございますので、当然拠出金も減ってくるということでご理解いただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 一方の国の負担率が5年間で20%上がるわけなのですけれども、今後4%ずつでしたら余り波及効果はないと思うのですが、20%になった、20%に引き上げられた、19年になりますか、のとき時点あたりではかなり波及効果というのがあるのでしょうか。老人保健の拠出金は今後減っていくという見通しがあるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) それは、老人保健法の方の対象の事業ではなかろうかという気がするのですが、国民健康保険の方の拠出金の関係ですと、その制度が14年の10月から負担率が70%あったわけですが、それが5年間で4%ずつ減っているということで、参考資料を見ていただければわかりますけれども、4%ずつ減って、10月から減っておると思いますので、その関係については拠出金の方は減ってくるということでございまして、国保特別会計の方につきましては、今回国庫負担率、保険者負担の40%ということが、今年度は36%ということで4%ほど減っております。それで、来年は34%ということでございますので、その分は三位一体の改革の中で決まっておりまして、県に財源移譲がいきまして、不足する分は県から入金されるということでございますので、ご質問の関係は、老人保健の方の拠出金の関係ではなかろうかと思いますけれども。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) では、ちょっと詳しいことはまた後で教えていただきます。

  もう一点なのですが、国庫支出金のところですけれども、明細書を見てみますと、今課長が言ったように全体的には100分の36来るということなのですが、その中で2番の地方単独事業による波及医療費ということで、この部分が引かれることになっております。これは、三芳町が単独で行っている事業によって、要するに町民にいい事業をやって、それで医療費が上がった分は引きますよということなのだと思います。この事業、国保にかかわる三芳町単独事業というのは何と何と何が入りますでしょうか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) お答えします。

  老人が、まだ段階的にマル特ですか、残っております。この関係と、あと乳幼児の一部負担の軽減、それとあと、ひとり親の家族の方の軽減を図っております。それとあと、重度心身障害者の一部負担の軽減と、この4点でございまして、通常でしたらそのままその費用額が使えるのですが、費用額ですね、保険者負担が使えるわけなのですが、たまたま老人については、1としますと91.53%になるということで、約8.47%ですか、落ちるということです。それだけ余計にかかる、国から見ると余計にかかる割合があろうかということで減額でございます。あと、乳幼児につきましては0.8427ですから、これは15%強かかるということで、あとひとり親については0.879ということでございます。それとあと、重度心身が0.8427ということでございまして、その不足分がこちらの地方単独事業による波及分の減ということで、国から補助金が来ないということでご理解いただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) そうしますと、昨年は2,418万8,000円来ていたのですが、ことしは2,224万6,000円程度になるだろうという予想をしておりますけれども、これが老人の制度をなくした分というふうに理解してよろしいでしょうか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) お答えします。

  この減額を、なくなってくれば、逆にこの数字が少なくなってございますので、実際にはふえているということでご理解していただきたいと思います。あくまでこれは、なかなか予測ができませんので、これは平成16年度の実績をもとと、ちょっともとにそのままのストレートな数字を使っております。ですから、昨年度と比較すると、昨年度は15年度の実績を使ったということでございますので、それを考えるとふえているということでご理解していただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) ちょっと意味がわからないのですが、制度をやって医療費が高くなる、その分は引きますよというペナルティーの部分ですよね。老人医療の制度が、65歳からの制度がなくなりますので、この波及分というのは少なくなっていくのではないかなというふうに思いますが、それでことし、去年よりも2,000万ほど少なくなっているのはそのせいではないかというふうに思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) ご質問のとおりでございます。ちょっと私、勘違いしていましたが、確かにそのとおりでございます。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 10ページでお尋ねいたします。保険給付費なのですけれども、平成15年度決算では保険給付費支出済額が16億6,464万7,641円で、この前年度予算額では約17億、それから本年度予算額では18億6,400万ということで、この辺の毎年増加する要因、これは先ほど課長が言われました老人保健の拠出金の関係ももちろんありますけれども、それでもこれだけの額が増となる、その辺についてお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) 保険給付費でございますので、あくまでも本来の療養諸費ということで理解していただければと思いますけれども、加入者もかなり増加してございます。それと、あと医療費自体もかなり高くなってきているということで、両方をかけ合わせますので、かなり上がってくるというのが傾向でございます。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) その辺の医療費の増についても、なぜふえるのかということを今後お互いに追求していかなければいけないと思うのですけれども、この資料をいただきました予算額の61.1%という構成割合ですけれども、その辺については担当、当局としてはどのように考えておられますか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) 構成比でございますか。構成比につきましては、ほとんど割合的に、医療費の方が伸びが非常に、1億単位で伸びますので、全体割合からすると非常に上がってくるのだと思います。一般管理費等の事務費等はほとんど同じでございますので。あと、老健の拠出金が今後減少傾向になろうかなという気がしますので、ますます構成比割合は上がってくるかなということに考えております。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 近隣との状況に対しては、どのように把握していらっしゃいますか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) 国民健康保険は、ほぼ、これは給付割合が全国統一でございますので、ほぼ似たような数字と、特殊なことをやらない限りは同じでございますので、財政的な力というか、あと影響するのは、繰入金が多いか少ないかで影響するわけでございますので、予算規模は。ですから、その割合から、構成割合からしてみればほぼ同じに推移していると、埼玉県のこの近隣地域は、そのように考えております。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 22ページに報償費として、健康優良家庭記念品代ということで、平成15年度決算では174世帯ですけれども、今年度ではどのくらいの世帯を見込んでおられますか。



○議長(板垣清君) 町民課長。



◎町民課長(田中喜一君) お答えします。

  健康優良家庭ということで、あくまでかなり難しい問題でございまして、実際には昨年度よりもその金額で、金額が5,000円と1万円という割合でございますので、5,000円が多くなるか、1万円が多くなるかということでございますので、今年度を見まして、なるべく伸びていただきたいということで130万にしたということでございます。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  議案第25号 平成17年度三芳町国民健康保険特別会計予算について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、議案第25号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第26号 平成17年度三芳町老人保健特別会計予算



○議長(板垣清君) 日程第3、議案第26号 平成17年度三芳町老人保健特別会計予算を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑なしと認めます。質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  議案第26号 平成17年度三芳町老人保健特別会計予算について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第27号 平成17年度三芳町介護保険特別会計予算



○議長(板垣清君) 日程第4、議案第27号 平成17年度三芳町介護保険特別会計予算を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) まず、在宅と居宅のサービス費についてお伺いしたいと思いますけれども、在宅サービスの方、実行給付率ということで90%を見込んでおります。そして、施設サービスの方は88.7%ということで実行給付率を見ているのですが、この根拠、お伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えいたします。

  在宅につきましては、大半の方が字のごとく家庭で介護されるということで、かなりの大勢の方がおるということで、それらの給付ということで。やはり、施設につきましては、それ以上悪化になった場合につきましては施設ということで、それらの率が使われているというふうに認識しております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 具体的に、三事業と言われておりますホームヘルパー事業、デイサービス事業、ショートステイ、ここを見てみますと、15年の決算では、訪問介護で15年の実績は63%です。デイサービス、通所介護については80%、ショートステイについては57%です。なぜ、全体的には87%ぐらいなのですが、それを押し上げているのは一番最後の在宅介護支援、これがかなり、300%ぐらい何か押し上げている数字がそこなのです。それで、15年度ですので、これが実績なのですが、16年度どのような状況かあれなのですけれども、見たいのは、本当に介護サービス、デイサービスが、ショートステイが57%ということで、かなり利用者の皆さんに聞くと、ショートステイを頼みたくてもなかなか施設が足りないという、待っているという状況、大分ふえていますけれども、なかなか利用ができないという話を聞きます。そういう意味で、訪問介護にしてもショートステイにしてもデイサービスにしても、その基盤整備は本当に大丈夫かということを聞きたいのですが、その辺の基盤整備についてはどういうふうにお考えになっていますでしょうか。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えいたします。

  議員さんもご存じのとおり、介護保険につきましては、5年先を見て3カ年の実施計画をつくるわけでございますけれども、それらの計画がすべて予算に反映されているというふうなことでございます。また、基盤につきましても、これは施設が多くつくればつくるほど、介護保険の保険給付あるいはレートは膨らんでいきます。これは反比例するわけでございます。ですから、今の時点の施設はどうかということになりますと、第2期事業計画よりも実際に利用されている方の方が下回っているということでございまして、また第3期計画につきましては、当初から申し上げましたとおり、10年先を見据えての3カ年実施計画ということで、また17年度はそれらの時期でございますので、やはり18年度以降につきましては、またそれらの施設等につきましても移動は多少あるものと考えております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) また動向を見たいと思いますが、施設の方なのですが、その実行給付率を88.7%にしているわけなのですが、実際には特養とか老健なども67%台ですね、利用されている、15年度、これも状況なのですが、それで、介護療養型の医療施設、病院、ここがいつも全額入れているわけなのですが、実際には17%ぐらいの今利用です、介護保険として利用をしているのは。それを、いくだろうということでいつも介護保険の中に入れているのですが、この辺の最近の見通しといいますか、その辺はいかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えいたします。

  当町にも、療養型施設に転換できる医療施設が2カ所あるわけでございます。1カ所は250床、1カ所は92床ということで、かなり大きな床をもっているわけでございますけれども、やはりこれは、行政があくまでも計画するわけですけれども、その実施に当たってはやはり医療機関でございます。やはり医療機関も、その収益を考えての、まだ手は挙げられない部分もあろうかと思いますが、今後はやはり、そういった面もやはり医療機関としては転換できる方向で考えている施設もあるように聞いております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 今なぜそういうことを聞くのかというと、結局、このサービス料が全部保険料にはね返ってきますので、今、これから18年度からの保険料の算定なんかもするのだろうと思いますが、そういう動向も含めてぜひ見直していただきたいというふうに思います。

  もう一つなのですが、在宅サービスの給付費のうち住宅改修費なのですけれども、これがことしは113件ということで計上されております。済みません、違います。住宅改修の予算なのですが、20万円とすると大体113件ぐらいの予定をしていると思いますが、実際には介護保険でこれだけの件数を毎年出しているのでしょうか。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えいたします。

  やはり、住宅改修につきましても、その方々から申請があれば、それの9割相当はこの介護保険の方から支出をしているということでございます。今まで、予算がないから、申請に対しての支出を拒んだ例はございません。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 実際に、16年度でどのくらいの方が利用していますか。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) そこまでのちょっと細かい資料をきょう持ってきておりませんので、後ほど回答させていただきたいと思っております。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 保険給付費準備基金積立金、これの累計額についてお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えします。

  5,120万というふうに見ております。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) 先ほどの住宅改修の件でございますけれども、12月末現在で43件ということでございます。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) もう一度お尋ねいたします。

  この基金の方には、今現在の、平成12年度から始まって、1億5,000万基金にあったときもありますけれども、それから料金を改正する周辺では2億円のときもありました。現在額は5,120万ということでありますけれども、もう一度確認させていただきます。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えいたします。

  これは、取り崩し予定金額ということで、15年度が1,597万6,000円、それから16年度が1,700万、それから17年度は1,800万ということで、5,120万というふうに考えております。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑なしと認めます。質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  議案第27号 平成17年度三芳町介護保険特別会計予算について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。

  審議の途中ですが、休憩します。

                                      (午前11時55分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午後 1時09分)

                                              



△発言の訂正



○議長(板垣清君) 議案第27号 平成17年度三芳町介護保険特別会計予算についての課長答弁について、再答弁がありますので、それを許可いたします。

  健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) 申しわけございませんでした。

  吉村議員さんからのご質問に対しまして、私が申し上げましたのは取り崩し額の予定額でございまして、介護保険の基金でございますけれども、17年の2月14日現在、1億7,187万1,001円の保有でございます。失礼しました。

                                              



△議案第28号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計予算



○議長(板垣清君) 日程第5、議案第28号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計予算を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 16ページの総務管理費のところなのですけれども、高圧洗浄及びテレビ調査委託料462万円ということで、前年度25%程度のプラスアルファになっているわけですけれども、補正予算のところでもありましたが、雨が多くなると不明水の問題が、少しという話ではなくて、かなりな影響額になってはね返ってきているというのがありました。それで、このテレビ調査による調査なのですけれども、これはそういう不明水が流入しているだろうというふうに想像されるところを集中してやる予定なのかどうか、その点、目的といいますか、焦点、そこはどうなのかということについて説明を願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 今ご質問ありましたように、昨年の10月、雨がかなり多かったということで、不明水の多かったということで補正をお願いしたわけですけれども、17年度予算におきましては、このテレビ調査につきましては、やはり水位の、地下水の高いところ、想定されます俣埜地域とか、それらを実施する予定でおります。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) それから、17ページの一番下の部分、特定環境保全公共下水道のところですけれども、実施設計の委託料が、見てみますと相当大きな金額になっているわけなのですが、一方で工事請負費、単独事業としては前年の半分程度に縮小しているのだけれども、この実施設計が大幅なふえ方をしているというのは、これはどういう因果関係なのでしょうか。



○議長(板垣清君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 委託料の増でございますけれども、これにつきましては、幹線3号線と幹線4号線、推進工事を予定しておりますので、この2本が主な増の理由でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 再質問ですけれども、いまいちわからないのですが、推進工法と実施設計、いわゆる工事の難易度という問題だったらわかりますけれども、そうではないでしょう。実施設計が570万円ほど増額をしているわけですけれども、単独事業の部分としては減少しているのです。設計額にそんなに影響がありますか。



○議長(板垣清君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) この推進工法は特殊ということで、去年は1本を計上させていただいたのですけれども、幹線4号線を推進工事をやったということで、その続きを幹線4号線と、あと幹線3号線の推進工事の設計委託をするものでございます。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  議案第28号 平成17年度三芳町下水道事業特別会計予算について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第29号 平成17年度三芳町水道事業会計予算



○議長(板垣清君) 日程第6、議案第29号 平成17年度三芳町水道事業会計予算を議題とし、質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  10番議員、秋坂豊君。



◆10番(秋坂豊君) 加入金と県の受水費につきまして質問させていただきたいと思います。

  この資料の方ですが、予算資料の方、こちらの方の8ページでございまして、初めに、加入金3,900万、3,737万5,000円で大幅な増になっておりますけれども、まずこれについて伺っておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) お答えします。

  加入金の増につきましては、議員さんもご存じのとおり、時事通信社の運動公園跡、また東京証券グラウンドの公園跡の住宅の社会的増という形で、今年度も計画的に加入金の増とさせていただきました。また、昨年のところ、16年度につきましても順調にその伸びが入っております。それを含めて、一応今回の計画で一応計上させていただきました。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 10番議員、秋坂豊君。



◆10番(秋坂豊君) そこで、この加入金の欄が13ミリから40ミリまで出ております。それで、その下に、13ミリから20ミリに切りかえたときに5倍ということなのです。今、13ミリは一般の家庭には最近は入れていないような気がするのですけれども、やはりこれは、13ミリというものは今後も継続していくということなのでしょうか、これ。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) 特に13ミリにつきましては、今回の新規加入という形で13ミリも計上させてありますけれども、これにつきましてはワンルーム、特にワンルームマンション等の加入金でございます。また、13ミリから20ミリ、当初は13ミリでかなり使用水量も十分でしたけれども、最近の文化生活に伴いまして、出が悪いということもありますので、一応13ミリから20ミリに切りかえる方もおりますので、そういうような意味で計上させていただきました。



○議長(板垣清君) 10番議員、秋坂豊君。



◆10番(秋坂豊君) そこで、最近、3階建てが非常に多くなってきておるわけなのですけれども、この3回に上げるポンプを置かなくても、3階までだったら、その水圧で上がるというふうに聞いているのですが、その辺のところの状況についてはいかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) 確かに、3階建てでも圧力的には上がるのですけれども、そのところに湯沸かし器、そういうものがつきますと、圧力の変動等によって消えることも、安定圧力が、ちょっと変動がありますので、そういう意味で、3階は受水槽、また高架水槽をお願いしているのが現状でございます。特に3階等で1本だけで、別に手洗いとか、その程度でしたら許可することもございます。



○議長(板垣清君) 10番議員、秋坂豊君。



◆10番(秋坂豊君) 次に、20ページのところでございまして、受水費が、これが変化をしているわけでありますけれども、まずこれについて伺っておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) 受水費でございますけれども、これは県水の受水でございます。昨年度は15年度より大幅に削減したのですけれども、今年度、特に28ページの浄水場整備費の中で、浄水場着水井防水工事でございます。そこのところには、現在5本の井戸がございますけれども、このところで全部集約して、浄水にして送っておりますけれども、この着水井が昭和43年当時、もう30年以上も経過しておりますので、昨年度調査した結果、かなり防水的に傷んでおりますので、一時的に県水、全面的に3カ月程度、工事期間中、県水を増水いたしますので、その期間の水量がオーバー分になってございます。



○議長(板垣清君) 10番議員、秋坂豊君。



◆10番(秋坂豊君) そこで、さる新聞を見ておりましたら、県の方では県水を買っていただくようにと、こういうことを言っているわけでありますが、我が町では、先ほどもお話の中にありましたけれども、5本の水道があるのですけれども、その辺のところにつきましては従来どおりでいくのか。それから、近隣に比べて料金も安いようでありますけれども、その辺のところにつきましてもどのように考えているのか伺っておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) 現在、今県水と地下水との割合が、県水が70%ということでございますけれども、この近辺では一番少ない量ではないかと考えております。また、新聞等で県水の増量等で出てございますけれども、現在県水の料金につきましては、今のところ県からの資料もございませんので、ただ、広域第1水道、第2水道、またそのほかの他の広域水道ということですけれども、県全体の住民から見ると格差があるのはちょっと不都合だという形で、県の方では、現在の段階では三芳町も第1、第2水道の方に加入しておりますけれども、三芳町の、三芳町というか、県水の値上げが今のところは報告もありませんので、現状でいけると思います。また、水量的にも、現段階では昨年度、また今年度も同じように16年度から下げておりますので、それを継続していければと考えてございます。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 新井課長には、もうあと少しで定年退職ということで、もう私も、これ新井課長に対しては最後の質問かと思いますけれども、二、三点ちょっとお伺いさせていただきたいと思います。

  今秋坂議員さんの方から質問があった、私も加入金についての関連でちょっと質問させていただきたいのですけれども、今現在、町の水道課、いろいろと協力していただいた中で、殖産住宅の簡易水道が公営水道に切りかえということで、住民も、また役員さんも一生懸命努力して、その方向に向かっているわけですけれども、今現在、既にことしではなくて、この問題が起きる数年前から町営水道を引いていらっしゃる方も10名近く、10世帯近くあるわけですけれども、ここへ来て、加入金を町当局の方にお納めしているのがあるのですが、世帯数で何世帯ぐらいの加入金が納入されたものかどうか、それをまずお聞きしたいと思います。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) 今議員さんのお話ですと、松風台の殖産住宅かと思いますけれども、現段階では九十七、八軒、ちょっと細かい数字はわかりませんけれども、100軒弱の方が加入金というか、水道に切りかえるという話を申請が来てございます。まだ工事までは、今盛んに工事を進めているところでございます。また、実績には140軒前後の方が申請してございますけれども、この前の啓蒙の中で、新年度から舗装を今計画しておりますので、その後の取り出しですとまた小間切れになりますので、取り出し等の希望の方はお早目にという話で啓発活動は進めてございます。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 今九十七、八軒ということで、既に引いている方が10世帯近くありますので、百何軒かと思います。

  それで、私の把握しているところでは、あと20軒ぐらいは接続の届け出が今月じゅうに入っていくかと思いますけれども、それで、今課長の方から答弁いただいたのですが、三、四十世帯の方が宅地内までの引き込みということで、これは加入金が必要ないわけですけれども、そこで一つ問題点は、ちょっとお聞きしたいのですが、私もよく相談させていただいていますので、ご存じかと思いますけれども、殖産住宅の水道そのものが、2月1日に県の水道局、また所沢保健所の方から亜硝酸窒素、また硝酸窒素の、水質基準をオーバーしているということで、ちなみに亜硝酸窒素、硝酸窒素が、10が基準値なのですが、最高基準なのですが、10を超して10.4とか10.6とか、過去4回、保健所の水質検査で不適合という状態があったわけです。それで、ちなみに町の亜硝酸窒素の数値は1.15、約9倍ぐらいの数値が出ているわけですが、それで、2月1日、保健所、また県の方の立入検査を受けたわけですが、そこでもっていろいろ改善策、また指導も受けているわけですけれども、そこで、私も所沢保健所の、また県の方ともお会いしたのですけれども、法律はあるのですけれども、飲んではいけないというペナルティーはないということで、どんな泥水でも飲んでもらって結構ですよというような感じの応答をしてくれるのですが、ただ、法律をつくって基準値を設けて、また水質検査も受けなければいけないと義務化もあるわけですけれども、それによって、かといって、飲むか飲まないかは住民の方の常識の問題だということで、ペナルティー、そういったものがないわけです。勧告はあるのですけれども。

  そういった場合に、何かちょっと私も矛盾しているような感じがするのですけれども、その点については、これは、というのは、私もやはりそういった危険な水を住民の皆さんに飲んでもらいたくないということで、できるだけ町の水道に切りかえていただきたいということで勧めているわけですけれども、10を超しても大丈夫だというような、保健所または県の水道課の法律を無視した発言も、発言というか、方もいらっしゃるので、できれば町の方でそういった体制の文書か何かでやはり、もう悪いことは悪いとわかっているわけですから、そういったことで何かご指導いただける方策はないかなと思うのですけれども、それについては法的な問題も絡めていかがでしょうかと思います。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) 実際には、三芳町の水道も県、また広域水道になりますと厚生省になりますけれども、殖産住宅につきましては専用水道、これは県の指導という形になろうかと思います。だから、一切うちの方にも書類は経由してございませんので、ただ、うちの方でこれは飲まないようにとか、そういうことはちょっと言えません。ということはどうしてかというと、県の指導をしているのと、またうちの方で助言した場合に、県との指導助言とうちの方の言葉が違ってくると、今度はうちの方の責任範囲という形にもなりますので、あくまでも県の指導を、この前も役員さんの方が見えたので、県の指導を受けていただきたい、うちの方で、逆に三芳の水道も県の検査を受けての給水しておりますので、そういう面では、先ほど議員さんが言ったように、川の水を飲んではだめだとか、またこの水を飲まなくてはだめだとかという、町では言えませんので、ただ、全区域に水道管、本管が入りましたので、給水を取り出しすることはできますという啓発活動はこれからも進めていきたいと思います。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 私の方も、やはり町の水道に切りかえた方が健康にもいいということをわかっている中で、これからもいろいろと住民の方にお話はしていきますけれども、残された三、四軒の方が宅地内までの接続ということで、町の加入金にも影響もしてきますし、町の方としてもやはりつないでいただいた方がいいかと思います。そのような状態の中で、30世帯、40世帯がまだ宅地内までだけの引き込み、これは舗装関係の、舗装問題と絡みがあるわけですけれども、ここで課長が定年で、長い間の奉職、本当にご苦労さまですけれども、次の担当課長さんの方に、あと30軒、40軒の未接続の住宅の方に、徹底して早い時期につなげるように、ひとつ引き継ぎをきちんとしておいていただきたいな、このように私の方からお願いして、長い間本当にご苦労さまでしたけれども、これからいろいろ、定年退職になって生活リズムも変わると思います。どうぞお体ご留意くださいませ。

  以上です。どうも。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 1点お伺いいたします。

  13ページの貸借対照表、これは予定の資産の部で現金及び預金は5億1,143万6,000円で、そして平成18年の3月31日の、16ページですけれども、予定貸借対照表では現金及び預金が5億9,809万6,676円でありますけれども、私は、この現金及び預金が今後このようにふえていくならば、企業債をもう借りる、ふえている段階では企業債を起こす必要はないと思いますけれども、その時々の状況もありますけれども、その辺、今回企業債を起こしたところと、それからこれは政府資金と思われますけれども、その辺と、それから国の方からこの企業債を起こすような、そういう通達が来ているのかどうか、その3点についてお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 水道課長。



◎水道課長(新井義幸君) お答えいたします。

  1ページのところを見ていただきたいと思います。資本的収入及び支出というところで、資本的収入が2億2,138万6,000円、次のページの支出のところで3億5,086万6,000円でございます。実質的には、資本的収支につきましてはマイナスが現状でございます。そういう中で、では企業債を借り入れないでということになりますと、このところで一気にマイナスになりますので、ただ、実質的には確かに今年度、水道事業がこのままじり貧で終わってしまうのでしたら、このままきれいに使ってしまっても結構なのですけれども、実質的には、これから継続していくためにはある程度の金額がないと、突発事項等もございますので、それをすぐに、いろんな事故等もございますので、そういう面では、一応ある程度は内部留保資金として確保しておかなければなりませんので、一応計画的な予算で計上させていただきました。

  なお、企業債ですけれども、県、国からの要請はございません。あくまでも町の計画要請で対応してございます。



○議長(板垣清君) 質疑なしと認めます。質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  議案第29号 平成17年度三芳町水道事業会計予算について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

                                              



△意見書第1号 日本郵政公社の現行経営形態の維持を求める意見書について



○議長(板垣清君) 日程第7、意見書第1号 日本郵政公社の現行経営形態の維持を求める意見書についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  古寺貞之君。

          〔2番 古寺貞之君登壇〕



◎2番(古寺貞之君) 日本郵政公社の現行経営形態の維持を求める意見書について、提案理由だけを説明させていただきます。

  日本郵政公社においては、公共的、社会的役割を果たすために、より一層の効率的経営と国民ニーズに合ったサービスを提供するものとともに、政府においての今後も現行の経営形態を維持するよう提案するものであります。

  よろしくお願いをいたします。



○議長(板垣清君) 質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑なしと認めます。質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  意見書第1号 日本郵政公社の現行経営形態の維持を求める意見書について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、意見書第1号は原案のとおり可決されました。

                                              



△意見書第2号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書について



○議長(板垣清君) 日程第8、意見書第2号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  内藤美佐子さん。

          〔5番 内藤美佐子君登壇〕



◎5番(内藤美佐子君) 意見書第2号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書について、提案の理由を述べさせていただきます。

  昨年12月に発達障害者支援法が制定され、本年4月から施行されます。施行に当たり、実施機関の市町村の対応は緊急の課題であります。きめ細かな発達障害者支援を実施するための国、県、市町村のネットワークづくりを求めるために、6項目について要望をし、提案をしております。

  議員の皆様のご賛同、よろしくお願いいたします。



○議長(板垣清君) 質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑なしと認めます。質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  意見書第2号 発達障害児(者)に対する支援促進を求める意見書について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○議長(板垣清君) 起立総員であります。

  よって、意見書第2号は原案のとおり可決されました。

                                              



△意見書第3号 「障害者自立支援給付法案」の撤回を求める意見書について



○議長(板垣清君) 日程第9、意見書第3号 「障害者自立支援給付法案」の撤回を求める意見書についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  杉本しげさん。

          〔7番 杉本しげ君登壇〕



◎7番(杉本しげ君) 意見書第3号 「障害者自立支援給付法案」の撤回を求める意見書案について説明をいたします。

  今の国会に、身体、知的、精神に対する障害者の福祉制度の一元化を掲げてこの法案が出てきているわけですけれども、今一番心配されていることが、障害者の皆さんが福祉サービスを利用する際に1割負担を求める、このことが盛り込んであることで今心配されております。今までは、5年前に支援費制度が導入されましたけれども、そのときは負担は所得に応じたということで応能負担でした。今度は1割負担を求めていくということで、使えば使うほど負担が重くなる応益負担になったわけです。

  私は、一体こういうことが障害者の皆さんにどういう事態が起こるかということを説明したいと思うのですが、今ホームヘルプサービスですと、大体、非課税の方はもちろん無料ですが、95%の方が今サービス料は無料だそうです。この方が1カ月4,000円の負担になります。通所施設の場合ですと、ここも大体95%の人が無料でしたが、1万9,000円に、これは3年間の経過措置ですので、食事と一部負担が入ってくるということです。それから、入所施設の場合、18歳未満ですと、今1万1,000円の方が最終的には6万1,000円になるということです。3年間は経過措置で3万円ということです。今、大人の方は、大人の入所施設では、3万5,000円の方が同じく6万1,000円ということになるそうです。これは、各事業ごとの厚生省のモデル、厚労省のモデル案でそう言っております。

  それと同時に、この法案の中にもう一つ心配なことが含まれているのが、治療をしないと生きられないという更生医療の部分です。そこも定率負担を導入していくということが盛り込まれています。心臓病とか腎臓病で透析をされている方、あるいは統合失調症の方、もう薬がないと、あるいは薬がないと生きていけないという方、そういう方が一体どうなるかというと、ここにちょっと一つ例がありますので、第2動脈……



○議長(板垣清君) 提出者、時間なのですけれども。



◎7番(杉本しげ君) 何か、心臓病の手術をした方が、62から入院をして、今、今ではなくて、920万かかったそうです。この方は今公費負担ですので、3万8,000円でいいのですが、この方が1割負担になりますと、そこに食事費も加わって、30万4,000円と8倍にふえるということです。今……



○議長(板垣清君) 提出者、その辺で切ってください。



◎7番(杉本しげ君) 障害者の年金もどんどん減らされておりますので、生活保護よりも低い年金ですので、本当に大変になると思います。ぜひ議員の皆さんに理解していただいて、賛同いただけますようよろしくお願いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 障害者自立支援給付法案とありますが、閣議決定されたのは障害者自立支援法ということで、これは法律の名前が違っておりますが、いかがですか。



○議長(板垣清君) 提出者。



◎7番(杉本しげ君) 今、10月10日に出されたのがこれです。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 2月の時点で閣議決定され、2月10日に国会に提出されておりますけれども。障害者自立支援法案というのが、2月10日に国会に提出されております。



○議長(板垣清君) 提出者、杉本しげさん。



◎7番(杉本しげ君) 私たちも、これは厚生省の資料ですので、間違いないと思いますが、間違いないと思います。新聞報道でもありますし、厚生省の資料でもありますので。厚生省の方で、改革のグランドデザイン案というふうになっておりますけれども。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  意見書第3号 「障害者自立支援給付法案」の撤回を求める意見書について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立少数〕



○議長(板垣清君) 起立少数であります。

  よって、意見書第3号は否決されました。

                                              



△意見書第4号 消費税増税計画の撤回を求める意見書について



○議長(板垣清君) 日程第10、意見書第4号 消費税増税計画の撤回を求める意見書についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  吉村美津子さん。

          〔6番 吉村美津子君登壇〕



◎6番(吉村美津子君) 消費税増税計画の撤回を求める意見書について提案理由を述べます。

  平成元年に消費税が導入され、そして平成9年には3%から5%に引き上げられたわけですけれども、皆さんもご存じのように、福祉は後退するばかりで生活は苦しくなり、そして5%になってから景気は低迷をし続けています。これをまた10%などに引き上げれば、ますます景気は低迷してしまいます。また、消費税というのは、弱い人ほど負担の大きい税金となっております。こういった消費税を増税をしていくのではなくて、大企業や大資産家の恒久減税、法人最高税率が34.5%から30%に引き下げられましたので、これをもとに戻すとか、大資産家の方の37%の法人、個人所得税を、それを50%に戻す、こういったことが行われれば弱い人に負担をかけなくて済みますので、そういった立場から、消費税増税は景気をますます冷え込ませてしまうので、認めるわけにはいきません。どうか皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(板垣清君) 質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 質疑を終了いたします。

  討論を行います。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 討論を終了いたします。

  採決を行います。

  意見書第4号 消費税増税計画の撤回を求める意見書について、原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立少数〕



○議長(板垣清君) 起立少数であります。

  よって、意見書第4号は否決されました。

  お諮りいたします。ただいま意見書が議決されましたが、その字句等に整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 異議なしと認めます。

  よって、字句等の整理は議長に委任することに決定いたしました。

                                              



△閉会中の継続調査及び審査



○議長(板垣清君) 日程第11、閉会中の継続調査及び審査についてを議題といたします。

  本件につきましては、議会運営委員長より会議規則第75条の規定に基づき審査したいとの申し出がありました。審査内容は、お手元に配付した写しのとおりであります。

  お諮りいたします。議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の審査といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の審査とすることに決定いたしました。

  暫時休憩いたします。

                                      (午後 1時48分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午後 1時49分)

                                              



△町長あいさつ



○議長(板垣清君) 町長よりあいさつのため発言を求められております。これを許可いたします。

  町長。

          〔町長 林 孝次君登壇〕



◎町長(林孝次君) 平成17年第2回議会定例会の閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

  議員各位には、20日間にわたりまして、平成17年度の各会計予算を初め多くの案件につきましてご審議をいただきまして、いずれも原案どおりご可決、ご承認をいただきましたことに対しまして厚く御礼を申し上げます。ここに成立を見ました平成17年度予算を初め、ご審議をいただいた中での数々のご意見、ご指摘等につきましては、十分尊重し、検討いたしまして、町政運営に生かしてまいりたいと考えております。

  本年度は、3月31日をもって定年退職を迎える職員が10名おります。中でも、長年課長職として勤務されました池上議会事務局長、宮寺総務課長、それに新井水道課長の3名につきましては、特に議員の皆さんには大変お世話になりました。町長といたしまして厚く御礼を申し上げますとともに、長年公務に精励され、その職務を全うされました3人に対しまして、心から敬意を表する次第であります。また、森田秘書室長につきましては、ご同意をいただきましたので、議員の皆さんには4月より助役としてお世話になります。

  なお、定例の4月1日付人事異動につきましては、本日、議会終了後に内示を予定しておりますが、人事の刷新を図りながら、なお一層の住民サービスに努めてまいりますので、議員各位におかれましては、これまで以上のご指導とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  さて、季節は春を迎え、議員各位におかれましては、非常にお忙しい日々が続くことと存じますが、十分ご自愛なされまして、ますますご活躍されますようお祈りいたしております。

  以上申し上げまして、平成17年第2回議会定例会の閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

                                              



△助役選任のあいさつ



○議長(板垣清君) 引き続き、森田陽一郎君より助役選任に当たりあいさつを求められておりますので、これを許可いたします。

  森田陽一郎君。

          〔秘書室長 森田陽一郎君登壇〕



◎秘書室長(森田陽一郎君) 貴重なお時間をいただきまして感謝いたしております。

  このたびの助役の選任につきましては、ご同意を賜りましてまことにありがとうございました。今、その職務の重大さを痛感いたしております。もとより浅学非才の身ではございますけれども、町長の補佐役といたしまして、使命感に徹し、職務に専心してまいる所存でございますので、議員の皆さんにおかれましては、今まで以上のご指導、ご鞭撻よろしくお願いいたします。

  言葉に尽くせませんけれども、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(板垣清君) 以上をもって、本会議に付議されました案件はすべて終了いたしました。

  これをもって平成17年第2回三芳町議会定例会を閉会いたします。

  大変ご苦労さまでした。

                                      (午後 1時52分)