議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 三芳町

平成17年  3月 定例会(第2回) 03月17日−議案質疑−06号




平成17年  3月 定例会(第2回) − 03月17日−議案質疑−06号







平成17年  3月 定例会(第2回)





             平成17年第2回三芳町議会定例会

議 事 日 程 (第6号)

                        平成17年3月17日(木曜日)午前9時30分開議

日程第 1 議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算                    

出席議員(16名)
     1番   神  田  順  子  君      2番   古  寺  貞  之  君
     3番   加  茂  淳  子  君      5番   内  藤  美 佐 子  君
     6番   吉  村  美 津 子  君      7番   杉  本  し  げ  君
     8番   原     武  範  君      9番   高  橋  忠  一  君
    10番   秋  坂     豊  君     11番   鈴  木  周  一  君
    12番   横  田  英  明  君     13番   鈴  木  英  美  君
    14番   板  垣     清  君     15番   光  下  重  之  君
    16番   深  澤  勝  子  君     17番   久  保  俊  和  君

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  町   長   林     孝  次  君   収 入 役   高  橋     忠  君

  総務課長    宮  寺  奉  文  君   企画財政    吉  野  茂  夫  君
                          課  長

  秘書室長    森  田  陽 一 郎  君   管財課長    砂  川  悦  廣  君
  税務課長    鷹  野  信  治  君   町民課長    田  中  喜  一  君

  福祉児童    清  水  政  雄  君   健康課長    吉  野  義  之  君
  課  長

  環境衛生    石  畑  一  男  君   産業振興    宮  寺     勇  君
  課  長                    課  長

  都市計画    鈴  木  栄  治  君   土木下水道   荒  野     卓  君
  課  長                    課  長


  竹 間 沢   馬  場  信  一  君   文化会館長   関     文  雄  君
  出張所長

  会計課長    新  井  誠  一  君   教 育 長   池  上     仁  君

  教育委員会   島  崎  利  雄  君   教育委員会   武  政  淳  子  君
  教育次長                    総務課長
  兼学校教育
  課  長

  教育委員会   金  子     明  君   教育委員会   加  藤  宗  良  君
  生涯学習                    藤 久 保
  課 長 兼                   公民館長
  体育館建設
  準備室長

  産業振興    永  瀬  牧  夫  君
  課長補佐
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事務局長    池  上  浩  昭      事務局次長   馬  場  初  江
  事務局係長   大  川  源  治



                                              



△開議の宣告



○議長(板垣清君) ただいま出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

                                       (午前 9時30分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(板垣清君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                              



△議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算



○議長(板垣清君) 日程第1、議案第24号 平成17年度三芳町一般会計予算を議題とし、質疑を行います。

  質疑の順序について申し上げます。最初に、歳入全般についての質疑を行います。次に、歳出についてでありますが、款1議会費から順次款ごとにそれぞれ質疑を行いますが、款12から款13については一括して質疑を行います。なお、126ページから135ページについては、関係審議の中で質疑を行います。最後に総括質疑をお受けいたします。

  質疑に入る前に、あらかじめ申し上げます。質疑に当たりましては、ページ数を明示するとともに、既に予算資料が配付されておりますので、会議規則第54条の規定により、自己の意見を述べることのないよう簡明に願います。なお、執行部におきましても的確な答弁をし、議事進行が円滑にいくようご協力お願いいたします。

  最初に、歳入全般について、34ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 15ページの町税の個人についてお尋ねいたします。

  昨年と比較すると1,118万8,000円の増となっていますけれども、説明にもありましたけれども、この増の要因としては、配偶者特別控除の廃止が町民の個人負担となって6,800万、それから生計同一の妻が、年収100万円以上の方は均等割税率が2分の1で、1,500円ということで360万の増、これを合わせて負担増が7,160万になったわけでありますけれども、これから先ほどの差額を引いた中で、実際的には所得の方は減となると思うわけですけれども、その辺について、減収となっている所得割に、その辺についてまずお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  17年度増収になっている要因といいますのは、今議員さんからおっしゃられましたとおり、税制改正による増加分で辛うじて増になっているという状況でございます。

  それから、所得区分による伸びに関するご質問でございますが、給与所得につきましてはここ数年間マイナス傾向にございます。これは、農業所得におきましても同じような傾向にあります。平成16年度の決算見込みベースで見ましても、給与所得と農業所得についてはマイナス傾向で、辛うじて退職所得と譲渡所得が若干いい状況であり、16年度の当初予算を何とかクリアできるのかなという状況にあります。給与所得がマイナスとなっています原因としましては、一般企業におかれまして、正規職員をやめ、派遣社員ですとかパート対応ということで、給与そのもののベースが下がってきている状況でこういうような状況になっているのかと思われます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 12番議員、横田英明君。



◆12番(横田英明君) 1点だけお伺いをさせていただきます。

  教育費についてですけれども、25ページ、教育費国庫補助金ですか、この中で小学校費補助金25万円、中学校費補助金21万1,000円、このように計上されています。この状況に対しましては、特に要保護児童援助費補助金がほとんどないに等しいぐらいの少額になっています。教育次長の予算説明のときに、たしかこの状況は、三位一体改革の関係から、税源移譲等も含めて町で負担するようになるというような旨のご答弁をいただいたかと思うのですけれども、再確認をさせていただきますが、そうなりますと、要保護児童のこの3万円と1万5,000円、この計上された要因と、もう一回その詳しい状況をご答弁をいただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 教育次長。



◎教育委員会教育次長兼学校教育課長(島崎利雄君) 先日の予算の計上説明のときに説明させていただきましたけれども、国の三位一体に伴って、要保護家庭における就学援助については引き続き国庫補助があるということでございます。また、準要保護家庭においては援助が廃止されるということで、昨年度の金額よりも相当な割合で国庫補助が落ちております。例えば小学校を見ますと、昨年度は186万8,000円の要保護家庭の国庫補助があったわけですけれども、今年度は見込みとして3万円を計上させていただきました。これから17年度に向かって、どの程度の要保護家庭があるかなかなか読めない中で、また国庫補助があるか読めない中での3万円という計上で、これは4月以後の要保護の申し込み、また国の補助を見ながら対応していければということで考えております。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 12番議員、横田英明君。



◆12番(横田英明君) 要因的にはわかりましたけれども、そうしますと、この要保護児童援助ということは、私思うに、生活にお困りの家庭に対する援助だと思うのです。そうしますと、前年度より小学校費で183万8,000円ですか、の減、中学校費では約230万の減と、そういう形で、今後この辺の手当てをどのように教育委員会としてお考えになっているのか、その辺のスタンスをお聞かせください。



○議長(板垣清君) 教育次長。



◎教育委員会教育次長兼学校教育課長(島崎利雄君) 国庫補助が減るということで、これは三位一体ということでいたし方ない部分もあるかと思いますけれども、教育委員会として、生活苦ということで、弱者に対するこれからの対応をどうするかということでの質問に対しては、支出の部分になるかと思いますけれども、町当局の理解を得て、予算の支出の方で昨年度までと変わらない額を計上させていただきました。ですから、国庫補助については、大幅に補助金がなくなったということであったとしても、準要保護家庭についての援助は変わらないものと考えていきたいと思っております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 法人町民税の方ですが、詳しい資料をいただいておりますけれども、なおかつもう少し詳しくお願いしたいと思うのですけれども、個人を特定することはできないと思いますが、例えば調定額が1,000万円を超える法人、1号法人で製造業が2、印刷業が1、サービス業が1ということで、1号法人で4社あるのですけれども、製造業で2なのですが、その辺のもう少し、どういう部門の製造業なのか、印刷業はわかるのですけれども、サービスにしてもいろいろサービスあると思います、食品関係、機械関係、いろいろあると思いますが、どういう職種というか、どういう部門なのか、もう少し詳しくお願いしたいと思います。3号法人ぐらいまでわかればありがたいと思います。

  それから、前年度に比べて調定を増加させた法人、また減少させた法人についても、重なる部分もあるかと思いますが、3号法人ぐらいまで説明をしていただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) それでは、お答えいたします。

  先ほど事務局長より連絡がありましたとおり、皆さんの机の上に資料を配付させていただいた中に、平成16年度の法人税の状況という、3表が入ったA4判の紙が1枚あるかと思いますが、この中で、いわゆる法人調定額が1,000万を超える13法人の規模別、業種別がわかるような資料をお配りしてあります。これで見ていただけますと、大方、法人規模から業種を見ていただきますと、皆さんでそれぞれ企業の想定ができてしまうかと思いますが、特に1,000万円以上の調定を上げています業者の製造業につきましては、特に電子関係及び電気関係の器具の製造業の法人の企業景気が非常によろしいということでございます。それから、印刷業、この印刷業につきましても、IT関連に続く印刷ということでご理解していただきたいと思います。それから、サービス業につきましては、非常に内容が広い範囲を持っています会社でありまして、輸入代理業から試作品の製造請負等、それから運送関係にかかわるサービス業も含まれる企業でございます。3号法人で調定額1,000万を超える企業につきましては、化学関係の製造業でございます。

  それから、16年度法人税を非常に伸ばした企業ということでございますけれども、こちらにつきましても電気機械関連の製造業者が非常に好景気を示しております。それから、一部自動車販売業者、小売業になるかと思いますが、これはかなり限定された車種を売る自動車販売業ですが、こちらが非常に景気がよかったと。それから、調定額を逆に落としている法人につきましては、1号法人では出版関係の出版及び印刷にかかわる印刷業というふうにとらえていただければと思います。それから、石油精製に絡む製造業者も、平成16年度の調定状況は余りよくなかったと。法人規模で小さいところで調定を落としているところでは、プラスチックの製造業者は余りよくないという状況でした。

  以上です。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 28ページ、県支出金の中の5番のふるさと創造資金で、緊急市町村道安全対策事業補助金ということで、これが3分の1の事業費ということで計上されておりますが、説明の中に藤久保地域のグリーンベルトの工事費というふうな説明があったと思うのですけれども、この辺をもう少し詳しく説明をお願いできますでしょうか。



○議長(板垣清君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) お答えします。

  この関係につきましては、平成15年度、埼玉県が死亡事故が369人ということで全国2位ということで、このふるさと創造資金につきましては、16年度から20市町村、また17年度が20市町村ということで設定されております。それで、県の方では、緊急市町村道交通安全対策事業として、工事費1,000万円、補助3分の1を限度としてその補助金を出すということで、うちでは藤久保地域が設定されまして、それで、その中で警察あるいは県土整備事務所等来ていただきまして、現場診断を行いました。その中で、区画線とかカラー舗装とかグリーンベルトとか、そのような事業を実施するもので予定をしております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 場所はどこというのは、まだ決まっていないということでしょうか。

  それともう一点は、3分の1の事業費ということなので、3分の2は町が負担をするということでしょうか。



○議長(板垣清君) 土木下水道課長。



◎土木下水道課長(荒野卓君) 3分の1が補助来ますので、町では、交通安全対策費の工事請負費で1,000万円を限度として計上させていただいております。

  それと、この場所につきましては藤久保地域内ということで、どこというわけではないですけれども、範囲が広くやるものでございます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) よくわかりましたが、どこが工事というのはまだわからないということなので、それは結構です。

  もう一点、33ページの雑入の中の文化会館の事業の入場料なのですけれども、昨年度より188万3,000円の減ということで見込まれているということなのですけれども、これは自主事業が20事業ということで計画されていると思うのですけれども、この減の要因をひとつ聞かせていただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  今年度の実績をもちろんもとに試算したわけでございますが、全部で27事業を予定しているわけですけれども、内訳としましては、講演等につきましては20事業、それから7事業につきましてはワークショップですとか支援事業ということで、そういった入場料等がちょっと試算できないような部分もございます。そのようなこと、また今年度の実績をもとに試算しましてこのような金額になったものでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 入場料を減に見込むということは、それだけ入場料金が取れないということなのですけれども、私はここをふやしていく努力が必要ではないのかなというふうに常日ごろ思っているのですけれども、魅力ある、人がたくさん集まる事業をどうぞ計画していただければ、もっと人が行きたいなというふうに思ってくれるのではないかなというふうに思うのですけれども、その点はいかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  今議員さんからもご提案いただきましたように、17年度におきましては、その20事業、講演の中で、今まで3カ年の経験をもとに、昨晩も運営審議会を開催させていただきましてご審議をいただいたのですけれども、表現的にいいか悪いかは別としまして、目玉的な講演といいますか、そういったものも入れまして、また今までの継続事業も含めまして行っていきたいというふうに考えております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) まず、19ページの所得譲与税の内訳を、説明書の方にも書いてございませんので、内訳をお願いしたいと思います。

  もう一点ですが、24ページの国庫補助金の民生費国庫補助金の中なのですけれども、支援費対応の部分が名称が変わっております。身体障害者保護費補助金、在宅福祉事業費補助金、在宅心身障害児(者)福祉対策費補助金ということで3事業にまとめられているのですが、説明書を見ますと、去年の支援費事業がほとんど入っているのではないかなと思いますが、9事業が書いてございます。入っているとすれば、支援費事業のときよりも国庫補助金が80%ぐらいになると思います、ぐらいではなくて80%ですね。県の補助金も83%ぐらいになっているのですが、何か事業がなくなったのでしょうか、それとも補助金が少なくなったのでしょうか。その2点について、まずお伺いいたします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  所得譲与税の積算というようなことでございますが、ご案内のとおり、三位一体の改革が平成16年から進められておりますが、国から地方への本格的な税源移譲を行うまでの間、暫定措置として所得譲与税という項目が創設されたものでございます。17年度につきましては、国庫補助負担金改革に伴う所要一般財源というのが国のレベルで1兆1,239億円ございますが、そのうち16年度に既に譲与しております4,249億円、それから17年度の移譲額6,910億円、計1兆1,159億円について、所得税の一部を使途を限定しない一般財源として、所得譲与税で地方に移譲するという内容でございます。

  譲与基準につきましては、16年度はこの一般財源所要額を国と地方が2分の1ずつ譲与税として分けたわけですけれども、都道府県と市町村に2分の1ずつ分けたわけですが、17年度につきましては、総額の5分の3を都道府県に、5分の2を市町村に譲与するということになっております。その基準につきましては、平成12年の国勢調査の人口をもって案分して譲与するということで、これらをもとに積算した金額が1億2,500万という数字でございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  まず、補助金の名称変更でございますけれども、先ほど議員さんが言われましたように、身体障害者居宅生活支援ですとか、あるいは知的障害者の居宅生活支援、また知的障害者の援護施設入所者医療費公費負担事業補助金、また児童居宅生活支援費補助金、これらにつきましては先ほどの三つの補助金の中に振り分けられております。

  また、補助額が落ちているのかというご質問でございますけれども、知的障害者の援護施設入所者医療費公費負担事業費補助金でございますけれども、この分につきましては、予算の概要説明のときにもお話しいたしましたけれども、負担金の方に移行しておりますので、ご了解いただきたいと思いますが。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 先ほどの法人関係の説明があったのですけれども、その中で……



○議長(板垣清君) 何ページですか。



◆15番(光下重之君) 失礼しました。15ページの法人町民税のところです。

  それで、その資料の中に、16年度中の新設、廃止等法人の業種別、規模別内訳ですけれども、新設法人で88、廃止等の法人で49とありますけれども、新設等のところで農業法人が2新設されているというふうに出ておりますけれども、これは名称を特定しても差し支えないのではないかというふうに思うのですけれども、もしそれでよろしければ聞かせていただきたいと。

  それから、下から3番目に、廃棄物処理業というのが5社新たにというふうに出ております。それから、福祉関係が三つということなのですけれども、幾つか業種別に分けて計上されている中で、以上の3点について、もっと詳しく説明できるのであれば聞かせていただきたいと。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  新設法人でございますが、農業法人の2社につきましては、1社は角田鉄工所付近で、現在農産物を直売している、これは名称を申し上げてよろしいかと思いますので、三芳すこやか部会というところが1点でございます。もう一点は、株式会社の農業法人でございますので、名前の方は少し伏せさせていただきたいと思います。廃棄物処理関係の新設法人5社につきましては、主に廃棄物処理という形で分類をさせていただいたのですが、基本的には町内に既に大きな産廃処理をする事業所がありますけれども、内容的にはほとんどそれに似たような業者と考えていただいて間違いないと思います。それから、医療関係の法人3業者につきましては、1社につきましては病院、もう二つにつきましても在宅リハビリを行う治療医院、もう一つも在宅に関するサービスを中心とします医療法人ということでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 説明は説明ですので、以上で。

  次に、固定資産税のところで、状況を1点だけ伺いたいと思います。これも提出された資料で、土地の大字別税額3カ年変化という部分の小規模住宅用地、平方メートル当たりの固定資産税額と書かれている部分なのですけれども、その中で竹間沢の新開住宅付近でしょうか、これが負担調整率1.025ということで、これは別の表のところに、前年度の課税標準額と当該年度の評価額の割合で、0.4から0.8未満という部分に該当するわけですけれども、ということは、前年度の課税標準額と比較して、割合からいったら十分の4から十分の8というわけですから、評価額が高いという状況があるのだろうというふうに思われるのですけれども、一方でみよし台のハティ付近が、負担調整率が14年度から比較すると、15、16と、1.025から1.0、1.0というふうに落ちているわけです。そういう中で、竹間沢の駅から遠い部分がこのような形で、1.025をずっと維持しているという状況があるわけなのですけれども、この辺の、微妙なところだろうと思うのですけれども、これはどういうことがこの点からいえるのか、その点について解説を願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  まず、みよし台のハティ付近ということなのでございますが、ここが下がらない理由につきましては、駅に近くて非常に評価額も高いと、それにつられて課税標準額も年々高いところでとまっているわけでございまして、もう既に負担水準の最高のレベルまでいってしまっていると、こういうところにつきましては、土地が下がれば当然課税標準額を下げて、引き下げの対象となる土地でございます。反対に、駅から少し離れたところで、課税標準額が年々上昇して評価額に追いついていないところで、評価額の方の下落が小さかったところについてはさらに上がってしまう傾向があります。需要が比較的多くて、土地下落がほかの地域よりも少なかったというところではこういう現象が起こります。また、上富、北永井地区のように、土地取引が非常に少なく、また土地の価格も低いというところでは、評価額が異常に下落してしまうということで、課税標準額が評価額に近いという状況にまでいって、反対に引き下げになってしまうということも起こり得るのが現在の土地評価の状況でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) それから、16ページから17ページにかけての国有資産等所在市町村交付金及び納付金のところで、これは初日の説明でも述べられたのですけれども、償却資産を見込んでいなかったという一言があったと思うのですが、資料と照らし合わせてみると、郵政省関係、つまり三芳郵便局の償却資産について言っているようなのですけれども、これは見込んでいなかったというような初日の説明と受けとめているのですけれども、事情としてはどういうことなのでしょうか、もうちょっと詳しく説明してもらいたいと思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  見込めなかったというお話につきましては、平成16年度と17年度の間での伸び率が非常に大きくなっている理由としまして、平成16年度償却資産分が納付されるものを見込めなかったというお話をしたものでございまして、実際には平成16年度にも償却資産分を納付していただいていますので、実質伸び率は1.0ということになるような状況でございます。見込めなかったというのは、そちらの方のお話で、17年度を見込めていないということではございませんので、ご理解のほどをお願いします。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) ということは、5年前にさかのぼって遡及というような形で考えることはできないものだということになりますね。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  制度が平成16年度からの制度で、遡及については考えられないということでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) それから、先ほど、戻って15ページのところで、もう答えが出ているかと思うのですが、個人町民税の伸びの、この内訳の説明が行われました。それで、国が毎年出している地方財政計画というのがありますけれども、それでいくと、全国的には1.8%の増という数字を、国の方は我が国全体として打ち出しているわけです。所得割を見てみますと、マイナスの0.27%ということで、国が若干の増を言っているのに対して、我々のところではマイナスだと。先ほどの質疑に対する理由として、給与所得が年々減っていると、それは正規職員が、派遣労働者とかパート等の増加によってであるというようなことを言われましたけれども、だとするならば、そういう傾向は全国的な傾向として言えるのではないかと思うのですけれども、そういう中で、私たちの町ではマイナスの0.27の所得割のパーセンテージというふうになった、そう見込んでいるということについて、国の全国的な傾向等の関連で、もうちょっとその点を詳しく説明していただきたい、このように思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  国と三芳町との間の差ということでございますが、国全体の年齢構成比ですとか市町村別の年齢構成比で、若干その辺については地域特性というのが出てくるかと思います。三芳町の給与所得におきましては、平成16年度の決算見込みベースで見てみましても、16年度の当初予算に比べまして、10月末現在で約2,000万円以上下回る状況にあります。それらを見ますと、17年度も決して楽観できる状況にはないのかなということで、金額の方を下方修正させていただいているわけですが、反対に納税義務者につきましては、過去数年来減少傾向にありましたが、16年度では15年度を若干上回る傾向があります。こちらの方につきましては、個人の給与所得ベースが若干下がりながらも、いわゆる雇用の方は少し上向いてきているのかなと。これは、いわゆる正規職員よりも、むしろ派遣あるいはアルバイトによる納税義務者がふえたのかなというふうなことも考えられまして、17年度の予算につきましては地財計画よりも下回る数値を計上させていただいたものでございます。また、地財計画との比較ということで申し上げますと、町税全体につきましては、地財計画の102%に対しまして、三芳町におきましては102.97ということで、税全体で見ればほぼ地財計画の数字並みかなというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 企画財政課長の方に、これも地方財政計画との関係で何点か伺っておきたいと思います。

  先ほど、所得譲与税について説明がありました。16年度、17年度あわせて考える必要があるのだということなのですけれども、それで説明は足りているのかなと思うのですが、17年度地方財政計画の所得譲与税のところではプラス162.6%というふうに述べていますけれども、我々のところでは、これは162.6というのが純粋なプラスであるかどうかという問題もあるのですけれども、我々のところでは112%、前年度をもとにすると212%ということになるわけですけれども、この辺の数字の乖離というのはどういうことなのでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  16年度の予算につきましては、5,900万ということで計上させていただいております。今年度の17年度の予算につきましては、先ほど説明したとおり、地方の所要一般財源という必要経費が6,910億円ということで、その積算が人口で算出するということになっておりますので、これも12年度の国勢調査の人口で、都道府県に5分の3、市町村に5分の2ということで、もう既に積算の基準の数字がすべて決まっておりますので、それに基づいて算出しておりますので、一概に昨年の伸びとの違いを比較することはちょっと算定が違いますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) あと二、三点なのですけれども、次の、では地方譲与税の中の自動車重量譲与税、これについては、国が0.6%の伸びに対して、こちらは8.2、地方道路譲与税は、国がプラス1%に対して、こちらは逆のマイナスというような試算をし、地方特例交付金、これは20ページになりますけれども、これにおいては、国が37.4%の伸びに対して、我々はマイナス1.3%というような出し方をしていますけれども、この差についても説明を願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  地方道路譲与税、それから自動車重量譲与税につきましては、積算の仕方として、16年度の決算見込額に17年度の地財計画の伸び率を掛けて積算しております。したがいまして、結果的には国の伸び率との違いが出るということで、これは今までも決算ベース、見込みベースから伸び率を掛けて計上しておりますので、その違いということでございます。それから、地方特例交付金につきましては、恒久的な減税に伴う市町村の地方の減収額を基準にして積算いたしますので、これは税務課の資料で、来年度のこの減収見込額が積算できますので、それをもとに算定しておりますので、地財計画の伸び率とは多少違ってくるということでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 地方特例交付金については、多少の違いということではなくて、課長もご承知のように37.4%増と、これは総額でありますけれども、総額をそのままここで伝えているわけですが、やはりこれも、税のところでは、どういう言葉遣いでしたか、地域経済の実勢に差異があるので、このとおりに予算計上してはいかぬぞというようなことを言われているわけですけれども、この今答弁があった地方譲与税あるいは特例交付金、そういったことについてもやはり顕著に地方の実勢が出てくるというふうに考えるわけなのでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) 特例交付金のことで説明いたしますと、税務課の方でこの恒久的な減税による本町の減収見込額というのが積算されておりまして、これは毎年同じような形でやっております。個人の町民税に関しましては、定率減税分で1億7,400万の減収見込み、それから最高税率引き下げ分で6,800万円、それから法人町民税で1億9,000万円の減収見込みが税務課の資料で出されております。合計3億5,100万円でございます。地方特例金の規定といたしまして、そこからたばこ税による移譲分を引いたものが一応特例交付金として支出されると、交付されるということで、たばこ税の移譲分が3,366万8,000円と積算しておりまして、これにより2億2,958万2,000円が本町の特例交付金の見込みということで、端数を切りまして2億2,900と算定させていただいたわけです。あとは、4分の1については減税補てん債ということで、補てんするということになっておりますので、地財計画においてはそのような全国的なレベルでの数値は出されておりますが、実質の税収の状況から、このように算定していただいたということでご理解をいただきたいと思います。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 先ほどの24ページの支援費関係の国庫補助金のことなのですが、負担金にいく部分が、知的障害者の援護施設の関係ですね。それは、16年で見ると87万5,000円なのですが、それを負担金の方に入れたとしても、全体の、去年から比べると85%ぐらいになると思うのですが、何か補助のなくなった事業があるのか、あるいは負担割合が低くなったのか、あるいは実績で計上しているのか、そのことをよろしくお願いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  結局、補助金につきましては、歳出に連動して動いてきますので、結局その歳出が少なかったということでございまして、特に事業を減らしたとか、そういうことはございません。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 次に、27ページなのですが、後段の老人福祉費補助金の中の在宅支援センターの補助金、県の補助金なのですが、これが大分減らされております。去年の予算ベースですと370万ほど減らされておりますが、既に15年の決算でも県の補助金は209万2,000円だったのです。既に15年から県の方が来ていないのですが、この辺の考え方、よろしくお願いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  減額になった理由でございますけれども、まずその算定基準ですけれども、これまで289万円を基準額といたしまして出ていたものが、今度277万5,000円で基準額が引き下げられたと、これは4分の3でございますけれども、それから実態把握加算、これは1件につき2,700円、また福祉用具の展示あるいは紹介事業加算というものがございまして、これが79万6,000円だったわけですけれども、こういったものが廃止になったということで減額になっております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) わかりました。

  次に、28ページなのですが、やはり県補助金の中の衛生費県補助金で、母子保健事業の補助金が、これも減らされております。ちなみに15年度決算では、国が31万3,000円、県が49万1,000円、町が1,014万7,000円ということで、1,000万からの事業になっているわけですが、ことしは17年度は9万円ということになっております、県の補助金ですね。母子保健事業って大変重要な事業でして、乳児の3歳、4歳、あるいは3歳児健診、各年齢ごとの健診が入っておりますし、妊産婦や乳幼児の訪問なども、今回は条例も変えて対処したわけです。育児学級とか、母子保健事業って大変な重要な事業だと思うのですが、また国の方では、次世代育成の中にも母子保健事業、すごく重要に持っていて、先日の次世代育成の事業の中にもかなり詳しく入れた経過があります。市町村にそう義務づけながら、国の予算、または県の予算がこんなに減るということなのですが、そこら辺のやはり考え方というか、そこら辺をお願いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  今回の母子保健事業の9万円の内訳でございますけれども、これはHIVの妊婦の健診でございまして、これが基準額が2,350円ございまして、そのうち自己負担分が1,800円ということで、その差額550円に17年度の妊婦のHIVの検査件数330件を掛けたもので、その2分の1ということで9万円ということでございます。

  それと、前年度比較しまして28万円の減ということでございますが、やはり乳幼児健診における育児支援事業の中で、保健師の健診分とか、それからメッセージの部分、印刷分とか、そういうことで28万円の減になっておりますので、この母子保健事業の中でどうしてかなり減っているかということでございますが、このいただいている補助金の中では、今回はHIVの妊婦健診のためでございますので、そのほかにつきましては、次世代育成の方にということで算入されるということでございますので、そちらの方はちょっと、うちの方はちょっとわかりかねます。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 1点だけ最後に伺います。

  ペイオフの完全実施に伴う財産運用収入、つまり基金の運用の問題、それから諸収入の町預金利子のところで、決済用預金で、無利息の決済用預金という説明がありました。それで、そのことに関してなのですけれども、全体的な傾向としては、この決済用預金という、無利息ではあるけれども、完全に保護されるこのようなやり方、それが全体的な傾向なのかどうか、その辺を伺いたい。

  それから、私の勝手な見立てでありますけれども、かつての金融業界の激動のような状況とは少し変わって、我々が、三芳町がおつき合いをしている埼玉りそなとか、そういったところについて、いろいろ聞いた話とか、新聞報道とか何かはございますけれども、あるいは入間のJA、それから埼玉縣信用金庫、そういったところを見てみますと、この基金等の運用で、安全、確実かつ有利な方法によってという条例がありますけれども、そういう点からすると、最も安全な方法を選択するということはもちろん一番大事なことだと思うのですけれども、もう一つ、そういう業界の状況を見たときに、有利なという点はどうとらえるか、その点であろうかというふうに思うのですけれども、そういう点で、安全、確実な方法を選択しているわけですが、今述べた点、2点伺いたいと思うのですけれども、その最初の全体的な傾向、近隣自治体を含めて、それと今私が述べました後段の方の部分、それについてどういう見解を持っているか、それを伺いたいと思います。



○議長(板垣清君) 会計課長。



◎会計課長(新井誠一君) お答えします。

  まず、1点目の近隣等の全体的傾向ということなのですが、2市2町を参考にしますと、すべて歳計現金につきましては決済用の預金で運用していくということでございます。それから、入間郡ですが、越生さん、大井さんあるわけなのですが、あと毛呂山さんですか、毛呂山さんにつきましては、歳計現金については定期預金でするということで、そのほかの越生さん、大井さんにつきましては決済用預金でするということであります。

  それから、2点目なのですが、今後の動向等なのですが、県でも、昨日の報道でありましたが、町につきましても、今後の金利状況等を把握しまして、高金利になった暁には公金管理規程等を再検討しまして、またペイオフ対策研究会等で十分検討しまして、またよりよい有利な方法を再検討したいということであります。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 先ほどの28ページの母子保健事業についてはHIVの検査の関係だというふうに伺いましたが、その母子保健事業の補助金というかは次世代育成の事業の方に入っているということなのですが、そうしますと、26ページの衛生費県負担金、ここの200万円が増額されておりますが、この保健事業費負担金、ここに入ってくるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  こちらの方は、県負担金ということで3分の1でございますが、ここにつきましては主に基本健診の方のものでございまして、その人数が16年度に比べて145人の増ということで225万5,000円アップしているということでございまして、ほかのことでは、今の述べましたほかの事業ということではございません。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) 失礼いたしました。

  次世代育成事業と申しますのは、福祉児童とか、うちの方とはちょっと事業が違いますので、その内容等についてはちょっとうちの方ではわかりかねます。



○議長(板垣清君) 以上で、歳入全般の質疑を終了いたします。

  質疑の途中ですが、休憩いたします。

                                      (午前10時30分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午前10時50分)

                                              



○議長(板垣清君) 歳入の質疑において、環境衛生課長より補足説明がありますので、環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  先ほどの次世代育成の関係でございますが、これにつきましては次世代育成交付金の方に算入されますので、事業をまた別に組みかえるということで、別な事業になります。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 次に、歳出の質疑を行います。

  初めに、款1議会費、35ページから36ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 以上で、款1議会費の質疑を終了いたします。

  続いて、款2総務費、36ページから56ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 何点かお尋ねします。

  44ページの委託料の総合振興計画アンケート分析調査委託料で、町づくり地区懇談会として8月に14区を回るということですけれども、その辺の時間帯、または8月の1カ月間でそれが行われるのかどうかの確認、その点についてお尋ねします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  総合振興計画策定で予定しております地区懇談会等につきましては、まだ詳細については決めてございませんので、計画ではその時期ということで考えております。これから協議して、具体的な日程だとか時間、それらを定めていきたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 質疑される議員にお願いしますけれども、目まで、企画費とかいろいろありますから、目まで言っていただければと思います。目の何とかと、報酬とかいろいろありますから。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) まだこれからということですので、またその辺は、それから、もし周知方法とか、その辺についても尋ねておきたいと思います。

  それから、次のページの45ページの負担金補助及び交付金の中のくぬぎ山自然再生事業、この中身について少し詳細に説明をお願いします。

  それから、人権対策関係研究会、これについても同様に事業の中身の説明をお願いいたします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  まず、地区懇談会の関係なのですが、これをやるに当たりましては、当然区長さん等のご協力をいただいて、日程調整だとか、もちろん時間もそうですが、調整をして実施ということになると思います。

  それから、負担金のところでございますが、1点はくぬぎ山の負担金でございますが、これにつきましては、くぬぎ山自然再生事業はあの地域、152ヘクタールの部分で進めるということになっておりますが、本町の場合は全域が緑地保全地区、今予定として考えられているのですが、緑地保全地区から外れるということで、事業的には特に本町の場合は持っておりません。行政の連絡調整だとか、それに係る経費として8万4,000円ですか、を計上したということでございます。

  それから、人権関係の負担金につきましては、人権団体が幾つかございますので、そこで行われる県外の研修等に参加する負担金を見込んで、この額を計上させていただいたということでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 37ページ、総務管理費の中の一般管理費、8番の報償費の中、被表彰者記念品代というところの69万2,000円の中に、15万円分でしょうか、永年勤続職員の表彰分というのがございますが、今年度は、それでしたら、有能な職員への表彰というのは考えていらっしゃらないのでしょうか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) 考えておりません。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) それでしたら、8人の方が永年勤続職員ということで表彰を受けられますけれども、大変喜ばしいことだとは思うのですけれども、これに対する、例えば特別の昇給などはあるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) ございません。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) それは、ではそれで結構です。

  39ページ、1総務管理費の目2の文書広報費の中の委託料、新規の広報音声朗読テープ作成委託料ということなのですが、これは委託先はどこであるか、またテープ作成のための機材は委託先が用意をするのかお伺いいたします。



○議長(板垣清君) 秘書室長。



◎秘書室長(森田陽一郎君) 委託先につきましては、ボランティア団体で、朗読ボランティアが委託先になります。従来ですと報償費という形でお願いしていたわけでございますけれども、内容が内容ということでございますので、正式に委託契約をいたしましてこのような形になったわけでございます。機材といいましても、いわゆる録音機ですとかテープにつきましては、この委託料の中に含まれているということでございます。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) まず、41ページの財産管理費の中ですが、委託料、一番後段に、16年は低木の植栽業務を委託をして、350万あったのですが、たしか高齢者事業団にこの事業は委託するというお話だったと思うのですが、ことしはなくなっているのですけれども、その辺のいきさつ、お伺いしたいと思います。

  それから、次の44ページです。同じく文化会館費の中で、使用料及び賃借料のところで、バス借上料が昨年は59万9,000円が37万8,000円になっているのですが、この減額の理由と、それから15年の3月に私一般質問しているのですけれども、そのときにかなり詳しく館長が、15年から東コースと西コースに分かれて、バスを借り上げて走ってみたいというか、そういう構想もあるような、かなり詳しく説明をいただいているのです。それが今やられていないと思います。たしか駅から会館までの送迎になっていると思いますが、その辺のいきさつ、お伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) お答えしたいと思います。

  昨年、低木植木の委託料が計上されていたのですが、今年度、植木管理委託料の中、300万計上してありますけれども、この中で高齢者事業団にお願いするような形になるかと思います。



○議長(板垣清君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  バス借上料につきまして、対前年度比におきましては減額となっているわけでございますが、先ほど冒頭申し上げましたように、17年度事業につきましては20の講演ということで、その講演内容を十分精査しまして、この資料のように積算したものですけれども、減額になった理由といいますか、いきさつでございますけれども、現在まで年間20を超える講演を実施してきたわけでございますが、出演者、プロダクション等によりまして、どうしても夜の講演もございました。館としましては、土日のできるだけ午後の講演ということで、おおむね2時の開演ということで、そうしますと、一つの講演がおおむね2時間程度で終了するということでございます。そうしますと、土曜日、日曜日におきまして、まだまだライフバスさんもございます。そういったものももちろん精査しまして、バスを有効的に走らすというようなことで、当初、東西2ルートといいますか、いろいろ思案したわけでございますが、やってくる中で、そのようなことを視野に入れまして、有効にということでこのような金額になったものでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 先ほどのくぬぎ山自然再生事業の、事業のもう少し、どのようなことを行っていくのか、その内容についてもう少し詳しい説明を求めたいと思います。

  それから、その上の15の工事請負費、公共施設サイン整備工事、これについてもお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  くぬぎ山の自然再生事業でございますが、現在くぬぎ山自然再生協議会というのが設立されておりまして、これは昨年の11月に発足いたしました。NPO団体だとか個人の会員で、七十数名の委員で構成しております。現在、そこの自然再生協議会において、あのくぬぎ山地域をどのように再生していくかという構想づくりをやっておりまして、それが16年、17年にかけて協議会でできるということでございます。ただ、県の方針といたしましては、新聞報道でもございますように、152ヘクタールのうち120ヘクタール、これは緑地率60%以上の地域について、緑地保全地区に指定するという方向で今進めております。そういう状況で、今後、それら構想がまとまった中で、以降具体的な対応ということになっていくと思います。

  それからもう一点、サイン整備計画の工事費でございますが、これは平成8年につくりました三芳町のサイン計画に基づいて、平成12年より毎年対応しているところですが、主に公共施設だとか、そういうところに誘導する案内看板を設置して利便性を高めると、それも統一したデザインでいくということでずっと進めているものでございます。17年度においても、16年度と同様の額を計上いたしまして、対応を図っていくということで考えております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) 済みません、先ほど7番議員さんからご質問ありました委託料の関係なのですけれども、植木管理委託料の中に高齢者事業団へ委託とご説明したのですけれども、その上の庁舎等敷地除草業務委託料、この86万4,000円、この分が高齢者事業団に委託している部分でございます。申しわけございません。訂正させていただきます。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 公共施設のサインの整備工事について説明がありましたけれども、それは毎年予算がこれで出ていますから、その辺はわかっていますので、私が聞いたのは、どのようなところに設置をしていくか、そこまでわかれば具体的にということでお尋ねをしたのですけれども、それから、今課長が言いましたように、私も、これも200万の予算で何年か出ていますので、お聞きしたいのは、もう来年度ぐらいからはこういった予算は、もう大体整備が完了してくるのかどうか、その辺についてもお尋ねしておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  17年度の予算につきましては、現在、県道と幹線5号線の信号がございますが、あそこが今改修工事されております。あそこにこの庁舎への案内看板を予定しております。

  それから、もう何年かやっておりますので、完了するのではないかというご質問でございますが、サイン計画、議員さんにもお配りしてあると思いますが、町外から来られる方が、町のいろいろな公共施設等わかりやすく行くために、かなりの看板が必要です。統一したサインということで考えておりまして、それがまた町のイメージアップにもつながるということでやっておりまして、まだ設置箇所的には完了という状況までは至っておりません。

  以上です。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 否定するものではありませんけれども、景観ということもあると思うのです。

  それから、先ほどくぬぎ山再生事業で、協議会の発足があって、るる説明ありましたけれども、これについては、町の職員も今まで同様に参加していくようなことはあるのかどうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  県と4市町につきましては、委員としても入っておりますし、仕事としては事務局的な仕事もやっておりますので、今後も参画していくということでございます。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 44ページの企画費の中ですが、総合振興計画審議会が昨年からやられているわけですけれども、その中で、コンサルタントを置かないで、職員と委員でやっていくというお話を聞いているのですが、その辺の経費削減といいますか、そこら辺はどのくらい削減できるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  現在の総合振興計画を作成した際には、1,600万ほどかかってございます。それが今回、委託する部分についてはご説明したとおり、アンケートの調査、分析については委託したいということで、それが今回計上されておりますが、100万ということですので、そういう意味では大幅な削減になるというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 47ページの15番の工事費のところでございますけれども、(仮称)竹間沢北原集会所建設工事ということで、この関連で2,800万、そして17番の公有財産購入費として150万ということで計上していただきました。昨年、この竹間沢1区の、特にみずほ台住宅の皆さん方784名の署名を持って、代表者が町長に要望を提出させていただきまして、大変待ち焦がれているこの集会所でございます。そして、前区長さん、現区長さんの応援を得ての要望でございましたけれども、いよいよこういう工事請負費として計上されたわけですけれども、この間、町長を初め担当課長さんには大変なご協力をいただきました。そして、予算計上されて、これから進んでいくわけですけれども、今後どういう期間で、いつごろできるのかとか、住民から私どもも聞かれます。古寺議員さんも同じだと思うのですけれども、特に道路づけの部分がどういうふうになるのかということが大変問題だったわけですけれども、この辺の詳しいご説明と、それから今後のこの工事に向けての図面とか、また着工とかという期日、大体どのくらいから進められていくのか教えていただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  まず、あの国営地280平米には入り口がございませんが、入り口部分、地権者の了解をいただきましたので、10平米を購入させていただくことになりました。今後の予定でございますが、設計からまず入るわけでございますが、新年度になりましたら、設計ができましたら、区長さんを初め役員の皆様方との十分協議をいたしまして、夏から9月ごろにかけて着工したいと、そのような計画でおります。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) まず、37ページの総務管理費、一般管理費のところで、職員の人数なのですけれども、全体で4人少なくなっているわけですけれども、そのうち企画財政が15人から12人という、説明でいくと3人減らすようになっています。管財が8人から7人、1名減と、逆に秘書室が5から6にプラス1と、それから藤久保出張所が4から3人というふうになっていて、これは竹間沢出張所が、もともと3人が3人ということですから、竹間沢出張所と同じ人数にすると、3人は最低限の、本当に最低限の人数だというふうに思うわけですけれども、全体で4人、この総務管理、一般管理費のところで、減らしてほかに回すということだろうと思うのですけれども、特に全体的な説明、その意図を伺いたいのと、企画財政が一遍に3人減ということになっていますけれども、これはどの部門を減少させるのか、その辺の説明を願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  この人数は、予算上は15年度末と16年度末の人数になっておりますので、その辺はまずご理解をいただきたいと思いますが、企画財政課に合併協議会に派遣しておりました3名の職員がおりましたので、その職員を16年度、ほかの職場に異動したためにこのような状況になっております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) ということは、今現在は、例えば藤久保出張所って3人になっていましたですかね。ちょっとその辺を、4人のままではないかなと思うのですが。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) 失礼しました。

  藤久保出張所につきましては、税務課の職員が長期の病休になりましたので、ここに来て申告の受け付け等もございましたので、藤久保出張所から、年度途中でありましたが、1名税務課の町民税係の方に配置をしたところでございます。新年度につきましては、藤久保出張所はもとの4名体制に戻すという予定でございます。以上です。

  あと、管財と秘書室の関係でございますが、ドライバーが管財におりましたので、秘書室の方に移動したということでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) 補足といいますか、追加でお答えしたいと思いますが、当初予算につきましては、16年度、現有の職員数で予算化しておりますので、毎年、ご承知のとおり、9月の議会において人事異動、あるいは退職に伴う補正予算を計上させていただいておりますので、この予算上ですとそういう違いが出てきますが、その点はご理解をいただきたいというふうに思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) わかりました。

  続いて、38ページの同じ費目の委託料のところで、今回、廃棄文書機密処理業務委託料ということで、従来の廃棄書類収集運搬委託料から、守秘レベルがグレードアップと言ったらちょっと大げさですけれども、そんな扱いをしていますけれども、これは何かそのような、16年度、ちょっと事故のようなものがあってのこういう取り扱いにしたのかどうか、説明願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  廃棄文書につきましては、今まで上福岡市の清掃センターにおいて焼却処分しておりましたが、ダイオキシン等の環境の配慮と、また書類等の焼却は高温になりますので、炉の損傷の原因となるということで、焼却による廃棄が困難な状況となっております。上福岡市におきましても現在は行っておりませんが、紙資源の再資源化と、あるいは個人情報の保護という観点から、廃棄文書を17年度は、移動型のシュレッダー車により、庁舎におきまして職員立ち会いのもとに出張裁断処理をしたいということでございます。このような車が参りまして、職員が立ち会いのもとに裁断をしたいという予定でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) なるほどね、それで機密処理ということですか。わかりました。

  それから、同じ費目の負担金補助のところなのですけれども、どこの自治体も職員の定員管理ということで、我が町もそうですけれども、職員数をずっと減らすという状況の中で、職員の退職手当組合の会計が非常に厳しい状況になっているという理由で、ここ3年連続して1,000分の15ずつ、掛け率が引き上げられて、段階的な引き上げがずっと行われてきているのですけれども、これは全体の流れは承知しておらないので、伺うのですが、平成15年が1,000分の135だったのですけれども、16年が1,000分の150と、そして今回、17年度が1,000分の165とされておりますけれども、これは一体、いつまでこのような形で率が上げられていくのか、その辺のことについてお願いします。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  これは、14年度に組合の方で決定されておりまして、議員さんおっしゃいましたように、15年度、16年度、17年度と15%ずつ、1,000分の135が1,000分の150、それから1,000分の165と、17年度の1,000分の165をもって上限とするというふうに決めたようでございますので、現状ですと、18年度も19年度も1,000分の165でいくということになっているのですが、状況でまた17年度、組合の方で改正になるかもしれませんが、現状では1,000分の165でいくということでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 現状ではということなのですけれども、伺うところでは、さっきも言いましたように職員数をどんどん減らせというような、そういう県の方からの指示の中で、どこも定員適正化計画というのをつくらされているようですけれども、その辺はまた変わる可能性大だなというふうに思うのですが、それはそれとして受けとめておきたいと思います。

  それから、次の財産管理費で、管財課長にちょっと見解を伺っておきたいと思うのですけれども、光熱水費、見てのとおり、16年度から17年度も当初予算ベースで170万9,000円、それから16年度から15年度を見ますと、これ幾らになるのでしょうか、さらに多額の減少を見せて、これはこれで経費節減という方向に、いい方向にいっているわけですけれども、15、16、17のこの3年度間を見てみますと、844万円、この光熱水費が下がっているのです。そのうち、電気料関係が379万1,000円の計算になるのですけれども、これは去年からことしにかけてある程度減るというのならわかるのですけれども、同じ庁舎でこの2年間でがたっとやっているというような、政策的な問題、これは企画財政課長が前に答弁されたことがあるのですけれども、この原因は何なのかということなのですが、その辺をちょっと説明していただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) お答えしたいと思います。

  予算上ではこのような形になりますけれども、今回、16年度決算を見まして、かなり減額させていただいたのですけれども、実際にはピーク時契約を行っておりまして、毎年その成果が出ておりますので、今回、予算上ではその辺を調整させて、かなり落とさせていただいたような状況であります。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 前にも説明というか、その言葉が出てきたのですけれども、一言で結構なのですけれども、ピーク時契約というのをちょっと説明してもらえますか。



○議長(板垣清君) 管財課長。



◎管財課長(砂川悦廣君) ピーク時契約についてお答えしたいと思います。

  6月から9月間なのですけれども、最大契約量550キロワット、この契約を超えない場合には割り戻しがありまして、その範囲内でその期間を、使用量が一時的でも超えない場合には、ある一定の計算に基づきまして割り戻しがありまして、その分で、15年度でなのですけれども、今手元にある資料で割引額で約200万ほど出ております。15年度の場合には、節電が特に、原子力の関係でありましたので、15年度の場合は特に大きかったかと思います。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) では、また次の政策的な議論をしたいと思います。

  次、42ページの文化会館費のところでちょっと伺っておきたいのですが、これは何年か前から進んでいるわけですけれども、ふと思いましたのは、節7の賃金のところなのですけれども、臨時職員賃金の時間単価が770円という設定で来ているかと思います。それで、去年の計上の、16年度の計上の仕方は、朝8時半からでしたか、早番、それから夕方5時から10時までの遅番という二つのやり方をしていました。その形式は変わらないと思うのです。予算説明資料では、16年度の説明の仕方と17年度の説明の仕方がちょっと違っているのですけれども、実態として変わらないとなると、一般職というか、正規職員の場合には、勤務時間帯による賃金の、賃金というか、手当の格差があると思うのですけれども、文化会館の臨時職員の賃金の場合には、夜の時間帯であれ、普通の時間帯であれ、同一の770円としておりますけれども、この辺は違法性というのはないのでしょうか。



○議長(板垣清君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  臨時職員の賃金につきましては、ご指摘のように、現在も早番につきましては8時30分から2時30分まで、間1時間休憩ということで、また遅番につきましては午後の5時から夜10時までということでお願いしているところでございます。館職員におきましては、6人ということで、2交代をシフトを組んで、ローテーションを組んでいるわけですけれども、関係する会議ですとか出張、また本日の議会等に出張等のため、2名になったりする場合もございますので、その分につきましては、早番にて臨職の方にお願いしているという現状がございます。必ず、特に夜については、防犯上の関係もございますので、最低3人以上は勤務するということで、自主事業はもちろんですけれども、貸し館事業等についても運営管理に当たっているということで、あと要綱等によりまして、賃金につきましては、早番、遅番、770円をもって今契約をさせていただいて支払っております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) これは、この分野の、総務課長に伺った方がいいと思うのですけれども、臨時職員の賃金の、通常の時間帯の勤務と夜の時間帯の勤務というのが同じ770円、今お聞きになったとおりなのですけれども、それでやっているわけですけれども、その辺の時間差、時間帯による、例えば、あれは何時からだったか忘れましたけれども、1.25倍になるとかというのがございますよね。その辺の問題とあわせ考えて、同一の単価というのは問題がないのかどうか伺いたいと思います。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  その件につきましては、保育所におきましても早番とか遅番がありますが、同一価格になっておりますので、その辺につきましては今後検討する余地があろうかと思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) では、またそれを待ちたいと思います。

  それから、私も文化会館の事業については、はっきり言ってなかなか、いろいろな自主事業を全部見学するというふうにはなっていないのですけれども、ぜひたくさんの人に参加していただきたいというふうに願っているのですが、広告料で、東上線車内の2回広告ということで、31万5,000円をかけて2回、合計63万円かけるという広告なのですけれども、これはどのような、中づり広告ではないと思うのですけれども、年がら年じゅう、これかけられているの、東上線の中に。どうなのでしょうか。



○議長(板垣清君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  東上線車内広告につきましては、17年度新しい試みを実施するわけでございますが、東上線におきます電車ドアの横下ステッカーということで、両開きのドアがございますけれども、それの左横下といいますか、位置的には、そこへシールのような形で、大きさにつきましては20センチの16.5センチという大きさのものを張るということでございます。期間については、1カ月間です。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 45ページの電算処理費、14番の使用料及び賃借料の事務機借上料なのですけれども、平成15年度決算では247万1,596円の支出済額だったと思うのですけれども、それが昨年の予算では3,132万9,000円、それから今回また上がっていますけれども、その辺の要因についてお尋ねします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) 15年度の決算の数字はちょっと持っておりませんが、200万ということはないと思います。

          〔「2,400」と呼ぶ者あり〕



◎企画財政課長(吉野茂夫君) はい、それならある程度わかります。

  それで、前年度に比べてふえたということにつきましては、17年度、平成11年に備品として購入したパソコンが、既に期間、期間といいますか、5年を経過しまして6年目に入っておりまして、機能的にもう使用に耐える状況にはないということで、これを今度は備品購入費で買うのではなくて、やはりリースが経費的にいいだろうということで、約50台になりますが、それを入れかえるために借上料が増ということになっております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 失礼しました。平成15年度の支出済額は2,471万596円で、私がここで述べたいのは、平成15年度においてもかなり上がってきているので、この辺については今後、来年も上がっていくのか、とても心配なところがある部分ですので、この電算処理の中で、平成15年度においての決算は7,243万4,045円の支出済額だったのが、昨年の予算では7,773万9,000円、それからことしも888万5,000円増となっていますので、この辺について、今後なるべく上がらないような、そういう対策を講じていただきたいと思っているので、質問しているのですけれども、その辺についても再度お尋ねしておきます。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  本庁の電算化につきましては、情報化ガイドラインを策定して、それに基づいていろいろ対応しているところですが、1人1台パソコンという目標もございまして、それらもある程度もう完了しております。それから、今回の入れかえについても、これを入れかえるとほぼ借上料で皆対応するということになりますので、大幅な今後の増は、新たな取り組みが出てこない限りはそんなに違わないというふうに思います。15年度の決算で7,200万ほどと、先ほど言われました。16年度も、予算では7,700万ほど上げておりますが、決算ではやはり15年度並みになるのではないかなと思っております。17年度においても8,600万の予算計上をしておりますが、これは今申し上げたとおり、借上料を切りかえたということでの増で、全体的には今後はそんなに大幅な増ということはないというふうに考えております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) その辺は、もう本当に、この辺は逆に抑えていただきたい部分です。地球温暖化もありますし、そういうことも考慮して、やはり極力減らす方向で努力をしていただきたいと思います。

  52ページの13番の委託料、土地評価システムメンテナンス業務委託料として618万5,000円計上しておりますけれども、これも昨年は183万3,000円、それから平成15年度の決算におきましては159万6,000円と思いますけれども、この辺の増について要因をお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  こちらの土地評価システムメンテナンス費という作業につきましては、従来3年分をまとめて作業していただいていたのですが、15年以降、3年にならしての業務委託ということに変えさせていただきまして、17年につきましては、18年度の評価替えの準備行為、最終準備ということで、例年に比べますと金額が大きくなっております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 企画費、44ページから45ページのところでありますけれども、予算資料でいきますと、需用費の中の消耗品のところで、解放新聞、全埼と書いてあるから、全国埼玉という意味なのかと思うのですが、それと月間「部落解放」、それから「解放の道」、これも「(全埼)」と書いてあるのですけれども、これは同和関係の新聞、書籍のようなのですけれども、これは同一の団体からとっているということはないのでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  消耗品の図書購入費といいますか、これらにつきましては、解放新聞と月間「部落解放」につきましては部落解放同盟でございます。それから、「解放の道」につきましては、今は名称が変わりましたが、旧全解連という団体の、全国部落解放運動連合会というところのものでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 同じ企画のところで、首都近郊都市づくり協議会、負担金補助及び交付金の中なのですけれども、これは17年度登場していないのですが、聞いたかと思うのですが、あえてちょっと説明願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  2市2町の都市づくり協議会の負担金につきましては、平成16年度は23万円ほど各市町平等で計上しておりますが、今年度につきましては、予算編成時期においては、上福岡市、大井町の合併協議が進んでいる状況で、都市づくり協議会の各市町の部課長で組織する幹事会というのがございますが、その中で17年度の予算についてどう対応したらいいかということで十分協議した中で、予算を組んでも、上福岡、大井が合併するかしないか、それらも明白に出ていない状況で、当面、17年度については負担金をやめましょうということで、それらがはっきりした時点で、今後の2市2町の広域行政について検討していきましょうということで、事務連絡的なことは行いますが、いわゆる事業として、今までカルテットコンサートだとかやっておりますが、そういうのを一時休みましょうということで、負担金をゼロにさせていただいたという経過でございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) わかりました。

  それから、自治振興費のところでも伺っておきたいのですが、今回、15年度と同様に、14節の使用料及び賃借料のところの集会所土地借上料で、16年度、一くくりで面積に対して単価を掛けていたわけですけれども、また15年度に戻って、建物の部分と、それからその他の部分に分けて、単価差をつけてこの賃借料を払うというような形で、上富3区と北永井1区がそのような対象になっているようなのですけれども、この330平方メートル掛け1,800円、1平方メートル当たり1,800円というのは、330平方メートルを建築確認のときに提出する土地の面積ととらえて、それに対して高い単価を掛けてお支払いすると、こういう賃借料の考え方にしているのかなと思うのですけれども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) 調査して、後ほどお答えさせていただきます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 恐縮ですが、あと何点かだけです。よろしくお願いします。

  それから、防災費ですけれども、50ページの防災費の中の12節役務費の手数料ですけれども、防災用の、あるいは非常用の井戸というふうに言っているでしょうか、非常用の井戸が52カ所から40カ所に激減しているのですけれども、これはどういった理由によるものでしょうか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) 非常用井戸につきましては、16年度に調査をいたしまして、ポンプがなかったり、日常使用していない、使えない井戸がありましたので、それらにつきましては指定の取り消しをいたしましたので、件数は減っているわけでございますが、この前年の52件の中には学校の8カ所のも入っておりますので、実際に取り消したのは4カ所ということでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) その4カ所については、今国道の藤久保交差点のところの角のお宅が大仕事されて、もう井戸がどんなふうになっているかちょっとわからない状態ですけれども、そういったのはわかっているのですが、4カ所については原状に復帰できるような状況には全くないのですか。



○議長(板垣清君) 総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) お答えいたします。

  そのような状況でございますので、指定から外したということです。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 文化会館のところで、1点だけちょっとお伺いしておきたいと思います。

  一つは、区分8の会館主催事業謝礼のところなのですが、それと13の委託料で舞台操作業務委託料との関連なのですけれども、平成15年、16年と自主事業もふやしてきていることはわかるのですけれども、特に16年度は自主事業のところで16年は100万多かったにもかかわらず、委託料は少なかったと。ことしの17年度の予算におきましては、自主事業が少ないのにこの委託料がふえてきているという、この逆の現象が起きているのですけれども、これは年々自主事業を充実させてきているということは理解できるのですけれども、この委託料が上がってきているというところの要因は何でしょうか、ちょっとお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 文化会館長。



◎文化会館長(関文雄君) お答えいたします。

  自主事業謝礼、または伴いまして舞台操作委託料ですけれども、これにつきましては、17年度予定の講演20事業を精査しまして、その人工といいますか、音響、照明、舞台の技術者につきまして、1日で終わる講演もございますけれども、2日かかる、あるいはそれ以上に準備からかかるということもございます。それから、ミニホールにおきます発表等におきましても、そういった舞台操作技術者のお力をかりて、勤務していただきまして自主事業の発表をするというようなこともございます。そのようなことから計算しまして、17年度、このような金額となったものでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 館長のご説明の意味はよく理解できるのですけれども、先日補正予算でも、照明とか音響、マイクとか、そういうのの購入の補正予算が承認されましたけれども、自主事業の中身によって委託料が上がってくるという、これは理解できますけれども、どこまでも年々上がり続けていくという、自主事業を選んだ結果がこういうところにお金を投じていかなければならないという現象というのは、ある一定のところで、ある程度予算のことも含めて精査していかなければならないのではないかなと思いますので、その1点だけ申し上げて、この質問を終わります。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 52ページの徴税費のところの税務総務費の中の委託料なのですけれども、初日の説明で、どこに該当するかちょっと追い切れなかったのですが、家屋評価システムをレベルアップしたというような説明があったかと思うのですけれども、これはここの委託料のどこの部分との関連で、どのような内容でそのように説明されたのか、もう一回説明をお願いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  家屋評価システムの金額のオーバー分につきましては、使用料及び賃借料、事務機械借上料の中でございます。現在、家屋評価システムにつきましては、スタンドアローンによりまして、3台のパーソナルコンピューターによる家屋評価をさせていただいていますが、データが3台の機械にそれぞれ分散蓄積されるという形になってしまいますので、1台をサーバー扱いのパーソナルコンピューターに変えさせていただきまして、データの一元管理をさせていただくということで、金額がオーバーになるということでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) それから、ではその委託料のところに戻りますけれども、この標準宅地の時点修正委託料、これは1,176万4,000円が220万5,000円と、土地評価システムメンテナンス業務委託料ということで、先ほどこれは説明がありましたけれども、当初予算比では大幅な増となっております。それから、今回、路線価格調整業務委託料というような、この専門の分野にかかわるこういう委託があるわけですけれども、これらの、我々なかなかわかりにくいわけですけれども、適正価格、それから競争の問題、この辺がどのようになっているのか、これは伺ったことがないので、その辺を改めて伺いたいと思います。

  それから、これはこれまで出てきたところでも登場しているのですけれども、負担金補助及び交付金のところの団体に対する参加ですよね。その問題で、この徴税費のところが、税務総務費のところがちょっと顕著なのですが、川越地区税務研究会、川越地区たばこ税事務協議会、県固定資産評価審査委員会連合会、今回3団体への参加を取りやめているというか、予算化していませんけれども、これらはどういう考え方によるものか、その点もあわせて説明を願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  まず、1点目の専門的な業務に関する適正価格についてというお話でございますが、こちらの業務につきましては、有資格者にお願いするという関係上、不動産鑑定士に現在お願いしております。その関係で、不動産鑑定士価格が、若干の価格差はあるようでございますが、鑑定士協会ではほとんど統一価格を設定されておりますので、その統一価格によって請負で三芳町がお願いしているという状況でございます。

  それから、もう一点の負担金に関しましては、川越地区税務研究会、川越地区たばこ税事務協議会、固定資産評価審査委員会の県の連合会につきましては、17年度より、固定資産、厳密には17年度からでございますが、負担金が不要になったということで、今回負担金を落とさせていただいたものでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 再質問ですけれども、そうしますと、同一の鑑定士にこれらのことについては委託をしているということになろうかと思うのですけれども、鑑定士協会の統一価格、これは鑑定士協会のみならず、いろいろな業界の価格の統一化のようなものが、公然とはできないのですけれども、つくられているのですよね。弁護士さんのところでは、やっぱりこういうのが、同じようなものがあったり、私自身の建築家ならば、その建築士協会のそういうものがあると。しかし、独禁法との関係で、そういうものというのは公然と、公に主張するわけにはいかない問題があるわけなのですけれども、そういう点で、全く我々知らない、この独自の分野については、本当に適正な価格かどうかというのがはかり知れないのですけれども、それらは競争をすることによって、させることによって価格を、契約額を落としていくということが当然考えられると思うのですけれども、その辺のメリットというのはないものなのでしょうか。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) お答えいたします。

  現在、標準宅地の時点修正等に関します鑑定につきましては、社団法人の埼玉県不動産鑑定協会を通しまして鑑定を行っていただいているところでございます。こちらの方に通しますと、メリットとしましては、近隣市町村との価格調整が非常にスムーズにいくと。また、不動産鑑定士個人との入札等による請負業務ですと、一部の市町村では近隣市町との価格調整がうまくいかないと、価格調整ができないというようなお話も聞いておりますので、そちらの価格調整等につきましては十分メリットがあるのかなというふうに思っております。また、価格につきましては、確かにその価格すべてが、標準価格がもうそれでいいという状況にはないかと思われますので、価格等につきましては今後十分検討させていただきたいなというふうに考えております。

  以上です。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) これで3回目になりますけれども、近隣市町との価格調整がいかないというのが、例えば富士見市と三芳町の境の部分の土地の評価額を算定する場合に、同一の事務所の鑑定士さんでないと、その辺がなかなか難しいと、そういう意味ですか。鑑定士が違ってしまうとうまくいかないというお話のようなのですけれども、その辺について再度説明を願いたいと思います。



○議長(板垣清君) 税務課長。



◎税務課長(鷹野信治君) 確かに、同一鑑定士であれば非常にスムーズにいきます。また、不動産鑑定士協会に同じように加盟している鑑定士同士ですと、情報交換が非常にスムーズにいっている関係もあり、スムーズにいくと。個人で請け負っている鑑定士に比べますと、はるかに仕事がスムーズに進むという状況でございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 以上で、款2総務費の質疑を終了いたします。

  質疑の途中ですが、休憩いたします。

                                      (午前11時53分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午後 1時09分)

                                              



○議長(板垣清君) 休憩前に引き続き、議案審議を行います。

  午前中終了しました総務費についての答弁を総務課長より行います。

  総務課長。



◎総務課長(宮寺奉文君) 失礼いたしました。

  集会所の賃借料でございますが、集会所の、あるいは子供広場等につきましては、町で借用しておりました土地につきましては、従来、固定資産税、都市計画税を免除していたわけでございますが、県の指導もございまして、16年度から課税することになりましたので、賃借料につきましても、16年度から固定資産税、都市計画税を上乗せして借用することになりました。昨年、当初予算計上時におきましては、税額がはっきりしない部分もありましたので、暫定的に計上をさせていただきました。よって、今年度との差が生じているわけでございますが、17年度のこの当初予算が、実際に16年度契約して支払った額になります。

  なお、平成5年の4月1日から施行いたしました土地借上料料金表によりますと、330平米以内は宅地扱い、それからそれ以外の土地につきましては雑種地扱いということで、単価につきましても、330平米以内が従来平米月120円、これを昨年から、固定資産税分30円を見まして150円としました。また、330平米を超えた土地につきましては平米月50円、これを、場所によって違いますが、10円あるいは15円固定資産税分を見まして、60円あるいは65円という単価を設定したものでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 続いて、款3民生費、57ページから75ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 58ページ、2目の障害者福祉費の中の8番の報償費なのですけれども、謝礼等ということで39万9,000円の減額ということで、説明書を見ますと、要約筆記講習会が17年度は持たれないというふうなことになっているようなのですけれども、この経緯についてお伺いいたします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  大分、住民の方からの要望によりまして要約筆記実施させていただいたわけですけれども、今年度の実績を見ますと、4名の方が応募されたわけですけれども、最終的に修了までいかれた方が1名ということで、39万9,000円、こういった公費がつぎ込まれたわけですけれども、できればもう少し効率のよい、使う方法があるのではないかということで、今年度につきましては当面休止とさせていただいたものでございます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 手話と要約筆記、両輪のように障害者福祉の中で、やっていただかなければいけないものではないのかなということで、ずっと質問をさせていただいていたのですけれども、大変残念です。

  11番の需用費の中の消耗品費の中に、要約筆記消耗品ということで1万円だけ計上されておりますが、これについてお伺いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 要約筆記1万円というのは、これはカットされておりますよね。入っておりますか。図書代、事務消耗品、または申請書等の印刷用紙、そういったものが載っていると思いますけれども。後ほど、ではちょっと確認させていただきます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 説明書きの方を見ますと、要約筆記、消耗品1万円というふうに計上されていましたので、お伺いしたのですけれども、そちらにはないですか。差しかえられましたでしょうか。私が古い資料を持っているのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 計上額4万円ではございませんか。消耗品ですよね。4万円になっているはずですけれども、あと健康課の分も合わせますと、額的にはもうちょっといっているかと思いますけれども。58ページの11の需用費ですよね。5万5,000円ということになっていますけれども、そのうちの4万円が高齢者福祉といいますか、こちらの方の障害者福祉の方の分になります。あとは健康課の分になります。

          〔「入っていない」と呼ぶ者あり〕



◎福祉児童課長(清水政雄君) それ、ちょっと、では確認させていただきます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) では、後でまた確認をしていただきたいと思います。

  社協ボランティアの中にあすなろというグループが誕生しまして、難聴者、中途失聴者への要約筆記活動が行われているのですけれども、せっかくこうやって立ち上がったものがまたなくなってしまうと、大変すばらしい財産ができたなというふうに思っておりましたので、今年度、17年度からはしっかりと周知、要約筆記というものがどういうものかという周知だけは行っていっていただきたいなというふうに思うのですけれども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 当然、その辺の周知は行っていきたいと思います。また、その機運が高まってまいりましたときには再度始めたいと思っております。

  また、それから先ほどの関係ですけれども、そちらの方、消し忘れということで、大変申しわけございませんが、よろしくお願いいたします。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) では、次の質問をさせていただきます。

  59ページの同じ障害者福祉の中の19番負担金補助及び交付金の中、一番下の段に生活サポート事業というものが82万1,000円で計上していただきました。障害児の支援費では対応しないサービスの提供のためということで、生活サポート事業、今年度大変ありがたく思うのですけれども、これは説明書を見ましたところ、3人分ですか、これは予算計上されているの、障害児を持つ家族への周知のようなものはどのようにされるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 周知につきましては、この予算を通していただいた後に広報等で周知をしたいと思っております。一応、4月15日号を予定しております。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) では、広報でということでよろしいでしょうか。

  次に、64ページ、社会福祉費の中の10目の女性対策費、11番の需用費の印刷製本費、15年は26万9,000円、16年は37万5,000円、今年度は43万9,000円の計上で、これは女性情報誌「まなざし」にかかわる印刷代等だと思うのですけれども、こうやってふやしていただいておりますが、その要因をお願いいたします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  女性情報誌「まなざし」の発行につきましては、16年度3回目になったわけですけれども、16年度予算では、予算の関係上、2色刷りという予算で予算計上させていただきました。しかし、表紙のイラストを書いていただいている方がカラーで作成していただいて、表紙について大変好評をいただいておりまして、何とか表紙だけでもカラーということで、今年度もカラー対応させていただきました。新年度予算については、表紙の分だけカラーで刷れるように予算化をしたということでございます。

  以上です。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 何点か質問したいと思いますが、まず59ページです。障害者福祉費の中の負担金補助及び交付金の中で、東上線の鶴瀬駅のバリアフリー化の工事負担金が出ております。説明によると、鶴瀬駅にエレベーターと障害者用のトイレを設置するということでした。ちなみに、西口、東口ともつくられるのでしょうか。といいますのは、みずほ台駅が東口にエレベーターがなくて、利用している方が、車いすの方がわざわざ西口に、あの危ない踏切を渡って西口に来ないと利用ができないということなのだそうです。鶴瀬駅はどうなるのかということです。とりあえず、それだけお願いいたします。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  鶴瀬駅のエレベーターにつきましては、前にも説明したかもしれませんが、4カ所エレベーターがつくことで進めております。一つはホームにおりるエレベーターを1基つくると、それから東口に1基エレベーターを設置すると。西口につきましては、ご案内のように、中央のホールに上がるまでにまず階段がございまして、それから改札の方に行くのに10段ぐらいのまた階段があると思いますが、そこの2カ所にエレベーターをつけるということで、あとはバリアフリーを考慮した障害者トイレと、これを東武東上線と富士見市とでつくると。この鶴瀬駅の利用に関しては、本町の住民もかなり利用するということで、その人口等の利用の比率を考慮しまして負担金計上と、富士見市に負担金を払うという形になります。

  以上です。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) わかりました。

  それから、64ページの10番女性対策費なのですが、最初の報償費の中の講師謝礼です。それと、その中の14番の文化会館の使用料と関連をして質問いたしますが、この講師謝礼は、要約筆記5,000円、1人、それから手話のボランティアの方が6,000円で2人、その他もろもろの講師の謝礼ということになると思いますが、男女参画の推進会議の方たちがいろいろコーディネートして、大変すばらしい講演をやっておられるのですが、かなり最近、著名人も来て、来てというか、参加していただいております。文化会館は、これ何回分、文化会館に利用することになっているのかですが、ほとんど藤久保公民館でやられているのです。文化会館でできないのですかと言ったのですけれども、藤久保公民館が多いのです。ぜひ、文化会館があるのだから、文化会館でと思ったのですが、予算の関係なのか、その辺はどうなっているのか。

  あと、著名人がかなり参加いただいているのですが、講師の謝礼はかなり厳しいというか、これでは厳しいのではないかなというふうに思うのですが、かなり努力をされて講師をしていただいているのでしょうか。ちょっと少ないのではないかというふうに思いますが、その辺のこれからのことも踏まえていかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  16年度を例にとりますと、文化会館は1回、藤久保公民館で2回と、17年度の計画においても、文化会館は1回ということで見込んでおります。使用料も当然、1回分の使用料を計上させていただいていると。

  講師謝礼の問題でございますが、推進会議の中でいろいろ意見を出していただいて、皆さんが呼びたいという講師をできるだけお願いするようにしているわけですけれども、中にはいろいろな手づるで、先生をある程度知っているとかということもあったりしまして、それでかなり安く、値段的には協力いただいたりというケースもございます。

  また、今月の26日にやるセミナーに関しましては、生涯学習の人権の問題とタイアップしまして開催いたしますので、講師謝金については、生涯学習の方の人権に係る報償費も加えまして実施するということで、横の連携をとりながら開催させていただいているということでご理解をいただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 69ページ、70ページでちょっとお伺いしたいのですが、先に70ページの、前ページからの続きで委託の件ですけれども、保育所給食業務委託料4,300万というふうに計上されております。保育所の給食事業が委託されるのだと思うのですけれども、この件について、どういう内容で、委託先あるいはどういう内容で委託されるのか、先にお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  まず、委託の内容でございますけれども、あくまでも給食調理業務のみということになります。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) これは、この予算が決定してからの業者依頼になるのでしょうか、それとももう既に候補は挙げていらっしゃるのでしょうか、その点ちょっとお伺いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) まず、見積もりを聴取した業者は4社でございます。それで、今回の予算を通していただいた後で、これからは新たに進めさせていただくという考えでおります。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) この委託することによって、効果、子供たちの給食に対する中身というか、効果は見られるのでしょうか。その辺のご見解をお伺いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 効果そのものにつきましては、なかなか難しい部分がございます。実際に、保育所の所長さん方の話を聞きましても難しい部分がございますが、現状パートで対応しておりますので、また町としましても、そのパートの方々を引き続き業者の方にもお願いしたいというふうに考えておりますので、急な変更といいますか、変わるようなことはないというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) わかりました。

  それで、前のページの69ページの需用費と役務費に移りますけれども、需用費の賄材料費2,460万8,000円、これが賄材料費として載っているわけですけれども、委託業務ということは、賄いは材料は別というふうに解釈してよろしいのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) そのとおりでございます。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) それと、次の役務費の手数料のところですが、説明書によりますと、栄養士、所長ほかの保菌検査というふうになっております。そうしますと、今まで栄養士がいたわけですけれども、この方はそのまま、所長と同じように、委託しても町職員として残ってやっていってくださるという考え方なのでしょうか、その点お伺いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) この役務費、手数料でございますけれども、保育士の方の保菌検査等もございますので、従事者はまた別途、その委託する業者の方にお願いすることになると思います。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 答弁が後ろから出ているのだけれども。

  栄養士の保菌検査をやるわけですから、栄養士そのものは残るという考え方なのですよね。

  それから、今後ろからも声がございましたけれども、どういう形で委託事業として運営されるのかという全体像をご説明いただきたい。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  先ほども申し上げましたけれども、業務につきましては、あくまでも調理業務全般でございます。

  栄養士につきましては、ここで任意退職されるということですので、いなくなってしまいますので、新たに栄養士につきましては募集をする予定でございます。それで、当面、すぐに契約というわけにはまいりませんので、4月からとりあえず6月までの2カ月間におきましては、現在の栄養士さんに臨時で勤めていただくという予定をしております。それから、個々の細かい仕様等につきましては、近隣の市あるいは町の方の既に委託されているところを参考といたしまして、細かい部分で業者の方と詰めていきたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) これで最後にします。

  委託は委託で、それはわかりました。

  それで、今まで保育所の調理室でつくっていたわけですけれども、そのまま委託先の業者がそこへ入ってつくっていくという、そういうシステムになっているのですね。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 議員さんのおっしゃるとおりでございます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 関連で1点だけお伺いしたいと思います。

  調理師の方がすべて退職をされるので、委託に踏み切ったというような説明を以前聞いたのですけれども、何か1人だけ残っていらっしゃるというようなことも聞いているのですけれども、その方の取り扱いはどういうふうになったのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) その辺につきましては、最終的に人事とまだ詰めておりませんが、人事担当としてはほかの部署へというふうに考えているようです。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) その保育所給食業務委託の関連なのですが、まずその4,300万円の積算根拠をお願いしたいと思います。

  それと、この議会が通ってからの契約になるということなのですが、その契約をする場合に、基本的な考えというか、姿勢というか、その辺は持っていらっしゃるのかどうなのか、その辺の基本的考えについてお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  まず、委託業務といいますか、内容的なものでございますけれども、当然その人件費すべてということでございます。また、社会保険あるいは厚生年金等の福利厚生費、また消耗品、白衣ですとか履物ですとかクリーニング費、こういったものはすべて入っております。また、業務管理費として、20%のそういう経費がかかるということで、そのトータルが4,300万ということでございます。

  それから、基本的な考えということでございますけれども、この委託につきましては、急にここで浮上してきたわけではございませんで、前々から検討をされておりまして、たまたま昨年度、16年度実施につきましては1カ所のみでスタートする予定だったということですけれども、それはやっぱり好ましくないということで、歩調を合わせて3館同時に移行するのが望ましいということで、この17年度に計上させていただいたということでございます。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 12月議会にもかなり細かく質問をいたしました。そして、保育所の給食部門ということですので、かなり慎重にやらなければいけないのではないかなというふうに思います。厚生省の方も6年のときに通達を出しておりまして、今までの業務内容を落とさないということや、栄養士は必ず職員で、委託業者にしないということとか、職員の身分保障についても今までと、落とさないというか、そういうことなども言っております。それと、お弁当のように、外から持ってくるということはだめということも言っております。もちろん、今の給食室で給食の調理業務だけを委託するということですので、最後の点はないと思いますが、それから栄養士の件も、きちんと募集をして、3園の献立をするということですので、問題はないかと思うのですが、その辺の基本的な条件というか、契約に当たっての姿勢というか、それはお持ちでしょうかということです。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  当然、議員さんが言われましたようなこと、すべてクリアできるような業者と、できれば委託契約を交わしたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) それから、人件費の件なのですが、そうしますと、ほとんどパートの方なのでしょうか、1日勤務をされる方もいらっしゃるでしょうか。パート対応でされるということでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  あくまでもそれは委託先の考えることでありますので、町の方では、職員をどうこうということではなくて、要するにその張りつけ、人員の人数、張りつけ数、それとあと、先ほど言いましたけれども、現状のパートさんが働きたい意向があれば、できればそれらを引き継いでいただきたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 9番議員、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 58ページの19社会福祉協議会負担金4,955万6,000円ということでありますが、一般質問の方でもさせていただいたのですけれども、三芳町の福祉計画の5年間、そして今回、平成17年度の町長の施政方針演説の中にも、お互いの助け合いを、ともに充実した人生を送れる社会、ぬくもりのある、生きる喜びを実感できる、そんな福祉社会の創造を目指しますというようなことが、福祉計画及び平成17年度の施政方針演説で訴えられたわけなのですけれども、行政の行うところの福祉、医療、保健に関しては、民生費の中で、子供から老人の方、また障害者をお持ちの方まで、いろいろな行政の行うところの保健、医療、福祉はきっちり合っているのですけれども、もう一点の柱であるボランティアと、育成と、促進という部分に関しては、この民生費の中に科目にうたわれていないという部分に関して、恐らく社会福祉協議会の負担金の中でやられるというふうに思っております。

  そんな中で、三芳町の今後柱とする、行政が行うところの福祉、保健、医療の推進、そしてもう一点の福祉計画、そしてお互いが助け合う、地域がコアとなって助け合いながら、支え合いながらつくり上げていく、その三芳町の今後の社会の中でボランティアの位置づけと、行政はどのように考えているかを1点質問させていただきます。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 大変唐突で、難しい答弁になると思いますけれども、要は、ボランティアあるいは地域福祉につきましては、全面的に社会福祉協議会の方にお願いしている部分がございますので、町としてできることといいますと、連携ですとか補助金の額の引き上げ、そういうことだと思います。



○議長(板垣清君) 9番議員、高橋忠一君。



◆9番(高橋忠一君) 三芳町の方としては、福祉計画を平成12年度から16年度までの一応5年計画というところで推進をしてきたと。その中には、一つが、行政の行うところの、今いろいろな科目で表現されているところの、その内町内の福祉、保健、そして医療、この三つを推進しているわけなのですけれども、福祉計画においても、担当、恐らく課長のところだと思うのですけれども、ボランティアの育成と、そういうふうな一応位置づけで行ってきているわけですから、ある程度丸投げという物の考え方が、この予算の中に余りにも表現されているので、質問したわけなのですけれども、今後ある程度社協と連携をとって、現状としては、今から、平成12年度18団体あったわけなのですけれども、平成16年度末では22団体と、4団体というような状況であります。それからまた、地域のコアというような物の考え方を、まだまだちょっと不足しているのかなというふうに思いますので、その辺を行政の方で推進、今後社協を通して推進していくような方向性を強めていっていただきたいというふうに考えておりますが、その点について最後確認をして終わりにしたいと思います。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) 私の方から答弁させていただきたいと思いますが、委託いたしまして、社協は社協なりに、大分役員さんが大変熱心に取り組んでおります。私たちの委託した先まで、行政がどこまで口出しをしていいかというふうな面も懸念されるわけでございますが、いろいろな面で、会長あるいはまた常務理事等も連携を保ちながら、よりよい運営ができるように、町はやはり運営に期待はしておりますけれども、いろんな面でまた話し合いは極力持って、いろいろな状況でございますので、先ほど申し上げましたように、余り深く町が飛び込んでしまうと、やはりいろいろやりづらい面があるのではないかというような面がございますので、また議員さんおっしゃられるような面についても、十分いろいろな面で、これから話し合いの中で円滑な運営ができるようにお願いしていきたい、そのようにも考えております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 申しわけありません、先ほどの質問のところで、保育所の給食で委託をすることによって、私はちょっと、今までのこの給食に関する経費どのぐらいかかってきたかというのは、自分なりにそろばんを入れていないのですけれども、この委託することによって町の経費削減というか、削減になるのかならないのか、その点1点伺いたいと思います。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  17年度、概算でございますけれども、人件費トータルでおおよそ4,800万弱、今回この予算計上した、その額でもし万が一するとしますと、500万程度の減になるということでございます。



○議長(板垣清君) 1番議員、神田順子さん。



◆1番(神田順子君) 62ページの介護保険費、13の委託料で介護保険事業計画の策定委託料がありますが、平成26年展望の上で、18年から20年の策定ということを説明のときに伺いましたが、審議会等、健康保険の評価とか、いろいろなことに町が一番かかわっているので、町の中で策定をするのが一番いいだろうと思うのですが、どこに委託をするのか、そのあたりを伺いたいと思います。



○議長(板垣清君) 健康課長。



◎健康課長(吉野義之君) お答えいたします。

  まだ委託先については決めてございません。この内容でございますけれども、まず1に現状分析、これにつきましては、各種データ、介護保険も12年から発足し、6年を迎えるわけでございますけれども、1次、2次という形で来たわけでございますけれども、その辺の各種データの分析あるいは2期の評価、そういったものも一つ加味されます。それから、あと基礎調査、これは各種団体、それから各施設のインタビュー、あるいはケアマネジャーなどとヒアリングをして、今後どのような形だったらばふさわしいのかというふうな一つの基礎調査、それから計画原案の作成、こういったものを専門であります業者等に委託し、なおかつ策定委員会等の支援も得ながら、三芳町に合ったような計画づくりを委託していきたいと、かように思っております。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 59ページの、7番議員のちょっと関連質問なのですけれども、先ほど東武東上線の鶴瀬駅にバリアフリーのエレベーターが4カ所つくということで、それで総合的な、東武鉄道、国、それから富士見市、三芳町と4カ所で負担をし合っていくと思いますけれども、総額についてはどのくらいになりますか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  この予算の編成の段階では、2億1,000万程度というふうに見積もられておりました。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) これは、予算が通って、もし事業を着手していくとなると、大体時期的にはいつごろから始まるというふうにとらえていらっしゃいますか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  この改修というか、設置工事につきましては、東武と富士見市でやっていただくということで、時期的に具体的にいつごろということはまだ確認しておりません。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) それでは、一日も早い日を望んでいる人が多いので、その辺は要請をしておきます。

  61ページの扶助費の介護手当ですけれども、これに対して5,000円掛ける12カ月の30名という資料がありますけれども、この受給者の申請の数は大体どのくらいを見込んでいるのか、また昨年度ではどのくらいの申請受給数があったのかお尋ねします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  人数ということでございますけれども、現在25名ということでございます。

  申しわけありません。後ほどちょっとお答えさせていただきます、人数につきまして。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 先ほど来出ております保育所給食の外部委託の件ですけれども、保育所の一番上にいる責任者というのは所長だと思うのですけれども、この委託によって指揮命令系統といいますか、そのかかわりではどのような対応になるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  通常、業務の時間帯であれば、保育所長が全面的に指揮命令を出すということになると思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) そうしますと、人的な部分について委託というふうにとらえるわけなのですけれども、そこを、つまり給食の部分を束ねる人というのは設置されているのですか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) これまで、責任者と言われますのは各保育所の所長さんでございまして、また給食そのものにつきましては、管理栄養士が全責任を持っておりました。今度委託する場合に、管理栄養士につきましては町、嘱託を予定しておりますけれども、その管理栄養士、もしくは栄養士と所長との話し合いで進めていくということになると思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) そうしますと、完全な働き手の部分ということになるわけですけれども、一番の眼目である、子供たちに安全で、そしておいしい給食をということになろうかと思うのですけれども、そういう点で、開設以来ずっと町が直接やってきていたものを、今回、人的部分のみということにせよ、外部に委託をすることになる。そして、その働く場所は現在のところでやるということになると、このシステムというのは今回が初めてだと思うのです。この前の一般質問でもありましたけれども、それを聞いているところでは、保育の担当者が調べて、そしてその調査報告みたいなものがもとになって今回のような形に結びついているのだと思うのですけれども、そうすると、それらを受けて、それらを加味した、ハード面みたいな、建物でいうと仕様書みたいなものがあってしかるべきだろうというふうに思うわけですけれども、それは我々議員に、審議する側に公開しても構わないものではないかというふうに思うのですけれども、こうやって一つ一つ聞いて、一つ一つ答えて、それでも聞き漏らしがあるのだろうと思うのですけれども、その辺のきちっとした外部委託するに当たっての計画、それは先ほど来いろいろな方が質問されていましたけれども、その心配の部分を全部盛り込んでいるのではないかと見るわけですが、それらをやはり資料として、まだ22日までありますから、きちっと明らかにすべきだというふうに思いますけれども、これはぜひ議長の方でそのように取り計らっていただきたいというふうに望む次第ですけれども、ご検討いただけますか。



○議長(板垣清君) 光下議員の提案でございますけれども、この件については執行と、どこまでできるものかということもありますし、一応話し合ってみたいと思います。

  15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) では、それを待ちたいと思います。

  それから、58ページの社会福祉費の中の社会福祉総務費なのですけれども、たしか歳入のところでは、民生委員が50名から55名にふえているのではないかと思うのですけれども、ここの民生・児童委員協議会への補助金を減らしているのは何か特別な理由があるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  確かに5名増ということで、人数的にはふえております。ここで15万円ほどの減額になっておりますけれども、これにつきましては、これまで費用弁償費という形で、民生委員さんの活動費、これは2,600円これまで支出しておりましたけれども、この額を2,000円に引き下げをさせていただいたということでございます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 62ページ、社会福祉費の中の3目老人福祉費の20番扶助費、62ページなのですけれども、ぬくもり健康入浴事業、これが172万ふえているということで、これは年齢というのは、対象年齢は平成14年は60歳だったのですけれども、まず平成15年に50歳まで一度上がるというのかな、上げていただいて、そして平成16年でまた5歳しまして、55歳からということになっておりまして、今年度も55歳からということで、この172万ふえるということなのです。

  その二つ上に、地域福祉バス利用料助成事業というのがあります。これが、平成16年度は710万8,000円で、これが800万ということで、ここも89万2,000円ふえておりますけれども、よくよく考えますと、おふろに行く人というのは結構若い方が多い、65歳以下ぐらいの方が多いのかなというふうに思うのです。それで、このバス利用というのが70歳以上ということで、私が思いますのは、65歳から70歳の間の方のこういう形でのサービスというのですか、これが何か欠けているのではないかなというふうに思っているのですけれども。というのは、医療費が、65歳から69歳までのマル特、マル老はなくなりました。その中で、65歳以上の方の負担が大変ふえている中で、このサービスがないのではないかというふうに考えているのですけれども、その辺のご見解をお願いいたします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  確かに、ぬくもり健康入浴につきましては大分大幅にふえております。といいますのは、ことしの1月1日現在でございますけれども、55歳以上が1万1,844と、人口比にしまして32.89%になっております。年々その利用頻度が高くなっているということで、増加率も0.2%見込んでおります。また、地域福祉バスにつきましても、これも1月1日現在でございますが、70歳以上につきましては3,057名と、対人口比につきましては8.49という数字でございます。

  65歳から上の方たちへの福祉が欠けているのではないかというご質問でございますけれども、町として、いろいろな扶助の関係もございますので、この福祉バスだけを見ますと70歳以上ということになりますけれども、全体的には福祉サービスで、その辺は補っていただければというふうに思っておりますけれども。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) やはり、でも高齢者の方々の足の確保というか、そういうのって大変重要だと思うのですけれども、地域福祉バスの利用の助成というのをもう少し年齢を下げて、例えば65歳から、というのは、定年されて、自分たちでお給料をもらっているわけではないわけですので、ここら辺をしっかり考えていただいて、またぬくもり健康入浴事業でサービスを受けられる55歳以上という方々は、ある程度お給料もたくさんいただいている方たちではないかなというふうに思うのです。ここら辺を私は間違えてはいけないというふうに思うのですけれども、もう一度、いかがでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 議員さんのおっしゃられるとおりだと思っております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) ページは68、71、72あたりになると思いますが、保育所の臨時職員の単価がアップされました。それで、そのほかの同じ、学童保育とか児童館とかみどり学園は、学童保育がちょっと188万8,000円ほどふえておりますけれども、これは人数がふえたのか、学童、児童館、みどり学園などの臨時職員の単価の改正はないのでしょうか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 特に単価の改正は見込んでおりません。また、学童保育の関係ですけれども、こちらの方は194万円ほど増になっておりますが、これにつきましては、障害児が入室をしておりますので、そのために北永井と藤久保学童1名ずつ増員、その分でございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 64ページ、65ページの女性対策費のところで、16年度の途中で婦人会が解散したというお話を既に聞いておりますけれども、長年の歴史と伝統のこの婦人会が解散に至る経過でありますけれども、これを少し、差しさわりのない範囲で聞かせていただきたいというふうに思いますのと、これはどうでも、どうでもというか、これは説明の中にあるわけなのですけれども、女性会議のところで、普通旅費のところでは2005福井と書いてあって、福井市のようなのですが、この負担金補助になると、日本女性会議のところでは福山と書いてあるのですけれども、これは広島県の福山市だと思うのですが、これは間違いでしょう、これ。福井ではないかと思うのだけれども、福井ですか。



○議長(板垣清君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(吉野茂夫君) お答えいたします。

  後の質問ですが、福山ではなくて福井でございますので、大変申しわけありません。よろしくお願いします。

  それと、婦人会の解散の問題ですが、中の事情というのは聞いておりませんが、昨年の秋に町長あてに、婦人会をことしをもって解散させていただきたいということで、会員数の減少だとかそういうものがあって、昭和27年から発足した三芳町婦人会ですが、ここで解散ということになったということでご理解いただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) 答弁させていただきたいと思いますが、婦人会に、極端に言って、入る人がいなくなったということは跡継ぎがいないと、現に入っている婦人会の方たちだけで、だんだん年齢が上へ上がっていきますから、若い人は自由奔放で、自由にどこでも行きますし、婦人会へ入って、そんなかたい枠に縛られたくないというのが、何かそういう方が多いようでございまして、したがいまして、各支部の役員さんも、もう役員、1年交代に役員をするような状態になってしまったと。そういう状況か、なかなかこの運営も厳しさがあって、やむを得ないかなと。ですから、各支部から一つ一つ減ってきて、大変婦人会の会長さんなり副会長さん、ご苦労してかかったわけですけれども、もうこれ以上いったら仕方ないと、そんな現状でございまして、では、こればかりは、できるまでまた努力してくださいとお願いしたのですけれども、現状はそういう状況でございます。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 先ほど吉村議員さんからご質問いただきました介護手当の関係でございますけれども、人数につきましては30名で見積もりをさせていただいております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 福祉課長に、蒸し返して申しわけないのですが、ぬくもり健康入浴事業の質問に対して、内藤議員に「おっしゃるとおりです」とおっしゃったのですけれども、予算のこの中身を見直すという、大体今までの経緯を見ると、幾ら意見を申し上げましても見直したことはないのですけれども、これを、おっしゃるとおりと言う以上は、見直すという姿勢があるのかどうかお伺いします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  先ほど議員さんもおっしゃられましたけれども、前は60歳ということで、また5歳引き下げを行ったわけですけれども、これは町の方針もございますでしょうし、また財政的な絡みもございますでしょうし、個人的には議員さんのおっしゃるとおりだと思いますけれども、あくまでもそういうことでご理解をいただきたいと思いますが。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) 私とはまた意見違うのですけれども、私は、働き盛りの人が、やはりふろに入って、ゆっくり皆さんと語り合ったりして、健康を保持するというような面から5歳引き下げたわけですから、ですから、そういう面も理解していただいて、大体もう60過ぎて、65になれば、もう余裕があって、ふろへ行く人が結構いますけれども。それで、あと地域福祉バスも、70歳を65歳という、まだ65歳は定年になっても働き盛りだと思うのです。まだまだ、70歳で、私は70歳ぐらい、そういう地域バス、いいのではないかと。今度、年齢を65歳を、今度大分年齢もふえてしまいますし、現状では、意見としてはよくわかりますけれども、この現状あたりが一番よいのかなと。そのように、ちょっと若干課長との食い違い、課長の言うことも理解はしておりますけれども、一応そういうところでご理解いただきたいと、そういう考えでございます。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 町長のおっしゃるその考え方は、以前から私も理解しております。ただ、住民の方からも、内藤議員もそうだと思うのですけれども、私も聞いております。現役世代、1カ月300円として12枚、年間、3,500円がなければおふろに行かれないのかという計算になってくるのです。だったらば、高齢者の医療を何で引き上げたのだと、こんなことを常に言われます。ですから、これから検討をする中で、町長のお考えも理解できますけれども、そういったことも含めて、現役世代には月300円は頑張っていただきまして、その分を高齢者の方へ向けていただければと、そのように私は思いますけれども、どうでしょうか。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) これは、加茂議員さんの提言として承っておきたいと思っております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 先ほどの保育所関連のパートさんの賃金のことですが、保育所の方が、有資格者の臨時職員が870円から900円になりました。無資格の方は770円から820円に、調理業務も770円から820円ということで、今度委託するところがこういう計算をしているのかなというふうに思いますが、先ほども課長の方からお話ありましたように、学童保育室にも障害の方が入られたということで、金額も、パートさんもふえておりますけれども、そういう方たちが入ると。児童館についても、みどり学園は保育所ですから、同じ条件だと思うのですが、しかも特殊な、特殊というか、病弱な子を扱うわけですから、待遇は同じにするべきだというふうに思うのですが、今後の考え方についてお伺いいたします。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) パートの賃金につきましては、担当課とも十分に協議をしてまいりたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 1点だけお伺いしておきたいと思うのですが、61ページの区分19の一番下の段、ホームヘルパー養成研修受講料、これは前から私申し上げておりますけれども、この方たちがことしは何名受講されるのかということが1点と、それから、以前から、この受講された方の追跡とまでは申し上げませんけれども、どういう方が資格を取られたというくらいの記録は残しておかなければいけないのではないかと思うのです。といいますのは、これからデイサービスとか、最近も民間でできましたけれども、そういったところとか、今後デイサービスや何かもつくっていかなければならない、そういったときに、こういう方たちが大変、公費で研修を受けた方たちですので、ぜひ役に立っていただきたい、そういうふうな思いがあるものですから、そこの2点お伺いしておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) お答えいたします。

  現時点で9名の方に補助金を出しております。また、要するに、その受講者についてのリストといいますか、データにつきましては十分今後検討してまいりたいと思っております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) また言葉じりをとって申しわけありませんが、今後ということは、今まではとっていないということでございますか。



○議長(板垣清君) 福祉児童課長。



◎福祉児童課長(清水政雄君) 当然、その申請がございますので、そのときの書類というものはすべてファイリングされておりますので、いつでもデータ化はできると思います。



○議長(板垣清君) 以上で、款3民生費の質疑を終了いたします。

  質疑の途中ですが、休憩いたします。

                                      (午後 2時08分)

                                              



○議長(板垣清君) 再開いたします。

                                      (午後 2時25分)

                                              



○議長(板垣清君) 続いて、款4衛生費の質疑を行います。

  75ページから84ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 78ページ、保健衛生費の中の、目は保健衛生総務費になります。19節負担金補助及び交付金の中の、それと次のページにいきます、78ページですので、東入間医師会小児時間外救急診療所運営費ということで、このたび400万5,000円ですか、の計上をしていただいております。平成15年9月、私ども公明党におきまして、小児救急医療体制の確立を急いでいただきたいということで、1,673名の署名簿を町長に提出をしまして、この救急医療体制をつくっていただきたいということで要望しておりました。そして、今このように予算計上されたわけなのですが、大変ありがたいことだと思っております。小児時間外ということですので、これの詳しい時間帯と、あと住民への周知はどのように行われていくのかお伺いいたします。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  ただいまのご質問でございますが、小児時間外の時間ということでございますが、平日の夜間8時から10時まで、休日診療の方で開所ということでございます。

  住民のお知らせにつきましては、広報紙等でお伝えしたいと思っております。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 次に、77ページの、これは以前からありました、19節の中の川越地区の小児救急医療対策事業運営費、これが同じようにまた40万4,000円ということで予算計上されておりますが、これは今までと同じように埼玉医療センターの方の救急医療という考えでしょうか。そうしたら、ここの時間帯はどういうふうになりますでしょうか。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  時間帯でございますが、夜間6時から翌朝の8時まで、休日におきましては朝の8時から夕方の6時までということでございます。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 同じく総務費のところですけれども、76ページの区分13委託料のところ、下の方です。がん検診委託料の中の乳がん検診、説明でいきますと、説明のところに、資料の中に乳がん検診が二つに分かれておりまして、集団の委託と、それからただの乳がん検診というふうな委託とに分かれております。それで、15日の広報と一緒に配られたこの健康カレンダー、この中に乳がん検診のことが集団検診で載っておりました。そこに視触診とマンモグラフィーということで、マンモグラフィーを取り入れていただいた検査が行われるということがわかりました。40歳以上ということですが、このマンモグラフィーの検査の中身は、どういう形で集団検診を行われるのかお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  一応、120名ということを予定しておりまして、保健センターの方で集団で行いたいと思っております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 保健センターでということですが、これはバスか何かに搭載してきたものでやるのか、それとも機械を運んできて、保健センターの中で行うのですか。そこをお伺いしたいと思います、具体的に。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  一応、健康づくり事業団の方の見積もりはとってございます。バスで行いたいと思っております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) これで最後にします。

  私も一般質問させていただいて、これのマンモグラフィー検査の導入をという提言をさせていただいたわけですけれども、毎年毎年マンモグラフィーの検査は必要ないと思うのですけれども、この辺のところは、ことし申し込みがあって、検査をした人の今後の対応はどのように考えていらっしゃいますか。それを1点伺って終わりにします。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) 今回、初めてのケースでございますので、何名ぐらいの方が来るか、ちょっと予測がつきません。一応、1回限りということでやりたいとは思っております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 済みません、最後にするつもりだったのですけれども、1回限りというと、その結果によっては継続する意思もあると受けとめてよろしいのでしょうか。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) 失礼いたしました。

  1回限りと申しますのは、ほかの検診等が入っておりますので、集団でやるのは17年度については1回限りということで、これを含めまして、また今後継続していければなというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 75、76ページでお尋ねいたしますが、保健衛生総務費の中の給料の部分で、今年度は、昨年19名だったのが16人、途中で出るかもしれませんが、16人ですね。どこの係の方がいなくなるのでしょうか。

  それと、次のページの7の賃金ですけれども、臨時職員がふえております。説明書を見ますと、老人保健事業と母子保健と支援センターに配属されるようですが、この職員の減と臨時職員の増の関係、整合性があるのかどうなのかお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  最初のご質問の職員の方の19名が16名になったということでございますが、この件につきましては、保健師が3名減ということでございます。

  次の質問の臨時職員の関係でございますが、ここにつきましては、基礎健診の受診票の入力、それから母子データの入力というようなことで、臨時職員を予定しております。それから、もう一人は、地域センターの方で職員を1名予定しております。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) 80ページの環境衛生費なのですけれども、その中で負担金補助及び交付金の中で、入間東部地区衛生組合の火葬場斎場分として来年度1億1,000万ほどの負担があるわけですけれども、火葬場については、一等最初、17年の4月使用開始ということであったのですけれども、大分いろいろな関係があってずれていることは聞いているのですけれども、大体この使用開始が何年度が一応見通しがついたのかということと、当初、総事業費50億ぐらいかかるのではないかということであったのですけれども、その事業費そのものが、このずれ込みによってどのような状態になったのかということと、三芳町で最終的に負担しなければいけない金額は想定して幾らぐらいになるものか、それらについてお聞きしたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  まず最初の、何年ごろにこの火葬場の方が開設するかということでございますが、一応18年度に完成するということでございます。

  総事業費につきましては、65億ということでございます。ここにつきましては、まだここのところで、基本設計と火葬の業者が決まりまして、総額についてはまだ定かではございません。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) では、わかりました。18年度に完成で、19年度、今は17年、あと2年ぐらいで一応完成という形で解釈させていただきたいと思います。

  それで、同じく、同じページで、災害対策費の中のダイオキシン類測定調査委託料442万あるわけですけれども、ダイオキシン類、いろいろと、所沢の朝日テレビで報道されてもう久しいのですけれども、ダイオキシン類の、あの当時と今比較して少しおさまっているのか、それともあの勢いがまだまだあるのか、その辺についてちょっと、どのような動向なのか、ちょっと教えていただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  こちらの方につきましては、上富1区のゲートボール場とか、4カ所でやっているわけでございますが、基準値が0.6ピコグラム以下ということでございますので、当時よりはおさまっているというふうに解釈しております。



○議長(板垣清君) 17番議員、久保俊和君。



◆17番(久保俊和君) おさまっている、まことに結構なことなのですけれども、これは今回、三芳町の焼却炉もここで解体するわけですけれども、この測定というのは、やはりここからまだ数年先までずっと、この測定は厚生労働省か何かで義務づけられて、全国的にこれをやっているものなのか。それとも、この地域が発生源だったわけですけれども、この地域を絞ってこういったものが義務づけられているのか、その点についてお聞きしておきたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  補助金につきましては、一応14年度で終了はしております。それで、この地域ということでございますが、清掃工場だけではなく、周りにも産廃業者等がございますので、その辺も含めまして検討していきたいと、そのように思っております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 81ページの目の5の保健センター費のところなのですけれども、一番上の修繕費100万というふうに載っているのですけれども、今精神の支援センターができて、4月から移転、もう引っ越しも徐々にされていると思うのですけれども、そこにみよし工房もそちらへ移ると思っていますけれども、そうすると、みよし工房の職員あるいはセンターの所長初め、保健師さんもセンターの方へ移られますね。そうすると、あそこの事務所があくわけなのですけれども、この修繕をするのはどういう中身なのかということを1点と、あの事務所があいた後をどういうふうに考えていらっしゃるのかお伺いしたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  修繕の内容ということでございますが、ここにつきましては大分老朽化してまいりまして、雨漏りが激しいということで、特に階段のところのサッシ等からの雨漏りがございますので、そちらの修繕をしたいと思っております。

  それから、今後の保健センターということでございますが、まだ内容的には、人事の関係もございますし、総務課長の方ともちょっと協議しているところなのですが、一応健診のときだけ使いたいということで、一応今の現衛生課の方に戻りたいと、そういうふうには考えております。



○議長(板垣清君) 3番議員、加茂淳子さん。



◆3番(加茂淳子君) 今のご説明ですと、では、今事務所に使っているところは、健診以外のときはあいているという状況になるのですか。そういうふうに受けとめてよろしいのでしょうか。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) ここにつきましては、調理室の方の関係もございますし、藤久保公民館の方でそちらの受け付け等やっていただければとも考えてはいるのですが、現在のところでは一応あけるというような考え方でしております。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 予算の中身ではないのですけれども、新年度から精神障害者小規模作業所並びに支援センターがスタートするわけですけれども、この予算のつくり方という点でちょっと意見を述べたいのですが、今回、当初予算では、保健衛生総務費の中に入れ込んで予算をつくっていると思うのです。それで、例えば他の公共施設にせよ、何にせよ、恐らくすべての面で独立した施設費という形で予算をあらわしていると思うのです。せっかくの県下にも先進的なこの施設が、そうやって正式に建物を構築してスタートするのに、予算がこのような形で、どこに入っているか、よく見ないとわからないみたいなつくり方はやめるべきだというふうに思うのです。これはもう、はっきりとわかるように、鮮明に姿勢を出して、補正予算で組みかえをやって、それで総務管理費からその部分を引っこ抜いて、独立して組み立てると、こういう、6月でも、それは9月でもできると思うのですけれども、そういう予算のつくり方をすべきだというふうに思うのですけれども、いかがですか。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  この関係につきましては、当初、指定管理者制度ということでうちの方も考えてはおりましたが、いろいろお話がございまして公設公営ということになりましたので、便宜上、この保健総務費の方に中に入れたということでございます。また、18年の9月ですか、そちらになって指定管理者制が入るときになれば、またその時点で考えるようになるかと思います。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) そうしましたら、この予算をつくるときには、ことしの1月とか2月とか、そういう時点なのでしょうから、それはその時間的な差があって、このままスタートするということがあるかもしれませんけれども、公設公営でいくわけですから、明確にした方がいいのではないですか。補正予算で次にやったって、別に何か痛むわけでもないわけだから、鮮明に、この精神障害者小規模作業所費あるいは支援センター費というふうに、ぴしっとした方がいいです。それ、町長いかがでございましょう。



○議長(板垣清君) 町長。



◎町長(林孝次君) お答えいたしたいと思います。

  内部でよく検討するように指示していきたいと思っています。



○議長(板垣清君) 1番議員、神田順子さん。



◆1番(神田順子君) 76ページの報償費のところの老人保健事業の資料の方を見ると、地方計画策定講師謝礼というのがありまして、それと76ページ、同じところの役務費の中のその他通信運搬費のところに地方計画アンケート郵送料というのがあるのですが、この地方計画というのは何を指しているのでしょうか。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  この地方計画策定事業と申しますのは、健康づくり推進のために住民アンケートを実施いたしまして、保健、福祉、教育、児童の関係者により検討いたしまして、健康21、それから母子保健計画、精神保健の地方計画を策定するものでございます。したがいまして、その通信運搬費の件につきましては、住民アンケートの分でございます。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 79ページの乳幼児予防接種委託料ですけれども、これは説明では、個人接種の方に移るというような説明があったと思いますけれども、その辺について再度説明を求めます。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  乳幼児の予防接種委託料でございますが、この件につきましては、BCGの接種年齢が3カ月から4歳までかかっておりましたのが、それがゼロ歳から6カ月というふうに短くなったために、接種時期が短くなったということで個別接種というふうに変えさせていただきました。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) その辺については、確かにゼロ歳から6カ月というと、難しい部分はありますけれども、やはり受ける側の方々の選択制ということで、個人接種だけではなくて集団ということも行って、どちらでも選択できるような、そういうふうな対応も、そういう予防接種の場合、すべて個人の方にしていくのではなくて、住民の方がどちらでも選択できるような、そういう形というのもとっていくべきだと思いますけれども、その辺をまず、今後のこともありますので、求めておきます。

  続きまして、80ページの環境大気調査委託料ですけれども、平成16年の1月に行った二酸化窒素の値で見させていただいた中では、二酸化窒素が0.051ppmという箇所があると思いますけれども、その箇所はどこか。そして、私は今までずっと、この二酸化窒素は、ぜんそくとか花粉症、アレルギー、ほとんどそういう現代病と言われているものは、杉の花粉だけでは絶対起こりませんので、こういった車から出てくる、特にディーゼル車、こういったところの排気ガスから杉の花粉と合流して、そういう花粉症とかという病気になって、ですから、都内でも杉の木が多いところで花粉症が多いわけではなくて、逆のむしろ車が多いところで花粉症が多く発生するわけですけれども、この中で三芳は、私は本当に空気が悪くなってきているのがこの数字にあらわれているような気がするのですけれども、私が今までずっと追ってきた中では0.049ppmが最高だと思いましたけれども、これを超えているのは過去あったのかどうか、その2点についてお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  1点目のご質問でございますが、これは公定法と申しまして、保健センターの方で、これは平成15年度の関係になりますが、1月に2回やっておりまして、その2回目の方で0.018ppmという数字が測定されております。

  それから、2点目につきましては、そのような数字というのはちょっと記憶にございません。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 私が課長からいただいた資料の中で、二酸化窒素を見るとそういう値でしたので、今後もう一度見ていただいて、今後これをどうやって削減していくかといえば、やはり緑の雑木林などが二酸化炭素を吸ってきれいな酸素を出していくのです。ですから、こういったきれいな酸素を出すところがなくなれば、当然空気を浄化してくるものはなくなってしまうわけですから、本当にこういった面では、緑保全が私たちの命を守ると言っても、私は過言ではないと思うのですけれども、それから先ほどありましたダイオキシンの値も、確かに0.6ppm以下にはなりましたけれども、この0.6の大気の値が正しいということではないのです。やっぱり、世界を見ればこれの十分の1、まだまだ三芳は十分の1高いということで、本当に0.15ppmが検出されておりますので……



○議長(板垣清君) 吉村議員さん、それで、予算はどのようにしたらいいのですか。お話は結構ですけれども。



◆6番(吉村美津子君) その辺も、0.15ピコグラムが検出されていますので、まだまだ測定をしていかなければならないと思いますので、この辺もしっかり測定を要望しておきまして、その辺も先ほど言いましたように、大気濃度については、ダイオキシンについては、それでは何カ所測定していかれるのかお尋ねしておきます。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  ダイオキシンにつきましては、4カ所を予定しております。



○議長(板垣清君) 6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 82ページの委託料の中の一般廃棄物処理基本計画策定委託料が350万計上されておりますけれども、この内容について詳細を求めます。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  一般廃棄物基本計画の関係でございますが、ここにつきましては、今後のごみ処理と生活水処理の計画を見直す企業でございまして、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図るためにするものでございます。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) ちょっとこれは確認的なものなのですけれども、84ページの、これは工事請負費にあります、清掃費の中の工事請負費ですけれども、廃棄物循環型社会基盤施設整備事業ということで、ストックヤード施設整備工事ですけれども、1点だけちょっと、工事内容について説明を願いたいと思います。要するに、ダイオキシンがまだ残っている施設ということで、煙突の壊し方なのですけれども、近隣に対する影響の問題がありますよね。それはどのようにしてあれをなくしていくのでしょうか、その部分だけちょっと説明をしてもらいたいと思います。



○議長(板垣清君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(石畑一男君) お答えいたします。

  煙突の方の関係ですが、ここにつきましては、17年度当初といいますか、16年度排水処理の方やっておりますので、17年度になろうかと思いますが、今業者の方といろいろ話し合いはしております。その中で、煙突につきましては、やはり全部囲いまして、そのまま崩して下へ落とすというような工法でやるというふうには聞いております。



○議長(板垣清君) 以上で、款4衛生費の質疑を終了いたします。

  続いて、款5労働費、84ページから85ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 以上で、款5労働費の質疑を終了いたします。

  続いて、款6農林水産業費、85ページから89ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 88ページの循環型農業推進事業の中で、これは平地林を、下草を刈ったりとか、循環型農業の援助ということで、それに使う下草刈りの機械とか、かごとかくわとか、そういうものに対して援助をしていくもので、農業の循環型にとてもいいと思いますけれども、その辺で、この下草刈り機というのについてはどのくらいの金額で、またそれについて補助はどのくらいになるのかお尋ねいたします。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  刈り払い機ということでございますが、値段的には7万ちょっとでございます。それの、全体では3分の1の補助を見ておりますので、7万の3分の1ということになります。



○議長(板垣清君) 15番議員、光下重之君。



◆15番(光下重之君) 最初の初日の日に、農業総務費のところの産業祭補助金、これが50万円例年より少ないという理由で、前年度からの繰越金がありという説明がありました。これは、要するに単年度ごとのものだというふうに私理解していたのですけれども、前年度の繰越金があるから、翌年度は少なくなるという、今回のようなケースはこれまでなかったかに思うのですけれども、どのような会計方式をとっているのでしょうか。会計方式と言ったら大げさかもしれませんけれども、どういうふうになっているのでしょうか。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  産業祭の実行委員会の方に町の方から補助をいただくわけでございまして、今までも繰越金がございました。それで、グラウンドを整備する、グラウンドを使用するわけでございますので、雨の降った場合、グラウンドの整備だとか、そういうものにもかかるかなということで、それは雨が降らなければそういうことはないのですが、そういうことも想定をいたしまして繰越金が出ているということでございます。



○議長(板垣清君) ほかにございませんか。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 90ページの19番の負担金補助及び交付金の中の住宅改修で、ここの中で200万計上しておりますけれども、とても……



○議長(板垣清君) これは商工費です。

  7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 88ページの、これは農業振興費の中の19負担金の中ですが、88ページの一番最後に書いております森林整備地域活動支援事業なのですが、15年だったでしょうか、県からの補助4分の3と町とで、森林施業計画の参加者を求めるということで始まった事業かと思います。そして、農協に50万渡していると思いますけれども、その進捗状況といいますか、どのくらいの方がまた入られているのでしょうか。また、そして、その目的というか、最終的な参加者の最終目標というか、それはございますか。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  森林施業計画につきましては、15年度から実施したわけでございますが、現在266名の方が森林施業計画に参加をしております。面積にいたしまして、三芳町が101ヘクタールでございます。

  それから、最終目標ということでございますけれども、これにつきましては、平地林の整備ということで、下草を刈ったり、それから時によっては落ち葉を掃いたり、あるいは枯れた木を切ったりということで、そういうことをするものでございますが、何せ面積が多いものですから、1年では実施できないということで、随時農協さんの方が計画を立てながらそのような事業をしていくということでございます。



○議長(板垣清君) 7番議員、杉本しげさん。



◆7番(杉本しげ君) 町内を回りますと、最近平地林がきれいに整備されて、下草を刈って、陰樹というのですか、枯れた木をまとめたりして大変きれいになっておりますけれども、これはその関係なのでしょうか。あの作業はどなたがやっておられるのでしょうか。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  今年度も役場の周りを少しきれいにしたかと思うのですが、これにつきましては県の事業でございまして、緊急雇用対策の関係で平成16年で終わりだそうです。それで、これは県が契約をしておりまして、ことしは西川広域の森林組合か何かが整備したと思います。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 86ページ、先ほどの産業祭の繰越金ですが、今回、要するに天候が悪かったときのための、その後のグラウンド整備費を見積もって今まで来ていたということで、それが不要で繰り越されているというのですが、ここ何年かずっと、では繰り越されているかなと思うのですが、どのくらいの金額で、何年ぐらいずれてきて、今回50万減額で本年度は実施できるという、17年度は実施できるという、この予算どりになったのかどうか。もうちょっと詳しく。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  繰越金額は106万9,000円でございます。それが17年度に繰り越すということでございまして、今回50万の減額をさせていただきました。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) その前の年度はというか、2年ぐらいはどのくらい繰り越されていたのですか。106からあれば、50万の減額よりもっとできるのではないのかなというふうに思いますけれども。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  平成15年から16年が89万9,500円でございまして、16年度、単年度で計算しますと16万円の繰越金ということでございまして、単年度だけを見ると、16年度につきましては16万円ということで、そんなに多くはない金額ではないかなというふうに思っております。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 3回目ですから、もうまとめてしまいますけれども、要するに、グラウンド整備費として、単年度、500万なりの補助金というか、その予算の中で、単年度ではグラウンド整備費をどれだけ見ていたのか、グラウンド整備費以外にも予算残が出ていた部分があるのではないのかという点。

  それから、実行委員会は、大体同じ組織がそこへかかわってくるわけですけれども、単年度ごとに解散していたのではないのか、継続ずっとしている実行委員会であるのかどうか。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  グラウンドの整備費につきましては、それぞれとってはございません、その予算の範囲内の中で実施しようということでございます。

  それから、産業祭の実行委員会につきましては、実行委の会長が商工会と農業委員会と交代で会長さんをお願いしてございまして、確かに毎年人はかわります。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 要するに、悪天候でグラウンドが荒れてしまった場合、産業祭が終了した後、それを整備して、通常のグラウンド使用に耐えられる状況に戻さなくてはならないと、その分を見込んでいたということを最初言われましたよね。それは、当然天候が悪くなければ使用しないで済むわけですが、ですから、それが繰り越されてきたというような、最初の光下議員に対する説明であったようでしたので、それからすると、106万は106万ですけれども、何年かぶりとはいえ、ちょっとこの実行委員会、補助金は補助金ですけれども、中身をもうちょっと精査する必要があるのかなというふうにも思いますけれども。

  それから、会長がかわるとかかわらないではなくて、実行委員会という委員会が毎年ずっと継続されているものなのか、手続上、一たんは単年度ごとに解散して、また実行委員会立ち上げてという形で来ているのか、どちらのシステムをとっておられるのかということです。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) まず、では実行委員会の方からお答えいたします。

  実行委員会につきましては、決算監査が終了いたしますと、そこで終わるということになります。

  それから、グラウンドの関係でございますけれども、先ほどそういうのも見込んでということで答弁いたしましたけれども、何年か前に藤久保小学校で開催したときには大分大雨が降りまして、そのときは土木課でいろいろお世話になりまして、グラウンド、小学校ですので、すぐ使えるようにしたわけでございますけれども、今回、グラウンドが広いものですから、結構お金がかかるのではないかということで、その辺も担当者としては考慮に入れないといけないのかなというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) ですから、それをどのぐらい見込んでいたのかということです。それが予測しない出費ということで、グラウンドが広いからと、かなり金額を大きくとっていたということになるのだろうけれども、その辺は見込んでいないとさっきまた答弁されたから、そうすると、実際の実行委員会が進める、そういう予期せぬ事態ではなくて、ほかでこの補助金に残を生じるということになると、補助金ですから、本来ならばもっと有効に、満額使えるような形で使ってほしいというふうにもなるわけですけれども、二、三年ということで、100万から残ってしまうということについては成果が上がっていないのではないかというふうになってくる部分もありますので、その点と、それから実行委員会が単年度ごとに手続上は解散すると。実行委員会が解散した後、その繰越金はだれが管理しているのですか。それはちょっと好ましくないのではないですか。実行委員会が存続しているのならば、もちろん役職の方たちがその年度でかわるというのはいいです、組織そのものが継続しているのならいいですけれども、継続していないと、どこがその繰越金、要するに翌年度への残金を、今でいけば100万からの金をだれが管理をしているのかということになってくるのですけれども、ちょっと問題はないかなと思いますけれども、その辺のところについて。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  グラウンドにつきましては、雨の雨量とか、そういうものによって違ってくると思いますので、予算の中にこのくらい予算計上していますということはちょっとできないかなと思います。

  それから、残金の管理でございますが、これにつきましては、農協に通帳を設置しまして、農協の方に積んでおりまして、私が管理をしております。



○議長(板垣清君) 13番議員、鈴木英美君。



◆13番(鈴木英美君) 済みません、もうかなり回数いっているのですけれども、どうも内容、答弁がちょっと理解しかねる答弁。残金というか、繰越金の管理については、それは金融機関で管理するというのはいいのですが、ただ、形の上で、実行委員会が解散した後の、その100万からの残った金の管理については、それではちょっと適正な方式ではないのではないかなというふうにも思われますけれども、姿勢として。その点はどうなのかと。

  それから、グラウンドの荒れぐあいによってどのくらいかかるかわからないと言うけれども、それを見込んでいるのですから、例えば20万とか30万ぐらいを見込んでいたのだけれども、余分にかかってしまう年もあるかもしれません、それは状態が相当悪くなれば。もちろん、ほとんどかからないで、それは繰り越しになるときもある、まるっきりわからないといって予算をとるということ自体に、その予算化する姿勢がおかしいのではないのかということです。要するに、補助金だから例年どおり、今回は余りにも残金が出過ぎたから50落としたけれども、あとはもう既定のというか、既得権みたいに予算化を担当課としては出してきたということであっては、決して実行委員会に金を詰めろとかという、そういう話ではないです。これは管理の仕方、要するに補助金は補助金で、出すのは当然いいです、あれだけ町民も参加しますし、事業そのものを否定するものではないのですけれども、担当セクションとしての残金の管理と、それから予算のとり方について、とり方というのはおかしいかもしれないけれども、予算要求の仕方が、ちょっと姿勢が問題視されるのではないかなと大分心配になってきてしまったのですけれども、その点についてもう一度ご答弁をいただければと思います。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  その件につきましては、今後検討させていただきたいというふうに思います。よろしくお願いします。



○議長(板垣清君) 改めて答弁させます。

  産業振興課長補佐。



◎産業振興課長補佐(永瀬牧夫君) どうもお疲れさまです。

  産業祭の会計につきましては、役員は毎年かわるわけでございますが、繰り越しが残っているということで継続という、単年度清算ではないという考えでおります。それで、鈴木議員がおっしゃいますお金の管理でございますが、産業振興課長が責任を持って管理をしております。

  以上でございます。



○議長(板垣清君) 1番議員、神田順子さん。



◆1番(神田順子君) 済みません、87ページの体験落ち葉掃きの参加者記念品というのが4万2,000円なのですが、出ているのです。それで、昨年まではたしか参加費というところで、雑入のところに参加費というのがあって、記念品も出されていたと思うのですけれども、ことしは雑入の方に予算がのっていないのです。それで、体験落ち葉掃きをできるだけでも参加の意義があって、参加記念品は要らないと思うのですけれども、どんなものをちなみに考えているのですか。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  落ち葉掃きの参加記念品でございますけれども、平成16年度につきましてはランチボックスを参加者にお配りしました。それからあと、農協の方につきましては貯金箱ですか、それから三富協議会も共催でございますので、三富協議会では焼き芋をしたりして、今回1月30日ですか、実施したわけですけれども、そのようなことで、16年度につきましてはランチボックスを配布いたしました。



○議長(板垣清君) 以上で、款6農林水産業費の質疑を終了いたします。

  続いて、款7商工費、89ページから91ページまでの質疑を行います。

  質疑をお受けいたします。

  5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) 90ページになります、商工費、2の商工業振興費、それの19負担金補助及び交付金の中の住宅改修というのが新規で200万上がっておりますけれども、これについて詳細を伺いたいと思います。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  住宅改修費につきましては、今回初めての事業でございまして、町内の業者に、町内に住んでいる方が自宅を改修する場合には費用額の5%、限度額で10万円を補助しようというものでございます。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) このリフォームの内容というものには制約があるのでしょうか。例えば、バリアフリー化にしなければいけないというようなものがあるのかどうかお伺いいたします。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  例えば屋根の改修、あるいはトイレの改修、それから外壁、それから床の改修、内壁、天井等でございます。それから、トイレとか水回りも該当します。それから、これにつきましては、面積がふえるものについては該当をしないということで、あくまでも既設の建物について改修をするということでご理解いただきたいと思います。



○議長(板垣清君) 5番議員、内藤美佐子さん。



◆5番(内藤美佐子君) もう一点、町内事業者ということなのですけれども、この町内事業者は、例えば商工会に加入している人でなければならないだとか、そういうような制約みたいなのはありますでしょうか。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  町内に事業所と住所があれば、商工会に入っていなくても結構でございます。



○議長(板垣清君) ほかに。

  6番議員、吉村美津子さん。



◆6番(吉村美津子君) 今の関連質問ですけれども、住宅改修のことについて、この周知方法はどのようにされていくのかお尋ねしておきます。



○議長(板垣清君) 産業振興課長。



◎産業振興課長(宮寺勇君) お答えいたします。

  町の広報で周知をしたいというふうに考えております。



○議長(板垣清君) 以上で、款7商工費の質疑を終了いたします。

                                              



△延会の宣告



○議長(板垣清君) お諮りいたします。

  本日の会議日程はこの程度にとどめ延会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(板垣清君) 異議なしと認めます。

  よって、本日の会議はこれにて延会することに決定いたしました。

  ご苦労さまでした。

                                      (午後 3時17分)