議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 白岡市

平成25年  第5回(12月)定例会 11月28日−議案説明−01号




平成25年  第5回(12月)定例会 − 11月28日−議案説明−01号







平成25年  第5回(12月)定例会





            平成25年第5回白岡市議会定例会 第1日

平成25年11月28日(木曜日)
 議 事 日 程 (第1号)

 1、開  会                                              
 1、開  議                                              
 1、議事日程の報告                                           
 1、会議録署名議員の指名                                        
 1、会期の決定                                             
 1、諸報告                                               
 1、市長提出議案の報告                                         
 1、一般行政報告                                            
 1、請願第2号の上程、説明、委員会付託                                 
   請願第2号 新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書の提出について(請願者代表 住所 さいたま市浦和
         区東高砂町21―1 氏名 埼玉県新聞販売組合 組合長 市川謙示外7名)         
 1、市長提出議案の一括上程、提案理由の説明                               
   議案第73号から議案第88号まで                                  
 1、散  会                                              

〇本日の会議に付した事件
 1、請願第 2号 新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書の提出について(請願者代表 住所 さいたま市浦
          和区東高砂町21―1 氏名 埼玉県新聞販売組合 組合長 市川謙示外7名)       
 1、議案第73号 白岡市児童福祉審議会条例                               
 1、議案第74号 白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例              
 1、議案第75号 白岡市下水道条例の一部を改正する条例                         
 1、議案第76号 白岡市給水条例の一部を改正する条例                          
 1、議案第77号 白岡市コミュニティセンター及び白岡市西児童館に係る指定管理者の指定について      
 1、議案第78号 白岡市障害者デイサービスセンターに係る指定管理者の指定について            
 1、議案第79号 白岡市B&G海洋センターに係る指定管理者の指定について                
 1、議案第80号 白岡市道路線の認定について                              
 1、議案第81号 平成25年度白岡市一般会計補正予算(第3号)                     
 1、議案第82号 平成25年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)               
 1、議案第83号 平成25年度白岡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)              
 1、議案第84号 平成25年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)                 
 1、議案第85号 平成25年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)             
 1、議案第86号 平成25年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)              
 1、議案第87号 平成25年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)   
 1、議案第88号 平成25年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号) 

午前9時00分開会
 出席議員(17名)
     1番   大  島     勉  議員       2番   藤  井  栄 一 郎  議員
     4番   加  藤  一  生  議員       5番   大  ?     馨  議員
     6番   江  原  浩  之  議員       7番   野  口  克  博  議員
     8番   鬼 久 保  二  郎  議員       9番   ?  橋     弘  議員
    10番   石  原  富  子  議員      11番   菱  沼  あ ゆ 美  議員
    12番   大  倉  秀  夫  議員      13番   黒  須  大 一 郎  議員
    14番   関  根  頌  二  議員      15番   古  武  三 千 雄  議員
    16番   興     淳  明  議員      17番   仲  丸  教  子  議員
    18番   高  木  隆  三  議員

 欠席議員(1名)
     3番   遠  藤     誠  議員
                                                   
 説明のための出席者
    小  島     卓   市   長        秋  葉  清 一 郎   副 市 長

    福  原  良  男   教 育 長        平  岩  亮  司   総 合 政策
                                           部   長

    都  野  義  夫   市 民 生活        松  本  敏  幸   健 康 福祉
                 部   長                     部   長

    折  原  進  一   都 市 整備        大  橋     登   会計管理者
                 部   長

    黒  須     誠   教 育 部長
                                                   
 事務局職員出席者
    金  子  勇  二   事 務 局長        折  原  浩  幸   書   記
    山  田  真 規 子   書   記        成  田  幸  子   書   記







△開会の宣告                                (午前 9時00分)



○高木隆三議長 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第5回白岡市議会定例会を開会いたします。



                          ◇                        





△開議の宣告



○高木隆三議長 直ちに本日の会議を開きます。



                          ◇                        





△議事日程の報告



○高木隆三議長 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付いたしましたとおりであります。



                          ◇                        





△会議録署名議員の指名



○高木隆三議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、議長において

   1番  大 島   勉 議員

   2番  藤 井 栄一郎 議員

   4番  加 藤 一 生 議員

 を指名いたします。



                          ◇                        





△会期の決定



○高木隆三議長 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

  お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月17日までの20日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は20日間とすることに決定いたしました。



                          ◇                        





△諸報告



○高木隆三議長 日程第3、諸報告を行います。

  まず、本定例会に提出されました陳情書につきましてご報告いたします。「生活保護費受給者の家賃直接支払いに関する件等の陳情書」、「要支援者への予防給付を市町村事業とすることについての意見書提出に関する要望書」を印刷の上、配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、本定例会に説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、9月から11月までの議長の公務報告をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で諸報告を終わります。



                          ◇                        





△市長提出議案の報告



○高木隆三議長 日程第4、市長提出議案の報告を行います。

  本定例会に提出されました議案は、あらかじめ配付しておきました議案目録に記載されているとおりであります。これらの議案を本定例会においてご審議をいただくことといたします。

  以上で市長提出議案の報告を終わります。



                          ◇                        





△一般行政報告



○高木隆三議長 日程第5、一般行政報告を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 皆様、おはようございます。本日ここに、平成25年第5回白岡市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましてはご健勝にてご参集賜り、市政当面の重要課題につきましてご審議いただくことができますことは、市政進展のため、まことに感謝にたえない次第でございます。

  さて、11月に入り、朝晩の冷え込みは冬の到来を感じさせております。今年は夏の終わりから秋にかけて台風の影響などによる自然災害が例年に比べ多く発生しており、10月の台風26号では、伊豆大島での土石流災害で多くの犠牲者が出ました。また、海外でも甚大な被害をもたらしており、今月に入ってから台風30号の猛威により、フィリピンでの犠牲者は1万人を超すとも言われております。県内でも9月2日には越谷市、松伏町などで、9月16日には熊谷市などで竜巻が発生し、突風により住宅等への被害が出ています。当市では、9月16日の台風18号、10月の台風26号、27号と相次ぐ上陸に備え、職員を待機させ、準備を整えておりましたが、幸い大きな被害はありませんでした。被災地の皆様には心からお見舞い申し上げ、一日でも早い復興をお祈りしております。

  次に、国内の経済情勢でございますが、先週11月22日に発表された11月の月例経済報告によりますと、景気は緩やかに回復しつつあるとのことでございまして、輸出が持ち直しに向かい、家計所得や投資の増加傾向が続くなど先行きが期待されており、また消費税率引き上げに伴う駆け込み需要も見込まれるとされているようでございます。しかしながら、なかなか我々国民が実感できる景気回復の状態には至っておりませんが、今後安定した景気回復を望むところでございます。

  さて、市政におきましては、市として丸1年がたち、市制2年目に突入いたしました。役所内の各部署では、来年度の予算編成案を現在調製中でありますが、編成に当たりましては歳入確保と歳出削減に取り組み、最少の経費で最大の効果を上げるべく創意工夫を凝らすよう指示しておるところでございます。今後とも各分野においてさらなる決意と情熱を持って各種事業へ取り組んでまいりたいと存じます。

  平成25年度の各種事業につきましては、市議会議員の皆様方のご指導、ご支援によりまして順調に執行いたしておるところでございますが、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  それでは、本定例会の開会に当たり、一般行政報告を申し上げます。

  初めに、総合政策部から、平成25年給与改定についてでございます。

  人事院は、本年8月8日、国家公務員の給与等に関する報告を行いましたが、月例給については官民較差が極めて小さいこと、特別給については民間の支給割合と均衡していることから、月例給と特別給のいずれも改定を行わないこととしたため、勧告は行われませんでした。人事院が勧告を行わなかったのは、現行の官民比較方法を始めた昭和35年以来初めてとのことです。

  また、埼玉県人事委員会は、本年10月17日に職員の給与等に関する報告を行い、月例給については公民較差が小さいため改定を実施しないこととし、特別給についても民間の支給割合と概ね均衡しているため、改定を行わないこととしております。

  当市の職員給与については、従来、埼玉県や県内他市町村の状況を参考にしながら、基本的には人事院勧告に基づいた改定を行ってまいりました。

  こうした状況を踏まえ、市職員の平成25年給与改定につきましては、人事院報告及び埼玉県人事委員会報告と同様、月例給及び特別給について改定を行わないことといたしました。

  市といたしましては、今後とも適正な給与水準の維持に努めてまいりたいと考えております。

  次に、同じく総合政策部から、新地方公会計制度に基づく財務諸表についてでございます。

  新地方公会計制度につきましては、平成18年度に総務省から示された「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」において、地方の資産・債務改革の一環として、発生主義の活用、複式簿記の導入を図り、貸借対照表、行政コスト計算書、資金収支計算書及び純資産変動計算書の4表を整備するよう要請されているものです。

  市では、同指針に基づき、平成22年度決算から新地方公会計の導入を図り、財務4表を整備したところですが、今般、平成24年度決算におきましても財務4表を作成しましたので、ご報告いたします。

  市といたしましては、今後とも財務諸表の作成など財務情報の充実を図り、市民の皆様にわかりやすい財務状況の公開に努めてまいりたいと存じます。

  次に、教育部から、学校施設の耐震化完了についてでございます。

  学校施設の耐震化につきましては、児童・生徒の安全や災害時などの地域拠点施設としての観点から、平成8年度に策定した学校施設の耐震化計画に基づき、市内の学校施設の全棟数46棟のうち、耐震補強工事が必要となった27棟について順次耐震補強工事を実施してまいりました。しかし、その後の国内外における地震の発生状況、国による早期完成に向けた通達や教育施設としての重要性を鑑み、計画の前倒しを2度行いました。

  耐震補強工事の進捗状況につきましては、平成9年度から年1棟のペースで進めておりましたが、計画の前倒しに伴い、平成21年度からは概ね年3棟ずつ実施し、今年の夏休み中に実施した西小学校給食棟の耐震補強工事をもって全て完了いたしました。

  なお、学校施設の耐震化完了の情報につきましては、広報しらおか及び市公式ホームページにて周知してまいります。

  次に、同じく教育部から、白岡市生涯学習施設建設検討委員会の進捗状況についてでございます。

  白岡市生涯学習施設建設検討委員会では、本年7月31日に発足以来、10月及び11月と会議を重ね、白岡市にふさわしい生涯学習と地域コミュニティの拠点となる生涯学習施設として必要な機能、活用方法等につきまして検討を重ねております。

  また、8月及び10月に図書館機能、資料館機能等を有した複合施設の視察を実施し、施設の調査研究も進めております。

  会議における主な意見といたしましては、「市民が楽しみながら利用できる施設になれば良いと思う」、「若者に白岡に住みたいと思ってもらえる施設を造りたい」など、市民の文化芸術活動や生涯学習活動を一層育んでいくためのご意見がございました。

  今後も、会議を月1回程度開催し、生涯学習施設の早期実現に向けての調査・研究を重ね、市民の皆様の生涯学習を推進する機能配置やその活用方法につきまして答申していただきたいと考えております。

  また、生涯学習施設の整備計画が市民の皆様に対して開かれたものとなるよう、適宜情報提供を行ってまいりたいと存じます。

  以上、4件の行政報告をさせていただきましたが、議員の皆様には、今後ともいずれの案件につきましても格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。また、これから上程いたします各議案につきましては、慎重にご審議を賜りましてご決定くださいますようお願いを申し上げ、一般行政報告を終わらせていただきます。



○高木隆三議長 以上で、一般行政報告を終わります。



                          ◇                        





△請願第2号の上程、説明、委員会付託



○高木隆三議長 日程第6、請願第2号 新聞への消費税軽減税率適用を求める意見書の提出について(請願者代表 住所 さいたま市浦和区東高砂町21―1 氏名 埼玉県新聞販売組合 組合長 市川謙示外7名)の件を議題といたします。

  本請願の紹介議員であります菱沼あゆ美議員から内容説明を求めます。

  11番、菱沼あゆ美議員。

       〔11番 菱沼あゆ美議員登壇〕



◎11番(菱沼あゆ美議員) このたびの請願につきまして、紹介議員として趣旨説明をさせていただきます。

  新聞を含む文字文化は、米、水などとともに日本の国を形づくってきた基礎的な財と考えます。

  さらに、新聞はその戸別配達網によって内外のさまざまな情報を全国にくまなく、日々ほぼ同じ時刻に届けられ、国民の知る権利と議会制民主主義を下支えするとともに、文字文化の中軸の役割を果たしております。

  国土も狭く、資源も少ない我が国が世界有数の先進国となったのは、国民の伝統的な勤勉性とともに、新聞の普及と識字率の高さが学力、技術力を支える役割を長く果たしてきたことは、広くが認めるところであります。

  ヨーロッパ諸国を見ても、大半の先進国が新聞への軽減税率措置をとっており、新聞の軽減税率は常識とされております。

  現在、深刻な活字離れが進む中で、書籍とともに新聞も講読率の低下傾向にあり、新聞を全く知らないで育つ子供が増えるなど、次の世代の知的水準へ大きな影響を及ぼすものと深く憂慮されています。これに加え、今回の消費税率引き上げによって、新聞離れがさらに加速するおそれがあると危惧をいたします。

  以上のことから、消費税率が8%、10%、いずれの段階でも新聞への軽減税率を導入されることは極めて大切な施策と考え、地方自治法第99条の規定に基づき、このたび意見書を提出いたすことになりました。皆様方のご協力をいただけることを切にお願いいたしまして、趣旨説明とさせていただきます。



○高木隆三議長 紹介議員の内容説明が終わりました。

  ただいま議題となっております請願第2号の件については、会議規則第137条第1項の規定により、総務常任委員会に付託いたします。



                          ◇                        





△議案第73号〜議案第88号の上程、説明



○高木隆三議長 日程第7、議案第73号 白岡市児童福祉審議会条例から議案第88号 平成25年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)までを一括上程し、議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 それでは、今回ご提案申し上げました議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

  まず、議案第73号は白岡市児童福祉審議会条例でございます。児童福祉法第8条第3項及び子ども・子育て支援法第77条第1項の規定に基づき、白岡市児童福祉審議会を設置するため、本条例を制定するものでございます。

  議案第74号は、白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例でございます。大規模災害からの復興に関する法律の施行に伴い、同法に規定する災害派遣手当を支給するため、本条例改正の必要を認め、本案を提出するものであります。

  議案第75号は、白岡市下水道条例の一部を改正する条例でございます。消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案が成立したことに伴い、今後予定されている消費税の段階的な引き上げに対応するものです。下水道料金に係る消費税の転嫁方法につきましては、白岡市下水道事業審議会に諮問し、慎重に検討を重ねていただいたところでございます。先般この審議結果がまとまり、審議会から現在の内税方式から外税方式に改める旨の答申をお受けしたところでございます。今般その結果を踏まえ、本条例を改正するものでございます。

  議案第76号は、白岡市給水条例の一部を改正する条例でございます。消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案が成立したことに伴い、今後予定されている消費税の段階的な引き上げに係る対応と現行の料金体系の適正化を図ることについて、本年4月に設置いたしました白岡市水道料金等審議会に諮問し、慎重に検討を重ねていただいたところでございます。先般その審議結果がまとまり、審議会から水道料金等に係る消費税の転嫁方法につきましては、料金及び給水加入金とも現行水準を維持しながら現行の内税方式から外税方式に改め、またメーター使用料の廃止を含めた料金体系の見直しを行う旨の答申をお受けしたところでございます。今般その結果を踏まえ、本条例を改正するものでございます。

  議案第77号は、白岡市コミュニティセンター及び白岡市西児童館に係る指定管理者の指定についてでございます。白岡市コミュニティセンター及び白岡市西児童館の管理運営をシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社関越支店に行わせるため、指定管理者の指定をしたいので、本案を提出するものでございます。

  議案第78号は、白岡市障害者デイサービスセンターに係る指定管理者の指定についてでございます。白岡市障害者デイサービスセンターの管理運営を社会福祉法人みぬま福祉会に行わせるため、指定管理者の指定をしたいので、本案を提出するものでございます。

  議案第79号は、白岡市B&G海洋センターに係る指定管理者の指定についてでございます。白岡市B&G海洋センターの管理運営をワコー・旺栄グループに行わせるため、指定管理者の指定をしたいので、本案を提出するものでございます。

  議案第80号は、白岡市道路線の認定についてでございます。白岡地内の開発道路の帰属により、新たに路線認定の必要が生じましたので、議会の議決をお願いするものでございます。

  議案第81号は、平成25年度白岡市一般会計補正予算(第3号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,004万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ124億6,780万5,000円とするものでございます。

  議案第82号は、平成25年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2億9,993万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ51億7,520万7,000円とするものでございます。

  議案第83号は、平成25年度白岡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ10万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億6,536万7,000円とするものでございます。

  議案第84号は、平成25年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,227万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億3,676万5,000円とするものでございます。

  議案第85号は、平成25年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ110万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,877万2,000円とするものでございます。

  議案第86号は、平成25年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ542万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億9,069万3,000円とするものでございます。

  議案第87号は、平成25年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ90万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億4,804万8,000円とするものでございます。

  議案第88号は、平成25年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ4,204万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,075万円とするものでございます。

  以上が本定例会にご提案申し上げております16件でございます。この議案につきましては、担当部長から補足説明をいたさせますので、慎重にご審議の上、ご決定賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、市長提出議案の補足説明を求めます。

  まず、議案第73号について補足説明を求めます。

  松本健康福祉部長。

       〔松本敏幸健康福祉部長登壇〕



◎松本敏幸健康福祉部長 おはようございます。それでは、議案第73号 白岡市児童福祉審議会条例につきましてご説明申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の次の3枚目に添付してございます白岡市児童福祉審議会条例の概要をごらんいただきたいと存じます。

  まず、1の条例制定の理由でございますが、児童福祉法第8条第3項及び子ども・子育て支援法第77条第1項の規定に基づきまして、児童福祉に関する事項及び子ども・子育て支援に関する事項を市長の諮問に応じ、調査、審議するため、白岡市児童福祉審議会を設置するため、新たに条例を制定するものでございます。

  次に、2の条例の内容でございますが、(1)、第2条関係でございますが、審議会の所掌事務について定めるものでございます。

  次に、(2)の第3条関係でございますが、審議会の委員数を16人以内とする組織につきまして定めるものでございます。

  次に、(3)の第4条関係でございますが、審議会の委員の任期につきまして定めるものでございます。

  (4)の第5条関係でございますが、審議会の会長及び副会長の職務につきまして定めるものでございます。

  次に、(5)の第6条関係でございますが、会議のあらましにつきまして定めるものでございます。

  (6)の第7条関係でございますが、審議会の調査権限につきまして定めるものでございます。

  次に、(7)の第8条関係につきましては、審議会の庶務について定めるものでございます。

  次に、(8)の附則関係でございますが、特別職の職員で非常のものの報酬及び費用弁償に関する条例及び白岡市青少年問題協議会設置条例につきまして、白岡市児童福祉審議会条例の制定に伴いまして、あわせて改正をするものでございます。

  3の施行期日でございますが、施行期日につきましては、平成26年4月1日からとするものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第73号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第74号について補足説明を求めます。

  平岩総合政策部長。

       〔平岩亮司総合政策部長登壇〕



◎平岩亮司総合政策部長 おはようございます。それでは、議案第74号 白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案の次に添付してございます白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例の概要をお開きいただきたいと存じます。

  まず、1の改正の理由でございますが、今回の一部改正につきましては、大規模災害からの復興に関する法律におきまして、大規模な災害からの復興計画の作成等のため、国や他の地方公共団体等から災害が発生した市町村等に派遣された職員に災害派遣手当を支給できることが定められましたことに伴いまして、市に派遣された職員に対し災害派遣手当を支給するため、本条例の一部を改正するものでございます。

  次に、2、改正の概要でございますが、改正前の本条例におきましては、地方公務員法で規定する給与といたしまして、災害対策基本法、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律及び新型インフルエンザ等対策特別措置法の規定に基づき、国や他の地方公共団体等から派遣された職員に係る災害派遣手当等の支給等について定めておりましたが、本年8月に大規模災害からの復興に関する法律が施行されまして、同法第56条第1項の規定により、大規模な災害からの復興計画を策定するために派遣された職員につきましても災害対策基本法等による応急活動を行う派遣職員と同様に派遣を受ける市町村等から災害派遣手当を支給することができる旨が定められましたため、本条例の第1条に大規模災害からの復興に関する法律の規定を追加するというものでございます。

  続きまして、3の施行期日につきましては、大規模災害からの復興に関する法律が既に施行されているところから、公布の日から施行するものでございます。

  以上、簡単ではございますが、議案第74号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第75号及び議案第76号について補足説明を求めます。

  折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 それでは、議案第75号の白岡市下水道条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の次に添付してございます白岡市下水道条例の一部を改正する条例の概要をごらんいただきたいと存じます。

  初めに、1の改正の理由でございますが、今後予定されている消費税及び地方消費税の段階的な引き上げに対応するため、現在の内税方式から外税方式に改めることを下水道事業審議会に諮問し、決定を受けた内容を柱に当該条例の改正を行うため、本案を提出させていただくものでございます。

  続いて、2の改正の概要でございますが、現在、下水道使用料の算定につきましては、使用者が排除しました汚水量に応じた額としておりまして、その額は100分の5を乗じて得た額を含む内税方式としておりましたが、改正後は使用者が排除しました汚水量に応じた額を税抜きの額に改めまして、基本料金及び超過料金の合計額に消費税及び地方消費税相当額を加える外税方式とするものでございます。

  続きまして、3の施行期日等でございますが、この条例は、平成26年4月1日から施行するものとし、経過措置にて、改正後の白岡市下水道条例の規定する下水道使用料の算定は、平成26年6月1日以後に算定する下水道使用料に適用し、同日前に算定する下水道使用料につきましては従前の例による旨を規定するものでございます。

  以上で、議案第75号の概要説明とさせていただきます。

                                                   



◎折原進一都市整備部長 続きまして、議案第76号 白岡市給水条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の次に添付してございます白岡市給水条例の一部を改正する条例の概要をごらんいただきたいと存じます。

  1の改正理由でございますが、今後予定されている消費税の段階的な引き上げに対応するため、現在、内税方式となっている水道料金及び給水加入金等に係る消費税につきまして、現行の水準を維持しながら、その転嫁方法を外税方式に改め、またあわせて水道メーターの使用料を廃止し、料金に統合するなど、現行の料金体系等の見直しを図るため、本案を提出させていただくものでございます。

  続いて、2の改正の概要でございますが、(1)の第3条関係は、3階建て以上の建築物につきまして、水道メーターの戸別検針を市に委託するため、認定を受けた中高層住宅等を特殊集団住宅として、また消費税に地方消費税を加えた額を消費税等相当額としてそれぞれ定義に追加するものでございます。

  続いて、(2)の第8条関係は、第1項で給水加入金につきまして、別表第1に定める額に消費税等相当額を加えた額を徴収する旨を規定し、第2項では、当該加入金は市長が指定する期限までに納付しなければならない旨を規定したものでございます。

  (3)の第11条関係は、第1項で、給水工事費用につきまして、材料費、労力費、間接経費などの合計金額に消費税等相当額を加えた額とする旨を規定し、第2項では、第1項で定める費用のほか特別な費用を必要とするときは、その費用に消費税等相当額を加えた額を加算する旨を規定したものでございます。

  (4)の第25条関係は、第1項で、料金につきまして別表第2に定める基本料金及び超過料金の合計額に消費税等相当額を加えた額とする旨を規定し、第2項では、臨時用に係る料金につきまして別表第3に定める金額に消費税等相当額を加えた額とする旨を規定したものでございます。

  次の(5)の第32条関係は、第1項で料金の徴収方法につきまして、本文中の「集金の方法」を「口座振替の方法」に改め、第2項では、同じく本文中の「中高層集団住宅等」を「特殊集団住宅」に改めるものでございます。これは、中高層集団住宅等に係る現行の取扱規定が特殊集団住宅と定義されておりますことから、それらと名称を整合させるものでございます。

  続きまして、(6)の第33条から第42条関係は、今般のメーター使用料の廃止に伴いまして、現行条例の第33条を削ることにより、第34条以下が1条ずつ繰り上がることとなるため、それらに影響する関係条の本文及び各号で引用している条の整理を行うものでございます。

  続きまして、3の施行期日等でございますが、この条例は、平成26年4月1日から施行するものといたしまして、経過措置にて、改正後の白岡市給水条例の規定による料金の算定は、平成26年6月1日以後に算定する料金について適用し、同日前に算定する料金につきましては従前の例による旨を規定したものでございます。

  以上で、議案第76号の概要説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に議案第77号について補足説明を求めます。

  都野市民生活部長。

       〔都野義夫市民生活部長登壇〕



◎都野義夫市民生活部長 それでは、続きまして、議案第77号 白岡市コミュニティセンター及び白岡市西児童館に係る指定管理者の指定につきまして内容のご説明を申し上げます。

  コミュニティセンター及び西児童館の管理運営につきましては、平成21年4月から指定管理者制度を導入いたしておりますが、その管理期間が平成26年3月31日で満了となりますことから、次期指定管理者につきまして公募を行ったものでございます。

  応募につきましては、現在の指定管理者でありますシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社関越支店の1社でございました。選定に当たりましては、6名の職員で構成する白岡市コミュニティセンター及び白岡市西児童館指定管理者選定委員会におきまして審査を行った結果、議案書のとおりシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社関越支店を指定管理者候補者に選定したものでございます。

  3、指定の期間につきましては、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間とするものでございます。

  なお、選定に対しましては、施設管理だけではなく、児童館及び子育て拠点施設の運営という面を持ちますことから、その業務遂行能力につきましても審査を行ったところでございます。

  以上で、内容説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に議案第78号について補足説明を求めます。

  松本健康福祉部長。

       〔松本敏幸健康福祉部長登壇〕



◎松本敏幸健康福祉部長 それでは、続きまして、議案第78号 白岡市障害者デイサービスセンターに係る指定管理者の指定につきましてご説明申し上げます。

  白岡市障害者デイサービスセンターの管理運営につきましては、平成16年4月1日から指定管理者制度を導入いたしておりますが、その管理期間が平成26年3月31日で2期目の満了といたしますことから、次期の指定管理者としての施設の管理運営を行わせるに当たりまして、施設の目的を効果的かつ効率的に達成できるものとして社会福祉法人みぬま福祉会を指定管理者に選定したものでございます。

  選定に際しましては、一般公募ではなく、障害者を対象としている施設の特性やこれまでの事業運営等の実績を考慮いたしまして、この施設の安定した管理運営を確保するため、引き続き社会福祉法人みぬま福祉会から指定管理者指定申請書の提出をしていただきました。なお、提出された申請内容につきまして厳正に審査した結果、当該施設の次期の指定管理者として適格であることを認め、候補者として選定したところでございます。

  なお、指定期間につきましては、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間とするものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第78号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に議案第79号について補足説明を求めます。

  黒須教育部長。

       〔黒須 誠教育部長登壇〕



◎黒須誠教育部長 それでは、議案第79号 白岡市B&G海洋センターに係る指定管理者の指定につきましてご説明を申し上げます。

  白岡市B&G海洋センターにつきましては、平成21年4月1日から指定管理者制度を導入しておりましたが、その管理期間が平成26年3月31日で満了することから、次期の指定管理者について公募を行ったものでございます。

  応募につきましては、現在の指定管理者である共同事業体のワコー・旺栄グループの1社でございました。選定に当たりましては、5名の職員で構成する白岡市B&G海洋センター指定管理者選定委員会において審査を行った結果、ワコー・旺栄グループを指定管理者候補に選定したものでございます。

  なお、指定管理者による管理期間は、平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間でございます。

  以上、簡単でございますが、議案第79号の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第80号について補足説明を求めます。

  折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 それでは、議案第80号 白岡市道路線の認定につきましてご説明を申し上げます。

  今回の路線認定につきましては、1路線でございます。

  恐れ入りますが、議案書に添付してございます白岡市道路認定調書の2ページの認定路線案内図をごらんいただきたいと存じます。図面番号?と図示してございますところが新たに路線認定の必要となったものでございます。

  それでは、内容についてご説明申し上げますので、次の3ページをお開き願いたいと存じます。赤く色塗りをしてあります路線?につきましては、白岡地内の開発道路の帰属によりまして、延長49メートル、幅員4メートルの道路の認定を新たにお願いするものでございます。

  以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第81号について補足説明を求めます。

  平岩総合政策部長。

       〔平岩亮司総合政策部長登壇〕



◎平岩亮司総合政策部長 それでは、続きまして、議案第81号 平成25年度白岡市一般会計補正予算(第3号)の内容につきましてご説明を申し上げます。

  第1条の歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出それぞれ1,004万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ124億6,780万5,000円とするものでございます。

  第2条は、債務負担行為の補正でございます。恐れ入りますが、7ページをお開きいただきたいと存じます。まず、債務負担行為の追加といたしましては、シティプロモーション戦略策定業務委託、コミュニティセンター及び西児童館指定管理業務、B&G海洋センター指定管理業務について設定させていただくものでございます。変更といたしましては、総合運動公園除草・樹木管理業務委託及び高岩公園樹木・芝生管理業務委託について限度額を変更させていただくものでございます。

  続きまして、説明書によりまして、歳入歳出の主なものについてご説明を申し上げます。

  最初に、歳出でございます。まず、全般に関する事項でございますが、給与費におきまして、10月の人事異動及び職員数の変動による差額分につきまして、各款、項ごとに補正を組ませていただいております。また、その他、本年度の事業費の執行見込みがほぼ確定し、不用額が大きく見込まれる事業につきまして減額をさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

  それでは、個別の説明に移らせていただきますが、増額となるもののうち主なものにつきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、16ページをお願いいたします。下の段の2款1項3目広聴広報費のシティプロモーション戦略策定事業につきましては、埼玉県の緊急雇用創出基金市町村事業費補助金を活用いたしまして、シティプロモーションの計画策定に係る費用を追加するものでございます。

  次に、6目財産管理費につきましては、庁舎の自動ドア等の修繕及び照明機器のLED化に係る費用を増額するものでございます。

  次に、8目情報管理費の電子計算業務システム開発事業につきましては、法改正等に伴い、電算システムの導入費用等を増額するものでございます。

  17ページをお願いいたします。上の段の2款1項15目公共施設整備基金費につきましては、今後の公共施設の整備に対応するため、積み増しさせていただくものでございます。

  18ページをお願いいたします。下の段の3款1項2目障害者福祉費につきましては、特別障害者手当等支給事業をはじめ、各給付・支給事業について上半期の実績等を踏まえ、それぞれ増減するものでございます。

  19ページをお願いいたします。上の段の3款1項3目老人福祉費につきましては、介護給付費の増額等に伴い、介護保険特別会計への繰出金を増額するものでございます。

  20ページをお願いいたします。3款2項2目児童福祉施設費の学童保育所運営事業につきましては、学童保育所指導員に係る臨時職員賃金を増額するものでございます。

  次に、3目保育所費の保育所管理事業につきましては、過去に土地開発基金で取得した保育所用地を一般会計で買い戻すため、公有財産購入費を追加するものでございます。また、私立保育園委託事業につきましては、入所児童数の増加に伴い増額をするものでございます。

  21ページをお願いいたします。下の段の3款4項4目後期高齢者医療事業費につきましては、医療給付費の増加等に伴い、増額するものでございます。

  1ページ飛びまして、23ページをお開きいただきたいと存じます。上の段の6款1項3目農業振興費につきましては、過去に土地開発基金で取得したしらおか味彩センター用地を一般会計で買い戻すため、公有財産購入費を追加するものでございます。

  次に、中段の7款1項2目商工振興費につきましては、市のPRを図るため、白岡市商工会が開発しました推奨特産品の購入費用を追加するものでございます。

  24ページをお願いいたします。下の段、8款2項2目道路維持費の維持補修事業につきましては、道路の維持補修費を増額するものでございます。

  25ページをお願いいたします。上の段の8款4項4目公園費の白岡公園及び各街区公園等維持管理事業につきましては、遊具等の修繕及び健康遊具等の設置に係る費用を増額するものでございます。

  26ページをお願いいたします。中段の10款1項3目教育振興費につきましては、補助基準額の改定等により、私立幼稚園就園奨励費補助金を増額するものでございます。

  27ページをお願いいたします。上の段の10款2項小学校費及び下の段の3項中学校費の1目学校管理費につきましては、施設整備維持管理事業におきまして、施設設備の修繕等の費用を増額するものでございます。

  続きまして、28ページをお願いいたします。10款4項1目社会教育総務費につきましては、生涯学習施設の建設に備え、基金に積み増しをするものでございます。

  続きまして、歳入に移らせていただきます。恐れ入りますが、お戻りいただきまして11ページをお願いいたします。1款の市税につきましては、見込みがつきましたものについて、それぞれ増額をさせていただくものでございます。

  次に、下段の11款分担金及び負担金につきましては、保育所入所児童保護者負担金を増額するものでございます。

  12ページをお願いいたします。13款国庫支出金につきましては、事業の執行に合わせて増減させていただくものでございます。

  13ページから14ページ中段までの県支出金につきましても、同様に増減するものでございますが、14ページ上段の14款2項7目労働費県補助金につきましては、緊急雇用創出基金市町村事業費補助金を新たに計上してございます。

  最後に、15ページをお願いいたします。19款諸収入でございますが、消防団員公務災害補償金を増額するものでございます。

  以上で、平成25年度白岡市一般会計補正予算(第3号)の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第82号から議案第84号までについて補足説明を求めます。

  松本健康福祉部長。

       〔松本敏幸健康福祉部長登壇〕



◎松本敏幸健康福祉部長 それでは、続きまして、議案第82号 平成25年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

  第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億9,993万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ51億7,520万7,000円とするものでございます。

  次に、第2条の債務負担行為の補正でございます。恐れ入りますが、5ページをお開き願いたいと存じます。債務負担行為の追加といたしまして、国民健康保険に係る診療報酬明細書の点検業務委託につきまして設定をさせていただくものでございます。

  続きまして、説明書によりまして歳入歳出の主なものにつきましてご説明申し上げます。初めに、歳出からご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案書の11ページをお開き願いたいと存じます。

  下段の2款1項1目一般被保険者療養給付費、その下の2目退職被保険者等療養給付費につきましては、不足が見込まれるため、増額をお願いするものでございます。

  次に、12ページをお開き願います。上段の2款2項2目退職被保険者等高額療養費でございますが、退職者被保険者等の高額医療費につきましては、不足が見込まれるため、増額をお願いするものでございます。

  次の3款1項1目後期高齢者支援金、13ページへ参りまして、下段の6款1項1目介護納付金につきましては、今年度の納付額が確定をいたしましたことから増額をお願いするものでございます。

  14ページをお開き願います。上段の7款1項1目高額医療費共同事業拠出金、4目保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、決定通知に基づき増額をお願いするものでございます。

  15ページをお開き願います。11款1項3目償還金につきましては、前年度の国庫支出金の精算に伴いまして国に返還するものでございます。

  次に、歳入のご説明をいたしますので、恐れ入りますが、9ページをお開き願いたいと存じます。3款1項療養給付費等交付金につきましては、交付決定及び過年度分の確定によりまして増額をするものでございます。

  次に、4款1項前期高齢者交付金につきましては、交付決定に基づき増額をするものでございます。

  8款2項基金繰入金でございますが、保険給付費等につきましては、歳入に不足が見込まれることから増額するものでございます。

  ページ最後の9款1項繰越金につきましては、前年度の決算に伴いまして増額するものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第82号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                                                   



◎松本敏幸健康福祉部長 続きまして、議案第83号 平成25年度白岡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

  まず、第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ10万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億6,536万7,000円とするものでございます。

  次に、説明書により歳入歳出につきましてご説明申し上げます。初めに、歳出についてでございますが、恐れ入りますが、議案書の8ページをお開き願いたいと存じます。4款2項1目一般会計繰出金でございますが、歳入で受け入れました平成24年度分の後期高齢者健康診査受託料を一般会計へ返還するため、増額をお願いするものでございます。

  次に、歳入についてご説明申し上げます。恐れ入りますが、7ページをお願いしたいと存じます。4款3項受託事業収入につきましては、平成24年度分の後期高齢者健康診査の受託料が追加で支払われることに伴いまして、その受け入れ額を増額するものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第83号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                                                   



◎松本敏幸健康福祉部長 続きまして、議案第84号 平成25年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

  第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,227万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億3,676万5,000円とするものでございます。

  それでは、説明書によりまして歳入歳出の主なものにつきましてご説明申し上げます。初めに、歳出からご説明申し上げますので、恐れ入りますが、9ページをお開き願いたいと存じます。1款3項2目認定調査費等でございますが、増加する介護申請に対応するための認定調査員及び介護給付費等の適正化を図るための介護支援専門員の臨時職員賃金を増額するものでございます。

  次に、2款の保険給付費でございますが、1項1目居宅介護サービス給付費、2目の特例居宅介護サービス給付費、3目の地域密着型介護サービス給付費、5目施設介護サービス給付費、8目居宅介護住宅改修費、次の10ページに参りまして、9目居宅介護サービス計画給付費、さらにその下の2項1目介護予防サービス給付費、2目特例介護予防サービス給付費、6目介護予防住宅改修費、7目介護予防サービス計画給付費、さらに11ページに参りまして5項1目高額医療合算介護サービス費、その下の6項1目特定入所者介護サービス費につきましては、これまでの利用実績を勘案し、それぞれ保険給付費の増減をするものでございます。

  次に、3款1項1目介護給付費準備基金積立金につきましては、準備基金の運用に伴う利子分を積み立てるため、増額をするものでございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが、7ページをお開き願いたいと存じます。3款1項国庫負担金、4款1項支払基金交付金、5款1項県負担金につきましては、保険給付費の増減に伴いまして法定負担分についてそれぞれ増減を行うものでございます。

  次に、6款1項財産運用収入でございますが、介護給付費準備基金積立金の準備基金の運用に伴う利子分を増額するものでございます。

  次に、8ページに参りまして、7款1項一般会計繰入金につきましては、保険給付費が増額になりましたことから、市の法定負担分について増額するものでございます。

  続きまして、7款2項基金繰入金につきましては、歳入財源の不足額を介護給付費準備基金を取り崩しまして調整するものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第84号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第85号から議案第88号までについて補足説明を求めます。

  折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 それでは、議案第85号 平成25年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の1ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ110万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,877万2,000円とするものでございます。

  初めに、歳出につきましてご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案書の8ページをお開き願いたいと存じます。1款1項総務管理費でございますが、前年度決算に伴い、消費税確定申告の中間申告を行うに当たりまして、納付見込み額に不足が生じますことから増額をお願いするものでございます。

  次に、2款1項維持管理費でございますが、執行見込みがほぼ確定したことに伴い、不用額を減額するものでございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案書の7ページにお戻りいただきたいと存じます。3款1項繰入金でございますが、歳出に対しまして歳入が超過する額につきまして減額をするものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第85号の説明とさせていただきます。

                                                   



◎折原進一都市整備部長 続きまして、議案第86号 平成25年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の1ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ542万4,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億9,069万3,000円とするものでございます。

  初めに、歳出につきましてご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案書の8ページをお開き願いたいと存じます。1款1項総務管理費でございますが、前年度決算に伴い消費税確定申告の中間申告を行うに当たりまして、納付見込み額に不足が生じますことから増額をお願いするものでございます。

  次に、3款1項汚水管理費及び次の4款1項公債費でございますが、執行見込みがほぼ確定したことに伴い、不用額を減額するものでございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、議案書の7ページにお戻りいただきたいと存じます。4款1項繰入金でございますが、歳出に対しまして歳入が超過する額につきまして減額をするものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第86号の説明とさせていただきます。

                                                   



◎折原進一都市整備部長 続きまして、議案第87号 平成25年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の1ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ90万5,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億4,804万8,000円とするものでございます。

  初めに、歳出につきましてご説明を申し上げますので、議案書の8ページをお開き願います。2款1項総務管理費につきましては、本年10月の職員の人事異動によりまして、一般職給与を増額するものでございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明を申し上げますので、7ページにお戻り願います。2款1項繰入金につきましては、歳出の増額分に対しまして歳入が不足する額を増額するものでございます。

  以上で、野牛・高岩土地区画整理事業補正予算の説明を終わらせていただきます。

                                                   



◎折原進一都市整備部長 続きまして、議案第88号 平成25年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案書の1ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,204万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,075万円とするものでございます。

  初めに、歳出につきましてご説明を申し上げますので、議案書の8ページをお開き願います。2款1項総務管理費につきましては、一般職給与の精査によりまして共済費を減額するものでございます。

  3款1項事業費につきましては、当初予算の見込みに対し、上半期の実施によりほぼ見込みが確定してきたことにより減額をするものでございます。

  続きまして、歳入につきましてご説明を申し上げますので、7ページにお戻り願います。2款1項繰入金につきましては、歳出の減額分に対しまして歳入が超過する額を減額するものでございます。

  以上で、白岡駅東部中央土地区画整理事業補正予算の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほうをお願いしたいと思います。



○高木隆三議長 補足説明が終わりました。

  質疑は12月5日に行います。



                          ◇                        





△散会の宣告



○高木隆三議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

  ご苦労さまでした。

       散会 午前10時24分