議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 白岡市

平成25年  第3回( 6月)定例会 06月06日−議案説明・質疑−01号




平成25年  第3回( 6月)定例会 − 06月06日−議案説明・質疑−01号







平成25年  第3回( 6月)定例会





            平成25年第3回白岡市議会定例会 第1日

平成25年6月6日(木曜日)
 議 事 日 程 (第1号)

 1、開  会
 1、開  議
 1、議事日程の報告
 1、会議録署名議員の指名
 1、会期の決定
 1、諸報告
 1、市長提出議案の報告
 1、一般行政報告
 1、報告第1号の上程、説明、質疑
   報告第1号 平成24年度白岡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について
 1、報告第2号の上程、説明、質疑
   報告第2号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告
         について
 1、報告第3号の上程、説明、質疑
   報告第3号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の
         報告について
 1、報告第4号の上程、説明、質疑
   報告第4号 平成24年度白岡市水道事業会計継続費繰越計算書の報告について
 1、市長提出議案の一括上程、提案理由の説明
   議案第40号から議案第46号まで
 1、埼玉県の防災対策について(総務常任委員会報告)、図書館機能を有した生涯学習施設について(文教厚生常任
   委員会報告)及び農業生産法人について(産業建設常任委員会報告)
 1、常任委員の選任
 1、常任委員会正副委員長の互選
 1、各常任委員会正副委員長就任の挨拶
 1、日程の追加
 1、蓮田白岡衛生組合議会議員の補欠選挙
 1、日程の追加
 1、埼葛斎場組合議会議員の補欠選挙
 1、散  会

〇本日の会議に付した事件
 1、報告第 1号 平成24年度白岡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について
 1、報告第 2号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報
          告について
 1、報告第 3号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書
          の報告について
 1、報告第 4号 平成24年度白岡市水道事業会計継続費繰越計算書の報告について
 1、議案第40号 白岡市職員及び白岡市長等の給与の臨時特例に関する条例
 1、議案第41号 白岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例
 1、議案第42号 白岡市西児童館条例の一部を改正する条例
 1、議案第43号 白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例
 1、議案第44号 白岡市道路線の認定について
 1、議案第45号 白岡市道路線の廃止について
 1、議案第46号 平成25年度白岡市一般会計補正予算(第1号)
 1、埼玉県の防災対策について(総務常任委員会報告)、図書館機能を有した生涯学習施設について(文教厚生常任
   委員会報告)、農業生産法人について(産業建設常任委員会報告)
 1、常任委員の選任
 1、蓮田白岡衛生組合議会議員の補欠選挙
 1、埼葛斎場組合議会議員の補欠選挙

午前9時00分開会
 出席議員(17名)
     1番   大  島     勉  議員       2番   藤  井  栄 一 郎  議員
     3番   遠  藤     誠  議員       4番   加  藤  一  生  議員
     5番   大  ?     馨  議員       6番   江  原  浩  之  議員
     7番   野  口  克  博  議員       8番   鬼 久 保  二  郎  議員
     9番   ?  橋     弘  議員      10番   石  原  富  子  議員
    11番   菱  沼  あ ゆ 美  議員      12番   大  倉  秀  夫  議員
    13番   黒  須  大 一 郎  議員      15番   古  武  三 千 雄  議員
    16番   興     淳  明  議員      17番   仲  丸  教  子  議員
    18番   高  木  隆  三  議員

 欠席議員(1名)
    14番   関  根  頌  二  議員
                                                   
 説明のための出席者
    小  島     卓   市   長        秋  葉  清 一 郎   副 市 長

    福  原  良  男   教 育 長        平  岩  亮  司   総 合 政策
                                           部   長

    都  野  義  夫   市 民 生活        松  本  敏  幸   健 康 福祉
                 部   長                     部   長

    折  原  進  一   都 市 整備        大  橋     登   会計管理者
                 部   長

    黒  須     誠   教 育 部長
                                                   
 事務局職員出席者
    金  子  勇  二   事 務 局長        折  原  浩  幸   書   記
    山  田  真 規 子   書   記        成  田  幸  子   書   記







△開会の宣告                                (午前 9時00分)



○高木隆三議長 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第3回白岡市議会定例会を開会いたします。



                          ◇                        





△開議の宣告



○高木隆三議長 直ちに本日の会議を開きます。



                          ◇                        





△議事日程の報告



○高木隆三議長 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付いたしましたとおりであります。



                          ◇                        





△会議録署名議員の指名



○高木隆三議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、議長において

   3番  遠 藤   誠 議員

   4番  加 藤 一 生 議員

   5番  大 ?   馨 議員

 を指名いたします。



                          ◇                        





△会期の決定



○高木隆三議長 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

  お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月25日までの20日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は20日間とすることに決定いたしました。



                          ◇                        





△諸報告



○高木隆三議長 日程第3、諸報告を行います。

  まず、閉会中の議会運営委員の選任につきましてご報告いたします。議会運営委員の任期満了に伴い、委員会条例第8条第1項の規定により、藤井栄一郎議員、野口克博議員、石原富子議員、菱沼あゆ美議員、大倉秀夫議員、黒須大一郎議員、仲丸教子議員を選任いたしましたので、ご報告いたします。

  次に、議会運営委員の委員長及び副委員長の互選結果についてご報告いたします。去る5月31日に開催された議会運営委員会において、委員長に石原富子議員、副委員長に仲丸教子議員が互選されましたので、ご報告いたします。

  次に、市長から、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、白岡市土地開発公社の経営状況を説明する書類及び有限会社しらおか味彩センターの経営状況を説明する書類が提出されましたので、ご了承願います。

  次に、教育委員会から、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条第1項の規定に基づき、教育委員会の点検・評価について報告がありましたので、ご了承願います。

  次に、本定例会に説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  次に、3月から5月までの議長の公務報告をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で諸報告を終わります。



                          ◇                        





△市長提出議案の報告



○高木隆三議長 日程第4、市長提出議案の報告を行います。

  本定例会に提出されました議案は、あらかじめ配付しておきました議案目録に記載されているとおりであります。これらの議案を本定例会においてご審議いただくことといたします。

  以上で市長提出議案の報告を終わります。



                          ◇                        





△一般行政報告



○高木隆三議長 日程第5、一般行政報告を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 皆さん、おはようございます。本日ここに、平成25年第3回白岡市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましてはご健勝にてご参集賜り、市政当面の重要課題につきましてご審議をいただくことができますことは、市政進展のため、まことに感謝にたえない次第でございます。

  さて、国におきましては現在開会中の通常国会におきまして、各種の重要な政策について議論がされておるところでございます。中でも平成25年度予算は、昨年末に政権交代した自民党が景気回復を最優先し、平成24年度補正予算の成立を先行させたことから、参議院では否決となったものの、5月になってから成立しました。本予算は一般会計総額で、当初予算では過去最大の規模となっており、今後の財政出動での景気回復など、予算執行に当たり注目しておるところでございます。また、6月26日までの今通常国会の会期は延長しない方針のようでございまして、この夏の参議院議員選挙の期日もほぼ確定したとのことで、選挙に向けた活動もいよいよ活発になっていくものと思われます。

  次に、国内の経済情勢でございますが、先ごろ発表された5月の月例経済報告によりますと、円安の進展による輸出の持ち直し等により、景気は緩やかに持ち直しているようでございます。株価につきましても、安倍政権の成長戦略への投資家の期待感や景気指標の改善などが相場に弾みをつけ、一時1万5,000円台まで上昇しましたが、その後急落するなど、安定した景気回復には至っておりません。今後一部投資家のみが利益を得るだけでなく、我々国民が実感できる景気回復を望むところでございます。

  さて、市政におきましては、市として初めての新年度がスタートし、2カ月が経過いたしました。市では主要な行政課題等に迅速に対応するため、今年4月から組織の一部を改編いたしました。第5次白岡市総合振興計画に定めた土地利用基本構想の実現に向けた取り組みを進め、体制の強化を図るため、街づくり課と白岡駅西口整備・白岡西部産業団地推進室を統合、整理し、新たに街づくり課と市街地整備課を設置したところでございます。

  また、公共交通サービスの構築に向けた検討を進める組織として、企画調整課内に公共交通準備室を設置し、今年度末までに生活交通ネットワーク計画の策定に向け、関係する方々のご協力をいただきながら、地域公共交通会議を立ち上げ、5月21日には第1回目の会議が開催されたところでございます。

  さらに、図書館機能を有した生涯学習施設の整備に向けた推進体制を構築するため、生涯学習課内に生涯学習施設準備室を設置いたしました。今後はこのような体制のもと、各分野において新たな決意と情熱を持って事業への積極的な取り組みを行ってまいりたいと存じます。

  また、平成25年度の各種事業につきましては、市議会議員の皆様方のご指導、ご支援によりまして、順調に執行いたしておるところでございますが、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  それでは、本定例会の開会に当たり一般行政報告を申し上げます。

  初めに、総合政策部から、平成25年度市税の課税状況についてでございます。

  平成25年度市税の当初調定による収入見込額と予算額との比較は、市民税の個人分につきましては101.4%、固定資産税につきましては101.9%、軽自動車税につきましては107.5%、都市計画税につきましては100.2%でございます。

  次に、市民生活部から、(仮称)白岡市住民投票条例の骨子に関するパブリックコメントについてでございます。

  住民投票条例の検討につきましては、自治基本条例市民推進会議から提出されました「(仮称)白岡市住民投票条例の策定に向けた提言書」を踏まえて、住民投票条例の骨子(案)を作成し、4月24日に開催された議会全員協議会において内容等をご説明させていただいたところでございます。

  市では、議会全員協議会、自治基本条例市民推進会議及び市の部課長級職員で構成される自治基本条例庁内推進会議における意見を踏まえ、「骨子(案)」の検討及び修正を行い、別紙のとおり「(仮称)白岡市住民投票条例の骨子」を策定いたしました。

  今後は、平成25年6月10日(月)から7月10日(水)までの期間でパブリックコメントを実施し、市役所市民協働課、中央公民館、コミュニティセンター及び市公式ホームページにおいて、「骨子」を公表するとともに、市民の方からの意見を募集いたします。

  また、パブリックコメントの結果につきましては、「骨子」の公表場所と同じ施設等において、提出された意見の概要、意見に対する対応等を公表いたします。

  市では、パブリックコメントの終了後、「骨子」の内容を基本とし、パブリックコメントで提出された意見等を踏まえて条例案を作成し、例規としての審査を経た後、9月の議会定例会に上程させていただく予定でございます。

  次に、同じく市民生活部から、蓮田白岡衛生組合リサイクルプラザ併設型ストックヤードの開設についてでございます。

  平成25年3月25日に蓮田白岡衛生組合の敷地内にリサイクルプラザ併設型ストックヤード、(通称)エコプラザが竣工し、平成25年4月5日に蓮田市と白岡市のリサイクルの推進のための拠点となる施設として開館しました。

  この施設は、蓮田白岡衛生組合で策定している一般廃棄物処理基本計画の基本目標である「環境への負荷が少ない循環型社会の形成」の実現に向け、廃棄物の3Rの原則、ごみの発生・排出抑制のリデュース、再使用のリユース、再生利用のリサイクルを総合的に推進するため、国が交付している「循環型社会形成推進交付金」を活用し、平成23年度から2か年の事業として施設整備を実施したものです。

  このリサイクルプラザ併設型ストックヤードの主な機能といたしましては、家具等の再生品の常設展示及び住民のための啓発、交流場所として活用するリサイクルプラザと資源物(古紙・布類)などを適切に保管するための屋内ストックヤード、そして災害時など一時的に多量に発生する災害廃棄物を保管、選別するための屋外ストックヤードなど、多目的に利用できる複合的な機能を持つ施設となっております。

  また、リサイクルプラザの室内には、実際に市内から排出されたガラス類を利用した床面や焼却灰を利用した路盤材、剪定枝を燃料とするまきストーブや雨水の再利用設備など、家庭で取り組むこともできるような機能も有していることが特徴となっております。

  今後は、ごみの減量化、資源化の推進を図るリサイクル活動の新たな拠点として、積極的に施設を活用してまいります。

  次に、健康福祉部から、大人の風しん予防接種費用の一部助成についてでございます。

  大人の風しんの流行につきましては、既に新聞等で報道されておりますとおり、今年の感染者の報告が平成25年3月末時点で、昨年の報告数を大幅に上回り、首都圏や近畿地方で多く発生しております。患者の7割以上は男性で、うち20歳代から40歳代が8割を占めている状況であり、埼玉県におきましては、5月19日現在までに380人の感染が報告されております。

  風しんの予防接種につきましては、昭和52年に定期予防接種として開始されましたが、このときの接種対象は、中学3年生の女子に限定されておりました。その後、平成元年に男子も接種対象となり、麻しん(いわゆるはしか)・流行性耳下腺炎・風しん混合ワクチンによる接種が実施されましたが、ワクチンの副作用によりまして、平成5年に接種が一時中止となり、平成6年の予防接種法の改正により、風しん単抗原ワクチンによる接種が再開となった経緯がございます。この中止期間に接種対象であった方、特に男性の接種率が低かったため、免疫がない方への感染が拡大し、現在大人の風しんが流行している状況でございます。

  妊娠期の女性が風しんに感染いたしますと、胎児が心疾患や白内障、難聴などの障害を起こし、先天性風しん症候群となる可能性がございます。しかしながら、妊娠中は予防接種を受けられないことから、妊婦の周りにいる方が風しんを発症しないように予防に努める必要がございます。

  このような状況から、県内におきましては、5月22日現在、26市町が大人の風しん予防接種費用の一部助成を実施しておりまして、久喜市をはじめとする近隣市町でも助成を実施する予定でございます。

  当市におきましても、妊娠を予定している、または希望する19歳以上49歳以下の女性と、妊婦の配偶者で19歳以上の男性を対象に、風しんの予防接種費用の一部助成を実施いたします。

  助成額につきましては、風しん単抗原ワクチン及び麻しん・風しん混合ワクチンの接種について、1人当たり1回一律3,000円といたします。申請期間は本年4月1日にさかのぼり、平成26年3月31日までといたします。また、助成人数は1,000人を見込んでございまして、助成方法は申請による償還払いといたします。申請の受け付けは7月1日から健康増進課の窓口で開始する予定であり、現在準備を進めているところでございます。

  また、市民の方への周知につきましては、「広報しらおか」7月号、市ホームページ等を通じてお知らせする予定でございます。

  以上4件の行政報告をさせていただきましたが、議員の皆様には、今後ともいずれの案件につきましても、格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  あと、これから上程いたします各議案につきまして、慎重にご審議を賜りまして、ご決定くださいますようお願い申し上げ、一般行政報告を終わらせていただきます。



○高木隆三議長 以上で一般行政報告を終わります。



                          ◇                        





△報告第1号の上程、説明、質疑



○高木隆三議長 日程第6、報告第1号 平成24年度白岡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての件を議題といたします。

  提出者から報告内容の説明を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 報告第1号は、平成24年度白岡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

  平成24年度に執行が完了しなかった橋梁長寿命化事業ほか6事業について、総額で2億1,109万1,000円を平成25年度に繰り越ししたので報告するものでございます。

  よろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって報告内容の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  以上で、報告第1号 平成24年度白岡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についての件は報告済みといたします。



                          ◇                        





△報告第2号の上程、説明、質疑



○高木隆三議長 日程第7、報告第2号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての件を議題といたします。

  提出者から報告内容の説明を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 報告第2号は、平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

  平成24年度に執行が完了しなかった測量・設計・管理委託事業の3,250万円を平成25年度に繰り越ししたので、報告するものでございます。よろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって報告内容の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  以上で、報告第2号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての件は報告済みといたします。



                          ◇                        





△報告第3号の上程、説明、質疑



○高木隆三議長 日程第8、報告第3号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての件を議題といたします。

  提出者から報告内容の説明を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 報告第3号は、平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

  平成24年度に執行が完了しなかった物件等補償事業の1,766万9,000円を平成25年度に繰り越ししたので、報告するものでございます。よろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって報告内容の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  以上で、報告第3号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての件は報告済みといたします。



                          ◇                        





△報告第4号の上程、説明、質疑



○高木隆三議長 日程第9、報告第4号 平成24年度白岡市水道事業会計継続費繰越計算書の報告についての件を議題といたします。

  提出者から報告内容の説明を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 報告第4号は、平成24年度白岡市水道事業会計継続費繰越計算書の報告についてでございます。

  平成24年度から平成26年度まで継続費を設定しております配水ポンプ更新事業のうち、平成24年度内に完了しなかった1億1,109万円を平成25年度に繰り越ししたので、報告するものでございます。よろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって報告内容の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  以上で、報告第4号 平成24年度白岡市水道事業会計継続費繰越計算書の報告についての件は報告済みといたします。



                          ◇                        





△議案第40号〜議案第46号の上程、説明



○高木隆三議長 日程第10、議案第40号 白岡市職員及び白岡市長等の給与の臨時特例に関する条例から議案第46号 平成25年度白岡市一般会計補正予算(第1号)までを一括上程し、議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。

  小島市長。

       〔小島 卓市長登壇〕



◎小島卓市長 それでは、今回ご提案申し上げました議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

  議案第40号は、白岡市職員及び白岡市長等の給与の臨時特例に関する条例でございます。平成24年4月から実施されております国家公務員の給与減額支給措置を踏まえ、職員及び市長等の給与の減額支給措置を実施することに伴い、本条例を制定するものでございます。

  議案第41号は、白岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例でございます。建築基準法第68条の2第1項及び都市緑地法第39条第1項の規定に基づき、地区計画の区域内における建築物の敷地、用途及び緑化に関する制限を定めることにより、適正な都市機能と健全な都市環境を確保するため、本条例の全部を改正するものでございます。

  議案第42号は、白岡市西児童館条例の一部を改正する条例でございます。西児童館の業務に子育て支援に関することを加えることに伴い、本条例を改正するものでございます。

  議案第43号は、白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例でございます。新型インフルエンザ等対策特別措置法第44条の規定に基づき、新型インフルエンザ等緊急事態措置の実施のため、市に派遣された職員に対し、新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を支給するため、本条例を改正するものでございます。

  議案第44号は、白岡市道路線の認定についてでございます。荒井新田地内の白岡西部産業団地の整備に伴う道路の帰属により、新たに路線認定の必要が生じましたので、議会の議決をお願いするものでございます。

  議案第45号は、白岡市道路線の廃止についてでございます。荒井新田地内の白岡西部産業団地の道路帰属に伴い、路線を廃止する必要が生じましたので、議会の議決をお願いするものでございます。

  議案第46号は、平成25年度白岡市一般会計補正予算(第1号)でございます。今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ339万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ121億9,939万5,000円とするものでございます。

  以上が、本定例会にご提案申し上げております7件でございます。この議案につきましては、担当部長から補足説明をいたさせますので、慎重にご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げまして提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、市長提出議案の補足説明を求めます。

  まず、議案第40号について補足説明を求めます。

  平岩総合政策部長。

       〔平岩亮司総合政策部長登壇〕



◎平岩亮司総合政策部長 それでは、議案第40号 白岡市職員及び白岡市長等の給与の臨時特例に関する条例につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案の3ページの後にございます条例の概要をごらんいただきたいと存じます。

  まず、1、条例制定の理由でございますが、平成24年2月29日に公布されました国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律に基づき、平成24年4月から平成26年3月までの2年間実施されております国家公務員の給与の減額支給措置を踏まえまして、一般職の職員及び市長等の給与を減額して支給するため、本条例を制定するものでございます。

  次に、2、条例の概要でございますが、(1)、第2条関係のアにつきましては、第2条第1項関係でございまして、平成25年7月1日から平成26年3月31日までの特例期間におきまして、一般職の職員について職務の級に応じた給与の減額支給措置を実施するものでございます。

  内容といたしましては、職務の級が2級以下の職員、主事クラスの職員になりますけれども。につきましては3%の減額、職務の級が3級から5級までの職員、主任、主査、主幹、課長補佐クラスになりますが。につきましては5.7%の減額、職務の級が6級以上の職員、副課長、課長、参事、部長につきましては、8%の減額とするものでございます。

  次に、イにつきましては、第2条第2項関係でございまして、疾病等で休職となっている職員についても、特例期間中はそれぞれの職務の級に応じた減額支給措置を実施するものでございます。

  次に、ウにつきましては、第2条第3項関係でございまして、特例期間中は時間外勤務手当、休日勤務手当などにおける勤務1時間当たりの給与額を算定するに当たりまして、それぞれの職務の級に応じた支給減額率に基づき減額されました給料月額により算定することとするものでございます。

  次に、(2)、第3条関係につきましては、白岡市職員の育児休業等に関する条例の特例を定めるものでございまして、職員が子の育児のために部分休業を取得し、勤務しない時間について給与を減額する場合において、勤務1時間当たりの給与額を算定するに当たりまして、特例期間中はそれぞれの職務の級に応じた支給減額率に基づき減額された給料月額により算定することとするものでございます。

  次に、(3)、第4条関係につきましては、白岡市職員の勤務時間、休日休暇に関する条例の特例を定めるものでございまして、職員が家族の介護のための介護休暇を取得し、勤務しない時間について給与を減額する場合において、勤務1時間当たりの給与額の算定に当たりまして、先ほどの部分休業の場合と同様、特例期間中はそれぞれの職務の級に応じた支給減額率に基づき減額された給料月額により算定することとするものでございます。

  次に、(4)、第5条及び第6条関係につきましては、市長、副市長及び教育長の特例期間中の給与の支給減額率を定めるものでございまして、それぞれ5%の減額を実施するものでございます。なお、市長、副市長及び教育長につきましては、既に4月から市長が10%、副市長が5%、教育長が3%の減額を実施しておりますので、今年7月から来年3月までの減額率は、次のページをめくっていただきまして、2ページの一番下にございます4、その他の(2)のとおり、市長が15%、副市長が10%、教育長が8%となるものでございます。

  次に、同じく2ページをそのままごらんいただきたいと存じます。(5)、第7条関係につきましては、給与の減額される金額を算定する際の端数計算の規定を定めたものでございます。

  次に、3、施行期日でございますが、本条例の施行期日を平成25年7月1日とするものでございます。

  最後に4、その他の(1)でございますが、このたびの給与の減額措置は、原則として給料月額を減額するものでありまして、地域手当、管理職手当、期末・勤勉手当には減額措置を適用させないこととするものでございます。

  なお、参考までに申し上げますと、この減額支給措置により、職員の給料分で約4,500万円、市長等で約90万円の減額となります。また、職員の減額率を平均いたしますと、平均で約5.6%となるものでございます。

  以上、白岡市職員及び白岡市長等の給与の臨時特例に関する条例についての説明とさせていただきます。よろしくご審議をいただきまして、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第41号について補足説明を求めます。

  折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 それでは、議案第41号 白岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例につきましてご説明申し上げます。

  本条例案は、従来の白岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例を基本に、改正する内容や新たに盛り込まれる規制等を精査したところ、大幅な見直しとなるため、既存条例の全部を改正し、本案をご提出させていただくものでございます。

  恐れ入りますが、議案書の次に添付してございます白岡市地区計画区域内における建築物の制限に関する条例の概要をごらんいただきたいと存じます。

  1の改正の理由でございますが、既に都市計画法の規定によりまして地区計画が定めてあります白岡西部産業団地地区を、本条例の適用区域に加えるものでございます。また、当該地区計画で建築物に関する規定のほか、都市緑地法に基づく緑地に関する規定が定められていますことから、新たに規定を設けるものでございます。なお、これら以外の部分につきましては、建築基準法との整合を図るため、規定を加えるとともに、条の整理を行うものでございます。

  次に、2の改正の概要でございますが、(1)の第1条の関係は、従来から定められているもののほか、都市緑地法について規定を定めるものでございます。

  (2)の第2条関係は、本条例を適用するに当たり、認識を共通にしておく必要がある用語の定義を定めるものでございます。

  (3)の第3条関係は、本条が適用される区域を定めておりまして、白岡西部産業団地地区を加えるものでございます。

  (4)の第4条から第9条関係は、建築物に関する項目でございまして、法令との整合を図り、文言整理を行うものでございます。

  (5)の第10条から第14条関係は、緑化に関する項目を新たに規定するものでございまして、?の第10条関係は、建築物の緑化施設の面積の敷地面積に対する割合を緑化率と申しますが、この緑化率の最低限度及び緑化率の基礎となります緑化施設の面積の算出方法を定めるものでございます。?の第11条関係は、都市緑地法施行令で緑化率を条例化する際には除外規定を定めることとなっておりますことから、緑化率の最低限度の適用除外を定めるものでございます。?の第12条関係は、緑化施設の管理方法の基準を定めるものでございます。?の第13条関係は、緑化の規定に違反した場合の措置を定めるものでございます。?の第14条関係は、報告及び立入検査を行うことができる旨を定めるものでございます。

  (6)の第15条から第17条関係は、建築物の敷地が区域の内外及び計画区域が2以上にわたる場合の取り扱いを引き続き規定するものでございます。

  (7)の第18条から第22条関係は、既存建築物に対する取り扱いについて、基本的な事項を引き続き規定するものでございます。

  3の施行期日でございますが、本条例は平成25年8月1日から施行するものでございます。

  以上で議案第41号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第42号及び議案第43号について補足説明を求めます。

  松本健康福祉部長。

       〔松本敏幸健康福祉部長登壇〕



◎松本敏幸健康福祉部長 それでは、議案第42号 白岡市西児童館条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

  白岡市西児童館につきましては、児童福祉法に定める児童厚生施設として児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、情操を豊かにすることを目的に設置しておりまして、平成21年度からは指定管理者による管理運営を行っているところでございます。この西児童館内では、地域子育て支援拠点「らぶちる」を設置いたしまして、平成23年度から子育て支援に関する業務を行っております。

  それでは、議案の次に添付してございます白岡市西児童館条例の一部を改正する条例の概要に基づきましてご説明申し上げたいと存じます。恐れ入りますが、概要をお開き願いたいと存じます。

  まず、1の改正の理由でございますが、西児童館の業務に地域子育て支援拠点で実施しております子育て支援に関する業務を加え、指定管理者による業務の一体的な管理運営を行うため、条例の一部を改正するものでございます。

  次に、2の改正の概要でございますが、西児童館の業務を規定しております第2条第4号に、子育て支援に関することを加えるものでございます。

  次に、3の施行期日につきましては、改正条例の施行日を平成26年4月1日とするものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第42号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                                                   



◎松本敏幸健康福祉部長 続きまして、議案第43号 白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

  議案書の次に添付してございます白岡市災害派遣手当等の支給に関する条例の一部を改正する条例の概要に基づきましてご説明申し上げたいと存じます。恐れ入りますが、概要をお開き願いたいと存じます。

  まず、1の改正の理由でございますが、今回の一部改正につきましては、新型インフルエンザ等対策特別措置法第44条の規定に基づきまして改正を行うものでございまして、新型インフルエンザ等緊急事態措置の実施のため、市に派遣された職員に対し、新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を支給するため、本条例の一部を改正するものでございます。

  次に、2の改正の概要でございますが、新型インフルエンザ等が発生し、市がインフルエンザ等緊急事態措置を実施すべき区域となった場合、市民の生命及び健康を保護し、市民生活等に及ぼす影響が最少となるように、新型インフルエンザ等緊急事態措置を実施することになります。なお、その場合、市が必要がある場合は、国等の機関に対して職員の派遣を要請することができることとなっております。このことから、派遣された国等の職員に対しまして、新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を支給するため、同手当を支給する規定を追加をするというものでございます。

  次に、3の施行期日につきましては、改正条例の施行日を公布の日からとするものでございます。

  以上、簡単でございますが、議案第43号の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第44号及び議案第45号について補足説明を求めます。

  折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 それでは、議案第44号 白岡市道路線の認定につきましてご説明を申し上げます。

  今回の市道路線の認定につきましては、6路線でございます。恐れ入りますが、議案書に添付してございます白岡市道路認定調書2ページの認定路線案内図をごらんいただきたいと存じます。図面番号?から?と図示してございますが、白岡西部産業団地の整備に伴う道路の帰属により、新たに路線認定が必要となったものでございます。

  それでは、内容につきましてご説明申し上げますので、次の3ページをお開き願います。赤く色塗りをしてあります路線につきまして、?から?につきましては、白岡西部産業団地内の道路の帰属により新たに認定をお願いするものでございます。番号?から?につきましては、?から?の帰属に伴いまして重複する路線ができてしまうことから、現路線を廃止し、路線を分けて認定をお願いするものでございます。

  以上で議案第44号の説明を終わらせていただきます。

                                                   



◎折原進一都市整備部長 続きまして、議案第45号 白岡市道路線の廃止につきましてご説明を申し上げます。

  今回の市道路線の廃止につきましては、1路線でございます。恐れ入りますが、議案書に添付してございます白岡市道路廃止調書2ページの廃止路線案内図をごらんいただきたいと存じます。図面番号?と図示してございますが、赤く色塗りをしてあります路線につきまして、白岡西部産業団地の道路の帰属に伴い廃止をするものでございます。

  それでは、内容をご説明申し上げますので、次の3ページをごらんいただきたいと存じます。廃止路線の場所につきましては、白岡西部産業団地の北側でございます。廃止路線自体は開発区域外ではございますが、区域内の道路により分断されることから、現路線の廃止が必要となり、議会の議決をお願いするものでございます。

  以上で議案第45号の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第46号について補足説明を求めます。

  平岩総合政策部長。

       〔平岩亮司総合政策部長登壇〕



◎平岩亮司総合政策部長 それでは、議案第46号 平成25年度白岡市一般会計補正予算(第1号)の内容につきましてご説明を申し上げます。

  第1条の歳入歳出予算の総額につきましては、歳入歳出それぞれ339万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ121億9,939万5,000円とするものでございます。

  続きまして、説明書によりましてご説明をさせていただきます。最初に、歳出でございます。恐れ入りますが、8ページ、一番最後のページをごらんいただけますでしょうか。2款1項13目自治振興費につきましては、地域のコミュニティ活動に関する備品の整備を行う団体に対し、補助するものでございます。

  次の4項3目参議院議員選挙費につきましては、開票事務の迅速化を図るため、投票用紙読み取り分類機を購入するための経費を計上するものでございます。

  続きまして、歳入でございます。恐れ入りますが、7ページ、1ページ前ををお開きください。17款2項1目財政調整基金繰入金につきましては、歳入が歳出に不足する分を繰り入れるものでございます。

  次の19款4項2目雑入のコミュニティ助成金につきましては、コミュニティ助成事業に係る財団法人自治総合センターからの助成金でございます。

  以上で、平成25年度白岡市一般会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○高木隆三議長 補足説明が終わりました。

  質疑は13日に行います。



                          ◇                        





△埼玉県の防災対策について(総務常任委員会報告)、図書館機能を有した生涯学習施設について(文教厚生常任委員会報告)及び農業生産法人について(産業建設常任委員会報告)



○高木隆三議長 日程第11、総務常任委員会付託の特定事件、埼玉県の防災対策について、文教厚生常任委員会付託の特定事件、図書館機能を有した生涯学習施設について及び産業建設常任委員会付託の特定事件、農業生産法人についての件を一括議題といたします。

  お諮りいたします。本件についての委員長報告は、会議規則第41条第3項の規定により省略することにしたいと思います。

  これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしはと認めます。

  よって、委員長報告は省略することに決定いたしました。

  なお、会議規則第105条の規定により議長に提出されました各委員会報告書をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で、総務常任委員会、文教厚生常任委員会及び産業建設常任委員会付託の特定事件については報告済みといたします。



                          ◇                        





△常任委員の選任



○高木隆三議長 日程第12、常任委員の選任を行います。

  現在の各常任委員会の任期は5月8日までとなっておりますので、新たな委員の選任を行います。

  常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定に基づき、議長の指名により行います。

  まず、総務常任委員に、

   加 藤 一 生 議員   江 原 浩 之 議員   野 口 克 博 議員

   関 根 頌 二 議員   仲 丸 教 子 議員   高 木 隆 三 議員

  以上6名の方々を、次に文教厚生常任委員に、

   遠 藤   誠 議員   ? 橋   弘 議員   石 原 富 子 議員

   菱 沼 あゆ美 議員   大 倉 秀 夫 議員   興   淳 明 議員

  以上6名の方々を、次に産業建設常任委員に、

   大 島   勉 議員   藤 井 栄一郎 議員   大 ?   馨 議員

   鬼久保 二 郎 議員   黒 須 大一郎 議員   古 武 三千雄 議員

  以上6名の方々を、次に議会広報常任委員に、

   大 島   勉 議員   加 藤 一 生 議員   大 ?   馨 議員

   江 原 浩 之 議員   鬼久保 二 郎 議員   菱 沼 あゆ美 議員

   仲 丸 教 子 議員

  以上7名の方々をそれぞれ指名いたします。



                          ◇                        





△常任委員会正副委員長の互選



○高木隆三議長 次に、各常任委員会の委員長及び副委員長の互選を行います。

  正副委員長の互選については、委員会条例第9条第2項の規定により、各常任委員会において互選していただき、その結果を議長に報告願います。

  なお、任期満了による委員会でありますので、委員長が互選されるまでの間、委員会条例第10条第2項の規定により年長の委員が臨時委員長の職務を行うことになっておりますので、よろしくお願いいたします。

  正副委員長互選のため暫時休憩いたします。



       休憩 午前 9時58分



       再開 午前11時05分





○高木隆三議長 現在員17名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。

  各常任委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を事務局長から報告いたさせます。



◎金子勇二議会事務局長 それでは、ご報告申し上げます。

  総務常任委員会委 員 長      江 原 浩 之 議員

         副委員長      加 藤 一 生 議員

  文教厚生常任委員会委 員 長    大 倉 秀 夫 議員

           副委員長    菱 沼 あゆ美 議員

  産業建設常任委員会委 員 長    黒 須 大一郎 議員

           副委員長    鬼久保 二 郎 議員

  議会広報常任委員会委 員 長    仲 丸 教 子 議員

           副委員長    大 ?   馨 議員

  以上でございます。



                          ◇                        





△各常任委員会正副委員長就任の挨拶



○高木隆三議長 ただいま事務局長から報告のあったとおり、正副委員長が決まりました。ここで各委員長及び副委員長のご挨拶をお願いしたいと思います。

  なお、本日諸報告にてご報告させていただきました議会運営委員会正副委員長から順次ご挨拶をお願いいたします。

  まず、議会運営委員長、石原富子議員。

       〔石原富子議会運営委員長登壇〕



◎石原富子議会運営委員長 議会運営委員長に選任をさせていただきました石原富子でございます。

  白岡が市になりまして、この市議会が内外ともに今注目を集めております。議会改革も着々と進んでまいりまして、今議会からは一般質問の方法の変更、そしてインターネット中継が来年には予定されております。議長、それから副委員長様の皆さんのご協力、そして議員の皆さんのご協力を得ながら、円滑な議会運営を進めてまいりたいと思いますので、どうぞ皆様のご協力、よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、議会運営副委員長、仲丸教子議員。

       〔仲丸教子議会運営副委員長登壇〕



◎仲丸教子議会運営副委員長 議会運営委員会の副委員長にご推薦いただきました仲丸教子でございます。

  先ほどの委員長のご挨拶にもありましたように、市議会の仲間入りをさせていただき、これからいろいろと大きな視野で議会運営も議会改革も進めていかなければならないと思っております。委員長を補佐し、ますます白岡市議会が発展できますよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、総務常任委員長、江原浩之議員。

       〔江原浩之総務常任委員長登壇〕



◎江原浩之総務常任委員長 先ほど総務常任委員会におきまして、委員の皆様から委員長という指名を、推挙いただきました江原浩之でございます。

  総務常任委員会は、大きな意味でかなめとなっていることと存じます。その職責をつつがなく行いたいと思いますので、委員の皆さんのご協力、また議員の皆様のお力添えを切にお願い申し上げまして、就任の挨拶とかえさせていただきます。ありがとうございました。



○高木隆三議長 次に、総務常任副委員長、加藤一生議員。

       〔加藤一生総務常任副委員長登壇〕



◎加藤一生総務常任副委員長 総務常任委員会副委員長になりました加藤と申します。

  総務常任委員会の円滑な遂行のため、委員長に協力して活動を続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、文教厚生常任委員長、大倉秀夫議員。

       〔大倉秀夫文教厚生常任委員長登壇〕



◎大倉秀夫文教厚生常任委員長 ただいま文教厚生委員長に推薦されました大倉と申します。

  ただ、私先ほども挨拶の中に、委員長だからどうのこうのではなくて、皆さんが委員長になったつもりで、この議会の全員の協力、また市役所職員の協力をいただきまして、一生懸命副委員長とやっていきますので、よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、文教厚生常任副委員長、菱沼あゆ美議員。

       〔菱沼あゆ美文教厚生常任副委員長登壇〕



◎菱沼あゆ美文教厚生常任副委員長 皆様の推薦をいただきまして副委員長をさせていただくことになりました菱沼あゆ美です。

  不慣れな中ではございますけれども、委員長のしっかり補佐をできるように、また皆様方のご協力をいただきながら一生懸命努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 次に、産業建設常任委員長、黒須大一郎議員。

       〔黒須大一郎産業建設常任委員長登壇〕



◎黒須大一郎産業建設常任委員長 産業建設委員長になりました黒須大一郎です。

  委員の皆さんをはじめ議員の皆さんにご協力をいただいて、しっかりとした委員会運営をしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、産業建設常任副委員長、鬼久保二郎議員。

       〔鬼久保二郎産業建設常任副委員長登壇〕



◎鬼久保二郎産業建設常任副委員長 ただいま産業建設副委員長に選任されました鬼久保と申します。

  白岡の市政の財政を担う産建ですので、一生懸命貢献したいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、議会広報常任委員長、仲丸教子議員。

       〔仲丸教子議会広報常任委員長登壇〕



◎仲丸教子議会広報常任委員長 議会広報常任委員長にご推挙いただきました仲丸教子でございます。

  議会だよりは、市民の皆さんと議会を結ぶパイプの役割を果たす重要なものだと思っております。多くの市民の皆さんに読んで楽しんでいただけるような、そういう広報づくりを目指して、皆さんと力を合わせて頑張っていきたいと思います。どうぞ皆さんのご協力、よろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 次に、議会広報常任副委員長、大?馨議員。

       〔大? 馨議会広報常任副委員長登壇〕



◎大?馨議会広報常任副委員長 このたび議会広報常任委員会副委員長を仰せつかりました大?でございます。

  今委員長おっしゃいましたように、議会と市民をつなぐ大事な広報でございます。委員長を補佐しながら、より親しまれる広報紙づくりに全力で邁進していきたいと思います。皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。



○高木隆三議長 委員長及び副委員長の挨拶が終わりました。



                          ◇                        





△日程の追加



○高木隆三議長 次に、ご報告いたします。

  本日、遠藤誠議員、大?馨議員、黒須大一郎議員、興淳明議員、仲丸教子議員、私、高木隆三議員が、蓮田白岡衛生組合議会議員を辞職いたしました。この辞職に伴い欠員が生じましたので、蓮田白岡衛生組合議会議員の補欠選挙の件を本日の日程に追加し、直ちに行いたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、蓮田白岡衛生組合議会議員の補欠選挙の件を日程に追加し、直ちに行うことに決定いたしました。



                          ◇                        





△蓮田白岡衛生組合議会議員の補欠選挙



○高木隆三議長 追加日程第1、蓮田白岡衛生組合議会議員の補欠選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決定いたしました。

  蓮田白岡衛生組合議会の議員に、

   遠 藤   誠 議員   鬼久保 二 郎 議員   石 原 富 子 議員

   菱 沼 あゆ美 議員   大 倉 秀 夫 議員   黒 須 大一郎 議員

  以上、6名の方々を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました6名の方々を蓮田白岡衛生組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙において指名いたしました6名の方々が、蓮田白岡衛生組合議会議員に当選されました。

  議員に当選されました6名の方々が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定による当選の告知をいたします。



                          ◇                        





△日程の追加



○高木隆三議長 次に、ご報告いたします。

  本日、野口克博議員、関根頌二議員が、埼葛斎場組合議会議員を辞職いたしました。この辞職に伴い欠員が生じましたので、埼葛斎場組合議会議員の補欠選挙の件を本日の日程に追加し、直ちに行いたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、埼葛斎場組合議会議員の補欠選挙の件を日程に追加し、直ちに行うことに決定いたしました。



                          ◇                        





△埼葛斎場組合議会議員の補欠選挙



○高木隆三議長 追加日程第2、埼葛斎場組合議会議員の補欠選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決定いたしました。

  埼葛斎場組合議会の議員に、

   関 根 頌 二 議員   仲 丸 教 子 議員

  以上、2名の方々を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました2名の方々を埼葛斎場組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名いたしました2名の方々が、埼葛斎場組合議会議員に当選されました。

  議員に当選されました仲丸教子議員が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定による当選の告知をいたします。

  なお、本日欠席の関根頌二議員には文書で告知いたします。



                          ◇                        





△散会の宣告



○高木隆三議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  本日はこれにて散会いたします。

  ご苦労さまでした。

       散会 午前11時21分