議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 白岡市

平成24年  第5回(12月)定例会 12月18日−委員長報告・討論・採決−05号




平成24年  第5回(12月)定例会 − 12月18日−委員長報告・討論・採決−05号







平成24年  第5回(12月)定例会





           平成24年第5回白岡市議会定例会 第20日

平成24年12月18日(火曜日)
 議 事 日 程 (第5号)

 1、開  議                                              
 1、議事日程の報告                                           
 1、会議録署名議員の指名                                        
 1、諸報告                                               
 1、総務常任委員会審査報告及び質疑                                   
   議案第 84号 白岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例              
   議案第 85号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例                  
   議案第 86号 白岡市手数料条例の一部を改正する条例                        
   議案第 87号 白岡市防災会議条例の一部を改正する等の条例                     
   議案第 88号 白岡市税条例等の一部を改正する条例                         
   議案第 89号 白岡市都市計画税条例等の一部を改正する条例                     
   議案第 92号 埼玉東部消防組合の設立に伴う関係条例の整理に関する条例               
   議案第 98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)                    
 1、文教厚生常任委員会審査報告及び質疑                                 
   議案第 98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)                    
   議案第 99号 平成24年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)              
   議案第100号 平成24年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)                
 1、産業建設常任委員会審査報告及び質疑                                 
   議案第 90号 白岡市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例                    
   議案第 91号 白岡市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例                   
   議案第 98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)                    
   議案第101号 平成24年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)            
   議案第102号 平成24年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)             
   議案第103号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)  
   議案第104号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第105号 平成24年度白岡市水道事業会計補正予算(第1号)                  
 1、討論、採決                                             
 1、議提案第 8号の上程、説明、質疑、討論、採決                            
   議提案第 8号 白岡市議会委員会条例の一部を改正する条例                      
 1、議提案第 9号の上程、説明、質疑、討論、採決                            
   議提案第 9号 白岡市議会会議規則の一部を改正する規則                       
 1、議提案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決                            
   議提案第10号 白岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例             
 1、消防行政について(総務常任委員会報告)                               
 1、太陽光発電所について、認定こども園について(文教厚生常任委員会報告)                
 1、下水道事業の現状と課題について(産業建設常任委員会報告)                      
 1、議会広報の編集及び発行等に関する調査(議会広報常任委員会中間報告)                 
 1、派遣議員の報告について                                       
 1、閉  会                                              

〇本日の会議に付した事件
 1、議案第 84号 白岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例              
 1、議案第 85号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例                  
 1、議案第 86号 白岡市手数料条例の一部を改正する条例                        
 1、議案第 87号 白岡市防災会議条例の一部を改正する等の条例                     
 1、議案第 88号 白岡市税条例等の一部を改正する条例                         
 1、議案第 89号 白岡市都市計画税条例等の一部を改正する条例                     
 1、議案第 90号 白岡市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例                    
 1、議案第 91号 白岡市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例                   
 1、議案第 92号 埼玉東部消防組合の設立に伴う関係条例の整理に関する条例               
 1、議案第 98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)                    
 1、議案第 99号 平成24年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)              
 1、議案第100号 平成24年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)                
 1、議案第101号 平成24年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)            
 1、議案第102号 平成24年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)             
 1、議案第103号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)  
 1、議案第104号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
 1、議案第105号 平成24年度白岡市水道事業会計補正予算(第1号)                  
 1、議提案第 8号 白岡市議会委員会条例の一部を改正する条例                      
 1、議提案第 9号 白岡市議会会議規則の一部を改正する規則                       
 1、議提案第10号 白岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例             
 1、消防行政について(総務常任委員会報告)                               
 1、太陽光発電所について、認定こども園について(文教厚生常任委員会報告)                
 1、下水道事業の現状と課題について(産業建設常任委員会報告)                      
 1、議会広報の編集及び発行等に関する調査(議会広報常任委員会中間報告)                 
 1、派遣議員の報告について                                       

午前9時00分開議
 出席議員(18名)
     1番   大  島     勉  議員       2番   藤  井  栄 一 郎  議員
     3番   遠  藤     誠  議員       4番   加  藤  一  生  議員
     5番   大  ?     馨  議員       6番   江  原  浩  之  議員
     7番   野  口  克  博  議員       8番   鬼 久 保  二  郎  議員
     9番   ?  橋     弘  議員      10番   石  原  富  子  議員
    11番   菱  沼  あ ゆ 美  議員      12番   大  倉  秀  夫  議員
    13番   黒  須  大 一 郎  議員      14番   関  根  頌  二  議員
    15番   古  武  三 千 雄  議員      16番   興     淳  明  議員
    17番   仲  丸  教  子  議員      18番   高  木  隆  三  議員

 欠席議員(なし)
                                                   
 説明のための出席者
    小  島     卓   市   長        秋  葉  清 一 郎   副 市 長

    福  原  良  男   教 育 長        田  辺  勝  広   総 合 政策
                                           部   長

    都  野  義  夫   市 民 生活        折  原     實   健 康 福祉
                 部   長                     部   長

    折  原  進  一   都 市 整備        宮  下  康  夫   会計管理者
                 部   長

    黒  須     誠   教 育 部長        田  口     昇   消 防 次長
                                             兼
                                           消 防 署長
                                                   
 事務局職員出席者
    折  原  浩  幸   書   記        山  田  真 規 子   書   記
    成  田  幸  子   書   記







△開議の宣告                                (午前 9時00分)



○高木隆三議長 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。



                          ◇                        





△議事日程の報告



○高木隆三議長 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付いたしましたとおりであります。



                          ◇                        





△会議録署名議員の指名



○高木隆三議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第83条の規定により、議長において

  16番  興   淳 明 議員

  17番  仲 丸 教 子 議員

   1番  大 島   勉 議員

 を指名いたします。



                          ◇                        





△諸報告



○高木隆三議長 日程第2、諸報告を行います。

  説明員の変更通知がありましたので、ご報告いたします。加藤消防長につきましては、本日欠席となっており、代理に田口消防次長が出席いたしますので、ご了承願います。

  以上で諸報告を終わります。



                          ◇                        





△総務常任委員会審査報告及び質疑



○高木隆三議長 日程第3、総務常任委員会審査報告についてを議題といたします。

  総務常任委員会の審査経過及び結果について報告を求めます。

  江原総務常任委員長。

       〔江原浩之総務常任委員長登壇〕



◎江原浩之総務常任委員長 それでは、総務常任委員会審査経過及び結果を付託順にご報告いたします。

  まず、議案第84号 白岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  まず、委員から「条例第2条第2号で庁舎管理業務、その他の役務とあるが、具体的にどういうものか」との質疑に対し、「施設の警備、清掃、設備の保守点検、システムの保守管理及び給食の調理業務などである」との答弁がありました。

  次に、委員から「現在設定している債務負担行為はどうなるのか」との質疑に対し、「この条例の対象となるのは、平成25年度以降に長期継続契約を締結するものであり、現在設定している債務負担行為についてはそのままである」との答弁がありました。

  次に、委員から「長期継続契約と予算との関係は」との質疑に対し、「債務負担行為は、予算の一つとして設定し契約を締結することとなるが、長期継続契約については、各年度における予算の範囲内で契約を締結することになるため、予算の減額や削減が行われた場合は、変更契約や契約の解除もあり得るものである」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第85号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。

  まず、委員から「過去に出頭等の事例はあったか」との質疑に対し、「総務課で把握している範囲ではない」との答弁がありました。

  次に、委員から「費用弁償の上限額は定めているのか」との質疑に対し、「条例により職員等の旅費に関する条例の規定を適用することになっているため、そちらの条例で定められている」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第86号 白岡市手数料条例の一部を改正する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  委員から「住宅を新築する場合、新たに低炭素建築物新築認定申請に係る手数料等の負担が増えるのか」との質疑に対し、「今後住宅等を新築する場合に必ず必要な手続ではない。低炭素建築物の認定を受けると税制等の優遇措置を受けることができる」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第87号 白岡市防災会議条例の一部を改正する等の条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  委員から「女性、高齢者等の団体を防災会議の委員とするとあるが、障害者の視点は入れないのか」との質疑に対し、「現在の地域防災計画審議会委員に障害者団体の役員を委嘱している。改正後の防災会議でも障害者団体からの委員が入る予定である」との答弁がありました。

  次に、委員から「東日本大震災における釜石の奇跡の事例では、平時において最悪の状況を考えていた。これまでが不十分であったとの指摘を検討してもらいたい」との質疑に対し、「指摘されたとおり、平時の対応が求められている。今後の計画の見直しの中で検討したい」との答弁がありました。

  次に、委員から「地域防災計画の改定と本条例の改正のスケジュールはどうなっているのか」との質疑に対し、「旧条例による防災会議において改定を進めている」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第88号 白岡市税条例等の一部を改正する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  委員から「身体障害者等に対する軽自動車税の減免手続の簡素化に係る改正は、地方税法の改正に伴うものか」との質疑に対し、「今回の改正は、障害者の自立と社会参加を支援するためのものであり、白岡市単独のものである。なお、この減免手続の簡素化措置を行っているのは、坂戸市に続いて県内2例目である」との答弁がありました。

  次に、委員から「身体障害者等に対する軽自動車税の減免では、どれくらい減免されるのか」との質疑に対し、「身体障害者等に対する軽自動車税の減免では、当該軽自動車税額の全額が減免される。なお、現段階での平成24年度の身体障害者等に対する軽自動車税の減免の状況は72台で、49万4,300円となっている。内訳としては、税額7,200円の4輪乗用自家用が64台、5,500円の4輪乗用営業用が1台、4,000円の4輪貨物自家用が7台である」との答弁がありました。

  次に、委員から「特定市街化区域農地として課税となった場合、その固定資産税額はどれぐらいになるのか」との質疑に対し、「平成24年度の市街化区域農地の税額は3,730万円であるが、特定市街化区域農地の課税となる平成25年度では2,439万円と1,291万円の減額となる。これは、価格の3分の1に20%の軽減率を乗じているためである。その後平成29年度まで毎年度20%ずつ増加していく。固定資産税相当額としては、平成26年度で4,878万円、平成27年度で7,316万円、平成28年度で9,750万円、そして平成29年度で1億2,194万円ということになる」との答弁がありました。

  次に、委員から「当市の市街化区域農地の面積は50.3ヘクタールとのことであるが、これらの土地が全て特定市街化農地としての課税となるということでいいか」との質疑に対し、「50.3ヘクタールは現在の市街化区域農地の面積である。これから特定市街化農地としての課税となる。このうち生産緑地地区の指定を受けることで市街化調整区域の農地と同様に一般農地としての課税となる」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第89号 白岡市都市計画税条例等の一部を改正する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  委員から「特定市街化区域農地としての課税となった場合、その都市計画税額はどれぐらいになるのか」との質疑に対し、「平成24年度の市街化区域農地の課税額は270万円であるが、特定市街化区域農地の課税となる平成25年度では348万円と78万円の増額となる。その後平成29年度まで毎年度20%ずつ増加していく。都市計画税相当額としては、平成26年度で697万円、平成27年度で1,045万円、平成28年度で1,390万円、そして平成29年度で1,742万円ということになる」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。引き続き採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第92号 埼玉東部消防組合の設立に伴う関係条例の整理に関する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りましたが、各委員とも補足説明をもって了解し、発言はありませんでした。

  続いて討論に入りましたが、同じく発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)のうち総務常任委員会所管事項についてご報告いたします。

  所管課ごとに担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  まず、総務課関係でありますが、委員から、「人件費の減額補正の事由の一つに職員の育児休業取得とあったが、育児休業取得者は何人いるのか、そのうち男性の取得者はいるのか」との質疑に対し、「育児休業取得者は11名おり、全て女性である」との答弁がありました。

  次に、委員から「年度途中の退職者は何人いるのか。また、その理由は何か」との質疑に対し、「3名である。退職理由は、自己都合が2名と死亡退職が1名である」との答弁がありました。

  次に、安心安全課関係でありますが、委員から「防犯灯は毎年増設していると思うが、要望はどのくらいあるのか」との質疑に対し、「各行政区から要望をいただいている。原則1行政区当たり1年度に1基の設置だったが、昨年度から1行政区2基と倍増し、防犯灯設置に取り組んでいる」との答弁がありました。

  次に、税務課関係でありますが、委員から「個人市民税及び法人市民税の均等割額を増額するわけであるが、申告者等が増えたということか」との質疑に対し、「指摘されたとおり、申告者等が伸びたところである」との答弁がありました。

  次に、市民協働課関係でありますが、委員から「コミュニティセンター西児童館の地上権設定の更新とあるが、建物の耐用年数は何年か」との質疑に対し、「国税庁の耐用年数によると50年であり、既に30年を経過しているので、20年の地上権を設定するものである」との答弁がありました。

  次に、委員から「桜の木の伐採について移植の考えはなかったのか」との質疑に対し、「隣地の土地開発が間近であること、桜の植栽から30年程度経過していること。移植には根回しの期間も必要であることもあり、移植が難しいと判断した」との答弁がありました。

  次に、消防総務課関係でありますが、委員から「950万円の消防庁舎の設計変更は、消防側の意向で手直しを行ったのか」との質疑に対し、「当初の計画では訓練塔及びホース乾燥塔は、消防庁舎に併設を予定していたが、庁舎の高さに合わせると全国救助訓練指導会の基準に満たないため別塔扱いとしたためである」との答弁がありました。

  次に、委員から「消防団員の報償金の支給については、階級と年数が関係するのか」との質疑に対し、「階級と勤続年数により算出している」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  以上で総務常任委員会の報告を終わります。



○高木隆三議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。



                          ◇                        





△文教厚生常任委員会審査報告及び質疑



○高木隆三議長 日程第4、文教厚生常任委員会審査報告についてを議題といたします。

  文教厚生常任委員会の審査経過及び結果について報告を求めます。

  大倉文教厚生常任委員長。

       〔大倉秀夫文教厚生常任委員長登壇〕



◎大倉秀夫文教厚生常任委員長 それでは、文教厚生常任委員会の審査経過及び結果を付託順に報告いたします。

  まず、議案第98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)のうち文教厚生常任委員会所管事項について報告いたします。

  所管課ごとに担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  教育指導課関係でありますが、委員から「来年度の特別支援学級の在籍見込み数は」との質疑に対し、「篠津小学校9名、菁我小学校1名、大山小学校2名、南小学校は知的クラス2名、情緒クラス5名、南中学校は知的クラスが7名、情緒クラスが5名、白岡中学校は知的クラスが6名、情緒クラスが1名である。また、西小学校に通級指導教室の情緒を新設の予定で、11名を見込んでいる」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案どおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第99号 平成24年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。

  委員から「総合健康診断助成事業で人間ドックの補助を増額しているが、当初は何件で見込んでいたのか」との質疑に対し、「当初予算では380件で見込んでいたが、今現在で325件の申請があり、年度末までに20件の追加を見込んでいる」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案どおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第100号 平成24年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)について報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。

  まず、委員から「居宅介護サービス給付事業の利用者数は」との質疑に対し、「今年度上半期の月平均利用件数は1,408件であり、昨年度1,239件と比較すると一月当たり169件とかなり増えている」との答弁がありました。

  次に、委員から「施設介護サービス給付事業の利用者数は」との質疑に対し、「今年度上半期月平均285名の方が利用している。昨年度の265名と比較すると一月当たり20名増えている」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案どおり可決すべきものと決定した次第であります。

  以上で文教厚生常任委員会の報告を終わります。



○高木隆三議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。



                          ◇                        





△産業建設常任委員会審査報告及び質疑



○高木隆三議長 日程第5、産業建設常任委員会審査報告についてを議題といたします。

  産業建設常任委員会の審査経過及び結果について報告を求めます。

  大?産業建設常任委員長。

       〔大? 馨産業建設常任委員長登壇〕



◎大?馨産業建設常任委員長 それでは、産業建設常任委員会の審査経過及び結果を付託順にご報告いたします。

  まず、議案第90号 白岡市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  委員から「占用料の改定により土地改良区内の占用料はどうなるのか」との質疑に対し、「占用料は営利目的の利益を上げる事業者からの徴収となる。土地改良区内は、もともと占用料は徴収していないので影響はない」との答弁がありました。

  次に、委員から「平成25年4月1日の施行ということであるが、事業者への通知はしたのか。事業者は経済的に厳しい状況であると思うが、市制施行により占用料が上がることについて意見はあったのか」との質疑に対し、「主な事業者には10月に訪問し、説明はしている。その後2か月経過するが異論は出ていない。一部の事業者から厳しいとの意見もあったが、市の歳入の確保ということからご理解をお願いした」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第91号 白岡市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。

  委員から「法定外公共物の使用料については、平成24年度予算の歳入で1,000円が計上されている。ほとんど該当する物件はないのか。また、露店については1平方メートル当たりの使用料が1日11円から1年で1,400円に改定された。1年単位で許可になることを危惧するが、どのように考えるか」との質疑に対し、「法定外公共物の使用料について、今年度は9万円程度の収入を見込んでいる。平成25年度も同額の収入を見込んでいる。また、露店については、道路占用の許可が伴うため、占用期間等で規制はできると考えている」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)のうち産業建設常任委員会所管事項についてご報告いたします。

  所管課ごとに担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  まず、道路課関係でありますが、委員から「土木総務費の一般職給与が約1,000万円減となっているが、原因は何か。職員が減っているとなると今後の業務に支障はないのか」との質疑に対し、「人事異動に伴い職員構成が変わったことにより減額となったものである。業務に支障がないよう組織として対応している」との答弁がありました。

  次に、委員から「篠津・柴山線道路改良事業の用地買収は全部済んでいるのか」との質疑に対し、「一部山車小屋の移転等が残っている。その他は完了している」との答弁がありました。

  次に、下水道課関係でありますが、委員から「国庫補助金が減額となったということであるが、当初予算書の繰出金の中に国庫支出金300万円が計上されているが、繰出金を1,400万円増額するということはどういうことか」との質疑に対し、「当初予算書の繰出金の中に計上されている国庫支出金300万円は、今回の補正とは直接関係はない。これは、まちづくり交付金で一般会計の歳入として入るものであり、一般会計繰出金の5億220万2,000円の内訳は、300万円が国庫支出金で、これ以外は市の一般財源である。なお、東日本大震災の影響により国庫補助金が減額となったが、このことに伴う今回の補正は、公共下水道事業特別会計の歳入において社会資本整備総合交付金が減額となり、当初予算計上どおり事業を進めるため、一般会計からの繰出金を増額するものである」との答弁がありました。

  続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第101号 平成24年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りましたが、各委員とも補足説明をもって了解し、発言はありませんでした。  

  続いて討論に入りましたが、同じく発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第102号 平成24年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  委員から「国庫補助金が要望どおり確保できない中、今後の事業ペースはどうするのか」との質疑に対し、「市の全体予算を見ながら予算の範囲内で計画的に実施していくものである」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第103号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りましたが、各委員とも補足説明をもって了解し、発言はありませんでした。

  続いて討論に入りましたが、同じく発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第104号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りましたが、各委員とも補足説明をもって了解し、発言はありませんでした。

  続いて討論に入りましたが、同じく発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  次に、議案第105号 平成24年度白岡市水道事業会計補正予算(第1号)についてご報告いたします。

  担当課長から補足説明を受けた後、質疑に入りました。その主なものについて申し上げます。

  まず、委員から「渇水に伴い井戸の取水を増量したことによる地盤変化の影響はあるか」との質疑に対し、「毎年東部環境管理事務所へ取水量の報告をしており、水道事業認可の範囲内で取水しているため問題ない」との答弁がありました。

  次に、委員から「県水の供給が停止した場合、井戸のみで市内への供給は可能か」との質疑に対し、「現在市内には8本の井戸があるが、給水人口全てに供給するには井戸だけでは不足が見込まれる」との答弁がありました。

  以上で質疑を終了し、続いて討論に入りましたが、発言はありませんでした。

  引き続き採決の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

  以上で産業建設常任委員会の報告を終わります。



○高木隆三議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。



                          ◇                        





△討論、採決



○高木隆三議長 日程第6、これより討論、採決に入ります。

  まず、議案第84号 白岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第84号 白岡市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第85号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第85号 証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第86号 白岡市手数料条例の一部を改正する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第86号 白岡市手数料条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第87号 白岡市防災会議条例の一部を改正する等の条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第87号 白岡市防災会議条例の一部を改正する等の条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第88号 白岡市税条例等の一部を改正する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第88号 白岡市税条例等の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第89号 白岡市都市計画税条例等の一部を改正する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第89号 白岡市都市計画税条例等の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第90号 白岡市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第90号 白岡市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第91号 白岡市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第91号 白岡市法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第92号 埼玉東部消防組合の設立に伴う関係条例の整備に関する条例の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第92号 埼玉東部消防組合の設立に伴う関係条例の整備に関する条例の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第98号 平成24年度白岡市一般会計補正予算(第5号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第99号 平成24年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第99号 平成24年度白岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第100号 平成24年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第100号 平成24年度白岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第101号 平成24年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第101号 平成24年度白岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第102号 平成24年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第102号 平成24年度白岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第103号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第103号 平成24年度蓮田都市計画事業野牛・高岩土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第104号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第104号 平成24年度蓮田都市計画事業白岡駅東部中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。

                                                   



○高木隆三議長 次に、議案第105号 平成24年度白岡市水道事業会計補正予算(第1号)の件について討論に入りますが、討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第105号 平成24年度白岡市水道事業会計補正予算(第1号)の件を起立により採決いたします。

  本件に対する委員長報告は可決であります。本件は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は委員長報告のとおり可決されました。



                          ◇                        





△議提案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高木隆三議長 日程第7、議提案第8号 白岡市議会委員会条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。

  石原議会運営委員長。

       〔石原富子議会運営委員長登壇〕



◎石原富子議会運営委員長 それでは、議提案第8号 白岡市議会委員会条例の一部を改正する条例につきまして提案理由を申し上げます。

  資料の白岡市議会委員会条例の一部を改正する条例の概要をごらんいただきたいと思います。まず、1の改正の理由でございますが、地方自治法の一部改正によりまして自治法で定められている委員会に関する規定が簡素化され、委員の選出方法、在任期間等、これまで自治法で定めていた事項が条例に委任されたことに伴い改正するものでございます。また、来年4月1日の埼玉東部消防組合の設立により所要の改正をするものでございます。

  次に、2の改正の概要の(1)、第2条関係でございますが、議員は、少なくとも1の常任委員となるものとする規定を第1項として加えるものでございます。また、埼玉東部消防組合の設立に伴いまして、総務常任委員会の所管から「消防本部」を削除するものでございます。

  次の(2)の第6条関係でございますが、特別委員会が設置された場合の特別委員の在任期間を定めるものでございます。

  次の(3)の第8条関係でございますが、各委員会の委員の選任時期の規定を加えるものでございまして、各委員の選任事由が生じたときに速やかに選任するものでございます。

  次に、3の施行期日でございますが、地方自治法の一部を改正する法律、附則第1条ただし書きに規定する日、これは本年9月5日の公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日のことでございますが、この政令で定める日から施行するものでございます。

  なお、総務常任委員会の所管から「消防本部」を削除する改正規定につきましては、埼玉東部消防組合の設立に合わせ、平成25年4月1日から施行するものでございます。

  以上、簡単ですが、提案理由の説明を申し上げました。何とぞよろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議提案第8号 白岡市議会委員会条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△議提案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高木隆三議長 日程第8、議提案第9号 白岡市議会会議規則の一部を改正する規則の件を議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。

  石原議会運営委員長。

       〔石原富子議会運営委員長登壇〕



◎石原富子議会運営委員長 それでは、議提案第9号 白岡市議会会議規則の一部を改正する規則につきまして提案理由を申し上げます。

  資料の白岡市議会会議規則の一部を改正する規則の概要をごらんいただきたいと存じます。まず、1の改正の理由でございますが、地方自治法の一部改正によりまして、従来委員会のみに認められていた公聴会の開催及び参考人の招致が本会議においてもできることとなったことに伴い改正するものでございます。

  次に、2の改正の概要の(2)の第9節関係でございますが、本会議における公聴会開催の手続と参考人招致の手続につきまして、7つの条を加えるものでございます。

  次に、3の施行期日につきましては、公布の日からとするものでございますが、第100条の改正規定につきましては、該当する地方自治法の改正規定が未施行であるため、法律の施行日に合わせるものでございます。

  以上、簡単ですが、提案理由の説明を申し上げました。

  何とぞよろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議提案第9号 白岡市議会会議規則の一部を改正する規則の件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△議提案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○高木隆三議長 日程第9、議提案第10号 白岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。

  石原議会運営委員長。

       〔石原富子議会運営委員長登壇〕



◎石原富子議会運営委員長 それでは、議提案第10号 白岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例につきまして提案理由を申し上げます。

  資料の白岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の概要をごらんいただきたいと存じます。まず、1の改正の理由でございますが、地方自治法の一部改正によりまして、政務調査費の名称が政務活動費に、交付目的が議員の調査の研究、その他の活動に資するために改められ、政務活動費を充てることができる経費の範囲を条例で定めることとされたため改正するものでございます。

  次に、2の改正の概要の(1)、第6条関係でございますが、今回の法改正により政務活動費を充てることができる経費の範囲を条例で定めることとされましたので、その範囲を規定するものでございます。

  次に、(2)の第7条関係でございますが、収支報告書への領収書の添付を義務づけるものでございます。当市では、これまでも収支報告書に領収書を添付する運用を図ってまいりましたが、条例上明確に規定したものでございます。

  次の(3)、第9条関係でございますが、政務活動費の透明性をより一層確保する観点から、収支報告書の閲覧規定を新たに設けたものでございます。

  次に、(4)の第10条関係でございますが、改正後の自治法では、「議長は、政務活動費について使途の透明性の確保に努める」旨の規定が加わりました。これを受けまして、議長に政務活動費の適正な運用と使途の透明性の確保を図るよう努力義務を規定するものでございます。

  次に、3の施行期日でございますが、地方自治法の一部を改正する法律、附則第1条ただし書きに規定する日から施行するものでございます。

  (2)の経過措置につきましては、この条例の施行期日が、ただいま申し上げましたとおり地方自治法の一部を改正する法律、附則第1条ただし書きに規定する日、つまり本年9月5日の自治法の改正の公布の日から起算して六月を超えない範囲内で政令で定める日であることから、年度途中の施行となります。国においては、この政令で定める日を3月1日に予定しているということでございまして、この場合、一月分のみが政務活動費となること、また当市では既に下半期分は交付済みであること等から、施行日前に交付された政務調査費につきましては、従前の例によることとした経過措置を設けるものでございます。

  以上、簡単ですが、提案理由の説明を申し上げました。

  何とぞよろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議提案第10号 白岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△消防行政について(総務常任委員会報告)



○高木隆三議長 日程第10、総務常任委員会付託の特定事件、消防行政についての件を議題といたします。

  お諮りいたします。本件についての委員長報告は、会議規則第41条第3項の規定により省略することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員長報告は省略することに決定いたしました。

  なお、会議規則第105条の規定により議長に提出されました委員会報告書をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で総務常任委員会付託の特定事件については、報告済みといたします。



                          ◇                        





△太陽光発電所について、認定こども園について(文教厚生常任委員会報告)



○高木隆三議長 日程第11、文教厚生常任委員会付託の特定事件、太陽光発電所について、認定こども園についての件を議題といたします。

  お諮りいたします。本件についての委員長報告は、会議規則第41条第3項の規定により省略することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員長報告は省略することに決定いたしました。

  なお、会議規則第105条の規定により議長に提出されました委員会報告書をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で文教厚生常任委員会付託の特定事件については、報告済みといたします。



                          ◇                        





△下水道事業の現状と課題について(産業建設常任委員会報告)



○高木隆三議長 日程第12、産業建設常任委員会付託の特定事件、下水道事業の現状と課題についての件を議題といたします。

  お諮りいたします。本件についての委員長報告は、会議規則第41条第3項の規定により省略することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、委員長報告は省略することに決定いたしました。

  なお、会議規則第105条の規定により議長に提出されました委員会報告書をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で産業建設常任委員会付託の特定事件については、報告済みといたします。



                          ◇                        





△議会広報の編集及び発行等に関する調査(議会広報常任委員会中間報告)



○高木隆三議長 日程第13、議会広報常任委員会に付託中の議会広報の編集及び発行等に関する調査の中間報告の件を議題といたします。

  議会広報常任委員会から議会広報の編集及び発行等に関する調査の件について中間報告をしたいと申し出があります。

  お諮りいたします。本件はお手元に配付いたしました中間報告書のとおり報告を受けることにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議会広報常任委員会に付託中の議会広報の編集及び発行等に関する調査の中間報告は、報告済みといたします。



                          ◇                        





△派遣議員の報告について



○高木隆三議長 日程第14、派遣議員の報告についての件を議題といたします。

  市町村職員中央研修所の市町村議会議員特別セミナーへの派遣議員を代表して、黒須大一郎議員から報告を求めます。

  13番、黒須大一郎議員。

       〔13番 黒須大一郎議員登壇〕



◎13番(黒須大一郎議員) 市町村アカデミー開設25周年記念特別セミナーに参加したことを報告させていただきます。

  去る11月8日、9日に2日間にわたり千葉の幕張で行われました市町村アカデミーのセミナーに参加させていただきました。参加する自治体の首長は50名あまり、パネリストとして2市町の首長、それに議員が268名、総勢320名あまりの大きな研修会でした。

  議題は、1つは、「これからの政治のあり方」で朝日新聞のオピニオン編集長の星浩さん。2つ目は、「最近の分権論議に危惧すること」で西尾勝氏、第30次地方制度調査会長さんでした。3つ目は、「国の出先機関改革と道州制をめぐる諸問題」として小早川光郎氏で、成蹊大学法科大学員教授地域主権戦略会議構成員の方でありました。4つ目は、「今後の広域行政と基礎自治体のあり方」ということで、バネルディスカッションによる講義が行われ、コーディネーターは明石道夫さんで時事通信社の内政部長さん。パネリストとして、佐賀県多久市長横尾俊彦さんで、佐賀県の多久市は、昭和30年代は4万5,000人を数えるほどの炭鉱で栄えたまちでしたが、平成22年度の国勢調査によると2万1,404人都市であり、減少は2万3,000人も減っている大変厳しい地方団体です。北海道のニセコ町長の片山健也さんも同じくパネリストで参加していただきました。こちらのほうは、やっぱり30年代も炭鉱、その他で8,400人あまりおりましたが、平成7年には4,641人になり、先のことを危惧した現の片山町長が就任してから平成22年には4,823人と、皆さんも聞き覚えがある自治基本条例とかで有名な片山さんのところは少し持ち直して、200名あまり持ち直している、そういうところの首長さんでした。また、同じパネリストとして関西学院大学の経済学部長の林宜嗣さんも同様に見識者として出ていただきました。

  北は北海道オホーツク海を臨む斜里郡小清水町の町議会議員から、南は九州志布志湾を臨む宮崎県串間市までの首長、議員団が終結して、2日間にわたり研修を行いました。

  初日に行われた、これからの政治というのは、時にそのちょうど今回の衆議院の解散があるかないかという話が出るかと思いましたが、そういう話は皆さんもうご承知のとおり出なかったのですが、現実的には16日に解散して、先日衆議院の選挙がありました。現実のマスコミさんの方のお話として、もっときれいごとではない肉薄したお話が聞けるかと思いましたが、やはり近かったせいもありましたのか、具体的な話はあまり出ず、その他のことに終始していたようです。

  残りの分権論について、地方分権とか主権とかというお話を、そのとき2日間の、初日の午後と2日目の午前中に行われた地方分権については、地方分権というお話をしている方は、どちらかというと分権に対して賛成だけれども少し危惧する、少し問題があるのではないかというようなお話の方でした。もう一方の賛成論というか推進論者のほうは、同じ地方分権も主権というふうにお話ししながら、推進論者という形でお話をしておったように感じます。私としては、地方分権も行き過ぎると、かつての封建制度ではありませんが、地方、中央集権ではなくて江戸の幕府の藩閥体制のような形になりはしないかと、行き過ぎると少し危惧する点もあり、また推進論者のお話を聞いていても、主権というのは、国家主権とかいう感じで権力につながってしまうので、主権ではなくて分権ではないのかというお話を聞きながら、今ある分権の権限移譲された中で、どれだけ地方分権を推進していくかが大切ではないかというお話にいたく共鳴もしました。

  2日間にわたりいろいろな首長さんや市議会議員さんと交流も図りながら一番思ったことは、地方の議員さん、首長さんは頑張っているなと。より危機を感じながらやっているなと。私も白岡市の市会議員として月額で報酬をいただいている以上、常勤に負けない、執行部の皆さんとともに日々働きながらやらねばならぬと、常日ごろ思っていたことが確信できたように思います。そのためには、必要な権限の移譲に行われていることを、駆使するなら議会として議案を提出するなどして、いろいろなルールづくりでまちを活性させていかなくてはいけないとひしひしと感じた次第であります。短い2日間でしたが、石原さん、菱沼さん、同僚議員、総勢3名で参加させていただいた今回の市町村アカデミー25周年記念の研修について、有意義に過ごさせたことを報告させていただき、私の報告といたします。ありがとうございました。



○高木隆三議長 以上で派遣議員の報告についての件は、報告済みといたします。

  ここで暫時休憩いたします。



       休憩 午前10時15分



       再開 午前11時16分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。



                          ◇                        





△閉会の宣告



○高木隆三議長 以上をもって本定例会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

  これにて平成24年第5回白岡市議会定例会を閉会いたします。

  ご苦労さまでした。

       閉会 午前11時16分