議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 白岡市

平成24年  第3回( 7月)臨時会 07月26日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成24年  第3回( 7月)臨時会 − 07月26日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成24年  第3回( 7月)臨時会





            平成24年第3回白岡町議会臨時会 第1日

平成24年7月26日(木曜日)
 議 事 日 程 (第1号)

 1、開  会
 1、開  議
 1、議事日程の報告
 1、会議録署名議員の指名
 1、会期の決定
 1、諸報告
 1、町長提出議案の報告
 1、一般行政報告
 1、町長提出議案の一括上程、説明
 1、議案第50号の質疑、討論、採決
   議案第50号 白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例
 1、議案第51号の質疑、討論、採決
   議案第51号 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例
 1、議案第52号の質疑、討論、採決
   議案第52号 公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結について
 1、閉  会

〇本日の会議に付した事件
 1、議案第50号 白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例
 1、議案第51号 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例
 1、議案第52号 公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結について

午前9時00分開会
 出席議員(18名)
     1番   藤  井  栄 一 郎  議員       2番   遠  藤     誠  議員
     3番   岡  安     良  議員       4番   加  藤  一  生  議員
     5番   大  ?     馨  議員       6番   江  原  浩  之  議員
     7番   野  口  克  博  議員       8番   鬼 久 保  二  郎  議員
     9番   ?  橋     弘  議員      10番   石  原  富  子  議員
    11番   菱  沼  あ ゆ 美  議員      12番   大  倉  秀  夫  議員
    13番   黒  須  大 一 郎  議員      14番   関  根  頌  二  議員
    15番   古  武  三 千 雄  議員      16番   興     淳  明  議員
    17番   仲  丸  教  子  議員      18番   高  木  隆  三  議員

 欠席議員(なし)
                                                   
 説明のための出席者
    小  島     卓   町   長        秋  葉  清 一 郎   副 町 長

    福  原  良  男   教 育 長        田  辺  勝  広   総 合 政策
                                           部   長

    都  野  義  夫   市 民 生活        折  原     實   健 康 福祉
                 部   長                     部   長

    折  原  進  一   都 市 整備        宮  下  康  夫   会計管理者
                 部   長

    黒  須     誠   教 育 部長        加  藤  仁  志   消 防 長
                                                   
 事務局職員出席者
    井  上  日 出 巳   事 務 局長        折  原  浩  幸   書   記
    山  田  真 規 子   書   記        成  田  幸  子   書   記







△開会の宣告                            (午前 9時00分)



○高木隆三議長 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより平成24年第3回白岡町議会臨時会を開会いたします。



                          ◇                        





△開議の宣告



○高木隆三議長 直ちに本日の会議を開きます。



                          ◇                        





△議事日程の報告



○高木隆三議長 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付いたしましたとおりであります。



                          ◇                        





△会議録署名議員の指名



○高木隆三議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において

   3番  岡 安   良 議員

   4番  加 藤 一 生 議員

   5番  大 ?   馨 議員

 を指名いたします。



                          ◇                        





△会期の決定



○高木隆三議長 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

  お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日とすることに決定いたしました。



                          ◇                        





△諸報告



○高木隆三議長 日程第3、諸報告を行います。

  本臨時会に説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で諸報告を終わります。



                          ◇                        





△町長提出議案の報告



○高木隆三議長 日程第4、町長提出議案の報告を行います。

  本臨時会に提出されました議案は、あらかじめ配付しておきました議案目録に記載されているとおりであります。これらの議案を本臨時会においてご審議いただくことといたします。

  以上で町長提出議案の報告を終わります。



                          ◇                        





△一般行政報告



○高木隆三議長 日程第5、一般行政報告を求めます。

  小島町長。

       〔小島 卓町長登壇〕



◎小島卓町長 皆さん、おはようございます。本日ここに、平成24年第3回白岡町議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員の皆様方におかれましては、大変お忙しい中、ご参集をいただき、町政当面の急施を要する案件につきましてご審議をいただくことができますことは、町政進展のため、まことに感謝にたえない次第でございます。

  さて、平成24年度の各種事業につきましては、町議会議員の皆様方のご指導、ご支援によりまして、順調に執行いたしておるところでございますので、本臨時会にご提案申し上げました各議案につきましても、慎重にご審議を賜りまして、ご決定くださいますようお願い申し上げます。

  それでは、本臨時会の開会に当たりまして、一般行政報告を申し上げたいと存じます。

  初めに、総合政策部から、オリジナルナンバープレートの導入についてでございます。町では、本年10月1日の市制施行を記念して当町のマスコットキャラクターである「なしべえ」と「なしりん」を用いたオリジナルナンバープレートを導入いたします。このオリジナルナンバープレートを動く広告塔ととらえ、「白岡市」の誕生と町マスコットキャラクターのPRを目的として導入するものでございます。

  オリジナルナンバープレートの種類といたしましては、白色の50cc以下、薄黄色の90cc以下、薄桃色の125cc以下及び薄青色のミニカーの原動機付き自転車並びに薄緑色の小型特殊自動車でございます。

  また、オリジナルナンバープレートの導入にあわせまして、車両番号の平仮名部分をアルファベットとし、数字を現在の3けたから4けたに改めるものでございます。

  オリジナルナンバープレートの導入につきましては、「広報しらおか」や町ホームページにて周知を図っていく予定でございます。

  なお、オリジナルナンバープレートの見本を2枚目に添付させていただいてございますので、ご確認くださるようお願い申し上げます。

  次に、市民生活部から、ふれあい収集事業の実施についてでございます。蓮田市白岡町衛生組合では、本年10月1日から、65歳以上のひとり暮らしの方、障害のある方のみの世帯の方、要介護認定を受けている方のみの世帯の方など、高齢や障害などの理由により、ごみをご自身で集積所に出すことが困難であり、身近な人の協力が得られない住民の方を対象に、ごみを戸別収集する事業として「ふれあい収集」を実施することになりました。

  この事業は、蓮田市白岡町衛生組合の職員が、対象となる家庭を週1回、直接訪問してごみを回収する事業でございまして、ごみ出しを支援するとともに、利用者に積極的に声かけを行い、ごみの排出状況により利用者の生活維持を確認するものでございます。ごみの排出がないなどの異常が見受けられる場合は、あらかじめ利用者が指定した緊急連絡先に通報するなど、当町の担当部署と連携し、近年社会問題となっている孤独死などを防止するための高齢・障害福祉に寄与する事業としても期待されるものでございます。

  なお、「ふれあい収集」の実施に当たりましては、9月から当町の環境課、高齢介護課及び福祉課の窓口でふれあい収集利用申請書の受付を行います。

  後日、蓮田市白岡町衛生組合の担当職員が申請者宅の訪問調査を実施し、申請内容や排出場所の確認を行った上で、収集を開始する予定でございます。

  以上、行政報告をさせていただきましたが、議員の皆様には、今後とも当案件につきまして格別のご理解とご支援を賜りますよう、お願いを申し上げます。



○高木隆三議長 以上で一般行政報告を終わります。



                          ◇                        





△町長提出議案の一括上程、説明



○高木隆三議長 日程第6、議案第50号 白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例から議案第52号公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結についてまでを一括上程し、議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。

  小島町長。

       〔小島 卓町長登壇〕



◎小島卓町長 それでは、今回、ご提案申し上げました議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

  議案第50号は、白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例についてでございます。本案につきましては、平成24年10月1日の市制施行に伴いまして、現に効力を有する条例を整理する必要を認めたため、提出するものでございます。

  議案第51号は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。本案につきましては、当町の市制施行に伴いまして、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分の範囲を定めております本条例を、地方自治法等で定められております市の基準に適合させるため改正するものでございます。

  議案第52号は、公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結についてでございます。本案につきましては、大字小久喜地内におきまして汚水管を布設するものでございます。去る7月4日入札執行の結果、白岡工業株式会社が落札いたしまして、現在、仮契約を締結してございます。

  以上が本臨時会にご提案申し上げております議案3件でございます。本議案3件につきましては、担当部長から補足説明をいたさせますので、慎重にご審議の上、ご決定賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、町長提出議案の補足説明を求めます。

  まず、議案第50号及び議案第51号について補足説明を求めます。

  田辺総合政策部長。

       〔田辺勝広総合政策部長登壇〕



◎田辺勝広総合政策部長 それでは、議案第50号 白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例の概要をお開きいただきたいと存じます。

  まず、1、条例制定の理由でございますが、地方自治法第8条第3項の規定により、平成24年10月1日から南埼玉郡白岡町を白岡市とすることに伴いまして、現に効力を有する171条例のうち、169条例につきましての字句の整理を行うものでございます。

  次に、2、条例の内容でございます。第1条は、条例制定の趣旨を規定しているものでございます。

  第2条は、まず第1項で、既存の条例中整理する字句を規定するものでございます。なお、表の最後にございます「大字」につきましては、削除するものでございます。

  次に、第2項は、第1項の規定により字句を改めることが不適切な箇所について、同項の規定は適用しないものとするものでございます。例といたしますと、改正の履歴を記載いたしました附則の部分などが該当いたします。

  次に、3、施行期日でございますが、この条例は、白岡町の市制施行の日、平成24年10月1日から施行するものでございます。

  以上、簡単ではございますが、白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例の説明とさせていただきます。

                                                   



◎田辺勝広総合政策部長  続きまして、議案第51号 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。

  恐れ入りますが、議案の後ろについております議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例の概要をごらんください。

  まず、1、改正の理由でございますが、議会の議決が必要となる契約及び財産の取得又は処分につきましては、地方自治法第96条第1項第5号及び第8号の規定により、政令で定める基準に従い条例で定めることとされております。

  具体的には、地方自治法施行令第121条の2の規定により、工事又は製造の請負契約については、予定価格が町村では5,000万円、市では1億5,000円を下回らない範囲の金額を条例で定めることとなります。同様に、財産の取得又は処分については、予定価格が町村では700万円、市では2,000万円を下回らない範囲の金額を条例で定めることとなります。このため、市制を施行することに伴い、市に適用される基準に合わせる必要がありますことから、本条例の改正を行うものでございます。

  次に、2、改正の概要でございますが、まず(1)、第2条関係では、工事又は製造の請負契約に係る議会の議決に付さなければならない範囲を、現在の5,000万円以上から、市に適用される地方自治法施行令の下限額である1億5,000万円以上に改正するものでございます。

  次に、(2)の第3条関係では、財産の取得又は処分につきまして議会の議決に付さなければならない範囲を、現在の700万円以上から、第2条と同様に、市に適用される地方自治法施行令の下限額である2,000万円以上に改正するものでございます。

  最後に、3の施行期日でございますが、施行期日は白岡町の市制施行の日とするものでございます。

  以上、簡単ではございますが、議案第51号 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例の補足説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第52号について補足説明を求めます。

  折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 それでは、議案第52号 公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結についての内容をご説明申し上げます。

  本工事につきましては、去る7月4日に入札を執行いたしまして、その結果、白岡工業株式会社代表取締役倉持久代が7,602万円で落札いたしまして、現在、仮契約中でございます。本議会でお認めをいただいた後に、本契約を締結するものでございます。

  なお、この工事につきましては、国の社会資本整備総合交付金を充てました国庫補助事業でございます。この事業の例年の日程につきましては、年度当初から国庫補助金の交付申請等の発注準備を進め、6月定例議会にお諮りをいたしておりましたが、国及び県において手続の遅れがあり、去る6月12日に国庫補助金の交付決定通知がございました。このようなことから、本臨時会にご提案を申し上げた次第でございます。

  それでは、恐れ入りますが、議案書の2枚目、ナンバー1の位置図をごらんいただきたいと存じます。施工場所は、中央公民館の東側に位置する大字小久喜地内でございまして、太線で表示した部分でございます。

  次に、工事の概要につきましてご説明を申し上げます。恐れ入りますが、議案書の最後に添付されております入札結果報告書をお開き願います。3、建設工事等の名称及び概要等の表の中ほど、建設工事等の概要欄をごらんいただきたいと存じます。工事の施工延長は1,244.10メートルでございます。施工内容でございますが、内径200ミリの管を開削工法により1,214.49メートル埋設するほか、1号組立マンホールを9か所、0号組立マンホールを1か所、楕円組立マンホールを9か所、塩ビ小型マンホールを27か所、これら4種類のタイプのマンホールを合計46か所設置するものでございます。次に、取付管設置工といたしまして111か所、このほか付帯工といたしまして仮舗装を行うものでございます。

  次に、その右側の欄の工事期間でございますが、本契約締結日から平成25年3月15日までとするものでございます。

  それでは、構造等についてご説明を申し上げますので、恐れ入りますが、ナンバー2の図面をお開きいただきたいと存じます。管理用として設置いたします1号組立マンホールの標準構造図でございます。内径が90センチ、深さが1.24メートルから3.45メートルでございます。

  次に、ナンバー3の図面をごらんいただきたいと存じます。0号組立マンホールの標準構造図でございまして、内径が75センチ、深さが2.29メートルでございます。

  次に、ナンバー4の図面をごらんいただきたいと存じます。左側が楕円組立マンホール、右側が塩ビ小型マンホールの標準構造図でございます。楕円組立マンホールにつきましては、内径60センチ、縦断方向でございますが、そちらに90センチ、深さが1.46メートルから2.01メートル、塩ビ小型マンホールにつきましては内径30センチ、深さ1.41メートルから3.24メートルでございます。この両マンホールは、道路幅員や地下埋設物の状況によりまして、1号組立マンホールや0号組立マンホールの設置が困難な箇所に使用するものでございます。

  次に、ナンバー5の図面をごらんいただきたいと存じます。各家庭から汚水本管に接続するための内径150ミリの硬質塩化ビニール管埋設の取付管布設標準図でございます。

  次に、ナンバー6の図面をごらんいただきたいと存じます。汚水本管であります内径200ミリの硬質塩化ビニール管埋設の開削標準施工図でございます。掘削幅が85センチから1メートル30センチ、掘削の高さ1.32メートルから3.55メートルでございまして、掘削深さによりまして掘削幅及び仮設どめ工の構造が変化してまいります。

  以上で議案第52号の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○高木隆三議長 以上で町長提出議案の補足説明を終わります。



                          ◇                        





△議案第50号の質疑、討論、採決



○高木隆三議長 日程第7、質疑、討論、採決を行います。

  まず、議案第50号 白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例の件を議題といたします。

  既に説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  13番、黒須大一郎議員。



◆13番(黒須大一郎議員) 発言の許可をいただきましたので、質問をいたします。

  申請書類など9月中までに用意した本条例施行前である書式の書類を10月1日以降に利用する場合、今回の改正に関係する箇所を修正印で変更する必要があるのか対応をお聞きします。

  また、規定により字句を改めることが不適切な箇所について附則というご説明でしたが、もう少し詳しく具体的に、どのような場合があるのかお尋ねします。



○高木隆三議長 田辺総合政策部長。

       〔田辺勝広総合政策部長登壇〕



◎田辺勝広総合政策部長 それでは、黒須議員の議案第50号に関しますご質疑に順次お答え申し上げます。

  まず1点目、申請書等の取扱についてでございますが、10月1日に合わせまして、当然新しい市の申請書に10月1日をもって切り替える予定でございますが、既にご用意いただいた町の旧様式等で申請された場合につきましても、特に訂正印等はなく、取り消し線等で「市」に直すことで有効なものとして取り扱っていきたいというふうに考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  次に、字句を改めることが不適切な箇所についてでございますが、先ほどもご説明申し上げました、改正の履歴を記載した附則の部分のほかに、条例の中で「市町村」といったような表現をしている場合については改正が適当でないと。そういったものが17条例ほどあるというふうに認識しております。また、条例の中で、具体的な地名として「字何々町」というような規定をしている箇所がございます。こういったことも、改めることが不適切な箇所というふうに認識してございます。今のところ把握しておりますのは、そのような事例でございます。

  以上でございます。



○高木隆三議長 ほかに質疑ありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第50号 白岡町を白岡市とすることに伴う関係条例の整理に関する条例の件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△議案第51号の質疑、討論、採決



○高木隆三議長 次に、議案第51号 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

  既に説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  13番、黒須大一郎議員。



◆13番(黒須大一郎議員) お許しをいただいたので、質問いたします。

  契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部改正について、これまでで今回の一部改正対象になります議決を必要としなくなるものは、過去2、3年でどのくらいのものが件数がありましたか。さらに、委託契約が長期にわたる賃貸契約等は今回の改正の対象外かお尋ねします。



○高木隆三議長 田辺総合政策部長。

       〔田辺勝広総合政策部長登壇〕



◎田辺勝広総合政策部長 それでは、議案第51号に関します黒須議員からのご質疑にお答え申し上げます。

  まず、今回の条例改正の影響でございますが、過去平成21年から平成23年度の状況を見ますと、工事請負契約の締結等の議案の状況でございますが、平成21年は工事請負契約の締結に関する議案が1件で、金額は約1億1,200万円、財産の取得に関する議案が3件で、うち一番金額が大きかったものは1億7,800万円でございました。平成22年は工事請負契約締結議案が2件、金額の大きなものは約1億400万円、財産の取得議案は2件で、金額が大きなものは約4,100万円でございました。平成23年は工事請負契約締結議案が4件、金額の大きなものは約1億600万円、財産の取得議案は1件で、約1,600万円でございました。ちなみに、平成24年につきましては、本日の臨時会までの状況でございますが、工事請負契約締結議案が3件、金額の大きなものが約9,700万円、財産の取得議案が1件で約1,800万円でございました。

  このように、最近の3年間あるいは3年半では、工事請負契約の締結議案は10件、財産の取得議案7件でございました。これらのうち財産の取得に関する議案3件は、改正後の条例におきましても議決対象となりますが、残りの14件につきましては対象外となります。

  次に、委託契約が長期にわたる賃貸借契約等でございますが、今回の議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の対象となる契約は、工事または製造の請負と、不動産または動産の買い入れもしくは売り払い等でございますので、委託契約や長期にわたる賃貸借契約等につきましては、この条例の対象外でございます。

  以上で答弁とさせていただきます。



○高木隆三議長 ほかに質疑ありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第51号 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△議案第52号の質疑、討論、採決



○高木隆三議長 次に、議案第52号 公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結についての件を議題といたします。

  既に説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  4番、加藤一生議員。



◆4番(加藤一生議員) お許しをいただきましたので、質問いたします。関連になるかと思うのですが、位置図ナンバー1の当該図において、もし災害発生時に当該地区に対してマンホールトイレ等との関連づけを想定して、もしくは可能なのか否か、その辺の概要についてお伺いしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 折原都市整備部長。

       〔折原進一都市整備部長登壇〕



◎折原進一都市整備部長 ただいまのご質問でございますが、工事完了後であれば可能でございます。

  以上でございます。



○高木隆三議長 ほかに質疑ありませんか。

  2番、遠藤誠議員。



◆2番(遠藤誠議員) 資料の入札結果についてという報告の中で、前から思っていたのですけれども、業者の一覧の中に住所が書いていないので、所在地が書いていないので、私も民法の法人等がどういう制限を受けているのか、日本全国違う名前が、株式会社でもつけられないというふうには存じていないのですけれども、これだと、だれ、どの業者は、例えば、わかりやすく言うと、町内と町外、それから極端に言えば、業者が特定できないのではないかという気がするのです。今回は株式会社だけれども、有限会社は完全に同じ名前がつけられますので、この資料についてはもう少しご検討いただけないかと思うのですけれども、よろしくお願いします。



○高木隆三議長 田辺総合政策部長。

       〔田辺勝広総合政策部長登壇〕



◎田辺勝広総合政策部長 それでは、遠藤議員のご質疑にお答え申し上げます。

  こちらの業者については、当然適切な手続をとりまして、会社の実態等確認した上で一般競争入札等、あるいは指名競争入札であれば事前に登録した業者の中から選んでおりますので、そういった業者が特定できないというようなことは全くないかとは存じますが、ご指摘のとおり、報告したにもかかわらず、その辺町内業者なのか町外なのかわからないというようなご指摘は確かにそのとおりだと思いますので、議会に報告する様式については今後もう少しわかりやすいように見直しを検討してまいりたいと存じます。

  以上でございます。



○高木隆三議長 ほかに質疑ありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第52号 公共下水道汚水枝線築造工事(24第1工区)請負契約の締結についての件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。

  暫時休憩いたします。



       休憩 午前 9時34分



       再開 午前 9時35分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。



                          ◇                        





△閉会の宣告



○高木隆三議長 以上をもって本臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

  これにて平成24年第3回白岡町議会臨時会を閉会いたします。

  ご苦労さまでした。

       閉会 午前 9時35分