議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 白岡市

平成23年  第2回( 5月)臨時会 05月09日−正副議長の選挙・議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成23年  第2回( 5月)臨時会 − 05月09日−正副議長の選挙・議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成23年  第2回( 5月)臨時会





            平成23年第2回白岡町議会臨時会 第1日

平成23年5月9日(月曜日)
 議 事 日 程 (第1号)

 1、町長のあいさつ
 1、開  会
 1、開  議
 1、議事日程の報告
 1、仮議席の指定
 1、議長の選挙
 1、議長就任のあいさつ
 1、日程の追加
 1、議席の指定
 1、会議録署名議員の指名
 1、会期の決定
 1、副議長の選挙
 1、副議長就任のあいさつ
 1、常任委員の選任
 1、常任委員会正副委員長の互選
 1、各常任委員会正副委員長就任のあいさつ
 1、議会運営委員の選任
 1、議会運営委員会正副委員長の互選
 1、議会運営委員会正副委員長就任のあいさつ
 1、蓮田市白岡町衛生組合議会議員の選挙
 1、埼葛斎場組合議会議員の選挙
 1、諸報告
 1、町長提出議案の報告
 1、一般行政報告
 1、議案第26号の上程、説明、採決
   議案第26号 白岡町監査委員の選任について
 1、町長提出議案の一括上程、説明
 1、議案第27号の質疑、討論、採決
   議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例
 1、議案第28号の質疑、討論、採決
   議案第28号 白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事請負契約の締結について
 1、議案第29号の質疑、討論、採決
   議案第29号 財産の取得について
 1、閉会中の継続調査申出書について(議会広報常任委員会)
 1、閉会中の継続調査申出書について(議会運営委員会)
 1、閉  会

〇本日の会議に付した事件
 1、議案第26号 白岡町監査委員の選任について
 1、議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例
 1、議案第28号 白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事請負契約の締結について
 1、議案第29号 財産の取得について
 1、閉会中の継続調査申出書について(議会広報常任委員会)
 1、閉会中の継続調査申出書について(議会運営委員会)

午前9時00分開会
 出席議員(18名)
     1番   藤  井  栄 一 郎  議員       2番   遠  藤     誠  議員
     3番   岡  安     良  議員       4番   加  藤  一  生  議員
     5番   大  ?     馨  議員       6番   江  原  浩  之  議員
     7番   野  口  克  博  議員       8番   鬼 久 保  二  郎  議員
     9番   ?  橋     弘  議員      10番   石  原  富  子  議員
    11番   菱  沼  あ ゆ 美  議員      12番   大  倉  秀  夫  議員
    13番   黒  須  大 一 郎  議員      14番   関  根  頌  二  議員
    15番   古  武  三 千 雄  議員      16番   興     淳  明  議員
    17番   仲  丸  教  子  議員      18番   高  木  隆  三  議員

 欠席議員(なし)
                                                   
 説明のための出席者
    小  島     卓   町   長        秋  葉  清 一 郎   副 町 長
    福  原  良  男   教 育 長        折  原     實   直 轄 参事

    田  辺  勝  弘   総   務        井  上  日 出 巳   福 祉 環境
                 担 当 参事                     担 当 参事

    渡  辺  重  雄   産 業 建設        黒  須     誠   教 育 次長
                 担 当 参事

    都  野  義  夫   上 下 水道        加  藤  仁  志   消 防 長
                 担 当 参事

    宮  下  康  夫   会計管理者
                                                  

 事務局職員出席者
    池  澤  信  也   事 務 局長        折  原  浩  幸   書   記
    成  田  幸  子   書   記        岡  村     清   書   記





◎池澤信也議会事務局長 本臨時会は一般選挙後最初の議会でございます。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長の議員が臨時に議長の職務を行うこととなってございます。

  出席議員中、古武三千雄議員さんが年長の議員でございますので、ご紹介を申し上げます。

  古武議員さん、臨時議長をお願いを申し上げたいと存じます。

       〔古武三千雄臨時議長議長席に着席〕



○古武三千雄臨時議長 ただいま紹介されました古武三千雄でございます。

  地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。

  どうぞよろしくお願いいたします。



                          ◇                        





△町長のあいさつ



○古武三千雄臨時議長 開会前に申し上げます。

  小島町長から発言を求められておりますので、これを許可します。

  小島町長。

       〔小島 卓町長登壇〕



◎小島卓町長 皆様、おはようございます。

  本日ここに、平成23年第2回白岡町議会臨時会を招集申し上げましたところ、町議会議員の皆様にはご健勝にてご参集を賜り、町政当面の急施を要する案件につきましてご審議いただくことができますことは、町政進展のためまことに感謝にたえない次第でございます。

  さて、私たちは、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、自然災害の恐ろしさを目の当たりにしたところでございます。このたびの地震に関連して犠牲となられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆様に対しまして、心からお見舞いを申し上げる次第でございます。

  本臨時会につきましては、先般執行されました白岡町議会議員一般選挙後初めての議会でございます。したがいまして、この後、議会構成に関するご審議がとり行われるものと存じます。また、執行部提案の議案につきましても、慎重かつ円滑にご審議を賜りますようお願いを申し上げ、開会に先立ちましてのごあいさつとさせていただきます。

  どうぞよろしくお願いをいたします。



                          ◇                        





△開会の宣告                                (午前 9時00分)



○古武三千雄臨時議長 これより開会いたしたいと思いますが、議会構成等の案件を先議いたしますので、ここで執行部の方々にはご退席をお願いいたします。

       〔執行部退席〕



○古武三千雄臨時議長 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより平成23年第2回白岡町議会臨時会を開会いたします。



                          ◇                        





△開議の宣告



○古武三千雄臨時議長 直ちに本日の会議を開きます。



                          ◇                        





△議事日程の報告



○古武三千雄臨時議長 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付いたしましたとおりでございます。



                          ◇                        





△仮議席の指定



○古武三千雄臨時議長 日程第1、仮議席の指定を行います。

  仮議席は、ただいまご着席の議席を指定いたします。



                          ◇                        





△議長の選挙



○古武三千雄臨時議長 日程第2、議長の選挙を行います。

  選挙は投票で行います。

  議場の出入口を閉めます。

       〔議場閉鎖〕



○古武三千雄臨時議長 ただいまの出席議員は18名であります。

  次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に1番、藤井栄一郎議員、2番、遠藤誠議員を指名いたします。

  投票用紙を配付いたさせます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票をお願いいたします。

       〔投票用紙配付〕



○古武三千雄臨時議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○古武三千雄臨時議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

       〔投票箱点検〕



○古武三千雄臨時議長 異状なしと認めます。

  ただいまから投票を行います。

  1番、藤井栄一郎議員から順番に投票をお願いいたします。

       〔投  票〕



○古武三千雄臨時議長 投票漏れはございませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○古武三千雄臨時議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終わります。

  これより開票を行います。

  1番、藤井栄一郎議員、2番、遠藤誠議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

       〔開  票〕



○古武三千雄臨時議長 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

   有効投票    18票

   無効投票     0票

  有効投票のうち

   高 木 隆 三 議員    9票

   興   淳 明 議員    9票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は4.5票であり、高木隆三議員と興淳明議員の得票数はいずれもこれを超えております。両議員の得票数は同数であります。

  この場合、地方自治法第118条第1項の規定は、公職選挙法第95条第2項の規定を準用してくじで当選人を決定することになっております。

  高木隆三議員と興淳明議員が議場におられますので、くじを引いていただきたいと思います。くじは2回引きます。1回目はくじを引く順序を決めるためのものであります。2回目は、この順序によってくじを引き、当選人を決定するためのものであります。

  くじは抽せん器で行います。くじは2本で、番号は1番と2番があります。1番を引いた議員が先に当選人を定めるくじを引くことになります。

  3番、岡安良議員と4番、加藤一生議員にくじの立ち会いをお願いいたします。

  まず、くじを引く順序を決めるくじを行います。

  高木隆三議員と興淳明議員、くじを引いてください。

       〔くじを引く〕



○古武三千雄臨時議長 くじを引く順序が決定しましたので、報告いたします。

  まず初めに高木隆三議員、次に興淳明議員、以上のとおりであります。

  ただいまの順序により当選人を決定するくじを行います。

  なお、くじ番号の1番が当選人のくじとなります。高木隆三議員、興淳明議員、くじを引いてください。

       〔くじを引く〕



○古武三千雄臨時議長 くじの結果を報告いたします。

  くじの結果、高木隆三議員が当選人と決定いたしました。

  議場の出入口を開きます。

       〔議場開鎖〕



○古武三千雄臨時議長 ただいま議長に当選されました高木隆三議員が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。



                          ◇                        





△議長就任のあいさつ



○古武三千雄臨時議長 議長に当選されました高木隆三議員の就任のあいさつをお願いいたします。

  12番、高木隆三議員。

       〔高木隆三議長登壇〕



○高木隆三議長 一言ごあいさつを申し上げます。ただいまは議員各位のご推挙によりまして議長に就任いたしました高木隆三でございます。もとより浅学非才ではございますが、今、東日本震災、安心・安全のまちづくり、また明年、市制施行に向けて、力ございませんが、全議員のご協力をいただきながら務めてまいりたいと思います。どうかよろしくお願い申し上げまして、簡単でございますが、就任のあいさつとさせていただきます。

  どうぞよろしくお願いいたします。



○古武三千雄臨時議長 以上で臨時議長の職務は終了いたしました。

  ご協力ありがとうございました。

  高木隆三議長、議長席にお着きをお願いいたします。

  ご協力ありがとうございました。

       〔臨時議長議長席を退席、議長議長席に着席〕



○高木隆三議長 ここで暫時休憩いたします。



       休憩 午前 9時24分



       再開 午前 9時31分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。



                          ◇                        





△日程の追加



○高木隆三議長 お諮りいたします。

  ただいまお配りいたしました議事日程(第1号の2)に記載されております日程第3、議席の指定から日程第18、閉会中の継続調査申出書についてまでの16件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、日程第3、議席の指定から日程第18、閉会中の継続調査申出書についてまでの16件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。



                          ◇                        





△議席の指定



○高木隆三議長 日程第3、議席の指定を行います。

  議席は、会議規則第4条第1項の規定により、お手元にお配りいたしました議席表のとおり指定いたします。



                          ◇                        





△会議録署名議員の指名



○高木隆三議長 日程第4、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において

   5番  大 ?   馨 議員

   6番  江 原 浩 之 議員

   7番  野 口 克 博 議員

 を指名いたします。



                          ◇                        





△会期の決定



○高木隆三議長 日程第5、会期決定の件を議題といたします。

  お諮りいたします。本臨時会の会期は本日1日としたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日とすることに決定いたしました。



                          ◇                        





△副議長の選挙



○高木隆三議長 日程第6、副議長の選挙を行います。

  選挙は投票で行います。

  議場の出入口を閉めます。

       〔議場閉鎖〕



○高木隆三議長 ただいまの出席議員数は18名であります。

  次に、立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に8番、鬼久保二郎議員、9番、?橋弘議員を指名いたします。

  投票用紙を配付いたさせます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票願います。

       〔投票用紙配付〕



○高木隆三議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

       〔投票箱点検〕



○高木隆三議長 異状なしと認めます。

  ただいまから投票を行います。

  1番、藤井栄一郎議員から順に投票願います。

       〔投  票〕



○高木隆三議長 投票漏れはありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終わります。

  これより開票を行います。

  8番、鬼久保二郎議員、9番、?橋弘議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

       〔開  票〕



○高木隆三議長 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

   有効投票    18票

   無効投票     0票

  有効投票のうち

   野 口 克 博 議員   10票

   大 倉 秀 夫 議員    7票

   江 原 浩 之 議員    1票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は4.5票であります。

  よって、野口克博議員が副議長に当選されました。

  議場の出入口を開きます。

       〔議場開鎖〕



○高木隆三議長 ただいま副議長に当選されました野口克博議員が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。



                          ◇                        





△副議長就任のあいさつ



○高木隆三議長 副議長に当選されました野口克博議員に就任のごあいさつをお願いいたします。

  7番、野口克博議員。

       〔野口克博副議長登壇〕



○野口克博副議長 ただいま選挙の結果、副議長に選任されました野口でございます。高木議長を補佐いたしまして、厳正、公平、公正な議会運営に努めてまいりたいと思いますので、皆さんのご協力をお願いいたします。

  簡単ですが、就任のあいさつといたします。



○高木隆三議長 副議長のあいさつが終わりました。

  ここで暫時休憩いたします。



       休憩 午前 9時48分



       再開 午前11時35分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。



                          ◇                        





△常任委員の選任



○高木隆三議長 日程第7、常任委員の選任を行います。

  お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、総務常任委員に、



   遠 藤   誠 議員   加 藤 一 生 議員   江 原 浩 之 議員

   野 口 克 博 議員   石 原 富 子 議員   菱 沼 あゆ美 議員

  以上6名の方々を、次に文教厚生常任委員に、

   鬼久保 二 郎 議員   ? 橋   弘 議員   大 倉 秀 夫 議員

   興   淳 明 議員   仲 丸 教 子 議員   高 木 隆 三 議員

  以上6名の方々を、次に産業建設常任委員に、

   藤 井 栄一郎 議員   岡 安   良 議員   大 ?   馨 議員

   黒 須 大一郎 議員   関 根 頌 二 議員   古 武 三千雄 議員

  以上の6名の方々を、次に議会広報常任委員に、

   加 藤 一 生 議員   大 ?   馨 議員   江 原 浩 之 議員

   鬼久保 二 郎 議員   菱 沼 あゆ美 議員   黒 須 大一郎 議員

   仲 丸 教 子 議員



  以上7名の方々をそれぞれ指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました方々をそれぞれの常任委員に選任することに決定いたしました。

  ここで暫時休憩いたします。



       休憩 午前11時37分



       再開 午後 1時03分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。



                          ◇                        





△常任委員会正副委員長の互選



○高木隆三議長 次に、各常任委員会の委員長及び副委員長の互選を行います。

  正副委員長の互選については、委員会条例第8条第2項の規定により、各常任委員会において互選願いたいと思います。その結果を議長に報告願います。

  なお、初めての委員会でありますので、委員長が互選されるまでの間、委員会条例第9条第2項の規定により、年長の委員が臨時委員長の職務を行うことになっておりますので、よろしくお願いいたします。

  正副委員長互選のため暫時休憩いたします。



       休憩 午後 1時04分



       再開 午後 2時09分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。

  各常任委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を事務局長から報告いたさせます。



◎池澤信也議会事務局長 それでは、各常任委員会の委員長及び副委員長の選出結果を申し上げます。



  総務常任委員会委 員 長      石 原 富 子 議員

         副委員長      江 原 浩 之 議員

  文教厚生常任委員会委 員 長    大 倉 秀 夫 議員

           副委員長    仲 丸 教 子 議員

  産業建設常任委員会委 員 長    大 ?   馨 議員

           副委員長    黒 須 大一郎 議員

  議会広報常任委員会委 員 長    仲 丸 教 子 議員

           副委員長    鬼久保 二 郎 議員



  以上でございます。



○高木隆三議長 ただいま事務局長から報告のありましたとおり正副委員長が決まりました。



                          ◇                        





△各常任委員会正副委員長就任のあいさつ



○高木隆三議長 ここで各常任委員長及び副委員長のごあいさつをお願いいたしたいと思います。順次ごあいさつをお願いいたします。

  まず、総務常任委員長、石原富子議員。

       〔石原富子総務常任委員長登壇〕



◎石原富子総務常任委員長 このたび、委員の皆様のご推挙により、総務常任委員長を仰せつかりました石原富子でございます。

  所管します議事をしっかりと皆さんで審議をしていきたいと思いますので、どうぞ皆さんのご協力よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、総務常任副委員長、江原浩之議員。

       〔江原浩之総務常任副委員長登壇〕



◎江原浩之総務常任副委員長 先ほど総務常任委員会でご推挙いただきました副委員長の江原浩之でございます。

  大きな意味で総務常任委員会はかなめとなっているところだと存じます。私、浅学非才でございますが、委員の皆様のお力添えを拝借し、職責を全うしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、文教厚生常任委員長、大倉秀夫議員。

       〔大倉秀夫文教厚生常任委員長登壇〕



◎大倉秀夫文教厚生常任委員長 このたび、文教厚生委員長に指名されました大倉秀夫でございます。

  先輩の委員長さんに負けずしっかりとやっていきますので、よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、文教厚生常任副委員長、仲丸教子議員。

       〔仲丸教子文教厚生常任副委員長登壇〕



◎仲丸教子文教厚生常任副委員長 このたび、副委員長に推薦いただきました仲丸教子でございます。

  委員長を補佐して、実りある活動ができますように力を尽くしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、産業建設常任委員長、大?馨議員。

       〔大? 馨産業建設常任委員長登壇〕



◎大?馨産業建設常任委員長 このたび、産業建設常任委員会の委員長に推挙されました大?でございます。

  大変な重責だとは思いますが、議員の皆様方のご指導、ご協力、ご鞭撻いただきまして精いっぱい努力したいと存じます。よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、産業建設常任副委員長、黒須大一郎議員。

       〔黒須大一郎産業建設常任副委員長登壇〕



◎黒須大一郎産業建設常任副委員長 このたび、副委員長に推薦されました黒須大一郎です。

  委員長ともども所管事務事業をよりよいものにするために頑張りたいと思います。皆様、どうぞよろしくお願いします。



○高木隆三議長 次に、議会広報常任委員長、仲丸教子議員。

       〔仲丸教子議会広報常任委員長登壇〕



◎仲丸教子議会広報常任委員長 議会広報の委員長にご推挙いただきました仲丸でございます。

  なかなか専門分野として知識、経験不十分でございますけれども、常任委員会の皆さんと力を合わせまして、より読みやすい、よりよい議会広報を発行して、住民の皆さんと議会を結びつける役割を微力ながら果たさせていただきたいと思っております。皆様のご協力をぜひよろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、議会広報常任副委員長、鬼久保二郎議員。

       〔鬼久保二郎議会広報常任副委員長登壇〕



◎鬼久保二郎議会広報常任副委員長 議会広報常任委員の副委員長に選ばれました鬼久保と申します。よろしくお願いいたします。

  委員長さんを補佐して、見やすく、わかりやすい議会広報ができますよう一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 各常任委員長及び副委員長のあいさつが終わりました。



                          ◇                        





△議会運営委員の選任



○高木隆三議長 日程第8、議会運営委員の選任を行います。

  お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、

   野 口 克 博 議員   ? 橋   弘 議員   石 原 富 子 議員

   菱 沼 あゆ美 議員   大 倉 秀 夫 議員   興   淳 明 議員

   仲 丸 教 子 議員

  以上7名の方々を指名いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました7名の方々を議会運営委員に選任することに決定いたしました。



                          ◇                        





△議会運営委員会正副委員長の互選



○高木隆三議長 次に、議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選を行います。

  正副委員長の互選については、委員会条例第8条第2項の規定により、議会運営委員会において互選願いたいと思います。その結果を議長に報告願います。

  なお、初めての委員会でありますので、委員長が互選されるまでの間、委員会条例第9条第2項の規定により、年長の委員が臨時委員長の職務を行うこととなっておりますので、よろしくお願いいたします。

  正副委員長互選のため、暫時休憩いたします。



       休憩 午後 2時20分



       再開 午後 2時38分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。

  議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を事務局長から報告いたさせます。



◎池澤信也議会事務局長 それでは、報告申し上げます。

  議会運営委員会の委員長及び副委員長の選出結果を申し上げます。

  議会運営委員会委 員 長   興   淳 明 議員

         副委員長   仲 丸 教 子 議員

  以上でございます。



○高木隆三議長 ただいま事務局長から報告のありましたとおり正副委員長が決まりました。



                          ◇                        





△議会運営委員会正副委員長就任のあいさつ



○高木隆三議長 ここで、議会運営委員長及び副委員長のごあいさつをお願いいたしたいと思います。

  まず、議会運営委員長、興淳明議員。

       〔興 淳明議会運営委員長登壇〕



◎興淳明議会運営委員長 ただいま議会運営委員長にご推挙いただきました興淳明と申します。

  円満な議会運営に意を注ぎたいと存じますので、よろしくご協力をお願いいたします。



○高木隆三議長 次に、議会運営副委員長、仲丸教子議員。

       〔仲丸教子議会運営副委員長登壇〕



◎仲丸教子議会運営副委員長 議会運営委員会の副委員長にご推挙いただきました仲丸でございます。

  議会運営は時代とともに変化していくものでございます。委員長を補佐いたしまして、皆さんのご協力をいただきながら、円満な議会運営に努めていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。



○高木隆三議長 正副委員長のあいさつが終わりました。



                          ◇                        





△蓮田市白岡町衛生組合議会議員の選挙



○高木隆三議長 日程第9、蓮田市白岡町衛生組合議会議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決定いたしました。

  蓮田市白岡町衛生組合議会の議員に、

   岡 安   良 議員   大 ?   馨 議員   黒 須 大一郎 議員

   興   淳 明 議員   仲 丸 教 子 議員   高 木 隆 三 議員

  以上6名の方々を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました6名の方々を、蓮田市白岡町衛生組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名いたしました6名の方々が、蓮田市白岡町衛生組合議会議員に当選されました。

  議員に当選されました6名の方々が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定による当選の告知をいたします。



                          ◇                        





△埼葛斎場組合議会議員の選挙



○高木隆三議長 日程第10、埼葛斎場組合議会議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

  お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決定いたしました。

  埼葛斎場組合議会の議員に、

   野 口 克 博 議員   関 根 頌 二 議員

  以上2名の方々を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました2名の方々を埼葛斎場組合議会の議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名いたしました2名の方々が、埼葛斎場組合議会議員に当選されました。

  ただいま埼葛斎場組合議会の議員に当選されました2名の方々が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定による当選の告知をいたします。

  ここで暫時休憩いたします。



       休憩 午後 2時45分



       再開 午後 2時52分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を続行いたします。



                          ◇                        





△諸報告



○高木隆三議長 日程第11、諸報告を行います。

  まず、町長から地方自治法第180条第2項の規定に基づき専決処分の報告がありましたので、ご了承願います。

  次に、本臨時会に説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

  以上で諸報告を終わります。



                          ◇                        





△町長提出議案の報告



○高木隆三議長 日程第12、町長提出議案の報告を行います。

  本臨時会に提出されました議案は、あらかじめ配付しておきました議案目録に記載されているとおりであります。これらの議案を本臨時会においてご審議をいただくことといたします。

  以上で町長提出議案の報告を終わります。



                          ◇                        





△一般行政報告



○高木隆三議長 日程第13、一般行政報告を求めます。

  小島町長。

       〔小島 卓町長登壇〕



◎小島卓町長 本日は、議長、副議長の選挙によって、高木議長さん、野口副議長さんをはじめ、議会構成も滞りなく決定されましたことに対しまして敬意を表させていただきますとともに、今後ともご指導、ご協力をお願い申し上げる次第でございます。

  それでは、一般行政報告を申し上げます。

  初めに、秘書広聴課及び総務課から、東日本大震災における義援金等についてでございます。平成23年3月11日に発生いたしました東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では、国内観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し、この地震で発生した津波や火災などにより、多くのとうとい命が失われ、いまだに多くの方の行方がわからない状況が続いております。

  また、東京電力福島第一原子力発電所が被災し、高濃度の放射性物質の流出を伴った原子力事故が発生したことにより、周辺自治体の住民の方々が、住みなれた故郷を離れ、不自由な生活を余儀なくされております。

  我が国は、戦後最大の国家的危機に直面しており、こうした困難な時期を乗り越え、一日も早い復興を果たすためにも、国民一人一人が被災地の支援に取り組むことが必要でございます。

  当町におきましても、地震発生直後に災害対策本部を立ち上げ、町内の被害状況の把握に努めるとともに、白岡駅及び新白岡駅の帰宅困難者に対しまして、公民館及び老人福祉センターを避難所として開所し、JR宇都宮線の再開まで毛布や食料等の提供を行いました。また、被災地の方々が必要とされている物資を準備するほか、各公共施設に義援金箱を設置し、ご協力をいただきました義援金を随時、日本赤十字社埼玉県支部へ送金をしております。

  今般、被災地支援の一環として、埼玉県町村会を通じまして、岩手県、宮城県及び福島県の町村会に、町からの義援金として150万円を送金したところでございます。

  さらに、被災地への職員の派遣の準備も行っているところでございます。今後も、被災された地域の一日も早い復興に向けてできる限りの支援を行ってまいりたいと存じます。

  次に、秘書広聴課から、白岡町自治基本条例策定審議会の答申についてでございます。白岡町自治基本条例の策定状況につきましては、公募の委員を中心とした「(仮称)白岡町自治基本条例(白岡町まちづくり条例)をつくる会」において素案を提出いただき、その後、町としての条例原案を策定いたしました。その条例原案に対してのパブリックコメント等により、多くの町民の皆様のご意見を拝聴するとともに、自治基本条例策定審議会を設置して、幅広い角度からご意見をいただきました。

  自治基本条例策定審議会の状況につきましては、3月議会定例会の協議報告において中間のご報告を申し上げたところでございますが、計4回の会議で大変熱心なご議論をいただき、去る3月31日に答申書をご提出いただいたところでございます。

  その答申内容につきましては、別添のとおりでございますが、条例全体としてはおおむね妥当と認められるが、幾つかの条文に対する修正案や条例全体に係るご意見等を付すという答申でございました。町といたしましては、この貴重な答申を重く受け止め、今後、最終的な条例案を策定し、6月議会定例会に上程させていただきたいと考えております。



○高木隆三議長 以上で一般行政報告を終わります。



                          ◇                        





△議案第26号の上程、説明、採決



○高木隆三議長 日程第14、議案第26号 白岡町監査委員の選任についての件を議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、関根頌二議員の退場を求めます。

       〔14番 関根頌二議員退場〕



○高木隆三議長 職員に議案を朗読いたさせます。

       〔事務局職員朗読〕



○高木隆三議長 提出者から提案理由の説明を求めます。

  小島町長。

       〔小島 卓町長登壇〕



◎小島卓町長 議案第26号は、本日ご配付申し上げました白岡町監査委員の選任についてでございます。

  白岡町監査委員につきましては、地方自治法第195条及び第196条並びに白岡町監査委員条例第2条の規定に基づきまして、監査委員の定数は2人となっておりまして、識見を有する者から1人、議員のうちから1人を選任することとなっております。識見を有する者といたしましては鬼久保勝臣氏が選任されており、議員からは小野田憲司氏が選任されておりました。今回、議会議員のうちから選任されておりました小野田憲司氏につきましては、地方自治法第197条の規定に基づきまして、議員の任期をもって監査委員の任期も満了いたしましたので、後任として関根頌二氏を選任いたしたく議会の同意をお願いするものでございます。

  どうぞよろしくお願い申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

  これより議案第26号 白岡町監査委員の選任についての件を採決いたします。

  本件はこれに同意することにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本件はこれに同意することに決定いたしました。

  関根頌二議員の入場を求めます。

       〔14番 関根頌二議員入場〕



                          ◇                        





△町長提出議案の一括上程、説明



○高木隆三議長 日程第15、議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例についてから議案第29号 財産の取得についてまでを一括上程し、議題といたします。

  このうち本日配付された議案第29号については、職員に議案を朗読いたさせます。

       〔事務局職員朗読〕



○高木隆三議長 提出者から提案理由の説明を求めます。

  小島町長。

       〔小島 卓町長登壇〕



◎小島卓町長 議案第27号は、白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例でございます。公共下水道施設の整備に伴い、本条例の一部を改正するものでございます。

  議案第28号は、白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事請負契約の締結につきまして議会の議決をお願いするものでございます。本案につきましては、去る3月25日、入札執行の結果、株式会社ユーディケーが落札いたしまして、現在、仮契約を締結してございます。

  議案第29号は、財産の取得について議会の議決をお願いするものでございます。今回、更新整備いたします消防ポンプ自動車につきましては、消防団第6分団に配置する車両でございます。現在の車両につきましては、排出ガス規制に該当しておりまして、使用年限が制限されておることから更新するものでございます。去る4月26日、入札執行の結果、小池株式会社が落札をいたしまして、現在、仮契約を締結してございます。

  以上が本臨時議会にご提案申し上げております人事議案を除く議案3件でございます。本議案3件につきましては、担当参事から補足説明をいたさせますので、慎重にご審議の上、ご決定賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。



○高木隆三議長 これをもって提案理由の説明を終わります。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、町長提出議案の補足説明を求めます。

  まず、議案第27号について補足説明を求めます。

  都野上下水道担当参事。

       〔都野義夫上下水道担当参事登壇〕



◎都野義夫上下水道担当参事 それでは、議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。恐れ入りますが、議案書の次のページにございます条例の概要をごらんいただきたいと存じます。

  初めに、1、改正の理由でございますが、公共下水道事業認可区域内におきまして、本年度及び来年度に施設整備を実施するために必要となります負担区及び1平方メートル当たりの単位負担金額を新たに定めるものでございます。

  次に、2の改正の概要でございますが、負担区として新たに第7負担区及び第8負担区を設定いたしまして、1平方メートル当たりの負担金を第7負担区は650円、第8負担区は720円とするものでございます。

  次に、3、施行日でございますが、公布の日からとするものでございます。

  説明が前後いたしますが、次のページ、ただいまのページの裏面になりますが、受益者負担金区域割図をごらんいただきたいと存じます。新たに設定いたします第7負担区は、白岡駅東口側の市街化区域内でございます。大字小久喜及び大字白岡、それぞれの一部の区域となっておりまして、白岡駅東部中央土地区画整理事業区域の北側に接する区域でございます。また、第8負担区につきましては、図面の右上のほうにお示ししてございまして、白岡高校、老人福祉センター、高岩浄水場を含む大字高岩の一部及び新白岡3丁目の一部の区域でございます。

  なお、このたびの改正内容につきましては、過日、下水道事業審議会におきまして異存のない旨、答申をいただいたところでございます。

  以上で内容説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第28号について補足説明を求めます。

  黒須教育次長。

       〔黒須 誠教育次長登壇〕



◎黒須誠教育次長 それでは、議案第28号 白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事請負契約の締結につきましてご説明を申し上げます。

  このたび、ご審議をお願いするのは、白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事の請負契約の締結についてでございます。本工事は、3月25日に入札を行いまして、株式会社ユーディケー、代表取締役、関根信次が1億589万2,500円で落札いたしまして、現在、仮契約中でございます。議会のお認めいただいた後に本契約を締結するものでございます。工事期間につきましては、書類整理期間を考慮しまして、契約締結日から平成23年9月30日まででございます。また、本工事の財源は、去る3月議会定例会におきまして補正予算の議決をいただき、国の安全・安心な学校づくり交付金を充てた国庫補助事業でございます。

  それでは、最初に、議案書の2ページ目にございますナンバー1の案内図及び配置図をごらんいただきたいと存じます。施工箇所につきましては、左上の案内図のとおり、白岡町立西小学校で工事建物は左下の配置図の中に斜線で表示してあります本校舎でございます。

  次に、工事の概要につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが、議案書の最後に添付されております入札結果報告書をお開きいただきたいと存じます。3の建設工事等の名称及び概要等の中ほどの建設工事等の概要をごらんください。対象建物は、昭和53年3月及び5月に新築の鉄筋コンクリートづくり4階建て、延べ床面積3,694平方メートルでございます。耐震補強工事を実施する指標となるいわゆるIs値につきましては、第2次診断の結果、0.41であります。このIs値は、建物が地震に対してどのくらい耐えられるかを示す指標でありまして、耐震補強工事はIs値が0.7未満の場合に実施するものでございます。

  次に、工事内容でございますが、耐震補強工事としまして鉄骨ブレース補強工事が12か所、スリット補強工事が75か所、柱補強工事が3か所でございます。また、主な改修工事としまして、外壁改修工事及び内装改修工事が一式ございます。

  次に、2ページにお戻りいただきましてナンバー1の図面をお開きいただきたいと存じます。右上の上段が南側側面から、下段が北側側面から見た立面図でございます。補強箇所につきましては、南北両側とも窓のある開口部に南側で8か所、北側で4か所、合計12か所に鉄骨ブレースを設置するものでございます。

  構造につきましては、右下の鉄骨ブレース詳細図をごらんください。この工法は、はりと柱の間に鉄骨を取りつけ、筋交いを配置し、耐震性の向上を図る標準的なものでございます。また、壁と柱にすき間を設け、大きな地震が発生した際、破壊防止のため、耐震スリット補強を75か所設置いたします。さらに、建物の強度を高めるため、それぞれ1階の南側で2か所、北側で1か所、合計3か所で柱の補強を実施いたします。

  次に、ナンバー2の図面をお開き願います。この図面は、1階の間取りを記載した平面図でございます。改修工事につきましては、実施する箇所に斜線を示しておりまして、老朽化した室内及び廊下を中心に天井材及び壁の張りかえ、床を改修するものでございます。なお、図面では提示しておりませんが、校舎の2階から4階までにつきましても老朽化の状況に応じて天井等の内装改修工事を実施いたします。

  また、主な工事としまして、外壁改修工事を実施いたします。建物の外壁につきましては、経年劣化によりクラック及び剥離した箇所等を補修し、建物全体を塗装いたします。そのほか電気改修工事としまして、教室内の照度の向上を図るため、照明器具を交換するものです。

  以上をもちまして議案第28号の説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

                          ◇                        



○高木隆三議長 次に、議案第29号について補足説明を求めます。

  加藤消防長。

       〔加藤仁志消防長登壇〕



◎加藤仁志消防長 それでは、議案第29号 財産の取得についての内容につきましてご説明を申し上げます。

  今回、更新整備いたします消防ポンプ自動車につきましては、消防団第6分団に配置する車両でございます。現在配置しております消防車両は、既に15年が経過し、老朽化が進んでいるとともに、排出ガス規制の対象となっておりまして、使用できる年限が平成23年12月17日までとなっていることから、今回、排出ガス規制に適合したディーゼルエンジンに更新させていただくものでございます。

  恐れ入りますが、議案書の3枚目、入札結果についてをお開きいただきたいと存じます。去る4月26日に指名競争入札を実施いたしました結果、1,627万5,000円で小池株式会社が落札いたしまして、現在仮契約中でございます。

  主な装備品といたしましては、ホース延長用資機材と150ワットの照明装置を装備しておりまして、消防力の充実を図るものでございます。ポンプ性能につきましては、規格放水圧力0.85メガパスカルで、毎分2,000リットル以上の放水量を有するA2級のポンプとなってございます。なお、納期につきましては、現在配置しております消防車両の使用期限であります平成23年12月17日とさせていただきました。

  次に、恐れ入りますが、2枚目にお戻りいただきまして図面をごらんいただきたいと存じます。この図面につきましては、更新いたします消防ポンプ自動車の図面でございまして、車種につきましては日野自動車製のキャブオーバー型の6人乗りでございます。車両の長さは約5.7メートル、幅が約1.9メートル、高さが約2.6メートルで、重量は約4.8トンでございます。エンジンにつきましてはディーゼルエンジンで、排気量は約4,000ccの150馬力でございます。

  以上、簡単ではございますが、議案第29号の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○高木隆三議長 以上で町長提出議案の補足説明が終わりました。



                          ◇                        





△議案第27号の質疑、討論、採決



○高木隆三議長 日程第16、質疑、討論、採決を行います。

  まず、議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

  既に説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  13番、黒須大一郎議員。



◆13番(黒須大一郎議員) 議案第27号、都市計画下水道事業受益者負担金の規定する1平方メーター当たりの単位負担金額を第7負担区650円、第8負担区720円とする根拠を具体的にご説明いただきたいです。



○高木隆三議長 都野上下水道担当参事。

       〔都野義夫上下水道担当参事登壇〕



◎都野義夫上下水道担当参事 黒須議員さんの単位負担金額に関しましてのご質問にお答えを申し上げます。

  受益者負担金につきましては、工事費用の一部に充てられるものでございまして、負担区内の施設整備費のうち各家庭の取りつけ管が接続されます末端の汚水管、これに係る工事費用から国の補助金分、これを差し引きまして、第7負担区で申し上げますと、負担区域の面積が21.59ヘクタール、道路、水路等を除きました後の負担区域の面積が12.86ヘクタールでございます。この面積で先ほどの国の補助金分を差し引いた額を割りまして、1平方メートル当たりの金額を算出したものでございます。

  以上でございます。



○高木隆三議長 13番、黒須大一郎議員。



◆13番(黒須大一郎議員) それでは、第8負担区について県と町の公共施設があるその対象地域ですが、県と町におのおの面積に応じた負担額を負担していただき、特別会計への歳入とするのか、また、まだ対象の事業は予算の段階で額が確定していない今、係る事業の完了及び事業額確定と国庫補助金額確定より先に条例を改正し、負担額を決定しなければならない理由は何か伺います。



○高木隆三議長 都野上下水道担当参事。

       〔都野義夫上下水道担当参事登壇〕



◎都野義夫上下水道担当参事 黒須議員さんの公共施設用地の負担金についてのご質問でございますけれども、汚水が排出されます公共施設の用地につきましては、あらかじめ減免規定を設けまして、その上で面積に応じたご負担をお願いをいたしているところでございまして、特別会計の歳入として取り扱い、工事費に充てるということになるものでございます。

  それから、2点目の負担金決定の時期でございますけれども、受益者負担金につきましては、負担区内の土地所有者すべての方にお願いをするものでございます。そのような諸事情を考慮いたしまして、工事着手前に地元説明会の際にあらかじめ金額をお示しする必要があると考えておりまして、このたびの条例改正をお願いするものでございます。ご理解いただきますようお願いを申し上げます。

  以上でございます。



○高木隆三議長 ほかに質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

  17番、仲丸教子議員。

       〔17番 仲丸教子議員登壇〕



◆17番(仲丸教子議員) 議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例に反対の立場から討論いたします。

  今回の改定は、第7負担区、第8負担区を設置し、第7負担区は1平方メートル当たり650円、第8負担区は1平方メートル当たり720円とするものですが、第8負担区は大部分が公共施設であり、第9条の減免規定が適用になるものと考えられます。

  公共下水道の受益者負担金につきましては、都市計画法第75条の解釈が研究者の中でも分かれております。公共下水道を利用する住民が、受益者負担金の対象になる著しく利益を受ける者なのかどうかということです。上水道があれば下水道があるのは当然のことであり、一体のものと考えます。特別に著しい利益を受けると解釈すべきではないと考えております。同時に、都市計画法第75条は負担させることができるとなっておりまして、できる規定でございます。また、負担金は、所有する土地の面積で積算されますが、これはその家庭の下水道利用状況を全く反映していないものです。

  例えば、狭い土地に建つ高層マンションを購入した場合の負担金は極端に少額となり、戸建ての住宅に暮らす住民とは大きな格差が生じます。特に一定の敷地を持つ年金生活者には大きな負担となってくるものです。さらに、下水道事業が行われるのは市街化区域内でございますから、都市計画税が賦課されており、二重の負担を求めるものとなります。したがいまして、本議案には反対いたします。



○高木隆三議長 次に、原案に対する賛成討論の発言を許します。

  13番、黒須大一郎議員。

       〔13番 黒須大一郎議員登壇〕



◆13番(黒須大一郎議員) 議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例について、私は本案に賛成の立場から討論いたします。

  公共下水道は、道路や公園などのようにだれでも利用できる施設とは異なり、受益を受ける区域が限定されるものであります。このことは、公共下水道が整備されていない区域から見ると公平を欠くことになってしまうことから、この建設費を税金だけで賄うことは不合理であると考えられますので、都市計画法第75条の規定により、受益者負担に関する条例を定めているものであります。

  今回の改正について、これから整備を予定している約22ヘクタールの区域を地形や建設コストの変化など考慮し、1平方メートル当たりの単位負担金額を第7負担区については650円、第8負担区については720円とするものであります。また、受益者負担金制度については、昭和40年の建設省通達及び平成2年の都市計画中央審議会答申において積極的に活用を図るべきであるとされていることから、ほとんどの自治体で採用され、貴重な建設財源として位置づけられているものであります。さらに、土地活用という観点から、土地の面積に対して賦課されることについても納得できるものであり、妥当なものと考えます。

  以上のことから、私は本案に賛成の意をあらわすものであります。



○高木隆三議長 次に、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第27号 白岡町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例の件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立多数〕



○高木隆三議長 起立多数であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△会議時間の延長



○高木隆三議長 お諮りいたします。

  ただいまの時刻は午後3時34分であります。会議規則により会議時間は午後4時までとなっておりますが、本日の議事日程がすべて終了するまで会議時間を延長したいと思います。これにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。



                          ◇                        





△議案第28号の質疑、討論、採決



○高木隆三議長 次に、議案第28号 白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事請負契約の締結についての件を議題といたします。

  既に説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  4番、加藤一生議員。



◆4番(加藤一生議員) この耐震補強の設定震度数は幾つでやっているのか、それを聞きたいのですけれども。



○高木隆三議長 黒須教育次長。

       〔黒須 誠教育次長登壇〕



◎黒須誠教育次長 加藤議員さんからのご質問の設定震度につきましてのご質問でございますけれども、Is値という数値がございまして、それは建物が地震に対してどのくらい耐えられるかという数字を示す指数でございます。その指数の中では、Is値が震度6強から震度7程度の地震が起こった場合の被害の目安というものでIs値の設定をしているというものになってございますので、その中でIs値0.7未満につきまして補強工事を行うという設定になってございます。Is値が0.7以上になるようにやっていくということでございます。



○高木隆三議長 ほかに質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第28号 白岡町立西小学校本校舎耐震補強・改修工事請負契約の締結についての件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△議案第29号の質疑、討論、採決



○高木隆三議長 次に、議案第29号 財産の取得についての件を議題といたします。

  既に説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 質疑なしと認めます。

  これをもって質疑を終了いたします。

  これより討論に入ります。

  まず、原案に対する反対討論の発言を許します。

       〔「なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 反対討論なしと認めます。

  これをもって討論を終了いたします。

  これより議案第29号 財産の取得についての件を起立により採決いたします。

  本件は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

       〔起立全員〕



○高木隆三議長 起立全員であります。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



                          ◇                        





△閉会中の継続調査申出書について(議会広報常任委員会)



○高木隆三議長 日程第17、常任委員会の閉会中の継続調査の件を議題といたします。

  議会広報常任委員長から委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしました申し出のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りいたします。議会広報常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議会広報常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。



                          ◇                        





△閉会中の継続調査申出書について(議会運営委員会)



○高木隆三議長 日程第18、議会運営委員会の閉会中の所掌事務の調査の件を議題といたします。

  議会運営委員長から所掌事務のうち、会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしました所掌事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りいたします。議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○高木隆三議長 ご異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

  暫時休憩いたします。



       休憩 午後 3時40分



       再開 午後 3時48分





○高木隆三議長 現在員18名であります。

  再開いたします。



                          ◇                        



△閉会の宣告





○高木隆三議長 以上をもって本臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

  これにて平成23年第2回白岡町議会臨時会を閉会いたします。

  ご苦労さまでした。

       閉会 午後 3時48分