議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 ふじみ野市

目次 12月01日−総括質疑−02号




平成22年  12月 定例会(第4回) − 12月01日−総括質疑−02号









平成22年  12月 定例会(第4回)





 △議事日程(12月1日)                                 
 開  議                                        
 日程第1 総括質疑                                   
   会派名 自民クラブ                                 
       日本共産党                                 
       公明党                                   
       正翔会                                   
     第 86 号議案 平成22年度ふじみ野市一般会計補正予算(第3号)        
     第 87 号議案 平成22年度ふじみ野市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)  
     第 88 号議案 平成22年度ふじみ野市介護保険特別会計補正予算(第2号)    
     第 89 号議案 平成22年度ふじみ野市下水道事業特別会計補正予算(第2号)   
     第 90 号議案 ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例            
     第 91 号議案 ふじみ野市をきれいにする条例                  
     第 92 号議案 ふじみ野市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果
            の縦覧等の手続に関する条例                    
     第 96 号議案 ふじみ野市国民健康保険税条例の一部を改正する条例        
     第 97 号議案 ふじみ野市民プール条例を廃止する条例              
     第 98 号議案 ふじみ野市道路線の変更について                 
     第 99 号議案 ふじみ野市道路線の認定について                 
     第101号議案 町の区域を変更することについて                 
     第102号議案 ふじみ野市立放課後児童クラブの指定管理者の指定について     
     第103号議案 ふじみ野市立市民交流プラザの指定管理者の指定について      
     第104号議案 ふじみ野市立コスモスホールの指定管理者の指定について      
 日程第2 議案及び請願の常任委員会付託                         
 日程第3 議案審議                                   
     第100号議案 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて    
 次回予定報告・散会                                   
………………………………………………………………………………………………………………………
 △出席議員(25名)
      2番  有 山   茂 議員     3番  大 築   守 議員
      4番  田 村 法 子 議員     5番  伊 藤 美枝子 議員
      6番  堀 口 修 一 議員     7番  足 立 志津子 議員
      8番  山 口 公 悦 議員     9番  小 峰 敏 彦 議員
     10番  加 藤 末 勝 議員    11番  神 木 洋 寿 議員
     12番  岸 川 彌 生 議員    13番  高 橋 順 子 議員
     14番  野 沢 裕 司 議員    15番  前 原 かづえ 議員
     16番  新 井 光 男 議員    17番  岩 崎 公 夫 議員
     18番  小 高 時 男 議員    19番  松 尾 勝 一 議員
     20番  福 村 光 泰 議員    21番  五十嵐 正 明 議員
     22番  大 石 正 英 議員    23番  小 川 愛 子 議員
     24番  飯 沼 潤 子 議員    25番  塚 越 洋 一 議員
     26番  鈴 木   実 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
 △欠席議員  な し
………………………………………………………………………………………………………………………
 △職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   坂 田 秀 樹  事 務 局 長      馬 場 健 次  事 務 局 次 長
………………………………………………………………………………………………………………………
 △地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   高 畑   博  市     長      永 田 喜 雄  副  市  長
   矢 島 秀 一  教  育  長      福 田   寛  総 合 政策部長
   渋 谷 弘 次  総 務 部 長      藤 田 光 雄  市 民 生活部長

   毛 利 道 代  福 祉 部 長 兼      宮 崎 光 弘  健 康 医療部長
            福 祉 事務所長

   山 下 晴 美  都 市 政策部長      仲 野 政 男  危 機 管理監兼
                                  行 政 管理室長

   原 田   昇  副 参 事 兼      松 本 敬 司  教 育 総務部長
            会 計 管理者兼
            会 計 課 長

   高 梨 眞太郎  生 涯 学習部長      深 沢 秀 臣  選挙管理委員会
                                  書  記  長

   本 橋   芳  公 平 委 員 会      本 橋   芳  監 査 委 員
            事 務 職 員               事 務 局 長

   奥 平 勝 久  農 業 委 員 会
            事 務 局 長





△開議の宣告(午前9時30分)



○小高時男議長 ただいまの出席議員は25人です。議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成22年第4回ふじみ野市議会定例会第3日の会議を開きます。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第1 総括質疑                                   



△第 86 号議案 平成22年度ふじみ野市一般会計補正予算(第3号)            



△第 87 号議案 平成22年度ふじみ野市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)      



△第 88 号議案 平成22年度ふじみ野市介護保険特別会計補正予算(第2号)        



△第 89 号議案 平成22年度ふじみ野市下水道事業特別会計補正予算(第2号)       



△第 90 号議案 ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例                



△第 91 号議案 ふじみ野市をきれいにする条例                      



△第 92 号議案 ふじみ野市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例



△第 96 号議案 ふじみ野市国民健康保険税条例の一部を改正する条例            



△第 97 号議案 ふじみ野市民プール条例を廃止する条例                  



△第 98 号議案 ふじみ野市道路線の変更について                     



△第 99 号議案 ふじみ野市道路線の認定について                     



△第101号議案 町の区域を変更することについて                     



△第102号議案 ふじみ野市立放課後児童クラブの指定管理者の指定について         



△第103号議案 ふじみ野市立市民交流プラザの指定管理者の指定について          



△第104号議案 ふじみ野市立コスモスホールの指定管理者の指定について          



○小高時男議長 日程第1、第86号議案から第92号議案、第96号議案から第99号議案及び第101号議案から第104号議案までの議案15件を一括して議題といたします。

 ただいまから議案15件に対する会派別総括質疑を行います。

 質疑は、会派別総括質疑通告者及び時間一覧の順に行います。

 質疑の方法については、持ち時間の範囲内で議案に対する質疑を行います。なお、質疑はそれぞれ1回目は登壇し、一括質疑、一括答弁とし、2回目以降は自席で一問一答となりますので、ご了承願います。

 自民クラブ所属議員から質疑を受けます。

 神木洋寿議員。

         〔11番神木洋寿議員登壇〕



◆11番(神木洋寿議員) おはようございます。11番、神木でございます。それでは、自民クラブを代表いたしまして、今回上程議案につきまして総括質疑をさせていただきます。既に通告をさせていただきましたので、通告に従いまして答弁をいただきたいと思います。

 まず最初に、第86号議案・平成22年度ふじみ野市一般会計補正予算(第3号)について伺います。東口駅前広場整備事業につきまして5点ほどお聞きしたいと思います。1点目は、弁護士委託料の内容についてお聞かせをいただきたいと思います。

 次に、2点目として、安全対策工事でございます。場所柄タクシーや車の往来や駅を利用する市民など、最も混雑が想定されるわけでありますので、工事を施工するに当たっての安全対策についてお聞きしたいと思います。

 3点目は、用地取得費の内容といたしまして、取得費の積算根拠についてお伺いをいたします。

 次に、4点目といたしまして、補償、補てん及び賠償金についてでございますが、補てん、補償の相手及び権利関係についてお聞きいたします。

 次に、5点目といたしまして、建物周りにあるパチンコ店の駐車場の対応はどのようにされるのか伺いたいと思います。

 次に、第90号議案・ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例でございます。こちらでは3点ほど質問をさせていただきます。

 まず、1点目ですが、高齢化や経済事情などから空き家がふえ、防犯や防火対策、環境保全の視点から重要になってきていると認識をしております。したがって、市としては、これまでどのように空き家を把握し、対策をとってこられたのかお聞きいたします。

 次に、2点目といたしまして、条例制定により、これまでとの違いがどのような点が期待されるのかお伺いをいたします。

 3点目は、この条例では、適正管理に向けて、所有者の責務とともに、管理不全の空き家の所有者に対する、市は実態調査や環境の保全などに必要な措置を講ずるよう勧告や命令ができるとされていますが、具体的にどのようなことが考えられるかお伺いをいたします。

 次に、第91号議案・ふじみ野市をきれいにする条例について3点ばかりお伺いをいたします。1点目、市の責務として、条例の目的を達成するため総合的な施策を推進しなければならないとございますが、総合的な施策とは何を想定しているのかお聞きいたします。

 次に、2点目ですが、路上喫煙禁止区域の指定において、環境審議会の意見を聞くことが定義されていますが、現在想定されている路上喫煙区域はあるのかお伺いをいたします。

 最後の質問になりますが、路上喫煙を禁止する区域において、「公共の場を管理する権限を有する者が喫煙をすることができる場所として指定をした場所においては、この限りではない」、このように記述されております。これは、喫煙をすることができる場所として具体的にどのように考えているのかお伺いいたします。

 以上を申し上げまして、質問とさせていただきます。



○小高時男議長 藤田市民生活部長。

         〔藤田光雄市民生活部長登壇〕



◎藤田光雄市民生活部長 おはようございます。それでは、私のほうにいただきました質問のうち、第90号議案と第91号議案につきまして、順次お答えをさせていただきたいと思います。

 まず、第90号議案でございますが、ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例、これにつきましては3点ほどご質問をいただいておりますので、順次お答えをさせていただきたいと思います。

 1点目の空き家の把握と対策についてのお答えでございますが、現在市民等からの情報に基づきまして、市が現況を確認いたしまして、把握している空き家につきましては24件でございます。これまでの対策では、火災や防犯上であればくらし安全課、それから樹木や雑草の繁茂、異臭等の場合は環境課、家屋の倒壊や建材の飛散が問題となるときには建築課が対応しておりまして、3課にまたがる状況の場合は、相互に連携をいたしましてお互いに対応をしていると、こういう状況でございます。

 2点目でございますが、これまでは空き家の所有者に対しまして、適正な管理を行うように求める根拠がない中での問題の改善の指導を行ってきたところでございますが、条例が制定されることによりまして、指導根拠が明確化されるとともに、相談窓口が一本化され、市民サービスの向上が図れるものと考えております。あわせまして、所有者の責務を明確にすることで所有者の適正管理に係る意識も強まるものと期待をしているところでございます。また、市といたしましても、適正な管理を求めるための助言、指導、勧告等具体的に踏み込んだ対応が可能になることで、空き家所有者の適正管理をより強く促すことができるものと思っているところでございます。

 それから、3点目の勧告や命令についてでございますが、実態調査において管理に問題があると認める空き家の所有者等に、その状況に応じて助言、指導、勧告及び命令を行うことができることを規定しております。このことから、管理不全な空き家については、その状態により、履行期限を定めて必要な措置を講ずるよう命ずるほか、公表に至っては、正当な事由がなく命令に従わない場合は、住所、氏名、空き家の所在地、命令の内容を市掲示板や市報及びホームページに掲載することを想定しているところでございます。また、改善が行われず、火災や犯罪が誘発されるような状態で緊急を要する場合は、管轄する警察や消防署など関係機関に協力を要請し、連携して安心、安全の確保を図ることとしておるところでございます。

 続きまして、第91号議案につきまして、ふじみ野市をきれいにする条例でございます。こちらにつきましても3点ほどのご質問をいただいております。順次お答えをさせていただきます。

 1点目の第3条の条例の目的を達成するための総合的な施策の推進について、まずお答えをさせていただきます。現在市内の町会、自治会では、地域クリーン推進員が中心となりまして、地域内の環境美化活動を実施をしているところでございます。この活動ですが、毎年5月30日の全国一斉ごみゼロの日に合わせる形で、道路、公園などにおいて、ごみ拾いなどの環境美化の活動でございます。そのほかの美化活動の制度といたしましては、市独自の制度といたしまして、市が管理している道路の美化活動を行う団体を道路サポーターズとして市長が認定をしております。また、埼玉県が管理する国道、県道の美化活動を行う団体といたしまして、彩の国ロードサポートとして県知事が認定をしておりまして、それぞれの制度に基づく認定団体は、年間計画の中で道路等の美化活動を実施をしているところでございます。現在に至る環境美化推進団体は41団体、道路サポーターズ及び彩の国ロードサポーター認定団体は21団体ございます。一方、上福岡駅周辺地域を拠点とする環境美化活動といたしましては、町会、自治会、商店街、学校関係、たばこ税対策協議会などを連携いたしまして、ごみのポイ捨て禁止と路上喫煙の防止に係る街頭キャンペーンを毎年12月に実施をしているところでございまして、本年につきましては12月15日を予定をしているところでございます。

 いろいろとお答えをさせていただきましたが、活動団体を拡充、拡大していくことで総合的な施策に結びついていくということで考えているところでございます。

 また、今市議会におきまして条例の議決をいただきました段階で、平成23年4月1日に条例が施行される以降におきましては、きれいにする条例が形骸化しないためにも、特に路上喫煙禁止の実効性を確保することが大きな重要な要素であるというふうに考えているところでもございます。このため、路上喫煙禁止を施行する事前段階といたしまして、平成23年の秋ごろに、路上喫煙禁止区域と路上喫煙禁止の立て看板を設置をいたしまして、広く周知、PRをしていきたいと考えているところでございます。また、平成24年の1月からは、シルバー人材センターに路上喫煙禁止の指導と指定喫煙場所での喫煙を誘導する業務を委託することも予定しているところでございます。この業務につきましては、環境課職員もシルバー人材センターと連携をいたしまして積極的に巡回するなどして、ごみの散乱のないきれいなまちづくりを醸成したいと考えているところでございます。このため、条例第9条に規定いたします路上喫煙禁止区域の指定と第10条に規定する路上喫煙禁止につきましては、平成24年の4月1日施行することを考えているところでございます。

 続きまして、2点目の現在想定している路上喫煙禁止区域はあるのかというご質問でございますが、東武東上線において路上喫煙禁止区域を指定している先進地の自治体では、比較的人通りの多い駅周辺地域を路上喫煙禁止区域に指定をしておりまして、当市におきましても他市と同様に、上福岡駅周辺地域を路上喫煙禁止区域に指定したいと考えているところでございます。しかしながら、路上喫煙禁止区域の指定につきましては、関係する町会、自治会、商店街など合意形成が必要不可欠であると思っておりますので、条例案が可決成立いたしましたら、平成23年度に入りまして、関係する各団体のご意見を伺った上で環境審議会に諮問いたしまして、禁止区域を決めていきたいと考えているところでございます。

 3点目の指定喫煙場所において喫煙することができる具体的な場所についてのお答えでございますが、指定喫煙場所につきましても、路上喫煙禁止区域の決定方法と同様に、関係する各団体にご意見を伺った上で設置場所を決定し、灰皿を設置をしていきたいというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 山下都市政策部長。

         〔山下晴美都市政策部長登壇〕



◎山下晴美都市政策部長 おはようございます。第86号議案中、東口駅前整備事業の内容に対します5点の質問についてお答えをさせていただきます。

 まず、1点目の弁護士委託料についてですが、権利関係が大変複雑なため、当初弁護士に委任しております。その成功報酬といたしまして支払うものでございます。

 2点目の安全対策工事の内容ですが、建物がなくなり、買収地の安全対策として、安全さくの設置及び建物跡地部分のアスファルト舗装の実施を予定しております。

 次に、3点目の用地取得費の内容ですが、土地所有者は東武鉄道株式会社になります。買収予定金額は、不動産鑑定結果に基づく1平方メートル単価54万6,000円に登記面積131平方メートルを乗じた金額になっております。

 次に、4点目の補償、補てん及び賠償金の内容ですが、補償するのは登記名義人であり建物を貸している東上商事株式会社になります。

 次に、5点目のパチンコ店の駐輪場は今後どのように進めるのかという質問ですが、駐輪場として利用している東和産業株式会社と交渉を進めているところでございますので、よろしくご理解のほどお願いをいたします。

 以上です。



○小高時男議長 神木洋寿議員。



◆11番(神木洋寿議員) ありがとうございました。質問順に再質問を何点かさせていただきたいと思います。

 まず、駅前広場整備でございます。これは、長年の念願でございました建物が撤去されますと、東口広場の景観も一新するのではなかろうかと期待をしております。これまでの交渉など、いろいろとご苦労に対しまして感謝を申し上げたいと思います。

 先ほどの答弁の中で安全対策工事というのでございましたが、これは私が期待したのは、建物の解体に当たっての安全対策、これがなかったわけでございまして、この場所は駅の乗降客が最も混雑が予想されますので、解体工事に当たりましては、安全対策につきましては十分留意して施行されるようお願いいたします。これは答弁は結構です。

 次に、第90号議案でございます。空き家の適正管理に関する条例でございますが、第5条におきまして、管理が行われていない空き家があると認めたときは、空き家の実態調査を行うことができるとされています。これは、敷地内に立ち入って調査をすることになろうかと思いますが、この場合、法律との整合性は図れるのかお聞きをさせていただきます。



○小高時男議長 藤田市民生活部長。



◎藤田光雄市民生活部長 第5条の実態調査につきましては、外観調査と立入調査の2段階を想定をしているところでございまして、実態調査の第1段階といたしましては、基本的には敷地外の道路からの外観調査でありまして、その際には、門扉がない、または門扉が施錠されていない場合におきましては、玄関前まで立ち入って、玄関のドアの施錠確認を行うことも想定をしているところでございます。また、道路からの外観調査では不十分で、当該空き家の敷地に隣接する居宅等の居住者に了解が得られる場合には、隣地の地内から外観調査も想定をしているところでもございます。それから、門扉が施錠してある場合には、所有者の了解のない敷地への立ち入りは基本的には想定はしていないということでございます。それから、外観調査によって、建物の倒壊等のおそれがあり、周辺の被害が予想されるなど、さらに詳細な立入調査の必要性が高いケースにつきましては、個々のケースの事情に応じまして、事前に消防署あるいは警察に協力を要請いたしまして、協議の上、その立ち会いのもとで、または合同で立入調査、消防にあっては査察ということで例外的に想定をしているところでもございます。

 法律との整合性については、空き家等の所有者の権利保護に配慮いたしまして、空き家等の管理不全な状態を解消することにより、近隣環境の保護、保全という公共性を担保するためには立入調査は必要とは考えておりますが、刑法第130条前段に規定されております住居侵入罪に抵触しないように、敷地内への立入調査については慎重に進めてまいりたいというふうに考えておるところでございます。ちなみに住居侵入罪につきましては、正当な事由なく人の住居などに侵入した場合にも成立するものでございますので、本市といたしましては、この条例による実態調査のための住居等への立ち入りは、正当な理由に相当するものと考えているところでございますが、法令に適用等で明確な判断基準がないため、慎重を期して、市職員単独での立入調査は今のところは想定はしていないところでございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 神木洋寿議員。



◆11番(神木洋寿議員) ありがとうございました。

 次に、第91号議案でございます。ふじみ野市をきれいにする条例ですが、この条例の施行におきまして、実効性を進める手だてとしてシルバー人材センターに指導業務などを委託するという実務的回答がございましたが、シルバーに委託するのもよいと思いますが、何といっても地域をきれいにするという市民意識が育たなければならないと考えております。その点におきまして、どのような認識を持ち進めるのか、また進める方法など考えがあれば伺いたいと思います。



○小高時男議長 藤田市民生活部長。



◎藤田光雄市民生活部長 今ご質問のありましたとおり、きれいにする条例を形骸化しないためにも、市民意識の高揚というのは非常に必要不可欠なものであるという認識をしております。そういった意味で、市では地域クリーン推進員制度といった地域に根差した活動をする市民の皆様がおりますので、毎年開催される会議の場所などにおきまして、この条例を周知をいたしまして、市民意識の醸成を図ってまいりたいと考えておるところでございます。また、道路美化活動団体であります道路サポーターズ制度を拡充、拡大していくなど、あらゆる角度からのボランティアによる環境美化も進めていきたいと考えているところでもございます。ひいては、指定喫煙場所における灰皿の清掃にもそういったことが広がっていければ、なおさらよい方向に向かっていくのではないかと思っておりますが、いずれにいたしましても清潔で快適な都市環境を確保することは、市民みんなの願いではございますので、その方向で進めてまいりたいというふうに思っているところでございます。



○小高時男議長 神木洋寿議員。



◆11番(神木洋寿議員) はい、どうも。

 以上で私の総括としての質問は終わりにいたします。あとは委員会でご審議をいただければと思っております。ありがとうございました。



○小高時男議長 神木洋寿議員の質疑を終了します。

 自民クラブ所属議員の総括質疑を終了いたします。

 次に、日本共産党所属議員から質疑を受けます。

 山口公悦議員。

         〔8番山口公悦議員登壇〕



◆8番(山口公悦議員) おはようございます。それでは、日本共産党を代表いたしまして総括質疑を行いたいと思います。

 まず、第1点に、一般会計補正予算(第3号)についてお伺いいたします。今回の補正は、歳入は決定行為が行われているもの、歳出は制度改正及び事情変更による緊急やむを得ないものの編成と説明されました。補正予算額1億3,034万4,000円というものであります。個々の問題につきましては各常任委員会での審議で行うこととなりますが、私は補正予算の中心点についてお伺いをいたします。

 日本共産党議員団は、今年度の当初予算について、市民生活の困難さがひどくなっている現状に対し、市民の命を守ることを第一にした内容にはなっていないのではないか、こういう立場から組み替え動議を提出しました。動議の内容は、歳入については、前年からの繰り越し財源の計上において、契約差額などの不用額を正確に反映させ増額させることや、区画整理事業や都市再開発による積極的な事業展開によって税の増収を図る、このようにしておりました。

 また、歳出の主な内容としては、こども医療費無料化を中学校卒業まで通院分も拡大し、現物給付により窓口払いをなくすること。2点目には、学童保育の施策統一化に向け、保護者負担の上福岡地域と大井地域の負担格差をなくするために段階的軽減を始めるよう提言をしました。3点目には、敬老祝金の支給対象拡大とその増額。4点目には、大井総合支所のサービス低下をこれ以上進めないために、国民健康保険、介護保険、年金関係、そして障がい福祉、税金関係など広範囲にわたるベテランの担当者を配置して市民の期待にこたえるようにすること。5点目に、路線を拡大して上福岡地域に広げる市内循環バスの便数増発や路線の改善。6点目に、小中学校の消耗品や備品、教材、図書費などの増額や施設の外壁等の改修費を計上、さらに大規模改造改修事業を繰り上げ実施すること。7点目に、職員の欠員や不足部分の補充は、非正規職員や委託、派遣ではなく、長期的見通しを持って正規職員を新規採用して人材の育成を図ること。8点目には、労働費関係では、就労支援事業を初め特に若者と高齢者については市独自の新規施策をぜひ計上してもらいたい、そういう観点からの内容。さらに、9点目、商工関係では、企業支援や空き店舗の対策、緊急融資の充実。十分目に、商工農政、労働雇用、行政部門の組織を充実させるために、担当職員を増員すること。11点目には、雨水浸水対策に必要な側溝整備や貯留浸透装置の予算増額。そして、12点目には、幹線道路の歩道整備、狭隘な道路の待避所拡幅や隅切りなどの予算の増額。13点目には、非正規職員の賃金等の労働条件改善、単価の是正。14点目に、同和関係運動団体の研修会、大会などに市の職員が参加する経費を全額削除する等々の内容でした。

 多数の賛同を得ることができませんでしたが、半年間の市内における状況や我が党が実施しました全市民を対象としたアンケートの結果を見ますと、6割の方が暮らしが苦しくなっていると答えていました。こういうような内容を見ても、我が党が提言した内容は重要な提言ではなかったでしょうか。

 3月議会の審議がどのように反映するのか注視した6月議会の補正は、3,672万円余りという極めて小規模な補正というものであり、市民の深刻な状況を救済する方策はみじんもなかった。こういう点から反対をいたしました。3月議会で計上された4億5,000万円の繰越金と、審議の中で明確となった約7億円余りの繰り越しの見込み分が予算に反映されずに、そういう内容での予算の組み方だった。

 それで、9月議会はどうかといいますと、歳入歳出14億2,789万円を追加して、総額で324億9,411万円でした。我が党の市議団は、大変熱い議論を行った上に、一定の改善がされたということを評価して、意見を付してこの9月の補正には賛成をいたしました。十分なものでないことは明らかです。

 当初予算の審議、3月議会の補正予算審議や6月議会の補正予算審議で指摘した繰越金の11億円の活用は、12月議会、今議会でもなされておりません。市報の12月号では、実質収支は11億8,508万円余りの黒字、単年度収支では4億2,794万円が黒字であったと報道しています。予算の単年度主義、また予算の総計主義、この原則から、可能な限り市民に生活や福祉向上に還元する予算を組むことが市長の責任ではないでしょうか。市民の暮らしや命と健康を守ること、そのために限られた予算を有効に活用することを避けて、口を開けば市財政の厳しさだけが喧伝されるのはなぜなのか、そのことについてお答えをお願いいたします。

 次に、庁舎管理事業に関連してお伺いいたします。今回は駐車場関連の予算の関係ですが、この道路を廃止して駐車場にするということを市民が見てどのようなことを思っているのか。私は、市長が推進している公共施設の適正配置計画や、平たく言いますと事業仕分けですね、こういうものだけが市民には大変目についています。2つある施設は統廃合されるのではないか。保育所や公民館、図書館などが、民間委託や指定管理者制度の導入など行われるのではないか。疑問や不満が蔓延しています。また、大井総合支所の機能低下の現状から、廃止や縮小されるのではないかという不安も広がっています。今消防本庁舎建設の件と関連させて、事実無根の有害な情報が作為的に流されている状況にあります。消防庁舎建設と大井総合支所の機能を向上させる施策などを中心に、基本的な事業計画についてお答えをお願いいたします。

 次に、第97号議案・ふじみ野市民プール条例を廃止する条例についてお伺いいたします。お伺いいたします。この条例自体の廃止以前にやらなければならないことがあるのではないか。これは、何よりもプール事故の検証、これが行われていません。この点についての理由をお答えをお願いいたします。

 2点目には、子供たちや若いお母さんたちの強い要望となっているプール建設について、どのような方針をお持ちなのか、この点についても明確にお答えをお願いいたします。

 3点目には、大井の市民プールを壊した跡地はどのように活用されようとしているのでしょうか。また、上福岡プールについては、今後どのようにしようと考えていらっしゃるのか、この点についてもお答えをお願いいたします。

 次に、第102号議案・ふじみ野市立放課後児童クラブの指定管理者の指定についてお伺いいたします。指定管理者に移行して、現在のサービスや職員の労働条件や、賃金、権利など後退することがないのかどうなのか、この点についてお答えをお願いいたします。

 1回目の質問を終わらせていただきます。



○小高時男議長 福田総合政策部長。

         〔福田寛総合政策部長登壇〕



◎福田寛総合政策部長 それでは、ただいま質問ございましたが、前に通告をいただいていますので、その通告でお答えをしたいと思います。

 今回の補正予算、これにつきましては、先ほど質問者が言われましたように、幾つかの要点がございます。その関係で補正をしてございます。そのほかに10万円以上の差額が生じているもの、これにつきましても減額をするということで補正の通知をしたところでございます。ただ、中には、業務履行中でありまして、契約後の事情によりまして変更契約、これをする要素の残っているものもございます。あるいは補助金、起債、これらの特定財源、これらの確定を待って歳出の補正措置をするものもございます。単に契約締結即予算との差額、これを不用額としましては、減額補正ができない場合もございます。こういったものにつきましては、極力最終補正において明らかにしていきたいと考えております。

 以上でございます。



○小高時男議長 渋谷総務部長。

         〔渋谷弘次総務部長登壇〕



◎渋谷弘次総務部長 おはようございます。それでは、通告に従いまして、先に庁舎管理の件のお答えをさせていただきます。

 当初庁舎の全体管理について、今後の方向性ということでの内容でございましたので、まずそれについてお答えさせていただきます。本庁舎につきましては築38年、また第2庁舎につきましては築25年が経過しておりまして、いずれも施設の設備についても大半が更新時期に入っております。このため年々修繕料も増加しておりまして、大規模な改修が必要となっております。また、本庁舎は、新耐震基準以前に建てられた施設でありますことから、耐震診断を実施しておりまして、現在最終的な報告待ちの状況にあります。今後の方向としましては、ご承知のように本庁舎は防災拠点としての位置づけもされていますことから、耐震補強をどのようにするか、補強するのが有利か、あるいは建て直しのほうが有利なのか、またさらに経費面ではどうか、さらに工事の実施方法として、建物の中で事務をとりながらできるのか、あるいは仮設の庁舎が必要になってくるのかと、また補強後の耐用年数についてはどうなるかなど、耐震診断の結果を受けまして具体的に検討してまいりたいと考えております。

 また、耐震工事にあわせまして、老朽化が進んでおります外壁とか、あるいは屋上の防水工事のほか空調機や給排水設備、それから電気設備や内装などの大規模改修が必要となっております。さらに、アスベスト対策も必要となっております。したがいまして、今後はこれらの必要経費を含めまして、総合的に判断しまして具体的な内容を詰めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申します。



○小高時男議長 毛利福祉部長。

         〔毛利道代福祉部長兼福祉事務所長登壇〕



◎毛利道代福祉部長兼福祉事務所長 それでは、第102号議案についてのご質問にお答えいたします。

 指定管理者制度を導入してことによって、市民サービスの質を維持向上させることができたのかというようなご質問でございます。まず、第1に、指定管理者独自の研修制度の活用による人材の育成でございます。保育の質は、指導員の能力による面が大きいところから、人材育成は重要であるというふうに認識をしてございます。

 第2に、自主事業により、市民ニーズに合った多様なサービスの展開が可能になるというふうに考えております。具体的には条例で規定した保育時間以外の延長保育の実施、夏休みの一時利用の導入など、より利用しやすい運営ができるものと認識をしてございます。また、子育て支援拠点としての施設活動の面から、乳幼児の親子広場等が提案されており、今後こうしたことについて具体的に協議をしてまいりたいと思います。

 また、第3に、保護者から各種トラブルあるいは苦情に対する対応については、迅速かつ適切に実施することとし、その内容及び対応の状況を速やかに市に報告するものとしております。これにより、市民の声をサービス向上に役立てることができるものというふうに認識をしてございます。

 また、市民参加と議会への報告ということで通告にございましたので、この点についてもお答えいたしますが、保護者と指定管理者と市がお互いに情報交換を行うことにより、一層連携融合を図ることができるよう、これは仮称ですけれども、児童クラブ関係者連絡会議を設置し、連絡協議の場を確保することとしております。また、モニタリング調査やアンケート調査などを通して利用者の声を運営に反映させることを指定管理者に義務づけております。必要に応じて議会のほうへも、どういう形で報告をしていけばいいのかということも検討してまいりたいと思っております。

 また、指導員の資質の確保と給料等の労働条件と労働基本権についてですが、現行の指導員の継続雇用の確保と指定管理者独自の研修制度の活用によりまして、人材育成で指導員の資質の確保を図ってまいりたいと思います。また、雇用条件につきましても、現行の臨時的任用職員の収入を上回る条件での雇用の確保を図るべく、これは指定管理者と協議をしていく所存でございます。また、労働基本権についてでございますが、これはもう日本国憲法に規定をする労働権を初めとし、団結権、団体交渉権、団体行動権の労働三権を保障したもので、特定非営利活動法人にも当然こうした権利は保障されるものというふうに考えてございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 仲野危機管理監。

         〔仲野政男危機管理監兼行政管理室長登壇〕



◎仲野政男危機管理監兼行政管理室長 それでは、プール事故の再検証についてお答えいたします。

 当初、9月までに検証結果をまとめる予定でおりましたが、二度とこのような悲惨な事故を起こさないためにも、検証経過の中での問題点や、また職員が大井プール事故を教訓として、日常業務の遂行に当たってどのような認識を持って職務に従事しているか、その現状等を把握した上で具体的な改善方策を検討するということで、全職員を対象とした職員アンケート調査を実施いたしました。このようなことから報告書の作成が当初の予定よりおくれておりますが、12月には検証結果をまとめたいという考えで現在作業を進めているところでございます。また、検証結果がまとまり次第、議会にご説明をさせていただき、年明けには報告書として作成してまいりたいというふうに考えてございますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



○小高時男議長 高梨生涯学習部長。

         〔高梨眞太郎生涯学習部長登壇〕



◎高梨眞太郎生涯学習部長 それでは、第97号議案・ふじみ野市民プール条例を廃止する条例についてのご質問にお答えいたします。

 まず、新しい市民プールの計画は白紙のままで、廃止だけするのかということにつきましてお答えいたします。9月の定例議会での一般質問でもお答えいたしましたが、新たな市民プールの建設は、財政的な問題もあり、現時点におきましてはプール計画は白紙の状態ということでございます。また、跡地の管理と利用につきましては、プールの跡地に隣接する体育館、テニスコートや弓道場などの他の体育施設や、東側に隣接する大井清掃センターを含めました周辺の一体の整備と借地問題を合わせた中で総合的に今後検討していくことになりますので、よろしくご理解のほどをお願いいたします。

 以上でございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) それでは、幾つか順番に質問していきたいと思います。

 先に予算の問題です。私先ほど触れましたように、予算の原則は何なのかということで言えば、主権者である市民に市の財政状況がきちんとわかるような状況をつくっていく。それと同時に、主権者であり納税者である市民に、きちんとその支払った税金が還元されていく、このことが大事なのだということで、予算単年度主義という問題と、もう一点、予算総計主義という視点から見て、この当初予算からの予算の組み方ということは問題があるということを指摘しているわけですが、その点についてのご所見をお答えください。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 私どものほうでは、そういう趣旨を踏まえて、今まで過去からずっと予算編成をしてきているというふうに思ってございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 最終的には、そうすると今見込める繰り越し等との11億円余りですか、金額的に言うとどのくらいが今、契約との差額とか、大体大ざっぱに言ってどのくらいが想定されているのでしょうか。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 これは、共産党さんのほうから資料要求をされてございます。当然その数値は見ていると思います。その中で、あの数値は、起債とか補助金とか、いろんなものが入ってございます。ですから、一般財源ベースでいきますと、多分9,000万円を割るかどうか、もっと低くなるかどうか、その辺まだ具体的に計算してございませんけれども、あの数値のとおりではなくてかなり低く、かなり低くって、そのとらえ方の、考え方の問題で言うと違うのですけれども、になるかなというふうには今のところ思ってございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 確かに資料の内容を見て、計算してみましたら、随分低いのだなというのが率直な、低いというか、想像していた額からいったら、それぞれの契約関係ですから、職員の方の努力というのもありますし、今の時代の趨勢というか、いうことから、業者などの対応というのもあったかというふうに想像できますけれども。

 私、特にこの問題で強調したいのは、例えば先ほども、当初予算のときに組み替え動議を出した中で、1つだけ事例を挙げると、こども医療費の無料化について、やはり他の1市1町と足並みをそろえて早期に実現してもらいたいという非常に強い要望もありました。これは、実はこの効果というものが意外なところで、私も話をされましたが、ある業者の方から呼びとめられまして、富士見市とふじみ野市との行政境、新駒林あたりだと思いますけれども、その新築を販売する上で、若い方がどうしようかということで悩んでいて、同じような物件が富士見市にあったと。それで、トータル的に言うと、やっぱりこども医療費の関係から富士見市のほうを選んでしまったと。早くこのこども医療費の問題については推進してもらいたいという声も強く出されまして、お名前を言うと皆さんご存じの方かというふうに思いますけれども、経済効果という問題がここまで波及しているのかというのは、想像はしていましたけれども、直接業者の方から聞いたということで言えば驚きましたけれども。

 そういうことで言えば、特に子育て世代からいっても、この課題については大変強い関心を持って、そういう一つ一つの施策を、限りある予算の中でどう希望とか夢を持たせるようにやっていくのかということでは、ちょっとことしの予算の編成を見ると、そういうふうになっていないのではないかということを非常に懸念されましたものですから、こういう指摘をさせていただいているのですが、最終的なところが見えたところで、来年の当初予算に反映するということになるのかどうかということで、この辺は市長にお聞きしたほうがよろしいのでしょうか。幾つかの強い要望などが他にも出されているかと思いますけれども、そういうことも含めて、ちょうど市長に就任されて1年たったところで、この荒波を、ふじみ野という大きな船をこぎ出して、どのように見ていらっしゃっているのか、また今後どのような施策の柱を考えていらっしゃるのか、この点について総括的にご答弁をお願いいたします。



○小高時男議長 高畑市長。



◎高畑博市長 総括的にということでございますので、こども医療費の実施も含めて答弁をさせていただきたいと思いますが、議員ご指摘のとおり、市内でもかなり生活に苦しいという声は、これは当然声に出さずとも感じる、実感するぐらいの状態であるということは認識をしております。その中で、総括的にということでございますので、我が国も1995年以来、GDPの伸びがもうとまってしまっているというよりも下降している。その中で、人口減少社会と言われている中で、生産者年齢も、今後推移していくのを見ますと、今のままの国の方向性をとっていった場合に、将来的にはかなり厳しい状況が発生をする。当然社会保障についても、高齢者たちを支える現役世代というのも減少していって、最終的には1人が1人を支えるような状況も起こってしまうのではないか、そのぐらいの危機感を私は地方を預かる者として感じている中でもございます。

 また、そうした大きな流れの中で、我が市の中でも非常に厳しい財政状況の中で、就任1年間の間ではありますが、行政経費の圧縮にはかなり力を入れてきた中でございます。平成22年度についても、当初2億5,000万円程度の税収減という見込みの中で予算編成がなされたわけでございますが、実態としては、ふたをあけて見ると、さらに1億5,000万円程度の税収が減っていると。その中で昨年同様の市民サービスを実施していくということは、かなり厳しいやりくりが必要である。

 そして、ここで出てくるのですが、私の政策としてお示しをさせていただいたこども医療費についてでございますが、これについては来年度中に実施をしたいということで準備を進めてまいりました。これについても、当初予算にはのせていきたいというふうに考えておりますが、実施がいつからできるのかということについては、現在もその状況を探りながら、いつごろ実施が可能か。当然準備期間も必要であるのと同時に、当初予算に計上する財源の確保、このことにつきましては、今国会でも補正予算が事実上成立をしたような形になっておりますが、その中で示されている地方への負担の中で、特に医療という部分で答弁をしておりますので、子宮頸がんワクチンの補助あるいは小児の肺炎双球菌、それから新生児のヒブワクチン、これらのものを我が市として補助をする。当然国としては無料化というような公表をしておりますが、国が2分の1補助をしてくるということは、我々も2分の1の財源確保をしなくてはいけない。ということをもろもろ計算をしていったときに、どこまで財源確保が可能になっていくのかというのが非常に微妙なところだと思います。そして、国も今回の補正の内容につきましては、細部にわたる指示がまだ地方には落ちてきてございません。そういうことを考えたときに、平成23年度当初でどこまで可能になっていくのかということを、今後の動向を見定めながら、予算の中で反映をさせていきたいというふうに考えているところでございますが、いずれにいたしましてもこども医療費の中学校3年までの通院については実施をしていきたいというふうに考えております。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) ありがとうございました。

 若いお母さん方が、私も久しぶりですけれども、小さな子供を抱えながら市長と面談をしましたよと。ちょうど私が庁舎を出ようとしていましたら、下でたむろしていましたので、お話を聞かせていただきました。いいですね、若い人たちが生き生きとしていて。そこで言われましたのは、平成23年度中と言われたけれども、平成23年度というのは、皆さんの思いで言うと平成23年度は1月から12月なのですがね。それがまたその翌年になるのではないでしょうねというふうに私言われましたので、そうならないように頑張りますからとお話ししましたけれども、ぜひ、今たまたまこども医療費の問題を取り上げましたけれども、それだけではない、それこそ待ったなしのほかの課題もありますので、市長としては大変限られた財源の中からの厳しい選択も迫られるかと思いますけれども、しっかりと市民に顔を向けて、耳を傾けてやっていただきたいということをまず一つお願いしたいと思うのです。

 私、この財政問題といいますか、ということでは、一つこういうことについてお話をさせていただきます。11月25日にテレビ東京系の関係で「カンブリア宮殿」というのが放映されました。ちょうど派遣社員の首切り問題というのを、この是非について課題となっていました。そのゲストとしては、国内最大の段ボール会社レンゴーの大坪清社長が出ておりまして、ここの会社は2008年の秋、リーマンショックのときに、派遣労働者1,000人を正規社員にするのです。逆行するような状況ではないかということで随分話題となりました。この賃金関係の費用として5億円かかったそうですが、しかし実際には働き手のモチベーション、やる気が高まって、会社全体の収支はプラスになったというお話でした。司会は村上龍さんで、ちょうど過去のゲストで、そのときにこの派遣労働者問題のインタビューに答えたカルロス・ゴーン会長、日産ですね、それと日本共産党の志位和夫委員長、この話が放映されたわけなのですが、ゴーン氏は派遣切りは仕方がないと話していました。志位委員長は、みんなが派遣切りをすれば、景気が底割れすると。大企業にとっても自殺行為だという警告をしました。大企業の内部留保のごく一部を取り崩せば、人員削減はせずに済むことだと、景気にも大きな影響を与えるということを述べていました。

 市長、先ほどコスト削減のことをお話しされましたけれども、市長が就任されて、大変市民的な印象の強いのはコスト削減、そして来年の新規採用を行わないなど、人員削減です。こういうことでは、ある意味では時代の趨勢に沿ったといいますか、ということで、一部の人たちにとって市長の株は上がるかもしれません。しかし、私は、職員の皆さんのモチベーションを上げることのほうが市民へのサービス向上と市に対する信頼が上がるのではないかと、そういうほうがふじみ野市全体に活気が生まれる、そういうふうに確信を持つものです。予算を組む上で、またこのふじみ野市という一つの大きな組織が行政を執行する上で、やっぱりベテランの職員が常に育成されていくような方向で編成をしていただくということもぜひ必要だということを提言したいと思います。

 次に、庁舎関係についての質問に移ります。庁舎のことについての答弁がありました。管理の問題等々、確かに老朽化していることから、対応していくというような課題になっていることは重々わかっています。私、先ほど登壇しましてお話ししましたのは、実際目に見えた形で駐車場が動き出しましたから、いよいよかという感じなのです。いよいよ統廃合とか、そういうのが始まるのかというような、そういう不安といいますか、そういうものがあるのです。全体像が市民に対して、必ずしもよく見えていないということがあるわけです。こういうさなかに、先ほども触れましたけれども、消防本庁舎建設の件と関連させてですね、大変これは市民にとってプラスではなくてマイナスに作用するような、そういう、言い方なのでしょうけれども、私にとってはデマだと思いますけれども、そういうものが喧伝されていると。これは払拭しなければならないと私は思うのです。そういう点から、ぜひ市長に、前に議会のほうには全員協議会でお話しされましたけれども、全体的に今公共施設、庁舎関係についてはこう考えているということを市民に発信していただきたいということでご答弁をお願いいたします。



○小高時男議長 高畑市長。



◎高畑博市長 ありがとうございます。今市民の中で、きちっとした情報が伝わっていない、あるいは事実と異なるような情報が流れてしまっているということで、それ自体は払拭をしていかなくてはいけない。非常にありがたいご意見だと思います。

 今庁舎問題ということでございますが、私は就任以来、この合併をして誕生したふじみ野市、2つの自治体が合併したわけで、その中で片方の側の庁舎、総合支所方式というものをとってまいりましたが、その中で支所の窓口機能が低下をしたということは、このことについては、同じ市民が利用する施設の中で、当然面積的にはコンパクトなまちでありますから、端から端まで移動しても、地方都市に比べれば移動距離というのはそんなに大したことはない。しかしながら、そのはかりといいますか、移動に対する感覚というのは、今ある、今できたことができなくなったということは、これはもう市民にとっては非常に不利益で、合併なんかしなければよかったという声まで聞こえてきたのが実態でございます。それを少しでも、今までの合併後この5年間の中で、前市長におかれましても、やはり合併効果を引き出していこうという強い思いの中で、当時私も議員でございますから、前市長ともども、当然合併効果を引き出すということで、両方にあった市民に直結するような現下を本庁舎に片寄せをしてきた、これについては間違っていなかったというふうに思っています。

 その中で、合併効果を引き出す中で、片寄せをしていくとともに、支所のほうのできることが減ってしまった、窓口機能が低下をしてしまった、このことについては、これからそれを充実したものにしていくことが必要だというふうに、それを第一義に考えて、今回この1年間進めてきて、この12月1日から、まずはできることからということで、障がい福祉ですとか、さまざまな福祉関係の相談業務を12月1日から開始をしたところでございます。これは、庁舎の建物を建て直すとか建て直さないに限らず、これはもうできることからやっていこうということで、12月1日から実施をし、さらにこの後何ができるかということで、今指示をして、さまざまな業務について、今までできたことをできるようにということで改善の指示はさせていただいております。

 その中で、庁舎の老朽化の問題もありまして、大井総合支所については、平成7年に耐震診断がなされております。その結果として、当然耐震化をすること、あるいは行政としても内部の改修をしていくこと、これらを試算したときに、大井総合支所をこのまま使っていくとすると、耐震と改修で合わせて約8億2,000万円程度の財源が必要になります。とするならば、これは耐震化して改修するのがいいのか、あるいは建て替えたほうが金額的には安く上がるのか、さまざまなことを検討してる中で、8月に消防組合のほうから、本部庁舎の建て替えということの中で、消防力の適正配置計画が消防組合では平成18年に策定をされております。その適正配置計画に沿った形での5署体制を図っていきたいという基本的な考えのもとに、建設検討委員会のほうから管理者に答申がなされ、管理者から、その中で川越街道西側、大井総合支所付近のという案の中で、我がふじみ野市に対して、総合支所の用地の一部を使えないかという打診がなされ、それについて、当然議員の皆様にはご存じのとおり議会でご検討いただいて、私に対して議長から答申をいただいた上で、市民検討会議という、時間がない中ではありましたが、2回開催をさせていただき、その中でもう少し、できれば西側地域の町会長さんにでもお話をしたほうがいいのではないかという声もありまして、当時議会での検討、あるいは市民検討会議の中でも、情報についてある程度まだ外部には公表を控えてほしいというお話のもとに検討をいただきました。

 これは、議会でも提案をいただいたように、大井総合支所の敷地を、消防組合で依頼を受けているように、5,000平方メートルを確保するためには、隣接の民地のご協力をいただかなくては我が市の占有する部分が非常に減ってしまうということで、隣接地の方のご同意が得られない中で、一般の方々にその情報を伝えるということは、万が一その方に不利益といいますか、個人の土地を利用させていただくわけでございますから、それによる影響が何か起こってはまずいということで、並行して打診をしてきた中ではありますが、同意が得られる状況までは、なるべく外部には情報は控えてほしいということで進めさてせていただいたわけでございますが、それもほぼ同意をいただいたという状況の中で、町会長さんを基本として、現在も今説明会を開催をしているわけでございますが。ただ、その間に、どこからどういうふうにかわかりませんが、誤った情報が市民の皆さんの中に大きく流れて、総合支所はもう廃止になってしまう、あるいは支所がなくなって、あそこは消防署にすっかり変わってしまうのだというようなことが流れてしまったようでございますので、それについては私も払拭をしていきたいというふうに思っていますが。

 今ここで一番大切なことは、今回の、もし消防本部に庁舎敷地の一部を利用させた場合に、当然我が市の総合支所も建て替えになります。その際には、これは私もずっと自分の考えとして持っていたのは、西側地域にない児童センターを複合的にその庁舎内部に設置をしたい。それ以外の中身については、当然議会議員の皆様あるいは市民の皆様からご意見をいただきながら、新しい庁舎建設に向けて進めていきたいというふうに思っている中でございますが、どうもその中で誤解が非常に多いのは、入間東部地区消防組合というのが、2市1町で運営している一部事務組合ということでございますので、我々のふじみ野市とは別組織だという。確かに別組織ではあるのですが、別個のものであって、我々とは余り関係がないように感じられている部分が強いというふうに思いますが、行政にとって消防というのは、私はある意味最も大切な部分の一つではないかというふうに思っております。我が市としても、平成22年度においては、消防組合に対しての負担金は当初予算で12億円が計上されております。その中で、市民の安心、安全を守る施設が同一の公共敷地の中に建設をされるということは、これから先非常に厳しい財政状況の中で、消防組合の維持も今後恒久的にこの地域で行っていかなくてはいけない。当然県の広域化計画があっても、地域としての負担はこれから先も恒久的に続く。あるいは行政の、このふじみ野市の行政としても、これから先、人口の構成年齢が高まっていく中であっても、行政は形を変えつつも恒久的に維持をしていかなくてはいけない。それらを維持していく上でトータルコストを少しでも下げていくこと、これは将来的にも市民にとって必ずプラスになることだというふうに考えています。

 ですので、限られた時間ですので、延々答弁して申しわけないのですが、私は今回の消防組合からのふじみ野市の総合支所の用地一部使用については、これは必ず市民の利益になることであるというふうに思っています。

 それから、最後に1点答弁させていただきたいのですが、今回もしその話が進んでいった場合、大井総合支所を複合施設としてつくっていきたい。この思いもあって、春日部市に視察に行ってまいりました。これは急遽行ってきたのですが、春日部市も我が市同様、平成17年の10月1日の合併であります。春日部市と庄和町という一対一の合併ということで、形も一緒であります。その中で大きく違ったのは、合併時に我が市は、やはり一対一の合併で、市民感情というものを踏まえた中で、規模的にはこちらの旧上福岡市の庁舎のほうが大きかったりする部分もありまして、こちらが本庁舎として位置づけられました。旧大井町役場が総合支所という形で総合支所方式となりましたが、その中でやはり市民感情も考慮して、大井総合支所のほうにも土木部門である都市政策、それから教育委員会ということで分けて配置をしました。しかし、結果として、その土木部門、教育委員会の移動コスト、これについて私も、これは今回の問題が出る前に試算をさせておりましたが、年間として、職員の人件費まで含めて、その移動中なは執務にかかわれないことも含めて計算をした中で、年間約4,000万円に上るということになっております。これは5年間ですから、職員の移動だけで5年間ですので、2億円の経費が使われております。

 そういうもろもろを経営改革という考え方のもとに、それをでは別のものに使っていったらどうなのだろうということも計算として出てまいります。大きく春日部市と違うのは、春日部市と庄和町の合併の時点では、春日部市のほうにほぼその機能を移しました。そして、庄和町のほうはといいますと、土木と教育委員会の窓口的なものは設置をされておりますが、大半の機能を春日部市役所のほうに持っていって、教育委員会については、春日部市は別の庁舎にございますが、その分あちらが取り組んだのは、庄和町の窓口機能を落とさないということに力を入れてきたのです。ですから、私たちはこれから、後ろを振り向くことは必要ないと思います。今までのことは、やはり合併効果を出すために、前市長、それから私も議員としてやってまいりましたが、これは決して間違っていまかった。その中で、これから、では今現実に低下をしてしまった、市民の皆さんが窓口機能が落ちたのだと言っているのであれば、これは全力を挙げて回復をしていくこと、このことが一番最初に申し上げた、一番大切な部分だと思いますので、私はそのことにも全力投球をしてまいりたいというふうに思っています。

 答弁が少し長くなりましたが、今回の一連の中で、そうした事実を多くの市民の皆さんに今後伝えていきたい。そして、これはもう議員の皆さんにもぜひお力をおかりして、ふじみ野市を挙げて市民、これからのふじみ野市をつくるために、お力をおかしいただきたいというふうに思う次第でございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 正式には議会で、庁舎問題について、市長の基本的なご判断といいますか、方針が話されたという12月議会ということになると思います。

 他の議員の方も一般質問でも取り上げていますので、細部にわたってはそういうことでのお話になるかと思いますが、当初の市長のご判断であった慎重を期する問題で言うと、私も消防議員にこのふじみ野市から派遣されておりまして、庁舎建設検討委員会の一員でありますので、経緯についてはすべて熟知しておりますけれども、同時に、今お話されましたように、2市1町でこの事業を取り組まなければならないという、他市との首長との関係、それからもう一つは隣接する地権者との関係というものがありますから、慎重かつきちっとした合意が形成された上でなければ話ししないというのも、これも原則だと思います。私もそういう立場から、原則的な立場を貫いてまいりました。非常に不幸な内容のものが作為的に喧伝されていることについては、この議会を契機に、議会としてもきちんと対応していくという決意が必要なのではないかなというふうに私は思います。今お話されましたように、大井の庁舎周辺は、今度は新たに2市1町の防災拠点として再生する。同時に、機能低下した大井のこの庁舎関係については、その機能を高めながら、同時に市民要望であった施設などを複合的に建設をしていこうという方針が今回明確にされたということは大変大事なことだというふうに思いますので、この点では、それこそ議会挙げて、この問題について成功裏に進めていけるようにしていきたいというふうに思います。

 ただ、苦言を言いますと、公共施設全般の問題で言いますと、やはり2つの施設の1つを減らしてというような話がやはり走っておりますので、この問題については慎重に、この消防庁舎問題をやったのと同じように慎重に、しばらく凍結をして、市民の声に耳を傾けるということも必要なのかなというふうに思います。

 次の点について質問を移します。市民プールの条例を廃止する前にやることがあるだろうということで、危機管理監のほうからお話がありました。12月くらいまでにまとめて来年にはといったらば、もう私たちは選挙ですから、そうでございますかというふうに素直に思えないというのが正直なところです。

 私はもう一つ、視点としてどうなのかと。今市民がどういうことにこの問題でもやもやしているのかというあたりのことを少しお話ししますと、やっぱり業者と委託契約の問題が焦点の一つ、この問題だと思うのです。そこにかかわった職員の責任の問題はありますけれども、民事上も一応個人責任という形になってしまったことについては、決して私はいいものだというふうに思いませんけれども、そういう形で決着がついているということからいったらば、なぜこういうものが発生したのかというところの問題です。ですから、業者との委託契約等の問題、どのような経緯で太陽管財が大井町の事業を行うようになったのか、このことが極めて重要です。

 それと、2000年に業者がかわりますね。かわった業者が点検をしたところ、ボルトがないということで、これを改善するようにと。当時の職員はきちんとそれをやったわけです。本来ですと瑕疵があったわけでもないこの業者が継続して2001年に契約されているかというと、そうではないのです。その後もまたかわって太陽管財です。つまりボルトが外れていた、または離脱していたということについて、きちんと点検、同時に改善をしてこなかった業者が引き続きやったわけでしょう。それであの不幸な事件です。そこには、一般の市民にとっては、何らかの力が働いたのではないかと、こういうことで今ふじみ野市の行政の信頼が落ちているのです。ここをきちんと危機管理監も精査すること、調査することを位置づけなれば、どんなような報告書が出たとしても市民は納得しないのではないですか。この点について、改めてこのプール事故の検証についてどんなお考えなのか。

 私は、この私が今言っていることについては、市長も議員のときに迫っていた内容だったというふうに、私の理解が間違っていたらあれですけれども、とらえているのですけれども。管理監が答弁しにくければ、市長からこの問題、プール事故問題…というのは、もう一点言いますと、実は太陽管財、これは情報ですけれども、埼玉県の県のほうの大きな事業を受けることになったのです。山川県議から情報が入りました。待てよと。あれだけ大きな社会的な問題、そこに直接かかわった業者が何なのだということで、私は、改めてふじみ野市の行政責任、きちんとこのプール問題についての検証、これを内外に明らかにしてこなかった、不十分な部分を残したままでの検証になっていると、ここにあると思いますので、ぜひこの点について市長、お答えをお願いします。



○小高時男議長 高畑市長。



◎高畑博市長 プールの問題につきましては、議員ご指摘のとおり、私もかなり質問を議会でやってきたというふうに記憶をしております。その中で、検証なくして再発防止はできない、これが一番の基本だというふうに思っておりました。その中でさまざまな議論がありまして、さきの議会の中でも第三者委員会の設置が必要ではないかというご質問もございましたが、事故当時に、当初、ある意味第三者機関、行政内部も参加してでありますが、そういうものを設置してきたという経緯があるということと、今回刑事責任が、我が市の当時の職員あるいは退職者に対して刑事罰が科せられたということで、その事故の刑事裁判については結審をした状況の中で、事故当時押収された書類について、ふじみ野市のほうに返還されました。その返還された、当時なかったであろう情報をもとに、その返還された資料も検証しつつ、今まで欠けていたと思われる部分、私はどんなに安全、安心な施設をつくっても、あるいはどんなに完璧なマニュアルをつくっても、それを履行していくのは、市民の安全、安心を担保していくのは、人である、職員がそれを履行していくのだということで、今回は全職員の事故に対するアンケート調査の実施もいたしました。

 さらに、改めて人という部分で、検証作業も今検討されて進められようとしている内容もあるのですが、それらの結果が出てきて、ある種の方向性、これは当初9月議会ごろにはというふうに申し上げてきたのですが、これについては確かにそれを目途としておりましたが、少しでも細部というか、あるいは可能性、今後の安心安全な施設を整備していく上での効果的なものがあれば、時間が少々かかっても、さらにそれの内容を補完できるような形のものをつくつていきたいというふうに思っていますので、それについてはちょっと時間をもう少しいただくような形になると思いますが、私は人という部分で、職員の今後の意識を高めていくことも含めて、今回の検証作業にとどめず、それがある種の職員のスキルアップにつながるようなものにしていきたいというふうに思っているところでございます。

 過去の業者の話でございますが、これは事故後の検察の判断等も含めた中で、今こういう状況になっているというふうに認識をしておりますが、合併以前の当時の太陽管財が、なぜ太陽管財なのか。さまざまなことがあった上でまた太陽管財なのかということについては、今現段階においては、ちょっと私は認識をしていないのですが、我々としてでき得る範囲の調査については、現段階でももう担当のほうはその辺もとらえているかもしれませんが、できる範囲の調査は必要ではないかというふうに考えております。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) ありがとうございました。

 市長、おおよその話についてはわかりましたけれども、中心点の問題について言うと、私はこう思うのです。確かに職員の意識の問題というのはあります、それは。日常的な問題としてあります。ただ、2000年以降の問題で言いますと、私も議会に設置されましたプール事故再発防止調査特別委員会の副委員長で対応していましたし、共産党は当議員団としても特別な専門委員会をつくりまして調査をつい最近まで続けておりましたから、資料も別にあります。その中で明らかになったのは、2000年以降に、ボルトが落ちていたことを指摘して、それを変えてほしいという職員からの申請が出ても、それが却下されているという事実もあるのです、私がつかんでいる事実は。ですから、意識の問題ではないのです。意識としては、担当する側としては、安全安心なプール事業を進めていくためにちゃんと出しているのです。出しているけれども、それが実行されなかったという問題なのです。ここの問題をきちんとしなければ市民は納得しません。

 もう一度この点、お答えをお願いします。



○小高時男議長 仲野危機管理監。



◎仲野政男危機管理監兼行政管理室長 今私どものほうで検証作業を進めているわけでございますけれども、当然押収された事務文書の中で、我々行政が法に基づいて行われるというのはご存じのとおり、我々は公務員として、その実行者として、やはり法に基づいて適正に事務を処理していくと。そうしますと、当然のことながら行政内部においても、契約規則あるいは自治法に基づいて適正に事務処理を進めていくプロセスの中で、例えば今もご質問があったとおり、その当時の事務手続において、我々が公務員としてすべきことがされなかったゆえに、いわゆる業者のそういうずさんさを見抜くことができず、それが継続していったというケースもままございます。したがって、そういう意味を含めて今検証作業を進めておりますので、近々市長のほうには、委員会のほうから報告書、市長のほうに提出したいというふうに考えていますけれども、今の検証をしておりますのは、そういった事務手続においての内部でのいろいろな、いわゆる法律あるいは行政のルールに沿った形の中で、そういう業者の不正(後ほど「不適切な」と訂正あり)行為等がなぜ見抜けなかったのかについて、それぞれ今検証をしているということでございますので、その点はご理解していただきたいと思います。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 今の答弁でいいのですよね。

 大きな問題が2つありまして、1つは、具体的なそういう不正行為がチェックされなかったという問題。これは、職員側の問題もありますし、また業者がそのことをよしとしていたという状態が放置されていたわけでしょう。この問題です。ここのところがきちんと検証され、再発防止の対応を市として方針として持つということが、失われた信頼を回復していく大きな内容の一つだと思います。そういう認識を持ってもらわなければ、私は、合併して、共産党は合併を反対していました、皆さんご存じのように。いまだやはり大きな傷残ったままだというふうに正直思っています。

 だが、一たん合併した以上は、合併してよかったという市民のそういうモチベーションを引き出していけるような方向がなければだめだということで、共産党はある時点から、みんなで、合併が大きな問題だということを声高にするだけではなくて、合併した以上、旧大井や旧上福岡のよさをどう生かして効果を上げていくかということをもっとやっていこうではないかということで、「週刊ふじみ野」には、よいとこ探しということで、ふじみ野市全体として、旧上福岡や大井のいいところをずっと連載して1年間やったりとか苦労もしています。こういう問題が一つと、それからプール事故で失った信頼、これをどう回復するか、この2つの問題が今あるのです、大きな問題が。ここのところを進めていくということの課題があるということをしっかりと受けとめて、一つ一つの施策を進めていかなければならないし、今回の検証をする上での視点も、そこを外してはならないというふうに思います。

 もう一つの大きな問題というのは、やはり専門的に熟知した方々が職員として継続的に育てられていないという問題なのです。特にこういう問題では、専門的な資格を持って対応できるような人たちが実際はだんだん少なくなってくる。これは、市民・都市常任委員会でもお話がありましたけれども、あと3年、5年といった場合に、技術者がいなくなるという問題も指摘していますけれども、人員削減ということについて反対するのは、私たちは、行政というのはきちんと継続性を持っていなければならないわけで、そこのところの核となる職員がしっかりとした専門的な力を持っていかなければならない、そう思っているのです。各担当にいらっしゃいますと、定期的な人事異動ということがあるわけですから、その際でも、そういう問題が継承されて、次の職員にそのことが、質が低下されないようにしていくような関係をつくっていく、このことも大事なのだということを強く指摘しておきたいと思います。

 次に、プール建設の問題については、白紙の状態でございますというお話でずっと続いているのですけれども、どうなのですか、もう、プール事故があって、ここのところになって、やはり10万7,000人のふじみ野市としてどうするかと。私は、もう少し視点を広げますと、今富士見市にプールがあります。あそこももう年数がたっていますから、老朽化も激しいと。ニーズにも合いません。そうした場合に、もう少し2市1町という視点でプールという問題も考えていく、そういう時代にもう入ってきているのかなというふうに思っています。

 合併して、だんだん、だんだん閉塞感を感じるような時代にずっと入っていって、ふじみ野市市民が夢や希望を語ることができないという状態になってきている。そうした一つに、プールどうなるのという話もあるのです。ふじみ野市1市だけでは財政的に厳しいといった場合に、近隣の他市とも協力してやっていくような視点もぜひ持って検討していただきたいと思いますが、市長いかがでしょうか。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 今のご質問者の内容、これにつきましては、私どもも今までそういう視点を持ち得ませんでした。ただ、今の質問がありましたので、一つの要素としてはあるとは思いますけれども、ただまだまだ私どものほうでいきますと、果たしてプールが本当に必要なのかと多分あると思うのです。それは、設置をしていない市町村もあるということを踏まえまして、もし設置をするのであれば、そのような方法もあるという中で、一つの選択肢、設置をする方向性の選択肢として考えていきたいと思います。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 市長にかわっての答弁ありがとうございました。ただ、残念ながら、有能な職員の方のお一人ですけれども、来年退職しますので、ぜひ市長にそのお話をしていただければと思いましたが。

 そういう視点も持ちながら、同時に今言われたように、本当にニーズがというお話ですよね。ニーズがどうかということもありますから。正直言いますと、事故後こういう要望を出しにくかったのです、ああいう事故がありましたから。今市のほうでも真剣に考えようかということになっているといったら、もっともっと出てきます、声が。そういうことでぜひ対応していただきたいと。

 それからもう一つ、大井のプールを壊した後の跡地の問題に触れましたけれども、もう一つ、上福岡のところのプール、あのままでいつまでもいいという話にはなりませんから、ここについてはどういうような方針を持っているのか、この点についてもお答えをお願いします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△発言の訂正



○小高時男議長 それでは、危機管理監から、先ほどの発言について訂正をしたいとの申し出がありましたので、発言を許可します。

 危機管理監。



◎仲野政男危機管理監兼行政管理室長 申しわけございません。先ほど私の答弁で「不正行為」ということで答弁いたしましたので、「不適切な」ということで訂正させていただきます。よろしくお願いします。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 今ありましたのは、上福岡の運動公園のほうの幼児プールといいましょうか、あちらのプール。あそこにつきましては、もう何年か前から、施設の老朽化ということで停止をしているのですけれども、そういうこと、先ほどの大井プールと同じだと思うのです。今までは2つたまたま、合併前ということで2つございました。そういう中でいきますと、もしプールということになれば、2カ所云々ということではなくて、必要性があれば、先ほどの要望の話も含めまして、そういうものを全部踏まえた上で、つくるとすれば、これはすればの話ですけれども、1つの場所になるのかなという思いもありますし…あとそれについては、今の運動公園のプールにつきましては、やがて解体をしていかざるを得ないというふうに考えてございます。

 あとは、プールの利用ということに関しましては、たしか市長が9月の議会でも答弁をしていると思います。学校プールの活用も一つの視野に入れたいということもございますので、そういう点も踏まえまして、要望の中でのそういう学校プールということも、折り合えるのかどうか非常に難しいのですけれども、そういうことも踏まえた上で、多角的にといいましょうか、多方面から検討できるものであればよろしいなというふうに思ってございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 学校プールの問題については、現実味のある話で、果たしてそれがどうなるのかというのは別として、現実味はあるのです。想像がつくのです。要するにイメージが出てくれば、それなりの話にはなるのです。でも、その前段で部長がお話しされたのは、極めて不確定な話で、これで想像しろといってもちょっと無理があります。

 例えば総合体育館が建設予定地としてあったのが、どうもそれがされないようだと。このことについても随分私のほうにも、どうなるのかと、プール、あそこを使わないのだったらば、取り壊した跡にやったらどうなのだという声もされています。やっぱり方向性の問題です、方向性の問題。今は白紙だけれども、しかしこれについての有効な活用をするための例えば検討に入ったとか、調査に入ったとかということであれば、それなりに市民に対する説明責任は果たすことになるわけです。それも見えてこないでしょう。そこのところはどうなのですかという話なのです。漠とした話ではなくて、では具体的にあるわけですから、上福岡プールがそのまんまさらされてあるわけです。木枯らしでさらされているままにあるわけでしょう。それなら、ここについて、どう活用するかということについて、庁内的な検討を始めるとか、または市民も含めた検討委員会をつくるだとか、何かそういう方向性でも示してください。どうなのですか。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 先ほど、多分同じことになると思います。今のは運動公園のプールというお話でございました。ただ、私のほうからすれば、市のプールということで一体的にとらえる必要があると思います。そういう意味でいけば、大井プールは、もうあの状態で使えないという段階で、ここで解体をします。では、運動公園にある幼児用プール、これはでは使えるのかといった場合に、あのままでは使えない。では、改修できるのか。多分、私の聞いている範囲では改修も難しい。そうすると、やはりいずれかの時点で解体をせざるを得ないと思っています。

 そのときに全体の市の中で、プールというものを全体の中で考える必要があるのだろうと思います。ですから、今山口議員がおっしゃるように、目の前に見えない。おっしゃるとおりです。目の前に見えるものをすぐ出したいと思います。だけれども、市の状況を踏まえて、なくなってではどうするのだと。つくる場合でも、ではどっちにつくる。いろいろな話があると思います。そういうことを踏まえたとすれば、やはり今後時間をかけて、果たして市民要望がどこまであるのか、そういうことも踏まえた上でやっていくということも必要ではないかと思っています。

 議員さんの期待するような答えはできませんけれども、以上でございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) いや、期待どおりです。いや、要するに市民の要望がどのくらいあるのかということは、それは大事なことです。まずそれの調査をやりましょう。アンケートをやるなり何なり、ここから始めましょう。それで現実的な施策の中にきちんと位置づけられるかどうなのかということについても、具体的に前に向けて進めていくということが大事なのではないですか。

 次に、放課後児童クラブの指定管理者の指定の問題について続けて質問をさせていただきます。部長のほうから、今の条件が後退しないようにするのだというお話がされましたよね。実際現在から指定管理に移行する上で、市民サービスや職員の労働条件、賃金などの後退などはないということで確認してよろしいですか。



○小高時男議長 毛利福祉部長。



◎毛利道代福祉部長兼福祉事務所長 指定管理者を募集する際に、要項あるいは仕様の中で、従来の指導員の給与ですとか、あるいは他の市町村のそうした人件費なども参考にしながら、仕様の中で事細かに、人件費も積算をした形で提示をしてございます。今回指定の管理者ということで提案を申し上げております、この2団体におきましても、そうした市のほうで提示した内容に非常に沿った形で提案をしていただいておりますので、そういう意味では、個々人ということでの給与条件、労働条件ということがこれからの問題ですけれども、そうした市と、あるいは今回議決をいただいた後には指定管理者とのまた協議の中で具体的に、従来の条件が下がらないように、全体の人件費、総体的には下がる内容での積算ではございませんので、その辺のところはまた市としても指導していきたいというふうに思っております。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 職員の問題についてちょっと質問をさせていただきますけれども、賃金や労働条件が後退しないように、下回らないようにというお話のようですけれども、例えば時間給を上げたとしても、時間総体として労働時間が減りますと、年間所得そのものが下がりますよね。そういったケースもあり得るのかなというふうに私は思っておりまして、この問題を質問させていただいているのですが、個々のことではなく、グロスの面で言ったらば上がりましたと。要するに時間給が何十円上がりましたと、だから下回らないことにしましたということで、個々になった場合に、実は今までもらっていた賃金よりも年間収入でいったらば下がりましたと。そういう関係になることが危惧されるのですが、その点のチェックはされていらっしゃるのでしょうか。



○小高時男議長 毛利福祉部長。



◎毛利道代福祉部長兼福祉事務所長 確かに、例えば学校休業日などですと8時から夜7時までの非常に長時間にわたる労働で、1人の方の勤務というわけにはいきません。そうしますと、交代をする形での勤務というふうになりますので、お一人お一人の方がどういう働き方をしていくのかということにつきましては、また指定管理者が指導員と面談をしていく中で、具体的な労働時間も含めた働き方を、この辺のところについては指定管理者の裁量になってまいりますので、基本的には働く側の指導員と指定管理者との合意の中で決定をしてまいります。ですから、従前は、労働時間は一定の労働時間が働けて、今回少し短くなって、総給与、総収入が少なくなったという場合も、なきにしも、あるかもしれません。それは、その働き方のお互いの合意の、指定管理者と指導員との合意の中で決定をしていくということですので、今総体的には保障できますよというふうな人件費の積算になっておりますけれども、個々の働き方につきましては、そこは指定管理者の裁量ということにお願いをしたいというふうに思っております。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 簡単に言うと、個々の契約行為になりますのでという話ですよね。この点については、少し委員会のほうで話をするかと思いますので、そこにゆだねますが、基本的なことについて幾つか確認をさせてください。

 この放課後児童クラブの運営や管理というもの、当然収支も含めてですが、議会としてのかかわりはどうなるのでしょうか。きちっと俎上にのせて、それなりにチェックする関係がつくられるのでしょうか、この点をお答えください。



○小高時男議長 毛利福祉部長。



◎毛利道代福祉部長兼福祉事務所長 議会とのかかわりとなりますと、これは毎年指定管理料ということで、これは一応単年度1億800万円ということで、各地域ごとに1億800万円ということで、今回議決をいただきますと4年間の債務負担、ことし契約期間を入れますと5年間ということになりますけれども、債務負担を議決いただきまして、その後毎年度、これは単年度協定と本協定というのを結びますけれども、単年度協定の内容というのは、実際には当初予算の予算の中に出てまいります。ですので、予算の中で審議をしていただくということ、また決算の中でも審議をしていただける場もございます。また、基本的にこれは指定管理者制度の導入ですので、基本的なこの運営の責任というのは指定管理者にあるわけですけれども、市が公の施設を設置をして指定管理者に委託をしているという形になりますので、そうした面においては、また先ほど申しましたように、モニタリングですとか、アンケート調査ですとか、そういう結果の中でいろいろな課題が出てきたり、運営状況でこれは議会のほうにも報告をする必要があるというものにつきましては、報告をしていく機会を持ちたいと思っております。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) その点についても少し委員会のほうでも詰めたほうがいいかなと思いますが、先ほど委託料として1億800万円というお話ですが、これについて、受け入れの関係なのですけれども、想定している児童との関係で、それを超える希望者があったといった場合の対応はどのように考えられているのでしょうか。



○小高時男議長 毛利福祉部長。



◎毛利道代福祉部長兼福祉事務所長 基本的には、この積算の範囲の中では、一応利用総定数が、上福岡地域は312人、大井地域は308人ということで、全体で620人ということでの利用者の想定の範囲の中で、仕様で決められた指導員の数ですとか、障がい者の加配ですとか、そういった人件費を含めて、あとは事務費ですね、全体の積算でございます。ただ、確かに今回大井地域は、前年、従前の1万2,000円から9,000円に保育料が下がりました。上福岡地域は、無料であったのが9,000円という保育料になりますので、実際平成23年の4月に開設をしてみますと、どのくらいの利用者があるのかということは、確かに私どもも難しい予想をしているところでございます。もし非常に利用者が多くなってしまって、これはこの指導員の数ではとても対応できないというようなことになれば、これはまた市と指定管理の協議の中で、場合によっては変更することもございます。



○小高時男議長 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 仕様書を見ますと、余った場合には返さなくてもいいよ、足りなくなったらば、それはその責任でやってくださいという内容ですよね、平たく言うと。そうすると、協議を前提となっていると、この資料を全部見ますとなってまいすから、そこで諮られるのかなというふうに思いますけれども、1年生から4年生までを基本的に対象として50人ですよね。これは、51人になったら加配ということになる関係ですか。

 それともう一つは、時間がありませんので、障がい児との関係。特に障がい児の関係で言いますと、学校のほうには情報としてはきちんとされているのですが、児童館との連携といいますか、情報共有といいますか、ということについてはどうなっているのかというあたりを聞いて、最後くらいになりますね、お願いします。



○小高時男議長 休憩いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………

   休 憩 午前11時22分

   再 開 午前11時22分

………………………………………………………………………………………………………………………



○小高時男議長 再開いたします。

 山口公悦議員。



◆8番(山口公悦議員) 今言ったような問題も幾つか懸念されることがありますので、これについては委員会のほうでの審議にゆだねたいと思います。

 以上です。



○小高時男議長 山口公悦議員の質疑を終了いたします。

 日本共産党所属議員の総括質疑を終了いたします。

 休憩いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………

   休 憩 午前11時22分

   再 開 午前11時32分

………………………………………………………………………………………………………………………



○小高時男議長 再開いたします。

 次に、公明党所属議員から質疑を受けます。

 高橋順子議員。

         〔13番高橋順子議員登壇〕



◆13番(高橋順子議員) 公明党を代表しまして、通告に従いまして総括質疑を行います。

 初めに、第86号議案・平成22年度ふじみ野市一般会計補正予算(第3号)について伺います。

 1点目は、歳入の主な内容で、国庫支出金の生活保護費等負担金の額が大変大きくなっております。この主な理由と影響について伺います。

 2点目に、繰入金のうち財政調整基金と公共施設整備基金を取り崩し、今年度合併特例債で予算計上していた公共施設駐車場整備事業債を今回廃止補正とした理由を伺います。

 3点目に、歳出で本庁舎施設の修繕に伴う補正を行っております。ところが、本庁舎駐車場工事については、延期に伴う減額をされております。この工事延期された理由を伺います。

 2点目に、第90号議案・ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例について伺います。提案にありますように、市民の生活環境の保全及び防犯のまちづくりを推進するために、安心して生活できる環境のためにも大変大事なことです。このことについては、以前に公明党議員が一般質問をしております。空き家が管理不全の状態であったり、市民が介入しにくい問題などがあったように思います。

 そこで、1点目に、この条例をつくるに当たって、今までの経緯について伺います。

 2点目に、今まで取り扱った内容と件数について伺います。

 3点目に、現在市として把握している空き家の件数など伺います。

 第91号議案・ふじみ野市をきれいにする条例について伺います。提案にありますように、空き缶等の散乱防止、犬のふんの放置禁止、路上喫煙の制限または禁止するためとありますように、市民一人一人のモラルが問われているように思います。以前にポイ捨て禁止条例制定の提案、駅や沿道に花壇を並べてまちをきれいにする提案等、一部地域で実際実施しているところもございます。この条例に至った経緯を伺います。

 第102号議案・ふじみ野市立放課後児童クラブの指定管理者の指定について伺います。新たに指定管理の指定を行うに当たっては、公募し、選定委員会で審査選定し決定されるということで、上福岡地域においては公募で特定非営利活動法人のワーカーズコープ、大井町地域では、これは公募はせず、特定非営利活動法人ふじみ野市学童保育の会が選定されました。この選定されるまでの経緯について伺います。

 第103号議案・ふじみ野市立市民交流プラザの指定管理者の指定についてと第104号議案・ふじみ野市立コスモスホールの指定管理者の指定について、この2つについては、選定公募者が、どちらも同様に4者の公募があり、両施設とも毎日興業株式会社が選定されました。要因となった理由について伺います。

 これで1回目の質問を終わります。



○小高時男議長 休憩します。

………………………………………………………………………………………………………………………

   休 憩 午前11時37分

   再 開 午後 1時18分

………………………………………………………………………………………………………………………



○小高時男議長 再開いたします。

 福田総合政策部長。

         〔福田寛総合政策部長登壇〕



◎福田寛総合政策部長 それでは、午前中質問いただきましたことについて、私のほうから関連のところを答弁いたします。

 財政調整基金と公共施設の整備基金について質問がございました。まず、今回の補正に関しまして、財政調整基金ですけれども、歳入歳出予算の、これは財源の不足ということで今回、今回もといいましょうか、繰り入れを行っておりました。

 次に、公共施設の整備基金につきましては、上福岡の東口駅前広場、この整備事業、このうちの用地取得、それと補償金に充当するということで繰り入れを行ってございます。

 それから、公共施設の駐車場の整備事業につきましては、庁舎の耐震も絡みまして、整備事業計画が明らかでない今の時期におきましては、合併特例債の協議ができないという状況がございますので、今回補正によって減額をお願いしたものでございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 渋谷総務部長。

         〔渋谷弘次総務部長登壇〕



◎渋谷弘次総務部長 それでは、引き続きまして一般会計補正予算の中のご質問で、本庁舎の駐車場工事の延期した理由というところでの答弁をさせていただきます。

 本庁舎につきましては、ご承知のとおり耐震診断を実施しておりまして、現在最終的な結果を待っている状況でございます。この診断結果によりましては、平成23年度以降に耐震補強工事が必要になってまいります。耐震診断の結果、具体的に耐震補強をどのようにするか。例えば補強の工法や経費面での比較検討、さらに仮設庁舎が必要になるかどうかといった工事の施工方法の検討など、大規模改修等を含めた総合的な判断をする必要がございます。いずれにしましても、本庁舎の駐車場工事につきましては、先ほど総合政策部長のほうからもご答弁をしましたとおり、財源的な問題等がありますので、その財源確保に伴い、減額する形をとりましたので、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。



○小高時男議長 藤田市民生活部長。

         〔藤田光雄市民生活部長登壇〕



◎藤田光雄市民生活部長 私のほうには、第90議案と第91号議案の2点でございます。

 まず初めに、第90号議案・ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例ということで3点ほどご質問をいただいております。安心して生活できる環境のために今までの経緯について、それと今まで取り扱った内容と件数、そして現在市として把握している空き家の件数ということの3点でございます。

 市内における空き家は、少子高齢化や核家族化の進行など、社会構造の変化に伴い、増加傾向にあり、環境衛生上の問題や防災、防犯上の問題でその対策は重要な課題となっております。昨年3月には大井地域で空き家の火災が発生し、3軒が消失するという事件が発生しております。これまで空き家等の管理不全の相談が寄せられた場合、防災や防犯上であればくらし安全課、樹木や雑草の繁茂、異臭等であれば環境課、そして家屋倒壊や建材の飛散であれば建築課とそれぞれが担当するとともに、問題が複合するような案件は、相互に連携をし合いまして、状況に応じて改善の要望や指導をしてきたところでございます。平成18年から現在までに相談を受けた件数は27件でございます。この中には倒壊しそうな家屋もありましたが、所有者への改善要望や指導によりまして、3件が解決をしたところでございます。このようなことから、市におきましては、安心安全なまちづくりを推進するため、ふじみ野市空き家等の適正管理に関する条例を制定をいたしまして、空き家の所有者等の責務を明らかにし、空き家等の所有者等に対して適正な管理を求める助言、指導、勧告及び命令を市として行いまして、さらに命令に従わない場合は、所有者等を公表することで空き家所有者等の適正管理を促していこうとするものでございます。

 なお、現在の空き家の状況は、要監察状態のものが12件でございます。防犯上改善が必要なものは7件、環境衛生上改善が必要なものは5件の合計24件となってございます。改善が必要な空き家等につきましては、継続して指導を行っているところでございます。

 続きまして、第91号議案・ふじみ野市をきれいにする条例でございますが、こちらにつきましては2点ほどいただいてございます。

 条例案の作成に係るまず経緯でございますが、市内におきましては、路上喫煙行為の苦情、道路などに不法にごみを捨てられているといった苦情が、年間を通じて市に寄せられているところでございます。このため、比較的人通りの多い上福岡駅周辺地域におきましては、ごみのポイ捨て禁止及び路上喫煙の防止に係る街頭キャンペーンを、町会、自治会、商店会、学校関係、たばこ税対策協議会などと連携して毎年実施をしておりますが、路上喫煙行為及びごみのポイ捨て行為は後を絶たない状況にある状況にございます。また、犬のふんにつきましても、道路や公園、民地内に犬のふんが放置され、困っているといった苦情や相談につきましても年間を通じて市に寄せられておりまして、このため市報やホームページを活用いたしまして、ふんは持ち帰って適正に処理する旨の周知PRを行っているところでもございます。その他といたしましては、毎年1回実施しております狂犬病予防集合注射のときにおきましても、犬のふんの置き去り禁止を促す袋の配布を行っております。また、必要に応じまして、犬のふんは持ち帰りましょうといった看板類を市民の皆様に提供し、設置をしていただいておりますが、犬のふんの放置につきましても後を絶たない状況にございます。このようなことから、ふじみ野市をきれいにする条例を制定し、条例により規制をかけることでモラルやマナーの向上を目指すものでございます。

 これまでの事務手続の状況でございますが、平成22年度に入りまして条例の原案を作成いたしまして、7月14日に開催された環境審議会に諮問を行ったところでございます。環境審議会からは、7月21日に、原案に賛成することで答申をいただいたものでございます。その後広く市民の皆様にご意見を聞くために、9月13日から10月12日の1カ月間パブリックコメントを募ったものでございます。寄せられましたご意見につきましても、条例案に反対するご意見はございませんでした。一方、路上喫煙禁止区域を想定している上福岡駅東西地域の町会、自治会、商店会、たばこ税対策協議会などの皆様には、11月11日、12日の2日間におきまして、説明会を開催し、条例案の説明をしたところでございます。

 経緯につきましては以上でございます。



○小高時男議長 毛利福祉部長。

         〔毛利道代福祉部長兼福祉事務所長登壇〕



◎毛利道代福祉部長兼福祉事務所長 それでは最初に、第86号議案についてのご質問にお答えいたします。

 国庫支出金の生活保護費負担金の額が大きい理由につきましては、平成22年度において、稼働年齢層者の派遣切りなどを理由とした失業者が増加し、平成21年度に比較して生活保護者数が増加したことにより、生活保護費等負担金の額が当初の見込額を大きく上回ったことによるものでございます。また、生活保護費の増加の影響として、財政的負担の増加とともに、生活保護事務に従事するケースワーカーの事務量の負担も増大している状況でございます。

 次に、第102号議案についてのご質問でございます。ふじみ野市立放課後児童クラブの指定管理者候補者の選定の経過についてでございます。第1回選定委員会において、指定管理者の選定方針について話し合いまして、1点目としては、選定基準に基づく総合点数方式による審査実施を決定をいたしました。2点目といたしましては、指定管理者募集の形態について、上福岡地区と大井地区の2つの区域に分けて指定管理者を募集することとし、上福岡地域については、児童館が市の直営施設であったことから公募をするということになりました。大井地域につきましては、大井学童保育の会の運営による40年近い実績と、今日までの経過や保護者との間に養われた信頼関係などを考慮して、公募によらない単独指定による実施とすることを決定いたしました。

 第2回の委員会におきましては、指定管理者業務仕様書などについて決定をするとともに、募集要綱の選定審査項目ごとの点数配点などの書式について決定をいたしました。

 第3回の委員会におきましては、応募者からプレゼンテーションを受け、ヒアリングにより疑問点を確認した上で、各委員が総合評価をいたしました。

 その結果、ワーカーズコープにつきましては、第1に、全国的な組織で、安全管理や保育内容が明確であり、充実していて、障がいのある児童に対する対応が具体的であるということ。第2に、近隣では狭山市、春日部市、板橋区、練馬区、足立区、墨田区など類似施設の運営事例も豊富で、円滑に進められているということがうかがえるということ。第3に、本部から児童福祉の専門的な運営委員を派遣して保育状況をチェックしているなど、本部組織の技術支援や職員体制研修が整っていること。第4に、自主事業の提案が、無料の乳幼児親子広場から有料の保育時間延長及び夏季保育の実施まで非常に充実をしており、内容も具体的で、有料ではありますけれども、現在の児童館利用者の要望を満たす内容となっているということなどがすぐれているということで、総合的に評価されたものでございます。

 また、ふじみ野市学童保育の会につきましては、40年近い保育の実績があり、大きな事故もなく運営され、保護者との信頼関係も形成されていること、また任意団体から特定非営利活動法人化されたことで、組織の基盤が強化されるとともに、組織の事業運営や会計処理がより明確となり、従前に比較しまして透明性の確保が図られていること、また今後指定管理者としての運営に当たり、従来の運営手法の見直しと改革改善に向けた組織的な機運の高まりがうかがえた、こういったことから総合的に評価され、基準となる点数をクリアしたことから候補者に選定されたものであります。

 経過についてはこういったことでございます。よろしくお願いいたします。



○小高時男議長 宮崎健康医療部長。

         〔宮崎光弘健康医療部長登壇〕



◎宮崎光弘健康医療部長 それでは、第103号議案と第104号議案・ふじみ野市立市民交流プラザの指定管理者の指定及びふじみ野市立コスモスホールの指定管理者の指定についての両施設とも毎日興業が選定されたということの理由ということでございますが、今回市民交流プラザ及びコスモスホールの指定管理者の指定につきましては、施設の設置条例が異なるため、2議案として上程をさせていただいておりますけれども、指定管理者の募集につきましては、管理運営に共通性がございまして、1社の指定管理者により管理運営を行うことにより、より一層の効果、効率が高まるということで、2館合わせた形での条件で指定管理者の募集を行ったものでございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 高橋順子議員。



◆13番(高橋順子議員) 大変ありがとうございました。さきの議員さんの質問にもありましたけれども、ご丁寧な答弁をいただきまして大変ありがとうございました。

 私からは、空き家関係の適正管理に関する条例の中で、今回は、それぞれの課でいろいろと対処してきたのが、これが縦割りではなく、市と、それからまち全体で取り組んでいこうという、そういう姿勢があるということは大変いいことであり、これが有効であるということを、この適正管理条例ができるということにとっては大変よかったのかなと思います。ただ、ちょっと気になったのは、所有者にとってはちょっと厳しいところもあるのかなと思いますが、そういう所有者に対しての話し合いの中も、厳しい内容であるけれども、やっぱりこういうことは、きちっと市民にとって不安を取り除いて、本当に安心して生活できるような状況にしていくという観点から、しっかりとお話ししていただければ、これは本当に住民にとっては、今までいろんな問題を抱えていた方もございますので、そういう面では、この条例ができたことによって、安心して生活ができるかなということで大変よかったと思います。

 それから、次の第91号議案については、ほとんど皆さんもう常任委員会で、あとは内容的には審議していただければいいのかなと思いますけれども、ふじみ野市をきれいにする条例についても、それぞれの団体がしっかりとふじみ野市のためにという思いでそれぞれが携わってやっていらっしゃるということですので、それを今までモラルの問題とか…それぞれの…一人一人がモラル問題だというふうに簡単に考えていた部分というか、そういうことがございましたけれども、この条例をつくることがいかに、ルールというか、一つの、一定の基準をつくることによって、またそこでルールが必要不可欠というところもあるのかなと。この条例があって初めていい方向に行けるということもございますので、その辺これからふじみ野市が、もっともっと皆さんが住みやすく、また外部の方が来たときに、ふじみ野市がとてもきれいになったというふうに言われるようなまちづくりを、お互いが、一人一人の考え方というか、市民感覚というか、意識が向上していくためにも、これは大変大事なことだと思いますので、それぞれ意見を申し添えて常任委員会でしっかりと審議していただければなと思います。

 以上で私の質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。



○小高時男議長 高橋順子議員の質疑を終了いたします。

 公明党所属議員の総括質疑を終了いたします。

 次に、正翔会所属議員から質疑を受けます。

 大石正英議員。

         〔22番大石正英議員登壇〕



◆22番(大石正英議員) 大石でございます。正翔会を代表いたしまして総括質疑を行います。

 まず、1項目めでございますけれども、第86号議案・平成22年度ふじみ野市一般会計補正予算(第3号)でございますけれども、先ほどの午前中の質問の中でもございました。東口駅前広場整備事業についてでございます。長年の懸案と申しますか、ようやくと申しますか、一歩具体的に前進をしてきたというふうに思っております。

 先ほどのと重複しないような形で質問をしたいというふうに思いますが、委託料、これはもう先ほど弁護士さんの委託料で50万円、これはもう交渉していかなければいけないものでございますので、その辺のそごが出たりなんかしたときの弁護士に対する委託料ですということでございました。それから、工事請負費、これも先ほどの質問でご答弁がございました。

 東口駅前広場用地取得費の今回の一番大きい7,152万6,000円というもの、それから補償、補てん及び賠償金という形の中で6,210万円、この辺をもう少し、進捗状況、それから今後の、来年度予算を含めた形あるいは3か年実施計画の中で反映をされていくのかどうかわかりませんが、スケジュール等々をお聞かせを願いたいというふうに思います。

 以上が1点目です。

 2点目なのですが、現在来年度予算に向けての具体的なというか、そろそろ煮詰めの段階に入っていく予算の時期だと思うのです。さっそく12月定例議会が終わればヒアリング等が始まって、どこを削って、どこをふやしてというふうな状況になってくるかと思います。これは、国の補正予算、それから来年度の予算にもかかわってくることでございますけれども、そこで繰入金が今回、補正後で財政調整基金が9億1,382万7,000円、公共施設整備基金繰入金が、補正前はゼロ円で、補正後で1億3,962万6,000円という、結構補正にしては繰り入れをして、それはもう主に先ほどの東口駅前広場の整備事業に対してですので、補正としてある一定程度はやむを得ないものとして思っておりますが、来年度予算に向けて、ちょっと見ますと、各種基金の状況でいきますと財政調整基金が10億1,919万7,000円、公共施設整備基金が12億9,122万3,000円というような状況になるわけです、この補正が可決をされて執行されていきますと。そうしますと、来年度の予算がどうなるのでしょうかということがちょっと心配といいますか、どういうふうな予算編成になっていくのかということですので、その辺を踏まえながらご答弁いただければありがたいなというふうに思います。

 2項目めでございますけれども、第91号議案・ふじみ野市をきれいにする条例でございます。きれいにする条例のパブリックコメントの資料等を見ますと、それから7月4日の環境審議会の中でもいろいろ、ちょっと読ませていただきましたが、きれいにするというのは、余りにも漠然として抽象的ではないかと。したがって、3つの項目でやっている、いわゆる空き缶、空き瓶、ペットボトル、いわゆるポイ捨てですね。そういう3つのもののためにやるのであれば、もっと具体性を持ったほうがいいのではないかなどの、環境審議会の中ではそういうご意見があった。しかしながら、諮問をされて答申をした中では、原案賛成だというふうなことだったようでございます。その辺を含めまして、条例制定の目的、もう一度総括質疑の中で、改めて条例制定の目的とか、あるいは何でこうなってきたかの背景、そして先ほど申し上げました、条例制定の基本方針がパブリックコメント等でも皆さんに提示されたわけですが、その辺の基本方針、それで条例制定の概要と。それで、その条例制定の概要については、県内の状況、そして近くではお隣の富士見市、ことしの4月から施行されたのですかね。そういうもの。それから、都内では大分この条例がふえていっているという傾向にあるということのようですので、その辺を含めてお聞かせ願いたいというふうに思います。

 それから、第92号議案ですが、これはもうヒアリングで言ったとおりです。ふじみ野市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例、いわゆる環境アセスメントに対しての縦覧をするので、その手続に対する条例でございます。条例制定の目的、背景、基本方針、概要についてお聞かせ願いたいというふうに思います。

 それから、第102号議案から第103号議案、第104号議案、いわゆる指定管理者の指定についての条例でございますが、このことが、きょう午前中のいわゆるプールの廃止関係とちょっと関連をするのですが、いわゆる公の施設の、地方自治法の第244条の2の規定というのが、いわゆる公の施設の廃止と、この設置、管理及び廃止の項目なのです。いわゆる条項である。その中で、指定管理者でもいいよというものがされてきている。別に指定管理制度を否定するものではございませんけれども。いわゆる市の職員がやらなければいけないこと、指定管理者あるいは業務委託をする側と委託をされた側、そこの責任分界点というか、もちろん契約書を交わしたりなんかいろいろするわけでしょうけれども、そういうことに対して、やっぱり市が一定程度の考え方や今後の方向性みたいなものをはっきりしておかないと、どんどん、どんどん拡大をされていって、指定管理でやればいいよと、窓口にしろ何にしろですね。ましてや現在公共施設の適正配置の関係が出てきたりなんかいろいろしています。そうしますと、いたずらに市民に対しての不安と申しましょうか、いろんな心配と申しましょうか、そういうのが出てきたりなんしますと、非常にいけないと思いますので、その辺のところをお伺いしたいなというふうに思います。

 以上でございます。



○小高時男議長 福田総合政策部長。

         〔福田寛総合政策部長登壇〕



◎福田寛総合政策部長 それでは、ただいま質問をいただきました2点にお答えをしたいと思います。

 まず、最初の繰入金につきましては、今回の補正におきまして繰り入れをした、その結果の残高状況をいただきながら、今後の財政状況を非常に心配をしていただく中で本当にありがとうございます。それらを踏まえた上でまた考えたいと思います。

 今回財政調整基金につきましては、歳入歳出予算、この査定の結果、当然のことながら財源の不足するところ、これに繰り入れを行いました。また、公共施設の整備基金につきましては、本市の懸念でありました上福岡東口駅前広場、これの整備事業、このうちの用地取得と補償金に充当するということで繰り入れを行っております。

 財政調整基金につきましては、当初予算及び補正予算編成時の歳入の不足するところの補てん分として活用しております。特に本市の場合は、合併以来、当初予算編成におきまして財政調整基金に頼る部分が非常に大きくて、例年当初予算で相当減額をした残高を、年度間の財源の捻出で何とか回復をさせて、翌年度の予算編成に備えるといった状況にございます。しかし、本市の財政規模では、予算編成後に標準財政規模の約1割、19億円ほどを、特に地方交付税の合併の特例が低減をします平成28年度以降に備えて、それ以上の確保が、長期的、また行政運営にとっては必要と考えてございます。また、公共施設整備基金につきましては、本市の計画的に行う公共施設の整備の財源に充てることにしております。このことは、事業実施年度のみに過度な財政負担を強いることのないように、計画的に積み立てを行いまして活用を図っていくということが本来の目的ですので、今後もこの趣旨に沿って運用をしてまいりたいと考えております。このように、次年度以降の財政運営を含めて、私どものほうは考えていきたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたします。

 続きまして、指定管理につきましての市の方向性ということでございます。指定管理者制度につきましては、平成19年7月に策定されました、民間活力の導入に関する基準による基本的な考え方と指定管理者制度導入に関する基本方針にございます。市民の安心、安全を第一に考え、多種多様な市民ニーズに効果的、効率的に対応するため、直営で管理するよりも、民間の活力を活用することにより、市民サービスのさらなる向上とコスト削減の可能性がある場合には、指定管理者制度へ移行するという方針により導入を検討していく考えでございます。

 今後におきましては、公共施設適正配置計画にあります施設のあり方や他団体の事例などを参考にしまして、また制度導入の方針にのっとりまして、事務事業評価と連動した上で、効果的かつ民間事業者の創意工夫を生かせる施設につきましては、積極的に指定管理者制度への移行を推進してまいりたいと考えております。しかし、制度導入後につきましては、適切な業務の執行がなされているか、モニタリングの仕組みをより充実させるとともに、制度の効用が最大限に発揮できるよう、民間事業者に対しましてインセンティブの付与、各過程における情報公開の実施といった全庁的に統一した基準を設定しまして、事業の効率化と安心安全な施設づくりに努めてまいりたいと思っております。

 以上です。



○小高時男議長 藤田市民生活部長。

         〔藤田光雄市民生活部長登壇〕



◎藤田光雄市民生活部長 私のほうは、第91号議案と第92号議案です。まず初めに、第91号議案でございます。ふじみ野市をきれいにする条例。ご質問は3点いただいております。1点目が条例の目的、背景について、2点目が条例制定の基本方針について、3点目が条例制定の概要についてということで順次お答えをしていきたいと思います。

 1点目の条例の目的、背景についてでございますが、上福岡駅周辺地域におけるごみのポイ捨て禁止及び路上喫煙の防止に係る街頭キャンペーンは、平成15年度から実施をしておりまして、合併により一時中断した時期もございますが、現在におきましても町会、自治会、商店街、学校関係、たばこ税対策協議会と連携をいたしまして、毎年キャンペーンを実施をしているところでございます。今年度につきましては、12月15日に行うことで関係する団体の方々と協議を進めておるところでもございます。また、環境課が所管しております地域環境美化自主活動事業につきましては、地域クリーン推進員が中心となりまして、町会、自治会と連携をいたしまして、地域の環境美化活動を実施をしていただいているところでもございます。道路行政では、市独自の制度といたしまして、市が管理する道路の美化活動を行う団体を道路サポーターズとして市長が認定をしております。また、埼玉県が管理する国道、県道の美化活動を行う団体は、彩の国ロードサポーターといたしまして県知事が認定をしておりまして、それぞれの制度に基づきまして、年間計画の中で道路等の美化活動を実施をしていただいているところでもございます。このため各制度に基づく活動を横断的に進めていくためには、ふじみ野市をきれいにする条例を制定しようとするものでございます。

 続きまして、条例の名称につきましてお答えをさせていただきます。条例の原案を作成し、7月14日に開催された環境審議会に条例の原案の諮問を行いました。審議会の会議の中におきましても、委員から、名称があいまいであるとのご意見がありましたが、条例の目的が空き缶等の散乱の防止、犬のふんの放置の禁止、路上喫煙の制限または禁止を主眼にしていることから、総称いたしまして、きれいにする条例でご了承いただいたものでございます。

 続きまして、東武東上線沿線の自治体におけるごみの散乱の防止や路上喫煙禁止の状況ですが、川越市、志木市、和光市、新座市、朝霞市では、受動喫煙を防止する健康増進法から見て条例を制定しておりますが、富士見市ではまちをきれいにする方向性から見て条例を制定をしております。当市では富士見市の条例を参考にいたしまして、きれいにする条例を作成したものでございます。富士見市の条例の名称も、当市と同様に、富士見市をきれいにする条例でございます。

 続きまして、2点目の条例制定の基本方針につきましてでございますが、きれいにする条例は環境基本条例と同様に、市、市民、市民等及び事業者の責務を明らかにすることで、市、個人、各団体、企業など皆様のご協力を得ながら、まちの環境美化を進めていこうとするものでございます。また、土地所有者の責務では、所有する土地の環境美化を規定することで、安全で快適な生活環境を確保しようとするものでございます。

 3点目の条例制定の概要についてでございますが、ふじみ野市をきれいにする条例は、先ほどご答弁いたしましたが、空き缶等の散乱の防止、犬のふんの放置の禁止、路上喫煙の制限または禁止について定めるものでございます。その中で、第7条では、空き缶等の散乱の防止を、第8条では犬のふんの放置の禁止を規定しております。また、第9条では路上喫煙禁止区域の指定、第10条では路上喫煙の禁止を規定しております。この路上喫煙禁止規制につきましては、第11条で禁止区域以外となります市内全域を努力義務として規定するものでございます。

 続きまして、第92号議案でございますが、ふじみ野市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例でございます。これにつきましても3点ほどご質問いただいております。条例制定の目的、背景について、それから条例制定の基本方針、そして条例制定の概要についてということでございます。

 まず、1点目の条例制定の目的、背景についてでございますが、本条例は廃棄物の処理及び清掃に関する法律第9条の3第2項の規定に基づき制定するものであり、現在計画しております広域ごみ処理施設の設置に際し、周辺地域の生活環境に及ぼす影響についての調査の結果を記載した書類を公衆の縦覧に供し、利害関係を有する者に生活環境の保全上からの意見書を提出する機会を付与しなければなりません。本条例は、周辺地域の生活環境に及ぼす影響についての調査の結果を記載した書類の縦覧手続、生活環境の保全上からの意見書の提出方法、その他必要事項を定めるために制定をするものでございます。

 続きまして、2点目の条例制定の基本方針についてお答えいたします。本条例は、周辺地域の生活環境の保全及び増進に配慮するため、生活環境の調査の結果を周辺地域の住民に広く周知し、また広く意見を求めるという基本方針を持って制定するものであり、これにより周辺地域の生活環境の保全及び増進に配慮した、よりよい施設建設を目指すものでございます。

 最後に、3点目の条例の概要でございますが、本条例は周辺地域の生活環境に及ぼす影響についての調査の結果を記載した書類の縦覧手続、生活環境の保全上の意見書の提出方法、その他必要事項を定めるものであり、具体的には縦覧の場所及び期間、それから意見書の提出先及び提出期限などを規定するものでございます。なお、縦覧の期間は1カ月間、意見書の提出期間は2週間を設けているものでございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 山下都市政策部長。

         〔山下晴美都市政策部長登壇〕



◎山下晴美都市政策部長 第86号議案、東口駅前広場整備事業に対する2点の質問にお答えをさせていただきます。

 1点目の進捗状況について説明させていただきます。今回用地買収を完了いたしますと、駅前広場の計画面積2,000平方メートルのうち約75%の買収が終わります。駅前広場の北側部分の整備を進めることができることになりますので、南側部分の残した、暫定ではありますが、乗降客等の安全を考えた整備を進めていきたいというふうに考えております。なお、整備を進めるためには、パチンコ店が使用している駐輪場の土地一時使用賃貸借契約の解除が必要になりますので、関係者との交渉を引き続き進めていきたいと考えております。

 次に、2点目のスケジュールですが、本議会において審議をいただいております補正予算をご了承いただいた際には、土地買収等を進め、北側部分の暫定整備を行い、南側の予定地については交渉していきますけれども、交渉には期間が必要になりますので、よろしくご理解のほどお願いをいたしたいと思います。

 以上です。



○小高時男議長 大石正英議員。



◆22番(大石正英議員) 順不同になると思いますが、よろしくお願いします。

 繰入金の関係は、調整基金と目的基金、これはもう調整基金というのは年度間の財源の調整をするよと。これは当然のことなのです。目的基金は、何年たったらこういうものをやりますとか、したがってそれは基金をためていってやりますと。おのおの基金の違いがあります。いわゆる調整基金というのは年度間の調整をする。これは、そのときの景気、不景気によって随分、特に旧大井町の場合は、東和燃料なんていう石油会社があって、年度間によって10億円ぐらいの差があったものですから、したがって調整基金をしなければ、いわゆる次年度なり何なりができないよという形の中で調整基金制度をつくっていったという。安定した財源でやっていけるときには調整基金なんていうのは要らないわけですけれども。したがって、来年度予算に対してどうなのですかと聞いたわけです。12月の時点の基金残高でいかがですかと。今、要するにもう詰めていかなければいけない時期に来ていますよね、来年度の予算を。それと、それから合併特例債という問題があります。合併特例債も先がある。期限が決まっているわけです。だから、どう財源を来年度で確保するのですかと。そういう意味で、基金状態と、これはもう日本全国税の収入というのはもう大変です。それから、あと国からの地方交付税、これもどちらかというともう不透明な感じがあります。そういう中でどうなのでしょうかと聞いたものですから、改めてお聞かせ願いたいというふうに思います。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 大変失礼をいたしました。

 基金につきましては、先ほど議員さんもおっしゃったように、約10億円財政調整基金がございます。これでいいのかどうかという話ではなくて、今現在平成23年度の予算をヒアリングの最中でございます。まだ最終的に詰め切ってございませんので、何とも言えないのですけれども、私どもからすれば、3月の時点まで含めまして、今後また最終決算補正、先ほど極力最終的なもので補正で調整をしたいというお話をしました。そういう中で、そういう調整をさせていただいて、来年の予算のために十分なる、十分なといいましょうか、その財源の確保をしたい。

 それから、合併特例債につきましては、もう幾つか使い道といいましょうか、使途は決まってございますので、そういう中で検討していくということになると思います。そこには当然財政調整基金だけではなくて、公共施設整備基金も絡むかもしれません。ただ、財政調整基金だけを申しますと、今までのやり方がいいのかどうかというのはあるのですが、毎回その分がなければ組めないという予算編成です。本来そうではなくて、財政調整基金というのは何らかの臨時的な、それこそ突発的な事故に対して対応するべきものだというふうに思うのです。ですから、使い切るのではなくて、せめて何億円か、この何億円というのは非常に言いづらいのですけれども、私からすれば5億円、6億円、それ以上のものを残しておきたい。そういう中で全体の予算が年々、年々組んでいければ一番いいのかなというふうに思ってございます。

 以上です。



○小高時男議長 大石正英議員。



◆22番(大石正英議員) 大変財源難というか、運営していくのに厳しい状況にの中にあるというのは十分理解できます。ある一定程度財政調整基金で調整をしていきながら予算を組んでいくというのは、やむを得ない状況にあるなというふうに思います。その辺はもう大変理解をしているところてなのです。しかしながら、目的基金はその目的に沿ってやるわけですから、それを基金として導入をしていくというのはもう十分理解をできるところです。そういうことで非常に大変でしょうけれども、よろしくお願い申し上げます。

 それから、次の項目に入りますが、指定管理者の関係なのです。民間活力の導入という形の中で、指定管理者制度、これは平成15年ぐらいだったのですか、法制化されたのは。それで、いわゆる行政改革の一つとして、いわゆる専門性の高いものとか、民間活力を導入することによって、そのほうが有効であろうと、いわゆる行政が直接やるよりはというような形の中から指定管理者制度というのが導入をされてきた。

 ところが、それこそ三位一体の改革やいろんな形の中で、行政、日本全体と申しましょうか、世界もそうですけれども、非常に財源難に、財政が非常に厳しくなってきた。したがって、行財政改革を進めるために、こういう表現がいいかどうかわからないけれども、安上がりの行政執行をやろうみたいな形になるのを非常に心配しているのです。そうすると、市民サービスの低下につながらないかとか。したがって、どこかでこういう部分は指定管理者制度を導入したいけれども、これだけはやはり行政マンがやりたいのだよと、そういう歯どめというのですか、それが必要なのではないだろうかという気がしているのです。どんどん、どんどん進めていけば、恐らくこれはもう公の施設といえば大体みんなそうですから。どこかでこれだけはやっぱり行政マンがやらなければいけないよと。そろそろそういう考え方みたいなものも持っていかないといけないのではないかと思ったものですから、先ほど実は質問したのです。ところが、どうもその辺がちょっとわからないものですから、再質問をさせていただきます。



○小高時男議長 福田総合政策部長。



◎福田寛総合政策部長 今のは、具体的な多分事業とか、具体的な中身だと思います。今その中では、私の中ではお答えできないのですけれども、これは基本方針の中に、市が介入する範囲というか業務というか、そういう抽象的な表現なのですけれども、入ってございます。そういうものを結局個々の事業に当てはめていってどうかというふうに検討せざるを得ないというのが今の私の答えでございます。



○小高時男議長 大石正英議員。



◆22番(大石正英議員) ちょっと明確ではない。要するにちょっと線が引けるものではないというふうに私は受け取ったのです。ただ、心配なのは、先ほどから何度も申し上げています。今回も新規採用がないようです、聞くところによると。あるのですか。職員の数を、例えば10人退職されるとします。そして、こういうご時世ですから、100%補充するというのも大変でしょう。ただ、やはり行政を執行していく上で、行政マンが責任を持たなければいけない仕事というのはどういうものなのかなと。何でもかんでもでは民間で。極論します。言いますよね。課長さんだけいて、あとは全部委託します、指定管理者にやりますよと。だんだん、だんだん職員がいなくなってくる。そういうふうにはならないでしょうけれども、そろそろその辺について考えていかなければいけない時期に来ているのではないかというふうに思うのです。

 いかがでしょう、市長でも副市長でも結構ですので、その辺を。どちらでも結構です。今後考えていかなければいけないような気がしますが、いかがでしょうか。



○小高時男議長 永田副市長。



◎永田喜雄副市長 大変問題点と申しますか、指定管理の問題点についてのお話でございました。一例を申し上げますと、例えば公園も県の場合はほとんど、30公園ぐらいあるのですが、半分以上指定管理になっています。ただし、大宮公園だけは、やはり技術者の熟練のために、全部県が管理していると。それは植栽から、みずから県が発注して監督員になっているというところもあります。そのほかあとの二十何公園はほとんどが指定管理になっていますが、やはりその技術が落ちてはいけないということです。やはりお話のとおり、技術は継承しなくてはならないということが一つあると思います。ですから、特に危険性の多い道路とかいうところは、指定管理というのはなかなか、道路法の中で今のところは認めていないということがございますが、やがては道路もこの路線は何々建設工業とか、この路線は何だと。ただ、責任はもちろん役所が負うのですけれども、そういうことがあるかもしれませんが、今現在ではやはり事故の度合いも、しょっちゅう事故がありますから、非常に管理責任がしょっちゅう問題になっているということから、やはり技術屋と申しますか、役所側が管理しているという実態でございますが、繰り返しますが、やはり1カ所は技術としての、いつも管理が目くばせできるところを置いておかなくてはいけないのかなと。また、常にそういう研修をしなくてはいけないというふうに感じております。また、非常に分岐点ですが、あるところでは100万円以内の通常管理は業者に任せると。そのかわり年間の、大体これは500万円ぐらいかかるなと思えば500万円ぐらい用意しておくのですけれども。それから、100万円以上は役所側が、例えば施設管理の担当の電気屋さんがいたり土木屋がいて直すというケースはございますが、そういう例はございます。

 以上でございます。



○小高時男議長 大石正英議員。



◆22番(大石正英議員) 具体的な例で、県のですね。今後、今はやっぱり技術保全だとか危険性があるかとか、いろいろなそういう視点で、これはもう役所がやらざるを得ないよということのようですが、他の、あるいはソフト事業についてもありますので、それでは検討していただきたいと思うのです、今のを参考にしながら。いかがでしょうか、その辺の考えは。



○小高時男議長 永田副市長。



◎永田喜雄副市長 検討事項でございますが、私どもも指定管理を実際やって、まだサンプリング等もあります。今後それらを進めていく中で当然問題点も出てくる思いますので、その中も含めまして検討してまいりたいというふうに思っています。



○小高時男議長 大石正英議員。



◆22番(大石正英議員) 次に移ります。

 きれいにする条例なのですが、ご説明をいただきました。県内の状況で若干、この近隣の川越市、朝霞市、和光市、新座市、志木市、喫煙に対する禁止条例。これは、健康増進法の観点からしましたよというご答弁がさっきあったようでございます。今回ここのふじみ野市のきれいにする条例については、健康増進法と違った形での、いわゆる環境面の形だというふうに思うのです。したがって、ポイ捨てだとか犬のふんとか、そういうものを一括して出してきたというふうに思うのです。今までのそこまで来た経過もよくわかるのですが、先ほど聞いた中では、都内もそういう傾向が、この条例に近いようなものがだんだんふえていっているということだったものですから、その辺はいかがですかという、冒頭で質問したのです。その点はいかがでしょうか。



○小高時男議長 藤田市民生活部長。



◎藤田光雄市民生活部長 都内につきましては、千代田区だとか、それから杉並区、品川区、大田区などがあるということでございます。



○小高時男議長 大石正英議員の質疑を終了します。

 正翔会所属議員の総括質疑を終了いたします。

 以上で議案15件に対する会派別総括質疑を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第2 議案及び請願の常任委員会付託



○小高時男議長 日程第2、議案及び請願の付託を行います。

 第86号議案から第92号議案、第96号議案から第99号議案及び第101号議案から第104号議案までの議案15件並びに請願第2号から請願第5号までの請願4件につきましては、既に配付してあります付託表案のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第3 議案審議



△第100号議案 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて



○小高時男議長 日程第3、第100号議案・人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております第100号議案については、人事に関する議案です。よって、ふじみ野市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」という声あり〕



○小高時男議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 第100号議案について直ちに質疑を受けます。

         〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 質疑を終了いたします。

 討論を行います。

         〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 討論を終了いたします。

 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。

 ただいまの出席議員は24人です。

 第100号議案・人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて、堀江恒子さんを選任することにこれに同意することに賛成の方は起立願います。

         〔起立総員〕



○小高時男議長 起立総員であります。

 よって、第100号議案は堀江恒子さんを選任することにこれに同意することに決定いたしました。

………………………………………………………………………………………………………………………



△散会の宣告(午後2時24分)



○小高時男議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 明日2日は総務常任委員会のため休会、3日は市民・都市常任委員会及び福祉・教育常任委員会のため休会、4日、5日は休日のため休会、6日は一般質問準備のため休会、7日は午前9時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。

 本日はこれで散会いたします。