議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 ふじみ野市

目次 09月02日−議案説明−01号




平成22年   9月 定例会(第3回) − 09月02日−議案説明−01号









平成22年   9月 定例会(第3回)





 △議事日程(9月2日)
 開  会
 開  議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議会運営委員長報告
     次期議会の会期及び会期日程等の議会の運営について
    報告第16号 議会運営委員会調査報告
 日程第3 会期決定
 日程第4 市長あいさつ
 日程第5 諸報告
      (1)地方自治法第121条の規定に基づく説明員                
      (2)平成22年第2回定例会において可決した意見書の処理結果         
      (3)議員派遣について                            
      (4)広域ごみ処理施設等検討委員会委員の推薦について             
      (5)ふじみ野市平和都市宣言について                     
      (6)報告第17号 平成21年度ふじみ野市一般会計継続費精算報告書の報告につい
               て                             
      (7)報告第18号 平成21年度ふじみ野市財政の健全化判断比率の報告について 
      (8)報告第19号 平成21年度ふじみ野市公営企業別資金不足比率の報告について
      (9)報告第20号 専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)
 日程第6 議案上程
 日程第7 市長提案理由説明
 次回予定報告・散会
………………………………………………………………………………………………………………………
 △出席議員(25名)
      2番  有 山   茂 議員     3番  大 築   守 議員
      4番  田 村 法 子 議員     5番  伊 藤 美枝子 議員
      6番  堀 口 修 一 議員     7番  足 立 志津子 議員
      8番  山 口 公 悦 議員     9番  小 峰 敏 彦 議員
     10番  加 藤 末 勝 議員    11番  神 木 洋 寿 議員
     12番  岸 川 彌 生 議員    13番  高 橋 順 子 議員
     14番  野 沢 裕 司 議員    15番  前 原 かづえ 議員
     16番  新 井 光 男 議員    17番  岩 崎 公 夫 議員
     18番  小 高 時 男 議員    19番  松 尾 勝 一 議員
     20番  福 村 光 泰 議員    21番  五十嵐 正 明 議員
     22番  大 石 正 英 議員    23番  小 川 愛 子 議員
     24番  飯 沼 潤 子 議員    25番  塚 越 洋 一 議員
     26番  鈴 木   実 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
 △欠席議員  な し
………………………………………………………………………………………………………………………
 △職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   坂 田 秀 樹  事 務 局 長      馬 場 健 次  事 務 局 次 長
………………………………………………………………………………………………………………………
 △地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   高 畑   博  市     長      永 田 喜 雄  副  市  長
   矢 島 秀 一  教  育  長      福 田   寛  総 合 政策部長
   渋 谷 弘 次  総 務 部 長      藤 田 光 雄  市 民 生活部長

   毛 利 道 代  福 祉 部 長 兼      宮 崎 光 弘  健 康 医療部長
            福 祉 事務所長

   山 下 晴 美  都 市 政策部長      仲 野 政 男  危 機 管理監兼
                                  行 政 管理室長

   原 田   昇  副 参 事 兼      松 本 敬 司  教 育 総務部長
            会 計 管理者兼
            会 計 課 長

   高 梨 眞太郎  生 涯 学習部長      深 沢 秀 臣  選挙管理委員会
                                  書  記  長

   本 橋   芳  公 平 委 員 会      渡 邊 基 弘  代 表 監査委員
            事 務 職 員

   本 橋   芳  監 査 委 員      奥 平 勝 久  農 業 委 員 会
            事 務 局 長               事 務 局 長

   本 橋   芳  固 定 資産評価
            審査委員会書記





△開会及び開議の宣告(午前9時32分)



○小高時男議長 ただいまの出席議員は25人です。議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成22年第3回ふじみ野市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第1 会議録署名議員の指名



○小高時男議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、ふじみ野市議会会議規則第81条の規定により、鈴木実議員、有山茂議員、大築守議員を指名いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第2 議会運営委員長報告



△次期議会の会期及び会期日程等の議会の運営について

☆報告第16号 議会運営委員会調査報告



○小高時男議長 日程第2、報告第16号・議会運営委員会の調査報告を行います。

 委員長の報告を求めます。

 福村光泰委員長。

       〔福村光泰議会運営委員長登壇〕



◎福村光泰議会運営委員長 それでは、議会運営委員会の報告を申し上げます。

 平成22年第2回ふじみ野市議会定例会において閉会中の継続調査として申し出ました次期議会の会期及び会期日程等の議会の運営について、8月27日に委員会を開き、調査を終了しましたので、報告いたします。

 平成22年第3回定例会であります。本定例会の会期につきましては、本日から9月21日までの20日間といたします。

 次に、第85号議案の審議方法についてですが、本議案は人事に関する議案のため、総括質疑の終了後に議題とし、本会議審議とすることといたしました。

 次に、会派別総括質疑についてでございますが、第65号議案から第84号議案までの議案20件につきましては一括議題とし、質疑を行います。各会派時間の範囲内で、1回目は登壇し、一括質疑一括答弁、2回目以降は自席にて一問一答となりますので、ご了承願います。

 次に、委員会付託についてですが、第71号議案から第77号議案までの決算議案7件につきましては、9人で構成する決算特別委員会を設置し、これに付託し、審議するものとし、他の議案につきましては常任委員会の所管に基づき付託することといたしました。

 次に、一般質問につきましてですが、20人の方から通告がありましたので、1日目7人、2日目7人、3日目6人の3日間で割り振りいたしました。

 以上が本委員会の主な調査内容であります。詳細につきましては、報告書記載のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで議会運営委員会調査報告を終了いたします。



○小高時男議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。

       〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 質疑を終了いたします。

 以上で報告第16号を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第3 会期決定



○小高時男議長 日程第3、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本日から9月21日までの20日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

       〔「異議なし」という声あり〕



○小高時男議長 異議なしと認め、よって本定例会の会期は本日から9月21日までの20日間に決定いたしました。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第4 市長あいさつ



○小高時男議長 日程第4、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 おはようございます。平成22年第3回議会定例会の開会に当たりましてごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様におかれましては、ご健勝にてご活躍をされておりますことを心からお喜びを申し上げます。

 本日平成22年第3回議会定例会を招集いたしましたところ、ご多用中にもかかわらずご参席いただきまして、まことにありがとうございます。

 さて、ことしの夏は、本日の新聞報道にもありますとおり、平均気温が平年を1.64度も上回り、統計開始以降113年間で最も高い記録的な猛暑に見舞われました。そのため、熱中症により体調を崩す方も多く、全国的に犠牲者も出るなど、生命にも被害を及ぼすほどの暑い夏となりました。報道によりますと、埼玉県でも55名、市内でも2名の方が犠牲となっております。改めてお亡くなりになられた方のご冥福を心からお祈り申し上げるところでございます。

 こうした状況を受け、埼玉県知事が熱中症に関する緊急メッセージを発表し、注意を喚起しました。本市でも7月27日から、ホームページや防災無線により注意喚起を開始しております。今後も残暑が厳しい状況が続く予報も出ております。皆様におかれましては、引き続き熱中症に十分気をつけていただき、ご健勝にてご活躍されますようお願いを申し上げます。

 こうした酷暑の中、7月25日に開催されたおおい祭りは、一時雷雨に見舞われましたが、東久保中央公園を中心に6万人の人出でにぎわいました。また、8月7日、8日には、上福岡七夕まつりが開催され、駅周辺や福岡中央公園を中心に2日間で16万8,000人の大勢の人出でにぎわいました。この2つの祭り開催に当たりまして、多大なご協力をいただきました市民の皆様を初め実行委員会、商店街の皆さん、そして警察、消防、交通安全協会など関係者各位に心からお礼を申し上げる次第でございます。また、ご参加いただきました議員の皆様にも深く感謝を申し上げます。

 また、熱中症による被害が全国の高齢者に多くの被害をもたらしているさなかの7月末には、東京都内で生きていれば111歳の男性が遺体で発見されました。また、8月2日に都内最高齢で113歳の女性の所在が確認できない事件が起こり、これに端を発し、100歳以上の所在不明の高齢者が全国で次々に発覚し、県内でも2名の所在が不明となっている実態が明らかとなりました。幸い本市では100歳以上の方26名、すべての皆様の所在が確認されました。庁内関係部署における情報の共有と連携は確実に行われているものと、胸をなでおろしたところでございます。そして、現在75歳以上の方全員の所在確認を行うため、民生委員さんのご協力をいただき調査を進めております。

 なお、その後明らかとなりました戸籍上生存の高齢者の関係でございますが、本市でも8月26日の調査で134歳女性のほか10名の高齢者の存在が明らかとなりましたが、法務局の指導に基づき適正に処理を進めたいと考えております。そして、今後も組織間の情報の共有と連携を図っていくとともに、地域で高齢者を見守る温かい社会をつくってまいりますので、ご協力をお願いいたします。

 さて、昨日9月1日は防災の日でございました。市では、災害発生時に備え、日ごろから準備をしておりますが、その一環として6月18日に昨年の山梨県甲斐市に続き、長野県飯田市と災害時相互応援協定を締結いたしました。そして、7月16日には、この協定に基づき、大雨の被害を受けた飯田市の要請で給水車の派遣を実施し、水の補給活動に協力したところでございます。災害時には、こうした物資や人材の提供や協力関係が何より貴重な財産となります。

 また、8月29日に猛暑の中、さぎの森小学校で2市1町合同の防災訓練が行われました。駒林、福岡新田、中福岡及び下福岡の各自治会から多くの市民のご参加をいただき、災害時における地域密着型の初動体制訓練を実施いたしました。当日ご参加の議員の皆様におかれましても、長時間にわたり大変お疲れさまでございました。参加した皆様の真剣なまなざしを拝見し、みずからの生命はみずから守るという自助と、自分たちの地域は地域の皆で協力して守る共助の意識を持つことの重要性を再認識いたしました。これから台風シーズンを迎えます。台風の被害を最小限に抑えるためにも、日常の準備を怠らず、さらに災害時における危機管理体制の強化に努めてまいる所存でございます。議員の皆様におかれましては、今後ともご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。

 最後に、事業のご報告を2点ほど申し上げます。6月21日より7月7日まで、市内15会場においてタウンミーティングを開催させていただきました。14日間で総勢485名の市民の皆様のご参加をいただきました。市民の皆様及びご参加いただきました議員の皆様に改めて御礼を申し上げます。ありがとうございました。各会場では、地域の皆様と直接お会いをして、公共施設のあり方や地域の課題についてご意見をお聞きすることができ、とても有意義な時間を市民の皆様と共有することができました。今回こうして市民の皆様の生の声をお聞きして、市民の皆様の将来に対する熱い思いがひしひしと伝わりましたし、新たに見えたものもございました。改めて直接対話することの重要性を認識したところでございます。今後もこうした機会をふやすため、ふれあい座談会を実施し、市民の皆様とともにまちづくりを進めてまいりますので、議員の皆様におかれましてもご指導のほどよろしくお願いを申し上げます。

 また、7月1日から市内循環バスが、市民の皆様からのご要望に沿って、市内全域に路線を拡充して運行を開始しました。限られたバスの台数での拡張運行のため、すべてに満足はいかないかと存じますが、まずはより多くの市民の皆様にそのサービスを実感していただきまして、昨日より始めた乗降客調査の結果を踏まえ、検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願いをいたします。

 さて、本日ご提案申し上げました案件は、平成21年度ふじみ野市一般会計継続費精算報告書の報告についてほか25件でございます。それぞれご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第5 諸報告



△地方自治法第121条の規定に基づく説明員



○小高時男議長 日程第5、諸般の報告を行います。

 本定例会に説明員として出席する者の職・氏名については、お手元に配付してあります説明員一覧のとおりですので、ご了承願います。

………………………………………………………………………………………………………………………



△平成22年第2回定例会において可決した意見書の処理結果



○小高時男議長 次に、意見書の処理結果について報告いたします。

 平成22年第2回定例会において可決された国の責任で口蹄疫対策の速やかな対応を求める意見書については、内閣総理大臣を初め関係大臣あて提出しておきましたので、ご了承願います。

………………………………………………………………………………………………………………………



△議員派遣について



○小高時男議長 次に、議員派遣について報告いたします。

 去る8月17日、埼玉県市議会議長会第2区議長会新旧正副議長研修会が鶴ケ島市で開催されました。ふじみ野市議会会議規則第159条第1項ただし書きにより、有山茂副議長を派遣しましたので、ご了承願います。

………………………………………………………………………………………………………………………



△広域ごみ処理施設等検討委員会委員の推薦について



○小高時男議長 次に、市長から推薦依頼のありました広域ごみ処理施設等検討委員会委員については、堀口修一議員、加藤末勝議員、神木洋寿議員、大石正英議員並びに塚越洋一議員を推薦することに決定しましたので、ご了承願います。

………………………………………………………………………………………………………………………



△ふじみ野市平和都市宣言について



○小高時男議長 次に、市長からふじみ野市平和都市宣言について行政報告したいとの申し出がありましたので、これを許します。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 それでは、平和に関する都市宣言文を決定いたしましたので、報告をさせていただきます。

 平和に関する都市宣言は、合併前の旧上福岡市におきましては、昭和60年8月15日に上福岡市非核平和都市宣言を、旧大井町におきましては昭和62年11月3日に緑と平和の都市宣言をそれぞれ制定しておりました。平成17年10月1日の合併によりその効力を失い、合併後のこれまでの間は、事務のすり合わせや事業の調整など新市の事務に向けての過渡期であったことから、平和事業を実施しつつ、新市としての宣言の機会を考えておりました。

 平成21年度に入り、世界的な核兵器廃絶の動きがあり、ふじみ野市といたしましてことし2月1日に平和市長会議に加盟をいたしました。平和市長会議は、広島市長が会長を務め、8月1日現在で144の国と地域の4,069都市が加盟しており、核兵器の廃絶、軍縮推進を初め人権、環境問題など幅広い平和活動を行っている世界的な組織でございます。市では、唯一の被爆国である我が国の自治体が先導的な役割を果たすとともに、世界の都市と都市の緊密な連携を通じ、核廃絶を求める世界的な大きなうねりをつくっていくという趣旨に賛同いたしまして、加盟したものでございます。

 そして、平成22年第1回議会定例会におきまして、ふじみ野市議会として平和に関する都市宣言に関する決議を全会一致で議決されました。市におきましても、平和に関する都市宣言を早期に制定する必要があるとの認識に立ち、10月1日の合併5周年に合わせて平和に関する都市宣言ができるよう策定作業を進めてきたところでございます。

 この宣言文の作成に当たりましては、5月27日に市民と職員で構成した起草委員会を立ち上げ、会議時間のみならず自宅でもご検討いただきながら、活発にかつ慎重に議論を重ねて文案を練り上げ、6月14日に市に提出されました。そして、起草委員会から提出いただきました宣言文案について、7月1日から30日までの間にパブリックコメントを実施し、80件の意見や要望が寄せられました。この結果を受けまして、起草委員会を改めて開催し、寄せられた意見等に対する文案の修正について慎重に検討していただきました。長期にわたりご尽力をいただきました起草委員会の委員の皆さんに対しまして、この場をおかりし、厚く感謝を申し上げます。

 こうしてつくられました起草委員会の文案やパブリックコメントで寄せられた市民の皆さんからの意見や思いを参考に、市として最終的に宣言文を決定し、10月1日に制定する運びとなりました。ここに全文を読み上げ、報告をさせていただきます。

 ふじみ野市平和都市宣言。世界の恒久平和は、人類共通の願いです。この願いを実現するために、私たちは唯一の被爆国として、広島・長崎の惨禍を忘れることなく、核兵器の廃絶を世界に訴え続けています。しかし、今なお世界の各地では武力抗争が絶えず、自然や文化が破壊され、多くの尊い命が失われています。私たちは、家族を愛し、ふじみ野市を愛し、日本を愛し、美しい地球を愛します。私たちは、誰もが安全で安心な生活を営むことができる平和な世界の実現に寄与することを誓います。ここに、ふじみ野市から平和の大切さを発信するため、「平和都市」を宣言します。平成22年10月1日。ふじみ野市。

 以上でございます。



○小高時男議長 以上で市長の行政報告を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△報告第17号 平成21年度ふじみ野市一般会計継続費精算報告書の報告について



○小高時男議長 次に、市長から報告第17号・平成21年度ふじみ野市一般会計継続費精算報告書の報告について、報告第18号・平成21年度ふじみ野市財政の健全化判断比率の報告について、報告第19号・平成21年度ふじみ野市公営企業別資金不足比率の報告について、報告第20号・専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)、報告書が提出されました。

 初めに、報告第17号・平成21年度ふじみ野市一般会計継続費精算報告書の報告について、市長から報告を求めます。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 それでは、報告第17号・平成21年度ふじみ野市一般会計継続費精算報告書についてご報告させていただきます。

 本件は、都市計画基本方針策定事業の継続費に係る継続年度が、平成21年度で終了しましたので、地方自治法施行令第145条第2項の規定により、報告するものでございます。ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○小高時男議長 ただいまの報告に対し、質疑を受けます。

       〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 質疑を終了いたします。

 以上で報告第17号を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△報告第18号 平成21年度ふじみ野市財政の健全化判断比率の報告について



○小高時男議長 次に、報告第18号・平成21年度ふじみ野市財政の健全化判断比率の報告について、市長から報告を求めます。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 それでは、報告第18号・平成21年度ふじみ野市財政の健全化判断比率の報告について、ご報告させていただきます。

 本件は、平成21年度の財政健全化判断比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、監査委員の意見をつけて報告するものでございます。ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○小高時男議長 ただいまの報告に対し、質疑を受けます。

       〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 質疑を終了いたします。

 以上で報告第18号を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△報告第19号 平成21年度ふじみ野市公営企業別資金不足比率の報告について



○小高時男議長 次に、報告第19号・平成21年度ふじみ野市公営企業別資金不足比率の報告について、市長から報告を求めます。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 それでは、報告第19号・平成21年度ふじみ野市公営企業別資金不足比率について、ご報告させていただきます。

 本件は、平成21年度の公営企業別資金不足比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、監査委員の意見をつけて報告するものでございます。ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○小高時男議長 ただいまの報告に対し、質疑を受けます。

       〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 質疑を終了いたします。

 以上で報告第19号を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△報告第20号 専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)



○小高時男議長 次に、報告第20号・専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)、市長から報告を求めます。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 それでは、報告第20号・専決処分についてのご報告をさせていただきます。

 本件は、損害賠償の額を定めることについて、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分書のとおり専決処分をしましたので、同条第2の規定により報告するものでございます。ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○小高時男議長 ただいまの報告に対し、質疑を受けます。

       〔「なし」という声あり〕



○小高時男議長 質疑を終了いたします。

 以上で報告第20号を終了いたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第6 議案上程



○小高時男議長 日程第6、ただいまから本定例会に提出されました第65号議案から第85号議案まで、以上21件を一括して議題といたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△日程第7 市長提案理由説明



○小高時男議長 日程第7、提出議案の説明を求めます。

 高畑市長。

       〔高畑博市長登壇〕



◎高畑博市長 それでは、今定例会に上程させていただきました議案の提案理由を申し上げます。

 初めに、第65号議案・平成22年度ふじみ野市一般会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由を申し上げます。今回の補正予算につきまして、歳入では決定行為が行われているもの、歳出では制度改正及び事情変更等により緊急やむを得ないものについて、補正予算を計上させていただきました。これによりまして、歳入歳出それぞれ14億2,789万6,000円を追加し、予算総額を324億9,411万2,000円とするものでございます。

 続きまして、第66号議案・平成22年度ふじみ野市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。今回の補正予算の内容でございますが、歳入では各種交付金及び負担金の確定等に伴うものについて、歳出では平成21年度決算確定による基金積み立て及び一般会計への繰出金などについて補正予算を計上させていただきました。これによりまして、歳入歳出それぞれ10億8,730万6,000円を追加し、予算総額を114億1,679万8,000円とするものでございます。

 次に、第67号議案・平成22年度ふじみ野市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由を申し上げます。今回の補正予算でございますが、歳入では前年度分の国庫、県医療費負担金や繰越金など、歳出では一般会計への繰出金について補正予算を計上させていただきました。これによりまして、歳入歳出それぞれ960万8,000円を追加し、予算総額1,461万9,000円とするものでございます。

 また、第68号議案・平成22年度ふじみ野市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由を申し上げます。今回の補正予算でございますが、歳入では前年度の介護保険事業の決算による繰越金、歳出では保険給付費などについて補正予算を計上させていただきました。これによりまして、歳入歳出それぞれ8,723万円を追加し、予算総額43億4,279万5,000円とするものでございます。

 続きまして、第69号議案・平成22年度ふじみ野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)でございます。今回の補正予算につきまして、歳入では後期高齢者医療広域連合負担金返還金など、歳出では同広域連合への納付金などについて補正予算を計上させていただきました。これによりまして、歳入歳出それぞれ700万6,000円を追加し、予算総額12億8,861万7,000円とするものです。

 次に、第70号議案・平成22年度ふじみ野市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由を申し上げます。今回の補正予算では、平成21年度分の決算が確定したことによる一般会計からの繰入金及び繰越金などについて、補正予算を計上させていただきました。これによりまして、歳入歳出それぞれ617万円を追加し、予算総額16億9,070万5,000円とするものでございます。

 続きまして、第71号議案から第77号議案につきましては、平成21年度のふじみ野市の一般会計、国民健康保険特別会計、老人保健特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療事業特別会計、下水道事業特別会計の歳入歳出決算及び水道事業会計決算について、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定に付すものでございます。

 次に、第78号議案から第81号議案の条例に関する議案は、地方自治法第96条第1項第1号の規定によりご提案するものですが、初めに第78号議案・ふじみ野市長等の政治倫理に関する条例につきましては、市長、副市長及び教育長の政治倫理を確立し、公正で開かれた民主的な市政の発展のため、当該条例を制定したいので、提案するものでございます。

 続きまして、第79号議案・ふじみ野市立放課後児童クラブ条例でございますが、これまで上福岡地区と大井地区それぞれ別の方式で行われていた放課後児童健全育成事業を放課後児童クラブ事業として統一をして実施するため、当該条例を制定したいので、提案するものでございます。

 次に、第80号議案・特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきましては、ふじみ野市市長等政治倫理審査会の設置に伴い委員の報酬を定めるため、当該条例の一部を改正したいので、提案するものでございます。

 また、第81号議案・ふじみ野市ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例でございますが、これは児童扶養手当法の一部を改正する法律の施行により、新たに父子家庭が当該児童扶養手当の対象とされたことに伴い、父子家庭の定義の見直し等を行う必要があるため、当該条例の一部を改正したいので、提案するものでございます。

 続きまして、第82号から第84号議案のふじみ野市道路線の認定についてでございますが、それぞれ道路法第8条第1項の規定により市道を認定することについて、同条第2項及び地方自治法第96条第1項第15号の規定により提案するものでございます。

 最後に、第85号議案・教育委員会委員の任命についてでございますが、この案件につきましては教育委員会委員冨山章氏が平成22年11月24日をもって任期満了となるため、引き続き同氏を教育委員会委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項及び地方自治法第96条第1項第15号の規定により提案するものでございます。

 提案理由は以上でございます。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。

………………………………………………………………………………………………………………………



△散会の宣告(午前10時07分)



○小高時男議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 明日3日は議案調査のため休会、4日、5日は休日のため休会、6日は午前9時30分から本会議を開き、総括質疑、決算特別委員会の設置、付託、決算特別委員の選任、常任委員会付託、議案審議を行います。

 本日はこれで散会いたします。