議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 吉川市

平成28年 12月 定例会(第6回) 12月09日−03号




平成28年 12月 定例会(第6回) − 12月09日−03号







平成28年 12月 定例会(第6回)



          平成28年第6回吉川市議会定例会

議事日程(第3号)

                 平成28年12月9日(金)午前9時59分開議

第1 文教福祉常任委員長の報告

第2 議会運営委員長の報告

第3 会期の延長

第4 第82号議案 吉川市税条例及び吉川市都市計画税条例の一部を改正する条例

第5 第84号議案 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例

第6 第85号議案 吉川市教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例

第7 第87号議案 吉川市職員定数条例等の一部を改正する条例

第8 第88号議案 吉川市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例

第9 第89号議案 市長及び副市長の給与等に関する条例及び吉川市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例

第10 第91号議案 財産の取得について

第11 第95号議案 平成28年度吉川市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

第12 第96号議案 平成28年度吉川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

第13 第99号議案 平成28年度吉川市水道事業会計補正予算(第1号)

本日の会議に付した事件

    議事日程のとおり

出席議員(20名)

   1番   濱田美弥          2番   林 美希

   3番   岩田京子          4番   五十嵐惠千子

   5番   小野 潔          6番   稲葉剛治

   7番   戸田 馨          8番   降旗 聡

   9番   遠藤義法         10番   雪田きよみ

  11番   吉川敏幸         12番   加藤克明

  13番   中嶋通治         14番   伊藤正勝

  15番   稲垣茂行         16番   齋藤詔治

  17番   佐藤清治         18番   小林昭子

  19番   松崎 誠         20番   互 金次郎

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

  市長        中原恵人   副市長       椎葉祐司

  政策室長      岡田忠篤   総務部長      野尻宗一

  健康福祉部長兼福祉事務所長    市民生活部長    中村詠子

            鈴木 昇

  都市建設部長    関根 勇   副参事兼水道課長  増田典道

  教育長       染谷行宏   教育部長      篠田好充

本会議に出席した事務局職員

  事務局長      中山 浩   局次長兼総務係長  森谷浩幸

  主任        相田 泉   主事        畑尾敏也



△開議 午前9時59分



△開議の宣告



○議長(互金次郎) おはようございます。

 ただいまの出席議員は20名でありますので、定足数に達しております。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△文教福祉常任委員長の報告



○議長(互金次郎) 日程第1、文教福祉常任委員長の報告を行います。

 稲垣委員長。

    〔文教福祉常任委員長 稲垣茂行登壇〕



◆文教福祉常任委員長(稲垣茂行) おはようございます。

 ご報告申し上げます。

 会議は、12月6日火曜日、午前9時28分より行われました。

 開会後、議事進行にかかわる発言が委員よりあり、開会日の決議を受けての委員長の進退について確認がございました。委員長辞任の意思がないとの確認後、委員長のもとでの議事進行には応じられない旨発言があり、暫時休憩いたしました。

 その後、退席した委員に会議の再開へ向け出席の催告を行いましたが、調整がつかず、会議を再開するための定足数を満たせなかったことから、散会を宣言いたしました。

 よって、付託されました議案につきましては審査未了となりました。

 以上です。



○議長(互金次郎) ただいまの委員長報告に対して質疑がございましたら、発言を許可いたします。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。

 以上で文教福祉常任委員長の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長の報告



○議長(互金次郎) 日程第2、議会運営委員長の報告を行います。

 齋藤委員長。

    〔議会運営委員長 齋藤詔治登壇〕



◆議会運営委員長(齋藤詔治) おはようございます。

 議長の命により、議会運営委員会の協議の概要につきましてご報告をいたします。

 議会運営委員会を去る12月7日に開催し、本定例会の運営及び会期日程の変更などにつきまして協議をいたしました。

 まず、文教福祉常任委員会において審査未了となった議案に対する取り扱いについては、当該議案を本会議において審議することに決定しました。

 次に、本定例会の会期につきましては12月15日までの16日間に延長し、日程につきましては、お手元に配付されております会期日程表案のとおり変更することに決定しました。

 次に、12月12日の議案審議に関しましては、通告制とし、質疑は2回まで、質疑を行える範囲は文教福祉常任委員会所属の議員とすることに決定しました。

 以上、議会運営委員会の報告といたします。



○議長(互金次郎) ただいまの委員長報告に対して質疑がございましたら、発言を許可いたします。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。

 以上で議会運営委員長の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の延長



○議長(互金次郎) 日程第3、会期の延長を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期を12月15日までの16日間に延長したいと思いますが、ご異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、12月15日までの16日間に延長することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第82号議案〜第91号議案の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(互金次郎) 日程第4、第82号議案から日程第10、第91号議案までの条例関係等を一括議題といたします。

 まず、第82号議案、第84号議案、第85号議案、第87号議案、第88号議案、第89号議案及び第91号議案について、総務水道常任委員長より審査の経過及び結果について報告を求めます。

 伊藤委員長。

    〔総務水道常任委員長 伊藤正勝登壇〕



◆総務水道常任委員長(伊藤正勝) 議長の指示を受け、ご報告を申し上げます。

 会議は、12月5日月曜日、午前9時28分より行われました。

 審査の経過については、お手元に配付してありますとおりでございます。

 それでは、審査結果についてご報告申し上げます。

 第82号議案 吉川市税条例及び吉川市都市計画税条例の一部を改正する条例につきましては、討論なし、賛成全員であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 第84号議案 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、討論なし、賛成多数であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定をしました。

 第85号議案 吉川市教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例につきましては、討論なし、賛成多数であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 第87号議案 吉川市職員定数条例等の一部を改正する条例につきましては、討論なし、賛成多数であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 第88号議案 吉川市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきましては、討論なし、賛成多数であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 第89号議案 市長及び副市長の給与等に関する条例及び吉川市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、討論なし、賛成多数であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 第91号議案 財産の取得についてであります。討論なし、賛成全員であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 以上であります。



○議長(互金次郎) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

    〔発言する人なし〕



○議長(互金次郎) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。

 これより第82号議案 吉川市税条例及び吉川市都市計画税条例の一部を改正する条例の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第82号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立全員〕



○議長(互金次郎) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第84号議案 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第84号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立多数〕



○議長(互金次郎) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第85号議案 吉川市教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例の討論に入ります。

 まず、反対討論の発言を許します。

 佐藤議員。



◆17番(佐藤清治) 佐藤です。

 第85号議案 吉川市教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例について、討論いたします。

 スポーツに関する事項は、地方教育行政に関する法律の第21条で、教育委員会の職務権限とされています。しかし、第23条の職務権限の特例で、地方自治体の長が管理・執行できると規定されております。その際に、教育委員会の意見を聞くこととされております。

 提案理由では、現在教育委員会が行っているスポーツの事業、総合体育館の関係、市民プールの関係、野球場の関係、これを市長部局の健康づくりと運動等の事業との連携を図り、効率的、効果的に市民の心身の健康の保持増進を図るというふうにされております。

 この問題は極めて重大で重要なものであり、組織の変更というのであれば、当然、施政方針で、スポーツに関する組織変更について方針を示すべきではなかったでしょうか。本来は教育委員会の所管なのですから、必要ならスポーツ振興課を強化し、健康部門と連携することによって対応できるというふうに考えますので、本条例には反対です。



○議長(互金次郎) 次に、賛成討論の発言を許します。

 ほかに討論はございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) これで討論を終わります。

 これより第85号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立多数〕



○議長(互金次郎) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第87号議案 吉川市職員定数条例等の一部を改正する条例の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第87号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立多数〕



○議長(互金次郎) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第88号議案 吉川市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の討論に入ります。

 初めに、反対討論の発言を許します。

 小林議員。



◆18番(小林昭子) 18番、小林です。よろしくお願いいたします。

 第88号議案 吉川市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例に反対の討論をさせていただきます。

 この条例の中では、社会福祉事務所の生活保護課に、従来の生活保護等主任支援員のほかに、新たに生活保護適正化等支援員、生活保護適正化等主任支援員を設置するというものです。

 提案理由の中で述べられていることは、生活保護費の不正受給や、庁内各窓口における不当要求、行政対象暴力に適切に対応するために設置を行うというものです。

 この間の質疑の中には、質問に対して、不正受給数は平成28年度は11件、不当要求、暴力は実例はあるが把握はしていない。ケースワーカーの配置は5人で、担当一人につき生活保護受給世帯数は96世帯ということでありました。

 また、生活保護適正化等主任支援員として、警察OBを配置するということでございました。これに対して意見なんですけれども、生活保護での職員配置基準は80人であり、まず社会福祉主事の資格を持つケースワーカーを配置し、人員不足の状態で多忙を極め、生活困窮者、生活保護利用者に対し、十分かつ丁寧なケースワーク業務を行える体制を確保することが求められております。

 警察官OBを福祉事務所内に配置した場合、想定される役割は、犯罪を構成するような不正受給事例に対する刑法の適用などに関し、社会福祉主事からの相談に応じて助言を行うことや、福祉事務所内で発生するおそれのある社会福祉主事に対する暴力等の犯罪行為を未然に防止することなどであると考えられますが、いずれの役割についても、必要に応じて所轄の警察署に協力を求めることによってその目的を達成することができるのであり、警察官OB等を福祉事務所に常駐させる必要性は乏しいと考えます。悪質事案等については、個別に警察と連携すればよいことであります。

 庁舎内全体の職員等の安全を図るというのであれば、それは既に支援員の仕事ではなく、全体の警備の仕事であり、実際にほかの町の例を見ましても、例えば、町の安全推進員などの名称で庁内に配置をしている自治体もあるようでございます。

 生活保護不正受給対策は、まず丁寧なケースワークによって対応するなど、別の方法によって行うべきであります。

 福祉事務所は、都道府県または市町村の補助として、補助者はその役割が非常に大きいものであり、一定水準以上の社会福祉に関する学識と経験がなければ、円滑かつ適正に保護事務を処理し、生存権保障を図ることが十分に期待できない。このような考慮に基づき、生活保護の実施に関する現業を行う主体を社会福祉主事に限っております。

 社会福祉法16条の6項、現業を行う所員は社会福祉主事でなければならない、あるいは生活保護法21条、社会福祉法に定める社会福祉主事は、この法律の施行について、都道府県知事または市町村長の事務の執行を補助するものとする。このような趣旨をわきまえた対応をすることが大事でありまして、警察OBを福祉事務所内に配置するための条例には反対をいたします。

 以上でございます。



○議長(互金次郎) 次に、賛成討論の発言を許します。

 ほかに討論はございませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) これで討論を終わります。

 これより第88号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立多数〕



○議長(互金次郎) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第89号議案 市長及び副市長の給与等に関する条例及び吉川市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第89号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立多数〕



○議長(互金次郎) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第91号議案 財産の取得についての討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第91号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立全員〕



○議長(互金次郎) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第95号議案〜第99号議案の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(互金次郎) これより日程第11、第95号議案から日程第13、第99号議案までの補正予算関係を一括議題といたします。

 まず、第95号議案及び第96号議案について、建設生活常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。

 降旗委員長。

    〔建設生活常任委員長 降旗 聡登壇〕



◆建設生活常任委員長(降旗聡) おはようございます。

 それでは、建設生活常任委員会からご報告申し上げます。

 会議は、12月5日月曜日、午前9時30分より行われました。

 審査の経過については、お手元に配付してありますとおりでございます。

 それでは、審査結果についてご報告申し上げます。

 第95号議案 平成28年度吉川市下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、討論なし、賛成全員であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定しました。

 続きまして、第96号議案 平成28年度吉川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)については、討論なし、賛成全員であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 以上です。



○議長(互金次郎) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

    〔発言する人なし〕



○議長(互金次郎) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。

 次に、第99号議案について、総務水道常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。

 伊藤委員長。

    〔総務水道常任委員長 伊藤正勝登壇〕



◆総務水道常任委員長(伊藤正勝) 議長の指示を受けまして、ご報告申し上げます。

 会議は、12月5日月曜日、午前9時28分より行われました。

 審査の経過につきましては、お手元に配付してありますとおりでございます。

 それでは、審査結果についてご報告申し上げます。

 第99号議案 平成28年度吉川市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、討論なし、賛成全員であります。

 よって、当議案につきましては、原案のとおり可決することに決定をしました。

 以上であります。



○議長(互金次郎) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。

 これより第95号議案 平成28年度吉川市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第95号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立全員〕



○議長(互金次郎) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第96号議案 平成28年度吉川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第96号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立全員〕



○議長(互金次郎) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 これより第99号議案 平成28年度吉川市水道事業会計補正予算(第1号)の討論に入ります。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(互金次郎) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。

 これより第99号議案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

    〔起立全員〕



○議長(互金次郎) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○議長(互金次郎) 以上で本日の議事日程は全て終了いたしました。

 次会は12月12日、議案審議及び委員長報告を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(互金次郎) 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでございました。



△散会 午前10時31分