議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 吉川市

平成16年  2月 臨時会(第1回) 02月09日−01号




平成16年  2月 臨時会(第1回) − 02月09日−01号







平成16年  2月 臨時会(第1回)



吉川市告示第7号

 平成16年第1回(2月)吉川市議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成16年2月2日

                       吉川市長  戸張胤茂

 1 期日    平成16年2月9日

 2 招集時間  午前10時

 3 場所    吉川市議会議場

 4 付議事件

  (1) 議長の選挙

  (2) 副議長の選挙

  (3) 議席の指定

  (4) 常任委員の選任

  (5) 議会運営委員の選任

  (6) 監査委員の選任について

  (7) 農業委員会委員の推薦について

  (8) 東埼玉資源環境組合議会議員の選挙

  (9) 吉川松伏消防組合議会議員の選挙

               ◯応招・不応招議員

応招議員(26名)

   1番  松澤 正          2番  高崎正夫

   3番  松崎 誠          4番  玉川正幸

   5番  岡田 喬          6番  高鹿栄助

   7番  伊藤正勝          8番  阿部民子

   9番  鈴木加蔵         10番  山崎勝他

  11番  加崎 勇         12番  川島美紀

  13番  五十嵐惠千子       14番  田口初江

  15番  佐藤清治         16番  高野 昇

  17番  野口 博         18番  小山順子

  19番  日暮 進         20番  中武紘一

  21番  互 金次郎        22番  竹井喜美富

  23番  遠藤義法         24番  小林昭子

  25番  日暮靖夫         26番  齋藤詔治

不応招議員(なし)

          平成16年第1回吉川市議会臨時会

議事日程(第1号)

                 平成16年2月9日(月)午前10時34分開会

第1 選挙第1号 議長の選挙

議事日程(第1号の追加)

第1 選挙第2号 副議長の選挙

第2 議席の指定

第3 会議録署名議員の指名

第4 会期の決定

第5 常任委員の選任

第6 議会運営委員の選任

第7 行政報告

第8 第1号議案 監査委員の選任について

第9 推薦第1号 農業委員会委員の推薦について

第10 選挙第3号 東埼玉資源環境組合議会議員の選挙

第11 選挙第4号 吉川松伏消防組合議会議員の選挙

本日の会議に付した事件

    第1、第1〜第8

    追加日程

    第1 会期の延長

出席議員(26名)

   1番   松澤 正          2番   高崎正夫

   3番   松崎 誠          4番   玉川正幸

   5番   岡田 喬          6番   高鹿栄助

   7番   伊藤正勝          8番   阿部民子

   9番   鈴木加蔵         10番   山崎勝他

  11番   加崎 勇         12番   川島美紀

  13番   五十嵐惠千子       14番   田口初江

  15番   佐藤清治         16番   高野 昇

  17番   野口 博         18番   小山順子

  19番   日暮 進         20番   中武紘一

  21番   互 金次郎        22番   竹井喜美富

  23番   遠藤義法         24番   小林昭子

  25番   日暮靖夫         26番   齋藤詔治

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

  市長      戸張胤茂       助役      蓮沼嘉一

                     参事兼

  収入役     染谷宗壱               向佐光治

                     総務部長

                     健康福祉部長

  政策室長    松澤 薫       兼       藤見一郎

                     福祉事務所長

  市民生活部長  竹澤克彦       都市建設部長  青柳光雄

  水道課長    小林輝男       教育長     藤岡 武

  教育次長    会田和男

本会議に出席した事務局職員

  事務局長    高鹿幸一       議事係長    山崎 悟

  庶務係長    高橋幸子       主事      岡崎久詩

  主事      中村正三



△臨時議長の紹介



◎事務局長(高鹿幸一) 皆様、おはようございます。議会事務局長の高鹿と申します。

 本臨時会は、一般選挙後の初めての議会であります。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第 107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、小山順子議員が年長の議員でありますので、ご紹介を申し上げます。

 それでは小山議員、議長席にお着き願います。

    〔小山順子議員、議長席に着席〕



○臨時議長(小山順子) ただいまご紹介いただきました小山順子でございます。

 地方自治法第 107条の規定により、臨時議長の職務を行います。

 どうぞよろしくお願いをいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時34分



△開会の宣告



○臨時議長(小山順子) ただいまの出席議員は26名でありますので、定足数に達しております。

 これより、平成16年第1回吉川市議会臨時会を開会いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○臨時議長(小山順子) 直ちに本日の会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△仮議席の指定



○臨時議長(小山順子) この際、議事進行上、仮議席を指定いたします。

 仮議席は、ただいま着席の議席を指定いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○臨時議長(小山順子) 日程第1、選挙第1号 議長の選挙を行います。

 選挙は、投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○臨時議長(小山順子) ただいまの出席議員数は26名であります。

 投票用紙を配付させます。

    〔投票用紙配付〕



○臨時議長(小山順子) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○臨時議長(小山順子) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    〔投票箱点検〕



○臨時議長(小山順子) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票願います。

    〔投票〕



○臨時議長(小山順子) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○臨時議長(小山順子) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場開鎖〕



○臨時議長(小山順子) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に日暮進議員、中武紘一議員、遠藤義法議員を指名いたします。

 よって、3名の立ち会いをお願いいたします。

    〔開票〕



○臨時議長(小山順子) 選挙の結果を事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、選挙の結果をご報告申し上げます。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 このうち、

  有効投票     23票

  無効投票      3票

 有効投票中

  齋藤詔治議員   15票

  遠藤義法議員    5票

  玉川正幸議員    2票

  田口初江議員    1票

 以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は6票であります。



○臨時議長(小山順子) ただいま事務局長をして報告させましたとおり、齋藤詔治議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました齋藤詔治議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定による当選の告知をいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任あいさつ



○臨時議長(小山順子) それでは、この際、議長に当選されました齋藤議員のあいさつをお願いいたします。

    〔26番 齋藤詔治登壇〕



◆26番(齋藤詔治) 皆さん、おはようございます。

 ただいま臨時議長より告知されました齋藤詔治でございます。

 このたびの選挙におかれましては、各議員の皆様、大変厳しい中ご当選されまして、本日をお迎えしております。この吉川市の大きな合併問題も含めまして、大変厳しい社会背景を見ながら、伝統ある吉川市議会の議長として、ただいま告知をいただきまして、私ども、皆様の吉川市を愛する議員それぞれの方が、市民の代表として、すばらしく活力ある吉川市を築こうということでご当選もさせていただいたと思います。そのような議会の議長を仰せつかる齋藤でございますが、皆様一人ひとりの大きなご支援、またご鞭撻等を賜りながら、活力ある議会、と同時に私どもの子々孫々まで誇れる吉川市づくりに、議長としても皆様のかなめとして、頑張って議長を務めさせていただきますので、よろしくお願い申し上げまして、あいさつにかえさせていただきます。



○臨時議長(小山順子) 齋藤議長、議長席にお着きを願います。

    〔齋藤詔治議長、議長席に着席〕



○議長(齋藤詔治) 議事進行の打ち合わせのため、ここで暫時休憩をいたします。



△休憩 午前10時45分



△再開 午前11時00分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(齋藤詔治) 日程第1、選挙第2号 副議長の選挙を行います。

 選挙は、投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○議長(齋藤詔治) ただいまの出席議員数は26名であります。

 投票用紙を配付させます。

    〔投票用紙配付〕



○議長(齋藤詔治) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    〔投票箱点検〕



○議長(齋藤詔治) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記入の上、順次投票願います。

    〔投票〕



○議長(齋藤詔治) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場開鎖〕



○議長(齋藤詔治) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に加崎勇議員、玉川正幸議員、伊藤正勝議員を指名いたします。

 よって、3名の立ち会いをお願いいたします。

    〔開票〕



○議長(齋藤詔治) 選挙の結果を事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、選挙の結果をご報告申し上げます。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 このうち、

  有効投票     24票

  無効投票      2票

 有効投票中

  中武紘一議員   18票

  佐藤清治議員    5票

  田口初江議員    1票

 以上のとおりであります。

 なお、この選挙の法定得票数は6票であります。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり、中武紘一議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました中武紘一議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定による当選の告知をいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任あいさつ



○議長(齋藤詔治) それでは、この際、副議長に当選されました中武紘一議員のあいさつをお願いいたします。

    〔20番 中武紘一登壇〕



◆20番(中武紘一) ただいま皆様の温かいご理解によりまして、引き続き副議長に就任させていただくこととなりました中武でございます。

 大変大きな行政課題を抱えておる今日、議会の役割も大変重要だと思っております。齋藤議長をしっかりと支えながら、力いっぱい働かさせていただきます。今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げまして、簡単でございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(齋藤詔治) 次に、市長よりあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 戸張市長。

    〔市長 戸張胤茂登壇〕



◎市長(戸張胤茂) おはようございます。

 本日、平成16年吉川市議会第1回臨時会の招集をさせていただきましたところ、大変議員の皆様にはお忙しい中をご参集賜りまして、まことにありがとうございます。

 議員の皆様には、去る2月1日に執行されました吉川市議会議員一般選挙におきまして、市民の信託を得て吉川市議会議員に当選され、今後の4年間、市政に参画されますことを心からお祝いを申し上げますとともに、敬意を表させていただきます。

 また、このたび就任されました齋藤詔治議長並びに中武紘一副議長におかれましては、この場をおかりいたしまして、心からお祝いを申し上げます。

 今後とも吉川市政発展のため、ご指導、ご協力を賜りますよう、改めてお願いを申し上げまして、お祝いのごあいさつとさせていただきます。

 よろしくどうぞお願いします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△執行側出席者紹介



○議長(齋藤詔治) 続きまして、執行側出席者の紹介をお願いいたします。



◎助役(蓮沼嘉一) 助役の蓮沼と申します。

 このたびの選挙で、議員の皆様にはご当選おめでとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。



◎収入役(染谷宗壱) 収入役の染谷宗壱でございます。

 ご当選おめでとうございます。今後とも吉川市政発展のためによろしくお願いしたいと存じます。



◎教育長(藤岡武) 教育長の藤岡でございます。

 議員の皆様方、ご当選おめでとうございます。吉川市の教育のために何とぞご支援をよろしくお願いいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。



◎政策室長(松澤薫) 各部長につきましては、私の方からご紹介をさせていただきます。

 まず、参事兼総務部長の向佐でございます。



◎参事兼総務部長(向佐光治) 向佐光治と申します。よろしくお願いいたします。



◎政策室長(松澤薫) 続きまして、教育委員会事務局教育次長の会田でございます。



◎教育次長(会田和男) 会田です。よろしくお願いします。



◎政策室長(松澤薫) 次に、健康福祉部長の藤見でございます。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(藤見一郎) 藤見です。よろしくお願いいたします。



◎政策室長(松澤薫) 次に、都市建設部長の青柳でございます。



◎都市建設部長(青柳光雄) 青柳です。よろしくお願いします。



◎政策室長(松澤薫) 続きまして、市民生活部長の竹澤でございます。



◎市民生活部長(竹澤克彦) 竹澤です。おめでとうございます。



◎政策室長(松澤薫) 続きまして、水道を担当しております水道課長の小林でございます。



◎水道課長(小林輝男) 小林です。よろしくお願いします。



◎政策室長(松澤薫) 最後になりましたが、私、政策室長の松澤でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の指定



○議長(齋藤詔治) 日程第2、議席の指定を行います。

 お諮りいたします。

 議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において指定するわけでありますが、会派別に大別して、話し合いにより決定した議席を指定したいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、議席は、会派別に大別して、話し合いにより決定した議席を指定することにいたします。

 なお申し上げますが、議長は最終番号の26番議席をいただくことになっておりますので、ご了承願います。

 それでは、議席決定の話し合いのため、ここで暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時15分



△再開 午前11時45分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま議席が決定いたしましたので、事務局長をして発表させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、発表いたします。

  1番議席に  松澤 正議員

  2番議席に  高崎正夫議員

  3番議席に  松崎 誠議員

  4番議席に  玉川正幸議員

  5番議席に  岡田 喬議員

  6番議席に  高鹿栄助議員

  7番議席に  伊藤正勝議員

  8番議席に  阿部民子議員

  9番議席に  鈴木加蔵議員

 10番議席に  山崎勝他議員

 11番議席に  加崎 勇議員

 12番議席に  川島美紀議員

 13番議席に  五十嵐惠千子議員

 14番議席に  田口初江議員

 15番議席に  佐藤清治議員

 16番議席に  高野 昇議員

 17番議席に  野口 博議員

 18番議席に  小山順子議員

 19番議席に  日暮 進議員

 20番議席に  中武紘一議員

 21番議席に  互 金次郎議員

 22番議席に  竹井喜美富議員

 23番議席に  遠藤義法議員

 24番議席に  小林昭子議員

 25番議席に  日暮靖夫議員

 26番議席に  齋藤詔治議員

 以上のとおりでございます。



○議長(齋藤詔治) 議席は、会議規則第3条第1項の規定により、ただいま事務局長をして発表させましたとおり指定いたします。

 休憩しますので、その間に議席の入れかえをお願いいたします。

 それでは、暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時47分



△再開 午前11時49分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(齋藤詔治) 日程第3、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、

  21番 互 金次郎議員

  22番 竹井喜美富議員

  25番 日暮靖夫議員

 以上の3名を本会期中の会議録署名議員に指名いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(齋藤詔治) 日程第4、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は、本日1日に決定いたしました。

 次に、本臨時会に出席の説明員については、お手元に通知書の写しを配付してありますので、ご了承願います。

 次に、本臨時会に市長から提出されました議案の件名については、お手元に議案目録の写しを配付してありますので、朗読を省略いたします。ご了承願います。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の選任



○議長(齋藤詔治) 日程第5、常任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 常任委員の選任については、議員の皆様から希望する委員会名を記入した調書を提出していただき、各会派から選出された選考委員の話し合いにより選考された委員を議長において選任いたしたいと思います。このような方法により常任委員を選任することにご異議はありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、常任委員の選任については、議員の皆様から希望する委員会名を記入した調書を提出していただき、各会派から選出された選考委員の話し合いにより選考された委員を議長において選任することに決定しました。

 まず、休憩いたしまして、選考委員の選出を行います。

 それでは、暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時50分



△再開 午後零時02分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各会派から選考委員が選出されましたので、事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、ご報告いたします。

 選考委員に

 齋藤詔治議員 中武紘一議員

 日暮 進議員 加崎 勇議員

 伊藤正勝議員 互 金次郎議員

 玉川正幸議員 竹井喜美富議員

 以上のとおりであります。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり、選考委員に選任いたします。

 選考委員が決定しましたので、これより常任委員の選考に入ります。

 その間、暫時休憩いたします。



△休憩 午後零時05分



△再開 午後4時50分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(齋藤詔治) ここで、あらかじめ時間の延長をいたします。

 選考委員会の選考のため、また暫時休憩をさせていただきます。



△休憩 午後4時51分



△再開 午後8時15分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の選考結果報告



○議長(齋藤詔治) 選考委員会の選考結果を、委員会を代表し、11番、加崎勇議員からご報告願います。

    〔11番 加崎 勇登壇〕



◆11番(加崎勇) ただいま議長から指名がありましたので、私の方から選考委員会を代表して報告いたします。

 本日午後2時20分より、議長室において全員参加のもと、常任委員の選任について慎重に協議し、会派のバランスと皆様のご希望を可能な限り尊重して、先ほど決定させていただきました。

 選考結果については、この後、事務局長から発表があります。

 なお、今後委員会の定数の検討と、今回意に沿わなかった議員の意向を次回の常任委員の改選時に尊重することを確認させていただきました。ご不満の点もございましょうが、選考委員会の内容をご理解いただき、ご協力いただきますようにお願い申し上げて、報告を終わります。



○議長(齋藤詔治) 選考の結果を事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、選考の結果をご報告いたします。

 総務常任委員に

 齋藤詔治議員 中武紘一議員

 高崎正夫議員 松崎 誠議員

 佐藤清治議員 岡田 喬議員

 高鹿栄助議員 高野 昇議員

 文教常任委員に

 日暮靖夫議員   野口 博議員

 松澤 正議員   遠藤義法議員

 五十嵐惠千子議員 田口初江議員

 福祉生活常任委員に

 加崎 勇議員  小山順子議員

 山崎勝他議員  小林昭子議員

 互 金次郎議員 阿部民子議員

 建設水道常任委員に

 鈴木加蔵議員  日暮 進議員

 竹井喜美富議員 川島美紀議員

 伊藤正勝議員  玉川正幸議員

 以上のとおりでございます。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり、常任委員に選任いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会正副委員長の互選



○議長(齋藤詔治) 次に、常任委員長及び副委員長の選任については、委員会条例第8条第2項の規定により、委員会において互選することになっております。

 よって、常任委員会ごとに正副委員長の互選をお願いいたします。

 それでは、正副常任委員長互選のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後8時20分



△再開 午後9時10分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより各常任委員会正副委員長の氏名を事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、ご報告いたします。

 総務常任委員長に   高崎正夫議員

 同  副委員長に   松崎 誠議員

 文教常任委員長に   五十嵐惠千子議員

 同  副委員長に   野口 博議員

 福祉生活常任委員長に 山崎勝他議員

 同    副委員長に 互 金次郎議員

 建設水道常任委員長に 鈴木加蔵議員

 同    副委員長に 玉川正幸議員

 以上のとおりであります。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり互選されましたので、お知らせいたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員長就任あいさつ



○議長(齋藤詔治) これより、各常任委員長の就任のあいさつをお願いいたします。

 初めに、総務常任委員長、高崎正夫議員、お願いいたします。

    〔2番 高崎正夫登壇〕



◆2番(高崎正夫) ただいまご紹介されました総務常任委員長に決まりました高崎でございます。

 8年ぶりで返り咲きまして、常任委員長という大役を仰せつかりましたけれども、一生懸命やらさせていただきますので、皆様方のご協力をお願い申し上げまして、あいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(齋藤詔治) 次に、文教常任委員長、五十嵐惠千子議員、お願いいたします。

    〔13番 五十嵐惠千子登壇〕



◆13番(五十嵐惠千子) ただいま文教常任委員長の大役を拝しました五十嵐惠千子でございます。

 皆様のご協力をいただく中で、私、微力ではございますが、鋭意努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(齋藤詔治) 次に、福祉生活常任委員長、山崎勝他議員、お願いいたします。

    〔10番 山崎勝他登壇〕



◆10番(山崎勝他) 議長の命により、ごあいさつをさせていただきます。

 福祉生活常任委員長に就任いたしました山崎勝他です。

 福祉生活常任委員会、大変多くの分野が担当区域でありますが、大変希望者も多かったようでございまして、委員の任命に当たりましては長時間を要しました。福祉、生活、身近な問題に対しまして、福祉の充実に一生懸命取り組んでいきたいと思いますので、どうぞ皆様方のご指導、ご鞭撻をいただきますようお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございます。



○議長(齋藤詔治) 次に、建設水道常任委員長、鈴木加蔵議員、お願いいたします。

    〔9番 鈴木加蔵登壇〕



◆9番(鈴木加蔵) 議長の命によりまして、建設水道常任委員長の就任につきましてのごあいさつを申し上げます。

 本日の常任委員会に満場一致で推薦されました。社会状況が厳しい中、皆様方のご協力によりまして、公平公正なる常任委員会を進めてまいりますので、よろしくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げまして、委員長としてのごあいさつにかえさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(齋藤詔治) 以上で、各常任委員長のあいさつを終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任



○議長(齋藤詔治) 日程第6、議会運営委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については、話し合いにより各会派から選出していただいた委員を議長において選任したいと思います。このような方法により議会運営委員を選任することにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員の選任については、話し合いにより各会派から選出していただいた委員を議長において選任することに決定しました。

 では、選出のため暫時休憩いたします。



△休憩 午後9時17分



△再開 午後11時23分



○議長(齋藤詔治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議会運営委員の選考の結果を事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、ご報告いたします。

 議会運営委員に

 玉川正幸議員 互 金次郎議員

 佐藤清治議員 日暮靖夫議員

 加崎 勇議員 伊藤正勝議員

 中武紘一議員

 以上のとおりであります。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり、議会運営委員に選任いたします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会正副委員長の互選



○議長(齋藤詔治) 次に、議会運営委員長及び副委員長の選任については、委員会条例第8条第2項の規定により、委員会において互選することになっております。

 先ほどの休憩中に互選されておりますので、正副委員長の氏名を事務局長をして報告させます。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、ご報告いたします。

 議会運営委員長に  日暮靖夫議員

 同  副委員長に  佐藤清治議員

 以上のとおりであります。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり互選されましたので、お知らせいたします。

 これより、議会運営委員長より就任のあいさつをお願いいたします。

 日暮靖夫委員長。

    〔25番 日暮靖夫登壇〕



◆25番(日暮靖夫) 改めまして、こんばんは。

 大変時間が遅くなりましたわけでございますけれども、ただいま議長より命をいただきましたので、私、このたびの改選に当たりまして、議会運営委員会委員長を拝命いたしました日暮でございます。どうか各皆様方、今後限りないご指導、ご協力をいただきますよう心からお願い申し上げつつ、就任のごあいさつにかえます。

 ありがとうございました。



○議長(齋藤詔治) 以上で、議会運営委員長のあいさつを終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会広報委員会の構成



○議長(齋藤詔治) 次に、先ほどの休憩中に議会広報委員会の構成が決定いたしておりますので、事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、ご報告いたします。

 議会広報委員長に  小山順子議員

 同  副委員長に  小林昭子議員

 同    委員に  齋藤詔治議員

 同    委員に  中武紘一議員

 同    委員に  松澤 正議員

 同    委員に  川島美紀議員

 同    委員に  岡田 喬議員

 同    委員に  阿部民子議員

 以上のとおりであります。



○議長(齋藤詔治) これより、議会広報委員長より就任のあいさつをお願いいたします。

 小山順子委員長。

    〔18番 小山順子登壇〕



◆18番(小山順子) 皆さん、こんばんは。

 先ほど広報委員長ということでご推薦をいただきました小山順子でございます。

 一生懸命務めさせていただきたいと思いますが、やはり議会広報でございますので、市民のために本当に開かれた広報、分かりやすい広報、そしてまた楽しい広報でありたいなと、そう願っておりますので、どうぞご協力をお願い申し上げて、あいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(齋藤詔治) 以上で、議会広報委員長のあいさつを終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△行政報告



○議長(齋藤詔治) 日程第7、行政報告を行います。

 市長。

    〔市長 戸張胤茂登壇〕



◎市長(戸張胤茂) それでは、早速でございますけれども、行政報告を1件させていただきます。

 昨年9月16日に提起されました市選挙管理委員会新年会に対する市長交際費支出に関する住民訴訟の控訴審判決の言い渡しが、昨年12月17日に東京高裁でありましたので、その概要についてご報告いたします。

 当住民訴訟につきましては、控訴人であります阿部透氏から、住民監査請求を経て、昨年4月4日にさいたま地裁あて提起されたものであります。

 昨年の9月3日に第1審判決の言い渡しがあり、その判決においてさいたま地裁は、選挙管理委員会などの行政委員会を独立した執行機関であると認め、これらと市が信頼関係を維持し、意思の疎通を図ることは公務であると認定したところであります。

 また、その際支出した1万円の交際費につきましても、会費相当分であり、社会通念上の儀礼の範囲にとどまる程度のものであって、特に高額であるとは言えず、違法ではないとし、原告の主張を全面的に退けるものでありました。

 その後、原告はこの1審判決の全部が不服であるとして控訴を提起したものであります。

 当控訴審の判決におきまして、東京高裁は、第1審さいたま地裁の判決を全面的に支持し、控訴人の請求は棄却されております。

 なお、当住民訴訟につきましては、本年1月6日をもちまして、この控訴審判決が確定をしております。

 以上、報告をさせていただきました。



○議長(齋藤詔治) ただいまの報告に対して質疑がございましたら、発言を許可いたします。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。

 以上で、行政報告を終わります。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第1号議案の上程、説明、質疑、採決



○議長(齋藤詔治) 日程第8、第1号議案 監査委員の選任についてを議題といたします。

    〔25番 日暮靖夫退席〕



○議長(齋藤詔治) 直ちに提案理由の説明を求めます。

 市長。

    〔市長 戸張胤茂登壇〕



◎市長(戸張胤茂) それでは、ご説明を申し上げます。

 第1号議案 監査委員の選任について、ご説明をいたします。

 本案につきましては、今回の吉川市議会議員の改選に伴い、議会のうちから選任の監査委員、日暮靖夫氏が任期満了となったため、再度選任することにつきまして同意を求めるものでございます。

 よろしくお願いします。



○議長(齋藤詔治) これより質疑に入ります。

 竹井議員。

    〔22番 竹井喜美富登壇〕



◆22番(竹井喜美富) 22番の竹井でございますが、第1号議案につきまして質問をさせていただきます。

 監査委員の選任についての議案でございますが、監査委員というのは非常に大事な職務なんですね。特に、今市長が推薦をしておられる方は日暮靖夫議員でありますけれども、これは市長と同じ立場に立っておられるんじゃないかと思うんです。こういう大事なものは、やはり違う、例えば野党の方とか、そういうところから推薦をするのが当然のことだと思いますが、毎回毎回同じようにこうやっているのは、ちょっと問題があると思うんです。その点についてはどのように検討されたのか、お聞きをしたいと思います。

 以上です。



○議長(齋藤詔治) 市長。

    〔市長 戸張胤茂登壇〕



◎市長(戸張胤茂) なぜ同じ人をというふうなご質問かと思いますけれども、監査委員は、ご承知のとおり、市の財政管理など適切に行われているものか、市民にかわって監査をしていただき、財務全般にわたりまして幅広い知識が要求されるものと理解しております。

 日暮靖夫議員におかれましては、2期8年、監査委員として市の財政管理、また事業の経営管理などにも精通をしておりまして、多々ご指導をいただいてきております。そういう意味合いから適任と考えておりますので、再度選任をさせていただくものでございます。

 以上です。



○議長(齋藤詔治) 22番、竹井喜美富議員。



◆22番(竹井喜美富) 私がお聞きしているのは、決して知識だとか何とか、そのことを問題にしているんじゃないんです。

 戸張執行体制の中で、これまでずっと同じ自民−−今は市長は無所属という形をとっておられるようですけれども、しかし、これはそういう形をとった方がやりやすいからやっておられるんでしょうが、どっちかというと、これまで同じ自民党でやってきて、戸張体制と同じ体制の側に立っておられる方だと思うんですね。そのことは間違いない。

 そうすると、やはり監査委員を選任するに当たって、本当にきちんと監査を任せられるかどうかということを判断するに当たっては、自分と同じ体制の側の人じゃなくて、やはり野党的な体制の人を入れていくと、こういうことを配慮していかなければ、住民の信頼は得られないんじゃないか。そういうふうに思って、そこのところをお聞きしているんですが、知識がないとかあるとか、そういうことを私は問題にしているんじゃないので、その点でもう一度お答えいただきたい。



○議長(齋藤詔治) 市長。



◎市長(戸張胤茂) 先ほどもご答弁を申し上げましたけれども、監査委員、これは市の財政管理などが適切に行われているものか、そういうものを市民にかわって監査をするわけでございます。

 そういう意味で、野党とか与党とかそういうことではなく、財務全般にわたりまして幅広い知識が要求されるものであると、こういう理解しておりまして、日暮靖夫議員を再度選任することにつきましてご提案をさせていただきました。



○議長(齋藤詔治) ほかに質疑ありませんか。

 8番、阿部民子議員。

    〔8番 阿部民子登壇〕



◆8番(阿部民子) 8番、阿部民子です。初めて議会で質問させていただきます。

 私は、市民の立場でやはり監査というのをしていただくということは、とても大事なことだと思っておりますが、資料を私は、経歴を−−日暮靖夫さんの判断材料として、初めて私は議員になりましたから、ただ単に執行部の方からお願いしますということだけでは判断ができないと思いまして、経歴をまず事務局の方からいただきました。一応2期8年なさっているということが分かりましたが、やはり長いことなさるということが必要だというふうに市長は今おっしゃいましたけれども、監査のポストというのは、やはり新しい目で、違った目で物を見ていくということが必要ではないかと私は思っております。

 これで再任されますと3期12年になりますので、ぜひそこら辺の、新しくかわった方がいいのではないかということに対してどう思われるのか、私はお聞きしたいと思っております。よろしくお願いいたします。



○議長(齋藤詔治) 市長。

    〔市長 戸張胤茂登壇〕



◎市長(戸張胤茂) 新しい、あるいは長いからいい悪いと、そういう観点ではなく、先ほど申し上げましたように、財務全般にわたりまして幅広い、そして公平な、そういう見地から知識が要求される、そういうものであろうと思います。

 そういう中で今回のご提案申し上げました日暮靖夫議員におきましては、これは適任であろうと、こういうことで選任をさせていただきます。



○議長(齋藤詔治) ほかに質疑ありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) これをもって質疑を終わります。

 本案は人事案件でありますので、討論省略、直ちに採決したいと思いますが、採決の方法はいかがいたしましょうか。

 15番、佐藤清治議員。



◆15番(佐藤清治) 本案については人事案件でございますから、無記名投票で決めていただきたい、こういうふうにお願いいたします。



○議長(齋藤詔治) この採決について、15番、佐藤清治議員から無記名投票によられたいとの発言がありましたが、投票による表決については、会議規則第71条第1項の規定により、出席議員2名以上の要求を必要といたします。

 よって、賛成の議員は挙手願います。

    〔挙手多数〕



○議長(齋藤詔治) 必要とする賛成がありましたので、この採決は無記名投票をもって行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○議長(齋藤詔治) ただいまの議長を除く出席議員数は24名であります。

 投票用紙を配付させます。

    〔投票用紙配付〕



○議長(齋藤詔治) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    〔投票箱点検〕



○議長(齋藤詔治) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、無記名であります。投票用紙に本案に賛成の議員はマル、反対の議員はバツを記載願います。

 なお、重ねて申し上げます。

 投票中、賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第73条の規定により否とみなします。

 それでは、順次投票を願います。

    〔投票〕



○議長(齋藤詔治) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場開鎖〕



○議長(齋藤詔治) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に13番、五十嵐惠千子議員、15番、佐藤清治議員、17番、野口博議員を指名します。

 よって、3名の立ち会いをお願いいたします。

    〔開票〕



○議長(齋藤詔治) 選挙の結果を事務局長をして報告させます。

 事務局長。



◎事務局長(高鹿幸一) 命により、投票の結果をご報告申し上げます。

 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 このうち、

  賛成       15票

  反対        9票

 以上のとおりであります。



○議長(齋藤詔治) ただいま事務局長をして報告させましたとおり、賛成多数であります。

 よって、本案は同意することに決定しました。

    〔25番 日暮靖夫復席〕

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(齋藤詔治) お諮りいたします。

 会期延長の件を日程に追加し、直ちに議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、会期延長の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の延長



○議長(齋藤詔治) 会期延長の件を議題といたします。

 本臨時会の会期は、本日1日と議決されていますが、議事進行の都合によって、2月10日まで1日間延長したいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は、2月10日まで1日間、会期を延長することに決定しました。

 なお、2月10日の会議は、議事の都合により、特に午前零時30分に繰り上げて開くことにします。

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(齋藤詔治) 本日の会議は、これで延会したいと思いますが、ご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(齋藤詔治) ご異議なしと認めます。

 よって、本日はこれで延会することに決定しました。

 本日はこれで延会いたします。

 大変お疲れさまでした。



△延会 午後11時50分