議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 吉川市

平成18年  6月 定例会(第3回) 06月16日−資料




平成18年  6月 定例会(第3回) − 06月16日−資料







平成18年  6月 定例会(第3回)



●市長提出議案の処理結果



議案番号
件名
上程月日
議決月日
議決結果
議決番号


報告第1号
専決処分事項の承認について
6月2日
6月6日
承認



報告第2号
専決処分事項の承認について
6月2日
6月6日
承認



報告第3号
専決処分事項の承認について
6月2日
6月6日
承認



第36号議案
吉川市国民保護協議会条例
6月2日
6月13日
原案可決
41


第37号議案
吉川市国民保護対策本部及び吉川市緊急対処事態対策本部条例
6月2日
6月13日
原案可決
42


第38号議案
吉川市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例
6月2日
6月13日
原案可決
43


第39号議案
吉川市災害派遣手当等に関する条例
6月2日
6月13日
原案可決
44


第40号議案
吉川市税条例の一部を改正する条例
6月2日
6月13日
原案可決
45


第41号議案
吉川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
6月2日
6月13日
原案可決
46


第42号議案
吉川市老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例
6月2日
6月13日
原案可決
47


第43号議案
吉川市まちづくり整備基準条例
6月2日
6月13日
原案可決
48


第44号議案
吉川市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例
6月2日
6月13日
原案可決
49


第45号議案
吉川市建築基準法に基づく申請等に係る手数料条例の一部を改正する条例
6月2日
6月13日
原案可決
50


第46号議案
埼玉県市町村交通災害共済組合の規約変更について
6月2日
6月6日
原案可決
36


第47号議案
埼玉県市町村交通災害共済組合の解散及び財産処分について
6月2日
6月6日
原案可決
37


第48号議案
埼玉県市町村消防災害補償組合の規約変更について
6月2日
6月6日
原案可決
38


第49号議案
埼玉県市町村消防災害補償組合の解散及び財産処分について
6月2日
6月6日
原案可決
39


第50号議案
埼玉県市町村職員退職手当組合の共同処理する事務の変更及び同組合の規約変更について
6月2日
6月6日
原案可決
40


第51号議案
工事請負契約の締結について
6月2日
6月13日
原案可決
51


諮問第1号
人権擁護委員の推薦について
6月2日
6月6日
推薦同意




●議員提出議案の処理結果



議案番号
件名
上程月日
議決月日
議決結果
議決番号


議員提出第5号
教育基本法改悪に反対し教育基本法を生かす教育を求める意見書
6月16日
6月16日
否決



議員提出第6号
日本と同等の安全対策が実施されない限り、アメリカ産牛肉の輸入を再開しないことを求める意見書
6月16日
6月16日
否決




●議員提出議案

◯議員提出第5号

   教育基本法改悪に反対し教育基本法を生かす教育を求める意見書

 会議規則第13条の規定により、上記意見書を別紙のとおり提出する。

  平成18年6月16日

                    提出者 吉川市議会議員   竹井喜美富

                    賛成者 吉川市議会議員   玉川正幸

                           〃      佐藤清治

   吉川市議会議長   山崎勝他様

提案理由  口頭

   教育基本法改悪に反対し教育基本法を生かす教育を求める意見書

 政府が国会に提出した教育基本法改定案は、憲法改悪と連動したものであり許すことはできません。日本が引き起こしたアジア太平洋戦争はアジアの諸国民2000万人、日本の国民300万人の犠牲を出し、祖国を焦土化しました。その犠牲の上につくられたのが憲法と教育基本法であります。教育基本法はその前文で「われわれはさきに日本国憲法を確定し民主的で文化的な国家を建設して世界の平和と人類の福祉に貢献しようと決意した。この理想の実現は根本において教育の力に待つべきものである。個人の尊厳を重んじ真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造を目指す教育を普及しなければならない」とうたっています。

 政府の改定案はこの部分をそっくり削除し憲法9条につながる「平和を希求する国民の育成」という言葉も取りさっています。改定案では新たに第2条「教育の目標」を設けて「国を愛する態度」など20の徳目を列挙し、その目標達成を義務付けています。法律の中に「教育の目標」として徳目を書きこみ学校で具体的な態度評価をすることは、憲法第19条が保障した思想、良心の自由、内心の自由侵害であります。

 教育基本法第10条では教育は不当な支配に服することなく、国民全体に直接責任を負って行われるべきものであること、教育行政はこの自覚のもとに教育の目的を遂行するに必要な諸条件の整備確立を目標として行わなければならないとして、国家権力による教育内容への不当な支配を厳しく禁止しています。改定法案はこの「教育条件の整備」を削除し、「国民全体に直接責任を負う」や、教員は「全体の奉仕者」という規定を削除して「教育はこの法律及び他の法律の定めるところにより行う」とし、政府が「教育振興計画」を策定して学校現場に義務づけるものになっています。文部科学省におかれた中央教育審議会は基本法を変えていちばんやりたいこととして、「教育振興計画」に「全国学力テスト」を盛り込んで制度化することをあげています。政府の教育基本法改定は教育の国家統制になることは間違いありません。政府におかれましては基本法改定法案を廃案にして憲法と教育基本法を生かした教育を確立することを強く要望いたします。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出します。

    平成18年  月  日

                               埼玉県吉川市議会

提出先

 内閣総理大臣

 文部科学大臣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員提出第6号

   日本と同等の安全対策が実施されない限り、アメリカ産牛肉の輸入を再開しないことを求める意見書

 会議規則第13条の規定により、上記意見書を別紙のとおり提出する。

  平成18年6月16日

                    提出者 吉川市議会議員   高野 昇

                    賛成者 吉川市議会議員   阿部民子

                           〃      遠藤義法

   吉川市議会議長   山崎勝他様

提案理由  口頭

   日本と同等の安全対策が実施されない限り、アメリカ産牛肉の輸入を再開しないことを求める意見書

[要請趣旨]

 昨年12月12日に輸入を再開したばかりのアメリカ産牛肉から危険部位である脊柱が発見され、また、いわゆる「へたり牛」が食肉加工されていたことが明らかになり、日本に輸出されていた可能性もあるなど、国民に衝撃を与えています。

 日本向け輸出プログラムでは、20カ月齢以下の牛であることと、危険部位をすべての牛から除去することでした。しかし、ジョハンズ米農務長官は、輸出事業所の担当者も食品検査官も危険部位を取り除くことを認識していなかったという驚くべき発言をしています。

 この問題をめぐる日本政府の責任も重大です。アメリカ産牛肉の輸入再開に当たっては、再開以前に現地調査することを閣議決定しながら実施しなかったことが明らかになっています。政府が輸入再開の根拠とした食品安全委員会の答申は、リスク管理機関による輸出プログラムの実態検証が不可欠としており、この答申を無視したもので、アメリカ政府の要求どおりに拙速に輸入再開した政府の責任は重大です。

 アメリカ政府のBSE安全対策は極めて不十分でずさんそのものです。BSEの検査率は1%程度であり、20カ月齢の判別も生年月日不明のため目視によって認定しており、危険部位の除去も30カ月齢以上のみというものです。こうした状況をみれば、脊柱の混入発覚や「へたり牛」問題は氷山の一角と言わなければなりません。

 私たちは、日本国民の安全・安心を守るためには、日本と同等の安全対策を実施しない限り、アメリカ産牛肉の輸入再開をすべきでないと考えます。

 よって、下記の事項について、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出します。

  要請事項

1 全頭検査や飼料規制など、日本と同等のBSE安全対策をアメリカに求め、それが実施されない限り、アメリカ産牛肉の輸入を再開しないこと。

    平成18年6月  日

                               埼玉県吉川市議会

提出先

 内閣総理大臣

 農林水産大臣

 厚生労働大臣

 外務大臣

 食品安全担当大臣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●委員会審査報告書

                             平成18年6月13日

   吉川市議会議長   山崎勝他様

                       福祉生活常任委員長   高崎正夫

               委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により提出します。

                    記



事件の番号
件名
審査の結果


第36号議案
吉川市国民保護協議会条例
原案可決


第37号議案
吉川市国民保護対策本部及び吉川市緊急対処事態対策本部条例
原案可決


第41号議案
吉川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
原案可決


第42号議案
吉川市老人医療費の支給に関する条例を廃止する条例
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             平成18年6月13日

   吉川市議会議長   山崎勝他様

                         総務常任委員長   松崎 誠

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により提出します。

                    記



事件の番号
件名
審査の結果


第38号議案
吉川市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例
原案可決


第39号議案
吉川市災害派遣手当等に関する条例
原案可決


第40号議案
吉川市税条例の一部を改正する条例
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             平成18年6月13日

   吉川市議会議長   山崎勝他様

                      建設水道常任委員長   互 金次郎

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により提出します。

                    記



事件の番号
件名
審査の結果


第43号議案
吉川市まちづくり整備基準条例
原案可決


第44号議案
吉川市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例
原案可決


第45号議案
吉川市建築基準法に基づく申請等に係る手数料条例の一部を改正する条例
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             平成18年6月13日

   吉川市議会議長   山崎勝他様

                         文教常任委員長   松澤 正

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により提出します。

                    記



事件の番号
件名
審査の結果


第51号議案
工事請負契約の締結について
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●閉会中の継続調査の申し出

                             平成18年6月16日

   吉川市議会議長   山崎勝他様

                         文教常任委員長   松澤 正

               閉会中の継続調査の申し出について

 文教常任委員会は、所管事務のうち次の事件について、閉会中の継続調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                    記

 1 事件  (1) 市内小中学校の視察について

       (2) 市内文化財の視察について

 1 理由  (1) 市内小中学校を視察し、施設などの要望事項等の現状を把握するため。

       (2) 市内にある文化財を視察し、現状を把握するため。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             平成18年6月16日

   吉川市議会議長   山崎勝他様

                         総務常任委員長   松崎 誠

               閉会中の継続調査の申し出について

 総務常任委員会は、所管事務のうち次の事件について、閉会中の継続調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                    記

 1 事件  多摩市における選挙事務

 2 理由  選挙事務について調査・研究のため視察をし、市政の向上に資するため。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議会活動報告書

 3月23日  小学校卒業式に市議会議員が出席しました。東埼玉道路建設促進の要望活動に議長が出席しました。(さいたま市)

 3月27日  東埼玉資源環境組合定例議会が開催されました。(越谷市)

 3月29日  議会広報委員会が開催されました。

 3月30日  吉川松伏消防組合議会が開催されました。(吉川市)

 4月 2日  なまずの里マラソン開会式に市議会議員が出席しました。

 4月10日  中学校入学式に市議会議員が出席しました。

 4月11日  小学校入学式に市議会議員が出席しました。

 4月12日  埼玉県市議会議長会第4区議長会定期総会が開催されました。(加須市)

 4月13日  自由民主党吉川市議員団会派行政視察が開催されました。(戸田市、草加市−パトロールステーションについて)

 4月14日  武蔵野操車場跡地対策特別委員会が開催されました。

 4月20日  建設水道常任委員会行政視察が開催されました。(吉川駅南特定土地区画整理事業、会野谷浄水場、南配水場)関東市議会議長会定期総会が開催されました。(千葉県浦安市)

 4月28日  埼玉県市議会議長会定期総会が開催されました。(上尾市)

 5月11日  南部正副議長会総会に議長が出席しました。(松伏町)

 5月17日  共産党吉川市会派行政視察が行われました。(関小学校プール)

 5月19日  江戸川水防事務組合議会定例会が開催されました。(吉川市)

 5月23日  会派代表者会が開催されました。春日部市記念式典に議長が出席しました。(東京都千代田区)

 5月24日  第82回全国市議会議長会定期総会に議長が出席しました。(東京都千代田区)

 5月25日  全国市議会議長会で議長が天皇陛下に拝謁しました。(東京都千代田区)

 5月26日  武蔵野操車場跡地対策特別委員会が開催されました。

 5月27日  江戸川水防事務組合水防演習に市議会議員が出席しました。(吉川市)

 5月29日  議会運営委員会が開催されました。(第3回定例会の議会運営について)北海道登別市議会が行政視察のため来庁しました。(吉川市の環境施策について、福祉指導施設さつき園の運営について、吉川フレンドパークの運営について)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●議会表彰

              埼玉県市議会議長会表彰

                             平成18年4月28日

 (注)名簿は各議長会表彰区分の順で掲載してあります。

    10年以上については、議席番号順としました。



表彰区分
被表彰者


(一般表彰)議長職    2年以上
齋藤詔治議員


(一般表彰)議会議員  10年以上
玉川正幸議員
鈴木加蔵議員
加崎 勇議員
小林昭子議員
山崎勝他議員


(特別表彰)議会議員  20年以上
日暮靖夫議員







表彰区分
被表彰者


感謝状
齋藤詔治議員



              関東市議会議長会表彰

                             平成18年4月20日



表彰区分
被表彰者


(特別表彰)議会議員  20年以上
日暮靖夫議員


(一般表彰)議会議員  10年以上
玉川正幸議員
鈴木加蔵議員
加崎 勇議員
小林昭子議員
山崎勝他議員



              全国市議会議長会表彰

                             平成18年5月24日



表彰区分
被表彰者


(特別表彰)議会議員  20年以上
日暮靖夫議員


(一般表彰)議会議員  10年以上
玉川正幸議員
鈴木加蔵議員
加崎 勇議員
小林昭子議員
山崎勝他議員





表彰区分
被表彰者


感謝状
齋藤詔治議員
山崎勝他議員