議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 鶴ヶ島市

平成24年 12月 定例会(第4回) 12月21日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 12月21日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成24年 12月 定例会(第4回)





    平成24年第4回燕市議会定例会々議録(第4号)
        平成24年12月21日(金曜日)午前10時00分開議

議事日程
 第 1  議案第74号から議案第93号まで            
 第 2  議案第94号 燕市議会政務調査費の交付に関する条例の一部
             改正について               
 第 3  議案第95号 燕市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正
             について                 
 第 4  議案第96号 燕市ひとり親家庭等の医療費助成に関する条例
             の一部改正について            
 第 5  発議案第6号及び発議案第7号              

本日の会議に付した事件
 日程第 1  議案第74号 西蒲原福祉事務組合規約の変更について 
        議案第75号 燕市暴力団排除条例の一部改正について 
        議案第76号 障害者自立支援法の一部改正に伴う関係条
               例の整備に関する条例の制定について  
        議案第77号 燕市市民農園条例の一部改正について  
        議案第78号 燕市保育園条例の一部改正について   
        議案第79号 燕市児童クラブ条例の一部改正について 
        議案第80号 指定管理者の指定について(燕市せん定枝
               リサイクル施設)           
        議案第81号 指定管理者の指定について(燕市生活支援
               ハウス 分水こでまり)        
        議案第82号 指定管理者の指定について(分水デイサー
               ビスセンター)            
        議案第83号 指定管理者の指定について(燕市吉田老人
               センター)              
        議案第84号 指定管理者の指定について(燕市障がい者
               地域生活支援センター)        
        議案第85号 指定管理者の指定について(燕市分水福祉
               会館)                
        議案第86号 指定管理者の指定について(燕市立図書館
               ほか2施設)             
        議案第87号 字の変更について           
        議案第88号 市道路線の認定について        
        議案第89号 平成24年度燕市一般会計補正予算(第8
               号)                 
        議案第90号 平成24年度燕市国民健康保険特別会計補
               正予算(第1号)           
        議案第91号 平成24年度燕市介護保険事業特別会計補
               正予算(第2号)           
        議案第92号 平成24年度燕市公共下水道事業特別会計
               補正予算(第2号)          
        議案第93号 平成24年度燕市水道事業会計補正予算
               (第2号)              
 日程第 2  議案第94号 燕市議会政務調査費の交付に関する条例の
               一部改正について           
 日程第 3  議案第95号 燕市証人等の実費弁償に関する条例の一部
               改正について             
 日程第 4  議案第96号 燕市ひとり親家庭等の医療費助成に関する
               条例の一部改正について        
 日程第 5  発議案第6号 燕市議会委員会条例の一部改正について 
        発議案第7号 燕市議会会議規則の一部改正について  

出席議員(21名)
   1番 小 林 由 明 君     2番 樋 浦 恵 美 君
   3番 渡 邉 雄 三 君     4番 中 山 眞 二 君
   5番 大 原 伊 一 君     6番 山 ? 雅 男 君
   7番 タナカ・キ ン 君     9番 塙     豊 君
  11番 丸 山 吉 朗 君    12番 中 島 義 和 君
  13番 齋 藤 紀美江 君    14番 長 井 由喜雄 君
  15番 齋 藤 信 行 君    16番 中 島 清 一 君
  17番 中 條 征 男 君    19番 渡 邉 広 宣 君
  20番 大 岩   勉 君    21番 土 田   昇 君
  22番 田 辺   博 君    23番 本 多 了 一 君
  24番 齋 藤 廣 吉 君                 

欠席議員(2名)
   8番 田 村 善 典 君    18番 阿 部 健 二 君

欠  員(1名)

説明のため出席した者の職氏名
  市  長 鈴 木   力 君   副 市 長 南 波 瑞 夫 君
  教 育 長 藤 澤 健 一 君   総務部長 田 中 勝 美 君

  企画財政 岡 本 泰 輔 君   市民生活 星 野 友 栄 君
  部  長             部  長

  健康福祉 小 平 松 雄 君   商工観光 赤 坂 一 夫 君
  部  長             部  長

  農林部長 三 富   仁 君   都市整備 伊 藤 堅 一 君
                   部  長

  水道局長 本 多   弥 君   教育次長 斎 藤 純 郎 君

  教育次長 小 林 恵美子 君   総務課長 金 子 彰 男 君
                   兼選挙管
                   理委員会
                   事務局長

  企画財政 五十嵐 嘉 一 君   市民課長 倉 橋 忠 夫 君
  課  長

  保険年金 小 林 金二郎 君   生活環境 村 松   宏 君
  課  長             課  長

  福祉課長 本 間 弘 之 君   生産振興 堀   孝 一 君
                   課  長

  土木課長 土 田 庄 平 君   下 水 道 榎   博 栄 君
                   課  長

  事業課長 渋 木 誠 治 君   子 育 て 伊 藤 謙 治 君
                   支援課長

  生涯学習 服 部 雅 之 君
  課  長

職務のため出席した者の職氏名
  議会事務 島 田 貫 夫 君   議会事務 堀 越   基 君
  局 議 事             課  長
  局  長

  議会事務 丸 山   篤 君   議会事務 竹 田 亮 子 君
  局議事課             局議事課
  副 参 事             主  任



          午前10時00分 開議



○議長(齋藤廣吉君) おはようございます。

  最初に、報告いたします。田村善典君、阿部健二君より欠席の届け出が出ております。

  これより本日の会議を開きます。

  ただいまの出席議員は21名で、定足数に達しております。

  本日の議事日程は、お手元へ配付したとおり進めてまいりたいと思いますので、ご了承願います。

                                 



△日程第1 議案第74号から議案第93号まで



○議長(齋藤廣吉君) 日程第1 議案第74号から議案第93号まで、以上20件を一括議題といたします。

  本件に関し、各常任委員長の報告を求めます。

  最初に、総務文教常任委員長の報告を求めます。



◆9番(塙豊君) 総務文教常任委員会の審査報告を行います。

  当委員会に審査を付託された議案は、5件であります。去る12月17日に当委員会を招集して審査を行いましたので、その経過並びに結果について申し上げます。

  最初に、議案第75号 燕市暴力団排除条例の一部改正について、議案第78号 燕市保育園条例の一部改正について、議案第79号 燕市児童クラブ条例の一部改正については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第86号 指定管理者の指定について(燕市立図書館 ほか2施設)については、まずは本案に対する反対意見として、指定管理者自体を否定するわけではないとしながら、教育立市にふさわしい、本来あるべき図書館像として、誰もが学習しやすい場となっていただきたい。しかし、指定管理者制度の導入は市民には十分理解されていない。より情報を公開し、周知を図るべきであって、時間を要しながら冷静に対処しなければならない案件であり、拙速であるとする反対意見が出されました。

  一方で、民間事業者の経営感覚を取り入れ、スピード感のある行政のスリム化は重要である。今までと同様、今後も図書館利用者に配慮したイベントなどを充実させ、利用者数の増加を期待するとの賛成意見も出されました。

  当局からは、あるべき図書館像には学校図書室支援も重要である。今までのサービスを継続させていただきたい。全ては市民の皆さんのために全力を尽くし、専門知識に通じた指定管理者とともに、力を合わせて運営していきたいとの答弁がありました。

  ほかに、休館日の固定を廃止する旨の要望や指定管理者の選定について地元の企業やNPOにも新規参入の機会を与えるべきとの意見などが出されました。

  本案については、冒頭のとおり拙速であるとする反対意見がありましたので、起立採決を行った結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第89号 平成24年度燕市一般会計補正予算(第8号)について、当委員会所管分は、第1条第1表中、歳入全款、歳出第1款議会費、第2款総務費(戸籍住民基本台帳費のうち住居表示整備費及び交通対策費を除く)、第3款第2項児童福祉費、第10款教育費、第13款諸支出金、第2条債務負担行為補正、第3条地方債補正であります。

  児童福祉費、保育園費の園歌作成業務委託料についての内容答弁では、市内幼稚園、保育園の区別なく、親しまれる燕の子供たちの歌を作成したいこと、教育費では、小中学校費の学校管理費の内容について、また給食センター修繕料についての内容質疑では、当局から、平成26年には統合した給食センター施設が完成する。修繕などは今後も予想されるが、必要最小限にとどめていきたいとの答弁がありました。

  以上、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(齋藤廣吉君) 次に、市民厚生常任委員長の報告を求めます。



◆12番(中島義和君) 市民厚生常任委員会の審査報告を行います。

  当委員会に審査を付託された議案は、12件であります。去る12月18日に当委員会を招集して審査を行いましたので、その経過並びに結果について申し上げます。

  最初に、議案第74号 西蒲原福祉事務組合規約の変更について、新たに加わった10号の日中一時支援について利用状況の質疑があり、当局から、ふれあいの家19人、ねむの木工房15人、やひこの里26人と答弁がありました。

  審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  議案第76号 障害者自立支援法の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、第18条別表の「削る」の意味について質疑がありました。当局からは、基本的に金額的な変更ではなく、サービス料が国の報酬基準に基づく単価表に設定されたため、今まで市が指定していた単価表を削ったためと答弁があり、次に使用料と利用料の違いについて質疑がありました。当局からは、市の直営のものは使用料、指定管理の中で行われたものは利用料との説明があり、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  議案第80号 指定管理者の指定について(燕市せん定枝リサイクル施設)、指定管理提案額67万円増額の理由についての質疑があり、当局からは、これまで計上してこなかった人件費を考慮したものとの答弁がありました。これに対し、委員から、人件費も見積もりに入れるなど、指定管理の際の基準を庁内で徹底させてほしいとの意見がありました。

  議案第81号 指定管理者の指定について(燕市生活支援ハウス 分水こでまり)、公募によらない施設は選定委員会のまとめた数行の文章しか判断基準がないとの意見があり、当局からは、来年以降、点数化について選考委員会に諮りたいとの答弁がありました。

  議案第82号 指定管理者の指定について(分水デイサービスセンター)、指定管理料がゼロ円のままの施設については、このまま指定管理という方法しか考えられないのかという質疑があり、当局からは、デイサービスセンターは複合施設であり、施設を分けることは難しいため、事業報告等で確認をしながら指定管理制度でいかざるを得ないとの答弁がありました。

  議案第83号 指定管理者の指定について(燕市吉田老人センター)、指定管理料30万円増額の理由について質疑がありました。当局からは、消費税分を今年から増額したためとの答弁がありました。

  議案第84号 指定管理者の指定について(燕市障がい者地域生活支援センター)、施設名は正式名称だけでなく、通称名もあるとわかりやすいとの意見があり、当局からは、来年度以降は掲載していくとの答弁がありました。

  議案第85号 指定管理者の指定について(燕市分水福祉会館)、分水まちづくり協議会の会員が指定管理制度を理解して望んでいるのかという質疑があり、当局からは、役員の福祉会館への常駐や年2回の会報で周知を図りたいとの答弁がありました。指定管理の中に人件費も含まれているかについては、従来から人件費もきちんと踏まえた上での基準額であると考えているとの答弁がありました。

  以上、議案第80号から85号まで審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  議案第87号 字の変更については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第89号中、平成24年度燕市一般会計補正予算(第8号)について、当委員会所管分は、第1条第1表中、歳出第2款第3項戸籍住民基本台帳費のうち住居表示整備費、第2款第7項交通対策費、第3款第1項社会福祉費、第3款第4項国民年金費、第4款衛生費であります。

  まず、住居表示整備費45万円の追加についての質疑があり、燕駅から中央通の住居表示を行う際の区割りの確認図面の作成委託分との答弁がありました。塵芥処理費の追加については、粗大ごみ収集の世帯数の増に伴うものとの答弁がありました。

  審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  議案第90号 平成24年度燕市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)及び議案第91号 平成24年度燕市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(齋藤廣吉君) 次に、産業建設常任委員長の報告を求めます。



◆4番(中山眞二君) それでは、産業建設常任委員会の審査報告を行います。

  当委員会に審査を付託された議案は、5件であります。去る12月19日に当委員会を招集して審査を行いましたので、その経過並びに結果について申し上げます。

  最初に、議案第77号 燕市市民農園条例の一部改正については、利用者の安全性を配慮したトイレ対策についての質疑があり、当局からは、利用者には市道を横断することのない燕市農作物病害虫防除協議会のトイレを利用していただくとの答弁がありました。

  また、収穫後の野菜くず等の処理方法についての質疑に対し、コンポスト処理で対応するとともに、農園利用組合で協議していただくとの答弁がありました。

  また、新規利用者への指導の取り組みについて、県の普及センターやJAの営農指導員から作付等の指導を定期的に行いたいとの答弁がありました。

  以上、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第88号 市道路線の認定については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第89号中、平成24年度燕市一般会計補正予算(第8号)について、当委員会所管分は、第1条第1表中、歳出第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費であります。

  第6款農業水産業費では、農地面的集積促進事業費補助金及び青年就農給付金事業補助金の事業内容についての質疑がありました。当局からは、24年度の国の新規事業であり、農地面的集積促進事業費補助金は、地域の中心となる経営体の確保や農地集積に必要な取り組みを支援するものである。また、青年就農給付金事業補助金については、新規就農するに当たり、就農後の新規青年就農者に対して給付金の給付等による青年就農者の支援を図るものであるとの答弁がありました。

  第8款土木費では、八王寺横田堤防線道路整備事業の工事の内容について質疑がありました。

  以上、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第92号 平成24年度燕市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第93号 平成24年度燕市水道事業会計補正予算(第2号)については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(齋藤廣吉君) 各常任委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対し、一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより一括して討論に入ります。討論はありませんか。



◆7番(タナカ・キン君) 私は、議案第86号の指定管理者の指定について反対の立場で討論いたします。

  9月定例会において条例改正の説明時において、多くの議員が早いのではないか、こんなに急ぐ必要はないと、いろいろこれも1人、2人の議員の意見ではありません。多くの議員が非常にやっぱりこのこと、それなのにもうこれをどんどん推し進めてくる。私は、こういう市政運営のあり方はおかしいと、間違っていると思います。であれば、我々は何ら意味がありません、ここに座っていても。

  それで、いろんなことあります。これも皆さん、あそこには今現在市の正規の職員の方が3人いらっしゃいますが、経費の削減ということで指定管理にもし行くんであれば、まずこの人たちの人件費、ここはカットできますんで、やはりもうちょっと様子を見てほしかったなと思います。

  また、管理者が東京ですけれども、先ほども火災の報告がありました。火災や自然災害などのときに、代表者がすぐ駆けつけるわけにもいかないわけでありますし、そういう中で何か事が起こったときに迅速な対応ができるんだろうか、そういう不安もあります。

  あと、私たちが言いましたよね、市民アンケートをとるべきだと。まず、市民の方が使い勝手が悪いとか、いろんな不満の声が上がっている施設であれば、また考えてみたほうがいいと思いますし、ひょっとしたら一番不満の声があるのはこの役所じゃないかと私思うぐらいであります。そんな中で、こんな、幾ら我々が、大勢の、多くの議員が声を上げても、とにかくやるんだの一点張りでやってしまうような力任せのこのやり方について私は反対するものであります。

  以上のことで今回の指定管理者の指定、議案第86号、努力も何もしないで、今回はこの市の姿勢に問題があると思っておりますので、反対いたします。

  以上であります。



◆9番(塙豊君) 私は、議案第86号に賛成の立場で討論させていただきます。

  今行政に問われていることは、行政の公務員がいかに、どういう部分を担っていくかということが一番前提であります。公務員制度というのは、非常にコストのかかる制度であります。これをやっている限りにおいては、なかなか行政の職員を削減しない限りコストの縮減というのは難しいというのは自明の理であります。外部委託、アウトソーシングという問題は、これからの行政に課せられた重要な案件であります。いかに行政をスリム化するかということは、こういうアウトソーシングの部分にかかっていると私は思っております。

  さらに、この図書館という機能は、今までも燕市の図書館においては、改革とか何かいいながらも一歩も進んでこなかった。私は、逆にこの指定管理を契機として、新しい図書館のあり方を進めていくほうがはるかにメリットがあると信じております。この指定管理の指定期間を通した中で、よりよい図書館を目指していくと、運営を目指していくという、さらにコストの削減により、新しい図書館の建設とか、そういう問題についてもこれから議論も活発になっていくことだろうと私は期待しております。指定管理を通じて新しい図書館というものを模索していく時期に来ていると私は考えております。

  是非とも議員諸氏の賛成をお願いして、私の討論といたします。



○議長(齋藤廣吉君) ほかに討論ございませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 討論なしと認め、討論を終結します。

  これより議案第74号から議案第93号まで、以上20件を採決いたします。

  採決は、反対のある議案第86号 指定管理者の指定について(燕市立図書館 ほか2施設)を先に採決し、反対のない他の19件は一括採決いたします。

  最初に、議案第86号 指定管理者の指定について(燕市立図書館 ほか2施設)を採決いたします。

  本案について、委員長報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔起立多数〕



○議長(齋藤廣吉君) 起立多数であります。よって、議案第86号は原案のとおり可決されました。

  次に、議案第74号 西蒲原福祉事務組合規約の変更について、議案第75号燕市暴力団排除条例の一部改正について、議案第76号 障害者自立支援法の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第77号 燕市市民農園条例の一部改正について、議案第78号 燕市保育園条例の一部改正について、議案第79号 燕市児童クラブ条例の一部改正について、議案第80号 指定管理者の指定について(燕市せん定枝リサイクル施設)、議案第81号 指定管理者の指定について(燕市生活支援ハウス 分水こでまり)、議案第82号 指定管理者の指定について(分水デイサービスセンター)、議案第83号 指定管理者の指定について(燕市吉田老人センター)、議案第84号 指定管理者の指定について(燕市障がい者地域生活支援センター)、議案第85号 指定管理者の指定について(燕市分水福祉会館)、議案第87号 字の変更について、議案第88号 市道路線の認定について、議案第89号 平成24年度燕市一般会計補正予算(第8号)、議案第90号 平成24年度燕市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、議案第91号 平成24年度燕市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第92号 平成24年度燕市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第93号 平成24年度燕市水道事業会計補正予算(第2号)の以上19件を一括採決いたします。

  本案について、委員長報告はそれぞれ可決であります。本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号から議案第85号まで及び議案第87号から議案第93号までの以上19件については原案のとおり可決されました。

                                 



△日程第2 議案第94号 燕市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について



○議長(齋藤廣吉君) 次に、日程第2 議案第94号 燕市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

  当局に提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(田中勝美君) それでは、議案第94号 燕市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について提案理由のご説明を申し上げます。

  このたびの改正は、今年9月の地方自治法の一部改正によりまして、政務調査費の名称が政務活動費に改められまして、政務活動費を充てることができる経費の範囲を条例で定めることになったところであります。

  また、政務活動費の使途の一層の透明性の確保に努めることとなったことに伴いまして、条例の改正を行うものでございます。

  なお、この条例は地方自治法が改正された本年9月5日から6カ月以内の政令で定められる日から施行させていただくものございます。

  ご審議の上、ご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(齋藤廣吉君) 説明が終わりました。

  質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  お諮りします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより議案第94号を採決いたします。

  本案については原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 異議なしと認めます。よって、議案第94号は原案のとおり可決されました。

                                 



△日程第3 議案第95号 燕市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について



○議長(齋藤廣吉君) 次に、日程第3 議案第95号 燕市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

  当局に提案理由の説明を求めます。



◎総務部長(田中勝美君) 議案第95号 燕市証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について提案理由のご説明を申し上げます。

  このたびの改正は、本年9月の地方自治法の一部改正によりまして、従来は委員会においてのみ可能でございました公聴会の開催と参考人招致が本会議においても可能となったことに伴いまして、実費弁償の対象に公聴会参加者と参考人を加えるなど、引用条項の改正を行うものであります。

  なお、この条例は公布の日から施行させていただくものであります。

  ご審議の上、ご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(齋藤廣吉君) 説明が終わりました。

  質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  お諮りします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより議案第95号を採決いたします。

  本案については原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) ご異議なしと認めます。よって、議案第95号は原案のとおり可決されました。

                                 



△日程第4 議案第96号 燕市ひとり親家庭等の医療費助成に関する条例の一部改正について



○議長(齋藤廣吉君) 次に、日程第4 議案第96号 燕市ひとり親家庭等の医療費助成に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

  当局に提案理由の説明を求めます。



◎市民生活部長(星野友栄君) それでは、議案書の10ページお願いいたします。議案第96号 燕市ひとり親家庭等の医療費助成に関する条例の一部改正について提案理由のご説明を申し上げます。

  このたびの改正は、平成24年8月から児童扶養手当の支給要件に配偶者からの暴力により家庭裁判所からの保護命令を受けた児童が追加されたことにより、11月27日、新潟県ひとり親家庭等医療費助成事業実施要領が一部改正されたため、お願いするものであります。

  改正の主な内容は、ひとり親家庭を定義した第2条第3項に配偶者からの暴力により保護命令を受けた児童を加えるものであります。

  なお、この条例は公布の日から施行いたしますが、平成24年8月1日にさかのぼり適用させていただくものであります。

  ご審議の上、ご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(齋藤廣吉君) 説明が終わりました。

  質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  お諮りします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより議案第96号を採決いたします。

  本案については原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 異議なしと認めます。よって、議案第96号は原案のとおり可決されました。

                                 



△日程第5 発議案第6号及び発議案第7号



○議長(齋藤廣吉君) 次に、日程第5 発議案第6号 燕市議会委員会条例の一部改正について及び発議案第7号 燕市議会会議規則の一部改正についてを一括議題といたします。

  提出者に提案理由の説明を求めます。



◆5番(大原伊一君) それでは、発議案第6号 燕市議会委員会条例の一部改正について提案理由を申し上げます。

  このたびの一部改正は、地方自治法の一部改正により、委員会に関する規定を簡素化し、委員の選任等に関する事項を条例に委任することに伴い、燕市議会委員会条例を改正するものです。

  改正の内容につきましては、地方自治法に規定されていた常任委員会への所属義務規定が削除されたため、第2条において、当該規定を加えたものです。

  また、特別委員の任期については条例には規定されておらず、今回の地方自治法の一部改正で「委員会に付議された事件が議会において審議されている間在任する」と規定されていた部分が削除されたことに伴い、第6条において、当該規定を加えたものであります。

  第8条第1項においては、委員の選任については、会期の初めに議会において委員を選任する必要があるときのみ規定されていたものを、閉会中においても議長が選任できるよう改正するものです。

  また、委員会に関する選任方法が削除されたことにより、第8条第2項において、当該規定を加えたものです。

  なお、この条例は地方自治法の改正された本年9月5日から6カ月以内の政令で定められた日から施行するものです。

  全議員のご賛同をお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。

  また次に、発議案第7号 燕市議会会議規則の一部改正について提案理由を申し上げます。このたびの一部改正は、地方自治法の一部改正により、本会議においても予算その他重要な議案、請願等について公聴会を開き、真に利害を有する者または学識を有する者から意見を聞くことができるものとしたこと、また本会議において、当該普通地方公共団体の事務に関する調査または審査のために必要があると認められるときには、参考人の出頭を求め、その意見を聞くことができることが規定されたことにより、燕市議会会議規則に新たに条文化するものです。

  なお、この規則は公布の日から、ただし第96条第2項の改正規定は地方自治法が改正された本年9月5日から6カ月以内の政令で定められる日から施行するものです。

  全議員のご賛同をお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(齋藤廣吉君) 説明が終わりました。

  質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  本案については、会議規則第37条第2項の規定によりそれぞれ委員会付託を行いません。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより発議案第6号及び発議案第7号を一括採決いたします。

  本案についてはそれぞれ原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(齋藤廣吉君) 異議なしと認めます。よって、発議案第6号及び発議案第7号はそれぞれ原案のとおり可決されました。

                                 



○議長(齋藤廣吉君) 以上で本日の日程は終了し、本定例会に付議された案件は全部議了いたしましたので、これで本日の会議を閉じ、平成24年第4回燕市議会定例会を閉会いたします。

          午前10時38分 閉会