議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 鶴ヶ島市

平成23年  6月 定例会(第2回) 06月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−05号




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−05号







平成23年  6月 定例会(第2回)





    平成23年第2回燕市議会定例会々議録(第5号)
          平成23年6月24日(金曜日)午前9時45分開議

議事日程
 第 1  追悼演説                        
 第 2  議案第36号から議案第38号まで            
 第 3  請願第3号                       
 第 4  議案第39号 燕市教育委員会委員の任命について     
 第 5  発議案第6号 中学校3年生までの35人以下学級の早期実現、
             義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書  
 第 6  議会選第1号 新潟県中越衛生処理組合議会議員選挙    
 第 7  議会議第1号 大河津分水大改造事業促進特別委員会委員の選
             任                    

本日の会議に付した事件
 日程第 1  追悼演説                      
 日程第 2  議案第36号 燕市税条例の一部改正について     
        議案第37号 市道路線の認定及び変更について    
        議案第38号 平成23年度燕市一般会計補正予算(第3
               号)                 
 日程第 3  請願第 3号 中学校3年生までの35人以下学級の早期
               実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る
               意見書の採択を求める請願書      
 日程第 4  議案第39号 燕市教育委員会委員の任命について   
 日程第 5  発議案第6号 中学校3年生までの35人以下学級の早期
               実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る
               意見書                
 日程第 6  議会選第1号 新潟県中越衛生処理組合議会議員選挙  
 日程第 7  議会議第1号 大河津分水大改造事業促進特別委員会委員
               の選任                

出席議員(22名)
   1番 小 林 由 明 君     2番 樋 浦 恵 美 君
   3番 渡 邉 雄 三 君     4番 中 山 眞 二 君
   5番 大 原 伊 一 君     6番 山 ? 雅 男 君
   7番 タナカ・キ ン 君     9番 塙     豊 君
  11番 丸 山 吉 朗 君    12番 中 島 義 和 君
  13番 齋 藤 紀美江 君    14番 長 井 由喜雄 君
  15番 齋 藤 信 行 君    16番 中 島 清 一 君
  17番 中 條 征 男 君    18番 阿 部 健 二 君
  19番 渡 邉 広 宣 君    20番 土 田   昇 君
  21番 田 辺   博 君    22番 本 多 了 一 君
  23番 齋 藤 廣 吉 君    24番 大 岩   勉 君

欠席議員(1名)
   8番 田 村 善 典 君

欠  員(1名)

説明のため出席した者の職氏名
  市  長 鈴 木   力 君   副 市 長 菊 地   剛 君
  教 育 長 藤 澤 健 一 君   総務部長 南 波 瑞 夫 君

  企画財政 岡 本 泰 輔 君   市民生活 星 野 友 栄 君
  部  長             部  長

  健康福祉 小 平 松 雄 君   商工観光 赤 坂 一 夫 君
  部  長             部  長

  都市整備 山 岸 正 義 君   教育次長 斎 藤 純 郎 君
  部  長

  教育次長 冨 森 ゆみ子 君   総務課長 金 子 彰 男 君
                   兼選挙管
                   理委員会
                   事務局長

  企画財政 五十嵐 嘉 一 君   市民課長 倉 橋 忠 夫 君
  課  長

  保険年金 小 林 金二郎 君   税務課長 鈴 木   均 君
  課  長


  収納課長 田 野 正 法 君   生活環境 水 野 和 昭 君
                   課  長

  福祉課長 本 間 弘 之 君   健康づく 小 林 俊 朗 君
                   り 課 長

  商工振興 矢 部 健 二 君   都市計画 五十嵐 一 夫 君
  課  長             課  長

  土木課長 伊 藤 堅 一 君   教育総務 山 田 公 一 君
                   課  長

職務のため出席した者の職氏名

  議会事務 島 田 貫 夫 君   議会事務 堀 越   基 君
  局  長             局 参 事

  議会事務 丸 山   篤 君   議会事務 酒 井   緑 君
  局副参事             局 主 任





          午前 9時45分 開議



○議長(大岩勉君) おはようございます。

  なお、田村善典君より欠席の届け出がありますので、報告いたしておきます。

  これより本日の会議を開きます。

  ただいまの出席議員は22人で、定足数に達しております。

  本日の議事日程は、お手元へ配付したとおり進めたいと思いますので、ご了承願います。

                                 



△日程第1 追悼演説



○議長(大岩勉君) 日程第1は、追悼演説であります。

  本例会中の去る6月12日、杣木義男議員が逝去されました。したがいまして、6月定例会の最終日の本会議において杣木義男議員に対し追悼演説を行いたいとご遺族の方にお話ししましたところ、是非お聞きしたいというご意向がありました。よって、議場にお招きしたいと思いますので、ご了承を願いたいと思います。

  ここでご遺族迎えるために暫時休憩します。

          午前 9時46分 休憩

          午前 9時47分 再開



○議長(大岩勉君) 休憩を解き、会議を再開します。

  では、日程第1 杣木義男議員の逝去に伴い、追悼演説を行います。演説に入る前に、皆様とともに謹んで黙祷をささげ、衷心より哀悼の意をあらわしたいと思います。ご一同ご起立を願います。黙祷始め。

              〔黙  祷〕



○議長(大岩勉君) お直りください。ご着席願います。

  では、追悼演説を行います。追悼演説を齋藤廣吉副議長からお願いいたします。



◆23番(齋藤廣吉君) それでは、謹んで故杣木義男君の御霊に対し、追悼の言葉を申し上げます。

  杣木義男君は、平成15年6月、分水町議会議員に初当選され、平成18年3月の新燕市誕生とともに燕市議会議員を務め、現在3期目の途中がんが見つかり、去る6月12日にご逝去されました。

  思い起こせば初当選された直後のことと記憶をいたしております。議会の仕事を教えてほしいと同僚議員でもあった丸山吉朗君と私の3名で一献を交わしました。初めての議員活動に臨むに当たって、並々ならぬ抱負を熱く語ったその眼は、まるで子供のように輝いており、彼の誠実で勉強熱心な性格を感じることができました。杣木義男君の温厚にして篤実な性格は、すぐれた常識と相まって、燕市議会において他の追随を許さない重要な地位にあったと私は思っております。そんな杣木義男君が2年ぐらい前から飲酒を伴う席であまり酒を飲まなくなり、昨年の秋以降はそのような席をも欠席するようになり、とても心配をしていたそのやさきの急逝は、我々同僚議員にとって大きな打撃であるとともに、ご家族にとってはあまりにも残酷な運命だったというほかありません。まことに哀切のきわみであります。

  杣木義男君は、燕市議会議員として燕市政の発展に心血を注ぎ、精力的に活動されておりました。その半ばにおいて、杣木君は忽然と我々の前から姿を消されてしまったのであります。杣木義男君に報いる道は、ひとえに燕市政の発展であると信じています。微力ではありますが、私たちは力を合わせて、あなたのご遺志を胸に、燕市勢発展のために全力で取り組む覚悟でございます。どうか杣木義男君、安心してご瞑目ください。あなたが残された功績に感謝の誠をささげるとともに、謹んで哀悼の意を表し、衷心よりご冥福をお祈りいたしまして、追悼の言葉といたします。

  平成23年6月24日、燕市議会副議長、齋藤廣吉。



○議長(大岩勉君) それでは、これで追悼の演説を終わらせていただきます。

  ご遺族の方におかれましては、まことご苦労さまでございました。これでご退席をしていただきたいと思います。大変ご苦労さまでございました。杣木君の議席の番号です。どうぞお持ち帰りください。

  ここでしばらく休憩をいたします。10時10分より再開したいと思います。暫時休憩といたします。

          午前 9時50分 休憩

          午前10時10分 再開



○議長(大岩勉君) 休憩を解き、会議を再開いたします。

                                 



△日程第2 議案第36号から議案第38号まで



○議長(大岩勉君) 次に、日程第2 議案第36号から議案第38号まで、以上3件を一括議題といたします。

  本案に関し、各常任委員長報告を求めます。

  最初に、総務文教常任委員長報告を求めます。



◆6番(山?雅男君) おはようございます。総務文教常任委員会の審査報告を行います。

  当委員会に審査を付託された議案は1件であります。去る6月20日に当委員会を招集して審査を行いましたので、その経過並びに結果について申し上げます。

  議案第38号 平成23年度燕市一般会計補正予算(第3号)について、当委員会所管分は第1条第1表中、歳入全款、歳出第2款総務費、第3款第2項児童福祉費(母子福祉費除く)、第3款第5項災害救助費、第10款教育費であります。

  歳入では、県支出金の母子生活支援施設及び授産施設措置事業費負担金、また農業者戸別所得補償制度推進事業補助金に対して、それぞれの使途の目的や内容について質疑がありました。

  歳出では、第3款の児童福祉費で、保育園整備事業の工事請負費や私立認可保育園の耐震診断補助金の各支出内容に、また赤ちゃん誕生祝い金報奨金では後年度負担などに対して質疑がありました。

  第10款教育費、子ども夢基金活用事業の補正額根拠についての質疑では、過年度の実績を示ししながら学校のクラブ活動以外にも幅広く補助対象を広げたい、そのためにも市民に対して事業の周知を一層図っていきたいとの答弁がありました。

  また、地域スポーツ人材の活用実践支援事業については、県の委託事業ではあるが、外部指導者の派遣、連携によって既存の顧問や指導者に新たな発見が期待できると思う。是非よい結果を出していただきたいとの要望がありました。

  以上、種々質疑がありましたが、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(大岩勉君) 次に、市民厚生常任委員長報告を求めます。



◆17番(中條征男君) 市民厚生常任委員会の審査報告を行います。

  当委員会に審査を付託された議案は2件であります。去る6月21日に当委員会を招集し、審査を行いましたので、その経過並びに結果について申し上げます。

  最初に、議案第36号 燕市税条例の一部改正については、条例改正の目的についての質疑やわかりやすい条例文にしてほしいとの要望がありましたが、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第38号中、平成23年度燕市一般会計補正予算(第3号)について、当委員会所管分は第1条第1表中、歳出第3款第1項社会福祉費、歳出第3款第2項児童福祉費(母子福祉費)であります。

  社会福祉費では、福祉施設運営事業及び老人福祉センター運営費の修繕料についての質疑や特別養護老人ホームの待機者の集計について質疑があり、児童福祉費では、母子生活支援委託料の中身について質疑がありましたが、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(大岩勉君) 次に、産業建設常任委員長報告を求めます。



◆4番(中山眞二君) 産業建設常任委員会の審査報告を行います。

  当委員会に審査を付託された議案は2件であります。去る6月22日に当委員会を招集して審査を行いましたので、その経過並びに結果について申し上げます。

  最初に、議案第37号 市道路線の認定及び変更については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  次に、議案第38号中、平成23年度燕市一般会計補正予算(第3号)について、当委員会所管分は第1条第1表中、歳出第6款農林水産業費、第7款商工費、第2条債務負担行為補正であります。これらについては、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(大岩勉君) 各常任委員長報告が終わりました。

  これより委員長報告に対し、一括質疑に入ります。質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより議案第36号から議案第38号まで、以上3件を採決します。

  本案に対する委員長報告は原案可決であります。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、議案第36号から議案第38号の3件については、原案のとおり可決されました。

                                 



△日程第3 請願第3号



○議長(大岩勉君) 次に、日程第3 請願第3号を議題といたします。

  本件に関し、常任委員長報告を求めます。

  総務文教常任委員長より報告を求めます。



◆6番(山?雅男君) 総務文教常任委員会に付託されました請願1件の審査を去る6月20日に行いましたので、その経過並びに結果について報告します。

  請願第3号 中学校3年生までの35人以下学級の早期実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の採択を求める請願書については、子供たちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとって極めて重要であるとの意見から、全委員一致で異議なく願意妥当と認め、関係機関へ意見書を提出すべきものと決しました。

  以上で報告を終わります。



○議長(大岩勉君) 委員長報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  請願第3号を採決いたします。

  本件に対する委員長報告は採択であります。この請願を採択することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、請願第3号は採択することに決定いたしました。

                                 



△日程第4 議案第39号 燕市教育委員会委員の任命について



○議長(大岩勉君) 日程第4 議案第39号 燕市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。



◎市長(鈴木力君) 議案第39号 燕市教育委員会委員の任命についての提案理由のご説明を申し上げます。

  燕市教育委員会委員である関矢敦氏が平成23年6月28日に任期満了により退任されることから、後任として美内信孝氏を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。

  美内信孝氏は、昭和27年3月17日生まれで、現住所は燕市吉田新田町1番8号であります。経歴については、昭和52年より家業に従事され、現在は有限会社綿久代表取締役として会社を経営されております。また、昭和62年5月より吉田町商工会理事に就任され、平成18年5月からは吉田商工会副会長を務めておられます。美内信孝氏は、長年会社経営に当たってこられ、その幅広い識見は教育委員に適任であります。

  なお、委員の就任は平成23年6月29日からで、任期は4年になります。

  ご審議の上、ご同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(大岩勉君) 説明が終わりました。

  質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) 質疑なしと認め、質疑を終結します。

  お諮りします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略いたします。

  お諮りします。本案は人事案件でありますので、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認め、直ちに採決することに決定しました。

  これより議案第39号を採決します。

  お諮りします。本案は同意することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、議案第39号は同意することに決定いたしました。

                                 



△日程第5 発議案第6号 中学校3年生までの35人以下学級の早期実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書



○議長(大岩勉君) 次に、日程第5 発議案第6号 中学校3年生までの35人以下学級の早期実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書を議題といたします。

  提出者より提案理由の説明を求めます。



◆6番(山?雅男君) 発議案第6号 中学校3年生までの35人以下学級の早期実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の提案理由の説明を申し上げます。

  子供たち一人一人が大切にされ、豊かな人間関係の中で教育が行われることは、保護者、地域住民、教職員共通の願いです。そのためには、教育条件整備の教育予算の確保が不可欠です。子供たちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとって極めて重要なことから、子供たちの教育の機会均等が担保され、教育水準が維持、向上されるよう、豊かな教育環境を整備し、早期に中学校3年生までの35人以下学級を実現し、教育の機会均等と水準の維持、向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の堅持とともに、国負担割合を2分の1に復元することが必要であることから、政府関係機関へ意見書を提出するものであります。

  意見書の内容は記載のとおりであります。

  全議員のご賛同をお願いしまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(大岩勉君) 説明が終わりました。

  質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

  本案については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託は行いません。

  これより討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

  これより発議案第6号を採決いたします。

  本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、発議案第6号は原案のとおり可決されました。

                                 



△日程第6 議会選第1号 新潟県中越衛生処理組合議会議員選挙



○議長(大岩勉君) 日程第6 議会選第1号 新潟県中越衛生処理組合議会議員選挙を行います。杣木義男君の逝去に伴い欠員が生じましたので、新潟県中越衛生処理組合議会議員選挙を行います。

  お諮りします。本会議で選挙する議員の数は1人で、選挙の方法につきましては地方自治法第118条第2項の規定により議長の指名推選によりたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は議長の指名推選によることに決定いたしました。

  議長から指名します。この組合議員に中島義和君を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名した中島義和君をこの組合議会の議員の当選人に決定することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました中島義和君が新潟県中越衛生処理組合議会議員に当選されました。本席から当選人に対し、当選の告知をいたします。

                                 



△日程第7 議会議第1号 大河津分水大改造事業促進特別委員会委員の選任



○議長(大岩勉君) 日程第7 議会議第1号 大河津分水大改造事業促進特別委員会委員の選任を行います。

  お諮りします。大河津分水大改造事業促進特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により丸山吉朗君を指名したいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(大岩勉君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました丸山吉朗君を大河津分水大改造事業促進特別委員会委員に選任することに決定いたしました。

  なお、市民厚生常任委員会副委員長が欠員となりましたので、6月21日開催の市民厚生常任委員会において副委員長の互選が行われ、阿部健二君が副委員長に任命されました。報告がありましたので、報告しておきます。

                                 



○議長(大岩勉君) 以上で本日の日程は終了し、本定例会に付議された案件は全部議了いたしましたので、これで本日の会議を閉じ、平成23年第2回燕市議会定例会を閉会いたします。

          午前10時26分 閉会