議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 蓮田市

平成19年  5月 臨時会 05月15日−議長選挙・副議長選挙−01号




平成19年  5月 臨時会 − 05月15日−議長選挙・副議長選挙−01号







平成19年  5月 臨時会





          平成19年第2回蓮田市議会臨時会 第1日

平成19年5月15日(火曜日)                              
 議 事 日 程(第1号)                                
                                             
   1 開  会 午前9時                               
   2 市長の招集あいさつ                               
   3 開  議                                    
   4 仮議席の指定                                  
   5 議長選挙                                    
   6 副議長選挙                                   
   7 議席の決定                                   
   8 新任者の紹介                                  
      高 橋 一 郎 総合政策室長                         
      小 川   誠 総務部長                         
      石 川 末 吉 市民経済部長                         
      長 岡 正 孝 会計管理者                         
      岡 田 喜 義 消防長                         
   9 会議録署名議員の指名                              
      1番  山 口 浩 治 議員                         
      2番  山 口 博 史 議員                         
      3番  加 藤 和 子 議員                         
  10 会期の決定                                   
      5月15日の1日間                              
  11 諸般の報告                                   
    (1) 地方自治法第180条第1項の規定に基づく専決処分               
    (2) 一般会計繰越明許費繰越及び介護保険特別会計繰越明許費繰越           
    (3) 定例監査兼行政監査結果                            
    (4) 例月出納検査結果(平成19年2月分)                     
    (5) 地方自治法第121条の規定に基づく説明者                   
  12 各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任                  
  13 各常任委員会及び議会運営委員会正副委員長の互選結果報告             
  14 蓮田市白岡町衛生組合議会議員の選挙                       
  15 埼葛斎場組合議会議員の選挙                           
  16 市長提出議案の報告                               
  17 議案第47号及び議案第48号の一括上程                     
  18 市長の提案説明                                 
  19 議案第47号及び議案第48号に対する質疑                    
  20 議案第47号及び議案第48号の委員会付託の省略                 
  21 討  論                                    
  22 採  決                                    
  23 議案第49号の上程                               
  24 議案第49号の提案説明、質疑、委員会付託及び討論の省略             
  25 採  決                                    
  26 特定事件の閉会中継続審査申し出の報告                      
  27 特定事件の継続審査の決定                            
  28 議席の一部変更
  29 市長のあいさつ                                 
  30 閉  会                                    

午前9時06分開会・開議                                 
 出席議員(20名)
   1番  山  口  浩  治  議員     2番  山  口  博  史  議員
   3番  加  藤  和  子  議員     4番  中  野  政  廣  議員
   5番  石  川  誠  司  議員     6番  斉  藤  隆  宗  議員
   7番  湯  谷  百 合 子  議員     8番  成  田  能  祥  議員
   9番  加  藤  昭  司  議員    10番  堀  内  善  仁  議員
  11番  山  崎  享  一  議員    12番  長 谷 部  芳  明  議員
  13番  伊 勢 谷  憲  一  議員    14番  島  津  信  温  議員
  15番  和 久 井  伸  一  議員    16番  山  口  京  子  議員
  17番  小  山  由 利 江  議員    18番  岸  尾  悦  子  議員
  19番  中  里  幸  一  議員    20番  黒  須  喜  一  議員

 欠席議員(なし)

 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  中  野  和  信  市     長    関  口     茂  教  育  長
  高  橋  一  郎  総 合 政策室長    小  川     誠  総 務 部 長
  石  川  末  吉  市 民 経済部長    花  俣  隆  一  健 康 福祉部長
  熊  倉     進  都 市 整備部長    対  崎  純  由  西口再開発部長
  岡  田  喜  義  消  防  長    竹 野 谷  元  司  教 育 部 長
  神  田     明  上 下 水道部長    長  岡  正  孝  会 計 管 理 者

  高  野  一  朗  監 査 委 員
              事 務 局 長 兼
              選挙管理委員会
              事 務 局 長

 事務局職員出席者
  澁  谷     晃  事 務 局 長    細  井  盛  賢  事 務 局次長兼
                                     庶 務 係 長

  中  野  敦  一  議 事 調査係長    吉  澤  正  剛  議事調査係主査







△臨時議長の紹介





◎澁谷晃議会事務局長 皆さん、おはようございます。本日は、一般選挙後最初の議会でありますので、地方自治法第107条の規定に基づきまして、議長選挙が終了するまで、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

  出席議員中、年長の議員は黒須喜一議員でございますので、ご紹介申し上げます。

          〔年長議員(黒須喜一議員)議長席に着く〕



○黒須喜一臨時議長 ただいま、紹介を受けました黒須喜一でございます。

  地方自治法第107条の規定によりまして、臨時に議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。





△開会の宣告                   (午前 9時06分)





○黒須喜一臨時議長 ただいまから、平成19年第2回臨時会を開会いたします。





△市長の招集あいさつ





○黒須喜一臨時議長 市長から、あいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

  中野市長

          〔中野和信市長登壇〕



◎中野和信市長 皆さん、おはようございます。

  黒須喜一臨時議長のお許しをいただきましたので、平成19年第2回蓮田市議会臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

  去る4月22日に執行されました市議会議員の選挙におきましては、皆様にはめでたくご当選をされ、まことにおめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。

  選挙期間中、議員の皆様におかれましては、市民の方々からのたくさんの期待やご要望を受けられたことと存じます。

  取り巻く諸状況は大変厳しいものがございますが、今後、私ども執行部といたしましても、皆様方のご指導とご協力をいただきながら、「未来の見えるまちづくり」を邁進してまいりたいと考えております。どうぞご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

  本日は、何かとご多忙中にもかかわらず、全員の皆様のご出席をいただきまして臨時議会が開催されますこと、まことにありがたく感謝申し上げます。

  平成19年度は、蓮田市のまちづくりの基本となる第四次総合振興計画の策定をはじめ、直面する課題の解決と山積する市民要望の中から新しい事業も若干取り組んでまいりました。また、あわせて、引き続き蓮田再生のため、行財政改革も強力に進めていかなければならないと考えております。これら実現に向けまして、最大限の努力をしてまいりますので、どうかより一層のご理解、お力添えを賜りますようお願いを申し上げます。

  皆様方の今後のますますのご活躍をご祈念申し上げまして、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。





△開議の宣告





○黒須喜一臨時議長 これより、本日の会議を開きます。





△仮議席の指定





○黒須喜一臨時議長 まず、仮議席を指定いたします。

  ただいまご着席の議席を仮議席といたします。


  〔参  照〕
  仮議席一覧表
  1番 山 口 浩 治 議員  2番 山 口 博 史 議員  3番 加 藤 和 子 議員
  4番 中 野 政 廣 議員  5番 石 川 誠 司 議員  6番 斉 藤 隆 宗 議員
  7番 湯 谷 百合子 議員  8番 成 田 能 祥 議員  9番 加 藤 昭 司 議員
 10番 堀 内 善 仁 議員 11番 山 崎 享 一 議員 12番 長谷部 芳 明 議員
 13番 伊勢谷 憲 一 議員 14番 島 津 信 温 議員 15番 和久井 伸 一 議員
 16番 山 口 京 子 議員 17番 小 山 由利江 議員 18番 岸 尾 悦 子 議員
 19番 中 里 幸 一 議員 20番 黒 須 喜 一 議員               






△議長選挙





○黒須喜一臨時議長 これより、議長の選挙を行います。

  議場を閉鎖いたします。

          〔議場を閉鎖する〕



○黒須喜一臨時議長 ただいまの出席議員は20名であります。

  これより、投票用紙を配布いたします。

          〔投票用紙を配布する〕



○黒須喜一臨時議長 投票用紙の配布漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○黒須喜一臨時議長 配布漏れなしと認めます。

  投票箱を改めます。

          〔投票箱を改める〕



○黒須喜一臨時議長 異状なしと認めます。

  この際、念のために申し上げますが、投票は単記無記名であります。

  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員から順次投票を願います。

          〔1番議員から順次投票する〕



○黒須喜一臨時議長 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○黒須喜一臨時議長 投票漏れなしと認め、投票は終了いたします。

  ただいまから、開票を行います。

  選挙立会人に、1番 山口浩治議員、2番 山口博史議員、3番 加藤和子議員を指名いたします。

  よって、選挙立会人の立ち会いをお願いいたします。

          〔選挙立会人、立ち会いの上開票する〕



○黒須喜一臨時議長 選挙の結果を報告いたします。

  出席議員   20名

  投票総数   20票

  投票総数のうち

   有効投票   20票

   無効投票    零票

  有効投票のうち

   堀 内 善 仁 議員   18票

   岸 尾 悦 子 議員    2票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は、5票であります。

  よって、堀内善仁議員が議長に当選されました。

  ただいま、議長に当選されました堀内善仁議員に当選の告知をいたします。

  議場の閉鎖を解きます。

          〔議場の閉鎖を解く〕





△議長就任のあいさつ





○黒須喜一臨時議長 ただいま、議長に当選されました堀内善仁議員の就任のごあいさつをお願いいたします。

  10番 堀内善仁議員

          〔10番 堀内善仁議員登壇〕



◎10番(堀内善仁議員) 改めまして、皆様おはようございます。

  皆様のご推挙により議長に就任させていただきます堀内善仁と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

  住民の福利を増進させるため、議長としてその職責を全うしたいというぐあいに思いますので、皆様の温かいご支援とそれからご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

  どうぞよろしくお願いいたします。



○黒須喜一臨時議長 議長と交代をいたします。

  ご協力、まことにありがとうございました。

          〔堀内善仁議長、議長席に着く〕



○堀内善仁議長 暫時、休憩いたします。



          休憩 午前 9時34分



          再開 午前10時00分





○堀内善仁議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。





△副議長選挙





○堀内善仁議長 これより、副議長の選挙を行います。

  議場を閉鎖いたします。

          〔議場を閉鎖する〕



○堀内善仁議長 ただいまの出席議員は20名であります。

  これより、投票用紙を配布いたします。

          〔投票用紙を配布する〕



○堀内善仁議長 投票用紙の配布漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 配布漏れなしと認めます。

  投票箱を改めます。

          〔投票箱を改める〕



○堀内善仁議長 異状なしと認めます。

  この際、念のため申し上げますが、投票は単記無記名であります。

  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、1番議員から順次投票を願います。

          〔1番議員から順次投票する〕



○堀内善仁議長 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 投票漏れなしと認め、投票は終了いたします。

  ただいまから開票を行います。

  選挙立会人に、4番 中野政廣議員、5番 石川誠司議員、6番 斉藤隆宗議員を指名いたします。

  よって、選挙立会人の立ち会いをお願いいたします。

          〔選挙立会人、立ち会いの上開票する〕



○堀内善仁議長 投票の結果を報告いたします。

  出席議員   20名

  投票総数   20票

  投票総数のうち

   有効投票   20票

   無効投票    零票

  有効投票のうち

   和久井 伸 一 議員   18票

   小 山 由利江 議員    2票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は、5票であります。

  よって、和久井伸一議員が副議長に当選されました。

  ただいま、副議長に当選されました和久井伸一議員に当選の告知をいたします。

  議場の閉鎖を解きます。

          〔議場の閉鎖を解く〕





△副議長就任のあいさつ





○堀内善仁議長 ただいま、副議長に当選されました和久井伸一議員の就任のごあいさつをお願いします。

  15番 和久井伸一議員

          〔15番 和久井伸一議員登壇〕



◎15番(和久井伸一議員) ただいま蓮田市議会よりご推挙を賜り、副議長の大任を拝しました和久井伸一でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

  地方の時代が叫ばれ、地方の自治体の経営が大変難しい状況でございます。我が蓮田市でもこれは全く同じ状況下にあると思っております。蓮田市議会の発展のため、執行部とよき緊張関係を保ちながら、市民のための議論を百出させながら、福祉の向上、安心・安全なまちづくりのために、しっかりその任を全うしてまいりたいと思います。

  議長を支え、議員の皆様方のご指導、ご鞭撻をいただき、執行部の皆様方にも今後ともよろしくお願いを申し上げまして、私の就任のごあいさつにさせていただきます。

  ありがとうございました。



○堀内善仁議長 暫時、休憩いたします。



          休憩 午前10時20分



          再開 午後 2時35分





○堀内善仁議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。





△議席の決定





○堀内善仁議長 これより、議席の決定を行います。

  議席は、お手元に配布しておきました議席一覧表のとおり、それぞれ決定いたします。


  〔参  照〕
  議席一覧表
  1番 山 口 浩 治 議員  2番 山 口 博 史 議員  3番 加 藤 和 子 議員
  4番 中 野 政 廣 議員  5番 石 川 誠 司 議員  6番 斉 藤 隆 宗 議員
  7番 湯 谷 百合子 議員  8番 成 田 能 祥 議員  9番 加 藤 昭 司 議員
 10番 堀 内 善 仁 議員 11番 山 崎 享 一 議員 12番 長谷部 芳 明 議員
 13番 伊勢谷 憲 一 議員 14番 島 津 信 温 議員 15番 和久井 伸 一 議員
 16番 山 口 京 子 議員 17番 小 山 由利江 議員 18番 岸 尾 悦 子 議員
 19番 中 里 幸 一 議員 20番 黒 須 喜 一 議員               






△新任者の紹介





○堀内善仁議長 次に、新任の部長級職員を紹介いたします。

  高橋一郎総合政策室長

          〔高橋一郎総合政策室長登壇〕



◎高橋一郎総合政策室長 4月1日の人事異動で総合政策室長を拝命いたしました高橋一郎でございます。

  これからもよろしくご指導のほどお願いいたします。



○堀内善仁議長 小川誠総務部長

          〔小川 誠総務部長登壇〕



◎小川誠総務部長 4月1日付けの人事異動で総務部長を拝命いたしました小川誠と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○堀内善仁議長 石川末吉市民経済部長

          〔石川末吉市民経済部長登壇〕



◎石川末吉市民経済部長 4月1日付けの人事異動により市民経済部長を拝命いたしました石川末吉です。よろしくお願いいたします。



○堀内善仁議長 長岡正孝会計管理者

          〔長岡正孝会計管理者登壇〕



◎長岡正孝会計管理者 4月1日付けをもちまして会計管理者を拝命いたしました長岡正孝でございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



○堀内善仁議長 岡田喜義消防長

          〔岡田喜義消防長登壇〕



◎岡田喜義消防長 4月1日付けをもちまして消防長の拝命を受けました岡田喜義と申します。どうぞよろしくお願いいたします。





△会議録署名議員の指名





○堀内善仁議長 次に、会議録署名議員を指名いたします。

   1番  山 口 浩 治 議員

   2番  山 口 博 史 議員

   3番  加 藤 和 子 議員

  以上、3名の方にお願いいたします。





△会期の決定





○堀内善仁議長 次に、会期について、お諮りいたします。

  本臨時会の会期は、5月15日の1日間といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。





△諸般の報告





○堀内善仁議長 この際、諸般の報告をいたします。

  まず、市長から専決処分の報告がありましたので、お手元に配布しておきましたから、ご了承願います。

  次に、同じく市長から一般会計繰越明許費繰越及び介護保険特別会計繰越明許費繰越の報告がありましたので、お手元に配布しておきましたから、ご了承願います。

  次に、監査委員から定例監査兼行政監査結果の報告がありましたので、お手元に配布しておきましたから、ご了承願います。

  次に、同じく監査委員から、平成19年2月分に係る例月出納検査結果の報告がありましたので、お手元に配布しておきましたから、ご了承願います。

  次に、本臨時会に説明者として出席する者の職・氏名を一覧表として、お手元に配布しておきましたから、ご了承願います。





△各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任





○堀内善仁議長 これより、各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任を行います。

  これらの選任は、蓮田市議会委員会条例第8条の規定により、議長において指名いたします。

  まず、各常任委員会委員の選任は、お手元に配布しておきました名簿のとおり指名いたします。


  〔参  照〕
  常任委員会委員名簿
  総  務
           議席番号    氏     名
             1番   山 口 浩 治 議員
             6番   斉 藤 隆 宗 議員
              7番   湯 谷 百合子 議員
            13番   伊勢谷 憲 一 議員
            14番   島 津 信 温 議員
             17番   小 山 由利江 議員
             19番   中 里 幸 一 議員
  民生文教
           議席番号    氏     名
              2番   山 口 博 史 議員
              3番   加 藤 和 子 議員
             5番   石 川 誠 司 議員
             8番   成 田 能 祥 議員
             9番   加 藤 昭 司 議員
            12番   長谷部 芳 明 議員
            18番   岸 尾 悦 子 議員
  建設経済
           議席番号    氏     名
             4番   中 野 政 廣 議員
            10番   堀 内 善 仁 議員
            11番   山 崎 享 一 議員
            15番   和久井 伸 一 議員
            16番   山 口 京 子 議員
            20番   黒 須 喜 一 議員




○堀内善仁議長 次に、議会運営委員会委員の選任は、お手元に配布しておきました名簿のとおり指名いたします。


  〔参  照〕
  議会運営委員会委員名簿
           議席番号    氏     名
             1番   山 口 浩 治 議員
             4番   中 野 政 廣 議員
             6番   斉 藤 隆 宗 議員
             7番   湯 谷 百合子 議員
             9番   加 藤 昭 司 議員
            12番   長谷部 芳 明 議員
            17番   小 山 由利江 議員
            19番   中 里 幸 一 議員




○堀内善仁議長 ただいま選任いたしました各常任委員会及び議会運営委員会の委員の方々は、次の休憩中にそれぞれ委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果をご報告願います。

  暫時、休憩いたします。



          休憩 午後 2時41分



          再開 午後 2時42分





○堀内善仁議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。





△各常任委員会及び議会運営委員会正副委員長の互選結果報告





○堀内善仁議長 さきに選任いたしました各常任委員会及び議会運営委員会における正副委員長の互選の結果について報告がありましたので、お手元に配布しておきましたから、ご了承願います。


  〔参  照〕
  常任委員会及び議会運営委員会正副委員長名簿
  委員会名 正副別 議席番号    氏     名
  総  務  正    1番   山 口 浩 治 議員
        副    6番   斉 藤 隆 宗 議員
  民生文教  正    2番   山 口 博 史 議員
        副    8番   成 田 能 祥 議員
  建設経済  正    4番   中 野 政 廣 議員
        副   16番   山 口 京 子 議員
  議会運営  正   19番   中 里 幸 一 議員
        副    7番   湯 谷 百合子 議員






△蓮田市白岡町衛生組合議会議員の選挙





○堀内善仁議長 次に、蓮田市白岡町衛生組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。この選挙は、指名推選の方法により、議長において指名いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。

  指名については、お手元に配布しておきました蓮田市白岡町衛生組合議会議員候補者名簿のとおり指名いたします。


  〔参  照〕
  蓮田市白岡町衛生組合議会議員候補者名簿
           議席番号    氏     名
             2番   山 口 博 史 議員
             6番   斉 藤 隆 宗 議員
             9番   加 藤 昭 司 議員
            14番   島 津 信 温 議員
            18番   岸 尾 悦 子 議員
            20番   黒 須 喜 一 議員




○堀内善仁議長 お諮りいたします。

  ただいま指名いたしました6名の方々を当選人と定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。





△埼葛斎場組合議会議員の選挙





○堀内善仁議長 次に、埼葛斎場組合議会の議員の選挙を行います。

  お諮りいたします。この選挙は、指名推選の方法により、議長において指名いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。

  指名につきましては、お手元に配布しておきました埼葛斎場組合議会議員候補者名簿のとおり指名いたします。


  〔参  照〕
  埼葛斎場組合議会議員候補者名簿
           議席番号    氏     名
             5番   石 川 誠 司 議員
             8番   成 田 能 祥 議員
            12番   長谷部 芳 明 議員




○堀内善仁議長 お諮りいたします。

  ただいま指名いたしました3名の方々を当選人と定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。





△市長提出議案の報告





○堀内善仁議長 市長から議案の提出がありましたので、報告いたします。

  議会事務局次長が朗読いたします。

          〔事務局次長朗読〕



○堀内善仁議長 ただいま報告いたしました議案はお手元に配布しておきましたから、ご了承願います。





△議案第47号及び議案第48号の一括上程





○堀内善仁議長 市長から提出された議案第47号及び議案第48号を議題といたします。





△市長の提案説明





○堀内善仁議長 市長の提案説明を求めます。

  中野市長

          〔中野和信市長登壇〕



◎中野和信市長 堀内議長のお許しをいただきましたので、議案第47号及び議案第48号の提案理由につきまして、説明させていただきます。

  初めに、議案第47号「専決処分の承認を求めることについて」ご説明申し上げます。

  地方税法等の一部を改正する法律が平成19年3月30日に、平成19年法律第4号として公布され、4月1日から施行されました。この改正に伴い、蓮田市税条例の一部を改正する必要が生じました。この改正には、平成19年4月1日からの適用分及び他の法律の施行日から適用される分が含まれるため、やむなく地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をさせていただきました。

  今回の改正は、例年に比べて大幅な改正はありませんでしたが、主なものを申し上げますと、固定資産税において、住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置が設けられたものでございます。この住宅のバリアフリー改修につきましては、平成19年4月1日から平成22年3月31日までの間に、一定の要件を満たしたバリアフリー改修が行われた住宅について、翌年度分の税額を100平方メートル分まで限度として3分の1減額するものでございます。

  続きまして、議案第48号「専決処分の承認を求めることについて」ご説明申し上げます。

  本議案は、平成18年度蓮田市老人保健特別会計予算におきまして、医療費に充てるべき歳入に不足が生じたことに伴い、平成19年度の同会計の歳入予算から繰り上げ充用を行う必要が生じ、やむなく地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成19年度蓮田市老人保健特別会計補正予算(第1号)を専決処分させていただきましたものでございます。

  老人保健の医療費の支払いは、当該年度中に概算交付される支払基金交付金、国庫負担金、県負担金などで賄われ、翌年度に交付実績額を確定し、過不足に応じて返還または追加交付を受けて精算することになっているものでございます。

  このため、例年、医療費などの歳出動向、交付金や負担金などの歳入動向を把握し、収支の均衡に努めておりますが、平成18年度におきましては、国庫負担金の概算交付額が想定を下回り、歳入不足となったものでございます。

  平成18年度支出総額に対しまして、1,941万8,000円の歳入不足が見込まれましたので、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、平成19年度の歳入から繰り上げ充用を行う補正予算を組ませていただきました。平成18年度分最後の医療費の支払いが平成19年4月にあり、急ぎ財源の手当てが必要であったため、この補正予算を専決処分させていただいたものでございます。なお、国庫負担金の未交付分につきましては、平成19年度に追加交付を受けることになっております。

  今後は、従来にも増して歳入歳出状況を的確に把握し、適切な予算運営に努めてまいりますので、何とぞご理解を賜り、ご承認いただきますようお願い申し上げます。

  以上でございます。ご審議の上、ご承認賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。



○堀内善仁議長 暫時、休憩いたします。



          休憩 午後 2時49分



          再開 午後 3時46分





○堀内善仁議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。





△議案第47号及び議案第48号に対する質疑





○堀内善仁議長 これより、議案第47号及び議案第48号に対する質疑を行います。

  発言通告がありますので、これを許します。

  17番 小山由利江議員

          〔17番 小山由利江議員登壇〕



◆17番(小山由利江議員) 17番、小山由利江です。通告に従いまして、議案第47号について質疑をいたします。

  初めに、附則第10条の2関係について質疑をいたします。7項目のバリアフリー改修工事を行った場合、自己負担が30万円以上のものについて、翌年度の固定資産税を3分の1に減額をするというものですが、お伺いいたします。

  1、その周知方法はどのように行うのか。周知の方法、また周知の徹底についてお答えください。

  2点目、改修工事完了後、3カ月以内に申告が必要とありますが、3カ月を過ぎた場合の申告の取り扱いについてはどのようにするのでしょうか。例えば4月からですから、平成19年度の4月に工事を行った人もいるわけです。そうしますと、3カ月以内というと7月までにその申告をしなくてはならないわけですが、まだ市民の皆さんには議決もされていませんし、その報告はされていないわけです。

  そういった中でなかなか市民の皆さんの中に、これについての周知が図られていない状況が生まれてくると思います。そういった中で3カ月を過ぎてもやむを得ない場合が多々生じてくるのではないかと思いますので、その点についてご答弁をお願いいたします。

  次に、3点目、固定資産税が約1万3,000円ぐらいの減額ということで全員協議会で説明がありました。その根拠について、ご答弁をお願いいたします。

  次に、附則第19条の3関係について質疑を行います。上場株式等を譲渡した場合の株式等にかかわる譲渡所得にかかわる市民税の課税の特例について、平成20年度までを平成21年度に改める。1年間の期間延長となるわけですけれども、株を譲渡した場合の税金を市民税2%、県民税1%だったものを、この特例によって市民税を1.8%、県民税1.2%と、市民税が減額となるものですけれども、さらにそれを1年間延長としようとするものです。お伺いいたします。

  1点目、この株譲渡益を、税金を払っている蓮田市の該当する人数は何人でしょうか。

  2点目、市税への影響額、まず1年間、平成18年度はどのくらいこれによって減収になったのか。

  3点目、2003年度からこの特例措置ができてからのこの間の市税への影響額、どのくらい減収になったのか。

  4点目、1年間延長されることによって、どのくらいの減収になるのか、予測をご答弁お願いいたします。

  1回目の質疑を終わります。



○堀内善仁議長 小川総務部長

          〔小川 誠総務部長登壇〕



◎小川誠総務部長 ただいまの議案第47号、税条例の一部改正の専決処分のことについてのご質疑に順次お答え申し上げます。

  まず初めに、バリアフリー関係の減税のその周知方法でございますけれども、一応現在考えている方法といたしまして、「広報はすだ」への掲載、それから市のホームページへの掲載、それからこのバリアフリー関係で補助、あるいは助成の事業を行っている課が市に商工課、それから介護保険課、福祉課とございます。こちらでバリアフリー関係で補助、それから助成などを行っておりますので、言うなればこちらの関連課にもこの税制改正の趣旨を書き写しましたチラシを置きまして周知徹底を図っていきたいと思います。

  ちなみに商工課におきましては、ユニバーサルデザイン関係で助成を行っているわけですけれども、年間平均15件程度の実績がございます。それから、介護保険関係で申し上げますと、年間120件程度のこのバリアフリー関係の実績がございますので、こういう関係課に関連のチラシを置いて周知の徹底を図っていきたいと思っております。

  続きまして、2点目の3カ月を過ぎた後の申請の取り扱いでございますけれども、地方税法の附則第16条第14項に、市町村長は、当該期間内に申告がなされなかったことについて、やむを得ない理由と認めたときには、この適用するということで、今回のバリアフリーの工事する期間が平成19年、今年の4月1日から平成22年の3月31日までの間に行った工事を対象としておりますので、この期間内の工事であれば可能であると考えております。

  続きまして、3点目の1万3,000円の根拠でございますけれども、先日の全員協議会で私がその数字を申し上げました。これは毎年国に提出してございます固定資産税に関する概要調書というものがございまして、この中の木造の専用住宅の平均評価額、これを基礎にいたしまして積算いたしますと、1件当たりの減税額が約1万3,000円程度になるものでございます。これはあくまでも木造の専用住宅の平均評価額ということでございまして、建物の構造によりましては、多少の差は考えられるものでございます。

  続きまして、附則の19条の3につきまして、上場株式を譲渡した場合の譲渡所得の市民税についてでございますけれども、平成16年度から平成20年度までの期間に限りまして、本則の税率を適用しないで、軽減税率を適用する特例措置を規定するものでございます。今回、この適用期間を平成21年度までの1年間延長するものでございます。税率につきましては、平成18年度までが、市民税3.4%の税率を2%に、平成19年度からは3%の税率を1.8%に軽減するものでございます。ご質問の蓮田市で該当する人数でございますけれども、平成18年度の課税状況で申し上げますと、約300人でございます。これはあくまでも約の人数でございます。

  続きまして、市税への影響でございますけれども、平成18年度につきましては、市民税の税額が2,000万円でございます。これを本則の税率3.4%で計算しますと、約3,400万円となりますので、その差、1,400万円の軽減となっております。

  次に、総額でございますけれども、制度が始まりました平成16年度から18年度までの総額といたしましては、軽減している税率は約3,150万円でございます。

  それから、最後のご質疑になりますけれども、1年間延長されたことによる予測でございますけれども、約1,200万円の軽減を見込んでおりますので、この分が減収になるものと考えております。

  以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○堀内善仁議長 17番 小山由利江議員

          〔17番 小山由利江議員登壇〕



◆17番(小山由利江議員) 再質疑させていただきます。

  バリアフリー改修工事の関係の周知方法なのですけれども、今広報、ホームページ、また関係各課にチラシを置くというお話がありました。やはり広報、ホームページも見る人は限られておりますけれども、広報を全戸で配ったとしても、なかなかやはりこういうのを本来は見てもらわなくてはいけないのですけれども、見ない方もいらっしゃるということで、ユニバーサルデザインの改修工事等についても、初年度等は非常に申込者が少ないということで、その周知をしようということでいろいろ工夫をしながらやってきた経過もあり、年々増えてきているという状況があります。

  と同時に、税率が変わったときに、納付書と一緒に税務課の職員の人がこのように変わりましたというお知らせを個別に配ったのですね。それによって、ほかの市ではもう何でこんな税金が上がるのかということで問い合わせが殺到したのですけれども、この蓮田市はその通知を入れたおかげで、例年よりは多かったのですけれども、他市町村に比べては非常に少なかったわけですね。やはり個別に送るということは非常に効果があるというふうに思います。今回、この対象となる方も65歳以上の方、または要介護認定、要介護支援認定を受けている方、障害のある方と限られておりますので、やはりいろいろ介護保険とかそういった関係のところでそういったお知らせを個別に入れる方法も必要ではないかというふうに思うのですが、そのところのお考えはいかがでしょうか。

  あとの点については、市税の減収については、こんなにもやはり減収になっているのかということがわかりましたので、その1点についてお伺いいたします。



○堀内善仁議長 小川総務部長

          〔小川 誠総務部長登壇〕



◎小川誠総務部長 ただいまのご質疑にお答え申し上げます。

  言うなればバリアフリー工事に関係して、結局対象者がいらっしゃるのだから、そちらの方々に個別に今回の趣旨を何らかの方法でお知らせしてはどうですかということかと思います。今この場ですぐに個別にそのようなお知らせをということ、すぐここでお答えできないのですけれども、できるだけよりよい方法をとりまして、この趣旨が伝わるように取り組んでまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○堀内善仁議長 ほかに発言通告がありませんので、質疑は終結いたします。





△議案第47号及び議案第48号の委員会付託の省略





○堀内善仁議長 お諮りいたします。

  議案第47号及び議案第48号につきましては、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。

  暫時、休憩いたします。



          休憩 午後 4時00分



          再開 午後 4時00分





○堀内善仁議長 休憩前に引き続き、会議を開きます。





△討論





○堀内善仁議長 続いて討論を行います。

  発言通告がありますので、これを許します。

  17番 小山由利江議員

          〔17番 小山由利江議員登壇〕



◆17番(小山由利江議員) 17番、小山由利江です。日本共産党を代表して、議案第47号に対して賛成討論を行います。

  税条例については、この間、定率減税の半減、税額控除の廃止など、たび重なる改定によって庶民への負担が大幅に増えてきました。庶民に増税を求める一方で、大企業、大資産家には減税と、庶民いじめの政治が行われています。

  さらに、今年の6月からは、住民税を10%に引き上げ、定率減税の廃止と相まって、また増税が行われます。庶民増税分1兆7,000億円は、大企業、大資産家への減税分にも相当するものです。増税の上にさらに介護保険料の引き上げ、昨年は平均して36%も引き上がりました。年金改悪、医療費の改悪、障害者自立支援法の制定と、庶民の負担は増える一方です。まさに逆立ちした政治、庶民いじめの政治で怒りにたえません。

  今回の税条例の一部を改正する条例は、住宅バリアフリー改修に伴う固定資産税の減税措置の創設や、鉄道軌道用地内固定資産税の増額、株式等にかかわる譲渡所得等の課税の特例の延長と複数にわたる内容となっています。

  第19条の3、上場株式を譲渡した場合の株式等にかかわる譲渡所得等にかかわる市民税の課税特例については、もともとの税法では、本則税率、所得税を含めて20%のところを2003年から軽減策がとられ、10%とされていました。今回、期限が来たので、さらに1年間延長するというものですが、こうした証券優遇税制は、実際には一握りの富裕層に減税の恩恵が集中する金持ち減税となっています。また、今回提案されている市民税の課税特例分についても、本来なら市に市税収が2%、県に1%の税収が行くところが、市税は1.8%に引き下げられ、県が1.2%となっています。その額は先ほどの質疑でも明らかのように、1年分、平成19年度も含めて、今までを含めると4,350万円となっています。多くの地方自治体は今財政が非常に厳しい状況となっています。地方分権、地方自治の時代と言っておきながら、地方交付税を減らし、補助金をカットして、また税配分の引き下げを延長し、市に負担を押しつける第19条の3については、非常に問題があります。

  附則第10条の2については、一定のバリアフリー改修工事を行った場合、翌年度の固定資産税を3分の1減額するという特例措置が創設されるものですが、自己負担が30万円以上のものということで、居住者要件も65歳以上の方、要介護認定または要介護支援を受けている方、障害のある方と限定されており、果たして自己負担が30万円以上支払うことができる方がどのくらいいるのでしょうか。限られてしまうのではないかとの懸念があります。本来なら自己負担額の要件をもっと引き下げるべきと考えます。しかし、改修費用負担の軽減に役立つものではありますので、賛成といたします。

  この議案の中には問題の項目もあり、問題を指摘しつつ軽減策も含まれていますので、賛成といたします。

  以上で、討論を終わります。



○堀内善仁議長 ほかに発言通告がありませんので、討論は終結いたします。





△採決





○堀内善仁議長 これより、採決いたします。

  まず、議案第47号は、これを承認することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○堀内善仁議長 起立総員であります。

  よって、本議案はこれを承認することに決定いたしました。

  次に、議案第48号は、これを承認することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○堀内善仁議長 起立総員であります。

  よって、本議案はこれを承認することに決定いたしました。





△議案第49号の上程





○堀内善仁議長 次に、議案第49号を議題といたします。

  本案は、長谷部芳明議員の一身上に関する件でありますので、暫時、長谷部芳明議員の退場を求めます。

          〔12番 長谷部芳明議員退場〕





△議案第49号の提案説明、質疑、委員会付託及び討論の省略





○堀内善仁議長 お諮りいたします。

  議案第49号は人事に関する件でありますので、正規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。





△採決





○堀内善仁議長 これより採決いたします。

  議案第49号は、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立総員〕



○堀内善仁議長 起立総員であります。

  よって、本議案は同意することに決定いたしました。

  長谷部芳明議員の入場を求めます。

          〔12番 長谷部芳明議員入場〕





△特定事件の閉会中継続審査申し出の報告





○堀内善仁議長 次に、議会運営委員長から、特定事件について閉会中の継続審査といたしたい旨の申し出がありましたので、一覧表としてお手元に配布しておきましたから、ご了承願います。


  〔参  照〕
              閉会中における特定事件一覧表
 ┌─────────┬───────────────────┬──────────┐
 │委 員 会 名    │特 定 事 件 名          │期   間     │
 ├─────────┼───────────────────┼──────────┤
 │         │・次期定例会等の運営に関する事項   │          │
 │ 議会運営委員会  │                   │ 当該委員の任期中  │
 │         │・議長の諮問に関する事項       │          │
 └─────────┴───────────────────┴──────────┘






△特定事件の継続審査の決定





○堀内善仁議長 お諮りいたします。

  特定事件名及び期間につきましては、議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査事項とし、議会運営委員会に付託いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。





△議席の一部変更





○堀内善仁議長 次に、議席の一部変更の件を議題といたします。

  お諮りいたします。議席は、お手元に配布しておきました議席変更一覧表のとおり、それぞれ変更いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○堀内善仁議長 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。


  〔参  照〕
  議席変更一覧表
  1番 山 口 浩 治 議員  2番 山 口 博 史 議員  3番 加 藤 和 子 議員
  4番 中 野 政 廣 議員  5番 石 川 誠 司 議員  6番 斉 藤 隆 宗 議員
  7番 湯 谷 百合子 議員  8番 成 田 能 祥 議員  9番 加 藤 昭 司 議員
 10番 山 崎 享 一 議員 11番 長谷部 芳 明 議員 12番 伊勢谷 憲 一 議員
 13番 島 津 信 温 議員 14番 和久井 伸 一 議員 15番 山 口 京 子 議員
 16番 小 山 由利江 議員 17番 岸 尾 悦 子 議員 18番 中 里 幸 一 議員
 19番 黒 須 喜 一 議員 20番 堀 内 善 仁 議員               






△市長のあいさつ





○堀内善仁議長 以上で、本臨時会の議事は全部終了いたしました。

  この際、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

  中野市長

          〔中野和信市長登壇〕



◎中野和信市長 堀内議長のお許しをいただきましたので、平成19年第2回蓮田市議会臨時会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

  本日は、改選後の初議会ということで、正・副議長の選出をはじめ各常任委員会委員の選出、あるいは蓮田市白岡町衛生組合議会議員、また、埼葛斎場組合議会議員の選出と、それぞれ重要な人事案件が滞りなく決定をされ、新しい議会の体制が整いましたことに対し、心から敬意を表する次第でございます。今後とも、どうか執行部に対しましても、引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

  また、今議会にお願いいたしました議案につきましては、議案第47号から議案第49号までの3議案でございましたが、慎重審議の結果、それぞれの案件がご承認、ご同意を賜りまして、まことにありがとうございました。心から感謝を申し上げます。

  開会冒頭にも申し上げましたが、平成19年度も蓮田再生のため、行財政改革をさらに強力に進めるとともに、市民の皆さんの期待と信頼にこたえる市政を強力に推進してまいる考えでおります。議会の議員の皆様ともども蓮田のまちづくりに取り組んでまいる所存でございますので、どうかご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

  結びに、皆様方のますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げまして、平成19年第2回蓮田市議会臨時会の閉会のごあいさつとさせていただきます。

  大変ありがとうございました。





△閉会の宣告





○堀内善仁議長 これにて、平成19年第2回臨時会を閉会いたします。

          閉会 午後 4時11分