議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 富士見市

平成26年  議会運営委員会 02月04日−02号




平成26年  議会運営委員会 − 02月04日−02号







平成26年  議会運営委員会





              平成26年第2回 議会運営委員会

1 会議日時   平成26年2月4日(火) 開会 午前 9時03分
                      閉会 午前10時17分

2 会議場所   第1委員会室

3 出席委員   委員定数5名のうち出席者5名
         委 員 長  尾 崎 孝 好
         副委員長  篠 田   剛
         委  員  伊勢田 幸 正
         委  員  関 野 兼太郎
         委  員  川 畑 勝 弘

4 欠席委員   なし

5 委員外出席者 議  長  吉 野 欽 三

6 委員外議員  副 議 長  根 岸   操
         議  員  加 藤 久美子

7 欠席委員外議員 なし

8 説 明 員   総務部長  丸 山 晴 雄

9 事務局職員  局 長     渡 辺 秀 樹
         次 長     高 橋 正 則
         主 幹     下 田 恭 裕
         主 査     桜 井   勤

議会運営委員会会議事項

1.議会運営に関する継続案件について

(1)請願・陳情の取り扱いについて

(2)タブレット端末等の議場への持ち込みについて
   ・種類等
   ・使用条件
   ・執行部との調整
   ・傍聴者の使用
   ・市民への周知
   ・実施時期

(3)予算委員会・決算委員会について

(4)その他

2.その他





△開会及び開議の宣告 (午前9時03分)



○尾崎孝好委員長 それでは、ただいまから議会運営委員会を開会をいたします。





△会議録署名委員の指名



○尾崎孝好委員長 最初に、本日の会議録署名委員に篠田剛副委員長、川畑勝弘委員を指名をいたします。

   本日の委員会では、議会運営に関する継続案件について協議をさせていただきたいと思います。

   それぞれ重要な案件でございますので、慎重審議をよろしくお願いいたします。

   それでは、会議事項に沿って進めさせていただきます。

   なお、これまで同様会議事項が継続、また各会派にかかわると、全体にかかわるという問題でございますので、委員外議員の方につきましては私のほうから指名をさせていただきますので、その際にご発言をお願いしたいと思います。その点は各委員の皆様、ご了承のほどよろしくお願いいたします。





△議会運営に関する継続案件について



○尾崎孝好委員長 それでは、1番、議会運営に関する継続案件ということで、まず1点目が請願・陳情の取り扱いについてであります。この点につきましては、前回の議会運営委員会の際に各会派においてぜひ正副委員長案について協議をいただきたいということでお願いをしてありましたので、まずその点について各会派のご意見をいただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

   それでは、篠田副委員長お願いいたします。



◎篠田剛副委員長 会派の中で話し合って、いろいろ今までの経緯とか新たなこういう取り組みについて説明させていただいて、議会としてもしっかりと新たな取り組みにこのような形で取り組んだほうがいいのではないかというような話にまとまりました。あと細かいことは、またこの方向性が決まりましたら、この議運の中でまた議論していきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いします。

   以上です。



○尾崎孝好委員長 続きまして、関野委員お願いいたします。



◆関野兼太郎委員 繰り返し申し上げますけれども、決してこれは陳情等の門戸を狭めるものではないということで、今までどおり門戸は開かれているということについて原則的にそのようなことであるというふうに伺っておりますので、正副委員長案のとおりでいいのではないかと思っています。



○尾崎孝好委員長 続きまして、川畑委員お願いいたします。



◆川畑勝弘委員 うちの会派は、請願・陳情については、まずこれかなり議論したのですけれども、正副委員長の案についてここの案をみんなで協議したところ、要は陳情を出して、その後に1週間前に締め切りをして、そこで相談をし、この改正による効果というところの中に相談をし案分等を考えると、また議員と調整をして内容が精査されるとともにというところでいえば、やはり出された陳情者の方がせっかく思いを寄せて出したものについてここで変えてしまうのはどうかと、市民の意向が通らなくなってしまうのではないか、思いが通らなくなってしまうのではないかというのが1点。それと、あとこの調整機関という中で、やはり知っている議員がいればいいわけですけれども、そうでない方がいきなりこういう機関を設けたとしても、なかなか議員と話をするということが困難ではないかというところで、やはり市民とすれば今までどおりで市民の皆さんで考えたものについてしっかり議論していくという考えでいけば今までどおりやるべきではないかという判断になりました。

   以上です。



○尾崎孝好委員長 続きまして、伊勢田委員お願いいたします。



◆伊勢田幸正委員 会派のほうでもちょっと議論をいたしまして、先ほど川畑委員が言われたとおり基本的に現行のとおりでいくべきではないかと。理由としましては、ほかの申し合わせのところで例えば委員会所属している議員はその委員会所属が案件の請願の紹介議員になるのは避けるべきだとか、そういった規定もございます、申し合わせのところで。そういったものを考えると、例えば紹介議員になりたくてもなれないというようなケースも少なからず出てくる可能性もあります。例えば一人会派とかの場合でしたら。そういったことを考えると、やはり厳しいものがあるのではないかなというのが1点。あと、やはり基本的に請願と陳情を同じ門戸を開いているというのは非常に富士見市議会として誇れることだと思っておりますので、そういった意味では現行のままでいいのではないかと。結構政令市とかはやはり請願のみを扱っているという話を聞いていますけれども、それやはり陳情の件数が東京都なんかだったら何千件も来ますので、とても処理できないと、そういった事情があるというふうに伺っています。その点、富士見市議会はまだ件数も限られているといったことを考えても現行どおりでいいのではないかなというのが会派としての意見でございます。

   以上です。



○尾崎孝好委員長 続きまして、加藤議員お願いします。



◎加藤久美子議員 私も今基本的には伊勢田委員のおっしゃったとおりで、やはり今まで何回も同じような趣旨で出されているという陳情にちょっとそれを例に出させていただくと、やはり議員として何回もそういうふうに出されるということに対してやっぱり意思表示といいますか、そういうものをきちんとするということで対処ができるのではないかというふうな思いもありまして、やはり先ほど関野委員が門戸を狭めるものではないというふうにおっしゃっていらしたのですけれども、なかなか私たちの中では合意できたとしても、市民にとってはやはり陳情に対して何がしかの難しさが出てきてしまうというふうに受け取られかねないのかなというふうにも思いますので、やはり今までどおり思いを市議会のほうに出しやすくするという今までのルール、このやり方が望ましいのではないかなというふうに思いますので、現行どおりやるのがいいというふうに思います。



○尾崎孝好委員長 続いて、根岸副議長。



◎根岸操副議長 市民の絆としては正副委員長案を指示したいと思っています。現在の陳情について、一見身近ではあり、利点というのはそれぞれあるわけですけれども、逆に出しっ放しになってしまうという感もあります。先ほど各会派の発言にもありましたけれども、数が少ないからということではないとは思うのですけれども、では増えたらどうなのかとなってしまうとある程度の線は引いておかなければならないと思うし、逆に採択に向けてそれぞれの提出者がやはり考えているわけですので、ある程度紹介議員を募りながら、この前の説明でも全ての議員の連絡先というか、そういうところを紹介してやっていくという中では議員と陳情者との内容の精査や文章の整理、そういった中では議員との連携の中で進んでいくので、私は改革といっては一番いい方向ではないのかなというふうに思います。



○尾崎孝好委員長 ありがとうございます。各委員の皆さんからご発言をいただきました。双方のご意見をいただきましたけれども、ここで協議のために暫時休憩をしたいと思います。



                休憩 午前9時12分

                再開 午前9時13分





○尾崎孝好委員長 それでは、再開をいたします。

   本案件につきましては、先ほどありましたとおり各会派のご意見を伺わせていただきました。この点につきましては、正副委員長のほうで各会派のご意見を踏まえて再度検討、また協議をさせていただきたいということで、この件については本日は閉じさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。

   それでは、続きまして(2)番、タブレット端末の議場への持ち込みについて協議をいたします。先般の委員会の中で皆様と協議をさせていただきました。それを踏まえまして正副委員長のほうで皆様のお手元に幾つか項目を示させていただきましたが、これらの点につきまして整理をさせていただきましたので、私のほうからその点についてまずお話をさせていただきたいというふうに思っております。一応この全部項目を全て1度私のほうから皆様にお示しをしますので、それを踏まえた上で協議をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

   まず1点目、種類等ということでございますが、これにつきましてはスマートフォン、携帯電話は禁止ということで、タブレット、ノートパソコンに限定をしたいというふうに思います。

   また、使用条件というところでありますが、この点につきましては通信については認めないという考え方です。それに加えましてキーボードの使用も配慮をいただくなどのことも必要かなというふうに話しております。

   続きまして、執行部との調整、前回の委員会の中で皆さんのほうからもご意見がありました。この点につきましては、1月17日に総務部長以下担当課と調整をさせていただきました。その点につきましては、総務部長がきょう出席いただいておりますので、総務部長のほうからご報告といいますか、考え方をお聞かせいただきたいと思いますので、総務部長のほうからまず持ち込み、セキュリティーも踏まえた中で議員が個人のタブレットを持ち込むことの点に関する執行部の考え方、また加えて議案のデータ化も当然必要になってくるだろうということもございますので、それに対する考え方について総務部長からご発言をいただきたいと思います。

   総務部長。



◎丸山晴雄総務部長 おはようございます。今初めにお話にありました議員のタブレット、パソコン等の議場での使用ということでございますけれども、当市の情報セキュリティー対策、そこの基準にございまして、そこの1の対象範囲ということがあるのですが、そこでは議会事務局は対象範囲に当たるのですが、議会自体には対象範囲に当たっておりません。したがいまして、議会で議員がパソコンを使うということについては議会の決定によるものというふうに判断しておりますので、よろしくお願いいたします。

   それから、議案のデータ化でございますが、これにつきましては今お手元に資料が配付されていると思いますが、こちらのこういうものですけれども、個人情報保護の観点から今お手元にあります例えばこれ監査委員の選任でございますけれども、従来の議案ではここにありますように住所と生年月日が入っておりますが、これをここの点線のところですが、これを削除させていただきまして、例がたしかどこかにあったと思います。一番最後のほうですが、これ神奈川県の例でございますが、人事案件につきまして氏名だけ載せております。こういうふうにさせていただけるのでございましたら3月定例会からすぐにデータ化して議案としてホームページに告示と同時に掲載させていただけると。また、経歴書等がございますが、それにつきましては議案説明会のときに配付させていただければと思っております。また、個人情報ではないのですが、お手元にもう一つ道路認定、廃止等の議案がございます。この議案はそのままお出しできるのですが、3ページ目に位置図があります、路線の。これにつきましては資料ということの解釈から、やはり議案説明会において配付させていただきまして、議案のデータ化についてはこれは省略させていただきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○尾崎孝好委員長 ただいま総務部長から説明がありました点が執行部と調整をした執行部の中での執行部からの考え方でございます。

   続きまして、傍聴者の使用ということに関してなのですけれども、この点につきましてはまだまだこれから検討していくということでございますので、その下にも実施時期がありますけれども、議員のほうの試行を踏まえた中で判断をすべきだろうというふうに考えております。

   また、市民への周知ということでありますが、これはもし可となった場合にはこれまで傍聴に来られた皆さんが見られたときに当然タブレットあるいはノートパソコンを持っている議員もいれば、持たれていない議員もいるということで、その辺がやっぱり疑問に思われるというふうに思いますので、この点につきましては傍聴席のところに張り紙等で、今こういう形で試行期間として行っておりますのでということはお知らせをすべきだというふうには考えております。

   また、最後実施時期でありますが、先般の委員会の中でも議長のほうからもぜひ慎重にという話もありましたので、正副委員長としては一応3月から、もし皆さんからご理解をいただけるのであれば3月から試行を始めて、しかしながらいつまでという期限を設けるのではなくて、3月からということではいかがかということで皆さんにご提案をさせていただきたいなというふうに思っております。

   以上が前回の委員会を踏まえて正副委員長で整理、確認をさせていただきました内容であります。

   それでは、協議のため休憩をいたします。



                休憩 午前9時20分

                再開 午前9時58分





○尾崎孝好委員長 それでは、再開をいたします。

   休憩中に確認事項につきまして委員と協議をさせていただきました。その点を確認をさせていただきます。

   まず、種類につきましてはタブレット、ノートパソコンとさせていただきます。

   また、使用条件につきましては通信は認めないということであります。また、加えてキーボードの使用の際等配慮等もお願いをしたいというふうに思います。

   また、執行部のほうから議会の個人のタブレット等の持ち込みに関しては特に問題ないという話でございますが、それに加えまして議案のデータ化はただいま休憩中に議案の形を一部変更させていただきまして、これまでと若干異なりますが、そういった内容につきましても各委員からご了解をいただきましたので、そういった変更に基づいて議案のデータ化を3月からやっていただくということになりましたので、よろしくお願いいたします。

   また、傍聴者への対応につきましては今後の議員の試行の状況を踏まえながら判断をしていくということで確認がとれました。

   また、市民の皆さんへの周知につきましては傍聴の手続の際、また傍聴席に周知の張り紙等をしながら対応するということで確認をさせていただきました。

   また、実施時期につきましては3月議会から試行をさせていただきますが、この点につきましては特に施行期限を定めずということで確認をいたしました。この点につきましては、今回の議論の発端から、今後議会としてのICT化あるいはペーパーレス化の検討もさらに進めていく必要性に関しては皆さんで確認がとれたところでありますので、そういった点も踏まえてそのような形にさせていただきました。それに加えまして、ぜひ今後の進め方の中で委員会としての先進地視察あるいは議会全体での研修についても検討しようということが確認をできたかなと思いますので、今後はそれを踏まえながら進めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

   以上がこの点につきましてでございますので、よろしくお願いいたします。

   暫時休憩いたします。



                休憩 午前10時01分

                再開 午前10時01分





○尾崎孝好委員長 再開いたします。

   続きまして、予算委員会・決算委員会についてを議題とさせていただきます。この点につきましては、前回の委員会を踏まえまして、これも正副委員長のほうで整理をさせていただきました。

   まず、1点目がやはりこれも先進地の情報収集が必要だろうと。また、設置の必要性も踏まえた検討もしていく必要があるだろうと。また、導入に向けた具体的なスケジュールの検討も必要ではないかというようなことを今後皆さんと協議をしていくべきだろうということで確認をさせていただいております。また、本日は皆様に近隣市町の予算の分割付託についての一覧を資料としてお示ししておりますので、それもごらんいただきたいと思います。

   協議のため休憩をいたします。



                休憩 午前10時02分

                再開 午前10時10分





○尾崎孝好委員長 それでは、再開いたします。

   休憩中に予算委員会・決算委員会について皆さんと協議させていただきました。今後視察も含めて正副委員長のほうから検討スケジュール等を皆さんにお示しさせていただいて検討を進めていくということでご了解いただきましたので、よろしくお願いをいたします。

   それでは次に、その他についてを議題といたします。これにつきましては、先般の委員会の中で伊勢田委員から提案がございました地方自治法第100条第12項による会議規則の変更につきまして各委員のご意見を伺いたいというふうに思います。

   休憩をいたします。



                休憩 午前10時11分

                再開 午前10時16分





○尾崎孝好委員長 それでは、再開いたします。

   会議規則の変更につきましては、皆さんに他市の資料等、またこれまでの富士見市議会の検討結果等をお話しした中でご意見を伺いましたところ、なかなか継続して協議というご意見が多いというところには至らなかったなというふうに思っておりますので、この点につきましては現行のとおりということにさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

   以上、私どものほうから出させていただきました点につきましては協議を終了とさせていただきます。

   最後に、2番、その他ということでありますが、皆様のほうから何かございますでしょうか。

                「なし」の声



○尾崎孝好委員長 特になければ、以上で委員会を終了したいと思います。





△会議録の調製



○尾崎孝好委員長 委員会の会議録の調製につきましては、委員長に委任されたいと思いますので、ご了承願います。





△閉会の宣告 (午前10時17分)



○尾崎孝好委員長 以上で本日の議会運営委員会を閉会といたします。