議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 富士見市

平成25年  議会運営委員会 01月25日−02号




平成25年  議会運営委員会 − 01月25日−02号







平成25年  議会運営委員会





              平成25年第2回 議会運営委員会

1 会議日時   平成25年1月25日(金) 開会 午前 9時33分
                       閉会 午前10時38分

2 会議場所   第1委員会室

3 出席委員   委員定数7名のうち出席者5名
         委 員 長  吉 野 欽 三
         副委員長  梶   兼 三
         委  員  大 谷 順 子
         委  員  津 波 信 子
         委  員  八 子 朋 弘

4 欠席委員   欠員2名

5 委員外出席者 議  長  関 野 兼太郎

6 委員外議員  副 議 長  藤 屋 喜代美
         議  員  吉 田 和 江
         議  員  根 岸   操

7 欠席委員外議員 議  員  新 宮 康 生

8 説 明 員   総 務 部 長  金 子 富 雄

9 事務局職員  局 長     大曽根 勝 司
         次 長     山 田   豊
         主 査     下 田 恭 裕

議会運営委員会会議事項

1.地方自治法の改正に伴う議会関係条例の改正について

(1)富士見市議会委員会条例の一部を改正する条例(案)

(2)富士見市議会政務活動費の交付に関する条例(案)
   富士見市議会政務活動費の交付に関する規程(案)

(3)富士見市議会議会基本条例の一部を改正する条例(案)





△開会及び開議の宣告 (午前9時33分)



○吉野欽三委員長 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。





△会議録署名委員の指名



○吉野欽三委員長 最初に、本日の会議録署名委員に津波信子委員、八子朋弘委員を指名いたします。

   ここで欠席の報告を申し上げます。本日の委員会の欠席について、新宮康生委員外議員から欠席の届け出がありましたので、ご報告いたします。





△資料の提出日について



○吉野欽三委員長 それでは、今議長からもお話がございましたが、資料の提出日についてということで、きょうの会議事項の中にはのっておりませんけれども、申し入れがあったということでございまして、皆さんに少しお話をさせていただきますが、地方自治法改正に伴う議会関係条例の改正についてを後にしてもらって、今議長からの説明のあった資料の提出日について最初に協議をさせていただきたいと思いますが、どうでしょうか。よろしいですか。

                「異議なし」の声



○吉野欽三委員長 それでは、資料の提出日についての協議を行いたいと思います。

   なお、資料としてお手元に平成25年3月定例会スケジュール表(案)をお配りしておりますので、参考にごらんいただきたいと思います。

   初めに、総務部長から今回の件についての説明を願います。

   総務部長。



◎金子富雄総務部長 おはようございます。それでは、議会の資料要求に伴う日程調整の依頼につきまして私のほうからご説明させていただきます。

   今3月定例会につきましては、開会日が2月12日ということで、例年よりかなり早い開会になっております。そういう中で、今回の日程でいきますと、議員の皆様方の要求書の提出締め切り日が2月7日の木曜日午後3時ということになるかなというふうに思っております。そして、作成して、提出が2月12日の午前9時になるのかなというふうに思っておりますが、その日に議運もございまして、その場で資料の確認ということになりますが、ご存じのように土曜と日曜、それから国民の祝日が挟まりまして、作成の日数が1日程度になるということで、もしできましたら、これはお願い事になりますけれども、提出の日にちを1日延ばす、あるいは要求の締め切りまでを1日早める、そういったことで対応をお願いできればありがたいというふうに思っております。それを今回の議運の中でご議論いただければありがたいなというふうに思っております。

   一応説明は以上でございます。



○吉野欽三委員長 それでは、ただいまの説明、また今回の件に関しまして委員から意見がございましたらお願いをいたします。

   大谷委員。



◆大谷順子委員 告示日はここに、いつでしたか。

                「5日です」の声



○吉野欽三委員長 どうでしょうか。

   大谷委員。



◆大谷順子委員 議案説明会が2月1日にあるわけなのですけれども、このときに告示、告示に全部議案が出てくるわけですが、内容のわかるものが全部出ていればいいと思うのですけれども、どうかな。1日の日にはどの程度のものが、資料が出るのか、ちょっと伺っておきたいと思います。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 大谷委員ご存じのように、今回当初予算あるいは3月補正ということで、予算関係がかなりあるかなというふうに思っております。それとあと、条例関係も結構あるかなというふうに思っております。そういった意味でいきますと、ボリュームが結構ございますので、議員の皆さんご存じのように説明会の資料はある程度、言葉は悪いですけれども、概要がわかる程度の説明資料になるかなと思います。当初予算につきましては、全てのものが出てくるということではございませんので、そういった意味でいきますと詳細はその段階ではまだわからない部分あるのかなというふうに思っておりますので、大谷委員ご質問ありましたような全体のが全部出るということはないのかなというふうに思っております。



○吉野欽三委員長 今回の関係では、今のお話と少し重複するのですが、予算関係もございまして、資料要求もきっと莫大な数になるだろうという形では、先ほど総務部長からもお話がありましたが、11日の日が本来ならば使えたのだけれども、たまたま今回の場合には祝日という形の中で、資料の作成といいますか、そういったものが時間的に厳しい状況もあるというような形だと思っているのです。それだったらば、先ほど提出日を13日にしていただくことによっては、そういった資料の、要求資料の不備もなくなるのかなと私としては思っているのですけれども、その件についてもご意見を聞かせていただければなと思っております。どうですか。

   それでは、八子委員、何か意見を述べていただければと。



◆八子朋弘委員 議案説明会が1日で、告示が5日ということは、5日には全部出てくるわけですよね。これを、わずか何日かですけれども、1日にもう少しまとめて出すことできないのでしょうか。告示に先立って。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 今まで基本的にはやっぱり告示日に議案送付ということになっておりますので、その前に出すというのは今までもなかったかなというふうに思っておりますので、議案に沿うものとして説明会に出すということは、出せるものもあるだろうし、出せないものもあるのかなというふうに思っておりますので、全てのものを出すというのはちょっと不可能かなという気もしているのですけれども。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 不可能というのは、それは例えば法的にとか、そういうことなのか、それとも物理的に無理ということなのか、どちらですか。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 両方あるかなというふうに。物理的な部分、予算などは今も最終的な案になっていますが、印刷をやったりとか丁合いしたりとかというものが出てまいります。補正も当然だと思いますが。当然準備とすれば最終的には5日に間に合うような形でもってやっておりますので、1日にはどうかなというふうに思っておりますけれども。確認はしてみますけれども。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 今の話だと、1日にはまだでき上がっていない可能性があるということですか。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 申しわけないのですけれども、数字的なもので動く部分ありますので、最終的に、だからそういう意味でいきますと、ぎりまでやらなくてはならないというのもございますので、はっきり言って1日に全てができ上がっているというようなことにはならないかなというふうに思っております。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 もう一点、あと法的というか、そちらのほうはどうなのですか。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 議案ということでございますので、やはり議案そのものは告示日に送付するというのがこれが通常のやり方というか、決まり事なのかなというふうに思っておりますので、それを早めるということはないのかなというふうに思っております。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 事務局に伺いたいのですけれども、それは今そういう答弁というか、そういうお話ですけれども、どうなのですか。

   次長。



◎山田豊事務局次長 法的な部分のお話なのですけれども、一応告示日に議案番号ついた議案書配っていますけれども、正式には開会をしないと正式な議案ではありません。ですから、開会をして議案の公表をして、初めてそこで議案となりますので、告示日に配って開会までの間、一応参考資料として、形としては参考資料なのです。これは、よそも全部同じです。ただ、告示日以前に議案を配るというのはちょっとおかしな話かなと思うのですけれども、ですから一応これまでどこも告示日あたりに配って、開会をして、正式な議案として認められていると。法的にいいますと、開会をしないと正式な議案ではありません。ただ、やはりいろいろ事前の準備ありますので、どこの議会でも事前には配っていると思います。恐らく昔はちゃんと開会をしてから配った、やったのではないかと思うのですけれども、今は事前の準備ありますので、どこも開会前に、大体告示日ぐらいに配っているのが流れではないかと思っております。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 今お話を伺って、あくまでも正式なということであれば、本当であれば開会だということで、告示が参考なのであれば、別に議案説明会やって、参考でもいいのではないのかなと私は思います。それで、何といっても今回は日程の関係でイレギュラーなケースで、毎回そういうわけではありませんから、こちらについては柔軟な対応されて、通常であれば告示というのがある以上はそこに出すのが筋なのでしょうけれども、参考資料ということなので、少し前倒しで検討していただけたらなと思いますが、どうでしょうか。



○吉野欽三委員長 きょうの場合に、検討という部分で、この議会運営委員会が閉会したとしても、検討したけれども、なかなかできなかったというような形になってしまってもいけないなと思っているのです。きょうの議会運営委員会では、今先ほどあったとおり、例えば12日で何としてもやれというのか、1日延ばして、提出締め切り日を1日延ばすのか、そういった明確性が必要なのかなと思っているのです。



◆八子朋弘委員 きょう結論出す必要あるのですね。



○吉野欽三委員長 ぜひお願いをしたいなと。

   津波委員。



◆津波信子委員 7日の資料要求締め切り3時とありますよね、15時。



○吉野欽三委員長 はい。



◆津波信子委員 これは7日ですけれども、12日を1日ずらすという考え方でよろしいのですか。



○吉野欽三委員長 そうですね。



◆津波信子委員 この7日は変わらないのですね。この7日の資料要求締め切り、これは……



○吉野欽三委員長 資料要求につきましては、申し合わせ事項の中に告示日から翌々日の、休日を除いて、午後3時までとなっているのです。ですから、資料要求締め切り日は変わらないと。



◆津波信子委員 変えられない。



○吉野欽三委員長 申し合わせの事項にのっとって今つくっておりますので。

   それで、少し余談になってしまいますけれども、きょうの確認で例えば13日に資料の締め切り日を1日延ばしたという形になりますと、当然開会日の9時から資料の確認という形で議会運営委員会を開いております。そういったものも必要なのか必要ではないのか、そして13日にもしなった場合には13日に当然資料の確認のための、または請願、陳情とか、いろんな部分のものも議会運営委員会を13日で開く必要もあるだろうと思っております。

   大谷委員。



◆大谷順子委員 定例会の開会日をもう随分以前に決めてしまっているというのが、カレンダーのその年の分を、いわば今の議会がもう来年度の分を決めて、改選した後の分も全部決めている状態なのですけれども、これ別にカレンダー的にはずっとわかっていたわけで、2月11日が休みというのも随分昔からわかっているわけですよね。ですから、何か11日が休みだからというのであれば、12日の開会を本当は13日のほうがよかったのだというのであれば、そのときからそういうふうにしていればいいのであって、どうも役所の考えに沿って、火曜日でなければならないとか、何か議会が振り回されている感じが大変するのです。だから、ちょっとそこらあたりも含めて今後は検討する必要があるのではないのかなと思うのです。だから、告示の日も告示は開会日より7日前、それ以降にならないようにしているだけであって。



○吉野欽三委員長 基本的にはやはり確かに私は予定としては明確に1年間の計画をのせる必要があるだろうと。しかしながら、今大谷委員が言われた今回の特殊なケースでは、前もって11日が祭日になるというような部分だと、今後そういった部分のないような配慮をするような取り組みも必要なのかなという形では思っております。



◆大谷順子委員 だから、私の意見としましては、資料要求の締め切りを早めるのはまずいと思いますし、資料が出されるのも12日が13日になるのも困ったなと。だから、決まっているとおりにしていただきたいと、要請はあるもののと、そういうふうに思っているのですが。



○吉野欽三委員長 今回の場合には、急遽延ばせと。



◆大谷順子委員 延ばすのではなくて、予定どおりにしてもらいたいという意見ですけれども。



○吉野欽三委員長 予定どおり資料提出締め切り日を12日にして、そのまま、このまま進んでいくのだという形ですか。



◆大谷順子委員 そのようにしてもらえないものでしょうか、何とか。



○吉野欽三委員長 それでは、津波委員。



◆津波信子委員 確かに本当にスケジュールは前もってわかっていた。逆に、総務部長に聞きたいのだけれども、すごく言いにくいのだけれども、日にち的に決まっているものですよね、やっぱりこういうタイムスケジュールというのは大分前から。今こういうふうに出てくる、突然、私は突然今聞いたわけですよね、今この話。ですよ。私は今聞きましたから、はっきり。ですので、その辺の状況を教えてください。突然。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 2月12日開会というのは事前に資料配られて、私もわかっていた内容でございます。資料作成も1日でできればそれにこしたことはないのですが、最悪の場合には連休中に出てきてやるというのも私の考えの中にあります。ただ、こういう考え方で皆さん方にお願いをして、調整していただけるのであればということで今回お願いをしたところでございます。私の考えとしては、議会のほうということであれば、これは当然9日、10日、11日出てきてやるだけの話でございますので、特に私どもはそういう部分については異論はございませんので、指示されたとおりできちっとやりたいと思います。



○吉野欽三委員長 梶副委員長。



◆梶兼三副委員長 資料要求が締め切りが7日で、あと、いいますと8日きり準備できないわけだよね。大変執行部としては厳しいと思うのです。こういう日程は、そういう意味ではわかっていたのですが、またこういうふうになっていたのでしょうけれども、この資料提出日、12日を1日延ばすというのは13日送る。例えば送ったとして、13日のいつの時点で、朝出せるのですか、それとも……



○吉野欽三委員長 朝です。



◆梶兼三副委員長 朝出せる。朝なら何とかなるのですか。



○吉野欽三委員長 総務部長。



◎金子富雄総務部長 私どもの提案としては、8日と12日に資料作成の2日間ができますので、13日の、そこで資料の確認であれば、そういうふうに間に合うような形でつくれるかなというふうに思っております。通常の場合だったら1日でもできてしまうかなというのもあったのですが、今回の当初、補正等もございますので、そういった意味では要求内容そのものも結構量があるかなというふうに思っておりましたので、こういう、甘いかもしれませんけれども、調整していただけるのであればということで、議長を通しましてお話をさせていただいた次第でございます。



○吉野欽三委員長 梶副委員長。



◆梶兼三副委員長 だとしたら、1日送って、13日の朝に出てくるのなら、それでも議案調査2日あるわけだから、何とかよろしいのではないかというふうに私は個人的には思いますけれども。



○吉野欽三委員長 私も先ほど少し、委員長の立場というよりも、お話をさせていただきましたけれども、今回の場合には本当に予算議会という形で、例年でも分厚く資料の要求がございますので、8日の1日だけというような部分では大変厳しい部分があるのかなという感じで先ほども述べさせていただいたのですけれども、どうでしょう。

   大谷委員。



◆大谷順子委員 梶委員13日でもとおっしゃるのですけれども、初日に出てくるという理由は、議案説明を初日に受けるわけです。そのときに私たちが求めている資料が実際に手元にあって、それで議案説明を聞くということで理解を深めるというか、実際そうしているのです。それは、もう皆さんそういうふうにされているのではないかなと思うのです。そういう意味合いがあって、初日には出ているようにしようと。資料要求も早まりましたよね、決めたときに。5時というのも3時にして、とにかく要するに役所の仕事のやりいいようにとかなり議会も譲歩していると思いますよ、今までも随分と。ちょっと執行部は振り回し過ぎだと思いますけれども。



○吉野欽三委員長 ということは、12日に何としてもやってほしいという形なのでしょうか。



◆大谷順子委員 でも、そういうことで、初日に出てくるものだとしている意味は、12日に出ようと13日に出ようと、その後、日にちがあるのだから、変わらないという、変わりますから、もうちょっと議会というものを重視してもらいたいです。



○吉野欽三委員長 どうでしょうか。

   八子委員。



◆八子朋弘委員 私も12日の開会の段階ではやっぱり資料はあるべきだと思います。ただ、一方で9、10、11で、一応お休みですから、そこに出てきてやれというのも、ちょっと言うのもどうかなという気持ちもあります。だから、先ほども言いましたけれども、資料が配られるタイミングと資料要求の締め切りのタイミングを1日ずつ前倒しすることはできないのでしょうか。



○吉野欽三委員長 締め切りを。



◆八子朋弘委員 締め切りと、つまり告示というか、資料が配られる日を1日前倒しして、締め切りも、だから1日前にすると。



○吉野欽三委員長 できないでしょうかというその……



◆八子朋弘委員 さっき聞きましたら、物理的にとは言っていましたけれども、休日出勤でやるよりかは、前にしっかり、例えば4日に議案は出してもらうということで、4日までにできるだけ整えると、議案を整えていただいて、出していただいて、4日に配っていただいて、6日の日に資料の要求の締め切りをすると。そうすると、日にちは多分前にずれてくるわけですから、確保はされると思うのです。



○吉野欽三委員長 事務局、告示日の関係での位置づけはどのようになっているのだろう。開会日の。

   次長。



◎山田豊事務局次長 告示日については、ご存じのとおり開会の7日前ということで、市の場合は。招集の通知を出すということなので、議案出せるのは、先ほど言いましたとおり、本来は開会してから出すのですけれども、うちの場合は告示日に合わせて出しているということです。だから、告示日というのはあくまで今回の場合は2月12日に開会しますよと、参集してくださいと、こういう通知、皆さん毎回お手元に行っていると思うのですけれども、これを出すということです。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 告示日に議案を出さなければいけないということの、それがもういわゆる法的にこうなのだということであれば、またあれなのでしょうけれども、もしもそうでなくて、参考資料というような位置づけであれば、富士見市議会は告示日に議案を出すというのが慣例というか、そういうことでこれまで来ていたのだと思うのですけれども、それを参考資料ということで1日前倒しすることはできないのでしょうかという。



○吉野欽三委員長 資料だけ。



◆八子朋弘委員 資料というか、議案ですね、要するに。議案を。



○吉野欽三委員長 次長。



◎山田豊事務局次長 ただ、招集通知と一緒に議案が送付されてきますので、そのあたりちょっと理解していただかないと。



◆八子朋弘委員 では、つまり告示日と議案の提出というのはもうセットなのだということですね。



◎山田豊事務局次長 そうなっているかと思います。



◆八子朋弘委員 まさにそこを、では参考資料ということで出せないのですか。



○吉野欽三委員長 ちょっと休憩します。



                休憩 午前 9時57分

                再開 午前10時10分





○吉野欽三委員長 再開いたします。

   それでは、資料の提出日について、最後にお一人お一人の委員からお言葉いただきたいと思います。

   まず最初に、津波委員。



◆津波信子委員 日程的なものは、事前にもうおわかりになっていたこととは思います。ですけれども、委員長の先ほどの説明もあったとおり、時間的なもの、完璧なやっぱり資料要求をして、いただくためには時間的なものもやはり必要なのかなということで、1日延びるのはやむを得ないということを感じました。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 本来であれば、開会日に資料を提出をしていただくのがあるべき姿であると、ルールだと思いますけれども、今回は12日に開会日ということで、これは議会の側がもしかしたらセットしたのかもしれませんが、12日というのを決めたのは議会の側かもしれませんけれども、決めてしまったがゆえにこういう問題が起こってしまいましたので、今回に関しては13日の朝ということで1日送っていただいて結構です。ですが、今後、日程を決める際にはこういった曜日配列等々もよく見ていただいた上で、我々もまたよく見て日程を決めていくようにしたいと思います。



○吉野欽三委員長 大谷委員。



◆大谷順子委員 やっぱり開会日から資料がそろっているということは非常に大事なことだと思います。それを安易に翌日に変えてもらいたいとか、それができなければ資料要求を1日早めてもらいたいという要求の仕方は執行部としては間違っていると思います。これ総務部長がここにいらしていますけれども、別に総務部長が勝手に1人で決めていらっしゃることではないと思いますので、執行部全体に言いたいことです。

   それから、1年間通しで、これでいいですよねと今まで議会でやってきて、私もそうですかと、この3月定例会をどうしてもこれを移さなくてはいけないという意見を述べた経過はないわけです。それで、1年間を改選後のことも含めて確認するというやり方はちょっと改善をしたほうがいいのではないかということをここで意見としては述べておきたいと思います。要望の話かもしれませんが、一般質問の通告も告示との関係ではこれちょっと早過ぎると、一般質問の通告の締め切りはやっぱりちょっと早過ぎるというふうに常々思っているところです。特に決算のときには全く告示まで全然出ませんので、その点は改善を図るべきかなと思います。

   今回については、できないとおっしゃっている理由が休みがあるのでということですので、私たちのほうから休日出勤をしてくださいということは言えません、これは。言えませんけれども、それだけ言われるからには、執行部が土日、祝日は働けないのだからとおっしゃるからには、無理な残業や休日出勤が実際にある現状をもっとしっかり考えたほうがいいと思います。それは、直の仕事だけではなくて、公的な仕事のところで起こっている問題については、考えられるきっかけにしていただきたいと思います。



○吉野欽三委員長 次に、梶副委員長。



◆梶兼三副委員長 3月議会というのはやっぱり当初予算の審議という重要な議会であろうというふうに思いますし、当然ボリュームはあるわけで、それと同時に今回は4年に1度の改選というようなことで、こういう早い時期にやはり議会を、議決をしておこうというようなことであったかと思います。そんなことで今回、暦を見ればわかることであったにしても、いろんなそういう条件があるわけですから、私はこの日程を組むのがちょっと配慮が足らなかったのかなと、我々にもこれは、執行部だけではなくて、責任のあることだろうというふうに思っておりますから、以後はこういうことがないような形で、私も今回こういうふうにずらすというのは初めてのケースかなというふうには思っております。十分その辺を今後には気を使っていただいて、日程は組むべきであろうというふうに思っております。したがって、1日ずらすということで私はよろしいと、今回は。



○吉野欽三委員長 今各委員からご意見をいただきました。その結果、13日に延ばすという形でよろしくお願いをしたいと思います。

   それで、確認なのですけれども、先ほども少し私触れましたけれども、13日になりましたので、13日の9時半から議会運営委員会を開催して、資料の確認をしていただきたいと思います。

   それと、もう一点、開会日、普通12日の日に、これも触れましたけれども、議会運営委員会を開催をしております。その内容は、やはり請願、陳情の署名の追加の関係とか、そういった伝達事項があった場合にはそこで確認をしているわけですけれども、今回の場合に13日の9時30分から議会運営委員会を開催するという形になっておりますが、12日の初日の議運はどのような形で、私としては皆さんこういった形では13日の9時半からでも、または続いて12日議会運営委員会を開いて、その伝達のものがあった場合には、やりましょうか。12日に議会運営委員会を通常どおり……

                〔委員の声〕



○吉野欽三委員長 やる必要がありますか。それでは、12日の9時……

                〔委員の声〕



○吉野欽三委員長 今までいつも資料要求の確認をして、五、六分で終わってしまっているのです。ですから、今度12日の初日の日に資料要求の資料がないにもかかわらず集まっても、何の協議も確認事項もないのかなという部分もありますので、どうでしょうかという投げかけなのです。

   大谷委員。



◆大谷順子委員 陳情とか請願が出ているときに、署名の数が変わるということはありますよね。それがあるかないかということは、前もってわかるのですか。



○吉野欽三委員長 前もってはわからないと思うのですけれども。

   では、事務局から。



◎山田豊事務局次長 ちょっとスケジュール見ていただくと、4日が請願、陳情締め切りです。それで、事務局としては受け付けをしたとき署名の追加があるかどうかを一応確認しますので、6日の議運のときはこれわかりますので、それによって追加があるかどうかというのはわかることはわかりますけれども、もし急に、言っていなくても追加がある場合もあるのかなと思います。ですから、請願、陳情締め切りが4日ですから、受け付けた時点では一応いつも確認していますので、その件は4日までにはわかります。



○吉野欽三委員長 4日までにわかるけれども、正式な数で、例えば530人追加とか、数まではいつごろ。

   どうぞ。



◎山田豊事務局次長 数につきましては、今回でいいますと8日の5時までにわかります。



○吉野欽三委員長 8日の5時までに。



◎山田豊事務局次長 はい。開会日の前日の5時までと追加についてはなっていますので、今回11日がお休みですので、8日の5時ということでわかります。



○吉野欽三委員長 では、どうでしょうか。8日の5時までに追加の署名とか、そういったものがわかるというのならば、12日の日に議会運営委員会を開いて、その報告ができる、その代替といいますか、確認というような部分では述べることができるのですけれども、皆さんのご意見を。

   八子委員。



◆八子朋弘委員 仮に8日までに追加署名があったとして、12日の朝9時から議運をやったとしても、署名がこれだけ追加になりましたという報告のみだと思いますので、それに対して議論することも恐らくないと思いますから、たまたま今回翌日に議運がありますので、13日に、12日はやめて、13日でやられたらいいのではないかと思いますけれども、いかがでしょう。



○吉野欽三委員長 津波委員は。



◆津波信子委員 追加になった場合、ただお聞きするだけであれば、13日の9時半で、それでいろんな事項がよろしいのであれば、いいのではないかと思うのですけれども。何か不都合があればあれですけれども、不都合ないですね。ないのならいいと思います。



○吉野欽三委員長 大谷委員。



◆大谷順子委員 これ署名の数が変わった場合には、初日に報告を議会でするのではないですか。



○吉野欽三委員長 説明するな。変更、議長からありますよね。

                何事か声



○吉野欽三委員長 議運で確認してからではないといけないということかな。

   事務局。



◎山田豊事務局次長 議場での変更だとかの配付物は、いつも議運で確認をしてから議場で報告をするということで、いつも初日で確認して、開会してから議長が報告するという形です。もし13日にやった場合は、その日には議会ありませんので、直近の15日となるのではないかと思っています。

                〔委員の声〕



○吉野欽三委員長 では、今やはり本会議の中で議長から追加の確認を報告をするという形になっておりますので、委員の皆さんからやったほうがいいだろうという形でございますので、通常どおり行いますか。

                「追加があればですよね」の声



○吉野欽三委員長 休憩します。



                休憩 午前10時22分

                再開 午前10時25分





○吉野欽三委員長 再開をいたします。

   では、確認をいたします。今回3月定例会の資料提出日については、資料作成期間に祝日が1日入った関係で提出日を1日延ばしていただきたい旨の申し入れが執行部よりありました。協議の結果、資料の提出日を開会日、12日の午前9時ではなく、申し入れどおり翌13日の午前9時とすることになりました。

   また、それに伴い、資料の確認を行う議会運営委員会を13日の午前9時30分から開催いたしますので、よろしくお願いをいたします。

   なお、開会日の議運につきましては、陳情、請願の関係もございますので、6日の議会運営委員会で再度、開催するのか開催しないのかを協議をしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

   以上、各会派の議員にも周知していただくようよろしくお願いします。

   以上で資料の提出日についての協議を終了したいと思います。

   休憩します。



                休憩 午前10時27分

                再開 午前10時27分





○吉野欽三委員長 再開いたします。





△地方自治法の改正に伴う議会関係条例の改正について



○吉野欽三委員長 それでは次に、前回に引き続き、地方自治法の改正に伴う議会関係条例等の改正についての協議を行います。

   前回の議運では内容の説明と改正案を提示させていただきましたが、それぞれの会派に持ち帰って協議を行いたいということで、全議員分の改正案をお持ち帰りをいただいております。本日は、各会派での協議結果をもとに協議を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

   なお、確認をさせていただきますが、前回の議運では、議案の提出方法は議員提出議案として議会運営委員会委員長名で提出すること、また議員提出議案の審議日程は地方自治法の施行期日の関係で先議で行うことを確認したと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

   では、これから一つ一つ協議を行いたいと思います。

   では最初に、(1)の富士見市議会委員会条例の一部を改正する条例(案)について、各会派での協議結果を報告していただきたいと思います。

   それでは、まず最初に大谷委員。



◆大谷順子委員 委員会条例については、特にいいです。



○吉野欽三委員長 特になし。

   八子委員。



◆八子朋弘委員 うちの会派も特にございません。



○吉野欽三委員長 津波委員。



◆津波信子委員 ないです。特にありません。



○吉野欽三委員長 それでは、梶副委員長。



◆梶兼三副委員長 資料どおりで結構でございます。



○吉野欽三委員長 私21・未来クラブのほうも特にないということでございますので、ではそういった特にないということですので、確認をいたしたいと思います。

   富士見市議会委員会条例の一部を改正する条例については、改正案のとおり提出したいと思いますが、よろしいでしょうか。

                「異議なし」の声



○吉野欽三委員長 では、そのようにさせていただきます。

   次に、(2)の富士見市議会政務活動費の交付に関する条例(案)と富士見市議会政務活動費の交付に関する規程(案)について、各会派での検討結果を報告していただきたいと思います。

   それでは、まず最初に梶副委員長。



◆梶兼三副委員長 特にうちのほうも改正するところはないのですけれども。



○吉野欽三委員長 津波委員。



◆津波信子委員 特にありません。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 こちらに関しましては、とりあえず今回の議会に提出をされる条例案についてはこちらで結構ですが、別表のところ、今回の条例で、その他の活動に資するためというところにかかわってくる別表の内容についてなのですけれども、こちらについては改選後に改めて富士見市の市議会のこれまででいいのか、もう少し、今回改正がされましたから、使える幅をもう少し検討、増やすのか等々、改選後に速やかにこれについては検討すべきではないかという考えになりました。ついでに申し上げますと、仮にもしもそういうふうな形になる場合は、ぜひ議会事務局にお願いしたいなと思っているのですけれども、その他の自治体が政務活動費についてどんな使用しているのかということを資料を集めていただけたらありがたいということも申し添えたいと思います。

   以上です。



○吉野欽三委員長 大谷委員。



◆大谷順子委員 これまでどおりという幅を当面は変えず、その他の活動については今後慎重にということで、そういう意味ではそれでよいのではないかということだったのです。ただ、議会に支給されるお金のことについて、市民がこの改正をするまでの間に意見を出す場所がないというか、パブリックコメント、それが今回はなかったわけで、その他の活動ということを今後慎重にというときには、もし今までより以上に変える場合については、パブリックコメントが必要ではないかということです。それと、では今までの部分で、これで本当に市民も納得という内容だったのかなという点では、富士見市の場合には領収書をつけるとかということは早くからやっていますので、この点は領収書をつけていないとかという、そういうところとは違って、納得を得ることができるのではないかと思います。政党そのものの活動であるとか、そういうことではなく、議会の活動ということで、それに限ったものということでやれているのではないかなというふうに思います。

   その意見とともに、ちょっともう一回改めて質問というか、確認なのですけれども、要請・陳情活動費というの、これは以前から入れていたものでしたでしょうか。会派が要請・陳情活動を行うために必要な経費、これは。



○吉野欽三委員長 事務局。



◎山田豊事務局次長 今言われた要請関係は、今回のうちの改正案には入っておりません。



◆大谷順子委員 資料2の5条関係、別表5条関係、これは入っていないのですね。



◎山田豊事務局次長 入っていません。



◆大谷順子委員 今入れているものについては別にありましたよね。



◎山田豊事務局次長 従来と同じです。別表については。



◆大谷順子委員 その別表というのはどこにありますか。



○吉野欽三委員長 済みません。大谷委員、資料2の1に今までの別表があります。



◆大谷順子委員 これには要請・陳情活動費とかというのは入っていないということですか。



◎山田豊事務局次長 ありません。



○吉野欽三委員長 それでは、皆さんのご意見を一通りお聞きをいたしますと、今回の場合にはこの案どおりにいっていいだろうと、しかしながら何人かの委員から、改選後には速やかな検討が、このその他の活動費については必要だろうというご意見もございましたし、パブリックコメントが必要なのではないかというご意見もございました。そういったものを含めて、パブリックコメントも必要なのか、またはどういう幅のものになるのか、そういったものも引き続いて協議をすることが必要なのかなと思っております。それも改選がございますので、新しい議会運営委員会の中でやることが必要だというふうに思っております。

   それでは、確認をいたします。富士見市議会政務活動費の交付に関する条例案のとおり議案を提出したいと思いますが、よろしいでしょうか。

   また、富士見市議会政務活動費の交付に関する規程についても案のとおり改正させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。

                「異議なし」の声



○吉野欽三委員長 では、そのようにさせていただきます。

   では最後に、(3)の富士見市議会議会基本条例の一部を改正する条例(案)について、各会派での検討結果を報告していただきたいと思います。

   津波委員。



◆津波信子委員 特に会派ではありませんでした。



○吉野欽三委員長 八子委員。



◆八子朋弘委員 こちらは特にありません。



○吉野欽三委員長 大谷委員。



◆大谷順子委員 特にないです。



○吉野欽三委員長 梶副委員長。



◆梶兼三副委員長 これは、文言が変わっただけだと思うので、特にございません。



○吉野欽三委員長 21も同じでした。

   それでは、確認をいたします。富士見市議会議会基本条例の一部を改正する条例については、案のとおり議案を提出したいと思いますが、よろしいでしょうか。

                「異議なし」の声



○吉野欽三委員長 では、そのようにさせていただきます。

   以上で3月定例会で提出する議員提出議案の確認は終了いたしました。

   なお、本日決定をいたしました改正案はあくまでも素案でございます。事前にある程度市の法規担当と調整して作成したものですが、これから最終的な市の法規審査を行いますので、言い回し等で若干の変更があるかもしれませんので、ご了承願いたいと思います。

   なお、最終的には2月6日に行われます定例会前の議運で正式な議案を出しますので、よろしくお願いをいたします。

   また、審議日程につきましては先議で行うことは確認させていただいておりますが、具体的な日程は同じく2月6日の議運で決めさせていただきたいと思います。

   では、以上で地方自治法の改正に伴う議会関係条例等の改正についての協議を終了します。

   以上で本日の議題は終了しましたが、最後にほかに何かありましたらお願いいたします。

                「なし」の声



○吉野欽三委員長 なければ、これで本日の議会運営委員会を終了します。





△会議録の調製



○吉野欽三委員長 それでは、委員会の会議録の調製につきましては、委員長に委任されたいと思いますので、ご了承願います。





△閉会の宣告 (午前10時38分)



○吉野欽三委員長 以上をもって議会運営委員会を閉会いたします。