議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 富士見市

平成20年  議会運営委員会 05月27日−09号




平成20年  議会運営委員会 − 05月27日−09号







平成20年  議会運営委員会






              平成20年第10回 議会運営委員会

1 会議日時   平成20年5月27日(火) 開会 午前9時08分
                       閉会 午前9時22分

2 会議場所   第1委員会室

3 出席委員   委員定数6名のうち出席者6名
         委 員 長  吉 野 欽 三
         副委員長  井 上 恭 子
         委  員  金 子   勝
         委  員  渡 邉   巖
         委  員  深 井 平 次
         委  員  大 谷 順 子

4 欠席委員   なし

5 委員外出席者 議  長  金 子 茂 一    副 議 長  池内 八十四郎
         議  員  加 藤 久美子                 

6 説 明 員   副 市 長  渋 谷 義 衛    市民生活部長  岩 崎 信 夫
         秘書室長  須 澤   隆    広報担当課長  佐 藤 正 博

7 事務局職員  局 長     奥 村 敬 一
         次 長     高 橋 正 則
         主 査     斉 木 公 男
         主 査     山 田   豊

議会運営委員会会議事項

1.議員の辞職について

2.議案の差しかえについて

3.資料の確認について
  提出会派―民主党、日本共産党、富士見市民ネットワーク

4.陳情の署名追加について

5.配付物について
  ・議員派遣報告書
  ・行政報告書
  ・本日の議事日程







△開会及び開議の宣告 (午前9時08分)



○吉野欽三委員長 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。





△会議録署名委員の指名



○吉野欽三委員長 最初に、今定例会中の会議録署名委員に深井平次委員、大谷順子委員を指名します。

   それでは、会議事項に従って議事を進めさせていただきます。





△議員の辞職について



○吉野欽三委員長 まず最初に、議員の辞職についてを議題とします。

   この件については、先ほど議長からお話がありました。閉会中に辞職願が提出され、議長において許可したとのことです。つきましては、本日の本会議に報告することでご異議ありませんか。

                「異議なし」の声



○吉野欽三委員長 それでは、異議なしと認め、ただいまのとおり決定いたしました。

   以上で議員の辞職についてを終了いたします。

   暫時休憩します。



                休憩 午前9時09分

                再開 午前9時09分





○吉野欽三委員長 再開をいたします。





△議案の差しかえについて



○吉野欽三委員長 次に、議案の差しかえについてを議題とします。

   この件について、副市長から説明を求めます。

   副市長。



◎渋谷義衛副市長 皆さん、おはようございます。議員の皆様方にはいつもご協力をいただいておりますことに心より感謝を申し上げます。また、本日から6月定例議会が開会されますので、よろしくご指導のほどお願いをしたいと思います。

   たびたびの訂正のお願いで大変申しわけございませんけれども、議案第28号の市税条例の一部改正をする条例につきまして間違いの箇所が発見できましたので、そこを訂正させていただきたく説明に参ったものでございます。

   なお、内容等につきましては市民生活部長のほうからご説明をさせていただきますので、どうぞよろしくお取り計らいのほどをお願い申し上げまして、あとは内容説明をさせていただきます。



○吉野欽三委員長 市民生活部長。



◎岩崎信夫市民生活部長 貴重なお時間をいただきまして申しわけございません。実は今回地方税法等の改正が4月30日にございまして、急遽それに伴いまして施行日の関係から一部につきましては専決処分をさせていただいて、それから施行日がまだ余裕あるものにつきましては条例ということで提案させていただくものでございます。

   しかしながら、お手元の資料にございますように、実は上の網かけの部分が誤っていた部分でございます。最初のページの上の部分の(1)でございますが、ここにつきましては前段が附則でございまして、施行期日第1条というのが前段にございます。ここの施行期日の内容につきまして、先ほど申し上げましたように一部専決処分させていただいた項目があるということの関係で、この(1)も施行期日を平成21年1月1日とする項目でございますが、ここに専決処分をさせていただいた項目との間で漏れを発見いたしました。そういうことで、新たにここに21年1月1日に記載しなければいけない事項としてこの網かけの部分を修正させていただいた次第でございます。

   それから、それ以下の各ページにわたりまして網かけしている部分がございます。これは原因は1つでございます。これから申し上げます原因に基づいて、引用する条項が繰り上がったというものでございます。ですから、これは単純に引用する番号が変わったということでございます。内容につきましては、次のページでございます。裏面になりますが、中ほどになります。見え消しで棒線になってございますが、4番として5行、4項の項目すべてでございますが、これを削除しなければならないということが判明いたしました。これはなぜかと申しますと、実はこういった条例の改正内容につきましては、国のほうから指示が来ていまして、基本的な内容については条例はこういうふうに直しなさいということで文面が来ます。実はそれをそのまんま受け入れてこの4項を記載してしまったわけでございますが、ご案内のとおり条例につきましては各行政に地方公共団体によりまして取り扱いがすべて同じでない部分がございます。そういったことから、この国から来た内容につきましてもやはり詳細にチェックをして本市に該当するものであるか、あるいは否か、それをチェックすべきところ、誤りを犯してしまいまして、この4番につきましては本市に該当がない部分ということで記載してしまいましたので、今回これを削除させていただき、あわせましてこの条項に関連する引用する項目の番号を修正したいという内容でございます。

   以上でございます。



○吉野欽三委員長 ありがとうございました。

   それでは、各委員から質疑があればお受けいたします。

   大谷委員。



◆大谷順子委員 (1)のところは、専決処分との関係でとおっしゃるのですが、何がどう変わったのかもうちょっとわかりやすく言ってほしいのですが、それともう一つ、4のところの消された部分、これ本市に該当なしということなのですけれども、具体的にはどんな中身だったのですか。



○吉野欽三委員長 市民生活部長。



◎岩崎信夫市民生活部長 まず、前段のご質問でございますが、簡潔に申しますといわゆる専決処分あるいは条例改正ということで、地方税法の改正内容を分けたものですから、その点で施行期日をきちっと記すべきところを漏れてしまったというの1項目でございます。

   それから、2点目のご質問につきましては、実はこの内容なのですが、4項の内容と申しますのは新条例、第34条の7という項目がございまして、いわゆる今まで寄附金の所得控除がございましたが、これがなくなりまして、寄附金の税額控除という規定が新たになされます。その関係で税額控除する寄附金の相手、つまり1項といたしましては地方公共団体、2項といたしましてはいわゆる日赤とか募金活動を行う団体、それから3項、4項、5項、6項とずっとあるわけでございますが、1、2項については絶対にこれは規定しなければならないという規定でございます。3項以降は、することができる規定ということになってございます。この内容、できる規定につきましては埼玉県あるいは県内の状況、この辺を把握いたしましたところ、本市には該当がないし、あるいは川越地区税務協議会という組織もございます。そういった近隣の状況あるいは県の状況、この辺を加味いたしまして歩調を同じくするということで、今回は1、2項だけにとどめさせていただいたということでございます。ですから、文面読んでいただきますとこの4項の2行目の中ほどから「同条第1項第12号中」という表記がございます。この12号というのは、新条例には実はないわけでございます。1、2しかうちにはございませんので、この12という表記の条文は全く意味をなさないということでございます。

   以上です。



○吉野欽三委員長 そのほかに。

                「なし」の声



○吉野欽三委員長 ないようですので、それではお諮りをいたします。

   議案第28号は議案を差しかえることでご異議ありませんか。

                「異議なし」の声



○吉野欽三委員長 それでは、ご異議なしと認め、議案第28号は差しかえることに決定をいたしました。

   なお、今後も議案の差しかえにつきましては議会運営委員会で確認をさせていただきながら進めさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。





△資料の確認について



○吉野欽三委員長 次に、資料の確認についてを議題とします。

   今回は、民主党、日本共産党、富士見市民ネットワークの3会派から資料要求が出されました。

   提出された資料について、何か補足説明するようなことがありましたら秘書室長から説明をお願いいたします。

   秘書室長。



◎須澤隆秘書室長 資料請求の関係でございますけれども、今回3会派から資料請求が出ました。

   そのうち共産党から出ました議案第37号の関係、火葬場関連事業の繰り越し工事の現状と現場地図、これにつきましては一応取り下げの申し出が出ておりますので、資料としてはございません。

   それからもう一つ、市民ネットワークから出されました報告第5号、流域下水道工事の計画についての年次予定、これにつきましても一応取り下げが出ておりますので、資料としてはございません。

   以上でございます。



○吉野欽三委員長 ありがとうございました。

   それでは、要求した会派において内容の確認等があると思いますので、暫時休憩をいたします。



                休憩 午前9時18分

                再開 午前9時20分





○吉野欽三委員長 再開をいたします。

   休憩中に間違いないことを確認をいたしました。

   以上で資料の確認についてを終了いたします。





△陳情の署名追加について



○吉野欽三委員長 次に、陳情の署名追加についてを議題とします。

   この件については、前回の議運において追加署名があるということでご報告をしてあったものでございます。

   陳情第5号については、井上幸雄外691人となっておりましたが、699人の署名が追加され、井上幸雄外1,390人となりますので、文書表及び陳情書の訂正をお願いいたします。

   また、陳情第6号については、川畑勝弘外445人となっておりましたが、610人の署名が追加され、川畑勝弘外1,055人となりますので、文書表及び陳情書の訂正をお願いいたします。

   この件につきましては、本日開会前に議長からも報告があります。

   以上で陳情の署名追加についてを終了いたします。





△配付物について



○吉野欽三委員長 次に、配付物についてを議題といたします。

   先ほど議長からもお話がありましたが、本日議員派遣報告書を追加配付するとともに、市長の行政報告に伴い、行政報告書を配付いたしました。また、議員辞職の許可を報告するため、差しかえ用の議事日程を配付しました。

   以上、3点の配付物についてご了承願います。

   以上で配付物についてを終了いたします。





△その他



○吉野欽三委員長 ほかに各委員から何かありますか。なければ、これで終了したいと思います。

                「なし」の声





△会議録の調製



○吉野欽三委員長 ないようですので、委員会の会議録の調製につきましては委員長に委任されたいと思いますので、ご了承願います。





△閉会の宣告 (午前9時22分)



○吉野欽三委員長 以上で本日の議会運営委員会を閉会いたします。