議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 富士見市

平成19年  第4回 定例会 11月27日−委員長報告・議案説明−01号




平成19年  第4回 定例会 − 11月27日−委員長報告・議案説明−01号







平成19年  第4回 定例会





           平成19年第4回定例会議事日程(第1号)

                                  11月27日 午前9時30分

開   会
議会運営委員会委員長報告
日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
諸 報 告 議長報告
       ・出席説明員について
       ・例月出納検査結果報告
       ・意見書の送付について
       ・議員派遣報告
       ・会派の行政視察(政務調査)報告
提出案件の公表
日程第 3 請願・陳情の常任委員会付託
日程第 4 議案内容説明
散   会

出席議員(21名)
     1番   星  野  光  弘         2番   吉  野  欽  三
     3番   池  内  八十四郎         4番   津  波  信  子
     5番   藤  屋  喜 代 美         6番   八  子  朋  弘
     7番   金  子     勝         8番   加  藤  久 美 子
     9番   瀬 戸 口  幸  子        10番   片  岡  慎  介
    11番   関  野  兼 太 郎        12番   星  野  信  吾
    13番   井  上  恭  子        14番   石  川  新 一 郎
    15番   金  子  茂  一        16番   渡  邉     巖
    17番   梶     兼  三        18番   深  井  平  次
    19番   鈴  木  光  男        20番   大  野  良  平
    21番   大  谷  順  子

欠席議員(なし)

欠  員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  市   長   浦  野     清      副 市 長   渋  谷  義  衛

  収 入 役   金  子     進      総 合 政策   石  川     久
                          部   長

  市 民 生活   岩  崎  信  夫      健 康 福祉   長  嶋  義  雄
  部   長                   部   長

  建 設 部長   関     繁  雄      まちづくり   佐  野     章
                          環 境 部長

  秘 書 室長   須  澤     隆      出 納 室長   山  内  博  志
  事務代理兼
  秘 書 広報
  課   長
  事 務 取扱

  選 挙 管理   羽  山  義  一      監 査 委員   奥  村  敬  一
  委 員 会                   事 務 局長
  委 員 長

  農業委員会   林     三  喜      教育委員長   武  川  行  男
  会   長

  教 育 長   赤  坂     勲      教 育 部長   宇  塚  一  文

  教 育 部長   森  元     州

本会議に出席した事務局職員
  局   長   高  橋     清      次   長   高  橋  正  則
  主   査   斉  木  公  男      主   任   石  川  順  一







△開会及び開議の宣告



○議長(金子茂一) ただいま議員の出席数が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、これより平成19年第4回富士見市議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時37分)





○議長(金子茂一) お手元に配付した議事日程に従って議事を進めます。





△議会運営委員会委員長報告



○議長(金子茂一) 閉会中に議会運営委員会が開かれましたので、委員長から報告をいたします。

  議会運営委員会委員長。

               〔議会運営委員会委員長 鈴木光男登壇〕



◎議会運営委員会委員長(鈴木光男) 19番、鈴木です。おはようございます。ただいま議長よりご指名いただきましたので、議会運営委員会からご報告を申し上げます。

  去る11月21日と本日の両日、議会運営委員会を開催し、平成19年第4回定例会の運営についての協議及び資料等の確認をいたしましたので、ご報告申し上げます。

  まず、21日に開催いたしました第4回定例会の運営についての協議結果から申し上げます。今定例会に市長から提出された案件は、17件でございます。また、審査すべき請願は2件、陳情は3件でございます。

  それでは初めに、議案の委員会付託について申し上げます。別紙として議案付託表を配付いたしましたので、ご参照願います。総務常任委員会へは議案第69号、70号、72号、73号、75号、76号、80号、85号の計8議案を、文教福祉常任委員会へは議案第81号、82号の2議案を、そして建設環境常任委員会へは議案第74号、78号、79号、83号、84号の5議案をそれぞれ付託するものといたしました。

  次に、委員会付託を省略いたしました議案についてご説明いたします。協議の結果、議案第71号の富士見市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてと議案第77号の平成19年度富士見市一般会計補正予算につきましては、委員会付託を省略することといたしました。

  以上、17議案のうち委員会へは15議案を付託し、省略いたします議案は2議案となります。

  次に、請願・陳情の付託について申し上げます。請願・陳情付託表を配付いたしましたので、ご参照願います。請願第4号は建設環境常任委員会へ、請願第5号、陳情第6号、陳情第7号の3件は総務常任委員会へ、陳情第8号は文教福祉常任委員会へそれぞれ付託するものといたしました。

  次に、市政一般質問ですが、15人の方が行いますので、3日間の日程で1日5人行うことを確認いたしました。なお、今定例会も午前中に2名行い、昼休憩にかからないよう行うことといたしました。

  以上のことを踏まえて、会期及び日程について検討いたしました結果、お手元に配付いたしましたとおり、本日の11月27日から12月12日までの16日間の会期とし、記載されている日程案といたしました。

  第1日目の本日は記載のとおりでございます。

  28日、29日は、議案調査のため休会となります。

  第4日目の11月30日には、委員会付託を省略いたしました2議案について審議いたします。なお、委員会へ付託する15議案の総括質疑につきましては、一括議題として行います。

  次に、常任委員会の開催について申し上げます。12月4日の午前9時30分から総務、文教福祉の両常任委員会を、また5日の午前9時30分から建設環境常任委員会をそれぞれ開催することといたします。

  続きまして、市政一般質問ですが、先ほどご説明いたしましたとおり、1日5人で3日間で行います。

  また、議員提出議案の素案を協議する議会運営委員会を7日の一般質問の終了後に開催いたします。

  11日は休会日となります。

  12日の最終日は、各常任委員会委員長の審査報告、質疑、討論、採決を行います。

  その他の確認事項について申し上げます。一般質問のヒアリングは、21日から本日の午後5時までとなっておりますので、ご協力をお願いいたします。

  議員提出議案の素案については5日午後5時までで、最終の議員提出議案は11日午後1時までとなっております。

  次に、市議会だより新年号に掲載する議員全員による写真撮影日について申し上げます。撮影日を市政一般質問の初日となります12月6日の本会議の午前中終了後、直ちに行うことといたしましたので、各議員のご協力をお願いいたします。なお、当日の天候状況によっては、予備日として7日に行いますので、よろしくお願いをいたします。

  以上が定例会の運営についてのご報告でございます。

  次に、本日開会前に議会運営委員会を開き、協議確認をいたしました事項についてご報告いたします。まず、執行部より、今定例会に提出された議案関係文書の中で議案目次が間違っていたということで、差しかえの申し出がありましたので、確認をいたしました。対応といたしまして、既に職員が各会派に回ったかと思いますが、直ちに差しかえをすることといたしました。

  次に、各会派から要求されました資料要求について確認を行いました。資料要求をされた会派は、日本共産党、草の根、富士見市民ネットワーク、21・未来クラブ、民主党・清新会の5会派でございます。

  次に、請願・陳情書の署名名簿の追加がありましたので、確認をいたしました。お配りいたしました一覧表をごらんいただきたいと思います。

  請願・陳情書の署名名簿の追加に伴う変更につきまして、まず請願第4号 富士見市山室・勝瀬地区商業施設実現を求める請願、金子國夫外6,800人に5,759人が追加をされ、金子國夫外1万2,559人に変更となります。

  次に、請願第5号 平成20年4月実施の後期高齢者医療制度の中止・撤回、70〜74歳の窓口負担2割への引き上げを止める意見書提出を求める請願、井上幸雄外245人に127人が追加をされ、井上幸雄外372人に変更となります。

  次に、陳情第8号 諏訪放課後児童クラブ待機児童解消に向け施策の推進を求める陳情、桜井夏子外1,075人に831人が追加をされ、桜井夏子外1,906人に変更となります。

  以上の3件につきまして、請願・陳情文書表とそれぞれの請願書、陳情書の訂正をお願いをいたします。

  次に、既にお配りしてございますが、要望書の配付について確認をいたしました。陳情書となっておりますが、郵送されたものでございますので、要望書扱いといたしました。

  以上が協議確認をした結果でございます。

  議会運営に対する議員各位のご理解とご協力をお願いを申し上げまして、議会運営委員会からの報告といたします。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) ただいまの委員長報告のとおりご了承願います。





△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(金子茂一) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  富士見市議会会議規則第80条の規定により、議長において、18番、深井平次議員、19番、鈴木光男議員、20番、大野良平議員を指名いたします。





△日程第2 会期の決定



○議長(金子茂一) 日程第2、会期の決定についてお諮りをいたします。

  お手元に配付してあります会期日程案のとおり16日間とすることにご異議ありませんか。

               「異議なし」の声



○議長(金子茂一) ご異議なしと認め、今定例会の会期は11月27日から12月12日までの16日間と決定をいたしました。





△議長報告



○議長(金子茂一) ここで諸報告を行います。

  地方自治法第121条の規定による出席説明員の一覧表はお手元に配付してございますので、ご了承願います。

  監査委員から提出されました平成19年8月、9月分の例月出納検査結果報告の写しはお手元に配付してありますので、ご了承願います。

  次に、意見書の送付について申し上げます。平成19年第3回定例会において可決されました公共工事における建設労働者の適切な労働条件確保に関する意見書につきましては、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣を初め関係行政庁に送付いたしましたので、ご了承願います。

  次に、要望書等の提出がありましたので、ご報告をいたします。幼稚園就園奨励費及び対象外家庭に対する公費助成の増額を求める要望、次に郵送により、都市計画道路用地取得業務の宅地建物取引業者への民間委託に関する陳情、市町村公的審議会等委員への宅地建物取引業者の登用に関する陳情、開発許可基準等の緩和による区域指定の拡大に関する陳情、原爆症認定制度の抜本的改善を厚生労働省に求める意見書についての陳情書、以上の要望書が提出され、その写しを配付しましたので、ご了承願います。

  次に、議員派遣についてご報告をいたします。平成19年第3回定例会において議決し、埼玉県市議会議長会第二区議長会先進都市視察並びに第69回全国都市問題会議へ出席した議員派遣報告書の写しを配付しましたので、ご了承願います。

  次に、民主党・清新会、公明党、21・未来クラブから、会派で実施した行政視察研修の報告書が議長のもとに提出されておりますので、ご報告をいたします。

  以上で議長の諸報告を終わります。





○議長(金子茂一) 今定例会に市長から提出された議案及び議長に提出された請願・陳情の公表を行います。

  お手元に配付いたしました提出案件一覧表のとおりでございますので、ご了承願います。

 提出案件一覧

   議案第69号 政治倫理の確立のための富士見市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条

          例の制定について                              

   議案第70号 富士見市職員の育児休業等に関する条例及び富士見市水道企業職員の給与の種類及び

          基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について             

   議案第71号 富士見市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について  

   議案第72号 富士見市手数料条例の一部を改正する条例の制定について            

   議案第73号 富士見市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について             

   議案第74号 富士見市下水道条例の一部を改正する条例の制定について            

   議案第75号 富士見市長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定について     

   議案第76号 富士見市審議会等の委員構成の見直し等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定に

          ついて                                   

   議案第77号 平成19年度富士見市一般会計補正予算(第2号)               

   議案第78号 平成19年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計補正予算(第

          1号)                                   

   議案第79号 平成19年度富士見都市計画事業鶴瀬駅東口土地区画整理事業特別会計補正予算(第

          1号)                                   

   議案第80号 公の施設の指定管理者の指定について                     

          (富士見市立針ケ谷コミュニティセンター)                  

   議案第81号 公の施設の指定管理者の指定について                     

          (富士見市市民福祉活動センター)                      

   議案第82号 公の施設の指定管理者の指定について                     

          (富士見市立老人福祉センター)                       

   議案第83号 公の施設の指定管理者の指定について                     

          (富士見市立自転車駐車場)                         

   議案第84号 富士見市道路線の認定について                        

   議案第85号 富士見市土地開発公社の定款変更について                   

   請願第 4号 富士見市山室・勝瀬地区商業施設実現を求める請願               

   請願第 5号 平成20年4月実施の後期高齢者医療制度の中止・撤回、70〜74歳の窓口負担2

          割への引き上げを止める意見書提出を求める請願                

   陳情第 6号 「消えた年金」問題早期解決および最低保障年金制度早期実現の意見書採択を求める

          陳情書                                   

   陳情第 7号 地方財政の強化・拡充、及び「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の施行に

          あたっては地方自治原則の堅持を求める意見書の提出を求める陳情        

   陳情第 8号 諏訪放課後児童クラブ待機児童解消に向け施策の推進を求める陳情        



○議長(金子茂一) 以上で提出案件の公表を終わります。





△日程第3 請願・陳情の常任委員会付託(請願第4号・請願第5号・陳情第6号・陳情第7号・陳情第8号)



○議長(金子茂一) 日程第3、請願・陳情の常任委員会への付託を議題といたします。

  お手元に配付いたしました請願文書表、陳情文書表のとおり、所管の常任委員会への付託をいたします。

 請願・陳情付託一覧

 <総務常任委員会>                                      

   請願第 5号 平成20年4月実施の後期高齢者医療制度の中止・撤回、70〜74歳の窓口負担2

          割への引き上げを止める意見書提出を求める請願                

   陳情第 6号 「消えた年金」問題早期解決および最低保障年金制度早期実現の意見書採択を求める

          陳情書                                   

   陳情第 7号 地方財政の強化・拡充、及び「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の施行に

          あたっては地方自治原則の堅持を求める意見書の提出を求める陳情        

 <建設環境常任委員会>                                    

   請願第 4号 富士見市山室・勝瀬地区商業施設実現を求める請願               

 <文教福祉常任委員会>                                    

   陳情第 8号 諏訪放課後児童クラブ待機児童解消に向け施策の推進を求める陳情        





△日程第4 議案内容説明



○議長(金子茂一) 日程第4、議案内容説明を行います。

  ここでお諮りいたします。議事整理上、議案の朗読を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

               「異議なし」の声



○議長(金子茂一) ご異議なしと認め、議案の朗読を省略することに決定をいたしました。

  それでは、議案第69号から順次担当部長の説明を求めます。

  初めに、議案第69号 政治倫理の確立のための富士見市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  郵政民営化等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律及び証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴い、規定の整備をするため、政治倫理の確立のための富士見市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いします。



○議長(金子茂一) 秘書室長。



◎秘書室長事務代理兼秘書広報課長事務取扱(須澤隆) ご説明いたします。

  裏面をお願いいたします。改正点は、大きく3つございます。

  1番目は、第2条第1項第4号関係でございますが、郵便貯金法が廃止されることにより、郵便貯金の文言を削除するものです。

  2番目は、同条第1項第5号関係ですが、証券取引法等の一部を改正する法律の規定により、金銭信託が有価証券の概念に含まれることになったため、金銭信託の文言を削除するものです。

  3番目は、同条第1項第6号関係でございますが、証券取引法等の一部を改正する法律の規定により、証券取引法の題名を「金融商品取引法」に変更するものです。あわせまして、電子株券においても株式の銘柄及び株数の記載漏れがないよう、必要な文言を加えるものです。

  なお、施行期日は、公布の日から施行し、改正内容につきましては平成19年10月1日から適用するものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第70号 富士見市職員の育児休業等に関する条例及び富士見市水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、富士見市職員の育児休業等に関する条例及び富士見市水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) それでは、議案第70号についてご説明申し上げます。

  地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律が平成19年8月1日から施行されたことに伴いまして、本市職員の育児休業関係の条例につきましても、適切な措置を講じる必要があることから改正を行うものでございます。

  改正の概要でございますが、3点ございます。まず、1点目、育児休業取得者がその承認を取り消された場合において、再度育児休業を取得することができる特別の事情の追加、2点目として、これまで3歳未満としていた部分休業の対象を小学校入学前まで引き上げられたことに伴う承認要件の緩和、3点目は、育児休業をした職員が職員の職務復帰後における号給の調整率の拡大となっております。

  改正条例は、2条構成となっております。第1条が富士見市職員の育児休業等に関する条例、第2条が富士見市水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の改正となっております。

  それでは、議案の裏面をごらんいただきたいと思います。第1条の富士見市職員の育児休業等に関する条例の改正内容ですが、まず第1条、第2条につきましては、育児休業法改正に伴う文言の修正でございます。

  第3条につきましては、再度の育児休業をすることができる特別の事情として、負傷、疾病または精神上の障害により、当該育児休業に係る子を養育することができない状態が相当期間にわたり継続することが見込まれることにより、承認が取り消された後に再度養育できる状態に回復した場合を加えております。

  第5条から7条につきましても、育児休業法改正に伴う文言の修正と条項の調整となっております。

  第8条につきましては、育児休業をした職員が職務復帰をした場合の号給の調整率の拡大となっております。これまでは2分の1の換算で勤務していたものとみなしていたものを、100分の100の換算で調整できる旨を規定したものでございます。

  9条につきましても文言の修正となっております。

  10条につきましては、部分休業の承認に関する事項で、これまで職員の託児の対応、通勤の状況を勘案していたものを、一律に正規の勤務時間の始めまたは終わりにおいて、2時間を超えない範囲で30分単位に改めたものでございます。

  続きまして、ページをめくっていただきまして、第2条の関係でございます。さきにもご説明しましたとおり、育児休業法の改正により、富士見市水道企業の職員においても同様の適用をさせるために修正を行ったものでございます。

  附則でございます。第1項につきましては、施行期日を定めております。

  第2項、3項につきましては、改正後の8条関係となっております。第2項につきましては、休業法の施行日である平成19年8月1日より前に職務に復帰した場合の号給の調整については、従前の例である2分の1によること、第3項におきましては、8月1日前に育児休業に入り、その後復帰した場合の取り扱いについては、8月1日前の部分については従前の2分の1、その後の部分については改正後の100分の100で換算する旨を定めているものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第71号 富士見市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  国家公務員の給与改定等に伴い、富士見市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) それでは、議案の内容を説明いたします。

  趣旨といたしましては、平成19年度人事院勧告を受けまして、平成19年10月30日付で閣議決定されたことを踏まえ、地方公務員についても、国における取り扱いを基本として適切に対応することが求められていることから、本市においてもこの措置を行うものでございます。

  概要でございますが、給料表の改正がございます。これは、初任給を中心に、若い人たち、若年層に限定した改定を行います。

  次に、扶養手当でございます。配偶者以外の子等に対して、支給額を500円引き上げ、6,000円を6,500円にするという内容でございます。

  期末勤勉手当の改正がございます。民間の支給割合に見合うように、4.45を4.5とするものでございます。

  実施時期につきましては、基本的には平成19年4月1日を予定しておりますが、期末勤勉については後ほど移行措置で申し上げます。

  それでは、改正条文の概要につきましてご説明申し上げます。条例のほうをお願いいたします。

  まず、8条第3項の改正でございます。扶養手当の支給月額でございます。先ほど申し上げましたように、現行の6,000円から6,500円に引き上げるものでございます。

  9条3項の改正、扶養手当の支給基準ですが、これは文言の修正でございます。

  次に、17条第2項第1号の改正でございます。勤勉手当の支給月数、現行の0.725月から0.75月に改正するものでございます。

  別表の改正がございます。新給料表に移行するために、別表を全部改正するものでございます。

  附則をごらんいただきたいと思います。附則第1項は施行期日でございます。平成19年4月1日から適用すると。そして、17条の改正については、平成19年の12月1日からというふうにさせていただいております。

  附則の第2項、施行期日でございますが、17条の改正規定については、平成19年12月1日から施行するということでございます。

  附則3項でございます。これは、平成19年4月1日から施行日の前日までの異動者の号給について定めております。

  附則の第4項でございますが、施行日から平成20年3月31日までの間における異動者の号給の調整を定めております。

  附則の5項でございます。平成19年12月期の勤勉手当の支給月数、今年に限りまして0.775月とする旨の規定でございます。

  附則の第6項でございます。改正前条例の給与の内払規定ということで、改正前の条例において支給された給与については、改正後の支給とみなす規定でございます。内払いとする旨の規定でございます。

  第7項は、規則への委任ということでございます。

  第8項でございますが、平成18年条例第46号の給与条例の改正条例の一部改正、地域手当の経過措置を新たに附則別表第2として規定するものでございます。本則は地域手当10%になっておりますが、これをこのままにしておきますと来年4月から10%ということになってしまいますので、順次1%ずつ引き上げていくという内容でございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第72号 富士見市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、富士見市手数料条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。

  裏面をお願いいたします。郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、富士見市手数料条例第5条の「郵便」という文言を「郵便等」に、また「郵送料」という文言を「郵便等によって発送した費用」に改め、公布の日から施行し、本年の10月1日から適用するものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第73号 富士見市印鑑条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、富士見市印鑑条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。

  裏面をお願いいたします。郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴いまして、富士見市印鑑条例第5条第2項中の「郵送」という文言を「郵便等による発送」に改め、公布の日から施行し、本年の10月1日から適用するものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第74号 富士見市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、富士見市下水道条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第74号 富士見市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

  今回の改正につきましては、郵政民営化法等の施行に伴うもので、今まで郵政事業で公共下水道の敷地などを占用しようとする場合には、富士見市下水道条例第25条第2項第3号の規定により、占用料を免除することになっておりますが、このたびの郵政民営化に伴い、平成19年10月1日から占用料を徴収できるように改正するものでございます。

  なお、本件に該当する案件につきましては、今までには該当がなかったことを申し添えまして説明とさせていただきます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第75号 富士見市長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  公職選挙法の一部改正に伴い、富士見市長の選挙におけるビラの作成を公営としたいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) ご説明申し上げます。

  条例のほうをお開きいただきたいと思います。第1条は、趣旨でございます。富士見市長選挙におけるビラの公営を定めております。

  第2条は、このビラの作成の公営につきましては、当該候補者の供託物が市に帰属することとならない場合に限って公営とするということでございます。

  第3条でございますが、これは契約締結の届け出でございます。ビラの作成をなりわいとする者との間で契約を締結して委員会に届けるという手続でございます。

  第4条は、公費負担及び支払いの手続を定めております。1枚当たりの作成単価、上限が7円30銭でございます。それから、142条第1項第6号に定める枚数、これは一般紙1万6,000枚というふうになっているところでございます。

  第5条、負担の限度額ということで、先ほど申し上げました枚数に7円30銭を掛けたものという範囲でございます。

  6条は委任でございます。

  条例は公布の日から施行するといたしております。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第76号 富士見市審議会等の委員構成の見直し等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  審議会等の委員構成の見直し及び廃止を必要とする審議会等の整理を行うため、関係条例の改正及び廃止を行いたいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) それでは、ご説明申し上げます。

  条例案のほうをお願いいたします。第1条は、富士見市基本構想審議会条例の一部改正でございます。人数を「17人以内」を「12人」に改めます。そして、委員の表現として、「市民及び識見を有する者」というふうに変更いたします。

  第2条は、富士見市立小・中学校区審議会条例の一部改正でございます。人数は40人を30人に改めるものでございます。構成といたしましては、町会長、校長、PTA会長、識見を有する者というふうに改めます。

  第3条、富士見市自転車等の放置防止に関する条例の一部改正でございます。構成の内容として、「市議会議員」を「市民」というふうに改めるものでございます。

  第4条は、富士見市下水道審議会条例の一部改正でございます。人数を「20人以内」を「10人」に改めます。それから、委員の構成表現として、「下水道使用者及び市内の公共的団体の代表者のうちから」というふうに改めます。主管の表現を「下水道主管課」を「建設部」に改めるものでございます。

  第5条は、富士見市上水道事業審議委員会条例の一部改正でございます。人数を「12人」を「10人」に改めます。委員の表現を「水道使用者及び識見を有する者」というふうに改めさせていただきます。

  第6条は、富士見市財産評価委員会条例等の廃止でございます。富士見市財産評価委員会条例を廃止いたします。それから、富士見市住居表示整備審議会条例、さらに富士見市中小企業融資審査会設置条例を廃止をいたします。

  施行期日は、平成20年4月1日を予定いたしております。

  これらの改正に伴う経過措置として、この条例の施行の際に現に委員である方については、この条例に基づいてみなされたものというふうにして、任期も残任期間というふうにするものでございます。

  それから、最後の富士見市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正は、これらの改正に伴う各該当委員の変更ということで、これらの委員が規定されているところを削るものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第77号 平成19年度富士見市一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  平成19年度富士見市一般会計予算を補正する必要が生じたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) それでは、ご説明申し上げます。

  歳入歳出予算の補正でございます。既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億5,134万3,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ246億2,672万6,000円とするものでございます。

  それでは初めに、10ページをお願いいたします。歳入の補正でございますが、ごらんのとおり、負担金、寄附金、繰越金、市債をもって充てるものでございます。市債の臨時財政対策債は、発行可能額が確定したため補正をお願いするものでございます。

  13ページをお願いいたします。給与費等でございます。多くのページにまたがってはおりますが、議会費から教育費まで、給与費等総額では1,293万6,000円、人事院勧告によるもの及び人事異動、退職者等に伴う予算費目間の調整を行うものでございます。

  同じく13ページでございますが、交通安全施設維持管理事業60万円は、道路照明灯の修繕料に不足が見込まれますことから補正をお願いするものでございます。

  同じく13ページの中の防犯対策事業でございますが、190万円は防犯灯の電気料と修繕料に不足が見込まれることから補正をお願いするものでございます。

  少しめくっていただいて19ページをお願いいたします。社会福祉協議会運営補助事業でございます。2,000万円。社会福祉協議会の支払資金に不足が見込まれることから、運転資金の貸し付けを行うものでございます。

  老人福祉措置事業419万6,000円は、養護老人ホームへの入所者の増加等により、入所委託及び老人短期保護委託に不足が見込まれますことから補正をお願いするものでございます。ケアセンターふじみ管理委託事業254万6,000円は、ケアセンターふじみの施設を富士見市社会福祉事業団に譲渡するに当たり、財産管理上の区分を明確にするため、土地の測量及び土地建物の登記を行うものでございます。

  少し進んでいただいて、27ページをお願いします。市街地整備推進事業199万5,000円は、水子、諏訪の旧暫定逆線引き地区の都市計画決定の手続に必要な図書を作成するものでございます。

  鶴瀬駅西口土地区画整理事業340万円と鶴瀬駅東口整備事業40万円は、それぞれの特別会計の給与費等を補正するために繰り出しを行うものでございます。

  1枚めくっていただいて29ページをお願いいたします。公園・緑地維持管理事業でございます。337万円。びん沼5号トイレが放火により全焼したため、この改築工事を行うものでございます。

  緑化推進事業1億円は、10月に緑地保全、公園の整備に関する寄附がありましたので、この寄附金を緑地保全基金に積み立てるものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第78号 平成19年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  平成19年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計予算を補正する必要が生じたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  まちづくり環境部長。



◎まちづくり環境部長(佐野章) ご説明申し上げます。

  予算書の4ページ、5ページをお願いいたします。今回の補正につきましては、総務費、一般管理費の給与費の340万円を増額するものでございます。主な理由といたしまして、国の人事院勧告によるものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第79号 平成19年度富士見都市計画事業鶴瀬駅東口土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  平成19年度富士見都市計画事業鶴瀬駅東口土地区画整理事業特別会計予算を補正する必要が生じたので、地方自治法第218条第1項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  まちづくり環境部長。



◎まちづくり環境部長(佐野章) ご説明申し上げます。

  同じく予算書の4ページ、5ページをお願いいたします。今回の補正につきましては、総務費、一般管理費の給与費の40万円を増額するものでございます。主な理由といたしましては、国の人事院勧告によるものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第80号 公の施設の指定管理者の指定について(富士見市立針ケ谷コミュニティセンター)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市立針ケ谷コミュニティセンターの指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。

  富士見市立針ケ谷コミュニティセンターを社団法人富士見市シルバー人材センターに、平成20年4月1日から平成23年3月31日までの3年間、指定管理者として指定したいので、お願いをするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第81号 公の施設の指定管理者の指定について(富士見市市民福祉活動センター)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市市民福祉活動センターの指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(長嶋義雄) 市民福祉活動センターの指定管理につきましては、平成17年の4月から富士見市社会福祉協議会にお願いしておりますが、この間、富士見市社会福祉協議会が地域福祉活動を行うボランティア団体等と連携しまして、市民参加の福祉のまちづくりを進めておりまして、市民福祉活動センターを有効に活用しております。

  このような状況から、引き続き平成25年3月31日まで、指定管理者として指定したいので、お願いするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第82号 公の施設の指定管理者の指定について(富士見市立老人福祉センター)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市立老人福祉センターの指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(長嶋義雄) 老人福祉センターの指定管理につきましては、申請のあった3団体からヒアリングを行い、経営方針や管理運営などの事業計画、また管理に係る指定管理料などを審査し、特定非営利法人ワーカーズコープを選定しましたので、議決をお願いするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第83号 公の施設の指定管理者の指定について(富士見市立自転車駐車場)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市立自転車駐車場の指定管理者を指定したいので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第83号につきましてご説明を申し上げます。

  富士見市立自転車駐車場の管理につきましては、平成17年度から指定管理者制度を導入し、社団法人シルバー人材センターと3年間の協定を締結し、管理運営を行ってまいりました。本年度をもちまして期間が満了となることから、平成20年度以降の指定管理者につきまして、富士見市の公の施設の指定管理者随意指定取り扱い基準の第3条第1項第4号の随意指定の判断基準に基づき、調査委員会及び選定委員会におきまして審査の結果、引き続き社団法人富士見市シルバー人材センターを5年間の指定期間とし、富士見市立自転車駐車場の指定管理者として指定したいため、お願いするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第84号 富士見市道路線の認定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  道路敷地の寄附採納受理に伴い、市道第3179号線ほか15路線を市道として認定したいので、道路法第8条第2項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第84号につきましてご説明を申し上げます。

  大変恐縮ですが、お手元の議案書をごらんいただきたいと存じます。今回の認定につきましては、16路線ございます。市道第3179号線から市道第3190号線の12路線につきましては、開発行為に伴い、都市計画法第40条の定めるところにより、市が管理する道路として帰属されたものでございます。また、市道3191号線から市道3194号線の4路線につきましては、建築基準法に基づく市指定道路を採納受理した路線でございます。

  よろしくどうぞお願いいたします。



○議長(金子茂一) 次に、議案第85号 富士見市土地開発公社の定款変更についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、富士見市土地開発公社の定款変更をしたいので、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定により、この案を提出いたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) ご説明申し上げます。

  富士見市土地開発公社の定款第25条第2号中の「郵便貯金又は、」という部分を削るものでございます。よろしくお願いします。



○議長(金子茂一) 以上で議案内容説明を終わります。





△散会の宣告



○議長(金子茂一) 以上で本日の日程は終了いたしました。

  28日、29日は、議案調査のため休会といたします。30日は、午前9時30分から本会議を開き、議案第71号から議案審議を行います。

  本日はこれをもって散会いたします。

  ご苦労さまでした。

                                      (午前10時30分)