議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 富士見市

平成19年  第2回 定例会 06月05日−委員長報告・議案説明−01号




平成19年  第2回 定例会 − 06月05日−委員長報告・議案説明−01号







平成19年  第2回 定例会





           平成19年第2回定例会議事日程(第1号)

                                    6月5日 午前9時30分

開   会
議会運営委員会委員長報告
日程第 1 会議録署名議員の指名
日程第 2 会期の決定
諸 報 告 議長報告
       ・出席説明員について
       ・例月出納検査結果報告
       ・要望書の配布について
       ・議員派遣報告
       ・会派の行政視察(政務調査)報告
提出案件の公表
日程第 3 請願・陳情の常任委員会付託
日程第 4 議案内容説明
散   会

出席議員(21名)
     1番   星  野  光  弘         2番   吉  野  欽  三
     3番   池  内  八十四郎         4番   津  波  信  子
     5番   藤  屋  喜 代 美         6番   八  子  朋  弘
     7番   金  子     勝         8番   加  藤  久 美 子
     9番   瀬 戸 口  幸  子        10番   片  岡  慎  介
    11番   関  野  兼 太 郎        12番   星  野  信  吾
    13番   井  上  恭  子        14番   石  川  新 一 郎
    15番   金  子  茂  一        16番   渡  邉     巖
    17番   梶     兼  三        18番   深  井  平  次
    19番   鈴  木  光  男        20番   大  野  良  平
    21番   大  谷  順  子

欠席議員(なし)

欠  員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人
  市   長   浦  野     清      副 市 長   渋  谷  義  衛

  収 入 役   金  子     進      総 合 政策   石  川     久
                          部   長

  市 民 生活   岩  崎  信  夫      健 康 福祉   長  嶋  義  雄
  部   長                   部   長

  建 設 部長   関     繁  雄      秘 書 室長   須  澤     隆
                          事務代理兼
                          秘 書 広報
                          課   長
                          事 務 取扱

  まちづくり   佐  野     章      出 納 室長   山  内  博  志
  環 境 部長
  事 務 代理

  選 挙 管理   羽  山  義  一      代   表   武  石  栄  八
  委 員 会                   監 査 委員
  委 員 長

  監 査 委員   奥  村  敬  一      農業委員会   林     三  喜
  事 務 局長                   会   長

  教育委員長   武  川  行  男      教 育 長   赤  坂     勲

  教 育 部長   宇  塚  一  文      教 育 部長   森  元     州

本会議に出席した事務局職員
  局   長   高  橋     清      次   長   高  橋  正  則
  主   査   斉  木  公  男      主   任   石  川  順  一






△開会及び開議の宣告



○議長(金子茂一) ただいま議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、これより平成19年第2回富士見市議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前 9時34分)





○議長(金子茂一) お手元に配付した議事日程に従って議事を進めます。





△議会運営委員会委員長報告



○議長(金子茂一) 閉会中に議会運営委員会が開かれましたので、委員長から報告をお願いいたします。

  議会運営委員会委員長、鈴木光男議員。

               〔議会運営委員会委員長 鈴木光男登壇〕



◎議会運営委員会委員長(鈴木光男) 19番、鈴木です。おはようございます。ただいま金子議長よりご指名をいただきましたので、議会運営委員会より報告をさせていただきます。

  去る5月30日、また本日開会前に議会運営委員会を開催し、平成19年第2回定例会の運営についての協議並びに資料の確認等を行いましたので、ご報告申し上げます。

  まず、先週の5月30日に開催いたしました第2回定例会の運営についての協議結果から申し上げます。今定例会に市長から提出された案件は、議案17件、報告4件、諮問1件の計22件であります。また、審査すべき請願は2件、陳情は1件であります。議案の委員会付託についてですが、配付いたしました議案付託表のとおりでございます。総務常任委員会へは7議案、文教福祉常任委員会へは4議案、建設環境常任委員会へは5議案をそれぞれ付託するものといたしました。したがいまして、議案第52号の一般会計補正予算の専決処分、報告第1号から4号までの報告案件、そして諮問第1号の人事案件の計6件が委員会付託を省略し、本会議審議となります。

  次に、請願・陳情の付託委員会について申し上げます。請願・陳情文書表をごらんいただきたいと思います。請願第1号と陳情第3号は建設環境常任委員会へ、請願第2号は総務常任委員会へそれぞれ付託するものといたしました。

  次に、市政一般質問の関係ですが、今回は14人の通告者がございました。まず、日程ですが、3日間で行うことを決めました。次に、人数の割り振りですが、一般質問初日に5人、2日目に4人、3日目に5人で行うことといたしました。

  なお、一般質問の開会時間のことですが、昨年6月議会から一問一答制、60分の質問時間という質問方法になりました。1年間実施をしてきたところですが、一つの課題として、質問の途中で昼休憩にかかる問題等が感じられておりました。質問者からすると、質問の途中で本休憩が入ることは、質問を構成する上で気持ち的に難しい点があるかと思います。また、傍聴者にも大変ご不便をかけていたかというふうにも思っております。また、午前中に終わらせるということで、非常に時間を気にされて質問をされていた方も多かったのかなというふうに思っております。このようなことを踏まえまして、今回試行的ではございますけれども、開会時間を午前9時30分からとし、午前中は早く終わるかもしれませんけれども、質問者を2名ということで行いたいと思います。

  なお、2日目の15日は、午前9時から入間東部地区衛生組合の議運が開催されますので、午前10時からの開会となります。この日は、議長裁量をお願いをいたしまして、極力昼休憩前に2人が終了できればというようなことも確認をさせていただきました。

  なお、先ほども申し上げましたが、今回の措置は、あくまで試行的に実施するものでございます。質問者の人数によっては難しい点もございますので、ご理解をいただきたいと思います。

  以上のことを踏まえまして、会期及び日程について検討いたしました結果、お手元に配付してありますとおり、本日6月5日から6月20日までの16日間の会期とし、記載されている日程案といたしました。

  まず、本日の日程ですが、配付いたしました日程表の記載のとおりでございます。6月6日、7日は議案調査日のため休会といたします。議案の審議ですが、6月8日に先ほどご説明いたしました委員会付託を省略する6議案の審議を行います。その後委員会へ付託する16議案の総括質疑を行います。なお、総括質疑は、一括議題として行われますので、よろしくお願いいたします。

  11日は、前回から実施してまいりました委員会の前日ということで、議案調査のため休会となっております。

  次に、常任委員会の開催でございますが、12日の午前9時30分から総務及び文教福祉常任委員会を、翌日13日の午前9時30分から建設環境常任委員会を開催いたします。

  14日、15日、土曜日を挟みまして18日の3日間は、市政一般質問を行います。開会の時間は、先ほど報告した時間となっておりますので、よろしくお願いをいたします。

  また、15日には議員提出議案の素案を協議する議会運営委員会を本会議散会後開催いたします。

  20日の最終日には、各常任委員会委員長の審査報告、質疑、討論、採決がございます。

  その他の確認事項ですが、議員提出議案素案の提出は、6月13日の午後5時までです。また、最終締め切りは6月19日午後1時まででお願いをいたします。

  9月定例会までに行政視察を実施予定の会派につきましては、6月14日中に報告をお願いいたします。

  以上が定例会の運営についての報告でございます。

  最後になりましたが、本日開会前に議会運営委員会を開き、先ほど申し上げました議案に関する資料の確認を行いました。資料要求をされた会派は21・未来クラブ、日本共産党、富士見市民ネットワーク、草の根の4会派でございます。

  また、先ほど開会前に議長から報告がありましたとおり、請願第2号の紹介議員の追加署名及び説明員の追加についての確認も行いましたので、ご報告いたします。

  以上が協議確認結果でございます。

  議会運営に対する議員各位のご理解とご協力をお願い申し上げまして、議会運営委員会の報告といたします。よろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) ただいまの委員長報告のとおりでございます。ご了承願います。





△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(金子茂一) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  富士見市議会会議規則第80条の規定により、議長において、10番、片岡慎介議員、12番、星野信吾議員、13番、井上恭子議員を指名いたします。





△日程第2 会期の決定



○議長(金子茂一) 日程第2、会期の決定についてお諮りをいたします。

  お手元に配付してあります会期日程案のとおり16日間とすることにご異議ありませんか。

               「異議なし」の声



○議長(金子茂一) ご異議なしと認め、今定例会の会期は6月5日から6月20日までの16日間と決定をいたしました。





△議長報告



○議長(金子茂一) ここで諸報告を行います。

  地方自治法第121条の規定による出席説明員の一覧表をお手元に配付してありますので、ご了承を願います。

  監査委員から平成19年2月、3月分の例月出納検査結果報告書が提出され、その写しをお手元に配付してありますので、ご了承願います。

  次に、要望書の提出がありましたので、ご報告を申し上げます。富士見市こうれい大学の継続についての要望書が議長あてに提出され、その写しを配付してありますので、ご了承願います。

  次に、議員派遣の件についてご報告を申し上げます。去る5月24日に開催された埼玉県市議会議長会第二区議長会定期総会への出席のため、閉会中に議員派遣決定要求書が提出されましたので、富士見市議会会議規則第158条の規定により、議長において議員の派遣を決定をいたしました。その派遣決定要求書及び報告書の写しを配付しておりますので、ご了承願います。

  次に、民主党・清新会から会派で実施した行政視察の研修の報告書が議長のもとに提出されておりますので、ご報告をいたします。

  以上で議長の諸報告を終わります。





○議長(金子茂一) ここで、今定例会に市長から提出された議案及び議長に提出された請願・陳情の公表を行います。

  お手元に配付した提出案件一覧表のとおりですので、ご了承願います。

 提出案件一覧

   議案第39号 富士見市税条例の一部を改正する条例の制定について              

   議案第40号 富士見市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について          

   議案第41号 富士見市手数料条例の一部を改正する条例の制定について            

   議案第42号 富士見市立老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制

          定について                                 

   議案第43号 富士見市立コミュニティセンター条例の一部を改正する条例の制定について    

   議案第44号 富士見市ケアセンターふじみ条例を廃止する条例の制定について         

   議案第45号 富士見市道路線の認定について                        

   議案第46号 富士見市道路線の廃止について                        

   議案第47号 富士見市道路線の変更について                        

   議案第48号 財産の取得について                             

   議案第49号 財産の無償譲渡について                           

   議案第50号 専決処分の承認を求めることについて                     

          (富士見市税条例の一部を改正する条例関係)                 

   議案第51号 専決処分の承認を求めることについて                     

          (富士見市都市計画税条例の一部を改正する条例関係)             

   議案第52号 専決処分の承認を求めることについて                     

          (平成18年度富士見市一般会計補正予算(第5号)関係)           

   議案第53号 専決処分の承認を求めることについて                     

          (平成18年度富士見市介護保険特別会計補正予算(第2号)関係)       

   議案第54号 専決処分の承認を求めることについて                     

          (平成18年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計補正予算

           (第2号)関係)                             

   議案第55号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少について   

   報告第 1号 平成18年度富士見市一般会計繰越明許費繰越計算書について          

   報告第 2号 平成18年度富士見市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書について      

   報告第 3号 平成18年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰

          越計算書について                              

   報告第 4号 平成18年度富士見都市計画事業鶴瀬駅東口土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰

          越計算書について                              

   諮問第 1号 人権擁護委員の推薦について                         

   請願第 1号 歩道整備お願いの請願                            

   請願第 2号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正を求

          める意見書を政府等に提出することを求める件                 

   陳情第 3号 最低賃金法の抜本改正と均等待遇の実現を求める陳情              



○議長(金子茂一) 以上で提出案件の公表を終わります。





△日程第3 請願・陳情の常任委員会付託(請願第1号・請願第2号・陳情第3号)



○議長(金子茂一) 日程第3、請願・陳情の常任委員会への付託を議題といたします。

  お手元に配付しました請願文書表、陳情文書表のとおり、所管の常任委員会に付託をいたします。

 請願・陳情付託一覧

 <建設環境常任委員会>                                    

   請願第1号 歩道整備お願いの請願                             

   陳情第3号 最低賃金法の抜本改正と均等待遇の実現を求める陳情               

 <総務常任委員会>                                      

   請願第2号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正を求め

         る意見書を政府等に提出することを求める件                   





△日程第4 議案内容説明



○議長(金子茂一) 日程第4、議案内容説明を行います。

  ここでお諮りをいたします。議事整理上議案の朗読を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

               「異議なし」の声



○議長(金子茂一) ご異議なしと認め、議案の朗読を省略することに決定をいたしました。

  それでは、議案第39号から順次説明を求めます。

  初めに、議案第39号 富士見市税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  地方税法の一部改正に伴い、富士見市税条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。裏面をお願い申し上げます。

  まず、第23条第1項は、信託法が改正され、多様な信託の累計が可能になることに対応をいたしまして、地方税法第294条が改正されましたので、これを受け市民税の納税義務者として、今回新たに法人課税信託の引き受けを行う個人を法人税割の納税義務者として追加したものでございます。

  同条第3項と第31条第2項は、第23条の改正を受けての関連条文の整理でございまして、施行日は、信託法の施行の日でございます。

  続きまして、附則第17条の2第3項は、市民税における長期譲渡所得の課税の特例を規定したものですが、地方税法附則第34条の2が改正されましたので、条例に引用する適用条項を改正するもので、施行日は、平成20年の4月1日でございます。

  続きまして、附則第19条の2でございますが、株式等に係る譲渡所得等の課税の特例の規定でございますが、証券取引法が金融商品取引法に改正されましたことを受けまして、地方税法附則第35条の2の2が改正されましたので、条例に引用する法律名及び適用条項を改正するものでございます。

  施行日は、証券取引法等の一部を改正する法律の施行の日でございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第40号 富士見市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  地方税法の一部改正に伴い、富士見市都市計画税条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。裏面をお願い申し上げます。

  第2条は、都市計画税の課税標準となるべき価格の規定でございますが、地方税法第349条の3が改正され、新たに第38項が規定されましたので、条例に引用する適用条項を改正するものでございます。

  続きまして、附則第16項は、法附則第15条に規定されております固定資産税の課税標準の特定措置に新たに第57項が規定されましたので、条例に引用する適用条項を改正するものでございます。

  施行日は、平成19年10月1日からでございますが、本市の課税には影響はございません。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第41号 富士見市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  社会保障に関する日本国政府とフランス共和国政府との間の協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律の施行に伴い、戸籍に関する証明に係る手数料の免除をするため、富士見市手数料条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いします。 



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。裏面をお願い申し上げます。

  この法律が施行されましたことに伴いまして、双方の国での年金制度等の二重加入が防止され、さらには相手国の年金制度の加入期間をも取り入れられるようになりますが、この手続に必要とされる戸籍事項の証明の交付を無料とすることができる旨の規定がこの法律にございますことから、今回条例第6条第2項の戸籍に関する証明に係る手数料の免除規定に第27号として今回加え、公布の日から施行するものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第42号 富士見市立老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市立老人福祉センターの管理を指定管理者に行わせるとともに、規定の整備をするため、富士見市立老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(長嶋義雄) それでは、裏面をお願いします。

  まず、第1条でございますけれども、現行の第1条で老人福祉センターの設置を、また第2条では位置を規定をしておりましたけれども、改正案では第1条として設置と位置をあわせまして表示させていただきました。

  第2条につきましては、指定管理者による管理として新たに規定したものでございます。

  第3条につきましては、指定管理者が行う業務の範囲として、第1号の福祉センターの利用に関する業務から第4号までの業務を規定したものでございます。

  第4条につきましては、休業日を定めた規定でございますが、現行の第12条の規定に指定管理者の導入に伴いまして、休業日について特に必要があるときは、市長の承認を得てこれを変更することができる旨を定めたものでございます。実質的には、休業日の変更はございません。

  以下の条文につきましては、市長を指定管理者に改めるもの、あるいは使用者を利用者に改めるもの等、文字、文言の変更でございます。

  また、最後のページの別表でございますが、料金の額は変わりませんが、表示の方法をまとめたものでございます。

  附則でございますが、この条例は、平成20年4月1日から施行するものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第43号 富士見市立コミュニティセンター条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市立針ケ谷コミュニティセンターの管理を指定管理者に行わせるとともに、規定の整備をするため、富士見市立コミュニティセンター条例の一部を改正したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。裏面をお願い申し上げます。

  まず、第3条から第7条まででございますが、附属設備という不必要になっている文言を削除することに伴う条文整理でございます。

  第9条でございますが、利用の許可の取り消し等の処分を行ったことによる補償責任の規定を第2項として加えるものですが、類似施設の利用規定との整合性を図るものでございます。

  続きまして、第10条から第16条までにつきましても、第3条から第7条同様の条文の整理でございます。ページ中ほどの第17条でございますが、施設の管理を指定管理者に行わせるための本文規定であり、第18条で指定管理者が行う業務の範囲を規定したものでございます。

  続きまして、第19条でございますが、市立コミュニティセンターのうち指定管理者が管理を行う針ケ谷コミュニティセンターに限りまして、管理者を市長から指定管理者とする読みかえ規定でございます。

  また、別表中の附属設備に関しての規定を第3条の改正に合わせまして削除するものでございます。

  なお、附則でございますが、指定管理者に関する部分につきましては、施行日を平成20年の4月1日からとし、経過措置、準備行為に関して規定するものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第44号 富士見市ケアセンターふじみ条例を廃止する条例の制定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市ケアセンターふじみ条例を廃止したいので、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(長嶋義雄) 本条例につきましては、さきの3月議会におきましてケアセンターふじみの施設のうちショートステイ及びケアセンターを特養へ転換する条例改正をいただきましたが、今回は来年平成20年4月1日に社会福祉法人富士見市社会福祉事業団に移行させるため、本条例を廃止するものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第45号 富士見市道路線の認定についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  県道三芳富士見線の区域変更及び火葬場関連施設を設置することに伴い、市道第3177号線及び市道第3178号線を市道として認定したいので、道路法第8条第2項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第45号 富士見市道路線の認定につきましてご説明を申し上げます。

  今回の認定につきましては、2路線でございます。まず、市道3177号線は、平成19年3月20日付で川越県土事務所から市道第5108号線及び市道第5121号線の区間について、平成19年3月23日に県道三芳富士見線として区域変更をするとの通知があり、富士見市道の路線として重複する区域が生じ、その結果として路線の重複により廃止される市道5121号線の一部が道路機能を持って残ることとなったため、新たに認定するものでございます。

  市道3178号線は、火葬場建設に関連した事業で、地域の道路並びに排水路の環境整備に必要な道路として認定をお願いするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第46号 富士見市道路線の廃止についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  県道三芳富士見線の区域変更及び火葬場建設に関連した生活道路の整備に伴い、市道第5108号線外6路線の全部または一部を廃止したいので、道路法第10条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第46号 富士見市道路線の廃止についてご説明申し上げます。

  今回の廃止につきましては、7路線でございます。認定で申し上げましたが、市道5108号線、市道5121号線の2路線は、県道三芳富士見線の区域変更に伴い県道となり、市道として管理する必要がなくなったため、路線の全部または一部を廃止するものでございます。

  なお、区域変更前の県道三芳富士見線については、昭和62年に市道72号線として認定をいたしております。

  市道707号線から市道1959号線の5路線につきましては、火葬場建設に関連して生活道路が新設されることに伴い、路線の全部、または一部を廃止するものでございます。

  なお、不要になった道路敷は、平成17年7月21日付の払い下げ要望書に基づきまして事務を進めてまいりたいというふうに考えております。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第47号 富士見市道路線の変更についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  火葬場建設に関連した生活道路の整備に伴い、市道第714号線を路線変更したいので、道路法第10条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第47号 富士見市道路線の変更についてご説明申し上げます。

  今回の変更につきましては、1路線でございます。市道第714号線は、廃止で申し上げました火葬場建設に関連した生活道路の整備に伴い、交差する市道第1959号線の一部が廃止されたことにより、路線の起点を変更する必要が生じましたので、路線の変更をお願いするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第48号 財産の取得についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  市道第5118号線及び火葬場進入路の道路用地として、上記のとおり財産を取得したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  建設部長。



◎建設部長(関繁雄) 議案第48号 財産の取得につきましてご説明申し上げます。

  このほどの財産の取得は、平成16年度当初予算で議決をいただきました債務負担行為に基づき、火葬場関連事業として整備を進めております都市計画道路市道第5118号線並びに進入道路市道1601号線、3044号線、3045号線、707号線の5路線の用地を富士見市土地開発公社より買い戻すものでございます。

  なお、用地の取得にかかわった費用は4億1,404万9,203円であり、平成19年度並びに平成20年度の2カ年において買収を進める予定となっております。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第49号 財産の無償譲渡についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  富士見市ケアセンターふじみの建物を社会福祉法人富士見市社会福祉事業団に無償で譲渡したいので、地方自治法第96条第1項第6号の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(長嶋義雄) 本件につきましては、社会福祉法人富士見市社会福祉事業団を自立した経営に移行させるため、本市が所有する建物について、無償で譲渡することについて議決をお願いするものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第50号 専決処分の承認を求めることについて(富士見市税条例の一部を改正する条例関係)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  地方税法の一部を改正する法律が平成19年3月30日付で公布されたことに伴い、富士見市税条例の一部を改正する条例を専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。

  次のページをお願いいたします。まず、第95条はたばこ税でございます。たばこ税の税率は、この第95条に規定されておりますものの、附則第16条の2の規定により、当分の間は、特例の税率が適用されているところでございます。今回附則第16条の2に規定されているこのたばこ税の税率の特例を削除いたしまして、本条において税率を1,000本につき3,064円から附則に規定されていた税率3,298円に改めるものでございます。したがいまして、今回の改正による実質の変化はございません。なお、旧3級品のたばこ税の税率の改正もございません。

  続きまして、第103条第5項でございますが、これは特別土地保有税における納税義務者等の規定でございます。地方税法施行令が改正されましたことに伴いまして、条例に引用する地方税法施行令の適用条項を条項の整理として改正するものでございます。

  附則第10条の2でございますが、固定資産税でございます。

  第5項及び第6項は、地方自治法施行令が改正されましたことに伴いまして、条例に引用する地方税法施行令の適用条項を条項の整理として改正するものでございます。

  第7項でございますが、法附則第16条の改正によりまして、高齢者、障害者等が居住する住宅につきまして、一定のバリアフリー改修工事を行った場合の固定資産税の減額申請手続につきまして規定するものでございます。

  ページの下の方になりますが、附則第11条の3も固定資産税でございます。法附則第17条の3の規定によりまして、平成19年度または平成20年度における鉄軌道用地の価格の特例として、運送の用に供する部分と運送以外の用に供する部分を有する建物の敷地である鉄軌道用地の評価につきましては、運送の用に供する施設の面積部分については、従来どおり沿接する土地の価格の3分の1を基準に評価を行いまして、運送以外の用に供する施設の面積により案分された部分につきましては、付近の土地の価格を基準に評価を行い、その両者を合算して評価額を決定することとするものでございます。

  附則第16条の2はたばこ税でございます。第1項のたばこ税の特例税率の規定を廃止しまして、第95条で規定するものでございます。

  附則第19条の3でございますが、これは個人市民税でございます。上場株式等を譲渡した場合の株式等に係る譲渡所得に係る市民税の課税の特例の適用期限でございますが、法附則第35条の2の3の改正によりまして、平成20年度から1年延長し、平成21年度までとするものでございます。

  続きまして、附則第20条第7項も個人市民税でございます。特定中小会社が発行した株式に係る譲渡損失の繰越控除等及び譲渡所得等の課税の特例対象になる株式の取得期限を法附則第35条の3の改正によりまして、2年延長するものでございます。

  続きまして、附則第20条の4も個人市民税でございます。租税条約実施特例法に規定する条約適用配当等につきまして、租税条約実施特例法の改正によりまして、税率の特例の適用期限を1年延長するものでございます。

  附則第20条の5も個人市民税でございます。租税条約実施特例法の改正によりまして、居住者が条約相手国の社会保障制度に保険料を支払った場合、その保険料を社会保険料控除の対象として総所得金額から控除するものでございます。

  施行日は、平成19年4月1日からでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第51号 専決処分の承認を求めることについて(富士見市都市計画税条例の一部を改正する条例関係)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  地方税法の一部を改正する法律が平成19年3月30日付で公布されたことに伴い、富士見市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) ご説明申し上げます。

  次のページをお願いします。第2条第2項は、都市計画税の課税標準となるべき価格につきまして、地方税法第349条の3の条文規定を引用しております。この法の規定の条項の一部が削除された改正がありましたので、条例に引用する適用条項を条項の整理として改正するものでございます。

  次に、附則第16号でございますが、地方税法附則第15条の2は、固定資産税等の課税標準の特例措置が規定されております。この条文規定を引用しております関係で、この法附則第15条の中には、適用期限が平成19年3月31日とされている条項がございまして、この期限到来に伴い削除される改正がございましたので、今回条例に引用する適用条項を条項の整理として改正するものでございます。

  施行は、平成19年4月1日からでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、議案第52号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度富士見市一般会計補正予算(第5号)関係)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  平成18年度富士見市一般会計補正予算(第5号)について専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) それでは、議案第52号 平成18年度富士見市一般会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについて内容説明を申し上げます。

  別冊の予算書をごらんいただきたいと思います。開いていただきますと、1枚目に概要がございます。まず、歳入歳出の補正でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,333万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を249億3,443万2,000円とするものでございます。

  また、繰越明許費の補正、地方債の補正がございます。

  次のページをお開きください。2、3ページでございます。第1表です。歳入の財産収入、財産売払収入は、山室2丁目及び渡戸1丁目の市有地の公売による売り払い代金、合計4,383万8,000円でございます。市債の50万円の減額は、対象事業の確定に合わせて農林水産業債20万円の増と総務債70万円の減、計50万円の減額でございます。

  歳出の総務費、総務管理費は、みずほ台駅バリアフリー化設備費負担金を対象事業の確定に伴いまして、財源内訳の変更を行い、50万円を減額するものでございます。

  土木費、都市計画費でございますが、先ほど申し上げました土地の売却代金4,383万8,000円を公共施設整備基金に積み立てるものでございます。

  次のページ、4、5ページをお願いいたします。第2表、繰越明許費の補正でございますが、土木費、道路橋梁費の火葬場関連整備事業につきましては、緩衝緑地帯の整備に当たっての管理主体の調整、及び市道5111号線の用地取得に時間を要したことによる繰り越しでございます。幹線道路整備事業につきましては、市道5226号線整備工事について、土質不良の対処に時間を要したことと、市道2933号線拡幅に係る用地取得について時間を要していることによるものでございます。

  河川費の火葬場関連整備事業につきましては、水越排水路の整備工事及び建物事後調査業務委託、水越山形排水路にかかわるポンプ場、排水路の設計業務委託について、それぞれ隣接地権者との協議や、河川管理者である埼玉県との協議に時間を要したことによるものでございます。

  第3表、地方債の補正につきましては、事業費の確定によりまして市債の額が確定したものでございます。

  次の6、7ページをお願いいたします。歳出の表、中ほどになりますが、農林水産業費がございます。ふるさと農道緊急整備事業の確定に合わせて、補正額はゼロでございますが、財源内訳更正を行うものでございます。

  以上申し上げた事項、歳入歳出につきましては、次の8、9ページに詳細が記載されております。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第53号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度富士見市介護保険特別会計補正予算(第2号)関係)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  平成18年度富士見市介護保険特別会計補正予算(第2号)について専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(長嶋義雄) それでは、別冊の平成18年度富士見市介護保険特別会計補正予算(第2号)、専決処分のページをお願いします。

  次のページの2ページ、3ページ目が今回の補正の分でございますが、繰越明許を行ったものでございます。内容につきましては、介護保険制度改正に伴う電算システム改修事業のうち医療保険制度改正に伴うシステム改修費用252万円につきまして、国が示すシステムの詳細がおくれたため、平成18年度中に執行が困難なことに伴いまして、平成19年度に繰り越して改修を行うものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第54号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)関係)を議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  平成18年度富士見都市計画事業鶴瀬駅西口土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について専決処分したので、地方自治法第179条第3項の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  まちづくり環境部長。



◎まちづくり環境部長事務代理(佐野章) それでは、ご説明申し上げます。

  別冊予算書の2ページをお願いいたします。第1表で繰越明許費275万7,000円でございますが、物件移転1件の補償料の残金でございます。繰り越しの主な理由といたしまして、建物設計など移転計画の調整に時間を要したため、年度内の完了が困難となり繰り越したものでございます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 次に、議案第55号 彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数の減少についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  彩の国さいたま人づくり広域連合を組織する地方公共団体の数が減少していることについて、当広域連合を組織する関係地方公共団体と協議するため、地方自治法第291条の11の規定により、この案を提出いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  総合政策部長。



◎総合政策部長(石川久) 議案第55号のご説明を申し上げます。

  ただいま提案理由にありましたように、大里郡江南町が熊谷市と合併したことによりまして数が減少したため、議決をお願いするものでございます。

  以上です。



○議長(金子茂一) 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

  市長から提案理由の説明を求めます。

  市長。



◎市長(浦野清) 提案理由を申し上げます。

  人権擁護委員大曽根美佐雄氏の任期が平成19年9月30日で満了となるため、後任として栗原昭氏を推薦することについて意見を求めたいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、諮問いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(金子茂一) 担当部長から内容説明を求めます。

  市民生活部長。



◎市民生活部長(岩崎信夫) 諮問第1号について、ご説明を申し上げます。

  裏面をお願い申し上げます。内容につきましては、ただいまの提案理由と同様でございますが、同氏の経歴につきましては、お示ししてあるとおりでございますので、よろしくお願い申し上げます。

  以上でございます。



○議長(金子茂一) 以上で議案内容説明を終わります。





△散会の宣告



○議長(金子茂一) 以上で本日の日程は終了いたしました。

  あす、明後日は議案調査のため休会となります。6月8日は午前9時30分から本会議を開き、議案第52号から議案審議を行います。

  本日はこれをもって散会いたします。

  ご苦労さまでした。

                                      (午前10時22分)