議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 八潮市

平成15年 11月 臨時会(第2回) 11月25日−資料




平成15年 11月 臨時会(第2回) − 11月25日−資料









平成15年 11月 臨時会(第2回)



     ◯議案の処理状況

提出件数

  市長   13件                        計 13件

審議結果

  原案可決 12件    原案承認  1件            計 13件

     ◯市長提出議案処理結果一覧表



議案番号
件名
上程月日
付託委員会
議決月日
議決結果


議案第92号
専決処分の承認を求めることについて{平成15年度八潮市一般会計補正予算(第5号)}
11月25日
付託省略
11月25日
原案承認


議案第93号
平成15年度八潮市一般会計補正予算(第6号)



原案可決


議案第94号
平成15年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)






議案第95号
平成15年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)






議案第96号
平成15年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第97号
平成15年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第98号
平成15年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第99号
平成15年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第100号
平成15年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第101号
平成15年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)






議案第102号
平成15年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)
11月25日
付託省略
11月25日
原案可決


議案第103号
議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例について






議案第104号
八潮市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について











     ◯市長提出議案

議案第92号

   専決処分の承認を求めることについて

 平成15年度八潮市一般会計補正予算(第5号)について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、承認を求める。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

   専決処分書

 次の事項について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、専決処分するものとする。

 平成15年度八潮市一般会計補正予算(第5号)

     平成15年10月14日

                  八潮市長   多田重美

   平成15年度八潮市一般会計補正予算(第5号)

 平成15年度八潮市一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ23,961千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ23,968,513千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年10月14日

                  八潮市長   多田重美

   第1表 歳入歳出予算補正

 1 歳入                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



11 国庫支出金
 
1,949,650
23,861
1,973,511


3 委託金
53,130
23,861
76,991


15 繰入金
 
851,096
100
851,196


1 基金繰入金
833,787
100
833,887


歳入合計
23,944,552
23,961
23,968,513









2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



2 総務費
 
2,617,824
23,961
2,641,785


4 選挙費
77,315
23,961
101,276


歳出合計
23,944,552
23,961
23,968,513









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第93号

         平成15年度八潮市一般会計補正予算(第6号)

 平成15年度八潮市一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 議会費
 
277,290
▲5,059
272,231


1 議会費
277,290
▲5,059
272,231


2 総務費
 
2,641,785
16,451
2,658,236


1 総務管理費
1,872,334
15,838
1,888,172


2 徴税費
472,284
2,456
474,740


3 戸籍住民基本台帳費
151,288
▲1,160
150,128


4 選挙費
101,276
▲353
100,923


6 監査委員費
35,207
▲330
34,877


3 民生費
 
4,871,816
801
4,872,617


1 社会福祉費
2,023,729
4,119
2,027,848


2 児童福祉費
1,521,138
▲6,388
1,514,750


5 生活安全費
172,289
3,070
175,359


4 衛生費
 
1,641,924
4,568
1,646,492


1 保健衛生費
349,108
6,107
355,215


2 環境整備費
1,292,816
▲1,539
1,291,277


5 労働費
 
102,909
▲485
102,424


1 労働諸費
102,909
▲485
102,424


6 農林水産業費
 
78,610
▲1,191
77,419


1 農業費
78,610
▲1,191
77,419


7 商工費
 
392,233
▲1,531
390,702


1 商工費
392,233
▲1,531
390,702


8 土木費
 
6,278,510
▲11,318
6,267,192


1 土木管理費
218,502
448
218,950


2 道路橋りょう費
325,279
7,094
332,373


3 都市計画費
4,196,401
▲21,065
4,175,336


4 下水道費
1,488,967
614
1,489,581


5 住宅費
49,361
1,591
50,952


9 消防費
 
918,612
▲12,817
905,795


1 消防費
918,612
▲12,817
905,795


10 教育費
 
2,119,529
10,581
2,130,110


1 教育総務費
346,663
212
346,875


2 小学校費
395,844
5,844
401,688


6 資料館費
78,863
▲1,260
77,603



7 社会教育費
474,112
5,785
479,897


歳出合計
23,968,513
0
23,968,513









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第94号

      平成15年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
187,080
1,159
188,239


1 総務管理費
148,987
1,159
150,146


10 予備費
 
98,628
▲1,159
97,469


1 予備費
98,628
▲1,159
97,469


歳出合計
7,136,721
0
7,136,721









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第95号

      平成15年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
164,429
▲18,822
145,607


1 総務管理費
164,429
▲18,822
145,607


4 予備費
 
93,997
18,822
112,819


1 予備費
93,997
18,822
112,819


歳出合計
3,998,663
0
3,998,663









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第96号

    平成15年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度稲荷伊草第一土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
8,420
621
9,041


1 総務管理費
8,420
621
9,041


3 予備費
 
44,910
▲621
44,289


1 予備費
44,910
▲621
44,289


歳出合計
73,330
0
73,330









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第97号

    平成15年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
35,827
▲260
35,567


1 総務管理費
35,827
▲260
35,567


4 予備費
 
57,306
260
57,566


1 予備費
57,306
260
57,566


歳出合計
171,973
0
171,973









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第98号

   平成15年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
38,212
▲1,111
37,101


1 総務管理費
38,212
▲1,111
37,101


4 予備費
 
162,270
1,111
163,381


1 予備費
162,270
1,111
163,381


歳出合計
463,417
0
463,417









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第99号

    平成15年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
44,297
▲2,912
41,385


1 総務管理費
44,297
▲2,912
41,385


4 予備費
 
1,905
2,912
4,817


1 予備費
1,905
2,912
4,817


歳出合計
667,514
0
667,514









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第100号

    平成15年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
23,415
383
23,798


1 総務管理費
23,415
383
23,798


4 予備費
 
3,295
▲383
2,912


1 予備費
3,295
▲383
2,912


歳出合計
186,095
0
186,095









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第101号

  平成15年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

 平成15年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 既定の歳入歳出予算の総額の変更はないものとし、歳出科目の金額組替えのみとする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

         第1表 歳入歳出予算補正

1 歳入   変更なし

2 歳出                           (単位:千円)





補正前の額
補正額



1 総務費
 
60,183
▲2,743
57,440


1 総務管理費
60,183
▲2,743
57,440


4 予備費
 
1,927
2,743
4,670


1 予備費
1,927
2,743
4,670


歳出合計
2,310,274
0
2,310,274









      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第102号

        平成15年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)

第1条 平成15年度八潮市上水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

第2条 平成15年度八潮市上水道事業会計予算(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正する。

   (科目)     (既決予定額)    (補正予定額)    (計)

               支出

第1款 水道事業費用   1,793,491千円    ▲ 9,595千円    1,783,896千円

 第2項 営業費用    1,560,199千円    ▲ 9,595千円    1,550,604千円

第3条 予算第4条本文括弧書中「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額618,119千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額34,516千円、過年度分損益勘定留保資金296,721千円、建設改良積立金286,882千円で補てんするものとする。」を「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額619,405千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額34,516千円、過年度分損益勘定留保資金298,887千円、減債積立金13,817千円、建設改良積立金272,185千円で補てんするものとする。」に改め、資本的支出の予定額を次のとおり補正する。

   (科目)     (既決予定額)    (補正予定額)    (計)

               支出

第1款 資本的支出    1,192,524千円      1,286千円    1,193,810千円

第1項 建設改良費     945,610千円      1,286千円     946,896千円

第4条 予算第6条に定めた経費の金額を次のように改める。

   (科目)     (既決予定額)    (補正予定額)    (計)

(1) 職員給与費     252,766千円   ▲  8,309千円     244,457千円

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第103号

   議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例について

 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を別紙のとおり改正するものとする。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 八潮市議会議員等の期末手当の率を改定したいため、この案を提出するものである。

     議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例

 (議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正)

第1条 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和44年条例第8号)の一部を次のように改正する。

 第5条第2項中「100分の240」を「100分の215」に改める。

第2条 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を次のように改正する。

 第5条第2項中「100分の225」を「100分の210」に、「100分の215」を「100分の230」に改める。

 (市長、助役及び収入役の給与等に関する条例の一部改正)

第3条 市長、助役及び収入役の給与等に関する条例(昭和44年条例第7号)の一部を次のように改正する。

 第5条第2項中「100分の240」を「100分の215」に改める。

第4条 市長、助役及び収入役の給与等に関する条例の一部を次のように改正する。

 第5条第2項中「100分の225」を「100分の210」に、「100分の215」を「100分の230」に改める。

 (八潮市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部改正)

第5条 八潮市教育委員会教育長の給与等に関する条例(昭和44年条例第9号)の一部を次のように改正する。

 第5条第2項中「100分の240」を「100分の215」に改める

第6条 八潮市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を次のように改正する。

 第1条中「第17条第2項」を「第16条第2項」に改める。

 第5条第2項中「100分の225」を「100分の210」に、「100分の215」を「100分の230」に改める。

  附則

 この条例は、公布の日の属する月の翌月の初日(公布の日が月の初日であるときは、その日)から施行する。ただし、第2条、第4条及び第6条の規定は、平成16年4月1日から施行する。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議案第104号

       八潮市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

 八潮市職員の給与に関する条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。

     平成15年11月25日提出

                  八潮市長   多田重美

提案理由

 国家公務員の人事院勧告等を考慮し、職員の給与の改定をしたいため、この案を提出するものである。

       八潮市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

第1条 八潮市職員の給与に関する条例(昭和31年条例第10号)の一部を次のように改正する。

 第8条第2項第5号を次のように改める。

 (5) 重度心身障害者

 第8条第3項中「14,000円」を「13,500円」に改める。

 第9条の3第1項第2号中「その」を「当該職員の」に改める。

 第17条の2第2項中「100分の170」を「100分の145」に、「100分の150」を「100分の125を」に改め、同条第3項中「「100分の170」とあるのは「100分の90」と、」を「「100分の145」とあり、及び」に、「100分の150」」を「100分の125」」に、「100分の80」」を「100分の65」」に改める。

 別表を次のように改める。

別表(第3条関係)

          行政職給料表



職員の区分
職務の級
1級
2級
3級
4級
5級
6級
7級
8級


号給
給料月額
給料月額
給料月額
給料月額
給料月額
給料月額
給料月額
給料月額


再任用職員以外の職員



134,400


184,400


218,200


235,700


275,600


296,800


330,300


367,900



138,800
191,400
226,200
244,600
284,800
306,800
342,300
380,000



143,300
198,600
234,600
253,700
294,300
316,900
354,200
392,200



148,500
205,700
243,500
262,300
304,100
327,200
366,000
404,400



154,300
213,300
252,500
270,800
313,800
337,600
377,600
416,700



160,200
221,100
260,900
279,400
323,700
348,000
389,000
428,700



170,700
229,000
269,300
288,000
333,600
357,800
400,500
440,500



177,400
236,400
277,600
296,400
343,300
367,300
412,100
451,700



184,400
242,800
285,700
304,800
352,700
376,700
423,500
462,800


10
190,200
249,200
293,600
313,100
361,900
386,000
434,300
473,400


11
195,500
255,400
301,300
321,100
370,900
395,300
444,000
482,900


12
200,700
260,900
308,600
329,500
379,600
404,600
453,400
491,600


13
205,800
266,400
315,600
338,700
388,000
413,200
461,100
499,000


14
210,700
271,400
322,400
348,000
395,000
421,100
467,500
505,900


15
215,100
276,500
328,400
357,200
400,500
426,900
474,000
510,300


16
219,500
281,000
334,000
366,100
405,200
432,500
478,500
514,700


17
223,700
285,000
337,600
374,800
409,400
436,300
482,800
519,100


18
228,000
288,700
343,100
382,300
412,900
440,000
486,900
523,500


19
231,200
291,900
348,600
387,800
416,600
443,900
491,000
527,900


20
234,100
294,200
353,300
392,800
420,100
447,500
495,100
532,300


21
237,200
296,100
357,300
396,200
423,600
451,100
499,200
536,700


22
 
298,100
360,600
399,700
427,100
454,700
503,300
541,100


23
 
 
363,400
403,100
430,600
458,300
507,400
545,500


24
 
 
366,300
406,500
434,100
461,900
511,500
549,900


25
 
 
368,800
409,900
437,600
465,500
515,600
554,300


26
 
 
371,300
413,300
441,100
469,100
519,700
558,700


27
 
 
373,800
416,700
444,600
472,700
523,800
563,100


28
 
 
376,400
420,100
448,100
476,300
527,900
567,500


29
 
 
379,000
423,500
451,600
479,900
532,000
571,900


30
 
 
381,600
426,900
455,100
483,500
536,100
 


31
 
 
384,200
430,300
458,600
487,100
540,200
 


32
 
 
386,800
433,700
462,100
490,700
 
 


33
 
 
389,400
437,100
465,600
494,300
 
 


34
 
 
392,000
440,500
469,100
497,900
 
 


35
 
 
394,600
443,900
472,600
501,500
 
 


36
 
 
397,200
447,300
476,100
505,100
 
 


37
 
 
399,800
450,700
479,600
 
 
 


38
 
 
402,400
 
483,100
 
 
 


再任用職員
 
215,300
251,700
269,000
292,800
309,700
331,300
365,800
400,400







第2条 八潮市職員の給与に関する条例の一部を次のように改正する。

 第10条第2項中「月額」を「額」に、「応じて、当該各号に掲げる」を「応じ、当該各号に定める」に改め、同項第1号を次のように改める。

 (1) 前項第1号に掲げる職員 支給単位期間につき、規則で定めるところにより算出したその者の支給単位期間の通勤に要する運賃等の額に相当する額(以下「運賃等相当額」という。)。ただし、運賃等相当額を支給単位期間の月数で除して得た額(以下「1箇月当たりの運賃等相当額」という。)が55,000円を超えるときは、支給単位期間につき、55,000円に支給単位期間の月数を乗じて得た額(その者が2以上の交通機関等を利用するものとして当該運賃等の額を算出する場合において、1箇月当たりの運賃等相当額の合計額が55,000円を超えるときは、その者の通勤手当に係る支給単位期間のうち最も長い支給単位期間につき、55,000円に当該支給単位期間の月数を乗じて得た額)

 第10条第2項第2号中「応じて」を「応じ、支給単位期間につき」に、「掲げる額」を「定める額」に、「1箇月」を「支給単位期間」に改め、同号ケ中「以上」の次に「45キロメートル未満」を加え、同号に次のように加える。

  コ 使用距離が片道45キロメートル以上50キロメートル未満である職員

       21,800円

  サ 使用距離が片道50キロメートル以上55キロメートル未満である職員

       22,700円

  シ 使用距離が片道55キロメートル以上60キロメートル未満である職員

       23,600円

  ス 使用距離が片道60キロメートル以上である職員     24,500円

 第10条第2項第3号中「応じ、」の次に「前2号に定める額(1箇月当たりの」を加え、「掲げる額」を「定める額」に、「(その額が45,000円を超えるときは、その額と45,000円との差額の2分の1(その差額の2分の1が5,000円を超えるときは、5,000円)を45,000円に加算した」を「が55,000円を超えるときは、その者の通勤手当に係る支給単位期間のうち最も長い支給単位期間につき、55,000円に当該支給単位期間の月数を乗じて得た」に改め、同条第3項中「月額」を「額」に、「規則で定めるところにより算出したその者の1箇月の通勤に要する特別料金等の額の2分の1に相当する額(その額が20,000円を超えるときは、20,000円)及び同項の規定による額の合計額」を「次の各号に掲げる通勤手当の区分に応じ、当該各号に定める額」に改め、同項に次の各号を加える。

 (1) 新幹線鉄道等に係る通勤手当 支給単位期間につき、規則で定めるところにより算出したその者の支給単位期間の通勤に要する特別料金等の額の2分の1に相当する額。ただし、当該額を支給単位期間の月数で除して得た額(以下「1箇月当たりの特別料金等2分の1相当額」という。)が20,000円を超えるときは、支給単位期間につき、20,000円に支給単位期間の月数を乗じて得た額(その者が2以上の新幹線鉄道等を利用するものとして当該特別料金等の額を算出する場合において、1箇月当たりの特別料金等2分の1相当額の合計額が20,000円を超えるときは、その者の新幹線鉄道等に係る通勤手当に係る支給単位期間のうち最も長い支給単位期間につき、20,000円に当該支給単位期間の月数を乗じて得た額)

 (2) 前号に掲げる通勤手当以外の通勤手当 前項の規定による額

  第10条第4項中「月額」を「額」に改め、同条第5項中「の支給」の次に「及び返納」を加え、同項を同条第8項とし、同条第4項の次に次の3項を加える。

5 通勤手当は、支給単位期間(規則で定める通勤手当にあっては、規則で定める期間)に係る最初の月の規則で定める日に支給する。

6 通勤手当を支給される職員につき、離職その他の規則で定める事由が生じた場合には、当該職員に、支給単位期間のうちこれらの事由が生じた後の期間を考慮して規則で定める額を返納させるものとする。

7 この条において「支給単位期間」とは、通勤手当の支給の単位となる期間として6箇月を超えない範囲内で1箇月を単位として規則で定める期間(自動車等に係る通勤手当にあっては、1箇月)をいう。

 第17条の2第2項中「100分の155」を「100分の140」に、「100分の145」を「100分の160」に、「100分の135」を「100分の120」に、「100分の125」を「100分の140」に改め、同条第3項中「100分の155」を「100分の140」に、「100分の85」を「100分の75」に、「「100分の145」とあり、及び「100分の135」」を「100分の160」」に、「100分の75」を「100分の85」に、「100分の125」を「100分の120」に改める。

  附則

 (施行期日)

1 この条例は、公布の日の属する月の翌月の初日(公布の日が月の初日であるときは、その日)から施行する。ただし、第2条の規定は、平成16年4月1日から施行する。

 (施行日前の異動者の号給等の調整)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前に職務の級を異にして異動した職員及び市長の定めるこれに準ずる職員の施行日における号給又は給料月額及びこれらを受けることとなる期間については、その者が施行日において職務の級を異にする異動等をしたものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、市長の定めるところにより、必要な調整を行うことができる。

 (職員が受けていた号給等の基礎)

3 前項の規定の適用については、職員が属していた職務の級及びその者が受けていた号給又は給料月額は、第1条の規定による改正前の八潮市職員の給与に関する条例及びこれに基づく規則の規定に従って定められたものでなければならない。

 (規則への委任)

4 前2項に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。